議事ロックス -地方議会議事録検索-


福岡県 大野城市

平成26年予算委員会 付託案件審査 本文




2014.03.18 : 平成26年予算委員会 付託案件審査 本文


    (開議 午後4時33分)
◯委員長(永野義人) 3回目の予算委員会を再開いたします。
 きょうは7名の議員さんが傍聴なさっておられます。
 ここで一応お諮りします。時間が5時を過ぎる可能性がありますので、延長したいと思いますけれども、このことについてはようございますか。
                〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) 了解しておいてください。では、延長することに決定しました。
 ここで暫時休憩をとります。
    (休憩 午後4時35分)
    (再開 午後5時5分)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ただいま第25号議案に対する附帯決議案の提出がありましたので、本決議案を議題といたします。
 趣旨説明を副委員長のほうからお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(天野嘉久孝) 前段の分はここに書いてありますので、この事業が提出されるに当たり、これまでの経緯でまどかぴあ建設の際に、中央公民館の中にあった歴史資料館を新設のまどかぴあ内に設置する予定であったところ、さまざまな要因で設置ができず、市役所新館の3階に歴史資料室をあくまでも一時的に設置し、現在に至っておるという経緯をお考えいただきたい。
 さらには、平成24年より仮称心のふるさと館の基本構想が提出され、全員協議会や委員会等での説明がありました。先ほどからの話し合いの中でも出ておりましたが、意見交換会の場等々の提案のあり方に不十分な点、配慮に欠ける点があったのではないかということが出ておりました。そのことを踏まえながら、大野城心のふるさと館が有効な活用ができる方向性として、大野城市総合福祉センター、大野城まどかぴあ、大野城市すこやか交流プラザ及び近隣の県の施設等を一体的に整備すること、次に建設に当たっては、検討委員会等で話がなされました地下1階、地上2階を再度検討していただき、強固なものにしていただきたいということを提案しながら、ここが一番大事なところであると思いますが、市民のさらなる利活用が図られるような計画にしていただきたいという附帯決議を提出するものでございます。
 皆さんのご賛同、よろしくお願い申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) 今、補足説明という形でここに提出しております内容についての説明をいただきました。これに対して何かあれば、質疑をお受けいたします。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ないようですので、質疑を終わります。
 これより討論に入ります。ようございますか。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) 討論を終わります。
 第25号議案、平成26年度大野城市一般会計予算についての附帯決議案の採決を行います。
 本案のとおり決することに賛成の方の挙手をお願いいたします。
                  賛成者挙手〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) 賛成多数であります。よって、第25号議案に対する附帯決議案は可決すべきものと決しました。
 ほんとにお疲れさまでございました。
    (閉会 午後5時7分)