議事ロックス -地方議会議事録検索-


福岡県 大野城市

平成26年第3回定例会(第5日) 報告・討論・採決 本文




2014.09.24 : 平成26年第3回定例会(第5日) 報告・討論・採決 本文


                 開議 午前10時00分
◯議長(関岡俊実) 皆さん、おはようございます。
 ただいまから本日の会議を開きます。
 本日の議事日程は、お手元に配付しているとおりです。
 これより議事に入ります。
     ──────────────・────・──────────────
  日程第1 会議録署名議員の指名

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員のうち、丸山議員から本会議2日目以降の欠席の届け出がありましたので、会議録署名議員として8番、古賀議員を補充指名します。
     ──────────────・────・──────────────
  日程第2 第51号議案

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 日程第2、第51号議案を議題といたします。
 本議案は、総務市民委員会に付託していましたので、副委員長の報告を求めます。
 総務市民副委員長。
             〔古賀健一総務市民副委員長 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯8番(古賀健一) 報告します。平成26年第3回9月定例会で本委員会が付託を受けました案件は、条例の一部改正1件と請願4件です。去る9月5日に、執行部より関係部課長等の出席を求め、審査を行いました。その経過と結果について報告いたします。
 第51号議案、大野城市営住宅条例の一部を改正する条例の制定について、執行部の説明を受け、主な質疑として、改正による該当者の有無について、特定配偶者の範囲についてなどがあり、執行部の回答を受け、これを了承し、討論はなく、採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、報告を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) ただいまの副委員長報告に対して、質疑を受けます。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 質疑を終わります。
 これより討論を行います。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 討論を終わります。
 第51号議案、大野城市営住宅条例の一部を改正する条例の制定についての採決を行います。本議案に対する副委員長報告は原案可決であります。副委員長報告のとおり決することに異議ありませんか。
                〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 異議なしと認めます。よって、第51号議案は原案のとおり可決されました。
     ──────────────・────・──────────────
  日程第3から日程第7まで

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 日程第3、第48号議案から日程第7、第60号議案までを一括議題といたします。
 これらの議案は、福祉文教委員会に付託していましたので、委員長の報告を求めます。
 福祉文教委員長。
              〔岡部和子福祉文教委員長 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯9番(岡部和子) おはようございます。
 報告します。平成26年9月定例会で福祉文教委員会が付託を受けました案件は、条例の一部改正3件、条例の制定2件、請願1件です。去る9月5日と18日に福祉文教委員会を開催し、関係部課長等の出席を求め、審査を行いました、その経過と結果について報告します。
 第48号議案、大野城市若年者専修学校等技能習得資金貸与条例の一部を改正する条例の制定について、執行部の説明を受け、質疑、討論ともになく、採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。
 第49号議案、大野城市ひとり親家庭等医療費の支給に関する条例の一部を改正する条例の制定について、執行部の説明を受け、質疑に入りました。その主なものは、永住帰国後の自立支援に関する法律の該当者の有無についてであり、執行部の回答を受け、これを了承し、討論もなく、採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。
 第50号議案、大野城市重度障害者医療費の支給に関する条例の一部を改正する条例の制定について、執行部の説明を受け、質疑、討論ともになく、採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。
 第59号議案、大野城市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する認可基準を定める条例の制定について、執行部の説明を受け、質疑に入りました。新制度のメリット・デメリットについて、家庭的保育者資格の取得方法について、助成制度や保育料金の設定についてであり、執行部の回答を受け、これを了承し、討論もなく、採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。
 第60号議案、大野城市特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の運営に関する基準を定める条例の制定について、執行部の説明を受け、質疑に入りました。省令で示された条例案との相違点についてであり、執行部の回答を受け、それを了承し、討論もなく、採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、報告を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) ただいまの委員長報告に対して、一括して質疑を受けます。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 質疑を終わります。
 これより一括して討論を行います。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 討論を終わります。
 第48号議案、大野城市若年者専修学校等技能習得資金貸与条例の一部を改正する条例の制定についての採決を行います。本議案に対する委員長報告は原案可決であります。委員長報告のとおり決することに異議ありませんか。
                〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 異議なしと認めます。よって、第48号議案は原案のとおり可決されました。
 第49号議案、大野城市ひとり親家庭等医療費の支給に関する条例の一部を改正する条例の制定についての採決を行います。本議案に対する委員長報告は原案可決であります。委員長報告のとおり決することに異議ありませんか。
                〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 異議なしと認めます。よって、第49号議案は原案のとおり可決されました。
 第50号議案、大野城市重度障害者医療費の支給に関する条例の一部を改正する条例の制定についての採決を行います。本議案に対する委員長報告は原案可決であります。委員長報告のとおり決することに異議ありませんか。
                〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 異議なしと認めます。よって、第50号議案は原案のとおり可決されました。
 第59号議案、大野城市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する認可基準を定める条例の制定についての採決を行います。本議案に対する委員長報告は原案可決であります。委員長報告のとおり決することに異議ありませんか。
                〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 異議なしと認めます。よって、第59号議案は原案のとおり可決されました。
 第60号議案、大野城市特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の運営に関する基準を定める条例の制定についての採決を行います。本議案に対する委員長報告は原案可決であります。委員長報告のとおり決することに異議ありませんか。
                〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 異議なしと認めます。よって、第60号議案は原案のとおり可決されました。
     ──────────────・────・──────────────
  日程第8 第52号議案

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 日程第8、第52号議案を議題といたします。
 本議案は、都市環境委員会に付託していましたので、委員長の報告を求めます。
 都市環境委員長。
              〔松下真一都市環境委員長 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯13番(松下真一) 報告します。平成26年9月定例会で都市環境委員会が付託を受けました案件は、条例の一部改正1件と、請願1件の合計2件です。去る9月8日に都市環境委員会を開催し、建設及び環境生活部の関係部課長等の出席を求め、都市環境委員全員出席のもとに、審査をいたしました経過と結果について報告します。
 第52号議案、大野城市手数料条例の一部を改正する条例の制定について、執行部の説明を受け、法律名に「管理」という言葉が入ったことにより、市での有害鳥獣の対応策についての質疑があり、執行部の回答を受け、これを了承し、討論はなく、採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、議案審査の報告を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) ただいまの委員長報告に対して、質疑を受けます。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 質疑を終わります。
 これより討論を行います。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 討論を終わります。
 第52号議案、大野城市手数料条例の一部を改正する条例の制定についての採決を行います。本議案に対する委員長報告は原案可決であります。委員長報告のとおり決することに異議ありませんか。
                〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 異議なしと認めます。よって、第52号議案は原案のとおり可決されました。
     ──────────────・────・──────────────
  日程第9から日程第14まで

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 日程第9、第53号議案から日程第14、第58号議案までを一括議題といたします。
 これらの議案は、予算委員会に付託していましたので、委員長の報告を求めます。
 予算委員長。
               〔田中健一予算委員長 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯6番(田中健一) おはようございます。
 平成26年第3回9月定例会において、予算委員会が付託を受けました案件は、補正予算案6件です。去る9月9日に予算委員会を開催し、執行部より関係部課長並びに係長などの出席を求め、審査を行いました。その経過と結果について報告いたします。
 第53号議案、平成26年度大野城市一般会計補正予算(第2号)について、執行部の説明を受け、質疑に入りました。その主なものは、企画政策部所管分では、社会保障・税番号制度について、総務部所管分では、平成25年度に前倒しした福岡都市圏南部環境事業について、こども部所管分では、保育施設への太陽光発電設備の設置について、大野南保育所の大規模改修工事について、環境生活部所管分では、環境美化ごみ袋作成について、(仮称)ふるさと大野城「まちの活力」創出基本計画及びアクションプランの策定方針について、教育部所管分では、大利小学校及び大野中学校の校舎の大規模改修の内容について、学級運営サポートティーチャー及び児童・生徒介助員の資格及び配置について、福祉高齢部所管分では、大野城市軽度・中等度難聴児補聴器購入費助成事業の対象者把握について、成人用肺炎球菌予防接種事業及びその対象者数についてなどの質疑がありました。
 それぞれの質疑に対し、執行部の回答を受け、これを了承し、討論はなく、採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、第54号議案、平成26年度大野城市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)について、執行部の説明を受け、質疑に入りました。高額療養費の自己負担限度額区分及び自己負担割合についての質疑があり、執行部の回答を受け、これを了承し、討論はなく、採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、第55号議案、平成26年度大野城市介護保険特別会計補正予算(第1号)について、執行部の説明を受け、これを了承し、質疑、討論ともになく、採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、第56号議案、平成26年度大野城市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)について、執行部の説明を受け、これを了承し、質疑、討論ともになく、採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。
 第57号議案、平成26年度大野城市水道事業会計補正予算(第1号)について、執行部の説明を受け、質疑に入りました。委託業務内容及び瓦田浄水場のA系統の浄水施設の撤去についての質疑があり、執行部の回答を受け、これを了承し、討論はなく、採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。
 最後に、第58号議案、平成26年度大野城市下水道事業会計補正予算(第1号)について、執行部の説明を受け、これを了承し、質疑、討論ともになく、採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。以上で、報告を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) ただいまの委員長報告に対して、一括して質疑を受けます。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 質疑を終わります。
 これより一括して討論を行います。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 討論を終わります。
 第53号議案、平成26年度大野城市一般会計補正予算(第2号)についての採決を行います。本議案に対する委員長報告は原案可決であります。委員長報告のとおり決することに異議ありませんか。
                〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 異議なしと認めます。よって、第53号議案は原案のとおり可決されました。
 第54号議案、平成26年度大野城市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)についての採決を行います。本議案に対する委員長報告は原案可決であります。委員長報告のとおり決することに異議ありませんか。
                〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 異議なしと認めます。よって、第54号議案は原案のとおり可決されました。
 第55号議案、平成26年度大野城市介護保険特別会計補正予算(第1号)についての採決を行います。本議案に対する委員長報告は原案可決であります。委員長報告のとおり決することに異議ありませんか。
                〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 異議なしと認めます。よって、第55号議案は原案のとおり可決されました。
 第56号議案、平成26年度大野城市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)についての採決を行います。本議案に対する委員長報告は原案可決であります。委員長報告のとおり決することに異議ありませんか。
                〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 異議なしと認めます。よって、第56号議案は原案のとおり可決されました。
 第57号議案、平成26年度大野城市水道事業会計補正予算(第1号)についての採決を行います。本議案に対する委員長報告は原案可決であります。委員長報告のとおり決することに異議ありませんか。
                〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 異議なしと認めます。よって、第57号議案は原案のとおり可決されました。
 第58号議案、平成26年度大野城市下水道事業会計補正予算(第1号)についての採決を行います。本議案に対する委員長報告は原案可決であります。委員長報告のとおり決することに異議ありませんか。
                〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 異議なしと認めます。よって、第58号議案は原案のとおり可決されました。
     ──────────────・────・──────────────
  日程第15から日程第23まで

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 日程第15、認定第1号から日程第23、認定第9号までを一括議題といたします。
 これらの議案は、決算特別委員会に付託していましたので、委員長の報告を求めます。
 決算特別委員長。
              〔福山保廣決算特別委員長 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯12番(福山保廣) 報告します。平成26年9月定例会におきまして、決算特別委員会が付託を受けました案件は、認定第1号から認定第9号までの9件です。去る9月11日、12日、16日の3日間にわたり、執行部より副市長を初め、関係部課長並びに係長等の出席を求め、決算特別委員会の全委員参加のもとに審査を行いました。その経過と結果について報告いたします。
 認定第1号、平成25年度大野城市一般会計歳入歳出決算認定について、執行部の説明を受け、質疑に入りました。その主なものは、企画政策部所管分では、緊急雇用創出事業、第二期公共サービスDOCK事業、歴史をつなぐ事業推進費の財源などについて、総務部所管分では、男性の育児休業取得、職員援助プログラムEAP、市債の借り入れ状況、市営住宅長寿命化計画策定事業について、市民部所管分では、コミュニティセンター防災避難拠点整備事業、まどかフロア出張所窓口運営事業、地域における女性リーダー育成事業などについての質疑がありました。
 こども部所管分におきましては、放課後子ども教室事業、養育医療給付事業、保育士等処遇改善臨時特例事業などについて、教育部所管分におきましては、小学校の天井扇設置、通級学級設置事業、埋蔵文化財発掘調査事業などについての質疑がありました。
 福祉高齢部所管部におきましては、配食サービス事業、生活保護事務事業、在宅介護支援センター運営事業などについて、建設部所管部におきましては、大野城市耐震促進計画事業、公園施設長寿命化計画策定事業、防犯灯・道路照明灯設置工事について、環境生活部所管分におきましては、中小企業融資制度運営事業、災害時備蓄品購入事業、災害情報伝達システム整備事業などでした。
 それぞれ執行部の回答を受け、これを了承、認定第1号に対する反対討論があり、採決の結果、賛成多数で認定すべきものと決しました。
 次に、認定第2号、平成25年度大野城市国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定について、執行部の説明を受け、質疑、討論ともになく、採決の結果、全員異議なく認定すべきものと決しました。
 認定第3号、平成25年度大野城市介護保険特別会計歳入歳出決算認定について、執行部の説明を受け、質疑に入りました、その主なものは、音楽サロンの実施回数、足元元気教室の実施回数などについて、それぞれ執行部の回答を受け、これを了承し、討論はなく、採決の結果、全員異議なく認定すべきものと決しました。
 次に、認定第4号、平成25年度大野城市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算認定について、執行部の説明を受け、質疑、討論ともになく、採決の結果、全員異議なく認定すべきものと決しました。
 認定第5号、平成25年度筑紫地区介護認定審査会事業特別会計歳入歳出決算認定について、執行部の説明を受け、質疑、討論ともになく、採決の結果、全員異議なく認定すべきものと決しました。
 次に、認定第6号、平成25年度大野城市公共用地先行取得事業特別会計歳入歳出決算認定について、執行部の説明を受け、質疑、討論ともになく、採決の結果、全員異議なく認定すべきものと決しました。
 認定第7号、平成25年度大野城市土地区画整理清算金特別会計歳入歳出決算認定について、執行部の説明を受け、質疑、討論ともになく、採決の結果、全員異議なく認定すべきものと決しました。
 認定第8号、平成25年度大野城市水道事業会計利益の処分及び決算の認定について、執行部の説明を受け、企業債についての質疑があり、執行部の回答を受け、これを了承、討論はなく、採決の結果、全員異議なく原案可決及び認定すべきものと決しました。
 最後に、認定第9号、平成25年度大野城市下水道事業会計利益の処分及び決算の認定について、執行部の説明を受け、下水道使用料不納欠損と企業債についての質疑があり、執行部の回答を受け、これを了承、討論はなく、採決の結果、全員異議なく原案可決及び認定すべきものと決しました。
 意見交換会では、今後、不納欠損額について減らす努力・研究をしていく必要があるとの意見がありました。以上で、報告を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) ただいまの委員長報告に対して、一括して質疑を受けます。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 質疑を終わります。
 これより一括して討論を行います。
 13番、松下議員。
               〔13番 松下真一議員 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯13番(松下真一) 13番、日本共産党の松下真一です。
 私は、認定第1号、平成25年度大野城市一般会計歳入歳出決算認定について、反対の立場での討論を行います。
 大野城市の財政状況は、常に黒字決算であり、経常収支比率や財政力指数も健全な状態であり、健全化判断比率は、実質公債比率のみの表記で早期健全化基準を大きく下回っています。この安定した状態が維持できているのは、既存の事業の改善が果断に行われ、効果的で堅実な行政運営に努められた成果であると、監査委員の意見が添えられています。各指標についても、基金運用にしても、行政運営の堅実さは顕著であります。
 しかし、その事業内容が市民ニーズに合っているか、市民要求にどれほど迅速に対応できているかについても、決算認定を判断するに考慮すべきと私は考えます。
 基金残高と市債残高についての状況について、意見を述べます。
 平成25年度末の市債残高は230億5,000万円、そのうち、元利償還額が地方交付税措置される臨時財政対策債の累計額が約90億円、この数字だけで判断すると、実際の市債残高は140億円ほどであり、基金残高の158億7,700万円を下回るほどの財政状況であり、市民サービスを抑制する要因はないと考えます。
 では、事業内容について数点意見を述べます。
 まず第1が、小中学校の天井扇設置事業についてであります。
 平成22年9月議会で、福祉文教委員会の所管事務調査報告として、市内全ての子どもたちが平等な教育環境で学習ができるように、まだ冷暖房設備の整備がされていない南地区6校の現状調査を早急に行い、予算措置をとられるよう要望いたしました。
 また、平成24年9月議会決算特別委員会において、同趣旨の附帯決議もされましたが、実施されたのは、全普通教室への天井扇設置事業でした。
 平成25年3月議会において、当初予算の討論で、私は、1歩前進であり、子どもたちの健康管理に貢献できるものと期待しますとしながら、空調機の設置事業に速やかに変更すべきであったと批判をしました。
 結局、この事業は、ないよりはましの安価な事業で済ましたという評価しかできず、子どもたちの教育環境についての配慮は、全く足らなかったと考えます。
 第2に、同和対策事業についてであります。
 毎年同様の意見を述べていますが、同和団体への補助金の決定額を、なぜ相手方の意向を聞き、協議をして決定しなければならないのでしょうか。大野城市内のさまざまな団体に対しても、同じような協議を行っているのでしょうか。同和団体だけを特別扱いしなければならない理由があるのでしょうか。財政的に余裕があるのであれば、市内の全ての補助団体に対しても、公平にすべきと考えます。
 第3に、事業に対しての検証が、少し甘い点が数カ所見えました。
 例えば、保育士等処遇改善臨時特例事業は、その成果がないまま、平成26年度で終了、生活保護受給者への就労支援は、あっせん事業者への支援要請が厳密になされているかどうか、また、筑紫地区地域活動支援センター「つくしぴあ」に対する事業内容の監督、中小企業融資制度預託金の活用状況の検証などなど、細かい点での検証が、もう1歩踏み込んで行うべきと考えます。
 第4に、子どもの医療費助成制度は、筑紫地区の状況を考慮し、調整を優先するなど、本市の独自政策に拡大する意図が見えないなど、本市の財政状況からして、市民サービスが十分であるか、市民の要望は迅速に対応しているか、市民ニーズに合った事業を行ったかなどを考えると、もっと精査をすべきであったと考えます。
 よって、認定第1号には賛同することができません。以上で、討論を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 次、2番、浅田議員。
               〔2番 浅田大輝議員 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯2番(浅田大輝) 認定第1号、平成25年度大野城市一般会計歳入歳出決算認定について、賛成の立場から討論を行います。
 平成25年度一般会計決算におかれましては、昨今厳しい地方財政事情にある中で、おおむね堅実な財政運営がなされたと評価させていただいております。
 実質収支は、約5億6,000万円の黒字、財政の弾力性を示す経常収支比率は88.8%と、近隣市と比較すると、決して低い水準とは言いませんが、昨年度から2ポイントの減と、3年ぶりに90%を下回り、財政力指数につきましては、ここ数年減少傾向にありますが、昨年度と同水準を堅持しております。
 また、財政の健全性を示す健全化判断比率は、いずれも早期健全化基準を大幅に下回っており、問題がない水準となっております。さらに、市債償還のピークが平成24年度に過ぎたこともあり、市債残高も順調に減少しており、将来世代にも配慮された財政運営がなされていると感じております。
 しかしながら、平成25年度においては、実質単年度収支が約1億2,000万円の赤字を計上しており、また、国保会計の基準外繰出金が、近年では、平均して約1億円ほど増加していくなど、楽観視できない状況が続いております。
 また、平成25年度は大野城市総合計画前期基本計画の最終年度でありましたが、平成25年度末に策定された後期基本計画の財政フレームにおいては、平成24年度から平成30年度にかけて、積立金現在高が約60億円減少するとの試算がなされております。
 平成25年度決算におきましては、市長を初め職員の方々のご尽力により、財政フレームの見込みほど積立金の大きな減少はありませんでしたが、今後とも引き続き、収支の均衡や、受益と負担のバランスが考慮された、公平で効率的な行財政運営を行っていかれますようお願い申し上げます。
 また加えて、決算審査は、PDCAサイクルのC、すなわちチェックの部分を担っており、チェックからアクション、プランへとつなげていくという観点から、以下、決算委員会で行われた議論から2事業ほど抜粋して、意見申し上げます。
 まず、1つ目、小中学校教室への天井扇設置事業についてです。
 これまで本会議一般質問や所管委員会、また、決算委員会等で、小中学校への空調機設置については、何度も提言がなされてきました。平成25年度において、空調機ではありませんが、新規事業として天井扇が設置されたことは、当然ながら評価いたしております。
 しかしながら、依然として空調機設置に対する要望が続いております。教育委員会のほうで、今現在で計2回、天井扇に関するアンケートを行った上で、その効果等を検証されており、その検証結果をまとめると、猛暑日に対する改善策とは言えないまでも、一定の効果はあり、今後のさらなる教室環境改善に関しては、総合的に検討していくとしております。
 市が行ったアンケート内容から推察するに、市がその効果を主に、利用者すなわち児童・生徒及び教職員の天井扇設置前と設置後での相対比較をもとに検証されておられるのであれば、これは、本質的な効果測定としては、不十分ではないかと思われます。
 「よくなった」「悪くなった」「どちらでもない」という、ある意味、利用者の感想に基づく検証では、本来的な教室環境改善度合いをはかる上での有効な指標とは言えないのではないかと考えます。その理由は、主に2つあります。
 第1回目と第2回目のアンケート結果でもおわかりのように、「よくなった」と答えた児童・生徒は減り、「悪くなった」と答えた児童・生徒は増加した。これは、相対比較のアンケートで、しばしば見られる傾向そのものです。その変化へのなれや記憶の影響で、時間が経過するごとに、変化前と変化後、その変化量への認識が一定程度薄れていくという傾向です。
 それはつまり、変化に対する認識を確認するタイミングによって、大きく結果が異なるということを意味します。これが、まず第1点目です。
 次に、今申し上げたことを考慮して、仮に第1回目にとったアンケートでの「よくなった」と答えた利用者の割合が、その効果をはかる上で最適な指標であるとするとしても、あくまで相対比較であることから、それは、劣悪な環境が、若干ましになったという意味しか持たない可能性があるということです。つまり、改善されたと言えばされたけれども、十分な学習環境と言える水準には至っていないという解釈もできるわけです。
 そもそも、この問題を考える上で少し不足しているのは、児童や生徒に対し、大人たちが提供すべきあるべき学習環境とは、どういった状態にある教室かという点での共通認識ではないかと思います。その明確な教室像が共有できなければ、いつまでもこの議論が続くのではないかと思われます。
 空調機設置を要望する側も、決して空調機設置ありきで考えているのではなく、あくまで目的は、あるべき教室環境にすることであることは自明です。それは、つまるところ、空調機であろうが、天井扇だろうが、空調機プラス天井扇だろうが、また逆に、何も設置しないであろうが、児童・生徒にとって、最適な教室環境が図られさえすれば、どれでもいいわけです。
 文科省の示す学校環境衛生基準に沿ったものでも、本市独自のものでも構いませんが、市におかれましては、その教室環境とは何か、これの明確なビジョンをお示しいただき、議会や市民と共有し、その上で、さらなる改善を行うのか、現状のままでいくのか、それを市長が判断し、表明するという方向性をつくっていただきたいと思います。
 次に、2点目、大野城市耐震促進計画事業、大野城市木造戸建て住宅耐震改修補助金について申し上げます。
 これについては、決算委員会のほうで、平成27年度まで、現行の60万円の補助となっており、それ以後の補助額は、半額の30万円となっているが、その上乗せや現行の補助額の期間延長について指摘があっておりました。
 平成25年度の実績によると、補助金申請者は12名となっております。市が策定した大野城市耐震改修促進計画によれば、本市においては、住宅に占める木造戸建て住宅の割合は、福岡県全体で比較しても高く、耐震性を満たす木造戸建て住宅は67%にとどまり、耐震化が必要な木造戸建て住宅は、約4,700戸あると推計されています。
 また、この計画の平成34年度までの目標として、木造の戸建て住宅約450戸の耐震改修を掲げております。平成25年度の実績値から考えると、目標値に届くには、かなり厳しい状況ではないかと考えられます。
 この補助制度は、対象者の経済的負担の軽減と同時に、耐震化へのインセンティブを高めることを目的としているのは明らかです。もちろん、答弁にもありましたように、この補助制度自体のPRを効果的かつ継続的に行うことが必要ですが、国ないし県の補助負担が下がる、あるいは、なくなることに伴って補助額を下げれば、それと同時に、耐震改修のインセンティブを失うのではないでしょうか。その結果、目標には届かないことにもつながるのではないかと考えられます。
 よって、計画期間内においては、財政状況を考慮するのは当然ですが、でき得る限り、対象住宅所有者の耐震改修のインセンティブを維持、あるいは、高める方策を、今後検討していただきたいと思っております。以上、2点について意見申し上げまして、賛成討論といたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) ほかにありませんか。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 討論を終わります。
 認定第1号、平成25年度大野城市一般会計歳入歳出決算認定についての採決を行います。本件に対する委員長報告は認定であります。委員長報告のとおり認定することに賛成の方の起立を求めます。
                  〔賛成者起立〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 起立多数であります。よって、認定第1号は認定されました。
 認定第2号、平成25年度大野城市国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定についての採決を行います。本件に対する委員長報告は認定であります。委員長報告のとおり認定することに異議ありませんか。
                〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 異議なしと認めます。よって、認定第2号は認定されました。
 認定第3号、平成25年度大野城市介護保険特別会計歳入歳出決算認定についての採決を行います。本件に対する委員長報告は認定であります。委員長報告のとおり認定することに異議ありませんか。
                〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 異議なしと認めます。よって、認定第3号は認定されました。
 認定第4号、平成25年度大野城市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算認定についての採決を行います。本件に対する委員長報告は認定であります。委員長報告のとおり認定することに異議ありませんか。
                〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 異議なしと認めます。よって、認定第4号は認定されました。
 認定第5号、平成25年度筑紫地区介護認定審査会事業特別会計歳入歳出決算認定についての採決を行います。本件に対する委員長報告は認定であります。委員長報告のとおり認定することに異議ありませんか。
                〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 異議なしと認めます。よって、認定第5号は認定されました。
 認定第6号、平成25年度大野城市公共用地先行取得事業特別会計歳入歳出決算認定についての採決を行います。本件に対する委員長報告は認定であります。委員長報告のとおり認定することに異議ありませんか。
                〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 異議なしと認めます。よって、認定第6号は認定されました。
 認定第7号、平成25年度大野城市土地区画整理清算金特別会計歳入歳出決算認定についての採決を行います。本件に対する委員長報告は認定であります。委員長報告のとおり認定することに異議ありませんか。
                〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 異議なしと認めます。よって、認定第7号は認定されました。
 認定第8号、平成25年度大野城市水道事業会計利益の処分及び決算の認定についての採決を行います。本件に対する委員長報告は原案可決及び認定であります。委員長報告のとおり認定することに異議ありませんか。
                〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 異議なしと認めます。よって、認定第8号は原案可決及び認定されました。
 認定第9号、平成25年度大野城市下水道事業会計利益の処分及び決算の認定についての採決を行います。本件に対する委員長報告は原案可及び認定であります。委員長報告のとおり認定することに異議ありませんか。
                〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 異議なしと認めます。よって、認定第9号は原案可決及び認定されました。
     ──────────────・────・──────────────
  日程第24から日程第27まで

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 日程第24、請願第1号から日程第27、請願第4号を一括議題といたします。
 これらの請願は、総務市民委員会に付託していましたので、副委員長の報告を求めます。
 総務市民副委員長。
             〔古賀健一総務市民副委員長 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯8番(古賀健一) 報告いたします。請願第1号から請願第4号までについて、去る9月5日、総務市民委員会において審査を行いました。その審査の経過と結果について報告いたします。
 請願第1号から第3号、集団的自衛権の行使容認に反対する意見書に関する請願書について、主な意見として、集団的自衛権の行使容認に反対すること自体へは賛成できない、閣議決定の撤回を求める部分については賛成できる、また、請願第4号、消費税増税の撤回を求める意見書提出を求める請願書については、消費税率を10%に引き上げなかった場合の社会保障費の財源確保の問題、次に、消費税率10%へ引き上げ決定のタイミングや、食料品など生活必需品に対する軽減税率制度導入などの動向によるなどの意見が出ました。
 討論はなく、採決の結果、請願第1号から請願第3号までは賛成少数で、請願第4号は賛成なしで、いずれも不採択とすべきものと決しました、以上、報告を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) ただいまの副委員長報告に対して、一括して質疑を受けます。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 質疑を終わります。
 これより一括して討論を行います。
 13番、松下議員。
               〔13番 松下真一議員 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯13番(松下真一) 請願第1号から請願第4号まで一括して、賛成の立場での討論を行います。
 副委員長報告では、四つの請願全て不採択でした。
 まず、請願第1号から請願第3号であります。私は、各請願の補足説明で、この請願は、3団体から提出されていますが、請願趣旨はいずれも、集団的自衛権の行使容認に反対する国への意見書の提出を求めるものでありますと発言をしました。
 しかし、この請願が持つ意義は、日本の立憲主義、平和主義、主権在民、基本的人権という崇高な精神を守るべきであるという大変重要なものであることを含んでいます。安倍総理は、集団的自衛権の行使容認の閣議決定を強行し、憲法第9条を攻撃しています。自衛隊の海外派遣など解釈改憲は今までにも行われてきましたが、今までの自民党政権下でも、海外での戦争はしないという歯どめを果たしてきたのは、憲法第9条が持つ平和主義の精神があったからではないでしょうか。いわゆる、政府自身も解釈改憲は、裏口入学の自覚があったあかしであります。
 また、安倍総理は、改憲手続を定めた第96条を、国民主権を利用してハードルを下げようとしましたが、世論からの反論を受けると、国民主権を言わなくなるなど、立憲も民主の精神が見られません。
 憲法第9条2項の「戦力を保持しない」ということに対し、「日本が攻められたらどうするのか」という問いが出されますが、それは、絶対安全であるという論証はありません。しかし、その絶対安全という論証ができないことを国是とし、それほどの覚悟を求めたのが、憲法第9条なのです。また、他国から攻められることがない、外交を初め、その前提を満たす努力を要求しているのも憲法第9条なのです。
 閣議決定を行ったからといって、自衛隊が戦闘行為をすぐ行うことはないことは十分承知できますが、関連法案を与党の策略で簡単に変更することも十二分に想像できます。
 憲法改正を行うのであれば、憲法第96条にのっとって、正々堂々と国民に問うべきであり、第99条に示された「天皇又は摂政、及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員はこの憲法を尊重し、擁護する義務を負う」を真摯に遵守すべきであります。
 以上のことから、請願第1号から請願第3号までに対し、賛成であります。
 続いて、請願第4号であります。
 この消費税増税法の正式名称は、社会保障の安定財源の確保等を図る税制の抜本的な改革を行うための消費税法等の一部を改正する等の法律といいます。社会保障の安定財源の確保とうたっていながら、一向に社会保障は安定に向かわず、財源確保のみに利用されている感があります。
 また、本年4月に、消費税率を5%から8%への増税が実行されてからは、政府が約束していた給与の増額は、一部の企業だけに限定され、ほとんどの給与所得者には、恩恵はありません。非正規労働者に至っては、時給賃金の増加にもなっていません。一方で、円安と物価上昇で、景気は好循環どころか悪循環の傾向になっています。
 9月8日に内閣府が発表した、4月から6月期の国内総生産GDPは1.8%減、年率換算では7.1%の減少で、下降修正されました。特に注目すべきは、GDPの約6割を占める個人消費が5.1%の減少で、年率換算では、実に19%もの減少、過去20年間で最悪とまで言われています。
 請願者であります筑紫民主商工会は、昨年よりイオン大野城店前にて、消費税増税に関する調査を毎月行っていました。調査開始のころは、社会保障の財源確保のために必要という声も2割ほどありましたが、毎回賛成者は減少し、本年9月の調査では、賛成者はゼロになってしまいました。消費税増税が、いかに市民生活に悪影響及ぼしているかが証明されています。
 このような経済状況のもとで、政府は、来年10月に、再び10%への増税を計画していますが、消費税増税法附則第18条第3項に明記されている「消費税の税率アップ施行前には、経済状況の好転について、名目及び実質の経済成長率を確認し、経済状況を総合的に勘案した上で、その施行の停止を含め、所要の措置を講ずる」という条項を守る意思があるのか、全く不明であります。
 政府が、地方の状況を明確に把握できないのであれば、地方議会がその市民の代弁者として、国へ意見書の提出をすべきではないでしょうか。大野城市内の自営業者や、中小零細業者を初め、多くの市民の皆さんが、景気の悪化に苦労されている状況を勘案し、今回の請願は、採択すべきものであると考えます。
 以上で、請願第1号から第4号に対しての賛成討論を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) ほかにありませんか。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 討論を終わります。
 請願第1号、集団的自衛権の行使容認に反対する意見書に関する請願書の採決を行います。本請願に対する副委員長報告は不採択であります。請願第1号を採択することに賛成の方の起立を求めます。
                  〔賛成者起立〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 起立少数であります。よって、請願第1号は不採択とすることに決しました。
 請願第2号、集団的自衛権の行使容認に反対する意見書に関する請願書の採決を行います。本請願に対する副委員長報告は不採択であります。請願第2号を採択することに賛成の方の起立を求めます。
                  〔賛成者起立〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 起立少数であります。よって、請願第2号は不採択とすることに決しました。
 請願第3号、集団的自衛権の行使容認に反対する意見書に関する請願書の採決を行います。本請願に対する副委員長報告は不採択であります。請願第3号を採択することに賛成の方の起立を求めます。
                  〔賛成者起立〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 起立少数であります。よって、請願第3号は不採択とすることに決しました。
 請願第4号、消費税増税の撤回を求める意見書提出を求める請願書の採決を行います。本請願に対する副委員長報告は不採択であります。請願第4号を採択することに賛成の方の起立を求めます。
                  〔賛成者起立〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 起立少数であります。よって、請願第4号は不採択とすることに決しました。
     ──────────────・────・──────────────
  日程第28 請願第5号

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 日程第28、請願第5号を議題といたします。
 本請願は、都市環境委員会に付託していましたので、委員長の報告を求めます。
 都市環境委員長。
              〔松下真一都市環境委員長 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯13番(松下真一) 報告します。請願第5号、「農業・農協改革」に関する意見書の提出を求める請願書について、去る9月8日に都市環境委員会を開催し、都市環境委員全員出席のもとに、審査を行いました経過と結果について報告します。
 農業・農協改革について、これからの農業に対し、規模の拡大や効率化を目指す国と農業の果たす役割を、現場の農協が組織存続のためだけでなく、自助努力を果たしながら、農家の方の意見を、国会上程前にしっかりと協議を行うことが望ましいとの意見があり、討論はなく、全員異議なく採択すべきものと決しました。以上、報告を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) ただいまの委員長報告に対して、質疑を受けます。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 質疑を終わります。
 これより討論を行います。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 討論を終わります。
 請願第5号、「農業・農協改革」に関する意見書の提出を求める請願書の採決を行います。本請願に対する委員長報告は採択であります。委員長報告のとおり決することに異議ありませんか。
                〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 異議なしと認めます。よって、請願第5号は採択することに決しました。
     ──────────────・────・──────────────
  日程第29 請願第6号

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 日程第29、請願第6号を議題といたします。
 本請願は、福祉文教委員会に付託していましたので、委員長の報告を求めます。
 福祉文教委員長。
              〔岡部和子福祉文教委員長 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯9番(岡部和子) 報告します。請願第6号、ウイルス性肝炎患者に対する医療費助成の拡充に関する請願書について、去る9月5日に、福祉文教委員会の委員全員出席のもとに審査を行いました。その審査の経過と結果について報告いたします。
 ウイルス性肝炎患者の方の中には、十分な助成制度を受けることができず、治療費等の面において大変な思いをされている方も多いため、助成制度の拡充を求めていくべきとの意見を中心に審査を行い、採択の結果、請願者の願いを踏まえ、全員異議なく採択すべきものと決しました。以上、報告を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) ただいまの委員長報告に対して、質疑を受けます。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 質疑を終わります。
 これより討論を行います。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 討論を終わります。
 請願第6号、ウイルス性肝炎患者に対する医療費助成の拡充に関する請願書の採決を行います。本請願に対する委員長報告は採択であります。委員長報告のとおり採択することに異議ありませんか。
                〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 異議なしと認めます。よって、請願第6号は採択することに決しました。
     ──────────────・────・──────────────
  日程第30及び日程第31

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 日程第30、意見書案第1号及び日程第31、意見書案第2号を一括議題といたします。
 これらの意見書案は、本日上程されましたので、提案理由の説明を求めます。
 福祉文教委員長。
              〔岡部和子福祉文教委員長 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯9番(岡部和子) 意見書第1号、ウイルス性肝炎患者に対する医療費助成の拡充を求める意見書の提出についての提案理由の説明をいたします。
 本意見書は、ウイルス性肝硬変・肝がんに係る医療費助成の拡充を、国及び政府に対して求めるものであります。詳細はお手元に配付していたとおりでございますが、その趣旨をご理解いただき、議員の皆様のご賛同をよろしくお願いします。
 次に、意見書第2号、手話言語法(仮称)の早期制定を求める意見書の提出についての提案理由の説明をいたします。
 本意見書は、手話を言語として、普及・研究することのできる環境整備に向けた手話言語法(仮称)の早期制定を、国及び政府に対して求めるものであります。詳細はお手元に配付したとおりでございますが、その趣旨をご理解いただき、議員の皆様のご賛同をよろしくお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 一括して提出者への質疑を受けます。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 質疑を終わります。
 これらの意見書案については、会議規則第37条第2項の規定により、委員会付託を省略いたします。
 これより一括して討論を行います。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 討論を終わります。
 意見書案第1号、ウイルス性肝炎患者に対する医療費助成の拡充を求める意見書の提出についての採決を行います。意見書案第1号は、原案のとおり決することに異議ありませんか。
                〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 異議なしと認めます。よって、意見書案第1号は原案のとおり可決されました。
 意見書案第2号、手話言語法(仮称)の早期制定を求める意見書の提出についての採決を行います。意見書案第2号は、原案のとおり決することに異議ありませんか。
                〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 異議なしと認めます。よって、意見書案第2号は原案のとおり可決されました。
     ──────────────・────・──────────────
  日程第32 意見書案第3号

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 日程第32、意見書案第3号を議題といたします。
 本意見書案は、本日上程されましたので、提案理由の説明を求めます。
 都市環境委員長。
              〔松下真一都市環境委員長 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯13番(松下真一) 意見書案第3号、「農業・農協改革」に関する意見書の提出についての提案理由の説明をいたします。
 本意見書は、国や政府においては、農業・農協改革に当たり、拙速な判断を避け、十分な議論を深め、慎重な検討を行うよう求めるため、意見書において要請するものであります。詳細はお手元に配付したとおりでございますが、何とぞ、その趣旨をご理解いただき、議員の皆様のご賛同をよろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 提出者への質疑を受けます。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 質疑を終わります。
 本意見書案については、会議規則第37条第2項の規定により、委員会付託を省略いたします。
 これより討論を行います。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 討論を終わります。
 意見書案第3号、「農業・農協改革」に関する意見書の提出についての採決を行います。意見書案第3号は、原案のとおり決することに異議ありませんか。
                〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 異議なしと認めます。よって、意見書案第3号は原案のとおり可決されました。
     ──────────────・────・──────────────
  日程第33 議員の派遣について

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 日程第33、議員の派遣についてを議題といたします。
 お諮りします。議員の派遣については、お手元に配付のとおり派遣することに異議ありませんか。
                〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 異議なしと認めます。よって、議員の派遣については、お手元に配付のとおり派遣することに決定いたしました。
 以上で、本定例会に付議されました案件の審議は全て終了いたしました。
 これをもちまして、平成26年第3回大野城市議会9月定例会を閉会いたします。
 皆さん、お疲れさまでした。
     ──────────────・────・──────────────
                 閉会 午前11時17分

 地方自治法第123条第2項及び大野城市議会会議規則第87条の規定によりここに署名します。


                              平成   年   月   日


                           大野城市議会議長  関 岡 俊 実


                           会議録署名議員   丸 山 惠美子


                           会議録署名議員   古 賀 健 一


                           会議録署名議員   福 山 保 廣