議事ロックス -地方議会議事録検索-


福岡県 大野城市

平成26年福祉文教委員会 付託案件審査 本文




2014.06.06 : 平成26年福祉文教委員会 付託案件審査 本文


    (開議 午後1時29分)
◯委員長(岡部和子) お疲れさまです。ただいまから福祉文教委員会を開会します。
 6名の議員からの傍聴の申し出があっております。
 6月定例会で本委員会が付託を受けました案件は4件です。
 それでは、審査に入ります。
 第41号議案、大野城市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定についてを議題とします。
 執行部の説明を求めます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯国保年金課長(古賀清光) 国保年金課の所管であります第41号議案、大野城市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定につきまして説明をさせていただきます。
 市税等の納付につきましては、平成26年度、今年の4月からコンビニエンスストアでもお支払いできるようになりました。国民健康保険税条例におきましては、今までは1月の納期を金融機関の窓口営業日に合わせまして1月4日からとしておりました。しかしながら、コンビニエンスストアは1月1日から3日の間、正月の三が日も開店営業しておりますことから、今までの4日からを原則どおりの1日からに改めるものでございます。
 具体的には2ページをお願いいたします。
 ここでは、改正前と改正後で変更があった部分につきまして線を引いております。第14条の納期ですが、先ほどご説明しましたように、コンビニエンスストアでの収納を26年度から実施しますことから、改正前の「1月は4日から」の文言を削除し、1月1日からとするため、規定の整備をするものでございます。以上で説明を終わらせていただきます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 説明が終わりましたので、質疑を受けます。質疑ありませんか。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) ないようですので、質疑を終わります。
 これより討論に入ります。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 討論を終わります。
 第41号議案、大野城市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定についての採決を行います。第41号議案について原案のとおり決することに異議ありませんか。
                〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 異議なしと認めます。よって第41号議案は原案のとおり可決すべきものと決しました。
 暫時休憩します。
    (休憩 午後1時32分)
    (再開 午後1時33分)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 再開します。
 続いて、第42号議案、大野城市介護保険条例の一部を改正する条例の制定についてを議題とします。
 執行部の説明を求めます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯介護サービス課長(高原正宏) それでは、第42号議案、大野城市介護保険条例の一部を改正する条例の制定についての説明をさせていただきます。
 市民の皆様の利便性を図るために、市税に合わせまして介護保険料の普通徴収分につきましても、平成26年度、今年の4月からコンビニエンスストアでのお支払いに対応できる体制としております。つきましては、コンビニエンスストアの営業日に合わせまして、1月の納期を、これまでただし書きにより「4日から」としていたものを、原則どおりの「1日から」に改めるものでございます。詳細につきましては、納期の条文が第14条ではなく第5条となる以外につきまして、さきの議案で国保年金課長がご説明申し上げましたとおりでございますので、割愛させていただきます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 説明が終わりましたので、質疑を受けます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(井上正則) コンビニで収納を開始すれば、当然収納率は上がっていくと思うんですけれども、始めたばっかりですから。どのくらいの予測をされますかね。

-------------------------------------------------------------------------------

◯介護サービス課長(高原正宏) コンビニ納付が最初ということで、まだ統計を見ないとわからないところもありますが、福岡市でコンビニ納付を開始したところ2割ぐらいが使われているということがわかっております。それで、当市に換算しますと、27年度末で3,200人ぐらいの普通納付の方が見込まれるんですけれども、その中の640名がコンビニ納付を使われるんじゃないかなと予想しております。
 ただ、収納率の向上がどのくらいになるのかということにつきましては、これからの検証でお答えしたいと思っております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) ほかにありませんか。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) ないようですので、質疑を終わります。
 これより討論に入ります。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 討論を終わります。
 第42号議案、大野城市介護保険条例の一部を改正する条例の制定についての採決を行います。第42号議案について原案のとおり決することに異議ありませんか。
                〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 異議なしと認めます。よって第42号議案は原案のとおり可決すべきものと決しました。
 暫時休憩します。
    (休憩 午後1時36分)
    (再開 午後1時38分)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 再開します。
 続いて、第43号議案、大野城市いじめ防止条例の制定についてを議題とします。
 執行部の説明を求めます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育指導室長(高野誠一) 第43号議案、大野城市いじめ防止条例の制定についてご説明いたします。
 本条例は、いじめ防止対策推進法の施行に伴い、本市におけるいじめ防止等の対策を総合的に推進するために制定するものです。いじめ防止対策推進法では、市町村に対して、いじめ防止等に関する条例を定める義務を規定しているわけではございませんが、次世代を担う子どもたちが生き生きと学び、安心した生活を送ることができるよう、市民全体で取り組むことが大切と考え、条例案を作成いたしました。
 国の法律は9月に施行されまして、国のいじめ防止に関する基本方針が10月に策定されましたが、県のいじめ防止に関する基本方針が3月末に出されましたので、この6月の時期となりました。法律はもとより、国、県の方針を参酌しながら条例案を作成したところです。
 近隣の自治体においては、いじめ防止等の組織に関する設置条例を制定しているところはありますが、本市のように総合的な基本条例を定めようとしている自治体は、県内では余り見られません。
 それでは、目次の順番に主な部分を説明させていただきます。
 まず、2ページに書いております前文ですけれども、本条例に込めた思いを書いております。ここではですます調で、あえて児童生徒ではなく、子どもという言葉を使用しながら、やわらかな文体で書いております。
 続いて第1章です。ここでは、条例の目的やいじめの定義、基本理念と合わせて、児童等、市、教育委員会、学校及び教職員、保護者、市民及び事業者等の役割や責務について述べております。
 続いて4ページになりますが、第2章です。法では努力義務となっておりますが、市のいじめ防止基本方針を定めることや教育委員会の附属機関として設置するいじめ問題対策連絡会議、既に要綱設置で4月から実働しておりますけれども、改めて教育サポートセンターの設置を定めております。
 続きまして6ページになりますが、第3章では、基本的施策として学校におけるいじめの防止、早期発見や関係機関との連携等を定めております。
 7ページでございます。第4章では、各学校に設置するいじめ防止対策委員会について、組織や役割等について定めております。
 第5章、9ページになります。第5章につきましては、重大事態への対処について定めております。ここでいう重大事態と申しますのは、第29条(1)及び(2)に示すものです。そして、重大事態が発生したときの調査体制、調査結果について検証するいじめ問題検証委員会の委員や所掌事務、運営等について規定しております。
 以上、説明しましたように、本市でのいじめ防止に関する取り組みの方向を定める形で作成いたしました。
 条例を議決いただきましたら、例年実施しております子どもたちの「いのち」を守る研修会での中心的なテーマとして、本条例の周知を図りたいと考えております。この研修会では、保護者や教職員、学校運営協議会委員を中心とした地域住民の皆様、そして議員の皆様など関係機関・団体の方々にご案内申し上げたいと思っております。
 また、本条例を含めて、いじめ防止に関するリーフレットを作成し、市内の全世帯に配布いたします。そして、市のホームページや広報等でも積極的に周知を図る予定としております。
 今後は、条例第11条の規定により策定することとしております市のいじめ防止基本方針を、いじめ問題対策連絡会議や議員の皆様にお示しし、ご提言を賜るよう準備を進めてまいりたいと考えております。以上で説明を終わります。ご審議のほど、よろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 説明が終わりましたので、質疑を受けます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(浅田大輝) ちょっと1点伺いたいんですけれども、この条例における市、例えば第5条では市の責務であるとか、その市の定義を教えていただけますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育指導室長(高野誠一) 市と教育委員会と分けて書いている条文と、それから教育委員会も含めた市というふうにあらわしている両方を使っています。市と教育委員会の役割が異なる場合には両方を分けて書いておりますし、そうでない場合には市ということで教育委員会も含めた形で定義をしているところです。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(浅田大輝) すみません。今のに関連してちょっと確認なんですけれども、例えば第20条、市は各種関係機関との連携の強化に努める、こういった場合の市というのは、市といわゆる市長部局と教育委員会という解釈でよろしいんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育指導室長(高野誠一) はい、結構です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) ほかありませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(井上正則) 9ページの第25条の6番目の、学校はいじめが犯罪行為として取り扱われるべきものであると認めるときは春日警察署と連携ということで。往々にして、いじめというのは犯罪行為にかなり当たると思うんですけれども、これをどういうふうに認めて、誰が判断していくのかなと思いまして。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育指導室長(高野誠一) この犯罪行為というふうに当たるもの、特にけがをするであるとか、あるいは金品の中でかなり多額の金品を要求するとか、そういったようなものに当たる場合などは想定されると思います。判断自体は学校と書いてありますが、校内の対策委員会とかにかけながら、警察に連絡すべきだということを判断していくものと思います。もちろん、教育委員会にもご連絡がございますので、一緒に判断しながら、警察に通報したほうがよいというものについて連携をしていきます。また被害者の場合、被害者の保護者のほうで警察に被害届を出すという場合も想定されると思います。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(井上正則) 当然、そういう表沙汰になったときにはわかるんでしょうけどね、犯罪行為だったということで。ただ、それを見つけるのが難しいんだろうなと思うもののですね。全体的に見まして、当然いじめる側、いじめられる側という形でしょうけれども、この中には、いわゆるいじめにかかわっていない、その他の人が多いわけじゃないですか。当然、学校であってもですね。黙認をしていくことが問題なのかなというのもあるわけですよね。こういったところを、この中では、どこにどう書いてあるかと。前文の中に、いじめをしない、させない、見過ごさないという取り組みの主体、全体像は書かれてあるけれども、黙認をしていくところに問題が大きいのかなと私は思っているんですけどね。こういったところは、この条文の中では、ここがそれに当てはまるというのがありますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育指導室長(高野誠一) 黙認ということについては直接触れてはおりませんが、3ページの第4条の児童等の役割の中に特に第2項で、児童等は互いに思いやり云々といった条文であるとか、それから下の、いじめを発見し、疑いを認めたときには相談することができるという第3項の規定で記しているつもりでございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) ほかにありませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(浅田大輝) 第8条第5項、保護者の責務のところなんですけど。第5項で前各項の規定はいじめの防止等に関する教育委員会や学校の責任を軽減するものと解してはならない、ここで市を除いた理由は何かありますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育指導室長(高野誠一) こちらの条文自体は、いじめ防止対策推進法から準用した形になっておりますので、そちらのほうでは、いじめに対して対応したり、指導したりするのが教育委員会や学校であるという解釈で、市という言葉を入れていないところです。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 浅田委員、いいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(浅田大輝) はい、いいです。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) ほかありませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(香野信儀) これは基本的なことですが、先ほど指導室長から説明がありましたが、県下の条例関係の設置状況を見てみますと、組織的なものでの条例設置は多いということで、そのほかの事項等について網羅したところは少ないというような説明なりがあったと思うんですが、本市の場合は組織だけじゃなくして、いわゆるいじめ防止推進法といいますか、それに準じた形での条例設置ということになっておるようでございますが、そこらあたり、法律と若干重複する点等も多々あるようでございますが、あえて拡大してこういう形にされたという、その辺の狙いはどういうことですかね。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育指導室長(高野誠一) 多くの自治体が設置条例だけという形が多いんですけれども、大野城市の場合は、いじめをなくしていこうという市民全体の願いというか、そういった取り組みを進めなければいけないという思いから、こちらの総合的な基本条例として作成をしました。国の法律がもともとありましたので、それと条例の両方を見ながらということをする方はなかなかいらっしゃらないので、この大野城市のいじめ防止条例を見れば、大野城市のいじめに対する対策がわかるというふうにしていきたいと思ってつくっております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 私のほうから補足をさせていただきます。
 今申し上げましたように、法は条例設置まで求めていません。基本方針を策定するということになっているわけですけれども、なぜ条例設置をしたかというのは、今、室長が申し上げました市民総ぐるみでいじめのない社会をつくろうというのが願いでございまして、そのためには、行政だけではなくて、あるいは学校だけではなくて、保護者も含めた、地域も含めた役割の中で、いじめのない社会をつくっていこうというのをきちんと位置づけたいという願いでございます。それの関係から、人権をとうとぶまちづくり条例だとか、あるいは男女共働参画基本条例だとか、そういうようなものも大野城市は積極的に条例化をいたしまして、市民ぐるみで推進しているわけでございますので、いじめに対しましても条例化をいたしまして、同様に市民ぐるみで、いじめのない社会をつくりたいという思いからでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 香野委員、よろしいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(香野信儀) はい、いいです。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) ほかありませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(佐藤義廣) いじめ問題対策連絡会議ですけれども、この会議は、具体的にはどんなふうな活動をしていこうと考えてあるんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育指導室長(高野誠一) この連絡会議の事務自体は、先ほど言いました、いじめ防止基本方針という市の方針に対する意見とかご提言をいただく、あるいは市全体の取り組みであるとか、学校の取り組みの状況を報告しまして、それに対するアドバイスをいただくような会議で考えています。また、もし重大事態が発生した場合には、その重大事態の調査方法等についてのご助言もいただけるように事務を考えているところです。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 合わせて私のほうから。第16条の第2項でございますけれども、連絡会議の招集で、会長は委員のうち必要と認める者のみを連絡会議に招集することができるという条項を入れております。これからすると、どういうことかと言いますと、例えば、先ほど井上委員さんから、警察の犯罪行為にかかわるというようなものが特定された場合については、その関係者のみに来ていただきまして、必要な助言をいただくというスピード感を持ってやりたいと。ですから、通常の会議運営に限ったような運営ではなくて、ケース・バイ・ケースで、この連絡会議の委員の皆さん方の力を借りまして、できるだけ早いときに芽を摘みたいと考えているところでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(佐藤義廣) そして、その人数というのは特に定められてはいないんですかね。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育指導室長(高野誠一) 人数の規定はしておりませんが、(1)から(11)までの方はそれぞれ1名と考えておりまして、12番の民生委員・児童委員さんは4地区から1名ずつで4名、計15名を予定しています。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(佐藤義廣) それから検証委員会なんですけれども、第32条にありますかね。これはどういうふうな活動をされるのか。それと、検証委員会を開くのはどういった状況なのかですね。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務法制課長(増山竜彦) 検証委員会がどんな活動をするかということでございますが、まず、重大事態が発生しまして、教育委員会、学校等が行った調査の結果について再調査を行うという事務を行うものでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(佐藤義廣) その重大事態というのは、具体的にはどのような事態を想定してありますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務法制課長(増山竜彦) 9ページの第29条第1号に掲げてございます、いじめにより当該学校に在籍する児童の生命、心身または財産に重大な被害が生じた疑いがあると認めるときとか、相当の期間、児童が学校を欠席するようになったときというような形が重大事態だと想定されておるところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) どのくらいのレベルが重大事態かというのがわかりにくいんだろうと思いますので、一つだけ事例を出してご紹介をしたいと思います。第29条の第1項第2号に、相当の期間学校を欠席することを余儀なくされている疑いがあると認めるときとなっておりますけれども、じゃあ相当の期間というのはどのくらいかということですけれども、いじめを苦に学校を休んだ日数が30日を超えると重大事態になるというふうに、一つの指導指針を持っております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(佐藤義廣) ということは、ある程度状況がわかって、それから検証委員会が検証をしていくというような形になるわけですね。
 で、検証委員会としては、どういうことをするかと言いますかね、その対処ですか、それが適切であったかどうかとか、今後どうすればいいかとか、その辺を検証していくということですかね。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) ご承知のとおり、このもとになっております法律が、大津市の事件をもとに急遽提案されまして可決された法律でございます。施行が3カ月ぐらい先にされたというような法律でございますけれども、そのときの大津市の対応というものが一つのベースになっております。重大な事態、いわゆるいじめによって自殺という、あってはならない悲惨な事件が起きた、それに対して学校が調査をした、そして、その調査結果を受けて教育委員会が調査をした、で、その調査結果に疑問があるという保護者の意見等を踏まえて、市長が第三者委員会を設置して調査に乗り出したと。結果的に報道されているとおりでございます。
 そういうことから、いわゆる学校だけの調査、教育委員会だけの調査結果では、あるいは調査した後の予防策、対応策では不十分であるというようなことがないように、市長がそれを判断して、全く第三者で構成する委員に対して、一つ一つ聞き取りをやったり、事件の背景を調べたり、当事者の状況を調べたりして、いじめから自殺に至った経緯を報告するとともに、何が問題だったのか、そして、その問題を解決するためには何が必要なのかということを、第三者委員会が行うということがベースになっております。ですから、検証委員会を立ち上げますけれども、それが一つの参考事例になろうというふうに思っております。
 ただ、大津市と違うのは、今度は教育委員会にも附属機関である連絡会議を持ちますので、大津市のような最悪の展開にはならないというふうに思っております。一つの目よりも二つの目という感じで、運営していかれればよいのではないかと考えているところです。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) よろしいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(佐藤義廣) はい。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) ほかに。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(香野信儀) これも組織的なことについてのお尋ねですが、第13条では、大野城市いじめ問題対策連絡会議と第2項では連絡協議会と、それを兼ねるというようなことで書かれておるわけですが、いじめの防止法を見てみますと、第14条ではいじめ問題対策連絡協議会、地方公共団体は条例の規定によって協議会を置くことができるという規定になっているわけですね。多分、私が思うには、主体的に教育委員会がそれらをまとめてやっているから、協議会については、第13条の第1項で書かれております附属機関として大野城市いじめ問題対策連絡会議を置くということでうたわれておりますので、それを兼ねられるということかなと思うんですが、私が変わった視点から行きますと、法律でいう第14条の第1項に規定されております連絡協議会は、いわゆる執行機関と言いましょうか、市長部局において高い見地から協議会なりを設置するということで、法律の第3項では、連絡協議会との円滑な連携のもとに地方いじめ防止基本法云々ということで、その先に教育委員会に附属機関として必要な措置を置くことができると規定されておりますが、そこらあたり、あえて一本化された、兼ねたというところはどういうふうな理由でございましょうかね。私は想像的に物を言いましたからあれですけれども。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 法は、第14条で地方自治体は連絡協議会を置くことができる、それから第3項におきまして、教育委員会は附属機関を置くことができる、それから重大事態が発生した場合はいわゆる第三者委員会を置くことができると、三つの機関を市で置くことができるとうたっております。
 私どもの考え方としましては、先ほど申し上げましたように、いわゆる協議会という性格と、それから第三者委員会という性格はおのずから違うというふうに考えております。それで地方自治体という、市長のもとに協議会を置いて、教育委員会のもとに附属機関を置くということになりますと、屋上屋ということになります。それとメンバーがほぼ同じメンバーとなります。ですから、どちらに置いたほうがいいのかという考え方の中で、まずは教育委員会というのは、いじめをしないような社会をつくっていく、あるいは学校をつくっていくという使命がございますので、いろんな皆さん方のご意見をいただいて助言をいただいて、それに努めていく。結果的に、それが重大事態まで発生したとするならば、それは第三者機関のほうで市長のもとで調査をしていただくと。こういう流れのほうが円滑であろうというふうに考えまして、教育委員会の附属機関を置く、しかし、それは第14条第1項の連絡協議会を兼ねていると。兼ねているというのは、いわゆる市長の連絡協議会の性格も有しているんだということになります。
 そういうことからして、今の大野城市の現状からして、教育委員会と市長との関係は、よそで言われているような関係ではございませんので、十分に兼ねたところで目的は達成されるだろうということでございます。ですから、将来にわたって、市長のもとに連絡協議会を置くということがないように、我々としては努めてまいりたいというふうに思っているところでございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(香野信儀) はい、大体わかりました。
 それから別件で検証委員会の件ですが、昨日の本会議で、質疑の中でもちょっと出ておったんですが、いわゆる重大事犯といいましょうか、重大事項等が発生して市長に報告がある、市長は内容を検討して再調査しなさいということで、検証委員会の検討も踏まえて再調査の指示があったときに、あとはその結果について、また報告するということになるわけですが、議会のほうには当然、戻された後のあれで、そのときには議会のほうにも結果として報告するというようなことで報告がありました。で、ここで私どもも、議会のほうでもちょっと話をしたんですが、いわゆる再検証の際には、その結果について議会のほうにも報告するということなんですが、そういう重大な事項等について報告があったときに、再検証の結果を議会に報告するだけじゃなくして、そういう重大な事案が出てきたときに、議会のほうにそれなりの報告をするという考えはないんでしょうか。そこらあたり、ちょっとお尋ねしたいと思いますが。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) いわゆる教育委員会が調査をいたしまして、協議会の意見も踏まえて、重大事態であると市長に報告をするわけですけれども、その時点で議会に報告する場合と、それから再調査、検証委員会の結果を踏まえて報告する場合の二通りがあるというふうに思います。つまり、さっきも申し上げましたけれども、いじめによって30日欠席をすると重大事態になるという一つの指導指針を持っていますと言ってましたけれども、その30日が延べ日数でございますので、一つ一つの休んだ経緯を我々が調べた結果、案件としては指導の中で十分今後いじめの防止ができるというふうに教育委員会が判断した場合、でも重大事態ですから一応市長に報告をするというような場合については、議会に即報告するということは控えたいと思っています。
 ただし、明らかに、わかりやすいのは大津市のような事件でございますけれども、誰が考えても重大事案であるというようなものについては、市長に報告するとともに議会に報告をするというような形で我々は進めてまいりたいと思っています。
 教育現場における子どもたちの学びの中の世界でございますので、全ての情報を明らかにしていくことについては、少し慎重に取り扱ってまいりたいと思っているところでございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(香野信儀) 結局、議会に報告するのは事案の内容によって、議会に最初のときからそれを報告するのか、そうでないのかという判断をするということですね。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) そのように考えております。明らかに報告すべきというものについては、事前に市長等報告した後に直ちに報告をしたいと。そして議会からもいろんなアドバイスをいただきたいというふうに思っているところでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) よろしいですか。ほかにありませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(浅田大輝) 先ほどの第8条の第5項に関してなんですけれども、この条項でいくと、教育委員会、学校というのはいじめの防止等に関する責任が一定程度あるということになるんですが、市長、いわゆる市長部局、単純に市長ですよね、首長。首長のいじめの防止等に関する責任というのは、教育委員会としては、どのようにお考えなんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) このいじめ防止対策推進法の趣旨は、冒頭、教育指導室長のほうから申し上げましたように、学校で起こることだけがいじめではない、例えば学習塾だとか、あるいはスポーツクラブだとか、そういう社会教育、社会体育、あるいは民間の教育機関で行われるところでもっても、いじめというのは発生すると。それを防止しなければならないというふうになっています。
 わかりやすく言いますと、県知事を市長に置きかえていただけるとわかると思います。私立学校の関係は教育委員会ではなくて、知事部局、知事の所管でございます。大野城市には私立はございませんけれども。そういうようなところで起きた場合に対して、市の責務というのは当然出てまいります。で、ここで申し上げておりますのは、家庭教育という捉え方です。家庭教育は教育基本法に基づきまして、教育委員会の所管となっています。ですから、家庭教育の問題にすりかえるなと。同じ教育でも、それは学校教育の問題でもあると。家庭教育の問題ということですりかえるなということでございまして、家庭教育イコール保護者という捉え方ではないということでご理解をいただきたいと思います。ですから、市長の責務というのも当然あります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(浅田大輝) 今のに関連して、例えば塾とかスポーツクラブであるとか、そういうところのいじめに関して、ちょっと伺いたいんですが。第23条、第18条から始まっているんですけれども、学校におけるいじめの防止とあります。この学校におけるというのは、いじめの現場が学校である場合という理解でよろしいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育指導室長(高野誠一) このいじめの定義につきましては、もともと学校の内外を問わないこととするという方針の説明が最初からついておりますので、学校の中だけで起きたということではありません。人的関係という場だけではなく、人の関係についても校内というだけではなくて、他校とかいうことも含めて考えているところです。その中でも、事業者等の役割とかいうところも示しながら、学校だけでは対応できない、民間の機関というところも連携して取り組む必要があるというふうに考えています。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(浅田大輝) 第24条の第4号ですかね、学校におけるいじめの認定を行うこととして、いじめの防止対策委員会の役割があるんですけれども、例えばいじめの現場が学校であれば、当然この対策委員会がいじめの認定を行うことになるんでしょうけれども、例えば他市における塾であるとかスポーツクラブであるとか、そういったところで起きたいじめというのも、そのいじめを受けた子が在籍している学校におけるいじめ防止対策委員会において認定を行うんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育指導室長(高野誠一) その子が該当していれば、学校での認定になると思いますが、もちろん学校だけでは多分判定しきれない部分もあると思いますので、そのほかの方の出席を求めたりしながら認定をもらっていくものと思います。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 今、いじめは社会全体で起こりますので、細かく定義づけるのは非常に難しいところなんですけれども、そういうこともあって、本市の学校のいじめ防止対策委員会、これは法によって必置です。学校は必ず置かなければならないとなっておりまして、必置になっておりますけれども、このいじめ防止対策委員会は、昨年度から大野城市が学校ごとに設置いたしました学校運営協議会のもとに部会として位置づけるということにいたしております。ですから、上部団体は学校運営協議会ですので、学校運営協議会は地域の代表者の皆さん方、保護者の代表者の皆さん方、それから学校、幼稚園、保育園等々から、15人以内の委員で構成されております。そのもとにいじめ防止対策委員会を置くとしておりますので、そこのところの連携でもって、今、室長が申し上げましたように、学校のいじめ対策委員会ですけれども、地域だとかいろんなところと連携して、幼稚園、保育園とも連携しながら対策を講じていくという取り組みといたしております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 浅田委員、よろしいでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(浅田大輝) はい。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) ほかありますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(井上正則) このいじめ防止条例ですね、当然、今聞いて体制的なものもきちっとしたものになっておりましょうけれども。現実問題、この条例をつくっていくことによってのいじめをなくしていく方向には、例えば、学校の教師にしても、今いじめを見つけろというのは大変だと思うんですね。そこら辺の、条例をつくることによっての意識改革をどのようにしていくのかなというのをちょっとお聞きしたいんですけれども。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育指導室長(高野誠一) このいじめ防止条例につきましては、先ほど言いました「いのちを守る研修会」などいろいろな研修会の場で説明や報告をさせていただこうと思っていますし、今いじめについては、学校でもかなり研修を積んでおりまして、早目に見つけようという対応や、あるいはこっそり悩んでいることを打ち明けるようなポストを設置するなど、いろいろな取り組みを進めておりますので、意識そのものは、随分いろいろな事案の経験を踏まえて上がってきているというふうに考えているところです。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 先ほど申し上げましたように、大野城市の特徴といたしましては、学校運営協議会を核として、このいじめ防止対策を推進していくという考え方でございます。ですから、地域全体、社会全体でいじめをさせないという気運づくりを地域の皆さん方とか、あるいは保護者の皆さん方と学校が一緒に連携して取り組んでいく、そのための手法としてはもろもろございますけれども、いろいろ手を打ちながら、そういうような気運を盛り上げていきたい。いじめをさせないバリアをつくりたいというふうに思っているところでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) よろしいですか。ほかありますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(香野信儀) 今回の条例については、先行しているいじめ防止対策推進法に倣って条例ができるわけですが、その中でうたわれておりますいじめに関する定義ですね。いわゆる法律に基づいた定義ということでほとんど一緒ですが、法律ができて条例ができたことによるいじめの定義が、若干内容的に今までとは違ってきておると思うんですが、その違いの内容。それと、それらを運用、運用と言いましょうか、防止に当たる、あるいは直接それに携わる学校、教育委員会、そこらあたりのいじめの捉え方の違いによる把握には、随分難しい面があると思うんですが、そこらあたりの今後の指導なり、あるいは把握をどういうふうに考えてあるのか、そのあたりをちょっと。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) まず指導の分は、後で指導室長のほうから回答させますけれども、把握の関係でございます。今回の法制定を受けて、そして国が県が基本方針を定めて、何が一番異なってきているかということなんですけれども、いじめそのものの定義は変わらないというふうに思っています。ただし、いじめという捉え方の問題なんですけれども、学校である事象が発生したときに、先生はこれはいじめとは違う、いたずらである、子どももそういう意識であったと。しかし、いじめられたほうは、それは自分に対するいじめであると思った場合、それから、それを帰って保護者に言って、保護者がいじめだというように思った場合は、保護者の、あるいは本人がいじめられたという意識の場合はいじめと捉えなさいということになっておりますので、その辺が大きく異なります。ですから、把握するということになってくると、今まででしたら、学校にいじめがありますかと調査すればよかったんですけれども、それでは成り立ちませんので、それで教育サポートセンターというものが有効になってくるというふうに思っているところでございます。
 指導については、室長のほうから回答させます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育指導室長(高野誠一) 定義の文言自体は、法律または条例で挙げているものから、少しずつ言葉遣いが変わってきています。昭和60年ごろ使われていたいじめの定義には、一方的にとかいう言葉がついていました。自分より弱い立場の者に対して一方的にという言葉がついていましたが、それが平成18年の定義の改定によって変わりました。その言葉がなくなりまして、今度は平成25年度の法律のときには、二つ言葉が変わっていまして、人間関係という言葉が人的関係という言葉に、少し広い意味で、先ほどの民間の教育機関であるとかスポーツクラブということも含めた、少し広がった形の関係をあらわすような言葉に変えられています。もう一つは、心理的または物理的な影響と、今の定義は書いてございますが、もとの平成18年に書かれた定義では、心理的または物理的な攻撃という言葉があります。ですので、いじめる側の立場に立っていたんですけれども、今回は影響という言葉に変わりまして、先ほど部長が申しました、いじめられた側の立場に立って定義は見るんだ、いじめられたというふうに言われたら全部いじめとして対応するんだということで、定義を指導していくというか、周知を図っていきたいというふうに考えています。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) よろしいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(香野信儀) いいです。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) ほかにございませんか。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) ないようですので、質疑を終わります。
 これより討論に入ります。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 討論を終わります。
 第43号議案、大野城市いじめ防止条例の制定についての採決を行います。第43号議案について原案のとおり決することに異議ありませんか。
                〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 異議なしと認めます。よって第43号議案は原案のとおり可決すべきものと決しました。
 続いて、第44号議案、大野城市特別職の職員の給与等に関する条例の一部を改正する条例の制定についてを議題とします。
 執行部の説明を求めます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務法制課長(増山竜彦) 第44号議案につきましては、大野城市特別職の職員の給与等に関する条例の一部を改正する条例の制定についてでございます。
 先ほど、第43号議案でお願いしておりました大野城市いじめ防止条例、第31条におきまして、重大事態に関しまして、学校または教育委員会が行った調査結果につきまして、市長からの諮問に応じて、その調査結果を検証し答申し、意見を具申する附属機関として検証委員会を設置することを規定しております。この検証委員会の委員の報酬額を定める必要がありますことから、特別職の職員の給与等に関する条例につきまして所要の改正を行うこととし、委員報酬の日額を1万円とするものでございます。以上でございます。よろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 説明が終わりましたので、質疑を受けます。質疑はありませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(佐藤義廣) この金額の根拠はどんなですかね。ここの表にはいろんな金額が上がっていますけれども、これは法か何かで。法と言いますか、国のほうから示された金額でもあるんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務法制課長(増山竜彦) 特に国から示された金額ということではございませんで、報酬の額につきましては、ほかに弁護士さんとかが入っております附属機関がございまして、日額5,600円という形になっておるところでございますが、今回のいじめ検証委員会の委員さんにつきましては、非常に難しい自殺問題とか教育関係に関する問題とかの対応が必要になることなどから、特殊性があるという判断に基づきます。それと、近隣市の状況等勘案した結果、1万円という形で設定をさせていただいたところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) いいですか。佐藤委員は、よろしいでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(佐藤義廣) いいです。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) ほかにございませんか。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) ないようですので質疑を終わります。
 討論に入ります。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 討論を終わります。
 第44号議案、大野城市特別職の職員の給与等に関する条例の一部を改正する条例の制定について採決を行います。第44号議案について原案のとおり決することに異議ありませんか。
                〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 異議なしと認めます。よって第44号議案は原案のとおり可決すべきものと決しました。
 以上で、本委員会が付託を受けました案件審査を全て終了いたしました。
 これをもちまして福祉文教委員会を閉会します。
    (閉会 午後2時24分)