議事ロックス -地方議会議事録検索-


福岡県 大野城市

平成26年都市環境委員会 付託案件審査 本文




2014.03.07 : 平成26年都市環境委員会 付託案件審査 本文


    (開議 午後1時28分)
◯委員長(松下真一) こんにちは。お疲れさまです。ただいまから都市環境委員会を開会します。
 3月定例会で本委員会が付託を受けました案件は、条例の一部改正2件、その他2件の合計4件です。
 それでは審査に入ります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務部長(辻塚 顕) すみません。審査に入ります前に一言。既にご存じかと思いますけれども、谷環境生活部長が長期の病気治療ということになっております。その間、私と建設部長の安部部長が事務取扱ということで、2月28日に発令いただいておりますので、本日から委員会等よろしくお願いします。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(松下真一) 指名は、肩書きが長いので辻塚部長と安部部長でいいですね。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務部長(辻塚 顕) よろしくお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(松下真一) それでは、再開します。
 第7号議案、おおのじょう緑のトラスト基金条例の一部を改正する条例の制定についてを議題とします。執行部の説明を求めます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯環境課長(山口祥和) 環境課所管分の第7号議案についてご説明をいたします。おおのじょう緑のトラスト基金条例の一部を改正する条例の制定でございます。
 改正の理由でございますが、この基金は、緑地等の取得、それから、取得した緑地の維持を行うために基金を設置しております。市民の方からの寄附金、それから、募金、それと最初の基金を積み立てております。
 現在、この基金を処分できるのは緑地の買い入れに限定をされておりまして、トラスト活動に賛同いただいた寄附金等を有効に活用するために、トラスト協会が行います緑地の保全事業に対する助成事業の財源にも充てることができるように、第6条の改正を行うものでございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(松下真一) 説明が終わりましたので質疑を受けます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(山上高昭) 保全事業というのは、具体的にはどういう事業を指していますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯環境課長(山口祥和) 保全事業といいますのは、もともとトラスト協会の事業でございます自然とか環境を保護していくという、トラスト協会自体の事業ということになると思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(山上高昭) 下草刈りとか、そういった経費にも充てるという考え方でよろしいでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯環境課長(山口祥和) そういう下草刈りの事業も、もちろんトラスト活動の部分でございますけれども、トラストがいろいろ行います事業に、今900万円ほど補助金として出しておりますが、それと、この分の基金で事業計画等を出していただきまして、この事業には必要だと認められる事業に関して、900万円とまた別途支出をしていきたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(山上高昭) 今までは、お金が足りなくなっているということなのですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯環境課長(山口祥和) 足りなくなっているといいますか、今18年目でございますけれども、20周年を2年後に予定しております。そういう事業とか、少し会員の年齢等も高齢化をしておりまして、活動も下草刈りが今メーンとなってきておりますので、これから活動を活発化していきたいということで、協会のほうで計画を立てておられるところでございます。そういう計画に合わせて、市でいう実施計画みたいな形で、何年度にこういう事業をやりたいということで事業計画を出していただきまして、それを審査いたしまして、その分に対しての事業費という形で、この分の基金を支出していければと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(松下真一) ほかにありますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(高山やす子) 独自で事業計画をしてある分、つまり事業の拡大、それに対して助成していきますよということで理解していいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯環境課長(山口祥和) そうです、おっしゃるとおりです。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(高山やす子) それは今までの改正前だとこれに限るという書き方をしているので、いろいろな事業を拡大していく、そして、その中にも補助金として活用できる分もあるのですよということで、この条例を改正するということですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯環境課長(山口祥和) そのとおりでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(山上高昭) 今どれぐらい基金はあるのですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯環境課長(山口祥和) 今が452万1,585円でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(山上高昭) これを全部取り崩すこともあるということなのですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯環境課長(山口祥和) 先ほど申しました事業計画によって、どれぐらい計画を立てられるかにもよりますけれども、それに必要な経費として認めることができれば支出をしていきたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(山上高昭) 基金を取り崩す場合の手続というのは、一般的にはどうなのですか。また委員会とか議会に諮るのでしょうか。それとも、もうこれはオーケーということになれば、執行部のほうで取り崩すという形なるのですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯環境課長(山口祥和) トラスト協会は理事会がございますので、理事会のほうでこういう決定をされますので、正式には理事会の決定を受けてという形になります。理事会の決定を受けて、市のほうで予算措置をして執行していくという形でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(松下真一) ほかにありませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(神野芳行) 当委員会で、せんだってトラスト協会の会長さんと懇談会を開いたのですよ。そのときに、市のほうから財源的にも自助努力をもっとしなさいと強く言われていると。非常にその辺はちょっと憤慨したような感じで言われていたのですけれども、そういう協会の意向を受けた形で、今回こういうふうな条例の改定になったのですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯環境課長(山口祥和) 通常900万円、今、補助金で支出をしておりますので、その分について、自主財源とかも確保ができるような形でお願いしますという形と、それから、事業についても精査をして、必要な分は出しますけれども、必要ではない分については精査をさせていただきたいというお話をした結果でございます。これもまた基金とは別でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(神野芳行) ということは、財団が行う緑地の保全事業に、要は市のほうが条例を変えて、向こうの要望ではないけれども、こういうふうに使えるようにしたほうがいいのではないかということで提案してあるわけですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯環境課長(山口祥和) 今、緑地の買い入れだけということで、この条例が限定をしておりまして、それ以外には使えない、処分できないというふうにしておりましたので、今回、先ほど申しましたように、今から活動地を広げていったり、活動を活性化したいというふうなのが、トラスト協会と話しておりまして、その分の財源として必要な分はここから出していきましょうと。
 今まで出しておりました人件費ですとか、そういう経常経費的な部分は、900万円の補助金のほうで支出をしてきておったところでございますけれども、その分につきましても精査をして、必要な分、必要でない分ということで今からよろしくお願いしますというお話をしているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務部長(辻塚 顕) 今回の基金条例なのですけれども、今、課長が説明したとおり、取得に限定しております。ただし、実際に、非常に全国的にも珍しいトラスト基金条例と大野城市のトラスト活動ということで注目を浴びていますので、やはり市民の方がそういう活動に対して寄附をされるということになるのですけれども、実際は用地の取得に限定しているので、寄附者の意向に沿えない形になっております。それで、実際の寄附者の意向に沿った形に直すべきではないかということが1点です。
 それと今後、牛頸須恵器とかいろいろな構想の中で、トラスト協会の役割が大きくなることも考えられますので、やはりそういう事業費に積極的に充ててもらう計画を入れて、そして、こういった寄附金を活用していきたいということで、今回の見直しということでございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(神野芳行) 狙いはわかったのですけれども、それによってトラスト協会が活性化するということは言えるのですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯環境課長(山口祥和) 今後、先ほど部長が申しましたように、牛頸須恵器の関連とか、例えば、歴史をつなぐ路事業とか、そういう連携ができるところがないかというのを探っておるところでございます。あと、森林ボランティアとかの育成に今後も力を入れたいという形でいっておりますので、森林ボランティアの育成とかを行って、そういう事業とかの関連で引き受けることができる仕事があればそれをやっていって、会員の拡大、活動地の拡大、それから、自主グループの育成という形で発展をしていきたいと考えておるところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(神野芳行) トラスト協会も年数を重ねられて、構成員の方々というのは高齢化しているというお話も伺いました。やはり協会の自助努力だけでなくて、行政の後押しというか、それから指導、そういうものが必要であると思うのですよ。ですから、こういう条例の改定によってトラスト協会が活性化していくということであれば、大いに賛成いたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯環境課長(山口祥和) そのとおりになるように頑張っていきたいと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(松下真一) ほかに。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(高山やす子) 一つお尋ねします。今度改正される分で、緑地の保全事業に対するということですが、何か例があれば。こういうものにはというのがもし例として示されればお願いします。大体それの助成に幾らぐらい使われるのかとかいうのもわかれば。もし計画として上がっていれば。

-------------------------------------------------------------------------------

◯環境課長(山口祥和) 具体的な計画というのはまだ出てきていないところでございますが、活動地の拡大をしていきたいと考えておるのが一番でございます。今、南のほうの牛頸地区がほとんどでございますので、もっと東地区のほうもそういうところを開拓していきたいという形で考えておりまして、そういう活動地のためのお金とか、それから、先ほど申しました森林ボランティアの育成とか、そういう形での支出というのを予定しております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(山上高昭) トラスト協会は人員が少ないので、なかなか新しい事業に取り組めないというようなお話がちょっとあったのですが、今、職員が事務局長一人と事務の方が一人、通常二人体制ですね。これからもっと活発化するということであれば、そこら辺の人員構成を増やしていく予定とかもあるのでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯環境課長(山口祥和) 今、理事長が非常勤で一人おられます。それで、非常勤の事務局長が1名、それと常勤の契約社員、今までは嘱託職員だったのですが、公益法人になりまして契約社員という名前に変わりましたが、2名おられます。
 今後、委員がおっしゃったような形で活動を活発化していきたい、広げたいという意向がありますので、今、とりあえずは臨時職員を1名雇うという計画が上がっております。将来的には、契約社員を増やしていって、活動を活発化していきたいという形で考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(山上高昭) 将来的というのは大体どのぐらいを。どのぐらいが将来的なのですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯環境課長(山口祥和) 今、10年ぐらいの計画をトラスト協会と一緒につくろうとしているところでございまして、先ほど申しました平成28年に20周年になりますので、この20周年を契機に活動を拡大していきたいと思っております。職員の増員が2年後になるかどうかというのははっきりわかりませんが、それぐらいをめどに少し活動を活発化していきたいと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(松下真一) ほかにありませんか。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(松下真一) ないようですので質疑を終わります。
 これより討論に入ります。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(松下真一) 討論を終わります。
 第7号議案、おおのじょう緑のトラスト基金条例の一部を改正する条例の制定についての採決を行います。第7号議案について原案のとおり決することに異議ありませんか。
                〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(松下真一) 異議なしと認めます。よって、第7号議案は原案のとおり可決すべきものと決しました。
 第8号議案、大野城市廃棄物の処理及び再利用の促進に関する条例の一部を改正する条例の制定についてを議題とします。執行部の説明を求めます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務部長(辻塚 顕) それでは、第8号議案の説明をさせていただきます。今回の改正ですけれども、特定家庭用機器再商品化法の規定により、小売業者などによる引き取りが求められている機器の収集、運搬、処分及びし尿の収集を市では行っていないことから、これからの業務に係る手数料を定めた規定を整理するものでございます。
 具体的には、条文ごとにご説明しますけれども、議案書の2ページ、3ページをお願いします。
 まず、3ページの別表第2、粗大ごみ処分手数料におきまして、左側の改正前の表ですけれども、上段枠内のユニット型エアコンディショナー、テレビ、電気冷蔵庫、電気冷凍庫、電気洗濯機につきまして、特定家庭用機器再商品化法の規定により、市による収集、運搬及び処分を行っていないことから、これらの業務に係る手数料を定めた粗大ごみの種類と手数料の額を削除するものでございます。
 なお、その上の第19条、2ページ目の最初の欄ですけれども、19条におきましては、再利用を促進する必要があるものについては、収集、運搬及び処分を行っていないことから、再利用を促進する必要があるものとして、規則で定めるものを排出禁止物に別表の削除に合わせて追加するものでございます。
 次に、し尿収集、運搬につきましては、市でし尿の収集、運搬について、直営、または委託を行っていないため、当該収集、運搬に係る手数料に関する規定を改正するものです。
 次の4ページ、5ページをお願いします。
 まず、改正前の別表第3ですけれども、この別表第3全てを削除します。この削除によりまして、申しわけございません、前のページの第24条と第33条の条文整理を行っております。
 なお、条例改正に当たり、本市及び春日市、太宰府市、那珂川町の3市1町と、各市町が許可しておりますし尿収集運搬業者が加入しています筑前環境整備事業組合におきまして、し尿収集運搬料金等に関して、平成26年4月の時点で覚書を締結する予定としております。
 また、第25条につきましては、ごみ処分手数料としていたものを前条に規定する手数料と文言の整理をしているものでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(松下真一) 説明が終わりましたので質疑を受けます。ありませんか。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(松下真一) ないようですので質疑を終わります。
 これより討論に入ります。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(松下真一) 討論を終わります。
 第8号議案、大野城市廃棄物の処理及び再利用の促進に関する条例の一部を改正する条例の制定についての採決を行います。第8号議案について原案のとおり決することに異議ありませんか。
                〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(松下真一) 異議なしと認めます。よって、第8号議案は原案のとおり可決すべきものと決しました。
 暫時休憩します。
    (休憩 午後1時50分)
    (再開 午後1時52分)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(松下真一) 再開します。
 第9号議案、市道路線の廃止についてを議題とします。執行部の説明を求めます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建設管理課長(森山明彦) それでは、第9号議案、市道路線の廃止についてご説明申し上げます。廃止路線としまして、1路線、全長約0.05キロメートル、50メーターでございます。
 廃止理由としまして、下大利1711号線について、既設認定道路の終点に変更が生じるため、一旦廃止を行うものでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(松下真一) 参考資料として写真を皆さんにお配りしていますので、それを見ながら。
 説明が終わりましたので質疑を受けます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(白石重成) これは終点がちょっと長くなったという説明ですかね。ということは、今までは、後で再度認定というのが議案で出てきますけれども、途中までやったのが延びますから、一応廃止して伸びますということですね。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建設管理課長(森山明彦) おっしゃるとおりで、終点の場所が10メーターぐらい延びますので、その件で一旦廃止をして、新たに認定を行うような形の手続でございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(白石重成) 今までは終点がここやったということですかね。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建設管理課長(森山明彦) そうです。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(山上高昭) ちょっと基本的なところをお聞きしたいのですけれども、幅員というのは、面積を長さで割って幅員というのは出すのですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建設管理課長(森山明彦) この調書に載っております幅員といいますのは、今おっしゃいますように面積を延長で割った分ですから、この4.27メーター、基本というのは4メーターと理解していただければ結構かと思います。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(松下真一) ほかにありますか。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(松下真一) ないようですので質疑を終わります。
 これより討論に入ります。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(松下真一) 討論を終わります。
 第9号議案、市道路線の廃止についての採決を行います。第9号議案について原案のとおり決することに異議ありませんか。
                〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(松下真一) 異議なしと認めます。よって、第9号議案は原案のとおり可決すべきもの決しました。
 第10号議案、市道路線の認定についてを議題といたします。執行部の説明を求めます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建設管理課長(森山明彦) それでは、第10号議案、市道路線の認定についてご説明申し上げます。認定路線としまして、7路線、総延長0.25キロメートル、250メートルでございます。
 認定理由としまして、まず最初に、川久保0643号線、延長0.01キロメートルにつきましては、宅地開発事業に伴い道路用地の寄附を受けたことから、新たに認定を行うものでございます。幅員は5メートル、帰属日は平成25年5月15日でございます。
 続きまして、大城1420号線、延長0.02キロメートルにつきましては、道路用地の一部の寄附を受けたことから認定を行うものです。幅員約4メートル、寄附日、平成25年10月21日でございます。
 続きまして、大城1421号線、道路延長0.05キロメートルにつきましては、宅地開発事業に伴う道路の帰属による認定を行うものです。幅員6メートル、帰属日、平成25年4月24日でございます。
 次に、下大利1711号線、これは先ほどの廃止路線でございますけれども、延長0.06キロメートルにつきまして、認定作業の中で道路の終点部に認定漏れが判明したことにより、終点に変更が生じるため、新たに認定を行うものでございます。
 続きまして、筒井2037号線、延長0.05キロメートル及び筒井2038号線、延長0.02キロメートル、白木原2875号線、延長0.02キロメートルにつきましては、どれも認定作業の中で認定漏れが判明したことにより、今回新たに認定を行うものでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(松下真一) 説明が終わりましたので質疑を受けます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(白石重成) 今、認定漏れということですけれども、これは逆にどういった形で判明したのですかね。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建設管理課長(森山明彦) 私どもが現地で道路台帳整備をやっておりますので、その中で判明する場合もございますし、逆にそこの前面宅地といいますか、それに面した宅地の取り引きなどで、不動産屋さんとかが道路台帳の閲覧に来られるというようなときにわかる場合、いろいろ種々ございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(白石重成) 年間で何件かこういう事態が発生するのですか。今まで漏れていたので認定というのはあんまり聞いたことなかったのですが、結構あるのですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建設管理課長(森山明彦) 本来は認定漏れとかあってはならないのですけれども、作業の中で、大体1年に1回、認定、廃止作業をやっておりますが、その中で一、二件程度は判明しているというのが実状でございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(高山やす子) 今の分に関連してですけれども、今後、やっぱり随時わかってきたときには、こういうふうな形で認定を議案として出されるのでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建設管理課長(森山明彦) 当然、道路認定をかけて、道路法の網をかぶせた形での管理の問題もございますので、そういう路線につきましては認定をかけていくと。それ以外に、タコの足みたいにちょっと出ているとかいうものについては、当然、今の地目も公衆用道路という地目でございますので、その中でその他の道路という形で管理はやっていくという形で、認定と幅員が同じであるとかいうものについては、認定と管理というふうに分けまして作業をやっていきたいと考えております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(高山やす子) もう一点いいでしょうか。これは道路がわかった時点で認定していくわけですけれども、これによってのメリットとかいうのは出てくるものでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建設管理課長(森山明彦) 道路認定を行いますと、道路用地としてカウントされますので、これは地方交付税の算定の根拠になりますので、その分で交付税が、ちょっと幾らというのはわかりませんけれども増えるという形です。その増えた分で当然、管理の費用は賄えるというような考えを持っております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(高山やす子) もう一点、宅地開発とかで寄附をされて認定をしますよね。その際に市として責任を負わなければならないようなことというのは、今まで何かありましたでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建設管理課長(森山明彦) 当然、宅地開発として帰属なり、寄附を受ける場合には、基本的に道路の寄附採納規定という内部規定があり、それに照らし合わせた形で整備を行ってもらいますので、特にそれを帰属なり、寄附していただいたことによって、新たな障害が生じるというものはございません。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(松下真一) ほかにありませんか。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(松下真一) ないようですので質疑を終わります。
 これより討論に入ります。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(松下真一) 討論を終わります。
 第10号議案、市道路線の認定についての採決を行います。第10号議案について原案のとおり決することに異議ありませんか。
                〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(松下真一) 異議なしと認めます。よって、第10号議案は原案のとおり可決すべきもの決しました。
 以上で都市環境委員会が付託を受けました案件の審査は全て終了しました。これをもちまして都市環境委員会を閉会します。
    (閉会 午後2時02分)