議事ロックス -地方議会議事録検索-


福岡県 大野城市

平成26年第3回定例会(第3日) 一般質問1 本文




2014.09.17 : 平成26年第3回定例会(第3日) 一般質問1 本文


                 開議 午前9時30分
◯議長(関岡俊実) 皆さん、おはようございます。
 丸山議員より、本日から9月24日までの本会議の欠席届が出ておりますので、お知らせをいたします。
 ただいまから、本日の会議を開きます。
 本日の議事日程は、お手元に配付しているとおりです。
 これより議事に入ります。
     ──────────────・────・──────────────
  日程第1及び日程第2

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 日程第1、第59号議案及び日程第2、第60号議案を一括議題といたします。
 これらの議案は、本議案は本日提案されましたので、提案理由の説明を求めます。
 井本市長。
                〔井本宗司市長 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯市長(井本宗司) おはようございます。本日追加で提案をさせていただきます議案について説明をいたします。
 初めに、第59議案は、大野城市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する認可基準を定める条例の制定についてであります。
 本件は、「子ども・子育て支援法及び就学前の子どもに関する教育、保育等の総合的な提供の推進に関する法律の一部を改正する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律」の制定による児童福祉法の一部改正が、平成27年4月に予定をされていることに伴い、家庭的保育事業等の設備及び運営に関する認可基準を定めるものであります。
 次に、第60号議案は、大野城市特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の運営に関する基準を定める条例の制定についてであります。
 本件は、子ども・子育て支援法の施行が平成27年4月に予定されていることに伴い、幼稚園や保育所等の特定教育・保育施設及び家庭的保育事業等の特定地域型保育事業の運営に関する基準を定めるものであります。
 よろしくお願いをいたします。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 質疑は、あす18日の本会議で行います。
     ──────────────・────・──────────────
  日程第3 一般質問

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 日程第3、一般質問を行います。
 通告順に発言を許します。
 10番、高山議員。
               〔10番 高山やす子議員 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯10番(高山やす子) 皆さん、おはようございます。
 今回の質問に入ります前に、先月、広島、大阪、北海道各地及び福岡におきましても、豪雨による被害や土砂災害がありました。多くの方が犠牲となられ、今も避難所におきましても、避難の方々は日々追うごとに、心労と不安の生活を余儀なくされております。心からお見舞いを申し上げますとともに、1日も早い復旧・復興ができますことを、心からお祈りいたしております。
 さて、8月に発生した豪雨による洪水や土砂災害は予測がつかず、どこの地域で発生してもおかしくありません。また、最近の激しい雷等につきましても、今までに経験をしたことがないものでした。大池区におきましても落雷があり、幸い火災に至らず安堵したものでした。
 このような状況の中、市の広報車により一部に避難の呼びかけがあっていたようですが、豪雨や雷の中聞き取れず、不安な夜を過ごされた市民も多いのではないでしょうか。また、避難するにしても時間帯によっては障がい者の方、高齢者の方を家族で避難させることは困難と判断するほどの雷と豪雨の状況でございました。私は、市民の皆様がそれぞれの判断で対応されていたのだなと改めて感じたものでした。
 しかし、最近、専門家の調査によれば、海水の温度が高くなり大気の状況が不安定による豪雨また台風の直撃、これらはさらに今後多くなってくると予測されております。本市におきましても、これらの現状をしっかり検証して、土砂災害の危険がある場所等につきましては、計画的に対策を講じていく必要があると思っております。
 そこで、今回、一般質問で、本市における防災計画等についてお尋ねをいたします。
 まず初めに、大野城市における警戒区域・特別警戒区域の指定はどのようになされているのでしょうか。
 2点目は、認知症の対策についてであります。高齢化社会において、さまざまな施策や支援がなされておりますが、その中において認知症や軽度の認知障がいの人が多くなっているのも現状でございます。在宅での生活が少しでも長く、そして楽しむことができるための取り組みが必要だと思っております。
 これらの質問につきましては、自席のほうからさせていただきますので、よろしくお願いいたします。壇上からは、以上とさせていただきます。よろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 環境生活部付部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯環境生活部付部長(古賀敏彦) 警戒区域及び特別警戒区域の指定はどのようにされているかというご質問にご回答いたします。
 現在、市内には、土砂災害警戒区域いわゆるイエローゾーンが52カ所指定されております。このうち土石流によるものが22カ所、急傾斜地の崩壊によるものが30カ所となっております。また、特別警戒区域いわゆるレッドゾーンは40カ所指定されており、このうち土石流によるものが18カ所、急傾斜地の崩壊によるものが22カ所となっております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 認知症等の関係の答弁はいいですか。その後でいいですね。
 高山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯10番(高山やす子) その指定については、どのようになされているんでしょうか。どこが指定されるのでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 環境生活部付部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯環境生活部付部長(古賀敏彦) 土砂災害防止法の基本指針に基づきまして、福岡県が指定をしております。なお、基本指針には、警戒区域及び特別警戒区域の指定指針としまして、政令に基づき速やかに指定を行うことや、地形的変化が生じた場合等は迅速に対応することが示されております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 高山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯10番(高山やす子) それらの指定の基準というのは、どういうふうな形でなされるんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 環境生活部付部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯環境生活部付部長(古賀敏彦) 警戒区域等の指定の基準についてご回答いたします。
 福岡県が基礎調査を行いまして、調査結果をもとに指定をしております。警戒区域につきましては、土石流発生の可能性のある渓流におきまして、下流の勾配等を考慮いたしまして区域を決定しております。また、急傾斜地につきましては、傾斜度と高さを基準に区域が決定されております。また、特別警戒区域につきましては、土砂の移動等により通常の建物に作用する力を計算し、基準を上回るものについて指定がされております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 高山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯10番(高山やす子) 県のほうで現地を見、そしてその地形によって指定をされる、そして県が指定するというようなことでよろしいですね。
 その場合、本市における過去の災害等をもとに指定されているんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 環境生活部付部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯環境生活部付部長(古賀敏彦) 先ほど申しました基礎調査の項目の中に、過去の災害実績等に関する調査がありますが、指定に関しましては災害履歴等は参考にされておりません。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 高山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯10番(高山やす子) やはり過去のそういった現状等を踏まえなければ、県の現地調査というのはできないんじゃないかと思うんですが、市としての現地調査といったものは行われてなく、県が指定をするということになるんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 環境生活部付部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯環境生活部付部長(古賀敏彦) はい、そのとおりでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 高山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯10番(高山やす子) 県のほうがされるというのはわかるんですけれども、やはり大野城市の地形は大野城市でしっかり把握をし、そして大野城市がある程度かかわる、そして今後の見通しというか、そういった形をとるのが一番いいんじゃないかと思うんですが、その点についてはもう県の指定にお任せ、要は現地を視察して、それでもって指定されることでいいという形なんでしょうか。そのあたりのご意見をお聞かせ願いたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 環境生活部付部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯環境生活部付部長(古賀敏彦) 県のほうが指定はいたしますけれども、市のほうといたしましても、指定をされるときには現地のほうに出向きまして、一緒に地形等を確認して、そういったことの協議を行いたいと思っております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 高山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯10番(高山やす子) やはり、現地をしっかり見ていただいて予測をし、一旦災害が起こると大変なことですので、そのあたりは事前にやっていただきたいなというふうに思っております。
 さらには、今回、広島等の災害によりまして、警戒区域外でも土石流が発生しておりました。ご存じだと思いますが、この警戒区域等を大幅に見直すというようなことが新聞等で報道されておりました。もし、そうなると、県の指定だけじゃなくて、こういうこともあるので大野城市としてはこういう対策をとっていきたいというようなことがあればお知らせください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 環境生活部付部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯環境生活部付部長(古賀敏彦) 今後、改正の動きがある旨の報道がなされておりますけれども、現在のところ県におきましても、改正の内容は把握できておりません。法の改正に注意しながら、本市における対策等を検討してまいりたいと考えております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 高山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯10番(高山やす子) 各自治体での危険箇所というのは、調査をしていきながら、その現地に入ってみないとわからない、机上での訓練をしたって、なかなかそのあたりまでは見ていけない部分があると思うんですね。現地を見ながら、そして現地の確認をすることによって、そこの場所ということで指定をされてもやむなしということになるんじゃないかと思うんですね。
 やはり、県が指定するにしても、現地調査をするにしても、自治体がしっかりと見ていき、そして今後の状況を先にしっかり把握をしていかないと、後手後手になっていくんじゃないかと心配しております。
 新聞でも報道されているとおり、区域が拡大されるということになると、さらに予期せぬようなところの指定もあり得るかもしれませんので、そのあたりはしっかりと協議をしていただいて、先に工事をするなり、手を打つなりをしていただきたいと思いますが、そのあたりはいかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 環境生活部付部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯環境生活部付部長(古賀敏彦) 市といたしましても、現地を確認いたしまして、警戒区域あるいは特別警戒区域等の指定に関しまして、きちんと周知徹底したほうがいいという確認がとれて、住民の納得もとれましたら、そういった方向できちんと進めたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 高山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯10番(高山やす子) それでは、ぜひともそのあたりは現地を確認しながらやっていただきたいと思います。
 次に、2番目ですが、指定された区域についての今後の対策についてお尋ねをいたします。指定された区域には、私有地と民有地、県有地、国有地、いろいろとあるんじゃなかろうかと思っております。
 その災害防止の工事等、対策については、どのようになっておりますでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 環境生活部付部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯環境生活部付部長(古賀敏彦) お答えいたします。警戒区域が指定されました区域についての今後の対応策といたしまして、土石流対策につきましては県において実施することとなっておりますが、砂防事業や治山事業による対策が必要であるため、危険箇所につきましては県に対して砂防ダムや治山ダムの設置要望を行っておるところでございます。
 今後も、必要に応じまして、要望を行ってまいりたいと考えております。また、急傾斜地につきましては、危険度や優先度を判断した上で、計画的に対処してまいりたいと考えております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 高山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯10番(高山やす子) その回答は、県の分ということで理解してよろしいでしょうか。民有地の分については、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 環境生活部付部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯環境生活部付部長(古賀敏彦) 原則として県がやる事業となっております。民有地につきまして、原則といたしましては、所有者の責任におきまして災害対策を講じる必要がありますが、所有者が対策を講じることができない場合は、県の急傾斜地崩落対策事業等による対策を行うことができる場合もありますので、原因地の状況に応じて対策方法を決めていくこととしております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 高山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯10番(高山やす子) 基本的には自費ということになるわけでしょうか。先ほどの説明では、特別に理由があれば、県の傾斜地等の予算を使うことができるというふうに理解していますが、民有地につきましては、やはり自己責任というのが基本だろうというふうにお答えされているようですが、特例というのは何にでもありますけれども、一応民有地で個人の責任というのが多く今までにもあってきているんじゃないかと思うんですね。
 それはわかるんですけれども、ハード面・ソフト面において、高額な費用がかかると思います。これらについて、市としての指導は何かなされているんでしょうか。工事に対しての指導、それをお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 暫時休憩いたします。
     ──────────────・────・──────────────
                 休憩 午前9時49分
                 再開 午前9時51分
     ──────────────・────・──────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 再開します。
 環境生活部付部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯環境生活部付部長(古賀敏彦) 市のほうでどのような指導をということでございますが、こういったところは危ないですよというお話はできますけれども、基本的な指導等は現在は行っておりません。また、土地の保全につきましては、土地所有者等がみずから行うことが原則となっておりますけれども、防災工事にかなりの経済的な負担を伴うため、また人命尊重という観点から、急傾斜地の崩壊による災害防止に関する法律が制定されまして、一定の基準を満たす場合、そちらが壊れたらどこまで影響が出ますかと、何軒以上影響があるというような、そういった基準を満たす場合におきましては、福岡県が急傾斜地崩壊防止工事を施工することができるというふうに定められております。
 しかしながら、福岡県内にも多数の危険箇所がございますので、現実的には災害が発生した箇所の対応をしているのが現状でございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 高山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯10番(高山やす子) 災害が起きてからでないと、なかなかそういう現状というのは見られないと思うんですね。ではなく、今回の広島を見られてもわかるように、指定をしたからどうの、指定をしてないからどうのということではないんですが、こういう災害というのは本当にどこから起こってくるかわからない状況だと思うんですね。その現状が、後になって見てみないと、県の傾斜地等の予算が使えないというのはどうなのかなと、それでイエローゾーン、それからレッドゾーンという形に指定をされるというのはいかがなものかなというふうに思います。
 やはり地形的に見て、ここは危ないぞというのは、通常見られるとわかると思うんですね。何軒かの犠牲を払わないとそのあたりの分の補助も出ないでしょうし、県はやらないというような形は、ちょっとおかしいのではないかと思うんですね。民有地であれ私有地であれ、崩れて流れてくるものに色つきはないと思うんですよ。流れてきた下の方たちが犠牲になるわけですから、もう少し強気で県と協議をしながら、そのあたりは絶対必要ですと、ここは危ないですという形のものを出しながらやっていくのが必要じゃないかと思うんですが、そのあたりについてはどうですか。被害があってからしかやれないというのが、何かちょっと違うような気がするんですけれども、そのあたりについてはどうでしょう。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 環境生活部付部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯環境生活部付部長(古賀敏彦) おっしゃられましたとおりで、大野城市におきましても、危険箇所につきましては、現在、県のほうに強く要望しているところでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 高山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯10番(高山やす子) それでは切にお願いいたします。要望ではなく、やはりもう県と、それから国有地であれば国のほうとの協議を積極的にやっていただいて、何か起こる前に手だてをする、その気持ちでやっていかないと、一旦こういう土砂災害が起こったときには、もうどうしようもない状況になってくるんじゃないかと思うので、ぜひそのあたりについては積極的にやっていただきたいと思います。
 ちなみに、このソフト面・ハード面はさることながら、この民有地に関して、自分のところでこういう工事をやりますといったときに、補助は何か出るものでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 環境生活部付部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯環境生活部付部長(古賀敏彦) 現在、補助というものはございません。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 高山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯10番(高山やす子) その点も含めて、先ほど市のほうも経済的には負担が大きいというふうに理解してあるようですので、やはりやろうとしたときに経済的なものが一番だと思うので、そのあたりについても条件が満たせば出るのであれば、先にそれをやるということも必要じゃないかと思いますので、ぜひともよろしくお願いいたします。補助も含めて協議を積極的にしていただきたいと思います。よろしくお願いいたします。
 次に、生命にかえられないということで特別警戒区域に指定されるでしょうけれども、これらの対策をとりながら、この特別警戒区域を警戒区域にし、そして警戒区域を外せる、そういう対策は何かとられていることがありますでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 環境生活部付部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯環境生活部付部長(古賀敏彦) 市のほうでは、過去の災害等から、危険箇所につきまして県に砂防事業や治山事業等の要望等を行っております。なお、現在、治山や土石流対策といたしまして、市内では砂防ダム3基、治山ダム93基が設置済みとなっております。
 今後も、未対策箇所につきましては、先ほども申しましたけれども、県のほうへ強い要望をしてまいりたいと思っております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 高山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯10番(高山やす子) 砂防ダム、治山ダムという形の手だてというのは、すごくお金もかかるし大変だと思います。しかし、それをすることによって、やはりそういう危険区域の変更ができたり、それから、少し大雨が降ってもなだらかな形でやれるというダムの建設は、非常に効果的だと思っております。
 私も現地をちょっと見せていただきましたけれども、このダムの中に、もう既に今までの土砂がかなり流れ込んできている分があるんですね。だから、ダムをつくったからとめられるよじゃなくて、そういうところまでしっかり検証しながらやっていかれないと、ダムをつくったからいいですよ、何基これからつくりますからいいですよではなく、今ある分についても効果的にやっていく必要があると思いますが、そのあたりの今後の計画等はありますか。砂防ダムそれから治山ダムの件について、これからの検証状況というのは、何か計画がありましたらお知らせください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 環境生活部付部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯環境生活部付部長(古賀敏彦) 今の砂防ダム及びあるいは治山ダムの維持管理をすることによって、もっとよい効果が出るんじゃなかろうかというご質問だと思います。私もそのとおりだと思います。
 ただ、県のほうでは、この砂防ダム等は100年程度の土砂をためられると、そういった面からその維持管理が若干少な目になっているのは現実だと考えております。市におきましても、そのようなことは県のほうに要望してまいりたいと思っております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 高山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯10番(高山やす子) しっかり検証していただいて、100年ぐらいは大丈夫だというその基準がいまいち私にはわからないんですが、今までと違った今回の雨の降り方、そういったものを見ても昔と違う環境にあるように思います。
 ですから、100年ぐらいは持つだろうじゃなくて、やはりその時々の検証が必要だと思います。今、どこまで砂がたまっているので、これをどう計画的にやっていくかということのほうが大事じゃないかと、100年大丈夫だからしなくて大丈夫ですというようなものではないと思いますので、そのあたりはしっかり検証していただきたいと思います。
 当然、こういう砂防ダム、治山ダムについても市独自でのことではないと思いますので、県、国あたりとしっかり協議をしながら進めていかなければ、担当のほうで100年は大丈夫だというふうに言われると、そのあたりが非常に不安でなりません。そのあたりについて積極的にやっていただきたいと思います。これは要望で結構ですので、よろしくお願いいたします。
 もう一つ、今後の対策としまして、命を守ってそれから財産を守っていく、それも自治体の役目であろうというふうに思っております。しかし、一旦警戒区域に指定されますと、不動産の価格にも影響が出てくるということもお聞きしますし、自分の財産を資金にして介護施設に入所したいと、しかし、もう不動産価格の影響でそれもままならないんじゃないかという不安をお持ちの方のお話を時折聞くことがあります。そのような不安に陥ることがないような形のものは、何か市のほうで計画なり対策がありましたらお知らせください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 環境生活部付部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯環境生活部付部長(古賀敏彦) 警戒区域につきましては、特段の資産価値の下落などの影響は警戒区域の場合はございません。特別警戒区域につきましては、固定資産税評価額を補正いたしまして減額されることとなっております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 高山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯10番(高山やす子) 警戒区域に指定されていたら、不動産の変動はないというのは、何か基準があるんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 環境生活部付部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯環境生活部付部長(古賀敏彦) 警戒区域におきましては、特段建物を建てるとか、そういったものの規制はないということで、特別警戒区域になりますと規制がかかると、ちょっと丈夫なものをつくらなければいけないという規制がかかりますので、固定資産税の評価額を補正して、減額を現在しているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 高山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯10番(高山やす子) 私が知り得る情報では、警戒区域に指定される時点で、やはり不動産の影響は出てくるというふうにお聞きしたことがあるんですけれども、特別警戒区域のみ不動産の価格が影響してくると理解してよろしいでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 環境生活部付部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯環境生活部付部長(古賀敏彦) はい。警戒区域では規制がございませんが、特別警戒区域では規制がございますので、そのような形になるかと思っております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 高山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯10番(高山やす子) それでは、そのように思っておきますけれども、それではなおのこと、先ほど私が提案しましたように、特別警戒区域という形になっていれば、不動産価格に影響が及ばないように特別警戒区域から警戒区域にし、さらには何らかの対策を講じることによって、それらの指定が外されますように、やはり頑張っていただかないといけないというふうに思っておりますので、そのあたりについてもよろしくお願いいたします。
 それでは、3点目の、コミュニティや各公民館での防災対策についてお尋ねをいたします。
 4地区コミュニティそれから各公民館等避難場所ですが、今回の状況の中で市民が避難されても受け入れ体制は十分にできるものでしょうか。人的それから指示命令・形態等を含めて、何かそういったものがあるのでしょうか、お知らせください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 環境生活部付部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯環境生活部付部長(古賀敏彦) お答えいたします。市では、気象庁による大雨警報等の発令を受け、災害警戒本部を設置し、あわせて各コミュニティセンターに職員を待機させるとともに、各公民館に対し避難者ができた場合の受け入れ準備の依頼を行うことで、避難者が発生した場合の各避難所の受け入れ体制に万全を期しているところでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 高山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯10番(高山やす子) 今の部長の回答によりますと、もう何時であれ、いつでもコミュニティセンター、公民館は大丈夫ですというふうに理解してよろしいでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 環境生活部付部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯環境生活部付部長(古賀敏彦) はい。我々も気象庁の発令に応じまして、直ちに登庁しまして体制をとっておりますので、そのようにお考えになってよろしいかと思います。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 高山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯10番(高山やす子) コミュニティセンター、公民館につきましては、職員の配置は何名ずつぐらいされているものでしょうか。時間にもよりましょうけれども、体制をとれる人数というのは何人ほど配置されるんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 環境生活部付部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯環境生活部付部長(古賀敏彦) まず、コミュニティにはそちらの所長が参ります。各公民館には、2名ずつ参るような手配となっております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 高山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯10番(高山やす子) コミュニティセンターには、通常職員は。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 環境生活部付部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯環境生活部付部長(古賀敏彦) コミュニティセンターには、まず所長が1名参ります。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 高山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯10番(高山やす子) コミュニティセンター4地区に所長がお1人で、地域の方が避難されてこられて大丈夫でしょうか。どのくらいの時間を想定して所長がお1人という形の配置になっているんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 環境生活部付部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯環境生活部付部長(古賀敏彦) まず1名の場合は、警戒対策本部ができた場合に1名参ります。そのほかに、誘導班、そういった方々と連絡をとりあって、そちらに集合するような形になっておりますので、それで万全の受け入れ体制の準備をするような形になっております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 高山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯10番(高山やす子) コミュニティセンターでまず最初に所長が行かれて、その後は状況に応じて職員が行かれるということだと思います。かなりの方たちが避難をされてこられるので、それだけの人数では足りないんじゃないかというのもありますけれども、そこは時間を追って増えてこられて、コミュニティの職員あたりも配置をされるんじゃないかと私自身は思っているんですけれども。
 公民館にしても、区の役員さんそれから職員が2名ずつ配置という形になりますのでしょうけれども、コミュニティその他の学校等々についても避難所というのはありますので、そこだけに集中せずに分散した形でやっていくのがいいんじゃないかと思うんです。どこからどなたが見えるかわからないので、そういう体制をつくるのは人だろうと思いますし、そこの中での指示というのが非常に大事になってくると思いますので、そのあたりはしっかりとやっていただきたいと思います。
 私の手元に、前に発行されたハザードマップと、今回発行されたハザードマップがありますけれども、このハザードマップを見て思うことが、平野台の公民館等につきましては、警戒区域の中に公民館があり、そこが避難所になっているようですけれども、このような場所についての対策とか、そういった形のものはあるんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 環境生活部付部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯環境生活部付部長(古賀敏彦) 避難所が警戒区域内にある場合の対策ということでございます。
 想定される災害の規模、警戒区域内における位置、建物の構造等に応じまして、使用可能と判断した場合は避難所として使用いたしますけれども、危険性があると判断した場合には、近隣の別の避難所において対応することとなっております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 高山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯10番(高山やす子) 危険なところに避難させるわけにはいきませんので、当然そういうふうになっていくんじゃないかと思うんですね。このハザードマップを見ておりますと、非常に難しく、自分がどこを通って近隣のところまで行くのがいいかという形にはなっていないように思います。
 で、私が今手元に持っていますこの大川市のマップは、ハザードマップではなく、市民の防災安全マップというふうにされております。このマップの中には、道幅が狭い、道路が渋滞する、それから川が横にあって危険、それから車が多い、そういった情報がずっと盛られております。避難所が警戒区域に入っている地域だけにでも、こういう防災安全マップを作成して配布されたら、より近隣のところに避難できると思うんですが、そういった点を今後考えられる余地がありますでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 環境生活部付部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯環境生活部付部長(古賀敏彦) 本市におきましては、ハザードマップを作成いたしまして、市内全戸に配布しているところでございますが、今後、更新の必要が生じた場合には、よりわかりやすく、使いやすいものになるように作成し、また各区での防災訓練等において活用していただきたいと考えております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 高山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯10番(高山やす子) これは参考になると思いますので、おあげしますので、ぜひとも今後の検討の材料にしていただきたいと思います。
 それから、もう一つ確認していただきたいのが、私は以前、コミュニティセンターで図上訓練に何度か参加したことがあります。そのときに、このハザードマップのような形のものをつくりました。そして公民館に貼ることによって、皆さんの危機意識を高めることができるという最終的なお話を伺った記憶があります。
 それで、どこの公民館に行ってもこれは貼られておりません。そのときに、私が言ったのは、両面にすると公民館の壁に貼れないので片面にしてくださいということも言ったんですけれども、それもなされていないし、公民館に行ってもこういう防災マップの図上訓練をした後の分が見受けられないんですね。
 せっかく各コミュニティセンターで、ワークショップでやったんだから、ぜひそういうのを活かせるように、やっただけで終わるのではなくて、それをどう活かすか、それをぜひとも今後これを参考にしながらつくっていただいて、市民の安全を守っていただければというふうに思いますので、その点については要望といたしますので、よろしくお願いいたします。
 次、2点目の高齢者福祉についてであります。認知症の方の徘回に伴う問題は、新聞、テレビ等々で出されていることもあります。在宅介護をしている家族にとっては、とても目が離せない状況の毎日だと思います。
 以前にも徘回されて電車にひかれて死亡された、そしてその奥さんが目を離したということもあって賠償金が700万円程度請求があり、また、ある一方では徘回されて不明のまま7年が過ぎて、気がついたときにはある施設に入所されているということがわかって、その入所費用は何と1,000万円という請求が来たと。その際、テレビでも新聞でも、とても支払うことができませんという家族のコメントまで入っておりました。自分の費用でチラシをつくり、警察に届けて市内の入所施設を訪ね回ってみるけれども、プライバシー保護というハードルが高くて、それすらできなかったということもコメントでありました。
 本市におきましては、そういう形があったときには、何か講じられる対策はあるでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 環境生活部付部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯環境生活部付部長(古賀敏彦) 認知症の方が行方不明となった場合、行方不明者の早期発見と安全確保のため、捜索活動を行うこととしております。市の体制につきましては、行方不明者の相談があった場合、行方不明者対策準備室を設置いたしまして情報収集を行うとともに、捜索活動に向けた準備を行います。
 その後、親族などから警察へ行方不明者届が提出された場合、庁内に行方不明者対策本部を、またコミュニティセンターに現地対策本部を設置いたしまして、職員や関係機関及び団体等と連携いたしまして、迅速な捜索活動を行うこととしております。
 さらに、防災メール・まもるくんや災害情報伝達システムでの呼びかけを行い、早期発見に努めるものとしております。なお、平成25年度におきましては、6件の行方不明者事案が発生しておりましたけれども、さきに述べました体制によりまして捜索を行い、早い段階で全員無事発見をしているところでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 高山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯10番(高山やす子) 先ほど私がお話をした分は、個人で行かれてだめだったけれども、大野城市の場合は市のほうが対策本部等々を設置して、そちらのほうから捜索の手だてをされるということで理解してよろしいでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 環境生活部付部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯環境生活部付部長(古賀敏彦) 市のほうはそういった準備体制をとりまして、家族の方が警察のほうに届け出されてから、実際は動き出すというような形になりますけれども、大野城市のほうではそのような対応をとっております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福祉高齢部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉高齢部長(渋谷亮二) 初期活動で発見をされなかった場合、市としてどのような対策を講じるかというふうなご質問に対してお答えさせていただきたいと思います。
 ご家族の同意がございましたら、県内の介護施設その他公共施設といったところに、ポスターの掲示依頼などにつきましては、市のほうで対応していきたいと考えておるところでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 高山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯10番(高山やす子) 大変心強いというふうに思っております。今、部長がおっしゃったご家族の同意というか、家族は探しているわけですから同意も何もなく、とにかく探してほしい、こういう人ですということですので、ぜひこういう人が入所していないかどうかというのを各施設あたりに、積極的に回ってというか、情報を出していただいて、早く見つけられるような体制を講じていただきたいと思っておりますので、それは安心をいたしました。
 次に、グループホームの現状についてですが、施設と同じような形で、行きやすい場所としてグループホームというのがありますが、そのグループホームの大野城市の設置数と、グループホームに対して何か支援をされていれば、その状況をお知らせください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福祉高齢部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉高齢部長(渋谷亮二) グループホームの現状ということでご回答を申し上げたいと思います。
 市内の認知症グループホームの整備状況につきましては、現在7施設、定員数は81名となっております。今年度中に、北地区に定員18名のグループホームを1カ所設置の予定で、来年3月には運営開始の予定でございます。
 グループホーム運営上の支援等はないかということにつきまして、ご回答申し上げたいと思います。施設の建設費や開設準備費に対しましては、国や県の補助がございます。そういうことで、市で別途するような制度は設けてはおりません。運営費につきましては、入所者1人当たり平均で年間約265万円の介護保険給付費を払っておるところでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 高山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯10番(高山やす子) 補助があるということで、グループホームのほうも独自の分の対応とあわせて、よりよい施設の運営をされるんじゃないかと思いますので、それらについてもいい情報をいろいろ入れていきながら、最大限に補助ができるような形の体制をぜひともとっていただきたいと思います。
 この設置運営についての問題点とかは何かございますでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福祉高齢部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉高齢部長(渋谷亮二) グループホーム整備上の課題はというふうなことでございますので、ご回答申し上げます。
 認知症になりましても、住みなれた地域で自分らしく生活をしていくことができるように、地域包括ケア体制の構築に努めたいと考えているところでございますが、認知症により在宅生活が困難となった場合に備え、グループホームを計画的に整備することが必要と考えておるところでございます。
 今後の整備につきましては、福祉サービスの向上と財政負担のバランスを考慮しながら、第6期介護保険事業計画策定の中で、市民ニーズを踏まえて計画的に進めてまいりたいと考えておるところでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 高山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯10番(高山やす子) 多ければいいのかという問題はあるのかもしれませんけれども、地域にそういったところがあるということで、いつでもそこに行けるという安心感はあると思いますので、積極的に広めていただきたいというふうに思っております。
 最後になりますが、軽度認知症の方への対応ということで、なるべくならないようにしたいものですけれども、そういう手だて、それからそこに行くことによってのメリットがあればおっしゃってください。それから、例えばサロンとかそういった形でされるのはいいと思うんですけれども、そういったところに保健師さんとか栄養士さんあたりを派遣されることによって、じかにその方と面談し、情報を入れていただく、そしてその日の体力の状況等々のチェックもしてもらえるんじゃないかと思うんですが、そういうサロンとかサークルの設置の計画等があればお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福祉高齢部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉高齢部長(渋谷亮二) 軽度認知症への施策についてということでご回答申し上げます。
 平成26年6月に成立いたしましたいわゆる医療・介護総合確保推進法では、地域包括ケア体制の構築の目的の一つといたしまして、認知症の重症化予防が掲げられております。市ではこれまでの取り組みといたしましては、もの忘れ相談医や認知症サポーターの育成事業により、認知症高齢者の早期発見と早期治療を目指してきたところでございます。
 この新たな法律を視野に入れました軽度認知症対策の取り組みといたしましては、在宅医療と介護が連携して取り組みます認知症初期集中支援チームの創設などが考えられます。ただし、現段階では在宅医療と介護の連携した体制として、十分な整備が整っておりません。これから時間をかけて取り組む難しいテーマであると考えておるところでございます。
 市では、第6期介護保険事業計画において重要となる地域包括ケア体制の構築のため、これらの仕組みづくりを進めることで、現在、筑紫医師会と事務協議に入っておるところでございます。
 保健師や栄養士等の派遣で、認知症の悪化防止につながらないかということでございますのでご回答申し上げます。軽度認知障がいの悪化防止対策は、早期発見と専門医による早期治療が重要でありますので、医師会と共同した事業により対応したいと考えておりますが、この共同事業は高齢者の健康状態を把握している保健師の役割が重要になるというふうに考えておるところでございます。
 なお、栄養不良が懸念されます認知症高齢者に対しての栄養士派遣につきましては、現行介護保険制度のサービスでございます居宅栄養管理士で対応することができると考えておるところでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 高山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯10番(高山やす子) 安心してというか、もう増えていくのはわかっていることですので、時間も余りないと思います。積極的に計画を立てて、地域に派遣をし、よりよい地域医療を目指してぜひとも認知症にならないように、なることはあるんですが、そこに到達しないように何か手だてがとられるといいなと常に思っておりますので、ぜひとも今おっしゃいました保健師、栄養士の方々の派遣を積極的にやっていただいて、地域の方のお話し相手になっていただきたいと思います。要望といたしますので、どうぞよろしくお願いいたします。終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 次、6番、田中議員。
               〔6番 田中健一議員 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯6番(田中健一) おはようございます。皆さん、子どもはかわいいですよね。でも、子育ては非常に大変ですよね。親の最大の仕事は、子どもをひとり立ちさせることと私は思っています。よく、子は親の後ろ姿を見て育つと言われています。だから、親は子の見本としてしっかりしなければならないわけですが、実際、なかなか大変です。
 私には子どもが2人いますが、生まれたころから風呂に入れたり絵本を読んで寝かしつけたりで、子育てをしてきたわけですが、子育ては大変で思うようにはなかなかがいきませんね。今でも覚えていますけれども、私は学生時代にいじめに遭いまして、いじめられるほうはもう大変でつらいものです。陰湿で、集団でやるから始末が非常に悪いわけで、非常に卑怯なことと思っています。そのときには、親に知られずに自分で解決したわけですけれども、今でも思い出せば悔しい思いをしています。
 その経験から、子どもには人をいじめてはいけないと日ごろから言ってきました。しかし子どもが中学生のころ、いじめに遭ったわけなんですけれども、担任の先生の適切な対応で大事に至らずに済みました。先生には本当に感謝しております。親として子どもがいじめられてることに気がつかず、本当に申しわけなかったと思っております。
 子どもが大人になっても、親としてはいつまでも心配であるわけでございます。現在は、核家族化が進んでおり、子育ては家庭や学校だけではなく、やはり行政や地域の支援がないと非常に大変であると思っております。
 今年、貴重な政務活動費を使わせていただき会派で視察を行いました。その中で、新潟県三条市では、子ども・若者という三条市民に必要なサポート体制をつくるのは三条市の責任だという理念に立って、乳幼児から就労自立に至るまで切れ目なく一貫して、個人に応じた必要な支援を総合的に受けられるように、市の教育委員会の中に子育て支援課を設置して、その情報を可能な限り集約・一元化するとともに、関係組織・機関と連携して支援するシステムをつくり上げて、現在活動されておるわけであります。
 そこで、大野城市では、人間の成長段階すなわち子ども・若者世代に、行政の支援はどのようになっているのか質問をしています。
 まず最初に、人間の成長段階における行政の支援についてということで、人間の成長段階において、すなわち妊娠・出産、幼児、小中学校、高校大学、就職など、人間が自立していくそれぞれの段階に応じて、主にどのような行政の支援があるのでしょうか、お伺いをいたします。
 以上、壇上からの質問は終わり、あとは自席より質問をしていきます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) こども部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども部長(大内田京子) 成長段階における行政の支援についてということでご回答申し上げます。
 支援体制の組織としましては、平成20年に策定された夢とみらいの子どもプランの施策を効率よく推進することを目的に、平成21年度からこども部を設置しました。これにより、教育部、健康福祉部、企画政策部などの分野ごとに分かれていた子どもに関する業務を一元化し、効果的な行政サービスが行えるようになりました。
 政策面では、平成25年度に改定しました夢とみらいの子どもプランIIにおいて推進する施策を、妊娠期を含む乳幼児期、学童期、思春期、青年期の四つの発達段階に分類し、日々多様化する子どもや若者の現状を受け、福祉や保健、教育の垣根を越えて、全ての子どもに寄り添った支援と、個人の成長の度合いやニーズに即した育成施策を展開しています。
 また、今年度条例にて設置した子ども・若者育成会議において四つの部会を設け、それぞれ発達段階に対応した部会において、夢とみらいの子どもプランIIに掲げた発達段階ごとの施策を推進する協議を行っているところです。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 田中議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯6番(田中健一) それでは、妊娠・出産時において、妊産婦・新生児訪問指導やこんにちは赤ちゃん訪問がなされていると思いますが、具体的にどのように行われているのでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) こども部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども部長(大内田京子) 妊娠・出産時の支援について具体的な内容についてご回答申し上げます。
 妊産婦・新生児訪問指導と、こんにちは赤ちゃん訪問事業は、いずれも原則として生後4カ月までに家庭訪問を実施しております。妊産婦・新生児訪問指導は、母子保健法に基づき助産師等が保健指導を原則1回または2回行います。一方、こんにちは赤ちゃん訪問いわゆる乳児家庭全戸訪問事業は、児童福祉法に基づくもので、本市ではホームヘルパー2級以上で市の研修を受講したエンゼルサポーターが訪問しており、こちらは原則1回となっております。
 事業の流れは、まず初めに母親からの出生連絡票の郵送等により、出産されたことをこども健康課で確認し、保健師から電話を差し上げ、助産師による専門的な訪問指導とエンゼルサポーターによる訪問のどちらを希望されるかの意向を伺います。その後、助産師またはエンゼルサポーターが直接母親へ電話し、訪問日時の約束をさせていただいております。保護者が希望される割合につきましては、助産師がおよそ9割で、エンゼルサポーターが1割程度になっております。
 具体的な内容としましては、助産師は体重測定を初め、訪問時の赤ちゃんの状態をさまざまな視点から確認するほか、出産時の状況、母乳かミルクかなどを含む授乳の状況、産後の母親の状況等をお尋ねします。そして、必要に応じて、母親の休養のとり方、食事の内容、育児環境や赤ちゃんの皮膚の手入れ、おむつの当て方、抱き方、寝かせ方、室温調節、健診や予防接種等の指導、子育て情報の提供等を行っております。
 また、助産師は訪問時に、EPDSという産後鬱病に関する質問票と、ボンディングという赤ちゃんへの気持ち質問票を使って、虐待等のリスクを点数化しております。訪問後は、母親の回答が記載されたこれらの質問票と、状況確認の結果を記載した訪問指導票を市へ提出し、結果を報告します。
 エンゼルサポーターのこんにちは赤ちゃん訪問は、主に2人目以降のお子さんで、医療的な専門指導を必要としない場合や、短時間や玄関先での訪問を希望される方、産後に連絡がとれない母親など、訪問に対して積極的でない方などが対象となっております。
 内容は母親と赤ちゃん、それぞれの健康状態のほか、家族の状況や困り事などについてなどについて確認します。また、相談をお受けすることや、子育て情報の提供等も行っております。エンゼルサポーターも、母親がどの程度困っているかを点数化し、これらの確認結果を記録票に記載して市へ報告します。
 助産師とエンゼルサポーターいずれの訪問もハイリスクと判断された場合は、市の保健師による電話や訪問等による支援を継続していきます。助産師は、必要に応じて再訪問も実施しております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 田中議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯6番(田中健一) わかりました。
 そうしましたら、次に、幼児期において乳幼児健診、4カ月とか10カ月あるいは1歳6カ月、歯科検診と、そして3歳児健診と就学時健康診断がなされていますが、それぞれの目的、必要性、内容はどのようになっているのでしょうか。お願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) こども部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども部長(大内田京子) 幼児期の支援について、少し長くなりますがご回答いたします。
 1歳6カ月健診と3歳児健診は、母子保健法により全市町村が実施しているものです。4カ月健診と10カ月健診は、法律に基づくものではありませんが、3カ月から4カ月児は99%以上、9カ月から10カ月は77%の市町村が健診を実施しております。
 乳幼児健診の目的は、子どもの発育と発達を成長の節目で確認することや、病気を早期発見・予防することで、健康の保持、増進を図ることでございます。
 また、必要に応じて、健診後に保健師が電話での聞き取りや家庭訪問を行い相談を受けたり、医療機関や専門機関を紹介したりしながら、育児不安の解消や子育て支援を図ることも健診の大きな目的でございます。
 特に1歳6カ月は、歩行や言葉などの状況から、幼児初期の身体の発育と精神の発達の面で情報が得られる時期であり、3歳は健康、発達の個人差が比較的明らかとなり、保健、医療による対応の有無がその後の成長に影響を及ぼす時期です。これらの時期に健診を実施することで、運動機能や視聴覚の障がい、精神発達のおくれ等を早期発見し、適切な指導により心身の障がいの進行を未然に防ぐとともに、生活習慣の自立や虫歯の予防、栄養や育児に関する指導等を行うものです。
 なお、本市では、1歳6カ月健診までは小児科等の医療機関での個別健診ですが、3歳児健診はすこやか交流プラザで月に2回、子育て支援型の集団健診として実施しております。臨床心理士や助産師、保健師、管理栄養士、聴覚や資格を含む特別支援学校の教諭、保育士など多職種が携わっており、虐待防止や保護者の育児不安の解消にも大きな役割を果たしていると考えております。
 次に、具体的な内容についてでございますが、各健診では身長、体重、胸囲等の身体の発育状況、栄養状態、発達状態、アトピーなどの皮膚の病気、心臓の雑音等の異常、予防接種の状況、その他の病気の有無などの確認を行います。
 これらに加えまして、4カ月健診ではこの時期特有の項目として、首の据わりや股関節の開き動きを見ます。また、笑うか、目が合うか、「あー、うー」といった声を出すかなども確認します。10カ月健診では、目の病気や貧血の有無、座ったりつかまり立ちができるかなど、1歳6カ月健診では言葉の発達、手足の運動障がい、呼吸器や腹部の病気、目や耳、背骨の異常の有無等も見ます。また、1歳6カ月と3歳では歯科検診も行うほか、生活習慣や社会性の発達、しつけ等育児上で問題となる項目もチェックします。
 3歳では、耳、鼻、喉の病気、頭や首の異常の確認、尿検査も加わります。また、発達面では、言葉のおくれや多動、自閉症、かんしゃく、人見知り、歩行状態やO脚・X脚の有無等も確認しております。
 このように、いずれの健診も、発育、発達段階に応じた内容となっており、子どもの健やかな成長のために必要不可欠なものと考えております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 続きまして、小学校就学前に行っております就学時健康診断の目的と内容についてお答えします。
 教育委員会では、学校保健安全法に基づき、小学校入学予定の前年10月に、市内各小学校で就学時健康診断を実施しています。就学時健康診断の目的は、新入学生の健康状況を把握し、保健上必要な助言等を受けることで、子どもが健康で楽しい学校生活が送れるように入学の準備をしていただくために行うものです。内容は、視力検査、内科検診、歯科検診、知能検査、教育相談などを行っています。
 また、新入学生がスムーズに小学校生活をスタートできるように、本年度から大城小学校におきまして、就学時健康診断や学校説明会とあわせて、幼児と児童の交流の場、保護者同士の交流の場を設けるようにしています。
 具体的には、就学時健康診断の後、地域別に幼児と小学校5年生児童の交流の場を設定します。保護者に対しましては、入学までに身につけておかなければならないことなどの全体説明を行った後、地域別グループ交流を行う場を設け、心配事や悩みを安心して相談できる環境の設定と、子どもの人間関係づくりが円滑に行われるよう努めています。
 2月に行う学校説明会では、幼児は学校探検や1年生との交流を行うようにしています。また、保護者は、地域や学校からの全体説明の後、就学時健康診断と同様に、地域別グループ交流を行うようにしているところです。以上であります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 田中議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯6番(田中健一) わかりました。
 それでは、今まで質問をさせていただき、回答をいただきましたけれども、幼児虐待や幼児遺棄、発達障がい等による事件など、さまざまな子どもの事件が発生しておりますけれども、早期発見、早期治療などの行政の適切な支援を行うなど、子育てしやすい環境づくりを強力に推進するよう要望いたします。よろしくお願いします。
 それでは、次に、義務教育における支援についてお伺いをしていきます。
 まず、小学校の外国語活動の英語の充実についてでございますけれども、現在、小学校5年生から実施されている外国語活動の目的や、具体的な内容はどのようになっているのですか、お伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 小学校の英語の充実に関する内容についてお答えします。小学校外国語活動の目標は、言語や文化について体験的に理解を深めることや、積極的にコミュニケーションを図ろうとする態度の育成などとなっています。
 具体的には、挨拶や自己紹介、買い物などのコミュニケーションに関する場面を取り上げ、ゲームやロールプレイなどの活動を通じて学習する内容となっています。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 田中議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯6番(田中健一) それでは、国では外国語活動の小学校3年生までの拡大の議論もなされておりますが、その内容はどのようになっているのでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 外国語活動の小学校3年生までの拡大に関する内容についてお答えします。
 文部科学省は、平成25年12月、グローバル化に対応した英語教育改革実施計画を公表しています。現在、本計画に基づいて、英語教育のあり方に関する有識者会議が設置され、次の学習指導要領の改訂に向けた審議がなされているところです。
 その中で現在、小学校5年生から実施している外国語活動を小学校3年生から実施することや、5年生からは教科として実施し、現在は取り扱っていない文字や単語についても指導する方向で検討されているところです。以上であります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 田中議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯6番(田中健一) わかりました。
 小学校3年生まで拡大された場合の課題として、英語教師の確保がございますけれども、民間委託は考えられるのでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 英語専門の教師の確保についてお答えします。
 現在、審議中のことですので、確定的なことは申し上げられませんが、文部科学省の実施計画や専門家会議の中でも、その指導体制に関して言及されているところです。具体的には、専科教員の配置や国、県などによる英語教育のリーダーとなる教育研修の実施、外部人材の活用などが想定されています。また、教員免許制度にかかわって、大学等での教員養成課程におけるカリキュラムの改善なども議論されているところです。
 教員の民間委託につきましては、私立の高等学校などで、人材派遣会社から派遣された教員が授業を担当している例も報道されておりますので、今後、ALTの活用も含めて研究しているところでございます。以上であります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 田中議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯6番(田中健一) それでは、新たに外国語活動が小学校3年生まで拡大された場合、最大の課題は授業時間の確保と思われますが、現在一部の自治体で実施されています土曜日授業は考えられるのでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 外国語活動が3年生まで拡大された場合の授業時間の確保に関する考え方についてお答えします。
 グローバル化に対応した英語教育改革実施計画では、小学校3、4年生では週1時間または2時間、小学校5、6年生では週3時間程度と示されています。これらの授業時数に関しまして、1日に15分程度の時間を積算するモジュール学習の活用等も検討されているところです。
 また、実際に授業時数が増加することが想定される場合には、土曜日授業の実施等も検討する必要があると考えております。以上であります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 田中議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯6番(田中健一) わかりました。
 福岡市や那珂川町では、空調を整備することで夏休みを短縮し、ゆとりのある授業時間数の確保を推進していますが、その考えはないのですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 夏休みの短縮の考え方についてお答えします。
 このことに関しましてもまだ審議中でありますので、確定的には申し上げられませんが、外国語活動が小学校3年生まで拡大して実施された場合、小学校3年生以上で最大70時間の授業時数が新たに必要となります。この時数は土曜日授業を月2回実施したとしても確保することができません。
 先ほど申し上げましたグローバル化に対応した英語教育改革実施計画のとおりの事業時数となりますと、長期休暇の全体的なあり方についてあわせて検討する必要があると考えています。以上であります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 田中議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯6番(田中健一) 夏休みを短縮するためには、空調の整備が必須となりますけれども、昨年夏休みに天井付扇風機が設置されました。その有効性を検証して、その後の整備を検討するとのことでしたけれども、どうなっているのでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 夏休みを短縮する場合の空調設備との関係についてお答えします。
 夏休みの短縮については、土曜授業のあり方と一緒に今後、検討することとしています。その検討の中で、空調設備の必要性についても調査・研究するなど、総合的に検討していく考えであります。以上であります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 田中議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯6番(田中健一) 天井付扇風機を設置する際に、天井付扇風機を先行して整備しても空調設備の整備には支障ないとの説明を受けていますけれども、この点、コスト面と工事面から再度説明をお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) もし、空調設備を新たに整備することとした場合の工事との関係、そしてコストについてお答えします。
 近年の人件費、資材費の急激な高騰は反映していませんが、検討段階における空調設備の概算整備費用は、1校当たり約3,800万円から約7,100万円程度、また天井付扇風機の概算整備費用は、1校当たり約420万円から約870万円程度で試算していました。
 電気使用量及び維持管理費としてのランニングコストの概算費用は、空調設備では1校当たり年間約330万円から約700万円程度、天井付扇風機では1校当たり年間約14万円から約29万円程度で試算していました。
 次に、工事の面についてでありますが、天井付扇風機を設置した状態で空調設備を整備することになりますので、その点を考慮した設計を行うことになります。これにより、通常よりも工事コストを削減できるものと思っています。
 さらに、天井付扇風機が設置されている教室に空調設備を設置すると、それぞれの効果を受けた学習展開が可能となりますので、公費の二重負担にはならないものと考えています。以上であります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 田中議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯6番(田中健一) わかりました。今年度から、小学校でのIET、中学校でのALTを、今年は一本化してありますけれども、その理由は何でしょうか。また、その効果はどうなっているのかお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 小学校に配置していますIETと、中学校に配置していますALTを一本化した理由についてお答えします。
 教育委員会では、平野中学校区に2名、その他の四つの中学校区に各1名のALTを派遣しています。本事業はネイティブスピーカーとしてのALTを小中学校に配置することによって、中学校では英語教育の充実を図ること、小学校では外国の文化や生活を理解することができるようにすることを目的としています。
 本事業においてALTに1本化した理由は、今後の英語教育の改革を見据え、中学校区の小学校に同じALTを配置したほうが、小中連携した指導を円滑に進める上で有効と判断したからです。なお、小中学校に配置するALTの人数は昨年度と変わっておりません。以上であります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 田中議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯6番(田中健一) わかりました。そういうことであれば、小中連携や幼保小学校連携数はどのように行われているのでしょうか。中1ギャップを解消するためには、英語や算数の教科の連携、あるいは学校生活の決まりの連携、部活動の体験入学なども大切ですけれども、教科担任制の問題や家庭学習のあり方、さらには給食の問題など、小中が連携するテーマは幅広いと思いますけれども、その点はどうなのかお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 最初に、小中連携のあり方等についてお答えします。
 児童・生徒の連続した成長発達のため、また不登校等の生徒指導上の問題の未然防止の上からも、小中学校が連携した指導を行っていくことは大変重要だと考えています。このような観点から、本市におきまして、大野城市小中連携ビジョンの素案を作成したところです。
 今後、本ビジョンの策定を進めるとともに、各中学校区でのビジョンの作成に取りかかりたいと考えています。具体的には二つの方向での小中連携が進んできています。一つは、小中学校が同じ重点目標を持って指導するということです。平野中学校区では、一つの中学校と三つの小学校が、家庭学習や挨拶、清掃活動の仕方などを共有化して取り組んでいます。もう一つは、中学校に入学してからの学習や、生活についてのガイダンスを行うというものです。大野東中学校区では、大野東中学校の教員が小学校に出向き、教科担任としての授業を体験させたり、中学校での部活動や生徒会活動など、小学校とは異なる様子を伝えたりしています。
 次に、幼稚園・保育所と小学校の連携についてでありますが、一つは幼稚園長、保育園長と小学校長の合同会議を設置しています。この合同会議において、就学前の児童の発達の状況や、小学校の活動方針などについて協議し、小学校に入学してからの学習や生活が円滑に行われるよう努めているところです。二つ目は、各小学校の学校運営協議会に、幼稚園長と保育園長に委員として入っていただき、経営方針や教育方針との共有化を図っているところです。
 最後に、教科担任制あるいは家庭学習のあり方、給食などの小中連携に対する考え方についてお答えいたします。小学校課程と中学校課程で連携する必要がある事項につきましては、先ほど申し上げましたけれども、今後、小中連携ビジョンを各中学校区別に策定いたしますので、その中で検討してまいりたいと思います。以上であります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 田中議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯6番(田中健一) 回答をいただきましたけれども、空調機は、市内の4中学校、小学校は10校あるうちの5校が、20年以上前から航空騒音対策の関係で設置されているわけですけれども、地球温暖化やPM2.5の子どもたちへの健康への影響を考えまして、五、六年前から設置されていない小中学校へ空調の設置を要望してきました。福祉文教委員会でも、所管事務調査で空調の設置要望をいたしたところでございます。その結果、昨年夏、小中学校において扇風機を設置していただきました。
 現在、授業時間を確保するために文部科学省は土曜日の授業開催を推進していますけれども、振りかえ休日により平日の授業に支障が生じるなど、課題が多いことから、夏休みの短縮によるゆとりある授業の確保が私は望ましいと思います。先ほどの説明では、現在の天井付扇風機に空調機を付加すれば、コスト面の問題は余り大きくなく、共用するほうが授業環境も飛躍的に向上させるメリットがあることがわかってきました。
 これらから、天井付扇風機に空調を整備した教育環境の中、夏休みの短縮によるゆとりのある授業の実現が望ましいと思います。天井付扇風機に空調の整備を決定した福岡市や、平成24年に空調を整備した那珂川町などの先行自治体を視察し、検証を踏まえて、できるだけ早く実現することを強く望みます。
 今回と同じように、県の教育庁や、福岡市、筑紫地区の市長やみやま市など方々に、高速を通って調査に行きました。みやま市では、85%を国の補助で設置されたということで、そこの小学校を見せていただいたんですけれども、女性の先生が、去年設置されて非常に助かっておりますと。というのは、夏休みの前後、7月に入ると、特に午後の授業は非常に暑くなると。
 私たちが子どものころは、7月に入ると午前中ぐらいで授業は終わっていたんじゃないかなと。あとはみんなで遊びに行こうということで、山や川に遊びに行っていましたけれども、もう今は教育の時間数が増えて、7月に入っても午後の授業もあるようでございます。新学期に入っても、やはり授業時間数の確保ということで、午後も授業を行ってあると。そしたら、やはり午後は西日があって、相当教育できる環境ではなかったと。それが去年設置されてから、そういう問題が解決しましたというふうなことで、非常に喜んでおられました。
 それで、県庁のほうからいろいろ資料を見せてもらったんですけれども、いろいろ教えていただきました。小中学校で整備済みというのは、八女市、豊前市、みやま市、那珂川町、大木町、広川町、赤村、福津市、みやこ町、吉富町、上毛町ですかね。今年は、久留米市、小郡市、筑紫野市、粕屋町とか方々で設置されているんです。
 私も福岡市で30年勤務していたので、聞きましたら、扇風機は全部つけたんだけれども、暑くてやはり保護者からぜひクーラーをつけてほしいということでの要望が出ているということでした。で、今年の2月の定例議会で市長が、平成27年は小学校、平成28年が中学校を2カ年で全部やると。北九州市も今後5カ年で整備するということですね。
 ただ、3年前に調査したときには、政令市は半分以上が設置してあったんですね。そして、あとの残りは検討して近々に設置するということで。だから、どちらかというと九州はおくれてきているのかなというふうに全般的に思っているんですけれども。
 福岡市でもそういうふうにたくさん申請があっていると。だから、3分の1の国の補助があるんですけれども、皆さんが申請してあるから。概算要求で、もうそろそろ国の予算枠が設定されます。ただ、平成27年度の予算で出したとしても、その枠に漏れるおそれがあるかもしれないと。だから、今年度の補正予算が組まれたら早急に出してくださいというような指導を受けたんですが、それはもう執行部の判断でございますので、私はぜひ実現してほしいと思っております。
 それと、先ほどの中1ギャップを解消するためということで、英語だけでなく、算数やほかの教科連携など、幅広い小中連携に取り組む必要があり、また小1ギャップを解消するためにも、両方小学校連携に取り組む必要があり、学校運営協議会を通して、地域や保護者の意見も聞きながら進めていただくよう、強く要望いたします。
 それでは、不登校対策について質問していきます。不登校の現状及びその対策はどうなっているのかお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 本市の小中学校の不登校の状況についてお答えします。
 不登校の児童・生徒は、本年7月末現在で、小学校7名、中学校73名、計80名となっています。ご承知のとおり、この数は4月から7月までで欠席日数が累計で30日を超えた児童・生徒の数であり、全く学校に登校できないという児童・生徒の数ではありません。1学期間ほとんど登校できていない児童・生徒数は11名となっています。
 続いて、対応についてお答えします。まず、各学校では不登校にならないようよくわかる授業づくりや、学校での児童・生徒の人間関係づくりなどについて取り組んでいます。その上で、不登校の傾向が見られる児童・生徒に対して、保護者と協力しながらできる限り早期に対応するよう努めているところです。
 不登校及びその傾向が見られる児童・生徒につきましては、児童・生徒一人一人に主に担当する教職員を決めまして、マンツーマン方式で対応し、毎月児童・生徒の状況に応じて指導計画を作成し、各学校の生徒指導委員会等で情報共有しながら、組織的に対応しているところです。
 また、昨年度から全ての中学校において校内に適応指導教室を設置し、学校の教職員や教育サポートセンターから派遣する不登校対策サポートティーチャーが、指導・支援に当たっているところです。教育委員会は、北コミュニティセンター内に適応指導教室設置し、登校が難しい児童・生徒に対して、指導・支援を行い、週に1度は自分の学校に登校するチャレンジ登校を行っています。
 それらに加えて、本年度設置しました教育サポートセンターは、児童・生徒や家庭の状況に応じて、社会福祉士や臨床心理士を学校や家庭に派遣し、カウンセリング等を行っているところです。以上であります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 田中議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯6番(田中健一) 説明をいただきましたけれども、小学校には適応指導教室に不登校対策サポートティーチャーをなぜ配置していないのですか。その点、説明をお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 小学校に不登校対策サポートを配置していない理由についてお答えします。
 小学校での不登校児童数は、平成22年度が12名、平成23年度が15名、平成24年度が23名と、中学校に比べて少ないことから、現在は不登校生徒が多い中学校を中心に支援を行っているところです。
 しかしながら、昨年度の小学校の不登校児童は32名と増加傾向にありますので、今後、不登校対策サポートティーチャーが小学校でも支援できるよう検討してまいりたいと考えています。以上であります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 田中議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯6番(田中健一) 今、言われましたけれども、毎年増加傾向にあるという状況の中で、不登校対策サポートティーチャーを増員される考えはないのですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 不登校対策サポートティーチャーの増員に関する考え方についてお答えします。
 本市の不登校児童・生徒数の状況は、平成23年度に小中学校合わせて92名と減りましたが、その後平成24年度に122名、平成25年度は133名と増加しています。これらことから、不登校対策に関する各種の取り組みを検証し、その後のあり方について検討しているところですが、その中で不登校対策サポートティーチャーの増員も検討してまいりたいと考えております。以上であります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 田中議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯6番(田中健一) ぜひよろしくお願いします。
 文部科学省のある調査では、不登校となったきっかけの上位としまして、1位が友人との関係、2番目に生活のリズムの乱れ、3番目が勉強がわからないというふうなことになっておりますけれども、教育サポートセンターの取り組みはどうなっているのでしょうか。ご説明をお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 不登校のきっかけとなる関係に対する対応策についてお答えします。
 本年度の本市における不登校のきっかけは、不安などの情緒的な混乱が約43%、その他の本人にかかわる問題が約35%、いわゆる中1ギャップや学力の不振が約28%、いじめを除く友人関係が約13%、親子関係など家庭環境の問題が約10%などとなっています。このうち、教育サポートセンターでは、親子関係や家庭環境に課題が見られる児童・生徒や、児童・生徒本人の発達の課題等に関する場合などを中心に必要な支援を行っているところです。
 具体的には、児童・生徒本人や保護者へのカウンセリング、発達に関する検査を行ったり、関係部署と密に連携したりして、その対応を行っているところでございます。以上であります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 田中議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯6番(田中健一) それでは、教育サポートセンターの設置前と設置後の変化はどういうふうになっているのでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 教育サポートセンターの設置後の状況についてお答えします。
 教育サポートセンターを開設して、まだわずか4カ月でありますが、現在まで168件の事案に対応しています。教育サポートセンターを設置したことで、本人自身の心理的な課題や家庭環境について、心理や福祉の専門的な見地からかかわることが可能になり、効果的な支援ができているところです。
 不登校に関しましては、14名の児童・生徒について継続してかかわっており、保護者の不安感が軽減されたり、児童・生徒の出席状況が改善したりした事例も見られてきております。以上であります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 田中議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯6番(田中健一) 資料によりますと、筑紫地区、粕屋地区、宗像地区の多くで学力支援員を配置しておられますけれども、本市以外で配置していない市町はどのくらいあるのでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 福岡教育事務所管内における学力支援員の配置状況についてお答えします。
 福岡教育事務所が取りまとめました資料によりますと、福岡教育事務所管内の16の市町のうち、学力支援員を配置していない市と町は、本市のほかは3市町となっています。以上であります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 田中議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯6番(田中健一) ほぼ、ほかのところは配置してあるわけですね。
 それでは、本市は学力の関係から不登校となるようなことはないということで配置されていないんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 学力と不登校の関係についてお答えします。
 学力の不振やいわゆる中1ギャップが要因と見られる不登校は約28%と先ほど報告させていただきましたけれども、その対応が必要と考えています。そこで現在は、本市で多く見られる主として本人自身や、家庭環境の課題に優先して取り組んだきたところです。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 田中議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯6番(田中健一) それでは、今後も学力支援員を配置する考えはないのでしょうか。その点、どうでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 学力支援員の配置の考え方についてお答えします。
 不登校を未然に防止するためには、児童・生徒がよくわかる授業を行うとともに、個別の学習支援が必要な児童・生徒への対応が必要と考えていますので、今研究を進めているところであります。以上であります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 田中議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯6番(田中健一) 中学校の英語につきましても、つまづきの始まりが考えられます。私も中1ギャップというか、英語に非常に苦労した経験がございます。その点についての対応は、どのように考えておられるでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 中学校英語でのつまづきへの対応についてお答えします。
 現在の小学校の外国語活動は、教科としてではなく、話す、聞くという活動をゲームなどを中心に行っているため、学習のつまづきということは考えにくいものです。中学校英語のつまづきにつきましては、小学校の外国語活動から円滑に接続できるように対応することが必要となります。
 今後、学習指導要領の改訂を視野に入れながら、小中連携の取り組みも含めて検討してまいりたいと考えております。以上であります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 田中議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯6番(田中健一) 全国に先駆けて設置されました教育サポートセンターが機能していることは理解しましたけれども、勉強がわからない児童・生徒に対するサポートにつきましては不十分と私自身思います。
 先ほど説明もありましたけれども、福岡教育事務所管内のほとんどのところが配置されている中で、本市は1人も配置されていないということで、ぜひ配置していただきたいと思うんですけれども、他の自治体の状況から、本市にも同様な課題があると推察されるわけです。放置すれば不登校となって、将来を台なしにしてしまうおそれがあります。
 このことから、教育サポートセンターは、いじめ問題や発達障がいなどへの支援も当然重要でございますけれども、勉強がわからないという児童・生徒に対する支援につきましても力を入れていただきたいと思います。
 つまづきの解消を目指して、特に小学校3年生、4年生の算数に特化した学習支援と、先ほどありました小中連携による英語の支援は非常に効果的だと思われますので、早急に取りかかっていただくよう強く要望いたします。
 それでは、次に、教育現場におけるパソコン等の整備につきまして、私は学校の生徒の個人情報の漏えいを防止するために、また学校事務処理の効率化やITによる教育の充実を図るために、3年ほど前から小中学校の各教師にパソコン等の貸与を要望してきました。ほかの自治体は、既に各教師へのパソコンの貸与が行われているところもございます。
 現在、本市では、学校情報化基盤整備ということを進めてありますけれども、この件についてどうなっているのかお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 教育現場における学校情報化基盤等の整備状況についてお答えします。
 今年度学校情報化基盤整備事業基本計画に沿って、大野北小学校と大利中学校のモデル校2校で、夏休み中に校内LANの整備を行ったところです。現在は、教職員用パソコンの活用を図るため、データセンターの整備と、それに伴うパソコンの設定や通信回線の整備を行っているところです。9月中にはデータセンターに配置する情報共有サーバーを通して、学校間での情報のやりとりなど、情報の共有化や、普通教室などで無線LANによりインターネットを活用したICTの利活用ができる環境が整います。
 今後は、モデル校において、授業などでのICTの利活用に関する実証実験を行い、来年度の全校整備をよりよいものにしたいと考えています。以上であります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 田中議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯6番(田中健一) 実証実験は何のために行われるのか、その点について説明をお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 大野北小学校と大利中学校で行います実証実験の目的についてお答えします。
 実証実験は、次の五つの目的で実施します。
 1点目が、教師の授業力の向上についてです。
 2点目が、児童・生徒の学習意欲の向上についてです。
 3点目が、公務処理の効率化についてです。
 4点目が、職員間での情報共有や意思疎通についてです。
 5点目が、情報セキュリティー体制の向上についてです。以上であります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 田中議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯6番(田中健一) それでは、実証実験はどんなことを行うのか、その点について説明をお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 実証実験の内容についてお答えします。
 実証実験は次の4点の内容で実施します。
 1点目がパソコンや実物投影機の書画カメラ、それにスキャナーなどのICT機器を活用した授業研究を行います。
 2点目は、情報共有サーバーを利用して、学校内や学校間の情報共有体制について研究します。
 3点目は、業者と協働して無償使用サービスによる公務支援システムを利用し、子どもに関するさまざまな情報の共有や、成績管理などの公務処理の効率化、それに文書処理の効率化について研究します。
 4点目が、しっかりした情報セキュリティーのために、モデル校において情報漏えいなどを防止するためのセキュリティー基本方針となるセキュリティーポリシーの検証を行います。以上であります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 田中議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯6番(田中健一) わかりました。本市では、他市に比べて学校情報化基盤整備がおくれをとっているのではないかと思いますので、おくれた分以上の他市に負けない最先端の整備を強く要望いたします。
 それでは、4番目の教育施設の整備についてでございます。これについては、平野中学校の件でございます。平野中学校は設立35年ほどになって、設立7年後に1,000人以上を超え、現在までずっと1,000人以上が続いていまして今年は1,060人です。一時期は、移転候補地ということで分離校を検討されましたけれども、今後、少子化で生徒数が減っていくからということでさたやみになったところでございます。
 県庁でもいろいろ教えていただいたんですが、分離校をつくろうと思ったら、土地代とかいろいろと考えますと40億円、50億円かかると思います。それだけの金を使わずに、現行のままで来ているわけですね。そうしますと、当然1,000人以上ですから、ほかの市内の中学校と比べますと、2倍から4倍ぐらい生徒さんが多いわけです。そういうことを考えると、根本的な対策はされていないのではないかというふうに感じるわけです。
 3年ほど前にも同じように質問をいたしました。その後も改善がなされていません。その点といいますのは、プールですね。まず、35年たっていますけれども、あそこを見ましたら小学校のプールと同じで、25メートル、7コースです。小学校と違うのは、水深が深いか浅いかの問題です。そこに、ひどいときには1学年から3学年まで、1学年は2クラスで40人以内の学級ですので、最大で200人近くの人が50分授業の中で男女に分かれて、1コースから3コースまで女の子の100何人か、こっちは男の子ということで。
 で、見ていると順番待ちなんですよ。こういう表現がいいかどうかはあれですけれども、おかに上がったかっぱといいますか、本当にかわいそうで、授業になっていないような状況なんですね。ずっと順番待ちしていたら、最後の人は授業が終わってしまうんじゃないかというふうな現状で、それがずっと30年間ぐらい続いているわけですね。
 3年前にもそれを改善してくれということを言ったんですけれども、ぜひ根本的に、コースを増やしてもらって対応していただきたいということでございます。その点についてどうですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 平野中学校のプールの整備に関しましてお答えします。
 大規模校である平野中学校のプールは、水泳授業の際、市内のほかの中学校と比較すると、手狭な状況にあります。そこで、何らかの対応が必要と認識しています。
 学校とは、具体的な協議は行っていませんが、現在、教育委員会内において、施設整備のハード面と水泳授業の工夫などのソフト面の両方から対応策を調査し、研究を行っているところであります。以上であります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 田中議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯6番(田中健一) 次に、中学校の空き教室で、今年は20何人かが小学校から私立のほうに入学されたから、平野中学校に来られなかったと。もし来られていたら、1クラス増やさなければならないと、しかしながら1クラスの教室はないという状況であったと。だから毎年はらはら、どきどきしなければならないということで、そういうような教室の確保について、どのようにお考えなのでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 平野中学校の生徒数の増加に伴う教室整備についてお答えします。
 平野中学校の生徒数は、今後ほぼ横ばい、または若干の減少が想定されることから、教室不足は生じないものと思っています。このことから、平野中学校の校舎の増築は予定していませんが、今後の生徒数の動向を注視しながら対応してまいりたいと考えています。以上であります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 田中議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯6番(田中健一) 多目的室だとか、そういうことも考えながら、ぜひ十分な検討をしていただければと思います。
 次に、平野中学校のグラウンドとか体育館、もう部活がすごいですね。野球、サッカー、テニス、ソフトボール、その脇を陸上、80メートル、7コースありますね。走っていたら野球ボール、ソフトボール、サッカーボールが飛んでくるような環境の中に、もう三十うん年間、そういう状態は変わっていないんですね。
 体育館は体育館で、2階なんかはバトミントンとかいろいろあるんですけれども、例えばバトミントンの男子だったら週に二、三回しか利用できないということで、じゃあ外で走るかとなると、グラウンドも目いっぱいというふうな状況です。その点、体育館とかグラウンドについてはどのようにお考えでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 平野中学校の運動場の件についてお答えします。
 平野中学校の運動場あるいは体育館につきましては、授業においては授業時間割を調整し、部活動においては利用方法等の工夫により対処されているところです。今後、運動場や体育館の拡張は予定しておりませんが、将来課題としながら、他の施設利用を含め、利用方法の工夫について協議してまいりたいと考えています。以上であります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 田中議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯6番(田中健一) 平野中学校は、今1,000人を超えているから、今後、生徒数が急に減るということでもありません。次に多いのが大利中学校で、670人ということで、大分差があるわけですね。平野中学校は割を食っているというような、本当にかわいそうな教育環境にあるわけでございます。担当は、教育部長である見城部長さんでございますので、そこのところをしっかり認識していただいて、何らかの対応をよろしくお願いします。
 それでは、5番目に、義務教育終了後の支援についてでございます。高校や大学への育英資金等の経済的支援は、どのように行っておられるのか、その点、お伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 本市の奨学資金の概要についてお答えします。
 本市においては、平成2年に本市牛頸出身の石井久様から寄附していただきました1億円をもとに、条例により基金を設置し、平成3年から奨学資金を支給しています。対象者は、本人または保護者が本市に住所を有し、学業成績が優秀で経済的理由により就学が困難な学生等で、高校、専門学校、大学への進学希望者としています。これまでに、高校生と高等専門学校生が延べ320名、大学生が延べ104名、合計で延べ424名に対し奨学資金を支給しているところです。
 一般的な奨学資金は、返還を要する貸与型でありますが、本市の奨学資金は寄附者の意向もありまして給付型とし、その返還は不要としています。以上であります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 田中議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯6番(田中健一) 返還はしなくていいと、給付型ですね。それはありがたいことでございます。
 それでは、次に、義務教育終了後の引きこもりやニートなどへの就労等の支援につきまして、どのように行政の支援がなされているのでしょうか、その点、お伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) こども部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども部長(大内田京子) 市として、義務教育終了後の引きこもりや、ニートの子どもに対する支援は特に行っておりません。現状では、県の若者サポートステーション事業などを活用していただいている状況でございます。
 本市の現状としましては、夢とみらいの子どもプランIIにおいて、青年期の重点施策として就労支援相談事業の充実を掲げており、青少年の心の居場所づくりとともに、今年度創設した子ども・若者育成会議の若者育成部会において、今後、実施に向けての具体的な事業内容の検討、議論をしていただくことになっています。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 田中議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯6番(田中健一) それでは、義務教育終了後の教育や就労支援につきましても、ぜひとも強力に支援をしていただきますよう強く要望いたします。
 それでは、最後の質問になりますけれども、市長は日ごろ子は宝と言ってありますけれども、子ども・若者世代への支援につきまして、どのような姿勢で取り組まれているのか、お考えをお伺いいたします。よろしくお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 井本市長。
                〔井本宗司市長 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯市長(井本宗司) それでは、お答えをいたします。私は、子どもが心豊かに生き生きと育つ姿はまちの活力であり、また将来を担う若者の成長は社会全体の喜びであるというふうに思っております。市長に就任以来、この地域の宝であります子どもたちを支援し、育てることを、政策の柱の一つに掲げてまいりました。
 これまでに、子どもや青少年関連施策を一元化したこども部の創設や、子ども・若者の総合計画であります夢とみらいの子どもプランの策定などにより、地域や学校などと連携して、子どもから若者まで切れ目なくさまざまな施策に取り組んできたところであります。
 一方で、子どもや若者を取り巻く環境や社会情勢の変化は、今、児童の虐待や若年者の厳しい雇用情勢など、行政に新たな課題を投げかけております。このことを踏まえ、これまでの子育て支援や子ども・若者の健全育成を中心とした施策だけではなく、困難を抱える子どもや若者の支援またその立ち直りのため、新たに発生をした行政課題の空白を埋めていくための施策の方針として、平成25年度に夢とみらいの子どもプランIIを定めたところであります。
 先ほどから、こども部長、教育部長のほうから詳細については質問にお答えをさせていただきました。市独自のものもありますし、国、県の施策のものもありますけれども、一生懸命努めているところであります。
 地域の宝であり、大野城市そして日本の将来を担う人材となる子どもや若者たちが、健やかに安心して成長できるよう、また、大野城市に育つ子どもたちがふるさとに誇りを持てるように、行政が支えていかなければなりません。
 また、行政のみならず、家庭や地域などとも、連携をしながら、子どもや若者の目線に立ち、一人一人に寄り添う気持ちを込めて、引き続き切れ目なく施策を推進していきたいと思っております。どうかよろしくご協力をお願いいたします。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 田中議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯6番(田中健一) 市長は、子は地域の宝と先ほども言われました。日ごろも言われておりますけれども、市の今後のさらなる発展を推進するためには、若い家族の転入を図る必要があると思います。
 子育てしやすく教育が受けやすいように、子ども・若者世代への積極的な行政の支援をよろしくお願いします。まさに将来への投資であります。子育て教育特区あるいは子ども・若者支援特区の考えで、強力に推進していただきますよう強く要望いたしまして、私の一般質問を終わります。どうもありがとうございました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 暫時休憩いたします。再開を午前11時50分といたします。
     ──────────────・────・──────────────
                 休憩 午前11時41分
                 再開 午前11時50分
     ──────────────・────・──────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 再開します。
 16番、佐藤議員。
               〔16番 佐藤義廣議員 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯16番(佐藤義廣) 午前中最後の質問になると思いますけれども、時間も押しておりますが、できるだけ簡潔に進めたいと思いますので、もうしばらくおつき合いのほどよろしくお願いいたします。
 私は、本9月定例会におきまして、まず1点目として、今後の保育行政の課題について、2点目に固定資産税の賦課について、この2点についてお尋ねをいたします。
 まず1点目の、今後の保育行政の課題についてでございますが、平成24年8月、日本の子ども・子育てをめぐるさまざまな課題を解決するために、子ども・子育て支援法が成立しました。この法律と関連する法律に基づいて、幼児期の学校教育や保育、地域の子育て支援の量の拡充や質の向上が進められます。
 平成27年4月から子ども・子育て支援法、認定こども園法の一部改正、「子ども・子育て支援法の一部改正法の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律」の子ども・子育て関連3法に基づく制度である子ども・子育て支援新制度が本格スタートすることになっております。
 新制度では、全ての子どもたちが笑顔で成長していくために、全ての家庭が安心して子育てでき、育てる喜びを感じられるためにとの理念でスタートするとのことでありますが、まず1番目として、この制度の内容はどのようなものなのでしょうか。
 以上、壇上よりの質問といたしまして、あとは自席で行いますので、よろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) こども部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども部長(大内田京子) 新しい子ども・子育ての制度について、少し長くなりますが、お答えいたします。
 子ども・子育て支援新制度は、質の高い幼児期の教育・保育を総合的に提供し、地域の子ども・子育て支援を充実させ、子育てがしやすい社会の実現を目指し、平成27年4月からスタートする予定となっています。この新制度の主なポイントは3点あります。
 1点目は、施設型給付と地域型保育給付という公費給付制度の創設です。施設型給付では、給付制度が分かれている認定こども園、幼稚園、保育所などの施設に対する公的な給付を一つにまとめ、市町村が実施主体となり給付を行うこととなります。地域型保育給付では、小規模保育や家庭的保育など、規模が小さな保育所を市町村の認可施設として位置づけ、施設型給付と同様に市町村が実施主体となり給付を行うこととなります。
 2点目は、認定こども園制度の改善です。認定こども園は、幼稚園と保育所の両方の機能をあわせ持った施設であり、保護者の就労状況等にかかわらず利用することができます。しかしながら、現在の認定こども園制度は、幼稚園機能部分については学校教育法、保育所機能部分については児童福祉法に基づき指導監督や財政支援が行われており、平成18年度の制度創設後8年が経過した平成26年4月1日現在、認定こども園の数は全国で1,359カ所、福岡県内では40カ所と普及が進んでいません。
 このたびの認定こども園制度の改善では、認可や指導監督を一本化するとともに、学校及び児童福祉施設として法的に位置づけることで、認定こども園の普及促進を図ることとなっています。
 3点目は、地域の子ども・子育て支援事業の充実を図ることです。地域の全ての子育て家庭を対象として、市町村が実施するさまざまな子育て支援事業を充実させるため、国が財政支援を行う13事業を地域子ども・子育て支援事業として法的に位置づけ、さらなる財政支援の強化及び拡充を図ることとしています。
 また、この新制度においては、市町村が実施主体となり、地域における幼児期の教育、保育及び子育て支援事業についてのニーズを把握し、そのニーズに応じた提供体制を確保するため、子ども・子育て支援事業計画を策定することが義務づけられています。
 大野城市においても、今年度中に事業計画を策定し、今後はこの事業計画に基づき、教育・保育・地域型保育施設の整備や公費給付、地域子ども・子育て支援事業を計画的に実施することとしています。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 佐藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯16番(佐藤義廣) 今、制度の概要についてご説明いただきましたけれども、きょう第59号議案と第60号議案として、大野城市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する認可基準を定める条例、また、大野城市特定教育・保育施設及び特定地域保育事業の運営に関する基準を定める条例が2点提案されておりますけれども、実際に大野城市としてはどのように対応していこうと考えてあるのか、ご説明をいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) こども部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども部長(大内田京子) 現在、本市では、新制度に移行するための準備を進めているところですが、現時点で想定されることとして、制度が変わることに伴い、幼稚園や保育所等を利用するに当たり、利用者は市から保育の必要の認定を受けることとなります。
 さらに、保育を必要とする時間も認定することとなっており、保育所等の利用時間を11時間利用可能とする保育標準時間利用者と、8時間利用可能とする保育短時間利用者に分けることになります。
 また、幼稚園におきましては、平成27年度以降、現行制度上で幼稚園を運営するか、新制度上で幼稚園を運営するかの選択を、幼稚園自身が行うこととなってます。新制度上で幼稚園を運営する場合は、保護者が負担する保育料は幼稚園ではなく、市が世帯の所得に応じて決定し、その金額を幼稚園が徴収することとなります。
 以上、申し上げましたような制度変更に対応するための審議機関の役割もあわせ持った機関として、本市においては平成26年3月に大野城市子ども・若者育成会議設置条例を制定し、市の附属機関として位置づけた会議、及びこの会議のもとに専門部会として設置した子育て支援部会において、現在議論を行っているところであり、これまでの間3回の部会及び育成会議1回を開催しています。
 子育て支援部会では、学識経験者を初め、保育所、幼稚園の先生や保護者、地域で子育て支援事業に携わっている事業者の方など、地域で活躍されている方々に委員になっていただき、子育て支援に関する意見を幅広くいただきながら、大野城市子ども・子育て支援事業計画の策定作業を行っているところでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 佐藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯16番(佐藤義廣) 子育て支援部会で議論をして、支援計画を策定しているところだということでございますけれども、認定こども園についてですけれども、認定こども園制度が平成18年度から導入されているんですけれども、新制度では認可手続の簡素化などにより、新たな設置や幼稚園、保育所から移行をしやすくし、さらに普及を図るとのことでありますけれども、本市での普及の見込みはいかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) こども部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども部長(大内田京子) 認定こども園は、幼稚園と保育所の機能をあわせ持つということのほかに、子育ての悩み、不安に対する相談や、親子の集いの場などを提供する地域の子育て支援を行う機能を備える施設として導入されたものですが、認可や指導監督が一本化されていないことなどにより、現在に至るまでなかなか普及が進んでこなかった経緯があります。
 しかし、保護者には就労の有無にかかわらず利用が可能であることや、子育ての悩みや相談が気軽にできる施設として、一定の評価を得ているようです。また、ここ数年における保育所待機児童問題や、地域の子育て支援に対するニーズの多様化が課題となっている中、認定こども園はこれらの課題を解決するための有効な施設して、国は子ども・子育て支援新制度において認定こども園制度を改善することで、施設の設置促進を図ることとしています。
 特に、幼稚園施設の空き教室が全国的に多くなってきている現状を踏まえ、この空き教室を保育所待機児童の受け皿として整備することで、待機児童解消を図るべく、幼稚園から認定こども園の移行を進めていくこととしています。
 なお、本年7月に、市内の私立幼稚園と認可保育所に対して、新制度の認定こども園へ移行することについての調査を行いましたところ、平成27年度に移行を考えている施設はありませんでした。
 今後も、本市の子ども・子育て支援事業計画を策定していく中で、同様の調査を行っていきたいと考えております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 佐藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯16番(佐藤義廣) 今、認定こども園制度についてご説明いただきましたけれども、認定こども園に移行した場合、かえって補助金等が減少するために移行しないといったことや、また、既に認定こども園として設置された施設でも、認定を返上したいという動きがあるというふうに聞いておりますけれども、この点についてはどのように考えてあるのでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) こども部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども部長(大内田京子) 平成26年7月23日付の新聞等において、認定こども園の認定返上を検討している園が相次いで出ているとの報道がなされました。認定返上の主な理由としては、新制度の認定こども園に導入される公費給付額が、財源不足により低く抑えられており、結果現行の収入額を下回ると判断されているためと見られています。
 国は、新制度後の各施設の収入額を試算するため、公定価格の試算ソフトを開発し、およその収入額が把握できるような措置を講じていますが、試算ソフトの運用において、適正な取り扱いがなされていない点があり、その結果、現在の収入に比べ減収になる試算となる場合があることから、認定こども園の辞退を検討したり、幼稚園や保育所が新たに認定こども園への移行を希望しないといった動きが見られるのではないかと考えているようです。
 また国は、認定こども園の平均的な規模での試算では、新制度後の収入は現行制度に比べ増収になるとの結果を発表しており、決して認定こども園の児童1人当たりの公費給付単価が不利になるような設定はしていないという見解を示してます。
 この見解について、国は各自治体や事業者に正しい試算を行うための支援を行い、試算結果の分析を行った上で必要な対応を検討するとしていることから、本市においても国や県の指導に基づいた対応を行っていきたいと考えています。以上でございです。〔「議長、休憩してもらえませんか」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) どういった理由ですか。〔「今、質問していることは、いわゆる新制度と言っているのは……」の声あり〕ちょっと待ってください。
 暫時休憩いたします。
     ──────────────・────・──────────────
                 休憩 午後0時02分
                 再開 午後0時05分
     ──────────────・────・──────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) それでは再開いたします。
 佐藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯16番(佐藤義廣) 国の新制度に基づいて条例が提案されたものと私は思っておりますけれども、それで今認定こども園のことをお話しいたしましたけれども、幼保連携型認定こども園というのがございますが、これにつきましては認可・指導監督が一本化されるということでございますけれども、本市における指導監督等の対応、市では給付についての対応ということなるんでしょうけれども、これはどのようになるのでしょうか。こども部なのか教育委員会なのかということでございますが、よろしくお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) こども部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども部長(大内田京子) まず、認定こども園には4種類のタイプがあり、認可を受けた幼稚園と認可を受けた保育所が合わさった幼保連携型、そのほかに幼稚園型、保育所型、地方裁量型に区分されます。新制度においては、地方裁量型を除いた3種類の認定こども園について、福岡県が認可及び指導監督を行うこととなっています。県が認可した認定こども園に加え、地方裁量型認定こども園について、市は条例で定める運営基準に従い、基準を満たす施設であると判断した場合に、公費給付を行うこととなります。
 施設の指導監督については、認可に関する指導監督は福岡県が行い、公費給付に関する指導監督は市が行うこととなり、本市の場合、こども部子育て支援課が県とも十分連携しながら、公費給付及び指導監督を実施することとなります。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 佐藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯16番(佐藤義廣) はい、わかりました。
 次に、地域型保育についてなんですけれども、20人以上の施設より少人数の単位で、待機児童の多いゼロ歳から2歳の子どもを預かる事業が、新制度では新たに市町村の認可事業とされますが、本市ではどのように考えてありますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) こども部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども部長(大内田京子) 全国の保育所待機児童は2万人を超えると言われており、そのうち約8割がゼロ歳から2歳の児童で占められています。そのため、子ども・子育て支援新制度では待機児童の課題解決に向け、主にゼロ歳から2歳の児童を預かる施設として、地域型保育事業の創設を予定しています。
 地域型保育事業は、定員6人以上19人以下の小規模保育、定員5人以下の家庭的保育、障がい等により登園が困難な場合や保護者の夜間勤務等への対応のため、児童の自宅で保育を行う居宅訪問型保育、これまで事業所従業員のお子さんのみの理由に限られていた事業所内の託児所に、地域の児童の預かり事業を追加した事業所内保育の4種類の事業類型に分かれています。
 これらの保育施設は、新制度において新たに市町村の認可事業として位置づけられることとなっており、必要な認可基準については市町村は条例で定めることが義務づけられています。
 現在、本市では、子ども・若者育成会議や子育て支援部会において、大野城市子ども・子育て支援事業計画の策定、及び新制度に関する基準の制定などに向けた検討を進めていますが、本市において地域型保育事業を実施していくかどうかについては、今後、会議の中で保育の需要見込みや、需要見込みに応じた供給体制の確保方策の検討を行うこととしており、その結果も踏まえながら地域型保育事業の実施について判断していくことになるものと考えております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 静粛にお願いいたします。
 佐藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯16番(佐藤義廣) 地域型保育については需要見込みで検討していくということでございます。
 そこで、待機児童についてですけれども、いまだ保育所の待機児童は解消されていないと聞いておりますけれども、今後の保育所の新設は検討されているのでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) こども部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども部長(大内田京子) 本市の待機児童数は、国の基準で算定した場合、平成26年4月1日時点で38名、平成26年8月1日時点で86名となっています。この解消に向けまして、現在3カ所の保育所整備を進めているところです。
 具体的に申し上げますと、白木原にありますやさしい保育園を運営している社会福祉法人赤い鳥保育会が山田4丁目に新たな保育所を整備することで定員90名分、筒井4丁目にあります届け出保育施設こすもすイングリッシュプリスクールの認可化整備により定員60名分、南ケ丘にあります南ケ丘保育園が大字牛頸に移転建てかえを行う整備において9名分の、合計159名分の定員拡充を行うこととしています。
 そのほかの保育所整備については、現時点で確定した計画はありませんが、本年度中に策定予定の大野城市子ども・子育て支援事業計画において、今後5年間に必要な保育需要量を見込んだ上で、必要な整備計画を検討することとしています。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 佐藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯16番(佐藤義廣) 保育所については、今後の需要を見込んで必要な整備計画を立てていくということでございますが、そこで市立保育所の問題ですけれども、大野城市立の北保育所についてですが、借地を含む敷地に設置されているですけれども、借地部分の買収の見込みはあるのでしょうか。また、移転等については検討されているのか、お答えをお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) こども部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども部長(大内田京子) 大野北保育所の敷地は約68%が借地となっており、3年ごとに契約更新を行っています。毎回、契約更新時に用地買収に向けた交渉を続けていますが、今のところ成立するめどは立っていません。今後も引き続き交渉を行ってまいりますが、相手があることですので、現時点で買収の見込みがあるかどうかをお答えすることは難しいところです。
 また、大野北保育所の現在の施設は昭和53年に建築しており、老朽化も進んでいることから、近い将来に改修や建てかえが必要であると考えています。
 現在、大野北保育所の近隣に私立保育所の建設を進めていますが、その整備後の状況を含め、市内の保育施設全体の需給バランスや、用地買収交渉の状況など、今後さまざまな視点から大野北保育所の現在地での改修や建てかえ、さらには別の場所への移転建てかえも見据えながら検討していくこととしています。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 佐藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯16番(佐藤義廣) 北保育所については今ご説明いただきましたけれども、北保育所の問題についてだけではなく、本市では保育を必要とする児童の増加に伴い、認定こども園とか地域型保育の事業増を図るといった対応をされるんでしょうけれども、全国的に児童数が減少する中で、将来施設が過大となる時期を迎えるのではないだろうか、そういった場合、保育所の整理統合などが検討されなければならなくなるのではないかと思いますが、その点はどのように考えてあるのでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) こども部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども部長(大内田京子) 本市の人口は、平成40年代初頭までは微増傾向が続くものと見込まれていますが、その中で就学前児童数については微減傾向であると見込まれています。
 しかしながら、平成27年度からの子ども・子育て支援新制度の施行に伴い、潜在的な待機児童があらわれてくることや、新たに就労を考える保護者が増えてくるなど、新たな保育事情が発生すると見込んでおり、しばらくは需要に応じた施設整備が必要になるものと考えています。
 今後、新たな施設整備を行うに当たっては、このような保育需要をめぐるさまざまな要因、動向を注視しながら、中長期的な視野に立って慎重に判断していかなければならないものと考えています。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 佐藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯16番(佐藤義廣) 保育所の整理等については、中長期的な視点で検討していくということでございます。よろしくお願いしたいと思います。
 次に、地域の子育て支援の充実についてでございますが、新制度では共働きの家庭だけではなく、全ての子育て家庭を支援する仕組みであり、家庭で子育てをする保護者も利用できる一時預かりや、身近なところで子育て相談が受けられる地域子育て拠点など、地域のさまざまな子育て支援を充実していくとのことであります。
 具体的には、地域子育て支援拠点の整備として、公共施設や保育所などで子育て相談ができる場所を増やしていく、また家庭のさまざまなニーズに合わせて一時預かりを利用しやすくしていく、病院・保育所などでの病児保育を充実させる、必要な子育て支援を選択して利用できるように情報の提供や相談・援助などを行う、また地域のニーズに合わせ、小学校6年生までを対象として、放課後に余裕教室や児童館などで過ごす放課後児童クラブ等を増やしていくなどの取り組みが進められることになっていますが、本市ではどのような内容を考えてあるのでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) こども部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども部長(大内田京子) 新制度における地域子ども・子育て支援事業についてですが、国が財政支援を行う13事業の中で、新たに位置づけられた3事業を除く10事業のうち、現在本市で取り組んでいる事業は9事業あります。
 この9事業は、今、議員の質問の中でご紹介がありました事業のうち、子育て家庭のニーズに合わせて情報提供や相談援助を行う事業として新たに位置づけられた利用者支援事業を除く4事業と、延長保育事業、乳児家庭全戸訪問事業、妊婦健康診査実施事業、養育支援訪問事業、ファミリーサポートセンター事業です。
 新たに位置づけられた3事業や、未実施の1事業も含めまして、これらの地域子ども・子育て支援事業に今後どのように取り組み、充実させていくかということについては、市民の皆さんのニーズなども踏まえた上で、子育て支援部会及び育成会議の中で検討していきたいと考えています。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 佐藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯16番(佐藤義廣) とてもよくわかりました。それで、地域の子育て支援の充実に関連してなんですけれども、学校やコミュニティセンター、区公民館などで、放課後子ども教室として既に取り組みが実施されているところもありますけれども、実施されていないところでも、子どもたちが放課後に地域の公民館において、例えば宿題クラブとして夕方まで過ごすことができるような取り組みを行いたいと考えてあるところがあります。
 こうした取り組みについて、制度面、財政面で支えることも必要ではないかと考えますが、その点についての市の考えをお聞かせいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 市民部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市民部長(毛利伸彦) 公民館等が主体となって行います活動への支援についてというご質問ですので、コミュニティ活動に対します支援という観点から、市民部のほうから回答をさせていただきます。
 現在、新しいコミュニティのかたちアクションプランに基づきまして、地域のさまざまな課題を解決するため、市民や地域団体等が主体的に行う活動を財政面から支援する制度として、コミュニティ活動応援ファンドなどの仕組みを構築し、NPO法人共働のまち大野城各コミを中心に試行運用を開始してるところでございます。
 本市のコミュニティ構想が目指す共働は、市が全てのサービスを担うのではなく、地域のことを一番知ってある地域の方がみずから判断し、責任を持って実行することで効果が期待できる地域課題の解決は地域の主体性にお任せしましょうという考え方が基本の一つになっております。
 ご質問にありました公民館等の地域がみずからが取り組む子育て支援活動に限りませんで、地域課題の解決を目的に、地域みずからが取り組むことで効果が期待できる公益的な活動につきましては、これらの制度を活用しながら積極的に今後も支援してまいりたいというふうに考えております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 佐藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯16番(佐藤義廣) ありがとうございます。子育てに熱意のある地域については、ぜひとも支援・応援をお願いしたいと思っております。
 この点の最後に、新制度における本市の課題と展望について市長の見解をいただいて、この点の質問を終わらせていただきます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 井本市長。
                〔井本宗司市長 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯市長(井本宗司) それでは、お答えいたします。新制度の内容、本市の対応等については、先ほどからこども部長が答弁をいたしております。内容が重複することもあろうかと思いますけれども、その課題と展望について、私のほうから答弁させていただきます。
 ご存じのように、現在、保育所待機児童の解消に向けた取り組みを初め、地域の子ども・子育て支援対策は全国的な課題であり、その課題解決を図るべく平成27年度から子ども・子育て支援新制度が施行される予定となっております。この新制度では、待機児童の解消やさまざまな地域の子育て支援事業の充実、認定こども園の拡大などを進めていくこととされております。
 そのためには、各自治体が主体となって、地域性を活かした特色のある子育て支援施策の推進を目的とする子ども・子育て支援事業計画を策定していくことが求められております。
 待機児童の解消につきましては、大野城市ではこれまでも地域の実情に応じた取り組みを進めてまいりました。最近5年間の保育所整備について申し上げますと、平成21年度の定員は1,505人でありましたけれども、この間保育所の新設あるいは建てかえ、分園の整備などを行いまして、定員を276人拡大いたしまして、今年度は定員1,781人にすることができました。そして、来年度以降に向けて、さらなる拡大のための施設整備を先ほど説明をいたしましたように進めているところであります。
 子ども・子育て支援事業計画の策定におきましては、大野城市の子どもたちのために、日々活動を展開され、地域の子育て支援の現状をよく理解されている委員の皆さんと、現在、議論を重ねているところであります。まずは、これまでの取り組みを踏まえた現状や、市民の皆さんのニーズをしっかりと把握した上で、保育所等の施設を含め、将来の子育て支援事業の需要を的確に見込まなければなりません。そして、その提供体制を検討していかなければならないと考えております。
 検討を進める段階では、これまでもご協力をいただいております教育保育施設の皆様とも調整を図りながら、地域の宝であります子どもたちが、よりよくしっかりと育つためのハード面・ソフト面の両面からの環境整備ができるように、計画をつくり上げていかなければならないと考えております。
 国の制度設計の進捗も見ながら、詰めた議論を行う必要があるものや、状況の変化にも対応していくことができるよう、将来に向けてじっくりと計画を練るべきものなど、これから前向きにかつ確実に計画の策定を進めてまいりたいと思っております。どうかよろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 佐藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯16番(佐藤義廣) ありがとうございました。
 次に、2点目の、固定資産税の賦課についてお尋ねいたします。固定資産税の賦課について、市民の方からご指摘等をいただきましたので、ここでお尋ねしたいと思いますが、まず1点目の土地の評価方法についてお尋ねをいたします。
 土地の評価方法は、法務大臣が定める固定資産評価基準に基づき、街路に沿接する標準的な土地の単位当たりの価格である路線価を付設し、その路線価に基づいて各土地についての各種計算法を適用する路線価方式で評価されると聞いていますが、具体的な手順についての説明をお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務部長(辻塚 顕) それでは、土地の評価方法についてお答えします。
 土地の評価におきましては、総務大臣が定める固定資産評価基準に基づき、大野城市の土地評価事務要領を定め、固定資産であります土地の評価の決定を行っております。実際の評価方法ですが、市街化区域の宅地に関しましては、市街地宅地評価法、調整区域の宅地に関しましては、そのほかの宅地評価法によるものとしております。
 市街地宅地評価法は、状況の類似した地区ごとの標準的な宅地に不動産鑑定を実施し、それをもとに付設した路線価により、それぞれの画地の評価額を算出する方法でございます。その他の宅地評価法は路線価によらず、不動産鑑定評価価格などから批准して画地ごとに評価額を算出する方法でございます。いずれも、地価公示価格の7割をめどに評価額とすることとなっており、3年に1度評価替えが行われますが、特例規定として据置年度(第2年度、第3年度のことでございますが)であっても、地域的に価格の下落傾向が見られる場合には、市町村長の判断により簡易的な方法によりまして、価格に修正を加えることができる特例措置があります。
 本市におきましても、時点修正を行う作業を行ってるところでございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 佐藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯16番(佐藤義廣) ありがとうございます。その中で、市街地の価格を決めるには路線価が大きなファクターになるんでしょうけれども、路線価を定めるのはどこが実施して、その見直しはどれぐらいの頻度で実施されているのでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務部長(辻塚 顕) 路線価について見直しとその頻度でございますが、大野城市内の路線価の付設につきましては、土地基本法第16条及び総合土地政策推進要綱の趣旨に基づき市が実施しております。実施に当たりましては、大野城市固定資産税路線価付設の3年間の委託業務としまして、指名競争入札を実施しております。これに基づきまして、落札しました業者の不動産鑑定士が示した額をもとに、市が付設しているところでございます。
 また、路線価の見直しの頻度につきましては、まず3年に1度の評価替えの年の1月1日の基準日に合わせて路線価の算定を行い、以後、毎年7月1日に地価下落に伴う時点修正を1年ごとに行っているところでございます。
 なお、3年ごとの評価替えは、前回が平成24年、次回は平成27年となっております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 佐藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯16番(佐藤義廣) 土地の評価について説明をいただきましたが、次に(2)のほうに移りたいと思います。家屋の評価方法ですが、これについても総務大臣の定める固定資産評価基準によって算出されるとのことですけれども、具体的な手順について説明をお願いしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務部長(辻塚 顕) 家屋の評価方法の具体的手順についてお答えいたします。
 固定資産税の家屋評価額は、購入価格や建築工事費ではなく、総務大臣の定める固定資産評価基準によりまして算出しております。この固定資産評価基準では、再建築価格を基準として評価する再建築価格方式をとっております。一般的な家庭に使用される資材や設備に点数が設定された再建築評点基準表が示されております。
 具体的な手順としましては、登記所からの通知などから新築家屋を把握した後、家屋評価担当職員が家屋調査を実施しております。この家屋調査では、竣工図などを参考にして現地調査を行い、外観、内装及び建築設備等の施行状況を確認し、単位当たり再建築費評点を算出するものでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 佐藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯16番(佐藤義廣) 再建築価格方式で算定しているということでございますけれども、その場合、単位当たりの再建築費評点×経年減点補正率×床面積×評点1点当たりの価格というふうになっていると思いますが、評点1点当たりの価格については全国一律なんでしょうか、それとも自治体によって違いがあるということなのでしょうか、お願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務部長(辻塚 顕) 家屋の評価額の算出につきましては、今おっしゃったとおりでございます。で、評点1点当たりの価格につきましては、家屋の資材費、労務費などの工事原価の地域格差などや、設計費、管理費及び利潤等の工事原価に対する割合などを考慮して定めております。全国一律ではないものの、近隣市町は同様の価格で、木造は0.99、非木造が1.10となっております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 佐藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯16番(佐藤義廣) わかりました。それで、今家屋の材質とか建築方法についても耐震装備を取り入れるなど、変化していると思いますけれども、評価基準の見直し等は実施されているのでしょうか。また、見直しが実施される場合は、どれくらいの頻度で実施されるのでしょうか。お願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務部長(辻塚 顕) 見直しとその頻度についてお答えいたします。
 家屋の評価は、固定資産評価基準によって固定資産の価格を決定しております。固定資産評価基準は、基準年度が設定されており、原則として3年ごとに見直されております。この基準年度ごとの見直しを評価替えと言っております。
 評価替えでは、建築生産技術、施工方法等の変化を的確に反映し、価格を適正に算定するために、基準年度の賦課期日の属する年の2年前の7月現在におけます価格調査によって行われております。
 次の評価替えにつきましては平成27年でございますけれども、なお在来の家屋につきましては、個別に再評価することは現実的に困難であることから、全国一律の乗率として、再建築費評点補正率が示されています。この補正率に基づきまして、1棟の家屋全体に一定の率による時点修正を行うことによって、評価替えが行われてるところでございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 佐藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯16番(佐藤義廣) 次の3番目の、家屋への賦課について、長期優良住宅の場合、課税が減免されると聞いているんですけれども、長期優良住宅とはどのようなもので、課税の減免の程度、減免の期間など、どのような制度となっているのかお聞かせいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務部長(辻塚 顕) 長期優良住宅についてお答えいたします。
 長期優良住宅とは、長期にわたり良好な状態で使用するための措置が講じられた優良な住宅のことであります。この建築及び維持保全に関する計画を認定する制度の創設を柱とする「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」が平成21年6月4日に施行され、長期に使用するための構造及び設備であること、居住環境等への配慮がなされていること、一定面積以上の住戸面積を有していること、及び維持保全計画が適切であることを定めております。
 これらの認定基準に適合する住宅の建築計画及び維持保全計画を、本市におきましては福岡県に申請することで、長期優良住宅としての認定を受けることができます。当該計画の認定を受けた住宅につきましては、認定長期優良住宅建築等計画に基づき、建築及び維持保全を行います。面積要件などの一定の要件を満たす新築住宅では、新たに課税されることになりました年度から3年間、家屋の固定資産税が1戸当たり120m2を超えない範囲で2分の1に減額されます。
 長期優良住宅の認定を受けた場合、減額される割合等は変わりませんが、減額の期間が2年延長され、5年になります。また、3階建て以上で長期優良住宅の認定を受けたものは、減額期間が5年から7年に延長されます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 佐藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯16番(佐藤義廣) ありがとうございました。よくわかりました。それで、(4)の土地区画整理中の課税についてなんですけれども、本市では現在、乙金第二土地区画整理事業が進行中でありますけれども、土地区画整理中の土地については、誰に課税されるのでしょうか。また、新たな課税開始はどの時点なのでしょうか。お願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務部長(辻塚 顕) 土地区画整理中の土地の課税について、ご回答させていただきます。
 土地区画整理中の土地につきましては、仮換地、保留地に分けられます。換地処分を行う前に換地を指定する仮換地につきましては、従前地の登記簿上の所有者に課税されます。換地として割り当てられていない保留地につきましては、大野城市乙金第二土地区画整理組合の保留地台帳上の所有者へ課税されます。仮換地及び保留地への課税開始は、当該地の使用収益開始の翌年からとなります。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 佐藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯16番(佐藤義廣) わかりました。それで、乙金第二土地区画整理事業中の土地、家屋への課税がされていると思いますけれども、その状況はどのようになっているのでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務部長(辻塚 顕) 現在の状況でございます。土地につきましては、使用収益開始した年の次年度から課税となり、家屋につきましては完成した土地の次年度からの完成となります。
 平成26年度現在の乙金第二土地区画整理地内の課税状況ですが、区画整理事業面積全体の約41.5ヘクタールから道路・公園などの公共用地を除きました区域内想定課税面積約26ヘクタールのうち、約27.31%が課税済みとなっている状況でございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 佐藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯16番(佐藤義廣) これまで山林、農地、雑種地等であった土地が宅地として課税されることになるんですけれども、市としてはどれぐらいの増収を見込んであるのか、また支払うほうは金額が大きくなってくるんですけれども、土地区画整理によって個人が支払う固定資産税が大幅に増えることになると思うんですけれども、このことについて地権者への説明が必要ではないかと思うのですが、市ではどのように考えてあるのでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務部長(辻塚 顕) 区画整理地内の課税の状況と地権者への周知でございますが、乙金第二土地区画整理地におきます固定資産税の増収見込みにつきましては、土地の取引価格、家屋の建設状況によって左右されるため、区画整理施工前の平成18年度の課税と平成26年度現在での課税状況を報告させていただきます。
 まず、平成18年度、固定資産税が約575万5,000円、都市計画税が約21万4,000円、平成26年度におきましては、固定資産税等が約882万2,000円、都市計画税が約153万6,000円となっております。
 次に、土地区画整理事業によりまして、固定資産税が増える地権者への説明が必要ではないかということに関しましては、地権者の方は売買などで状況が随時変わっていくことや、賦課期日であります1月1日から賦課決定日であります4月1日までに増額となる納税者を特定して説明会を開くことは、期間的に困難だと考えております。
 したがいまして、区画整理地内に土地を購入され、家屋を新築された方につきましては、家屋調査をさせていただく時点で土地を含めた固定資産税について1軒ごとにご説明をさせていただいております。
 また、以前から土地をお持ちの地権者の方から個別に問い合わせがある場合は、地権者ごとに所有する物件や土地の所在地がさまざまであり、課税状況が異なることなどから、これまで同様に随時個別にご説明させていただいております。
 固定資産税課税台帳に登録されております内容につきましては、納税業者が閲覧できる制度があります。また、毎年4月に縦覧会場を市税課前に設置し、活用していただくように広報等でお知らせしているところでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 佐藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯16番(佐藤義廣) わかりました。
 それで、(7)に挙げておりますが、本日10番議員の方から、特別警戒区域の件についてご質問があっておりましたけれども、近年土砂災害等により多くの被害が発生しております。先日、広島市で発生した土砂災害では、73人以上の犠牲者が出て、また、いまだ町の復旧に困難をきわめている状況であります。
 災害については、危険地域を市民に周知し、命を守るため、避難についての方法等を訓練するなどの対策をとっておくことが不可欠であり、そのためハザードマップ作成することが必要であると思います。
 しかしながら、危険地域に指定されたところにおいては、その土地の取引価格が低下します。危険だからといって売却したくても売れないという現実が発生することが考えられます。
 これらを考慮した場合、その地域での固定資産税について見直しが必要になると思うのですけれども、10番議員さんの質問の中で固定資産税の見直しを行うという回答がなされておりました。それで、具体的にはどのように見直しをされるのかお聞かせをいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務部長(辻塚 顕) 土砂災害区域の設定における固定資産税のお尋ねでございます。
 「土砂災害警戒区域等における土砂災害防止対策の推進に関する法律」に基づき、県が指定するものに警戒区域と特別警戒区域があります。
 本市におけます土地の固定資産の価格いわゆる適正な価格(時価)を算出に当たりましては、この固定資産の価格を求めるために定めています土地評価事務要領におきまして、県が指定した土地に対し、災害危険箇所補正という評価を下げるための補正を定めております。
 警戒区域に指定された場合は、土地への法的規制はないものの、土砂災害のおそれがある地域として心理的な市場減退が見込まれるため、地域一帯を路線価により減価を行っております。
 また、特別警戒区域に指定されました土地に対しては、開発行為等の規制及び擁壁設置などの費用を考慮し、評価額を3割減価する補正を行うこととしております。
 なお、本年3月に指定を受けましたものにつきましては、賦課期日以降になりますので、県より今年の3月28日に指定された土地に関しては減価措置が講じられませんでしたので、所管課であります安全安心課から、所有者に対する配慮から減免申請を行いたいということで、減免申請を受理しております。
 この結果、大野城市税減取り扱い規則の規定により、該当する土地の平成26年度分につきましては、固定資産税、都市計画税を3割減する減免処理を行っております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 佐藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯16番(佐藤義廣) わかりました。長期優良住宅については、防災上の観点からも、固定資産税の減税等によって建設推進がなされることが必要であると考えております。また、ハザードマップでの危険地域の指定によって、そこへの住宅建設が抑制されることになり、災害予防対策の一つとなり得るでありましょう。
 しかしながら、既に建築されて居住した後に危険地域に指定される場合は、転居もままならない場合が生じることも考えられ、居住者に対して何らかの措置を講じる必要があると思っております。
 現在の異常気象下では、さらにハザードマップ上で、レッドゾーン、イエローゾーンが追加されることも考えられますので、今後とも対応していただきますようお願いして、今回の質問を終わります。ありがとうございました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 暫時休憩いたします。再開を1時30分といたします。
     ──────────────・────・──────────────
                 休憩 午後0時46分
                 再開 午後1時30分
     ──────────────・────・──────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 再開します。
 12番、福山議員。
               〔12番 福山保廣議員 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯12番(福山保廣) 9月定例会におきまして、本市の教育環境の充実について質問いたします。
 我が国では、小中学校の義務教育において教育の均等化を実現、また、地域で教育に取り組み、高い教育水準を確保した成功例として、国際的にも高く評価されてきました。
 しかし、近年の社会情勢はめまぐるしく変化しており、少子高齢化、高度情報化、国際化など、急速に進む中、教育に対する課題やニーズが多様化しております。学校では、いじめや不登校などの問題が深刻化し、家庭や地域社会においては、子ども同士、人と人とのかかわり方の希薄、さらに急速に発達したインターネットや携帯電話の普及などにより、私たちの生活が便利になる反面、これらを悪用した事件が増加しております。このような社会の状況を踏まえ、家庭、学校、地域行政が連携し、私たちを取り巻くさまざまな課題の解決に取り組むことが教育分野にも求められております。
 大野城市は、平成20年に青少年育成基本計画である夢とみらいの子どもプランを策定、このプランに基づき、子どもの教育と福祉にかかわるさまざまな課題について積極的に取り組み、成果を上げてきました。また、本年度は、大野城市教育委員会において、全国的に注目されている教育サポートセンターの開設や、PTCA活動の展開など、さまざまな教育課題へ向け、取り組みが進んでおります。
 そこで、平成25年度に行われました全国学力・学習状況調査の結果、学力につきましてはおおむね良好との結果が出ておりますが、生活面における児童・生徒質問紙に関する分析結果についてお尋ねします。
 以上、壇上の質問は終わり、あとは自席で行います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 全国学力・学習状況調査の児童・生徒質問紙に関する分析結果についてお答えします。
 平成25年度全国学力・学習状況調査における児童・生徒質問紙の回答について、全国平均と比較して分析を行っています。まず、全国に比べてよい傾向を示している項目からお答えします。朝食を毎日食べている児童・生徒は、大野城市の小学校6年生で89.00%と、全国より0.3ポイント高く、中学校3年生は87.3%と、全国より3ポイント高い状況です。また、「自分にはよいところがある」と思うという質問でも、全国に比べて小学校6年生で5.1ポイント、中学校3年生で2.7ポイント高くなっています。「学校の決まりや規則を守っている」と回答した児童・生徒も、小中学校ともに全国に比べて5ポイント程度高くなっています。
 このように、基本的生活習慣や自尊感情、規範意識などについては、全国平均よりもよい状況です。
 課題が見られるところとしましては、「家で自分で計画を立てて勉強している」という質問において、全国より3ポイント程度低くなっているほか、「地域の行事に参加している」の質問でも、全国より9ポイント程度低くなっています。
 以上のことから、自主的な学習習慣や地域とのかかわりについては、今後も継続して取り組むべき課題と考えているところです。以上であります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯12番(福山保廣) 今、回答いただきましたけれども、学習や地域行事の参加がこれからということなんですが、今マスコミ等でも騒がれておりますけれども、生活環境の中でスマートフォンやラインが小中学生に普及しております。これが、学力に影響しているということが報道されておりますけれども、本市はどういった対応をされていますでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) メディアに関する本市の対応についてお答えします。
 本市では、携帯電話を持っていないと回答した小学校6年生が51.3%、中学校3年生が35.7%となっており、小学校6年生で約半数、中学校3年生でおよそ3分の2の児童・生徒が所有しています。学力との相関を分析しますと、携帯電話を持っていないと回答した児童・生徒のほうが、教科の平均正答率が高くなっており、学力への影響がないとは言えない状況です。
 このような中、本市では子どもたちの「いのち」を守る研修会や、家庭教育学級などで、スマートフォンなどのメディアとのかかわりに関する保護者等への研修を実施してきました。また、市内全ての学校において、毎年メディアとのかかわりについて児童・生徒と保護者が一緒に学ぶ機会も持っているところです。以上であります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯12番(福山保廣) 講習会につきましては、私どもも参加した記憶がございます。大変勉強になったんですが、今、ネット依存症が問題化されております。他自治体では1日の利用を制限するとか、午後9時以降は保護者が預かる等、これは自治体と学校が連絡を取り合いながら決めておるんですね。ある意味、強制は難しいと思うんですが、こういった形の必要性はどう考えるでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) インターネット等の利用に関するルールづくりについてお答えします。
 愛知県刈谷市では、今年4月から午後9時以降は児童・生徒にスマホ等を使用させない試みを始めたことが報道されました。このルールにより、それまで夜遅くまでラインの返信をしなければならなかった児童・生徒を救った、学習時間が増えたなどといった成果が出ているところです。一方で、このルールは強制力がないため、ルールを決めた後もルールを守らない児童・生徒がいることや、刈谷市以外の友人関係との間ではルールの効果がないことなどの課題も明らかになっているところです。
 このルールは、学校側と保護者が話し合って、教育委員会に相談したことから、このような取り組みにつながったと聞いております。本市におけるこのような取り組みに関しては、本市の状況を把握し、分析するとともに、学校等と相談しながら研究してまいりたいと考えております。以上であります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯12番(福山保廣) 強制的に行うことは難しいことだと思うんですね。ただ、我々も、中学生が自転車に乗りながら持っているとかそういう状況もよく見ますので、そういったことで事故が起こらないようにですね。一番いいのは、家庭と子どもさんが話し合って決めることだと思うんですけれども、その辺の指導をぜひお願いしたいと思います。
 もう一つ質問ですけれども、今回、ホームページで、大野城市の学力が高い子どもたちの特徴ということで出していただいておりますけれども、これを見ると非常に優等生というか、確かにこういった形であれば勉強ができるだろうなと思うんですね。生活の様子でも、「朝食を毎日食べています」「7時間以上睡眠をとっています」と。で、今言われた「自分のよいところはあると思っております」と。
 それから、人間関係では、「いじめはどんなことがあってもいけない」「人の気持ちがわかる人になりたい」、それと「読書は平日に30分から1時間」、学習の様子は「平日に2時間以上家庭学習をしています」「学校の学習の予習をよくしています」と、家庭の様子は「家の人と学校での出来事をよく話しています」「家の手伝いをよくしています」ということで、非常に優等生といった感じなんですが、こういった形というのは家庭環境がいい生徒さんじゃないでしょうか。そのあたりはどんなでしょう。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 家庭環境と学力との関係はいかがかということでございますが、それについてお答えをしたいと思いますが、実は、学力・学習状況学習調査の中で、それにダイレクトにかかわる質問項目はございませんので、学力との関係を相関するというのは難しいところです。
 今、議員が申されましたように、学力・学習状況調査におきましては、朝食、睡眠あるいは基本的生活習慣、自尊感情、それから規範意識、家庭での学習、家庭での様子、読書、地域行事への参加、人間関係、メディアとの関係と、このように8項目を取り上げて調査をいたしまして、その分に関する学力との相関関係を分析しながら、大野城市の学力向上に向けて取り組んでいるところでございます。
 これは、平成26年度も同じような形で進んでいきますので、経年の中での変化というのもわかりますから、それらを踏まえて大野城市の学力向上に努めてまいりたいというふうに考えています。以上であります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯12番(福山保廣) 先ほどの関連ですけれども、家庭の収入と子どもの学力の関係の調査があったと伺っておりますけれども、その内容をお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 家庭の年収と子どもの学力の関係についてお答えします。
 平成25年度に文部科学省の委託を受けたお茶の水女子大学が、全国の約840校の小中学校の協力を得て、約4万7,000人の保護者を調査し、学力に影響を与える要因の分析を実施しています。
 その結果、家庭の所得や保護者の学歴を合成した指標で、家庭の社会的経済的背景が高い児童・生徒のほうが学力が高い、そういう傾向が見られると分析されています。
 本市では、保護者の学歴や家庭の所得等に関する調査をしていませんので、同様の分析は実施していませんけれども、これらが参考になるのではないかというふうに思っているところです。以上であります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯12番(福山保廣) 国による全国の家庭の年収と保護者の学歴調査は、今回、初めてだと思うんですけれども、この分で、年収が上がるほど成績がよい傾向が出ています。これは、当然、大野城市だけで調査するのは不可能なことだと私も思います。しかし、傾向としては合致することがあると思うんですが、そのあたりはどうお考えでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 家庭の年収と子どもの学力の関係について、まずお答えをしたいと思います。
 先ほどご回答いたしましたように、お茶の水女子大学の調査によりますと、おおむね世帯の収入が高いほど、子どもの学力が高いとされています。最も差が大きいところで申しますと、年収が1,500万円以上の世帯の子どもの小学生算数Bの平均正答率は75.5%と、年収が200万円未満の世帯に比べて25.8ポイント高くなっています。
 本調査では、このような社会的・経済的な背景と、学力との関係の調査と同時に、社会的・経済的な背景が低くても学力が高い子どもや保護者、それに学校を加えた分析も行われています。その結果、年収などの家庭の社会的・経済的背景には強い相関がありますが、それが低いからといって必ずしも全ての学力が低いわけではないとしています。
 具体的には、児童・生徒の学習時間は、不利な環境を克服する手段とされ、平日の家庭学習時間数の学力の影響や、保護者の生活習慣や読書への働きかけなどの子どもの接し方、また学校行事等への参加など、保護者の学校とのかかわりも学力に大きな影響があるとされています。
 また、不利な環境でも成果を上げている学校の取り組みとして、習熟度別指導や、小中が連携した取り組みなども挙げられています。
 今回の調査において、改めて子どもたちを取り巻く環境は、学力に大きな影響を与えることが明確になりましたが、同時に環境だけが子どもの学力を決定するわけではないということもわかりました。教育委員会や学校は、保護者などとこのような調査結果を共有し、基本的な生活習慣や学習習慣の定着など、協力して取り組むことが一層重要であると考えています。以上であります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯12番(福山保廣) もちろん経済的に恵まれた児童・生徒さんが全部成績がいいとか、経済的に厳しいところは悪いといったことはないと思うんですが、しかし今、子どもの貧困というのが教育の格差になっていることは事実なんですね。社会問題にされているわけです。
 そこで、本市の子どもの貧困に対する現状はどうなのか、お知らせいただきたいと思うんですが。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 子どもの貧困と教育格差の実態についてお答えいたします。
 本市の子どもの貧困状況については、詳細を把握していませんので、本市における子どもの貧困と教育格差の実態も承知していないというところです。そこで、ここでは、経済的な理由によって学校での学習に必要な費用の支払いにお困りの保護者に対して、その一部を補助する就学援助制度の状況について説明させていただきたいと思います。
 就学援助制度では、学用品費、新入学用品費、学校給食費、修学旅行費、校外活動費などの費用の一部について援助しています。支援の要件は、児童扶養手当の支給を受けていること、生活保護の停止または廃止の措置を受けて1年以内であること、前年度の市民税の所得割額が基準額以下であること、障がいや未成年、災害などで前年度または当該年度の市民税が非課税であること、以上のいずれかに該当する家庭に対して、制度を運用しているところでございます。以上であります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯12番(福山保廣) 今、教えていただきました就学援助費の支給というのは、子どもの貧困の手がかりとなる行政のデータと言われているわけです。これは当然、福祉高齢部とこども部とも関連があると思うんですが、そのあたりはどうなっているんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 就学援助に関する福祉部門との連携についてお答えします。
 平成25年度における就学援助の認定者数は、小学校で1,142人、中学校で594人、合計で1,736人であり、全体の19.24%に就学援助費を支給している状況です。就学援助の認定に当たっては、福祉高齢部の生活保護部門やこども部の児童扶養手当に関する部門と密に連携して取り組んでいるところです。
 具体的には、就学援助の対象となると思われる家庭には制度や申請に関する案内を行い、確実に至急を受けていただくよう関係部署で連携しながら取り組んでいるところです。以上であります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯12番(福山保廣) こどもの貧困を長年研究されています阿部彩先生という方が、お金だけで解決することでもないと言われているんです。ただ、生活苦、それと家計の苦しさ、これはお金でなければ解決できないと言われているんです。
 行政がどうするかといったら、今言ったここの部分の支援だと思いますので、支援漏れがないようにぜひ今後も努めていただきたいと思います。
 次に、「子どもの貧困対策の推進に関する法律」の施行に対して、生活支援課のほうに来ているということをお伺いしました。2012年に日本の子どもの貧困率が16.3%、子どもの6人に1人が貧困ということです。それと、ひとり親家族において、母子家庭が50%以上、父子家庭が30%以上が貧困と言われているわけです。今回、施行された法律では、子どもの貧困状況を毎年公表することを政府に義務づけております。
 本市もこういった必要性があると思いますので、所管が連携して調査をすることが必要ではないかと思うんですが。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福祉高齢部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉高齢部長(渋谷亮二) 貧困状況に関します調査についてご回答させていただきます。
 「子どもの貧困対策の推進に関する法律」につきましては、まず政府が大綱を定めるようになっております。その大綱が先月、8月29日に閣議決定されました。今後は、大綱に定められた基本的な方針に基づき、各省庁からさまざまな施策が示されることとなると考えておるところでございます。
 各自治体は、地域の実情に応じた施策を実施していくことになろうかと思いますが、本市の施策を検討していく中で調査が必要ということになれば、当然関係所管が連携して調査をしていくことになろうかと考えておるところでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯12番(福山保廣) これは一つの所管ではできないことだと思うんですね。
 そこで、壇上でも述べましたが、大野城市教育サポートで市が進めている教育と福祉のジョイントによるゼロ歳から義務教育課程修了までの一貫した支援体制づくりの中で検討の余地はないんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 教育サポートセンターのゼロ歳から義務教育課程修了までの一貫支援体制についてお答えします。
 大野城市教育サポートセンターは、市長部局の福祉部門等とジョイントし、また児童相談所などの関係機関とも密に連携しながら、いじめや不登校、発育や発達の課題に関すること、それに非行などの生徒指導上の問題に対処する組織として、本年4月からスタートさせたものです。教育サポートセンターの不登校に対する半年間の活動から、児童・生徒の問題行動は家庭環境との関係と密接につながっていることが明確になってきています。
 このようなことから、教育サポートセンターは、社会福祉や臨床心理士等が保護者や児童・生徒と面談したり、市の関係部署とも連携し、互いに協力しながら、児童・生徒の支援に努めているところです。
 今後も、ご提言の趣旨を踏まえながら、よりよい支援と必要な指導にしっかり取り組んでまいりたいと考えています。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯12番(福山保廣) ぜひよろしくお願いします。
 次に、小中学校における土曜授業の実施について質問いたします。平成25年11月に学校教育法施行規則改正により、設置者の判断により土曜授業を行うことが可能となりました。本市の考えをお尋ねします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 土曜授業に対しまして、現在の教育委員会の考え方についてお答えしたいと思います。
 学校教育法施行規則が改正されまして、公立中学校については学校を設置する教育委員会が必要と認める場合は、土曜日等に授業を実施できるようになっています。ここで言う土曜授業とは、児童・生徒に代休を伴わない授業を実施することをいいます。
 この改正の趣旨は、子どもたちにこれまで以上に豊かな教育環境を提供し、その成長を支えることとされています。そしてそのためには、学校、家庭、地域が連携し、役割分担しながら多様な学習や文化、スポーツその他体験活動などの充実に取り組むことが重要と示されているところです。
 本市におきましては、現在のところ、全校一斉に土曜授業を実施することは考えていません。学校や地域の実情に応じて、土曜授業の実施を各小中学校の判断で実施できるとしているところでございます。以上であります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯12番(福山保廣) 一部自治体では、全学校で土曜授業を実施しているところもあるわけですが、主な実施理由として、繰り返し学習や学び直し時間を十分に確保することができ、確かな学力の定着を図ることができる、月2回の土曜授業を実施することにより、週時程に余裕を持たせることができ、放課後補修や教員同士の打ち合わせ時間等の確保ができるとの報告がされているんですけれども、こういったことというのは本市においても研究の余地があると思うんですが、そのあたりはいかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 今後の土曜授業についての研究についてお答えします。
 文部科学省内に設置された土曜授業に関する検討チームは、平成25年9月に最終まとめを公表しています。まとめによりますと、平成24年度に土曜授業を実施した小学校は全国で8.8%、中学校は9.9%となっています。
 実施した学校の教育活動の内容を見ますと、通常の教科を行った学校は9%程度で、保護者や地域住民への公開授業を行った学校が90%近くとなっています。また、土曜授業を行った理由として、地域に開かれた学校づくりと回答した学校が約半数となっているところです。
 文部科学省は、土曜授業を実施する場合の形態を4種類例示しています。1点目は、教育課程内で実施する場合、2点目は教育課程外で実施する場合、3点目は教育委員会が主体となって実施する場合、4点目はNPO法人等の民間活動が主体となって実施する場合の四つです。
 本市においても、学習指導要領の改訂を見据えて、学校運営協議会とも連携しながら、実施の形態や教育活動の内容について研究を進めてまいりたいと考えています。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯12番(福山保廣) 今、部長がおっしゃったことは、きょうの新聞に「地域一体の教育で地方創成、コミュニティスクールの先進例」ということで出ておりました。国の方針も部長が言われたそういったことなんですが、アンケート調査によりますと、学校週5日制そのものが教師の仕事からゆとりを奪っているという報告があっているんですね。本市の実態はどんなものでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 学校週5日制と教師の仕事の関係についてお答えします。
 学校週5日制の趣旨は、児童・生徒を地域に返し、十分な時間の中で児童・生徒に体験的な活動や地域とのかかわりを持たせようとするものと考えています。主な目的は、あくまで児童・生徒の育成であって、教師側に立ったものではないと考えているところです。
 本市においては、この学校週5日制度の趣旨に沿って今後も対応していく考えであります。なお、学校週5日制に関して、本市の教師側からの不満等の声は承知いたしておりませんが、今後とも校長会とも十分に意思疎通を図り、情報収集に努めながら、望ましい土曜授業の実施について研究を重ねてまいりたいと考えております。以上であります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯12番(福山保廣) 今回の週5日制というのは、教師側に立ったものではないということは、当然そうかもしれません。しかし、月曜から金曜まではずっと先生と生徒という形でしているわけですね。
 教師という仕事は大変な仕事で、ある程度人間的にもできた人がやっているわけなんですが、ずっと追いまくられた形で子どもと接するのがいいのか、先生も子どももお互いにゆとりのある状況が本当だと思うんですね。大野城市の場合、そういったことはないということですけれども、東京大学の刈谷剛教授等が、「小中学校の勤務実態と意識」のアンケート調査の中で述べられていますので、ぜひ検討をお願いしたいと思います。
 次に行きます。小中学校におけるがん教育に関する推進についてお伺いします。閣議決定されました次期がん対策推進計画(平成24年〜28年)に、新たにがんの教育・普及啓発が位置づけられております。他自治体では、独自のがん教育を小中学校で進めているところもありますけれども、本市の現状と今後の考えをお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 本市の小中学校におけるがん教育の現状と課題についてお答えします。
 がんに関する教育は、学習指導要領にのっとり、児童・生徒みずからが自分の健康に関する課題を見つけ改善しようとする態度を育成するよう、小学校の保健や中学校の保健体育において、生活習慣の乱れによる病気の予防という観点から指導しているところです。
 しかしながら、次期がん対策推進基本計画の中では、がんそのものや患者に対する理解を深めるには不十分とされておりますので、今後も研究が必要と考えているところです。
 本市におきましては、本年度御陵中学校が、福岡県がん教育推進事業の指定を受け、がん教育の研究に取り組みを始めたところです。本事業は、県内から小学校・中学校・高校それぞれ1校ずつモデル校として指定し、学校の教育活動全体におけるがん教育のあり方を研究するものです。
 今後、御陵中学校での研究成果を踏まえながら、がん教育を推進してまいりたいと考えています。以上であります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯12番(福山保廣) 現在、日本人の死亡の原因は、1位ががんと言われております。そして、2人に1人ががんにかかり、3人に1人ががんでなくなっているということなんですが、本市の動態統計調査によって、がんで亡くなられた人数がわかれば教えていただけませんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福祉高齢部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉高齢部長(渋谷亮二) がんにより亡くなられた方の人数はということでございます。
 平成24年の人口動態調査によりますと、本市において死亡総数614人に対し、がん(悪性新生物)による死亡は221人、内訳といたしまして男性が129人、女性が92人でございます。割合にしますと、36%の方ががんで亡くなられております。本市におきましても、死亡原因の1位はがんということになっております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯12番(福山保廣) 数多い患者さんが大野城市には在籍しているんですね。御陵中が今回教育に入ったということですけれども、がん患者さんに対する理解というか対応の仕方を学ぶためにも、ぜひがん教育の早期検討をお願いしたいと思います。これは要望といたします。
 次に、4番目といたしまして、教職員のメンタルヘルス対策について質問いたします。
 厚生労働省によりますと、一般勤労者の精神疾患による病気休職者の推移は、ここ10年で1.58倍、教員の精神疾患による病気休職者数は2.84倍、病気を理由とした離職職員のうち、精神疾患を理由としたものが6割ということを発表されております。
 それで、本市の現状をお尋ねします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 精神疾患を理由とした本市の教職員の離職者の現状についてお答えします。
 6日以上連続して病気休暇を取得した教職員の人数を調査し集計していますが、その人数は平成26年度は8月末時点で7名となっています。なお、平成25年度は15名、平成24年度は14名となっています。
 平成26年度の病気休暇者のうち、精神疾患を理由とした教職員は1名ですが、既に職場復帰をしておりますので、現在、精神疾患での病気休暇者はいない状況です。なお、平成25年度は3名、平成24年度は2名となっています。
 離職教職員の理由に関しての調査は行っていませんが、精神疾患のまま辞職した教職員は、平成26年度と平成25年度はゼロとなっています。なお、平成24年度に精神疾患を理由に休職していた教職員1名が年度末に退職した事例があります。以上であります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯12番(福山保廣) 非常に少ないようですけれども、私が資料で見た分で、教師の休職者が学校の規模に問わず続出している状況を見てきた医師から、「本当に健康な教師はどれぐらいいるのだろうか」という報告があっています。また福岡教育大の中島教授は、「子どもよりも教師たちが学校を休む時代の到来は目の前なのです。先生方の力不足ではありません。行政と世論が本気で危機感を持たなければ教育は決壊します」と述べられていますが、我が大野城市においてはこういった問題は全くないんでしょうか。数が少ないということはいいことですけれども、そのあたりをよろしくお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 本市における健康でない教職員の実態についてお答えします。
 先ほど精神疾患で病気休暇を取得した教職員についてお答えしましたが、精神疾患での病気休暇者が少ないことから、本市においては健康でない教職員が続出しているという状況にはないと考えています。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯12番(福山保廣) 少ないということは非常にいいことだと思います。
 次に移ります。自治体によっては、3カ月ないし9カ月程度の病気休暇中の教師は集計から外されると言われていますが、本市はどういった扱いになっていますでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 病気休暇の取り扱いについてお答えします。
 本市では、病気休暇の集計を、連続6日以上90日以下で取得した教職員数と、90日を超えて180日まで取得した教職員と、180日を超えて取得した教職員数に分けて集計するようにしています。
 6日以上連続して病気で休暇を取得した者のうち、90日を超えて取得した者は、平成26年度8月末で2名、平成25年度が1名、平成24年度が3名という状況でした。以上であります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯12番(福山保廣) 6日以上は全て集計されることは理解しました。
 教員の業務縮減が今、言われております。部活動、クラブ等の顧問から教員を外して、地域スポーツクラブ等に部活動を委ねるというお考えはないんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 中学校部活動を地域スポーツクラブ等に委ねる考え方についてお答えします。
 本市では、地域などで元プレイヤーとして頑張った人など民間のスポーツ指導者を、各中学校の運動部に派遣する運動部活動等指導者派遣事業を体育協会に委託して実施しています。現在のところ、五つの中学校合わせて20名を派遣し、必ずしも専門ではない教員による指導を支援することで、生徒の活動がより充実し、活発となるよう努めているところです。
 ただし、福岡県中学校総合体育大会開催基準におきまして、引率や監督は校長または県費負担の教員とすると明確に規定されていますので、民間の指導者だけで中学校体育連盟が主催する大会に引率し、出場することはできません。また、県費負担の教職員が顧問をされていない部活は認められませんので、地域スポーツクラブ等は、中学校体育連盟が主催する大会には出場できないということになります。
 このようなことから、現在の中学校の部活を地域スポーツクラブに移行させるなどの取り組みは難しい状況です。本市といたしましては、今後、中学校体育連盟に対し、必要な働きかけを行ってまいりたいと思いますが、その実現を図るためにも、現在、体育協会と一緒に取り組んでいる運動部活動等指導者派遣事業の充実を図っていくことが大切であると考えているところです。以上であります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯12番(福山保廣) 大野城市の中学校部活動顧問職は、教師の皆さんに対して、それほど負担はかかっていないという判断でよろしいんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 教職員に部活動の負担がかかっていないかということについてお答えします。
 現在、そのようなアンケート調査を実施いたしておりませんので、詳細は把握をいたしておりません。ただ、部活等に大変熱心な先生は、土曜も日曜も平日の夜遅くも頑張っておられますので、そのような実態も見られるところではあります。ただ、だからといって、改善の声なども伺ってはおりません。以上であります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯12番(福山保廣) 今後のメンタルヘルスの予防、取り組みは、教員自身によるセルフケアの促進、また学校におけるラインによるケアの充実、業務縮減・効率化、相談体制の充実、良好な職場環境・雰囲気の醸成等挙げられておりますけれども、本市の現状と体制はどうなっているんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 本市のメンタルヘルスへの予防的な取り組みについてお答えします。
 教職員のメンタルヘルスに関する相談事業は、公立学校共済組合の健康管理事業で行われています。その事業の例として、経験豊富な臨床心理士によるこころの健康相談や、教育経験者による教職員カウンセリング室設置事業などがあります。
 また、平成21年度から大野城市学校職員の過重労働対策としての面接指導実施要領などを定めまして、長時間勤務職員の健康を管理するために、本人の申し出により健康管理医による面接相談ができる体制を整備しているところでございます。以上であります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯12番(福山保廣) 先生方のメンタルヘルス体制は十分だということで理解してよろしいですね。
 今回、私ども、先輩のほうから、調査なくして発言なしということを常々言われていたんですが、今回メンタルヘルスに関しては、自分が考えていたのとかなり違います。大野城市がいかに充実しているかを再認識いたしました。
 最後に、教育委員会の改革制度について質問させていただきます。教育委員会制度を改革するための改正地方教育法が成立し、平成27年に施行されております。内容といたしまして、現行の教育長と教育委員長を統合し新教育長の創設、首長の権限の強化〜新教育長、教育委員の任免権、総合教育会議の招集・参加(いじめ対策、小中連携などの教育行政の基本方針を首長指導で協議)、首長と新教育長の責任を明確化し、いじめ問題など緊急事態の発生時に的確に対応できるようにするとあります。
 質問といたしまして、改正によります教育の中立性の確保と首長と新教育長の責任の明確化についてお尋ねします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育長(吉富 修) まず第1点でございますが、教育の中立性についての考えを述べさせていただきます。今回の法改正につきましては、以下に述べます三つの点が大きく規定され、そのことにより、教育委員会の制度あるいは市長と教育委員会の関係性が変わってまいっております。
 まず第1点目でございますが、地方教育行政における責任体制の明確化のため、従来の教育長と教育委員長を一本化し任期を3年とする。そのような新たな教育長を、市長が議会の同意を得て任命すること。
 二つ目に、市長との連携強化を図りますために、市長が主宰し、市長と教育委員会をもって構成されます総合教育会議を設け、その会議において総合的な教育施策の大綱を策定すること。
 そして三つ目でございますが、迅速な危機管理体制の構築のため、国から地方教育委員会への是正の指示について見直しがされたことでございます。
 ご存じのように、教育の中立性が損なわれることを懸念する意見もあるようでございますが、法の立法的な趣旨、そして地方の教育行政において、これまでどおり教育の機会均等、教育水準の維持向上、そして地域の実情に応じた教育の振興を図るという教育理念は、これまでと少しも変わっておりません。
 また、教育委員会が引き続き市長部局から独立した執行機関として保たれましたことや、総合教育会議における調整事項への最終的な執行権限は保たれておりますことから、政治的中立性は確保されると判断しております。
 なお、7月には国から法改正や制度改革に関する通知がなされておりまして、さらに今月末、9月末には文部科学省による説明会が開催される予定となっております。この中で、制度改革について、詳細な説明、指針、方針等が示されると思われます。これらを踏まえて慎重に検討し、適切に対応していきたいと考えております。
 また、2点目のお尋ねでございますが、責任体制はどうなるのかといったことでございます。責任が一番浮かび上がってまいりますのは、何よりも私どもが大切にしております児童・生徒の生命、身体に危機が及ぶような場合でございますが、そのような危機に対して対処がおくれた場合等について責任が浮かび上がることとなります。
 今回の制度改革におきましては、緊急事態への対処において、被害の発生や拡大を防止する緊急な必要がある場合には、国が地方教育委員会に是正の指示を行うことが明確に示されておりますし、何よりもこのような事態におきましては、まず教育長の判断により、緊急に教育委員会会議を招集すること、そして対応を協議することが考えられます。
 さらには、市長の判断により、緊急に総合教育会議を開催し、事態に迅速に対応していくための措置について、市長と教育委員会が調整・協議することも想定しております。
 お尋ねのことでございますが、緊急事態への対応がおくれた場合には、教育行政の第一義的責任者である教育長を含め、教育委員会の責任となるものと考えておるところでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯12番(福山保廣) 説明いただきました。今回、この教育委員会制度の改革で、責任の明確化というのは、あくまでもこういった児童・生徒のいじめ、また生命、身体の保護の緊急な事態に対して迅速に対応するための責任の所在をはっきりしたものだと私も理解しております。
 どういった状況が起こり得るかもしれません。責任といたしましては、教育長は遠慮気味に言われたんですが、任命権がある首長にもあると思います。それを同意し承認した議会側にもあるはずなんですね。ぜひ、こういった緊急の際には、教育長に会おうと思ったら市長席に行けと言われるぐらい綿密な連携をとっていただきまして、議会のほうにもできる限りの情報を開示していただきたいと思います。
 少し早いんですが、これで私の一般質問を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 次、9番、岡部議員。
               〔9番 岡部和子議員 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯9番(岡部和子) 私は、9月定例会で大きく2点、災害に強いまちづくりについてと、学校における防災教育について質問いたします。10番議員さんより防災のことが挙がっていましたが、今後いつかはわかりませんが、当市においても大災害が起こる可能性を秘めていると思います。防災対策や自主防災などの取り組みについてお聞きしたいと思います。
 今後は、想定外の災害が発生した場合の対策や対処法を講じ、各地域別でも避難訓練等を継続的に行わなければならない必要性を感じております。国の行政組織として、総務省消防庁では火災対応、救助活動、警察庁では警備活動、国土交通省では河川氾濫対策、道路維持、住宅耐震化、厚生労働省では被災者支援など、関係省庁がそれぞれ被害軽減のための予防措置、災害時の対応に講じております。
 また、関係省庁の情報を集約し、効果的な対応を行うため、内閣府では内閣官房長官のもとで組織し、内閣危機管理監が常設され、防災担当大臣のもと、自然災害、被害軽減対策や復興対策、被災者支援などについて地方公共団体や関係省庁との調整を行うとともに、防災計画、防災基本方針の企画、立案を行ってあります。
 地方行政市町村の責務として、消防機関、消防団、自主防災組織を整備し充実を図るように努めると定めております。災害の規模が大きければ大きいほど、救援活動を実施する行政機関も被災する可能性が高く、しかも道路の破損、渋滞や情報伝達の支障などによって、救援部隊の被災地到着や組織的な救援活動の本格化には時間を有します。
 東日本大震災においては、現地への視察で、直接市職員にお聞きしました。岩手県大槌町で、町長が犠牲になったことを初め、数多くの行政職員が津波によって命を失い、負傷し、家族との離散や家、財産を失い、極限状態に直面し、本来の任務に当たることが不可能であった。そのため、行政のマンパワーは大幅にダウンし、初動対応は困難をきわめたとのことでありました。
 こうしたことから、大規模災害発生時には、地域住民自身が自分の命は自分で守る、自分のまちは自分で守ることに徹しなければならないと警告してありました。
 また、阪神・淡路大震災における救援活動では、近隣住民が大きな力を発揮、家屋倒壊のため生き埋め状態になった人々は約3万5,000人、その人々のうち、近隣住民が約2万7,000人を助け出し、消防、警察、自衛隊が助け出したのは約8,000人であったそうであります。
 時間的にも住民が助け出したのは被災直後であり、要救助者の生存救出率も公的機関によるものより比べて高く、大規模災害に備え、自助、共助に基づく地域防災力を飛躍的に高めることは、これからの課題です。地域防災を担う主体は住民自身であり、その最も実際的かつ効率的な形態が自主防災組織であります。
 そこでお聞きします。1点目、大野城市における災害に強いまちづくりについて、自主防災組織の組織編制活動状況についてお尋ねします。
 以上、壇上からの質問は終わり、あとは自席にて質問させていただきます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 環境生活部付部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯環境生活部付部長(古賀敏彦) それでは、自主防災組織の組織編制や活動状況についてお答えいたします。
 各区の自主防災組織の組織編制と年間活動の計画につきましては、毎年度当初の区長会において、市への情報提供を依頼しておりまして、全区の状況を把握しておる次第でございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 岡部議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯9番(岡部和子) 今、把握してあるとの回答でございました。
 次に、各区における自主防災組織の組織編制はどのようなものでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 環境生活部付部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯環境生活部付部長(古賀敏彦) それではお答えいたします。各区におきましては、消防長が例示している自主防災組織の班編成を参考にいたしまして、それぞれの地区の実情に応じて組織されております。内容としましては、情報収集や初期消火、救護、避難誘導、給食・給水などの任務を、班体制で実施するよう組織されております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 岡部議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯9番(岡部和子) 各区の防災訓練の実施状況はいかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 環境生活部付部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯環境生活部付部長(古賀敏彦) 実施状況についてお答えいたします。各区の訓練の活動実績につきましては、毎年度末に各区に確認をいたしております。平成25年度は13区において延べ14回の防災訓練が実施されております。なお、今年度につきましては、20区において防災訓練が計画されているところでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 岡部議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯9番(岡部和子) 次、2)ですが、現在市と自主防災組織との連携はどのようにされていますでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 環境生活部付部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯環境生活部付部長(古賀敏彦) それではお答えいたします。市では自主防災組織の活動に対して、訓練時の経費等に対する助成制度や、訓練の支援、資機材の提供等を通じて、各自主防災組織の育成支援を行い、連携を図っているところでございます。
 また、コミュニティごとに実施している総合防災訓練や総合避難訓練におきまして、訓練方法の確立や情報提供を行い、自主防災組織の意識高揚に努めているところでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 岡部議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯9番(岡部和子) 今、回答の中に、防災訓練の中の助成制度というのをお聞きしましたが、その点についてはいかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 環境生活部付部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯環境生活部付部長(古賀敏彦) 助成制度についてお答えいたします。
 市では、自主防災組織の訓練等に係る費用の3分の2につきまして、年間20万円を限度に助成する制度を設けております。平成25年度は13区に助成を行っております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 岡部議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯9番(岡部和子) 今、助成制度をお聞きしましたが、それ以外の自主防災組織への支援の内容はどのようなものかお聞かせください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 環境生活部付部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯環境生活部付部長(古賀敏彦) 助成以外ということでご回答いたします。
 市では、毎年出水期前である5月に、ブルーシートや土のう袋等の水防資機材を必要数提供しております。また、自主防災組織による訓練時には、資機材等の提供・貸与、防災講和の実施、消防署への自主防災訓練への協力依頼など、より有益な訓練となるよう積極的な支援に努めておるところでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 岡部議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯9番(岡部和子) 次に、今後の自主防災組織との連携や育成について、どのように考えてありますでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 環境生活部付部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯環境生活部付部長(古賀敏彦) 連携や育成ということでご回答させていただきます。
 今後も、全区の自主防災組織において、防災訓練の実施等を通じて、自助、共助による地域の防災力の向上を目指しまして、現在実施している活動への支援を含め、継続的に自主防災組織活動への支援、育成を行ってまいりたいと考えております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 岡部議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯9番(岡部和子) 次、(2)防災啓発活動についてですが、1)の地域における防災の啓発をどのように実施してありますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 環境生活部付部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯環境生活部付部長(古賀敏彦) 啓発をどのように実施しているかということに関しましてご回答いたします。
 本年3月に災害に備え、より活用できるよう改訂したハザードマップを、市内全戸に配布の上、危険箇所の認識や避難方法等について啓発を行っております。
 また、区や小学校等に対しまして、出前講座による防災講話や防災訓練への支援等を通じまして、防災の啓発を実施しているところでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 岡部議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯9番(岡部和子) 市独自でハザードマップを作成し、市民に配布されていますが、危機管理について市民に広く周知していく必要があると思います。それで、地域団体等に対して実施された研修や講座などの状況についてお尋ねします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 環境生活部付部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯環境生活部付部長(古賀敏彦) 地域における防災の啓発をどのようにしたか、あるいは講座をどのようにしたかということに関しましてご回答いたします。
 本年3月に災害に備えまして、より活用できるようハザードマップを市内に配布しておりまして、啓発活動に役立てているところでございます。また、区や小学校等に関しましても、出前講座による防災講話や防災訓練の支援等を通じ、防災の啓発を実施しているところでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 岡部議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯9番(岡部和子) 防災活動の今後の方針というのはいかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 環境生活部付部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯環境生活部付部長(古賀敏彦) 防災啓発の今後の方針ということでご回答いたします。
 正しい防災情報の提供をはかるため、ハザードマップの配布やホームページ等各媒体を使った周知を行うとともに、自主防災組織の訓練に対する助成や、市が実施する総合防災訓練、防災展示などを通じまして、市民、地域の防災意識の高揚を図ってまいりたいと考えております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 岡部議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯9番(岡部和子) 次に(3)避難所の現状についてですが、指定状況はどのようになっていますでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 環境生活部付部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯環境生活部付部長(古賀敏彦) 指定状況等についてご回答いたします。
 現在、公民館や学校等を中心に、55施設を避難所として指定しております。内訳といたしまして、公民館・集会所が31施設、コミュニティセンターが4施設、小中学校が15施設、その他市の公共施設が5施設となっております。
 また、コミュニティセンターの4施設とすこやか交流プラザにつきましては、一般の避難所での生活が困難な高齢者などの災害時要配慮者のための福祉避難所としてあわせて指定を行っているところでございます。
 なお、避難所の収容人員は、全部で約1万900人となっております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 岡部議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯9番(岡部和子) 避難所については、災害などで住宅を失うなど、被害を受けた人や被害を受ける可能性がある人が一定の期間避難生活をする場所として、小学校や中学校また公民館、そして公共施設が大半でありますが、当市ではコミュニティセンターやすこやかプラザといった施設が福祉避難所とお聞きしました。そのほか、小学校、中学校、公共施設55カ所が指定避難所と選定されているようで、市独自での災害対策、運営をマニュアル化し、災害対応を講じるとお伺いしました。
 そこで、2)の、民間事業者等の協定等により指定している避難所はありますでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 環境生活部付部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯環境生活部付部長(古賀敏彦) 民間事業所との協定により指定しているところはないかということでご回答いたします。
 平成25年12月に市内の介護施設13施設との間で、福祉避難所としての施設利用について、協定を締結しております。この協定によりまして、市の依頼により民間事業者の運営施設での福祉避難所開設及び要配慮者の受け入れや避難者への物資の提供、及び避難生活上の支援を受けることが可能となっております。
 また、民間事業者ではございませんが、平成25年2月に総合体育館に隣接しております福岡県職員研修所及び福岡県市町村職員研修所と、福祉避難所としての施設利用に関する協定を締結しているところでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 岡部議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯9番(岡部和子) 今後、民間事業者との協定を含めた避難所の拡充については、どのように考えてありますでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 環境生活部付部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯環境生活部付部長(古賀敏彦) 避難所の拡充についてご回答いたします。
 大規模な災害が発生した場合には、市のみでは十分な対応ができない可能性があるため、現在、市ではさまざまな災害時応援協定の締結を推進しております。
 避難者に対する支援は、災害応急対策のうち最も重要な対策であることから、避難所の拡充も含め、民間事業所との協定をさらに推進していきたいと考えております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 岡部議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯9番(岡部和子) 避難所の指定拡充以外の避難対策についてはいかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 環境生活部付部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯環境生活部付部長(古賀敏彦) 指定拡充以外ということでご回答させていただきます。
 施設の耐震化などの防災対策はもちろんのこと、各避難所の開設・運営に必要な食糧や生活必需品の備蓄など、避難所としての機能強化を進めております。避難所は、さまざまな方が共同で生活する場所になることから、高齢者や障がい者、乳幼児といった要配慮者や女性への配慮も必要となるため、それらにも考慮した機能強化を図ることとしております。
 また、避難所までの避難行動につきましても、各区などで防災訓練が行われておりますので、訓練への支援を行っております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 岡部議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯9番(岡部和子) 民間事業者との協定については、どのようなものがあるでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 環境生活部付部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯環境生活部付部長(古賀敏彦) 民間事業者との協定についてご回答いたします。
 現在、災害時における応援協定につきましては、13件の協定を締結しております。このうち、民間事業者との協定は6件でございます。災害時の応急対策に関するものが4件、9事業者、避難に関するものが1件、10事業者、災害時の情報伝達に関するものが1件、1事業者となっております。
 市といたしましても、今後ともさらなる協定の締結に向けた取り組みを進めることとしております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 岡部議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯9番(岡部和子) 今後、ほかの指定管理者や一般事業者との協定を推進していくとの回答でございましたが、そこで提案したいのですが、北地区の西鉄自動車学校に近い方々から、公民館へ避難するよりも、一時避難場所に西鉄自動車学校の敷地をお願いできませんかという要望があったんです。その件についてはいかがですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 環境生活部付部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯環境生活部付部長(古賀敏彦) 西鉄自動車学校を一時避難所に指定できないかということに対しましてご回答いたします。
 現在、本市における地震発生時において、家屋の倒壊、地盤の崩壊等の危険を避けるための場所といたしまして、公園や空き地を一時避難場所として指定しております。また、各区に対しましても、各区内にある一時避難場所となり得る空き地等の情報提供をお願いするとともに、区からの要望により一時避難所としての協定を締結しているところでございます。
 なお、西鉄自動車学校敷地につきましては、地震の際に避難場所として有効であると思われますので、今後関係者と協議、調整の上、協定の締結に向けて進んでまいりたいと考えております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 岡部議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯9番(岡部和子) その件はよろしくお願いいたします。
 次に、2点目、学校における防災教育について、未来を担う子どもたちに防災や減災の意義を教えることはとても大切なことですが、一朝一夕にできるものではありません。市内の小中学校における防災教育の現状は、どのようになっていますでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 小中学校における防災教育の現状につきましては、教科等の学習と訓練の実施の面からお答えします。
 小学校では社会科の学習で、中学校では社会科や理科、保健体育の学習で防災教育を実施しています。具体的には、社会科では火災などの災害に対する関係機関の連携の仕組みや防災対策について、理科では自然の恵みと災害について、保健体育では自然災害によるけがなどの防止と安全な避難の必要性などについて指導しているところです。
 また、各学校では、学校保健安全法及び学習指導要領に基づき、年に2回から3回の避難訓練を実施しています。想定する災害といたしましては、火災、地震が中心となりますが、川沿いの地域にある学校では、水害を想定した訓練も実施しているところです。以上であります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 岡部議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯9番(岡部和子) 壇上でも言いましたが、被災地に行ったとき、釜石東中学校では子ども犠牲者ゼロ、自分の命は自分で守ることができるように、なるだけ早く、助けられる人から助ける人へという目的と理念に基づいた防災教育により、小中合同避難訓練を実践してありました。そして、これまでの活動を評価され、防災甲子園にて平成21年、22年連続で最優秀賞を受賞、日ごろから小学校の生徒と一緒に避難訓練をされていたため、東日本大震災では一人も犠牲者がなかったようです。中学生が低学年の手をとって走って逃げたとのことでした。私は、避難場所や待ち合わせ場所を普段から家庭で話し合っていく防災教育や、学校で避難訓練の実践を日ごろからやることの需要性を感じました。
 そこで質問したいと思います。今年の豪雨災害等を受けて、特に取り組んでいることはありますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 今年の豪雨災害等を受けて、特に小中学校で取り組んだことについてお答えします。
 近年の豪雨災害を受けまして、今年度は各学校の教職員による図上訓練を夏休み期間中に学校単位で実施いたしました。これは、市役所職員の研修で実施したものと同じ内容で、豪雨災害が発生したときに学校がどのような行動を行うのかシミュレーションを行ったものです。
 豪雨発生の時間帯を児童・生徒が学校に登校する時間帯に設定し、各学校の地域実情に応じて、どのように行動するか想定した訓練を行ったところです。
 今後、学校ごとの訓練結果を持ち寄り、市役所の関係部署と連携して、具体的な行動計画として整備してまいりたいと考えています。以上であります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 岡部議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯9番(岡部和子) 今年で3年目を迎えられた中学生被災地派遣研修の内容についてお聞かせください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 今年度の中学生被災地派遣研修の内容についてお答えします。
 本事業の目的は、中学生を被災地に派遣し、災害に対する備えや心構えなどを学び、防災を初め将来の地域を担う青少年を育成することです。主な内容といたしましては、被災地の視察や被災地の中学生との交流などであります。以上であります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 岡部議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯9番(岡部和子) いろいろと学生も頑張ってきているんだなと思いますが、今年特に取り組んだことはありますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 今年度の被災地派遣研修において、特に組み込んだ研修内容についてお答えします。
 今年度は、視察地として新たに福島県福島市を追加し、東日本大震災に係る風評被害に対して努力を重ねておられる果樹園を見学し、食の安全に関する取り組みを学んできています。被災地では、復興に向けた努力により、被災の状況が見えにくくなっている面もありますので、今後も被災から復興への取り組みを進めている地域や団体を視察する中学生の派遣研修を継続する考えであります。
 また、今後の派遣研修に当たっては、防災を初めとする将来の地域を担う青少年の育成、この研修目的に沿った視察内容と、今までに経験したことがない体験プログラムなどを組み込んだ内容で検討する必要があると考えているところです。以上であります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 岡部議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯9番(岡部和子) 被災地研修に行った学生は、本当に心に残っているんじゃないかと思います。それを、どれだけほかの学生に広げるか、今年はどのようにそれを活かしていかれるのか、それをお聞かせください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 中学生視察研修の今後の取り組みについてお答えします。
 8月30日に行いました帰着報告会では、「届けよう 学ぼう 東北の思いと今」をスローガンに、一人一人が実践してきた研修内容について、その概要が報告されたところです。10名の派遣中学生は、被災地での視察や、中学生及び地域の住民の皆さんとの交流の中で、大きく二つのことを学んで帰ってきています。
 一つは、被災地の方々が復興に向けた力強い歩みを続け、未来への情熱を持っておられること、もう一つは、被災地の方々同士そして支援をされている方々との絆の強さです。この二つのこと以外にも、多くのことを学んで帰ってきていますので、それらを二つの方法でその還元を図ろうと計画しています。
 一つは、各中学校での報告会です。各中学校で報告会を実施し、研修生が学んだ多くのことを自分の学校の生徒に伝えていきます。もう一つは、各コミュニティでの報告会です。このコミュニティ単位の報告会は、4地区のコミュニティ協議会のご理解とご協力を得て、コミュニティで行われるイベントに組み込んで実施します。このことで、より多くの地域の方々に、中学生が被災地で学んだことを報告し、被災地の方々の思いをお伝えしたいと考えているところです。
 現在、研修に派遣された10名の中学生は、学校とコミュニティでの報告会に向けて、それぞれの視察地での研修内容や学んできたことを整理し、より多くの方々にしっかり伝えられるよう準備を進めているところです。以上であります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 岡部議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯9番(岡部和子) もしよかったら、日程とかはわかりますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) まだ日程のほうは承知いたしておりません。すみません。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 岡部議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯9番(岡部和子) 学校でそういう報告会があり、そして各コミュニティでそれだけ報告会をされれば、地域も学生が頑張って、家族の方もそういう意識がどんどん広がってくるんじゃないかと思っています。
 今回は、自主防災組織編成や活動状況等について質問させていただきました。防災の啓発活動、避難所について、学校における防災教育、災害はいつ起こるかわからないということで、災害に強いまちづくりを目指して、安心で過ごせるように、ぜひとも各種防災事業を積極的に推進されるように期待いたしまして、私の一般質問を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 暫時休憩いたします。再開を3時5分といたします。
     ──────────────・────・──────────────
                 休憩 午後2時53分
                 再開 午後3時04分
     ──────────────・────・──────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 再開します。
 13番、松下議員。
               〔13番 松下真一議員 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯13番(松下真一) 13番、日本共産党の松下真一です。本日最後です。しばらくご協力、おつき合い、よろしくお願いいたします。
 私は9月定例会において、(仮称)大野城心のふるさと館整備事業について質問いたします。
 大野城心のふるさと館は、平成24年5月30日に心のふるさと館整備検討委員会設置要綱を策定し、同年7月11日に市長委嘱による15名の委員からなる大野城心のふるさと館整備検討委員会が発足し、今日まで計13回の検討委員会が開催されました。基本方針は、平成13年3月答申の大野城市歴史民俗資料館基本構想答申書がもとになっていると考えます。
 検討委員会の議事録を読んでみますと、この整備事業は平成2年に庁舎内に歴史資料展示室を開設したときから構想が始まり、平成10年市教育委員会は当時の大野城市歴史民俗資料館建設調査委員会に、本市のあるべき歴史民俗資料館について諮問をし、平成13年に答申を受け、平成21年第5次大野城市総合計画において歴史型福祉総合施設の建設を進めることを位置づけたとその経緯の説明がなされています。
 市としては、20数年来の悲願の歴史民俗資料館が、大野城心のふるさと館建設として達成されようとしている計画だと考えます。加えて、平成23年に目加田文庫の寄贈を受け、竹田家所蔵文庫との整備運用が構想に拍車をかけた感があります。
 ところが、大野城心のふるさと館整備検討委員会が発足して2年以上が経過した今、果たして20億円という巨費を投じてまで新設をする必要があるのかという疑問の声が、市民の皆さんから聞かれるようになりました。それは、市民総意の理解は得られていないあかしではないでしょうか。市民にとって、本当に今必要な事業なのか改めて伺います。
 まず、実施計画の策定についてでありますが、本年度は実施設計の段階に入る時期になりました。
 1)の、設計業者の選定基準は何を柱にして決めたのか、その回答を求めます。
 以上で壇上からの発言を終わり、あとは自席より質問いたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 企画政策部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画政策部長(水上修司) 何を柱にしたのかというご質問に対してお答えします。
 (仮称)大野城心のふるさと館設計業務につきましては、業者選定の方法をプロポーザル方式により実施いたしました。業者の選定に当たりましては、会社の実績、スタッフの体制のほか、建築設計、展示設計、市民参加についての提案、また、見積もり価格を含め総合的な内容を審査の対象といたしました。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 松下議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯13番(松下真一) それでは質問を続けます。今年の7月23日、13回目の検討委員会が行われた後に、プロポーザル方式で設計業者が決定をしましたが、その設計業者は博物館法や文化財保護法に精通している業者を選定したと認識されますでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 企画政策部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画政策部長(水上修司) お答えします。博物館及び本市が整備しようとしているような類似施設の設計業務について選定しました業者は、多くの実績を持っておりまして、博物館法、文化財保護法に精通していると判断しております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 松下議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯13番(松下真一) 選定方式について伺います。整備検討委員会の第7回目から11回目まで、コンサルタントが出席をしていますが、このコンサルタントはどういった関係になりますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 企画政策部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画政策部長(水上修司) 本年の2月に基本計画を策定しましたけれども、その基本計画を請け負った業者でございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 松下議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯13番(松下真一) ということは、基本計画の策定業務を随意契約したこの業者と、プロポーザルでは5社が競争したわけですよね。で、その中の、名前は伏せますがA者というところが得点を高くとってしたと。最初から基本計画の策定業務に携わって、しかも整備検討委員会にも出席をしてるコンサルタントが、プロポーザル方式であるとはいえ、この業者に決まったというのは、何か優位な状況のもとで決まってしまったという感じがするんですけれども、そういうことはなかったんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 企画政策部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画政策部長(水上修司) ただいまの議員の発言の中で、5社の中から選定されたという話でございましたけれども、基本計画の策定のときには5社がプロポーザルで応募してきましたけれども、今回は仕様書など募集要綱を取りにきた業者は6社ありましたんですけれども、最終的に募集に応じた業者は1社でありまして、審査委員会が決定した基準点を超えましたことから、昨年度と同様の業者に選定されたという経費でございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 松下議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯13番(松下真一) あんまりすっきりしないんですけれども、たまたま1社の業者しか応募がなかったという結果でありますけれども、今回この業者は、今後、整備検討委員会との合同会議をずっと続けていくというスタンスになるんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 企画政策部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画政策部長(水上修司) 基本計画策定のときもそうでございましたけれども、同様に、設計業務の受託業者も整備検討委員会の会議に、事務局側のスタッフとして出席することになると思います。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 松下議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯13番(松下真一) 先ほど壇上でも言いましたように、整備検討委員会は、大野城市長から15名が委嘱者として、ほとんどの方が有識者の方ですけれども、しかし、この会議の中で主導権を誰が握るかということなんですけれども、この設計業者が今後こうした検討委員会の中で主導権を握ってしまうのではないかという危惧をするんですけれども、そういうことはありませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 企画政策部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画政策部長(水上修司) あくまでも業者については基本設計、実施設計を今から策定していくために選定した業者ということで、中身としましては整備検討委員会あるいは市役所の関係機関等で中身を詰めた上で、こちらのほうの主導のもとに設計を進めていくという流れになっていきます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 松下議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯13番(松下真一) そうして計画を進めていくんですけれども、平成29年度オープンということが全協の説明の中ではされておりますけれども、まず確認しますけれども、この平成29年度オープンは変更はないという今のところの計画でしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 企画政策部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画政策部長(水上修司) スケジュールですけれども、現在のところ事業スケジュールの変更は考えておりません。ただ、今後は、建設用地の発掘調査、設計、建設工事と事業を進めていく中で、スケジュールを変更せざるを得ない特別な事由が発生しない限りは、スケジュールどおり平成29年度のできるだけ早い時期での開館を目指していきたいと思っております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 松下議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯13番(松下真一) これからは、ふるさと館そのものの本体について質問していきます。
 展示の構成についてでありますけれども、ふるさと館は博物館法にのっとった展示を行う施設なんでしょうか。議事録を読んでみますと、複合施設という説明が随所に出てきます。複合施設と、博物館法にのっとった展示館という建物とは全然意味合いが違ってきますけれども、このふるさと館はどういう施設になるんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 企画政策部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画政策部長(水上修司) 博物館法にのっとったということでのご質問でございます。
 博物館法に基づく登録施設として整備することは考えておりません。しかし、重要文化財を展示する場合も想定していますことから、重要文化財の展示について、文化庁の承認を得られるような施設整備を目指していきたいと考えております。
 それから、複合施設ということですけれども、ふるさと館は歴史系博物館的機能と、観光、子どもをテーマとした市民交流センター的な機能をあわせ持つ複合施設として位置づけしております。施設の性格が、市民交流センター的な機能を持つというところから、複合施設ということで位置づけしているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 松下議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯13番(松下真一) 博物館としてのそういう位置づけはしていない、皆が集まれるような複合施設だということですけれども、そうしますと博物館法に書いてあります博物館に相当する施設でもないということなんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 企画政策部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画政策部長(水上修司) 相当する施設ではございません。強いて言えば、類似施設だというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 松下議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯13番(松下真一) 類似施設といいますと、今現在、新館の3階にあります歴史資料展示室と同じような位置づけの施設ということでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 企画政策部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画政策部長(水上修司) 歴史展示資料室は重要文化財の展示等もできませんし、体験学習とかそういう子どもたちの教育をするような場所もございませんので、そういうことをできるような機能を持たせた博物館的機能という位置づけでの施設でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 松下議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯13番(松下真一) だんだんイメージが湧かなくなってくるというか、最初にふるさと館と聞いたときに、大体博物館とか資料館とかいうものを想像するんですけれども、だんだんそれがずれていくような感じがするんですよね。で、資料もしくは会議録の中に、有料の特別展示会を開催することもある、それも狙っているということが書いてあるんですけれども、こうした場合、展示基準というのが非常に厳しくなってくると。複合施設であって、しかも博物館法にのっとっていない施設で、有料の特別展示会を開催するような、そういう展示基準を満たすような設計はできるんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 企画政策部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画政策部長(水上修司) 複合施設ということで、施設全体が博物館ということではないということでありまして、博物館的機能はきちんと持たせるという意味でございます。ですから、重要文化財の展示も想定していますから、例えば学芸員の人員の配置とか、その設備とかにつきましても、必要な基準を満たすよう整備する方向で、今後、設計及び事業計画を策定していきたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 松下議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯13番(松下真一) 今、学芸員の話が出ましたので、ちょっと2)の特別展示会のことをもう少し聞きたいんですけれども、目加田文庫それから竹田家所蔵文庫、また著名な文化財を展示する場合には、非常に環境整備が必要であるということで、にわか学習をして「図書館資料の予防的保存対策の原則」とか、それから「図書館・文書館における環境管理」という専門書を、これは大野城市の図書館にはなかったので那珂川町まで行って借りてきました。それはどうでもいいことなんですけれども。
 この中に、環境因子としては、水、酸素、エネルギー、エネルギーには湿度や熱というものが含まれるということで、こういう文書を展示する場合には調光を物すごく厳密にしなければならない、ルクスまで非常に限定されているような状況なんですけれども、こうした設備は、博物館的機能を持った施設の中に、こういう環境管理が十分でき得るようなゾーンができる設計なんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 企画政策部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画政策部長(水上修司) 今、設計に入っていまして、具体的にまだ決定したわけではございませんけれども、企画展示室と特別展示室と設備が、気温あるいは湿度、あるいは照度などもきちんとコントロールできる部屋は確保する予定としております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 松下議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯13番(松下真一) 先ほど部長が言われました学芸員の配置ですけれども、こうした特別展示会をするときには、学芸員の配置というのは原則だろうと思います。そうした配置計画は、大体何人を配置しようとしているんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 企画政策部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画政策部長(水上修司) 事業内容によっていろいろ変わるんですけれども、大野城市では現在、市の文化財技師であります職員の中にも、学芸員資格を持つ職員もいます。ふるさと館におきましても、市の文化財技師である職員の活用を第一に考えております。ふるさと館に配置する職員につきましては、今後、事業計画を策定する中で、必要な人数を検討していきたいと考えております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 松下議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯13番(松下真一) 今、展示のことをお伺いしましたが、このふるさと館の説明の中に、オープン収蔵庫というのがあります。これはオープンで誰でも入ってこれるというわけじゃないと事前にお話を伺ったんですけれども、この収蔵庫というのは先ほど言いました図書館や文書館の環境管理の中で、水、酸素、エネルギーを環境因子としているために、それを十分に管理しなければならない、もしくは真空状態にしなければならないというような、そういう設備が必要だろうと思いますけれども、このオープン収蔵庫というのはそうした設備をして、例えば目加田文庫とか、そういうものをここで収蔵するという計画ですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 企画政策部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画政策部長(水上修司) オープン収蔵庫ですけれども、先ほどもおっしゃいましたように、私どもとしてはきちんと仕切りをした上で、ガラス張りにより内部を外から見ることができる構造ということで考えております。誰もが自由に出入りできるという意味でのオープンな構造ではございません。詳細な構造につきましては、今後の設計業務の中で検討される事項といたしております。
 収蔵庫には、一般収蔵庫と特別収蔵庫というのがございまして、厳密な管理設備が必要な特別収蔵庫についても、設計の中で検討していくことにしております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 松下議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯13番(松下真一) 壇上で言いました巨費という中に、建設費の約20億円のことだけ言いましたけれども、維持管理費が年間1億3,000万円もかかると、その中のほとんどが人件費だという説明を受けたんですけれども、このふるさと館が新設でできた場合、その中にはアルカリ性や酸性物質の除去、アンモニア濃度の測定、これはコンクリートから出る水とアンモニアガスのことですね、それから揮発性有機化合物(VOC)、それから総揮発性有機化合物(TVOC)、これは壁から出てくるガスです。こういうものとか、シックハウス、こういったものの除去、これらを安定するために物すごく時間がかかるんだということが定説なんですね。学校とか公共施設とはまたちょっと違うということで、入館者それからここで働く職員の方々に対する環境保全のためにも、こうした物質の除去を十分しなければならないということですけれども、これについてはどういう設計になっているんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 企画政策部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画政策部長(水上修司) 先ほどおっしゃいました有機物質ですけれども、文化財そのものに有害な部分というものと、人に対して気をつけなければいけないものというふうに、2種類あろうかと思います。その点についてお答えします。
 まず、文化財に対する有害物質、ガス等ですけれども、文化庁が示す文化財公開施設の計画に関する指針において、建物内の空気環境を安定させるために、コンクリートの打設後から文化財の公開までの期間は、二夏の経過またはこれに相当する環境の実現が望ましいとされております。これは、コンクリート躯体から水分やアルカリ性物質など、文化財を劣化させる有害物質が発生することから示されている指針でございます。
 現在の整備スケジュールでは、二夏の枯らし期間を確保することは難しいと考えておりますが、収蔵庫や展示室など、文化財の保存環境に配慮が必要な諸室につきましては、工事工程の調整による早目のコンクリート打設や、枯らし期間が短くて済むPC板の採用、工事中の強制換気など、複合的な手法により適切な保存環境をつくりまして、有毒性の物質に対して、文化財が害を受けないようにしたいと思っております。
 それから、人に対してですけれども、シックハウス症候群の主な原因とされております揮発性有機化合物(VOC)の一つでありますホルムアルデヒド発散量が最も少ないフォースター等級の建材を使用することによりまして、厚生労働省が設定しました化学物質の室内濃度の指針値はクリアできると考えております。
 また、引き渡し前には、化学物質の室内濃度を測定し、安全な環境であることを確認したいと思っております。それから、設計業者はそういうことを何度も経験しておりますので、十分に協議、相談をしながら、害のないように進めていきたいと考えているところでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 松下議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯13番(松下真一) 本館のコンクリート躯体の養生期間はオープンに間に合うかという5)の質問についても説明していただいたんですけれども、これは整備検討委員会の中で委員の中から、二夏の養生期間が必要である、これは大丈夫なのかという質疑をされてありましたね。で、私も調べてみたんですけれども、どんなに早くても一夏枯らさないと、コンクリート自体から出てくる先ほど言いましたアンモニア濃度が下がらないと、これは出ているんですね。
 先ほど、いろんな工法があるし、経験豊かな業者だというふうに言ってありましたけれども、やはり原則は守らなければならないだろうと思うんですね。二夏が原則でありますけれども、これをいろんな方法で一夏枯らすことまではできるかもしれない、そうなると一番最初に言いました平成29年度オープンというのがぎりぎりの状態じゃないかなと思うわけです。それで、変更はないんですかということを確認したんですけれども、今いろんな新工法があるという説明でした。
 さて、室内空気の汚染対策についても新しい工法はあるんでしょうか。これは竣工した後、いろんな展示物を出し取り入れたり、もしくは人が出入りするためには空気清浄が必要になってくると思うんですけれども、これについてはどのような工法をして、その効果はどのくらい上がるものでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 企画政策部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画政策部長(水上修司) その辺につきましては専門家ではございますので、コンサルあたりと十分に協議しまして、人に害のないように、また文化財に害のないような工法で進めていきたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 松下議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯13番(松下真一) 本体についての質問はこのくらいにしておきたいと思いますけれども、その中の事業費についてです。
 今、資材高騰や人件費の高騰、人材不足、こうした問題で公共事業の入札不調が発生をしております。新聞に、近隣の自治体の公共事業がなかなか入札業者が決まらないということがきのうも載っておりました。なおかつ、現政権は消費税の増税を来年の10月にしようとしております。
 こうしたことから、建設費の大幅な増加は考えられることなんですけれども、こうした計画は今回の中には含まれているんでしょうか。それとも、後から補正として何回か出してくるという考えを持ってあるんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 企画政策部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画政策部長(水上修司) 建設経費のことですけれども、現在、建設工事に係る労務費や資材価格が全国的に高騰していることは承知いたしております。
 お示ししているふるさと館の概算事業費につきましては、基本計画を策定いたしました平成26年2月時点での経済情勢の中で算出した額となります。今後、設計段階ごとに必要に応じてコストの再計算を行いながら、無駄なコストが発生しないよう事業を推進していく予定でございます。
 増大があり得るかということですが、昨年の12月議会の全員協議会においてもご説明しましたとおり、今後も建築コストの上昇が続くようなことになれば、事業費増の要因になり得ると認識いたしております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 松下議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯13番(松下真一) とうとう出たなという感じがするお言葉ですけれども、一旦決めた公共事業はとめられない、そこが基本にあるような感じがするんですよね。概算建設費や運営費が将来上がるであろうと予測されるのであれば、延期や中止も含めて一旦とめる、「軍師官兵衛」の中でもよく出てくる「焦るな」という言葉があるんですけれども、20年以上待ったからこれ以上待てないという気持ちもあるかもしれないですけれども、今、非常に悪い経済状況じゃないかと思います。
 だから、概算建設費や運営費に関しては再検討をして、もし大幅増になることが見込まれるのであれば、中止や延期も含めても見直しをする考えはないんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 企画政策部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画政策部長(水上修司) 概算事業費、運営費のことについてお答えします。
 歴史系展示施設の整備は、先ほど議員さんもおっしゃっていましたように、長年の懸案であることから、基本計画で定めたスケジュールに沿って着実に事業を進める必要があると考えております。
 本事業は、第5次大野城市総合計画後期基本計画のリーディングプランの一つにも位置づけられていることからも、計画期間内の事業推進を目指しており、建設費につきましては設計業務を進める中で確定していくことになります。
 なお、運営費につきましては、開館時の事業運営計画を具体化していく中で精査していきたいと考えております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 松下議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯13番(松下真一) もう一つお聞きしたいのが、入場者数ですけれども、全協の中でも説明を受けましたし、整備検討委員会の中でもこの入場者数というのは数字が出てきております。年間11万人、これは非常に過大見積もりではないかという気がします。
 私は、先月、金沢で研修がありましたので、金沢ふるさと異人館というところに行ってまいりました。ここで副館長さんとお話をしたんですけれども、これは全市の小学校4年生にお配りする冊子です。毎年配るそうです。この金沢市の文化施設マップというのも見せていただきました。ふるさと異人館の近くには、石川県立美術館、石川県立能楽堂、それから超有名な金沢公園の兼六園、21世紀美術館、これが物すごく隣接しています。こういう場所に異人館があるわけです。
 で、副館長さんに入場者はどれくらいあるんですかと聞いたら、年間2万人と言われました。そのうち、小学校4年生にこれを配ったときに、必ず4年生は何人か来ます。その後、似顔絵展とか、ふるさとの偉人にあわせて自分の名前の由来を作文にするというイベントをするらしいですね。それをすると、大体6,000通の応募があるそうです。ずっと展示しますので、6,000人の子どもとその家族がそれを見に来ると、それを含めて2万人です。
 この兼六園や21世紀美術館は、何百万人という観光客がお見えになると思います。私も最初は21世紀美術館で館内の設備について伺おうと思ったんですけれども、とてもそういう余裕がないぐらいに人がいっぱいでした。で、偉人館に行ったんですけれども、幾ら周りにこれだけ何百万人の観光客が来られても、来る人の目的が違いますと、だから、伏流的に入場者数を見込んではならないというふうに副館長が戒めてありました。
 ところが、整備検討委員会では、まどかぴあに年間48万人の入場者があるから、11万人は妥当な数字だという意見が議事録に載っているんですね。まだできてもいないものを金沢と比較して言うわけではないんですけれども、とても11万人は過大評価じゃないかと思うんですけれども、これについては自信はおありですか。まずそれをお聞きします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 企画政策部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画政策部長(水上修司) 自信の前にご説明させていただきます。
 (仮称)大野城心のふるさと館では、博物館的機能としての展示はもとより、活発な市民交流を創出するために、歴史資源を初めとする本市の地域資源を活用して、情報発信や物販、イベントなど、多様な事業を数多く展開していく予定でございます。
 ふるさと館を訪れる入場者のみならず、ふるさと館が主催する各種事業への参加者まで含めたところで、昨年度年間11万人の利用者を積み上げて見込んでいるところでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 松下議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯13番(松下真一) そのお言葉を聞くとすっきりするんですけれども、ふるさと館は第2まどかぴあとしか思えない、最初から博物館の要素もない、みんなが集まるような複合的なものだというような話を聞くと、第2まどかぴあのような気がするんですけれども、それだったら新設ではなくて施設の再利用も選択肢の中の一つとして検討すべきではないかと思うんです。
 私は、総合福祉センターを再利用して、その中にこの機能を入れてしまったらどうかという気がするんですけれども、こうした見直し計画、再利用の計画というものは全く考えていらっしゃらないんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 企画政策部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画政策部長(水上修司) 再利用の件でお答えします。
 検討委員会の協議を経て、ふるさと館は市役所の周辺に整備することになりましたが、市の中心部である市役所の周辺施設の中に総合福祉センターがあるわけですけれども、総合福祉センターは本市の総合的な地域福祉推進を担う大野城市社会福祉協議会の活動拠点として利用されている施設でございます。土地は市の所有でございますが、建物は社会福祉協議会の所有となっております。
 ふるさと館につきましては、文化財の展示だけではなくて、市民の皆様の体験活動や交流の拠点施設として整備することから、既存施設のリニューアルによって必要な面積を確保することは困難と考えております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 松下議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯13番(松下真一) 総合福祉センターが社協の建物だということですけれども、6月議会のとき地域包括支援事業についてもお伺いしたんですけれども、やはりすこやか交流プラザに社協の機能を入れたほうが、あそこを福祉の拠点にしたほうがいいんじゃないかという気がするんですね。今回はその話は余分な話ですので、これ以上いたしませんけれども、どうも平成2年の構想から新設ありきの計画というのがずっと見えてきている。で、先ほども言いましたけれども、一旦決めた公共事業はとめられないということから考えて、どうもふるさと館の事業というのが、市民の皆さんに納得していただけない一つの理由じゃないかという気がするんです。
 最後に、市長に質問いたしますけれども、市長は常々、先手先取の一手、それから果敢さと堅実さのバランス、選択と集中、それから午前中にも言ってありました子どもは大野城の宝などと発言をされています。本会議の初日には、平成25年度は市民生活に直結した重要度の高い事業を優先的に行ったとも言われました。
 そうしたことを考えて、大野城心のふるさと館整備事業が今必ずしなければならない優先度の高い事業なのかどうか、市長のお考えはいかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 井本市長。
                〔井本宗司市長 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯市長(井本宗司) それではお答えをいたします。今日、少子高齢化社会、少子高齢社会と言ったほうがいいと思いますけれども、人口減少社会の到来、地方分権を初めとする制度改革など、社会情勢が大きく変わろうとしております。
 そういう中で、ご質問がありました……、すみません、原稿を間違えました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 暫時休憩します。
     ──────────────・────・──────────────
                 休憩 午後3時44分
                 再開 午後3時46分
     ──────────────・────・──────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 再開します。
 井本市長。
                〔井本宗司市長 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯市長(井本宗司) どうも失礼いたしました。
 今日、少子高齢社会や人口減少社会の到来、地方分権を初めとする制度改革など、社会情勢が大きく変わろうとしております。
 そういう中で、これまでのご質問にもありました介護問題とか生活困窮者の支援の事業、子どもの医療費の問題、高齢者の方々や子育て世代の保護者の方々に対する支援、そういうものは地域を問わず喫緊の課題となっております。
 本市におきましても、市として早期に対応すべき課題を見きわめながら、より多くの市民の皆さんに喜んでいただけるようなきめの細かいサービスの提供に向けて、これまで同様に検討を進めているところであります。
 また、議員もご存じのように、既に着手をしているものも多くあります。今月から開始いたします子ども医療費の助成対象の小学校6年生までの拡充とか、本日上程いたしておりますけれども、子ども・子育て支援新制度を見据えた対応など、自治体として今なすべきことを考え、着実に取り組んでいるところであります。
 毎年顕在化をいたします新たな課題に対して必要な施策を講じる一方で、これからの大野城市を見据え、将来のために今我々がやらなければならないことを実行し、その施策を進めていくことも同じく大変重要なことと考えております。その施策の一つが、仮称でありますけれども、大野城心のふるさと館の整備であります。
 平成23年3月11日に発生いたしました東日本大震災は、日本に住む人それぞれが防災や減災について考えるターニングポイントであったというふうに思います。同時に、ふるさとの大切さについて考えるターニングポイントであったと思います。被災された多くの方々は、地震や津波によって住みなれた家やまちを失い、家族や友人など、大切な人を失いました。決して癒えることのない悲しみから東日本の方々が復興への歩みを進めた原動力として大きかったのが、ふるさとに対する郷土愛、すなわち愛郷の念であったのではないかというふうに思います。
 ふるさとを思う人と人の絆の大切さが再認識されてきている今日、先人が築き上げてこられたこのふるさと大野城のよさを子どもたちに伝え、さらに次の時代へつなげていくこと、これも私たちの使命であろうかと考えます。
 このふるさと館では、綿々と受け継がれてきた歴史を核としながら、子どもから高齢者まで、大野城市の宝を通して世代間の交流が深まることを期待いたします。そして、利用者が主体的に参加する事業展開や、ふるさとの地域資源、観光資源を、市内外へ広く発信する取り組みなどを通し、ふるさとへの愛着や誇り、そしてともに生きていく連帯感が醸成されていくというふうに考えております。
 行政に求められる取り組みは、数多くある中で、私は今後とも市民の皆様にとって、真に必要な事業をハード面・ソフト面の両面に目を配り、かつ未来からのメッセージにも耳を傾け、今なすべき政策を確実に進めていきたいと考えております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 松下議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯13番(松下真一) 市長の思いは十分伝わりましたけれども、私が質問したのは、ふるさと館整備事業がなぜ優先度の高い事業として挙げてあるのかということをお伺いしたんです。
 通告書にも介護問題や生活困窮者支援事業、子どもの医療費等々、福祉事業に増額をさせるべきではないかということを書いておりましたので、そのことについてもお答えいただきました。でも、積極的にこれを最優先していこうというお答えではなかった。
 今年の3月の井本市長の施政方針の結びの中では、「輪」ということが書いてありましたね。その気持ちから、ふるさと館それから大野城の歴史の醸成というのを思ってあるんだろうと思うんですけれども、しかし最近は余り話されない上杉鷹山公の教訓もありますけれども、やはりそこに住んでいる当時で言えば城下の市民であろうと思うんですけれども、その城下の市民たちの幸福、それから福祉、生活を守っていくのが為政者の責任であるということが上杉鷹山公の教訓であります。それを十分に実施していただきたいなという気がします。
 きょう、ずっとお伺いしたんですけれども、大野城市民の誰もが早く建設をしてほしいというふるさと館、そういう計画であるという気持ちが湧いていけば、それはもういいものをつくってほしいという気持ちになるだろうと思います。でも、いかんせんなかなかそこまでいかない、それよりも福祉や子育て支援、教育予算にもっと予算をついでほしいという声が上がってきます。そっちのほうを優先してほしいなというふうに私は考えますので、そのことを重々に主張して一般質問を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 以上で、本日の議事日程は全て終了いたしました。
 あす9月18日の会議は、議事の都合により、特に9時30分に繰り上げて開きます。
 本日はこれをもちまして散会いたします。皆さん、お疲れさまでした。
     ──────────────・────・──────────────
                 散会 午後3時55分