議事ロックス -地方議会議事録検索-


福岡県 大野城市

平成26年第3回定例会(第2日) 質疑・付託 本文




2014.09.04 : 平成26年第3回定例会(第2日) 質疑・付託 本文


                 開議 午前9時59分
◯議長(関岡俊実) 皆さん、おはようございます。
 丸山議員から欠席届が出ておりますので、お知らせをいたします。
 ただいまから、本日の会議を開きます。
 本日の議事日程は、お手元に配付しているとおりです。
 これより議事に入ります。
     ──────────────・────・──────────────
  日程第1及び日程第2

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 日程第1、諮問第4号及び日程第2、諮問第5号を一括議題といたします。
 これより一括して質疑を行います。質疑ありませんか。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 質疑を終わります。
 お諮りします。
 これらの議案は人事案件でありますので、先例により、委員会付託、討論を省略したいと思いますが、これに異議ありませんか。
                〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 異議なしと認めます。よって、これらの議案は、委員会付託、討論を省略します。
 諮問第4号、人権擁護委員の候補者の推薦についての採決を行います。
 諮問第4号は、同意することに異議ありませんか。
                〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 異議なしと認めます。よって、諮問第4号は同意されました。
 諮問第5号、人権擁護委員の候補者の推薦についての採決を行います。
 諮問第5号は、同意することに異議ありませんか。
                〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 異議なしと認めます。よって、諮問第5号は同意されました。
     ──────────────・────・──────────────
  日程第3から日程第7まで

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 日程第3、第48号議案から日程第7、第52号議案までを一括議題といたします。
 これより一括して質疑を行います。質疑はありませんか。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 質疑を終わります。
 第48号議案から第50号議案までは福祉文教委員会に、第51号議案は総務市民委員会に、第52号議案は都市環境委員会に付託します。
     ──────────────・────・──────────────
  日程第8から日程第13まで

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 日程第8、第53号議案から日程第13、第58号議案までを一括議題といたします。
 これより一括して質疑を行います。
 質疑の通告があっていますので、発言を許します。
 1番、松田議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯1番(松田美由紀) 3款1項6目障がい者(児)対策費について、3点質問いたします。
 1点目、補助の対象となる年齢範囲について。
 2点目、本市難聴児の状況と補聴器見込み台数について。
 3点目、助成費用の上限額について。
 3款2項1目認可保育所定員拡充事業についてお尋ねします。
 太陽光発電設備の設置予定施設やそれ以外の計画はどのような見直しが行われ、それぞれの費用は幾らになるのでしょうか。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福祉課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉課長(伊藤和久) それではお答えいたします。
 まず、補聴器の補助の分ですけれども、1番目の補助の対象となる年齢の範囲についてお答えいたします。
 補助の対象となる年齢の範囲につきましては、18歳に到達する日以降の年度末まで、つまり、通常、高校3年生までがその範囲となります。
 2)の本市の難聴児の状況と補聴器の見込み台数についてお答えいたします。
 市内小中学校に在籍している児童の中で、本事業の対象である身体障害者手帳の交付対象とならない軽度・中等度難聴児は、2名該当者がいることを調査により確認しております。未就学児、また16歳から18歳までの、通常、高校に在籍しております年齢の子どもの該当者数につきましては把握しておりません。
 次に、補聴器の見込み台数につきましては、該当者を7名と見込みまして、全員が両耳に補聴器を装用すると想定いたしまして、全部で14台の台数を見込んでおります。
 該当者7名につきましては、市内小中学校に在籍している児童の該当者、先ほどの2名と、本事業に対します市民からの問い合わせ件数、それから要望件数を勘案しまして、7名と算出しております。
 また、全員が両耳に補聴器を装用するものと想定しておりますが、これにつきましては、子どもが補聴器を装用する場合、言語発達等の観点から両耳の装用が一般的であるということによるものでございます。
 次に、3番目の助成費用の上限額についてお答えいたします。
 助成費用につきましては、補聴器のタイプにより基準価格をそれぞれ設定し、それに基づき助成費用や対象者の自己負担額が決まることになります。例えば、重度難聴用耳かけ型補聴器を例にとりますと、基準価格が1台7万9,962円になります。両耳装用で想定していますので、2台分で15万9,924円、これが補聴器の総額となります。対象者につきましては、その総額の3分の1、つまり5万3,308円を自己負担することになります。また、残りの10万6,616円につきましては、市と県が均等に負担することになっております。以上で終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 子育て支援課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯子育て支援課長(若山純哉) それでは、保育所の関係についてお答えをいたします。
 待機児童解消のため、平成26年度におきましては3カ所の認可保育所整備を計画し、平成27年度の開園に向け準備を進めているところですが、今回、施設整備費用の補助金について、二つの理由から歳入及び歳出予算の追加を行うものです。
 1点目は、3カ所の保育所のうち2カ所について太陽光発電設備が設置されることとなったことによるものです。
 2点目としましては、保育所整備における費用の財源の一部は、国の安心こども基金を活用しており、この基金については、整備する保育所の定員及び全国の都道府県の中での地域区分に応じて補助基準額が設けられているところですが、その補助基準額が、工事従事者の不足による人件費高騰や建築資材費の上昇を受け、増額改正されたことによるものです。
 現在保育所整備を進めている3カ所について個別に申し上げますと、筒井4丁目にあります届出保育施設こすもすイングリッシュプリスクールの認可化に伴う整備において、10キロワットの太陽光発電設備を設置することにより1,020万円、補助基準額増額により872万7,000円の合計1,892万7,000円の歳出追加となります。
 次に、南ケ丘にあります南ケ丘保育園が大字牛頸に移転建てかえを行う整備において、15キロワットの太陽光発電設備を設置することにより1,020万円、補助基準額増額により198万6,000円の合計1,218万6,000円の歳出追加となります。
 最後に、白木原にありますやさしい保育園を運営している社会福祉法人赤い鳥保育会が、山田4丁目に新たに保育所を建設する整備において、補助基準額増額により1,106万7,000円の歳出追加となっており、こちらは太陽光発電設備の設置は行わない計画となっております。
 なお、歳入につきましては、今申し上げました歳出追加額の9分の8の金額を県支出金として追加することとしております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) よろしいですか。質疑を終わります。
 第53号議案から第58号議案までは予算委員会に付託します。
     ──────────────・────・──────────────
  日程第14から日程第22まで

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 日程第14、認定第1号から日程第22、認定第9号までを一括議題といたします。
 これより一括して質疑を行います。質疑はありませんか。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 質疑を終わります。
 お諮りします。これらの議案は、10人の委員で構成する決算特別委員会に付託の上、審査することにしたいと思いますが、これに異議ありませんか。
                〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 異議なしと認めます。よって、そのように決定いたしました。
 ただいま決算特別委員会への付託が決定したことにより、委員選任の必要が生じました。
 お諮りします。決算特別委員会委員の選任についてを追加日程第1として日程に追加したいと思いますが、これに異議ありませんか。
                〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 異議なしと認めます。よって、決算特別委員会委員の選任についてを追加日程第1として日程に追加をいたします。
     ──────────────・────・──────────────
  追加日程第1 決算特別委員会委員の選任について

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 追加日程第1、決算特別委員会委員の選任についてを議題といたします。
 委員の選任については、大野城市議会委員会条例第8条の規定に基づき、議長より指名をいたします。
 松田議員、浅田議員、天野議員、丸山議員、岡部議員、福山議員、松下議員、神野芳行議員、永野議員、私、関岡、以上を指名いたします。
 ここで、暫時休憩をいたします。決算特別委員会は直ちに委員会を開会してください。
     ──────────────・────・──────────────
                 休憩 午前10時12分
                 再開 午前10時32分
     ──────────────・────・──────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 再開します。
 先ほど決算特別委員会が開催され、正副委員長の互選が行われておりますので報告いたします。
 委員長に福山議員、副委員長に浅田議員がそれぞれ互選されております。
     ──────────────・────・──────────────
  日程第23から日程第29まで

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 日程第23、報告第10号から日程第29、報告第16号までを一括議題といたします。
 これより一括して質疑を行います。質疑はありませんか。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 質疑を終わります。
 報告を終わります。
     ──────────────・────・──────────────
  日程第30から日程第32まで

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 日程第30、請願第1号から日程第32、請願第3号までを一括議題といたします。
 紹介議員の補足説明を受けます。
 13番、松下議員。
               〔13番 松下真一議員 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯13番(松下真一) 請願第1号から請願第3号までを一括して補足説明いたします。
 今回の請願は3団体から提出されていますが、いずれも趣旨は集団的自衛権の行使容認に反対する国への意見書の提出を求めるものであります。
 政府は、本年7月1日に集団的自衛権の行使容認に関する閣議決定を行いましたが、国民への説明のみならず、国会での論議は十分とは言えないとした抗議の声が多く聞かれます。そのため、日本が海外での戦闘行為に巻き込まれるのではないかという危惧をする国民が多数います。
 そのような社会情勢から、請願第1号の筑紫民主商工会は自営業者や中小零細業者の立場から、また、請願第2号の憲法9条の会大野城は平和憲法擁護の立場から、そして、請願第3号の新日本婦人の会大野城支部は女性の立場から、子どもや孫、恋人たちが戦争の犠牲にならないようにという心情から今回の請願を提出されています。どうぞ議員の皆様の賛同をよろしくお願いいたします。以上で補足説明を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 請願第1号から請願第3号までは総務市民委員会に付託します。
     ──────────────・────・──────────────
  日程第33 請願第4号

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 日程第33、請願第4号を議題とします。
 紹介議員の補足説明を受けます。
 13番、松下議員。
               〔13番 松下真一議員 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯13番(松下真一) 請願第4号についての補足説明をいたします。
 請願の提出者であります筑紫民主商工会は、自営業者や中小零細業者が日々の商売に関して支え合っている民主団体であります。本年4月1日より消費税率が8%に引き上げられましたが、個人消費は大きく落ち込み、さらに物価上昇と収入減少で、3月の駆け込み需要以来経済は回復には至っていません。そのため、多くの自営業者や中小零細業者は倒産や廃業に追い込まれています。
 そのような経済状況の中、政府は、来年10月には消費税率10%への引き上げを計画しています。消費税増税法附則第18条第3項には、消費税の税率アップ施行前は、経済状況の好転について、各名目及び実質の経済成長率を確認し、経済状況を総合的に勘案した上で、その施行の停止を含む所要の措置を講ずるとあります。今の経済状況では、消費税増税は自営業者の死活問題になりかねません。よって、附則第18条にのっとり、増税中止を求める意見書の提出を願うものであります。どうぞ議員の皆様の賛同をよろしくお願いいたします。以上で補足説明を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 請願第4号は総務市民委員会に付託します。
     ──────────────・────・──────────────
  日程第34 請願第5号

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 日程第34、請願第5号を議題とします。紹介議員の補足説明があればお受けいたします。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 請願第5号は都市環境委員会に付託いたします。
     ──────────────・────・──────────────
  日程第35 請願第6号

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 日程第35、請願第6号を議題といたします。紹介議員の補足説明があればお受けいたします。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 請願第6号は福祉文教委員会に付託いたします。
 以上で、本日の議事日程は全て終了いたしました。
 次の9月17日の会議は、議事の都合により、特に9時30分に繰り上げて開きます。
 本日は、これをもちまして散会いたします。
 皆さん、お疲れさまでした。
     ──────────────・────・──────────────
                 散会 午前10時40分