議事ロックス -地方議会議事録検索-


福岡県 大野城市

平成26年第2回定例会(第4日) 一般質問2 本文




2014.06.13 : 平成26年第2回定例会(第4日) 一般質問2 本文


                 開議 午前9時30分
◯議長(関岡俊実) 皆さん、おはようございます。
 ただいまから、本日の会議を開きます。
 本日の議事日程は、お手元に配付しているとおりです。
 これより議事に入ります。
     ──────────────・────・──────────────
  日程第1 報告第9号

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 日程第1、報告第9号を議題とします。
 これより質疑を行います。ありませんか。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 質疑を終わります。
 報告を終わります。
     ──────────────・────・──────────────
  日程第2 一般質問

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 日程第2、一般質問を行います。
 通告順に発言を許可します。
 16番、佐藤議員。
               〔16番 佐藤義廣議員 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯16番(佐藤義廣) おはようございます。私は、平成26年6月議会におきまして、1点目として、遊休地の有効活用について、2点目として、中区最終処分場建設の進捗状況と災害防止対策についての2点についてお尋ねをいたします。
 まず、1点目の遊休地の有効活用についてでございますけれども、(1)に上げております市が保有している遊休地についてということをお尋ねいたします。
 平成24年度決算におきましては、市が普通財産として保有している土地は、宅地、山林、原野、保安林、その他として、135万9,062.79m2となっております。以前、いわゆる塩漬け土地という表現で、自治体が保有する土地が有効活用されていない実態が問題となり、無駄な土地の保有を解消しようとの取り組みがなされておりました。また、市民の皆さんには、まだ遊休地の問題に関心を持たれている方もいらっしゃるとお聞きをしております。
 市が保有する土地につきましては、公売による売却処分や街路事業における代替地等の対応が行われているとのことでありますが、いまだ処分されていない保有地があるのではないか、また、その処分といった観点のみではなく、有効活用についても考えていく必要があるのではないかと思うところでございます。
 今回の一般質問におきましては、本市での土地保有の実態とその有効活用の観点から質問をさせていただきます。
 まず、1)に上げております市が保有している遊休地はどれくらいあるのか、場所及び場所ごとの面積、総合の面積についてお尋ねをいたします。
 以上、壇上からの質問とし、あとは自席で行いますので、よろしくお願いをいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務部長(辻塚 顕) それでは、遊休地の場所及び場所ごとの面積、総合の面積についてお答えさせていただきます。
 平成26年3月末で、市が保有します普通財産の土地は、約128万5,000m2です。内訳でございますが、山林等が約114万5,000m2で89%を占めています。宅地・雑種地等が約14万m2で11%を占めております。ご質問の遊休地は、利用不可能な狭小地を除きました利用可能な一定規模以上ということでご回答させていただきます。
 現在、管財課が把握しています遊休地は9カ所で、合計面積1万773m2でございます。内訳ですが、つつじケ丘4丁目に1カ所、161m2、つつじケ丘5丁目に1カ所、128m2、上大利1丁目に2カ所、787m2、大城3丁目に1カ所、235m2、中2丁目に1カ所、218m2、中3丁目に1カ所、271m2、乙金東3丁目に1カ所、465m2、大字乙金に1カ所、8,508m2となっております。
 なお、中3丁目の一部、乙金東3丁目及び大字乙金の土地は、市街化調整区域となっております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 佐藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯16番(佐藤義廣) ただいまお答えをいただきまして、平成26年3月で128万5,000m2ということでございます。
 その中で、2)のところですけれども、管財課のほうで管理しているのは、どのような土地でございましょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務部長(辻塚 顕) 管財課で管理している土地でございますが、ただいまご回答しました9カ所のうち、5カ所、1,311m2となっております。内訳でございますが、つつじケ丘4丁目、5丁目の2カ所、上大利1丁目の2カ所、大城3丁目の1カ所となります。
 現況でございますが、つつじケ丘4丁目161m2と、5丁目128m2の2カ所につきましては、団地と山林の境界に位置する雑種地になります。平坦な土地ではございますが、隣接地が市街化調整区域の有姿分譲地であることから、売却や貸し付けにより一体利用されるおそれもあるため、活用しにくい状況となっております。
 次に、上大利1丁目の2カ所につきましては、まず1カ所目、JR大野城駅西口北側の728m2の宅地になります。次に、大利小学校裏の雑種地59m2で、この土地につきましては、市道に接道していないことから、売却等活用が困難な状況となっております。
 大城3丁目の1カ所につきましては、道路沿いの細長い勾配のある土地で、地目は原野となっております。樹木等も植生しているため、現状では活用が難しい土地となっております。
 以上が管財課所管分となります。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 佐藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯16番(佐藤義廣) はい、ありがとうございました。
 それでは、3)のところの、管財課以外では、どの部署でどれくらい管理をされているのでしょうか、お尋ねをいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務部長(辻塚 顕) 管財課以外につきましても、私のほうでご回答させていただきますが、現在、管財課以外で所管する遊休地は、最初に回答した9カ所のうち4カ所、9,462m2を管財課以外の部署で管理しております。
 まず、中2丁目、中3丁目、乙金東3丁目の3カ所、954m2につきましては、事業用残地として、公園街路課が管理しております。この土地は、今後、公売等での売却を検討していきます。
 次に、大字乙金の1カ所、8,508m2につきましては、スポーツ課が管理しているところでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 佐藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯16番(佐藤義廣) ありがとうございました。今、いろいろとお答えをいただきましたけれども、それで、(2)のところでございますが、街路事業が実施されているんですけれども、その事業の代替地として街路課が保有しているその保有地は、どれくらいあるのでしょうか。お願いいたします。1)の箇所数及び場所、路線ごとの面積についてお尋ねをいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建設部長(安部 誠) それでは、私のほうから、箇所数、場所、面積についてお答えいたします。
 平成26年3月末時点で、公園街路課所管の街路関係用地は54カ所でございます。主に、県道那珂川宇美線沿いと、市道現人橋乙金線沿いに保有しております。54カ所の総面積は、約5,421m2となっております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 佐藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯16番(佐藤義廣) 街路事業のほうでお答えをいただきましたけれども、2)のところに書いております、その保有地の活用もしくは処分については、どのようにされているのでしょうか、お尋ねをいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建設部長(安部 誠) 代替地の活用、もしくは処分はどのようにということですので、回答いたします。
 街路関係保有地につきましては、まずは事業協力者や隣接者の方に紹介し、売却による処分を行っております。また、街路に隣接する土地との高低差解消などに有効な場合は、街路の一部として活用しております。なお、事業協力者や隣接者の方に売却できなかった用地につきましては、市有地利用検討委員会に諮った後、事業の予定がある他課への移管や、公売による売却処分を行っておるところです。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 佐藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯16番(佐藤義廣) 今、街路事業のことについてお尋ねをいたしましたけれども、(3)のほうに移りたいと思いますが、市が所有する土地について、公売できるものは公売しているとのことでございますけれども、市不動産資産として活用することは考えられないのでしょうか。1)に書いておりますが、有料駐車場として整備し、月極有料駐車場としての料金を収入とすることや、また、2)に書いておりますけれども、貸し店舗等として運用するような考え方はないのでしょうか、お尋ねをいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務部長(辻塚 顕) 不動産の有効活用としての考えでございますが、それにつきまして、お答えさせていただきます。
 現在、遊休地・未利用地につきましては、維持管理費の縮減、財源確保等の観点から売却を進めてきております。売却に当たりましては、平成18年度から、市有地利用検討委員会を設置し、売却可能な土地の選定を行い、全庁的に利用の見込みを確認した上で、公売等により売却を行っております。
 これまでの実績でございますが、43件で延べ1万3,588m2、売却価格は、約7億6,560万円に上っております。
 今後も引き続き、保有資産の見直しを行いながら、遊休・未利用地の売却を基本に、ご提案されましたような駐車場等としての貸し付けや、売却困難な狭小地の隣接者等への払い下げ促進及び事業残地の活用などの検討を行いながら、資産の有効活用を進めていきたいと考えております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 佐藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯16番(佐藤義廣) ぜひ、有効活用をご検討しただければというふうに思っております。
 次に、(4)のところでございますが、牛頸には日本三大窯跡群と言われます窯跡が存在し、これらは国指定ということで、須恵器の里整備の構想が進められておりますが、この計画は、どのようにされるのか、また、平野中分離校用地として保有していた土地、これがここに充てられると思いますけれども、全てこれに充てられるのでしょうか、お尋ねをいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) それでは、牛頸窯跡群の計画に関することと、それから、旧平野中学校分離校用地の今後の活用方法について回答させていただきたいと思います。
 牛頸須恵器窯跡が平成21年2月12日に国指定史跡となりました。この指定を受け、大野城市は、史跡の保存管理のため、平成24年3月に史跡牛頸須恵器窯跡保存管理計画書を策定し、次に、指定地の整備活用のため、平成26年6月までに牛頸須恵器窯跡整備活用計画書を策定する予定でございます。
 「九州最大の須恵器窯跡群である牛頸須恵器窯跡を大野城市の宝として活かし、未来へつなぐ」を基本理念に、広い範囲に点在する史跡の特性を活かした整備を行っていく予定でございます。
 現在、大野城市土地開発公社が所有する分も含め、旧平野中学校分離校用地3万753.06m2は、全て牛頸須恵器窯跡整備活用計画の中で、史跡公園として活用していく予定でございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 佐藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯16番(佐藤義廣) はい、わかりました。全て史跡公園として活用されるということでございますので、よろしくお願いしたいと思います。
 それから、(5)に移りたいと思いますが、牛頸地区で第1種自然環境保護区域内におきまして、自然保護として用地取得が進められております。
 1)の、現在までの取得面積と今後の取得予定はどのようになっているのでしょうか、お願いをいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 環境生活部付部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯環境生活部付部長(古賀敏彦) 現在までの取得面積と今後の取得予定についてご回答させていただきます。
 第1種自然環境保護区域内の取得面積につきましては、平成4年度から取得を始め、平成26年度3月末時点において、98万716m2となっております。なお、現時点で所有者からの買い取りの申し出を受けている面積が23万2,210m2あり、今後も買い取り申し出順に、順次取得していく予定でございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 佐藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯16番(佐藤義廣) 申し出があっている23万について、順次取得していくということでございましたけれども、その後、申し出があればまた計画的に取得を進めていくということでございますか。お答えをお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 環境生活部付部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯環境生活部付部長(古賀敏彦) 今後も、順次申し出があった場合には、そのように考えております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 佐藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯16番(佐藤義廣) 2)のところですが、取得用地の今後の活用はどのように考えてあるのか、方針があればお示しいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 環境生活部付部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯環境生活部付部長(古賀敏彦) 取得用地の今後の活用方法について、ご回答いたします。
 取得用地の今後の活用方法といたしまして、トラスト協会の活動や牛頸須恵器窯跡整備活用計画とあわせて、緑豊かな自然環境の保護を前提といたしまして、活用方法を検討していきたいと考えております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 佐藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯16番(佐藤義廣) それで、水資源の保全といった観点から、水源涵養ということから考えますと、広葉樹林といったような里山としての整備が必要ではないかと思うんですが、その辺はいかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 環境生活部付部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯環境生活部付部長(古賀敏彦) 里山としての環境整備が必要ではないかということに対し、回答いたします。
 市といたしましては、ふるさとをいとしむ、都市と自然が調和したまちづくりを目指すため、緑豊かな里山の保全・再生が必要であると考えております。誰もが訪れたくなるような魅力ある大野城の里山となるよう、各関連事業と密に連携を図り、前向きに検討を行っていきたいと考えております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 佐藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯16番(佐藤義廣) その辺もよろしくお願いしたいと思いますが、それから、啓発の面なんですけれども、自然環境保護の啓発の面から、市民の自然散策の場としての活用も必要ではないかというふうに思いますけれども、この点についてはどのように考えてあるのでしょうか、お願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 環境生活部付部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯環境生活部付部長(古賀敏彦) 市民の自然散策の場としての活用は考えていらっしゃらないかというご質問ですけれども、ご回答いたします。
 第1種自然環境保護区域内の土地の全てが、大野城市所有地となってはおりませんけれども、牛頸須恵器窯跡整備活用計画事業等と連携し、市民の自然散策の場としての散策路等の検討を行っていきたいと考えております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 佐藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯16番(佐藤義廣) そういった検討もよろしくお願いしたいなと思っております。
 それでは、(6)のほうに移りたいと思いますが、乙金の旧高齢者福祉施設用地の問題についてでございます。この用地の活用方法につきましては、これまで何度もお尋ねしてまいりましたけれども、いまだにどのような方針なのかが示されていない状況であります。以前の質問で、山城大野城にちなんだ文化財の保管施設、もしくは展示施設として活用したらどうかと提案したことがございます。
 今回、(仮称)大野城心のふるさと館の設計が進められていますが、ここでは、文化財の展示・保管施設としての活用部分は少ないのではないかと思われます。であれば、文化財の保管展示のための施設がほかに必要ではないのかと思います。このようなことも考慮しながらお尋ねをしたいと思います。
 まず、1)のところの、この用地の活用についてはどのような方針があるのか、また、活用の検討方法についてはどのようになされているのか、お尋ねをいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 企画政策部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画政策部長(水上修司) どのような方針なのか、どのような検討をしているのかということでお答えさせていただきます。
 当該地の活用方法につきましては、以前、スケートボード場やローラースケート場としての活用や、文化財収蔵庫の設置などを検討してきておりまして、また、一昨年の議会でも、ドッグランとして利用してはどうかとのご提案もいただいております。しかしながら、土地の状況や標高などの地理的条件、トラックなどの通行が多いため、徒歩で訪れる方の安全確保に不安があることなどから、いまだ最適な活用方法を見出していない状況でございます。
 そこで、(仮称)大野城心のふるさと館だけでは、スペースに限りがあるため、別途文化財を保管・展示のための施設が必要でないかということでございますが、当該地は市街化調整区域でありますことから、収蔵施設等の建設は、現在の制度下では難しいと考えております。
 なお、文化財の保管につきましては、現在計画中の牛頸須恵器窯跡整備計画の中で計画しています史跡に集積し、保管することを検討しているところでございます。
 今後、この土地の近辺で、現在実施されています乙金第二土地区画整理事業や、現人橋乙金線などの街路事業の今後の進捗により周辺環境が変化し、人の流れが変わってくることも考えられますので、これらの事業の展開も見ながら、また、地元や市民全体のご意向も組み入れながら、有効な活用方法について検討してまいりたいと考えております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 佐藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯16番(佐藤義廣) 今後、活用を検討するというお答えでございましたけれども、今、あの土地はほとんど使われておりませんので、草が茂って山のような状態になっているということでございますが、この辺の手入れも進めていかなければならないんじゃないかなと思いますので、その辺もご検討いただきたいなと思います。
 それから、2)のところに移りたいんですが、粕屋町の駕与丁池の周辺にある公園、これは駕与丁公園ですけれども、この中にバラ園が設置をされております。先日、見物に行ったんですけれども、多くの人が見物に来ていらっしゃいまして、次の日、これは土曜日に行きましたので日曜日なんですけれども、イベントがあるということで、テントを張るような準備が行われておりました。
 この駕与丁公園は、サクラ見物とか、バラ見物とか、また、秋の花見物など、花庭園として大変有名になっております。また、池の周辺が約6キロありまして、ウォーキングとかジョギングを楽しむ人が集まっている状況が見られます。
 このような美観志向とか健康志向においての名所づくりなどを検討する取り組みができないものでしょうか、お答えをお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 企画政策部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画政策部長(水上修司) 駕与丁公園のような取り組みができないかということでお答えさせていただきます。
 粕屋町の駕与丁公園にありますバラ園は、粕屋町の町の花でありますバラをテーマに、地元のサークルが参加して維持管理され、年に1回、粕屋町バラまつりが開催されるなど、町民に愛される取り組みとなっているとのことでございます。
 本市の当該地におきましては、このような取り組みができないかというご提案であります。当該地は、トラスト協会の活動地であります「さくらの森」と近いことから、そことの連携による取り組みなど、花や緑の振興をさらに広げ、名所づくりとするような活用方法におきましても、研究・検討してまいりたいと考えております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 佐藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯16番(佐藤義廣) よろしくお願いします。
 3)のところに進みたいんですけれども、今、(仮称)歴史をつなぐ路として、山城大野城への登山道の設計が進められておりますが、この登山道に関連したこの土地の活用が検討できないものでしょうか、お答えをお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 企画政策部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画政策部長(水上修司) お答えします。(仮称)歴史をつなぐ路につきましては、山歩きや歴史遺産に興味を持つ多くの方からのご意見などをもとに、健康増進の視点も加えながら、整備計画を作成したところでございます。
 この計画では、「安心して歩ける場」、「学びの場」、「新しい発見の場」となるよう、「大野ジョーコース」、「まどかコース」の二つのルートを設定しております。これらの登山ルートは、乙金のこの土地は通りませんが、山頂への登山だけではなく、このコースに近い当該地周辺のハイキングなどとあわせた利用も考えられます。(仮称)歴史をつなぐ路の完成後に、大野城跡への登山者が増加し、また、先ほど申し上げました区画整理事業や街路事業の進展に伴う周辺環境の変化にあわせて、今後具体的になってくる予定の(仮称)大野城トレイルなどとも連携し、歴史をつなぐ路と結びつくような活用方法も検討してまいりたいと考えております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 佐藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯16番(佐藤義廣) 今、乙金第二土地区画整理事業が進められており、一般住宅が増加し、人口の増加も見込める状況となっているということでございます。また、現人橋乙金線の建設や街路事業も進められていることから、これらが完成すれば、この方面へのアクセスがよくなり、観光の目玉となるものがあれば、集客も見込めるのではないかというふうに考えられます。
 本市の歴史資産であり、観光資源の一つでもある山城大野城を活かした四王寺山及び周辺の活用ということも、観光振興の面からも必要ではないかと考えます。今後ご検討いただければと思いますので、よろしくお願いしたいと思います。これは要望とさせていただきます。
 それで、二番目のほうに移りたいと思います。中区最終処分場建設の進捗状況と災害防止対策についてでございます。
 この最終処分場は、牛頸の最終処分場が満杯となり、使用できなくなったことで、南部環境事業組合によって建設が進められているところであります。中地域では、当初激しい反対運動が行われていたのですが、ようやく地域の皆さんの了解が得られ、建設が進められているところでございます。
 まず、1点目の(1)、この最終処分場建設の進捗状況についてお尋ねをいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 環境生活部付部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯環境生活部付部長(古賀敏彦) 中区最終処分場の進捗状況についてお答えいたします。
 最終処分場の建設工事は、福岡都市圏南部環境事業組合の発注により、平成25年4月に着手しております。平成26年5月末における進捗率は、事業費ベースで39.6%でございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 佐藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯16番(佐藤義廣) 事業費ベースで39.6%の進捗だということでございますが、それで、(2)のところですが、中地域の防災上の観点から、地域が建設を容認した経緯があるのですけれども、今年は冷夏、大雨との予報がされております。建設中の最終処分場の豪雨に対しての防災対策は、どのようにされているのでしょうか、お尋ねをいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 環境生活部付部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯環境生活部付部長(古賀敏彦) それでは、最終処分場区域内の防災の対策についてのご回答をいたします。
 最終処分場区域内の雨水を集めるため、敷地内に4カ所の防災調整池を設置することといたしております。現在、3カ所の防災調整池がほぼ完成しております。また、残る1カ所についても、雨水をためられる状態となっております。この4カ所の防災調整池で、合計1万3,400m3の雨水をためておくことができます。
 これらの防災調整池の容量につきましては、福岡県の林地開発基準に準拠いたしまして、30年に1回発生する規模である1時間当たり144.35ミリの雨量に対応できるように設計されております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 佐藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯16番(佐藤義廣) 1時間当たり144ミリの豪雨に耐えられるということでございます。私の住居から、今、工事中でこれがよく見えるんですけれども、確かに防災対策はしっかりしてあるんじゃないかなというふうには見られます。
 それで、(3)のところなんですが、建設区域は大丈夫かなと思うんですけれども、建設区域内での対策以外に、建設区域周辺の防災対策は検討されているのでしょうか、お願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 環境生活部付部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯環境生活部付部長(古賀敏彦) 区域周辺の防災対策についてどう考えているかということでご回答いたしたいと思います。
 建設区域周辺の雨水の流れが変化し、住宅に水が押し寄せているようになったということに対しましては、市といたしましても、現地調査を行っておりまして、その結果、現地の地形、状況から、最終処分場の工事に起因するものではないと判断いたしております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 佐藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯16番(佐藤義廣) すみません。今、(3)では、建設区域周辺の防災対策に対する考え方をお尋ねしたんですが、その辺をお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 暫時休憩いたします。
     ──────────────・────・──────────────
                 休憩 午前10時02分
                 再開 午前10時02分
     ──────────────・────・──────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) それでは、再開いたします。環境生活部付部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯環境生活部付部長(古賀敏彦) 先ほどの私が回答いたしました建設区域周辺の防災対策はどう考えておられるのかということでご回答をいたしましたけれども、そのほかに、最終処分場の工事に起因するものではないと判断しているとご回答いたしました。その後に、市のほうで水が流れる部分のところはどうにかならないかというようなご質問だと思いますけれども、それに対しまして、個人の所有地を市で扱うことはできませんが、災害防止のためには、市の管理する水路等の施設について、現場の状況に応じて整備をしていきたいと考えております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 佐藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯16番(佐藤義廣) 周辺のことについて、先にお答えをいただいたと思うんですけれども、これは、建設地の東側、これは中3丁目なんですけれども、この地域で、このごろ流下水の流れが変化したと、そして、住宅のほうに水が押し寄せるようになったということで、災害のおそれが感じられるようになったという話を聞いておりまして、その点について調査されているのかどうかお尋ねをしたかったんですけれども、調査をされているようでございますので、その辺について、水の流れが変わった原因とか、その辺が最終処分場の建設とはかかわりがなく、また、水が流れる部分が個人の所有地でもあることから、市で扱えないという、そういうことだと思いますけれども、災害防止のためには、所有者の了解をもらってでも、個人の住宅に影響が及ばないような対策をとるべきではないかと思いますが、この辺についてはいかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建設部長(安部 誠) 先ほど、環境生活部付部長から回答しましたとおり、個人の土地につきましては、扱うことはできません。現状を確認しながら、道路側溝の改修、また、道路にある横断側溝の設置とか、そういうものを検討しながら進めてまいりたいと思います。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 佐藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯16番(佐藤義廣) 道路の整備の部分からよろしくお願いしたいなと思っております。
 近年の降雨におきましては、これまでに経験したことのない豪雨と言われますように、激しくかつ集中的な降雨の発生が見られます。災害の発生によって市民の皆さんが被害を受けることのないように、市としてできる限りの対策を講じていただきますようにお願いをいたしまして、一般質問を終わります。ありがとうございました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 環境生活部付部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯環境生活部付部長(古賀敏彦) ここで、2点ほど修正をさせていただきたいと思います。
 先ほど、第1種自然環境保護区域内の取得面積の状況についてご回答いたしましたが、用地取得を始めたのは平成4年度から取得を始め、「平成26年3月末」が正解で、先ほどは「年度」と申しましたので、訂正させていただきたいと思います。
 もう1点といたしまして、建設区域内における最終処分場の防災対策についてでございますけれども、4カ所の防災調整池の合計を1万3,400m3といったところを、1万340m3と訂正させていただきたいと思います。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 佐藤議員。よろしいですか。はい。
 次、14番、神野芳行議員。
               〔14番 神野芳行議員 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯14番(神野芳行) おはようございます。私は、本定例会で大きく、小中学校内の環境について、次に、薬物乱用防止についての2点について質問をいたします。
 まず、小中学校内の環境についてお尋ねいたします。
 今年も黄砂やPM2.5の大気中の浮遊物の飛来はとどまることもなく、呼吸系に疾患がある方やアレルギー体質の方の外出自粛等の注意喚起が出されてまいりました。また、せんだって、北海道では、35度を超える猛暑日を記録し、ここ福岡も先月5月末より、外気温が30度を超える真夏日が頻発しております。
 近年、日本の気候変動は激しいものがあり、穏やかな四季の移り変わりを感じながら日々を過ごすことも縁遠くなってまいりました。地球温暖化による異常気象は、日本のみならず、世界中の各地で自然災害の猛威をまざまざと見せつけています。
 さて、そんな異常気象も常態化し、激しい外気温の上昇等に対処し、夏の日々の学習環境を改善するために、今年度も複数の近隣自治体の小中学校の教室等への空調設備の設置計画が提案されております。
 本市議会においても以前から、複数の議員からの提案や、福祉文教委員会からの要望が行われております。何よりも、未整備校の保護者や学校側の声として、空調設備の早期設置が望まれております。昨年度、未整備校には天井扇が設置され、ようやく未整備の教室等環境改善への第一歩として捉えますが、空調設備の整備も必要不可欠だと、私は考えております。
 そのことを踏まえて、教室等の空調整備状況についてお尋ねいたします。ここで言う空調設備とは、冷暖房等の機能で、室温等をコントロールする、いわゆるエアコンというふうにさせていただいて結構だと思いますが、そのことでお尋ねいたします。
 まず、1として、現状と今後の課題をどう考えてあるのか。
 2番目に、未整備校の学校に、計画的に空調設備を整える考えはないのか。過去の議会からの働きかけなどから推測すると、現在の教育委員会の対応は、設置の意思なしと思えますが、いかがでしょうか。
 以上2点を壇上から質問とし、あとは自席より行います。よろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) それでは、小中学校内の環境について、空調設備に関する現状と、それと今後の課題、それから、今後の方針について、2点についてお答えをさせていただきます。
 本市の現状は、普通教室等に空調設備が整備されている学校は、小学校5校、中学校4校、計9校であり、航空騒音防止対策として整備されています。また、平成25年度の夏季に設置しました天井付扇風機が整備されている学校は、小学校5校、中学校1校、計6校であります。
 昨年設置しました天井付扇風機の9月の使用状況等の調査では、児童・生徒・教職員を対象にアンケートを実施いたしまして、児童・生徒で76%、教職員で68%の皆さんが、「学習環境がよくなった」と回答しております。体感温度が涼しく感じるという効果があることがわかりました。しかし、梅雨時期の6月及び猛暑日の多い7月において、天井付扇風機の効果がどれくらい期待できるのか、まだわかりませんので、児童・生徒・教職員、そして、今回は保護者にアンケート調査を行い、効果を検証の上、その後、課題の整理を行いたいと考えています。
 次に、今後の空調設備の考え方についてお答えいたします。
 今回、実施いたします調査結果を踏まえまして、天井付扇風機の効果を総合的に検証し、望ましい学習環境の整備を検討してまいりたいと思います。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 神野芳行議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯14番(神野芳行) では、引き続き質問させていただきます。今のお話はよくわかりました。それで、天井の扇風機なんですけれども、これは、非常に私は評価します。というのは、自然の風に近いという状況、普通のエアコンの風とは違って、非常に体に優しい風だというふうに思っております。それから、何よりも、やはり省エネであるということで、今後、まず、間違いなく空調設備と天井扇をセットで考えていくということは望ましいというふうに、私は思うんですよ。これは、各小中学校15校あるんですけれども、空調設備と天井扇、これをセットにして、教室内の環境改善に努めるべきではないかというふうに考えております。
 それで、次の質問なんですけれども、今後、空調や天井扇があるところ、ないところがありますけれども、15校に整備すると、概算でどの程度かかるか試算されておりますでしょうか。また、当然、電気料が発生しますけれども、全体的な電気使用料は概算でどの程度になるのかということをお聞かせください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) それでは、空調と天井扇を整備すると、概算でどのような試算をしたかということと、整備した場合の電気使用料についてお答えしたいと思います。
 近年の人件費と資材費の急激な高騰は反映しておりません。その辺を除きまして、検討段階の空調設備の概算整備費用といたしましては、1校当たり約3,800万円から約7,000万円程度、これは、学校規模によって異なるものでございます。また、天井付扇風機の概算整備費用は、1校当たり約400万円から約800万円程度で試算しております。
 次に、電気使用料でございますけれども、使用料及び維持管理費としてのランニングコストの概算費用は、空調設備では、1校当たり年間300万円から700万円程度、天井付扇風機では、1校当たり年間約14万円から約30万円程度で試算しています。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 神野芳行議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯14番(神野芳行) 今、概算でお話しされましたけれども、この金額というのは、財政的に非常に負担になるということになるでしょうか。それから、電気使用料もそうですけれども、どういうふうにお考えでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 財政的負担をどう考えるかということについてお答えしたいと思います。
 試算はいたしました。ただ、この試算結果をもとに、いわゆる財政計画の中に位置づけて、そして事業計画へと結びつけていくところまで、段階が至っておりませんので、このコストが市として負担になるかどうかまでの検討はいたしておりません。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 神野芳行議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯14番(神野芳行) 先ほど、保護者までのアンケート調査を再度されるということ、それから、今の財政問題について、大体どのくらい、いつごろ、その辺の結論に至るというふうに考えてよろしいでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 結論はいつごろかということでございますけれども、まだ結論までのスケジュール化はいたしておりません。今、スケジュールとして持っておりますのは、1学期末現在において、各アンケートを取りまとめたいというふうに思っております。それを取りまとめまして、9月議会の前には、議員の皆さん方に報告をしたいと思いますし、それから、関係者の皆さん方にも報告をしたいというふうに思っております。その報告の中で検証までできればというふうに考えておるところでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 神野芳行議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯14番(神野芳行) じゃあ、9月、楽しみに待っておりますので、よろしくお願いします。
 それから、教育長にちょっとお尋ねいたしますけれども、教室というのは閉ざされた空間であるわけですよ。多くの児童・生徒が在籍して活動する場所なんですけれども、教育委員会として、この1年間を通して、子どもたちの健全な教室等の室内環境を維持する方策というのは、議論されているんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育長(吉富 修) 教室環境の整備状況についてのお尋ねでございますので、お答えいたします。
 非常に環境が劣化しているということの中で、教室環境の整備を図ろうということで、平成24年の9月28日に、まずは先行市を視察に行こうということで行ってまいりました。行きました学校につきましては、春日市の春日西小学校と、太宰府市の水城小学校でございます。視察とともにあわせて、学校関係者から、天井扇を設備した場合の子どもの反応等についても聞き取りをしているところでございます。
 先ほど、口頭で部長が答弁でも言いましたように、いずれの学校でも、児童・生徒に好評ということで、室温は下げることはできませんけれども、体感温度が下がって、非常に生理的な負担を軽減できるという一定の効果が期待できるということを入手いたしました。
 そこで、教育委員会としましても、児童等による電気配線コードのひっかけなどがあることも想像したり、あるいは、風量、音量を気になることとして配慮し、早急な対応策として、他市よりもワンランク大きい天井付扇風機を先ほど申し上げましたように、小学校5校、中学校1校の6校に設置したところでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 神野芳行議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯14番(神野芳行) ありがとうございました。今、教育長、部長が話されたのは、夏の暑さ対策の話になってくるんですけれども、やはり、1年間を通しますと、先ほど冒頭で申しました黄砂とかPM2.5の影響、そして、閉鎖された中でのインフルエンザの蔓延、あるいはノロウイルス、そういう対策もやはり、エアコンの活用、あるいは、インフルエンザに対しては、加湿、湿度を高めるということも効果があるという、1年間の出来事を考えると、いろいろ対処することがあるんじゃないかというふうに思っております。教育委員会の中でも、その辺の議論もぜひ進めていっていただきたいというふうに思っておりますので、よろしくお願いいたします。
 次に、市長にお伺いいたします。
 今、教育委員会のほうでそういうふうにいろいろ議論、検討されている中で、やはり、財政的な問題も出てこようと思っております。ぜひとも、これは実現に向けて市長のお力添えが必要だというふうに思っておりますけれども、その辺のご見解を伺いたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 井本市長。
                〔井本宗司市長 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯市長(井本宗司) それでは、回答いたします。
 せっかくの機会ですので、少し長くなりますけれども、経過も含めて説明させてもらいます。
 本市では昨年度、第5次総合計画の後期基本計画を策定いたしまして、将来を担う子どもたちの教育のために、教育委員会と連携・協力をしながら、優先的に取り組む必要性がある施策というものを中心に、現在、積極的に推進を図っているところであります。
 その中でも、他市に例がない学校施設の計画的な大規模改修事業やバリアフリーに配慮した改善、ウォシュレットつき洋式トイレの設置など、安全、安心で快適な学校づくりを目指した学習環境の充実と改善に力を入れて取り組んでおります。
 また、子どもたちの安全確保と災害時の避難所機能の確保を図るため、東日本大震災が発生する前から耐震化に取り組み、平成22年度までに全ての小中学校の主要構造部の耐震化を完了いたしております。さらに、平成25年度には、非構造部材の耐震化にも取り組んできたところであります。
 お尋ねの空調設備の整備につきましては、年間を通して航空機騒音の影響を受けております小中学校には、騒音防止対策として空調設備を設置いたしております。現時点で、空調設備が設置されている学校と未設置の学校との間で、夏場における猛暑を要因として、子どもたちの健康面や学習面などに、明らかな支障や差が生じているという報告は受けておりません。しかし、昨今の異常気象等により、梅雨の前から猛暑日となるなど、子どもたちの学習環境への影響が心配されることから、平成25年度に、空調設備未設置校に天井付扇風機を設置いたしたところであります。
 この天井付扇風機を設置した後に教育委員会が実施をいたしました調査では、多数の児童・生徒・教職員から「学習環境がよくなった」というような、先ほど教育部長が答弁をいたしましたけれども、回答を得られております。
 教育委員会では、今年度も引き続き、梅雨時期や猛暑の期間の調査を行い、その結果を踏まえて、さらに学習環境の改善策を検討するということであります。
 市といたしましても、昨年度と今年度、この調査の結果をもとに、教育委員会が行う検証結果等を踏まえて、よりよい学習環境の整備について、教育委員会と十分に連携・協力をして取り組んでまいりたいというふうに思います。どうかよろしくお願いします。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 神野芳行議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯14番(神野芳行) 市長、ありがとうございました。ぜひともバックアップをいただいて、子どもたちの健全な空間ができるように努めていきたいと思いますけれども、ややもすれば、そういうふうな空間をつくるということは、子どもたちを温室育ちにするのではないかというような考え方も、言われる方もいらっしゃいますけれども、私は違うと思うんですけれども、まず、適正、健康的な空間環境を維持管理すると、例えば、児童・生徒の中でそういうことをやっていくということを学習する場でもあるのではないかと考えております。
 それから、通常なら、すぐ自宅ではエアコンを入れるところでも、扇風機を回すとこれだけ涼しいよというようなことも、節電意識も持たせることができるというふうに思っておりますので、ぜひともいろいろ検討されて、設置を急がれることを要望いたします。
 続きまして、(2)番目ですけれども、熱中症対策についてお伺いいたします。
 まず、1)ですけれども、児童・生徒及び保護者に対しての啓発活動の内容、それから、方法がどのようなものかということを、まず、お伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 啓発方法についてはどうかということについて、お答えをいたします。
 教育委員会から各学校長宛てに熱中症事故予防の基礎知識や指導のポイントをまとめた資料を通知し、これに基づき、保護者や児童・生徒に指導や啓発を行うこととしています。
 小中学校では、養護教諭を中心に、小まめな指導を行っています。児童・生徒に対する学校生活上の注意点として、屋外活動では帽子を着用する、水分補給を小まめに行う。体調が悪くなったら、我慢せずに早目に先生に言うことなどを指導しています。
 また、教職員校内研修等において、熱中症に関する共通理解を図り、保護者には、保健だよりや学校だよりで、熱中症の症状、防止策、熱中症と疑われる症状になったときの対応などをお知らせしているところでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 神野芳行議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯14番(神野芳行) それで、2番目ですけれども、運動場(グラウンド)等で屋外での学習活動前後の指導というのは、どういうふうにされているでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育長(吉富 修) 部長に重ねてお答えいたします。
 運動場(グラウンド)等屋外での学習活動前後の指導は、大変に温度変化の激しいものになりますので、大変重要なポイントでございます。お答えいたします。
 学習活動前の指導といたしましては、児童・生徒に帽子の着用を徹底するように、あるいは、帽子の着用が徹底するためには、前日の指導において、帽子を必ず持参するように、かぶってくるようにという指導も含めてでございます。
 また、水筒を持たせるとともに、学習中でも、学習の流れも大切ではございますが、それよりも、健康を留意して、小まめな水分補給を前提として学習を組み立てていくようにしているところでございます。
 また、教職員には、屋外に出る前には、温湿度の確認を必ずするということ、この温湿度が高ければ、ある程度、その事前に活動の時間、活動の方法、活動の場所等を計画的に留意することができますので、そのような事前の温湿度の確認をすることによって、屋外での児童・生徒の健康管理を徹底し、何よりも無理をさせないような指導の体制を整えるようにしております。
 続きまして、学習活動後でございますけれども、活動によって体温が上がるというのは、ご指摘のとおりでございますので、水分補給をすること、それから、体温を下げることが最も肝要なことでございますので、タオルで汗を拭いたり、あるいは、必要に応じては、濡れタオルで首筋、あるいは、関節の内側等を冷やすなど、そういうような指導を、子どもみずからもできるように、あるいは、促すようにしているところでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 神野芳行議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯14番(神野芳行) 適切な指導がなされていると思いますけれども、その屋外の運動の後に、それだけ、今、教育長が言われたようなことを、子どもたちがきちっと対応できる時間というか、中休み、授業と授業の間の時間の中で対応することが可能なんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育長(吉富 修) お答えいたします。学習活動の前後に、例えば、中間休み、あるいは昼休み等が都合よくあればいいのですが、必ずしも全ての学習活動等でそういう前後があるとも限りませんが、それは先ほども触れましたけれども、何よりも健康に対する留意が先行いたしますので、子どもの体調を見ながら、次の学習を始めるといったこともやぶさかではございません。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 神野芳行議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯14番(神野芳行) はい、わかりました。
 それから、やはり、熱中症防止のためには、小まめな水分補給という話ですけれども、小学校、児童は比較的よく水筒は持ってきていると思うんですけれども、中学校、生徒のほうは、水筒はあまり持参しないのではないかというふうに思っております。その辺は、状況はどのようでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 中学生は、水分補給についてどうかということでございますけれども、中学校についても同様に、教職員のほうからきちんと指導をしておりまして、部活動に対しても、今のところ、水分補給というのは、小まめに補給されている状況にあるというふうに聞いております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 神野芳行議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯14番(神野芳行) 水分の補給に関して、いろいろ調べていたんですけれども、この前、市長とお話をしているときに、スポーツドリンクを持参することもやぶさかではないというお話があったんですけれども、いろいろ調べる中では、やはり水が一番であるというふうに言われております。
 その辺の、水の摂取の仕方ということも、小学校の低学年でもよくわかるような内容だと思うんですけれども、私が調べた限りでは、まず、朝起きたら水を1杯飲む、それから、冷たい水はいきなり飲まない、それから、水は常温が望ましい、30分に1回、約180ccを摂取することがいい、1日2リットルぐらいというようなことがいろいろ書いてあるんですけれども、そういうことも、ぜひとも学習として指導をしていただけたらというふうに思っております。
 それから次に、ミストシャワーの設置のことなんですけれども、昨日、3番議員さんが質問されて、設置を研究したい、前向きかどうかわかりませんけれども、というふうに聞いておりますけれども、その辺はいかがですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育長(吉富 修) ただいま議員がご指摘のように、昨日、3番議員さんのほうからご指摘がございました。同様の答えになるかもわかりませんけれども、説明させていただきたいと思います。
 近隣の市町におきましても、このミストシャワーを使って、大変な効果を上げたという事例を、私ども、そういう情報を入手しております。それで、使われたのは簡易ミストシャワー、あるいは、教師の持ち込みによる霧吹きといったものでも十分な効果を、体温を低下させる効果が認められたということを、確かに手にしておりますので、今後、市、あるいは校長会とも相談して、積極的にこの点について検討を進めていくという回答をさせていただいておりますので、同様のお答えでよろしいでしょうか。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 神野芳行議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯14番(神野芳行) 重複させてすみません。よろしくお願いします。
 これは、専門的に言うと、ドライミストというのが正式みたいですけれども、いろんな場所、場所で活用が可能だというふうに思っております。だから、ほかの公共施設でも使えるところ、実際に、実証実験じゃないですけれども、実際に使っているところというのは、外気温よりもおよそ2度から3度ぐらい、ミストシャワーを使うところ、ドライミストを使っているところは、気温が低下しているということもあります。ですから、それぞれの所管の中で対応できると思われるところも十分検討される価値はあるのではないかというふうに思っております。
 それから、4)でございます。運動場(グラウンド)の芝生化の件なんですけれども、以前からこれはいろいろ各議員さんから質問があっておりますけれども、近隣、あるいは、芝生等を研究してまいりますということで終わっているんですけれども、今度、多目的グラウンドが全面芝生ということで、やっとそういうグラウンドができたかなという感じがいたしますけれども、その辺、学校としてはどうなのか、やっぱり適さないということで研究をやめているのか、その辺はいかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 学校運動場の芝生化の研究と検討はどういうふうになっているかということについてお答えしたいと思います。
 学校運動場の芝生化については、天然芝の場合、一定期間の養生が必要となり、その期間は運動場が使用できなくなります。乙金多目的広場を例にすれば、夏の5月と、冬の10月で、それぞれ約1カ月間、専門家の意見では、状況によりますが、それぞれ約2カ月間の養生が望ましいという意見をいただいているところでございます。
 小中学校で芝生の養生期間を設けた場合は、次のようなデメリットがあります。
 1点目として、屋外での体育の授業に差し支えること、2点目として、学校開放で利用しているスポーツ少年団等の野球、ソフトボール、サッカーなどの団体が使用できなくなること、3点目として、中学校では、中学校体育連盟の大会前の時期であり、部活動に支障があることなどが上げられます。
 また、芝生化された運動場では、野球やソフトボールなど、競技者が特定の範囲で活動する競技については、芝の管理に支障がありますので、使用が制限されます。これは、乙金多目的広場でも同様に使用を制限しているところでございます。
 これらのことから、学校運動場の芝生化は難しいのではないかというふうに考えているところでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 神野芳行議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯14番(神野芳行) 実際に、学校の芝生化というのは、文科省も推奨していることなんですよね。今の部長の答弁も従来と全然変わってないということなんですけれども、文科省のほうでも、教育上の効果、それから、環境保全上の効果ということで、いろいろうたっております。それから、地域のスポーツ活動の活性化ということも入っております。いろいろデメリットを先行して考えるよりも、メリットのほうも大きいわけですから、その辺をやはり加味して検討していかれるほうがいいのではないかというふうに思っております。
 実際に、ちょっとデータは古いですけれども、平成22年度でも、やはり、小学校でも何校か、文科省の補助をいただいて整備されておりますし、それから、近いところでも、福岡県の小郡養護学校でも整備をされております。ぜひとも、これは、メリットのほうが断然大きいのではないかというふうに思っております。
 それと、デメリットのもう一つの問題というのは、やはり、維持管理の問題があるかというふうに思っております。それもやはり、児童・生徒と力を合わせて、地域の方々と一緒に維持管理をやっていくという方法でやれば可能ではないかなというふうに思っておりますので、さらに研究をお願いしたいというふうに思っております。
 それでは、大きな2番目の薬物乱用防止についてに移らせていただきます。
 この薬物のことに関しましても、1番議員さんのほうからきのう質問があっておりまして、教育長の教育者としてのお考え、あるいは、県教委、本市の教育委員会の見解ということでご説明なさっております。それで、今回の事件について、県教委の見解と今後の対策、それから、本市の見解ということで、昨日述べられました話以外に何かございましたら、お伺いしたいと思いますが。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育長(吉富 修) 基本的には、昨日回答させていただきましたことが骨子となりますが、学校教育に対する信頼を大変大きく損ねたという立場から、趣旨は同じではございますけれども、重なるところもございますけれども、あわせて述べさせていただければと思いますが、よろしゅうございましょうか。
 5月9日に、その残念な報に接しましたが、その5日後に出されました県教育委員会からの通知、「綱紀の厳正な保持について」をもとに回答を差し上げたいと思います。
 そこでは、平成26年5月9日、市町村立学校長の覚醒剤所持容疑による逮捕という教育に携わる者として決してあってはならない事態が発生したことについては、極めて遺憾であり、特に、校長という立場にある者がこのような犯罪行為で逮捕されたことは、児童・生徒、保護者はもとより、県民の学校教育に対する信頼を著しく損ねる行為であり、断じて許すことができないという見解でございます。
 私どもも、同様に教育に携わってまいりました者、立場を変えましたけれども、教育に携わっております者として、同様に反省をしておるところでございます。申しわけございません。
 今回の事件の重大性に鑑み、以下の4点の取り組みを速やかに実施するように要求されておりますし、また、速やかに実施しているところでございます。
 1点目は、県教育委員会による管理職の研修会でございます。薬物乱用を中心とした不祥事防止に関する内容となっております。
 二つ目、校長による教職員一人一人に対する面談を行うことでございます。薬物乱用の恐ろしさ、教育公務員としての信用失墜行為として許されないことを指導しますとともに、あわせて、教職員の悩みや日常生活等の不満等を聞き取ることを主たる内容とする面談となっております。
 三つ目は、教職員の面談での結果も含めた教育長による校長の一人一人の面談を行うことでございます。
 そして四つ目は、教職員の研修でございます。これにつきましては、県が作成しております福岡県薬物乱用防止啓発用DVDを活用した研修会を行う予定としております。
 以上のような取り組みを中心に行い、また、それぞれの市町によるこれまでの取り組みを勘案しながら、二度と同様の事態が起こらないように、研修会を実施し、一層の綱紀粛正を図りたいと思っておるところでございます。
 また、ただいまのは、県教育委員会が全体的に共通の取り組みとして指示したところでございますので、本市につきましても、取り組んでまいりましたことを、少し重なるところはございますが、説明させていただきたいと思います。
 本市では、校長逮捕は5月9日金曜日でございましたので、土日をはさみまして、12日の月曜日には、大野城市教育研究会を開催いたしました。この研修会には、市内全ての小中学校の校長、教頭、副校長、そして、主幹教員などが参加する研修会でございますが、当日、100名を超える参加者がございました。
 その研修会で、もともとこの研修会は、「大野城市の組織的な教育活動の展開について」というテーマのもと、私が講話をするようになっておりましたが、その講話を変更いたしまして、教育公務員としての使命感のあり方等について指導をしたところでございます。
 現在、市内小中学校15校全てで、教職員の面談や校内での教職員研修を行っているところでございますし、この研修の成果を踏まえて、以後は、各校長の面談を私が一人一人で行うことになっているところでございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 神野芳行議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯14番(神野芳行) 教職員、ましてや、校長先生が薬物に手を出すということは、まさに想定されていないような事例だというふうに思っております。これからいろいろそういうふうな、先生方も研修をされて、受けとめたことに対して、やはり、それを児童・生徒たちにしっかりフィードバックしていただきたいというふうにお願いいたします。
 今、教育委員会のほうにお話を伺いましたけれども、本市の職員のほうも、そういうふうな薬物乱用に対しての啓発活動というのは、どういうふうにされてあるんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務部長(辻塚 顕) それでは、本市職員の薬物についての質問について、ご回答させていただきます。
 本市におきましては、飲酒運転等の法律違反により市民の信用失墜につながるような行為を厳に慎むよう、日ごろから、職員の綱紀粛正及び服務規律の徹底に努めているところでございます。
 しかしながら、薬物乱用による事件が発生している昨今の状況を見ますと、薬物乱用防止に対するより一層の啓発が必要だと考えております。そのため、今回、本市におきましては、全ての課長以上の管理職が出席します6月の経営推進会議におきまして、薬物乱用の違法性や危険性について、人事課から周知徹底させております。また同時に、仕事や家庭、健康面などで不安を持つ職員からの相談体制につきましても、改めて説明しております。
 今後につきましても、職員の綱紀粛正及び含む規律を徹底するとともに、職員からの相談体制を充実させ、職員の心身の安全、衛生管理に努めていきたいと考えております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 神野芳行議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯14番(神野芳行) 近年、この薬物乱用の年齢層というのが、以前はシンナーとかそういうもので若年層が薬物乱用をしていたんですけれども、近年はやはり、40代、50代の方々が増えているという話があります。やはり、ストレス社会の中で、そういうふうな薬物に現実逃避をしてしまうという状況があるようでございます。
 それと、この薬物乱用の啓発教育、啓発活動、こういうものが、やはり、全体的におろそかになっているのではないかなというふうに思っております。多分、教育委員会の中でも、先生方の中でも、あるいは職員の中でも、ちゃんとしたこういう薬物乱用防止の講習を受けたという方はいらっしゃらないんじゃないかなと思います。
 あとの4番目にちょっとかかってくるんですけれども、平成21年か平成22年だったと思いますけれども、大野城ライオンズクラブのほうから市長に、というよりも市に、薬物乱用防止の啓発資材をお送りした記憶がございます。これは、公益財団法人、厚労省がバックについているんですけれども、公益財団法人の麻薬覚醒剤乱用防止センターというところの啓発資材ですけれども、それを贈呈させていただいたんですけれども、それは今、どのように活用されているでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) ライオンズクラブから寄贈された分の活用方法について、私のほうからお答えいたします。
 大野城ライオンズクラブから、2009年に寄贈いただきました薬物等の模型やDVDの教材につきましては、市内全ての小中学校の養護教諭を対象とした研修会で活用させていただいているところです。
 各学校への貸し出しをできるようにしておりますが、養護教諭を対象とする研修会以外では、活用されていない状況が見られますので、各学校で積極的に活用されるよう周知してまいりたいと考えております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 神野芳行議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯14番(神野芳行) DVDとか、それから、児童でもわかるような小冊子のリーフレット、教材、それから、パネルがたしか10枚ぐらいあったと思うんですけれども、非常に大切なことが書いてあります。惜しいかな、やはり、これは専門的というか、そういうふうな薬物乱用防止の指導ができる指導員という方が少ないんですよね。ですから、先生方の中でも、やはり、特命でどなたか指定されて、そういう講習を受けられて、日々、児童・生徒への啓発教育をされてはいかがかなと思っているんですけれども、今現在、児童・生徒への啓発教育というのはどのようになされているんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 薬物について、学校でどのような取り組みが行われているかということでございますけれども、小学校の保健及び中学校の保健体育科の教科書に掲載されている内容に加えまして、平成25年度に配布されました福岡県作成の福岡県薬物乱用啓発用DVDを活用しているところでございます。
 その内容は、大きく二つに分かれておりまして、薬物に関する知識を解説する内容と、薬物を使用した少年がどのような結果を招くのか、ドキュメンタリータッチで描いたドラマとなっております。また、学習に使用するプリントもデータとして添付されております。これらを活用して学習に努めているところでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 神野芳行議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯14番(神野芳行) 教育長、先ほど言いましたように、先生方、どなたかやはり、特命で、これは県の教育委員会でやらなきゃいけないのかもしれませんけれども、特命でそういうふうな指導員を育成するという考え方はいかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育長(吉富 修) 大変なご指摘ありがとうございます。これから、このようなことが現実に起こりましたという事実を受けまして、地教連、あるいは、福岡地区管内教育長会におきましても、そのようなことを話題にしながら、県のほうに、そのような研修の必要性については上げてまいりたいと思います。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 神野芳行議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯14番(神野芳行) それから、市職員の方々もやはり、年に一度はこういうふうな啓発の講習といのを受けられることも大事ではないかというふうに思います。せっかく、資材もありますので、それを活用して、あるいは、もし、学校の先生が指導員の資格を取られて指導できるようになれば、指導を受けられるのもいいことじゃないかなというふうに思っておりますけれども。
 それから、今回、覚醒剤とかそういうものが話題になりましたけれども、ちまたでは、当初は合法ハーブということで、街頭で堂々と売られているやつが、今は違法ドラッグという形で、覚醒剤成分に非常によく似た成分が入ったものも売られております。
 こういう状況の中で、本当に今度は若年層がそういうふうに手軽に手に入るような状況が生まれてきています。実際に、福岡でも中央区今泉で、とあるビルのマンションの1室で密かに売られているところを摘発されております。
 福岡県は、この薬物乱用防止の条例を持たない県なんですね。まず最初に東京都が都の条例としてつくりましたけれども、福岡県のほうにも働きかけて、そういうふうな取り締まり、規制ができるような状況をぜひつくらなければならないというふうに思っております。
 もし、市内にこういうショップができたときは、どこがどういうふうに規制をかけて取り締まるのかご存じでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 暫時休憩いたします。
     ──────────────・────・──────────────
                 休憩 午後10時55分
                 再開 午前10時55分
     ──────────────・────・──────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 再開します。神野芳行議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯14番(神野芳行) 多分、これは想定されてないから、答えようができないと思うんです。ですから、これはよく考えてください。例えば、白木原の中にそういうショップができたらどうするのかということですね。考えてください。で、どう対処できるかということもやらなきゃいけないと思います。
 先ほど、啓発資材のお話をしました。これは、乱用防止センターの資材なんですけれども、これにも、実は欠点があるというふうに私は思っています。
 今まで私自身も、薬物事件の当事者に対して、誤ったイメージを持っておりました。違法薬物に手を出した者は自業自得だと。現在の日本の薬物乱用防止教育というのは、薬物を使用することは、人として断じてあってはならない。1度薬物を使用すると、後戻りができず、ずるずると底なし沼に沈むように、どんなにもがいてもはい上がることができないといったような表現の防止教育になっているようでございます。
 薬物に対する正しい知識を身につけることや、法を犯すことの影響を深く理解することは重要でありますが、既に薬物を乱用している者にはどうでしょうか。既に薬物を乱用してしまったものは、啓発スローガンが薬物依存者の社会復帰を阻害しない内容であるべきで、依存症回復施設に影響を与えていないかといった検証をするべきだと言われております。回復のために協力者を得にくいのは、人格否定されていること、薬物依存症が病気であるということや、犯罪者というレッテルによって社会復帰が難しくなること、薬物依存症を回復させるという、そういうもろもろの発想がないというふうに指摘されています。
 現に、今回の事件も、元校長の過去の功績は教育的配慮として、なかったことになり、本市地元出身のミュージシャンのすばらしい楽曲も、音楽出版会社の独自の自粛判断において回収され、社会に出回らないようになりました。
 人としての尊厳まで失い、どんなに社会貢献した人間でも、麻薬等の薬物使用が発覚すると、社会から抹殺され、功績もなかったことにしてしまう風潮が、日本の薬物乱用防止の取り組み仕組みの中に見受けられると感じた事件でございました。
 事件が発生してすぐですけれども、西日本新聞の夕刊1面、5月の27日、地元出身のミュージシャン、そして、元校長に対し、「曲に罪は」ということで、クエスチョンマークをつけております。いろいろ、この件に関しても考えさせられたところでございます。
 どんなに社会貢献した人間でも、麻薬等の薬物使用が発覚すると、社会から抹殺され、功績もなかったことになってしまう風潮、これは、もし、というよりも、これからですけれども、彼らが罪を償い、社会復帰のための薬物依存症を回復させる治療プログラムを歩んでいく中で、もし楽曲が歌い継がれていたら、どんなにか心の支えになることか。それが逆ならば、生きていく気力さえなくしてしまうのではないか、そんな思いがいたします。
 重たい話になりましたけれども、私個人としては、以上のように考えさせられた事件でございました。防災と同じように、薬物乱用防止も正しく恐れることが大切だというふうに思っております。
 最後に、昨今の事件に関しまして、公的立場の市長にお伺いするのもなんですが、市長のご所見を伺って、私の一般質問を終わらせていただきます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 井本市長。
                〔井本宗司市長 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯市長(井本宗司) それでは、お答えをいたします。
 報道されております今回の事件につきましては、事実関係が現在捜査中であります。社会的影響も非常に大きく、今回の事件については、極めて残念に感じておるところであります。
 先ほど、総務部長のほうから説明いたしましたように、市としましては、職員、教職員に対しまして、綱紀粛正はもちろんのことですけれども、薬物がもたらします健康被害や、さまざまな犯罪につながる危険性などを、広く周知をすることによって、社会全体が薬物を排除し、また、使用を許さない、そういう環境づくりに、これからも努めてまいりたいと思います。
 お示しになりました事例につきましては、罪を償われて、社会復帰プログラムの中で、どういう形に出るのかわかりませんけれども、例えば、校歌の場合は、やはり、校歌の中に学校の理念が入っていますね。あるいは、歌手でASKAさんの場合は、なくなったわけではなくて、DVDなり、音は残っています。償われて、社会に復帰されるときに、どういう姿で復帰をされて、どう貢献をされるのか、これは、見ていなければならないなというふうに思っております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) よろしいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯14番(神野芳行) はい。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 暫時休憩をいたします。再開を午前11時20分といたします。
     ──────────────・────・──────────────
                 休憩 午後11時03分
                 再開 午前11時19分
     ──────────────・────・──────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 再開します。次、13番、松下議員。
               〔13番 松下真一議員 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯13番(松下真一) 13番、日本共産党の松下真一です。私は、6月定例会において、今後の介護保険制度改革に対する大野城市の対策について質問いたします。
 本年4月、安倍内閣は、地域における医療及び介護の総合的な確保を推進するための関係法律の整備等に関する法律案、いわゆる医療・介護総合法案を、第186回通常国会に提案をいたしました。通常であれば、介護保険法の改正法案が国会に提案されるところでありますが、安倍政権は、医療と介護に関するさまざまな法案を一括して審議、処理し、介護保険制度の見直しを一気に行う考えです。
 問題なのは、社会保障制度改革推進法第7条に、介護保険の介護給付の対象となる保健医療サービス及び福祉サービスの範囲の適正化等による介護サービスの効率化及び重点化を図ると、給付の見直しが端的に表現されていることです。
 つまり、介護保険制度の持続可能の確保とは、さまざまな困難を抱える利用者や、介護の現場に視点を当てた見直しではなく、保険財政の事情を何より優先させた持続可能の追求にほかありません。これでは、介護の社会化の理念を放棄し、公的給付を削り、介護の責任を再び家族や地域に押しつける介護の自己責任化に後退するものであります。
 2000年、平成12年にスタートした介護保険制度は、その第1条に、要介護状態になっても尊厳を保持し、その有する能力に応じ、自立した日常生活ができるよう必要な保健医療サービス及び福祉サービスに係る給付を行うと明記してあります。
 今回の政府の改革から、介護保険制度の理念を維持し、大野城市民に対するサービスの維持確保をどのようにして行うのか、また、その対策について伺います。
 それではまず、要支援者に対する介護保険給付に関しての質問を行います。
 要支援1、2の利用者への訪問介護及び通所介護は今後どうなるのか、回答を求めます。
 以上で壇上からの発言を終わり、あとは自席より質問を行います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福祉高齢部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉高齢部長(渋谷亮二) 要支援者1、2の利用者への訪問介護、通所介護はどうなるのかというふうなご質問にお答えいたします。
 要支援1、2を対象とした介護予防給付のうち、訪問介護と通所介護につきましては、現在、国会に提出されております医療介護総合法案の中で審議されております。保険給付から地域支援事業へ移行することがこの中で示されておるところでございます。
 地域支援事業は、介護保険の枠内で行う事業であるため、介護保険の対象外となるものではございませんが、全国一律である保険給付に対して、市町村が地域の実情に応じた取り組みを行う事業となることになります。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 松下議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯13番(松下真一) それでは、随時質問を続けていきます。
 今、要支援1、2に対しては、介護保険制度枠内でというふうに言ってありましたけれども、今、国会の中で審議をされているその中で、要支援1、2の方々の受け皿、これに対しては、新たな総合事業として地域支援事業を創設をすることということになっております。
 この地域支援事業というものは、市直営で行うのか、それとも、委託で行うのか、まず、そのところを質問いたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福祉高齢部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉高齢部長(渋谷亮二) 市の直営で行うのかというふうなご質問でございます。ご回答申し上げます。
 保険給付から地域支援事業へ移行となるため、実施主体は市町村でございます。現段階では、介護保険法で厚生労働大臣が示すこととなっております指針が定まっておりませんので、実際の仕組みや事務手続がどのようになるかは不明でございます。
 今年度に策定いたします第6期介護保険事業計画の検討の中で、さまざまな条件を想定しながら、厚生労働大臣の指針が定まり次第、どのような事業を進めていくか決定をいたしたいと考えておるところでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 松下議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯13番(松下真一) 大臣の指針がまだ決まってないということでありますが、壇上でも言いましたように、方針については、財源の削減、これが明確に表現されております。政府は、予防給付と新たな総合事業の総額管理を実施する計画、これを持ち出しております。内容は、自然増分、人口の増分なんですけれども、これを、年5、6%を、後期高齢者の伸び年3、4%以下に抑えることが、費用の効率化というふうに考えている。このことなんですけれども、医療費は増える、しかし、それを人口の伸びの3、4%以下に抑えなさいという厚労省の考えなんですけれども、こうしたことが、市直営での事業を維持するための財源確保として大丈夫なんでしょうか、これについてお答えいただきます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福祉高齢部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉高齢部長(渋谷亮二) 財源確保は大丈夫かというふうなご質問でございます。ご回答申し上げます。
 地域支援事業は、介護保険給付と同じく、国・県・市の負担金、それと、被保険者の保険料が財源となっております。地域支援事業になったために、即座に特別な市の財政負担につながるというものではございません。しかしながら、市の裁量が大きい事業でありますことから、大野城市に適した費用対効果にすぐれた事業の実施を目指すことで、財政負担の低減にも配慮したいと考えておるところでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 松下議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯13番(松下真一) 事業そのものが市の裁量いかんによって変わるという部長の発言なんですけれども、では、そのサービスの内容、また人員、それから、サービスの質に関してなんですけれども、国は、一律な基準は認めず、大枠のガイドラインだけを決めて、その範囲内で自治体で柔軟な効率的な対応を可能にするというふうに言っております。これが、先ほど、今、部長が言われました市の裁量いかんだろうということだろうと思いますけれども、そうした場合、大野城市の財源を使って、今よりもレベルアップのサービスをするのか、それとも、財源のことを考えると、サービスを下げる、人員も下げる、そうした内容になってしまうのか、その点についていかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福祉高齢部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉高齢部長(渋谷亮二) 大野城市の財源を使ってレベルアップになるのか、それとも、下げざるを得ないのかというふうなご質問でございます。
 要支援の訪問介護と通所介護は、地域支援事業の中で、新しい総合事業として位置づけられております。既存の介護事業所によるサービスのほか、住民主体の取り組みを含めた多彩なサービスの提供が求められるところでございます。これまでの介護給付に比べて遜色がないサービスとするためには、地域ごとのニーズを把握し、NPO法人やボランティアなどの担い手を確保する必要がございます。
 これらのサービス体制を構築するためには、多くのさまざまな課題がございますが、この点につきましては、第6期の介護保険事業計画策定において検討を重ねながら、方針を定めたいと考えておるところでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 松下議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯13番(松下真一) 新しい総合事業の二つ目の中に、ボランティア、NPOを活用するなど、非専門職によりサービスの提供を可能とするという、今部長が説明されたことが明確に書かれております。この非専門職による対応で、本来ならばきちっとした専門的なサービスをするべきところを、簡単なサービスで我慢しなさいというようなことで、費用の削減をしてしまうということは考えられないのでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福祉高齢部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉高齢部長(渋谷亮二) 費用の削減につながらないかと不安があるというふうなことでございます。ご回答申し上げます。
 地域支援事業への移行によりまして、家事援助などのサービス提供主体について、NPOやボランティアなどの活用が国から提言をされておるところでございます。専門的なサービスが必要な高齢者に対しましては、引き続きホームヘルパーなどの活用も、現在想定をされておるようでございます。その対象といたしましては、現在審議中でございますが、日常生活に支障がある認知症の方であったり、自分の生活管理ができない方であったり、社会とのコミュニケーションが図れない方、退院直後の自立に向けて集中支援が必要な方、こういった方などが例示されております。
 これらに指針が出次第、この件につきましては、指針に沿ったところで検討したいと思っておるところでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 松下議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯13番(松下真一) 介護サービスについては、(4)の地域包括ケアシステムについてもまた同じような質問が出てきますので、そのときに伺いますが、今度は、特別養護老人ホームの入所要件、これも改正になろうとしています。今現在、大野城市の特別養護老人ホームの入所待機者は何人いらっしゃるんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福祉高齢部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉高齢部長(渋谷亮二) 現在の特養待機者は何人かということでございます。ご回答申し上げます。
 福岡県による特別養護老人ホームの入所待機者数調査によりますと、平成25年10月1日現在の大野城市民の待機者は166名でございます。このうち、62人が自宅待機者となっております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 松下議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯13番(松下真一) この特養ホームの入所要件なんですけれども、政府案としては、その入所要件が要介護3以上に変更になろうとしています。そうした場合、この入所待機者は何人になるのか。また、この166人から何人に減ってしまうのか。また、外された、待っていたら特養に入れると思っていたところが、要介護3という入所要件が変更することによって外された人は、今後どうなっていくのか、それについてお答えください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福祉高齢部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉高齢部長(渋谷亮二) 要介護3以上に限定した場合の待機者につきましては、111人でございます。このうち、自宅待機者は37人になるかと思っております。
 それと、要介護3以上の待機者になった場合、通知等をどうするのかというふうなことでございますが、入所申し込みの待機者に対しましては、要介護の引き上げにより入所対象者から外れる旨の通知があった場合、外れますよというふうなことになった場合は、実質的には各施設で対応していただくことになろうかと思っておるところでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 松下議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯13番(松下真一) 今度は入所者の内容なんですけれども、特養に入ることができたと、しかし、介護度が改善された場合、その方はどうなるのか。早期に退所していただこうというふうに、政府案としてはなっているようでありますけれども、その退所宣言、通告は誰がするのか、非常に厳しい通告だと思いますけれども、また、その後のフォローはどこが行うのか、それについては、見解はどうでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福祉高齢部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉高齢部長(渋谷亮二) 入所後に心身の状況が改善しまして、要介護1、2となった場合は、原則的には特別養護老人ホームを退所していただくことになろうかと思っておるところでございます。
 ただし、現在、やむを得ない事情によりまして特別養護老人ホーム以外の生活が著しく困難であると認められれば、特例的に入所を継続することができる、このことが検討されている段階でございます。特例入所の判定指針は、法案成立後に国が明示することになっておりますが、単に身体状況だけではなく、生活環境や家庭環境などを総合的に考慮して判断することになろうと思っております。
 退所の宣告といいますか、につきましては、基本的には先ほど申し上げましたように、その施設になろうかと思っております。しかしながら、実際には、じゃあ、退所後どこの施設、また在宅に戻れるのか、また違う高齢者専用の住宅等で介護サービスを受けながら居住を続けられるのか、そういったもろもろの関係もございます。そういったふうな関係につきましては、現在、全て介護保険には、ケアマネジャーというものがついております。そのケアマネジャーとご相談をしながら、そのような対応をとっていただくというふうなことになろうかと思っておるところでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 松下議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯13番(松下真一) 今度は、利用者の負担について伺います。
 政府が今国会で提出しているのは、今1割の利用者負担を2割に引き上げようという案なんですけれども、これが国会の委員会の中で2割に引き上げられる政府案の根拠が、非常に曖昧であるということで、田村厚生労働大臣が根拠の撤回を発言する一場面がありました。
 そういうことも考えて、今回、政府のほうから、改定される内容について、どこまで大野城市に通達というか、通知がされているのか、その内容について、回答ができましたらお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福祉高齢部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉高齢部長(渋谷亮二) 利用者負担に関する情報でございますが、これにつきましては、今議員がおっしゃられた、今審議中の内容の件につきましては、まだ国のほうからいろんな情報は届いてはおりません。その前の段階で国からいただいている利用者負担の改正内容、これについて述べさせていただきます。
 介護サービスを受けた場合に利用者が負担する負担金は、これまで所得に関係なく一律に1割でございました。今回の法改正では、所得額が被保険者の上位20%に属すると思われる160万円以上の所得を有する方について、利用者負担を2割とする改正案となっておるところでございます。
 ただし、利用者負担は、高額介護サービス費等で月額上限を設けておりますため、全てのケースで負担が2倍になるというわけではございません。また、現役並所得に対する自己負担上限額の引き上げや、公費投入によります低所得者の保険料軽減拡大につきましても、改正法案に盛り込まれておるところでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 松下議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯13番(松下真一) サービスの利用、このほかにも、特養に入所したり、デイサービスを利用したりした場合、俗に言われますホテルコスト、食事代とか施設の利用料とかいうものに対する負担がかかってくるわけですけれども、これに対して、低所得者に対する補足給付として、減額措置がされます。これの要件も政府案は変えようとしています。
 その一つに、資産要件の導入、もう一つは、世帯分離をしても配偶者の所得を1世帯として考えて、本人が低所得者であっても、配偶者がそれ以上の所得があったら、同じ所得者として、その補足給付から外すと。また、非課税年金、遺族年金や障害年金、これも所得の中に合算しようということが提案をされています。こういうことがもしされた場合、大野城市としては、何か対策というものは考えられるんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福祉高齢部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉高齢部長(渋谷亮二) 補足給付が維持できるかというか、対策があるかというふうなことでございます。
 補足給付は、住民税非課税世帯に属する高齢者が、施設入所やショートステイ、こういったもので、特別養護老人ホームなどの介護3施設、これを利用した場合に、食費及び居住費の一部を支給する制度でございます。
 今回の法改正では、先ほど議員が申されましたように、支給要件が見直されて、預貯金や不動産、こういった資産を勘案することが検討されており、これまで補足給付を受けていた方が対象外となることも考えられるところでございます。
 現在、法改正の趣旨や改正内容に鑑みますと、市独自の制度創設による上乗せ給付により、資産がある方に対し、補足給付を継続することは考えにくいところでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 松下議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯13番(松下真一) それでは、地域包括ケアシステムについてお伺いしますけれども、今まで回答された中で、やはり、中央が言われたことに関してはそのまま維持をして守っていかなければならないという考えが、どうしても見えてくるんですけれども、一番最初に、要支援1、2の利用者に対してどのように対処されますかと質問をしたときに、市町村の裁量が働く制度に変わるということを示唆されております。
 地域包括ケアシステムというのが、まさしく要介護、また、介護者になろうとしている予防介護というものを地域で見ましょうということで発案されたものでありますけれども、しかし、その根本の発想が、医療費の抑制による医療の機能の分化と再編に位置づけられています。要するに、医療費と介護と合わせて、もうそれ全体を引き下げてしまおうという、そういう政府の案がどうしてもここに見え隠れしているわけですね。
 そうなると、コストの圧縮のもと、利用者や患者の生活実態から出てくる生活ニーズに対応でき得るかということが、この地域包括ケアシステムが本当に住民ニーズとして利用できるかということになろうかと思いますけれども、その一つなんですが、ケア会議、いろんな介護者のケア会議を行います。今回、地域包括ケアネットワーク協議会が発足をして、専門性のある方々も委員になってありますけれども、そうした方々が行う、この会議なんですけれども、これが、「医療から介護へ、病院・施設から地域・在宅へ」の方針で、個人のケアに対する内容までを所掌することができるケア会議をすることができるのかどうか、これについて、どういうシステムになっているのか、回答お願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福祉高齢部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉高齢部長(渋谷亮二) 地域包括ケアネットワーク協議会、これとケア会議、これを掌握するのかというふうなご質問でございますので、回答いたします。
 大野城市地域包括ケアネットワーク協議会と、地域ケア会議は、それぞれ独立しております。どちらがどちらを掌握するというものではございません。地域包括ケアネットワーク協議会につきましては、地域ケア会議等で協議対象となった高齢者のうち、多くの問題を抱えて、地域による支援が困難となっております高齢者について、迅速かつ適切に処遇を決定するための機関として発足したものでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 松下議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯13番(松下真一) 壇上でも言っておりましたけれども、今回の改正案が介護保険制度の枠からなるべく介護を受けないようにしようと、内容、言葉は「予防介護」、介護を受けられないように、健康な余生を送りましょうというような感じで、いい言葉を使ってあります。
 今回の6月15日号の広報に、ちょうど載っているんですね。特集が載っていて、高齢者が安心して暮らすために、介護状態にならないためにはどうするか、介護予防教室まどかスクールとか、介護予防プランを作成しますとか、いろいろなことが書いてありますね。
 こういう、本当に健康ならいいんですよね。本当に健康ならいいんですけれども、これが、介護保険制度から外された高齢者としたら、その受け皿の機能が、家族相互、もしくは国民相互の助け合いの仕組みを通じて支援するようになるのかどうか。要は地域で見なければならないのかということが問題になってくると思うんですけれども、この「住みなれた地域で最後まで暮らせる体制」というのは、何を意味して、最後まで住みなれた地域で暮らせる体制と言っているのかどうか、これについて、まず回答してください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福祉高齢部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉高齢部長(渋谷亮二) 地域包括ケアネットワーク、これの体制がどのような体制をもってそう言っているのかというふうなことでございます。
 地域包括ケアネットワークにつきましては、住みなれた地域の中で、医療、介護、福祉、住宅、その他の高齢者支援、これが総合的にその中に提供されるというふうなシステムでございます。
 このシステムの確立には、非常に多くの課題が存在しておるというふうなことは、私どもも認識をいたしておるところでございます。特に大切な面というのは、現在国のほうでも申し上げておりますが、いわゆる地域の力、コミュニティ力、これをいかに引き出せるか、このことがこの地域包括ケアネットワーク、これを成功させる一つの手段ではないかと。いわゆる包括のネットワークづくりは、地域づくりであるというふうなことではないかというふうに考えておるところでございます。
 それにも増しまして、要支援の方々が、現在国も申しておりますが、要支援外しではないと、真に必要な方は、必要なサービスはそのまま、介護給付という枠からは外れますが、地域支援事業の中で見ていくというふうな方針を、現在のところは出しております。
 しっかりとした指針はまだではございますが、その指針を受けまして、私どもといたしましても、今、市民の高齢者の方々のこれからの、いわゆる健康と、介護の状態になっても大丈夫なような地域づくり、これに努めてまいりたいと考えておるところでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 松下議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯13番(松下真一) 地域力の醸成というものをうたってありましたけれども、そうした場合、その地域支援事業というのは、誰が責任を持って受け入れるのか、事業を行うのかというのが心配になってきます。
 例えば、ここにある地域ケア会議の役員の人には、区の役員、民生委員、児童委員、福祉委員、地域包括支援センターの職員、在宅介護支援センター、社会福祉協議会などで構成しますというふうになっていますけれども、どこがその責任主体となってするのか。地域の人が心配しているのは、コミュニティ運営委員会や区の福祉部の人たちが、こうした地域支援事業に駆り出されていくんじゃないかということを、非常に心配されている面があるんですね。これについて、どこが責任を持つのかということについての回答を願います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福祉高齢部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉高齢部長(渋谷亮二) 地域支援事業はどこが責任を持つのかというふうなことでございます。
 地域支援事業と申しましても、これは、介護保険制度のいわゆる財源の中で実施する事業でございます。一義的には、責任は市町村にあろうかと思っております。
 あと、今現在地域で民生委員さんであったり、福祉委員さんであったり、このボランティアの方々に、いわゆる押しつけといいますか、これがないかというふうなご心配でございますが、私どもといたしましては、民生委員さんであったり、福祉委員さんであったり、こういった、現在もいろいろな地域福祉活動をしていただいている方、この方には、なお一層ご協力を申し上げないかんというふうなことは考えております。
 ただ、地域支援事業の中でも、全てのいわゆる介護・要支援者、これがボランティアであったり、NPOであったり、こちらのサービスを受けなければならないというふうな話ではございません。先ほども少し申し上げましたが、専門的なサービスが必要な方、この高齢者の方につきましては、引き続き、ホームヘルプ、それから、デイサービスということで、こういった活用ができるというふうな話でございますので、私どもは、それに向かって準備を進めていかなければならないと考えておるところでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 松下議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯13番(松下真一) 介護を受ける方の中には、認知症の方もいらっしゃいますね、きのうの一般質問の中にも、認知症に対する質問がされてありましたけれども、要支援者の中にも認知症の症状を持つ人もいらっしゃいます。そうした方々の生活支援を一連の流れとして支援をすることが可能かどうかということを考えてみていただきたいと思うんですけれども、例えば、買い物はボランティア、食事はヘルパーさん、それから、医療は医療施設から来るというような、ばらばらの介護、訪問介護ということになってくると、これは、認知症を持っている人に対しては、サービスどころか、非常にストレスを感じるんじゃないかなと思います。
 こうしたことから、今、政府が行おうとしている地域で行う支援、地域支援事業というものは、この認知症を持っている人に対する支援事業は、これは適さないんじゃないかなと思うんですけれども、こうした認知症に対する支援事業、これについては、どういう計画を持ってありますでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福祉高齢部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉高齢部長(渋谷亮二) 地域支援事業に移行した場合に、新しい総合事業の中で、認知症の方の介護については、どこが責任を持って行うのかというふうなお話でございますので、ご回答申し上げます。
 ただいま議員が申されたような問題、これは、現在国会で審議中で、国会の中でも問題となっておる事項でございます。先ほど少し申し述べましたが、地域支援事業のサービスの対象となる方でも、サービスの低下によりまして、その方の生活、これが維持できないという方につきましては、一部現在のサービスを継続するというふうな方針、これは、今現在国会の中で議論中でございます。実際にはどのように指針として出てまいるかはわかりません。しかしながら、引き続きホームヘルパーの活用が想定される人たちといたしましては、日常生活に支障がある認知症の方、それから、自分の生活管理ができない人、こういった方たちは、引き続きホームヘルパーの活用と、これができるというふうなことで検討されておるようでございますので、その検討結果を待って判断をしたいと思っておるところでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 松下議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯13番(松下真一) 政府案の中の一つでありますけれども、そうした事業内容を的確にするために、生活支援サービスコーディネーターの配置事業というものが計画をされています。これは、ボランティアの養成や発掘など、地域資源の開発ということが目的であるようでありますけれども、先ほどから、地域で介護の認定者、要支援者の方々を見るためには、こうした地域力を養成していかなければならない。そのためにはボランティアの発掘なども必要になってくると思うんですけれども、こうした生活支援サービスコーディネーターの配置事業計画というのは、整っているんでしょうか、これについて回答願います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福祉高齢部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉高齢部長(渋谷亮二) 生活支援サービスコーディネーターの配置事業計画についての回答をさせていただきます。
 国は、地域包括ケアシステム、これを構築するためのアプローチの一つとして、NPOや民間企業、それからボランティアなど、多彩な事業主体による生活支援サービスの充実を掲げておるところでございます。
 生活支援コーディネーターは、高齢者のさまざまなニーズを、それらの事業主体とつなぐための支援として、市町村に配置が求められておるところでございます。
 これらの施策は、現在国会で関連法案の整備が検討されている段階でございまして、本市においては、今のところ、国会で提言されているような多彩な事業主体の発掘・整備、これまでには至っていないのが現状でございます。
 ボランティアの育成や、新たな地域資源の掘り起こし、こういったものを含めまして、生活支援サービスコーディネーターの配置につきましても、第6期の介護保険事業計画の中で方針を策定してまいりたいと考えておるところでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 松下議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯13番(松下真一) 政府案に対しての計画なんですけれども、まだ審議中であるからといって、余裕はないと思うんですよね。例えば、予防給付の見直し、これは、先ほど言いました要支援1、2の方々の通所介護、また、訪問介護、これを市町村に移行する、これは来年の4月から、また、特養老人ホームの入所要件の変更、介護度3以上に限定をする、これも来年の4月から、それから所得の見直し、また、補足給付の見直し、これは低所得者に対する対策なんですけれども、これは、来年の8月、ちょっと3カ月ぐらいずれるんですけれども、最初の二つは、もう1年切っているんですね。そういうことからすると、もう今の国会審議の状況とか、それから、田村厚生労働大臣の指針とかいうことを待っていたのでは、なかなか計画は進まないということで、早急にこれは進めていかないと、本当に来年の4月になったら、介護難民が出てしまうという危険性も出てくるんじゃないかと思うんですけれども、利用者の給付サービスは、たとえ来年の4月にこうした計画が本当に実施をされても、今までどおりに担保はできるのかどうか、これについては、いかがお考えでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福祉高齢部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉高齢部長(渋谷亮二) 給付サービスが担保できるかというふうなお尋ねでございます。ご回答申し上げます。
 要支援1、2の訪問介護と通所介護につきましては、地域支援事業の中の新しい総合事業として、市町村の裁量のもとに企画・運営する地域の特性を加味した事業へ移行しなければならないとなっております。
 制度改正によりましてサービスの低下を招くことがないよう、既存の介護事業者の活用に加えまして、NPO法人やボランティアなど、新しい事業主体につきましても、早急に協議を重ねまして、地域包括ケアシステム、これの体制を構築していくつもりでございます。
 いずれにいたしましても、第6期介護保険事業計画、これの策定作業を今行っておりますが、この中で検討を重ねながら、方針を定めてまいりたいと思っておるところでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 松下議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯13番(松下真一) 何はともあれ、今回改正されている以前に、プログラム法案というのが、これは何年ですかね、2013年の10月15日の臨時国会に提出されて、12月5日の参議院本会議でプログラム法案として、持続可能な社会保障制度の確立を図るための改革の推進に関する法律ということで、もう決定をされているんですね。
 この中には、2014年から2017年にかけて、このサービスの内容、これを随時改正していくということが、もう明確に書いてある。今の国会を待たずして、もうこれを変えていくんだというのが、2013年、もう2年前からこれを計画されているということですので、早目早目に、この介護計画、介護事業内容については、整備を整えていかないと、冒頭で言いましたように、大野城市民に対する介護サービスの提供というのが劣悪になってしまう、このことについて、非常に心配しておりますので、これをぜひ早急に行ってください。
 それから、来年のことにもなるんですけれども、生活困窮者自立支援法というのが、もうこれも法律で通って、来年の4月から実施をされます。これは、生活保護の関連にもなるんですけれども、介護で見ることができなければ、生活保護に、最後のセーフティーネットとしてある生活保護に、もう移行してしまおうという、それが見えてくるんですね。でも、そうならないように、生活困窮者の自立を支援するという法案までつくっているという、このはざまに入ってしまう人が出てこないかということで、非常に心配するんですけれども、この生活困窮者自立支援法、来年4月に施行になりますが、これとの連携というものは、総合的に考えてあるんでしょうか、これについて回答願います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福祉高齢部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉高齢部長(渋谷亮二) 生活困窮者自立支援法との連携はというふうなことでございます。
 生活困窮者自立支援法は、平成27年度の施行予定でございまして、現在生活支援課で、どのような事業を行うか検討しておる段階でございます。
 高齢者は、生きづらさを含めたさまざまな問題を抱えておられる方が多くいらっしゃいますので、介護サービス課や、その他関係部署と緊密な連携を図り、支援に努めていかなければならないものと考えておるところでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 松下議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯13番(松下真一) 最後にですけれども、生活保護世帯についての影響なんですが、昨年、生活保護基準というのが引き下げになりました。適用になるのは、随時適用になってきて、最初は、生活保護費の減額ということから始まったんですけれども、この生活保護基準の引き下げというのは、いろいろなところに波及するんだということを、昨年もお話ししましたが、こうした介護保険制度に関して、この生活保護基準の引き下げの影響というものはありませんでしょうか、これについてお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福祉高齢部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉高齢部長(渋谷亮二) 保護基準の引き下げによります影響がないかというふうなご質問でございます。お答えいたします。
 施設入所等に係る費用のうち、住民税非課税世帯で補足給付を受けている方が生活保護受給者であった場合、生活扶助基準引き下げによりまして、生活保護受給廃止となれば、食費や居住費の負担に影響が生じます。
 補足給付を受けていても、もともと生活保護受給者でない方につきましては、影響はございません。
 また、生活扶助基準引き下げは、介護保険料の減免に対して影響を及ぼすことが考えられます。実際の減免に影響する事例は、現時点では生じておりませんが、収入を生活扶助基準以下とする現在の減免基準については、低所得者の負担軽減を図るため、今後、他市町の状況も調査しながら、その内容については検討いたしたいと考えておるところでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 松下議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯13番(松下真一) 介護保険制度については、いろいろと研修を受けたり、本を読んだりして、今回質問したんですけれども、全く話し足りない。もう消化不良を起こしているような感じで、もっと時間が欲しいなという気がするんですけれども、それは、保険制度じゃなくて、もう介護問題というのは、現在の高齢者だけの問題ではないというふうに言われています。それは、年間10万人を超える人が、家族の介護のために離職や転職を余儀なくされているということが報告されております。現役世代も含めた国民的な課題となっているのが介護問題ではないかと思います。
 国は、この介護保険制度の理念を放棄して、地方自治体に責任を転嫁しようとしています。また、地域で見てくださいというふうに、自己責任までしていこうとしています。
 一番最初の質問で、地域、また自治体のニーズに合った、裁量に合った、そうしたサービスをつくることができるというふうに言ってありましたので、今後は、市長を先頭として、市の職員の方々の意欲と発想で市民を守るしかないと、私は思います。
 今現在は、介護保険料は、しっかりと徴収はされております。高齢者の人も特別徴収で引き落としをされています。いざ必要となったときに、もし、サービスを受けられないとか、今までは受けられましたけれども、もうちょっと先になりますよとかいうふうに、どんどん後退していくのであれば、これこそ、行政が行う振り込み詐欺だと言わざるを得ないと思いますね。
 保険料だけは取っておいて、サービスはしない。これはもう振り込み詐欺そのものです。こういうことにならないように、また、大野城市は、ほかの自治体と比べても、介護に関しては、また、ついの生活、住みかとしては、大野城市は最適ですよということを言われるような、そういう市になってほしいなということを希望いたしまして一般質問を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 暫時休憩いたします。再開を午後1時10分とします。
     ──────────────・────・──────────────
                 休憩 午後0時10分
                 再開 午後1時09分
     ──────────────・────・──────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 再開します。18番、清水議員。
               〔18番 清水純子議員 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯18番(清水純子) 私は、6月定例会におきまして、5歳児健診とブックスタートの2点について、一般質問をいたします。
 母子保健法に規定されました重要な事業である乳幼児健診は、時代とともに大きく変貌を遂げています。医師と保健師などによる母子保健から、子どもの健康と将来に向けての健全な育成を促進するための取り組みへと多くの保健・福祉サービスが展開されています。
 乳幼児健診の目的や意義が、子育て支援に変化してきており、今、一番求められる乳幼児健診での対応は、支援であるとまで認識されるようになりました。
 健診そのものの対応は、疾病の発見や異常の発見という視点から、子育てという生活の営みを支援するという方向へ、価値観や認識が変化し、健診の対象も、子ども、両親、そして、家族など、子どもを取り巻く環境に、大きく視野を広げています。
 当事者を中心として、子育ての障壁になっている子どもの健康、家庭内の人間関係、子育てへの不安感情、周囲の人間関係、住居等を含む地域の生活環境などに対して、さまざまな専門職が関与しながら、当事者と一緒に解決するという生活モデルに基づいて、適切な支援をするという取り組みが求められています。したがって、健診はその契機であり、問題を解決するための糸口を見出す重要な事業と言えます。
 大野城市では、乳幼児健診を4カ月・10カ月・1歳6カ月を指定医療機関、いわゆる個別健診で受診、歯科検診は、1歳6カ月を指定医療機関で受診するようになっています。そして、3歳児健診については、すこやか交流プラザで集団健診、今年6月からは、歯科検診も集団健診と一緒に実施することになりました。
 法定健診は、大野城市では3歳健診までであり、その後は、就学時健康診断まで義務づけられた健診の場はありません。3歳児以降に幼稚園に入園し、あるいは、保育園において、集団生活の中で発達障がいの特性による困難さが見えてくることも多いことから、3歳から5歳児前後の時期に、何らかの発達障がいに関する気づきや発見、支援のシステムが必要であるとして、自治体によっては、3歳児以降も毎年健診を実施しているところや、5歳児健診を実施しているところもあります。
 発達段階における何らかの障がいを持つ子どもが、1クラス平均2人から3人いること、切れ目のない支援を推進していくため、就学後の支援の継続をも目的として、就学時健康診断を、保健・医療・福祉・教育が連携した形で実施することも、今後必要ではないかと考え、それらを実施している自治体もあることから、5歳児健診の考え方について、提言と質問をいたします。
 1点目は、平成22年から事業開始になりました3歳児集団健診についてです。
 個別健診から集団健診へと変えるために、私も一般質問を繰り返してきましたが、医師会を初め関係者の皆さん、そして、担当課の皆さんは、大変なご苦労があったことを聞き及んでいます。
 以来3年を経過しましたが、一つ目は、その受診率について、二つ目は、その成果と課題についてお尋ねをします。
 以上、壇上からとし、あとは自席にて再質問をいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) こども部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども部長(大内田京子) それでは、3歳児集団健診の受診率からご回答申し上げます。
 先ほどおっしゃったように、3歳児健診は平成22年5月から、医療機関での個別健診から、現在の集団健診に切りかえておるところでございます。受診状況につきましては、平成22年度は、対象者1,077人中1,037人が受診し、受診率は96.3%です。平成23年度は、1,130人中1,109人で98.1%、平成24年度は、1,065人中1,063人で99.8%、平成25年度は、1,067人中1,064人で99.7%が受診しており、100%近い水準で推移しております。
 次に、成果と課題についてお答えいたします。
 成果としましては、専門職として、医師や歯科医師のほか、臨床心理士や助産師、保健師、看護師、さらに、管理栄養士、聴覚や視覚を含む特別支援学校の教諭、保育士、歯科衛生士などが携わる形で実施しており、子どもの虐待防止や子育て支援、保護者の育児不安の解消に、大きな役割を果たしていることが、まず第一に上げられます。
 また、多様な専門職が観察することにより、発達障がいも含め、支援が必要なお子さんを早期発見することができ、その後の市の保健師による相談や支援先の紹介など、きめ細かなフォローにつながっていると考えております。
 毎回、受診後に行っております参加者アンケートの結果では、「いろいろと相談できた」や、「スタッフが親切だった」、さらに「スムーズでよかった」といった意見が寄せられ、保護者の満足度が、平成25年度は96%に達しており、高い評価をいただいていると実感しています。
 また、受診率がほぼ100%となり、3歳時点において、支援の必要なお子さんをしっかりと把握できるようになっています。特に小児科だけではなく、今年の5月からは、3歳児歯科検診を新たに集団健診に組み入れたことで、これまで90%前後にとどまっていた歯科検診についても、受診率の大幅な向上につながったと考えています。
 一方、課題としましては、個別健診と比べ、長い時間がかかっていることが上げられます。時間が長くかかっても、「ゆっくりと相談できてよかった」とのことで満足をいただける方も多い状況ではありますが、健診時間の短縮と参加人数が多い日の満足度の向上に向けて、スタッフ間で協議を行い、レイアウトの変更などの改善工夫に取り組んでいるところでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 清水議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯18番(清水純子) よかったですね。集団健診に入る前に、随分、担当課の皆さんが医師会との協議でご苦労されたこと、私も質問するたびにさんざん聞かされておりましたから、私も大変身が痛い思いをしましたけれども、これだけの成果があったというのは、大変よかったと思います。それだけ、若いお母さんたちも、待ち時間が長くても、そこに行けばお友達との出会いもあるという新たな出会いもあるという意味でも、成果があったんじゃないかと思います。
 それで、今、今後の課題について、部長が答弁されました待ち時間ですね。あの狭い場所で待っていらっしゃるあの時間を考えると、例えば、参加される方の、何というんですか、日にちの限定というのは難しいと思うんですが、その辺の工夫というのはできるんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) こども部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども部長(大内田京子) 待ち時間の解消という意味合いで、例えば、参加されるというか、受診される方を少し分散させるとか、それから、偏らないようにする方法ということでお答えさせていただきます。
 3歳児健診には、少しでも分散して来場していただくために、毎回、受け付け時間を三つに分けて、案内通知を郵送しています。筑紫地区の他市では、特に分けての案内はしていないとのことで、大野城市独自の対応であると認識しております。なお、指定以外の時間帯を希望された場合は、柔軟に対応することとしています。
 また、今年の5月からの3歳児健診に歯科検診を導入していますが、待ち時間が生じやすい問診の前に、歯科検診を組み入れることにより、健診全体の時間は変わらないようにするなど、待ち時間の解消に向けた工夫を行っているところでございます。
 参加人数が偏るというところでご回答させていただきます。
 誕生月ごとの案内は、毎月90人前後と、生年月日での偏りは余りなく、毎回おおむね均等に割り振って、案内通知を郵送しているところです。しかし、前回までに体調不良など、さまざまな理由により受診できなかったお子さんの参加が非常に流動的でありまして、人数の偏りは予測困難な状況でございます。
 そこで、人数が多い場合でもスムーズに受診できるよう、日々スタッフが意見を出し合い、健診体制の充実に向けて継続的に取り組んでいるところでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 清水議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯18番(清水純子) なかなか、他市でもやられてないことで、相談し合いながら、きめ細かい案内通知を出してあるということがわかりました。
 ところで、この受診、何らかの理由で受診できなかった方たちへの対応はどのようにされていますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) こども部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども部長(大内田京子) 受診をしてないお子さんにつきましては、まず初めに、案内通知を郵送することにより受診を勧めています。案内通知での連絡を行っても受診されない場合は、保健師から保護者へ直接電話をかけ、状況を伺い、受診を勧めております。電話が通じなかったり、電話で未受診の理由やお子さんの状況などが市のほうで把握できないまま未受診の状態が続く場合は、保健師による家庭訪問を行っております。
 これらの取り組みは、受診対象年令を過ぎる4歳になるまでの間、継続して行っているところでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 清水議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯18番(清水純子) ということは、受診漏れは、あったにしても、後フォローできちっと対応されているというふうに、認識してよろしいんですね。
 それで、さらなる療育支援を図るために、二つ目の質問をいたします。
 平成17年施行、平成24年に改正された発達障害者支援法は、長年にわたって、福祉の谷間で取り残されていた発達障がい者の定義と、社会福祉法における位置づけを確立し、発達障がい者の福祉的援助に道を開くため、地方公共団体の責務として、発達障がい児の早期発見・早期支援・発達障がい者の自立及び社会参加に対する支援が求められることになりました。
 そこで、早期発見・早期療育支援のためには、さらなる支援ということで、5歳児健診が必要ではないかと考えます。
 まずは、一つ目に、発達障がい児の現状と今後について、質問をいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) こども部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども部長(大内田京子) 発達障がい児の現状と今後についてお答えいたします。
 3歳児健診の結果、発達障がいの可能性により、既に医療機関等を受診中のほか、精密検査や経過観察、専門職への相談が必要と診断されたお子さんの人数は、平成23年度は、1,109人中102人で9.2%、平成24年度は、1,063人中94人で8.8%、平成25年度は1,064人中96人で9%となっており、この3年間については、ほぼ変動がないという状況でございます。
 なお、発達上の問題の程度や、抽出範囲を限定したデータとして、3歳児と1歳6カ月児健診の結果に基づき、支援が必要な乳幼児対象の相談事業として、市が実施しているすこやか育児相談を受けた人数は、平成24年度は30人でございます。その内訳は、8割の24人が言葉のおくれによるものであり、次いで、行動上の問題や、精神発達のおくれが多くなっています。また、この計30人のうち、フォローの継続が必要とされたお子さんは23人、問題なしとされたのは7人となっております。
 翌平成25年度の相談者は37人で、そのうち、その後のフォローを継続したお子さんは34人、問題なしとされたのは3人のみとなっており、本格的な相談につながり、支援が必要と判断されたお子さんの数は、この1年で大きく増えています。
 このような状況や、全国的な傾向から見ても、今後、本市の発達障がいの心配があるお子さんの人数が減少に向かうことは、当面考えにくいと認識しております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 清水議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯18番(清水純子) いろんな条件があって、今、部長も答弁されましたように、減少方向にはない、むしろ横並びというのは難しいと思うんですね。微増に増えていくであろうというふうに見られると思いますが、特に難しいところは、乳幼児健康診査の結果、心理とか発達相談を紹介する場合の保護者の不安感ですね。非常に強いんじゃないかと思います。ましてや、自分の子どもが障がいがあるということを認めるということは、容易なことではない。じっくり時間をかけて、それこそ必要性について、説明と同意と、大変大切なことだろうと思いますし、そのことが配慮されないと大変だろうと思っています。
 それで、担当される方は、十分このことはご承知だからこそ、保護者の受け入れの困難さで苦慮されているのではないかと考えます。
 それで、このことがきっと二つ目の大きな障壁になっているんだろうと思うんですが、この子どもたちは、しかし、早期発見して早期養育治療することによって、周りの理解とか、接し方がうまくいけば、トラブルを回避することも可能になるんですね。で、みずからが社会的スキルを身につけたりすることが、とても可能になっていく。有名な方の中にも、発達障がいであったという人もたくさんおられます。ここで名前を上げるわけにはいきませんけれども、そのことは、皆さんもご承知じゃないかと思います。
 だからこそ、早期発見・早期療育治療、そして、教育が必要ではないかと思うんですが、この増加傾向にある障がいの子どもたちに対して、今後どういうふうにしていかれるんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) こども部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども部長(大内田京子) こども部として現在取り組んでいることを回答させていただきます。
 小児科医とは、毎年、乳幼児健診事業についての検討会を開催して意見交換を行い、健診体制の充実、改善を図っています。また、月2回の3歳児健診のときも、必要に応じて、各医師から個別に情報や意見をいただいています。また、今年度は、保育所、幼稚園、届け出保育施設等の職員を対象に、療育事業研修会を実施しており、発達障がいに対する理解を深める取り組みを進めているところです。
 このほか、平成24年度から行っています子ども療育支援センター事業研修会は、小中学校や特別支援学校などの教育機関も含め、さらに広く参加を呼びかけており、各機関との関係構築に努めています。
 さらに、平成24年度からは、療育事業の中で、保育所、幼稚園、小学校の巡回指導を行うなど、さまざまな機会を通して、関係者の連携強化に取り組んでいるところでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 清水議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯18番(清水純子) いろんな取り組みがなされていることがよくわかりました。
 それで、次の質問ですけれども、3歳までの健診は、いわゆる集団行動の問題点は明らかにされにくいんですね。軽度の発達上の問題、社会性の発達における問題は、集団生活の中で明らかになると言われています。
 そこで、5歳児健診についてなんですが、過去、今までの3年間の3歳児集団健診の経過を得て、今後、この5歳児健診について、どのようにお考えでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) こども部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども部長(大内田京子) 5歳児健診についての考えはということでお答えいたします。
 本市の3歳児集団健診は、小児科医などの医師だけではなく、先ほども申し上げました特別支援学校の教諭や臨床心理士、保健師、助産師、保育士など、多くの専門職が携わり、少しでも気がかりなお子さんは、健診以降も手厚くフォローしていく形としております。
 また、3歳以降に問題が起きた場合についても、関係機関との連携により支援をする体制をとっております。保育所や幼稚園なども、発達障がいの早期発見についての意識は高く、気がかりなお子さんについては、保護者へ相談機関の紹介を行うなどの取り組みが行われています。
 高い通園・通所率から考えて、ほとんどのお子さんをカバーできているのではないかと考えています。なお、小学校に入学する前年の10月ごろに実施しております就学時健診は、おおむね5歳半から6歳半の時期に行っています。
 これらのことから、発達障がいの早期発見に向けては、5歳児健診導入も一つの手法とは認識してはおりますが、現時点では、保育所や幼稚園を中心とした関係機関との連携強化や、就学時健診で行う知能検査の活用、健診体制の充実、そして、相談事業を初めとした3歳児健診後のフォロー体制の強化などを優先して検討していきたいと考えております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 清水議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯18番(清水純子) 今のお話を聞きますと、きめ細かに、3歳児から4歳児は別として、5歳児の後半ぐらいから6歳、就学時前の健康診断にかかる前のところまでを、ある程度のフォローがなされているというふうに、認識してよろしいんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) こども部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども部長(大内田京子) はい。3歳児健診で少し支援が必要だなというお子さんに対しては、継続的にフォローしているところでございますので、そういうふうに受けとめていただいて結構でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 清水議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯18番(清水純子) 私が質問したいのは、そのことも重要ですけれども、3歳までが国が定めた健康診断であり、その後の学校へ上がる前の2年間、今の部長のご答弁ですと、いわゆる気になる子どもたちのところなんですが、そうじゃなくて、3歳の集団健診後の、今申し上げました集団生活の中で明らかになっていく気になる子どもたち、その子どもたちへの対応、そのことが5歳児健診で明らかになっていくということで、それを、小学校に上がる前の健診とうまく連動させて、例えば、質問の大きな演題に上げています5歳児健診というふうになるのか、そうじゃなくて、それはもう5歳児健診はやらなくても、今やっていることをより充実させることによって、障がいを持つ子たちにもきちっとした支援体制がとれるということなのか、その辺をお尋ねします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) こども部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども部長(大内田京子) 先ほども申し上げましたが、5歳児健診の導入は一つの手法とは思いますけれども、実際、清水議員がおっしゃっている集団生活の中で、はっきり見えてくる発達障がいという場面もございますので、そこら辺について、少しご回答させていただきます。
 保育所や幼稚園の集団生活の場においては、日ごろから児童の健康状態や育ち、心情、態度等について、保育士や幼稚園教諭が事細かに観察し、一人一人の児童が安心して生活し、成長できる保育環境となるよう努めております。
 その中で、発達上の心配があると思われる児童につきましては、保護者との面談を通して、子ども相談センター等関係機関の紹介などの情報提供も行いながら、児童のよりよい成長のために、ともに考えていく姿勢で取り組んでおります。
 また、小学校における児童の育ち、理解を助ける資料として、国の指針等に基づき、保育所等において、児童が育ってきた姿や、発達の状況をまとめた保育要録等を作成し、小学校に提供することとなっています。
 なお、この保育要録等は、一人一人の児童のよさや、全体像が伝わり、児童にとって最善の利益につながる資料として活用されるべきものであり、保護者との信頼関係のもと作成する必要があります。
 このことから、小学校との情報共有につきましては、入所、入園時や懇談会などを通して、その趣旨を保護者に十分理解していただく必要があると考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 清水議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯18番(清水純子) ちょっとお尋ねします。今、ご答弁の中で、保育要録等というのは、何か略語でしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) こども部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども部長(大内田京子) 失礼しました。保育所児童保育要録が正式名称でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 清水議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯18番(清水純子) 略語を使われると、すみません、私もよくわからないときがありますので、失礼しました。
 今のお話で、大体大まかにわかったんですが、学校とそういうふうにきちっと連携をとっているから、だから、学校に上がっても大丈夫ですよということでよろしいんですか。例えば、幼稚園とか、あるいは保育園で、集団生活の中で少し、ちょっとこの子気になるなというのが、園で把握してあって、そのことが保育要録等ですか、になるまでにいろんな議論がなされてくると思うんですが、今言われました保護者との、やはりきとっとした面談がないと難しいというふうに答弁いただきましたが、その面談が容易ではないと思うんですけれども、その辺はどのようにされますか。
 何と言うんですかね、漏れていくというか、もう、うちの子はそういうことはない、例えば、3歳では大丈夫だったんです。そのときは何も言われなかった。でも、学校に上がるころになって、健康診断をやって、少しおかしいよと言われて、いや、そういうことはありませんというふうに、大方の方が受容されなくて、言われると思うんですね。その辺をどういうふうにされていきますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) こども部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども部長(大内田京子) 保育所での対応の仕方ということでお答えいたします。
 保育所でそういう集団生活の中で少し発達障がいの可能性があるというふうに見られたお子さんの保護者に対しましては、先ほど申し上げましたように、面談の中で、そういう形のお伝えをしているところです。例えば、相談センターを紹介したり、療育支援センターを紹介したり、そういったことを根気強く面談を通して行っているところです。
 今おっしゃったように、確かに、すぐ、「ああ、そうですか」ということではなく、なかなかやはり、受けとめ切れない保護者もいらっしゃいまして、そこら辺はやはり、回りくどい言い方とか、そういう直接的な「障がい」というような言葉を使わずに、保護者のショックとならないような説明の仕方をしながら、時間をかけて何回も声かけをしながら、そういう相談機関とか、療育機関に行くことを勧めているという状況でございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 清水議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯18番(清水純子) 先ほどのご答弁の中で、学校との連携もとりながらというふうにいただきましたけれども、学校は、就学時健康診断を実施していますね。そこと、いわゆる教育部になりますが、そこと、こども部という連携は、どういうふうになされているんでしょうか。次の質問に移ります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 学校と、こども健康課を中心とする取り組みとの連携はということでございますが、まず最初に、今現在やっておる取り組みについて回答させていただきまして、そして、お尋ねの就学時健診のときに、どのような連携が考えられるのかということで回答させていただきたいと思います。
 現在、こども部と教育部の連携につきましては、特に就学前児童の小学校への就学に向けた連携を密に行っているところです。毎年、教育委員会が主催する幼稚園長、保育所長と小学校長との合同会議には、こども部も参加し、小学校、保育所、幼稚園でのそれぞれの子どもたちの様子を具体的に合同参観し、情報交換を行っております。
 その後、来年度入学予定の子どもたちの様子について、小学校区別に、幼稚園、保育所と小学校との情報交換を行っているところです。
 この幼稚園長、保育所長、校長合同会議を中心に、子どもの発育と支援に向けた協議が密に行われる環境が構築されております。また、小学校の学校運営協議会には、校区内の幼稚園長や保育所長も委員として参加していただいておりますので、ここでの連携も図られているところです。
 また、本年度からは、こども部で行っている3歳児健診に、学校教育課の臨床心理士と教育指導室の指導主事を派遣し、子どもたちの様子を早い段階で把握することができるようになりました。今後、配慮が必要と感じたお子さんの保護者を含めて、発達や発育に関する内容をまとめたリーフレットを作成・配布し、不安を持つ保護者には、教育サポートセンターで、小学校への就学に向けて相談されることをお勧めしているところでございます。
 次に、就学時健診での取り組みでございますけれども、就学時健診の際に、発達障がいの可能性が疑われたとしても、先ほどから議員が言っておられるように、保護者の心情からして、すぐに検査へとつながらないところでございます。
 ですから、そのような配慮が必要であるというようなお子さんが見つかった場合については、校長室のほうで相談室を設けておりますので、そちらのほうに相談を促しているという状況でございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 清水議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯18番(清水純子) 今のは、結局、学校に上がる前の5歳児ぐらいからされるんですか。6歳児、入学前の1年生に入る前に、こども部長の答弁では前の年の10月ごろからそれを進めていくということで、それは、現場に先生たちが出向いて行って、実際に子どもたちの様子を見るということじゃなくて、それぞれの園の保育園長とか幼稚園長、学校の先生たちと協議をするということで、子どもたちが動いているさまというのは、実際には見られないんですね。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 主に、子どもたちの個別の様子について、学校長と幼稚園長、保育所長等が協議をするというのが主でございますけれども、現場に出向いて子どもたちの様子を見るということも当然行っているところでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 清水議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯18番(清水純子) そこに、臨床士とか専門家の方たちも一緒ということに理解してよろしいんですね。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 福祉の専門家は入っているかということについてお答えしたいと思います。
 今までは、教育委員会にそのような、いわゆる教育サポートセンターを立ち上げていませんでしたので、そのようなことができませんでしたけれども、今年の4月23日に教育サポートセンターを立ち上げまして、福祉の専門家とのジョイントというのが成功いたしましたので、今年度からは、福祉の専門家も同行して、派遣して、そして巡回をするというような形で進めてまいりたいと考えております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 清水議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯18番(清水純子) 実は、私もそのことをぜひ、せっかく福祉の専門家を今度の条例でも、いじめ防止条例の中に、そういう配置もするということをうたわれておりましたし、3月の予算のときにも、臨床士を雇用、採用するということもお聞きしていましたので、そういう活用ができれば、なおさらきめの細かい、専門職によっての発達障がい児の早期発見ができるということの体制が整ったわけですよね。
 それで、実は、これは私も全国的に5歳児健診をどこがやっているのか、いろいろ調査したんですが、やはり、5歳児健診ともなれば、人の配置を含め相当の費用がかかるんですね。大田原市というところでは、出前型の健診をされているんです。それは、医者と保育園、事前にきめの細かい問診票を保護者に対して送り、あるいは保育園、あるいは幼稚園の先生たちにも問診票を送って、事前に打ち合わせをした結果でチームを組んで、それぞれの保育園、あるいは幼稚園に行って、実際に子どもたちを見ていく、出前健診というのが成功しているようです。
 これを今、ちょっと紹介しようと思っていたんですが、もう今、私のほうの大野城市でも、その体制がつくられてきていますので、今後保護者が安心して相談できる体制というのは、やはり専門職が一番だろうと思います。そういう意味では、ぜひ専門職の有効活用、これは、人のことを有効活用なんて言うと大変失礼なんですが、有効に活用していただきたいと思いますし、これからの療育事業を大いに期待したいと思っております。
 それで、最後のところの質問ですが、実は4番目です。就学支援を必要とする児童の早期発見のところは、今の流れの中で大体わかりました。それで、問題は、私が聞きたかったのは、就学前の健康診断に行くときに、そこまできちっと連絡網がとれてなかったというふうにお聞きしていたものですから、それでこの項目を上げたんですが、一番ネックは保護者のところを、やはりきちっと配慮をしていただきたいと思いますので、その辺はよろしくお願いをいたします。
 それから、最後になりますが、これは、発達障がいの支援法に定めた最たるものだと思うんですけれども、発見から支援、そして、それに対する情報、それを個人情報に十分配慮された上で、相談支援ファイルのようなツールを活用することで、保健・福祉・医療・教育等の関係の部門に共有化されて、問題は就労なんですね。就労までに継続的に総合的な支援がなされるかどうか、それが発達障害者支援法の自治体の責務ではないかと思うんですが、その辺はどのようにお考えでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 個人情報の関係はありますけれども、もろもろの成長過程で出たデータを活かす、しかも就労まで活かしてはどうかということに対してお答えをさせていただきたいと思いますが、今、教育サポートセンターを立ち上げまして、福祉と教育のジョイントということで進めているわけですけれども、そのデータベース化につきましては、まずはゼロ歳児から義務教育課程終了までというところで、保護者の皆さん方に理解をいただいて、そして了解をいただいてシステム化していこうというふうに考えております。そこで社会に出て十分に活躍できる子どもたちを育成していくというものが、まず第一段階であろうというふうに思っています。
 次に、就労までそれをつなげるかということにつきましては、今後の課題としながら取り組んでまいりたいというふうに思います。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 清水議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯18番(清水純子) 大変なことだと思いますが、障がい者も仕事ができる、そんな社会にぜひしていきたい、それは、私もそう思いますし、そのことが自治体の責務であろうと思いますから、よろしくお願いをします。
 続きまして、大きな2点目、ブックスタートについて質問をいたします。
 読み聞かせのボランティアさんを初め、多くの方々の努力と協力で、平成25年8月から始まりましたブックスタート、ようやく1年を経過しつつあるところなんですが、ブックスタートに参加されたお母さんに二、三、お声を聞きましたら、とてもよかったと言って、喜んでいらっしゃいました。
 読み聞かせの会場を私も二、三カ所回りました。読み聞かせをしているボランティアの皆さんたちは、大変張り切っていらっしゃいましたし、そういう様子をかいま見せていただきました。
 そこで、1点目の質問なんですけれども、生後4カ月の赤ちゃんと保護者を対象に実施されていますが、対象者数とその利用者数についてお尋ねをいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) こども部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども部長(大内田京子) ブックスタートの対象者数と利用者数についてご回答申し上げます。
 ブックスタートは、生後4カ月の赤ちゃんとその保護者を対象に、絵本の読み聞かせを行いながら、楽しい時間を過ごすことで、赤ちゃんの健やかな成長を支援することを目的とし、平成25年8月に開始いたしました。
 ブックスタートを開始いたしました平成25年8月から今年の5月末までの対象となった赤ちゃんの合計は、916名でございます。そのうち、ブックスタートに参加した赤ちゃんの合計は399名で、参加率は43.6%となっております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 清水議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯18番(清水純子) 私が訪問した場所では、時間の関係もあったんだろうと思いますが、非常に参加者が少なかったようです。それで、2番目の質問なんですが、対象月から1年間というふうになっていますが、場所とか曜日について問題はないのでしょうか。例えば、各コミュニティ月1回になっています。そして、まどかぴあが月2回、土日が子ども情報センターというふうになっているんですが、きのうもちょっと子ども情報センターの方から漏れ聞きましたが、日曜日なんかはお父さん、パパと一緒に参加していらっしゃいますという声も聞いたんですが、この設定についていかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) こども部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども部長(大内田京子) 場所や曜日についての問題はないかということでお答えいたします。
 ブックスタートへの参加の対象となる期間は、赤ちゃんが生後4カ月となった月から生後15カ月までの間としております。開催場所につきましては、毎月市内の各コミュニティセンターで1回ずつ、すこやか交流プラザ内にある子ども情報センターと、まどかぴあ図書館で各2回ずつの合計8回開催しており、開催曜日については、土日も含め全ての曜日で開催しているところでございます。
 多忙になりがちな子育て世帯のさまざまな生活形態やニーズに対応できるように、各コミュニティセンターなどの地域の身近な場所での開催や、土日の開催など、対象となる皆さんが参加しやすい環境を整えているものと考えております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 清水議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯18番(清水純子) この出席、参加された方からアンケートをとられているというふうにお聞きしましたが、アンケートはどういう結果であって、それは次へつなぐためのアンケートの内容だったんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) こども部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども部長(大内田京子) アンケートについてお答えいたします。
 ブックスタートの開始当初から、事業へ参加された方にアンケートへの回答の協力をお願いしています。回収率はほぼ100%となっております。アンケートの質問の内容につきましては、現在の自宅での読み聞かせの頻度、ブックスタートへの参加後の感想、開催会場や開催時間に関することが主なものでございます。内容は、赤ちゃん連れの方に対するアンケートですので、回答に時間がかからないように、できるだけ簡潔な内容にしております。
 結果についてご報告いたします。
 平成26年3月末時点のアンケート集計結果によりますと、ブックスタートの満足度につきましては、全員が「とてもよかった」、もしくは「よかった」と回答されておりまして、参加された方ほぼ全員がブックスタートに満足されているようです。
 また、参加した会場を選んだ理由としては、78%の方が「自宅から近いから」と回答されており、地域の身近な会場で事業に参加されています。そのほか、自由記述欄には、「まだ月齢がたっていないので読み聞かせは早過ぎると思ったが、子どもが興味を示していたので、家でも読み聞かせを始めたい」や、「読み聞かせの仕方がわからなかったが、よいきっかけづくりになった」など、ブックスタートをきっかけとして、今後は自宅でも読み聞かせを行っていきたいといった感想が多く見られ、参加された皆さんに、この事業の趣旨を理解していただき、読み聞かせの実践につながっているという印象を受けているところでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 清水議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯18番(清水純子) 78%の方が身近なところでというのはよかったですね。
 それで、次の質問ですけれども、そのようなブックスタートの読み聞かせの中で、子育てについての相談があったのかどうか、あった場合、どういうふうに対応がなされているのでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) こども部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども部長(大内田京子) 子育てについての相談についてご回答いたします。
 本市のブックスタートは、3名程度の読み聞かせスタッフのほか、保育士が必ず2名従事していますので、子どもの夜泣きやミルクの飲ませ方に関することなど、参加者からの簡易な育児相談などについては、保育士で対応しているところでございます。
 そのほか、現在のところはまだ事例はございませんが、子どもの発達や療育支援に関することなど、専門的な相談があった場合は、内容や必要に応じて、療育支援事業や子ども相談センターなどの専門機関につなげることとしております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 清水議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯18番(清水純子) わかりました。それで、最後の質問ですけれども、周知方法、いろんなところに周知されているということをお聞きしました。それで、周知方法とか今後の課題についてお尋ねをいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) こども部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども部長(大内田京子) 周知方法や課題などについてお答えいたします。
 対象世帯への周知につきましては、ブックスタートの対象となる世帯には、生後4カ月目に事業の案内通知を送付しております。また、未参加の世帯につきましては、赤ちゃんが生後9カ月になる月に再通知を行っております。そのほか、事業開始当初より、市広報紙への掲載や、出生や転入届時の窓口でのチラシ配布を行っているほか、母子手帳交付時や妊産婦・新生児訪問指導事業の際に、チラシの配布とあわせて、事業のPRを行っています。また、今年に入ってからPRポスターを作成し、市内の子育て関連施設や小児科に掲示をお願いしておるところです。
 ブックスタート事業の課題としましては、参加率の向上が上げられます。平成25年8月に開始してから、12月末時点の参加率は25.5%と大変低かったものの、平成26年3月末時点では35.4%、5月末時点では43.6%と、増加傾向にあります。今後も、対象となる皆さんにブックスタートに参加していただき、絵本を見ながら親子が一緒に過ごす時間の楽しさと、大切さを知っていただき、絵本に親しむきっかけとなるよう、案内通知をより目を引くようなものへと見直すなどの工夫や、さらなる周知活動に努めてまいります。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 清水議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯18番(清水純子) 例えば、親子連れで行く、マタニティー商品を売っているところとか、ベビー用品を売っているところとか、そういうところにチラシを置いてもらうということも一つの方法じゃないかと思うんですね。イオンとかも身近にありますし、そういうところにチラシが置けるようでしたら、ぜひ、そういう工夫もしていただきたいと思います。周知度が上がれば上がるほど、このブックスタートは利用する方が増えてくるんじゃないかと思いますし、ブックスタートの本来の目的が大いに活かされると思います。
 今どき、スマホで、あるいはテレビで、赤ちゃんを子守させているという、とんでもない話も多々新聞で読みます。ぜひ、そういうことがないように、十分な周知活動をしていただきますように、よろしくお願いします。質問を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 以上で、本日の議事日程は全て終了いたしました。
 次の会議は、6月17日午前10時に開きます。
 本日はこれをもちまして散会いたします。
 皆さん、お疲れさまでした。
     ──────────────・────・──────────────
                 散会 午後2時02分