議事ロックス -地方議会議事録検索-


福岡県 大野城市

平成26年総務市民委員会 付託案件審査 本文




2014.03.06 : 平成26年総務市民委員会 付託案件審査 本文


    (開会 午後1時30分)
◯委員長(丸山惠美子) ただいまから総務市民委員会を開会します。7名の議員からの傍聴の申し入れがあっております。また、一般の方1名からの傍聴の申し入れがあり、これを許可しております。
 3月定例会で本委員会が付託を受けました案件は、条例の一部改正2件です。発言については、着席をしたままで結構ですが、挙手の上、指名されてから発言をされますように、お願いいたします。
 それでは、審査に入ります。第1号議案、大野城市職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例の制定についてを議題とします。執行部の説明を求めます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯人事課長(鐘江良介) それでは、第1号議案についてご説明させていただきます。
 第1号議案は、職員の住居手当を一部廃止すること、それから臨床心理士を正規職員として採用することから、関係条例について所要の改正を行うものでございます。
 まず、職員の住居手当の一部廃止でございますが、住居手当の支給要件につきましては、大きく2つに分かれております。1つは住宅を借りて、家賃を支払っている職員に対する借家手当でございます。もう一つは、住宅を所有する職員に対する持ち家手当でございます。このうち持ち家手当につきましは、国家公務員が平成21年に廃止をし、その後、福岡県、福岡市も、平成24年度に廃止をしたことから、本市におきましても、これらに準じて廃止を行うものでございます。
 なお、廃止に当たりましては、経過措置を設け、月額5,500円の支給額を26年度は4,500円、27年度は3,000円、28年度は1,500円と、段階的に減額しまして、平成29年度以降、完全廃止とするものでございます。
 次に、臨床心理士につきましては、精神面に不安のある児童や保護者の相談、児童虐待への対応など、心理面の専門知識と経験を要する難しい業務が増えてきたことから、これらに対応するため正規職員として採用することとしたものでございます。
 採用に当たりまして職員の給与条例の級別標準職務表に職務として位置づけることが必要なため、改正を行うものでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(丸山惠美子) 説明が終わりましたので、質疑を受けます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(田中健一) すいません、ちょっと質問させてください。この持ち家手当が段階的に廃止ということで、これは自分の家を建てて、ローンを組んである方もあるんじゃないかと。ローンを組んだ場合は、この規定の対象になるのかということです。
 それと、国とか県とか福岡市の動きはわかりましたけど、筑紫地区の市町村の状況はどうでしょう。
 その2点についてお答えをお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯人事課長(鐘江良介) 持ち家手当の場合は、以前はローンを組んでおったら、ローンを組んでおった者だけ対象にするという経過措置を設けて国は廃止した経緯があります。もともとは、所有していれば支給していたんですが、ローンを組んでいる者だけ5年間支給するというふうな経過措置を設けて、最終的に完全廃止になっております。考え方としましては、ローンを組んでいる、組んでいないは別にして、持っている家の管理に関する費用を手当と称して支給しているという状況でございましたので、今回の廃止につきましては、ローンを組んでいる、組んでいないにかかわらずということで、組んでおったとしても手当の対象とはしない、全て廃止という形にしております。
 それから、他市の状況でございますが、県内では経過措置も含めまして24年度までに廃止をしておるのが、うきは市、25年度までで廃止するのが北九州市と柳川市、26年度までで廃止するのが大川市、小郡市、筑後市、みやま市、27年度までが福岡市、28年度までは久留米市と本市でございます。ほかの市については、まだ廃止はしておりませんが、福岡県、福岡市が昨年廃止したことを受けて、廃止に向けての動きをしているところという現状でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(田中健一) 確認ですけど、筑紫地区はどのような状況でしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯人事課長(鐘江良介) 筑紫地区ではまだ廃止をしているところはございません。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(田中健一) 検討も行われていないという状況ですか、情報としては。

-------------------------------------------------------------------------------

◯人事課長(鐘江良介) 組合との協議に入っているとかいうところはございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(古賀健一) 借り受け住宅の場合は、今までどおりされるわけでしょうけれども、互助会とか組合とか、そういった部分の福祉といいますか、そういったほうではされないのですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯人事課長(鐘江良介) 持ち家手当が廃止になってきている状況が、民間のほうでも大分そういう手当がなくなってきたということ、それから、やはり公務員は持ち家手当については、財産の取得に手当が支給されているのではないかという批判もございましたので、そういうのを受けてやっております。互助会とかでも、その分について手当をするというような考えは持っておりません。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(古賀健一) 今おっしゃったように、民間であれば、社命での転勤に伴う会社の借り上げとかいうのは別にして、普通、自分で借りた場合についても、それも廃止になっていくっていう傾向にあるわけなんですよね。どうなんですかね。

-------------------------------------------------------------------------------

◯人事課長(鐘江良介) 民間についてはいろいろ考え方があるので、何ともわからないですけど、地方公務員は国に準じておりますので、国の考え方としましては、国の場合、転勤があって借家については当然補助し、手当を支給しなくちゃいけないということなんですが、持ち家については先ほどお話ししましたように財産形成につながるし、支給する理由がないというようなことから廃止をしておりますので、本市につきましても、ほかの手当と同様に国に準じて廃止をするということです。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(古賀健一) 借り上げについては、国に準じてそのままということでよろしいですね。

-------------------------------------------------------------------------------

◯人事課長(鐘江良介) そのとおりでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(天野嘉久孝) 2条と3条に書かれている分、表の中に「職員及び」と改正前はなっていたものが、「職員」だけになっているんですが、この「職員」には何らかの規定があるんですか。例えば、ただ「職員」が対象という形で書いてあるんですが、兄弟、親、親子といった場合、どちらもが応分負担しているみたいな場合はどうなるのかとか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯人事課長(鐘江良介) 規定上は、本人が契約していて、本人が負担している場合になっております。ただ、例えば借家で借りているもとの所有者が、当然、扶養に入っている者とかの場合には、対象にならないとか、そういう規定にはなります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(天野嘉久孝) 規定はあるんですね、別に。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(丸山惠美子) よろしいですか。ほかにありませんか。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(丸山惠美子) ないようですので、質疑を終わります。討論、採決は、次の第2号議案の後にまとめて行います。
 続きまして、第2号議案、大野城市職員等の旅費に関する条例の一部を改正する条例の制定についてを議題とします。執行部の説明を求めます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯人事課長(鐘江良介) 第2号議案は、職員に支給する旅費のうち、鉄道の急行料金と日当の支給要件を変更するため所要の改正を行うものでございます。
 急行料金につきましては、現在、普通急行料金は片道50キロ以上、特別急行料金は片道100キロ以上の場合に限り支給することとなっておりますが、実際には、普通急行列車は走っていないため、100キロまでは普通列車または快速列車を利用するしかなく、移動に時間がかかるという状況になっております。そこで、移動時間を短縮しまして業務効率の向上を図るために、特別急行列車、いわゆる特急についても、50キロ以上の移動であれば利用できるよう、支給要件を改めるものでございます。
 次に、日当につきましては、現在、県外であればどこであっても、一般職で1日2,200円の日当の支給対象となっておりますが、福岡県に隣接しております佐賀県鳥栖市、神埼市、三養基郡及び神埼郡につきましては、県外ではございますが、県内の例えば大牟田市や北九州市よりも近い距離にあることから、これらの地域につきましては、県内への出張と同じものとみなしまして、日当の支給対象地域から除くこととするものでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(丸山惠美子) 説明が終わりましたので、質疑を受けます。何かありませんか。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(丸山惠美子) ないようですので、質疑を終わります。ここで、一般傍聴の方は退席となります。暫時休憩します。
    (休憩 午後1時39分)
    (再開 午後1時39分)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(丸山惠美子) 再開いたします。これより第1号議案の討論に入ります。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(丸山惠美子) 討論を終わります。
 第1号議案、大野城市職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例の制定についての採決を行います。第1号議案について、原案のとおり決することに異議ありませんか。
                〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(丸山惠美子) 異議なしと認めます。よって、第1号議案は原案のとおり可決すべきものと決しました。続きまして、第2号議案の討論に入ります。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(丸山惠美子) 討論を終わります。
 第2号議案、大野城市職員等の旅費に関する条例の一部を改正する条例の制定についての採決を行います。第2号議案について、原案のとおり決することに異議ありませんか。
                〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(丸山惠美子) 異議なしと認めます。よって、第2号議案は原案のとおり可決すべきものと決しました。以上で総務市民委員会が付託を受けました案件の審査は終了いたしました。
 これをもちまして、総務市民委員会を閉会いたします。お疲れさまでした。
    (閉会 午後1時41分)