議事ロックス -地方議会議事録検索-


福岡県 大野城市

平成26年福祉文教委員会 付託案件審査 本文




2014.03.07 : 平成26年福祉文教委員会 付託案件審査 本文


    (開議 午前9時29分)
◯委員長(岡部和子) 皆さん、おはようございます。ただいまから福祉文教委員会を開会します。
 5名の議員からの傍聴申し出があっております。
 また、本日、一般の方2名からの傍聴の申し出があり、これを許可しております。
 3月定例会で本委員会が付託されました案件は6件です。まずこども部所管分を審査し、福祉高齢部所管分、教育部所管分を審査いたします。
 全ての議案の質疑終了後に、各議案の討論、採決をいたします。
 それでは、審査に入ります。
 第3号議案、大野城市子ども・若者育成会議設置条例の制定についてを議題といたします。
 執行部の説明を求めます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども未来課長(中村明彦) それでは、第3号議案、大野城市子ども・若者育成会議設置条例の制定についてを説明いたします。
 本件は、子どもや青少年の健全な育成に関する重要な事項についての調査、審議や、子ども・子育て支援法第77条第1項に掲げる事務を処理する会議を設置するための条例を制定するものです。
 所掌事務は、条例案の第2条に規定をしておりますが、具体的には、本年4月から施行いたします新・夢とみらいの子どもプランの進捗管理をすること、子ども・子育て支援法に基づく子ども・子育て支援事業計画案を策定することが主な役割となります。また、子ども・子育て支援事業計画策定後は、いわゆる地方版の子ども・子育て会議として、新・夢とみらいの子どもプランとあわせて、子ども・子育て支援事業計画の進捗を管理していただきます。
 組織は、育成会議の委員を15名以内とし、学識経験者のほか、子どもから若者までの育成や支援にかかわる機関や団体から、発達段階ごとに2名から3名の方々で構成する予定です。
 また、条例案第11条に規定する部会として、乳幼児、児童、思春期以降の発達段階ごとに三つの部会と、青少年健全育成のための地域づくりを所管する部会を一つ、合わせて四つの部会を設置する予定としております。この部会の乳幼児部分で、子ども・子育て支援法にかかわる調査、審議等を担当していただきます。
 従来、青少年の指導、育成や保護、矯正に関する総合的施策について必要な事項を調査、審議するため、大野城市青少年問題協議会がございます。しかし、本市の子どもに関する総合計画であります夢とみらいの子どもプランを推進するに当たり、青少年問題協議会の設置目的やその組織体制が、プランの枠組みや、ひきこもりやニート問題などの現在の社会問題に適応していない部分があることから、平成24年度から休止をいたしまして、任意の団体として、大野城市子ども・若者育成協議会を設置し、対応してきたところですが、この子ども・若者育成協議会の権限と機能を強化するため、今回、大野城市子ども・若者育成会議を条例により設置するものです。
 また、附則に規定しておりますが、平成24年度から休止をしております大野城市青少年問題協議会の機能は、この大野城市子ども・若者育成会議に引き継ぎまして、青少年問題協議会は廃止をいたします。説明は以上です。
 申しわけありません。1カ所訂正をさせていただきます。
 先ほど、部会の設置の関係で、第11条に規定すると申し上げましたが、第7条の誤りでした。訂正いたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 説明が終わりましたので質疑を受けます。質疑ありませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(浅田大輝) 先日の本会議の質疑のほうで、この子ども・若者育成会議の対象範囲を妊娠期、ゼロ歳から18歳までとするといったような答えがあったんですけれども、そこを確認したいんですが。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども未来課長(中村明彦) 昨日の質疑で、育成会議の対象は妊娠期及びゼロ歳から、おおむね就労までの青年期までということでお答えしたと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(浅田大輝) すみません、これまでの子ども・若者育成協議会の対象範囲は、妊娠からおおむね30歳までとされていたようなんですけれども、この対象範囲自体には変更はないんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども未来課長(中村明彦) はい。基本的な考え方に変更はございません。ただ、対象は、いろいろな行政サービスを提供しますので、そのサービスが一つの範囲となります。このサービスの範囲を、就労を一つの問題として捉えますと年齢別にということができませんので、今回はそのような表記にさせていただいています。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) ほかありませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(佐藤義廣) これまで、大野城市子ども・若者育成協議会を設置して活動してきたとさっきおっしゃったようですが、今回は条例での設置になりますから、新たな事業ということになるんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども未来課長(中村明彦) 基本的にはこれまでやっていただいた協議会の役割と変わらないんですが、前回は条例に基づく権限等を協議会は持っておりませんでしたので、そこの役割を条例化することで明確にして、権限と機能をこれまでよりも強化したという形になります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(佐藤義廣) この委員は、以前からの協議会の委員の方を引き継いでいく形になるんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども未来課長(中村明彦) これまでかなり活躍をしていただきました間違いない委員さんでしたので、基本的な考え方はそうです。ただ、任意の設置の段階では一部、教育委員会関係であるとか、大野城市に属する公務員の方がいらっしゃいましたが、今回、条例化して附属機関とすることで、その辺の委員さんが適当なのかどうかという整理は必要だと思っています。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(佐藤義廣) じゃあ、もう一回聞きますけれども、新たな事業ではなくて、継続されてきた事業の条例化をしたということでよろしいんですかね。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども未来課長(中村明彦) 基本的にはそうなりますが、ただ、今回の条例で一つの役割として、子ども・子育て支援法にかかわる業務というものが追加されましたので、この部分が新たな業務ということになります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(佐藤義廣) では、委員さんも引き継ぎの方が多いんでしょうけれども、報酬は以前と変わらないんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども未来課長(中村明彦) 報酬の関係はこの後の第4号議案で、特別職公務員の給与に関する条例の改正を提案させていただいています。今までは任意の協議会でしたので、市からの報酬というのはお支払いしておりませんでした。協議会のほうに補助金を支払いまして、その中で交通費の実費的な報酬を支払われていたようですが、そこの考え方は今回、第4号議案のほうで少し整理をさせていただいています。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) よろしいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(佐藤義廣) はい。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) ほかは。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(井上正則) 今、条例を制定することによって権限強化ということもおっしゃられましたが、どういう権限かが一つです。それと、制定後にどのような一つの効果といいますか、期待していくものかというのをお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども未来課長(中村明彦) 今回、条例化に伴いまして、協議会での決定について、市長に意見を述べるという権限が付与されております。この部分が一番大きな権限の強化でございます。
 今後、何をしていくかということですが、先ほどの説明で申し上げましたように、一つはプランの進捗管理、これはある意味、大野城市の子どもに関する施策評価に当たります。この部分について市長に意見を述べることができます。それが一つと。
 もう一つは、子ども・子育て支援法に関します業務については、条例に基づく機関での審議、調査が法律上求められておりますので、その問題がクリアされるということになります。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(井上正則) 何といいますか、いじめの問題というのがあるじゃないですか。小学校だけじゃなくて。こういう育成会議での、いじめの一つの捉え方というのはどういうふうになるんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども未来課長(中村明彦) 捉え方と申しますか、子どもから青年期まで全て網羅した活動になりますので、その中の一部分として、例えば児童期であるとか、中学校とかの思春期であるとか、それ以上であるとか、いろいろな発達段階でそのような問題があろうかと思います。その問題につきましても、この育成会議の中で取り上げていくということになります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(井上正則) それであれば、学校の運営協議会等々、当然違う組織でありますけれども、そういったところとの連携というのはとっていかれるんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども未来課長(中村明彦) 当然とっていくことになると思います。先ほど申しました四つの部会を発達段階ごとに設定しますが、その中の委員さんは一部学校運営協議会の方とダブるところも出てくるかもしれません。できるだけシンプルな組織としたいと思いますので、ダブらないのが一番いいんですけれども、例えば学校関係者であるとか、そういう分については両方の協議会に入っていただくということもやむを得ないのかなとは思っています。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) よろしいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(井上正則) はい。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) ほかございませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(香野信儀) お尋ねします。新しく子ども・子育て支援法ができて、それに基づいて今回の子ども・若者育成会議設置条例が制定されようとするわけでございますが、この子育てに関する関係法令として、いわゆる次世代育成支援対策推進法というのが当然あるわけですね。それと、児童福祉法ですか、それを包含した形での、いわゆる関係3法というんでしょうか、そこらあたりを網羅したところで今回、第2条に書かれておるような所掌事務をとるという理解をしてよろしいんでしょうか。そこらあたりをまずお尋ねします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども未来課長(中村明彦) 大野城市では、子どもにかかわる施策について、こども部で集約して行っておりますので、このこども部が音頭をとりまして、関係法律が幾つかございますが、それ全体を網羅して、この一つの育成会議の中で取り扱っていこうという考え方でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(香野信儀) さっき言いましたように、次世代育成支援対策推進法に基づく行動計画等も当然つくられていると思うんですね。それと、児童福祉法にいう、保育所の待機児童等を含めたところの解消計画、解消プランというんですか、そこらあたりも網羅されたもので、新たにこの目的に沿って大きなプラン的な計画なりを策定しようとするんですか。そこらあたりをちょっとお尋ねします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯子育て支援課長(高橋紀子) 新しく平成27年度から施行いたします子ども・子育ての支援の事業計画書の中には、その全体の分を網羅したところで、次世代育成につなぐものとして計画を策定していくものです。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(香野信儀) ということは、今、既に次世代育成の関係の法律に基づく計画、それから、待機児童等の整理プランですね。それらあたりも当然網羅されたところで、今回新たに制定された法律に基づいた計画を網羅されたもので、全てこの計画にのっとってやろうということですかね。ちょっとさっきと重複すると思いますけれども。

-------------------------------------------------------------------------------

◯子育て支援課長(高橋紀子) その全体を網羅した分で計画を策定していくという形になっております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(香野信儀) もう一つお尋ねします。先ほどから話が出ておりますけれども、夢とみらいの子どもプランの新しいものが策定されて動き始めるわけですが、そのプランと、今回新たに3法を網羅したところのプランをつくるということですが、その整合性ですね。その辺はいかがですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども未来課長(中村明彦) 夢とみらいの子どもプランは、いわゆる子どもから青年期までの施策の総合計画ですので、その内容につきましては、個別の事業というよりも、どちらかといえば基本理念のような大綱を定めたものでございます。これから策定しようとする子ども・子育て事業支援計画につきましては、個別の事業ということになります。そこが、プランと今からつくる計画とが競合するという形ではなくて、そこで役割分担ができておりますので、ここで内容が食い違ってくるということはないと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(香野信儀) 夢とみらいの子どもプランも、かなり細かい計画が網羅されておるでしょう。そのプランと、今回、総合的な計画を策定されるということなんですが、そこらあたりの整合性はどうでしょうかということを聞いているんですよ。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども未来課長(中村明彦) 今回、見直しておりますが、それ以前のプランにつきましては、細かい事業を記載しておりました。プランの中に二百数十の個別の事業も記載したところで、一つのプランという形になっておりました。ただ、今回は、プランの内容を見直しまして、新しい夢とみらいの子どもプランについては基本的な構想を記載し、個別の事業につきましては、それぞれ法律等で策定を求められている計画の中に書き込んでいくということになっておりますので、今回のプランは、以前のプランとは少しイメージが変わっております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(香野信儀) 新たな夢とみらいの子どもプランは、この委員会には提示なりされておりますか。ちょっと今聞くのは何でございましょうが。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども未来課長(中村明彦) 新しいプランの内容につきましては、今年1月にパブリックコメントを行いましたが、それ以前、昨年の12月に全員協議会でパブリックコメントにかける案としてご提示をさせていただいています。
 今、1月から2月にかけてパブリックコメントを行いましたので、その意見の対応の方針を策定しているところでございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(香野信儀) じゃあ、その子どもプランというのは、年度内に策定するということで進めてあるんですかね。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども未来課長(中村明彦) 新しいプランの策定につきましては、もう最終段階に入っておりますので、年度内に完成をする予定にしております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) よろしいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松崎正和) 第3条の「育成会議の委員15名は市長が委嘱する」で、1号から4号までありますけれども、それぞれ何名かは、もう大体考えはあるんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども未来課長(中村明彦) 基本的な考え方としては、学識経験者を2名程度、あとは、先ほどご説明しましたが、三つの発達段階ごとに3名程度を考えております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松崎正和) よく意味がわからん。学識経験者が2名程度、あとの2、3、4は何名なんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども未来課長(中村明彦) 発達段階ごとに選定をしますので、ここでいいます関係行政機関につきましては、今のところ学校関係者なのかなと思っています。その関係が、小学校関係と中学校関係の2名ということになると思いますので、残り10名程度が、関係団体の長が推薦する者ということになろうかと思います。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松崎正和) ということは、その他市長が必要と認める者というのは今のところ、こういう方というのはないんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども未来課長(中村明彦) 今のところ、発足当初としては想定はしておりません。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松崎正和) 関係団体が十幾つというのは、どういう団体なんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども未来課長(中村明彦) 今、想定しておりますのは、子ども会、PTA、それから保育所連盟、幼稚園連盟、小学校、中学校などを予定しております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松崎正和) 小学校、中学校は、さっきの関係機関からと言っていたけれども、それはどうなるの。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども未来課長(中村明彦) すみません、申しわけありません。そうですね。関係団体としては、今、申し上げました中から、小学校、中学校関係を除きます。関係団体の長から推薦いただく部分については、子ども会、PTA、保育所連盟、幼稚園連盟、子育てサークル、それから、子育てNPO、社会福祉協議会、民生・児童委員等を予定しております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松崎正和) 聞いたのは、協議会等とか大野城市にもたくさんあるわけですよね。ともすると、同じ方があっちもこっちも出て、そういう知識、経験がないものだから会議に出ても何も発言できない。そういうものも見られるわけですね。今聞くと、そういう関係団体の方が多いようですので、そこは心配ないのかなと思いますけれども、くれぐれも、そういうところが形骸化したら、協議会は大事な会議でしょうから、その辺を十分考慮しながら進めていただきますように。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) ほかありませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(香野信儀) 第2条に、総合計画の立案ということですが、計画期間は大体どのくらいの期間を目標として考えてあるんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども未来課長(中村明彦) まず、夢とみらいの子どもプランについては5年の計画となっております。それ以外の子ども・子育て支援事業計画の期間の関係でございましょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(香野信儀) 今、私が尋ねたのは、第2条の1項の1号、(1)のところに総合計画の立案ということが書いてありますが、この計画期間を、一応目標としてはどのくらいを目標としているんですかということを聞いているんです。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども未来課長(中村明彦) ここに記載してあります総合計画は、夢とみらいの子どもプランの関係でございますので、これは今年度策定が終わります。来年以降は、第1条1号の後段になりますが、進捗の管理をしていただくということになります。夢とみらいの子どもプランは計画期間が5年ですので、この期間が終了いたします1年程度前に、また次のプランの計画を立てていただくということになろうかと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(香野信儀) これは夢とみらいの子どもプランで、先ほどちょっと説明があった骨格というか、あれができているということで、今回新たに何か計画を策定しようということじゃないんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども未来課長(中村明彦) 今回新しく立てる計画につきましては、2号のほうに掲げております子ども・子育て支援法の第77条に規定がある計画について、今回、新しく立てていただくということでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(香野信儀) ちょっと私の尋ね方が悪かったんでしょうけれども。いわゆる総合計画の立案については、夢とみらいの子どもプランがそれに相当すると。で、1項の2号に規定されておる子育て支援法の第77条の絡みが、いわゆる今回新たにつくろうとするプラン、計画ということですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども未来課長(中村明彦) はい。そのとおりでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(香野信儀) じゃあ、その関係で、計画期間はどのくらいですか。夢とみらいのプランと今回の新たなそれの整合性ですが、同じ期間を狙ってあるんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯子育て支援課長(高橋紀子) 子ども・子育て支援事業計画書につきましては、平成27年度から5年間になります。それを平成26年度に策定していくという形になります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(香野信儀) わかりました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) よろしいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(浅田大輝) 関連ですけれども、この育成会議が対象としている妊娠期、ゼロ歳からおおむね就労までの青年期までの総合計画が夢とみらいの子どもプランで、その中でも、子ども・子育ての発達段階にある市民を対象とした夢とみらいの子どもプランの事業計画が、平成26年度に策定する子ども・子育て支援事業計画なんですね。その確認です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども未来課長(中村明彦) 先ほど申しましたように、夢とみらいの子どもプランは個別の事業計画ではなくて理念的なものですので、この個別の事業的なものを、子ども・子育て支援法に基づく事業として立てていくということになります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(浅田大輝) 要するに、理念的な夢とみらいの子どもプランを具現化した計画が、子ども・子育て支援事業計画ですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども未来課長(中村明彦) 計画の体系のイメージとしてはそういうことになろうかと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(浅田大輝) 子ども・子育て支援事業計画の中では、おおむね就労までの青年期の方々までも包含した計画になっているんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども未来課長(中村明彦) 子ども・子育て支援計画は、対象は子どもということになっておりますので、例えば、青年期の就労支援であるとか、そういう部分はこの中には含まれておりません。それは、大野城市が独自に計画を立てていくということになります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(浅田大輝) そうすると、平成26年なり27年度に、子ども・子育て支援事業計画の対象にはならない年齢層に対する事業計画はつくっていくんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども未来課長(中村明彦) その件につきましては、この育成会議が発足します今年の4月から、その検討に入っていくということになります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) よろしいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(浅田大輝) はい。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) ほかありませんか。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) ないようですので、質疑を終わります。
 続いて、第4号議案、大野城市特別職の職員の給与等に関する条例の一部を改正する条例の制定についてを議題といたします。
 執行部の説明を求めます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども未来課長(中村明彦) それでは、第4号議案、大野城市特別職の職員の給与等に関する条例の一部を改正する条例の制定についてを説明いたします。
 本件につきましては、第3号議案で提案しております大野城市子ども・若者育成会議の設置に伴い、同会議の委員及び部会委員の報酬額を定めるものでございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 説明が終わりましたので質疑を受けます。ありませんか。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) ないようですので、質疑を終わります。
 暫時休憩いたします。
    (休憩 午前10時02分)
    (再開 午前10時03分)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 再開します。
 続いて、第5号議案、大野城市子ども医療費の支給に関する条例の一部を改正する条例の制定についてを議題とします。
 執行部の説明を求めます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯国保年金課長(古賀清光) 国保年金課所管分であります第5号議案、大野城市子ども医療費の支給に関する条例の一部を改正する条例の制定について、説明をさせていただきます。
 1ページ目をお願いいたします。
 改正の理由ですが、入院に係る子ども医療費の助成対象年齢を、現在の小学3年生から小学6年生までに3年延長することにより、子育て家庭の経済的負担の軽減を図るとともに、疾病の早期発見と治療を促進し、子どもの保健の向上と福祉の増進を図るものでございます。
 次のページをお願いいたします。2ページになります。
 このため、大野城市子ども医療費の支給に関する条例第2条第1項の第2号におきまして、改正前の9歳から、改正後の12歳に改正するものでございます。
 また、附則の施行期日でございますが、年齢拡大に対応するためのシステム改修や、新たに交付いたします医療証の作成など準備期間を要しますこと、それとともに、市民の皆様への周知期間及び病院や国保連合会等の関係機関への事務調整のため、本年9月1日から実施するものでございます。
 また、それに関連いたしまして、準備行為としまして、円滑に実施するため、既に資格を持っていらっしゃる小学3年生までの子ども及び今回拡大いたしました小学3年生から小学校6年生までの対象に対しまして、施行期日前に子ども医療証を交付することができるものとしております。
 附則の第3項の適用区分につきましては、施行日の平成26年9月1日よりも以前に受けた医療費給付に係る子ども医療費につきましては、改正前の制度に基づき支給することとしております。
 以上で説明を終わらせていただきます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 説明が終わりましたので質疑を受けます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松崎正和) 質疑の前に、ようやく6年生までの助成ができるようになったなと感じています。余りにも遅い。近隣等の自治体がやったから、ようやく遅ればせながらやりました、そういう印象なんですね。だから、しかるべき方にきちんと、委員会でそういう意見が出たと伝えておいてください。
 それと、きのうの質疑の中で、通院も含めたのを試算したという質疑に対する答弁があっておりました。同じ質問ですが、もう一度お答えをお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯国保年金課長(古賀清光) 今回、入院を延長するに当たりまして、いろいろなパターンで給付費の見込みを行いまして、その中で最適なものは何かということで検討させていただきました。その中で、通院を現在の未就学児までの助成から、小学校6年生までに延長した場合の医療費につきましても試算を行っております。その結果、約1億円の負担増が見込まれております。
 県内におきましては、通院について小学校1年生以上に延長している市町村は、数としては限られております。また、その他の公費医療の関係、それから筑紫地区内で年齢が違ってまいることはちょっと好ましくないということで、今回、改正するに当たりましては、筑紫地区の関係部署と協議を進めながら、小学校6年生までの入院につきましてはどうかということで大野城市が投げかけて会議を進めてまいりましたけれども、それ以上はやはり筑紫地区の市町は難しいということでございました。それもありまして、筑紫地区内のバランスも考慮しまして、今回は入院に限りましての拡大をいたしたところでございます。
 限られた財源の中で、有効な年齢の範囲を検討しました結果、やはり入院の助成を小学校6年生まで延長することとしたということでございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松崎正和) 今の最後のほうは、筑紫地区でのバランスを考慮して、これにとどめたと。その前、いわゆる今現在の入院を6年生まで助成しますというのについては、随分何年も前から筑紫地区内でもやっていたわけですね。それのバランスはどうなるんですか。何年も大野城市がおくれてこれをスタートしようすると。それは、今、3年も4年も違いがあるわけでしょう。そのときの筑紫地区のバランスというのはどうなんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯国保年金課長(古賀清光) 現在、筑紫地区では、入院が小学校3年生まででございます。大野城市と変わっているところは、春日市は所得制限があるということで、ほぼ同程度の内容でございます。今回も、小学校6年生までに引き上げることにつきまして協議をし、足並みをそろえた形にはなっております。ただ、実施時期は、筑紫地区では、筑紫野市が大野城市と同じ9月、太宰府市と那珂川町が7月、春日市が10月の実施を予定して準備を進めていると聞いております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松崎正和) バランスはわかりました。
 もう一つ、1億円かかると。1億円かかるという言葉は、1億円の負担が大きいと、そういう意味なんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯国保年金課長(古賀清光) その財源をどう工面するかということで、限られた財源の中で1億円を投入するかどうかというところで、それは難しいのではないかということで、今回は入院に限らせていただきました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松崎正和) 今度の当初予算にも、例えば、今いろいろ議論されている心のふるさと館が20億円、毎年1億3,000万円と言われています。常々、行政のほうは「子どもは宝」と。子育て支援は非常に大切な問題だと言っているし、それは当然のことでしょう。その中で、例えば各コミュニティ行政に幾ら使ったのか。今回の心のふるさと館に限らず、歴史関係は相当な額でしょう。その中で、子どもは宝物だと言いながら、1億円が負担になると。それは説得力がないと思いませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯国保年金課長(古賀清光) 子ども医療の所管課としまして、毎年、実施計画等で計画を上げて実施しておりますが、そういうところで私の説得が至らなかったのではないかと反省しております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松崎正和) まあ、あなたが説得するのも、それは無理でしょうから。先ほどの筑紫地区のバランスでいっても、上げないための理由づけで、それは別に筑紫地区が全部足並みそろえてやらにゃいかんという問題でもないし、こういうものは先行してやってもいいわけですよ。まあ、そういうことです。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) ほかにありませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(香野信儀) 対象年齢を4年から6年まで延ばすということですが、これに関連して、年齢を拡大することによる医療費が大体どの程度見込まれるんですかね。

-------------------------------------------------------------------------------

◯国保年金課長(古賀清光) 年間にいたしますと、医療費はおおよそ1,000万円になります。今回は9月1日実施ということで5カ月分の予算計上になりますので、430万円程度になっております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) よろしいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(香野信儀) はい。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) ほか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(浅田大輝) ちょっと踏み込んだ内容ですけど、いろいろなパターンで試算されたということなので、例えば、通院の小3までのパターンだとどれぐらいの増加になりますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯国保年金課長(古賀清光) 通院の小学校3年生ですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(浅田大輝) 3年生までの引き上げだと。

-------------------------------------------------------------------------------

◯国保年金課長(古賀清光) 小学校3年生まで拡大した試算は、5,300万円でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) よろしいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(浅田大輝) あと、今回3年延長されるんですけれども、子ども医療費というのは、財源は全て単費ですか。その辺お願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯国保年金課長(古賀清光) これは県の制度を利用した制度でございまして、福岡県の公費医療の補助制度を活用し、助成を行っております。県費の補助率は2分の1でございます。なお、県の補助対象は、就学前の乳幼児に限られております。ですので、小学校以上になりますと県の補助はつかないということになりますので、市単独の単費ということになります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(浅田大輝) ちょっと確認ですけれども、通院も入院も、未就学児までは県費補助が出る。それ以上は、全て単費、市費ということですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯国保年金課長(古賀清光) ゼロ歳から2歳までは所得制限はございませんが、3歳から就学前までは所得制限が設けられております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(浅田大輝) それは、入院も通院も同じですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯国保年金課長(古賀清光) はい。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) ほかありませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(井上正則) 今の関連ですけれども、小1まで対象としている自治体というのは県内でも少数であると言われておりましたよね。県内で、その少数というのは大体どのくらいでしょう。

-------------------------------------------------------------------------------

◯国保年金課長(古賀清光) 入院につきまして、中学生以上となっておりますところが、北九州市、田川市、八女市、行橋市、豊前市、中間市以下、全部で、今数えましたところ16ございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(井上正則) 今、通院が少数と言われたんですね。

-------------------------------------------------------------------------------

◯国保年金課長(古賀清光) 通院につきましては、行橋市が中学校3年生まで、宗像市が小学校6年生まで、あと、福智町が小学校3年生まで、苅田町が中学校3年生まで、みやこ町が18歳まで、吉富町が中学校3年生まで、築上町が中学校3年生ということで、7市町になっております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(井上正則) そういう自治体というのは、子育てという一つの育成をしていこうということのあらわれだろうと思いますし、当然、今おっしゃられるように、小学校以上になるともう自費の予算ですよね。こういう一つの考えとして、市としてはどうですか。大野城市として、やっていこうという考えというのは、これは予算だけの問題なのか。どうでしょう。とりあえず小学校3年までやっていこうとか、そういう今後の検討というのは、なされそうですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯国保年金課長(古賀清光) やはり限られた財源の中で有効な年齢の範囲を検討するのが必要ではないかと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉高齢部長(渋谷亮二) 課長が申しておりますように、なかなか財源的には限られております。その中で、いろいろな子育て支援策、保育所の対策にいたしましても、やっていかなければならないというところで、現在のところは小学校6年生までの入院にとどめさせていただいたというところでございます。
 ただ、子ども医療費につきましては、先ほど課長が申しましたように、県の補助が現在、未就学児までと。この県費補助につきましても、私どもは拡大をしてくれという要望をいたしております。一元的に子育て支援ということを考えていきますと、多くの自治体でやっぱり取り組まなければならない問題と思っております。今後、通院医療費につきましても検討はしてまいりますが、それに加えて、県、国の対応も要望してまいりたいと思っておるところでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) よろしいですか。ほかありませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松崎正和) 質疑じゃないけれども、財源は限られていますよ。どんどん湧いてくるわけはないから。どこを重点的に配分するかでしょう。子どもは宝と言うんだったら、こういうところでしょう。だから、今の状況で、財源が限られているからそれ以上のことはできませんというのは、あんまりおっしゃらないほうがいいんじゃないですか。財源の部分は、ほかのところも、今の時代、大変と思うんですよ。
 それからもう一つ、大野城市は、いわゆる下水道とか学校教育、施設とか、そういうのが終わっているんですから、こういうところにしっかり力を入れられる状況でしょう。部長、頑張ってください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) ほかよろしいでしょうか。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) ないようですので、質疑を終わります。
 続いて、第6号議案、大野城市地域包括ケアネットワーク協議会設置条例の制定についてを議題といたします。
 執行部の説明を求めます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯介護サービス課長(高原正宏) それでは、第6号議案、大野城市地域包括ケアネットワーク協議会設置条例の制定についての説明をさせていただきます。
 議案書のほか、お手元に配付させていただいております資料を御覧いただきながら進めたいと思いますので、よろしくお願いいたします。
 我が国は、人生90年の長寿時代が到来するとともに、やがて3人に1人が65歳以上の超高齢社会を迎えます。大野城市の現在の高齢化率は18%ですが、全国や県内で比較しても、高齢化率が低くはあります。しかし、その実態を地域別で細かく見ますと、一部の地域では高齢化率が37%を超えるところがあり、今後は全国的な傾向と同様に一気に高齢化が進み、介護や医療の需要が急速に拡大することが予想されます。
 このような中で、複雑な背景を持ち、親族の支援が得られない高齢者が急増しているところでございます。例えば、親権者の介護疲れによる高齢者の虐待は年間で10件以上発生しております。持病が悪化しても、子の支援がないために入院できずに自宅で辛抱しているひとり暮らしの高齢者、それから、多重債務などにより生活が困窮している人、さらには、認知症により自立生活が困難であるのに家族の理解がなく、やむを得ずひとり暮らしを続ける人など、深刻な状況におかれている高齢者が少なくありません。
 お手元の資料を見ていただきたいと思います。地域包括支援センターに寄せられる高齢者総合相談は、一番上の表のように1年間で1.6倍に急増しておりまして、今年も同様の傾向が続いております。地域包括支援センターでは、このような高齢者に対して、速やかで適切な対応をとることが求められているところでございますが、問題の複雑多様化に伴い、法律的知識や医学的判断などを要する事案が増えており、職員の知識、力だけでは判断に迷うような事例も多くなってきております。また、一たびこういう困難事例が発生した場合につきましては、資料の中ほどの丸囲みに示しますとおり、多岐にわたる支援が必要となりまして、事態発生から解決までの間に、多大なる労力と時間を要しているところでございます。
 今回提案をさせていただいております大野城市地域包括ケアネットワーク協議会設置条例は、各分野の専門職の方々と行政とでネットワークを結び、共働で問題の解決を図っていくための組織を立ち上げ、迅速で適切な支援を実行するために制定するものでございます。
 協議会の委員としましては、筑紫医師会、筑紫歯科医師会、筑紫薬剤師会、福岡県弁護士会、司法書士事務所、福岡県社会福祉士会、大野城市消費生活センター、介護老人福祉施設、地域密着型訪問介護事業所、市内総合病院から各1名ずつ、そして、民生・児童委員さんにつきましては、連合協議会会長と各地区の会長の合計5名、さらには、大野城市社会福祉協議会、筑紫野警察署、四つの在宅介護支援センター、それと地域包括支援センターなど、専門性が高い15の職種から25人を選任しまして、市内の高齢者の状況や処遇実例について情報を共有していただき、改善に向けて取り組むべき課題などについて検討していただくとともに、行政の求めに応じて、高齢者の権利擁護及び処遇困難高齢者の生活改善に係る指導・助言を行っていただくことになります。さらには、委員同士の連携により、地域福祉向上に寄与するものであると考えております。
 以上で説明を終わらせていただきます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 説明が終わりましたので質疑を受けます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(浅田大輝) 1点聞きたいんですけれども、第7条の2項で、職務上知り得た秘密を漏らしてはならないとあります。これは、既存の地域ケア会議の設置要項では、個人情報を漏らしてはいけないとなっていたんですけれども、今回、秘密という表現になっています。もちろん、この秘密には個人情報も入るんでしょうけれども、ほかに何か漏らしてはいけないものに入ったんですかね。

-------------------------------------------------------------------------------

◯介護サービス課長(高原正宏) 表現の違いはありますけれども、個人情報というところに変わりはありません。いろいろな介護、処遇困難者の背景ということを含めて、秘密という表現になっております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) ほかありませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(浅田大輝) 2011年に白石議員の一般質問で、地域包括ケアシステムではなくて、既存の地域ケア会議に医療関係者等も必要であれば入れながら充実していく方向で進めるのが市の方針であるといったような考え方が示されたようですけれども、今回のこの地域包括ケアネットワークを要する背景というのは何か。

-------------------------------------------------------------------------------

◯介護サービス課長(高原正宏) その点につきましては、先ほども説明いたしましたとおり、処遇困難な高齢者の背景というのはさまざまで、いろいろな職種からの知恵をおかりしながら解決しなければならないということから、今回、ネットワーク協議会というのをつくっていくものです。
 地域ケア会議については、地域の高齢者の見守りと情報について包括支援センターに伝えていただくというようなことが主なもので、軽度の生活支援はやっていただいておりますけれども、今回の協議会とはちょっと趣を別にするものでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) ほかにありませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(香野信儀) この設置条例の第1条の設置のところで、それぞれの法律の規定に基づいて、今回、この包括ケアネットワーク協議会を設置するというようなことを書かれておるんですが、いわゆる問題が発生するというんでしょうか、相談事については、現在は地域包括支援センターを中心として相談等に応じてあると思うんですね。それを拡大したような形で、今回のネットワーク協議会を設置しようということなんですか。まず、その点をちょっと確認したいんですが。

-------------------------------------------------------------------------------

◯介護サービス課長(高原正宏) 相談につきましては、これまでと変わらず地域包括支援センターに寄せられ、地域包括支援センターで解決していくという姿勢に変わりはありません。この協議会としましては、一番わかりやすく言うと、地域包括支援センターの諮問機関的な相談機関というような位置づけになろうかと思います。よろしいでしょうか。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(香野信儀) 再度確認です。今回の協議会というのは、そういう問題が生じて、解決困難な事例等をこの協議会で検討していただいて、解決策を見出していくということのようですが、そもそも、これは法律でこういう協議会を設置しなきゃならないというように規定されているんですか。ちょっとそこらあたりを確認したいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯介護サービス課長(高原正宏) 法にそのような定めはありません。包括支援センターの業務を正確に履行するために、地域福祉の向上を目指して制定するものでございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(香野信儀) それと、各行政区といいましょうか、地域にはケア会議が設置されております。それらの会議の中で問題が生じたものあたりを、この協議会に提示して解決策を見出すということになろうかと思うんですが、地域のケア会議で問題として何か生じておる事例がございましたら、ちょっと例を挙げて話していただけませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯介護サービス課長(高原正宏) 何か事例をというようなことでございます。
 今年度、非常に事例も多くございまして、幾つか挙げますと、結婚直後からDVを受け続けている70歳代の女性がいらっしゃいます。日ごろから見守り訪問を行っていましたけれども、夫の暴力がエスカレートしまして、本人の意向もありまして老人ホームに別居させたんですが、離れてくると非常に夫が恋しくなるという気持ちも育つようで、夫の電話に対して無断で外出されまして、自宅に戻られました。こちらとしては見守りをしていた関係上、それまで無理に離していたということもありますので、非常に命の危険もあると。そういうこともありまして、筑紫野警察署に話し、筑紫警察署と私でその後に自宅を訪問したけれども、閉じこもって鍵をかけていらっしゃったので、娘さんを呼んで鍵をあけてもらって、家宅捜索をして保護したという経歴があります。この方は結局、またご自宅にみずからの意思で戻られて、今もたびたび、DVがあるたびに相談を受けて、そのたびに別のところに緊急退避させるというのも続けているところでございます。
 2例目としまして、慢性疾患と軽度認知症の独身男性で、自宅で転倒して動けなくなっているというようなところを、定期見守りで訪問した在宅介護支援センターの職員が発見しました。入院の保証人が不在だったのですけれども、緊急事態であるため、入院可能な病院を探して、必要な協議を包括支援センターのほうでとらせていただいて、入院の支援を行ったということです。さらに、民間金融機関の債務が大量にありましたので、県社協、消費生活センター、それと弁護士さんと協議して、債務の整理と破産の手続、それと成年後見人の設立、そしてまた、短期的な当面の生活資金の管理等が必要だったので、社協と協議しながら生活資金の管理というものをしました。その後、親族もいろいろ調査して接触しましたけれども、当然、親族も見放していまして支援しないということなので、成年後見人を立てたというようなこともあります。
 これ以上、まだいっぱいあるんですけれども、余り時間が長くなりますので、この辺にさせていただきます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(香野信儀) 今、事例を挙げて説明されたんですが、仮にこの会が設置された暁には、大体、会議の開催の頻度といいましょうか、そこらあたりは何か想定なり、予想はされておるんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯介護サービス課長(高原正宏) まず、定例的に開催して、ネットワークの相互の連携を深めていただくという必要性があるので、四半期に1回ずつぐらいは定例でやって、あと、緊急的に2回ないし3回とかいう形で、必要に応じて開催をさせていただくというふうに考えております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) よろしいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(香野信儀) はい。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) ほか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松崎正和) これには、報酬とかは発生しないんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯介護サービス課長(高原正宏) 当条例に報酬規定がないことからのご質問だと解しますが、報酬と費用弁償は、大野城市の特別職の職員の給与等に関する条例の中に、特別職の職員として別表第2の報酬を支給するということでございまして、報酬は5,600円、費用弁償につきましては2,500円、合計で8,100円を支払う形でございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松崎正和) よくわからんけれども。先ほどの子ども・若者育成会議の委員は条例改正して報酬が出ていますけれども、それは新しく報酬を言われてありました。こちらは、前の条例を適用できますよと。その違いは何ですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯介護サービス課長(高原正宏) 子ども育成条例については、ちょっと私のほうではよくわかりませんので説明は避けさせていただきます。特別職の条例につきましては、条例の中で、協議等を行う附属機関の委員については特別職職員の給与に関する条例に基づいて支払うことができるということで、そのような形で利用している組織もいっぱいありますので、その形をとらせていただいているところでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松崎正和) 所管外といえば所管外でしょうけれども、先ほどの子ども育成会議は、特別職の職員の給与の条例の改正で出ているんですよね。総務部長がおればね。今、いないから後で聞きましょう。
 それと、地域包括支援センターがあって、さらに諮問機関としてこれを設置すると。今までこうだったからこうだった、これを設置したらこうなりますと。先ほど事例を言っていたけれども、それは、包括支援センターで、今の状況で解決できたことじゃないかと思うんです。それが、なぜこれをつくらなければいけないのかというのが、ちょっとよくわからないんですけれども。

-------------------------------------------------------------------------------

◯介護サービス課長(高原正宏) それにつきましては、1人の処遇困難者がいまして、例えば、弁護士との法的な処遇について検討しなければならないとなったときに、この協議会がなければ、弁護士さんにまず予約をして、その日取りについて弁護士さんと協議をする。それについて、また持ち帰って中で方針を決定する。そして、その結果について疑義が出れば、また弁護士さんのほうに相談しに行くといったことが必要です。それが処遇の全ての件で同様に、司法書士さんもそうですし、病院等入院機関にしてもそうです。そういったことで非常に手間がかかっている。1人を処遇するのに1カ月、2カ月、全て解決するまでにはそれぐらいかかるということもざらではないわけでございます。それをできるだけ迅速にやるために、あらかじめ協力体制を整えておいて、その中で協議をすることによって、素早く適切な処理を行うために制定するものでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松崎正和) わからん。だから、そういう今言った事例については、包括支援センター、事務局は当然あなたのところにあるんでしょうけれども、別にこの条例をつくったから、この人たちが直接そのいろいろに携われるということじゃないんでしょうし、あなたたちが中心になって、そういう事務的なことは進めていくんでしょうから。今の説明では、なぜかというのはよく伝わってこないけれども、どうですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯介護サービス課長(高原正宏) 例えば実際、全然ネットワークというか、連携がなければ、一つ一つ手続をとって、そちらに出向いていって聞かなければならない。それを、ネットワークで同じ問題として、大野城市の問題を常に共有していただいていれば、電話で指示を仰ぐこともできます。速やかに処遇を決定することができます。そしてまた、ネットワーク委員さん相互でも連携をとっていただければ、例えば、病院に認知症でどうも支援のないような方が来られたというときに、速やかにこちらのほうにも情報をいただくことができますし、また、委員さん同士で、非常に問題があったときに横の連携をとっていただくこともできる。
 事実、昨年12月に準備委員会というものの予算をいただきまして、準備委員会を2月14日に行いましたけれども、多職種の中で、それぞれお持ちだった疑問が、その会議の中で相互に質問されまして、いろいろと歩み寄りができたという事実もございます。そういったいろいろな効果がございます。そういった形で今回の協議会を制定するものでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) よろしいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(浅田大輝) 今の関連です。例えば、地域包括支援センターで弁護士さんとの顧問契約とかをしておけば、相談というのはすぐできるんでしょうけれども、顧問契約になると高コストになる。こういうネットワークをつくっておけば、低コストで同じような効果が得られるという理解をしたんですけれども、そういうわけではないんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯介護サービス課長(高原正宏) 副次的な効果として、その効果は確かにございます。市の顧問弁護士さんもいらっしゃいますけれども、ただ、今回、弁護士さんに限っていえば、日ごろから大野城市にどういった課題があるのかということをお知りいただくのも非常に大きなことかなと思いますので、そういったことを重点的に考えて構成するものでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(浅田大輝) 最後に一個、気になるんですけれども、このケアネットワーク協議会では、基本的には見守りであるとか軽度の支援は地域の地域ケア会議で、このネットワークで協議するのは、生命維持の危険が伴うような重篤な病気であるとかで、そういう方がもしおられたときに、この協議会に諮っている時間とかはないような気がするんです。基本的には、個別の事例とか個別の方々に対してどう処遇をするかという協議をするわけではなく、あくまでも、この協議会というのは各専門家の囲い込みであって、重篤な事案が発生した場合には、その中で適した専門家に相談できるような体制を構築するためにつくるということですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯介護サービス課長(高原正宏) 先ほども松崎委員の質問がありましたけれども、このネットワークを構築することによって、気軽にと言いますと言い過ぎかもしれませんが、電話相談もできるということで、本当に可及的な措置が必要という場合については、そういった相談をすることになると思います。協議会を招集するのではなくて、特に必要な専門分野の方に来ていただき、行って相談するとか、電話で相談するというようなことで対応したいと思っています。囲い込みというものはちょっと意味がよくわかりませんけれども、日ごろからネットワークをつくって連携を密にさせていただくと。
 それで、処遇困難者だけではなくて、今後、大野城市に必要な、例えば高齢者虐待のマニュアルの作成とか、介護保険とかで必要になってくる地域との協力の中で、認知症ケアパスとかいろいろあるんですけれども、そういった事業について、よりよいものを構成するために協議していただくとか、そういったことにも参加していただくことを考えております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(井上正則) この資料ですが、その他の部分が約2倍弱なんですね。一番多いと思うんですが、具体的にはどういったのがあるんでしょうか。ちょっと教えてください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯介護サービス課長(高原正宏) 確かにその他というのが多いんですけれども、非常に分類が難しいものが結構あるということです。ちょっとした相談、お友達の関係とか、いろいろそういった相談とか、悩みそのものがいっぱいありますので、分類不能な相談ということで、すみません、そのようなことで説明をさせていただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(井上正則) 地域包括ケアシステムというものは、今、住みなれた地域で、介護とか医療、生活支援等のサービスを受けていくということが一つのベースとなっての、このネットワーク協議会という形だろうと思うんです。やはり住みなれた地域というのが一番のワードかなと思うんですが、そういったことで、地域内で解決していこうというのが一番のポイントになるんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯介護サービス課長(高原正宏) 当然、今後、介護保険に限らず、地域の存在、ご協力というのは非常に重要なテーマでありまして、行政としても、市のほうで施策を押しつけるのではなく、地域の方々とともにつくり上げていくということが必要であると思います。
 ただ、今回のネットワークというのは、その地域だけで解決がつかない大きな問題について協議をさせていただくと。そういうことを目的として設定をするものでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(井上正則) もう一つだけ。やはり地域での孤独死の問題とかいろいろ出ており、そういったことも踏まえての見守りの一環であるかと思いますけれども、そういったことも含むんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯介護サービス課長(高原正宏) そうですね。孤独死対策等、東地区のほうでの例もありました。孤独死の対策で地区の方々がいろいろとアイデアを出し合ってあるということも聞いておりますが、なかなか決定的なものというのはないので、やはりそういった問題については、地元の近隣者の友好関係の中で構築していただくのが非常にすぐれた防止策なのかなとは思っております。けれども、市のできること、ネットワークでできることということ、それぞれあろうかと思いますので、ネットワークの中でも有効な対策について今後協議させていただきたいと考えております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) よろしいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(井上正則) 最後に一つ。先ほど言いましたその他というのを、もう少し分類されたほうがいいのではないでしょうかね。多いから。ここまで、病気、ケア、介護保険、虐待、そういうように結構分類されておるじゃないですか。それで、このその他はもう少し分類されてもいいのではなかろうかと思いますけれども。

-------------------------------------------------------------------------------

◯介護サービス課長(高原正宏) 申しわけありません。その他のところは、きょう資料を用意しておりません。地域包括支援センターとか在宅介護支援センターで受けた相談というのは、テーマ別に一回分けているんです。それはこんなに大きな分類じゃなくて細かい分類で、ぱっと見て20ぐらいの分類はあったと思うんですけれども、分類で分かれています。その中で、その他というのは余り生活上の支障がないようなものということで、このネットワーク協議会の中では分類させていただいているところです。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) よろしいですか。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) ないようですので、質疑を終わります。
 続いて、第12号議案、指定管理者の指定について(大野城市障がい者支援センター)を議題といたします。
 執行部の説明を求めます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉課長(伊藤和久) それでは、第12号議案、大野城市障がい者支援センターの指定管理者の指定について説明いたします。
 本件は、平成26年4月1日より、大野城市地域活動支援センターが、新たに大野城市障がい者支援センターにリニューアルオープンされることに伴い、同センターの指定管理者を指定するに当たり、地方自治法第244条の2第6項の規定により、議会の議決を求めるものでございます。
 なお、指定管理者につきましては、社会福祉法人野の花学園、指定期間は平成26年4月1日から平成29年3月31日までの3カ年としております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 説明が終わりましたので質疑を受けます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(井上正則) 現在の指定管理者になるに当たりまして、当初の理由としては、利用者のサービス向上につながるということが最大の指定管理になるという理由でしたけれども、具体的にはどういうふうなサービスの向上をうたわれておるんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉課長(伊藤和久) 今のセンターにつきましては、従来の就労の場としての機能が薄れて、利用者の介護の場としての機能が強くなっているということで、今度の障がい者支援センターにつきましては、市として、生活介護を実施する指定障害福祉サービスの事業所に転換し、また、軽度の障がい者も利用できる施設にするために、就労継続支援のB型もあわせて実施するとしております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(井上正則) 別の資料をいただきました、今回の指定管理者選定の審査結果ですね。このA、B、C社という形でなっておりますが、当然、C社がこの野の花学園だろうと思います。審査するに当たって、これはやっぱり主観的なものですか。当然、点数制でしょうけれども、どういうふうな審査のやり方ですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉課長(伊藤和久) 審査につきましては、大野城市公共サービス改革委員会におきまして行っております。これにつきましては、まず、応募法人の利用者に対する基本的な姿勢、それから、法人の実績、センターでの職員配置、サービス内容ですね。それから、収支予算の計画、プレゼンテーションでの説明、質疑、これを重点的に置いて審査をしてもらっております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(井上正則) その審査が、審査員8名の主観が多いんですか。主観が多いと言ったらちょっと語弊がありますけれども、きちんとした数字でなかなかあらわしづらいじゃないですか。まあ、収支関係はできますけれども。管理体制に関する事項は、A、B、C社では、一番C社が低くなっているんですけれども、そういうような、きちんとした点数制という形での審査方法なんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉課長(伊藤和久) この指定管理者の選定につきましては、市のほうで詳細に項目の配点基準を決めております。それによりまして、各委員さんによって一つ一つ点数をつけてもらっていると。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) よろしいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(浅田大輝) 今回、四つの法人から応募があって、福祉課のほうの事前審査で1社落とされました。どういった理由で落とされたんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉課長(伊藤和久) お答えいたします。その点につきましては、まず四つあったということで、次のプレゼンテーションの関係で、うちのほうで三つにしようということで、うちのほうで基準点を設けまして、一番低いところを1社落としたという形になっております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) ほかありませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松崎正和) 審査員8名ですけれども、どういう方が審査員なんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉課長(伊藤和久) 審査員8名につきましては、まず、コンサルから1名、それから、委員として企業経営者、公認会計士、公募の市民が2名、市の職員が3名となっております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松崎正和) この資料ですけれども、法人の実績に関する事項は随分点差があります。今まで社協がずっとやっていた。それだけ見ると、随分やっていたということに関して実績はあるんじゃないかと一般的には思うわけですけれども、これだけ差がつくということは、どういうのを実績として見るわけですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉課長(伊藤和久) 施設の設置目的をどのように理解しているかとか、障がい者の福祉サービスの実施状況、そういったものを全般的に審査基準として設けております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松崎正和) 4番目のサービス内容に関する事項のあたりもA社と比べると随分差がありますけれども、要するにプロポーザルでしょう。プロポーザルですから、提案する。いいことを書けば点数は上がるわけですよね。そのプロポーザルに対する検証はどういう形でやるんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉課長(伊藤和久) 検証というのは、なかなかその時点では難しいと思いますけれども、その辺は、委員さんの主観が入っているんじゃないかなと思います。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松崎正和) いや、もちろん検証をその場でやるのは無理だから、1年後、2年後、3年後、それぞれのプロポーザル提案されたものに対する、本当に実現されているのかという検証をどうやるんですかと。だから、プロポーザルはいいことを書けば点数が上がるわけですから、本当に書いたこと、提案したことが実行されていますよということを、きちんと行政としてはチェックしないといけないでしょう。それはどういうふうにやるんですかと言っているんです。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉課長(伊藤和久) それは、今後のということでよろしいですか。
 これはまず、毎月、前月分の利用状況報告書の提出を求めます。そこで月ごとの利用者数とか、サービス内容、利用者や保護者からの意見、苦情などについて把握し、最後に、年度の終了後に年間の事業報告書を提出してもらいまして、成果、決算などについて状況の把握をすることとしております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松崎正和) いろいろなところで今、プロポーザル方式でやっていますが、一番大切なことは、今おっしゃった検証ですよ。書くのはどうでも書ける。どうでもというまでにはないにしても、書けますからね。それで信用するんでしょうから。だから、後の検証、今おっしゃったようなことをきちんとやっていただくように心がけていただきたい。
 それともう一点、野の花学園はどういう団体なのか。簡単で結構ですので。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉課長(伊藤和久) 野の花学園については、きのう、私は清水議員の質疑の中で、最初に所在地をということで言われたと思うんですけれども、聞き漏らしていまして、お答えしておりません。まず、所在地につきましては現在、福岡市中央区の六本松にあります。来年度から、大野城市の下大利、南福岡自動車学校の近くに本部を置くということを聞いております。開所式につきましても、今月の26日に行うということで聞いております。
 この法人につきましては、昭和40年に、その当時の知的障がい者の入所更生施設として事業を開始しております。現在の事業につきましては、障がい者の支援施設、それからグループホーム、地域生活の総合支援センター、特別支援学校の放課後等の支援事業、こういったものを手広く展開している事業所でございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松崎正和) ということは、自社でやっている施設、それと、このような形で行政から受けた施設、そういうのも展開しているところですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉課長(伊藤和久) はい。そのとおりでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松崎正和) まあ、いいでしょう。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) ほかありませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(香野信儀) 当然、指定管理者に委託する内容にするためには、こちらから条件を提示して、これに対する人的体制なりを求めて、プレゼンテーションをして、最終的に決定ということになったんでしょうけれども、大体どのぐらいの障がいのある人を受け入れて、どの程度の人的体制で向こうからの見積もりが出されたのか。そこらあたりをまず伺いたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉課長(伊藤和久) 障がいの程度は特に区分をしておりません。職員の体制ですけれども、常勤の職員が7名、非常勤の職員が2名の配置になっております。内訳は、常勤の職員が、施設長が1名、サービス管理責任者が1名、生活支援員が3名、介護士が1名、職業指導員が1名、非常勤の職員につきましては、医師が1名と事務員が1名ということで提案を受けております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(香野信儀) 今の説明の中で、障がいの程度は問うておりませんというようなことでした。入所の、いわゆるこれぐらいの人数といった、ある程度基準を示して、そして見積もりなりをされたんじゃないかなと思うんですが、そこらあたりはどういうふうになっているんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉課長(伊藤和久) 利用定員につきましては、提案時につきましては、生活介護のほうが10名、就労継続支援B型のほうが10名ということで、こちらのほうから提案をしております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(香野信儀) 一応、生活介護、就労支援ということで10、10ということで、それによって、職員体制、常勤が7名、非常勤が2名というような人的配置ということになったんでしょうけれども、定員の人的な増減ですね。特に、減はそれなりであれでしょうけれども、増の可能性というのも当然出てくるかと思うんですね。そこらあたりをどの程度まで見て見積もりさせたのか。そして、職員体制が常勤7名、非常勤2名ということですけれども、そこらあたりも、ある程度弾力を持った対応でするような形の見積もりになっているのかどうか。そこらあたりを説明していただけませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉課長(伊藤和久) 現在のところ、利用定員というのが21名なんですけれども、人数的には、急には増えないと思いますが、徐々には増えてくると思います。職員の体制につきましては、指定障害福祉サービス事業所に係る基準というのが省令で決まっていますので、その人数が増えていけば、職員体制につきましても、それに伴った人員配置をしていくように協議をしていきたいと思っております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(香野信儀) 一番問題になるのはやはり基準というか、入所の定員というのが、先ほど10、10で20名ということを言われましたが、利用者の実態は、質疑のところでのお答えが21名ということもちょっと言われました。基準は弾力的ということになるんでしょうけれども、そうなってくると、職員体制なんかも、当初は7名、2名ということで言われましたが、多少入所者が増えると、やはり増加の見込みはある程度加味されたところになっているんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉課長(伊藤和久) その辺は、利用者が増えていけば、当然職員数も増えていくような形で、今後、事業者のほうと協議をしていきたいと思っております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(香野信儀) そうなってきたとき、指定管理者交付金関係も当然影響してくると思うんですが、そこらあたりの取り決めなんかはどういうふうな形で相手方とは結ばれる予定ですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉課長(伊藤和久) 指定管理者交付金につきましては、平成26年度から28年度まで、3年間でこちらのほうから交付するという形をとっております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(香野信儀) 3カ年ということでされるのはいいんですが、私が聞いているのは、入所者の増減等とかあったときに、交付金の限度の取り扱いあたりはどういうふうな形になるんですかということです。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉課長(伊藤和久) まず、平成26年度につきましては、応募時の提案額でしております。27年度につきましては、27年度の交付金の提案額、それから、指定管理者が作成しました27年度の事業計画、26年度の事業実績等を勘案の上、市と協議して決定すると。平成28年度につきましては、28年度の交付金の提案額、それから指定管理者が作成しました平成28年度の事業計画、27年度の事業実績等を勘案しまして、市と協議の上決定していくと。いずれも、市と協議して決定していくというふうにしております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(香野信儀) 平成27年度以降は提案額というようなこともちょっと言われました。当然、その際は入所者の状況とか増減がありましょうから、それに応じた提案額ということになるかと思うんですが、そういうふうに理解してよろしいんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉課長(伊藤和久) そのとおりです。それで一応、市のほうと協議をしていくという形にしております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(香野信儀) 結構です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) よろしいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(佐藤義廣) この野の花学園ですけれども、今度、本社機能を大野城市に移すということで開所式があるみたいですが、今後、大野城市の障がい者支援を野の花学園が担っていこうという方向性なんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉課長(伊藤和久) 野の花学園につきましては、今度、第三野の花学園という形で事業所を置くわけですけれども、事業自体も就労支援事業を行うと聞いております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(佐藤義廣) じゃあ、これまで社協がやってきた分が、社協のほうは機能が縮小するという形になるんですかね。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉課長(伊藤和久) 社協としては、縮小というかどうかわかりませんけれども、この事業からは撤退するという形になりますので、この事業はもうしないということにはなります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(佐藤義廣) これは期間が3年間ですけれども、3年後は、またこのプロポーザルで決めるという形になるんですかね。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉課長(伊藤和久) 3年後は、また3年間の状況を見まして、委員会のほうで決定をしていくという形になります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) よろしいですか。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) ないようですので、質疑を終わります。
 暫時休憩します。
    (休憩 午前11時19分)
    (再開 午前11時21分)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 再開します。
 続いて、第11号議案、財産の取得についてを議題といたします。
 執行部の説明を求めます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ふるさと文化財課長(鐘ヶ江義則) それでは、第11号議案、財産の取得についてご説明申し上げます。
 史跡買い上げ事業として、牛頸須恵器窯跡の史跡指定地を取得するにあたり、大野城市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例の規定によりまして、議会の議決を求めるものでございます。
 取得する財産の内容としましては、添付の資料を御覧いただきたいと思います。
 取得する財産の1カ所目は、大野城市牛頸1丁目2391番1ほか5筆、地目は畑、山林、原野、保安林、合計面積が2万3,585m2、取得価格2億4,941万5,156円で取得するものでございます。契約の相手方は、大野城市土地開発公社でございます。
 2カ所目が、大野城市大字牛頸488番1、地目、山林、面積4万3,017m2、取得価格4,129万6,000円で取得するものでございます。契約の相手方は、篠原勝栄、篠原和孝、それぞれ、持ち分2分の1ずつでございます。
 物件の位置につきましては、添付の位置図を御覧いただきたいと思います。
 1件目は、小田浦窯跡と呼んでいます場所で、月の浦団地の南端、平野川に接する山林でございます。2件目は、井出窯跡と呼んでおります牛頸のいこいの森公園へ通じる道路沿いの山林でございます。
 以上で説明を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 説明が終わりましたので質疑を受けます。質疑ありませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(浅田大輝) 第11号議案の2ページ目のほうですね。小田浦窯跡の件なんですけれども、平成24年3月の牛頸須恵器窯跡保存管理計画では、この四つのうちの下三つ、牛頸1丁目2384番地と2381番地の5、大字牛頸2471番地の2、ここは小田浦窯跡群として指定はされていないんですけれども、平成24年3月以降に追加指定されたのかどうか、まずお伺いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ふるさと文化財課長(鐘ヶ江義則) 窯跡として指定されている土地ではございません。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(浅田大輝) これを今回取得される理由は何ですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ふるさと文化財課長(鐘ヶ江義則) 指定されている窯跡を含めまして、今後この史跡を史跡公園として整備していくに当たって、平野川に接して残る土地になってしまいますので、今回あわせて買い戻すということでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) よろしいですか。ほかに。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松崎正和) 確認ですけれども、公社から買うのは、以前の平野中の分離校用地全部がそうだと理解してよろしいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ふるさと文化財課長(鐘ヶ江義則) 平野中分離校用地として公社が買い戻した土地の一部ということになります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松崎正和) 公社が買い戻した一部ですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ふるさと文化財課長(鐘ヶ江義則) 失礼。買い戻したではなくて、公社が取得した土地の一部ということになります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松崎正和) じゃあ、公社が買った全部じゃなくて一部ということは、まだ残るんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ふるさと文化財課長(鐘ヶ江義則) はい、一部残ります。添付しております字図を御覧いただきたいと思うんですけれども、赤で囲っている部分が今回取得する6筆でございまして、残り、まだ公社が持っている土地が、2395の1ですか、その周辺のえぐられた部分ですね。この部分の一角が、まだ公社として残る土地になります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松崎正和) 買い戻すのが2万三千何がしで、残る面積は。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ふるさと文化財課長(鐘ヶ江義則) 残り、あと約2万m2ございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松崎正和) 史跡指定、私も細かいことはよくわからないけれども、牛頸須恵器窯跡の史跡指定地というのが、いつ、どの範囲で指定されたんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ふるさと文化財課長(鐘ヶ江義則) 史跡に指定されましたのが平成22年2月で、指定されましたのが、この図面でいいますと2392の1です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松崎正和) ちょっと待って、どの図面。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ふるさと文化財課長(鐘ヶ江義則) 先ほどの、こちらの一番大きい2392の1と。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松崎正和) この色塗ったやつね。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ふるさと文化財課長(鐘ヶ江義則) そうです。色塗ったうちの、1)、2)です。それから3)、この3筆が史跡の指定地になります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松崎正和) これだけ。じゃあ、もう一つの牛頸488の1番とかはどうなっているんですか。随分離れているから、何かなと思ったけれども。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ふるさと文化財課長(鐘ヶ江義則) 牛頸488の1は、別な場所でございます。この小田浦窯跡ではない、別の窯跡でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松崎正和) じゃあ、その窯跡単位で指定されたということですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ふるさと文化財課長(鐘ヶ江義則) そうです。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松崎正和) 先行取得したのは随分以前ですか。公社が先行取得した時期と、公社が購入した価格は幾らですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ふるさと文化財課長(鐘ヶ江義則) 平成10年7月に公社のほうが取得しております。売買価格は2億534万2,500円でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松崎正和) その2億円というのが、今回の取得価格2億4,900万円の土地に対する2億円ですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ふるさと文化財課長(鐘ヶ江義則) 今回、買い戻しを予定しております土地の取得価格が、先ほど申し上げた金額です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松崎正和) ざっと5,000万円近く高いと。平成10年から今まで、ご存じのとおり、固定資産、土地の分、下がってきています。それに逆行して、5,000万円も高くなったというのは、どういう理由ですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ふるさと文化財課長(鐘ヶ江義則) 公社が取得した後の、金利を含む事務手数料ということです。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松崎正和) 5,000万円。事務手数料が5,000万円ということはないでしょう。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) ちょっと細かい数字は公社のほうが持っておりますので、手持ちの資料で申し上げますと、事務手数料が0.5%となります。残りが、金融機関から土地開発公社が2億500万円ほど借り入れて購入いたしておりますので、その後に発生した利息ということです。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松崎正和) いずれにしても、この低金利の時代に十数年で5,000万円といっても、ちょっとにわかに、ああそうですかと言いづらいんですけれども。もし、今の答弁以外のことがあったら、後ででも結構ですから、5,000万円というのはかなり大きい、もう4分の1の金額ですから、きちんと報告してください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 公社の事務局であります財政課のほうから資料を取り寄せまして、委員の皆さん方には配付させていただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松崎正和) それと、およそ半分近くを買い戻す、半分の2万m2が残る。聞いてもあなたのところわかるのかな。2万m2、残りの分は、今後のことは何か話してありますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 現在、国の指定を受けました牛頸須恵器窯跡の保存と活用計画というのを、国に提出するためにつくっておりますけれども、その中に、平野中学校の分離校用地で残ります部分も、先ほど課長が申し上げました史跡公園の一部に組み入れまして、史跡公園として整備するということで、今、計画を進めているところであります。これが整いますと、公園整備ということで、公社のほうから買い戻すということが成り立つことになります。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松崎正和) 当然、公社が取得するときには、学校の分離校用地として取得したんですから、行政財産としてだと思うんですね。こういうふうに活用すると、当然それは普通財産でなければならないんでしょうけれども、その辺のいきさつはどうなんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 平野中学校分離校用地で先行取得いたしまして、結局、平野中学校は分離校しないということになったわけですけれども、その後、牛頸須恵器の窯跡が国の指定にされるということで、この用地については牛頸須恵器窯跡関連用地ということで、公社のほうで目的が変更になっております。買い戻しをするわけですけれども、買い戻しするのは牛頸須恵器窯跡関連用地として買い戻しをすると。ひょっとしたら、公社の事業計画の中に載っている事業名が多分そうだと思うんですけれども、これも一緒に資料としてお渡しをしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) よろしいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松崎正和) はい。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) ほかに。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(香野信儀) 代表質問の中で、牛頸須恵器窯跡の整備活用のための計画策定ということで質問しましたが、その回答の中で、いわゆる国指定の史跡としては、箇所的に非常に散在していると。あちこちにですね。それが最初、何か12カ所というような報告がされたと思うんですね。それで当然、指定地については、やはり指定されたからには、それを保存し、活用していかないといかんということで取得されるということは大体理解できるんですが、先ほどもちょっと触れられたと思うんですけれども、指定地外で、隣接なり、拡大して取得する箇所があるとかいうようなことも言われました。大体指定地が回答では12カ所、それ以外で隣接なり何かをしてどうしても取得しなきゃならんとかいうことで、どのくらいの違いが出てくるんですかね。指定地そのものは12カ所で何m2ぐらいあって、その指定地外で取得するものがどの程度あるのか。そこらあたりがある程度わかっておれば報告していただきたいと思うんですが。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 議案の3ページの次のページに、様式26の4という資料をつけております。それを御覧いただきたいと思います。
 ここに示しております部分が購入計画でございます。今回提案をさせていただいておりますのが、赤い色で塗っている部分の牛頸1丁目2391番1と牛頸488番1でございます。赤い色の牛頸1丁目2391番1が、平野分離校用地だったところでございますけれども、ここに指定外の用地が含まれています。先ほど申しました、今回提案しております3筆以外、それから、今後、史跡公園化をしたときに買い上げようとしておる部分がおおよそ7,000m2ぐらい、その他は全て指定地でございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) よろしいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(香野信儀) はい。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) ほか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(浅田大輝) 今の関連です。今回取得される牛頸1丁目2391番1ほか5筆が、今後予定している須恵器釜跡群の整備活用計画の中でも拠点になるわけですか。そういう予定で指定外の分の土地まで取得されるんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ふるさと文化財課長(鐘ヶ江義則) この小田浦窯跡は、12カ所ある窯跡の中でも市街地に近く、交通の便といいますか、都市計画道路に接しております。そして、窯跡が複数あることもございますが、大野城、水城、太宰府などを一望できる、非常に立地のいい場所でございますので、窯跡の指定地も含めた一帯を史跡公園という形で整備をして、市民の皆さんの憩いの場としても活用できるような形での整備を計画しております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 補足ですけれども、小田浦には須恵器の窯跡がきちんと残っております。そして、今課長が申し上げましたように、市街地であるということ、それから平たんな部分であるということ等々から、活用していく拠点としては一番成り立つだろうというのが文化庁の見解でございまして、我々も同じ見解で、今から整備を進めてまいりたいと考えています。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) よろしいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(浅田大輝) 関連です。先ほどの小田浦窯跡群で、今回取得されるのが2万3,000m2で、残りが2万m2ですね。合計すると4万3,000m2になるんですね。今後また、委員会が終わって説明はあるんでしょうけれども、この活用計画の小田浦窯跡群のほうでは、今回取得される内容で約8割占めているのかなと。つまり、4万3,000m2のうちに、最終的に何m2取得される予定なのかというのをお聞きしていいですか。何%分ぐらいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ふるさと文化財課長(鐘ヶ江義則) 今回ですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(浅田大輝) 今回というか、今後ですね。この整備活用計画を含めて。今回2万3,000m2で、今後また残り2万m2のうち幾つか取得されるとは思うんですけれども、その予定をお聞きしていいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 先ほど、色塗りしまして、今年度、来年度、再来年度以降というのを示しておりますけれども、小田浦の部分で、指定地以外が約7,000m2残ります。そのほかは全部指定地でございますけれども、その指定地が6万m2ぐらいで、合わせて6万7,000m2が取得対象の用地ということになります。
 それから、公社の部分の残りの7,000m2でございますけれども、基本的に、市が公社に先行取得をさせておりますので、市が買い取りをするという義務はあります。それが、どの目的で買うのかというのが、当初は平野中学校の分離校用地、その後、牛頸須恵器窯跡関連用地に目的が変わっておるということでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松崎正和) 両方を合わせてざっと3億円近くの用地取得で、今後、用地取得をした後、どれだけのお金を使って、どのような整備をしようというわけですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ふるさと文化財課長(鐘ヶ江義則) この後、協議会のほうでご説明をいたします牛頸須恵器窯跡整備活用計画(案)の中に盛り込んでおりますが、小田浦窯跡も含めまして、公園整備等も含めて4億6,000円万円ほどを予定しております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松崎正和) この2カ所を今後4億6,000万円で整備すると。そういうことですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ふるさと文化財課長(鐘ヶ江義則) この2カ所だけではなくて、12カ所ある史跡の整備等の短期分として4億6,000万円ということです。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松崎正和) 短期分とは何ですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ふるさと文化財課長(鐘ヶ江義則) 整備計画を短期、中期、長期と分けまして、メインの整備を短期で行うということで、施設や公園整備等が短期になります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松崎正和) すると、短期で4億6,000万円。全体を言わないと、短期と言ってもわからない。全体でどうなんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ふるさと文化財課長(鐘ヶ江義則) 現在の整備計画では、整備については、短期まででほぼ施設や公園整備を終わるということで、中期以降については、案内看板ですとか、史跡間をつなぐ山道の開設とか、そういった部分になります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松崎正和) 今後、全部で12カ所、この12カ所全部をそのような公園として整備すると。そういうことなんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ふるさと文化財課長(鐘ヶ江義則) 全部を同じような公園として整備するということではございません。もちろん、看板等は立てますけれども、全部史跡公園というような形での整備は考えておりません。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松崎正和) 今回の取得が、ざっと3億円弱で、今後、ここに示されている部分が6万7,000m2、1,000円として7億円ですよ。整備費に4億6,000万円、12億円、15億円、ざっと計算したらそうなるんですよ。それで間違いないですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) まず、史跡の買い取り分からでございますけれども、先ほど言いましたように史跡として指定しておるのが約6万m2で、指定外というのが、平野中学校分離校用地で残ります分が7,000m2ございます。指定されている部分は、国が指定しておるわけでございますので、基本的に国と県が応分の負担をいたします。それが90%弱の補助となります。
 問題は史跡公園のほうの、小田浦の中で指定外になっている分がございますので、こちらのほうは今のところ、国の責任分野ではないということになります。この分については、史跡公園の整備をいたしますので、他の公園の補助を使って整備するという考え方で今進めております。
 それから、短期、中期、長期と申し上げましたけれども、基本的には4億6,000万円でおおむね整備は終了するということになります。他の、小田浦以外のところは山間部にございますので、取得をして永久的に保存をするというような考え方でございます。ただ、ここが指定地であるということがわかるように看板をつけたり、あるいは散策路を整備したりというものが後々出てくるであろうと考えているところでございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松崎正和) 今後、取得しようと予定している土地の国県補助、国か県か知らないけれども、いわゆる単費のつぎ込み、もちろん県、国で賄う分があるというけど、それはどういう割合になるんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 国と県が88%でございます。単費、いわゆる市費が12%となります。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松崎正和) 市費の持ち出しはそれぐらいと。ただ、この場所にそれぞれそれだけ、国県補助といっても税金ですから、ここにそれだけをかける必要があるんですか。今現在も上大利のあそこの公園に、梅頭がありますよ。だから、それを保存しておけば、昔からの歴史が伝わるわけでしょう。ここにしても、それは大事な史跡でしょう。だから、今取得しようとしている、例えば、平野の分離校用地はいずれ、先行取得しているんですから買い戻さないといけない。今聞いたら、残りの分も史跡公園として整備する。それで十分でしょう。
 さっき、あなたたちの前に、医療費が通院に6年生までしたら1億円で、その財源が大変と部長は言っていましたよ。何でここに10億円も、10億円じゃないかもしれんけれども、補助金がつくとは言いながら、何でそこまで金をここにかけないといけないのか。理解できないです。いかがですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) この分は文化財行政の指定という縛りでございまして、国が指定をしたら、基本的に買い上げる、公有地化するというのが義務として発生してまいります。ですから、まずは取得をするということに関しては、これは年次的にでも進めていく。これは水城跡にしてもそうでございます。
 今度はそれを整備するということで、水城跡も今整備計画をつくっておりますけれども、整備するということになったときに、どこまで整備をするかということになりますが、それを、今、活用計画として策定をしているところでございます。基本的には、我々も県も、小田浦を中心として史跡公園を整備して、その他についてはネットワーク化するという考え方でございます。
 お話がありました上大利の梅頭遺跡も史跡の窯跡の一つでございますので、それも含めて、既に整備をされているということも含めて、我々としては小田浦を整備することでもって、全体の史跡のありようを示したいと考えているところでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松崎正和) ちょっと戻りますけれども、国が史跡として指定するのでしょうから、その指定に至るプロセスはどうなんですか。こちらからここを指定してくださいとか、そういうものじゃないんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ふるさと文化財課主査(石木秀啓) 私のほうから回答させていただきます。
 指定につきましては、平成21年度に受けましたけれども、指定地の範囲につきましては、文化庁と私どもふるさと文化財課の双方で協議をいたしております。それは、まず史跡が確実に良好に残されているというところを中心に、指定を文化庁との協議の中でさせていただいて、それをもとに私どもも現地の調査などを行ってしたという経緯がございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 補足ですけれども、牛頸須恵器につきましては、300基とも500基とも言われる窯跡が存在をいたします。その状態の中で国が指定をしようというところから始まったわけですけれども、結果的に、指定をして保存をしていこうというのが、今、色で示している部分に落ちついたということでございます。それが指定になりましたので、年次的に、今からまずは用地を取得していく。取得していく中で、活用という考え方の中で小田浦を拠点として活用計画をつくっておるという段階でございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松崎正和) 要するに、こちらから、ここを指定してくださいよと。そういうものがないと、国ではなかなか、みずから探してするわけではないでしょうから。だから、それは確かに後世に残さないといけない歴史ですよ。それを全部、金がかかるんだから、あっちもこっちもする必要ないでしょう。
 確認ですけれども、ここに書いて色をつけてある、これが最後と認識していいんですか。これだけと。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ふるさと文化財課長(鐘ヶ江義則) 牛頸の山中には、まだ未調査の窯跡があると思われます。今後、調査が進めば追加指定の可能性はございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 今の未調査の部分は、実は大野城市が指定しています自然環境保護条例の指定区域内にあります。自然環境保護条例は、ご承知のとおり、年次的に公有化していくものです。そういったところで、大野城市の貴重な緑を守ろうということになっていますので、それと重なり合います。どちら側で購入をしていったらいいのかというのは、今後の課題だろうとは思っております。ただ、当面、さっき言いましたように、短期、中期、長期でもって、この12の窯跡を保存、整備するということにしておりますので、残りの部分を追加指定するということは、自然環境保護条例で守るわけですから開発が行われることはありませんので、直近で追加指定というようなことは考えにくいというように思っています。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松崎正和) 今、ちょっと部長が言ったように、ダムのほうの上流、上の部分を守らないといけないということで、それで買い上げをやっているわけですね。ほかにやることがなければいいんですよ。さっきも一例を出しましたけれども。これが指定されているんだったら、もう仕方がないんでしょうけれども、もう一回言いますが、今やろうとしている平野中分離校用地、それで十分ですよ。以上。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) よろしいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 認識としては、我々もそういう認識でもって当たっているところでございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(浅田大輝) 再度確認ですけれども、今の小田浦窯跡群の指定外を2万m2、土地開発公社が所有されていますけれども、この指定外の2万m2を土地開発公社が取得した理由は、平野中学校の分離校予定地が目的だったんですか。それのみですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) それのみでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) よろしいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(香野信儀) 先ほどの整備計画の絡みですが、4億6,000万円、短期的な公園整備というようなお話がありました。これは、いわゆる小田浦池というんですか、小田浦のところの整備についてその程度かかるということですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯ふるさと文化財課長(鐘ヶ江義則) 一番大きな部分が小田浦でございます。そのほかの窯跡についても、あずまやとかを建てる窯跡もございます。全部ではございません、1カ所、2カ所程度はございますので、そういったものも含めた数字でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) よろしいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(香野信儀) はい。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) ないようですので、質疑を終わります。
 暫時休憩します。
    (休憩 午後0時02分)
    (再開 午後0時04分)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 再開します。
 続いて、第11号議案、財産の取得について、討論に入ります。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 討論を終わります。
 第11号議案、財産の取得について、採決を行います。第11号議案について原案のとおり決することに異議ありませんか。
                〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 異議なしと認めます。よって第11号議案は原案のとおり可決すべきものと決しました。
 お疲れさまでした。休憩します。1時15分から再開します。
    (休憩 午後0時10分)
    (再開 午後1時17分)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 再開いたします。
 第3号議案、大野城市子ども・若者育成会議設置条例の制定について、これより討論に入ります。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 討論を終わります。
 第3号議案、大野城市子ども・若者育成会議設置条例の制定についての採決を行います。第3号議案について原案のとおり決することに異議ありませんか。
                〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 異議なしと認めます。よって、第3号議案は原案のとおり可決すべきものと決しました。
 第4号議案、大野城市特別職の職員の給与等に関する条例の一部を改正する条例の制定について、これより討論に入ります。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 討論を終わります。
 第4号議案、大野城市特別職の職員の給与等に関する条例の一部を改正する条例の制定についての採決を行います。第4号議案について原案のとおり決することに異議ありませんか。
                〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 異議なしと認めます。よって、第4号議案は原案のとおり可決すべきものと決しました。
 第5号議案、大野城市子ども医療費の支給に関する条例の一部を改正する条例の制定について、これより討論に入ります。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 討論を終わります。
 第5号議案、大野城市子ども医療費の支給に関する条例の一部を改正する条例の制定についての採決を行います。第5号議案について原案のとおり決することに異議ありませんか。
                〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 異議なしと認めます。よって、第5号議案は原案のとおり可決すべきものと決しました。
 第6号議案、大野城市地域包括ケアネットワーク協議会設置条例の制定について、これより討論に入ります。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 討論を終わります。
 第6号議案、大野城市地域包括ケアネットワーク協議会設置条例の制定についての採決を行います。第6号議案について原案のとおり決することに異議ありませんか。
                〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 異議なしと認めます。よって、第6号議案は原案のとおり可決すべきものと決しました。
 第12号議案、指定管理者の指定について(大野城市障がい者支援センター)について、これより討論に入ります。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 討論を終わります。
 第12号議案、指定管理者の指定について(大野城市障がい者支援センター)の採決を行います。第12号議案について原案のとおり決することに異議ありませんか。
                〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 異議なしと認めます。よって、第12号議案は原案のとおり可決すべきものと決しました。
 以上で、本委員会が付託を受けました案件の審査は全て終了しました。
 これをもちまして福祉文教委員会を閉会します。
    (閉会 午後1時21分)