議事ロックス -地方議会議事録検索-


福岡県 大野城市

平成26年予算委員会 付託案件審査 本文




2014.03.12 : 平成26年予算委員会 付託案件審査 本文


    (開議 午前9時00分)
◯委員長(永野義人) 皆さん、おはようございます。昨日に続き、ただいまから予算委員会を開会いたします。
 本日は4名の議員から傍聴の申し出があっております。
 本日の審査日程は、午前中に第25号議案の建設部所管分に引き続き、第30号議案、第31号議案及び第25号議案の環境生活部所管分、午後から第32号議案及び第33号議案の説明、質疑を行います。
 それでは、これより第25号議案の建設部所管分について執行部の説明を求めます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯都市計画課長(徳田正治) 皆さん、おはようございます。それでは、都市計画課所管分につきましてご説明をいたします。
 お手元の当初予算の概要66ページをお願いします。
 8款4項1目都市計画総務費の予算額ですが2億3,068万9,000円でございます。このうち交通対策推進費につきましては8万円でございまして、内訳としまして、各種団体負担金ということで博多南線交通対策協議会負担金が5万円、それから福岡県地域交通体系整備促進協議会負担金が2万円でございます。この2件が主なものでございます。
 次に都市政策推進費ですが、予算額が4,436万円でございます。内訳としまして、都市計画審議会運営事業が平成26年度は4回の開催を予定しておりまして、その運営費として34万円。
 それから、都市計画推進事務事業としまして、旅館等建築審議会委員報酬や緑化協定板設置工事費等としまして110万3,000円を計上しております。
 それから、大野城市耐震促進計画事業につきましては、木造戸建て住宅耐震改修補助金等に1,200万8,000円、これは1戸建て60万円の20戸を計上しております。地理情報システム更新事業として246万円。
 それから新規事業でございますが、連立事業により生まれます高架下の空間を有効に活用し、周辺のまちづくりに活かすとともに、地域の活性化を図るため、高架下利用及び市街地活性化検討事業としまして、基本計画検討業務委託料等に714万9,000円を計上しております。
 それから、史跡等の地域資源と公共施設等の拠点を結び、回遊できる散策路の整備のため、(仮称)大野城トレイル整備事業としまして、基本計画の策定業務委託料等に630万円を計上しております。
 それから、上大利南地区のハンズマン横の行きどまり道路となっているところを県道長浜太宰府線までつなぐ(仮称)日の浦池線都市計画決定事業としまして、設計委託料等に1,500万円を計上しております。
 続きまして67ページでございます。バス交通推進費が8,046万1,000円でございます。内訳としまして、コミュニティバスの運行事業に伴います運行事業補助金4,960万6,000円及び老朽化に伴います車両買いかえのためのコミュニティバス車両購入費2,158万円が主なものとなっております。
 それから、最終処分場周辺環境整備事業に伴います中区移動支援事業補助金458万3,000円を計上しておるところでございます。
 次に、8款4項2目土地区画整理費の予算額でございますが1,121万1,000円を計上しております。土地区画整理推進費としまして、乙金第二土地区画整理事業の県負担金1,092万円が主なものとなっております。
 続きまして、8款4項3目下大利駅東土地区画整理事業費の予算額は2,533万7,000円となっております。人件費を除きます下大利駅東土地区画整理事業費は377万3,000円でございまして、下大利1号踏切拡幅に伴います下大利南ヶ丘線道路築造附帯工事費として250万円を計上しております。
 次に、8款4項4目でございます。都市計画街路事業費の予算額は4億5,265万5,000円でございます。連続立体交差事業費ですが、連続立体交差事業負担金4億5,236万2,000円が主なものとなっております。
 次に、債務負担行為でございます。予算委員会資料の負担行為一覧表の3ページをお願いいたします。
 中段のところになりますが、59番、コミュニティバスの運行補助金ですけれども、消費税対応分を計上させていただいております。
 続きまして60番、高架下利用及び市街地活性化基本計画検討業務につきましては、平成26年度から27年度の2カ年の複数年契約で実施することから、債務負担行為として計上させていただいております。
 以上で、都市計画課所管分の説明を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ただいまの説明に対しまして質疑を行います。何かありませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(井上正則) 都市計画推進費の件で、一つは耐震の木造の補助金なんですけれども、前年度からどういうふうな進捗ぐあいといいますか、状況をちょっと教えていただけませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯都市計画課長(徳田正治) 今年度、平成25年6月から開始しておりまして、申し込み件数が12件ございました。
 地区別に言いますと、下大利が4件、南ケ丘が3件、栄町が2件、あと山田、乙金台、上大利が各1件の合計12件の耐震改修が行われたということでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(井上正則) 今後どこまで持って行く予定なんでしょう、この耐震のは。

-------------------------------------------------------------------------------

◯都市計画課長(徳田正治) 一応、耐震改修促進計画で10年間の計画をしております。したがって、平成25年度から開始していますので、平成34年度まで続けますが、補助金の額につきましては、今、1戸当たり60万円ということでやっていますけれども、これについては強化期間ということで、平成25、26、27年の3年間は60万円で、それ以降については限度額30万円ということで考えております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(井上正則) 今の件はわかりました。その下の丸新の高架下利用なんですが、今後検討していくわけなんでしょうけれども、検討の月の開催数というのはどういうふうに考えてありますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯都市計画課長(徳田正治) 月の開催数といいますか、一応グループを幾つか分けようかと考えております。まず、市民グループを、白木原から下大利の間に一つ、それから白木原から春日原の雑餉隈の前までを1グループの2グループと、あと職員のグループ。それと、それを一通り取りまとめする担当課と福岡県や西鉄を含めたもう一つのグループですね。さらに、それをもう一つ上の会議に持ち上げて、そこでいろいろ検討していただくということで、4つのグループで検討を重ねていくことにしていますので、今のところ月何回というのは考えてはおりません。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(井上正則) すみません。市民グループはどういった方が構成をされるんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯都市計画課長(徳田正治) 市民グループは、沿線住民の方であるとか、商店会の方であるとか、できればそういった高架下の利用とかに熱意のある方に参加していただきたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(井上正則) 次のバス交通推進費の件なんですが、中区の移動支援補助金、なかよし号の件なんですけれども、期間としてはいつまでなんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯都市計画課長(徳田正治) なかよし号は、去年の5月から運行を開始しておりますけれども、期間的には15年を計画しております。これがスタートしたきっかけといいますのが、コミュニティバスをこの地区に回せないかということからスタートしておりまして、御陵地区といいますか、中地区については、道路の幅員が狭くてコミュニティバスが通れないことから、こういった代替手段を講じたわけです。
 中地区については、今道路の計画をしておりまして、もうすぐ都市計画決定の手続を行うんですが、中川久保線という計画道路を実施するようになるんですけれども、その完成が大体そのぐらいになるだろうということでの期間になります。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(井上正則) あと1点。土地区画整理推進費の件なんですが、乙金の第2土地区画整理での大型保留地等がありますね。そこら辺の大型店舗とか、または今後西鉄バス運行状況がどのような計画になっとるのか、何かわかるのであれば。

-------------------------------------------------------------------------------

◯都市計画課長(徳田正治) 大型保留地の売買に関しては、今、組合のほうで鋭意頑張って相手先を探しているような状況でございます。一時期、いいところまで行ったんですが、なかなか単価的に折り合いがつかないということで流れたケースもあるんですけれども、今そういったことで何社か当たってもらっております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(井上正則) 西鉄バス関係っていうのはどうなんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯都市計画課長(徳田正治) 西鉄バスについては以前協議を行っておりまして、採算がとれないということで廃止したことから、今のところ路線を通す予定はないということでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(井上正則) わかりました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ほかにありませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(神野芳行) 今の質問に関連してなんですけれども、高架下利用の件ですが、今回700万円台で、来年度が債務負担で1,600万円弱ぐらい予算が組んである。そんなにお金をかけて何をされるんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯都市計画課長(徳田正治) 一応、高架下だけではなく、周辺の商店街の活性化、要は、そこのまちづくりを含めて今回計画を立てるようにしております。そういったことで、コンサルあたりへの委託といったものが必要になってまいりますので、そういうところからの見積もりをいただいて金額を決定しております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(神野芳行) じゃあ、コンサルにお願いして、そういう市民有志、商店街の方々を巻き込んだ形で計画を立てるということでしょうけれども、まず商店街はどこを対象にしているのか。それから、高架になったところ全線、下大利から白木原経由で春日原駅まで、その間の全線の高架の利用を考えるということですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯都市計画課長(徳田正治) 商店街につきましては、各駅に、まず下大利商店街、それから白木原商店街、春日原については錦町商店街。春日原駅周辺については、春日市側の東町、北町の商店街もございますので、そことの連携も必要だと思っております。それから、高架下については、全線について検討したいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(神野芳行) こちらが要望すれば、高架下全線を有効利用ということで考えていいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯都市計画課長(徳田正治) 一応、面積的な基準がございます。公共団体が使用できる面積というのが高架下面積の15%までで、あとにつきましては、西鉄の所有地になりますので、西鉄さんとの協議の中でどう取り込んでいけるか。ですから、先ほど申しましたワーキンググループの中に西鉄さんも入っていただくということを考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(神野芳行) 全体の15%ってどのぐらいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯都市計画課長(徳田正治) ざっとですが、全長で3.3キロございます。大体、線路の幅が10メートルぐらいございますので、それでいきますと、全体で3万3,000平米ですかね。そのうちの15%ですから、5,000平米ぐらいですね。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(神野芳行) 幅員が10メートルで、延長でいうと何メートルなんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯都市計画課長(徳田正治) 3,300メートルです。延長自体は3,300メートル、3.3キロありますが、今ちょっと資料が出てまいりましたので。要は、高架下利用できる高さもありますので、それからいきますと全体で2万168平米が利用可能面積と。そのうち春日市分もございますので、大野城市分でいきますと、公租公課分が3,025平米ということになります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(神野芳行) 結構な金額を使って基本計画を立てられるということですので、十分そういう市民の方、商店街の方だけではなくて、商工農政の所管のところもあると思います。そういうところとも連携をしっかりとってやっていただきたいと思います。
 次はコミュニティバスです。車両購入というのが何か唐突に出てきたような気がするんですけれども、2年前ですか、延命のため、エンジンのオーバーホールをやって、まだ使い続けようということだったんですけれども、結局、いつの段階で廃車にするということが決まったんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯都市計画課長(徳田正治) 確かに2年前まではなるだけ修理、修理を重ねながらでも、今の車両を使っていこうということで考えておりましたが、どうしても部品の供給というのが難しくなってくると。特に、今の車両を平成15年に購入しまして、平成16年に生産中止となっております。部品の供給が、生産中止から15年間まではできるということですので、それからいきますと、平成31年までしかできないと。そういったことがありましたので、今回の実施計画の中で、修繕費もずっとやっていきますとどんどんかさみますので、この際買いかえようということで進めることにしました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(神野芳行) それで、車両の計画的な更新ということで、平成26年度から毎年1台ずつ6年間ずっとかえていくということですが、最初に車両を導入したときに、車両の更新の計画は立てられていなかったんですか。今回、一つの実績ができたので、車両更新というか、その辺の計画性というか、そういうものは立てられるつもりはありませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯都市計画課長(徳田正治) 車両更新はお金もかかりますので、補助金等を充てるように考えております。今、補助金は県の補助金がございまして、限度額1,000万円でございます。これは運行補助金で、運行費と車両両方使えるんですが、今のところ運行が、収支比率50%を超えれば800万円ぐらい来るんですが、50%を切ると350万円ぐらいに減ります。今、大野城市のコミュニティバスについては、その50%のラインぎりぎりのところでございまして。昨年はちょっと超えたんですけれども、今年は、去年と同等ぐらいの利用者数でいっていますので、ちょっと厳しいところかなと。それでいきますと、650万円から700万円台がもらえない状況になるんですけれども、その分についてこの車両購入は充てられると。
 それと、いま一つ検討していますのが、社会資本整備事業の中でまち交といいますか、一応県のほうに相談していますけれども、それの補助を使うことも可能だということで、現在協議を行っております。
 そういった補助金を活用しながら、年間1台ずつ購入していって、26、27、28、29、30、31と。廃止した車については、部品取りに利用してきたいと考えています。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(神野芳行) ということは、今運用している車両と同型というか、同じような車両でいくということですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯都市計画課長(徳田正治) サイズ的には一緒なんですが、メーカーが違います。部品を使うというのは、今回1台買いかえますけれども、まだ5台残っています。その5台用の部品として使うというふうに考えています。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(神野芳行) ということは、更新する車両は新しいメーカーになるとして、このコミュニティバスを導入する段階というのは、結構車両の選定から議会を巻き込んだ形でわあわあやった経緯があるんですけれども、今回何もないということなんですが、どういう車両を入れられるんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯都市計画課長(徳田正治) 今、この低床バスといいますか、こういったミニバスはもう1社しかございません。種類も1車種しかございません。ですから、極端に言ったら検討の余地がないっていったらあれですけれども。あと、市でつくっております車両の検討委員会がございますので、そちらのほうに諮るようにはしております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(神野芳行) わかりました。10年間以上の実績があるから、車両の選定というか、形はあれでしょうけれども、内装関係も利用者が利用しやすい形になるとは思っております。ぜひその辺は効率よくやっていただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松下真一) 中区のなかよし号について質問します。去年の分を見ていましたら、タクシー会社へ委託をすると書いてありました。金額なんですけれども458万3,000円。南区を走っているふれあい号と同じようなものだと言ってあったんですけれども、金額が3倍ぐらい違うんですよね。この458万円の内容について詳しく説明してください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯都市計画課長(徳田正治) なかよし号とふれあい号の違いでございますが、ふれあい号については、運転はボランティアで、地区の方でやっていただいており、車両は市のほうから貸し出しをしています。なかよし号については、運行と車両も含めてタクシー会社に委託をしているということで、タクシーの料金関係が、30分で3,000円という計算になっております。ですから、イオンから中地区のほうまで1往復するのが大体30分で、1回3,000円という計算になっています。あとは、入札でそれをどのぐらい抑えられるかということでやっておるところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松下真一) 運転手がついてのバスですので、例えば、保険等はタクシー会社持ちということですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯都市計画課長(徳田正治) そのとおりです。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松下真一) この財源なんですけれども、最終処分場周辺整備事業ということですので、都市圏南部組合からの補助とかいうのはあるんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯都市計画課長(徳田正治) これは全て南環の補助になります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松下真一) 全額ですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯都市計画課長(徳田正治) はい、そうです。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松下真一) 先ほどの説明で、中川久保線が完成するまでの15年間ということなんですけれども、中川久保線が完成すると、なかよし号からコミュニティバスに変更になるという計画なんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯都市計画課長(徳田正治) コミュニティバスが通れる条件が整えば、あと利用者等の状況を見ながらそれに切りかえていくということは考える必要があろうかと思います。まだ随分先の話ですので、今の間にそれを確約というのは難しゅうございますけれども、考え的にはそういったことになります。スタートがコミュニティバスの代替ということで始めていますので。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ほかにないですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(白石重成) 交通対策推進費の博多南線の分だけ。今の現状を維持できるというような報告ですか。現状をちょっと教えてください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯都市計画課長(徳田正治) 博多南線につきましては、まだ今後長崎ルートの開通が計画されております。それによって、今の博多南線の便数が減るおそれがあるということがまず1点あります。
 それと、大野城市でいきますと、南地区から博多南線へのバスルートを確保できないかということでの協議といいますか、そういったものを行っておる状況でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(白石重成) ということは、バスルートといったら、この中に西鉄さんもこれから入ってきて一緒に検討していくという。

-------------------------------------------------------------------------------

◯都市計画課長(徳田正治) 協議会のメンバーは、那珂川町、春日市、福岡市、大野城市の3市1町でございます。そのメンバーで、いろいろな要望あたりを西鉄やJRなどに行っていくということでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(白石重成) 仮に、減便とかいう話は避けて通れない状況があるかもしれませんけれども、例えば、通勤時間帯は物すごく利用が多いですよね。ここいらは最低限、行かれたら、要望はされていくべきじゃないかと思うんですが、そこはどうでしょうか。考え方をお聞かせください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯都市計画課長(徳田正治) 要望については継続して行っていこうと考えています。ですから、以前は6両編成だったのが、現在は8両編成になっていると思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(白石重成) わかりました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) いいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(白石重成) はい。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ほかにないですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(清水純子) 耐震促進計画事業なんですが、前年度12件、今年度20件に増やしてありますけれども、大体平均的に1件につきどれぐらいの費用がかかっているんですか。というのが、耐震化をすることによって、場合によってはすごい金額がかかるから、60万円の補助が出ても、負担のほうが高いのでやめとこうという話を聞くもんですから。平均的にどれぐらいかかっているんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯都市計画課係長(廣井恵介) 今、全国平均が約170万円と言われております。そのうちの120万円分の半分、60万円を補助しようということで、今、上限60万円という決め方をしております。現実、今年度運用しておりますけれども、ほとんどのところが大体150万円から250万円の間ぐらいできております。純粋に、ある程度レベルが高いお家で、比較的状態がいいところで、総額で六、七十万円で、一番お安く上がっているところでそれぐらいです。耐震に関してだけでです。高いところで、屋根の吹きかえとかで家の重心を下げるような工事をされると、200万円、300万円という金額がかかっているようでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(清水純子) 例えば、耐震の工事に入る前に、一応見てもらって、結局お金がかかるからやめられた件数も把握してらっしゃるんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯都市計画課係長(廣井恵介) 今年度で12件の方にやっていただきましたけれども、耐震の診断をお受けになったところというのは、現在うちで把握しているので二十五、六件でございます。ただ、今年度間に合わんから来年度しようというお話をされているところも五、六件ございますので、ある程度金額をかかるというのをわかってお受けになっている方が多いのかなと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ほかにないですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(白石重成) 連続立体の目の数値が50%って書いてありますけれども、50%といったらどういった状況ですか。もう両脚が立ってくるぐらいの状況ということですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯都市計画課長(徳田正治) この50%といいますのはあくまで事業費ベースの50%ですので、どこまでというのはなかなか言いづらいところでございます。ただ、来年度の事業としましては、そういった柱のほうもどんどんやっていくという形になろうかと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ほかにないですか。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ないようですので、都市計画課所管分についての質疑を終わります。
 次に、公園街路課所管分について、執行部の説明を求めます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯公園街路課長(古賀政隆) おはようございます。68、69ページをお願いいたします。
 8款4項4目都市計画街路事業費の予算は3億9,545万6,000円となっております。予算の内訳についてですが、街路推進費は2,725万9,000円となっており、街路整備推進事務事業として1,725万8,000円計上しており、代替地の不動産鑑定料、分筆測量、事業用地の管理費用などとなっております。
 続きまして、那珂川宇美線関連事業としましては、今工事中の終点から宇美町境までの幅員27メートル、延長720メートルの新工区関連で1,000万円を計上しております。
 次に事業負担金ですが、現人橋乙金線県事業負担金として50万円計上しております。
 続きまして、街路整備費は3億3,181万7,000円となっており、継続事業としまして、下大利南ケ丘線外3線整備事業を含む7路線について引き続き取り組んでまいります。この7路線の予算額としまして3億181万7,000円となっております。
 新規事業としましては、乙金1丁目交差点から大野東小学校までの乙金大池線2工区、幅員13メートル、延長166メートルの設計・測量費等の委託費用1,400万円、それと、先ほど説明がありました県道飯塚大野城線から御陵中学校付近までの中川久保線1工区が幅員13メートル、延長650メートルの測量の委託費100万円を計上しております。
 続きまして、69ページから70ページにかけましての8款4項5目公園費について説明いたします。予算額は2億6,228万円となっております。内訳ですが、公園整備費は6,302万8,000円となっており、継続事業としまして乙金第二区画整理事業地内の1号公園及び2号公園の設計委託費及び(仮称)新南部工場周辺環境整備事業によるグリーンハイツ公園改修工事を計上しております。
 続きまして新規事業ですが、最終処分場周辺環境整備事業における周辺山地部の公園化調査費400万円、それと70ページになりますが、乙金公民館横にあります乙金公園再整備事業の用地取得に関する調査費400万円、若草区の畑ヶ坂公園整備事業1,290万円、公園長寿命化計画による改修事業1,300万円を実施してまいります。
 続きまして、いこいの森管理費ですが3,374万9,000円となっており、内訳は指定管理者交付金、施設改修工事及び新規事業としまして、公共施設予約システムに係る関連機器更新事業としまして、パソコン2台を購入するもので、21万円を計上しております。
 続きまして、公園維持管理費は1億2,632万2,000円となっており、内訳は施設の修繕や清掃管理、樹木の管理、遊具の点検等となっております。
 緑化推進費は899万6,000円となっており、花いっぱい運動事業やみどりの広場事業となっております。
 続きまして、平成26年度当初予算債務負担行為一覧の3ページをお願いいたします。
 61番、大野城いこいの森指定管理者交付金ですが、消費税対応分といたしまして157万2,000円を計上しております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ただいまの説明に対しまして質疑を行います。何か。さっき聞かれましたが。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(清水純子) 公園の関係で、老朽化の長寿命化の計画は、大体幾つぐらいというか、全体的に計画を立てて、そのうちそれを年度ごとに幾つかずつ計画的にやっていくんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯公園街路課長(古賀政隆) 対象公園は147公園となっております。それで、計画期間は平成26年度から平成35年度までの10年間としております。この中で、ランクづけをした公園施設、Dランクといいますのが最優先で取り組まないといけない施設、それとC判定のうち、5年以内に改修が必要なもの、Cランクの中で10年以内に改修が必要なものという順位づけをしまして、緊急度に応じまして計画してまいります。
 それと、コミュニティ4地区にそれぞれ差異がないようなことで、箇所数も選定していきたいと考えております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(清水純子) ランクは幾つから幾つですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯公園街路課長(古賀政隆) D、C、B、Aとなっておりまして、Bは様子を見なさいよという程度で、Aはもう全く問題ありませんよと。DとCのみ改修の対象となっております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) いいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(清水純子) はい、わかりました。
 橋の関係で、橋梁の長寿命化なんですが、これは二つになっていますけれども。

-------------------------------------------------------------------------------

◯公園街路課長(古賀政隆) すみません。長寿命化は建設管理課のほうが。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(清水純子) 説明聞いていませんでした。フライングが多くて。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ほかにないですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松下真一) 69ページの一番下の丸新ですね。最終処分場の周辺山地部の公園化調査委託料の具体的な計画がわかれば教えてください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯公園街路課長(古賀政隆) これは周辺環境対策の要望といたしまして上がってきた分でございまして、ここの付近でパークゴルフが可能かどうか調査するものでございます。パークゴルフ場の建設ということで要望が上がっておりまして、パークゴルフ場という言葉が、著作権か何かの関係で使えないもんですから、それが可能かどうか現地調査をする費用を充てております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松下真一) この周辺整備の計画があったときに、公園をつくるという計画のお話は聞いていたんですけれども、それとはまた別にパークゴルフ場みたいなものを新たにつくるということなんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯公園街路課長(古賀政隆) 最終処分場の周辺山地部の公園化の中の一環ということで捉えております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松下真一) パークゴルフ場っていうか、それは本格的なものなんですか。月隈にあるような本格的なやつで、完成したら有料施設になるようなものを計画してあるんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯公園街路課長(古賀政隆) 先ほども申しましたけれども、パークゴルフっていうのは団体がございまして、そこの認定をいただかんと実際本格的なパークゴルフっていうのができないので、そこのところも含めて調査するんですけれども、遊び的程度のパークゴルフになるのか、本格的な公式戦ができるものになるのか、高低差等もかなりきつい急峻な山地部になっておりますので、そこのところも含めていろいろ検討していかないかんと考えております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松下真一) もし、詳しいことがわかれば、この予算委員会とはまた別に所管の委員会の協議会とか、全協のほうで進捗状況なんかをお話しいただけるものなんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯公園街路課長(古賀政隆) 機会があればご報告させていただきたいと思います。何せ現地が急峻で、本当にできるのかなというのもございまして、調査だけはやって、どういうふうなものならできるのかを調査せんと相手方にも説明もつきませんので、そういった調査を行ってまいります。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) 報告はいつでもいいですから、していただければと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯公園街路課長(古賀政隆) はい。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ほかにないですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(岡部和子) 花いっぱい運動のことなんですけれども、緑化推進の中で、みどりの広場事業と花いっぱい運動事業、昨年度どちらの金額が下がってこうなったんですかね。

-------------------------------------------------------------------------------

◯公園街路課長(古賀政隆) 花いっぱい運動につきましては、去年から約300万円程度予算を下げております。これにつきましては、多年草の配布とか、植えていただくところの面積等を調べまして、配布する株数の縮減を図ったところで、こういう金額を今年度計上させていただいております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(岡部和子) やっぱり花いっぱいというか、市全体に花がたくさんあったほうがきれいだと思うんですけれども、区のほうに花を持っていったときに、いろいろ負担があるとかそういう話も聞いていたので、それで少なくなったのかなと思ったりするんですが、どうなんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯公園街路課長(古賀政隆) 負担が多いから減らしたということではございません。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(岡部和子) ないんですね。

-------------------------------------------------------------------------------

◯公園街路課長(古賀政隆) はい。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(岡部和子) 区のほうも、そこら辺、協力的にされているところと、ちょっと負担になっているところと聞くから、そこら辺は協力的にしていただきたいので。花を余り減らさないで、そして、最初はいいんですけれども、長く、後になったらもう枯れた状態のがたくさんなったりするから、極力花をあげられた後、管理していただきたいなと思っています。よろしくお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯公園街路課長(古賀政隆) はい。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) それは要望でいいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(岡部和子) はい。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ほかにありませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(井上正則) 公園の維持管理の件なんですが、ここの欄は基本的には全部3,000平米以上の分の公園っていうことなんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯公園街路課長(古賀政隆) 樹木の管理とかに関しましては、3,000平米以下の公園もやってまいります。3,000平米以下と申しますのが、除草とか清掃といいますか、ごみ拾いとか日常の管理のほうを地元にお願いしているということで、3,000平米以下だから樹木はしませんよということではございません。芝とか樹木管理、遊具の点検につきましては、全ての公園でやってまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(井上正則) 現実問題、3,000平米以下は地元ということは当然認識はしておるんですけれども、地域によっては年配者等が多くて手が回らないということで要望したときに、なかなかやってくれんという声も聞くんですけれども、その辺は即動いていただけるわけですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯公園街路課長(古賀政隆) 3,000平米以下の公園で管理が行き届いてないというところにつきましては、区のほうにお願いに行ったりして、維持管理に協力していただいているというところでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(井上正則) 市のほうとしても、区にお願いはするものの、それが無理であれば当然また直接出向くということになるんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯公園街路課長(古賀政隆) 管理が行き届いていない公園も見受けられますが、市のほうとしては、一応地元にお願いする。ただただお願いしている次第でございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(天野嘉久孝) 今の関連なんですが、公民館等々にお願いをするという形なんでしょうけれども、その費用というのはどこからか出ているんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯公園街路課長(古賀政隆) その費用はうちのほうからは何も支出はしておりません。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(天野嘉久孝) 公民館等が管理する公園の中で、大きな樹木、落葉樹等を植えられていると思うんですが、その辺の管理まで地元がするんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯公園街路課長(古賀政隆) 落ち葉の清掃等は区のほう、地元のほうにお願いをしております。ただ、伐採とか剪定といったものについては、市の樹木管理のほうで行っております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(天野嘉久孝) 前回まであった公園再整備事業が今回から載っていませんが、何らかの理由でなくなったのか。その理由等がもしもあれば教えてください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯公園街路課長(古賀政隆) 以前まで国の補助事業の対象となっていたんですけれども、補助メニューの変更によって補助の対象外になったということで、今のところ、しないというわけじゃないんですが、据え置いとるといいますか、国の様子を見ている状況でございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ほかにないですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(神野芳行) 以前もちょっとお聞きしたんですけれども、うちの近所に仲畑中央公園という立派な公園ができて非常に人気なんですが、周辺に事業所が多くて、事業所の方が駐車をしているという事例がずっと続いているんですよ。以前もお話ししたんですけれども、それを規制することができないということでそのまま放置されています。子育て中の保護者の方々が来てとめられないということもよくあるわけですよね。その辺、罰則規定を設けた条例で縛るようなことはできないんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯公園街路課長(古賀政隆) おっしゃるとおり、そういうお電話をいただくので、現在市のほうで、職員が週に1回パトロールいたしまして、公園利用者じゃない車については、張り紙等で要請いたしまして、一時期とめないようになったんですけれども、現在またそういう状況に戻っているかもしれません。一応うちとしては、そういう公園巡回等で対応させていただいております。条例の件につきましては、そういうことができるかどうか、研究していかないかんのかなということを今感じております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(神野芳行) イタチごっこになるので、やはり条例でびしっとだめですよということ、それともう一つ、張り紙については、ちゃんとあなたの車を管理していますよというような車両の写真を張りつけたような張り紙、今度もし長期にとめられるようなことがあるならば、この罰則規定を適用しますよということを示されたほうが効果があると思うんですよ。どこかで歯どめをかけなければいけないから、ぜひその辺は研究をお願いしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯公園街路課長(古賀政隆) その辺、研究してまいりたいと思っております。ありがとうございました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(神野芳行) よろしくお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ほかにありませんか。いいですね。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ないようですので、公園街路課所管分の質疑を終わります。
 次に、建設管理課所管分について、執行部の説明を求めます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建設管理課長(森山明彦) おはようございます。それでは、建設管理課所管分についてご説明いたします。平成26年度当初予算主要施策事業の説明書70ページをお願いいたします。
 まず、2款1項11目交通安全対策費7,609万8,000円を計上させていただいております。内訳としましては、防犯灯整備・維持管理費に5,110万8,000円、駐輪場等維持管理費2,499万円でございます。主な事業内容は、防犯灯整備・維持管理費におきまして、道路照明灯の経年劣化によるものと思われる老朽箇所が発見されたことから、平成25年度に引き続き、点検調査及び補修を実施することで970万円を計上しております。
 また、平成24年度にLED化を行いました市内5,570基の防犯灯のLED灯具賃貸料の今年度分、平成26年度分としまして536万8,000円を計上しております。
 次に71ページをお願いします。8款1項1目土木総務費でございます。内訳としましては、道路等管理費3,270万2,000円を計上させていただいております。主な事業内容は、道路等の管理区域確定事務事業として2,220万円、また、新規事業としまして、亡失等が想定される市内都市基準点のうち、1級基準点29点の調査及び復元を行うことで548万1,000円を計上しております。
 次に、8款2項1目道路維持費でございます。内訳としましては、道路維持管理費2億8,408万円を計上させていただいております。主な事業内容は、道路その他の構造物の維持補修等事業としまして1億5,946万8,000円、福岡都市圏南部最終処分場周辺環境整備事業として舗装等の道路維持、側溝のふたかけ等に5,750万円を計上しております。
 また、橋梁長寿命化修繕事業において、修繕設計業務2橋及び橋梁補修工事2橋分の計4橋分として合計3,080万円を計上しております。
 続きまして72ページをお願いいたします。
 8款2項2目道路新設改良費でございます。内訳としましては、舗装新設改良費2億5,220万円を計上させていただいております。主な事業内容は、道路新設改良事業において、13路線の道路改良工事などとして2億580万円のほか、乙金1001号線道路改良事業及び乙金1007号線道路改良事業として合計2,800万円を計上しております。
 また、自転車走行空間整備事業において、歩行者及び自転車利用者の安全を確保する目的で、モデル的に市道中上白水線に延長約1キロにおいて自転車走行レーンを整備することで1,740万円を計上しております。
 次に、8款2項3目交通安全施設費でございます。内訳としましては、交通安全施設整備費3,120万円を計上させていただいております。主な事業内容は、交通安全施設整備に係る道路区画線、カーブミラー、ガードレール等の道路附帯設備の新設改良を行うものです。
 8款3項1目河川総務費でございます。河川推進費として1,000円を計上しております。
 続きまして、73ページをお願いします。
 8款6項1目下排水路費でございます。内訳としましては、下排水路整備費1,934万3,000円を計上させていただいております。主な事業内容は、平野川等の市内下排水路及び福岡都市圏南部最終処分場周辺環境整備事業における川久保川のしゅんせつ工事に計700万円のほか、川久保川整備工事として1,234万3,000円を計上しております。
 11款2項1目公共土木施設災害復旧費でございます。公共土木施設災害復旧費として名目1,000円を計上しております。
 続きまして、債務負担行為追加でございます。予算委員会資料、債務負担行為一覧の3ページをお願いします。
 62番から66番について、5件とも消費税増税による追加対応を行うものでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ただいまの説明に対しまして質疑を行います。
 質疑はありませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(天野嘉久孝) 交通安全施設費の中でカーブミラー設置件数20基以上とありますが、20基以上というのは、上限はどれぐらいまでできるんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建設管理課長(森山明彦) 上限は設けておりませんが、一応カーブミラーというのが地元からの要望なり等が主でつけておりまして、カーブミラーに家の中が写りこむとかいう苦情等もありますので、地元のほうで隣接の方の承諾をいただくとかいうことを条件にしております。平成24年度で30基程度、平成25年度もおおよそそのくらいつけているというのが実情でございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ほかにございませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(白石重成) 72ページの橋梁長寿命化修繕事業ですけれども、昨年度2橋、牛頸川と川久保が新規事業で入って、この分の実質的な設計に入っていくということですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建設管理課長(森山明彦) 一応、橋梁長寿命化修繕事業につきましては、前年度に補修設計をやりまして、その設計に基づきまして次年度に工事をやるということで、タイムラグが生じないように設計は前年度、その次の年に牛頸側と川久保川について補修工事をやるということで、2橋を予定しております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(白石重成) 対象が11橋ということが去年あったんですけれども、今回2橋ということで、あと9橋については、これから同じようなパターンでやっていくという考え方ですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建設管理課長(森山明彦) 予算的なものもありますけれども、おおむね予算の平準化を行いまして毎年3,000万円程度で工事をやっていくということで、今のところ11橋については2橋ずつぐらいの程度で補修工事をやっていけるものと考えております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(天野嘉久孝) 防犯灯LED化事業について、2点質問したいと思います。LED照明化をした後の効果を伺いたいというのが1点と、二千何基って言われましたが、市内の中の何%がLED化になっているんでしょうか。その2点をお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建設管理課長(森山明彦) LED化5,570基をやっております。最初の市民の方の反応としましては、光が直線的にいきますのでまぶしいということでしたけれども、最近は明るくなったということで、逆に今まで気がつかなかった防犯灯と防犯灯の間隔が遠くて暗いというような意見が多く出てきて、増設ということが何件が出てきております。それが現在の実情でございます。
 全部LED化はされておりますので、あとLED照明ではないのは、LEDと同じような効果を持った無電極の分で、これは省資源対策機器でございます。約300基ありますけれども、それはそのままにしておりますので、基本的に防犯灯と無電極の市内6,000基程度が防犯灯の設置基数でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(天野嘉久孝) 効果って明るくなったとか、暗くなったとか、そんな話だけではないと思うんですね。経済的な効果がどのぐらいあったのかとか、その辺も含めて教えていただけますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建設管理課長(森山明彦) 防犯灯のLED化によりまして、昨年度の分ですけれども、電気量につきましては約25%の縮減、修繕費等につきましては、昨年落雷等が何件もありましたものですから、その対応をやっておりますけれども、予算的にいいますと約6割程度が削減されております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(天野嘉久孝) それと、賃借料ということで支払ってありますが、例えば、物によっては耐用年数まで満たないものが出てくると思います。その辺の修繕費というのは、この賃借料の中から支払う形になるんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建設管理課長(森山明彦) 製品そのものに起因する故障といいいますか、これについては当然メーカーの責任ですのでメーカーに補修をさせるということです。あとは落雷等、LEDは雷を寄せるということが以前からちょっとありましたけれども、雷による落雷等は自然災害ですので、今メーカーのほうが一部器具に保険をかけておりますので、その保険から一部支払われる、残りの分については、当然市のほうで補修工事を実施するという形で考えております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(天野嘉久孝) もう一つは、一般市民がもしも切れているとか、消えているとかということに気がついたときは、今までは蛍光灯ですから公民館に言って公民館がかえていたという状況があったと思うんですが、これから先のやり方というのは、市民は公民館に行くというのが本来の姿ですかね。役所に言わなければいけないのか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建設管理課長(森山明彦) 委員さんおっしゃいますように、以前の裸電球などのときには地元が球交換をやっているということがありましたけれども、LED化になりますと、LED化のときにご説明しましたように、球切れがほとんどないということで、切れているときには、公民館なり直接連絡いただいても結構でございますが、市のほうで対応して補修を行うことを考えております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ほかにありませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(岡部和子) 71ページの駐輪場維持管理費の中の錦町自転車駐輪場についてです。時間のこととかは管理課の管轄ですか。開放時間。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建設管理課長(森山明彦) オープン朝6時半から午後10時半まで、今、シルバーのほうに委託をしまして、利用者の便宜を図っているところです。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(岡部和子) 10時半まであいているんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建設管理課長(森山明彦) 10時半まで今あけております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(岡部和子) 学生が塾から帰って来るので、もう少し時間を遅くしてもらいたいというのが何件か保護者のほうから連絡があったんですよね。だから、もうちょっと時間が早いのかなと思ったんですけれども。こちらももう1回確認します。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) 10時半。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(岡部和子) だから、9時ぐらいまでかなと思ったんです。そしたら10時か10時半くらいまでしてほしいなと思って、それをお聞きしました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建設管理課長(森山明彦) 以前は春日市の駐輪場もあった関係で、言われますように9時半とか9時とかちょっと早かったんですけれども、春日市のほうがなくなったということで、大野城市の錦町駐輪場をちょっと遅くまであけておこうということで、閉める時間を延長しております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ほかにないですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(井上正則) 道路等管理費の丸新の件をちょっと説明いただきたいんですけれども。71ページですね。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建設管理課長(森山明彦) 都市基準点といいまして、測量法によりまして地方公共団体の関与が定められておる点でございまして、全ての測量、地形、地物の位置、地図などの基準となるものでございます。国土地理院が設置しました三角点、高い山の頂上にありますけれども、その三角点をより細分化し、その点に座標を持たせたものが都市基準点、地方公共団体が管理するものを都市基準点という呼び方をしております。
 簡単に言いましたら、東経とか北緯とかありますけれども、緯度経度をより細かにメッシュを切って、その交点に座標を持たせたというような形のものでございます。市内には1級から3級の154点が設置されています。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(井上正則) これは何年かに1回されるんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建設管理課長(森山明彦) 今までは新設という形で都市基準点の管理をやっておりました。いわゆる一番主なものは地物、マンションが建ったとかいう地形地物の変化によって見通しがきかないとか、当然公共施設とかの屋上とかにもありますが、公共施設の公民館とかに全て設置しておれば、管理等の把握がやりやすいんですけれども、やっぱり民間にお願いして、民間のビルの屋上とかに設置をしている部分もありますので、屋上の防水のやりかえとかされたら飛んでしまうとかいうのが散見されます。いわゆる亡失等があることが市のほうでもありますし、調査士さんのほうからも声が上がってきておりましたので、1回1級のほうから、そういう亡失等がどれだけあるのか、視準が可能なのかという把握は当然管理上しとかないけないということで、まず1級をやっていこうと。1級をやった時点で、当然各点に全部機械を据えますので、その時点で2級等が視準可能かどうかぐらいの把握はやりまして、あとはその状況によって取り組んでいきたいと考えております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(井上正則) 今の件はわかりました。
 その次の、下の道路維持管理費の件なんですが、側溝のふたかけ事業は最終処分の環境整備事業になっておりますけれども、従来から言っております昔の住宅街の側溝関係というのはどういうところに予算組みがされてあるんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建設管理課長(森山明彦) 今お尋ねの無蓋側溝といいますか、昭和40年代ぐらいにできた団地内のものが主なものとなっておりますけれども、これにつきましては、8款2項2目道路新設改良費の中で取り組むように考えております。基本的には、側溝と舗装の一体的な整備が最良と考えておりますけれども、現在は無蓋道路の現地調査やふたの製品業者との打ち合わせ等を行いまして、事業実施についての調整を行っているところです。
 平成26年度につきましては、大体市内7カ所程度で、いろいろなやり方がありますので、こういうやり方はどうだろうかと試行的にやるような計画としております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(白石重成) じゃあ、側溝のふたは、前回も言われておりましたけれども、簡易化の方向も検討はされてあるんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建設管理課長(森山明彦) 今申し上げましたように、基本的には側溝と舗装を一体的にやるのが理想で、実際、今までそれで進んできております。極端に変えるということになりますと、隣接した路線で、こっちはこんなにきれいなのに、この路線は何かという意見も当然出てくると思いますので、その辺をちょっと考慮しながら取り組んでいきたいと。当然、ふただけを置くということが実施できる路線もあるかと思いますけれども、それだけじゃできないと。逆に舗装のほうを扱わないかんというような路線もありましょうし、多種多様ありますので、今の調査段階では一概に一つの方法でやるというのは考えにくいので、いろいろな形で、試行的に取り組んでいきたいと考えております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ほかにないですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(白石重成) 同じところの舗装新設改良費で、自転車走行空間整備事業、これをもう1回、区間というか、そこからちょっと説明ください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建設管理課長(森山明彦) 自転車走行空間整備事業といいますのは、車道の両側、今の路側帯に青色というか、水色のカラー塗装を行い、1メートルから1.5メートル幅の自転車走行区分を設けるもので、通行については、左側の一方通行です。車と一緒ですね。今は自転車は車道を通りなさいとなっていますので。左側通行の一方通行という形で実施します。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(白石重成) 今回のモデル区間はどこになりますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建設管理課長(森山明彦) 先ほど言いました都市計画道路中上白水線で予定しております。県道の錦町3丁目の112号線との交差点から、東に向かいまして国道3号までの間を今のところ考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(白石重成) これは、当然どんどん推進していかないといけないことだと思うんですけれども、大野城市内にこういったことができるところが結構ありますよね。ということは、計画的にこれから進めていくという考え方ですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建設管理課長(森山明彦) 自転車走行空間整備事業といいますのは、理想的にはループできると。ネットワークできると。いわゆるぐるっと回ってくると。ループしてネットワーク化するのが理想という話が警察からあっています。大野城市の地形として南北に長いという形で、自転車ですから、当然目的は駅に行かれるということで、駅中心にループして、ネットワークを組んでいくというのが理想ですけれども、例えば、中上白水線でいいますと、春日原駅が一番中心的な駅になりますが、その先は春日市さんになるもんですから、春日市さんのほうにもちょっとお尋ねはしているんですけれども、今のところ春日市ではスタート地点に立ったところだとお聞きしております。
 大野城市の中では、ある程度広い16メートル道路とかではないと路側帯がとれませんので、それでいいますと、やっぱり都市計画道路がそれに該当します。どこでもするっていうわけにはいきません。やはり自転車利用者が多い路線を選定して実施していきたいと。ただ、多くはございません。大野城市の場合、限られております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(白石重成) これは、道路交通法の改正に伴っての国からのそういった打ち出しとか、そういう関係はあるんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建設管理課長(森山明彦) 基本的には道交法の改正もありますけれども、福岡市とか、古賀市、ほかの県もですけれども、福岡市は博多駅の周辺とかで既にもう実施されておりますので、一概に道交法の改正によるものとは聞いておりません。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(清水純子) 71ページの先ほど説明がありました都市基準点です。初めて聞いたんですが、この154点ていうのが全体の数なのか。その中で、まず1級をやっていく、場合によっては、2級っていうふうにしていかれるんであれば、何級まであるんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建設管理課長(森山明彦) 都市基準点、今1級から3級で、市内154点ございますけれども、そのうち1級が29点と。まず一番大もととなるものですね。1級からやってみようという形で取り組んでいます。基準点としては4級まであります。だんだん精度が落ちてくるんですが、4級というのは、一般の工事のときに基準とするもので、工事の中で設置するとかいうたぐいのものですので、4級までは本格的な管理は必要ないと判断しておりまして、1級から3級の154点をやりたいと考えております。どれだけ亡失等があるかは今後調査してみないことにはわかりませんので、先ほど申しましたように、今後どれだけ出てくるものかによって、基準点の整備を考えていきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(清水純子) わかりました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) いいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(清水純子) はい。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(神野芳行) 今の関連なんですけれども、都市基準点っていうのは、10センチくらいのしんちゅうのプレートですかね。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建設管理課長(森山明彦) 1級基準点と赤で刻印されていますけれども、大体10センチくらいのしんちゅうの丸い埋め込みの形、それが基準点でございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(神野芳行) 先ほど出ました自転車走行空間整備事業ですけれども、来年度、平成26年のいつごろまでに整備完了しますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建設管理課長(森山明彦) 設計は一応できておりますので、あとは警察等との協議をやりながら、できるだけ平成26年度の早期に着工して、路側帯に着色していくという形で道路を掘削して舗装をやりかえるものではございませんので、工期的には余り長くかからないものと考えております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(神野芳行) それで、整備をして「はい、終わり」ということではなくて、関係の安心安全課のほうは、実際に市民に走行してもらないかんわけだから、その辺は安心安全課と連携をとって、塗装をして、市民にそこを通ってもらう状況、それから、車との関係とかもやはり調査されたほうがいいのではないかと思いますね。あそこは両方に若干広い歩道もありますので、12歳未満は歩道を走っていいんですけれども、一般の方は車道を走ってくださいという指導もしなければいけない。それから、広報等通じてPRもしなければいけないという、その辺の安心安全課との連携もあります。それを踏まえて、また次年度フィードバックしてもらうような形を考えてありますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建設管理課長(森山明彦) 今言いますように、これは自転車歩行空間、走行レーンとなりますと当然規制がかかりますので、警察のほうの指導も最初は立ってもらう、お願いすることになろうかと思います。委員さんがおっしゃいますように、安全安心課のほうとも連携した形で安全に、自転車レーンを自転車については走っていただくという形の指導なりについては取り組んでいきたいと考えます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(井上正則) 橋梁の長寿命化の件なんですが、先ほど出たように、全体で11橋という話ですけれども、今、市内では全体で120橋くらいかと思うんですね。それは、今後どういうふうな計画で長寿命化を進めていかれるんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建設管理課長(森山明彦) 橋梁長寿命化につきましては、橋梁長寿命化修繕計画を平成24年度に策定しております。その中で、市内124橋、市が管理する橋がありますけれども、この修繕計画というのは5段階で評価する形になっております。健全度が1から5とありまして、1が悪いと。だんだん数字が上がるにつれてよくなくっていくという形ですけれども、幸い大野城市には1と2、悪い、50年以上たったような橋梁がないと。区画整理事業等でかけかわっているのが何橋もありますので、健全度は1と、すぐかけかえなければいけないのがないということです。今のところ、健全度3から5の間で124橋ありまして、3の分については50橋あります。これについて取り組んで、まずは11橋分についてやっていこうという形で、年次的に予算の平準化を行いながら順次取り組んでいくこととしています。
 今、健全度4であっても、10年後にはそれが3になるとか、5であっても20年後には3になるとかいう形で、50年後には全体の橋梁の77%がもう2とか1とかに近づいていくという、ローリングという形での修繕を行っていかなければいけないと考えております。以上でございます。
 先ほどの神野委員さんのご質問の中で、私が自転車走行レーン、早期に取り組みたいとお答えしておりましたけれども、これは国の補助事業でやります関係で、補助金の交付決定通知後、大体6月か7月ごろに例年なっていますが、その補助金の交付決定通知後に事業に着手する形になろうかと思います。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ほかにありませんか。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ないようですので、建設管理課所管分の質疑を終わります。
 建設部所管分について、ほかに質疑はありませんか。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ないようですので、これをもちまして、第25号議案の建設部所管分の質疑を終わります。時間の関係もありますので、休憩をとらないで次に行きます。いいですか。
                〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) 第30号議案、平成26年度大野城市公共用地先行取得事業特別会計予算についてを議題といたします。
 執行部の説明を求めます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯公園街路課長(古賀政隆) 第30号議案、平成26年度大野城市公共用地先行取得事業特別会計予算について説明いたします。70ページをお願いします。
 中段にありますけれども、現在、集中的に取り組んでいます都市基盤整備が完了するまでは、その活用が考えられますので、歳入歳出それぞれ名目1,000円を上げさせていただいております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) 質疑はないですね。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ないようですので、第30号議案の質疑は終わります。
 続きまして、第31号議案、平成26年度大野城市土地区画整理清算金特別会計予算についてを議題といたします。
 執行部の説明を求めます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯都市計画課長(徳田正治) それでは、土地区画整理清算金特別会計についてご説明いたします。当初予算概要の68ページをお願いします。
 土地区画整理清算金特別会計の予算額は275万6,000円でございます。1款1項都市計画費におきまして、区画整理事業に伴います清算金の一般会計繰出金としまして275万6,000円を計上しておるところでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) 質疑はないですか。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ないようですので、第31号議案の質疑を終わります。
 ここで暫時休憩いたします。
    (休憩 午前10時40分)
    (再開 午前10時41分)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) それでは、再開をいたします。
 第25号議案の環境生活部所管分について執行部の説明を求めます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯環境課長(山口祥和) おはようございます。まず、環境課所管分についてご説明をいたします。予算書の73ページをお願いいたします。真ん中からぐらいが環境課所管分となっております。
 それでは、まず4款1項4目環境政策費のほうからご説明をいたします。自然環境保護費、それから環境政策推進費でございます。自然環境保護費は、主に第1種自然環境保護区域の用地の取得、それから、牛頸ホタル部会への補助金、それからトラスト協会への助成金となっております。前年よりも400万円ほど増えておりますが、この分につきましては、第1種の保護区域の用地の取得の面積の増によるものとなっております。
 次に、環境政策推進費でございます。環境政策審議会の運営、それから、地球温暖化防止対策推進事業、それから、太陽光の補助金となっております。これは前年並みとなっております。
 続きまして、4款1項5目環境衛生費でございます。まず、環境美化推進費、環境美化運動事業でございます。これは、環境美化運動の可燃、不燃の運搬委託料、それから、パトロール用のメッシュベスト、それから、ごみ袋等の予算となっております。
 続きまして、クリーンシティおおのじょうの環境美化作業業務でございます。この分は、春と秋に行っております分の処理の手数料等になっております。
 それから、次の74ページをお願いいたします。
 迷惑行為防止活動の推進事業でございます。この分は、当初、前年は環境美化推進費ではなくて、環境政策推進費のほうに協議会の報酬、費用弁償を計上しておりましたけれども、財政課との協議の中で、こちらのほうに移管をしております。それから、環境美化活動消耗品費、仮称まちぴか市民運動消耗品費ということで、消耗品費を今回新たに追加しております。
 それから次に、環境衛生対策費でございます。この分の事業の内容は、狂犬病の予防対策の注射の事業、それから畜犬の登録の事業、空き地の雑草の除去事業、水道局に負担金を払っております専用水道、簡易専用水道の事業となっております。この分で前年より若干予算が減額しておりますのは、補正のときにもご説明いたしましたが、専用水道の分が平成25年度よりも下がっておりますので、その分の減となっております。
 続きまして、墓地管理事業費でございます。この分は、市の墓地用地の分の除草、樹木の管理等を造園業者に委託している委託料となっております。
 続きまして、火葬場整備関係費でございます。この分は筑慈苑の施設組合の負担金でございます。前年よりも下がっておりますのは、平成21年にこの組合に加入しておりましたが、その加入負担金が平成21年から平成25年までで終了をしておりますために、毎年の負担金だけになったためとなっております。
 続きまして、4款1項6目の公害対策費でございます。まず、公害防止推進費でございます。この分は、自動車の騒音、それからダイオキシン類の調査を行っておるものでございます。
 続きまして、航空機騒音対策費でございます。これは、民防の工事の補助金、それから、告示日後の住宅の防音工事、機能回復工事等となっております。それから、生活保護世帯への電気料の補助という内容となっております。
 続きまして、河川浄化対策費でございます。これは、毎年11月に実施しております御笠川・牛頸川・平野川フェスタの補助金となっております。
 続きまして、6款2項1目林業総務費でございます。この分は、1名分の職員の給与費と、それから、林業管理費としまして、鳥獣被害防止の委託料ということで、協議会をつくりまして、そこにわな、それから、銃によります鳥獣の捕獲の委託をしている事業でございます。
 続きまして、6款2項2目林業振興費でございます。まず、市有林維持管理費でございます。市有林の管理事業でございますが、管理員の報酬、それから、保育管理、それから、さくらの森清掃等の維持・補修等の予算となっております。
 続きまして、75ページ右側のほうをお願いいたします。
 森林保全資源活用事業でございます。これは、市有林を間伐しまして有効利用していこうという事業でございます。
 それから、丸新ということで、福岡都市圏南部最終処分場周辺環境整備事業ということで、最終処分場のところの周回遊歩道の測量設計業務というのが、平成26年度から廃棄物対策課のほうから移管にされてございます。この分が新規で増えております。
 続きまして、荒廃森林整備費でございます。県の森林環境税を財源とした私有林の分の間伐をするという事業でございます。
 続きまして、6款2項3目林道費でございます。市内の5林道分の維持管理を行っていくという事業でございます。
 続きまして、11款1項2目林道災害復旧費でございます。これは毎年、頭出しで1,000円ということで予算化をしておるものでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ただいまの説明に対しまして、質疑を行います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(井上正則) 74ページの航空機騒音対策費なんですが、この民間防音工事補助金は、大体どのくらいの件数を見られているんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯環境課長(山口祥和) 例年大体200件程度でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(井上正則) これは、具体的に申請等々があるわけなんでしょうけれども、その辺のところの基準というのは、例年どおりということなんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯環境課長(山口祥和) 例年どおりでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ほかにないですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松下真一) 同じく74ページの公害防止推進費、二つの調査をしてありますけれども、PM2.5についての調査はしていないということだったんですね。去年から比べると今年はPM2.5以外にも汚染物質についての心配というのが非常に高まっているんですけれども、ダイオキシン類と書いてありますので、ダイオキシンのほかに汚染物質に関しての調査は、この500万円の中に含まれていないんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯環境課長(山口祥和) このダイオキシン類の調査は、毎年、河川の水質、それから、土壌、大気、地下水の四つを1年ごとに調査しているものでございまして、今おっしゃった分については入っておりません。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松下真一) 今後、ここではなくても、大気の汚染物質についての調査の計画はありませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯環境課長(山口祥和) それ以外の物質の調査とかにつきましては、太宰府にあります県の環境事務所のほうで計測を行っておりまして、そちらのほうと情報の共有というか、今、情報をいただいておるところでございまして、今の時点では、市独自での計測ということは、ちょっとまだ考えていない状態でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ほかにないですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(神野芳行) 74ページ上段の迷惑行為防止活動推進事業なんですけれども、せんだって環境課のほうから協議会の進捗状況というか、全協で説明がありましたが、とにかく取りかかりが遅いということを申し上げたと思っています。結果が出るまで時間がかかるようでは、迷惑行為防止活動にはならない、だから、速やかにやってほしいということをお願いしましたけれども、その後いかが検討されたのでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯環境課長(山口祥和) 全協のときにお話をいただいておりました。最終日に全協で報告させていただくことにしておりますけれども、今、協議会のほうで第5回まで審議をしていただきまして、基本計画の案の答申を今度、来週ぐらいに市長のほうにする予定です。答申をしましたというご報告を最終日、全協のときにご報告をするような形にしております。
 13項目の迷惑行為というのがございまして、協議会の中で、その13項目をどうやってやっていこうかということで審議をいただきまして、まず、平成26年度に関しましては、そのうちで4項目程度、ごみのぽい捨てとか、自転車の駐輪とか、そういうものに関して、まず重点的にやっていきましょうということでご審議をいただいて、それに向けて関係する課で実行計画をつくってやっていこうというところまで進んでいるところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(神野芳行) 全協で説明があるということで、詳細はそちらでまたお伺いすることにします。
 それから、75ページの上段、荒廃森林整備費ですけれども、これは毎年やってあるんでしょうが、多分どれだけやっても追いつかないという状況ではないかと思っているんですよ。大野城市にはトラスト協会というのがあるんですけれども、この前、会長と常任委員会の中で懇談したときに、トラスト協会もメンバーの方々が高齢化して、なかなか思うようにいかないと、今は、いわゆる森林を愛してもらうような啓発活動を一緒にやっていくぐらいのレベルしかできないということなんですけれども、この荒廃林の整備というのは、ある程度計画性をもって進めてあるんでしょうか。その辺ありましたら教えてください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯環境課長(山口祥和) この荒廃森林などは、平成20年度から平成24年度までだったかと思いますが、全体の調査をまず行っております。そして、毎年その分で標準値というのを定めまして、どれくらいの面積で、どれくらいの間伐率にするかを毎年はかりまして、その分を毎年切っていく計画にしております。
 今度の平成26年度の予算に関しましては、面積で約20ヘクタールを予定しております。今おっしゃいましたように、結構私有林よりも多うございますので、私どものほうでそういう荒れたといいますか、間伐をされてないところを事前に調査をしておりますので、その分で地権者の方と交渉をして、間伐をしませんかということで協定を結んで、計画的にさせていただいているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(神野芳行) ぜひ、モデル的な間伐、ビフォー・アフターではないですけれども、そういう目に見えるような形で、写真データとかで見えるような形で市民の方に知らしめていただきたいと思うんですよ。その辺が冒頭申し上げましたトラスト協会の後方支援になるんではないかなという気がいたします。そういう意識を市民に持っていただいて、間伐作業とかにボランティアで入っていただくとか。そういうふうに思いますので、その辺の連携というか、それから広報というか、その辺もお願いしたいと思います。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) 今のは要望でいいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(神野芳行) はい。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ほかにありませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(井上正則) 73ページの環境政策推進費の太陽光発電の補助金の件なんですが、当然、エネルギー対策の一環でこれを推進されてあるんでしょうけど、当然、売電価格によって変動がおきてくるだろうと思います。今後推進していく上で、どういうふうにやっていくかということをお聞きしたいんですが。

-------------------------------------------------------------------------------

◯環境課長(山口祥和) 今年度の予定が250件ということで、平成26年度も予定件数250件ということにさせていただいております。平成25年度の実績が250件のうち、きょう現在で210件の補助金を交付するようにしております。来年、今おっしゃったように、今年がたしか38円で、一、二円ですか、それぐらい下がるということで報道がなされていたかと思いますけれども、ただ、市としましては、この事業を始めたときにご説明をしているかとは思いますが、事業所は15%温室効果ガス等を削減をしなさいというのがありまして、15%になるような形での目標というのが250件程度と算定しておるところでございます。
 売電価格が下がるとかいうのはございますけれども、市全体としてこういう自然エネルギーといいますか、を推進していくという立場で、広い土地があれば、メガソーラーといいまして太陽光のパネルを設置するという方法もございますが、大野城市にはそういう土地がなかなかないので、そのかわりに住宅の上に太陽光パネルをつけていただいて、なるべく15%を達成するよう市のほうでも貢献をしていきたいということで、今後も同じような形で進めていきたいと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(井上正則) この補助金の上限というのは今お幾らなんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯環境課長(山口祥和) 今1キロワット当たりが3万円ということで、4キロワットが上限で12万円です。その設置が市内業者さんだと1キロワット当たり5,000円をプラスしますので、市内業者さんだと4キロワットで14万円というのが上限になります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(井上正則) わかりました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ほかに。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(天野嘉久孝) すいません、大変初歩的な質問なんですが、地球温暖化防止対策推進事業は具体的にどんな活動をされているのか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯環境課長(山口祥和) 名前は防止対策推進事業という名前でございますけれども、地球温暖化防止対策ということで、県の地球温暖化防止対策会みたいなのがございまして、それの旅費とか、消耗品費、それから、グリーン購入ネットワーク、地球に優しいグリーン購入をしましょうというネットワークというのがございまして、そこに入っております負担金でございます。ですから、特にこの分で何か事業をやっているという内容ではございません。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) いいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(天野嘉久孝) はい、わかりました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ほかに。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(清水純子) 74ページなんですが、環境美化推進費の中の一番下に括弧仮称書きで、まちぴか市民運動消耗品費というのがありますが、これを少し具体的に説明してください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯環境課長(山口祥和) この消耗品の中身でございますけれども、まちぴか市民運動ということで、要はこういう運動に参加しますということで手を挙げていただいた市民の方に、火ばさみ、それから、軍手、メッシュベストをお渡しするという消耗品になっております。一応、個数としましては、それぞれ400個ずつの予算を計上しております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(清水純子) この取り組みと前の73ページの環境美化運動、3行の中でいろいろと、いわゆるまちをきれいにしていこうという美化運動だと思うんですが、この関係はどう捉えてあるんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯環境課長(山口祥和) 73ページのほうの環境美化運動でございますけれども、こちらにもメッシュベストというのがありますが、この分は、区で環境美化パトロールでメッシュベストがほしいというご要望がございましたので、その分で区にお配りしているメッシュベストでございます。
 74ページのほうのまちぴか市民運動というのは、ここに市民運動と書いておりますが、市民の方、それから、グループとかで、私たちはやりますよということで個人とかで手を挙げていただいた方にお渡しをするというふうな形でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(天野嘉久孝) それに追加なんですが、具体的に手を挙げて、実際は何をするんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯環境課長(山口祥和) 火ばさみ、メッシュベスト、軍手でございますので、そういうごみを拾っていただくということで、ごみ袋ももちろんお渡しはしますけれども、この分が、要はこういう活動を市民の皆さんに見ていただくという、ひとつ啓発的な意味合いというのがございます。こういう運動をやっていただければごみが捨てにくいとか、迷惑行為をしにくいという抑止効果といいますか、啓発効果といいますか、そういうところもこの運動の中で目指しているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(天野嘉久孝) ごみを拾うとかいうのは具体的に想像できるんですが、例えば、ベストを着た方々が出る日にちが決まっているとか、そういう市民に啓発するとしたら、一人でするよりも何人かで組んでやるとかというほうがいいわけでしょうから、例えば、日にちが決まっていて、こういうふうに出てやってくださいみたいな形になるのかどうか、そこら辺はどうですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯環境課長(山口祥和) 取りかかりとして、市全体としてそういう一斉行動日というのができればいいなということで庁内で調整を今行っておるところでございますけれども、ちょっとまだその辺ははっきり決まっておりませんので、不確定な部分がございます。今、委員さんがおっしゃっていただいたような形でできれば、市民の方もより参加しやすくなるのではないかと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ほかにありませんか。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ないようですので、環境課所管分の質疑を終わります。
 次に、廃棄物・最終処分場対策課所管分について執行部の説明を求めます。
 事務取扱の部長よりお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯事務取扱環境生活部長(辻塚 顕) それでは、廃棄物・最終処分場対策課所管分につきましてご説明します。75ページをお願いします。
 最初に、4款1項6目公害対策費は、前年度に比べて11万4,000円減の22万7,000円となっています。主なものは、春日大野城リサイクルプラザ・浄化センター環境監視委員会運営事業におきまして、委員数の見直しを行い、8名から5名としたことによるものでございます。
 次に4款2項1目清掃総務費は、前年度に比べて3億7,573万5,000円減の19億4,414万7,000円となっています。まず、職員給与費は、廃棄物・最終処分場対策課及び大野城太宰府環境施設組合ほか一部事務組合派遣職員計12名分の給与費等に要する費用でございます。
 省資源・リサイクル型まちづくり推進費は、34万6,000円増の3,633万5,000円となっています。この事業は、一般家庭や事業者から排出されますごみの減量化や有効利用を図る目的で各種事業を行っているものでございます。
 主なものとして、古紙等回収促進支援事業は、前年度比33万円増の3,019万5,000円となっていますが、これは各家庭からの紙ごみを資源としてリサイクルするために、古紙等の集団回収を実施する団体に対する奨励金や回収団体に対する古紙回収用の倉庫の貸し付けなど集団回収の促進のための事業となります。
 次のページをお願いします。76ページでございます。
 生ごみ処理機等利用促進支援事業と段ボールコンポスト普及事業は、ほぼ前年度並みとなっています。二つの事業は、家庭から排出される燃えるごみのうち約36%を占めます生ごみの減量対策といたしまして、生ごみ処理機、処理容器、段ボールコンポストの普及を図るための購入費補助金を行う事業です。
 ごみ減量・リサイクル優良事業所認定事業は、ごみの減量、リサイクル、地球環境に優しい取り組みを行っている事業所を優良事業所として認定することによって、市内の事業所や市民のごみ減量やリサイクルに関する一層の意識の向上を図るものです。平成23年度からは、優良事業所制度を補完するものとして、ごみ減量・リサイクル推進事業所の登録制度も行い、より多くの事業所に制度の普及拡大しているところでございます。なお、今年度の優良事業所認定事業所数は8事業所で、このうち、ごみの適正処理や排出抑制、再利用、再生利用などの厳しい条件をクリアした6事業所を表彰しています。
 次に、ごみ減量啓発事業は、ごみの減量やリサイクルにつながり、市民のごみ減量意識の拡大につなげる効果があるエコグッズを啓発用として購入しまして、出前講座やまどかフェスタなどで配布しております。
 生ごみ減量化アドバイザー養成補助事業は、新規に家庭で手軽に生ごみの堆肥化ができる段ボールコンポストを地域に普及する目的のために、養成講座に係る費用の2分の1の補助を行い、アドバイザーを養成する事業でございます。
 次に、分別収集費は、前年度に比べて3,263万6,000円増の6億8,583万7,000円となっています。主なものは、一般廃棄物収集運搬事業が、定期収集に係る費用として、前年度に比較して2,552万4,000円増の6億519万6,000円、有害物・動物等収集運搬事業が、前年度比2,000円減の231万1,000円、ごみ袋作成販売事業が、市指定ごみ袋の作成費や販売手数料などの費用として、前年度比678万2,000円増の7,185万2,000円、分別収集促進事業が26万8,000円増の623万円、高齢者等世帯粗大ごみ搬出サービス事業が5万4,000円増の14万8,000円となっています。
 次に、市街地及び山間部不法投棄対策費は、前度比1万9,000円減の10万8,000円となっています。
 し尿処理関係費は、前年度比183万3,000円増の2,723万6,000円となっています。これは、春日大野城衛生施設組合負担金の増によるものです。
 リサイクルプラザ管理・運営関係費は、前年度比683万8,000円減の1億5,734万8,000円となっています。
 環境処理センター管理・運営関係費は、前年度比1,127万円増の5億6,378万円となっています。
 最後に、福岡都市圏南部中間処理施設及び最終処分場関係費は、前年度比比4億1,949万2,000円減の3億8,182万8,000円となっています。主なものは、福岡都市圏南部環境事業組合負担金が、事業進捗に伴い1億6,628万3,000円増となっていますが、最終処分地周辺山地部の保全公園化事業として実施しました用地取得事業の終了により5億8,500万円減となることによるものでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ただいまの説明に対しまして、質疑を行います。何かないですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(天野嘉久孝) 丸新の生ごみ減量化アドバイザー養成補助事業ということで3名ほど養成をされるということですが、これは日常的にアドバイスをしてもらえる環境ができるということなんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯事務取扱環境生活部長(辻塚 顕) 市が行っていますのは、出前講座とか、いろいろなところで活動をして、ごみの減量をしておりますけれども、そういった講座とかを受講された方を中心に、地域の方が独自に市のごみ減量化に取り組んでいただくという目的で、今回、新規事業とさせていただいております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ほかにありませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(清水純子) 生ごみではなくて、全般的なごみ減量の関係なんですが、今、公民館で古紙回収、段ボール、布などの回収がなされているんですが、布の回収をやめた公民館もあるようです。それらがごみ袋に入っていくということはあり得ないんでしょうか。減量対策を片方でしながら、廃止したことによって回収ごみが増えていく。

-------------------------------------------------------------------------------

◯事務取扱環境生活部長(辻塚 顕) 古紙等の回収ということで、対象になるのが、新聞紙、雑誌、雑紙、段ボール、チラシ、飲料容器等とともに古布も入っております。ですから、回収団体のほうが回収するときの品目として古布等が少ないと判断等をされたり、それと古紙類としては、一括して引き取り業者があって、そういう関係があるものもございます。一応、当然のことながらリサイクルできるものということで対象品目として各団体にはお願いをしていきたいというふうに考えます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(清水純子) 公民館によっては古布を回収しない公民館もあるので、そのことでちょっとお尋ねしたんです。回収できるごみの一覧が各家庭に配ってあって、公民館に持ち込み可能な分に古布も入っていいるんですが、公民館によって、先ほど言いましたように回収していないところもありますので、少しその辺をチェックしていたきたいと思います。今度それを調べてください。お願いします。要望です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) 要望ですね。ほかにありませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(白石重成) 4款2項1目清掃総務費で、当然、家庭用のごみの減量というのは目標で目で上げられていると思うんですが、次の76ページの分別収集費で、ごみ袋の作成販売事業、枚数が入っています。これが前年比で、当然予算金額も約500万円ぐらい多い。ごみ袋の枚数も180万枚ぐらい多いのかな。ここいらの関係性どういうふうになっているんですか。ごみは減量しますよと、だけどごみ袋は増えていますよと。ここいらの関係性はどう考えてありますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯事務取扱環境生活部長(辻塚 顕) 今回、ごみ袋というのは、今までは、可燃系は大と小しかなく、その袋の中に入る量の従量性になっていませんでしたので、少し多目の方は大きな袋に入れるので、もったいないので余計に詰めるとかいうのもありますので、今回、大中小に分けています。そして、1リットル当たりの単価も、その中に入る容量に合わせて従量制を導入するということで、必要なごみ以外は出さないように袋の変更をさせていただいております。
 それと、去年と違うのは、去年料金が上がるということで買いだめもありましたので、当初予算ベースで比較すると、去年に比べると袋の費用が上がっていることになっておりますけれども、ごみの減量につきましては、いろいろな啓発事業とか運動をしておりますので、大きく上がっているということはございません。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(白石重成) 確認ですけれども、基本的には予算の金額はアップしているけれども、ごみの量としては減るという見方をしているということですね。

-------------------------------------------------------------------------------

◯事務取扱環境生活部長(辻塚 顕) 平成22年度に一般廃棄物処理基本計画をつくっております。先ほどおっしゃいましたように目標にも上げていますけれども、確実にごみを減らすということで、確定はできませんが、景気が上がるとごみが増えるという面もありますので、そういうことがないように、今後も啓発活動については十分にしていきたいと思います。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ほかにありませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(神野芳行) 76ページの環境処理センター管理運営関係費なんですけれども、これは今年も5億6,000何がしかかかっています。昨年もそうですけれども、これはここまで費用がかかる施設になっているんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯事務取扱環境生活部長(辻塚 顕) 大野城環境処理センターの主な事業としましては、中間処理としての焼却処理。それと中間処理で出てきた灰の埋立処分地及び浸出水処理施設と緑のリサイクルですけれども、ご存じのように中間処理施設は閉鎖しまして福岡市に委託しておりますが、収集されたごみの運搬を南部環境処理センターに送っていますけれども、そこに係る処理委託費用、これは大野城環境処理センターの負担金の中から支出されていますので、大きな事業費になっているという理由でございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(神野芳行) これは施設組合のほうの話になってくるんでしょうけれども、旧焼却場が老朽化しているわけですよね。その辺の廃炉、撤去の長期的な計画というのを、やはり出さなければいけない時期に来ているんはないかなと思うんですけれども、その辺はいかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯事務取扱環境生活部長(辻塚 顕) 今、委員さんがおっしゃったことは、やはり市としても重要な課題と位置づけております。構成している太宰府市とともに組合のほうで、今、そういった検討計画をしております。
 今後のごみ減量として重要なのは、緑のリサイクルというのを今後拡大して、総量を減らしたいという方向性も持っております。そのときに、一般的に施設を取り壊す費用が単独事業費、一般財源でするという制約がありましたけれども、そういった整備を行うことによって、解体費用も補助の対象になるということ、国のほうも少し柔軟になっておりますので、廃炉を含めた計画を今検討しておりますので、いましばらくお待ちいただきたいと考えております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(神野芳行) 待ちます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) いいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(神野芳行) はい。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ほかにありませんか。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ないようですので、廃棄物・最終処分場対策課所管分の質疑を終わります。
 次に、産業振興課所管分について、執行部の説明を求めます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯産業振興課長(中川裕二) それでは、産業振興課所管分についてご説明いたします。77ページをお願いいたします。
 まず、6款1項1目農業委員会費の農業委員会運営事業でございます。これは農業委員さん12名分の報酬、また費用弁償などを計上しております。
 その下に丸新と書いております、農地基本台帳システム構築事業でございます。これは、この中でシステムの改修費、パソコン購入費を計上しております。これは、農地法の改正に伴いまして、農地基本台帳が法定化されております。それで、来年度から各県一つずつ農地集積や耕作放棄地の解消を目的に農地中間管理機構というのができる予定になっております。ここへのデータの提供が発生しております。また、基本台帳の追加管理項目の整備が必要ということで、これに対応するために計上しているものでございます。
 続きまして、6款1項2目農業総務費でございます。これは、職員4名分の人件費を計上しております。
 続きまして、6款1項3目農業振興費農業推進費でございます。まず、都市型近郊農業振興支援事業については、主に農事推進員14名分の報酬、また臨時職員の賃金などを計上しております。
 その次の農産物等直売所出荷支援事業は、地産地消の推進拠点でありますJAゆめ畑大野城店への出荷量を増やすため、出荷農家等に対する出荷手数料の一部補助を行うための経費を計上しております。
 その下の市民農園新設事業でございます。市民農園事業費です。まず、市民農園設置運営事業では、主に市民農園の維持管理、また、食育推進事業では、親子による農業体験費用や仲畑農園事業の維持管理費などを計上しております。またその下の丸新と書いております市民農園新設事業といたしまして、上大利2丁目の大利アンダーパスに面した農地を市民農園として整備するものでございます。規模といたしましては、1,600平米、34区画を予定しておるところです。
 78ページをお願いいたします。
 6款1項4目農業施設整備費ですが、農業施設維持管理事業として、既存の農業施設、揚水ポンプ、井堰、ため池に係る維持管理費などを計上しております。
 続きまして、7款1項1目商工総務費は、職員4人分の人件費を計上しております。
 続きまして、7款1項2目商工業振興費の、まず商工業推進費でございます。中小企業融資制度運営事業では、中小企業融資制度の預託金などの運営経費を計上しております。
 その下の商工業振興費でございます。これは、主に商工会への補助金といたしまして、商工業振興支援事業の商店街街路灯照明費補助金、また、特産品振興補助金、また、商工業振興補助金を計上しております。
 商工会観光商品開発プロジェクト支援事業は、商工会で取り組まれた着地型観光事業の事業実施3年目に向け、市として支援するものでございます。
 また、商工会が行うプレミアム付商品券発行支援事業についても、販売額1億円の10%、プレミアム額1,000万円のうち3%の300万円、また、換金手数料の一部を昨年に引き続き支援するものでございます。
 続いて、79ページをお願いいたします。
 7款1項3目消費者行政推進費は、主に消費生活センターの運営に係る専門相談員3名分の報酬、費用弁償等を計上しております。平成25年度から週5日の開設をしておりますが、12月末までに584件、3月末には800件に迫る相談件数になると思われます。また、市民の消費者被害防止、救済のために、平成26年度につきましても、啓発活動や出前講座に積極的に取り組んでいきたいと考えております。
 続きまして、7款1項4目観光費でございます。まず、観光対策費の観光対策事業といたしましては、主に各観光協議会の負担金を計上しております。
 また、観光地域づくりプラットフォーム設立準備費用として、嘱託職員の賃金を計上しております。これは、大野城市観光地域づくりプラットフォーム設立準備員育成事業が終わった後に、引き続き設立準備のために嘱託職員を雇用するものでございます。この中で組織化の検討や拠点施設の検討、団体運営の検討、必要資金の検討などを行っていきたいと考えております。
 続きまして、大野城跡PRキャラクター推進事業といたしまして、大野城市及び大野城跡PRキャラクター活動補助金を計上しております。これは、大野ジョー君に関する事務が産業振興課に移管されたため、実際に運営を行う水城・大野城・基肄城1350年事業大野城市推進協議会にジョー君の運営費用として補助するものでございます。
 また、おおの山城大文字まつり開催支援事業では、例年どおり、まつり実施に係る経費の一部補助金を計上しております。
 最後の11款1項1目は、農業用施設災害復旧費として1,000円を計上しております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ただいまの説明に対し質疑を行います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(岡部和子) 77ページの農業振興費の目の数値の目標の中で、ほとんど目の数字が上がっているんですけれども、地元野菜の学校給食、10項に、ちょうど食育キャンペーンのときに各4日間、それを継続というのがありますけれども、そこはもう少しできないのかなと。なぜ継続なのかなと思っています。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) 77ページのどこですか。数値目標ですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(岡部和子) 目の4日が継続になっていますけれども、数値目標というのは、広く周知とかするようになっていて、それが継続となっていますけれども。

-------------------------------------------------------------------------------

◯産業振興課長(中川裕二) 毎年6月に仲畑農園でつくったジャガイモ、タマネギを給食に提供しております。仲畑農園では、今、農業女性グループを中心につくっておられますが、なかなか供給が追いつかないといいますか、ぎりぎりのところでやっておられますので、この4日間を保っていきたいということでの継続と書かせてもらっています。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(岡部和子) かかわってある方がちょっと高齢化しているからなかなか収穫というのも厳しいというのもあるんですけれども、やはりそこは若い人を入れたりとか、前向きに続けてもらいたいし、4日を少し増やすとか。4日がぎりぎりで大変というのはわかるんですけれども、1日でも多くしてもらいたいなという希望があったので質問しました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯産業振興課長(中川裕二) 女性グループの方が非常に高齢だというのは十分承知しております。グループでも新しい方を常時募集はしておられます。少しずつ、実際に農業されていない方も中に参加されて、今、活動はされていますので、わずかずつではありますが、メンバーの方が増えていっている状況ではございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(清水純子) 今の関連なんですけれども、例えば、協力してくれる、いわゆる作付の協力者を増やすために、市民農園を借りている方たちがいらっしゃるじゃないですか。その周辺の市民農園を借りている人たちにお声かけをして、作付のときだけでも手伝ってもらえるような要請というのはできないものでしょうか。そうしないと、高齢化はもっともっとひどくなっていきますし、農業の女性グループも広がっているわけではないわけですから、数が少なくなっている上に年齢が高くなっていっていますから、拡大するのであれば、せっかくつくった農園ですので、そういう新しい人たちを積極的に取り入れるために、作付のときだけまず手伝ってもらうという工夫はできないものですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯産業振興課長(中川裕二) 農業女性グループに新しい方をお誘いするというのは、年に2回作付の講習会をやっております。その中でも農業女性グループの方に来てもらってメンバー募集をやっております。確かに市民農園の関係を通じて募集というのは今までやっておりませんでしたので、そこら辺も検討したいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(清水純子) ぜひ、少し声をかけていただけると、結構リタイヤした方で楽しみながら市民農園をやっている方が積極的に協力されると思います。ぜひ、その辺は検討してください。
 それから、同じく77ページの新規事業で市民農園の新設事業なんですが、この34区画の整備はいつごろまでに終わって、どのような形で募集をかけていくんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯産業振興課長(中川裕二) 具体的にいつまでというのはまだちょっと決めておりませんが、なるべく早いうちにやりたいと思っております。なるべく早い時期に地権者の方とは、そこら辺を詰めていきたいと考えます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ほかにありませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(神野芳行) きょうの朝一番の都市計画課の中で、高架下利用及び市街地活性化基本計画を立てるという話があっているんですけれども、説明の中で、市民はもとより、駅、高架周辺の商店街の方々にも意見を聴取しながら、この基本計画を立てていくという説明がありました。所管である産業振興課のほうとしては、何かその辺に絡んでいくという考えはありますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯産業振興課長(中川裕二) そこら辺は都市計画課とも十分連携をとりまして、絡んでいけるところは当然絡んでいきたいと考えます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(神野芳行) 意外に駅周辺の商店街というのが疲弊しているところもありますので、その辺は積極的に、絡むというより入っていって、一緒に検討されることが望ましいと思われますので、ぜひお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ほかに。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(高山やす子) 79ページの消費生活相談の事業のことなんですが、今、いろいろと消費生活の相談というのは、窓口等々も設けられていると思うんです。ここに予算を上げてある報酬、費用弁償、これは何人で、何回ぐらいの分を組んでいるんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯産業振興課長(中川裕二) 週5日の開設をしております。それで、相談員さんが3名おられます。3名の方が毎日交替して勤務されております。ですから、その報酬と費用弁償という形になります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(高山やす子) ちなみに、昨年はどのくらいの実績というか、相談件数だったんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) 資料はあるんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯産業振興課長(中川裕二) 平成24年度の相談件数が669件となっております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(高山やす子) 一番多かったのはどういう相談でしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯産業振興課長(中川裕二) 販売方法にちょっと問題があったりとかいった件数と、契約を解約するときのトラブル、それと価格、料金に関するトラブル、その三つが非常に多い件数となっております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) よろしいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(高山やす子) はい。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ほかに。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松下真一) 78ページの産業振興費全体についてお伺いしたいんですけれども、先ほど神野委員から高架下の事業計画について質問がありました。今年、総務省のほうが、地域経済循環創造事業交付金というものを創設してあります。これは、新規事業を立てたりとか、次の安全安心課にもまたがるんですけれども、空き家を利用して新しい事業を計画するというような、事業者に対して交付金を援助していこうという交付金なんですよね。こういうものを利用して、商店会の活性化というものについて、何か財政課と一緒になって計画を立てていないんでしょうか。新しい事業というのが全くこの課の中で出てこないんですよね。去年と同じようなことがだらだらと並べてあるんですけれども、そういう計画というのは全く考えていないんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯産業振興課長(中川裕二) 現在のところは、そういった新しい事業というのはまだ計画がありません。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松下真一) 商店会の疲弊を防止して活性化しようということを時々言われるんですけれども、こうした新しい政府の交付金事業、こういうものはアンテナを張って、ぱっと飛びつくとか、あるいは商工会のドーナツとかやったじゃないですか。そういうふうなことを広げるような感じで、商店会をもっと活性化するような事業というものを産業振興課の中でアピールして、大野城市に誘致をするような、そういう計画も立てていかなければいけないんではないかと思うんですけれども、その点は、今はないですが、そういった考えそのものもないんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯産業振興課長(中川裕二) 商工会がもっと発展するような事業というところでは、現在、着地型観光ということで進んでおります。そのあたり、去年のわくわくパビリオンではいろいろな事業者さんが一緒になってやってもらいました。そういった方々と一緒に、事業を行うことで活性化につながるんではなかろうかと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松下真一) そういうことを言っているんではなくて、空き店舗とか、商店街がシャッター通りになるということがよくニュースなんかで出てきますよね。そういうのを防止するために総務省が交付金をつくって、そういう事業をしましょう、あと一歩後押しすれば何とか事業達成ができるということに対しての交付金なんです。そういうものを使って大野城市に誘致できるという計画を今後立てられないんでしょうかということを言っているんです。今の既存の計画ではだめでしょう。だから、新しいことを考えませんかということです。

-------------------------------------------------------------------------------

◯産業振興課長(中川裕二) その辺は商工会と一緒に研究をしていきたいと考えます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松下真一) 財政課のほうで先ほど言いました交付金なんですけれども、これについての情報は得てありますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) 財政課長いいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯財政課長(三角哲朗) 現在のところは、財政課のほうで国の、今委員がおっしゃった情報については具体的に把握しておりません。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ほかにありませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(岡部和子) 79ページの消費者行政推進費の目の中の市民向けの啓発講座事業、この分はどこに予算が入っているんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯産業振興課長(中川裕二) 消耗品、講座用、啓発用という形で計上させてもらっています。この中で啓発用のグッズとか、いろいろな消耗品を購入する、それで啓発事業や出前講座を行うことを考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(岡部和子) 先ほど相談のほうが、契約解除とか、悪徳、要するに高齢者と無理に契約をしたりとかいうのをいろいろ聞くんですけれども、やはりそれが一番多いんですよね。だから、今までも出前講座をたくさんされているけれども、今度は10回から15回になっているからどこに入っているのと思ってお聞きしました。わかりました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) いいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(岡部和子) はい。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(井上正則) 同じく消費者行政推進費の関係なんですが、今いろいろ言われております振り込め詐欺から、いわゆる送りつけとか、受け取り詐欺とか、いろいろ出ておりますが、この相談では1件もそういった相談というのはないんですか。先ほどおっしゃったように12月まで500件ぐらいありましたよね。今までの過去にもこの相談というのはありませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯産業振興課長(中川裕二) 当然、そういった相談はあります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(井上正則) 市内在住者が被害を受けたとか、被害額とかいうのは把握されてあるんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯産業振興課長(中川裕二) 被害額という形ではなくて、センターに相談されて救済された金額というのですか、取り戻した金額、それは一応把握はしております。平成24年度でセンターが直接交渉されて解決したものについては、82件、2,208万9,459円というデータが残っております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(井上正則) 今年はまだそこら辺は。

-------------------------------------------------------------------------------

◯産業振興課長(中川裕二) 今年度については、まだちょっと把握しておりません。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(井上正則) では、今年もそれなりの件数がまた出てくるということなんですね。

-------------------------------------------------------------------------------

◯産業振興課長(中川裕二) 今年も、金額的にもデータとして出てくると思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(井上正則) そういったのが啓発講座とかになってくるわけでしょうけれども、具体策は啓発しかやりようがないんでしょうかね。これ以上のことは考えられませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯産業振興課長(中川裕二) そうですね。センターを通じていろいろなところに出前講座を現在もやっておりますけれども、まだまだ実施されていない区もありますし、小中学校においての出前講座を今後広めていきたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(井上正則) 私の自宅の電話番号が一味の分に載っていたということで、筑紫野署から用心されてくださいねということがあったんですが、そういうようなことというのは、どんどん普及していくんでしょうけれども、そういったことも当然相談というのは出てきますか。それはないですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯産業振興課長(中川裕二) ちょっとそこら辺までは把握はしておりません。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ほかに。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ないようですので、産業振興課所管分の質疑を終わります。
 次に、安全安心課所管分について執行部の説明を求めます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯安全安心課長(高原 朗) それでは、安全安心課所管分についてご説明いたします。80ページをお願いいたします。
 2款1項1目一般管理費職員給与費につきましては、休日・夜間の大雨洪水等の警報の発令に伴いまして参集する職員の時間外手当を計上しております。前年度は500万円でしたが、来年度は1,000万円に増額しております。理由といたしましては、平成24年度以降、発令が増加傾向でございまして、職員参集も増加しておりますので、金額的にもかなり上がってきているということで1,000万円に増額しております。
 続きまして、2款1項10目防犯費につきましては、安全安心のまちづくりのための防犯活動費等に支出するものでございます。暴力追放・防犯運動費の主な事務事業は、防犯専門官の設置事業、また、地域防犯活動事業は、防犯協会や各種協議会等の分担金、負担金や防犯啓発用品購入費等を計上させていただいております。
 また、見守りカメラ設置事業につきましては、平成24年度からの継続事業でございまして、市営駐輪場の犯罪発生の抑止効果が大きいことから、平成26年度におきましては、西鉄白木原駅東口駐輪場とJR水城駅駐輪場の2カ所に設置する予定で実施するものでございます。
 続きまして、新規事業の空き家及び老朽危険家屋対策費につきましては、空き家の増加が全国的な社会問題となっており、空き家が適切に管理されずに放置された場合、強風や地震などの災害時に倒壊するおそれ、また、放火やごみの不法投棄などの犯罪につながりかねないことから、このような空き家等の問題解消に向けまして、本市の実情に即した空き家対策を進めていくために、まず現地調査を実施いたしまして、その結果をもとに、実効性のある条例の制定などの対策を講じるために取り組んでいく事業でございます。
 続きまして、新規事業の安全安心まちづくり推進事業所サポート事業については、防犯、交通安全の分野で、大野城市の安全安心まちづくり実現のために協力していただける事業所を募集、登録いたしまして、事業所の安全安心まちづくり活動を促進するとともに、大野城市内における地域防犯力の強化と交通安全活動の推進を図るための事業でございます。
 続きまして、青少年対策費につきましては、青少年の非行防止と健全な育成を図るため、大野城市少年相談委員会支援事業を継続いたします。
 また、新規事業として、春日警察署少年補導員連絡会負担金でございますが、これは筑紫地区少年センターが今年度末で廃止されることに伴いまして、同センターが少年補導員連絡本部に負担しておりました補助金を、今後各市で負担するために7万3,000円を新規計上で上げさせていただいております。
 次に、2款1項11目交通安全対策費は、交通安全推進費として支出するものでございます。主な事務事業につきましては、交通安全指導員の報酬、費用弁償などを計上しています。また、交通安全推進・啓発事業、飲酒運転撲滅事業として、啓発用品の購入費や印刷製本費の継続事業を計上していただいております。
 続きまして、81ページをお願いいたします。
 2款1項14目災害支援費でございますが、これは東日本大震災被災地支援事業といたしまして、職員の中期派遣の県外普通旅費を継続事業として計上させていただいているものです。
 続きまして、3款4項1目救助費につきましては、火災等の被災世帯への災害見舞金を前年度と同額の10万円を計上させていただいております。
 次に、9款1項1目消防総務費の職員給与費につきましては、消防防災担当職員2人分の人件費となっております。防災諸費の主な事務事業につきましては、防災専門官設置事業、防災対策推進事業、防災システム機器保守事業、防災無線更新事業、総合防災訓練事業、災害時備蓄品購入事業、自主防災組織訓練助成事業などの継続事業でございます。
 また、新規事業といたしまして、災害情報電話通報サービス事業でございます。これは現在、市内48カ所に設置しております災害情報伝達システムを補完し、災害情報を確実に伝達する必要がある市民へ情報提供するための事業で、対象となる市民に住宅などの電話番号を登録していただき、災害時には、現在行っている災害情報伝達システムの呼びかけ等にあわせて、災害情報をシステム入力し、登録された電話へ人工音声による避難勧告等の災害情報の通報を行うものでございます。対象者といたしましては、災害に対して緊急性があり、人命にかかわる災害が発生するおそれがある、特に土砂災害警戒区域等の世帯、また、災害時要援護者の主に視覚障害者等で、当初の電話登録を、一応1,700件を想定しております。また、この対象者につきましては、今後運用していきながら見直しを行っていきたいと考えております。
 春日・大野城・那珂川消防組合分担金は、消防署に対する大野城市分の分担金を計上させていただいております。
 続きまして、82ページをお願いいたします。
 9款1項2目非常備消防費の消防団費の主な事務事業につきましては、消防団設置運営事業、女性消防団設置運営事業、おおのじょう少年消防クラブ補助事業の継続事業を計上しております。
 また、新規事業の消防団員装備品購入事業でございますが、これは、水害等の雨天時に消防団が災害現場に出動し、土のう積み等の災害応急対策の作業を行うときに、消防団員が雨の中でも効率よく動けるよう活動環境の向上を図るため、全分団員分の雨がっぱを購入いたしまして、各分団に整備をするものでございます。
 次に、9款1項3目消防施設費消防施設維持管理費の主な事務事業につきましては、消火栓新設・改良工事等の消防施設維持管理事業及び消防車両維持管理事業等を行うものでございます。
 続きまして、9款1項4目水防費の主な事務事業につきましては、災害対策事業として水防用資材の購入、水害発生に備えて迅速に対応するための土のう備蓄を確保するための作業委託などを計上しております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ただいまの説明に対しまして質疑を行います。何かありませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(高山やす子) 80ページの暴力追放の事業なんですが、まず、防犯専門官の事業は、本市は何人おられるんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯安全安心課長(高原 朗) 防犯専門官は、警察OBの方を1名雇用しております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(高山やす子) 地域に防犯専門官という名刺を持っている方がいらっしゃるんですけれども、その方とは関係ないんですね。市役所に常駐している方の分ですね。

-------------------------------------------------------------------------------

◯安全安心課長(高原 朗) そうです。市役所に常時雇用されている分です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(高山やす子) 自分は防犯専門官ですと言って、警察のほうから任命を受けていると言って、いつもたすきを掛けてパトロールしてくれているんですけれども、そちらはこういう中には入らない方ですか。直接警察から防犯専門官と。同じ名前なものですから。

-------------------------------------------------------------------------------

◯安全安心課長(高原 朗) 防犯専門官は市のほうで雇用している嘱託職員でございますが、多分、市民の方で、ボランティア活動でしてある方と思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(高山やす子) ということは、筑紫野署から何か別のルートで防犯専門官というふうにあれされているんでしょうね。よくわかんないんだけれども、同じ名称だから「あれ?」と思って。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) 安全安心課長、そこら辺はちゃんと説明してください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯安全安心課長(高原 朗) 警察から委嘱されてある方は、防犯専門官ではなくて、防犯指導員ではないでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(高山やす子) この前、専門官と言われたから、「あら?」と思いながら聞いたんですけれども、ひょっとしたら私の聞き間違いかもしれませんので。この分と関係なければないで結構です。同じものかなと思ったもんだから、何人かいらっしゃるのかなと思ってお尋ねしたんです。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ではいいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(高山やす子) はい、結構です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ほかに。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(神野芳行) 80ページの暴力追放・防犯運動費なんですけれども、この中の見守りカメラ設置、駐輪場の自転車等の盗難抑止力としてカメラの設置というのが有効であったと、だから新規につけるという話なんですが、近年の犯罪関係で、いろいろなところに設置してある防犯カメラ、これが早期の解決につながるということが多々あっているわけですよね。ですから、プライバシーの問題等もあるかもしれませんけれども、これは、計画的に防犯カメラを設置していくような計画を立てられたらいいのではないかと思うんです。その辺は見守りカメラの延長線上にあることですけれども、どういうふうに考えられますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯安全安心課長(高原 朗) 現在は、駐輪場を中心とした見守りカメラということで設置しております。個人情報の関係もございますので、今後、そういったものを研究しながら活用できるような格好に進化していければと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(神野芳行) いろいろな主要な場所に防犯カメラ、それから災害の場合にも、いろいろな河川のところとか、重要なところにも監視カメラ、そういうものを庁舎内で一元管理できるようなシステム、今、多分そんなにお金かからないと思うんですけれども、システムを研究されたらいいと思いますがいかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯安全安心課長(高原 朗) 防災面、確かに河川には県のほうが設置している防災カメラがございます。それを市独自で設置できればいいと思いますが、その辺のところは研究課題として、今後検討していきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(神野芳行) お願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ほかに。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(高山やす子) 81ページに災害時の備蓄の購入費が上がっていますが、これは内容は大体どういうものを購入するというのは決まっているんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯安全安心課長(高原 朗) 今年度2,300人分の備蓄品を購入したわけでございますが、次年度以降は、食料品は賞味期限がございして、大体5年となっておりますので、基本的には、それを訓練で使いながら更新をしていくためのものでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(高山やす子) では、食糧費に限定してこの予算は上がっているんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯安全安心課長(高原 朗) そうです。基本的には食料品の更新ということで上げております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ほかにありませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(清水純子) 80ページの交通安全推進費の関係ですが、交通安全指導員の皆さん28人は、選出方法と任期があるのかどうか。
 あと一点、次のページ、2款1項14目で目の数値目標、1年を通した職員派遣の実施ということなんですが、具体的に説明をお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯安全安心課長(高原 朗) 1点目の交通安全指導員さんの件でございますが、今定数28名でございまして、任期は2年になっております。推薦方法といたしましては、各区のほうからお願いしております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(清水純子) 区から何名ずつぐらいで、任期は2年終わると更新は何回まで可能なんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯安全安心課長(高原 朗) 更新の年数の限度はございません。大体各区から1名とか2名を推薦いただいております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(清水純子) これは男女関係なく、結構皆さん回っていらっしゃいますから、男女関係なく推薦を受ければ指導員になってもらっているということですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯安全安心課長(高原 朗) そうでございます。女性の方も当然推薦していただいております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) あともう一つの。

-------------------------------------------------------------------------------

◯安全安心課長(高原 朗) 災害支援関連費でございますが、現在、東日本大震災の関係で人的な支援の要望が来ております。技術職の要望が多うございます。それから、期間が半年とか1年という長い期間での要望がございまして、現在のところ大野城市としては、そこまでの対応ができていないのが現状でございます。それでこういった目標を定めておるところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(清水純子) この最大の要因は、いろいろあるにしても、一つには、技術職というのは災害当時から言われていて、例えば、自治体で働いている職員さんのほうが力になるわけですよね。だから、自治体の要請を受けたときに、受ける側としても人数は、いわゆるぎりぎりよりも少ない人数でやっているわけですから、無理のないところでということを要請したくて、具体的にというのをお聞きしました。目の数値目標は、あくまでそういうふうにしたい気持ちとなかなかできない実態があるから、あまり無理でない目標を上げていただきたいと思います。そういうことでよろしくお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ほかにありませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(井上正則) 80ページの暴力追放・防犯運動費の丸新の空き家の関係で調査業務委託がありますが、どのような調査方法を考えてありますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯安全安心課長(高原 朗) 空き家の実態として、本市の部分がどういう状態なのかが全く把握できていないのが現状でございます。全く放置されたままの状態のものとか、老朽危険家屋、適正に管理してある家屋もございます。そういったものを把握するための調査を考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(井上正則) 当然、調査をされたときに、防犯関係だけではなくて、いわゆるシロアリの発生関係も出てくるかと思うんですね。そういった苦情も確かに受けたことがあるんですけれども、そういったときには、環境課等々とやりとりするんでしょうが、そういったことも踏まえた上での調査ですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯安全安心課長(高原 朗) 全ての状態を確認するためには、そういったもの全部を対象として調べた上で、それに対する措置を講じていきたいと思っておりますので、全ての空き家に対する調査を考えています。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(井上正則) 当然、調査をした後に、持ち主へのいろいろな勧奨とかされるんでしょうけれども、どうしても行方不明とかいて、なかなか見つけられない。しかし、現実問題、壊してほしいとまでは言わんですけれども、そういった場合は、条例関係で何らかの強制執行的な形までは、今のところはまだ考えてはないですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯安全安心課長(高原 朗) 確かに現実問題として財産権の問題がございますので、市のほうで勝手にできないというのが現状でございます。ただ、そういう先進地もございますので、そういったところを研究しながら条例を制定していって、どこまで実効性があるものができるかまだ不明ではございますが、できるだけ可能性がある部分で条例化していきたいと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ほかに。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(白石重成) 今の関連ですけれども、アンケート調査というのは、ある程度実態把握ができた上で、そういったところに対してやるんですか。どういった内容になるんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯安全安心課長(高原 朗) 実態調査をした上で、適正に管理してある空き家がございます。そういったことに関しては、逆に将来的な利活用ですね。具体的には決まっていませんけれども、子どもの集まる場所とか、老人のサロンとか、そういったものに将来的に利活用できるような形で協力いただける方、あるいはそういった考えを持ってある方がいないか、意識調査をさせていただこうと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(白石重成) ということは、実態調査が終わった後で──実態調査自体も相当時間がかかると思うんですよね。それを今年度末ぐらいに集約できれば、そういった対象に関して送るという考え方ということですね。

-------------------------------------------------------------------------------

◯安全安心課長(高原 朗) そうですね、実態調査が終わった段階で集計いたしまして、それで今年度中にできれば実施したいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(白石重成) その下の安全安心まちづくり推進事業所サポート事業ですけれども、登録をしてもらうというのは、例えば、安全安心といっても広いくくりですよね。どういった感じで登録を受けるんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯安全安心課長(高原 朗) 一応、防犯・交通安全の分野でございますが、例といたしましては、防犯上といたしまして、社用車にパトロール中のマグネットシートの張りつけとか、事業所周辺の危険箇所の改善とか、店内の巡回、防犯カメラの設置等をお願いしたいと考えております。また、交通面につきましては、自社製品に交通安全スローガンの印刷とか、飲酒運転撲滅の推進、そういったものをお願いしたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(白石重成) ということは、そういった項目について、ある程度列記して、こういうことでご協力いただけませんかという形で事業所を回っていく、登録してもらうということですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯安全安心課長(高原 朗) そうです。そういうふうにお願いして回っていきたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ほかにありませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(神野芳行) 82ページの消防団費の件なんですけれども、せんだって1月末に、総務省主催で消防団のシンポジウムが開催されて、その会場にちょっと行っていろいろ聞いてきたんですが、今、ほんとうに定足数というか、それを満たす、そして、実際に実働できる団員が減少しているというのが全国的な課題になっているわけです。その辺、消防団との協議の中で、実働できる人員の確保、それから、ここに書いてあります女性消防団員の増員とか、そういうテーマがいろいろあると思うんですけれども、その辺はどこで、どのような話で検討されてありますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯安全安心課長(高原 朗) 消防団員の確保については、かなり難しいものがありますので、どこで話すかといいますと市役所内部でございますが、担当課と消防団団長あたりと協議しております。その中で一番確保しやすいといったら語弊がありますが、市の職員にできるだけ積極的に入っていただくということを考えています。また、地元の自営業の方また、JA、そういった方たちを中心にお願いしている状況でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(神野芳行) 今幾つか言われたんですけれども、あと市内の事業所に対して、昼間の火災に対しての出動ができるような体制をとっている地域もあるわけですよね。だから、そういう事業所対応を事業所にお願いするという活動も必要ではないかと思います。
 それと、女性消防団、3年目ですかね。なかなか人数が広がらないという感じがするんですけれども、その辺の課題とこれから取り組むべき問題点というのはどうでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯安全安心課長(高原 朗) 確かに、現在、女性消防団は4名でございます。なかなか増えないといいますか、希望者がいないというのが現状でございます。ただ、今二人ほど希望されてある方がいらっしゃいますので、徐々には増やしていきたいと考えております。広報活動をもうちょっと積極的にしないといけないかなと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(神野芳行) 消防団もいいと。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) いいですよ。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(神野芳行) それと実際に災害が起こると、例えば水害とか、今非常に大きな被害になる場合があるわけですよね。そうなってくると地域消防団だけでは対応できないということがよくあります。大野城消防団というのは申し合わせで40歳定年という形になっていますけれども、その辺が今、なかなか団員の確保ができないということで、年齢を延長して在籍している団員が結構いると思うんですよ。その辺、いわゆる退団したOBの消防団員の方々を予備役として活用するような仕組みづくりも必要ではないかと思うんですけれども、その辺はいかがですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯安全安心課長(高原 朗) 確かに消防団員の確保は難しい現状で、年齢的には上がっています。そして、OBの方がたくさんいらっしゃいます。いろいろな会もございますので、そういったOBを予備役というところまでまだ具体的には考えておりませんが、将来的にはそういう活用も視野に入れて考えていくべきかと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(神野芳行) 実際に、福岡市の消防団なんかは70代の団員の方もいらっしゃいます。その辺、いい経験を持った方々というのをうまく使うことが必要ではないかと思います。
 それから、年2回区内、地域の避難訓練が3月にあります。それから、総合訓練というのが6月にありますよね。これは担当は高原課長のところですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯安全安心課長(高原 朗) そうです。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(神野芳行) せんだって北コミで行われた訓練に関して、消防団の姿が全然見えなかったんですよ。それはなぜですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯安全安心課長(高原 朗) 地区の総合避難訓練に関しましては、消防団としての要請が出ておりませんので、消防団としては活動に参加しておりません。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(神野芳行) 要請があるとかいう話ではなくて、実際に災害が起こった場合というのは、地域の自主防災組織、そして、地域をよく知っている地元の消防団、これが連携をしないといけないわけですよね。実際に、自主防災組織と消防団とできっちり連携していこうという地域が今増えています。前段でお話ししたシンポジウムの中でも、そういう取り組みをやっている地域が増えてきています。ですから、大野城市の場合も、要請があるとかないとかいう話ではなくて、ワンセットで考えなくてはいけない時期に来ていると思うんですよ。その辺検討をお願いしたいと思おうんですけれども、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯安全安心課長(高原 朗) 現在、3月に総合避難訓練を実施しておりまして、今度、6月には、総合防災訓練というのを考えております。これは、市民も消防団も一緒、各関係機関、自衛隊とか、そういったものをひっくるめた総合的なものを考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(神野芳行) それで。

-------------------------------------------------------------------------------

◯安全安心課長(高原 朗) その中に当然、消防団も積極的に参加していただいて、一緒にやっていくという方向で考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(神野芳行) ですから、それはそれでいいんですよ。それはそれでいいんですけれども、自主防災組織と消防団と連携した形の取り組み、訓練をやらなければいけないんではないんですかというお話をしています。

-------------------------------------------------------------------------------

◯安全安心課長(高原 朗) そうですね。来年度、中央地区で避難訓練を実施しますが、その場合には、そういった具体的に消防団の参加についても検討していきたいと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(神野芳行) お願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ほかに。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(清水純子) 今の消防団の関係なんですけれども、団員が減少方向にあるということで、団員募集をどうしても市の職員と。何でもかんでも市の職員で、地域の活動も市の職員に協力せい、女性消防団員も市の人ということですが、男性も女性も何でもかんでも市の職員というのは無理ですよ。だから、もう少し地域の区長さん初め、皆さんに相談して、もっと若い人たちが入れるような──消防団というと昔からのイメージで、上からの命令系統がきちんとなっているから怖いと言って入りきらない人もいるわけです。そういうことはないと言っていますけれども、一般の市民から見ればそうなんです。もちろん消防ですから、命にかかわることだからきちんとやらなければいけないのはわかっていますが、とりあえず、安易に市の職員ということを考えないで、それはぎりぎり最終的なことなので、市民の皆さんにもっと積極的に、特に女性消防団のことも先ほどおっしゃいましたが、広報活動をしていただきたいと私は考えておりますので、その辺もぜひ無理のないように検討してください。お願いします。要望です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) 要望ですね。ほかにありませんか。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ないようですので、安全安心課所管分の質疑を終わります。
 環境生活部所管分について、ほかにありませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(神野芳行) 環境課と安全安心課にまたがるお話なんですけれども、先般、建設管理課の話の中で、自転車走行空間整備事業の説明がありました。いわゆる自転車専用道路をつくるというお話なんですが、整備をしていただいた後の市民への指導、啓発、せっかくの機会ですから、その辺は当然、迷惑行為防止活動の一環としても、それから、自転車のマナーアップ、交通安全の観点からも、ぜひ連携をとられて指導して、モデルケースをつくってください。それで自転車のマナーアップに及べば、十分に効果が出ると思うんですよ。その検証結果をまたほかのところにフィードバックできるような形になると思いますので、ぜひ積極的に一緒にやってみていただけないでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯安全安心課長(高原 朗) わかりました。環境課と一緒にそういったものに取り組んでいきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(神野芳行) お願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) いいですね。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ないようですので、これをもちまして環境生活部所管分についての質疑を終わります。ここで暫時休憩をいたします。
    (休憩 午後0時22分)
    (再開 午後1時29分)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) それでは、再開いたします。
 第32号議案、平成26年度大野城市水道事業会計予算についてを議題といたします。執行部の説明を求めます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯上下水道局長(浅田勇造) こんにちは。上下水道局でございます。
 これより水道事業につきまして、当初予算の概要の109ページからの平成26年度水道事業会計主要施策事業により各課長に説明をいたさせますが、上下水道局につきましては、主要施策事業は水道事業と下水道事業とに分かれており、一般会計のように課ごとに分かれておりません。109ページの枠外に記載しております課名略称により主要な事務事業の概要欄に該当課を表示しております。続けて説明をいたさせますので、よろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) それでは執行部の説明を求めます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企業総務課長(高橋光治) それでは、当初予算主要施策事業の説明に入りますが、説明に入ります前に、今回、資本制度の見直しによりまして、地方公営企業法の一部改正が行われ、平成26年度予算及び決算からこの一部改正が適用されることとなりました。本市で該当する主な改正項目については、まず第1点、借入資本金を資本に計上していたものを負債に計上する。2点目、みなし償却制度を廃止し、長期前受金として計上する。3点目、引当金を計上する。4点目、キャッシュフロー計算書の作成を行うとなっております。本市としても、これらの改正項目に従い、平成26年度上下水道事業の当初予算を策定しておるところでございます。
 それでは、109ページから水道事業について、企業総務課が所管する主な項目について説明をいたします。
 まず、水道事業収益の営業収益について説明をいたします。
 1款水道事業収益1項営業収益3目他会計負担金については、瓦田浄水場のA系施設廃止に伴う改良工事負担金として、1億円を計上しております。
 次に、1款水道事業収益2項営業外収益4目他会計補助金については、第7期拡張事業に係る利子補填1,802万1,000円を計上しております。続いて、5目の長期前受金戻入については、今回の地方公営企業法の一部改正に伴い新たに計上されるもので、2億9,960万円を計上しております。
 次に110ページをお願いいたします。110ページの水道事業費用の営業費用について説明をいたします。1款水道事業費用1項営業費用1目原水及び浄水費では、福岡地区水道企業団受水費として、6億4,214万1,000円を計上しております。同じく、1目原水及び浄水費3目給水費4目業務費5目総係費については、今回の会計制度改正による賞与引当金繰入額を計上しておるところでございます。
 続きまして、6目をお願いいたします。減価償却費では、有形固定資産減価償却として、7億1,302万円、続いて7目の資産減耗費は6億7,890万円を計上しております。
 続きまして、111ページをお願いいたします。111ページの水道事業費の営業外費用について説明をいたします。1款水道事業費用2項営業外費用は、1目企業債の支払利息1億8,400万円を、また、3目消費税及び地方消費税については6,000万円を計上しております。
 続いて、112ページの資本支出について説明をいたします。1款資本的収入1項1目の企業債は、配水管事業費として1億3,080万円を計上しております。同じく1款資本的収入3項3目出資金は、水道管路の耐震化事業に係る出資金として1,920万円を計上しているものでございます。
 続きまして、113ページをお願いいたします。1款資本的支出1項建設改良費1目施設整備費では、人件費に賞与引当金、法定福利費引当金を、また契約事務に係る一般会計負担金として380万6,000円を計上しております。
 最後に、1款資本的支出2項1目企業債償還金で償還元金を4億8,500万円計上しておるところでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯料金施設課長(浦川浩司) では、109ページをお願いいたします。水道事業収益の1款1項1目の給水収益ですが、予算額は17億387万6,000円を計上しております。内訳としましては、水道料金16億9,718万円、工事用水道料金669万6,000円であります。この予算額については、前年度より若干の増でございまして、前年度とほぼ横ばいと見込んでおります。
 次に、1款1項2目のその他営業収益ですが、給水工事審査検査手数料、予算額174万2,000円、下水道使用料事務取扱収益、予算額1億1,326万3,000円であります。この下水道使用料事務取扱収益については、水道料金徴収とあわせて下水道使用料の徴収事務も行っておりますので、下水道会計のほうからこちらに入ってくる分でございます。
 次に、1款2項2目の営業外収益の雑収益ですが、量水器取りかえ評価収益、予算額707万7,000円でございます。これは検定満了を迎えた量水器の修理前の評価額ということで計上しております。
 次に、1款2項3目の営業外収益の加入金ですが、前年度実績を考慮し、加入金戸数482戸、予額としまして1億1,707万2,000円を計上しております。
 次に、110ページをお願いいたします。水道事業費用の1款1項3目の給水費ですが、量水器取りかえ委託料1,519万4,000円、取りつけ個数6,286個、量水器修繕費2,034万円、修理個数5,495個などを計上しております。
 次に、1款1項4目の業務費ですが、料金担当業務の総括的委託業務委託料として4,520万円、水道料金等のコンビニエンスストア収納業務委託料685万6,000円などを計上しております。総括的委託料については、料金担当業務の検針・集金・窓口業務を民間委託しているものでございます。コンビニエンスストアについては、平成23年1月より実施しまして24時間対応の収納業務としております。
 次に、111ページをお願いいたします。水道事業費用の1款2項2目の雑支出ですが、予算額は415万5,000円で、水道料金等、過年度分還付金などであります。
 次に、113ページをお願いいたします。資本的支出の1款1項2目の資産購入費ですが、予算額は1,031万7,000円で、新規に量水器を出庫するものであります。
 以上で、水道事業の料金施設課所管分の説明を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯上下水道工務課長(吉田茂行) それでは、続きまして、上下水道工務課所管分の主な事業について説明させていただきます。
 戻りまして109ページ、収益的収支をお願いします。1款水道事業収益1項2目その他営業収益の水道管破損修理等雑収益でございます。これは、他事業の工事等に関連します、水道管破損の修理費や移設に要します費用の負担金を収入として計上しているものであります。
 次に、3目他会計負担金の消火栓維持管理負担金でございます。これは、消火栓の修理や老朽化に伴います改築及び更新に要します費用の負担金を収入として計上しているものであります。
 続きまして、110ページをお願いいたします。1款水道事業費用1項2目の配水費でございます。これは、市内のほとんどの道路に水道管を布設しまして市民へ水道水を供給しておりますが、この水道管の漏水修理費や配水施設の修理費など水道管の維持管理に要します費用を計上させていただいております。
 次に、7目資産減耗費の瓦田浄水場改良工事でございます。これは、平成25年度より大山ダムの完成によりまして、福岡地区水道企業団からの受水量が増加しましたので、瓦田浄水場の中で老朽化が著しいA系の施設を廃止しております。このため、このA系施設の一部撤去の工事費用1億円を計上させていただいております。
 続きまして、112ページの資本的収支をお願いします。1款資本的収入2項1目他会計負担金の消火栓設置負担金であります。これは、水道管の新設や改良工事に伴いまして、消火栓の新設や改良を行います費用でありまして、負担金を収入として計上しているものであります。
 次に、2目負担金であります。これは、他事業であります下水道事業や西鉄連続立体交差事業に伴います、移設や改良等に要します費用でありまして、事業者の負担金を収入として計上しているものでございます。
 続きまして、113ページをお願いします。1款資本的支出1項建設改良費であります。数値目標を、老朽管が原因の年間漏水事故件数25件以下と設定しております。これは、過去10年間の漏水件数が297件、年平均にしますと約30件ということでありましたことから、平成26年度の漏水件数を25件以下として目標を設定したものでございます。1目施設整備費の配水管等新設・改良事業でございます。これは、水道管の漏水や破損の原因となっております、老朽管や塩ビ管の改良事業と街路事業などの工事の進捗に合わせまして整備を行います新設事業であります。改良事業としましては、平野台地内や緑ヶ丘地内などを、また、新設事業としましては、街路事業の現人橋乙金線などでありまして、委託費と工事費で2億4,000万円を計上させていただいております。
 次に、配水管等布設替事業(補償工事)でございます。これは、下水道事業や街路事業及び西鉄高架事業などの他事業に伴いまして水道管の布設替を行うものでありまして、他事業の円滑な推進を図るとともに、水道管の更新を行うもので、仲畑地区や白木原地内などの工事費6,200万円を計上させていただいております。
 次に、水道施設耐震化事業でございます。これは、水道施設の中で、浄水場は市の職員のほか、施設の管理業務を受注しております民間業者が常時勤務しております。このため、耐震化を進める必要がありまして、施設の耐震診断の委託費1,500万円を計上させていただいております。以上で、上下水道工務課所管分につきまして、説明を終わらせていただきます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯浄水課長(児玉裕二) それでは、浄水課担当分について説明申し上げます。
 同じく主要施策事業の110ページをお願いいたします。1款水道事業費用1項営業費用1目原水及び浄水費でございます。主なものとしましては、浄水場運転管理等委託業務ですが、瓦田、牛頸、2浄水場の運転委託費として8,083万3,000円、浄水過程で発生します汚泥の処理費用として、1,416万5,000円、また、電気料につきましては7,943万円計上させていただいております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ただいまの説明に対しまして質疑を行います。何か質疑はありませんか。ようございますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(神野芳行) 瓦田浄水場の改良工事、これは一部廃止する、A系を廃止するということでしたでしょうか。具体的な工事の内容、それから撤去された後どういうふうになるのかということを教えていただけますか。
 それと、浄水場の機能自体はそのまま残るわけですよね。

-------------------------------------------------------------------------------

◯上下水道工務課長(吉田茂行) 瓦田浄水場改良工事の件でございますけれども、平成26年度に予定しておりますのが、A系施設の一部、生物処理槽とかを撤去します。これは入ってすぐのところにございますので、そのあたりを撤去しまして整地することで考えております。跡地利用としましては、今のところ明確には決まっておりません。今、一般部局のほうとも、何に使うのかを協議している段階でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(神野芳行) わかりました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ほかに。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(白石重成) 109ページの今期会計制度見直しで、長期前受金戻入、企業総務課ですかね。これが今年度2億9,960万円ということですけれども、これは均等割で年度ごとにずっと同じ金額でということですか。この間、説明を受けたときには、そういったイメージを持っているんですが、何年間これが出てくるんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企業総務課長(高橋光治) ほぼこの金額で毎年戻入されることになります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(白石重成) 要は耐用年数に関係があるんですか。それは何年ぐらいになるんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企業総務課係長(橋本成宣) 企業総務課財務担当係長、橋本と申します。この部分がいわゆる減価償却見合い分の国庫補助金とかを収益化するものですので、新しく国庫補助金を受ければその分の収益がずっと続いていくという形になります。いつまでという形はないんですけれども、減価償却が続く限り収益が出てくるという形になります。ですので、あらかたの金額は今の2億9,900万円前後で推移して、大きく増減することはないです。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(白石重成) わかりました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) いいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(白石重成) はい。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ほかにありませんか。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ないようですので、これをもちまして第32号議案の質疑を終わります。
 次に、第33号議案、平成26年度大野城市下水道事業会計予算についてを議題といたします。
 執行部の説明を求めます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企業総務課長(高橋光治) それでは、主要施策事業114ページをお願いいたします。下水道事業の企業総務課に関する事業ごとの主な項目について説明をさせていただきます。
 まず、下水道事業の収益的収支について説明をいたします。1款下水道事業収益1項営業収益2目他会計負担金は、一般会計負担金2億7,149万1,000円を計上しております。これは、浸水対策に伴う雨水幹線整備の雨水処理負担金として1億4,674万7,000円などとなっております。
 続きまして、1款下水道事業収益2項営業外収益2目他会計補助金では、分流式下水道等経費として2億9,064万8,000円を計上しております。
 次に、1款下水道事業費用1項営業費用1目管渠費に、人件費811万4,000円と賞与引当金繰入額104万6,000円などを計上させていただいております。同じく115ページをお願いいたします。115ページの1款下水道事業費用1項営業費用2目の流域下水道維持管理負担金では、県の流域下水道の維持管理負担金として、5億7,464万7,000円を計上させていただいております。また、3目普及指導費では、人件費及び賞与引当金繰入、5目では総係費に人件費、退職手当組合負担金、賞与引当金繰入、貸倒引当金繰入等を計上しております。続きまして6目でございます。6目は減価償却費として有形固定資産減価償却8億2,248万円を、また、7目で資産減耗費、有形固定資産除却1億円を計上しております。
 次に、1款下水道事業費用2項営業外費用1目支払利息では、企業債等の支払利息3億5,606万5,000円を、同じく3目消費税及び地方消費税で6,000万円を計上しております。
 続きまして、116ページをお願いいたします。資本的収支では、1款資本的収入1項1目企業債で、流域下水道、公共下水道の事業債等として6億1,160万円を計上しております。1款資本的収入2項補助金2目他会計補助金では、管理運営費3,000万円を計上させていただいております。
 続きまして、1款資本的収入3項負担金2目他会計負担金では、一般会計負担金として雨水事業の償還元金や臨時財政特例債の償還に要する費用など4億1,137万5,000円を計上させていただいております。
 続きまして、117ページをお願いいたします。1款資本的支出1項建設改良費2目流域下水道整備費では、県の流域下水道整備に伴う建設負担金として、7,909万円を計上しております。
 最後に、1款資本的支出2項1目企業債償還金では、償還元金として14億8,400万円を計上させていただいております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯料金施設課長(浦川浩司) 続きまして、下水道の料金施設課分の説明をいたします。
 114ページをお願いいたします。下水道事業収益の1款1項1目の下水道使用料ですが、予算額は15億7,392万1,000円を計上しております。この予算は前年度より若干の増で、前年度とほぼ横ばいの収益と見込んでおります。
 次に、下水道事業収益の1款1項3目のその他営業収益ですが、予算額は75万9,000円を計上しております。これは、責任技術者・指定工事店登録手数料であります。
 次に、115ページをお願いいたします。下水道事業費用の1款1項4目の業務費ですが、予算額は1億1,509万5,000円であります。これは、下水道使用料事務取扱手数料を計上しております。
 次に、下水道事業費用の1款2項2目の雑支出ですが、予算額は325万円、下水道使用料還付金などでございます。
 次に、117ページをお願いいたします。資本的支出の1款1項4目の資産購入費ですが、予算額は、260万9,000円で、量水器購入費を計上しております。これは、下水道使用料計測のためのメーターを購入するものであります。以上で、下水道事業の料金施設課分の説明を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯上下水道工務課長(吉田茂行) 続きまして、上下水道工務課所管分の事業について説明させていただきます。
 114ページ、収益的収支をお願いいたします。1款下水道事業費用1項1目の管渠費でございます。これは、下水道管等の清掃委託やマンホールふた取替工事など下水道施設の補修等に要します、維持管理費を計上させていただいております。
 続きまして、116ページの資本的収支をお願いいたします。1款資本的収入2項1目国庫補助金でございます。これは、国庫補助事業としまして、雨水事業を2件、汚水事業を3件の合計5件を予定しておりまして、この国費の収入6,500万円を計上させていただいております。雨水事業としましては、仲畑4丁目地内の委託及び工事であります。また、汚水事業としましては、乙金第二土地区画整理事業地内の工事と下水道施設の長寿命化に伴います汚水管の改築や人孔ぶた取りかえ工事及び調査委託を予定しているものであります。
 次に、1款資本的収入3項3目工事負担金でございます。これは、乙金第二土地区画整理地内の下水道工事を行うときに、同じ掘り山内に水道管の埋設を行うことがありまして、このときの区画整理組合の費用負担分を収入として計上しているものであります。
 117ページをお願いいたします。1款資本的支出1項建設改良費でございます。数値目標としまして、効率的な雨水整備による浸水箇所の解消、1カ所と設定しております。これは、仲畑地内の工事を完了させることで浸水箇所の解消を目指すものであります。1目公共下水道整備費の下水道施設長寿命化事業であります。
 大野城市が公共下水道の供用を始めまして36年が経過しております。下水道管が約330キロメートル、人孔が約1万2,500基となっております。また、汚水管の約半分は経過年数が20年を超えておりまして、下水道施設の延命化を図る必要がありますが、国庫補助事業の対象となることから、補助事業の採択を受けまして汚水管の調査や改築工事等を実施します費用9,200万円を計上させていただいております。
 次に、下水道のマンホールふた及び取り付け管の取りかえ事業であります。これは、汚水ますの未整備個所への設置工事や、緊急に対応する必要がある人孔ぶたや汚水ますぶたの取りかえを行います費用4,000万円を計上させていただいております。
 次に、公共下水道整備事業(雨水分)であります。本市の雨水整備は、降雨強度を10年確率、時間雨量60ミリの計画で、この排水能力が不足しています箇所の整備を行い、浸水箇所の解消を図るもので、委託費、工事費のほか、支障物件の移設補償費など1億800万円を計上させていただいております。主な工事としましては、仲畑4丁目地内の雨水幹線工事であります。
 次に、公共下水道整備事業(汚水分)であります。これは、汚水管の未整備個所の整備や、雨水工事に伴います汚水管の移設のための委託費や工事費4,700万円を計上させていただいております。主な工事としましては、仲畑4丁目地内の雨水工事に伴います汚水管の移設工事であります。
 次に、公共下水道整備事業(汚水分)他事業関連であります。これは、土地区画整理事業や街路事業などの他事業に伴いまして、汚水管の整備や改修を行うための委託費や工事費9,200万円を計上させていただいております。主な工事としましては、乙金第二土地区画整理事業地内の汚水工事であります。
 次に、下水道台帳管理システム保守業務であります。これは、下水道施設の台帳をパソコンに取り入れたもので、このシステムの保守業務を計上させていただいております。
 次に、既設ため池による防災調整改良事業であります。これは近年のゲリラ豪雨に対応するため、ため池を利用しまして雨水の流出抑制を行い、下流水路の負担を軽減させることで、浸水対策を図るものです。このための委託費と工事費1,170万円を計上させていただいております。工事としましては、中区の席田池の改良工事を予定しております。以上で、上下水道工務課所管分につきまして、説明を終わらせていただきます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ただいまの説明に対しまして質疑を行います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松下真一) 水道事業と一緒なんですけれども、下水道のときに聞いたほうがいいと思って。企業総務課にお伺いしますが、今回、賞与引当金の繰入額とか、法定福利費繰入額ということで、人件費に関しての繰入額が計上されるんですけれども、平成26年度、平成27年度分ということで2カ年を計上される理由を教えてください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企業総務課係長(橋本成宣) 今回の会計制度の見直しは平成26年度の予算決算から行われますので、本来、賞与引当金繰入額、平成26年度分というのは平成25年度の予算に計上されるべきものなんですけれども、平成26年度予算から今回の会計制度見直しが適用されますので、今年度に限って、平成26年度、平成27年度分を平成26年度予算に計上するという形になっております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) いいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松下真一) はい、わかりました。
 もう1点なんですけれども、下水道の117ページの公共下水道整備費、先ほど雨水整備、これは10年確率で60ミリに対応していると言ってあったんですけれども、この項目の一番下にもあるように、ため池で浸水を防ぐということで、60ミリでは対応できないということも想定されているんではないかと思うんですよね。今後、この10年確率というのを少し広げて、もう少し整備するような計画はあるんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯上下水道工務課長(吉田茂行) 平成15年、平成17年で大野城市の雨水の整備計画として、当時5年確率を10年確率で変更しまして、降雨強度を上げております。近隣市町村でもまだ5年のところが結構ございます。ため池を利用するというのは、10年以上の降雨を想定して浸水をなくすことができないかということでやっています。今、ため池が農業をされる方が少なくなって余り水を使われなくなってきておりますので、ためる分の余裕を持ちまして、雨が降ったときにその分をためて下流への影響を少なくしようという事業で浸水対策をさらに少なくできるということで進めております。
 今後の計画をもっと広くしたらという話なんですけれども、今のところ、市内全箇所の10年確率対応がまだ終わっておりません。まずそれが先ということと並行して、ため池を利用した貯留施設をやっていきたいという計画です。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松下真一) 以前から福岡市で行っているレインボー計画のように、導水管をつくって第2の下水をつくるということを1回提案したことがあるんですけれども、今回、常任委員会で、雑餉隈第6号幹線を、実際中に入って見てきたんですよね。この事業が補助事業で、そんなに大きな費用じゃなくてできたという説明を受けたんですけれども、仲畑とか、幾つか浸水するところがありますよね。そういうところは、いっそ御笠川に直接抜けるような管をつくったほうがいいんではないかと思うんですけれども、そういう計画とかはないでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯上下水道工務課長(吉田茂行) 福岡市のレインボー計画は知っています。先ほど言われましたのは御笠川にシールドで抜くというやり方でしょうけれども、御笠川は天井川で、逆流する可能性もございますので、今のところ、そういった大きい管で滞留させようとかいう考えは持っておりません。あくまでも、ため池とかを利用するのが一番早いのではないかということで進めております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松下真一) わかりました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) いいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松下真一) はい。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ほかにありませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(井上正則) 料金施設課のほうにお聞きしたいのですが、上下水道で不納欠損額が100万円で計上されておりますが、例年こういったものか。それと、どういった形でアプローチをしているのかをお聞きします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯料金施設課係長(吉田加代子) 料金施設課料金担当係長の吉田です。
 不納欠損の関係ですが、平成26年度に関してこちらのほうで100万円と上がっておりますが、企業総務の貸倒引当金繰入額が2カ年分で1,200万円ということですので、こちらのほうに600万円計上されているということで、700万円の不納欠損額を考えております。
 滞納者に対するアプローチということですけれども、まず督促状を出しまして、あと催告通知を出します。使用月から4カ月を経過して通知等を出しまして、閉栓通知も出します。そして、その後どうしても支払いのない方に対して停水を行っております。これは毎月行っております。地区を2地区に分けて毎月行っているという状態です。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(井上正則) 水道の供給をとめるということなんですが、その辺はどの程度でとめていくんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯料金施設課係長(吉田加代子) どの程度といいますか、停水通知催告状を出して、それでもなおかつお支払のない方ということで、1カ月、2カ月くらいの方でも、お支払いがなければ停水しています。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(井上正則) 現実、それで停水される方はどのくらいの方がいらっしゃるんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯料金施設課係長(吉田加代子) 停水件数は、大体1地区1カ月に100件から120件ぐらいです。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(井上正則) その方々というのは、とめられれば手当てするんでしょうけれども、手当てできない方も当然いらっしゃると思うんです。そういった方はどういうふうにされていますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯料金施設課係長(吉田加代子) そういった方は、その前に納付相談に来られたり、あるいは訪問した際にいろいろお話を伺っておりますので、こういう理由でということであれば、お約束をいただいて、お支払いいだたく猶予を与えております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(井上正則) わかりました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ほかに。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(白石重成) 企業債の残で、ちょっと基本的なことをまず確認するんですけれども、116ページ、117ページで、一番上に資本的収入で企業債6億1,160万円、これは起債しますよと。それから117ページの企業債の償還で14億円ということは、今年度は企業債が8億何ぼ減るよということでいいんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企業総務課係長(橋本成宣) はい、そのとおりです。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(白石重成) ということは、今年度これだけ減って、企業債の残というのは幾らになるんですか。当然、毎年起債はしないといけないとは思うんですけれども、こういった形で毎年度減っていく傾向なんですか。そのときの年度によって違うんでしょうけれども。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企業総務課係長(橋本成宣) 平成24年度決算ベースでございますが、下水道事業債の残高が大体171億9,800万円ほどありまして、平成25年度の最終予算ベースですけれども、これで借り入れが大体6億3,300万円で償還が15億2,400万円で、3月補正後の予算ベースで163億700万円ほどに落ちます。
 今度の平成26年度当初予算ベースでいきますと、大体借り入れが6億1,200万円で償還が14億8,400万円になりますので、残高が154億3,500万円ほどに落ちる見込みでございます。大体9億円から8億円ぐらいずつ、だんだん落ちていくのではないかと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(白石重成) これについては償還計画というのを当然立てられると思うんですけれども、長期的な償還の計画みたいなものはあるんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企業総務課係長(橋本成宣) この償還額というのは、事業した分を起債して返していくということで義務的な経費になりますので、そういう投資的な事業をどうするかというところは経営計画等に基づいて実施しております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(白石重成) はい。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ほかにありませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(神野芳行) 雨水対策なんですけれども、御笠川周辺がよく浸水していて、例えば御笠川1丁目から4丁目あたりの工業地域になっているところですけれども、先ほど言われましたように、御笠川は天井川で、ある程度の警戒水域を超えると雨水路が逆止弁でとまってしまって、それであふれる。それでずっと毎年のように浸水してしまうんですけれども、その辺、先ほど言われた仲畑地区あるいは雑餉隈地区というのは、今度の福岡市の導水管で解消されると思われますけれども、本当にごく一部なんですよね。まだそこまで改善に至ってないところが多くて、その辺を集中的に改善するという計画はないんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯上下水道工務課長(吉田茂行) 具体的に言いますけれども、ロイヤルホスト付近がよく浸水しておりましたが、整備を終わらせております。それと、マルキョウ周辺のあたりも結構浸水しておりましたけれども、そこもバイパス管を入れまして、ほぼ大丈夫ではないかという格好になっております。局部的なところにつきましては、このような格好で随時整備を進めています。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(神野芳行) すみません、それは知りませんでした。
 それで、今後、そういう事例が起こった場合、本当に限られた地域になってくると思うので、速やかに対応できるような体制というか、計画を持っていただけたらというふうに思うんですよ。これからどういう気候になっていくかわかりませんけれども、事例があったら、すぐ対処できるようにお願いしたいと思います。いかがですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯上下水道工務課長(吉田茂行) 今、雨水整備をやっているのは、大野城市の下水道の中期経営計画の中に載せていまして、基本的にその整備をやっております。まだ全部が終わっているわけではないんですけれども、ほぼ終わらせたところでございまして、今後さらに見直します。雨水整備というのは、その部分だけを整備すればいいというのではなくて、下流への影響まで見る必要がございますから、その辺ちょっと時間がかかるかもわかりませんけれども、随時整備を進めていきたいというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(神野芳行) 御笠川が激甚災害に指定されて工事が終わりました。のり面の補強等で流れがよくなって強度も出たんですが、何となく工事が終わった後は、たまりやすく引きやすいという御笠川の状況があるような感じなんです。ですから、その辺を上手に対応できるような体制をぜひお願いしたいと思います。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) いいですか。今のは要望ですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(神野芳行) はい。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ほかにありませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(神野芳行) 上水と下水の両方に関連して局長にお伺いしたいんですけれども、このところ、節水それから下水道管に対する負荷を和らげましょうという市民への啓発活動を余り見受けられなくなったような気がするんですが、やっていますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯上下水道局長(浅田勇造) 今のご質問ですけれども、節水関係については、回数は少ないですけれども、広報で周知等を図っております。あとの分について、もう少しどういうふうなことかを詳しくご説明いただいてもよろしいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(神野芳行) 節水意識というのは市民に非常に定着しているんですけれども、下水道に関してそういう啓発活動が弱いんではないかという気がするんです。例えば、下水道に廃油を流すとか、あるいは固形物を流し込むとか、要するに下水道管に対する負荷をかけ過ぎているんではないかと。今、説明にもありましたように、下水道管の長寿命化にも取り組まなければいけない。そのためには、やっぱり大もとの流す方の意識改革もしなくてはいけないんではないかということです。そういう啓発活動、特に、小中学生のころから授業の中で教えるとか、啓発するとか、あるいは奥様方などに啓発するということが、今ちょっと薄いんではないかなという気がするんですけれども、その辺どうですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯料金施設課係長(長尾満好) 下水の排水につきましても、年に1回はおっしゃるような下水に負荷のかかるようなものは流さないでほしいという意味合いの広報は出しております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(神野芳行) その辺、七夕ではないんだから年に1回という話じゃなくて、やっぱり継続的に啓発していく取り組みが必要だと思うんですよ。昔よく言われたことは、下水道の先は海ですよというキャッチフレーズもありましたよね。もう一つ、浄化施設のほうに油分を流すことによって負荷がかかる、その処理費用にお金がかかるということがわからない方が多くなってきているわけです。だから、ぜひとも計画的に啓発活動をやっていかれたほうがいいと思うんです。いかがですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯上下水道局長(浅田勇造) 油などの分は、特定施設については検査等を行っておるんですけれども、今、委員がおっしゃったのは、若い世代といいますか、小中学生などへの教育として、そういう部分についての周知活動が必要だというふうなことでおっしゃっているんだと思います。その点は、今すぐこういう形でというのは答えることがちょっと難しいですけれども、局の内部で検討してまいりたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(神野芳行) それともう一つ、上水道なんですけれども、水商売と言われるぐらいで、お水が売れて何ぼの話だと思うんですけれども、節水の意識というのは大切なことなんですけれども、夏場、今は猛暑の時代になって、夕方の散水というのは非常に猛暑を和らげる効果があるわけですね。お水が不足しているときはできないでしょうけれども、足りているときは散水──多分奨励はできないと思うんですけれども、私はやったほうがいいのではないかという気がいたします。その点いかがですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯上下水道局長(浅田勇造) 散水を推奨というふうなことはちょっとできかねますけれども、ただ節水に関しましては、全国的に見て、福岡県の場合は、ほかのところに比べて1人当たりの使用料が1日100リットル以上違うということもあって、なかなか水道料金、下水道料金の使用水量が伸びないということがあります。それと節水機器の普及ですね。そういうところがございます。その中においても、水の余裕があるときについては、できるだけお使いいただきたいという考えは持っております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(神野芳行) ありがとうございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ほかにありませんか。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ないようですので、これをもちまして第33号議案の質疑を終わります。
 暫時休憩をいたします。
    (休憩 午後2時25分)
    (再開 午後2時44分)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) それでは再開いたします。
 昨日の歴史をつなぐ事業推進室所管分に関して、続けて質疑を行いたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(清水純子) きのう質問をしかけてやめていたのは、協議会のメンバーの選出方法と、いわゆる知識人という方たちのメンバーがどういう方なのかをお知らせください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯歴史をつなぐ事業推進室長(寺崎賢治) 大野城心のふるさと館整備検討委員会の委員さんについて、どういう構成かというお話をする前に、この検討委員会につきましては、最初、平成24年5月に基本方針を定めました。その中で、議会に逐次報告するとか、そういうことも含めて方針に入れました。その中の1項として、このふるさと館については、いわゆる審議会ではなくて、協議、意見交換をしてもらう委員会というものを設置しようということを基本方針に盛り込みまして、平成24年5月がスタートになりまして、組織の構成、人選を進めたわけです。
 この検討委員会につきましては、私ども企画政策部と教育部が共同事務局と。基本は企画政策部歴史をつなぐ事業推進室が事務局、そして、ふるさと文化財課がそれを補佐するという協議会なんですけれども、そういう組織を設けることを決めました。そして、どのような方にお願いするかということで、ふるさと文化財課と一緒に選出といいますか、人選を進めたという流れになります。
 その中で、スタートとしましては、歴史系展示複合施設という課題を我々は与えられましたので、やはり歴史系というか文化財、そのあたりの方を入れようということで文化財課の意見を聞いたんですけれども、そういう中で、学識経験者、それも文化財、また民俗、そういう方として、まず、多分かなめになっていただけるだろうということで、了承をもらったのは後なんですけれども、西谷正先生。それと、目加田さんの関係が既に課題としてありましたので、そのまな弟子の大学の先生はどうだろうかということで月野福岡女子大学教授の名前が上がりました。それと、国立博物館とは連携していきたい、広い視野を与えていただきたいということがありましたので、国立博物館のほうから学識者を推薦いただこうということを考えました。それと、あと市には文化財保護審議会がありますので、その委員の方、それと史跡対策委員会からもお願いしようということで、まず基本の5名の有識者に入っていただこうということで、結果的には、西谷正先生、月野福岡女子大学教授、本田光子九州国立博物館特任研究員、それと、ちょっと今度交代したんですけれども、文化財保護審議会のほうから今現在は市瀬委員、そして史跡対策委員会から平田委員という構成で固まりました。それと、古代山城関連事業の関係がありましたので、長澤幸司氏、そして、まどかぴあとの連携を当初から強く意識しておりましたので、安河内理事長ということで、これで合計7名、そういう人選をやりました。
 それと、いわゆる各種団体からの推薦については、関連が深い団体ということで、区長会、文化連盟、商工会、校長会、それとPTA連絡協議会からの推薦を受けることにしました。協議会については、15名という一つの内規がありますので、残り3枠なんですけれども、当初2名を考えておったわけですが、議会のほうから、できるだけ公募委員を入れるようにという意見が出ましたので、それを受けて公募委員3名ということで、15名で構成したという経過です。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(清水純子) わかりました。この検討会が全部で11回開催されました。その中で、やはり歴史的なものを展示していく、それが目的であるということで国博から本田さんを委員として選ばれたと思うんですが、ほとんど出席されていませんよね。ということは、そういう人がいなくてもいいということだったんでしょうか。その辺は何か事情があったんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯歴史をつなぐ事業推進室長(寺崎賢治) 本田委員については、結果的に平成24年度の第1回目、それと、回数は忘れましたけれども、平成25年度の再開第1回目、その2回のみの出席ということでした。出席はそのたびにお願いしたんですけれども。それと、会議のほうは初年度、毎月1回のペースで開催していきましたので、基本的には委員長の日程調整のみでやっていました。そういう中で、毎回、3分の2以上の方に忙しい中よく出席していただいたなというのが実感です。ただ、本田委員については、お仕事のほうが忙しいのか、なかなか参加いただけませんで、ご意見のほうもほとんどいただけなかったということで、現時点では残念だなと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ほかに。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(白石重成) 今、公募委員3名と言われましたね。やっぱり、きのうから再三出ているように、市民の方の声という部分では、公募委員の意見も非常に大きいと思うんですよね。この方たちからはどういった意見等が出たんでしょうか。議事録があれば、内容がわかればお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯歴史をつなぐ事業推進室長(寺崎賢治) つぶさには覚えておりませんけれども、公募委員さんというのが、立場というか、そういうものから、各委員さんごとに特に関心のある分野とか、そういうのはあろうかと思いますけれども、専門家でもありませんし、各団体から出てこられておるわけでもないので、声が小さいときもあるんですけれども、自分の思いをそのままストレートに話されるということで、とてもよかったなと思っております。
 公募委員さんは女性が2名で男性が1名だったんですけれども、まず男性のほうは、この間の私の印象としましては、ふるさと館を核にする、それについては賛成だと。ただ、子どもも含めて外に飛び出していくような、そういう活動に重点を置いていくことと。これは子どものためということで、特に子どもさんとかかわるようなボランティアみたいなことをされていますので、自然の中に出ていくとか、そういう意見が強く出ておりました。それが、そういうことをふだん余りお考えでない専門家の方に対しても相当な影響を与えて、この計画に反映されたと思っています。
 あと女性の委員が2人おられたんですけれども、1名の方は若いお母さんで、自分の子どもを育てる過程での経験というか、これから子どもたちを育てていくためにという、実際に子育てをしている視点からの、お母さんとしての立場からの意見というのが真っすぐに出されて、それもこの計画に相当な部分が反映されたかと考えております。
 もう一人の方は、史跡、特に水城跡等でふだんからグループをつくって、守り育てる活動とかをされていますので、やはりそこら辺の思いが強いというか、そこら辺でのこれまでの実践、経験を踏まえた貴重な提言をいただいたかと思っています。そういう意味では、公募委員さんは、3名という人選はとてもよい結果を生んだのではないかと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(岡部和子) 委員会にもずっと説明、報告をいただきまして、市民のほうにワークショップ、そしてパブコメとなりましたけれども、区長さんが協議会の中に入ってありますよね。その区長会とか区長たちの状況とかはどんなですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯歴史をつなぐ事業推進室長(寺崎賢治) 委員の中には区長会からの代表ということで、上大利の井上区長が入っておられました。上大利区長は、検討委員会の中での発言は別にしまして、検討委員会の内容について、区長会の場所で報告して、区長さんたちに今の進捗状況を伝えておられました。
 また、執行部におきましても、議会につきましては逐次報告するという基本方針を持っておりましたけれども、区長会におきましても同じ方針で臨んでおります。各議会の報告がもちろん先で、その前後を間違えたことはありませんけれども、まず議会に報告した上で、区長会にも報告すべきことは報告してという姿勢で、区長会につきましても随時報告をしております。
 報告の内容は、ふるさと館に限らず、歴史をつなぐ3事業全てについて、随時報告したわけですけれども、ふるさと館について言いますと、昨年の12月、基本計画のパブリックコメントの時期ですけれども、このときには今回の基本計画案の概要と、その中には総事業費、総運営費、スケジュールも全て開示した上で、基本計画案の説明を行っております。また、パブリックコメントについても、その周知をお願いするということで、区長会に対しては、この間随時報告を行っております。
 また、区長会において、ふるさと館の報告をしておりまして、区長さん一人一人がふるさと館に対してどういう思いをもってあるかという確認はしておりませんけれども、行政区長会の視察におきましても、いわゆる類似施設、歴史系の施設につきまして視察も行っていただいて、勉強していただいているところです。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(岡部和子) その視察の件で、自分も前から結構あちこち行っています。やっぱり地域の方たちも歴史に興味がある方は、今市役所の一画にありますけれども、見えづらいよねという感じではよく聞いていたんですよ。だから、別枠にできるということは期待されているんだなというのが一つです。それと、山城楽講とかありますよね。その方とか山に登ってある方に「歴史をつなぐ路ができるんですね」と言われますし、「自分たちは山が好きだから登っているけれども、もう少し若い人とか孫たちを連れていけるような道がもっとできればいいね」という声も聞いています。だからそこら辺も、私は進めていただきたいと思っています。

-------------------------------------------------------------------------------

◯歴史をつなぐ事業推進室長(寺崎賢治) ふるさと館、歴史をつなぐ路、また、1350年事業、全てつながっております。先日も申しましたとおり、そういう市民の方々に働きかけもやっていきますし、意見も聞きながら一つ一つの事業を着実に進めていきたいと考えております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(井上正則) 今、27名の区長会で視察に行ったということでした。区長さんの個別の意見は聞いていないというものの、どうでしたか。聞いていないにしても、どういう意見が出ておったかを聞きたいんですけれども。

-------------------------------------------------------------------------------

◯歴史をつなぐ事業推進室長(寺崎賢治) まず結論から言いますと、正式な形での意見は全く聞いておりません。視察に行かれて、私が推測するに、ふるさと館という何か大きな事業が進み出しているんだというのが最初だったと思います。そして、逐次報告する中で、区長さんたちは日ごろから、話は飛びますけれども、私もこの前まで東コミュニティセンターの所長をしておりましたので、各区の総会の資料とか見ていましたけれども、どこの区もコミュニティ意識、ふるさと意識を対みたいな形で方針を出されております。そういう中で、歴史といいますか、ふるさとにかかわる施策が市のほうから出てきたということで、これについては自分たちも勉強せないかんと。ついては、どういういいところがあるかという相談がありました。その際、私たちの施設と全く同じような施設はありませんが、一般的な歴史資料館、博物館、そういうのがどういうものかを見られるだけでも、プラスの意味でもマイナスの意味でも、はっきり言って反面教師の意味でも、意義があるんではないですかと。そういうことで、勉強したいというお話に対して、こういうところがありますという紹介をしました。そういうことで、冒頭にも申し上げましたけれども、行かれた結果、普通の博物館とはこんなものかと思われた方もおられるかもしれません。そういうことだったのかなということを考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画政策部長(水上修司) 先日、大野城駅西口市有地の活用について職員の提案発表会をさせていただきました。その中で、観光事業みたいな部分について宝を発信しようとかいう提案もありまして、後から、区長さんの一部から「ふるさと館の中でそういうのをきちんとやれればいいよね」という意見が出ておりました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(井上正則) 施設そのものの分は当然皆さん賛成だろうと思いますけれども、金額に関してのところなんですよ。そこに20億円を投資するとか、毎年のランニングコストがかかってくる。当然そこには、もろ手を挙げての賛成はなかろうと思うんですよ。そこら辺のところの意見は何かありませんでしたか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯歴史をつなぐ事業推進室長(寺崎賢治) 報告申し上げたときに、そういう意見はありませんでした。19億8,000万円という数字、また運営費、これについては区長さんの前でもお話ししたんですけれども、区長さんのほうからは、これは基本計画の中にもきちんと盛り込んだ上でパブリックコメントをするんですかという質問がありました。それに対しては、金額を明確に盛り込んで、こうこう、こういう場所で、またホームページで市民に公表するので、それを受けて意見をどんどん出してほしいという話をいたしました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ほかに。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松下真一) パブリックコメントの集約の中の2ページ目なんですけれども、ここにそもそも論が書いてあるんですね。その回答の中に、大野城市教育委員会は平成10年に歴史民俗資料館調査委員会に本市のあるべき歴史民俗資料館についての諮問をしましたと。このときの答申はどうだったんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯歴史をつなぐ事業推進室長(寺崎賢治) 平成13年の答申なわけですけれども、これは教育委員会が設置しました委員会の中で委員会に諮問したわけですけれども、数年かけて答申が出されて、結果としましては、その後、気運が盛り上がらずそのままの状況でした。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松下真一) 答申の中身です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯歴史をつなぐ事業推進室長(寺崎賢治) 答申の中身は、ちょっと今抜き刷りしかありませんけれども、まず一番具体的な話としては、施設の中身として、各展示室の広さなどについても具体的に触れられています。そして、建設の候補地は、はっきりとは明示されておりませんけれども、シビックゾーンの中に整備してくれと。それと、その当時、市制30周年に合わせてこういう整備をしてくれと。そういうものも含まれた結構具体的な答申でありました。中身としては、このときは歴史民俗資料館ということですから、その時点で独自に考えられた、その当時でいえば近隣の資料館あたりを参考にされているだろうと思いますけれども、通常の歴史民俗資料館、その中で市民参加もうたって、場所もシビックゾーンで、それも時期としてはこういうところを要望するという内容の答申でありました。
 面積も出してあります。全体で2,834平米の施設という答申がこのとき出ております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松下真一) 平成13年に答申が出されて、その当時で2,834平米の施設にしなさいということだったんですね。当時は、歴史資料館というか、別個の資料館を建てたほうがいいだろうという、そういう答申はあったんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯歴史をつなぐ事業推進室長(寺崎賢治) この答申は、別個のそういう歴史民俗資料館をシビックゾーン、ちょっと広いですけれども、市の中心部に建設をしてくれという内容の答申でした。
 ちょっと今の内容から再度きのうお話ししたことに戻ってよろしいですか。この歴史民俗資料館の答申が出た背景は、昨日お話ししました昭和56年の資料文化センター構想、どうしてもこれに戻らざるを得ないと。この委員会の中にもご存じの方がおられるかもしれませんけれども、昭和56年に資料文化センター構想というのが出ました。これは、その当時の職員は基本的に知っていると思いますけれども、名前のとおり、資料というのは歴史に絡む部分の資料ですね。それと文化センター、それを合体したような一種の複合施設の構想が出て、我々、一般職員も期待したのを覚えております。それは昭和56年です。
 ただ、これについては、なかなか日の目を見ずに進んだわけです。ちょうど森山市長が数期市長をされまして、退任される直前ぐらいに何らかの形でこの構想をかなえたいということで、庁舎新館ができたんですけれども、資料文化センター構想の中に図書室も入っていましたので、一番のエッセンスとして市民図書室を2階につくって、3階に現在の歴史資料展示室を平成2年につくってオープンしました。
 そこで一旦は落ちついたんですけれども、その後、平成8年に開館するまどかぴあは、当初は多目的複合施設ということで、この中に、その当初の資料文化センター構想を発展する形で検討が進むわけです。しかし、結果としては、多目的複合施設、現在のまどかぴあは、ホール、生涯学習センター、図書館、それと計画としては後から女性センター、この四つの機能が入ったわけです。市民図書室のほうは当然まどかぴあに入ったわけですけれども、歴史資料展示室だけが残されたということで、文化財関係者また教育委員会はここでまた夢破れたという状況でした。
 そして、平成8年にまどかぴあを開館した後に、平成10年から再度、これも教育委員会なんですけれども、教育委員会において歴史民俗資料館建設委員会、多分そういう名称だったと思いますけれども、がつくられまして、平成10年、平成11年、平成12年、平成13年にわたって教育委員会の委員会で検討されました。その当時望ましい歴史資料館ということで、現時点で考えますと、幾分時点修正があるとは思いますし、市民のニーズなどの課題はあろうかと思いますけれども、そういう展示、また収蔵、いろんな調査・研究という、歴史資料に限っていますが、市民参加とか、あと立地も市の中心部という構想がまとめられたのが平成13年です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画政策部長(水上修司) 今、答申の内容ということで答申書を御覧になっていただければわかるかと思うんですけれども、ちょっとご紹介させていただきます。
 3ページのほうに、市民からの強い要請と施設の現状というのがありまして、文化財の収集や公開、活用については、近年、太宰府市、筑紫野市、春日市が最新の設備を備えた資料館を建設し、学習施設等を利用した活発な普及啓発活動を行っています。このような施設を持たない本市内の小学校ではやむなく他市の施設で学習する状況が続いています。また、市民からは展示会をぜひ行ってほしい、常設の体験学習用施設が欲しいなどの強い要望があっています。市役所の管理上、土日の警備、空調など開館の制約があり、市民への文化財の保護と郷土愛の思想を啓発する施設として建設してほしいという答申書の内容です。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松下真一) これを聞いたのは、先ほど平成24年5月に基本構想を決めて、企画政策部と教育部で構想を練って、平成25年に基本計画を策定しましたと。このパブリックコメントの回答にはそれが書いてあるんですね。その前に、答申が平成13年に調査委員会のほうからありましたということなんですね。今、室長からお話を聞いて、きのうもお話があったんですけれども、根幹は昭和56年にさかのぼるということは、もうずっと前からこの計画は温存していたんだということでしょう。平成24年にぽんとこの計画を立てて、歴史資料館をつくるんだというふうに見えますけれども、随分昔からその計画はあって、それをずっと温存しておいて、今度目加田文庫が入ってきたから、いい時期だという感じで一気に計画を進めたんではないかというふうに市民には映るんではないかなと思うんです。この点はどうでしょう。

-------------------------------------------------------------------------------

◯歴史をつなぐ事業推進室長(寺崎賢治) やはりこの間の沿革の話になろうかと思いますけれども、まず第1点、歴史民俗資料館構想の件からパブリックコメントの回答を書き始めましたのは、それ以前の計画というのは、ずっと悲願としてあったのは事実なんです。あくまでもそれは悲願です。ただ、一般市民、また行政内部においても、この答申に対する取り扱いの現実というのがありまして、基本計画のほうでは平成2年に歴史資料展示室ができましたという過去の経緯の一番初めの部分を書いておりますけれど、それは、その後の平成10年の答申に結びつけるための前段で、まず直近の話として、平成10年の答申から始めたということです。
 ただ、実際には、この後動きがあったかというと、ご存じのとおりなかったわけですね。ですから、昔からの大野城市の歴史というか、歩みを知ってある方は別ですけれども、この答申自体は教育委員会の中でつくられたもので、必ずしも皆さんがご存じの計画ではありません。教育委員会は頑として持っていたでしょうけれども、この10年ぐらいの間で、私たち職員もある意味では記憶が薄れていると。それでは、なぜまたかというと、これもきっかけになりますし、井本市長になられたのも大きいとは思いますけれども、やはりこの間やってきましたふるさと、故郷というのに対する思いですね。そういう中から、この間の古代山城サミットとか、大野城市の宝、大野城跡、水城跡、そういうものに焦点を当てるような取り組みをやっていこうということで、山城サミットとか、あと古代山城関連事業とか、市制40周年とかを進めてきました。そういう中で、目加田さんの話も出ましたけれども、私の認識としては、それに先立つ5年前の第5次総合計画の前期基本計画に、既にはっきり歴史系展示複合施設として初めてうたわれているわけですね。その意味を考えますと、10年ぐらい眠っていた部分、大野城市の歴史遺産に光を当てるような取り組みをやって、その際に初めてふるさと館というものを研究していこうという姿勢が5年前に改めて出たと担当課長として認識しております。それから取り組みは進められて今日に至ったと理解しています。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松下真一) こういう計画をまたつくり直して、基本構想をやったときに、例えばさっき民俗建設調査委員会、この名称ではおかしいと思うんですけれども、そういうふうなふるさと館をつくるための調査委員会みたいなものを立ち上げて答申するという計画はなかったんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯歴史をつなぐ事業推進室長(寺崎賢治) それはありませんでした。あくまでも今から5年前に総合計画の前期計画がつくられたときに歴史系展示複合施設という名前が初めて出てきて、それがコンセプトとしてあらわれたのが、まさに大野城心のふるさと館です。平成24年あたりに検討組織が初めて発足しましたけれども、この名称自体、また施設のコンセプトが明らかにされたのはその直前かなというふうに理解しています。そして、これをコンセプトにして中身は何かというと、前期基本計画で上げていた歴史系展示複合施設というふうに理解しまして、今回の仕事につきましては24年度に仮称大野城心のふるさと館ということで整備の検討を開始したということです。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松下真一) 聞けば聞くほど、ふるさと館ありきで計画が進められているように感じるんですよね。じゃあ、11回開いた検討委員会の役割は何だったかということなんですけれども、2月7日に最後の11回目をされていますね。その後、パブリックコメントの集約をされている。その集約をした意見については、まだ、この検討委員会の中で話し合っていないんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯歴史をつなぐ事業推進室長(寺崎賢治) このパブリックコメントに対しては、最終的には執行部、市の責任で回答することになります。検討委員会そのものは協議会、意見交換機関なので、最終的には市が決めるという位置づけの委員会です。委員さんには、このパブリックコメントで出た意見をどう思われるか、その意見は聞きました。あと我々がやる仕事というのは、これまでつくり上げてきた基本計画案から逃れることはできませんので、今まで話し合ってきた基本計画案の内容、それと第11回目の委員会で伺った意見を加味して、事務局で案をつくって、それを市の経営会議に出して、市として、これに対して正式にどういう回答をするかという審議をしまして、了承を得て、市で決定して公表したということで、委員さんに対しては決定した直後に、市としてはこういう回答をしましたという報告をしております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画政策部長(水上修司) 回答について一言一句お示しして了解をいただいたわけではございませんけれども、回答の方向性というのは、松下委員もいらっしゃったかと思いますけれども、あのときにこういう方向性で回答しますということでご了解を得ております。
 それから、建設ありきということでずっと進んできたのではないかというふうにおっしゃいましたけれども、歴史に限ったマニアックな施設は悲願としてずっと教育委員会のほうにありました。答申が出ているのになぜ進まないのかと。それはいろんな環境、市のほかのいろんな行政需要があったことも一つの要因ではなかろうかと思います。我々が今やっているのは、歴史系専用施設ではなくて、歴史資料館ではなくて、心のふるさと館という付加価値を加えた上での検討をし、先ほども申しましたように、5年前の前期基本計画に初めて出てきたという状況でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松下真一) 余り長くなっては、ほかの委員さんたちがあれでしょうけど、市民の皆さんの感情として、パブリックコメントをこうやってとっても、結局さっき言われたように、執行部のほうで決めて、検討委員会のほうには報告をしましたということで、市民の意見を吸い上げて練り上げるという作業をしていないんですよね。そういうところが市民の皆さんから不信感を持たれる原因ではないかなと思うんですよね。
 もう一つは、建設費、それから維持費については、つい最近、金額を示していて、なおかつ市民からの要望がいろいろ上がってきている、議会の中でもいろいろ上がってきているものを差しおいてでも、この建設を進めていったほうがいいんだということを根本に置いた検討委員会の中での討議がなされていないように感じるんです。市長はいつも「選択と集中」というふうに言われますよね。では、なぜこれを選んだのか。市民生活や市民要望を差しおいてまででも、なぜこれを選んだのかということをしっかりと説明できないと、やはり不信感というのは出てくると思うんですよ。

-------------------------------------------------------------------------------

◯歴史をつなぐ事業推進室長(寺崎賢治) 詳しく説明するわけにはいけませんけれども、2点あったと思います。
 なぜこの施設を建設するかというところでの市民の意見の反映の仕方なんですけれども、これについて申し上げますと、先日から何度も申し上げておりますし、議会でも説明いたしましたが、このふるさと館に関しては、平成24年の当初の基本方針の段階のときに、なぜこの施設をつくるのかについては、執行部のほうで考えたことを基本方針の中にも盛り込んでおります。その後、基本構想の中にも同じように盛り込みました。基本計画の中にも盛り込んでおります。これについては、検討委員会においても、なぜつくるのかと。それは今までの大野城市の歩みを振り返り、また以前からの歴史資料系の施設に対する沿革も説明申し上げて、そこら辺は共通の理解があろうかと思います。一人一人の委員さんはいろんな立場もありますし、方向性の違いもありますけれども、なぜつくるのかというのは最初に確認し合った上で、この間一度もぶれずにここまで来たということで、今回、パブリックコメントが出て、どのように反映されているかということですけれども、我々が書いた内容というのは、議会でもずっとお示ししてきた基本方針、基本構想、また基本計画、一貫しております。なぜつくるかという部分については全く動いておりませんので、それをそのまま転記したというのが実情です。ですから、改めて反映というときに……。
 まず質問からお答えいたしますと、2点目が建設費の関係ですけれども、これにつきましても、基本構想の中の早い時期に、どれくらいの規模にするか、これはまさに事業費に直結しますので、ソフト面の協議とほぼ並行して規模についてだけは相当早い時期に話し合いまして、議会にもお話をしました。3,000平米から3,500平米、これはまさに事業費を間接的に示したと。ある意味では、大野城市は自制して、その範囲におさまるコンパクトな施設をつくりますよという意思表示をしたつもりでした。そういうことで今回出たときに、20億円ということもあるでしょうけれども、すぐ計算すれば出てきますけれども、15億と思った方もおられるかもしれませんし、25億と思われた方もおられるかもしれませんけれども、ある程度近隣の施設についても、また類似施設についても、この間データは出しております。どこまで一つ一つ答えられたかわかりませんけれども、どこの施設が幾らぐらいでつくられて、規模はどれくらいかという近隣のデータもお出ししながら説明してきたんではなかろうかというふうに考えております。
 それと最後に、質問にはありませんでしたが、今回のパブリックコメントでは厳しい意見も出たわけですけれども、我々は今まで公表してきた内容を超える回答はあえてこの中ではしておりません。内容としましては、積極的に賛成という意見は余り出されていないようなんですけれども、大きく分けますと、三つぐらいに分けられると思います。そもそもこういうのは税金の無駄だ、つくらんでいいという意見が3分の1ぐらいだったと思います。そのときには、新しい話というよりも、これまで皆さんにお話ししてきた、なぜこの施設をつくるのかという話をそのまま展開したということです。これについては、検討委員会も共通理解を持っていますので、それをそのまま書いたということです。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松下真一) 最後にします。どうしても市民から聞いてくれというふうに言われたことが一つあるんですけれども、こうやって幾つか否定的な意見があったんですね。これを聞いて、もし建設をやめた場合、市民に不利益はありますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯歴史をつなぐ事業推進室長(寺崎賢治) 私はあると考えています。どういう面であるかというと、不利益はあるかということなので、私があるとお答えしたのは、まず、お金の面ですね。この事業については、財源の問題が出ておりましたけれども、基本は起債事業でいきますけれども、あと石井久さんの3億円の寄附を当然使わせていただきます。それと、自分ら執行部がやるべきは、国の制度はどんどん変わっていきますけれども、市の税金、市費だけではなくて、やはり補助に当たるものをいろんなパイプを使って獲得すべきだということで考えております。これがいざスタートするときに、それがストップという動きが出れば、国のほうは支援の手を出しませんので、そういうお金の面でのマイナスはあると考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画政策部長(水上修司) 直接的な物質的、物理的な不利益はなかろうかとは思います。ただ、いろんなところでPRもしていますし、応援団もいらっしゃいます。その方の落胆といいますか、そういう部分での心の不利益といいますか、そういう部分は感じられる方が大勢いらっしゃろうかと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松下真一) もうちょっと具体的に言ってほしかったのが、先ほど言ったように、市民からの要望が役所にいろいろ上がってくると思うんですよね。一つ言えば、空調をつけてほしいとか、乳幼児医療をもう少し上げてほしいとか、介護のほうにしても、もっと手厚くしてほしいとかいう要望がいっぱい上がりますよね。財源だけ見ると、そういうところに回るような財源をこっち側に使っているんではないかというふうに市民は思われると思うんです。これをつくらなくても誰も困らないではないか、その建設費のお金をそっちのほうに回してくれれば随分助かる人はいっぱいおるんだということが、この意見の中にあるんだと思うんですよね。だから、そっち側を抑えてまでもつくったときに不利益を受ける人はいますかというのが私の質問なんですよ。思いではないんですよ。現実的なことです。

-------------------------------------------------------------------------------

◯歴史をつなぐ事業推進室長(寺崎賢治) 大野城市はコミュニティ都市ということでこの40年来やっております。先輩たちから聞くのは、40年前コミュニティと言ったときに何でそんなものをやるのと。私たちはその数年後に入ったんですが、大野城市がやるべきは都市基盤整備でした。そのときにがんがんそっちのほうでやっていまして、やはり職員自体が何でコミュニティなんてやるの、もっと先にやるべきことがいっぱいあるのに何でというのが正直なところでした。ただ、あえてそのころの先輩たちはコミュニティが重要だということで施策を進められました。そして今日に至っております。
 今回のふるさとに絡む事業を進めるときにまず考えたのが、生活に要るのか要らないのか、市民のニーズがどうなのかということが多分今のご質問だと思いますので、この事業を始めるときに改めて市民の意向調査、市民満足度調査ですね。この間、平成19年の第5次総合計画を策定するときに、市民満足度調査というのが行われています。そのときの質問として、大野城市の将来像としてどういう都市がいいですか、三つ選んでくださいというアンケートがあっております。その中で一番が安全都市で、これが70%を超えています。次に50%を超えたのが福祉都市です。将来の都市像に絡んでの質問で、この調査以降5年以上経過していますけれども、市民アンケートをとれば、やはり安全都市、福祉都市という同じような傾向が出てくると思います。一方、日々の生活の上で安全というのは基本的な部分なので、昨日の復興の夕べを見ても思うんですけれども、やはり断トツで、現在でも一番であると。あと福祉都市というのが言われています。
 一方で、そのときのアンケート調査で下位だったものが何かというと、15%以下のところにあるのが、いわゆるスポーツを初めとした学習都市ですね。その下に来るのが、地域に絡むコミュニティ都市で、これはぐっと低いです。そして、にぎわいに絡む産業都市がその下です。その下に芸術、文化に絡む文化都市、その下に、文化財などに絡む歴史都市、その下に、国際都市が並びます。そう考えたときに、日々の生活、市民が一日の生活に困るか、困らないか、これは私たちも生活人として、どういうことを市民が望んでいるかはわかります。スポーツにしても文化にしてもコミュニティにしても、そんなものはなくても生きていけるのではないかという市民もおられるのではないかと思います。こういう世の中ですから。
 ただ、例えば、本当に大野城市が一つの都市として、都市生活を送っていく上でのスポーツと。スポーツで思い出すのは、大野城市がコミュニティ都市を目指すときにまずスポーツから始めました。そのスポーツの部分は、そういう施設を今からするとすれば、そんなものなくたって生活できるよ、地域のコミュニティ、そんなものなくたって生きられるよ、文化、そんなものは特段なくてもきょう、あす生きられる。そういうことを考えますと、代表質問でこの前ちょっと言いましたけれども、一番市民が望んである安全都市とか、福祉都市、これについても、やはり先ほど言いました日々の、例えば地域の公民館での活動とかコミュニティの活動、コミュニティ意識、そこら辺があって、そういうものが支えられてくる。ですから、今回のふるさとに絡む部分もそういうものではないかと理解しています。
 そういうことで、そういうところがなしで進められるかというと、私は大野城市の基盤を支えている部分、都市の将来像という意味で、ある意味では切り捨てられている生涯学習とか、コミュニティとか文化とか歴史とか、そういうものもなくてはならないもので、そういうところにも目を当てて、40年前はコミュニティなど議論がありましたけれども、今はふるさとに焦点を当てた施策で改めて大野城市の歴史を刻んでいくと。そういうことも私は不可欠、なくてはならないということを考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松下真一) わかりました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) いいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松下真一) はい。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(清水純子) すみません、お答えされるときは簡潔にお願いします。思いはわかるんですよ。いっぱい伝わっています。けれども簡潔に言っていただかないと、皆さんがなかなか質問できないと思います。
 二つほど。一つは、先ほど説明がありました平成2年4月27日に、市役所新館の建設に合わせて歴史資料館展示室を開設しましたね。その後、平成9年に歴史民俗資料館建設調査委員会を設置しています。その設置された後の経過、それは立ち消えになったんではないかと思うんですが、その辺の経過を説明してください。というのは、ずっとお話を聞いていますと、そこからずっと来ているわけですから。その委員会が設置されて、その後どうなったのかということですね。
 それと、目加田文庫は後から出たお話ということですから、多分歴史的にいけば、今までの経過説明を聞けば、後から出ている分だと思うんです。しかし、今回のこの協議会の中では、目加田文庫をメインにして、全国に目加田文庫があるということを知らしめなければいけないということもおっしゃっているようですが、それは一研究者としてのご意見だろうと思います。そのことを踏まえて、じゃあ、常設として目加田文庫を置かれるのか。その辺は運用面の問題ですから、余り重要にしなくてもいい話かもしれません。しかし、検討されていますから、その辺をお尋ねします。
 それと起債の関係なんですが、今、起債して、これから何年かの計画になるんでしょうけれども、今の国の状況を考えた場合、借金だらけです。借金して、行け行けどんどんで、強靭な国づくりにあわせて、いろんなもの、特に箱物には私たちが目をつけておかないと、箱物にお金が行くという動きが全体的にあります。起債して、大体どれぐらいで償還していくか。それは全体の金額が出ていないから、20億になるのか、あるいは30億になるのかはわかりませんが、その辺の目安があるのでしたら、ご説明ください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) 室長、いいですか。今、3点ご質問です。どうぞ。

-------------------------------------------------------------------------------

◯歴史をつなぐ事業推進室長(寺崎賢治) それでは簡潔にお答えします。歴史資料館構想につきましては、平成13年に答申が出まして、その後は実質棚上げという状況でした。
 次に、目加田文庫につきましては、委員がおっしゃるとおり、寄贈を受けて、専門家の方と協議をしております。出ている方向としては、検討委員会レベルでは目加田文庫を活かして目玉にできればなということです。そういう課題を抱えたままですので、いわゆる寄贈を受けた図書の整理、仕分けですね。捨てるというわけではありませんけれども、はっきりした仕分け、それと、どういう事業を具体的にやれるか。そういうのをはっきり組んでいけなかったら、目加田文庫については、設計の段階で相当縮小するんでしょうけれども、やはり何らかの形で活かしていきたいというのが現状です。
 起債については、財政課のほうから回答いたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯財政課長(三角哲朗) まだ具体的な事業といいますか、起債対象事業がどれくらいになるかとかがありますので、はっきりした額というのは述べられませんけれども、基本的に市中銀行から借りるようになりますので、償還は、1年据え置きで、10年間償還程度で返済するという形になると考えられます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) いいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(清水純子) ほかの方どうぞ。余り一人では。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) どなたかないですか。いいですよ、清水委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(清水純子) 結局、ワークショップをすることによって、いろんな人、幅広い年齢の人たちの意見が出されて、それによって中身も少し当初の構想とは変わったかもしれませんが、余りにもごちゃごちゃいっぱい入れ過ぎて、本当にこれでいいのかなと思うんです。子どもと歴史と何とかとおっしゃっていましたから、それで走られるんだろうと思うんですけれども、そこだけじゃなくて、例えば、市役所があって、社協があって、まどかぴあがあり、そして、すこやか交流プラザがありますよね。市役所を中心とした公共全体の流れをもう少しきちんとすれば、そこに人が動き、商工会を中心としたものも動いていくと思うんですが、そういう先の構想までは練っていないんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画政策部長(水上修司) はっきり申しまして、具体的にそこまでは練ってはおりません。ただ、きのうもちょっと申し上げましたけれども、なぜシビックセンターを建設用地にしたかという意味合いで、当然基本計画の中にも、まどかぴあとの連携が入っています。それから、きのうも神野委員が言われましたけれども、社協との連携も考えなければいけないと思っています。ですから、基本計画の最初のページに、社協があり、まどかぴあがありますと書いています。そういうシビックゾーンの中での連携を進めていくためにも、ここが適切だということで進めておりますので、当然、今後社協の大規模改修もあろうかと思いますから、その辺は福祉関係あるいは社協といいますか、総合福祉センターですから、社協とも十分連携、協議をしながら進めていきたいと思っております。
 それから、きのうもちょっと言いましたけれども、基本構想の中にも入れているんですよ。基本方針の中に、大野城ふるさと館の整備に合わせて、現在、歴史資料展示室を設置している3階スペースの利活用を検討するということを入れております。ですから、すこやか交流プラザに今入っています、行政機関の移転あたりも一つの案であろうと思います。そうなると、当然、すこやか交流プラザとの今後の連携も考えていきたいと思っておりますが、今のところ、具体的な構想までには至っておりません。ただ、進めていく中で、当然それは関係機関、関係組織と協議していきたいと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ほかにないですか。気にせんで質疑してください。いいんですよ。清水委員。何か心配されているようだから。私の分まで聞いてください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(清水純子) 今の部長の答弁は、これからということではなくて、建てるときに、やっぱりセットで考えていかなくてはいけないんではないかと思うんですよね。というのは、社協が耐震工事をやるわけですけれども、あの建物も古くなっているから、あと何年かすれば相当の大規模改修をやらなくてはいけないと思いますし、特に今、国を挙げて防災、災害対策をやっているときですから、だからこそ、障がい者の人たちが何かあったときには、あそこを避難場所として生活ができるということを考えれば、同時にできないにしても、例えば5年構想の中で社協も入れる、あるいはセットで、さっきおっしゃたように、3階がなくなれば、すこやか交流プラザの業務がこっちにくる。そうすると、すこやかは今療育事業と子育て支援のための事業をやっていますから、あそこを例えば子ども館にしていくとか、そういう横の連携をとりながら全体構想というのを、この何年間かでできないものでしょうか。例えばこの1年間とか、2年間とかで。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画政策部長(水上修司) 物理的な連携につきましては、当然設計の中に入ってくるかと思います。それで、今、渡り廊下ができたらな、回廊ができたらなということがありますけれども、警察の許可というのが非常に大きなハードルになっていますので、物理的な連携については、早速設計の段階から行っていきます。
 それから、事業の連携、あるいは社協の耐震診断に伴う、大規模改修になるかどうかわかりませんけれどもその辺、それから、歴史資料展示室がなくなったときのすこやか交流プラザのあり方については、5年では遅いと思っています。ここ一、二年で進めていかなければならないと思っております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(高山やす子) 基本的には今、清水委員が言われたことと同じです。先ほどの社協の改造、増築、そういうのが可能であれば、やはりそういう面で考えるのもいいんではないかと。せっかく今からそういう構想が出てくるのに、あえて出して。私は駐車場のことがとっても心配ですけれども、そこらも含めた分でもともとの目的で、まどかぴあを建てるときに駐車場として買ったと、きのうおっしゃっていました。私は違うと思っていましたけれども、それで買ったといわれるから、それはそれでそういうふうに利用されるということで、もう少し社協のあり方というか、建物そのものの有効活用が絶対必要ではないかなというふうに思っていたのをちょうど清水委員が言われました。
 それともう一つ、今の時期、これからは当然65歳以上が増えて、いろんなところでいろんな施策を打っていかないといけません。歴史も大事でしょう。そういう箱物は大事と私も思います。あればいいなというふうには思います。でも、もっと直接市民の生活にかかってくる扶助費あたりが増額してくるこの時代に20億円。これは起債とかいろんな計画があるといえども借金です。あとはランニングコスト。このランニングコストを自分たちの子ども、孫あたりまでやっぱり出していかないといけない。そういうふうにするのはどうなのかなと。そういうのを出した上で、例えばワークショップとかでご意見が出ているのかどうかですね。それだけ出してでも必要だというふうに、来ている方が思っているのか。それと反対のほうからの意見を聞きます。だから、やはり生活をやっていく上で、もっとやり方、今のように施設が点々とあるのを合理的に配置し直す、まずそれをもう少し検討してもよかったんではないかなというふうに思います。その辺はいかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画政策部長(水上修司) 企画政策部という関係もありますけれども、総合福祉センターのあり方については、ちょっと私から軽々にはお答えできないので、ふるさと館の建設を進める中で連携して検討していく、考えていくという回答でご容赦願いたいと思います。
 それから、ランニングコストとほかの行政需要なんですけれども、きのう私が1億2,700万円が高いか安いかなんていうことを申してしまいましたけれども、当然、市民の血税で、貴重な財源ですので、最少の経費で最大の効果を出すべくコストの削減にはしっかり努めていきたいと思っています。
 扶助費が今後増嵩していくということにつきましても、必要なところには当然やらなくてはならない。ただ、国との関係、あるいは他市町村との関係、そういうのも考えながら、福祉サービスを充足させていくという回答で勘弁していただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯歴史をつなぐ事業推進室長(寺崎賢治) ランニングコストに絡んでなんですけれども、これは建設費とセットだと思います。昨日、清水委員さんのほうからの質問が印象に残っているんですけれども、下からか、上からかという話に帰着すると思うんですよね。私は、この施策を提案したのは行政ですよとはっきり申し上げました。なぜかと申しますと、今までの大野城市の歩みを振り返って、今ここでこういう施策を打たないかん、それとまた、先ほどありましたけれども、今回の歴史資料館構想に始まった大野城市としてのこれまでの経緯があります。そういうところで、今回の分は、いろいろ今まで気運の盛り上げがありましたけれども、執行部のほうから提案した事業であります。こういう事業を進めるときに、これから一歩、一歩、市民の皆さんの参加を得ながらやっていく事業という中で、事業費についても、メンテナンスにしても、市が言ってきて、そしてこれだけ要ると。それに対して今判断しろと。そういう問題については正直に申し上げたつもりです。我々としては、この時代に打つべき施策はこれだということで、市民の皆さんに提案をしたという意識です。その提案に対して市民の皆さんがどのように一緒に歩いていただけるか。そして、施設をつくったときに、できてみたときに、本当によかったなと思っていただける、そして、大勢の皆さんに来ていただける、これが一つの費用対効果だと思います。利用者は11万人と言っていますけれども、そういうことでお答えしていくしかないと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) 時間の大分過ぎましたけれども、ほかに。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(神野芳行) 今回の我々予算委員会のメンバーの中でちょっとひっかかっていることというのは──ちょっとというか、一番大きいことかもしれませんけれども、パブコメに出てきた、要するにこういう事象に対して議会が、議員が責任を持ってちゃんと判断を下せるかというくだりがあるわけですよね。通していいのかと。さっき松下委員が言われたように、1億あれば乳幼児医療費の上限撤廃ができるとか、あるいは小中学校の空調の整備ができるとかいう話があります。要は、清水委員が言ったように、心のふるさと館だけにとらわれているとそういう話になってくると思うんですよ。だから総体的に全ての市民の方々が納得できるような事業展開、これは上から目線で言うならば、行政センスというか、その辺の捉まえ方というのが必要になってくるんではないかと思うんです。いかがですか、その辺は。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画政策部長(水上修司) 全ての市民の皆様がもろ手を挙げて賛成という事業は、正直言って難しゅうございます。ですから、答え方が確かに議会任せみたいに捉えられかねない表現がありますことは、ちょっと申しわけなかったなというふうに思います。
 そもそも論の部分については、室長も言いましたように、大野城市のこれまでの歩み、あるいは歴史館をつくろうとしたこれまでの経緯、そして、今コミュニティ施策を推進しようという機運から、行政が主体的にイニシアチブをとって進めているということで回答するしかないと。ただ、その中では、子どもの育て方はそんなふうじゃいけませんよというご意見の部分については、当然我々もそう思っていますし、事業計画を組み立てていく中で検討したいという回答もさせてもらっています。
 質問に端的にお答えしますと、全ての市民の方が「これをやろう」というのはなかなか難しいけれども、ではその人たちを無視して強引にやるということではなくて、つくった後、その人たちに「いい施設ができたな」と思ってもらえるように努めていきたいというふうに思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(神野芳行) それで、話がまた戻ってしまうんですけれども、昨日もお話ししたように、いい契機だから市役所の全部課を挙げて考えるべきではないかと思うんですよ。清水委員が言われたように、福祉センターあり、まどかぴああり、そして、すこやか交流プラザあり、その辺のいわゆるシビックゾーンというふうに捉えてある区画を活性化する上でも、ここのふるさと館というのは起爆剤になるんではないかと思っているんです。だから、やはり庁舎内の盛り上げが必要ではないでしょうか。どうでしょう。

-------------------------------------------------------------------------------

◯歴史をつなぐ事業推進室長(寺崎賢治) これについては、きのうと同じお答えをします。私は室長なので、あくまでも歴史をつなぐ事業推進室長の立場から申し上げますけれども、このふるさと館単体で考えるのではなくて、周辺についてもあわせて考えていくことが、ふるさと館にとっては望ましいと思っています。室長として、全体的な視野は持ち得ませんけれども、今後のふるさと館を考えた場合に、単体ではなくて、周りも含めて前向きな検討が望ましいと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(神野芳行) 財政課長にちょっとお尋ねしますけれども、私はこのふるさと館のお金の使い方とほかの案件の使い方を同じレベルで考えるのは、ちょっと違うんではないかなと思っているんですよ。例えば小中学校の空調の問題は空調の問題で、私は議員として個別に捉えるべき案件かなというふうに思っているんですよ。実際に事業を展開することは、できる、できないは別として、こういう提案は可能な話ですよね。

-------------------------------------------------------------------------------

◯財政課長(三角哲朗) 非常に難しい回答になると思うんですけれども、大野城市の今までの財政運営といいますか、事業を進める中では、例えば平成17年に一番起債をされているわけです。そういう中で、その時々で財源を確保する意味で、大きなプロジェクトを進めていく中では、経常的な扶助費とかのお話もありましたけれども、それとは別に、事業を進める中で市債等を借りながら財源を確保して、それをある程度の長期間において返済しながら事業を進めていくという形で、本市の場合、財政運営をしております。
 それともう1点、1億円というお話が出ましたけれども、確かに財政フレームを財政課で策定させていただきますけれども、今後の見込みの中で、例えば極端な話をしますと、心のふるさと館をつくるのに財源を必要とするから、他の事業を抑えていこうという話は全くありません。必要な事業、市民に対する行政サービスは低下させないという信念のもとに財政運営も行っていますので、委員が言われたように、大きなプロジェクトと、これから少し膨らんでいくかもしれない扶助費等の経常的な経費、それは別物と考えております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) いいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(神野芳行) はい。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ほかにないですか。いいですか。ようございますね。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) それでは、4時になりましたけれども、今委員さんからいろんな質問等がありましたので、それらを十分検討していただいて、話をしていただきたいと思います。
 これで歴史をつなぐ事業推進室所管分に対しての質疑を終わります。
 本日はこれにて閉会します。
    (閉会 午後4時06分)