議事ロックス -地方議会議事録検索-


福岡県 大野城市

平成26年予算委員会 付託案件審査 本文




2014.03.14 : 平成26年予算委員会 付託案件審査 本文


    (開議 午後2時00分)
◯委員長(永野義人) 時間が来たようですので、ただいまから予算委員会を開会します。
 本日は6名の議員から傍聴の申し出があっております。
 本日の審査日程は、第25号議案の福祉高齢部所管分、終了後に第26号議案から第29号議案までの説明、質疑を行います。
 それでは、これより第25号議案の福祉高齢部所管分について執行部の説明を求めます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉課長(伊藤和久) それでは、福祉課所管分について説明いたします。当初予算主要施策事業の50ページをお願いいたします。下のほうになります。
 3款1項1目社会福祉総務費は5億3,586万8,000円を計上しております。昨年度より2億8,678万6,000円の増となっております。増の主な要因は、26年度に実施されます臨時福祉給付金事業が追加になったためでございます。職員給与費につきましては、職員20人分の人件費を計上しております。
 次の地域福祉活動推進費についてですが、丸印の一番上、民生調査員等設置運営事業は、国から委嘱されております民生委員・児童委員に対しまして、あわせて市から民生調査委員の委嘱をしていますので、その活動に対する報酬及び費用弁償を計上しております。
 次の総合福祉まつり支援事業は、福祉5団体により、毎年開催しております、総合福祉まつりの実行委員会に対しての補助金を計上しております。
 次の介護職員初任者研修修了者助成事業、それから51ページの福祉啓発事業及び障がい者・高齢者等福祉団体助成事業につきましては、平野福祉基金事業として実施するための費用を計上しております。
 次の社会福祉法人指導監査事務事業につきましては、平成25年度に県より権限委譲されました社会福祉法人の指導監査事務に伴う嘱託職員の賃金を計上しております。
 次の社会福祉協議会補助金については、社会福祉協議会の助成に関する規則に基づきまして、社会福祉協議会職員の人件費、総合福祉センターの運営管理、福祉バス運行事業、総合相談事業、リフトカーの運行、ボランティアセンターに対する補助金を計上しております。
 次の新規事業の総合福祉センター耐震診断事業につきましては、昭和56年に改正されました現在の耐震基準では、昭和55年以前に建設された建物については、耐震診断を実施するよう義務づけられております。同センターは昭和55年に建設されていることからこの基準に該当するため、耐震診断を実施するための費用を計上しております。
 次の基金積立金につきましては、地域福祉基金及び平野福祉基金の利息を元金に積み立てますので、基金に対する利息額を計上しております。
 次の臨時福祉給付金の職員給与費及び、その下の臨時福祉給付金給付事業につきましては、平成26年度に実施されます、臨時福祉給付金給付事業に関する人件費、事務費及び事業費を計上しております。
 次の3款1項3目社会厚生費は、120万円を計上しております。昨年度より10万9,000円の増となっております。主な事業は、市の戦没者追悼式の実施、筑紫原爆被害者の会及び大野城市遺族会に対しての補助金を計上しております。
 次の3款1項5目老人福祉費は、7,300万5,000円を計上しております。昨年度より796万4,000円の減となっております。減の主な要因は、若草老人憩の家の新築工事が終了したことなどによるものでございます。主な事業は、丸印の一番上、敬老会関係費につきましては、市と区の共催事業で開催しております敬老の日記念行事のうち、敬老祝い金及び祝品の費用を計上しております。
 52ページをお願いします。
 次の老人福祉施設維持管理費につきましては、老人憩の家の指定管理者である各区に対して維持管理のための交付金、高齢者生きがい創造センターの指定管理者でありますシルバー人材センターヘの交付金を計上しております。
 次の老人活動推進費につきましては、高齢者の生きがい活動や社会奉仕活動を主目的としているシニアクラブの活動に対しまして補助金の計上を行っております。また、4年目を迎えます高齢者がつくり・学び・教えることを目的とした、シニア大学「山城塾」の費用を計上しております。
 次のいこいの里維持管理費につきましては、平成24年度から公募により選定しました指定管理者トキワビル商会に対しまして、維持管理のための交付金を計上しております。
 次に3款1項6目心身障がい者福祉費は、12億4,345万8,000円を計上しております。昨年度より4,731万4,000円の増となっております。増の主な要因は、自立支援医療給付や障害福祉サービス対象者の増によるものでございます。主な事業は、まず、障がい者手当関係費につきましては、市独自の手当であります重度障がい者手当、重度障がい児(者)介護手当、外国人障がい者福祉手当、また、国の手当であります特別障害者手当、障害児福祉手当、経過的福祉手当を支給する費用を計上しております。
 次の障がい者支援センター管理運営費につきましては、平成26年度から公募により選定いたしました社会福祉法人野の花学園に対しまして、維持管理のための交付金を計上しております。
 次の療育事業関係費につきましては、療育支援センターや市内小中学校などで障がい児の一時預かりを行う、障がい児タイムケア事業の保育士賃金及び委託料、また、筑紫地区及び糟屋地区4市3町で実施しております、太宰府特別支援学校放課後等支援事業の委託料を計上しております。
 次の52ページの下段から54ページの上段にかけての障がい者(児)対策費についてでございますが、事業項目がかなり多くありますので、主なものだけ説明いたします。
 丸印の4番目、日常生活用具給付事業は、在宅の障がい者に対しまして、日常生活のために必要なストーマ用装具や入浴補助用具等を交付するための費用を計上しております。
 丸印の一番下、補装具費支給事業は、身体障がい者の失われた部位を補う義手や義足、それから障がいのある部位を補う装具の交付及び修理を行うための費用を計上しております。
 53ページの丸印の一番上、自立支援医療給付事業は、身体障がい者が更生のために必要な人工透析やペースメーカー埋め込み術等の給付費用を計上しております。
 その3つ下、筑紫地区地域活動支援センター運営事業は、4市1町で設置しております、つくしぴあの負担金を計上しております。
 その下の福祉タクシー助成事業は、重度の在宅障がい者のために、タクシーの初乗り料金を助成するための費用を計上しております。
 2つ下の障害福祉サービス等事業は、障がい者の施設入所、介護給付、訓練等給付などの費用を計上しております。
 3つ下の筑紫地区広域連携推進事業(筑紫地区障害支援区分等審査会運営等)は、筑紫地区4市1町共同で障害支援区分等認定審査会を設置しておりますが、その運営に係る賃金や負担金、医師の意見書作成料、それから認定調査委託料などの費用を計上しております。
 2つ下の障がい者リハビリ事業は、重度障がい者の支援施設におきまして、障がい者に対して理学療法士等によるリハビリ事業を行うための委託料を計上しております。
 54ページをお願いします。
 丸印の3つ目、総合福祉システム改修事業は、平成26年4月1日施行の法改正に伴い、適切な障害福祉サービスの提供を行うことを目的に、法改正に対応したシステムの改修を行うための委託料を計上しております。
 次に3款2項1目児童福祉総務費は、1億3,968万5,000円を計上しております。ここは新しい款項目になります。ここには、平成26年度に実施されます、子育て世帯臨時特例給付金給付事業に関する人件費、事務費及び事業費を計上しております。
 次に5款1項1目労働諸費は、3,520万7,000円を計上しております。昨年度より41万9,000円の増となっております。
 まず、労働福祉費には、筑紫地区労働者福祉協会への補助金、九州労働金庫に対する預託金及び資金難により就学困難な中学校卒や高校卒、もしくは中退1年以内の人が専門学校に就学する際の就学資金として、若年者専修学校等技能習得資金貸し付けの費用を計上しております。
 次に、シルバー人材センター運営補助には、センター運営のために必要な運営費等を計上しております。また、主に高齢者が利用している家事援助サービスについては、平成24年度より国の助成金がなくなりましたので、シルバー人材センターが継続して事業を行えるよう補助金として計上しております。
 次に、債務負担行為について説明いたします。別に配布しております、平成26年度当初予算債務負担行為一覧により説明いたします。
 3ページの一番上になります。49番、高齢者生きがい創造センター指定管理者交付金で、これは消費税対応分として平成27年度に債務負担をお願いするものでございます。以上で説明を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ただいまの説明に対しまして質疑を行います。質疑ありませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(井上正則) 51ページの臨時福祉給付金事業の件ですが、この分はいわゆる住民税非課税の方が対象になっておりますが、それの通知方法というのはどういう形か教えていただけますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉課長(伊藤和久) この通知方法につきましては、まだどういうふうに通知をするかというのは、はっきり決まってはいない状況でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(井上正則) 今いろいろ問題になっておるのが、今から検討されるんでしょうけれども、非課税の方でも課税されている方の扶養者は除外するとなっておりますよね。そこで問題なのが、いわゆる市外とか県外にいらっしゃる方の扶養になっている方は調べようがないということもあるんですね。そこら辺をどういうふうに考えてあるかということをお聞きしたかったんですけれども。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉課長(伊藤和久) その辺も今後、関係各課と連携をとりながら漏れがないようにしていきたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(井上正則) また、この給付金においての給付金詐欺ということも言われておりますので、そういった対策というのは当然警察のほうとも連携をとってはいかれる予定ですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉課長(伊藤和久) その辺も今後の検討課題となると思いますけれども、その辺漏れがないようにやっていきたいと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(井上正則) 今後どういうふうに通知していくかというのは、いつごろからこういう検討をされる予定ですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉課長(伊藤和久) 一応4月からの新体制ということになると思うんですけれども、そこから正式に検討に入っていきたいと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(井上正則) 漏れ、また落としがないような対応をお願いしたいということを要望いたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ほかにありませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松下真一) 2点質問したいんですけれども、1点目はどこにというのがちょっとわからなくて。以前一般質問しました難聴者に対する磁気ルートの設置、これが当初予算に含まれているのかどうか、これについて、まず1点目お願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉課長(伊藤和久) 難聴者の磁気ルートの件につきましては来年度の予算には含まれておりません。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松下真一) 質問の回答では調査・検討しますということだったんですけれども、調査もしくは中身を検討したりとか、26年度には間に合わないけれども27年度には採用してみようかなとかいう話し合いはされたんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉課長(伊藤和久) 内容につきましては、この前お話があってから検討はしております。ただ、来年度の予算に乗せるまでには至ってないということで、その辺はまた27年度に向けて検討課題としたいと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松下真一) 2点目なんですけれども、53ページの上から4つ目の筑紫地区地域活動支援センター、つくしぴあの負担金についてなんですけれども、これは4市1町で負担金を出し合っているし、中の事務担当も回り当番で回ってきますよね。負担金を出しているということで、つくしぴあの事業の内容、日ごろの事業ですね、それについての検証とか、監視というとちょっと言葉が悪いかもしれないんですけれども、時々つくしぴあに行って、どういう事業をされているかというようなことは、負担金を出している以上、そういう義務があるんじゃないかと思うんですけれども、それについてはされているんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉課長(伊藤和久) 検証につきましては、時々というか、事業所を見てどういうふうにやっているかというのは検証をしております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松下真一) それでは、知的障がい者の方の不当な対応をされたというような苦情、こういうものに関しては把握をされてあるでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉課係長(石川茂) お答えさせていただきます。苦情対応につきましては、基本的にはまず、つくしぴあの指定管理者である自遊学舎のほうで対応しております。ただ、苦情があったということと、どういう対応をしたかということについては、きちんと報告をさせております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松下真一) 報告は受けて、4市1町の行政側としては、それへの対処の仕方とかには何も手出しはしないということでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉課係長(石川茂) 基本的には、こういう事業所というのは苦情対応のための第三者委員会というのを設けております。ですから、通常そういう苦情があった場合は第三者委員会のほうに諮って、そこで委員さんの意見をもらうという形での対応になっております。基本的にはそういう形での苦情対応になりますので、行政が直接意見するということはないんですが、ただ中には苦情を言われてある方が市に対して、つくしぴあがこういう状態だと、直接苦情を言ってこられることもあります。それに対してはきちんとこちらのほうで対処しております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松下真一) そういう事例の報告が上がってきたときに、この負担金の金額というものは、4市1町で、例えば変動するということがあるんですか。それとも、決めた以上は出しっ放しで、幾らそういう苦情があっても、この負担金に関しては一定額であるということなんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉課係長(石川茂) 苦情があったからといって直接それが負担金にはね返ってくることはありません。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松下真一) 苦情だけじゃなくて、時々検証したりしてありますよね。そういう中で指定管理者である自遊学舎がどういう経営をしているか、どういう事業展開をしているかを検証して、こんなだったら負担金を4市1町で少し減らしましょうよとかいうような制裁などはしないんでしょうかということなんです。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉課係長(石川茂) 指定管理者の交付金の算定のときに、そのような検証はしております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松下真一) わかりました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ほかにないですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(白石重成) 53ページの下の部分にある成年後見制度支援ですけれども、これは昨年度と同じ金額なんですが、今年度はどういった利用状況にありますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) 回答できますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉課長(伊藤和久) お答えいたします。平成26年1月時点での対象者は3名で、変動はあっておりません。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(白石重成) 3名で変動があってないという、変動というのはどういうことですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉課長(伊藤和久) 昨年度から変わりないということです。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(白石重成) この100万8,000円は、ちなみに何名ぐらいを想定した予算額なんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉課長(伊藤和久) 3名分を想定しております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(白石重成) 高齢者のいろんな問題が出てきて、本人がなかなか対応できないケースで、これからは知っていれば利用される方が多いと思うんですよね。当然基本的には例えば広報とかが一般的だと思うんですけれども、例えば地域の民生委員さんとか、あるいはケア会議の中でもこういう制度がありますよということをきちんとPRするべきだと思うんですけれども、現状はどんな感じでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉課長(伊藤和久) 現状につきましてはおっしゃるとおり広報等のPRの部分だけだと思いますけれども、今後は民生委員や福祉委員の会合等があると思いますので、その辺でもPRをしていきたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) いいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(白石重成) はい。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ほかにないですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(清水純子) 51ページの3款1項5目老人福祉費の関係ですが、ご承知のように高齢化で高齢者が増加をたどっているわけですけれども、敬老会の関係はこのままの現状でずっと執行していかれるのでしょうか。それと、会場にそこそこ各区でいろんな取り組みをされているんですが、会場が足りなくて、手狭になって大変苦慮していらっしゃるんですね。今後どういうふうに対応されるのか、1点お尋ねします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉課長(伊藤和久) 敬老祝い金については、いつも論議になるところなんですけれども、今回のフルコストの診断でも、ご指摘のようにかなり経費的にかさんでいるという指摘を受けております。その診断結果に基づきまして、今後それに見合うような対外的な事業などを考えてはおるんですけれども、今現在のところそういった事業を検討しきれておりませんので、今後とも祝い金につきましては検討課題とさせていただきたいと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) もう1点あったでしょう。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉課長(伊藤和久) それから会場につきましては、昨年の12月に各区長さんに対しましてアンケートをとっております。その中で会場の希望につきましては、大多数の区が公民館でそのまま実施してほしいという意見となっております。実際、昨年度部長等と何カ所か会場を回ったんですけれども、実際に幾つかの区につきましては手狭と認識をしております。ただ、各区の状況等に差がありますので、どのような基準で、年齢の設定もあると思うんですけれども、年齢を設定していくのかを今回のアンケートをもとに来年度、これも検討課題ということにしたいと思っております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(清水純子) 長年の案件なんですね。ご承知のように今期国も大きく税と社会保障制度の一体改革の中で3つ、高齢者と医療と介護というところの福祉に子どもが入ったんですね。そうなると社会全体になって、高齢者だけに偏っていたものを子どもにもというふうに変わってきているわけですから、やっぱりそういうことを考えると、いつまででも検討するのではなくて、どこかで設定目標を決めていただいて実施しない限り、この現状のままでは立ちいかなくなります。100歳人口も増えているわけですから、やはりどこかで決断をしていただきたいと思います。そういう意味では、いつごろまでという期間設定はできないものなんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉課長(伊藤和久) 今のところは期間設定というのはちょっと厳しいと思いますので、また各市町村の状況等を調べさせてもらって検討したいと思っております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(清水純子) 多分、関係の各区の皆さんも思いは同じだろうと思うんですね。だから、どこで行政が期間設定をやっていただけるかということだろうと思います。ぜひ早急に検討していただきたいと思います。
 続きまして、同じところの老人福祉費の関係で目の数値目標なんですが、シニア大学受講者数を10%増ということで、25年度が129人というふうになっていますね。この関係と、老人活動推進費の中にあるシニア大学、この辺の絡みもあるんだろうと思うんです。これはシニア大学と受講数が一緒ですよね。この大学の講師はどういうふうな数とか、具体的に。それと受講者数のバランスですよね。講師料はたくさん払って受講者が少ないとなると、なかなか平準化にならないと思うんですが、その辺はどのようにお考えでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) いいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉課長(伊藤和久) シニア大学につきましては、まず、25年度の講座の数が15です。講師の先生の数も15と。あと受講者数につきましては、25年度の修了生が151名、延べ人数にしますと258名になります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(清水純子) もう少しコマーシャルが足りないのかなというふうに思うんですが。結局、リタイアする団塊の世代の人たちが興味を持つような講座にしていかないと、なかなか魅力がないということになると思うんです。その辺はいかがですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉課長(伊藤和久) 15講座あるとさっき言いましたけれども、講座によって、かなり受講生が多い講座と少ない講座と、まちまちなのが現状でございます。内容につきましても、魅力ある、高齢者の皆さんがたしなめるような、その辺の講座を私どももこれから考えて、来年度に向けてやっていきたいとは思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(清水純子) よろしくお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) いいですか。ほかにないですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(白石重成) 総合福祉センターの耐震ですけれども、これは建物の経歴年数からもう耐震しないといけないんでしょうけれども、行く行くはどっちにしても、一時的な耐震はしようがないとしても、例えば建てかえとかいう考え方もどこかで必要ではないかと思うんですが、そこいらは今、現状とか何か検討されているところありますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉課長(伊藤和久) 今回、先ほども申しましたように耐震化の調査をして耐震化の工事を27年度以降にするということですけれども、建てかえにつきましては今のところはちょっと考えておりません。今後、社会福祉協議会とその辺の協議を検討していかなければいけないとは思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ようございますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(白石重成) はい。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(清水純子) 関連なんですけれども、議論されてないんだろうと思うんですが、今度(仮称)心のふるさと館を建てるということで、あそこだけじゃなく、その関連としてまどかぴあをうまく連携したいということなんですが、あわせてあそこにある社協、それから今行政の仕事が分離しているすこやか交流プラザ等を含めた公共の建物全体をうまく連動していくという考え方に立てば、社協の建てかえも、建物ももう古くなりつつあるし、まだ耐用年数はあるという議論じゃなくて、やるならば計画的にできないものか。その辺はどうでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉課長(伊藤和久) 心のふるさと館と社協があります総合福祉センターの連携が必要なことは十分に感じております。今回総合福祉センターの耐震化診断を行いますが、その耐震結果に基づきボランティアセンターの位置づけ、それから耐震化工事の内容をどの程度にするか、また社協の今後の事業方針はどのようにするかなど、心のふるさと館とか、まどかぴあとか、総合福祉センター、いわゆるシビックゾーン、これの活性化を含めたところで関係各課それから社協と十分協議をしていく必要があるとは思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(清水純子) 災害はないにこしたことはないんですが、きのうも震度3とか4、福岡もあったようですけれども、もし災害があったときに、障がいを持った方たちをどうするかという点で、今の福祉センターにどれだけの人が避難できるかということを考えれば、避難場所としての社協も必要だろうと思うんです。その辺も念頭に置いていただいて、災害の避難場所ということも含めた検討を早急にしていただきたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) 要望でいいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(清水純子) はい。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ほかにないですか。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ないようですので、福祉課所管分の質疑を終わります。
 次に、生活支援課所管分について、執行部の説明を求めます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯生活支援課長(山本一弘) 続きまして、生活支援課所管分の当初予算の説明をさせていただきます。
 54ページをお願いいたします。
 一番下の表ですが、まず、3款1項1目社会福祉総務費について説明いたします。平成26年度予算は572万9,000円で、前年度と比較しますと963万5,000円の減となっております。事業内容としましては、ホームレスの方に交通費の支援をしている事業、法外援護費に1万円、失業者対策としての住宅支援給付事業に571万9,000円を計上しております。前年度と比較して大きな減額となったのは、住宅支援給付事業の申請者数が平成24年度末ごろから大きく減少したためでございます。なお、住宅支援給付事業につきましては、100%国の補助となっております。
 次に55ページですが、3款3項1目生活保護総務費について説明いたします。ここには、人件費と生活保護業務を行う上で必要な経費の1億4,352万7,000円を計上しており、前年度と比較しまして750万9,000円の増となっています。財源内訳としては、国県支出金が528万1,000円。これは、生活保護適正化実施推進事業の対象額を計上しております。職員給与費は省略いたしまして、その下ですが、生活保護事務費に1,920万円を計上しております。概要は、生活保護事務事業として1,123万円を計上しておりますが、これは生活保護業務を執行する上で必要な経費となっております。一番上に生活支援専門員賃金とありますが、これは精神保健福祉士を、嘱託職員として雇用する経費281万6,000円を計上しております。
 次に、面接相談員設置事業は、嘱託職員1名分の賃金194万円、次の嘱託医配置事業は、生活保護嘱託医2名分の報酬65万4,000円、次の就労支援員配置事業は、嘱託職員1名分の賃金194万円を計上しております。
 表の一番下、生活保護システム更新事業は、システムサーバーの5年の保証期限が切れるため、機器の更新等を行うための費用343万6,000円を計上しております。
 次に、下の表3款3項2目扶助費について説明いたします。平成26年度は、24億4,416万3,000円を計上し、前年度と比較しまして9,642万6,000円の減となっております。財源内訳としては、国県支出金が19億3,165万4,000円、その他の財源として法63条及び78条に基づく返還金ですが、900万円を計上しております。この扶助費につきましては、ここ数年、毎年予算額が増加していく傾向にありましたが、保護世帯数の伸び率が鈍化したことと、平成25年8月に生活保護基準が見直されたことによりまして、前年度当初より少ない予算額の計上となっております。なお、扶助費の内訳につきましては、表に記載のとおりでございます。
 次に、債務負担行為につきましては、予算委員会資料のほうを御覧いただきたいと思います。3ページの上から2番目、50番の診療報酬明細書点検業務(生活保護医療)ですが、現在の契約が平成26年9月で切れますので、10月から3年間の契約予定で270万円を計上しております。以上で、生活支援課所管分の説明を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ただいまの説明に対しまして質疑を行います。質疑はありませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松下真一) あちらこちらというか、支援員賃金とか、生活支援専門員の賃金とか、就労支援員賃金というのが1名ずつ出てきているんですよね。これ、平成25年に法が一応通っただけという形になっていますけれども、生活困窮者自立支援法というのが通っているんですけれども、これで福祉事務所を設置している自治体は、自立相談支援事業を設置しなければならないという規定になっているんですね。これは国庫補助が4分の3とか3分の2とかいろいろあるんですけれども、これを利用しての相談員、支援員とかの配置ではないんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯生活支援課長(山本一弘) 生活困窮者自立支援事業は平成27年度からの施行となりまして、それの対象事業ではないです。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松下真一) 来年度はつくることになるだろうと思いますけれども、生活保護法の3款3項2目の扶助費についてですけれども、昨年基準が見直されて支給額が減りました。この世帯数と扶助を受ける人数が去年よりも減っているんですよね。基準の見直しは確かにされたんですけれども、現段階で、あの時点でもらっている生活保護世帯の生活支給額が減ったというのはわかるんですけれども、今年度支給されるであろう人数と世帯数が去年よりも減るということ自体は、どうやって減少というのを把握されたんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯生活支援課長(山本一弘) 生活保護世帯数は減ったわけではなくて増加傾向にあって、それを見込んで25年度予算組んでおりましたけれども、その保護世帯数の伸びは横ばい状態となっております。現在のところですね。それを見越しての26年度予算の計上となっております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松下真一) 問題になっている水際作戦なんですけれども、相談をしに行きにくい、申請をしにくいということ、それを実施してというか、まず生活保護費の減額ありきで、それから逆算をして人数を算定しているという方法はとってないですよね。

-------------------------------------------------------------------------------

◯生活支援課長(山本一弘) そういう方法はとっておりません。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松下真一) もう一つ聞きたいんですけれども、補正予算のときにも伺いましたけれども、63条と78条に適正に対処されてありますかと聞いたときに、対処してありますと。問題があったり、ケースワーカーが問題を起こしたときには、ちゃんと課の中で話し合いをして対処している、だから間違いないということでした。でも、知ってある方もあると思うんですけれども、返還金の訴訟を起こされて地裁で敗訴しました。結局間違いだったということなんですね。今回の78条と63条についてのことも書いてあるし、あと先ほど申請については適正にしてあると言ってありますけれども、これを第三者から見ると、生活支援課が間違った対応をしているということがあるんじゃないかなという気がするんです。それについてはきちんと検証されていますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯生活支援課長(山本一弘) 間違った対応がされているんじゃないかというご質問ですけれども、毎年1回県のほうからの指導監査もありますし、そういったことで間違った対応はやっていないというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松下真一) その件については一般質問の中でまた質問いたします。いいです。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) いいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松下真一) はい、結構です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ほかにないですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(井上正則) 55ページの3款3項1目の生活保護総務費の目の数値目標に、就労者の人数の25%増を上げてあります。生活保護法の一部を改正するのが平成26年の7月1日と言われておりますが、これの就労自立促進による効果をベースとしてこういうふうに数値目標を立てられたんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯生活支援課長(山本一弘) お答えいたします。26年7月からの法改正分については、これの対象になる人は余りいないと思います。それで、ここに上げておる目標としましては、毎年就労支援を行っておるんですけれども、できるだけ多くの人を就労させたいということで、目標に掲げた数字でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(井上正則) わかりました。じゃあ、それの下の3款3項2目の扶助費の件なんですが、この扶助費で当然医療扶助費がほぼ半分強占めておるわけなんですが、この一部改正する件にも医療扶助の適正化で後発医薬品の使用を促すとなっております。ここに目の数値目標もありますけれども、今でもこういうふうに使用を促しているんでしょう。その辺の状況はどうでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯生活支援課長(山本一弘) 具体的に昨年の11月ごろに筑紫医師会、それから薬剤師会に文書を出しまして依頼して、できるだけ後発医薬品をお願いしたいという申し入れをしております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(井上正則) 医療扶助下げることが全体を下げていくことになると思いますけれども、このジェネリック医薬品関係というのは、今後かなり大きなシェアを占めますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯生活支援課長(山本一弘) これは強制ができませんので、どれだけ効果があるかはっきりまだわかりませんけれども、昨年末通知しました内容を見て、数字を見ていきたいと思っておるところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(井上正則) じゃあ、また検討されて、調査結果を教えてください。お願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ほかにないですか。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ないようですので、生活支援課所管分の質疑を終わります。
 次に、介護サービス課所管分について執行部の説明を求めます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯介護サービス課長(高原正宏) それでは、介護サービス課所管分の説明をいたします。主要施策事業の56ページをお願いいたします。
 3款1項1目社会福祉総務費は、介護保険特別会計繰出金でございます。8億3,245万9,000円を計上させていただいております。人件費16名分と事務費、それに介護給付費に対します市の法定分を介護保険特別会計へ繰り出すものであります。内容につきましては、介護保険特別会計のほうで説明させていただきたいと思います。
 次に、3款1項5目老人福祉費です。予算額は6,860万8,000円で、老人福祉施設措置費と在宅介護支援センター運営事業費の見直し等により昨年度に比べ660万9,000円の減額となっております。
 まず、在宅老人対策費ですが、介護保険の対象とならない高齢者の福祉サービスの経費です。主な事業は、在宅高齢者に対する緊急通報装置設置運営事業、低所得者高齢者に対する老人福祉電話設置運営事業、買い物や掃除などの軽度な支援を行う軽度生活支援事業、老人日常生活用具給付事業、それに外国人高齢者福祉手当給付事業となっております。
 次の老人福祉施設措置費は、養護老人ホームへの入所支援でございます。平成25年度の入所状況や相談状況などから措置人員見込みを精査しまして、昨年度に比べて586万8,000円の減としております。
 次の、在宅介護センター関係費ですが、一般会計と特別会計の両方から委託費を支出しておりますが、予算構成を見直しまして、一般会計分につきましては昨年度に比べて224万7,000円を減額しているところです。
 その下の高齢化対策費です。市民税非課税世帯の住宅改造において、介護保険による工事費の上限20万円で終わらなかった場合、30万円を限度として工事費の助成を行うものです。今年度実績から4件分の費用120万円を増額して計上させていただいております。
 その下の介護保険事業に移ります。
 介護サービス利用者負担金助成事業は、介護サービス利用時の1割自己負担について、低所得者に対する負担を軽減するものです。
 その次の社会福祉法人利用者負担金助成事業は、社会福祉法人が社会的役割から低所得者への利用者負担を軽減した場合、軽減した金額の一部を当該社会福祉法人へ助成する事業となっております。
 その下に繰越明許費が上がっております。こちらにつきましては、グループホーム整備に伴う国の交付金2,625万円につきまして、平成25年度に交付決定されたことに伴うものでございます。
 続きまして、一番下の表、3款1項6目心身障がい者福祉費は昨年と同額の予算計上としております。
 訪問介護利用者負担助成事業につきましては、65歳を迎える直前の1年間に障害者自立支援法によるホームヘルプサービスを利用していた人で、所得が低く1割の自己負担を免除された人が65歳になって介護保険のホームヘルプサービスを利用する場合に助成する事業です。対象者は前年と同じく1名を見込んでおります。
 続きまして、債務負担行為の説明をさせていただきます。お手元の平成26年度当初予算債務負担行為一覧の3ページをお願いいたします。
 51番、緊急通報装置設置委託業務は、平成25年から平成27年までの3年間の債務負担としていましたが、消費税率改定に伴い平成27年度の限度額に7万6,000円の追加をお願いするものでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ただいまの説明に対しまして、質疑を行います。質疑はありませんか。いいですか。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ないようですので、介護サービス課所管分の質疑は終わります。
 次に、健康推進課所管分について、執行部の説明を求めます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯健康推進課長(宇土晴子) 健康推進課所管分についてご説明いたします。60ページの最初から62ページの最上段の枠までになります。
 60ページの、4款1項1目の保健衛生費総務費の予算額は2億8,651万4,000円となっております。3つの小事業のうち職員給与費に、23名分の人件費として1億6,863万1,000円を計上しております。
 次の、救急医療施設等運営委託関係費に2,105万6,000円。筑紫地区休日夜間急患診療業務運営協議会事業として、休日や夜間における市民の救急医療を確保するための補助金2,082万8,000円が主なものとなっております。
 最後に、すこやか交流プラザ運営費9,682万7,000円となっています。例年計上しています、すこやか交流プラザの設備の保守料や委託費、光熱水費などの維持管理のほかに、実施計画事業であります、すこやか交流プラザ大規模改修工事を3件実施いたします。
 1つ目はプラザの冷暖房用設備である冷温水発生器2台の取りかえ工事です。これはプラザのオープンから稼働していた設備ですが、耐用年数も過ぎましてたびたび修理が必要な状況が生じることから、改修工事を実施するものです。費用は4,692万6,000円を計上しております。
 2つ目の中央監視装置は、すこやか交流プラザの建物内に点在しています、設備機器を集中管理するものです。熱源群の稼働や冷温水発生器、空調機、市水ポンプ、飲料用水槽、消火用ポンプなどが正常に稼働しているか監視する装置ですが、これも耐用年数が過ぎており、故障しても部品が製造中止になっているなど、いつ停止するか非常に不安な状況でございますので、更新をするものです。その予算として748万5,000円を計上しております。
 3つ目は館内全体の自動ドアの改修工事を実施いたします。これも老朽化により作動状況が不良な状態がありまして、危険防止からも改修を行うものです。予算は154万7,000円を計上しております。
 次に2つ目の枠内ですが、4款1項2目予防費3,874万1,000円は、例年実施しております高齢者インフルエンザ予防接種事業の3,431万1,000円が主な内容になります。ほかに昨年度からの継続事業として成人用の肺炎球菌ワクチン接種費用助成事業に365万円と風疹任意予防接種緊急対策事業としての助成事業に60万円を計上しております。
 次に61ページになります。
 4款1項3目保健対策費に1億1,641万1,000円を計上しております。そのうち健康づくり推進費に214万4,000円計上していますが、2つ目の白丸、健康づくり食育PR事業、すこやか健康フェスティバル開催費用の64万6,000円が主なものでございます。ほかに食生活改善推進員育成活動事業の45万7,000円。これは地域に根差した食生活改善の推進活動をしていただく、食生活改善推進員の育成を目的に実施しています推進教室や中央学級を開催する費用及び各地域での親子料理教室、高齢者との交流会など開催する活動に対する補助金がその内容になっております。
 また、新規事業として食の選択力・実践力育成事業としまして49万3,000円を計上しておりますが、これは食育ブックの作成・配布と食育実践力育成のためのキッズクッキング教室や妊婦さん、新米ママを対象とする料理教室など、各種料理教室を開催する予定としております。
 次の成人老人事業費では、1億1,426万7,000円を計上しています。例年内容が変わらない事業は説明を省略させていただきます。
 白丸の下から3番目のがん検診推進事業に5,000万4,000円を計上しています。国の補助事業として平成21年度から開始されましたがん検診推進事業、いわゆる無料クーポン券事業でございますが、女性特有のがん検診を5年間継続いたしまして、5歳刻みの対象者が一回りしたことから、対象者が子宮がん検診は20歳のみ、乳がん検診は40歳のみに変更になります。このことから、受診率の低下を危惧し、その緩和策として過去4カ年度の無料クーポン券事業の対象者であって、未受診者に対し無料クーポン券を再度送付する事業を実施します。そのことから、受診者数見込み増により昨年度当初予算よりも大きく予算額が増加しております。
 次に、枠内の一番下の白丸では、新規にロコモティブシンドロームの予防を目的とした骨粗しょう症検診を実施するため、306万6,000円を計上しております。
 次に、62ページになります。
 上から2つ目の白丸の若い世代の検診体制整備事業として、無料託児の実施や35歳の一般検診の自己負担額を安くし、受診しやすい体制をつくる。また、肺がん検診の対象年齢を40歳以上から20歳以上に引き下げます。それらの事業費に223万1,000円を計上しております。
 すみません。おわびですが、前の61ページの真ん中あたりの受診見込みの表内の肺がん検診の対象年齢が以前の40歳以上となっていました。申しわけありませんが、今回の変更で20歳以上になりますので、修正をお願いいたします。
 債務負担行為につきまして説明いたします。説明資料の3ページになります。
 52番から55番までの契約につきましては、消費税増税分の追加額を計上しております。説明は以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ただいまの説明に対しまして、質疑を行います。質疑はございませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(井上正則) すみません、今の肺がんのところは20歳と言いましたか。40歳が20歳ということですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) 再度説明を。

-------------------------------------------------------------------------------

◯健康推進課長(宇土晴子) 若い世代の検診体制の整備ということで、若い方に喫煙の習慣が多くございますので、今回40歳以上を対象としていたものを20歳以上に変更しますので、その分を計上しています。表は真ん中辺の健康増進法によるがん検診事業の下にあります検診ごとの受診見込みのところに、40歳以上になっております肺がんの対象者が26年度からは20歳以上に変わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(井上正則) わかりました。一つは4款1項3目の目の数値目標で胃がん検診の受診率が12%ということで、現在が10%ということなんですが、ほかのがん検診と違って受診率が低いというのが、バリウムを飲んでの今のやり方というのも一つかなと思うんですが、この方法というのは何か今後検討はされる予定はないんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯健康推進課長(宇土晴子) 確かに高齢者とかになりますと、なかなか手すりをつかむ力も弱くなっておりますし、回転させられるとか、そういうことで大変難しい状況になっておりますが、ただ集団検診のほうはなかなか新しい機械が導入をされておられないものですから、そういうところは一緒に協議しながらお願いしていかなくてはいけないかなというのは考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(井上正則) 医学会のほうでも胃がんの原因としてピロリ菌というのがもう立証されておりますので、そういった面からすればこのABC検査方法という関係も今言われておりますので、それであればAの方というのは一切そういう危険性はないわけですから、BとかCの方とかを具体的に胃がんのほうに持っていけばいいから、負担も少ないだろうしという、ピロリ菌に対する検査方法に変えていくという方向性も今後検討いただければということなんですが、どうでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯健康推進課長(宇土晴子) 先日から議員さんには一般質問などでいろいろご意見いただいておりますので、そのことについても引き続き検討していきたいと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(井上正則) よろしくお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) よろしいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(井上正則) はい。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ほかにありませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(清水純子) 61ページなんですが、新しい事業で4款1項3目健康づくり推進費の食の選択力・実践力、これはどういう。つくり方ですよね。本のつくり方。専門の方に任せられるのか、例えば食進会とかそういうところと相談をされてつくっていかれるのか。その辺と、もしこの事業で本ができた場合にどういうふうに活用されるのか。
 それともう1点、一番下の丸新です。骨粗しょう症の検診なんですが、対象年齢と、当然これは女性のほうが多いんですが、これはどういうふうになっているんですか。男女一緒ですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯健康推進課長(宇土晴子) 食の選択力のほうの食育ブックについてでございます。これの作成につきましては、今、食育連携強化会議という実際に行政に関係する、学校の栄養士さんであったり、保育所の栄養士、それとうちの管理栄養士、そういうところで会議を今年ぐらいから立ち上げておりますので、その実務者の中でつくっていこうとしております。
 実際は3歳から小学校6年生までに約1万6,000部ほど作成して、あと戸別配布、事業用としてストックするとか、そういう形でつくっていきたいと思っております。
 ロコモティブシンドロームにつきましては男女とも対象になっております。年齢につきましては40歳以上を対象としております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(清水純子) 最初の食の選択力のところですが、実務者が実際にやるというのは非常にいいと思います。3歳児健診のときにもちょっとした料理の本なんかも渡してらしたようですから、ぜひ成功させてください。
 それと、骨粗しょう症の関係なんですが、40歳以上で800人というのは見込み数としていいんですか、この人数で。どうなんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯健康推進課長(宇土晴子) まず、手始めに年間2回、一応予定しております。午前午後通して1日当たり400人というのが限界ということでございましたので、800人を一応想定しております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(清水純子) 実施するときには年に2回、そして1日でやるということなんですね、午前午後で分けて。いつごろの時期を予定してあるんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯健康推進課長(宇土晴子) すみません、この骨粗しょう症に関しては、今実際がん検診している集団検診とまた別に契約をしないといけません。そちらのほうがまだ決まっておりませんので、それが決まりましたら打ち合わせをしながら日程を決めていこうと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) いいですか。ほかにございませんか。いいですね。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ないようですので、健康推進課所管分の質疑を終わります。
 次に、国保年金課所管分についての執行部の説明を求めます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯国保年金課長(古賀清光) 続きまして、国保年金課所管分につきまして説明をさせていただきます。
 当初予算主要施策事業の62ページをお願いいたします。62ページの2段目の段になります。
 3款1項1目社会福祉総務費の国民健康保険特別会計繰出金9億3,366万1,000円です。前年度比893万2,000円の減となっています。一般会計その他繰入金につきましては4億円で、前年度同額となっております。
 次に、3款1項2目国民年金事務費1,962万3,000円でございます。これは年金相談及び各種申請の受付それから日本年金機構への進達などの業務に係る費用となります。内訳としましては、事務に係る職員の人件費883万9,000円、それから嘱託職員の年金相談員、臨時職員賃金など相談事務事業978万8,000円、進達等事務費事業6万2,000円となっております。
 その下でございます。新規事業の年金生活者支援給付金システム改修事業です。これは、平成24年11月16日に年金生活者支援給付金の支給に関する法律が成立したことによりまして、システム改修を行うものでございます。法律の内容ですが、消費税率の2段目の引き上げが施行される日から、所得が一定基準を下回る年金受給者に対しまして、年金生活者給付金給付額の上限を月額5,000円として支給されることになっております。今のところ平成27年10月1日に10%引き上げられる予定でございますので、その日に合わせて施行することとされています。
 また、これに伴います支払事務は日本年金機構が行うことになっていますが、年金機構が支給対象となる受給資格を判定する必要があります。このため市町村は所得情報を日本年金機構に提供しなければならないこととなり、これに対応するためシステム改修を行うものです。費用の金額としましては93万4,000円を計上させていただいております。なお財源ですが、全額国の助成となる予定です。
 次に、3款1項3目社会厚生費、日雇関係事務費でございます。法定受託の事務費4,000円を計上しております。
 続きまして、一番下の段になります。3款1項7目重度障がい者医療に係る医療費及び事務費でございます。県の公費医療の補助制度を活用いたしまして、補助率は2分の1ですが、重度障がい者医療の助成を行うものです。予算といたしまして1億9,059万6,000円、前年度比2,025万2,000円の増となっております。うち医療費は1億8,862万9,000円、前年度比2,027万7,000円の増となっています。増額の理由ですが、重度障がい者医療費の対象者数の伸びが挙げられます。平成25年度の見込み数は1,345人でしたが、平成26年度は1,400人となり、年度平均で55人の増となっております。
 お隣のページになります、63ページをお願いいたします。
 3款1項8目後期高齢者医療費でございます。予算額といたしましては8億2,455万円で、前年度比2,105万円の増となっております。内訳といたしまして、後期高齢者医療特別会計繰出金は2億195万6,000円で、前年度比2,101万6,000円の増となっております。増額の主な理由としましては、保険料の軽減内容が拡充されますことから、県市の負担金が増えたことにより、後期高齢者医療特別会計へ繰り出します保険基盤安定繰出金が増えたことによるものでございます。詳しくは後期高齢者医療特別会計のほうで説明させていただきます。
 また、大野城市の後期高齢者医療の被保険者保険給付費の総額の12分の1を負担いたします、療養給付費負担金につきましては6億2,259万4,000円で、前年度比3万4,000円の増ですので、ほぼ昨年並みの予算額となっております。
 次に、3款1項9目老人保健費でございます。老人保健の廃止に伴いまして、精算事務費に関する経費として31万3,000円を計上しております。昨年度に比べ20万1,000円の減となっていますが、過去の実績に基づきまして減額をしております。
 続きまして、3款2項4目子ども医療費に係る医療費及び事務費でございます。これも重度障がい者医療と同じように、県の公費医療の補助制度を活用して一部助成を行っております。予算額は2億6,610万4,000円で、前年度比921万9,000円の増となっております。本市におきましては、現在通院では小学校就学前の6歳までを対象として給付を行っております。また、入院では小学校3年生まで助成を行っております。従来の対象範囲での予算額としましては、就学前の通院・入院合わせまして、人数が7,323人の見込みで2億4,054万3,000円です。また、小学1年生から3年生までの入院でございますが、人数は3,006人の見込みで607万2,000円でございます。
 新規事業といたしまして、子ども医療費(年齢拡大分小4から小6)と表示しております。これは入院につきまして、今年の9月診療分から小学校6年生まで対象の範囲を拡大して実施をお願いするものです。対象者は2,988人で、予算額は426万円です。9月診療分から1月診療分の5カ月分の予算になります。
 次に、医療審査事務費でございます。先ほどご説明いたしましたが、新規事業といたしまして、入院の対象範囲を拡大するための事務費としまして、441万1,000円を計上させていただいております。
 続きまして、3款2項6目ひとり親家庭等医療に係る医療費及び事務費でございます。母子家庭・父子家庭・父母のいない児童で、小学校就学後から18歳の年度末までの医療費の助成及び事務費を計上するものでございます。これも重度障がい者医療・子ども医療と同様、県の公費医療の補助制度を活用しております。予算額といたしましては7,311万8,000円で、前年度比527万5,000円の増となっております。うち医療費は7,118万1,000円、前年度比519万8,000円の増となっております。
 続きまして、債務負担行為について説明させていただきます。債務負担行為要求一覧の3ページをお願いいたします。
 番号としまして56、57、58番になります。順に重度障がい者医療、それから子ども医療、ひとり親家庭等医療ですが、いずれも診療報酬明細書点検業務になります。平成26年9月に現在の契約が終了するため、継続して医療費削減を図るため、債務負担行為の限度額を設けるものでございます。新たな契約期間は平成26年10月から平成29年9月までで、それぞれ26万8,000円、315万5,000円、52万3,000円の限度額をお願いするものでございます。以上で説明を終わらせていただきます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ただいまの説明に対しまして質疑を行います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(天野嘉久孝) 3款1項2目国民年金事務費の中の国民年金進達事務事業とあるんですが、この進達というのは何をどのようにされるのか、概要を教えてください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯国保年金課長(古賀清光) 年金機構から事務を受託しておりますので、その窓口で受けた書類を年金機構に送る事務を進達と表現しております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(天野嘉久孝) 書類というのは。

-------------------------------------------------------------------------------

◯国保年金課長(古賀清光) 例えば免除申請をこちらの窓口で受け付けまして、受け付けた書類を年金事務所に送ったり、それから障がい者年金の手続の関係で窓口で受け付けた書類をお送りするものでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(天野嘉久孝) わかりました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) いいですか。ほかにありませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(白石重成) 3款1項7目ですか、重度障がい者医療費で1,400人で年平均55人の増加という説明がありましたね。これは年々伸びてきているんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯国保年金課長(古賀清光) 重度障がい者医療の年度ごとの対象者の平均は、平成23年度が1,315名、それから平成24年度が1,325名と10名増えておりまして、そして平成25年度が1,130人と、こちらのほうは減りまして、今回件数が増える見込みとしております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(白石重成) 平成25年度で減ってと。ということは300人ぐらい平成25年実績からは増やした目標をしていたんですか。1,100と言われましたよね。

-------------------------------------------------------------------------------

◯国保年金課長(古賀清光) 平成25年度はまだ年の途中でございますので、実績ではございません。今現在の数字でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(白石重成) 重度障がい者というか、例えば下肢とか内臓疾患とか、福祉タクシー支給対象者と同じような方ですよね。

-------------------------------------------------------------------------------

◯国保年金課長(古賀清光) 一定の障がいを持っていらっしゃるということで、身障手帳等を持っていらっしゃる方が対象になります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(白石重成) そういった傾向が予想されるのであれば、例えば健康推進課との何か連携とかを……。防ぐというのはそんな簡単にできるとは思えませんけれども、何か予防策とか増加を防いでいく、そういったことを考えていかないといけないと思うんですが、そこは何か健康推進課との連携はとられているんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) いいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯国保年金課長(古賀清光) 重度障がい者医療につきましては、病院にかかられて、その治療代を一部助成するということでございますので、このままです。予防策ということはこちらでは考えておりません。対象者の方はそれぞれご事情が違いまして、先天的な方も、また事故等でなられた方もありますので、一概に予防ということは難しいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) いいですか。ほかにないですか。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ないようですので、国保年金課所管分の質疑を終わります。
 ここで10分休憩をいたします。そして特会に入ります。お疲れさまでした。
    (休憩 午後3時32分)
    (再開 午後3時42分)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) 再開いたします。
 先ほどは一般会計ご苦労さまでした。特別会計のほうは介護保険関係のほうから進めていきます。そして、後に国保関係を続けていきますので、皆様よろしくお願いいたします。
 それでは、第27号議案、平成26年度大野城市介護保険特別会計予算についてを議題といたします。
 執行部の説明を求めます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯介護サービス課長(高原正宏) それでは、第27号議案、平成26年度大野城市介護保険特別会計予算について説明いたします。
 当初予算主要施策事業の57ページをお願いいたします。よろしいでしょうか。
 歳出の主な項目について説明をさせていただきます。介護保険特別会計保険事業勘定になります。
 介護サービス課所管分の新年度予算額は50億5,552万8,000円で、昨年度に比べて3億4,255万2,000円の増額予算となっております。増額の内訳としましては、1款の事務費が1,800万円、2款の給付費が約2億9,800万円、3款の地域支援事業費が約2,700万円の増となっております。
 それでは、1款1項総務費から行きます。主な事務事業は人件費、電算使用料等の介護保険運営管理費及び地域包括支援センター運営事業費など、総額1億5,429万円の計上で、昨年度と比較して1,010万円の増となっております。増額の主な内訳としましては、筑紫地区4市1町の輪番により介護認定審査会事務局に職員1名を派遣しておりましたが、派遣期間の満了などにより人件費が749万7,000円減となる一方で、3年ごとの介護保険法改正に合わせて行う介護保険事業計画策定費と介護保険システム改修の費用が合計で1,845万6,000円の増となっているためでございます。
 次に、1款2項徴収費は介護保険料の納付書発送に要する費用で、303万7,000円を計上しております。なお、収納課所管分の予算が別にありますので、後ほど説明をさせていただきます。
 続きまして、1款3項介護認定審査会費でございます。6,065万4,000円を計上しております。昨年度より757万8,000円の増額となっております。事務事業の概要の上から3行目、筑紫地区介護認定審査会負担金は、筑紫地区4市1町で共同設置しています介護認定審査会の運営経費に係る大野城市の負担分です。
 続きまして、3つ目の白丸は介護認定調査事業で、認定に必要な主治医意見書の手数料や訪問調査委託料などの費用でございます。一番下の丸、要介護認定訪問調査調査員雇用事業では、嘱託職員4名を訪問調査員として雇用しています費用になります。平成25年度は4名中2名が緊急雇用創設事業の対象となり別予算の計上でありましたが、平成26年度につきましては4名全員分が介護特別会計予算となりまして、増額の主な要因となっておるところでございます。
 次の1款4項趣旨普及費は、65歳の年齢到達者に対して配付する介護保険の手引「すこやか」の郵送費で13万2,000円を計上させていただいております。
 次の、1款5項運営協議会費は124万4,000円を計上しております。平成26年度は介護保険事業計画策定年度でありますので、運営協議会を5回の開催としましたことにより10万1,000円の増額となっております。
 一番下の枠から次の58ページの4番目の枠まで続きます2款の給付費につきましては、過去の給付実績と平成25年度上半期の状況などから予算額を見込んでおります。給付費は年々増加しており、2款全体では47億4,100万9,000円と、平成25年度当初予算に比べ2億9,823万円の増となっておりまして、伸び率は6.7%となっております。
 まず、2款1項の介護サービス等諸費ですが、要介護1から5までの認定者に対する各種サービスの給付費でございます。予算額は40億9,700万4,000円で、平成25年度に比べ6.2%、2億4,084万円の増となっています。施設介護サービス費が介護療養型医療施設の転換により4%の減となる一方、地域密着型を含む在宅系のサービス給付費が受給者数の増と、消費税率改定に伴う区分支給限度額の引き上げなどにより13.5%の増となったことによるものでございます。
 続きまして、58ページです。
 2款2項介護予防サービス等諸費です。3億5,800万3,000円の計上で、平成25年度に比べ6.1%、2,070万円の増加となっています。介護予防福祉用具給付費を除き2款1項の介護サービス等諸費と同様の理由により増額となっております。
 次に、2款3項その他諸費は、福岡県国民健康保険団体連合会が行う介護報酬の審査支払に対する手数料で、340万円を計上しております。1件当たりの手数料が50円から43円に引き下げられましたので、審査件数は増えておりますが10万円の減となっております。
 2款4項は高額介護サービス等費で、1億720万円の計上となっております。区分支給限度額の引き上げなどにより、平成25年度に比べて1,819万円の増となっております。
 2款5項は高額医療合算介護サービス等費で、1,520万円の計上となっております。サービス受給者の増から400万円の増加としております。
 2款6項の特定入所者介護サービス等費は、市民税非課税世帯に属する方が、介護保険施設入所やショートステイを利用したときの食費と居住費を軽減する費用です。1億6,020万2,000円を計上しております。平成25年度に比べて10%、1,460万円の増額となっております。
 3款1項につきましては、介護予防事業です。2,646万円の計上で、606万8,000円の増額となっております。増額の主な理由は、二次予防事業のまどかスクール運営事業費が参加者見込み増により136万1,000円の増。一次予防事業の音楽サロンは平成25年度の試行開催の結果、健康づくりに有効であるとの評価を得ましたので、平成26年度は開催予定区を22区に拡大しまして436万4,000円の増額としております。
 続きまして、3款2項の包括的支援事業任意事業は6,508万円で、平成25年度に比べ2,130万7,000円の増となっております。増額になった事業と新規事業について説明をさせていただきます。
 地域包括支援センター運営事業は、保健師と介護支援専門員の嘱託職員賃金となっておりますが、介護支援専門員4名分の賃金について、介護サービス事業勘定から移管をしましたため、1,084万2,000円の増となっております。
 2番目の丸、総合相談事業は、在宅高齢者から相談を受けて各種の保健福祉サービスにつなぐ業務で、在宅介護支援センターが受託しておるところです。高齢者の増加に伴い総合相談の件数が飛躍的に多くなっておりまして、同センターの人員体制の強化が必要となりましたので、業務設計の見直しを行いまして、1,017万6,000円を増額しておるところでございます。
 4番目の丸、新規事業の地域包括ケアシステムネットワーク構築事業は、処遇困難高齢者などに対して迅速で適切な支援を行うため、多職種の専門家を委員とする協議会を発足するもので、委員25名に対する報酬等63万2,000円を計上させていただいております。
 9番目の丸、高齢者福祉食事サービス事業は高齢者に対する配食サービスで、対象者数の精査により130万円の減としております。
 12番目の丸、成年後見制度利用助成制度は、成年後見の主張申し立てが増えており、23万8,000円の増となっております。
 14番目の丸、高齢者介護用品給付事業は紙おむつの給付ですが、対象者の増により81万円の増額としております。
 続きまして、4款1項の基金積立金ですが、介護給付費準備基金積立金の利息を25万1,000円計上しております。
 では、59ページをお願いいたします。
 5款1項の公債費は、一次借り入れを行ったときに支払う利息です。これまで利息の低下というものを見てなかったんですが、今回精査により金利の低下を反映しまして37万円に減額をしております。
 続きまして、一つ飛びますが、先に介護保険事業勘定の収納課所管分の説明をさせていただきます。3段目の表になります。
 介護保険料の滞納者に対する督促等や普通徴収の過誤納保険料の返還事務につきましては、収納課の所管としております。納付書の発送事務経費と還付金につきまして185万6,000円を計上しております。
 続きまして、介護保険特別会計の介護サービス事業勘定を説明させていただきます。2段目の表になります。
 1款1項介護予防サービス事業費は4,477万2,000円で、平成25年度に比べ368万3,000円の増となっております。主な増減としましては、介護支援専門員を1名補強したということ、それと残業手当の縮減を合計しまして78万3,000円の増となっております。介護予防サービス計画原案作成委託料が269万6,000円の増となっております。
 続きまして、債務負担行為の説明をします。お手元の平成26年度当初予算債務負担行為請求一覧の介護保険特別会計介護サービス事業勘定をお願いいたします。
 案件としては1件だけです。ページとしては5ページです。
 地域包括支援車両賃借料ですが、軽自動車3台分のリース料につきまして、平成25年6月から平成27年5月までの債務負担としていましたが、消費税改定に伴い平成27年度の限度額に沿って3,000円の追加をお願いするものでございます。以上で説明を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ただいまの説明に対しまして質疑を行います。質疑ありませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(井上正則) 57ページの介護保険特別会計の数値目標で、介護給付適正化のためのということで、実施件数ではなくて介護給付の適正化ということであれば不適格の事案もあったんでしょう。その件をお聞きします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯介護サービス課長(高原正宏) 不適正給付といいますか、サービスの質の向上を狙って、いろんな項目について審査をし、場合によっては返還という給付過誤調整をすることになります。内容としましては、大野城市内のケアプランをつくる介護支援事業所について、1年をかけて一回りして1事業所を必ず見るようにしておりますけれども、請求の誤りや加算の間違いとかが多くて、主には指導とか県への報告、再発防止に向けた改善報告書の提出等をしていただいております。特に間違いがひどいものについては、先ほども言いましたように返還という措置をとらせていただいているところです。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(井上正則) 返還を求めるようなところは過去ありましたか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯介護サービス課長(高原正宏) 毎年ありまして、今年につきましても2回ほどあっております。一番大きかったのは、小規模多機能の契約をしていたところ、対象者が入院をされまして、1カ月以上入院を続けると一旦契約を切らなければいけないんですが、入院期間中もお見舞いに行って状態を伺っていたということで契約をそのままにしていた、それで請求をしたということで、不適正給付ということで、3カ月分ぐらいまとめて返還していただいております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(井上正則) そういう不適だったときに、何か処分的なことはあるんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯介護サービス課長(高原正宏) 金銭的なペナルティーの加算というものはございません。多過ぎた給付費について返還していただきます。ただ、先ほども言いましたけれども、管理者、担当者、全てを呼んで1件1件事情を聞いて、改善報告書を出していただいて、またそれについては県に報告という形をとっています。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(井上正則) いいです。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ほかにないですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松下真一) 予算の概要と違って、大きいほうの説明書なんですけれども、181ページの歳入のほうですね。これは国保年金課とも連動していると思うんですが、普通徴収の保険料の徴収率が83.99%ということで、当然特別徴収は100%で間違いないんですけれども、普通徴収の場合は、単なる滞納者じゃなくて払えない人たちじゃないかなと思うんですよね。国保の場合もそうですけれども、払えない場合、サービスが受けられないことになってくると思うんですけれども、それについては介護課として、どういうふうに対策をとろうかと考えてありますでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯介護サービス課長(高原正宏) 介護保険料は各10段階12区分に分かれます。生活保護の関係の方の負担金が年額2万9,910円ですので、それ以下という設定はないんですが、減免申請を出していただければそこまで下がります。ただ、それも払えない方となると、実質的にそれ以上減額する手段は今のところございません。あとはそれを払えない方、生活保護水準以下の方については、生活支援等の相談をしていただくしか方法はなかろうと思っております。そういう形になっております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松下真一) 収納率が84%ぐらいしかないということで、これをそのまま放ったらかしてあるのか、それとも支援課と話し合って、生活保護に移行してもらって、これを不納にしてしまっている数字なんでしょうか。どちらですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯介護サービス課長(高原正宏) 保険料が納付できないからといって即生活支援の指導に直結するということはございません。ただ、介護保険の保険料につきましては2年間で時効になりますので、払わなかった方については、特別な事情がないような方については2年で不納欠損となりまして、その期間に応じて介護サービスを受けるときに1割の自己負担が3割になるというペナルティーが後々かかってくることにはなります。ただ、この払えなかった人について生活支援とかに直結するものではありません。ちょっとお答えになったかどうかわかりませんけれども、そういう状況でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松下真一) 収納率イコール、サービスの低下で、今まで払っとって、年とって払えなくなってしまって滞納になって、結局、いざサービスを受けようと思ったときに受けられない、受ける能力がないということになってくると、介護サービス事業そのものが意味がなくなってしまう。保険料を徴収するだけの制度になってしまったらいけないと思うんです。
 それから、ここと今ずっといろいろ説明されたサービスとがきちんと対峙できるような対策をですね。こぼれてしまっているような人がいるんじゃないかなという気がして、今ちょっと聞いたんですよね。こぼれないように何とか対策ができる法律もいろいろあるんでしょうけれども、そこのところは何か方法はありますでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯介護サービス課長(高原正宏) 今、委員が言われたように、実際に保険料とか1割の負担が払えないということで我慢してある方も現実にはいらっしゃるように思います。ただ、それを救う方法として、国としては保険料をちゃんと徴収しなさいという一方で、一括的な減免をしたらだめですと。一括的な減免をして、それに市費をつぎ込むということが許されているならば政治的判断でそういった対応もできるかもしれませんが、それは禁じられているところでございますので、社会全体で介護の必要な人を支えるという基本的な理念のもとに、最低の負担金というのはどうしても消えないので、それをどうしても回避するということになってくると、生活そのものの支援ということになってこようかと思います。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松下真一) はい。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ほかにないですか。いいですね。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ないようですので、第27号議案の質疑を終わります。
 続きまして、先ほど言いましたように第29号議案、平成26年度筑紫地区介護認定審査会事業特別会計予算についてを議題といたします。執行部の説明を求めます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯介護サービス課長(高原正宏) それでは、第29号議案、平成26年度筑紫地区介護認定審査会事業特別会計予算の説明をさせていただきます。当初予算主要施策事業の59ページをお願いいたします。
 一番下の表になります。
 筑紫地区介護認定審査会は、筑紫地区4市1町で共同設置し、運営をしております。担当市は2年ごとの持ち回りとなっており、平成25年度と平成26年度は大野城市の担当となります。
 特別会計の予算総額は7,439万8,000円で、平成25年度に比べ346万7,000円の減となっております。
 1款1項総務管理費は事務局の運営費用で、嘱託職員賃金、介護認定支援システム運営管理業務委託料、事務局派遣職員人件費等負担金など2,619万円を計上しております。
 1款2項認定審査会費は、介護認定審査会委員180人に対する報酬と費用弁償です。4,720万8,000円を計上しております。平成26年度は委員の任命2年目となり、辞令交付や初任者研修などの出席が必要ありませんので、平成25年度と比べて261万5,000円の減となっております。以上で説明を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ただいまの説明に対しまして質疑を行います。何かありませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(清水純子) 特別会計の数値目標のところに、審査会委員の専門研修会受講率62%というふうに上げてあります。こういう審査会の方たちは専門職だろうと思うんですけれども、100%にはならないんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯介護サービス課長(高原正宏) 審査委員の方は再任をされる方も多うございまして、もう知っているということで行かれない、あるいは医者とか歯科医さん等の医療関係の方も多うございまして、なかなか時間の都合がとれないという事情もあるようです。ただ、低いままで容認するわけにはいきませんので、受講率を上げるために督促の電話、受けてくださいという電話をするようにして、なるべく多くの方に受けていただくような方法をとりたいと思っております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(清水純子) わかりました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ほかにないですか。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ないようですので、第29号議案の質疑を終わります。
 次に、第26号議案、平成26年度大野城市国民健康保険特別会計予算についてを議題といたします。
 執行部の説明を求めます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯国保年金課長(古賀清光) 平成26年度国民健康保険特別会計当初予算の説明をさせていただきます。まず当初予算主要施策事業の、恐れ入ります、95ページをお願いいたします。ここに当初予算の説明書を載せております。
 恐れ入りますが、一番下のところを御覧いただきたいと思います。予算総額を記載しております。
 平成26年度国民健康保険特別会計の歳入歳出総額は93億8,361万1,000円で、前年度が89億6,647万円、対前年度比4億1,714万1,000円で、4.7%の増となっております。なお、平成26年度の被保険者数等の見込み及び前年度の比較等につきましては、この表のとおりでございます。特に中ほどの医療費の額につきましては、高齢化の進行や医療技術の高度化などによりまして、73億5,618万2,000円、前年度比3億6,080万5,000円で、5.2%の増となっており、国保特別会計総額の伸び4.7%増の要因となっております。
 それでは、国保年金課所管分と収納課所管分につきまして、私のほうから説明させていただきます。
 戻りまして、恐れ入ります、64ページをお願いいたします。当初予算主要施策事業の64ページでございます。
 国民健康保険特別会計の歳出のうち国保年金課の所管分としましては、93億3,221万円です。前年度が89億1,654万2,000円ですので、対前年度比4億1,566万8,000円の増となっております。特別会計の数値目標につきましては、特定健診受診率30%としております。
 続きまして、1款1項総務管理費でございます。1億198万5,000円、前年度比1,346万4,000円の減となっております。内訳としましては、職員の人件費が6,877万8,000円、国保事業の運営管理に係る事務費1,869万6,000円などによるものでございます。
 1款2項徴収費でございます。徴収費は国民健康保険税の賦課業務に係る費用で、2,235万9,000円、前年度に比べまして15万4,000円の増となっております。増額の主なものとしましては、消費税率増による郵送代等の増によるものです。
 1款3項国保運営協議会費につきましては、40万5,000円で前年と同額を計上させていただいております。
 2款1項療養諸費としまして、54億3,862万2,000円、対前年度比2億1,178万7,000円の増、4.1%の増となっております。療養諸費の予算につきましては、主に国保の被保険者の医療費に係る保険者の負担金として給付するものでございます。うち、主な療養給付事業一般分につきましては、医療費の増加を見込んで49億2,000万円、前年度比2億7,410万円増、5.9%の増としております。
 2款2項高額療養費でございます。予算額は6億8,450万円、前年度比3,851万円の増となっております。療養諸費と同様に医療費の増加を見込んでおります。
 一つ飛びまして、2款4項出産育児諸費は、出産育児一時金の支給事業でございます。39万円に産科医療補償制度の加入の医療機関で出産した場合は3万円が追加され、42万円を支給しております。平成26年度の見込み件数が140件です。平成25年度が160件ですので、5,850万円、前年度比870万円の減となっております。
 2款5項葬祭諸費でございます。1件につきまして4万円を支給しております。件数は昨年同様の120件を見込み、480万円として計上させていただいております。
 3款1項後期高齢者支援金等でございます。後期高齢者医療制度の財源の40%相当となる後期高齢者交付金の財源として、各保険者が負担し、社会保険診療報酬支払基金に納付するものでございまして、12億5,012万円、前年度比1億1,091万6,000円の増となっております。
 4款1項前期高齢者納付金につきましては、232万円、前年度比4万9,000円の増を計上しております。
 5款1項老人保健拠出金でございます。医療費の精算分に係るものでございまして、16万円を計上させていただいております。昨年度に比べまして41万2,000円の減となっておりますが、過去の実績に基づきまして減額をしております。
 6款1項介護納付金につきましては、介護の保険者が交付を受けます介護納付費交付金の財源としまして、各医療保険者から第2号被保険者、これは40歳から65歳未満の方になりますけれども、この見込みをもとに算定されて、社会保険診療報酬支払基金に納付するものでございます。5億2,000万円、前年度比3,703万6,000円の増となっております。
 7款1項共同事業拠出金でございます。12億3,021万円、前年度比3,990万9,000円の増となっております。
 内訳としましては、まず高額医療費共同事業拠出金でございますが、医療費の規模に応じて市町村が拠出します共同事業で、高額な医療費の軽減を図るということで、80万円以上の高額の医療費に対して交付する事業費の拠出金になります。2億8,000万円、前年度比1,963万5,000円の増となっております。
 次に、保険財政安定化事業拠出金でございます。これは医療費の規模及び被保険者数に応じて市町村から拠出する共同事業でございます。保険税の平準化、財政安定化を図るために、1件30万円を超える医療費に対しまして交付する事業に対する拠出金です。保険財政共同安定化事業拠出金9億5,000万円、前年度比2,030万1,000円の増としております。
 8款1項特定健康診査等事業費でございます。これは被保険者の40歳から74歳までの方を対象に健康診断を実施しているものでございます。国保年金課では特定健康診査の受診券の発行業務を行っており、その事務費は161万9,000円で、消費増税により郵送料等が1万5,000円の増となっております。
 8款2項保健事業費でございます。健康に関する事業の経費で、はり・きゅうの助成や医療費通知など、医療の適正化に関するものでございます。予算額は1,048万2,000円、前年度比13万2,000円の減となっております。
 右側のページをお願いいたします。収納課所管分ですが、引き続き私から説明いたします。
 収納課所管分の歳出は1,445万6,000円、前年度比67万2,000円の減となっております。
 1款2項徴収費におきましては、国保税の徴収に関する収納課における事務費668万6,000円、前年度比67万2,000円の減となっています。これは、電話催告業務委託料につきまして、見積額により精査の上、計上したことによるものでございます。
 10款1項償還金及び還付加算金です。これは国保税の過誤納付に係る還付金などで、昨年と同額の777万円を計上しております。
 以上で予算事業に関する説明は終わらせていただきますが、続きまして債務負担行為について説明をさせていただきます。資料の債務負担行為要求一覧の5ページをお願いいたします。
 国民健康保険特別会計では3件ございます。国保年金課と収納課を合わせまして説明をさせていただきます。
 まず、電話等による市税等催告業務委託料でございます。納期限が過ぎた方に対しまして早い時期に電話で催告を行い、滞納を初期の段階で解消することを目的としております。これは民間業者と人材派遣契約を締結いたしまして、電話によります納付の案内や催告を行うものでございます。この業務につきましては、一般会計と国保特会からそれぞれ費用の2分の1を負担しております。契約期間は平成26年10月から平成27年5月までを予定していますことから、次年度の4月・5月分として33万4,000円の債務負担行為の限度額を設けるものでございます。
 2番目の国民健康保険診療報酬明細書点検業務です。平成26年9月に現在の契約が終了しますことから、継続して医療費削減を図るため、債務負担行為の限度額を設けるものでございます。新たな契約期間は、平成26年10月から平成29年9月までで、2,340万円の限度額をお願いするものです。
 3番目です。国民健康保険申請受付相談業務です。これは、消費税率アップに対応するため、10万4,000円を追加して設けるものでございます。以上で説明を終わらせていただきます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) 次、健康推進課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯健康推進課長(宇土晴子) 健康推進課所管分について、ご説明いたします。
 65ページの真ん中の枠内になります。
 8款1項1目特定健康診査等事業費ですが、予算額が3,694万5,000円で、昨年度よりも214万5,000円の増額となっております。内容は特定健診等の委託料2,498万2,000円が主なものでございますが、新規に特定健診項目充実事業を実施いたします。これは、従来の血液検査に受診者全員貧血検査を無料で追加し、市民から要望の多かった心電図検査は、自己負担により希望者に検査の機会を設けることとしております。検査項目の充実により、さらに受診率の向上を目指したいと考えております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ただいまの説明に対しまして質疑を行います。質疑はありませんか。いいですか。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ないようですので、第26号議案の質疑を終わります。
 次に、第28号議案、平成26年度大野城市後期高齢者医療特別会計予算についてを議題といたします。
 執行部の説明を求めます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯国保年金課長(古賀清光) 平成26年度後期高齢者医療特別会計につきまして、説明をさせていただきます。まず、当初予算主要施策事業の101ページをお願いいたします。ここに当初予算の説明書を載せております。
 恐れ入りますが、一番下のところを御覧いただきたいと思います。歳入と歳出の合計額を記載しております。
 歳入歳出総額は10億6,983万2,000円で、前年度が10億4,626万6,000円、対前年度比2,356万6,000円で、2.3%の増となっております。後期高齢者医療につきましては、75歳以上の方または65歳以上74歳以下の方で、一定の障がいをお持ちの方が対象となる制度でございます。保険者といたしましては、福岡県後期高齢者医療広域連合が医療給付を行い、市は受付業務や保険料の徴収業務を行っております。また、平成26年度の対象者数などの見込み及び前年度の比較等につきましては、この表のとおりでございます。
 なお、2年に1度保険料の改定が行われておりますが、26年度は改定の年になります。3月27日に開催予定の広域連合議会に議案が提出される予定でございます。まだ議案の内容の詳細はわかりませんけれども、均等割、所得割、賦課限度額とも増加されるようでございます。一方で均等割軽減額の対象が拡大される議案も提出されるようでございます。
 それでは、国保年金課所管分、収納課所管分につきまして説明させていただきます。
 恐れ入ります。戻りまして65ページをお願いいたします。
 国保年金課所管分の歳出総額は、10億6,664万4,000円、前年度比2,348万4,000円の増となっております。
 1款1項総務管理費は、3,110万1,000円、前年度比758万3,000円の減額となっております。減額の主な理由ですが、23年度から広域連合に1名職員を派遣しておりましたが、25年度で派遣期間が満了、終了しますことから、26年度は職員数が1名減って3名分の人件費で1,896万1,000円となっております。それから、後期高齢者医療特別会計の運営管理に係る事務費としまして722万3,000円、はり・きゅう助成事業は268万7,000円を計上させていただいております。
 恐れ入ります。次のページをお願いいたします。66ページになります。
 1款2項徴収費でございます。後期高齢者保険料の徴収事務に係る経費で183万4,000円、前年度比20万8,000円の増となっております。
 次に、2款1項後期高齢者広域連合納付金でございます。10億3,270万9,000円、前年度比3,085万9,000円の増となっております。増加の理由といたしましては、納めていただいた保険料は全て広域連合に支出いたしますが、その保険料負担金と保険基盤安定負担金の合計が10億1,421万4,000円で、前年度比3,214万2,000円の増となったことによるものです。
 続きまして、収納課所管分についてご説明いたします。
 収納課所管分の歳出は318万8,000円、前年度比8万2,000円の増で、主な理由は印刷製本費や郵送代が増費税8%になったことによるものです。
 目の数値目標につきましては、後期高齢者医療特別会計の安定運営に資するため、口座振替の申込者数を50人増やしたいとしております。
 1款2項徴収費です。後期高齢者保険料の徴収に関しましての収納課の事務費は108万8,000円、前年度比8万2,000円の増となっております。これも先ほどご説明いたしましたが、消費税のアップによります印刷製本費、郵送代の増によるものです。
 3款1項償還金及び還付加算金は、後期高齢者保険料の過誤納付につきまして還付するものでございます。前年度と同額の210万円を計上しております。以上で説明を終わらせていただきます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ただいまの説明に対しまして、質疑を行います。質疑はありませんか。ようございますか。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ないようですので、第28号議案の質疑を終わります。
 以上で本日の審査日程は全て終了いたしました。
 本日は、これをもちまして散会をいたします。次の予算委員会は3月17日午前10時より再開します。どなたもお疲れさまございました。
    (散会 午後4時30分)