議事ロックス -地方議会議事録検索-


福岡県 大野城市

平成26年福祉文教委員会 付託案件審査 本文




2014.09.18 : 平成26年福祉文教委員会 付託案件審査 本文


    (開議 午後4時28分)
◯委員長(岡部和子) ただいまから福祉文教委員会を開会します。
 6名の議員からの傍聴の申し出があっております。
 9月定例会で本委員会が付託を受けました追加案件は、条例の制定が2件です。先に、まとめて提案理由の説明、質疑を行い、その後、案件ごとに討論、採決を行います。
 それでは、審査に入ります。
 第59号議案、大野城市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する認可基準を定める条例の制定についてを議題とします。
 執行部の説明を求めます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯子育て支援課長(若山純哉) 第59号議案でございます。
 こちらにつきましては、現在都道府県が認可をしている既存の認可保育所等のほかに、家庭的保育事業や小規模保育事業等を、市町村が認可することができることになりました。そのことから、本市における認可基準を定めるものでございます。まず提案理由を申し上げましたけれども、補足資料としてお配りいたしましたもので、概要を説明させていただきたいと思っております。A3の1枚、それと、A4の4枚でお配りをいたしました。こちらの、まずA3のほうでご説明をさせていただきます。
 第59号議案でございます。こちらは、先ほど申しましたが、市が認可を行うことになります小規模保育事業などの認可基準でございますけれども、その中で、認可基準の主なものということで、国が示した基準を黒文字で書いておりまして、大野城市として独自の基準を設けたいものを赤文字で記載をいたしております。
 一番左が認可基準の項目でございますが、乳幼児・児童数に対する職員数の割合から、あと、職員の資格要件、居室・設備の面積基準など、こういったことが主な認可基準としてございます。その右側には、参考として現在の認可保育所の基準を記載しております。その右側から、今回の新たな、第59号議案に関する4事業についてを、記載をいたしております。
 主に大野城市としては、黒文字のところでございますが、国の基準どおりに今回条例を制定したいと考えております。その中で、赤文字の三つをご説明をいたします。
 小規模保育事業というところで、赤文字で書いております。この中で、職員の資格要件でございます。小規模保育事業は、A、B、Cに分かれておりまして、Aにつきましては全員保育士、Bにつきましては、国の基準では保育従事者のうち2分の1以上が保育士でなければならないというところを、大野城市としましては、4分の3以上ということで、少し上げたいということで考えております。
 理由といたしましては、このB型への移行がまず想定される施設として、現在の届出保育施設が考えられるかと思います。この届出保育施設の実態としまして、保育従事者のうち保育士の率といいますのが、約70%でございます。ですから、今回新たな施設として設定する場合に、それを下回る基準というよりも、上げたところで保育の質を確保したいというのが一つでございます。それから、保育士の率が4分の3以上になりますと、国・県・市からの運営費の給付について、加算が発生いたします。ということで、事業者、施設側にとっても有利な要素も出てまいりますので、質の向上、事業者の有利な要素も含めたところで、この4分の3を設定いたしております。
 それから、同様の理由で、事業所内保育事業、こちらは、事業所の従業員さんのお子様をお預かりする施設の中に、地域のお子様もお預かりするという枠を設定するという事業でございます。その中で、定員が19人以下のもの、小規模保育と同じような定員設定の部分については、同様に4分の3以上としたいと考えております。
 もう一つ、独自基準というところで、居室・設備の面積基準でございます。これはもう、ほぼ国どおりでいたしておりますが、一番右側の事業所内保育事業のゼロ歳、1歳児の乳児室については、1人当たり、国は1.65平方メートル、大野城市としては3.3平方メートルとしたいと考えております。
 理由といたしまして、一番左側に保育所の基準を記載しております。乳児室は1.65平方メートルというのが国の基準なんですが、福岡県では、県の条例におきまして、3.3平方メートルという基準を現在使っております。このことから、この現在の基準に合わせる形で、定員20人以上の保育所型の事業所内保育事業になりますけれども、こちらについては3.3平方メートルとしたいと考えております。
 大野城市独自の点につきましては、以上でございます。
 次に、A4の資料についてご説明をいたします。4枚つけておりますが、1枚目につきましては、地域型保育事業の概要ということで、これは前回の委員会でお配りをいたしたかと思います。こういった形で、先ほどのA3の資料と重複するような内容も記載しております。
 それから、次のページでございますけれども、地域型保育事業の認可基準ということで、これもA3の資料と重複する内容でございますが、A型、B型、C型と分かれたところで、小規模保育事業も記載しております。わかりやすい形で記載した資料でございます。
 それから、次の頁は第60号議案についての資料になりますので、第59号議案ということでございましたら以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 説明が終わりましたので、質疑を受けます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(浅田大輝) 第6条についてなんですけれども、「家庭的保育事業者は、学校なり保育所、幼稚園、または認定こども園を、適切に確保しなければならない」とあるんですけれども、これって、何か連携協力協定みたいなやつを結ぶことになるんですかね。

-------------------------------------------------------------------------------

◯子育て支援課長(若山純哉) 連携施設ということでございますので、そういった何らかの協定に類するものを結んだ上でじゃないと、市としても確認できませんので、そういったことになろうかと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(浅田大輝) 第2号で、「必要に応じて代替保育を提供すること」とあるんですが、協定を結んだ保育所の入所率が非常に高いところとかは、何かその急な保育って可能なのかなとか思うんですけれども、そういうのってあんまり支障ないんですかね。その入所率とかには関係なく、保育できるものなんですかね。

-------------------------------------------------------------------------------

◯子育て支援課長(若山純哉) それぞれ市内の認可保育所は、厳しい状況でございます。ただ、市内の認可保育所にあっても、それぞれの園の中で、病気の方のための対応ということでの人員はおられることかと思います。時間を区切ってなどですね。そういったところで、そういう状況が重複しなければ、対応ができるのではないかと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) ほかにありませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(浅田大輝) 家庭的保育者、これは、研修を修了した方。保育士資格は持っていないけれども、何らかの研修を修了した方という理解でよろしいんですかね。

-------------------------------------------------------------------------------

◯子育て支援課長(若山純哉) そういうことになります。市長が行う研修を修了したということで、県の研修などを活用する場合もございますけれども、一定の研修基準を設けて、それを修了した方ということになります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(浅田大輝) その研修とかいうのは、何ですか、最終的に何か試験なんか設けてあるんですか。要は、保育士と同等以上の知識と経験を有する者ですか。どう証明するのかなと思いまして。

-------------------------------------------------------------------------------

◯子育て支援課長(若山純哉) 経験を経た上で、保育に従事して何年後かにもまた研修を行うなど、年次的にもあろうかと思います。そういったものの中では、試験というのはないのではないかと思っております。講義という形で、一定の時間、何十時間なり何日なりを受けていただいて、しっかりとそれを修めるということでの基準になろうかと思います。
 例えばですけれども、子どもの保育に関する講義、保育実習、それぞれ一定の時間がございます。これは例ですが、そういったものをしっかり受けていただくということになろうかと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(浅田大輝) すみません、ちょっと参考までにお聞きするんですけれども、その研修とかで、何か研修費用とかかかってくるんです。

-------------------------------------------------------------------------------

◯子育て支援課長(若山純哉) 保育士の通常の研修、年間を通してさまざまな研修がございます。保育士の資質向上のための研修で、県の連盟が主催して行う研修などもあります。そういったものは有料で、大野城市も、大野城市の職員の保育士が参加をいたしております。そういった形になろうかとは思いますが、この何十時間、何日間の研修の費用など詳細については、今資料がございませんけれども、有料になるんではなかろうかとは思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) ほかにありませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(佐藤義廣) 第8条のとこですけれども、家庭的保育事業者の職員の一般的要件で、「健全な心身を有し、豊かな人間性と倫理観を備え、児童福祉事業に熱意のある者であって」というのがありますけれども、この辺の判断はどんなふうにされるんですかね。

-------------------------------------------------------------------------------

◯子育て支援課長(若山純哉) これは、なかなか判断基準というのは難しかろうというのは、想定されます。この条例の前半のほうは、総則ということで、既存の認可保育所の認可基準を準用したような形にはなっておりますけれども、この条項についての内容をどう確認するかというようなことについては、先進の事例なども含めて研究はしたいと思っております。今、認可保育所は県認可でございますので、その事例も含めて研究はしたいと思いますが、当然こういう資質を備えておかなければならないという内容であると考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松崎正和) 保育料の設定とかの規定は、どこかあるんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯子育て支援課長(若山純哉) ここでは認可基準でございまして、保育料については、別途規則等で定めなければならないとも考えております。現在の認可保育所の保育料も別で定めておりますので、そのようになろうかと思いますが、保育料は、現在の認可保育所と同様の考えで、世帯の所得に応じた応能負担ということになりますので、今と変わるようなものではないと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松崎正和) ということは、事業所が設定するんじゃなくて、もう自治体でやるということ。

-------------------------------------------------------------------------------

◯子育て支援課長(若山純哉) はい、そうでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) ほかにありませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(香野信儀) 今回の新しい条例制定によって、細やかな、通常の施設ではない、家庭的な保育事業を目的とした条例制定のような感じを受けるわけですね。
 ということは、この中で特に小規模保育事業、これは、A、B、Cということで挙がっておりますが、場所の確保、施設の確保というのも当然必要になってくるわけですが、自宅など既にあるものを使っての家庭的保育事業をされることになるなら、小規模とかいうことになると、ある程度の人数の確保になれば、施設の確保が必要になる。それらの施設の確保に対する助成とかも、当然あるわけですかね。

-------------------------------------------------------------------------------

◯子育て支援課長(若山純哉) 助成はございます。制度として、この小規模保育事業に参入する際の施設整備補助、また、どこかを借りて行う場合にはその家賃補助という制度はございます。それを、大野城市として市の補助事業として位置づけるかどうかというのは、また予算の中で審議をいただきながら進めることになろうかとは思います。ただし、小規模保育事業など、こういった事業が大野城市として必要であるという判断をした場合には、何らかの予算措置はお願いをしなければならないものと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(香野信儀) 結局、今から、制度化して具体的に取り組んでいくということになるんでしょうけれども、最終的には、受け入れがどの程度になる、それに伴う予算化ということになろうかと思うんですね。
 何か、この今の段階において、これらの施設を、受け入れがそれなりの確保ができてスタートするということになれば、どのくらいの児童数が措置できるというか、入所できるような、何か見通しはありますか。もうまるきりゼロですか。ゼロということはないでしょうけれども。

-------------------------------------------------------------------------------

◯子育て支援課長(若山純哉) 例えば小規模保育でございますが、まず前提条件としてお話ししますと、今後保育の需要見込みを行いまして、それに対する確保方策を市として考えていかなければなりません。その中で、例えばさらなる定員増が必要だというような結果になった場合には、こういった小規模事業などを考えていくことになろうかと思います。
 その際、一番考えられますのは、現在、市内で200人以上のお子さんが届出保育施設に入所されてあります。そういった実績がありますので、その中で希望のところは、確保が必要になった場合には、施設整備補助なども活用しながら、人数の確保に向けた検討ができるのかもしれないというのはございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松崎正和) 事業所内保育事業以外に、市町村が事業主体となっていますけれども、実際こういうのに市町村が、大野城市が事業主体となる可能性ちゅうのはあるんです。

-------------------------------------------------------------------------------

◯子育て支援課長(若山純哉) 事業主体と申しますのは、今の大野城市の公立の保育所3園のような形でという意味でございますね。それは、可能性は低いのではないかと思います。市としては、私立の保育所の整備を今年度も進めておりますし、そういった形で、民間の活用ということを検討するだろうとは思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松崎正和) ということは、可能性があるとすれば、今無認可でやってある保育所が、認可保育所になろうから、これが。その方々が申請をして参加すると。可能性としてはそういうことが考えられるんですね。

-------------------------------------------------------------------------------

◯子育て支援課長(若山純哉) はい、そういう可能性が考えられると思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) ほかにありませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(井上正則) この小規模保育は、現実問題、やっていこうと言えば、やはり駅前関係を主体としてなっていくんだろうと私は思うんですけれどもね、そういったときに、先ほどの助成関係はあるということなんでしょうけれども、マンションとか借りていけば、当然そこには、ここにも載っておるように、2階以上の場合は手すり等の転落防止を設備するとか、今度は逆に、先々のことで、解体、いわゆる原状復帰するとき等も助成の問題とか出てくるかと思います。そういったところまで含めての助成制度なんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯子育て支援課長(若山純哉) 現時点では、開設するための最初の助成ということで、原状復帰、解体等の分はないということでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(井上正則) 今後そこら辺までも見ていこうかというのも、当然あるわけなんでしょうかね。もうそれは一切考えないという。

-------------------------------------------------------------------------------

◯子育て支援課長(若山純哉) 国の制度としてということであれば、その辺はまだ国等からの情報はないところですので、申しわけございませんがお答えが難しいかと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松崎正和) 今無認可の保育園がこれに移行しようとするメリットは、何ですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯子育て支援課長(若山純哉) メリットは、その事業者の方のお考えですので、なかなかわからないところはありますけれども、一般的には、安定した経営というものが行いやすいのではないかとは思います。届出保育施設は、保護者からの保育料を主な財源として運営されていますので、公費負担、公費給付を得て、そういった安定的な経営がしやすくなるのではとは思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松崎正和) 社会的信頼もありましょうし。反対に、デメリットってあるんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯子育て支援課長(若山純哉) デメリットとしては、一つは、既存の届出保育施設が移行する場合ですけれども、その場合は、今50人とか40人の人数を抱えてあるところもあります。それが19名以下となります。それから、今は自由度が高いといいますか、個人の経営者の考え方で保育をされてあるところもありましょうけれども、そういったことが、今後法令に基づいてということになります。そういったものもございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松崎正和) よくわかりました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(浅田大輝) 今のその届出保育所が、例えば小規模保育に移行したとして、保護者負担というのは、今の届出保育所の月額利用料よりも上がることはあり得るんですかね。

-------------------------------------------------------------------------------

◯子育て支援課長(若山純哉) それは、あり得ると思います。届出保育施設は、2万何千円なり3万円、4万円という一定の額でございますが、認可保育所になりますと、応能負担ということでございますので、所得の高い方は保育料も高くなってまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) ほかにありませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(佐藤義廣) 第18条に、家庭的保育事業所等内部の規程というのがありますけれども、これ、虐待の防止のための措置に関する事項を(10)として書いてありますけれども、これは具体的には、どういう措置といいますか、どういう内容を考えてあるんでしょうかね。

-------------------------------------------------------------------------------

◯子育て支援課長(若山純哉) 第18条は、現時点では、このそれぞれの中身について、どういうものをそろえなければならない、規定しなければならないというところまでは、市として規定しておりませんので、これからの検討ということになろうかと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(佐藤義廣) それで、それに関連してですけれども、居宅訪問型保育事業、これは、見ているとベビーシッター派遣事業みたいな形になりますけれども、こうなると、1対1、マンツーマンで保育する形になりますよね。そうすると、外からの、ほかからの目が届かない状況になりますけれども、こういう形の場合、虐待防止の措置はかなり重要な内容になるんじゃないかなと思いますけれどもね、その辺をよく検討しておいていただきたいと思いますけれどもね。

-------------------------------------------------------------------------------

◯子育て支援課長(若山純哉) その辺のことは、まさに思われることでございますので、市民参加の会議の中でもそのご心配はいただいております。市としては、十分な関与を行いながら、認可を行うとき、また、定期的な監査を行うとき、その他の機会を通じても、指導等は行ってまいりますし、先ほどのご指摘があった事項の中身についても、十分考えなければならないとは思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 途中ですけれども、会議延長の件で、本日の会議時間は、議事の都合により、あらかじめこれを延長したいと思いますが、それに異議ありませんか。
                〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 異議なしと認めます。よって、本日会議時間を延長することに決定しました。
 ほかにありませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) ないようですので、質疑を終わります。
 続いて、第60号議案、大野城市特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の運営に関する基準を定める条例の制定についてを議題とします。執行部の説明を求めます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯子育て支援課長(若山純哉) 第60号議案につきましては、子ども・子育て支援新制度において、都道府県が認可をしている保育所などの施設及び、第59号議案でご説明いたしましたが、新たに市町村が認可することができる施設、その両方について、運営基準を市町村が定めるということが求められております。そのことから、本市における運営基準を定めるものでございます。
 補足資料としてお配りしました資料の中で、A4サイズの3枚目をお願いしたいと思います。
 これは国のパンフレットでございますが、既存の認可保育所、それから新しい地域型の保育事業、それを含めたところで、市町村が運営基準を定めて、運営の内容を確認するというものです。そして、そのことによって、施設型給付または地域型保育給付という公費給付を受けるための施設という確認をするというのが、趣旨でございます。市が確認をして、市が実施主体となって、この事業に関与していくという内容でございます。
 まず、給付を受ける施設、事業者の確認についてというところでございます。黒丸の二つ目で、市町村は、各施設・事業の利用定員を定めた上で確認を行うこととなっております。教育・保育施設、これは保育所、幼稚園、認定こども園でございますが、そちらの最低利用定員は幼稚園を除き20人以上ということになっております。
 それから、この利用定員というのは、認定区分の1号から3号までの区分ごとに定員を定めるということになっております。区分については、1号は、3歳以上の保育の必要性がないと認められる子ども、2号は、3歳以上で保育の必要性があると認められる子ども、3号は、3歳未満で保育の必要性があると認められる子どもで、その号ごとに定員を定めるということになっております。
 それから、その下の黒丸で、ここは、この新制度が施行された際、現に幼稚園、保育所の認可を有する施設等については、公費給付を受ける施設として確認があったものとみなすということで、現在も運営されているところはみなし確認という形になります。
 それから、その下の黒丸で、翌年度の、今で言いますと平成27年度の正式な園児募集を開始する前に、この確認手続を行うということになってまいります。
 それから、その下に、運営基準等についてと書いてございます。法人格が求められますといったことなどが書いてございます。
 それから、運営基準の遵守ということで、こちらも考え方が示されております。
 それから、次のページでございます。この第60号議案の条例に規定している内容を要約したようなものにもなっております。
 利用開始に伴う基準として、利用開始の際の内容、手続、保護者への説明、保護者から同意を得る必要があるものについては同意を得るといったこと、それから、正当な理由のない場合は教育・保育を提供することを拒否してはならないといったことなどが示されております。
 それから、教育、保育の提供に伴う基準ということで、教育要領、保育指針などにのっとった教育、保育の提供がなされているかどうか、なされる施設であるかどうか、子どもの心身の状況の把握をきちんと行えるような体制が整っているかどうかなどが示されております。
 それから、三つ目が、管理運営に関する基準ということで、運営方針ですとか職員の職種、員数等の重要事項を定めた運営規程をきちんと策定しているかどうか、そして、それを提示しているかどうかといったような基準が示されております。
 このような内容について、きちんと対応がなされている施設であるかどうか、公費給付に足る施設であるかどうかについて、市のほうで確認をするということになっております。
 幼稚園、保育園等は、県認可でございまして、新しい地域型保育は市の認可でございます。第60号議案はそのどちらについてもの確認基準になりますので、認可基準と重複している内容も含まれております。一部はそういった、それぞれの施設の認可基準も含まれたような内容ということになっておるところでございます。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 説明が終わりましたので、質疑を受けます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(浅田大輝) この第60号議案も、第59号議案同様、何か厚生労働省の省令みたいなのがあるんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯子育て支援課長(若山純哉) はい、あります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(浅田大輝) もしあって、その省令と、この本市が定める条例で、何か特に相違点があればお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯子育て支援課長(若山純哉) 国の定める省令と違うところは、第3条の第5項でございます。大野城市暴力団排除条例に基づく暴力団排除に関する条文を、この第5項として加えております。これを加えた以外は、国どおりといたしております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) ほかにありませんか。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) ないようですので、質疑を終わります。
 これより、第59号議案の討論に入ります。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 討論を終わります。
 第59号議案、大野城市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する認可基準を定める条例の制定についての採決を行います。第59号議案について、原案のとおり決することに異議ありませんか。
                〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 異議なしと認めます。よって、第59号議案は原案のとおり可決するものと決しました。
 続いて、第60号議案の討論に入ります。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 討論を終わります。
 第60号議案、大野城市特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の運営に関する基準を定める条例制定についての採決を行います。第60号議案について、原案のとおり決することに異議ありませんか。
                〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 異議なしと認めます。よって、第60号議案は原案のとおり可決すべきものと決しました。
 以上で、福祉文教委員会が付託を受けました案件の審査を終了します。お疲れさまでした。
    (閉会 午後5時5分)