議事ロックス -地方議会議事録検索-


福岡県 大野城市

平成26年福祉文教委員会 付託案件審査 本文




2014.09.05 : 平成26年福祉文教委員会 付託案件審査 本文


    (開議 午後1時30分)
◯委員長(岡部和子) 皆さん、お疲れさまです。ただいまから福祉文教委員会を開会します。
 6名の議員から傍聴の申し出があっております。
 また、本日、一般の方3名からの傍聴の申し出があっており、これを許可しております。
 9月定例会で本委員会が付託を受けました案件は、条例の一部改正が3件、請願が1件です。条例の一部改正については、先に質疑を行い、その後、まとめて討論、採決を行います。
 それでは、審査に入ります。
 第48号議案、大野城市若年者専修学校等技能習得資金貸与条例の一部を改正する条例の制定についてヲ議題とします。
 執行部の説明を求めます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉課長(伊藤和久) 福祉課の伊藤です。よろしくお願いいたします。
 それでは、第48号議案、大野城市若年者専修学校等技能習得資金貸与条例の一部を改正する条例の制定について説明いたします。
 改正の理由につきましては、「母子及び寡婦福祉法」が「母子及び父子並びに寡婦福祉法」に題名が改正されることに伴い、次ページの下線部分の文言を整理するものであります。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 説明が終わりましたので質疑を受けます。質疑はありませんか。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) ないようですので、質疑を終わります。
 続いて、第49号議案、大野城市ひとり親家庭等医療費の支給に関する条例の一部を改正する条例の制定についてを議題とします。
 執行部の説明を求めます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯国保年金課長(古賀清光) 国保年金課所管分であります第49号議案、大野城市ひとり親家庭等医療費の支給に関する条例の一部を改正する条例の制定について説明をさせていただきます。
 1ページ目をお願いいたします。改正の理由についてでございます。
 「母子及び寡婦福祉法」と「中国残留邦人等の円滑な帰国の促進及び永住帰国後の自立の支援に関する法律」の条文の一部改正がありましたと同時に、法律の名称も変更になりました。これに伴いまして、本条例の中で引用しています法律の名称や適用条文におきまして、文言を変更する必要が生じましたので改めるものでございます。このため、本条例におきましては、支給内容に変更はございません。
 2ページ目をお願いいたします。改正する箇所は3カ所でございます。
 まず、第2条第1項第1号ですが、「母子及び寡婦福祉法」が今年の10月1日から「父子並びに」の文言が加わりまして、「母子及び父子並びに寡婦福祉法」に名称が変わります。
 次に、第2号でございます。
 「配偶者のいない男子」についての定義につきましては、今までは、母子及び寡婦福祉法の施行令でなされていましたが、改正後は、母子及び父子並びに寡婦福祉法の第6条第2項に定義されております。定義の内容は同じですけれども、現行の施行令から引用していた定義を、改正後は法律からの引用に変更するものでございます。
 3点目です。第3条の第2項第2号ですが、これも法律の名称の変更によるものです。少し長い法律の名称ですが、「中国残留邦人等の円滑な帰国の促進及び永住帰国後の自立支援に関する法律」が今年の10月1日から文言の追加がありまして、「並びに永住帰国した中国残留邦人等及び特定配偶者」が加わりまして、改正後の法律の名称に変わりますことから、名称を改正するものでございます。
 それから、附則でございますが、施行日は法律の施行日に合わせまして平成26年10月1日となります。以上で説明を終わらせていただきます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 説明が終わりましたので質疑を受けます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(佐藤義廣) 第2条第2号ですけれども、この「者」というのをわざわざ平仮名の「もの」に変えてありますけれども、これは人をあらわす「者」ではないんですかね。それとも状況をあらわしているんですかね。「者」がいいような感じがしますけれども。

-------------------------------------------------------------------------------

◯国保年金課長(古賀清光) すみません。第2条第2号の箇所でしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(佐藤義廣) 第2条第2号ですね。漢字で「者」、人をあらわす「者」が、平仮名の「もの」に変えてありますので、これはどういう意味があるのかなと思ってですね。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 年金課長、わかりますか。漢字の「者」。3項目のところです。

-------------------------------------------------------------------------------

◯国保年金課長(古賀清光) 改正前は人であるという「者」ということでございますが、改正後は扶養しているという「こと」だと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) では、後でまた、確認してですね。
 ほかにありませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(香野信儀) 第3条第2項のところで、それまでの永住帰国の自立支援に関する法律、そこまでに今まで該当しておる方が大野城市内にいらっしゃったのかどうか、そこらあたりをお尋ねします。それとあわせて、改正後の特定配偶者の自立の支援に関する法律ということでございますが、この条項に該当する方が今、いらっしゃるのかどうか。新たに予測をしてこのように改正されるのか、そこらあたりをちょっとお尋ねします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯国保年金課長(古賀清光) 現在のところ該当される方はおられないということです。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(香野信儀) 両方ともですか。特定配偶者のほうも。

-------------------------------------------------------------------------------

◯国保年金課長(古賀清光) 両方ともございません。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(香野信儀) わかりました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) ほかにありませんか。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 質疑を終わります。
 次に、第50号議案、大野城市重度障害者医療費の支給に関する条例の一部を改正する条例の制定についてを議題とします。
 執行部の説明を求めます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯国保年金課長(古賀清光) 国保年金課所管であります第50号議案、大野城市重度障害者医療費の支給に関する条例の一部を改正する条例の制定につきまして説明をさせていただきます。
 1ページ目をお願いいたします。改正の理由についてでございます。
 「中国残留邦人等の円滑な帰国の促進及び永住帰国後の自立の支援に関する法律」の条文の一部改正がありましたと同時に、法律の名称も変更になりました。また、児童福祉法の条文の一部改正がありました。これに伴いまして、本条例の中で引用しています法律の名称や適用条文におきまして、文言を変更する必要が生じましたので改めるものでございます。なお、本条例におきましては、支給内容に変更はございません。
 2ページ目をお願いいたします。
 まず、第3条の第2項第2号でございますが、法律の名称の変更によるものです。前の議案、第49号議案にも出てきておりますが、この名称が今年の10月1日から変わることに伴いまして、名称を変更するものでございます。
 次に、第13条第2項ですが、医療型児童発達支援及び治療を行う施設の総称として指定医療機関とされていましたが、平成27年1月1日からは指定発達支援医療機関という名称に変更されます。また、その条文が第6条の2の2とされました。これに伴いまして、本条例で引用しています名称とその適用条文を変更するものです。
 施行日は平成27年1月1日からとなっております。
 3点目の附則でございますが、法律の施行日に合わせまして、本条例の施行日もそれぞれ、平成26年10月1日と、平成27年1月1日としております。以上で説明を終わらせていただきます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 説明が終わりましたので質疑を受けます。質疑ありませんか。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) ないようですので、質疑を終わります。
 先ほどの「もの」の分の回答はいつになりますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯国保年金課長(古賀清光) ただいま、法制のほうに確認に行っておりますので、いましばらくお待ちください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 暫時休憩します。
    (休憩 午後1時43分)
    (再開 午後1時47分)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 再開します。
 どうぞ。

-------------------------------------------------------------------------------

◯国保年金課長(古賀清光) 失礼いたしました。
 先ほどの、改正前の漢字の「者」と改正後の平仮名の「もの」の違いについてでございますが、第6条第2項に規定する、配偶者のいない男子という条件をあらわすものにつきましては、関係代名詞ということで平仮名の「もの」を使うのが一般的だということで、今回、平仮名の「もの」に変えさせていただいたということであります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 佐藤委員、よろしいでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(佐藤義廣) はい、結構です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) よろしいですか。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 質疑を終わります。
 これより、第48号議案、大野城市若年者専修学校等技能習得資金貸与条例の一部を改正する条例の制定についての討論に入ります。
 一般傍聴者は退席をお願いします。
                 〔一般傍聴者退席〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 討論に入ります。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 討論を終わります。
 第48号議案、大野城市若年者専修学校等技能習得資金貸与条例の一部を改正する条例の制定についての採決を行います。第48号議案について原案のとおり可決することに異議ありませんか。
                〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 異議なしと認めます。よって、第48号議案は原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、第49号議案の討論に入ります。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 討論を終わります。
 第49号議案、大野城市ひとり親家庭等医療費の支給に関する条例の一部を改正する条例の制定についての採決を行います。原案のとおり決することに異議ありませんか。
                〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 異議なしと認めます。よって、第49号議案は原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、第50号議案、大野城市重度障害者医療費の支給に関する条例の一部を改正する条例の制定についての討論を行います。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 討論を終わります。
 第50号議案、大野城市重度障害者医療費の支給に関する条例の一部を改正する条例の制定についての採決を行います。第50号議案について原案のとおり決することに異議ありませんか。
                〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 異議なしと認めます。よって、第50号議案は原案のとおり可決すべきものと決しました。
 暫時休憩します。
    (休憩 午後1時48分)
    (再開 午後2時20分)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 福祉文教委員会を再開します。
 ウイルス性肝炎患者に対する医療費控除の拡充に関する請願書について、委員の皆さんからのご意見を伺いたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(浅田大輝) 意見書案は請願に添付されているほうの意見書案でよろしいんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) はい。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(浅田大輝) うちの慣例として、こういうふうに修正したほうがいいということではなくて、少し皆さんの意見をお聞きしたいと思うのが、まず1番のウイルス性肝硬変・肝がんというのが全体で肝炎患者が350万人ということなんですけれども、ウイルス性肝硬変・肝がん患者が幾らになるかわからないんですけれども、仮に100万人と仮定した場合に、恐らく国の責めに帰すべき事由によって感染した患者というのが何割かいる。もう一方で国の責めに帰すべき事由によらない患者も何割かいる。とすると、今、言ったようにウイルス性肝硬変・肝がん患者への医療費助成というのは、それらを全て含めた上での医療制度の創設になると思うんですね。国の責めに帰すべきではない事由によって患者になった方々への医療費制度というのは、他の疾患とか疾病、他のがんとかとのバランスという問題が恐らく発生するのではないかというのが、一応、考え方としてはあると思うんですね。去年の、たしか当時の田村厚生労働大臣も、肝炎患者とかの原告団ですかね、の定例協議でそんな趣旨の発言をされています。バランスが難しいから、医療費助成制度が難しいのはそういった理由もあると。かといって、遠くない時期に医療費助成制度の必要性は当然、厚生労働省としても感じてはあるんでしょうけれども、先ほども申し上げたように国の責任に帰すべき事由によって感染された患者に対する医療制度というのは当然、もちろん手厚く助成を創設していくべきだけれども、そうではない方々への、それと他の疾病・疾患とのバランスというのを、どのようにお考えになってあるかなと思いまして。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(香野信儀) やはり医療費の国の助成ということですから、当然その条件としては国の責めによるものが前提じゃないかなという気がするんですね。そうしないと全てのウイルス性肝炎・肝がんを対象にしたときには、医療費は莫大になってくるんじゃないかなと。ここで言う350万人が全て国の責めに帰すべき患者なのかどうかというのはわかりませんけどね。だから、そこはやはり一定の線引きをしておかないと、今から先、そういう患者さんが相当増えてくる可能性があるし、これはその辺は十分考えての請願なり意見書の取り扱いをしなきゃいかんのではないかなという気がします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(井上正則) 今の浅田委員も言われていましたけれども、国に関しては、バランスの問題という表現になりましょうけれども、意見書を出されたきょうの当人たちからすれば、これはバランスの問題というより、こういう被害を受けた我々のことをという観点だと私は思います。子どもさんの二次被害という話もあります。これは求めていくべきではなかろうかと私は思っておりますんでね。バランスの問題というのはちょっとこの趣旨からは違うのかなと私は感じます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(佐藤義廣) 請願者の方がどういう助成制度を求めてあるかわかりませんけれども、やはり医療費の助成制度を創設するとすれば、そういうバランスのことも考えて、そして、国の責めに帰する発病であることを、ある程度限定できるような制度をつくると思うんですね。例えば、昭和23年7月ごろから注射器を使い回していたと。そして50年ぐらい前ですかね、その間は使っているからその間の年齢の方にするとか、助成制度の中でそういう規制が出てくると思います。こういう制度をつくってくれというのは非常に難しいかもしれませんけれども、助成制度を創設することは必要じゃないかなと思います。だから請願、意見書を出してもいいんじゃないですか。つくってくださいというような意見書を出してもいいんじゃないかなと思いますけどね。つくったからといって必ず全員に適用されるという問題じゃないと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(浅田大輝) 意見書を議会として提出するに当たって、そういった内容を含めたほうがいいものかどうかというのが少しまだ、個人的に判断がつかないところなんですけれども、先ほど井上さんがおっしゃったように、原告の方々とか患者の方々は他の疾病とのバランスとかを考える必要は当然ないと思うんですよ。もちろんです。ただ、それを議会として上げるからには、そういったバランスとかも考えた上での意見書でなければいかんのかなという考えではあります。医療費助成というのはあらゆる患者の方々が全員欲しいはずなんですよ、もっと。ただならただがいいに決まっているんです。そういったところまで含めた意見書にしていく必要があるんではないかという考えではあるんですけれども。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(井上正則) 一概に言えんとこなんですけれども、出してきたというところから問題は発生すると思うんですよ。今回出された件に関しては、早目に手をつけたというか、それでも遅いんでしょうけれど、こういうふうに原告団としてそういう意見書を出していくというところを尊重していいんじゃなかろうかと思うんですよ。議会としてバランス感覚を見ろと言われても、見ようがなかろうと思うんですね、他の医療費との。ですから、オール・オーケーと私は思っています。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) ほかに。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(佐藤義廣) 議会としても、どういう助成制度をつくれというのはなかなか難しいと思うんです。だから医療費助成制度を検討してつくってくださいということで足りるんじゃないかなと思います。どういうバランスをとるかとか、とても我々は考えられないですよ。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) ほかに意見はありますか。
 松崎委員、意見はありますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松崎正和) 請願というのはまさに請願であって、これを見ても何ら請願の内容・趣旨、さらに、意見書を見ても別に問題のあることでも何でもない。困っている方の気持ちが素直に出ているものだから、それに対して議会が手を加えてどうこうという必要もなかろうし、思いを国に伝えると。後は国がやることでしょうから、私は、このまま採択して意見書を出す、それが我々議会の役目ではないかなと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) ほかはいいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(浅田大輝) 今、松崎委員がおっしゃったような立場に今回は立つのか、それともそういった──別に医療制度の設計を議会がするわけじゃないですけれども、意見書の中にそういったものを勘案したような文言を含めた形で出していくのか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松崎正和) これをいじくるほうが難しい。1年ぐらいかけてはまり込んでせんとできない。言われる気持ちもよくわかるけれども、なかなか難しいよ。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(浅田大輝) わかりました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(香野信儀) 今、言われたように、確かにこれを一言一句チェックして、該当しているかどうか中身を精査してといっても、我々は医学知識持っとるわけじゃないしですね。だから大勢としては請願の趣旨なりを酌んで、我々としては対応していいんじゃないかなという気がします。一言一句言いよったら切りがないと思いますよ。これはどうのこうの、これはちょっと行き過ぎじゃないかとかいうことになろうかと思いますので、その辺は趣旨を酌んであれするということでいいんじゃないかと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 浅田委員、いいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(浅田大輝) いいです。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) それでは、意見交換を終了します。
 これより、討論に入ります。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 討論を終わります。
 請願第6号、ウイルス性肝炎患者に対する医療費助成の拡充に関する請願書について採択することに異議ありませんか。
                〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 異議なしと認めます。よって、請願第6号は採択するものと決しました。
 暫時休憩します。
    (休憩 午後2時35分)
    (再開 午後2時38分)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 委員会を再開します。
 ウイルス性肝炎患者に対する医療費助成の拡充を求める意見書案を議題とします。
 井上副委員長から補足説明をお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(井上正則) 先ほどありましたウイルス性肝炎患者に対します医療費助成の拡充を求める意見書案が請願書とあわせて提出されておりますので、先ほど読んでいただいたようにお配りしております。
 内容につきましては記載のとおりですが、提出先は衆参の議長と内閣総理大臣、厚生労働大臣宛てに出します。以上で説明を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 意見書案について、委員のほうから別に意見がありましたらお願いします。よろしいですか。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) ないようですので、ウイルス性肝炎患者に対する医療費助成の拡充を求める意見書案の討論を行います。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 討論を終わります。
 請願第6号、ウイルス性肝炎患者に対する医療費助成の拡充に関する請願書について採択することに異議ありませんか。
                〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 異議なしと認めます。よってウイルス性肝炎患者に対する医療費助成の拡充を求める意見書案は委員会提案とすることに決しました。
 提案理由については正副委員長に一任していただいてよろしいでしょうか。
                〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 異議なしと認めます。よって、提案理由については正副委員長に一任させていただきます。以上で意見書案の審査を終了します。
 暫時休憩します。
    (休憩 午後2時40分)
    (再開 午後2時55分)
 それでは委員会を再開します。
 手話言語法(仮称)制定に求める意見書案を議題とします。
 井上副委員長から補足説明をお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(井上正則) では、手話言語法(仮称)制定を求める意見書案を正副委員長で作成しておりますので、今、お配りしているとおりです。
 内容につきましては記載のとおりであります。
 提出先は衆参の議院議長、内閣総理大臣、文部科学大臣、厚生労働大臣です。説明は以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 意見書案について、委員のほうから意見がありましたらお願いします。
                〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) ないようですので、手話言語法(仮称)制定を求める意見書案の討論を行います。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 討論を終わります。
 手話言語法(仮称)制定を求める意見書案の採決を行います。本意見書案は委員会提案とすることに異議ありませんか。
                〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 異議なしと認めます。よって、手話言語法(仮称)制定を求める意見書案は委員会提案とすることに決しました。
 提案理由については正副委員長に一任でよろしいでしょうか。
                〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 異議なしと認めます。よって、提案理由については正副委員長に一任させていただきます。
 以上で、意見書案の審査を終了します。
 これをもちまして福祉文教委員会を閉会します。お疲れさまでした。
    (閉会 午後2時55分)