議事ロックス -地方議会議事録検索-


福岡県 福津市

平成 20年 9月定例会(第3回) 09月08日−05号




平成 20年 9月定例会(第3回) − 09月08日−05号







平成 20年 9月定例会(第3回)


1 議 事 日 程(5日目)
   (平成20年第3回福津市議会9月定例会)
平成20年9月8日
午前11時13分開議
於  議  場
 日程第1 議案第51号 平成20年度福津市一般会計補正予算(第2号)について
 日程第2 議案第52号 平成20年度福津市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)について
 日程第3 認定第1号 平成19年度福津市水道事業会計決算の認定について
2 出席議員は次のとおりである(22名)
  議 長  阿 部   巖  副議長  村 上 修 一   1番  中 島 美和子
   2番  江 上 隆 行   3番  山 本   清   4番  岩 城 俊 郎
   5番  井 上   聡   6番  渡 辺 由 美   7番  米 山   信
   8番  永 島 直 行   9番  八 尋 輝 紀   10番  樋 口 幸 雄
   11番  渡 辺 理 恵   12番  椛 村 公 彦   13番  永 山 麗 子
   14番  松 尾 ひとみ   15番  大久保 三喜男   16番  竜 口 雅 博
   17番  大 峰 重 美   18番  山 脇   清   19番  迫   靜 吾
   20番  硴 野 九州男   
3 欠席議員は次のとおりである(なし)
4 地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職・氏名(16名)
  市    長  池 浦 順 文         副 市  長  荒 牧 元比古
  収 入  役  青 ? 喬 彦         教 育  長  白 石 哲 雄
  総合政策部長  吉 田 安 廣         市 民 部長  下り松 英 次
  健康福祉部長  新 海 悦 生         地域生活部長  花 田 徳 茂
  都市整備部長  小 田 達 也         教 育 部長  楠 田 元 明
  総 務 課長  萩 原 利 博         企画政策課長  荻 原 益 美
  財 政 課長  藤   達 也         広報秘書課長  吉 田 哲 春
  行 政 経営                  水 道 課長  石 村 清 治
  推 進 室長  青 谷 郁 夫
5 職務のため議場に出席した者の職・氏名(3名)
  事 務 局長  恒 任 博 司         議 事 課長  荻 原 哲 夫
  議 事 係長  花 田 正 弘




          〜〜〜〜〜〜〜〜○〜〜〜〜〜〜〜〜

            開議 午前11時13分



○議長(阿部巖) 議員定数22名中、ただいまの出席議員は全員であります。定足数に達し、議会は成立いたしましたので、平成20年第3回福津市議会定例会を再開いたします。

 直ちに会議を開きます。

 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりであります。

          〜〜〜〜〜〜〜〜○〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第1から日程第3まで(委員長報告)



○議長(阿部巖) 日程第1、議案第51号平成20年度福津市一般会計補正予算(第2号)についてから、日程第3、認定第1号平成19年度福津市水道事業会計決算の認定についてまでの以上3議案を議題といたします。

 予算決算審査特別委員会委員長の報告を求めます。村上委員長、お願いいたします。村上委員長。



◎予算決算審査特別委員長(村上修一) それでは、委員会審査報告を行います。

 委員会審査報告書。

 平成20年第3回福津市議会定例会において、本委員会に付託を受けておりました案件についての審査結果を、会議規則第77条の規定により報告いたします。

 記。

 1.事件名。

   議案第51号 平成20年度福津市一般会計補正予算(第2号)について。

   議案第52号 平成20年度福津市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)について。

   認定第1号 平成19年度福津市水道事業会計決算の認定について。

 2.審査経過。

    付託年月日 平成20年9月5日。

    審査年月日 平成20年9月5日・8日。

 以上3議案は、全員の委員をもって構成した特別委員会で慎重に審議したため、詳細については省略いたします。

 3.審査結果。

   議案第51号 平成20年度福津市一般会計補正予算(第2号)については、賛成多数により原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

   議案第52号 平成20年度福津市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)については、全員賛成により原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

   認定第1号 平成19年度福津市水道事業会計決算の認定については、賛成多数により原案のとおり可決すべきものと決定いたしております。

 以上でございます。



○議長(阿部巖) お諮りをいたします。以上3議案については、全員の委員をもって構成する予算決算審査特別委員会で審議されましたので、委員長に対する質疑は省略したいと思いますが、ご異議ございませんか。

            〔「異議なし」の声あり〕



○議長(阿部巖) 異議なしと認め、委員長に対する質疑は省略いたします。

 村上委員長、自席へお戻りください。

 それでは、日程第1、議案第51号平成20年度福津市一般会計補正予算(第2号)についての討論を受けます。

 それでは、まず本案に反対の方の発言を許します。松尾議員。



◎14番(松尾ひとみ) 反対の立場で意見を述べます。

 この補正予算には、来年度から予定されています小学校給食調理の業務委託への債務負担行為が入っています。この小学校給食民間委託には、お母さんたちも大変心配され、県下でも高い評価を受けている直営式学校給食の存続をと6,126筆もの署名を添えて市長にお願いをされたのではないでしょうか。この給食民間委託には、偽装請負の疑いがあります。たとえ偽装でなくても、調理の業務委託は労働法制で請負という形です。この請負というのは、調理師さんとの細かな打ち合わせはできません。これでは食育の面からもいい結果は望めないと考えます。

 以上で反対といたします。



○議長(阿部巖) 次に、賛成の方の発言を許します。永島議員。



◎8番(永島直行) この補正には、農業用ため池改修工事が計上されております。この農業ため池工事につきましては、本市に災害が起こった場合、人命、財産に多大な影響を及ぼしますので、早急に工事をやっていただきたいということで、賛成といたします。



○議長(阿部巖) 次に、反対の方の発言を許します。迫議員。



◎19番(迫靜吾) 補正予算、反対の立場で討論いたします。

 小学校給食の調理業務委託に関しては、委員会での審査あるいは今までの経緯等々を含めて、食の問題、とりわけ児童生徒に対する弱い立場の教育の行政に対する削減、カット、費用対効果が先に重んじられる。あくまでもやはり市長が言う日本一のまちを目指して発信するということであれば、こういったところに逆に手厚い予算を当てるのが、私はベストだろうというふうに思うわけであります。いろいろ委員会の中でも職員等の任用切れの問題も解決をいたしてないようでありますし、中学校給食の3年目になるわけですが、2年間の検討委員会の立ち上げも全くしていない。それで、小学校から中学校に上がって児童生徒がどういうふうに家に帰って言いよるか、「小学校給食はうまかったけども、中学校給食はまずい」、そういったこと、またお母さん方、保護者を含めて6,000名余のやはり署名を存続してくださいと、これは非常にやはり重いものがあろうかというふうに思います。

 以上のような観点から、今食に対する非常に賞味期限あるいは消費期限、あるいは偽装、それから産地等々のいろんな問題も含めて、最近ではまた大きな米の偽装の問題も上がっておるようであります。学校給食会に仕入れをする、そういった問題についてもやはり偽装あるいは産地偽装等々の問題も発生をしておるようでありますし、弱い体力の児童生徒がそういったものが万が一口から入りますと、大変な問題に発展をするというふうに思いますし、何としてもやはり直営でやっていただくように私はお願いをしたいと、以上の観点から反対をいたします。

 以上です。



○議長(阿部巖) 次に、賛成の方の発言を許します。硴野議員。



◎20番(硴野九州男) 賛成の立場から意見を申し上げさせていただきます。

 特に一般補正の場合に、今議論がなされているのが、小学校給食調理業務の委託料関係でありますけれども、実は私ども議会で行財政改革の特別委員会をつくりました。そのときも含めていろいろと議論をやりましたけれども、直営で実施した調理業務を民間委託へ移行して、これまでと同様の安全でおいしい給食の提供を維持しつつ、人件費を始めとして給食業務のコスト削減を含めて、学校給食の効率的な運営に努めていくということについて、私どもは学校給食の充実と効率的運営に関する実施方針ということについても勉強をさせていただきました。

 ところで、6,000余名の署名が集まったというお話も出ておりますが、実は私どもがいただいた資料の中には、平成15年度の決算あるいは16年度の決算の中においては、単独調理校における経費として、人件費が18名で1億2,807万円、これは給与、共済費等を含めて、給食のパート賃金を1,368万円、これをトータルしますと年間で約1億4,175万円の経費が出ているということであります。1人ベースに直しますと、年間の所得が720万円弱の支出をしているというのが実態であります。あわせて、月ベースに直しますと、約59万何がしですから、12カ月で。ところが、調理員さんは夏休みがございますので11カ月、そのような計算をしますと、60万円以上の月ベースで給与をいただいているというのが実態じゃないかと思います。あわせて、今現実的に津屋崎地域でやっております共同調理も含めて考えてみますと、年額が1,860万円、これは調理事業者が11名から12名、約月ベースで換算しますと13万円以内、もちろんパートを含めてでございますが、そういう実情を考えたときに、市民の方が理解するかどうか、このままで理解するかどうか、それを考えたときには、ぜひとも今提案のあるような方向性を示していただきたい。あわせて、民間調理をやりますと、いろんな事故が出て不安全だといういろんな意見が出ておりますが、それは逆であります。私どもも民間の調理を昼飯も含めてやっておりますが、仮にいろんな状況が出たら、即刻首、退職、あるいは業者も即刻入れかえ、そういうことを見ますと、非常に真剣に民間の方は調理業務を含めてやっておるのが実情であります。したがって、このことはぜひとも今執行部が提案した中身によって、即行革を含めて進めていただきたい。

 以上であります。



○議長(阿部巖) 次に、反対の方の討論を許します。渡辺議員。



◎11番(渡辺理恵) 2点の理由で、この補正予算には反対をしたいと思います。

 1点目は、給食の委託に関することなんですけれども、市民の方から6,000余りの署名が要望書として出され、市長に届けられたということです。署名をされている多くの市民の方たちは、民託に関しての給食の安全性、また安心な給食かということに大きく不安を持っていらっしゃると考えています。ふくおかネットワークは、かねてからその不安を払拭するためにも、食材調達に関する安全基準を早く明文化してくださいということで再三一般質問してまいりました。今回も一般質問いたしましたが、検討するということでまだ実現をしておりません。たくさんの市民の方が今不安に思っているところに関して、市が何らかの手だてをまだ行っていない、また私たちが求めている食材調達に関する安全基準もまだできていないということで、この民託に関しては時期尚早と考えます。

 2点目なんですが、2点目は住民税の特別徴収のことに関してです。6月議会に条例が提出されましたけれども、もともと税金というものは市民がみずから納める義務があるというもので、年金から一方的に引き落とすということは、市民側に立っていないシステムだと考えます。

 以上、2点について反対しますので、この補正予算については反対をいたします。



○議長(阿部巖) 次に、賛成の方の討論を受けます。討論ありますか。

            〔「なし」の声あり〕



○議長(阿部巖) 討論ないようです。討論を終結いたします。

 これより採決を行います。本案に対する委員長の報告は原案のとおり可決することに決しております。委員長の報告どおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

            〔起  立〕



○議長(阿部巖) 賛成多数であります。したがいまして、日程第1、議案第51号平成20年度福津市一般会計補正予算(第2号)については、委員長の報告どおり可決することに決しました。

 日程第2、議案第52号平成20年度福津市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)についての討論を受けます。ございませんか。

            〔「なし」の声あり〕



○議長(阿部巖) 討論ないようです。討論を終結いたします。

 これより採決を行います。本案に対する委員長の報告は原案のとおり可決することに決しております。委員長の報告どおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

            〔起  立〕



○議長(阿部巖) 全員賛成であります。したがいまして、日程第2、議案第52号平成20年度福津市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)については、委員長の報告どおり可決することに決しました。

 日程第3、認定第1号平成19年度福津市水道事業会計決算の認定についての討論を受けます。討論ありますか。

            〔「なし」の声あり〕



○議長(阿部巖) ないようです。討論を終結いたします。

 これより採決を行います。本案に対する委員長の報告は原案のとおり認定することに決しております。委員長の報告どおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

            〔起  立〕



○議長(阿部巖) 全員賛成であります。したがいまして、日程第3、認定第1号平成19年度福津市水道事業会計決算の認定については、委員長の報告どおり認定することに決しました。

 本日、予定されていました議事日程はすべて終了いたしましたので、本日はこれにて散会といたします。

          〜〜〜〜〜〜〜〜○〜〜〜〜〜〜〜〜

            散会 午前11時28分