議事ロックス -地方議会議事録検索-


福岡県 大野城市

平成26年予算委員会 付託案件審査 本文




2014.03.19 : 平成26年予算委員会 付託案件審査 本文


    (開議 午後1時31分)
◯委員長(永野義人) 午前中は一般質問、ご苦労さまでございました。
 それでは、これより予算委員会を開会いたします。
 本日の委員会には議員さん4名、一般の方1名の傍聴の申し入れがあっておりますので、許可をいたしております。
 本日、本委員会が付託を受けた案件は、補正予算の1件です。発言は着席をしたままで結構ですが、挙手の上、指名されてから発言をお願いいたします。
 それでは、第34号議案、平成25年度大野城市一般会計補正予算(第6号)についてを議題とします。
 それでは、執行部の説明を求めます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯財政課長(三角哲朗) それでは、第34号議案、平成25年度大野城市一般会計補正予算(第6号)の概要説明をさせていただきます。
 今回の補正につきましては、歳入歳出予算をそれぞれ300万円追加し、補正後の歳入歳出予算総額を333億1,642万5,000円とするものでございます。
 今回の補正につきましては、福岡県の地域商品券の発行規模拡大の支援策にあわせまして、大野城市商工会のプレミアム付き商品券の発行事業への財政支援を行うため補助金を追加するとともに、歳入におきましては、地方交付税の特別交付税を追加するものでございます。また、あわせまして繰越明許費を追加するものでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯産業振興課長(中川裕二) それでは、産業振興課の補正予算について、まず歳出についてご説明いたします。予算に関する説明書10ページ、11ページをお願いいたします。
 7款1項2目商工業振興費の19節負担金及び補助金、商工業振興事業費補助金におきまして、プレミアム付き商品券発行支援事業として300万円を計上しているものです。プレミアム付き商品券発行事業は、個人消費を喚起し、商店会を初め地域経済の活性化を図るため、また地域内商工業の育成と支援のために商工会の事業として取り組まれています。しかし、平成26年4月からの消費税引き上げに伴い、特に4月から6月にかけて消費者の買い控えなど消費の落ち込みが懸念されています。
 そのため、消費の落ち込みを緩和するため、福岡県のプレミアム付き商品券発行規模拡大の支援策が2月27日に県議会で可決されました。本市商工会も積極的な増額発行の取り組みが検討され、今月12日に商工会理事会において追加増額発行の決定がなされました。これを受けまして本市におきましても、消費落ち込みの緩和、個人消費の喚起、地域経済の活性化を図るために、商工会のプレミアム付き商品券発行事業の支援を行うものです。
 内容につきましては、追加増加発行額は1億円でございます。増加額のプレミアム付加率を10%といたしまして、そのうち福岡県が7%を負担し、市が残りの3%を負担するものです。つまり、増加額のプレミアム分1,000万円のうち、県が700万円、市が300万円を負担するものです。また、販売時期につきましては、商工会におきまして当初額1億円と、追加増加額1億円の合計2億円の発売を4月16日に予定されております。
 以上のことから、平成25年度の補正予算額300万円をお願いするものでございます。
 続きまして、繰越明許費補正について説明いたします。3ページをお願いいたします。
 先ほど説明した理由によりまして、プレミアム付き商品券発行支援事業の300万円の繰り越しをお願いするものでございます。以上で説明を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) 財政課長のほうからはないですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯財政課長(三角哲朗) 続けてよろしいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) どうぞ。

-------------------------------------------------------------------------------

◯財政課長(三角哲朗) それでは、8ページ、9ページをお願いいたします。10款1項1目地方交付税は、今回の補正予算におきまして一般財源が必要なことから、第5号補正で特別交付税の決算見込みを3億5,000万円としておりましたが、今回の300万円を追加し、補正財源として追加させていただきまして、地方交付税の総額を33億1,490万円とするものでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ただいまの説明に対しまして質疑をお受けいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松下真一) 今回のプレミアム商品券の補助ですけれども、26年度の当初予算でもプレミアム商品券の補助事業が入っておりました。その金額が377万2,000円ですね。今回、同じ1億円に対しての補助率でありながら金額が違う理由をまず質問いたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯産業振興課長(中川裕二) 26年度当初予算に計上している金額は10%のうちの3%、つまり300万円プラスの換金手数料の一部が77万2,000円、合わせて377万2,000円でございます。今回の増加額につきましては換金手数料は計上いたしておりません。3%の300万円だけ計上させていただいております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松下真一) ということは、77万2,000円の換金手数料で、今回の増加分も補正できる計算なんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯産業振興課長(中川裕二) 換金手数料というのは、事業者さんが銀行で換金するときに手数料を取られるという形になっております。商工会のほうで換金すれば経費は要らない形になっておりますので、商工会の企業努力といいますか、そういった形でなるべく銀行での換金を抑えてもらおうと考えております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松下真一) もう一点なんですけれども、プレミアム商品券の補助事業は、最初は臨時的な事業ということで始まったと思うんですよね。26年度の当初予算にも入っていましたが、今回県の要請を受けて増額したということで今回だけ規模が大きくなったんだろうという気はするんですけれども、この事業を恒常的に続けていくのかどうか、ある程度のところでやめてしまうのか、どっちなんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯産業振興課長(中川裕二) 現在、県の支援策ということで、県が毎年予算化されています。今の状況は、県内ほとんどの市町村でプレミアム付き商品券について取り組まれております。県の補助が続く限り、今の段階では続けていこうと考えております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松下真一) 先ほど課長の説明で、商工会の事業であると言ってありました。商工会には2,200万円ほど、補助金として毎年事業費を補助しています。プレミアム商品券というのは一時的なものだと考えているんだと思うんですね。ずっと恒常的に続けるんであれば、商工会への補助金の範囲内ですべきだと思います。
 というのは、ほかのいろいろな団体や協会も、事業をするときにお金が足りなければ、一時的にこういうものを出してくれと言いたくなるという不公平感が出てくるだろうと思うんです。そういうことも考えると、プレミアム商品券だけを特別扱いするのは、今後、情勢を見ながら考えていかなければならないんじゃないかと思うんですけれども、それについてはいかがですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯産業振興課長(中川裕二) この商品券事業が県において恒常的に続けられるとは聞いておりません。毎年ぎりぎり3月ぐらいになってやっとわかるという状況で、去年、おととしは6月補正でお願いしていたときもありまして、毎年必ず今からずっと続けるという状況ではございません。今回は消費税が上がったことによる落ち込みを県のほうが支援しますよと早く表明されたものですから、うちのほうも恒常的に続けられる事業ではないと認識しております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ようございますか。ほかにないですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(神野芳行) 4月16日から発売開始ということですが、多分商品券の種類も例年どおり、上限の購入価格も例年どおりだと思うんですけれども。それはポスターですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯産業振興課長(中川裕二) これは去年のです。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(神野芳行) では、その辺ちょっと確認をまず。

-------------------------------------------------------------------------------

◯産業振興課長(中川裕二) 先ほどおっしゃられたとおり、例年どおりの発行でございます。1冊1万円で1万1,000円の券がついているということと、1冊につき3,000円まで大型店で使えるという状況も同じです。1人5万円までというのも昨年と同じでございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) いいですか。ほかにないですか。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ないようですので、これをもちまして質疑を終わります。
 ここで暫時休憩いたします。
    (休憩 午後1時44分)
    (再開 午後1時44分)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) 再開いたします。
 これより討論に入ります。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) 討論を終わります。
 第34号議案、平成25年度大野城市一般会計補正予算(第6号)についての採決を行います。第34号議案について、原案のとおり決することに異議はありませんか。
                〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) 異議なしと認めます。よって、第34号議案は原案のとおり可決すべきものと決しました。
 暫時休憩いたします。
    (休憩 午後1時45分)
    (再開 午後2時10分)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) では、予算委員会を再開いたします。
 決議案の第1号が案として提出されまして、一つが委員長名で出すか、連名で出すかということでございましたが、委員長名で出すことに異議ありませんか。
                〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) 異議なしと認めます。よって、委員長名で出すことに決定いたしました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) では、これで委員会を終わります。
    (閉会 午後2時10分)