議事ロックス -地方議会議事録検索-


福岡県 大野城市

平成26年予算委員会 付託案件審査 本文




2014.02.26 : 平成26年予算委員会 付託案件審査 本文


    (開会 午前10時18分)
◯委員長(永野義人) 本会議、お疲れさまでございました。それでは、ただいまより予算委員会を開会いたします。
 本日の委員会には議員さん方2名から傍聴の申し出があっております。
 本委員会が付託を受け、審査する案件は、補正予算2件です。発言は着席をしたままで結構ですが、挙手の上、指名されてから発言されるようにお願いいたします。
 それでは、第15号議案、平成25年度大野城市一般会計補正予算(第4号)についてを議題といたします。それでは、まず財政課長より補正予算の概要についての説明をいただきます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯財政課長(三角哲朗) それでは、第15号議案、平成25年度大野城市一般会計補正予算(第4号)についての概要説明をさせていただきます。
 今回の補正につきましては、歳入歳出予算をそれぞれ100万円追加し、補正後の歳入歳出予算総額を327億8,568万8,000円とするものでございます。
 今回の補正は、介護保険特別会計におきまして実施いたします介護保険システムの改修に伴い、一般会計からの繰出金を追加するとともに、歳入におきましては、補正財源として留保しております特別交付税を追加するものでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) それでは、執行部の説明を求めます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯介護サービス課長(高原正宏) それでは、第15号議案、一般会計補正予算の歳出について説明をさせていただきます。
 お手元の資料の8ページ、9ページをお願いいたします。よろしいでしょうか。
 では、説明させていただきます。3款1項1目社会福祉総務費の28節介護保険特別会計繰出金につきまして、100万円の補正増をお願いしております。具体的な内容としましては、消費税改定に伴う介護報酬改定などにより、介護保険システムの改修が必要となりましたので、その改修事業費200万円につきまして、別に介護保険特別会計の補正予算についてお願いさせていただきますが、その財源としまして、事業費の2分の1である100万円の国庫補助金を差し引き、残りの100万円につきまして、一般会計からの繰り出しをお願いするものです。以上で説明を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) 続いてどうぞ。

-------------------------------------------------------------------------------

◯財政課長(三角哲朗) それでは、歳入につきまして説明させていただきます。6ページ、7ページをお願いいたします。
 10款1項1目地方交付税でございます。今回の補正におきましては、一般財源が必要なことから、補正財源として留保しております特別交付税を100万円追加し、地方交付税の総額を31億9,898万6,000円とするものでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ただいまの説明に対しまして質疑を行います。
 何かありませんか。いいですか。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ないようですので、これをもちまして質疑を終わります。
 これより討論に入ります。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) 討論を終わります。
 第15号議案、平成25年度大野城市一般会計補正予算(第4号)についての採決を行います。
 第15号議案について、原案のとおり可決することに異議ありませんか。
                〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) 異議なしと認めます。よって、第15号議案は原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、第16号議案、平成25年度大野城市介護保険特別会計補正予算(第3号)についてを議題といたします。それでは、執行部の説明を求めます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯介護サービス課長(高原正宏) それでは、第16号議案、平成25年度介護保険特別会計(保険事業勘定)の補正予算について御説明をいたします。
 今回の補正は、歳入歳出それぞれ200万円を増額補正し、歳入歳出予算総額をそれぞれ47億7,832万6,000円とするものです。
 まず、補正理由の概要を申し上げます。消費税改定に伴って、厚生労働省では介護報酬の改定と区分支給限度額の引き上げを検討してきましたが、昨年12月に厚生労働省の諮問機関である社会保障審議会において了承され、平成26年4月から適用されることが、昨年12月24日の事務連絡により通達されました。これら改定に対応するためには、介護保険システムの早急な改修が必要となりますが、平成25年度の当初予算では、介護保険システムの改修費用が未計上であり、改修費200万円につきまして増額補正をお願いする必要性がありますこと、並びに、改修に要する作業期間として30日を要しますので、3月議会の最終日である3月24日の議決では間に合いませんことから、議会初日である本日に議決をいただき、直ちにシステム改修に向けた事務事業を開始したいと考えております。
 それでは、歳出から説明をさせていただきます。第16号議案の8ページ、9ページをお願いいたします。よろしいでしょうか。
 1款1項1目一般管理費の13節委託料につきまして、介護保険システムの改修費として200万円の補正増をお願いいたします。
 続きまして、歳入について説明させていただきます。前に戻りまして、6ページ、7ページをお願いいたします。
 2款2項5目介護保険事業費補助金ですが、介護保険システムの改修費用の2分の1は国庫補助となりますので、この費用100万円を増額補正しております。
 次に、5款1項4目その他一般会計繰入金の2節事務費繰入金につきましても、100万円の増額補正を行うものです。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ただいまの説明に対しまして、質疑を行います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松下真一) 今回の補正の理由についてですけれども、消費税改定に伴う介護報酬の改定ということで、これは政府が行う改修事業だろうと思いますが、そのシステムの内容は、国からそのまますっと来るものなのか、それとも大野城市独自のシステムを改修しなければならないのか、どちらでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯介護サービス課長(高原正宏) これにつきましては、国保連との連携をとるために本市のシステムを改修するということになります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松下真一) そのシステムの開発業者ですけれども、民間の会社に委託をしてありますが、その改修の契約の方法ですね。今回、30日の改修期間で、即決してほしい旨の提案でありましたけれども、この契約は、今、契約をしているそのままに200万円増額をしてするものなのか、それとも一旦やり直して、増額をした契約をするのか、どういう契約の方法をしてあるんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯介護サービス課長(高原正宏) まず、介護保険システムにつきましては、アクロシティといいまして、汎用システムを使っております。ただ、汎用システムと申しましても、カスタマイズも至るところでやっております関係上、特命随契ということになります。
 ただし、200万円というのは予算でありまして、その執行につきましては、見積もりを徴取して、予定価格範囲内の契約をするという形になります。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松下真一) ということは、200万円以下になる可能性が高いということと、あと見積もりは後からということですか。この議案を提案する前に大方の見積もりをとって、その中で200万円という予算を組んだのか、それともとりあえず予算を組んでおいて、後で帳じりを合わせようというようなものなのか、どちらの方向なんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯介護サービス課長(高原正宏) 費用につきましては、電算システムということで、職員で計算することはなかなか難しゅうございます。ただ、大まかに何日かかるかということで、人件費の大体の概算はつきますが、万が一、おさまらなかったらいけないので、あらかじめ参考見積もりは徴取しております。その上で、こちらのほうで算定した金額ということで200万円という金額を出しております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) いいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松下真一) はい。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ほかにありませんか。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) ないようですので、これをもちまして質疑を終わります。
 これより討論に入ります。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) 討論を終わります。
 第16号議案、平成25年度大野城市介護保険特別会計補正予算(第3号)についての採決を行います。
 第16号議案について、原案のとおり決することに異議ありませんか。
                〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(永野義人) 異議なしと認めます。よって、第16号議案は原案のとおり可決すべきものと決しました。
 以上で予算委員会を閉会いたします。どうも疲れさまでございました。
    (閉会 午前10時30分)