議事ロックス -地方議会議事録検索-


福岡県 大野城市

平成26年総務市民委員会 付託案件審査 本文




2014.09.05 : 平成26年総務市民委員会 付託案件審査 本文


    (開会 午前9時59分)
◯副委員長(古賀健一) おはようございます。本日、丸山委員長から欠席届が出ていますので、副委員長の私古賀が議事を進行いたします。7名の議員から傍聴の申し入れがあっております。また、一般の方6名の方から傍聴の申し入れがあり、これを許可しております。
 それでは、本題に入ります。9月定例会で本委員会が付託を受けました案件は、条例の制定1件、請願4件です。発言については、着席をしたままで結構ですが、挙手の上、指名されてから発言をされますようにお願いいたします。それでは、審査に入ります。
 第51号議案、大野城市営住宅条例の一部を改正する条例の制定についてを議題といたします。執行部の説明を求めます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯管財課長(永川恵司) 第51号議案は、大野城市営住宅条例の一部改正となります。大野城市営住宅条例の第6条第2項第5号を一部改正するものですが、これは、第6条で規定してます入居資格のうち、単身で入居できる方、高齢者等の規定にかかわる部分の改正となります。
 高齢者等の規定として、条例の第6条第2項第5号で、中国残留邦人等の円滑な帰国の促進及び永住帰国後の自立に関する法律第14条第1項に規定する支援給付を受けている者というふうに現行規定がなっておりますが、この法律の名称が、中国残留邦人等の円滑な帰国の促進、並びに永住帰国した中国残留邦人等及び特定配偶者の自立支援に関する法律に改正され、平成26年10月1日から施行することとなっており、これに合わせて市条例を改正することになります。
 改正の内容は、当該法律名称を新しい名称に改正するということになりますが、法律自体の改正概要は、名称のほか中国残留邦人がなくなった後の支援対象配偶者を当該残留邦人が永住帰国する前から継続して配偶者である者に限定し、新たに配偶者支援金を追加支給するように改められているものです。以上で説明を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯副委員長(古賀健一) では、説明が終わりましたので質疑を受けます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(清水純子) 大野城市に直接的に何人か該当の方がいらっしゃいますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯管財課長(永川恵司) 市全体での該当者の方は把握しておりませんが、市営住宅のほうの申し込みで、現在まで当該該当者の方が申し込まれたということはありません。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(永野義人) 今の関連で、これは国の施策と思いますけれども、国であれば県のほうを通じ、残留の方々のそういった住まい、今大野城市ということですけれども、ほかの県を通していろんな帰ってこられた方をサポートしていく、そういった県の関連はどんなふうになっているんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯管財課長(永川恵司) 全体的な支援策としては、この法律の規定にあります当該残留邦人の方への満額の老齢基礎年金の支給とか、それから、生活保護と同一水準の支援給付とかいうのが、この法律によってなされているようですが、市営住宅自体、県のほうの県営住宅自体についても、市営住宅の規定は、本市と同じような、高齢者等、単身入居できる資格要件の優遇措置というぐらいで限られておるようです。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(永野義人) ということは、大体大野城市と県との関連は同じということですね。そういったことでとっていていいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯管財課長(永川恵司) 市営住宅等に関しては同じレベルということで捉えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(天野嘉久孝) 特定配偶者とありますが、特定というのはどの範囲までを。

-------------------------------------------------------------------------------

◯管財課長(永川恵司) 特定配偶者、従前の、改正前の法律では、特定中国残留邦人の方の帰国後の配偶者の方を含めて言っていたみたいですが、今回は、先ほど説明しましたように、帰国前から、従前から配偶者であった方というふうに限定されております。すなわち、帰国後ご結婚されたとか、そういった方は、法律改正に伴って対象になっていない。ただ、法律改正に伴って従前の配偶者の方の分も経過措置として、現時点で支給を受けていれば引き続き受けている支援給付は継続するというような特例措置はあるようですが、法律の趣旨としましては、先ほど申し上げましたとおり、特定配偶者に限定するというような取り扱いになっているようです。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(天野嘉久孝) 残留孤児の方の帰国というのは、かなり前からあっていたと思うんですよね。ということは、要するに今改正ではなくて当初からやっておくべきだったと思うんですけれども、例えば、日本の在留で奥さんと子どもさん連れて帰ったと。その分の保障をするということですね。そういったことですよね。今まで亡くなった方というのは、何の援助措置もしていなかったんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯管財課長(永川恵司) 今まで亡くなった方に対しましては、ご本人さんが生存中は夫婦、家族で老齢基礎年金の特例措置とか、生活保護と同一水準の支援給付とかいうことをやっていたということになります、同じ支援としてですね。
 今回、今までで言うと中国残留邦人の方が亡くなった場合は、満額の老齢基礎年金という部分がなくなると、先ほど言いました生活保護と同一水準の支援給付のみになるというようなことで、今委員がおっしゃいましたようにかなりみなさん高齢になられているという背景を受けまして、なかなか日本の習慣にも不慣れで、生活的にも苦しいというような状況を鑑みて、満額の老齢基礎年金がなくなるという部分もカバーするために、新たに配偶者支援金という制度を同額程度支給するというふうに改められているものです。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(福山保廣) これは、帰国されて国籍というのは、家族を含めて全員取得されているはずですよね。

-------------------------------------------------------------------------------

◯管財課長(永川恵司) そういうふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(福山保廣) 今のところ生活保護の保障は受けられていたということですね。

-------------------------------------------------------------------------------

◯管財課長(永川恵司) 私も専門外なのであまり詳しくないんですが、今までの法律の支給としまして、そういうふうに国民年金の特例ということで、ご本人さんがいらっしゃれば満額を支給するという分と、それから、生活保護世帯同等の支給をということで、それも収入に応じてということになるとは思いますが、その中で、生活保護と同じように生活支援給付、住宅支援給付、医療支援給付、介護支援給付等が行われていたようです。現在も、そういうふうにそちらのほうの支給は行われるということにはなります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(田中健一) この関係では、所得の制限とかそういうところは特にあるんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯管財課長(永川恵司) 生活支援給付の部分については、法律の中で所得に応じてというふうに書いてありますので、中国残留邦人の方でも収入がある方は、そういう支給はそれによって金額が変わるんではないかと捉えております。細かいところまでは把握しておりません。申しわけございません。

-------------------------------------------------------------------------------

◯副委員長(古賀健一) ほかよろしいですか。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯副委員長(古賀健一) ないようですので質疑を終わります。
 これより討論に入ります。討論ございませんか。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯副委員長(古賀健一) では、討論を終わります。
 第51号議案、大野城市営住宅条例の一部を改正する条例の制定についての採決を行います。第51号議案について原案のとおり決することに異議ありませんか。
                〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯副委員長(古賀健一) 異議なしと認めます。よって、第51号議案は原案のとおり可決すべきものと決しました。
 ここで暫時休憩いたします。
    (休憩 午前10時10分)

    (再開 午前11時08分)

-------------------------------------------------------------------------------

◯副委員長(古賀健一) では、総務市民委員会を再開いたします。
 請願第1号から請願第4号までを一括議題といたします。
 委員の皆さんからのご意見を伺いたいと思います。委員会での意見交換です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(天野嘉久孝) この内容からすると、集団的自衛権そのものを認めないという内容、行使容認に反対する意見書ということに限定をされているみたいですが、今の世情から見るなら、日本は諸外国に対して武力が全く使えないということで、危機に瀕している部分も感じるところがあります。集団的自衛権の考え方なんでしょうけれども、そこについては、今後しっかりと議論をしていただく、ないしは、そういったところをしていただければ、自衛というのは誰かがやらないといけない問題という気がするので、これに関しては反対をすることがいいとは思えない、だから、反対というのは認めることはできないということです。

-------------------------------------------------------------------------------

◯副委員長(古賀健一) 反対ということを認められないということですね。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(清水純子) 私はやり方が、国会の場で議論するんではなくて、密室の中と一緒ですよね。閣議決定をしていくという、そしてそれが憲法解釈につながっているわけですから、そういう意味では、こういうやり方はいかんということで、この集団的自衛権の行使容認というところはもうちょっと修正すればいいと。私は請願に対しては賛成の立場です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯副委員長(古賀健一) 永野委員は。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(永野義人) 天野委員と一緒です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯副委員長(古賀健一) それでは意見交換を終了いたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯副委員長(古賀健一) これより討論に入ります。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯副委員長(古賀健一) 討論を終わります。
 請願第1号、集団的自衛権の行使容認に反対する意見書に関する請願書について、挙手による採決を行います。請願第1号、集団的自衛権の行使容認に反対する意見書に関する請願書について賛成の挙手を求めます。
                  〔賛成者挙手〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯副委員長(古賀健一) 賛成少数と認めます。よって、請願第1号は不採択とすべきものと決しました。
 続きまして、請願第2号の挙手による採決を行います。
 請願第2号、集団的自衛権の行使容認に反対する意見書に関する請願書について賛成の挙手を求めます。
                  〔賛成者挙手〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯副委員長(古賀健一) 賛成少数であります。よって、請願第2号は不採択とすべきものと決しました。
 続きまして、請願第3号の挙手による採決を行います。
 請願第3号、集団的自衛権の行使容認に反対する意見書に関する請願書について賛成の挙手を求めます。
                  〔賛成者挙手〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯副委員長(古賀健一) 賛成少数であります。よって、請願第3号は不採択とすべきものと決しました。
 続きまして、請願第4号の挙手による採決を行います。
 請願第4号、消費税増税の撤回を求める意見書提出を求める請願書について賛成の挙手を求めます。
                  〔賛成者挙手〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯副委員長(古賀健一) 賛成なしであります。よって、請願第4号は不採択とすべきものと決しました。
 以上で、総務市民委員会が付託を受けました案件の審査をすべて終了しました。
 これをもちまして、総務市民委員会を閉会いたします。
    (閉会 午前11時13分)