議事ロックス -地方議会議事録検索-


福岡県 大野城市

平成26年都市環境委員会 付託案件審査 本文




2014.06.09 : 平成26年都市環境委員会 付託案件審査 本文


    (開議 午前9時59分)
◯委員長(松下真一) おはようございます。ただいまから都市環境委員会を開会します。
 4名の議員からの傍聴の申し出があっております。
 6月定例会で本委員会が付託を受けました案件は、条例の一部改正1件、その他1件の合計2件です。
 それでは審査に入ります。
 第45号議案、大野城市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部を改正する条例の制定についてを議題とします。執行部の説明を求めます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯安全安心課長(高原 朗) それでは第45議案について説明いたします。
 今回の条例の一部改正につきましては、非常勤消防団員の処遇改善を図るため、消防団員等公務災害補償等共済基金等が市町村に支払う消防団員退職報償金支給額を引き上げるため、消防団員等公務災害補償等共済基金等に関する法律施行令が改正されたことに伴いまして、本市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給額を改定するものでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(松下真一) 説明が終わりましたので質疑を受けます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(神野芳行) 退職金が増額されるという話なのですが、これは何年ぶりの改定なのですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯安全安心課長(高原 朗) 前回の改定は平成18年度に行われております。それ以来でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(神野芳行) 結構な金額払ってますね。

-------------------------------------------------------------------------------

◯安全安心課長(高原 朗) そうですね。今回の改定額は全階級で一律5万引き上げになっております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(松下真一) 神野委員、いいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(神野芳行) はい、結構です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(松下真一) 山上委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(山上高昭) 今、消防団員の数自体はどんなふうですか。増えてきてますか。女性消防団員も含めて。

-------------------------------------------------------------------------------

◯安全安心課長(高原 朗) 平成26年4月1日現在で、条例定数200名に対しまして、団員数は195名、うち女性が4名となっています。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(山上高昭) 女性を含めて195名ということですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯安全安心課長(高原 朗) 女性を含めて195名です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(松下真一) よろしいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(山上高昭) はい。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(松下真一) ほかにありませんか。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(松下真一) ないようですので質疑を終わります。
 これより討論に入ります。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(松下真一) 討論を終わります。
 第45号議案、大野城市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部を改正する条例の制定についての採決を行います。
 第45号議案について、原案のとおり決することに異議ありませんか。
                〔「異議なし」の声あり〕。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(松下真一) 異議なしと認めます。よって第45号議案は原案のとおり可決すべきものと決しました。
 暫時休憩します。
    (休憩 午前10時04分)
    (再開 午前10時04分)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(松下真一) 再開します。
 第46号議案、財産の取得についてを議題とします。執行部の説明を求めます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯都市計画課長(中川裕二) 都市計画課のほうから第46号議案の財産の取得について説明いたします。
 コミュニティバスにつきましては平成15年に購入いたしまして、11年が経過しております。老朽化による車両の修繕が必要になってきており、また現車両は既に生産が中止されているため、部品の調達にも支障を来している状況であります。そのため車両を平成31年までの間に毎年1台ずつ更新することといたしております。
 今回、議案としてお願いしている理由につきましては、1ページに記載しているとおり、コミュニティバスの運行に使用する車両を取得するに当たり、大野城議会の議決に付すべき契約及び財産の取得または処分に関する条例第3条の規定、これは予定価格2,000万円以上の動産の買い入れということでございます、これによりまして議会の議決を求めるものでございます。
 内容は2ページに記載しております。
 取得する財産としては、小型ノンステップバス車両1台でございます。
 続きまして、取得する財産の概要です。仕様としまして、エンジン、全長、全幅、全高、車高、客室については記載しているとおりでございます。
 取得価格については2,098万円でございます。
 契約の相手方は九州日野自動車株式会社です。
 契約の方法は随意契約となっております。これは地方自治法施行令第167条の2第1項第2号、これは契約において、その性質、目的が競争入札に適さないということです。
 この随意契約の理由といたしましては、まず車両の選定につきまして、大野城市コミュニティバス事業基本方針におきまして、小型ノンステップバスと定めています。したがいまして、選定の対象となる車両は当該方針に沿った車両となります。また、現在、小型ノンステップバスの車両は、国内では日野自動車株式会社の日野ポンチョという1車種のみでございます。この日野ポンチョを販売するのはメーカー直営のディーラーのみであります。したがって、本市を管轄するディーラーである九州日野自動車株式会社と随意契約を行うものです。
 また、皆さんには配付資料として、日野ポンチョのカタログを配付しております。これの一番後ろの左上のロングボディー・ツードアタイプ、左上にありますが、これを購入することになります。また、最後のページに那珂川町のコミュニティバス、かわせみ号の写真を掲載しております。以上で説明を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(松下真一) 説明が終わりましたので質疑を受けます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(山上高昭) 購入から11年たっているということなのですが、今大体年間に補修とか故障に係る費用はどれぐらいかかってるんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯都市計画課長(中川裕二) 平成22年度から補修費が生じております。平成22年度、約589万円、平成23年度、155万円、24年度、776万円、25年度、96万円が実績としてかかっているところです。合計して1,616万2,000円ほどかかっています。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(山上高昭) 本会議での質疑でもあったのですが、これだけ、今が11年で、最後のバスが切りかわるのが7年目っていうことになりますよね。そうすると、運行に支障を来す可能性が非常に大きいのではないかと思うのですが、そこら辺はどのように想定されていますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯都市計画課長(中川裕二) 質疑でも回答させてもらったとおり、今後、いろいろな補助金を利用しながら、そういったことを検討する必要があるのかなというふうに考えています。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(山上高昭) じゃあ、前倒しで購入をされるお考えがあるということですかね。

-------------------------------------------------------------------------------

◯都市計画課長(中川裕二) そういうことも検討の一つと考えています。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(松下真一) よろしいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(山上高昭) はい。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(神野芳行) 先ほどご説明あったように契約先というのはこの日野自動車のポンチョという車種しかないということだったのですけれども、そうなってくると近隣自治体も同じような車種を入れてるわけですよね。で、契約の価格、取得価格というのは向こうの言い値になってくるような気もするのですけれども、その辺は通常、一般的に考えて値引き交渉なんかしますけれども、向こうの指し値で決まってくるということが起こってるんじゃないかと思うのですけど、その辺はどうですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯都市計画課長(中川裕二) 当然、日野自動車のほうから見積もりはもらっております。それで、うちのほうで精査いたしまして、設計を組んでいます。それを組んだところでの随意契約としております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(神野芳行) ということは、この取得価格というのは適正であるというふうに考えているのですね。

-------------------------------------------------------------------------------

◯都市計画課長(中川裕二) はい、そういうことです。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(神野芳行) それと、全国的にコミュニティバスというのは運行されていると思うのですよ。で、この日野自動車のポンチョという車種というのはどの程度の占有率があるのですか。わかんないですかね。

-------------------------------------------------------------------------------

◯都市計画課長(中川裕二) 占有率というのはちょっとわからないのですが、全国で1,540台の納入実績があるということです。九州日野自動車株式会社の管内では35台という実績がございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(神野芳行) それで、各自治体ごとにその使い方というか、用途というか、特色がある車両の変更とか、そういうものはやってあると思うのですけれども、例えば、そういうふうにコミュニティバスを出してあるところと協議して、理想的なコミュニティバスにし得るようなオプション関係とかを協議される場はありますか。ないですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯都市計画課長(中川裕二) 他の納入してある自治体と協議してという意味ですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(神野芳行) ええ。

-------------------------------------------------------------------------------

◯都市計画課長(中川裕二) 近隣自治体とは協議しております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(神野芳行) その協議というのは、例えば、コミュニティバス連絡協議会じゃないけど、そういうふうな組織としてあるのか、あるいは担当者ごとの個別の協議であるのか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯都市計画課長(中川裕二) 協議会というのではございませんで、個別の協議となっております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(神野芳行) 要望ですけれども、それは近隣自治体で定期的に協議できるような場というのを、さっき言いました連絡協議会みたいな組織をつくられたらいいのじゃないかなと思います。そして、日野自動車とかメーカー側にいろいろ注文つけていくということをやっていったほうがいいのじゃないかなという要望ですけれども、いかがですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯都市計画課長(中川裕二) そうですね。そういうことも十分参考になると思いますので、今後、検討していきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(神野芳行) お願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(松下真一) ほかにありませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(高山やす子) 今のグリーンのコミュニティバスですね、乙金ルート、大城のほうは、座席が対面になっていますよね。座席が対面で、一段高くなってからが進行方向に向かっての座席の配置になってるんですけど、今度この一番最後のかわせみというのをつけてある、これを今度購入されるということですかね。ということは、これは全部進行方向の座席になってるんですが、入ってすぐ右側の分のところが、多分、車椅子の乗降の分になると思うのですよね。これって、今ちょっと見てあんまりよくわからないのですけど、ここの右側のほうが車椅子対応の座席になるのでしょうか。これに今と同じぐらいの時間を要するのでしょうか。特別早くできるとか。今は対面式の片側のほうの分をガチャンとあけて車椅子を乗せてあるのですよね。ここの場合は、この図でいけば向かって右側のほうの分の2つの座席のところがちょっとあいてるようですので、多分、ここが車椅子対応だろうと思うのですけど、その分というのは、今の対応してる時間、車椅子対応にする所要時間は同じぐらいのあれでしょうか、それとも簡単になってるんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯都市計画課長(中川裕二) 乗るのに対応する時間等は今のバスと同等ということです。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(高山やす子) 同じぐらい。

-------------------------------------------------------------------------------

◯都市計画課長(中川裕二) はい。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(松下真一) 座席の配置はよろしいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(高山やす子) はい。ここの図面で多分、右側にあるから多分これだろうと思うのですけど。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(松下真一) 課長、当初の購入車両は10ページのロング・ツードアって言ってなかったですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯都市計画課長(中川裕二) はい、そうです。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(松下真一) 議案を説明されるときにロングのツードア車と。今、高山委員が例に出されたかわせみと車両の座席の並びが違うのですけれども、よろしいのでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯都市計画課長(中川裕二) 今回、購入する車両は、10ページの一番上にあります緑色のロング・ツードアタイプで、席の配置については、11ページの一番上に載っております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(高山やす子) じゃあ、このかわせみじゃないわけね。

-------------------------------------------------------------------------------

◯都市計画課長(中川裕二) そうです。近隣もこういった同じ日野ポンチョを使ってますよという意味で載せさせていただきました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(高山やす子) じゃあ、購入予定は11ページのロング・ツードアのほうですね。

-------------------------------------------------------------------------------

◯都市計画課長(中川裕二) はい、そういうことです。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(高山やす子) わかりました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(松下真一) よろしいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(高山やす子) はい。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(松下真一) 車椅子が乗る所要時間について心配されてあるわけですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(高山やす子) は、ほぼ同じですとおっしゃってたから。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(松下真一) 一緒ということですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(高山やす子) はい、同じということですね。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(松下真一) ほかに。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松田美由紀) 高山委員の関連にもなるのですけれども、今まで対面式だったのが座席の向きが変わったということなのですけれども、今までのコミュニティバスも日野自動車だったのかというのが1点と、あと近隣、那珂川は同じポンチョということだったのですけど、春日や太宰府、筑紫野、4市1町はどのようなメーカーを使われているのでしょう。わかれば。

-------------------------------------------------------------------------------

◯都市計画課長(中川裕二) 当初の車両は三菱製になります。
 2点目の、近隣の春日、那珂川、太宰府あたりはどうかということなのですが、日野ポンチョそのものは、那珂川町のほうでは1台、太宰府のほうでは2台、春日では6台導入されているという状況でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松田美由紀) 今まで三菱を使われてて日野にかえられたというのは何でなんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯都市計画課長(中川裕二) 現在、小型ノンステップバスをつくっているのが日野自動車しかない、日野ポンチョという1車種なものですから、それを導入するということです。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(松下真一) よろしいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松田美由紀) はい。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(松下真一) ほかにありませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(高山やす子) 議案とは関係ないのですけれども、ちょっと教えていただきたいのですけど、乗客の保険というのは掛けられているのでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯都市計画課長(中川裕二) 運行業者である西鉄のほうが車に任意保険を掛けてありますので、それで対応することになります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(高山やす子) じゃあ、車の中で、例えば、揺れて転倒したりすると、西鉄のほうに申請して治療代をいただくことになるのですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯都市計画課長(中川裕二) そうです。西鉄の保険になりますので、そういった形になろうかと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(高山やす子) わかりました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(松下真一) ほかにありませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(神野芳行) これは今回のこの議案が可決されると発注するわけですけれども、実際に運行されるのはいつごろになるのですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯都市計画課長(中川裕二) 納車予定としては10月末を考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(神野芳行) 結構時間がかかりますね。車体のペインティングとか、また新たなデザインになるのか、それとも従来のデザインを踏襲していくのか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯都市計画課長(中川裕二) 基本的には今のデザインを踏襲するという形になります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(松下真一) よろしいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(神野芳行) はい。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(山上高昭) 更新されると、今の車はどういうふうに処分されるのですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯都市計画課長(中川裕二) 今の車は一応廃車しますが、現在、同様の車両はもう生産していませんので、部品取りに使うとか、そういった形で考えています。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(松下真一) よろしいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(山上高昭) はい。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(松下真一) ほかに。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(松下真一) ないようですので質疑を終わります。
 これより討論に入ります。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(松下真一) 討論を終わります。
 第46号議案、財産の取得についての採決を行います。
 第46号議案について原案のとおり決することに異議ありませんか。
                〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(松下真一) 異議なしと認めます。よって第46号議案は原案のとおり可決すべきものと決しました。
 以上で、都市環境委員会が付託を受けました案件の審査は全て終了しました。これをもちまして都市環境委員会を閉会します。お疲れさまでした。
    (閉会 午前10時22分)