議事ロックス -地方議会議事録検索-


福岡県 大野城市

平成26年第1回定例会(第3日) 一般質問1 本文




2014.03.18 : 平成26年第1回定例会(第3日) 一般質問1 本文


                 開議 午前9時30分
◯議長(関岡俊実) 皆さん、おはようございます。
 ただいまから、本日の会議を開きます。
 本日の議事日程は、お手元に配付しているとおりです。
 これより議事に入ります。
     ──────────────・────・──────────────
  日程第1 第34号議案

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 日程第1、第34号議案を議題といたします。
 本議案は本日提案されましたので、提案理由の説明を求めます。
 井本市長。
                〔井本宗司市長 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯市長(井本宗司) おはようございます。
 本日、追加で提案をいたします第34号議案は、平成25年度大野城市一般会計補正予算であります。歳入歳出をそれぞれ300万円追加し、補正後の予算を333億1,642万5,000円とするものであります。
 今回の補正は、平成26年4月からの消費税引き上げに伴い、消費の落ち込みを緩和し、商店街を初め、地域経済の活性化を図るため、福岡県の地域商品券の発行規模拡大の支援策にあわせて、大野城市商工会のプレミアム付き商品券発行事業への財政支援を行う経費を追加するとともに、歳入におきましては、特別交付税を追加するものであります。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) ただいまの説明に対して質疑を受けます。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 質疑を終わります。
 第34号議案は、予算委員会に付託いたします。
     ──────────────・────・──────────────
  日程第2 一般質問

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 日程第2、一般質問を行います。
 通告順に発言を許可します。
 1番、松田議員。
               〔1番 松田美由紀議員 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯1番(松田美由紀) おはようございます。3月の定例会におきまして、子ども・子育て支援新制度について、大きく分けて七つ質問いたします。
 平成24年8月10日、国会において、子ども・子育て関連3法が可決、成立し、その法に基づく子ども・子育て支援新制度が、平成27年4月からスタートする予定です。この新たな制度は、一人一人の子どもが健やかに成長することができる社会の実現を目指して創設されるもので、「質の高い幼児期の学校教育・保育の総合的な提供」、「保育の質的拡大・確保、教育・保育の質的改善」、「地域の子ども子育て支援の充実」の三つの目的を掲げています。
 (1)の子ども・子育て支援新制度の導入について、3点質問いたします。
 1点目は、新制度が導入されることにより、市の子育て支援施策がどのように変わるのか、また、制度変更に伴う課題をどのように捉えているのか、お尋ねします。
 2点目は、平成27年度に新制度の導入が予定されていますが、そうしますと、今年10月ごろには、市町村で平成27年度の保育所入所手続が開始され、各幼稚園でも園児募集が始まります。残すところ半年という非常に短い期間で新制度を構築しなければなりません。組織の見直しや職員体制の強化が必要だと考えますが、本市の考えをお尋ねします。
 3点目は、新制度をどのように活用して、待機児童を解消していくのかお尋ねします。
 以上、壇上からの質問を終わり、あとは自席にて質問いたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) こども部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども部長(大内田京子) 市の子育て支援策がどのように変わるのかというご質問で、新制度の内容と課題につきまして、少し長くなりますけれども、お答えいたします。
 平成27年度から導入されます子ども・子育て支援新制度につきましては、質の高い幼児期の学校教育、保育の総合的な提供や、深刻な待機児童問題の解消、地域の子ども子育て支援の充実を目的とし、現行の保育制度から大きく変わることになります。
 主な変更点といたしましては、まず、保育所入所基準が今より緩和され、保育需要の高まりが予想されます。また、新制度導入に伴い、市民の方が幼稚園や保育所などの施設を利用する際の手続方法の変更や、幼稚園・保育所の保育料の算定基準が統一されることになります。
 手続方法の変更内容につきましては、現在は、認可保育所の場合は市に入所申し込みを行い、幼稚園などの場合は各園に入園申し込みを行うこととなっていますが、新制度では、市が実施主体となり、保育所だけでなく、幼稚園についても、利用調整を行うこととなっております。
 保護者は、入所や入園申し込みの前に、保育の必要性についての認定申請を市に行う必要が生じることとなります。市は、提出された認定申請に基づき、利用可能な幼稚園や保育所の利用調整を行うとともに、保護者に認定書を交付いたします。保護者は、この認定書を、認可保育所希望の場合は市へ、幼稚園希望の場合は各幼稚園へ提出し、入所・入園の申し込みを行うこととなります。
 また、幼稚園の保育料につきましては、現在、各幼稚園がそれぞれの基準で定めていますが、新制度では、市が世帯の所得に応じた保育料を決めることになり、幼稚園と保育所の保育料が同じ基準で算定されることになります。
 新制度導入に伴う課題といたしましては、入所基準の緩和など、保育サービスの充実に向けた取り組みがなされることにより、保育需要が高まることが想定されるため、それに応じた保育施設の定員の確保、サービスの維持が必要となることが考えられます。このことから、待機児童解消に向け、平成26年度予算に計上しております認可保育所の定員拡充事業を初めとし、新制度で創設されます小規模保育や既存の幼稚園などの活用も含め、安定した保育サービスの提供に向けて、平成26年度に、新制度への対応を目的に策定予定の、大野城市子ども・子育て支援事業計画の中で十分に検討していかねばならないと考えております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務部長(辻塚 顕) 2番目の組織の見直し、職員体制については、私のほうから回答させていただきます。
 業務量に応じまして、かつ、各部署の意見や要望も聞きながら、必要な職員数を確保し、適正な配置に努めているところでございます。これまでも、新しい制度導入に伴い増加した業務につきましては、職員の適正な配置により対応してきております。
 今後も、新しい制度の導入時のみならず、その後の制度の運営に係ります業務量の推移を見込みながら、必要な職員数を確保し、市民サービスの低下を招かないように、体制を整えていきたいと考えております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) こども部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども部長(大内田京子) 次に、新制度をどのように活用して、待機児童を解消していくのかというご質問ですが、国は、新制度導入の主な目的の一つとして、待機児童の解消を図ることを上げており、平成27年度に予定している新制度開始に先立ち、待機児童解消加速化プランを掲げ、地方自治体が実施します待機児童解消に向けた事業費に、平成29年度まで財政支援を行うことが公表されています。
 待機児童解消加速化プランは、25の事業から構成され、主な事業として、保育所緊急整備事業、幼稚園預かり保育改修事業、認可を目指す認可外保育施設への支援事業などがあります。
 本市においては、このうち、保育所緊急整備事業や、認可を目指す認可外保育施設への支援事業を活用し、平成26年度に、保育所の老朽化による移転建てかえや、保育所新設、届け出保育所施設の認可保育所への移行のための整備により、3カ所の保育所で定員拡充を実施することとしています。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 松田議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯1番(松田美由紀) 回答を受け、再度質問いたしますが、総務部長にお答えいただきたいんですけれども、確認なんですが、職員の補充など、増員すべき時期がくれば対処するということでよろしいでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務部長(辻塚 顕) 今、ご質問にありましたように、必要な時期に、業務量等に合わせまして、適正な人員配置を行っていくという考えでございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 松田議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯1番(松田美由紀) はい、わかりました。
 (1)の3)の現行の幼稚園や保育園を主体として待機児童を解消していくということで、多くの種類がある認定こども園は、今のところ、移行を市が勧めるということではないということで、判断してもよろしいでしょうか。これは確認でお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) こども部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども部長(大内田京子) 認定保育園につきましては……すみません。休憩をお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 暫時休憩いたします。
     ──────────────・────・──────────────
                 休憩 午前9時42分
                 再開 午前9時42分
     ──────────────・────・──────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 再開いたします。松田議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯1番(松田美由紀) 幼保連携型や幼稚園型、保育園型、地方裁量型と、多くの種類がある認定こども園が、今のところ、移行するということではなくて、現行の幼稚園と保育園をメインに進めていくことでよろしいですねという確認なんですけれども。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) こども部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども部長(大内田京子) 認定こども園につきましては、その制度に興味を示してある幼稚園もございますので、十分協議をして、新しい計画の中にも反映させていきたいと思います。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 松田議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯1番(松田美由紀) はい、わかりました。
 次に、(2)の地域型保育の保育士資格について質問いたします。国の施設・事業別の職員配置基準によりますと、小規模保育等では、保育士の資格がない人が保育することを認めておりますが、本市も同様の考えなのでしょうか、お願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) こども部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども部長(大内田京子) 児童福祉法に基づく児童福祉施設の設備及び運営に関する基準において、認可保育所で保育に従事する職員は、保育士資格を有することが定められていますが、新制度の中で国が提案しております小規模保育事業等では、保育に従事する職員の2分の1以上が保育士資格を有することとされており、保育士資格を持たない保育従事者も保育に従事することができるとされています。
 本市としましては、保育の質を維持するためにも、基本的には保育士資格を有する人材が必要であると考えておりますが、国が新たに創設する小規模保育事業等については、今後、子ども・子育て支援事業計画を策定する中で、その活用も検討していくところでありますので、保育士資格の必要の有無についても、あわせて、十分検討してまいりたいと考えております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 松田議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯1番(松田美由紀) やはり、新制度では多様な施設がつくられますが、施設によって基準も別々につくられるため、職員の配置や保育室の面積等が異なることになり、保育環境や保育条件に格差が生まれてしまいます。入るところによって、保育条件の格差があってはならないはずです。市町村は、小規模保育等の地域型保育事業者の認可条例を策定する義務があります。条例の内容について、保育室の面積、保育士資格の配置など、認可保育所の基準と同一とすることを求めます。条例で小規模保育等についても、私は全員資格者にするということを望んでいるんですけれども、それは可能なのでしょうか、再度お願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) こども部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども部長(大内田京子) 国は、預ける施設によっては、保育資格を持たない保育従事者の配置を認める方針でございます。先ほども申し上げましたように、本市としましては、保育の質を維持するためにも、保育士資格を有する人材が必要であると考えていますので、今後、小規模保育事業等については、現場の声とか、保護者の方の声とかを聞きながら検討していきたいと考えております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 松田議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯1番(松田美由紀) ぜひ、よろしくお願いいたします。保育士というのは国家資格でありますし、その専門性を信頼して、保護者は子どもを預けております。ゼロ歳から2歳児は、保育事故が多い年齢でありますし、より高い専門性と安全性が求められます。ぜひ、全員保育士とする基準にしていただくよう、よろしくお願いいたします。
 また、条例の策定に当たっては、立地条件として鉄道の高架下など、騒音・健康障がいの発生が予測できる場所での設置は認めないことや、研修体制の確立と研修のための補助などもあわせて検討をお願いいたします。これは要望でございます。
 次に、(3)保育士・職員の処遇改善について、3点質問いたします。
 1点目、平成25年度の保育士等処遇改善臨時特例事業補助金は、各園どのように配分されたのか、お尋ねします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) こども部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども部長(大内田京子) 保育士等処遇改善臨時特例事業につきましては、国の安心こども基金を活用して取り組む事業として、私立保育所に勤務する保育士の確保を目的に、平成25年度から実施するものでございます。
 国の補助基準に基づき、各保育所の入所児童数により補助金を決定の上、年度末に各保育所へ配分するものです。各保育所は、保育士、栄養士、調理員等に、一時金や賞与として支給しています。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 松田議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯1番(松田美由紀) 2点目ですが、平成26年度以降の取り組みはどのようになっているのでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) こども部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども部長(大内田京子) 平成26年度につきましては、補助率の変動がありまして、平成25年度の国の全額負担から、市の負担が8分の1となりますが、平成26年度においても継続して実施することといたしております。なお、市負担額は10園に対する補助額2,400万円のうち、約300万円となっています。
 平成27年度以降の実施につきましては、この事業が平成25年度に新たに始まったものであるため、今後、事業効果を検証しながら、各保育所とも十分に協議の上、検討してまいりたいと考えています。なお、給与への反映につきましては、平成25年度は1園で実施されており、平成26年度以降につきましても、各園と協議をしてまいりたいと考えております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 松田議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯1番(松田美由紀) 平成25年度は国の全額負担で、平成26年度は8分の1市が負担するということになっているんですけれども、今後、国からの補助金がなくなっても実施する予定があるのかどうか、そこをお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) こども部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども部長(大内田京子) 事業を継続するかどうかということで、各保育園の事業効果等を検証しながら、今後検討していきたいと思っております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 松田議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯1番(松田美由紀) では、次に行きます。3点目は、正規職員と非正規職員の現在の割合と今後についてですが、公立、私立では、正規職員と非正規職員の割合に違いがありますでしょうか、その点をお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) こども部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども部長(大内田京子) 平成26年3月現在の職員数でお答えいたしますと、まず、公立保育所につきましては、正規職員数は47名、そのうち、保育士が42名、その他に調理員等が5名となっています。非正規職員数は61名で、そのうち、保育士が50名、その他に調理員等が11名となっています。割合としましては、保育士のみでは、正規職員が46%、非正規職員が54%、調理員等その他職員では、正規職員が31%、非正規職員が69%、全職員では、正規職員が44%、非正規職員が56%となっています。
 私立の保育所につきましては、正規職員数は157名、そのうち、保育士が127名、その他に調理員等が30名となっています。非正規職員数は132名、そのうち、保育士が98名、その他に調理員等が34名となっています。割合としましては、保育士のみでは、正規職員が56%、非正規職員が44%、調理員等その他職員では、正規職員が47%、非正規職員が53%、全職員では、正規職員が54%、非正規職員が46%となっております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 松田議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯1番(松田美由紀) 今、本市の正規職員と非正規職員の割合をお聞きしたところで、ここで二つの記事を紹介いたします。
 非正規雇用の保育士が増え、2011年度には、全国の公私立保育所の85.9%で働いていることが、全国保育協議会の調査でわかった。非正規の保育士を雇用している公立保育所では二人に一人に達しており、私立に比べ多さが顕著。地方自治体が厳しい財政状況から人件費抑制を進めたためと見られる。子育て支援の現場で不安定な働き方が広がっていることに、懸念の声も上がりそうだ。
 さらにもう一つ、九州7県の市町村で働く非正規公務員のうち、74.6%を女性が占めていることが取材でわかった。各自治体が保育士など女性の多い職種で、正職員を非正規に切りかえ、人件費削減を進めているためだ。非正規の給与は、男性中心の正職員の3分の1にとどまり、専門家は、「雇用形態の違いを名目に、賃金格差を設ける女性差別の側面がある」と指摘する。官民を合わせた全国の非正規労働者に占める女性の割合は68.8%で、九州の市町村の高率が際立つ。9割超えの自治体も21あったといいます。地方自治総合研究所の上林研究員は、「政策決定の職場を男性が担う一方、福祉など住民生活をケアする仕事は、低賃金の非正規の女性に任せるという構図が強まっている」と指摘。経済協力開発機構(OECD)が、2012年、「日本の男女間の賃金格差は、OECD諸国で2番目に大きい」と警鐘を鳴らすなど、女性の低賃金は、国際機関から改善を求められており、上林氏は、「手当の充実など、労働環境の改善を急ぐべきだ」と、行政の対応を求めたとあります。
 臨時的に補助金が出たとしても、非正規という根本的な処遇が改善されなければ、何も改善されないのではないかと思いますが、その点はいかがお考えでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) こども部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども部長(大内田京子) 先ほどの保育士処遇改善の補助金につきましては、各私立の保育園では、一部を除いて、非正規の方であっても支給はされているようですので、非正規の方の働き方としては、そういう働き方のほうがいいというような声も持ってある方も多いようなので、保育園としましては、お声かけはされているようでございますけれども、なかなか、正規のほうには行きたくないという方の声も、実態としてはあるようでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 松田議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯1番(松田美由紀) やはり、正規職員になると、どうしても今以上に責任が重くなって、仕事内容もかなり出てくるので、それにしてはという声もあるかもしれませんけれども、やはり、国の保育士に対する規制緩和で、正規保育士という言葉がなくなるんじゃないかというぐらい、非正規化が進んでおります。やはり、保育士の処遇の低下というのと、雇用が非正規の不安定化というので、やはり、全国的に保育士の不足という、そういう処遇の問題で不足というのが慢性化しているのではないかと思っております。そのことが、待機児童の解消というのに、足かせになっているのではないでしょうか。保育士の処遇改善と正規保育士の対策というのを、喫緊の課題だと私は考えておりますので、ぜひ検討のほど、よろしくお願いいたします。
 では、次に、(4)の保護者が保育園の入所申請をする際に、保育の必要性・必要量の認定を受ける新たな仕組みが導入されます。必要量の認定は、保護者の就労状況だけではなく、子どもの状況も基本とすべきだと考えますが、本市はどのようにお考えでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) こども部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども部長(大内田京子) 新制度で導入される保育の必要性の認定におきましては、一つ目は、保育を必要とする理由、二つ目に、保育が必要な時間、三つ目が児童の状況による優先利用の3項目について、市が保護者の申請に基づき認定を行うこととなります。
 保護者の通勤時間なども含めた就労状況や、子どもの障がい等の状況など、特別な配慮が必要否場合については、優先利用による認定を行うこととなります。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 松田議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯1番(松田美由紀) 通勤時間と、あと、障がいを持つお子さんの配慮というのもあると聞いて安心いたしました。
 保育の必要量の認定について、さらに詳しくお尋ねしますが、保育短時間利用の認定を受けた場合なんですけれども、1日最大8時間利用できるようなんですが、例えば、9時から5時まで就労している場合は、就労時間だけ見ますと、休憩時間を除くと7時間になります。就労時間は1日7時間、週5日勤務として35時間、月140時間になりますが、この形態は、保育短時間区分に該当するのか、標準時間になるのか、その点はどうなんでしょうか、お願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) こども部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども部長(大内田京子) 短時間保育についてご説明いたします。
 短時間保育は、保護者の就労形態の多様化に伴い、短時間のパート就労者を想定して定められる区分です。短時間保育と認定された場合は、1日8時間まで、月200時間までの利用が可能となっています。
 保育料については、長時間保育の保育料に比べ低額に設定されるよう、国の子ども・子育て会議において検討がなされておりますが、実際の運用方法については、詳細がまだわかっておりませんので、今後、国の動向を注視していきたいと考えています。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 松田議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯1番(松田美由紀) 確認なんですけれども、休憩時間も必要量の認定の対象になるという認識でよろしかったでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 暫時休憩します。
     ──────────────・────・──────────────
                 休憩 午前10時00分
                 再開 午前10時00分
     ──────────────・────・──────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 再開します。こども部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども部長(大内田京子) 昼休みの休憩ということでお答えしてよろしいでしょうか。
 実際の勤務時間と、そういう休憩、休憩時間も含めて対象となります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 松田議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯1番(松田美由紀) はい、わかりました。
 保育の短時間利用の認定を受けた場合、子どもの登園時間などがばらばらになり、子どもの生活リズムが乱れるのではないかと懸念しておりますが、どの子どもも今までどおり、9時までに登園するということを前提とするなど、生活リズムの確保というのは、新制度では確保されているのでしょうか、これもお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 暫時休憩します。
     ──────────────・────・──────────────
                 休憩 午前10時02分
                 再開 午前10時02分
     ──────────────・────・──────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 再開します。こども部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども部長(大内田京子) 申しわけありません。
 実際の運用につきましては、まだ詳細が示されておりませんので、現在のところわかりません。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 松田議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯1番(松田美由紀) はい、わかりました。
 では次に、保育料についてお聞きいたします。現行では、階層区分や年齢に応じて保育料が決められていますが、新制度になりますと、保育料はどのようになりますでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) こども部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども部長(大内田京子) 国が定めます公定価格を上限としまして、市が保育料を定めることになりますが、現在、国の子ども・子育て会議において、公定価格の議論がなされているところですので、その結果を受けて市が決定する予定となっています。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 松田議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯1番(松田美由紀) 具体的に、公定価格はいつごろわかるかというのは、おわかりになりますでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) こども部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども部長(大内田京子) まだ未定でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 松田議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯1番(松田美由紀) はい、わかりました。保育園の運営を考えれば、保育の短時間利用の保育料の設定に当たっては、施設の安定的な運営ができるようにしていくことが必要だと考えますし、保育料を支払う保護者側にも配慮した保育料の設定を、どうぞよろしくお願いいたします。これは要望です。
 次に、子ども・若者育成会議についてお尋ねします。地方版子ども子育て会議と、子ども・若者育成会議とは、同じ位置づけなのでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) こども部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども部長(大内田京子) 大野城市子ども・若者育成会議につきましては、今市議会に設置条例案を提案しておりますが、位置づけとしましては、妊娠期から青年期のおおむね就労まで、幅広い年代の子どもや若者に関する施策を総合的に所掌するもので、その一部として、子ども・子育て支援法第77条に定められる、いわゆる地方版子ども子育て会議の機能をあわせて有しております。
 なお、大野城市子ども・若者育成会議において、地方版子ども子育て会議の機能を効果的に発揮するため、育成会議のもとに、地方版子ども子育て会議の趣旨に関係する委員で構成する専門部会の設置を予定しております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 松田議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯1番(松田美由紀) はい、わかりました。
 新たな制度を構築するためには、保護者の意見や、現場教育、保育職員の声が重要になってくると考えますが、どのように、それぞれの立場の意見を把握していくとお考えでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) こども部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども部長(大内田京子) 2月下旬から3月上旬にかけまして実施いたしました子ども子育てに関するニーズ調査の中で、子育て中の保護者の声を聞いております。また、先ほど申し上げました子ども・若者育成会議に設置予定の専門部会の構成員として、子どもや子育てに関する学識経験者、幼稚園教諭や保育士、幼稚園や保育所の施設長、保護者など、子どもや子育てにかかわっている幅広い関係者で構成することを考えており、この中で、地域の身近な声を把握し、先ほどのニーズ調査の結果もあわせて、子ども・子育て支援事業計画に活かしていきたいと考えています。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 松田議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯1番(松田美由紀) 部会に、保護者や現場職員の方が入られていると聞き、安心いたしました。具体的に、保護者や現場職員の方がそれぞれ何名ずつ入られる予定なのか、わかりましたら、お願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) こども部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども部長(大内田京子) 部会の人数は15人を予定しておりますが、小さい枠ではまだ示しておりません。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 松田議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯1番(松田美由紀) はい、わかりました。
 ここで一つ提案をさせていただきたいと思いますが、数人の当事者の親だけではなく、多くの多様な保護者からの意見を、ぜひ聞いていただきたいと思っております。当事者のニーズは、当事者にしか学べないのではないでしょうか。参加型のワークショップなどを実施する予定はありますでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) こども部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども部長(大内田京子) まだ検討しておりませんので、今後、その意見も検討の中に入れて考えていきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 松田議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯1番(松田美由紀) はい、わかりました。私は、ふるさと館や歴史をつなぐ路のように、ワークショップをぜひ開いてほしいと考えておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。
 次に、委員の選任の基本的な考え方と、その委員の公表はされるのでしょうか、その点もお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) こども部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども部長(大内田京子) 育成会議の委員の構成は、学識経験者のほか、子どもから若者までの育成や支援にかかわる機関や団体から、発達段階ごとに2名から3名の方々を選任し、合計15名以内で構成する予定です。そのほか、女性委員の割合、同一人が就任する審議会等の数の制限など、大野城市審議会等の設置及び運営に関する指針に沿って選任する考えでございます。
 また、委員の公表につきましても、指針に規定がございますので、これに従い、市のホームページ上で公表いたします。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 松田議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯1番(松田美由紀) はい、わかりました。
 次になりますが、子ども・若者育成会議や、子育て支援部会の会議の実施スケジュールについてお知らせください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) こども部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども部長(大内田京子) まず、子ども・若者育成会議の会議開催スケジュールとしましては、今月に策定予定の(仮称)新夢とみらいの子どもプランの進捗報告や、子ども・子育て支援法に基づき、平成27年度から施行予定の子ども・子育て支援新制度への対応として、平成26年度に策定予定の、子ども・子育て支援事業計画案の審議等のために、平成26年度は、年間4回の開催を予定しています。
 また、子ども・若者育成会議の専門部会の今後のスケジュールにつきましては、子ども・子育て支援新制度の説明や、ニーズ調査の結果報告、また、子ども・子育て支援事業計画の調査・審議など、平成26年度には、6回から7回の会議開催を予定しております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 松田議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯1番(松田美由紀) わかりました。
 次なんですけれども、(7)保育のニーズ調査について質問いたします。
 先ほど、2月、3月にニーズ調査をされているということなので、去年4月から5月にかけて実施された、大野城市子どもの生活と意識の実態調査とは別に、ニーズ調査をされたということだと思いますが、実際に、そのニーズ調査の方法、どういう調査をされたのかというのを、具体的に説明をお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) こども部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども部長(大内田京子) 子ども・子育て支援事業計画策定に係る基礎データとして、保護者の就労状況や、保育所・幼稚園・学童保育所などを初め、病児病後児保育や、一時預かりの利用状況、育児休業の取得などの情報を収集するため、2月下旬から3月上旬にかけて、子ども・子育て支援に関するアンケート調査を実施いたしました。
 調査対象者は、就学前児童の保護者2,000名と、小学1年生から3年生までの保護者1,000名の計3,000名を、住民基本台帳から無作為に抽出して実施いたしました。現在は、アンケートの集計作業中でございまして、早い時期に結果を取りまとめる予定でございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 松田議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯1番(松田美由紀) 今現在、ニーズ調査の結果を集計中ということなんですが、ホームページや広報等で公表される予定がありますでしょうか。されるのであれば、公表時期等もあわせてご回答をお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) こども部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども部長(大内田京子) ホームページなどでは公表してまいりたいと思いますし、集計ができしだい、6月か7月ごろには、調査の結果は報告できると思います。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 松田議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯1番(松田美由紀) はい、わかりました。
 アンケートで得られた調査結果を、どのように地域に反映させていこうというふうにお考えでありますでしょうか。調査結果を、保幼小合同会議等や現場にフィードバックする必要があると考えますが、その点はいかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) こども部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども部長(大内田京子) アンケート結果につきましては、平成26年度に、子ども・子育て支援事業計画を策定する際の基礎データとしてまず活用し、その後の待機児童解消を初めとする各子育て支援事業につなげていきたいと考えています。
 また、保幼小合同会議等でアンケートの結果分析を提示し、情報の共有化を図るなど、教育委員会とも連携を図り、市民ニーズに応じたサービスの提供に努め、効果的な子育て支援を展開してまいりたいと考えております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 松田議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯1番(松田美由紀) 学校との連携というのは非常に重要だと考えますので、ぜひ、連携をよろしくお願いいたします。
 最後に、子ども子育て支援新制度にかかわるさまざまな基準や保育料などを条例で定め、住民に周知しなければなりません。わずかな期間で、本当に子どものためになる制度の準備ができるのかどうか、一保護者の立場としても、非常に心配しているところでございます。
 保育を利用している保護者は、今までどおり保育所に入れるのかどうか、新制度とはどのような制度なのかわからず、不安を抱かれていることと思います。保育に格差が生じることがあってはなりません。よりよい子ども・子育て事業計画や条例を策定していただくことを強く望みまして、私の一般質問を終わらせていただきます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 要望でいいですね。

-------------------------------------------------------------------------------

◯1番(松田美由紀) 要望です。
 次、16番、佐藤議員。
               〔16番 佐藤義廣議員 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯16番(佐藤義廣) おはようございます。私は、今定例会におきましては、1点目として、(仮称)歴史をつなぐ路の構想について、また二つ目としまして、生活道路の騒音・振動の問題について、三つ目としまして、保育所の待機児童に関する問題点について、3点についてお尋ねをしたいと思います。
 まず、1点目の(仮称)歴史をつなぐ路の構想についてでございますけれども、大野城市総合計画の後期基本計画におけるリーディング・プロジェクトII、テーマ3「輝くまちの個性」には、1つ目として、「まちの魅力向上」、2つ目「新しいまちのかたちを見据えたにぎわいとやさしさを持ったまちづくり」、3つ目として「地域資源の活用」という取り組みが上げられています。
 この中で、市名の由来となっている大野城跡へのアクセスルート、登山道でございますけれども、となる(仮称)歴史をつなぐ路、また、駅などを起点として、歩きながら地域の自然・文化・歴史などを楽しめる(仮称)大野城トレイルの整備があります。
 また、昨年9月の井本市長の所信表明では、ふるさと大野城市の魅力をアピールする取り組みとして、水城・大野城・基肄城1350年事業の実施、(仮称)大野城心のふるさと館や、自然や文化・歴史を歩きながら感じていただける(仮称)大野城トレイルを整備し、市民の心にふるさと意識が醸成されることを目的とした、歴史をつなぐ事業を多方面で展開するとされています。
 今3月定例会では、平成26年度予算編成におきまして、ふるさとの宝としての「水城」「大野城」を知り、活かし、広げる事業を展開していくとの方針が示されており、歴史をつなぐ路設計委託料及び大野城トレイル基本計画策定業務委託料の予算が計上されています。
 この歴史をつなぐ路大野城トレイルについて、本市の観光という面からお尋ねをいたします。
 表題には大野城トレイルは上げておりませんけれども、やはり、観光の振興といった面では、この大野城トレイルにつきましても、非常に大切なものになってくるんじゃないかなと思いますので、よろしくお願いしたいと思います。
 まず、1点目の(仮称)歴史をつなぐ路、(仮称)大野城トレイルの構想は、どのような内容なのか、お尋ねをいたします。
 以上、壇上からのお尋ねとしまして、後は自席でお尋ねしますので、よろしくお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 企画政策部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画政策部長(水上修司) それでは、私のほうから、まず、(仮称)歴史をつなぐ路についてお答えいたします。
 大野城市の市名の由来にもなっております日本最古の朝鮮式山城大野城が、来年、平成27年に、築造から1350年を迎えます。これを契機といたしまして、国の特別史跡であります貴重な歴史遺産である大野城跡を、市民に一層身近な史跡とするために、大野城総合公園及び大城林道を起点としまして、それぞれ大城山・毘沙門堂へとつながるアクセスルートを整備するものであります。
 なお、このルートの大部分は、現在あります登山道を活用し、整備を行うこととしております。現在の登山道は、段差、道幅や、案内板、眺望などの点で課題がありまして、昨年から、3回にわたる市民ワークショップや、大城小学校でのワークショップなども行い、施設整備の方針とアクセスルートの維持管理や、ルートを活用したイベントの開催など、市民参加のあり方を方向づけるための整備計画を策定しているところであります。
 なお、施設整備の方針につきましては、歴史・自然・健康をテーマとしまして、小学生や体力に余り自信のない方でも安心して歩ける場、学びの場、新しい発見の場となるよう、計画づくりを進めているところであります。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建設部長(安部 誠) それでは、私のほうから、大野城トレイルについてお答えいたします。
 (仮称)大野城トレイルにつきましては、市民並びに市外からお越しの皆さんが、歴史遺産や自然、文化などの地域資源に歩きながら触れることを通して、健康づくりのほか、市民にとっては、ふるさとへの愛着を深め、また、市外の皆さんを含め、多くの皆さんに本市に興味を持っていただき、観光振興にもつながる取り組みとして、散策路を整備することとしています。
 具体的には、鉄道駅やコミュニティセンター、現在計画中の(仮称)大野城心のふるさと館等を拠点として、大野城跡や水城跡、牛頸須恵器窯跡等の史跡並びに公園等を結ぶ散策路としたいと考えております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 佐藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯16番(佐藤義廣) 今、歴史をつなぐ路と(仮称)大野城トレイルの内容について、少しお答えをいただきましたけれども、これの基本構想は、本市の観光振興の大きな役割を担うものであってほしいと思っております。観光地としては太宰府がよく知られておりまして、今のところ、本市では有名な観光地はないと言っていいかと思いますけれども、観光客は本市に着地せず、福岡市から太宰府に行ってしまいます。何とかして本市に着地していただくためには、本市の観光資源を活かして、観光地となり得るような取り組みや整備が必要ではないかと思うところであります。
 そこで、本市における着地型観光の振興を考えた場合、これらはどのような内容ということが考えられるのでしょうか、お願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建設部長(安部 誠) 着地型観光の振興を考えた場合、どのようなものが考えられるかというご質問にお答えいたします。
 (仮称)大野城トレイルは、先ほど述べました目的とあわせて、現在、市と商工会が共働して進めている着地型観光の振興にも資するものとしたいと考えているところです。現在持っているイメージとしましては、トレイルのルートとして、西鉄高架下の活用や(仮称)歴史をつなぐ路、牛頸須恵器窯跡整備など、市が進めているまちづくり計画とかかわりを持たせ、また、観光イベント等ができる広場等をつなぐなど、多くの方が本市を訪れた際に、本市の魅力を歩きながら感じ、気楽に楽しんでいただけるものになるように取り組みたいと考えております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 企画政策部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画政策部長(水上修司) 歴史をつなぐ路のほうからの観光振興という点でお答えさせていただきます。
 歴史をつなぐ路につきましては、市民のみならず、市外からも多くの人におとずれていただけるよう、来訪者にとって魅力的な空間づくりを行い、何度でも訪れたくなる市民の宝大野城跡を基本方針とした、登山道の整備計画の策定を現在進めているところでございます。
 また、登山道の整備とあわせまして、日本最古の朝鮮式山城大野城跡をめぐるツアーなど、大野城市が誇る史跡を活用した観光イベントなど、現在、商工会や市が共働して取り組んでおりますプロジェクト等と連携して実施することによりまして、本市の着地型観光の振興に寄与することができるものと考えております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 佐藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯16番(佐藤義廣) それでは、本市の観光ということから考えますと、観光資源としてはどのようなものが考えられるのでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 産業振興課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯産業振興課長(中川裕二) 回答いたします。本市における観光資源としましては、まず、代表的なものとして、国の特別史跡であります大野城跡、水城跡、そして、国史跡に指定されている牛頸須恵器窯跡といった歴史的遺産が上げられます。また、大野城跡があります四王寺山や市南部の牛頸山、黒金山などは、福岡都市圏南部に残る貴重な自然資源として、市内外を問わず、山歩き愛好者の皆さんなどに親しまれております。そのほか、毎年多くの見物客が訪れる牛頸川のホタル、また、親子連れなどでにぎわういこいの森中央公園や、いこいの森キャンプ場、加えて、本市最大の祭りでありますおおの山城大文字まつりや、まどかフェスティバルなども、市民のみならず、市外からも多くの方が参加され、関心の高い観光資源であると考えております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 佐藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯16番(佐藤義廣) 観光資源についていろいろとお話いただきましたけれども、これらの観光資源を活かすためには、観光資源をつなぐルートというものが大切ではないかと思っております。福岡の歴史を考えますと、外国とのかかわりが重要であって、福岡鴻臚館とはどのようなかかわりがあるのか、太宰府政庁とはどのようにつながっていくのか、これらを明らかにし、アピールすることによって、大野城市内から歴史施設へ回遊するようなルートを整備すれば、本市に観光客を着地させることも可能ではないかというふうに思われます。
 着地型観光の推進につきましては、現在、ふるさとをテーマとして、歴史・こども・観光をキーワードに建設設計が進められています(仮称)大野城心のふるさと館も重要な役割を担うことになると思いますが、これを核として、観光場所や観光場所へのアクセス、特産物の紹介をアピールすることを考える必要もあるのではないかと思います。
 そのためには、(仮称)大野城心のふるさと館の建設についても、その内容を十分検討していただくことも、着地型観光の推進に重要になってくるのではないかと思われますが、この点については別の議論とすることにして、ここでは、観光資源をつなぐルートということについて議論を進めていきたいと思います。
 先ほど、大野城トレイルの説明の中で、歩きながら散策していくというようなことで構想を持ってあるということでしたけれども、観光場所へは、どのようなルートとか、どのようなアクセス方法を考えてあるのか、お願いをいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建設部長(安部 誠) どのようなルートやアクセス方法ということでのお答えをいたします。
 (仮称)大野城トレイルのルートにつきましては、先ほども申し上げましたように、拠点となる施設等を中心として、市内に点在するさまざまな地域資源を安全に歩いて回遊できるものにしたいと考えております。
 整備につきましては、既存の道路の活用を基本としながら、歩行者が安全かつ快適に歩けるよう歩道部分の着色や、サイン等の設置を行い、必要に応じて、新たな歩道等の整備を行う予定です。
 また、御笠川や牛頸川の河川敷を活用し、本市から太宰府政庁跡や福岡市方面を結ぶルート、大文字公園と南地区を結ぶルートについても、県や近隣自治体と連携をとりながら検討を進めてまいりたいと考えております。
 また、公共施設を拠点とすることや、規模の大きな公園を経由することで、休憩所やトイレ等にも配慮したいと考えております。
 また、駅等の拠点から歩くと距離がある地域資源については、アクセス方法として、近くのバス停までバスを利用し、そこから歩くルートの設定についても考慮していきたいと考えております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 佐藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯16番(佐藤義廣) 歩くのも非常に健康のためにはよろしいんですけれども、ちょっと距離があるところは、公共交通機関をアクセスさせることも重要だろうと。今、バス停まで行って、そこから歩いていただくというような説明もあっていたようでございますけれども、新たにコミュニティバスのようなバスルートを設定するようなことは考えられるのでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建設部長(安部 誠) お答えいたします。(仮称)大野城トレイルは、既存の鉄道駅やバス停を活用しながらルートを設定することを基本的な考えとしております。現在のところ、これに伴う新たなバスルート等の設定や延伸は考えてはおりません。しかし、今後、利用ニーズや乗降者見込み数の拡大等、状況が変化してきたときには、市内全体のバス交通の円滑な運行や利便性の維持・確保の視点からも踏まえた上で検討していきたいと考えております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 佐藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯16番(佐藤義廣) それでは、観光といった面からは、人が行ってみたいとか、また、乗ってみたいと思うようなものが必要ではないかと思います。何かやっぱり、目玉となるようなものがないと、なかなか人はやって来ないというふうに思います。
 それで、トロッコ列車とかをつくっているところがあるようなんですけれども、観光客に興味を持たせるようなアクセス方法、このようなものを整備している観光地もあるんですけれども、このような取り組みが考えられないのかどうか、お願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 産業振興課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯産業振興課長(中川裕二) 回答いたします。本市と商工会の共働により、平成23年度から取り組んでおります観光商品開発プロジェクト事業においては、大野城跡・水城跡を初め、市内に点在するさまざまな既存の地域資源を活用したイベントなどを実施しております。この観光商品開発プロジェクト事業の一環として実施しております、「おおのじょう まちなか わくわくパビリオン」については、本市の特色ある地域資源に、知恵と工夫を加えたアイデアを加えることによって、また、それぞれが点となっている地域資源そのものを結びつけることによって、地域資源の価値を高め、市内外から人々が訪れる観光資源として活用していこうとする着地型観光商品の考え方をもとに取り組んでいるものでございます。
 その結果、平成24年度の来客数が約3,400人、平成25年度の来客数が6,500人と、2カ年の比較でありますが、着実に集客数を伸ばしております。今後につきましても、着地型観光商品開発というこれまでの考え方を基本とし、市としても、商工会と連携の上、地域資源を活用した、市内外を問わず、多くの人にとって魅力的な取り組みを展開し、さらなる集客に努めてまいりたいと考えております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 佐藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯16番(佐藤義廣) いろんな面から検討を進めていただきたいというふうに思っております。
 それで、四王寺山の山城大野城跡も本市の重要な観光資源でありますけれども、この四王寺山にケーブルカーを設置したらどうかというような市民の意見が、このごろちょくちょく聞かれるんですね。四王寺山には、太宰府政庁の見張り場所として大野城が設置されたということですが、大変見晴らしがよい場所もありまして、また、ここからの夜景もなかなか観光資源となり得るのではないかというふうな夜景も見られます。
 見晴らし場所の設置や目玉となるような登山方法、例えば、ケーブルカー、モノレール、リフトなどが考えられるのですけれども、このような登山方法を検討することはいかがでしょうか。先ほどのお答えでは、既設の登山道をさらに整備していくような内容でしたけれども、もちろん、自然を散策しながら登山道を整備することは必要と思いますけれども、高齢者の方が増えてくる時代でもありますし、何か目玉となるようなものとして考えても、楽に登山できることも考える必要があるのではないかと思いますけれども、このような点についてはいかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 企画政策部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企画政策部長(水上修司) ちょっと、ただいま、目玉になるような形での検討ということでおっしゃいました。お答えいたします。
 大野城跡へのケーブルカーなどの設置につきましては、四王寺山が国の特別史跡に指定されていることから、文化庁の許可を初め、解決すべき課題が数多くございます。また、現状の大野城四王寺山の自然に親しんでいる方々もいらっしゃいますので、登りやすく、また、登山を楽しむための仕掛けづくりにつきましては、登山者を初め、広く市民の皆さんの意見を聞き、合意形成を図らなければならないと考えております。
 (仮称)歴史をつなぐ路につきましては、既存の登山道を安全で歩きやすく改修し、ご指摘のとおり、見晴らし場所を設置するなど、四王寺山からの眺望の確保も図りながら、古代山城跡の本来の姿を活かした整備を行うとともに、観光資源としての活用も念頭に置いて事業を進めてまいりたいと考えております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 佐藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯16番(佐藤義廣) 一挙にケーブルカーというわけにはいかないでしょうけれども、いろんな角度から考えていただきたいなというふうに思っております。
 それで、次の観光資源としての特産物も重要と思うんですけれども、現在、大野城市商工会では、特産物の創造・開発に努力されているとのことでありますけれども、今、地域食としての「ぼっかけ」がクローズアップされているようでございます。この間、パックになったのをいただいて、食べさせていただきましたけれども、大変おいしくいただきました。今後、このような特産物の開発をどのように考えてあるのか。また、心のふるさと館での宣伝、販売等も考えてあると思いますけれども、各観光場所における特産物を研究することによって、そこの知名度を高めることができるのではないかと思うのですが、この点についての企画等があれば、お聞かせいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 産業振興課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯産業振興課長(中川裕二) 回答いたします。ご指摘のとおり、商工会において認定を行っている本市の特産品・推奨品も貴重な観光資源であると考えております。現在、特産品として3品目、推奨品として17品目が認定されているところです。
 この推奨品の中には、観光商品開発プロジェクト事業において商品開発された「大野ジョーハッピーリング」、「大野城鶏ぼっかけ」も含まれております。「大野ジョーハッピーリング」は、本市のまちづくりにおけるキーワードの一つでもあります「まどか」を漢字表記した際の「円」という文字、そして、大野城跡を上空から見た際に、「円」の形に見えるという二つの「円」になぞらえて、焼きドーナツとして表現したものであります。
 「大野城鶏ぼっかけ」は、上大利地区を中心に古くから親しましまれてまいりました郷土料理「ぼっかけ」を現代風にアレンジし、市内飲食店での販売を行っております。また、学校給食や、おおの山城大文字まつりなどのイベントを通じて、本市の伝統を受け継いだ新たな郷土食として、皆様に食していただいているところでございます。
 特産品や推奨品については、今度も商工会と協力の上、市内各イベントや、ゆめ畑大野城店、さらには、新たに整備を計画している(仮称)大野城心のふるさと館での販売や宣伝に取り組み、本市並びに大野城跡のPRキャラクターであります「大野ジョー」の利活用も絡めながら、さらなる周知、販路拡大に取り組んでまいります。
 さらには、販売事業者の協力も得ながら、本市の特色を活かした新たな商品開発に、商工会とともに取り組んでまいりたいと考えております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 佐藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯16番(佐藤義廣) 商工会ともタイアップしていただいて、しっかりと大野城市の着地型観光を進めていただきたいなというふうに思いますので、よろしくお願いいたします。
 それでは、次の2番目の生活道路の騒音・振動の問題についてに移ります。
 これは、騒音・振動規制法で定めます道路交通騒音・振動ではありませんけれども、生活道路における騒音・振動の問題でございます。
 規制基準というのはないんですけれども、意外とこれが苦情の種になることが多く、この生活道路、まず、騒音の問題なんですけれども、生活道路における騒音問題には、どのようなものがあるのかお答えをお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建設部長(安部 誠) お答えいたします。道路における騒音としましては、通行車両のエンジン音、道路にある側溝ぶた、マンホールぶた等の上を、車両が通過する際の音、舗装と舗装の継ぎ目がある場所を車両が通過する際の音、道路工事時の施工機械からの音などが考えられます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 佐藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯16番(佐藤義廣) そのような側溝のふたとか、マンホールのふたとか、そういったものの音による苦情があるということでございますけれども、マンホールのふたとか、側溝のふた、これはよくあるんですけれども、これらのがたつきによる騒音の発生、こういったことについては、どのような対策を行っているのでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建設部長(安部 誠) がたつきの対策ということですが、がたつきによる騒音の抑制策としましては、マンホールのふたは枠ごと取りかえるなどの対策を行っております。あわせて、現場状況によっては、マンホールの周囲を広目に舗装し直しております。側溝のふたにつきましては、状況により補修や緩衝材を敷くなどの対応を行っておりますが、道路幅員が狭い場合などは、側溝ふたをコンクリートで一体化する床版化などにより、騒音の発生を低減しております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 佐藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯16番(佐藤義廣) 騒音の問題はわかりました。
 それでは、振動の問題ではどのようなものがあるのでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建設部長(安部 誠) 振動が発生するのは、道路を横断して部分的に舗装を復旧した箇所で、舗装と舗装の継ぎ目にわずかな段差がある部分を車両が通過する際や、マンホールふたなどの上を車両は通過する場合などに、音だけでなく家屋への振動も発生することが考えられると思っております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 佐藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯16番(佐藤義廣) 今、お答えいただいた道路工事の後の段差、それによって、大型じゃなくても、トラックなどが通過するときに振動が発生することがあると。それで、発生した振動が沿線の家屋に伝わって、その家屋での振動が発生し、住民の方に不安を与えることがあります。このような場合、どのような対策を実施されているのでしょうか。特に、騒音の場合は、距離減衰とか遮蔽によって、騒音レベルの低下が図れるんですけれども、振動の場合は、建物によって振動が逆に増幅される、そういう場合があります。発生レベルが低くても、住民の方にとっては不安を与えるレベルになることがあります。特に、1階よりも2階のほうが大きくなりますので、2階に寝てある方は特に振動を感じるというようなことでございます。このような場合の対策はどのようにされているのか、お願いをいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建設部長(安部 誠) どのような対策かということで、道路工事後、段差が発生するのは、やっぱり、舗装と舗装の継ぎ目が主な要因と考えられるために、現地で振動の原因を特定し、舗装による段差のすりつけや、状況によっては舗装のやり直しを行っております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 佐藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯16番(佐藤義廣) 段差の解消とか、舗装をやり直しているのは余り見たことがないんですけれども、結構簡単な対策で済ましてあるような感じですね。騒音・振動対策については、対策を行っても十分に解消していない場合があるというようなことが見られます。それで、対策後のフォローが大切じゃないかなというふうに思っております。この点にご留意いただきたいと思いますが、この点については、どのようにお考えでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建設部長(安部 誠) 騒音や振動の対策実施後も改善が不十分との意見があれば、住民の方と十分協議を行い、広範囲の舗装のし直しや、側溝ぶたの床版化を行うなどのフォローにより、できる限り、騒音・振動の解消・低減に努めることとしております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 佐藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯16番(佐藤義廣) 広範な広い範囲での道路のやり直しといったことも考えるということでございますので、そのようなこともやっていただきたい。特に、人間の感覚というのは、1度不快感の閾値、つまり、受忍限度を超えた場合には、これを解消するために、不快感の閾値以上に発生量を小さくしなければならないというふうに言われています。道路等の維持管理等について、このようなことも十分考慮しながら行っていただきたいというふうに思っております。
 次に、3点目に移りたいと思います。
 3点目の保育所の待機児童に関する問題点についてでございます。本来であれば、担当委員会で議論すべきことと思いますけれども、待機順位設定において、市民の不信感というものがあるようでございます。それで、また、担当部署への質問状も出されているとのことでありますので、ここで市の考え方を明らかにして示していただきたいので、あえてここで質問をさせていただきます。
 まず1点目の、待機順位の設定については、どのようにされているのでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) こども部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども部長(大内田京子) 保育所の待機順位につきましては、大野城市保育所入所措置基準要綱に基づき、保護者が児童の保育時間の確保が難しい状況を点数化し、その点数を基準に設定しています。例えば、週5日、月に20日勤務の場合は、10点満点中8点、週4日、月に16日勤務の場合は6点で、待機順位としましては、月20日勤務の方が上位となります。仮に同じ点数となった場合は、児童の状況や世帯の状況に応じて加点や減点を行うなど、総合的な判断のもとに、各申し込み世帯の待機順位を定めております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 佐藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯16番(佐藤義廣) 待機順位の設定について、今お答えをいただきましたけれども、待機順位が最初に設定された順位から低くなる、つまり、順位が下がるということについては、これはどのような理由でありましょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) こども部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども部長(大内田京子) 毎月の申込書の審査につきましては、前月までの申し込み分と当月の申し込み分を合わせて、改めて審査を行いますので、後から入所申し込みをされた方で、保育に欠ける点数が高い方がおられれば、待機順位が変わる場合もございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 佐藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯16番(佐藤義廣) そのようなことで、毎月ということでされるので、市民としては、いつの間にか下げられているということで、やはり不満が出てくるんじゃないかなというふうなことがあります。この点についても、今後、十分検討していただきたいなと思います。
 それから、住民の方から指摘がありました。兄弟の入所優先の考え方、このことについてご説明頂きたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) こども部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども部長(大内田京子) 保育所入所の審査におきましては、保護者の就労等の状況に応じて設定した点数が同じであった場合は、総合的な判断に基づき各世帯の順位を定めております。その総合的な判断基準の中に、兄弟入所優先の項目を定めておりますが、兄弟で異なる保育所に入った場合の保護者の朝夕の送迎の負担等を考慮し、兄弟が既に入所中の世帯を優先する取り扱いを行っております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 佐藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯16番(佐藤義廣) その優先について、兄弟の両方が同じところに入所できるというメリットは理解できるんですけれども、同じところに入所できない場合のデメリットと、全く一人も入所できないデメリット、そういったことについて比較されたことがあるでしょうか。この辺はどのようにお考えでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) こども部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども部長(大内田京子) 兄弟が同じところに入所できない場合のデメリットは、兄弟の一人が認可保育所に既に入所していて、もう一人が届け出保育施設に入所することになった場合、認可保育所と届け出保育施設の2カ所以上の送迎の負担が生じます。また、認可保育所と届け出保育施設の保育料の違いにより、金銭的負担の差が生じる場合があります。
 お子さんが一人で、その一人が認可保育所に入所できずに、届け出保育施設に入所することになった場合のデメリットについても、先ほどと同様に、金銭的負担の差が生じる場合があります。また、認可保育所と届け出保育施設は、それぞれ提供する保育サービスの内容に違いがございますので、認可保育所のサービスをご希望される場合は、そのサービスが受けられないことも考えられます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 佐藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯16番(佐藤義廣) それで、単純に考えますと、兄弟とも入所しているところは、1家庭で二人保育サービスを受けており、入所できない家庭では、一人も保育サービスが受けられないということになるわけでございますけれども、サービスの享受の面からは、公平性が確保されていないというふうに感じるんですけれども、その点はいかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) こども部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども部長(大内田京子) 認可保育所の保育サービスは、入所希望者全てに対して等しく提供されるべきものであると考えておりますが、年々保育需要が増大していく状況におきまして、適切な保育サービスの質を維持していくため、入所者を一定の人数に抑える必要があることから、入所審査を行い、入所児童を決定しているところでございます。
 一方、現在の保育所入所基準では、保育サービスを享受する機会の公平性が確保されているとは言えない側面もあるものと考えています。公平性の確保については、あらゆる面から検討を重ね、一人でも多くの市民の皆様にご理解いただけるような制度とし、サービスを提供していく必要があると考えています。そのためにも、まずは、待機児童解消のための取り組みを進め、必要な保育サービスの提供に努めるとともに、他の自治体の入所選考方法等の調査・研究も行いながら、より一層の公平性の確保に向けて努めてまいりたいと考えております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 佐藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯16番(佐藤義廣) 公平性の確保に努めるということでございまして、今年度予算案で認可外保育所等の保育料の差額の半額、これを上限を定めて補助することが提案されているようなんですけれども、このことも公平性の確保の1方策というふうに考えてよろしいでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) こども部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども部長(大内田京子) 平成26年度の新規事業としまして、認可保育所の待機児童で届け出保育施設に入所している児童が、認可保育所に入所できるまでの間、保護者の経済的負担を軽減することを目的に、待機児童支援事業を実施することとしております。このことは、保育料の補助という経済的側面からの支援になりますが、公平性の確保が課題として現にある中で、その解消までの間のできる限りの支援ということで進めていきたいと考えております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 佐藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯16番(佐藤義廣) 本市の待機児童は、1月1日現在で146人とのことでございます。先ほど話しましたとおり、待機順位が下げられているというようですが、保育サービスを永久に受けられない場合も生じるのではないかというふうに思っております。
 国では、将来の労働力不足を女性の労働力に期待する施策を上げておりますけれども、子育て支援としての保育所の充実がなければ成り立たない話でもあります。まず、待機児童の解消に努めることが急務と思いますが、他の自治体では、事務所ビルやマンションの1室を保育所として整備し、待機児童の解消を図るなどの取り組みを行っているところもあるようでございます。
 新年度予算では、待機児童解消のため、認可保育所の新設や届け出保育所の認可化などの予算が提案されております。しかし、待機児童が完全に解消することはできないと思いますが、本市では、待機児童解消について、どのように考えているのでしょうか。先ほど少しお答えいただきましたけれども、今後の具体的な方策についてお示しをいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) こども部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども部長(大内田京子) 本市の待機児童は年々増加傾向にあり、待機児童の解消は喫緊の課題となっております。このことから、待機児童解消に向けた取り組みとして、認可保育園の定員拡充事業の実施を予定しているところでございます。これは、具体的には、保育所の老朽化による移転建てかえに伴い9名分、保育所新設により90名分、届け出保育施設を認可保育所として整備することで60名分の計159名分の定員増を図ることとしております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 佐藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯16番(佐藤義廣) 子どもは「市の宝」と言われております。将来の大野城市のみならず、日本を担っていく子どもたちの育成は、何よりも重要な施策であろうと思っておりますが、最後に、井本市長は、今後の保育行政をどのように展望されているのかお聞かせをいただいて、私の一般質問を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 井本市長。
                〔井本宗司市長 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯市長(井本宗司) それでは、お答えをいたします。今後の保育行政の展望ということでお答えをいたします。
 近年、本市では、保育所の入所を希望される保護者が増えてきておるという状況が顕著になってきております。これは、保護者の就労形態の多様化、あるいは、就労意欲の向上、職場の育児休業制度の充実などによりまして、結婚・出産後も就労をされる保護者が増えてきているということから、保育需要が高まっているというふうに考えられます。そして、この保育需要に応えるための保育施設の確保というのが、行政に求められております重要な施策の一つというふうになっていると思います。
 待機児童の解消に向けた早急な取り組みが必要でありまして、このことから、先ほどからこども部長が答弁をいたしておりますけれども、平成26年度においては、3カ所の保育所について認可保育所の定員拡充を予定いたしておるところであります。
 また、平成27年度からは、子ども・子育て支援法に基づいた子ども・子育て支援新制度が開始されることに伴い、保育所入所基準が緩和され、ますます保育需要は高まるというふうに予想がされております。今後、一層の待機児童対策が必要になってくるというふうに思っております。
 一方では、将来の年少人口というのは減少に向かっていく状況にもあります。待機児童解消を目的とした保育所整備については、中長期的に見ると、子どもが少なくなるということも想定をしながら、その時々の保育需要には的確に応えていくということが、今後の保育行政に求められる課題ということであろうかと考えております。
 子ども・子育て支援新制度施行まで、あと1年となりましたが、国は財源不足などもありまして、詳細がまだ確定いたしておりません。大野城市としては、新たな保育制度も考慮に入れて、先々のビジョンも描きつつ、まずは、平成26年度に、本市の市民ニーズや実情に応じた子ども子育て支援事業計画を策定し、幅広い皆さんに、安定的にサービスを提供できるように、取り組みを進めてまいります。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) よろしいですか。
 暫時休憩をいたします。再開を午前11時10分とします。
     ──────────────・────・──────────────
                 休憩 午前10時57分
                 再開 午前11時10分
     ──────────────・────・──────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 再開します。13番、松下議員。
               〔13番 松下真一議員 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯13番(松下真一) 13番、日本共産党の松下真一です。私は、3月定例会において、人事評価制度と分限処分の運用について質問いたします。
 本市の人事評価制度は、平成20年度の試行を経て、平成21年度より本格実施をされています。人事評価制度の導入に当たり、井本市長は次のように発言をされています。「市民ニーズがますます多様化、複雑化している今日、仕事の量、質に応じた職員の資質や能力の向上が求められています。職員の採用から退職に至るまで、きめ細やかな人材育成・能力開発を進める基本指針は、みずから学び、みずからの力を高める意欲を持った職員の育成を図り、施策を推進することを目的とします。その柱となる面談を重視した育成型の人事評価制度により、個々の職員の能力を把握し、それぞれの能力に応じた指導・育成を行います。人事評価制度の定着後は、職務遂行能力の評価結果によって、適材適所への配置、昇任・昇格などへの反映を検討しております」。
 これは、平成21年3月議会での代表質問への市長回答の抜粋であります。回答の中で、人事評価の本質についてしっかりと語られていますが、人事評価は公平に実施されることが大原則であります。昇格が闇の中で決まっていたり、特定の部署が有利に評価されていたりしてはいないか、また、評価結果そのものを本人に開示し、本人が納得しているかなどが重要であります。
 市長が言われますように、市民ニーズは多様化、複雑化しています。その問題を解決でき得る専門職や専門知識を持った職員の育成は、自治体の最大の責務と言えます。その上で、任命権者の職権により、事業の推進のみを推し進める考えを持つ職員が大勢を占めてしまうようになったならば、人事評価制度は、市民サービスにとっては何の効果もないことになります。
 大野城市の人事評価制度の目的とは何か、その公平性や民間企業との違い、最後に、分限処分の運用についてを伺います。
 では、第1に、人材育成を目的としているその効果は発揮できているのかを、その回答を求めます。
 以上で壇上からの発言を終わり、あとは自席より質問をいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務部長(辻塚 顕) それでは、人事評価制度のその効果についてお答えさせていただきます。
 本市の人事評価制度は、人材育成の基本計画であります「人づくり基本構想」に掲げます目指すべき職員像を実現するために、職員一人一人が自分の強み、弱みを自覚し、それを踏まえて自分の能力を高めることができる職員を育成、支援することを目的としております。そして、人事評価制度及び人材育成方針の周知徹底を図るため、毎年度、職員全員に研修を実施しており、その際の職員アンケートの結果では、この研修に対する評価が高く、内容に対する意見なども多く出されていることから、人事評価制度及び人材育成に対する意識が、職員の間で高まっていると思われます。
 以上のことから、本市の人事評価制度は、本来の目的であります人材育成を進めるための手段として十分機能していると考えております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 松下議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯13番(松下真一) それでは、質問を続けますが、ある民間コンサルの人事課担当者の言葉でありますが、「人事評価は事業成果を上げるための手段である、人材育成は評価制度の一つであり、目的ではない」という厳しい見解を持っている、そういう発言もあるんですけれども、これについて、大野城市の人事課としては、どのように見解を持たれますでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務部長(辻塚 顕) 先ほども申し上げましたとおり、人事評価制度におきましては、大野城市が目指すべき職員像、市民が1番、信頼が1番とかありますけれども、それらの内容を達成する目的で行っている制度であります。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 松下議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯13番(松下真一) 今、職員像、目指す職員像、それから、研修を行って、その実施を行っているということでありますけれども、職員の何を評価をしているのか、まずそれを、回答をお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務部長(辻塚 顕) 何を評価しているかということでございますけれども、本市の人事評価におきましては、職員一人一人が組織の目標を明確に意識して行動した結果を、仕事の成果として検証します業績評価と、仕事上にあらわれた職務行動を、業務マネジメント、人材育成、改善工夫、知識情報活用、チャレンジ精神など、要素ごとに検証する能力評価について、人事評価マニュアルに定めています評価基準に基づき実施しております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 松下議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯13番(松下真一) 職員には、潜在能力やその動機が具体的行動に結びついているかどうか、また、その成果は、その成果を出すためのプロセスというものがあります。そういうものを重視して、また加味して、この人事評価、職員の評価というものを行ってありますでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務部長(辻塚 顕) 具体的行動、成果のプロセスを加味しているかというお尋ねでございますけれども、本市の人事評価につきましては、期首、4月におきまして、明確に課の目標、目的とする業務、これを確認しております。評価におきましては、行動記録、面談記録等、そういった過程がわかるようなものにつきましても、きちんと記録をいたしまして評価をしているところでございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 松下議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯13番(松下真一) 先ほど最初の回答の中で、能力評価とか実績評価の話が出てきておりますが、そのほかに相対評価と絶対評価という四つの評価の方法があります。まず、職員の潜在能力や動機、行動を考慮して、相対評価の中のC評価、D評価という割り当てというのがあるんですけれども、実際に、このC評価、D評価という割り当てというのはされているんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務部長(辻塚 顕) 評価におきましては、先ほど言いました業績評価と能力評価がございます。その中でランクに応じて区分を分けておりますので、C評価、D評価というのも存在しております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 松下議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯13番(松下真一) 能力評価と実績評価のほかに、相対評価と絶対評価というのがあるということを先ほどお示ししました。絶対評価というものをおそらく大野城市でも採用しているんじゃないかと思うんですけれども、絶対評価では、基準が曖昧になってしまうという、一番最初に言いました民間コンサルの人事担当課が言っていたんですけれども、こうしたことが、先ほど壇上で言いましたように、曖昧というか、闇の中で人事評価が決まっている、昇格が決まるという温床になってしまうということで、ここのところが一番大事なんですけれども、この絶対評価では基準が曖昧になってしまうということがあるんですけれども、大野城市ではそういうことはあり得ないんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務部長(辻塚 顕) 闇の中、基準が曖昧ということでございますけれども、本市の人事評価におきましては、仕事の成果に基づき業績評価、職員の職務上に見られた行動に基づく能力評価の複合評価で行っていることは、先ほど申し述べたとおりでございます。
 この中で、絶対評価になるということで、業務の目標等を数値化する、そして、能力におきましても、先ほど言いましたような相対評価にならないように、大野城市におきましては、本年度から新しく能力基準表等を作成して、数値の明確化を図っているところでございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 松下議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯13番(松下真一) 評価の方法は大体わかりましたけれども、それでは、人事評価を行う対象職員の範囲は、どこまでをその対象とされていますでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務部長(辻塚 顕) 人事評価の対象職員のお尋ねでございます。まず、対象でございますけれども、再任用、嘱託、臨時職員を除いた正規職員となっております。
 なお、正規職員についても、育児休業などにより評価期間が3カ月未満の職員及び外部団体へ派遣されている職員は対象外とさせていただいております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 松下議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯13番(松下真一) 正規職員のみが、その人事評価の対象ということでありますけれども、市の業務を担当する職員は正職員だけではありません。臨時職員、再任用、派遣、いろいろあるんですけれども、市の業務を担当する職員の総数が何人で、そのうち、正規職員は何人なんでしょうか。そのパーセンテージをあらわして、お願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務部長(辻塚 顕) ちょっと休憩をお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 暫時休憩いたします。
     ──────────────・────・──────────────
                 休憩 午前11時23分
                 再開 午前11時25分
     ──────────────・────・──────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 再開します。総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務部長(辻塚 顕) 正規職員、再任用職員、嘱託職員、臨時職員の合計の数、それとそのパーセンテージということでお答えさせていただきます。
 まず数字でございますけれども、平成26年3月1日現在、正規職員422名、再任用職員49名、嘱託職員103名、臨時職員194名となっております。
 割合でございますけれども、正規職員が54.9%、再任用職員が6.4%、嘱託職員13.4%、臨時職員25.3%となっております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 松下議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯13番(松下真一) このうち、54%の正職員のみが人事評価の対象であるというふうに、先ほどご回答されたんですけれども、今回、3月定例会の行われる冒頭で、市長が、大野城市嘱託職員の酒気帯び運転被疑行為についてということで報告をされました。嘱託職員の酒気帯び運転の被疑行為、これは、非正規職員だから、また、研修もされていないからこうした行為が起こったということも考えられるんじゃないかなというふうに思うんですけれども、これについてはいかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務部長(辻塚 顕) 市職員としましては、今おっしゃいましたように、正職員及び嘱託職員等も職員となります。そういう位置づけの中で、人事評価制度におきましては、正規職員を対象としておりますけれども、研修等につきましては、採用時の人事課による研修及び接遇等の研修、これらについても対応させているという状況でございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 松下議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯13番(松下真一) 人事評価は、職員の能力向上というものも考えてあります。これは、西日本新聞の2月9日の社説でありますけれども、先ほど、1番議員の質問の中でも、非正規公務員についての話がありました。この社説でも、非正規公務員の処遇改善は待ったなしだということが書いてあります。何が問題かと言いますと、非正規でも公務員であるため、労働契約法やパート労働法が適用されない、ある種の法の谷間の存在とも言えるという、そういう処遇の中で働いているんですよね。
 やはり、正規職員をその人事評価の対象としているということであれば、正規職員の割合をもう少し増やしていかないと、大野城市の市職員としての効率アップ、能力アップには、なかなかつながっていかないんじゃないかというふうに考えるんですけれども、正規職員の割合を増やしていこうという、そういう考えはありませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務部長(辻塚 顕) 職員の採用に当たりましては、今おっしゃいました内容もありますけれども、大野城市の職員構成が将来的に平成18年度に計画しました方針計画にもとづいて、現在実施させてもらっているところでございます。当然のことながら、職員は人件費につながっていきますので、大野城市の行政サービスをするに当たりまして、適正な職員数の配置を事業量等を加味しながら検討していきたいと考えております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 松下議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯13番(松下真一) じゃあ、この評価の内容について進んでいきます。
 人事評価の公平性についてでありますけれども、評価者と被評価者の設定は適正かどうか。その方法について、まず、回答をお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務部長(辻塚 顕) 設定についてでございますけれども、評価者につきましては、係長以下については課長級、課長級については部長級、部長級については副市長、または教育長と、被評価者の仕事の成果や職務行動について、一番身近で把握できる職員が適格者であると判断し、一次評価者として設定しているところでございます。
 また、被評価者の納得性や信頼性を高めるため、一次評価者の上司を二次評価者、または調整者として設定し、一次評価者の評価内容のチェックを行っております。
 なお、評価者及び被評価者それぞれの役割につきましては、人事評価マニュアルに定め、適切に運用しております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 松下議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯13番(松下真一) 一次評価、二次評価についても実施されているということでありますけれども、評価者は課長から上というふうに回答されておりました。係長についてでありますけれども、一番身近に働いている、一緒に働いているという意味では、係長というのは一番最初の上司ではないかと考えるんですけれども、係長が、数少ないとは思いますが、部下の評価作業というのは全く行ってないんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務部長(辻塚 顕) 現在、一次評価者以上につきましては、先ほど言いましたように、管理者であります課長以上ということになっております。ただし、期首面談、そういうときには、補助ということで係長の意見も、面談の中で十分に反映しているものと考えております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 松下議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯13番(松下真一) では、その面接についての評価、これを伺いますが、面接評価の中で、これは公務員や自治体職員としての行動の評価を見きわめるかどうかというのが大切でありますけれども、その評価の方法、面談の方法、一番最初に言いました民間のコンサルタントでは、「特殊能力の評価はしてはならない」というふうなことを言ってありました。
 大野城市では、この面談のときに評価をして、何を見きわめようとしているのか、これについて、まず、回答願います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務部長(辻塚 顕) 人事評価における面接について、全体像をまず回答させていただきます。
 本市の人事評価は、人材を育成し、支援する制度とするため、評価者と被評価者間のコミュニケーションを重視していることから、期首・期中・期末の年3回面談を実施しています。
 面談では、評価者が記録した被評価者の日常の職務行動と指導内容に基づき、被評価者の業務の進捗状況や、職務能力のチェックを行い、的確な人事評価と人材育成へつなげています。
 また、評価者間の評価レベルの差を是正するため、人事評価適正会議を部局ごとに年2回開催し、職務の達成目標のチェック及び評価者同士の着眼点のすり合わせを行っているところでございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 松下議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯13番(松下真一) この面談の評価のときには調整シート、もしくは、調整者会議、先ほど部局ごとでの会議が2回あるというふうに言ってありましたけれども、こうしたときに、調整シートの活用、それから、調整者会議での活用というものは、大野城市ではどのようにされているのでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務部長(辻塚 顕) 休憩をお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 暫時休憩いたします。
     ──────────────・────・──────────────
                 休憩 午前11時35分
                 再開 午前11時35分
     ──────────────・────・──────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 再開します。総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務部長(辻塚 顕) 調整シート及び調整会議ということでございますけれども、調整シートというものではなくて、本市の評価制度の中では、評価表、一覧表というのでしておりますので、このことだと思います。調整会議につきましては、先ほど言いましたように、年2回ということで、最初のほうに言われました相対評価等ではなくて、絶対評価で評価をいたしておりますので、あくまでも評価前の評価ガンのレベルを合わせるために行っているものでございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 松下議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯13番(松下真一) 壇上で言いました、闇の中での評価とか、特定の部署が有利に評価されたりしないかという、このことについてでありますけれども、それを防止するために、360度評価というのがあります。これは、偏った評価や、他の部署から見た評価を重要視するための評価の方法だというふうになっておりますけれども、この360度評価というものは、大野城市では実施をされていますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務部長(辻塚 顕) 360度評価についてお答えいたします。
 本市では、係長級以下の一次評価者である課長級に対しては、人材育成、リーダーシップといった業務マネジメントに必要な評価要素について、部下からの評価を実施しております。また、係長級以下の評価につきましては、期末面談前に部局ごとに実施しています人事評価適正会議の中で、人事評価の要因となった被評価者の仕事上の成果や職務上の行動を、評価者であります課長級同士で相互チェックしていることから、ほぼ360度評価と言われる多方面からのチェックを行っていると考えております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 松下議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯13番(松下真一) この評価結果でありますけれども、これは、当然、本人に開示しているものだと考えますけれども、そうした場合、意に反した評価をされたときには、苦情が言えるような、そういう職場の雰囲気というか、先ほど上司間のコミュニケーションをつくるということも、この評価制度の中には入っているようでありますけれども、本人からの苦情、それも真摯に受けて一緒に考える、また、その苦情の対処方法というものは、どういう方法で接してあるでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務部長(辻塚 顕) 評価における苦情ということでございますけれども、人事評価の結果を被評価者であります職員が知ることは、自分の長所をさらに伸ばし、短所を改善することにつながると考えますから、評価期間の期末に当たる3月に開示しているところでございます。
 また、評価結果に対する不満・苦情の相談を受け付ける人事評価委員会を設置し、職員の人事評価制度への信頼向上及び評価結果に対します理解の促進に努めているところでございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 松下議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯13番(松下真一) 今言われました人事評価委員会というのは、どういうメンバーが当たってるんでしょうか。また、その人事評価委員会では、どのような苦情処理対応というものをされているのでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務部長(辻塚 顕) 委員の構成と役割、対応というご質問でございますけれども、人事評価委員会の委員構成でございます。副市長、総務部長、教育部長、上下水道局長、議会事務局長となっております。
 また、役割でございますけれども、人事評価委員会は、被評価者から提出されました人事評価審査申出書に基づき、人事評価の過程及び結果に対する不満の審査を行い、その結果、再評価の必要があると認めたときは、再評価の必要性の理由を明示し、再評価を行うこととなっております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 松下議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯13番(松下真一) それでは、公務、要するに、自治体と民間企業の人事評価の違いについて伺っていきたいと思いますが、先ほど、一番最初に言いました民間コンサルタントの人事課担当者の弁でありますけれども、「事業成果を上げるための手段であって、人材育成は評価制度の一手段であって、目的ではない」要するに、民間企業は、人事評価をなぜするかと言うと、その会社の業績を上げるためが第一だというふうに、コンサルタントは言ってあります。
 でも、公務員の公務労働というのは、公務を遂行するための研修とか、職員能力を上げるという点では一致する点はあると思うんですけれども、一営利企業の業績アップと、またちょっと違う観点があると思います。
 そういう意味合いで、例えば、給与や勤勉手当、昇給等の処遇への反映、これは、平成21年度の代表質問での市長の回答の中にも、そういうことを反映するというふうに言ってありました。これについては、大野城市は今、どのような状況にありますでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務部長(辻塚 顕) 処遇等への反映の現状でございますけれども、人事評価の処遇反映につきましては、平成24年度から、勤勉手当へ反映しています。また、現在、人事評価制度の昇給制度への反映に向けては、検討を進めているところでございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 松下議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯13番(松下真一) 勤勉手当や昇給等の処遇のほかに、例えば、評価の結果によっては人事異動の対象にもなるかと思いますけれども、人事異動は専門職の育成を阻害していないかというのが、私は危惧するところなんですよね。ある程度、若いときには各部署を回って、いろんな経験をするというのは、確かにスキルアップになるとは思うんですけれども、ある一定年齢になっていくと、人事異動をすることによって、今まで蓄積したスキルを活かせない部署に行ってしまう可能性もある。そういう意味からして、この人事異動については、十分配慮しなければならないと思うんですけれども、今、大野城市の状況については、どのようになっていますでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務部長(辻塚 顕) 人事異動の状況でございます。世代ごとにご説明いたします。
 一般事務職の新規採用職員につきましては、それぞれの適正を確認するとともに、広い視野と職務遂行能力を備えた人材に育てるために、入庁後10年以内に、異なる業務を経験させるジョブローテーションを実施しています。
 入庁後10年以上経過した中堅・ベテラン職員につきましては、職員の能力を活かせる適材適所の人事配置を基本としています。
 このような人事異動や配置により、各職場には、専門的知識や経験を有する職員が育成され、業務が円滑に遂行できているところであり、このことは、人材育成に関する業務においても同様であることから、現時点では、人材育成の役割を担う専門職員を育成するための人事配置は行っていない状況であります。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 松下議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯13番(松下真一) 次に、分限処分についてお伺いいたします。
 懲戒処分というのは、聞きなれた名前なんですけれども、分限処分というのは、また違う処分の方法があります。
 まず最初に、大野城市で分限処分と懲戒処分の明確な違い、その処遇の違いについては、きちっとした適正というか、規定というか、そういうものがしてあるのかどうか、分限処分と懲戒処分の違いについて、まずお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務部長(辻塚 顕) 処分の違いの認識ということだと思いますけれども、分限処分、これは、勤務実績不良、適格性欠如など、一定の事由により職員がその職責を十分に果たすことができない場合に、降任、免職、または休職といった処分を行うものであります。
 これに対して、懲戒処分は、法律違反など、職員の一定の義務違反に対して課せられる制度として、戒告、減給、停職、または免職を行う処分であります。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 松下議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯13番(松下真一) 分限処分の実例についてお伺いしますけれども、例えば、整理解雇的な異動や免職の事例、部署を、今まで大野城市の中でも部署の統合、もしくは廃止というものを行ってきています。そうしたときに、整理解雇的な処分というか、解雇というものが近年よく公務労働の中ではあるんですよね。もうあなたが働ける部署はなくなりましたよと、そういう事例をもって解職に追いやってしまうというか、そうした事例があるわけですけれども、そのような整理解雇的な異動や免職という事例は、大野城市では行ったことがありますでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務部長(辻塚 顕) 今のご質問は、悪意的な退職をするというものでございますけれども、本市におきましては、そういうような事例は一切ございません。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 松下議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯13番(松下真一) 人事院が、この分限処分に当たっての留意点という通達を出しております。市条例には、この分限処分に関する規定というのが明確にしてあるんですけれども、例えば、身分保障の批判を受けないような配慮とか、分限処分を行ったときには、資料収集や人事院への報告というものが、この通達の中には明記されてあります。
 こうしたことをきちっと遵守をしてあるかどうか、これを確認したいと思いますが、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務部長(辻塚 顕) 国の通達に関することでございますけれども、本市では、職員の分限並びに懲戒の手続及び効果等に関する条例を補完するため、分限処分の事由及び内容を定めた大野城市職員の分限処分に関する指針を、昨年、平成25年7月に整備しております。
 なお、本指針は、平成21年3月に人事院が通達した「分限処分に当たっての留意点等について」を遵守している内容となっております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 松下議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯13番(松下真一) 職員の分限処分と、それから、市民サービスの目線での評価が同一かどうか、これについて検証していきたいと思いますけれども、先ほど、分限処分と懲戒処分の内容をお伺いいたしました。分限処分には、公務能率の維持及び公務の適切な運営の確保を目的とするという項目があります。それで免職、降任、休職、降級という四つの処分があるんですけれども、例えば、それを処分するときの明確な職員の態度とか、勤務状況とかいうものが規定をされています。これが、市民目線ときちっと適合しているかどうかについてでありますけれども、例えば、幾つかの事例を言います。
 生活保護の扶養義務の照会文書、これは民法や生活保護法の中に規定をされている文面があります。民法877条とか、生活保護法4条、ところが、これを市に有利な条文のみを掲載して照会文を送付している。また、生活保護受給者に対して丁寧な説明なしに、自立を阻害した事例もあります。それから、生活保護受給者の生活実態や、自立を調査しなかったために、裁判を起こされて、先日、地方地裁で敗訴しています。それから、保育所入所申し込みの結果通知、これには、異議申し立ての教示がない文章を送付し続けていた。これはもう、今、改善されていますけれども、こうしたことが発覚した場合、この職員は、問題職員としてこの分限処分の対象になり得るのかどうか。それとも、いや、これは市の業務を遂行している段階で起こった単なる行き違いであって、分限処分の対象にはならないというふうに処理されたのかどうか。今の事例は総務部長がご存じかどうかというのは、よくわかりませんけれども、こうした事例が起こった場合、大野城市では、分限処分の対象になるかどうか、どのようにお考えでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務部長(辻塚 顕) 私のほうから、個々の事例に対する回答ではなくて、今回、分限に対する考え方というご質問というふうに考えております。そのため、個々の質問のケースには言及できないため、基本的な考え方について回答させていただきたいと思います。
 業務の遂行におきましては、職員がミスをする、業務の内容に間違いがあるということはあり得ると考えております。このような場合は、組織として注意・指導を行い、再発の防止や改善につなげていくものであり、分限の処分の対象となるものではないと考えます。ただし、注意・指導を何度も行ったにもかかわらず、何度も同じミスを繰り返し、改善が見られないときや、故意・悪意により間違いを起こしたときなどは、処分の対象になり得るものと考えております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 松下議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯13番(松下真一) 人事院の通達の中にもありますように、不完全な業務処理による職務遂行の実績が上がらなかったというような中に、やはり、他の職員と比べて窓口対応が悪くてトラブルが多いとか、他の職員がかわって処理をせざるを得なかったなどというものは、その事例の中にちゃんと書いてありますね。
 市民の方からよく苦情をお受けするのが、パブリック・コメントに投稿しても、全く聞く耳を持たないとか、相談があったら窓口に来てくださいというふうに言っても、何の相談にもならなかったというような、そういう批判があるんですよね。
 窓口に行って相談をしたときには、お互いに感情が高ぶって、窓口で言い争いになっているような、そういう場面も時々見受けします。こうしたときには、この人事院の勧告でもありますように、窓口でのトラブルというふうに、やはりうつってしまうんじゃないかなというふうに考えます。
 これを、分限処分の対象までは至らないというふうなことであれば、市民の意識と大野城市の職員の対応というのは、少し乖離しているのではないかというふうに思いますけれども、その点について、この分限処分を実施する状況、どこまで行ったら分限処分に値するのか、これについてのお考えをお聞きします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務部長(辻塚 顕) 先ほど、例に挙げられましたパブ・コメの意見、窓口の接遇、これに関しましては、先ほど人事評価の中で言いましたように、市の計画、それを実現するために、課の目標を定めております。職員間がそういう共通認識を持って職務を遂行するというのが、まず第1点に求められるものと思います。
 窓口等の対応につきましては、これも人事課のほうが行っております職員研修の窓口応対研修等々で職員の能力を高めていくというようなことから進めているところでございますので、先ほど言いましたように、分限処分としましては、注意、指導を何度も行ったにもかかわらず、改善しないというようなことが対象になりますので、その辺については、非常に慎重に行わなければならない問題だと考えております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 松下議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯13番(松下真一) 私は、分限処分を、必要以上に行使しなさいという考えではないんですよね。一番最後に書いている任命権者の裁量権、裁量的判断で物を言えぬ職員をつくっていないか、これを危惧しているからこそ、この問題も言っているんですけれども、例えば、これを阻止するために、大野城市ではどのような施策や対策を講じているんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務部長(辻塚 顕) お答えします。まず、処分は、任命権者の裁量的、または恣意的な判断とならないように、客観的な資料・事実に基づき、制度の趣旨に沿い、適正な判断をもとに行う必要があると考えております。
 そのため、分限や懲戒処分におきましては、その手続が公正に実施されるという保証のもとに、職員の権利を擁護し、その効果について、限界を明らかにするためにも、条例や規則を制定しているところでございます。
 さらに、本市におきましては、大野城市職員の分限処分に関する指針を定め、処分の適用基準や手続の詳細について明確にしております。
 また、勤務実績不良、または、適格性欠如などによる処分に当たりましては、市長は、案件を大野城市職員懲戒等審査委員会に諮問し、その答申を受け入れなければならないこととなっております。
 対象となりました職員についても、処分に至るまでは、改善に向けて注意指導を繰り返し行い、一定の期間観察するとともに、弁明の機会を設けております。また、処分に不服がある場合の不服申し立ての制度も整えているところでございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 松下議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯13番(松下真一) 指針をきちっと方針を出してあるということなんですけれども、平成21年度の市長の答弁の中で、市長は、「人づくり基本構想は、全庁的、かつ総合的な施策を推進することを目的とする」ということを言ってあります。これに違反した場合、市長の裁量権で分限処分が行使されるんじゃないかなということも、やはり危惧するんですよね。これをされると、公務労働に対する人事評価と分限処分の運用が曖昧になってしまう。要するに、市庁舎の中で決めた、そのことに異議を申し立てる、また、それに遵守しないような職員に対しては、処罰が来るという、そうした恐怖感を持たせるんじゃないかということを危惧するんですけれども、こうしたことが全くないようなことを、その指針の中には明記されているんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務部長(辻塚 顕) 先ほどの回答にも申しましたように、市長が直接そういった処分を行わずに、大野城市職員懲戒等審査委員会、これは規則で定めております、ここで諮問すると、そして、市長に答申するという内容になっておりますし、当然、職員は、地方公務員法等の各種法令、条例等の遵守義務があります。最終的には、全体の奉仕者として、市民の方に対するサービスを行うという目的に沿って、著しい行動をするような者に関しては、公平・透明性を確保する点から、分限処分等の指針を定めているということでご理解いただきたいと考えております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 松下議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯13番(松下真一) 今回、人事評価制度と分限処分の運用についてということで質問をいたしましたが、市民は、市の職員に対して、行政のプロ、能力・知識・態度・価値観、こうしたものを総合して市民サービスをしていただけるものと期待をしていると思います。
 反面、需要の多様化で職員の責務も拡大しているのは現実だと思います。先ほど、正規職員と非正規職員のパーセンテージをお伺いしたところ、保育施設であっても、それから、本庁であっても、半分近くが非正規労働であるということ、こうしたことは、人手不足という根本問題を直視せずして、人事評価制度は成立しないということも一緒に考えるべきだと、私は思います。
 人材育成は、職場の環境づくりも進めて行っていただきたいと思います。それが、市民サービスの向上につながるものだと、私も思っております。
 また、風通しの悪い職場、また、風通しの悪いコミュニケーションの場であったら、市民サービスの低下にもつながりますし、ましてや、市長が裸の王様にならないためにも、こうした職員間のコミュニケーション、また、分限処分をどのようにして活用していったら、職員の能力が増していくか、そういうことも総合的に考えて、住民サービスを行っていただきたい、このことを希望して、一般質問を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 要望でよろしいですね。

-------------------------------------------------------------------------------

◯13番(松下真一) はい。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 暫時休憩をいたします。再開を午後1時10分といたします。
     ──────────────・────・──────────────
                 休憩 午後0時02分
                 再開 午後1時10分
     ──────────────・────・──────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 再開します。18番、清水議員。
               〔18番 清水純子議員 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯18番(清水純子) 私は、3月定例会におきまして、福祉部関連の法改正に伴う今後の取り組みと実施に至るまでの職員体制について質問をいたします。
 我が国の合計特殊出生率は、平成17年に1.26と過去最低を更新し、その後横ばい、そして現状では、平成24年も1.41と低い水準にとどまっており、依然として少子化が続いていることは、既にご承知のとおりです。厚生労働省の調査によれば、独身男女の9割が結婚意欲を持っており、結婚する意思のある男女が持ちたいと考えている子どもの数は、二人以上となっています。しかし、実態は、この希望が叶えられていません。
 子どもを持ちたい男女が子どもを持てる社会、子どもたちが安心して健やかに成長することのできる社会の実現を目指して、政府は社会保障・税一体改革において、社会保障に要する費用の主な財源となる消費税の充当先が、現在の高齢者向けの基礎年金、老人医療、介護の3経費から、年金、医療、介護、子ども・子育ての社会保障4経費に拡大され、現役世代を含む全世代型の社会保障へと転換が図られました。
 新たな次世代育成支援として、質の高い幼児期の学校教育・保育の総合的な提供や地域の子育て支援充実のために、子ども・子育て支援新制度が来年4月から始まります。平成26年度の施政方針の中で、子ども・子育て新制度を踏まえた施策を井本市長からも述べられました。
 そして、少子高齢社会と相まって、人口減少に歯どめがかからなくなる、そのことは経済発展にも大きな影響を及ぼすとして、政府は経済成長戦略に女性の就業促進が鍵として、女性の活躍推進を掲げました。このことは、欧米から強く言われたことにも影響力があったと考えられています。
 2020年までに、社会のあらゆる分野で指導的地位の女性が占める割合を30%以上とするとの総理の成長戦略目標も示されました。働き方の選択肢、保育の選択肢が広がり、働く女性が増えることで、家事や育児、家族のあり方が変わり、市場の動きも大きく変わると期待されています。出産・育児でやむを得なく仕事をやめ、子育てが一段落したら非常勤やパートで働く日本独特のM字型雇用体系では、指導的地位に女性を30%にすると総理が幾ら言っても絵に描いた餅であり、さらに女性の活躍推進などはあり得ません。
 子ども・子育て支援、少子化対策、仕事と子育ての両立支援として、制度の抜本的な拡充と条件整備の向上のために児童福祉法も改訂されました。これにより、事業の設備や運営について、市町村が条例で基準を定めることとなり、対象児童の明確化、市町村の関与の強化、情報収集の規定、また、指導員の資格や配置基準なども決められました。質の高い幼児期の学校教育、保育、地域の子育ての充実と待機児童の解消、そして、切れ目のない子育て支援の体制整備が急務です。
 そのための準備が現在進められていることと思いますが、その取り組みについて質問をいたします。
 1点目は、子ども・子育て支援法、児童福祉法改正による学童保育の今後についてです。政府は、2015年4月1日施行を目指していますが、その基本となる留守家庭児童保育所に係る条例は、いつごろまでに、どのように改正されるのでしょうか。
 以上、壇上からの質問とし、あとは自席にて再質問をいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) こども部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども部長(大内田京子) 条例の改正の時期ということでお答えいたします。
 本市の留守家庭児童保育所に関する条例であります大野城市留守家庭児童保育所の設置及び管理に関する条例の改正につきましては、厚生労働省令が発令された後に、入所要件などの改正を必要に応じて行うこととなります。
 条例改正の時期につきましては、現在のところ、厚生労働省令が示されていないため未定ですが、平成26年度中には行う必要があるものと考えております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 清水議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯18番(清水純子) 条例とか事業計画を策定する場合、利用者の複数参画ということを考えておられますか。
 2点目は、そのことと法改正により、現状、学童保育は3年生までですが、3年生から6年生へと引き上げになりました。その学童の実数と予測数についてお尋ねします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) こども部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども部長(大内田京子) 条例の改正につきましては、子ども・若者育成会議でも検討していただくこととしておりますので、そこでたくさんの意見をいただきたいと思っております。
 それと3年生から6年生へと引き上げになった場合の予測数ということでございますが、仕事と家庭の両立支援と子育て支援のさらなる充実を目的として児童福祉法が改正され、放課後児童健全育成事業における保育を行う児童の対象が、10歳未満の児童から小学校に就学している児童へと拡大されることとなりました。
 この放課後児童健全育成事業につきましては、本市における留守家庭児童保育所運営事業を指しますが、本市の留守家庭児童保育所の状況としましては、現在、原則小学校3年生までの児童が保育の対象となっており、現在、平成25年12月末で676名が入所しております。
 今後、条例を改正し、小学校6年生までの保育を行うこととなった場合の入所児童の見込みにつきましては、既に小学校6年生まで受け入れを行っている近隣市の入所率を参考に試算を行いました。その結果、小学校4年生から6年生までの入所児童見込み数は、通年で約130名となっています。この見込み数につきましては、今後の児童の入所状況や現在取りまとめを行っております子ども・子育て支援に関するニーズ調査の結果など、さまざまな要素に基づき、改めて試算を行いますので、今後、変動する可能性がございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 清水議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯18番(清水純子) これからというところで、実数の見込みを答弁いただいたんですが、次の3点目の質問です。午前中の1番議員さんと少しダブりますので、2点だけ質問をさせてください。
 学童保育は、ご承知のように、働く親を持つ子どもたちの毎日の生活の場であると思っています。毎日のおやつも当然ながら、健康や安全の管理など、養護を含めた基本的な計画が保障されなければなりません。その辺はどのようにお考えでしょうか。
 それとあと一点、今回、3,000人の方のアンケート調査をして、それを基礎データとして今後の計画策定に活かされることになるようですが、このアンケートは、国のひな形どおりに調査をされたのか、大野城市の特徴も盛り込まれたのかお尋ねします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 休憩しますか。
 暫時休憩します。
     ──────────────・────・──────────────
                 休憩 午後1時21分
                 再開 午後1時21分
     ──────────────・────・──────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 再開します。こども部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども部長(大内田京子) 学童保育所の質の保障ということでございますが、これは、今後、策定していきます子ども・子育て支援事業計画の中で保障とみなせるものを織り込んで、計画の中で取り組んでいきたいと思います。
 それとアンケートの内容でございますが、学童保育所につきましては、国のひな形どおりのアンケート調査となっております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 清水議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯18番(清水純子) 時間的な余裕もなかったということかもしれませんが、アンケート調査はニーズ調査ですから、どういう要望を持っているかという掘り起こしですから、大野城市の特徴も盛り込んでいただければよかったんではないかと思っています。
 それと、前段の健康や安全、おやつの面とかも、計画の中に織り込んでいくということなんですが、でも、基本は行政がきっちり持っていないといけないと思うんです。ですから、委員会の中で議論されることも必要ですが、ここは絶対に譲れない、基本だというところをしっかり持っていただきたいということで質問をしたんですが、その辺はいかがですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) こども部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども部長(大内田京子) 方向性としまして、子どもたちの安全な健全育成という形を担当課のほうでもきっちり取りまとめまして、委員会なんかでも、それに沿って意見をいただいていきたいと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 清水議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯18番(清水純子) 続きまして4点目は、子どもの成長段階に見合った適切な指導、あるいは援助が行われることも、今回の大きな改正の役割の一つになっています。指導員の位置づけが明確化されました。質の向上も含めた学童保育の基準を定める条例を制定することになりますが、どのような手順で実施されていくのでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) こども部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども部長(大内田京子) 児童福祉法の改正により、留守家庭児童保育所の設備及び運営につきましては、新たに厚生労働省令で定める基準を踏まえて、市条例で定めることとなります。新たに厚生労働省令で定める設備及び運営の基準について検討を行うために設置されました社会保障審議会児童部会の放課後児童クラブの基準に関する専門委員会報告書によりますと、留守家庭児童保育所に配置する指導員については、保育室の規模に応じた指導員の人数や有するべき資格の要件などについて、定めるべき基準が具体的に示されています。今後、厚生労働省令で示されることとなる従うべき基準や検討の上必要に応じて定めるべき基準に基づき、本市の条例改正を行い、留守家庭児童保育所の運営に反映させていきたいと考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 清水議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯18番(清水純子) 今までと違いまして、先ほど申し上げましたように、指導員も一定の資格が要るようになります。ぜひ、その辺のところも十分踏まえていただきますようにお願いいたします。
 続きまして5点目ですが、児童の生活の場としての機能が十分に確保されるためには、専用室の面積を児童1人当たりおおむね1.65m2以上とすることが望ましいと言われていますが、なかなか現状は、そうであるところ、そうではないところといろいろあると思うんですが、人数が増えることを考慮した場合、どのように確保されるのでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) こども部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども部長(大内田京子) 入所児童の増加により、保育スペースが不十分な学童保育所につきましては、現在のところ、小学校の空き教室や特別教室を利用するなどの工夫をしながら、児童1人当たりの保育面積の確保を行っている状況でございます。
 しかしながら、今回の児童福祉法の改正等により、今後、1クラス当たりの規模の縮小や高学年を受け入れることによる入所児童数の増加により、学童保育所の保育スペースに不足が生じることが予想されます。また、現在利用している小学校の空き教室につきましては、児童数の状況によるところが大きく、今後の利用が難しい状況も想定されます。
 このことから、各学童保育所ごとに保育面積の不足が予想される状況を速やかに把握し、教育委員会と連携をとりながら、小学校の空き教室利用の可否や保育施設の整備、拡充など、総合的に勘案の上、必要な保育スペースの確保に向けて取り組んでいく必要があると考えております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 清水議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯18番(清水純子) 大野城市ではそういうことはないと思いますが、なかなか教育分野は文部科学省と厚生労働省との間は縦社会になっていまして、横の連携がうまくとれなくて、空き教室を利用するのが難しいという声も聞かれています。大野城は決してそういうことないと思いますので、ぜひ、その辺はうまく連携をして、人数が増えるであろう生徒のために、何とか普通の生活スペースがとれるように確保していただくことを要請します。
 それと、病気になったとき、ちょっと横になる静養室とか、障がい児用のトイレのあるところとないところとあるようですが、これは前回も何回か質問しまして、せっかく取りつけていただいたんですが、温水シャワーが余り利用されていないように見受けられます。換気とか、日照とか、冷暖房とかあると思うんですが、それらの衛生及び安全は確保されるのでしょうか。それも基本のところなので、お考えをお聞かせください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) こども部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども部長(大内田京子) 今おっしゃいましたシャワールームに関して、まずご説明いたします。
 三つの学校でシャワールームが設置してあります。しかし、いずれも温水が出ないという状況でございます。そのため、使用していないのが現状でございます。温水が出るシャワーとしましては、今後、検討していきたいと思います。
 それから、トイレの手すりでございますが、トイレの手すりについては、3校がついていない状況でございます。大野北小学校と下大利学童は、校舎内の学童保育となっておりますので、手すりがついているトイレの使用をお願いするという形で、あと月の浦小学校が次回の大規模改修での設置になってくるかと思っております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 清水議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯18番(清水純子) これから入所基準も変わり、先ほども申し上げましたように、障害手帳あるなしにかかわらず受け入れることになりますので、ぜひ、その辺の配慮を。特に、せっかくあるのに温水が使えないというのは、子どもたちにとってもちょっとつらい面もあると思いますから、よろしく配慮をお願いします。
 次に、大きな2点目ですが、障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律、省略して障害者総合支援法というのが改正されました。今年4月から施行されていますが、一部は来年4月の施行になっています。まずは、障害者自立支援法から障害者総合支援法に変わったその内容についてお尋ねをします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福祉高齢部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉高齢部長(渋谷亮二) お答えします。平成24年6月20日に成立いたしました障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律、いわゆる障害者総合支援法につきましては、その一部が平成25年4月1日から既に施行されております。それ以外につきましては、平成26年4月1日から施行されることになっております。
 平成26年4月1日施行分の改正内容といたしましては、障害者程度区分から障害者支援区分への変更、ケアホームのグループホームへの一元化、地域移行支援の対象拡大、重度訪問看護の対象拡大となっております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 清水議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯18番(清水純子) 次に、相談支援の充実ですが、特に精神障がい者の退院支援は、受け皿づくりがとても大切だと思うんですが、相談支援の中で、地域移行支援の数が少ないと思うんです。その体制はどのようになっていますか。また、介護保険のように、個人別ケアプランを今回からつくるようになっていると思うんですが、人材と指定事業者が少ないともお聞きしています。現状と今後の課題を、今後の対応をどのようにされるんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福祉高齢部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉高齢部長(渋谷亮二) まず、障がい者の支援につきまして、お答え申し上げます。
 現在、障がい者の地域移行支援につきましては、医療機関や相談支援事業所、障害福祉サービス事業所等と連携をとりながら、サービス等利用計画の作成、それから、障害程度認定区分の調査、審査などを進め、本人の意向や状態に配慮しながら慎重に地域への移行後の定着を図っておるところでございます。
 続きまして、相談支援の充実についてということで、サービス等利用計画の策定状況でございます。現在、障がいのある人の福祉サービスの利用などに関する相談につきましては、社会福祉士、それから、精神保健福祉士を初めとした福祉課職員で対応いたしております。本人や家族の意向、本人の生活状況や障害程度区分などに応じたサービスの利用につなげておるところでございます。
 平成24年4月から障がい者ケアマネジメントの手法を支援プロセスに明確に反映させる仕組みが導入され、障害福祉サービス利用申請者に対しましては、指定特定相談支援事業所で作成されましたサービス等利用計画書の提出を求めることになっております。
 障がいのある人がさまざまなサービスに関する情報を取得し、自分に合った複数の社会資源を適切に組み合わせ、活用し、よりよい地域生活を実現するためには、サービス等利用計画の作成は重要なものであると考えております。
 本市内での指定特定相談支援事業所の指定状況を申しますと、平成25年4月1日にはまゆうワークセンター大野城が事業所の指定を受けております。また、社会福祉協議会におきましては、現在、指定を受けるための準備を行っているところでございます。
 現在、市内の障害福祉サービス等受給者のサービス等利用計画の策定率は2.8%となっておりますが、本市では、サービス利用申請者の計画の作成を進めるために、指定をめぐる事業所の動向を注視するとともに、指定を受けた事業所との連携を図っていきたいと考えておるところでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 清水議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯18番(清水純子) 指定を受けた事業所との連携というのは、絶対必要なんですね。というのは、今も部長が答弁されましたけれども、サービス利用計画をつくるためには、報酬が安いんですね。そのために、なかなか利用計画の策定が進んでいないという側面もあるんではないかと思います。それは、他市でも同様だろうと思います。
 サービスの利用計画の内容も、一事業者の一サービスではサービスにならないんですね。そのためには、例えば月曜日から金曜日まではB型に通っていますというだけのサービスではなく、やはり移行支援とかホームヘルプサービス、いろいろなものをかみ合わせながら、うまく複数の事業所に通う計画を、今、部長が言われましたように、複数の資源を利用してケアプランを立てていくことがより重要になるんだろうと思いますので、今後ともその一番厳しいところをクリアしていただくようにお願いをします。
 3点目は、自立支援協議会でテーマ別に部会を設けたり、あるいは困難事例の検討などをしながら、必要なサービスをつくったり増やしたりされていることと思います。その自立支援協議会の成果と課題についてお尋ねします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福祉高齢部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉高齢部長(渋谷亮二) 自立支援協議会の成果と課題についてのお尋ねでございます。
 自立支援協議会は、障害者総合支援法第89条の3に基づき設置されるものでございます。関係機関等が相互の連絡を図ることにより、地域における障がい者などへの支援体制に関する課題について情報を共有し、関係機関等の連携の緊密化を図るとともに、地域の実情に応じた体制の整備について協議を行う場でございます。
 本市におきましては、市単独で大野城市自立支援協議会を設置するとともに、筑紫地区4市1町におきましても、共同で筑紫地区地域自立支援協議会を設置いたしております。大野城市自立支援協議会は、相談支援事業者、福祉サービス事業者、保健、福祉、医療関係機関、教育、就労関係機関、当事者団体で構成されておりまして、全部で25の機関の参加を得ており、月1回以上の会議を行っておるところでございます。
 本協議会の成果といたしましては、関係機関から提出される処遇が難しい個別事例について、関係機関の間で情報を共有するとともに、各関係機関が持っておりますネットワークを共有することにより、対象者に対する支援体制を整備することができております。また、この事例の背景にある地域課題の抽出とその課題に対する対策の検討を行うことができたこと、これらが成果として上げられるところでございます。
 本協議会の課題につきましては、地域の障がい者等へのさらなる支援体制の整備を図るために、大野城市域を中心とした関係機関等のネットワークの拡大と整備、個別事例の集積とそこから導き出される地域課題の抽出、分析、それと検討作業の進展、また、筑紫地区地域自立支援協議会との連携の強化などが上げられます。
 筑紫地区地域自立支援協議会につきましては、現在、先ほど申しましたような関係機関、全19の機関により構成されておりまして、こちらも月1回以上の会議を行っております。
 本協議会の成果につきましては、筑紫地区広域での関係機関等のネットワークの構築等を進めることができたこと、また、今年度設置いたしました二つの専門部会により、専門的な議論を進めるとともに、支援体制の整備を図ることができたこと、これらが成果として上げられます。
 本協議会の課題につきましては、地域の障がい者等へのさらなる支援体制の整備を図るために、筑紫地区広域での関係機関等のネットワークの拡大と整備、専門部会活動の進展、筑紫地区各市町の自立支援協議会との連携の強化などが上げられます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 清水議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯18番(清水純子) ご答弁いただきました筑紫地区の二つの専門部会というのは、どういう専門部会でしょうか。
 それと、この協議会の中で、先ほども申し上げましたけれども、精神障がい者の受け皿づくりというのは課題に上がっているんだろうと思うんですが、その辺はどのようになっておりますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福祉高齢部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉高齢部長(渋谷亮二) 筑紫地区の自立支援協議会での専門部会にはどういう部会があるかということでございます。
 現在、地域連携パス部会と地域養護部会の二つが筑紫地区の自立支援協議会の中にございます。今、ご質問がございました障がい者の自立に向けたいろいろな支援につきましては、地域連携パス部会で協議をいたしておるところでございます。これにつきましては、精神障がい者等が地域生活を送って行く上で、本人がかかわっている医療機関、それから、事業所間等での情報共有を図るツールとしてのパス、いわゆる紙媒体での本人情報であるとか、本人の要望、心身の状態、こういったものが記載されておりますパスでございます、これの作成、周知、普及を行う部会として取り組んでおるところでございます。平成25年度につきましては、このパスが作成段階までほぼ完成しており、今後、関係者への周知やパスの普及を図っていくことにしておるところでございます。権利擁護部会につきましては、障がい者の虐待についての事例検討、研究を行う部会として設置いたしておるところでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 清水議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯18番(清水純子) 私が特に精神障がい者のことをお尋ねしたのは、私たちも高齢者になっていけば心の病にもなりますし、特に日本の社会では心の病が増えているのが、大きな社会的な問題になっているものですから、お尋ねをしました。
 それで、4点目です。今回の総合支援法の中には、難病疾患、130の疾患が支援の対象となりました。その対象人数、疾患も130というのは大変な数ですから、大野城でどれぐらい対象の方がいらっしゃるのか、大まかでいいので、お尋ねをします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福祉高齢部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉高齢部長(渋谷亮二) 難病疾患の患者の数ということでございます。
 平成25年4月1日から、制度の谷間のない支援を提供する観点から、難病患者などにおきましても、障害福祉サービスの対象となりました。対象となる130の疾病全てについて、対象者数の把握はいたしておりません。そのうち、特定疾患医療受給者証による医療費助成の対象となる56疾患の大野城市での対象人数は、平成25年3月末現在で576名となっております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 清水議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯18番(清水純子) 制度が新しくできたということを知らない難病の方もいらっしゃると思います。そういう方たちに対しての周知方法、正しくきちんと周知されているのか、今後の周知方法等についてお尋ねをいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福祉高齢部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉高齢部長(渋谷亮二) 難病の患者さんが福祉サービスの対象となったということでございます。周知に関しましては、今後とも引き続き、広報等で周知をいたしてまいりたいと思っております。
 それと、もう一つにつきましては、難病の患者さんは全てどこかの医療機関に通院をされている、もしくは入院をされている状況であろうかと思っておりますので、医療機関を通じました広報等についても考えていきたいと思っておるところでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 清水議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯18番(清水純子) ぜひ、医療機関との連携を密にしていただき、漏れがないような周知活動、周知方法をお願いいたします。
 来年4月に向けて、個別計画とか、あるいは相談支援事業、そして、見えにくい虐待の対応、そして、研修とか啓発など、数多くの作業が山積していると思うんですが、担当者で可能なのでしょうか。何人ぐらいでこの仕事をこなしていかれるんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福祉高齢部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉高齢部長(渋谷亮二) 現在、福祉課の担当の中で準備を進めております。一つは、厚生労働省からなかなか通知、通達、これが遅いという点もございます。ただ、今、担当の中では、そのような通知がまだ正式には全部来ていないんですが、準備を進めておる段階でございますので、皆頑張って、4月1日の施行日に間に合うように鋭意努力をいたしております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 清水議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯18番(清水純子) 仕事ですから頑張ってやらなくてはいけないんでしょうけれども、頑張り過ぎると心の病になる可能性が大いに高いですから、その辺も十分配慮していただきたいと考えます。
 そこで、最後の大きな3点目の質問ですが、今回、前段に子ども・子育て新制度の留守家庭児童保育所一つのみ質問しました。障害者総合支援法もほんの一部です。たくさんの法律が改正になりました。もちろん、精神保健福祉の改正、障がいを理由とする差別の解消を図るための法律、福祉部門にたくさんあると思いますが、そういう法改正に伴う条例の制定とか、改正は幾つあるんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) こども部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯こども部長(大内田京子) それでは、子ども部関係のご回答をいたします。
 子ども・子育て支援法及び児童福祉法の改正に伴い、本市の条例の改正等に影響が及ぶと想定されるものや新たに条例の制定が必要と想定されるものは、現在把握しているもので、合わせて8件でございます。
 本市の条例の改正等に影響が及ぶと想定されるもので主なものは、大野城市保育所設置条例や大野城市留守家庭児童保育所の設置及び管理に関する条例が上げられます。また、新たに条例の制定が必要と想定されるもののうち主なものは、地域型保育事業の認可基準や放課後児童健全育成事業の設備運営基準、給付対象として確認を受ける幼稚園、保育所などの運営基準などが上げられます。
 条例の改正及び制定を行う時期につきましては、先ほども申し上げましたように、厚生労働省令が示されてからとなりますが、遅くとも平成26年度中には行う必要が生じてくるものと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福祉高齢部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉高齢部長(渋谷亮二) 総合支援法に関するところの法改正に伴います条例の改正について説明申し上げます。
 今回の法改正に伴う条例の改正につきましては、大野城市重度障害者医療費の支給に関する条例及び大野城市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の2件の条例改正が必要ですが、両条例とも平成25年3月に上程し、改正を行っております。また、制定、改廃について議会で議決を必要とする規約といたしましては、筑紫地区障害程度区分等審査会の共同設置に関する規約がありますが、今回の法改正に伴う本規約の変更につきましては、平成25年12月議会に上程し、承認をいただいておるところでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 清水議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯18番(清水純子) 時期は、来年スタートが大半だろうと思いますが、大体、法律は実施して3年後見直しというのがありますので、それに向けても、またスタートしてもいろいろな手続上の問題があると思います。次の質問です。先ほども部長答弁で、頑張りますということなんですが、今の体制で十分なのかどうかを再度お尋ねします。まだ厚生労働省からの省令等が定まっていない部分もあるということですが、いずれ定まると、ばたばた決めなくてはいけない。その辺の対応はどのようにお考えでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福祉高齢部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉高齢部長(渋谷亮二) 現時点で、まだ省令等が定まっていない部分がございます。あと、それに伴います事務システム、こういったものも改正が必要になってまいります。現在の福祉課の職員の中で体制を組んでやっておりますが、当然、一時期に集中する業務も生じるのではないかと考えておるところでございます。そういう業務が重なった折につきましては、福祉課のみならず、福祉高齢部総出で、事務を短期間でやらなければならないときは集中して、何とか期日までには間に合わせていきたいと思っておるところでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 清水議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯18番(清水純子) なかなか人事の問題は、部長、大変ですよね。答えられないんですよね。足りないと言っても、そういうことは通らないでしょうから。
 続いて3点目ですが、現在、職員の育児、介護休暇を除く長期休暇は何人ぐらいいらっしゃるんでしょうか。そして、その後補充というか、補充体制はどのようになっていますかお尋ねをします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務部長(辻塚 顕) 職員全般の育児、介護休暇等の質問でございますので、私のほうから回答させていただきます。
 心身の疾病で長期の療養をしている職員、これは休職180日を超える休養でございますが、休職をしている者が今年度は5名、うちメンタルの不調による者は4名でございます。なお、3カ月以上の病気休暇の者を含めますと合計で11名、うちメンタルの不調による者が10名でございます。
 長期の病気休暇や休職の職員の業務につきましては、基本的には臨時職員を配置することで対応しております。なお、臨時職員を配置する期間でございますが、単に休暇や休職の期間だけではなく、休暇、休職からの復帰後もしばらく任用するなど、所属課の意見、希望も聞きながら、個々の状況に応じ、柔軟に対応させていただいております。
 休暇、休職の職員が安心して療養でき、かつできる限り周りの職員の負担も軽減できるように配慮しているところでございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 清水議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯18番(清水純子) 結構多いですね。これを臨時職で対応されているようですけれども、先ほど13番議員さんの答弁の中でも、比率をお聞きしていましたら、職員422人、54.9%なんですね。この中には、保育所の職員157名とプラス栄養士さんも含んでいますから、数がもうちょっと変わってくるんですけれども、そこと、あと非正規雇用者が45.1%になっていますね。そうしますと、いろいろ言っても、臨時職員の方とかパートの方に仕事をしてもらっても、最終チェックは職員が行わなくてはいけないと思うんですが、その辺はどうなんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務部長(辻塚 顕) 今おっしゃるように、最終的なチェック、こういうことも含めまして、正規職員が行う業務と臨時職員で行える業務があると思いますので、業務全体の割り振りも含めまして、病気休暇等には各所管課のほうで対応させていただき、その内容に基づきまして、また別に人事課と協議して、その都度、柔軟に対応している状況でございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 清水議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯18番(清水純子) 人事の問題というのは、一議員がいろいろ質問してもなかなか難しいとは思うんですけれども、市民の安全で安心な暮らしというのは、いろいろ批判があるにしても、それは小さな声で、やはり市民としては、職員の皆さんが支えていただいているからこそ、安心、安全な生活が営まれているのではないかと思います。
 それで、働く体制と管理、体制は今いろいろお話を伺いましたけれども、健康管理はきちんとなされているのでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務部長(辻塚 顕) 健康管理につきましては、市としても、今、議員さんがおっしゃいましたように、市民の暮らしを支えるために、職員が心身ともに健康で、その持てる力を発揮し、業務を行っていくことができるように支援しなければならないものと考えております。
 このことから、職員の健康管理のため、特に疾病の予防や早期発見の観点から、さまざまなことに取り組んでおります。一つ目は、総合健康診断で、全職員を対象に毎年実施しております。また、この中でストレスチェックを行い、その結果、メンタル面で不調に陥っている、または陥る可能性がある職員には、臨床心理士によるカウンセリング行い、指導支援に役立てております。
 二つ目は、ビジュアルディスプレイターミナル、いわゆるVDTと言いますけれども、VDTの作業健康診断、これはパソコンなどの画面を見ながらキーボードを操作する作業、業務に長時間従事しており、これによる生じる健康被害を予防するために行っているものでございます。
 三つ目は、産業医の体制の充実を図るもので、本市は、心、メンタルと身体両方の専門医を1名ずつ委嘱しております。現場巡回、これは職場環境のチェックや健康診断の結果に対する所見、時間外勤務の多い職員などを対象にして、定期的な面談を行ってもらっております。
 四つ目は、今年度から実施しておりますEAP、職員援助プログラムでございます。これは、市が専門の事業者と委託契約を結び、実施しているものでございます。内容は、職員またはその家族が心身の健康、仕事、プライベートの問題などさまざまなことを電話、電子メール、または面談により、専属の臨床心理士や精神保健福祉士に相談できるという仕組みです。職場には相談した本人を特定できる内容が報告されるようなことはないようになっております。このように、相談しやすい体制とすることで、特にメンタル面の疾病の早期治療、予防に効果があると考えております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 清水議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯18番(清水純子) 今、最後のほうにおっしゃいました職員の援助プログラムの中で、そういうのを利用していらっしゃるのは、数的にはどれぐらいいらっしゃるんですか。その効果もあるように今お聞きしましたけれども、その辺はいかがなんでしょう。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務部長(辻塚 顕) 本年度からEAPは実施しておりますので、6月から12月現在ということで回答させていただきます。
 件数としては76件、人数的には17人程度で、お一人4.5回程度という内容です。方法は、電話が30件、メールが38件、直接の面接、面談が8件という内容です。相談の内容でございますが、休職されたり復職するときの問題、メンタルヘルス、いらいらとかそういった不安ですね、それと対人関係、これらが主な内容になっております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 清水議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯18番(清水純子) こういうメンタルな面は、なかなか質問もしづらいところがあるんですけれども、育児休職も介護休職、介護休職は余り長くないんでしょうが、育児休職もそうですが、現場復帰するときの不安はたくさんあるんですね。育児は社会的にある程度認められていますから、さほどでもないんでしょうけれども、こういうふうにメンタルで職場復帰するときというのは、とても微妙だろうと思います。その辺は、なかなか専門医でないと難しい面があるんだろうと思いますが、職場の周りの配慮も大いに必要があるんだろうと思います。腫れ物にさわるとか、いろいろな言葉がありますが、ぜひそういうふうにならないために体制づくりをしてほしいと思います。
 それで、少ない職員体制の中で、地域の活動あるいは消防団が少ないので消防団も入る。祭りなど大野城は数多くの行事がありますが、そういうのに参加していくことがプレッシャーにならないように、また、まさかと思いますが、そういうことは人事評価の対象にならないんでしょう。一応、念のためにお尋ねします。地域活動に参加することが人事評価の対象となるのか、その辺もあわせてお尋ねします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務部長(辻塚 顕) 人事評価につきましては、先ほど13番議員さんでありましたけれども、業績評価と能力評価となっております。そういうことで、そういったボランティア活動、こういうことに関しては、直接的には人事評価の対象にはなっていないのが現状でございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 清水議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯18番(清水純子) 3.11以来、自治体防災というのが大変重要な課題になっていると思います。その中でも、公共施設の安全の確保と行政機能の維持対策を総合的に推進する、それは本当に行政の責任だろうと思うんですが、そのことを含めて、今後の職員体制というのはどのようにお考えでしょうか。先ほど13番議員さんの答弁の中で、平成18年ですか、何か計画策定されて、それにのっとって人事の対応をなされているようですが、今後の職員体制はどのようにお考えでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務部長(辻塚 顕) 今後の職員体制ということでございますけれども、ご存じのように、団塊の世代の一斉退職に伴って、いびつなバランスになっております。そういうことが今後生じないように、適正な人員の採用ということで、バランスのとれた人員管理をしていくということで、将来に向かった大野城市の組織づくりを考えているところでございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 清水議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯18番(清水純子) 具体的に、平成18年に採用計画を立てられたんでしょう。それに基づいて、今、人員体制をとられていると思うんですが、具体的にどういう方向でバランスをとっていかれるんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務部長(辻塚 顕) まず、計画的な人員の採用計画ということでございます。それと、近年は世代間によって極端に小さいところがありますので、ご存じのとおり、民間経験者の方の採用枠を広げたりさせていただいております。それとともに、再任用職員の活用ということで、全体的にいびつのない体制をつくっていきたいということで進めているところでございます。
 なお、先ほどからご質問のあったように、当初予定になかった国の制度の見直しというか改正に伴いました業務量等につきましては、その都度、そういうことも含めて計画の修正をさせていただくという考えで進めております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 清水議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯18番(清水純子) 実はこれ、打ち合わせをしていなくて、先ほども福祉部門に新しくたくさんの法律が改正になるということで、現在の人数で大丈夫ですかという質問もしましたが、専門職の皆さん、保健師さんとか、精神保健福祉士、そういう人たちが、いわゆる短期雇用ですよね。その辺はどのようにお考えなんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務部長(辻塚 顕) これも、同じことを私回答しているかもしれませんけれども、職員を採用するに当たっては、長期的な展望が必要でございます。ですから、一時的な業務量の増大とともに、それらが継続するかというのも非常に重要な要素になってきます。それと、職員ですべきもの、もしくは委託とか民間を活用するもの、そういうものを総合的に判断しながら、職員の採用体制は構築していくものと考えております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 清水議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯18番(清水純子) さっき言いました精神保健福祉士さんとかは、対象の数が少なくなることはないですよね。これから少子高齢社会、しかも心の病の人も増えてきている。しかも、先ほど質問をしました130の疾患も増えている。自治体でそういうもろもろのことを対応していかなくてはいけないんだったら、精神も含めて保健師さんというのは、きちんとした人を配置しなくてはいけないんではないかと思うんですが、再度その辺をお尋ねします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務部長(辻塚 顕) 今のご質問については、これもまた繰り返しになるかもしれませんけれども、中長期的な計画に基づいて職員を採用していっております。その中で、適正な年齢構成、バランスのとれた組織づくりに努めておりますけれども、本年度、新たに臨床心理士を採用する予定としております。今後も適正な職員数、職種の確保につきましては、業務量等を勘案しながら進めていきたいと考えております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 清水議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯18番(清水純子) 13番議員さんの質問にもありましたけれども、いわゆる国家資格である精神保健とか保健師さんとか、保育士さんも含めて女性が多いんですね。その女性の職種がとても軽んじられているという言い方は失礼かもしれませんが、国を挙げてそうですが、安い労働力として安い賃金、しかもパートで身分保障がない。こういうことを繰り返していたら、女の人は老後になったら年金が少なくて、貧しい生活をしなくてはいけない。そういう繰り返しになってくる。そうなると、生活保障も税金で保障なくてはいけないような話になってくるわけですから、人事政策いろいろおありだろうと思いますが、国家資格を持った人たちは、やはりきっちとその人の思いも受けとめて、正規での雇用をぜひ要望したい。それは、今後の人事政策の中でも、臨床心理士を今度入れられましたが、次はどういうふうにするかということは、もうお考えにはなっていると思います。ぜひ今後の政策の中に入れ込んでいただきますように。
 それと、3.11では、ご承知のように、首長を初め多くの市や町の職員の方が亡くなられました。そのことを教訓に、国も災害時における職員稼働率なども検討する必要があると言っています。先ほども申し上げましたけれども、災害時の対応も含めて、正規職員の拡大が重要ではないかと思っております。その考えをお聞きしまして、私の質問を終わらせていただきます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務部長(辻塚 顕) 災害時に対応する職員ということでございますけれども、現在、危機管理のあり方ということで、大野城市におきましては、地域防災計画の見直し等を通じて、積極的に行っていることはご承知のことだと思います。
 今週でございますけれども、3月20日、職員の参集避難訓練も一斉に行う予定としております。そういうことで、災害はいつあるかわからないということで、それに対応する職員を新たに構築するんではなくて、今いる職員の中でそういった体制をつくっていくというのが、人事部門を含めて、市全体のするべきものであるという認識で行っているところでございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) よろしいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯18番(清水純子) はい。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 次、7番、丸山議員。
               〔7番 丸山惠美子議員 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯7番(丸山惠美子) 私は、3月定例会におきまして、教育行政の取り組みについて質問させていただきます。
 まずは、1項目の適応指導教室事業の取り組みについてお尋ねいたします。
 文部科学省の不登校の基本調査によりますと、平成24年度全国小中学校の不登校の総数が、小学校で2万2,622人、0.33%で304人に一人となっており、中学校では9万6,637人、2.65%で38人に一人と発表されております。
 本市におきましても、平成24年度の小中学校における児童・生徒の不登校の人数は、小学校では23人、約0.38%、261人に一人で、中学校では99人で約3.3%、30人に一人となっており、全国平均の割合から見ますと、小中学校ともに上回っている状況です。
 また、平成25年度では、中学校での不登校人数は減少しておりますが、小学校ではわずかですが年々増加をしております。不登校のきっかけと考えられる要因としては、以前では、本人に関わる問題、あるいはいじめを除く友人関係、学校への不信、また、特に小学校では親子関係をめぐる問題や家庭生活の急激な変化などが上げられておりました。しかし、近年では、以前の要因に加えて、社会性が未熟で内閉的な不登校、発達障がいの二次的問題としての不登校、または虐待による不登校など、不登校のタイプが多様化している現状があります。ほかにもさまざまな理由で不登校傾向にある児童・生徒も全国的に増えております。文科省は、不登校の定義として、30日以上の欠席としておりますが、登校拒否が始まったら不登校の可能性を疑い、早い段階での対応が必要とされております。
 また、国は平成19年4月から特別支援教育が学校教育法に位置づけられ、全ての学校において、障がいのある幼児・児童・生徒の支援をさらに充実していくこととなっております。特別支援教育とは、障がいのある幼児・児童・生徒の支援の自立や社会参加に向けた主体的な取り組みを支援するという視点から、幼児・児童・生徒一人一人の教育的ニーズを把握し、その持てる力を高め、生活や学習上の困難を改善し、また、克服するために適切な指導や必要な支援を行うというものです。
 文科省が平成24年に実施した通常学級に在籍する発達障がいの可能性のある特別な教育的支援を必要とする児童・生徒に関する調査によりますと、公立の小中学校の通常の学級においては、学習面、または行動面において著しい困難を示す児童・生徒の推定値が6.5%程度の割合で在籍していることが明らかとなっております。同時に、この児童・生徒以外にも、何らかの困難を示していると教員が捉えている児童・生徒がいることが示唆されており、教育的支援を必要としている児童・生徒がいる可能性があるとされていることが記されておりました。
 本市におきましても、不登校やその傾向にある児童・生徒、または発達障がいなどのある児童・生徒の諸問題の解決に一人一人に合った支援がなされております。その取り組みとして、特別支援学級やスクールカウンセラー、適応指導教室、ことばの教室、サポートティーチャー等が活用されておりますが、効果が出ているものもあれば、まだまだ課題が山積しているものあり、さらなる取り組みが必要だと考えます。
 そこで1項目の1番目の本市の適応指導教室の状況及び効果についてお尋ねいたします。
 以上、壇上からの質問を終わります。あとは自席にて質問させていただきます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) それでは、お尋ねの市の適応指導教室の状況及び効果についてご回答させていただきます。
 北コミュニティセンターに設置しております適応指導教室には、本年度5名が在籍しております。適応指導教室では、個別の学習指導や教育相談、進路相談に加えて、社会科見学や調理などの体験活動、他の市町の適応指導教室との交流を行い、社会性の育成にも努めているところです。また、週に1日は自分の在籍校への登校に挑戦する、いわゆるチャレンジ登校を実施しております。
 適応指導教室の効果としましては、昨年度は、適応指導教室に在籍していた14名の児童・生徒のうち4名が学校復帰を果たしております。本年度につきましては、適応指導教室への出席率の向上や在籍校において定期テストを受験できるようになるなどの効果も見られているところでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 丸山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯7番(丸山惠美子) それでは、順次質問させていただきます。
 今、状況と効果ということで、中学生が5名で、前回は14名中4名学校復帰ができているということを聞きましたけれども、2)番目の市の適応指導教室への支援が困難だと思われる子どもたちの支援についてお伺いいたします。
 壇上でも申し上げましたように、不登校の児童・生徒は全般的の増加しているわけですけれども、本市におきましても、この3年間を見ましても、平成23年度が中学校が77名、小学校が15名、そして、平成24年度が中学校が99名、小学校が23名、平成25年度、今なんですけれども、これが平成26年2月現在で、不登校の児童・生徒は中学校で100名、小学校で32名、合わせて132名の子どもたちが学校に行けていない状況です。こういうふうに年々増加しているわけですね。先ほどのご回答でも、中学生は5名が適応指導教室に通っているということなんですけれども、市の適応指導教室での支援が困難だと思われる子どもたちへの対応は、どのようにされているのでしょうか、お伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) ただいま7番議員さんから数字をもっての質問がなされてわけでございますけれども、今おっしゃるとおり、小学校に対しまして、中学校は約3倍以上の生徒たちが学校に行けない状況が続いているところでございます。その中で、市として適応指導教室で対応できない生徒に対してどのような対応をしているかということについて、ご回答申し上げたいと思います。
 不登校及びその傾向がある児童・生徒の中には、学校には登校できるものの教室には入れないという状態の児童・生徒もいます。このような児童・生徒への指導、支援を行うため、市内の全中学校に校内の適応指導教室を設置しております。現在、五つの中学校、合わせて19名の生徒が校内の適応指導教室で学習している状況です。なお、生徒への対応についてでございますけれども、教育委員会におきまして、3名の不登校対策サポートティーチャーを配置いたしております。このサポートティーチャーと各中学校の教員が連携いたしまして、指導に当たっているところでございます。
 また、全く家から出られないという状態の児童・生徒もいます。これらに対しましては、その児童・生徒が最も信頼している教員が1対1で支援を行う、いわゆる家庭を訪問して、マンツーマン方式による支援という方法をとっています。
 このように、ケースに応じた必要な支援を行っているところでございます。このように、児童・生徒の状況に応じてマンツーマン方式、あるいは校内の適応指導教室、あるいは北コミュニティセンターに設置しています市の適応指導教室によりまして、不登校の児童・生徒に対する支援と対応を行っているところでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 丸山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯7番(丸山惠美子) 3)番なんですけれども、ただいまのご答弁で、全中学校5校の校内に適応指導教室が設置されているということをお聞きしました。不登校の子どもたちが一歩でも足を学校に踏み入れるきっかけとなればと願いますけれども、不登校の子どもから見ますと、まだ不登校の児童・生徒の中で、公的機関だけでは対応し切れていない子どももいるんではないかなと考えるんですが、その児童・生徒に対しての学習機会を提供する取り組みはどのようにされているんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 学習機会を提供する取り組みは、多様でなければならないと思っております。まずは、不登校の子どもたちに対して、適切な学習を提供するということに対しまして、文科省におきましても、いわゆるフリースクールと呼ばれる不登校の児童・生徒を支援する施設において指導、あるいは支援を受ける場合は、正規な学校への登校とみなすという、いわゆる出席取扱とするなどの対応もなされているところでございます。これらから、児童・生徒の状況によっては、学校や教育委員会、あるいは県の教育センターといった公的機関だけの対応ではなくて、今申し上げましたフリースクール、あるいは民間施設やNPO、これらとも連携していく必要があると考えているところでございます。本市においても、今年度フリースクールを活用している生徒が1名いますので、今後もこのような児童・生徒の支援を行うため、フリースクール等の関係団体との連携について十分に調査して、必要な連携を図ってまいりたいと考えているところでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 丸山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯7番(丸山惠美子) わかりました。今、フリースクールに行っている子どもさんが1名ということでお聞きしたんですけれども、フリースクールに行かれている子どもさんの状況というのはわかりますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 中身につきましては、個人情報の関係もありますので承知はいたしておりませんけれども、先ほども申し上げましたように、通っているのは福岡市内のフリースクールでございます。非常に実績があって、支援内容も評価できると伺っております。私が先ほども申し上げました文部科学省が認める、いわゆる出席取扱とするフリースクールでございますので、必要な支援、あるいは必要な学習機会の提供にはなっているものと認識いたしております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 丸山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯7番(丸山惠美子) 公的機関だけではなくて、学校内外のあらゆる機関において、相談や指導が受けられていない子どもたちが存在しているとやはり思うんですね。ただいま、児童・生徒に対して学習機会を提供する取り組みのご答弁をいただきましたけれども、なかなか思うように解決するのは難しいんではないかなと思っております。
 ある教育の専門家によれば、このように言ってあるんですね。「この問題を解決するには、NPO等の民間アクターの参加や民間の有する資源への依存が必要であるという点において、まさにネットワークによるガバナンスの構築の要請が必要」。こう言われているんですけれども、これは一つの事例なんですが、那珂川にお住まいの不登校の子どもさんを抱える親御さんが、NPO法人を立ち上げられて、フリースクールを二、三年前に開設されています。不登校の児童・生徒のために尽力されていると伺っているわけですけれども、結果もやはり出ているわけですね。
 本市でも、このような民間アクターを推進する考えはありませんでしょうかということで、先ほどご回答の中でそういうふうなことを言ってありましたが、再度よろしいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 私のほうも那珂川町の大塚台で高等学校の教員をされておられる方がフリースクールをされて、一つの成果を上げられているということは十分承知をいたしております。もちろん、それらも参考にしながら、先ほども申しましたように、必要でかつ多様な支援を行っていくというのが、不登校児童対策については必要だろうという認識を持っております。
 今、大野城市で取り組んでおりますのは、適応指導教室、それから、サポートティーチャーの活用を図って、一応の成果を上げていると認識をいたしております。
 今後につきましては、小学校が中学校よりも少ないとは言いながらも、やはり30名近くの児童が不登校の状態という状況でございます。この小学生が中学生に上がっていきますと、改善されなければそのままということになりますので、小学校からサポートティーチャーを配置いたしまして、そして、小学校と連携をしながら取り組むことを今考えているところでございます。今、サポートティーチャーを中学校に配置いたしておりますけれども、できれば中学校と小学校で連携する形でのサポートティーチャーの活用について研究をいたしているところでございまして、一つのシミュレーションで成果が見られるということになりましたら、その取り組みから入りたいと思っております。
 ご提案のフリースクールについては、さらに研究をしてまいりたいと思います。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 丸山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯7番(丸山惠美子) やはりこれからは民間アクターとか、民間の有する資源を活用するというか、そういったものとの連携がすごく必要になってくると私も思っています。一人でも多くの子どもたちが、一日も早く安心して学校復帰ができるように、民間アクターも視野に入れて、さらなる取り組みをしていただきますよう要望いたします。
 それでは、2項目の学級運営サポートティーチャーの現状と今後の取り組みについて質問いたします。
 まずは、1)番のサポートティーチャーの目的と業務内容についてお尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) それでは、配置いたしております学級運営サポートティーチャーの目的と業務内容についてお答えをいたします。
 学級運営サポートティーチャー配置事業は、通常学級に在籍する児童・生徒の問題行動などにより、円滑な授業の実施などが困難となっている学級に対しまして、サポートティーチャーを配置いたしております。落ち着いた授業環境を取り戻すなど、学級運営の改善を図り、児童・生徒の学習する権利を保障するというのが大きな目的でございます。
 学級運営サポートティーチャーの業務内容といたしましては、学級担任との連携を図りまして、配慮を要する児童・生徒のそばに寄り添い、指導を行うことが主な業務となっております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 丸山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯7番(丸山惠美子) それでは、2)番ですね。小中学校におけるサポートティーチャーの配置校の選定方法なんですけれども、サポートティーチャーの役割というのはすごく重要だと思います。きめ細かな支援で、クラスの児童・生徒がスムーズに学習が進められたり、また、個別の支援に対しても結果が出ているようなんですね。これは、本当に保護者の方とか教職員の方とかからお聞きしたら、すごく助かっていますという声が多かったんですね。
 やはり、このようにサポートティーチャーが配置されている学校というのは、すごく充実しているんだなと思っているわけですけれども、本市の小中学校におけるサポートティーチャーの配置校の選定方法についてお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) ご承知のとおり、基本的には小中学校、あるいは高等学校においても、集団授業というのが授業の方法でございますので、それに対応できる児童・生徒を育成していく、あるいはそういう学習を展開していくというのが基本となります。ただ、それでは学習について行けない、いわゆる配慮を要する必要があるという児童・生徒が出てまいりますので、それに対して、学級運営サポートティーチャーを配置するという考え方でございます。
 そのことから、サポートティーチャーの配置につきましては、まずは派遣を希望してくる学校長から教育委員会に派遣申請書を提出いただくことになっております。その派遣申請書が出ますと、教育委員会のほうから指導主事等を派遣いたしまして、実際の授業状況を確認いたします。最初に申し上げましたように、集団授業で全ての児童・生徒が学習ができているのかということをまず点検するわけでございます。その中で、サポートティーチャーの配置が必要と認められた場合については、サポートティーチャーを配置するという考え方でございます。よって、サポートティーチャーの人数をあらかじめ設定いたしまして、優先順位をつけて配置するという考え方ではなくて、必要性を判断して、そして、必要なサポートティーチャーを配置するという考え方で、今、事業を進めているところでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 丸山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯7番(丸山惠美子) 選定方法に対してはわかりました。
 今、申請が出された学校に対して、適正な配置が行われているのでしょうか。というのが、早い者順とかいろいろあると思うんですね。そこら辺はいかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) まず結論から申し上げますと、平成25年度でございますけれども、予算でございますので、大体この程度かなという見積もりで予算を組みますが、平成25年度については、予算を使い切らないで終わるのではないかという見通しを立てているところでございます。
 まず最初に言いましたように、学校長が判断するということは、その前には学級担任が判断し、そして、学年あるいは学校長が授業風景を見て、やっぱりこれはだめだろうという段階になって、教育委員会のほうに上がってまいりますので、基本的には、学校長が判断した段階で非常に厳しいものがあるんだろうというのは察知いたしております。
 ただ、学校長の判断というものは、例えば小学校ですと10校ですから、それぞれに判断の指標が違います。よって、それを統一するために、市の教育委員会のほうで一つのガイドラインを持っていまして、それによって、点数化しているわけではございませんけれども、そのガイドラインに基づきまして、一定の基準を超えた場合については配置するという考え方で進めております。ですから、そのガイドラインを超えますと、サポートティーチャーを配置するという教育長の決裁をもちまして、学校のほうに派遣をするという手続でございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 丸山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯7番(丸山惠美子) 選定方法なんですけれども、例えばの話なんですが、7校あって10人申請されたと。その中で、申請されたけれども、10人とも必要だったという場合は、10人ともサポートティーチャーが配置されるんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 考え方の問題としては、まずクラスがあると思っています。小学校の場合でいいますと、担任の先生がいて、そして児童がいて、担任を中心にカリキュラムに沿って学習活動が行われていくわけでございます。それがきちんとなされている場合については、全く問題ない。それがきちんと行われていきながら、やはりそれについて行けない、配慮が必要な児童がいるという場合に対して、サポートティーチャーを配置するという考え方でございます。
 そのサポートティーチャーは、マンツーマンの場合もあれば、あるいは一人、二人を見る場合も出てまいります。それは、その子どもの配慮を要する度合いによって違ってまいりますので、それらも含めて、教育委員会のほうで必要度を判断し、必要な人数を配置するという考え方ございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 丸山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯7番(丸山惠美子) わかりました。私が先ほど言いましたのは、10人と言いましたけれども、これは必要な場合は10人でも配置されるんですかということをお聞きしたんですが、それでよかったんですかね。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 「必要な」の考え方でございますけれども、繰り返しになりますが、教育委員会で持っていますガイドラインでもって、必要と判断したものにはちゅうちょなくサポートティーチャーを配置するということで進めております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 丸山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯7番(丸山惠美子) わかりました。
 それでは、3)番のサポートティーチャーの確保についての対応ということで、平成23年度の大野城教育委員会の権限に関する事務の管理及び執行の状況についての点検及び評価報告書という長い評価報告書みたいなのがあるんですけれども、これによれば、課題としてサポートティーチャーの派遣要請が増加する傾向があり、対応できない状況も発生している、このように記されておりましたが、サポートティーチャーの確保については、どのように対応されているのでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 議会のほうに報告させていただきました分からのご質問だと思います。その件に関して回答させていただきます。
 私どものほうも、先ほど言いましたように、学級運営サポートティーチャーが必要な場合については、適時配置していくという考え方で進めているわけですけれども、そのためには、必要な学級運営サポートティーチャーの確保というのが課題となります。今までは、必要になったときに公募をかけまして、そして配置するということでいっておったわけですけれども、なかなかすぐに確保できないという難しさがございまして、今年の2月から学級運営サポートティーチャーにつきましては、登録制度を取り入れまして、現在、登録の申し込みを受け付けているところでございます。これによりまして、学級運営サポートティーチャーの任用希望者を一定数確保できますので、申請があって、そして基準に基づいて運営サポートティーチャーを派遣するということが決まりましたら、すぐに派遣するということができますので、円滑化が図られたり、あるいは学校へ速やかな派遣ができるようになったと考えているところでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 丸山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯7番(丸山惠美子) 今のご回答で、登録制で今のところは確保されているということで、十分な対応ができているということですね。
 私も、今の登録制を提案しようと思っていました。本当に、今、そういった教員の免許を持っている方でないといけないということで、そういう点においては、ちょっと難しい点もあるんではないかなと思っていました。教員の免許を持っておられるOBの方たち、多分そうだと思うんですけれども、中途退職されたりとか、定年退職されたりとか、そういう方がいらっしゃると思うんですね。そういう方たちの人材登録バンクみたいな組織が必要ではないかなと私も思っていましたので、これからますますこういったサポートティーチャーが必要になってくると思っております。
 本市独自、あるいは筑紫地区4市1町で取り組むことはできないでしょうかということの質問だったんですけれども、今、本市独自でそういう登録制をされているということなんですが、この回答も含めて、登録されている人数とか、今登録されている方が退職されている方とかがわかれば教えていただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 登録制度、2月から始めた分に対して現在の登録数はという質問、それから、その登録者の内訳はということに関しまして回答させていただきます。
 まず、最初に申し上げておかなければいけないのは、既に今、学級運営サポートティーチャーを必要数配置いたしております。その分は充足いたしております。
 それに加えて、次に派遣する必要が出てきたときに、すぐに円滑に速やかに派遣できるように登録制度を設けているわけでございまして、2月から始めておるわけですけれども、3名の皆さん方の登録がなされております。ということは、現状プラス3名でもっての対応ができる状況が整っているということでございます。ただ、少し力を入れまして、もう少し登録者数を増やすように努力してまいりたいと思っております。
 内訳でございますけれども、いわゆる定年退職、OBというだけではございません。そういう教員免許を持っておって、そして、配慮が必要な子どもたちに対して自分の能力を活かしたいという皆さん方、あるいは何らかの事情で教員を途中でやめられた方々、そういう方々いろいろでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 丸山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯7番(丸山惠美子) わかりました。本市独自でというのは、今4校で6人配置されているんですかね。それプラス3名ということになりますね。ということは、9名ということになる。それで、9名なんですけれども、今から増やしていくということで、増やす見通しというのはあるんでしょうか。それとも、私は、それがもし少ないようであれば、4市1町で取り組むことはできないのかということなんですけれども、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 登録者数を増やす方法はということと、それを筑紫地区4市1町での取り組みに広げてはどうだろうかということに対しまして回答いたします。
 まず1点目のどのようなPRをして、どのように増やしていくのかということでございますけれども、対象者が教員免許を持っておられる方、それから、配慮が必要な児童に対してサポートができる方ということになりますので、対象者としては非常に狭まってまいります。しかも、大野城市だけがやっているわけではなくて、近隣の市町においても学級運営サポートティーチャーというのは活用いたしておりますので、競合することになります。そういうことから、ある一定期間だけ公募するということではなくて、日々公募を続けていく、いわゆる今必要な人員がいなくても、あるいは派遣する場合ではなくても、常に登録者を増やしていくという地道な努力が必要だろうと考えているところでございます。
 それから、筑紫地区4市1町につきましては、まず、今、大野城市単独で始めましたので、この成果等を検証しながら、筑紫地区にもご相談申し上げまして、有効であるならば、筑紫地区4市1町での人材バンクの設置というのも考えてまいりたいと思っております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 丸山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯7番(丸山惠美子) わかりました。教育環境を整えてあげることが、やはり子どもたちにとってとても重要なことだと思いますので、ぜひまた拡大をしていただきたいと思います。
 それでは、4)番のサポートティーチャーを市内の全小中学校に配置することについてお尋ねいたします。
 先ほども言いましたように、現在、小学校10校のうちの4校で6人のサポートティーチャーが配置されておりますけれども、ほかの6校の小学校、または中学校についても、授業のサポート、または学習の補助、そして、個別の支援等を必要としている学校があると思うんですね。ぜひ、サポートティーチャーを市内の小中学校に配置していただきたいと思いますけれども、いかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) サポートティーチャーの全校配置はいかがかという質問でございます。回答させていただきます。
 先ほども申し上げましたけれども、基本は集団学習の中で児童・生徒に確かな学力を身につけさせるというのが使命だと考えております。それに向かっていろいろな手だてを行っているわけです。とはいうものの、特別な教育が必要な、配慮が必要な児童・生徒がいるというのも実態でございます。その場合においては、特別支援学級での対応、しかも特別支援学級も肢体不自由、情緒不安、あるいは発達障がいという区分をして学級を設けるという取り組みもやっております。それではなくて、特別支援学級ではなくて、通常の普通学級の中で授業ができる、しかし、少し支援が必要という子どもたちが、この学級運営サポートティーチャーの対象となるものでございます。ですから、一律に学校に特別にサポートティーチャーを配置するということについては、少し慎重でありたいと思っております。サポートティーチャーの配置につきましては、ケースを考えながら、そのケースに応じて必要に配置していくという考え方で、今後も状況を十分に見ながら、それに応じて、先ほども申し上げましたけれども、教育委員会で持っておりますガイドラインと校長の申請に基づきます現場確認等々によって、適切に配置してまいりたいと考えております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 丸山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯7番(丸山惠美子) 平成24年度のフルコスト計算書なんですけれども、それには7校で8名のサポートティーチャーが配置されていたんですね。先ほど申しましたように、現在では小学校4校で6名となっているわけですけれども、8名が6名、2名なんですが、配置校が減った理由というのはどういったことが考えられるんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 人数が減った要因は何かという質問でございます。回答にはならないと思いますが、といいますのも、毎年毎年学年が変わっていって、入学してくる児童・生徒、それから、入学後に学校の中で、学びの中で身につけていく子どもたちの姿がございます。その過程において人数が出てくるわけでございますので、8名から6名になった、2名減った原因は何かというのは、直接的にはちょっとお答えしにくいなと思っております。
 ただ、言えるのは、先ほどから申し上げていますように、段階を追って取り組みを強化してまいっております。特別支援学級に対しましても、その取り組みを強化しておりますし、それから、普通学級で配慮が必要な子どもたちに対しても、学級運営サポートティーチャーをつけまして、確かな学力を身につけるということに対して取り組んでやってきている成果も上げられるのではないかと思っているところでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 丸山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯7番(丸山惠美子) 結構、数だけ私が言いましたので、私は、平成24年度が7校で8名だったんですね。今は4校で6名、だから3校が減ったわけですよね。今のこのときにサポートティーチャーは結構皆さん喜んでいらして、そこら辺が3校も減るというのがどうしてなのかなと自分の中で思ったもんですから、そこら辺よろしいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 減った原因の直接的な回答というのはなかなか難しいという状況でございます。ただ、先ほども申し上げましたように、今、児童・生徒がどこで就学するのが一番学力が身につけられるのかということに対して、非常に力を入れております。特別支援学級がいいのか、あるいは特別支援学校がいいのか、あるいは通級学級がいいのか、あるいは普通学級の中でいいのかということをきちんと見きわめることによって、その児童に対して確かな教育を提供できると考えておるわけです。就学指導委員会というのを持っておりますけれども、その中で福岡教育大学のお力添えをいただきながら、きちっとした就学先を判定していく。そして、それによって学校と一緒になって、保護者の理解を得ながら、その児童の就学先を決めて、そして、学習の仕方を決めているということが一つの成果につながっているんだろうと思います。
 以前は、やはりその辺が、まずは普通学級から入りますので、そうするとどうしても学級運営サポートティーチャーの派遣という方法しか残っていませんでした。今の段階では、入ってくる前、就学前から、あるいは就学後も、そして、きちんと状況を見て、毎年毎年子どもの就学先を決めていることが、一つにはそういう成果につながっているのではないかと考えているところでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 丸山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯7番(丸山惠美子) わかりました。
 それでは、3項目の通級指導教室、ことばの教室について質問いたします。
 1)番のことばの教室の現状についてなんですけれども、皆さんご存じのように、ことばの教室は、大野城市内の普通学級に在籍して、比較的軽度な障がいがある児童・生徒に対して、その子どもの状態に応じた時間にことばの教室に通って指導を受ける、こういった事業なんですが、前回、平成22年12月に一般質問させていただきましたご回答の中で、ことばの教室に通う児童が約50名と伺っておりました。現在では86名とお聞きしておりますけれども、この3年間を見ても、随分増加しています。ことばの教室の現状についてお伺いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) ことばの教室の現状についてお答えをさせていただきます。
 今、7番議員がおっしゃったとおり、3年前に比べて36名増加いたしまして、現在86名がことばの教室に在籍をいたしております。児童の状況についてでございますけれども、言語に関する障がいのある児童と、それから、発達障がいの傾向が見られる児童がほぼ半数ずつの割合となっております。
 ことばの教室の在籍者の推移についてですけれども、平成21年度が46名、平成22年度が56名、平成23年度が63名、平成24年度が72名、そして今年度が86名と毎年10名程度ずつ増加しているという状況でございます。
 このような状況を踏まえまして、以前から県に学級増の申請を続けてまいったところでございますけれども、平成25年度は1学級の増が認められまして、現在、大野北小学校のことばの教室は4学級となっているところであります。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 丸山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯7番(丸山惠美子) ことばの教室は現在、今さっきご回答いただきました大野北小学校1校だけになっているわけですけれども、1校だけというは、以前も私、質問の中で申し上げましたように、通級児童が増加、今聞いただけでも随分増加しているんですが、なかなか現在では収容するのが難しいのではないかなと思うわけです。前回のご回答では、こういうふうに言われているんですね。「通級児童の増加により、現在の場所だけでは対応できなくなるということも想定しながら、検討していかなければならない課題と考えております」。こういうふうに答弁をいただいているわけですけれども、ことばの教室の施設拡充について具体的な、これだけ多くなっていますので、具体的な方向性が決まっているのだったら、そこら辺を言っていただきたいなと思いますので、お願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 前回の答弁を踏まえて、現在どうなっているかということに対しましてお答えをさせていただきたいと思います。
 まず、ことばの教室でございますけれども、そもそもこのことばの教室は、普通の学校のクラスと同じでございますので、県の教育委員会が認めなければ開設できないということが一つあります。それと、認められたとするならば、県費負担の教員が配置されますので、初めてことばの教室が増設されるということでございます。先ほど、今年度1学級増設になったというのは、そういう経緯を含めて増設になったところでございまして、市が負担しまして教員を雇ったとしても、担任を持たせることができませんので、いわゆるクラスを増やすこともできないし、新設もできないと。そういう状況の中で、課題を持ちながら今日まで至っているわけでございます。
 ことばの教室が、既に86名4クラスになっているという状況、それから、地域的に北地区にございますので、潜在的な人数はもう少し多いのではないかと、今、考えられます。これらから、ことばの教室の新設はやらなければならないテーマであると認識をいたしております。具体的に申し上げますと、先ほど言いました県の教育委員会の許可を得て、そして、必要な準備を整えて、それらの準備が整えば、平成28年度には南地区に新しいことばの教室を新設したいというスケジュールで、今後、県との協議を進めてまいりたいと考えているところでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 丸山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯7番(丸山惠美子) わかりました。県の教育委員会のほうに申請をするということで、平成28年には南地区に設置したいなということで、本当に北から行きますと南は一番端っこで、しかも送迎が保護者なので、全然行きたくてもいけない人がたくさんいるんではないかと思いますので、ぜひ南地区にお願いしたいと思います。
 ことばの教室で子どもたちが改善している中で、中学校に入学すると、中学校には設置されていないわけですね。せっかく改善しつつある子どもの芽を摘むような形になってくるのではないかと心配します。これも前回の質問なんですけれども、質問の中の対象年齢の引き上げについても、中学校にも設置していただくことを要望しておりました。そのときのご回答では、「中学校にことばの教室を設置している近隣の市町の状況についても調査・研究を始めたところで、市内のニーズも確かめながら検討を進めてまいりたい」、このように答弁をいただいておりました。その後、検討はしていただいたんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) これもさきの一般質問における回答から、その後どのような対応をしてきたか、そして、現在どのように考えているかということであろうと思います。回答をいたします。
 まず、筑紫地区の状況調査は実施いたしました。本市のようにきちんと整備されたことばの教室とは言いがたいものの、中学校において、本市を除いては、いずれの市町も中学校の通級学級が実施されている。そして、その内容についても調査をして、十分把握をしております。
 その中で、本市の状況でございますけれども、生活の困難さを克服するためには必要であると、特に学習課題をクリアするためには、中学校にも通級学級が必要であると考えております。そこで、本市においても、ことばの教室の対象を中学生まで広げることについて、前に進めてまいりたいと考えているところでございます。
 ただ、そのあり方については、少し工夫をしてまいりたいと思っております。本市の中学校の状況、ご承知のとおり、非常にマンモス化した中学校から、小規模ではございませんけれども、少し規模が小さい中学校まであります。そういう状況も鑑みながら、大野城市らしい中学校での通級学級のあり方を研究してまいりたいと思っています。
 その中で、特に今、小学校の通級学級がうまくいっています。今度、南地区に平成28年度開設しようとしていますけれども、そのうまくいっているものをそのまま連続して、一貫して学級運営をする、小中一貫のような体制ができないかとも考えております。それらを県とも協議をいたしまして、平成28年度の南地区への小学校のことばの教室の開設に続いて、中学校の通級学級の開設について、前に進めていくということで考えていきたいと思っております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 丸山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯7番(丸山惠美子) 今お聞きしたんですけれども、4市1町の中で、大野城市だけが中学校にことばの教室が設置されていないということでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 状況を申し上げますと、筑紫野市が1学級、春日市が2学級、太宰府市が1学級、那珂川町が1学級、それぞれ中学校の通級学級を持っております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 丸山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯7番(丸山惠美子) 中学校にも必要であるということは認識されているということで、小学校がきちっとなった後、中学校にも設置していこうというのが、平成28年に小学校が南地区に設置されますので、中学校はその後ということになるんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) いつごろかということだと思いますけれども、今のところ具体的にいつごろかというのは、申し上げられないところでございます。先ほど言いましたように、大野城市の中学校における通級学級のあり方を、小学校の通級学級との連続性を持たせるという考え方に立って、県と協議をしながら、南地区の通級学級を新しく開設する中で、そのスケジュールを明らかにしたいと思っているところでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 丸山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯7番(丸山惠美子) さらなる小学校のことばの教室の施設拡充と中学校への施設の設置をよろしくお願いしたいと思います。
 それでは、4項目めの学校図書館のパソコンについてお尋ねいたします。
 1)番の学校図書館パソコンの買いかえについて質問いたします。学校図書館のパソコンの設置年度は、ほとんどが平成16年に購入されたもので、現在でもそのパソコンを継続して使用していると伺っております。購入して期間が過ぎますと、どのパソコンでもそうでしょうけれども、メーカーのサービスが終了して、壊れても修理ができないという状況になると思うんですね。そうなると図書館業務が滞ると思いますけれども、前の第4次IT推進計画の実施計画の中にあったんですが、平成26年度に小学校教育用コンピューター整備事業があると思うんですけれども、その事業と同時に、学校図書館のパソコンの買いかえを考えるということはないでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 学校図書館のパソコンの買いかえについてご回答申し上げます。
 まず、学校図書館のパソコンの買いかえですけれども、教育委員会のほうから学校ごとに、児童数だとかもろもろを基準にいたしまして、予算を配当いたしております。その予算の中で、学校が買いかえているという状況でございます。
 今、7番議員さんのほうから言われたように、私どものほうも10年程度経過しているのは承知いたしております。一般的に、言われましたように、パソコンの買いかえは5年から7年、頑張って8年から9年ということでしょうけれども、学校のほうは、大切に大切に使って、今、10年以上使っているという状況です。故障しているとか、支障があるという状況ではございません。
 ですから、大切に使って、長寿命化を図ってきているわけですけれども、そろそろ買いかえの時期が来ているだろうと考えております。学校予算の枠内での執行ということでございますので、学校長とも十分協議をしまして、買いかえについて議論してまいりたいと思います。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 丸山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯7番(丸山惠美子) それは、学校に予算配当しているということで、学校側が購入するということを言われているんですかね。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 今申し上げましたのは、図書館のパソコンについては、学校に配当した予算の中で学校が必要度に応じて購入していく、いわゆる備品の優先順位を決めて購入していくという状況になっておりますので、学校長と十分協議をしてまいりたいということを申し上げたところでございます。よろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 丸山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯7番(丸山惠美子) ということは、今の図書館のパソコンというのは、学校の予算で学校側が購入したパソコンですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 現状はそのとおりでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 丸山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯7番(丸山惠美子) 学校と連携をとっていただいて、図書館の業務がスムーズに行くように、早目にパソコンの買いかえをお願いしたいと思います。
 それでは、2)番目の学校図書館のインターネットの整備についてです。パソコンといえば、情報収集のために、当然、インターネットに接続されているのが常識といえば常識というか、今どきパソコンにインターネットをつないでいないとか聞いたこともないわけですけれども、現在では、月の浦小学校だけがインターネットに接続されて、ほかの小中学校は接続されていません。そのために、新しい図書が来たときに、それも何百冊と来るときがあるらしいです。そのときに、ネットにつながっていないから、職員室のネットがつながっているところで登録をして、それをダウンロードして、それとか、新規図書のデータなどダウンロードして、図書館のパソコンに移しかえるんですね。そういったことをされているらしいんですよ。しかも、何百冊も来た本を一旦職員室に運んで登録し、それが終わるとまた2階に図書を運ぶわけですよね。本当にそういった図書司書の短い勤務時間の中で、こういった時間がとられれば、本来の図書司書の仕事ができなくなると思うんですね。効率よく仕事をするためには、インターネットの整備が必要になってくると思うんですけれども、そこら辺についてはいかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 図書館のインターネット整備についてお答えをいたします。
 現在、7番議員のほうから言われましたように、一部を除いて、ほとんどの小中学校の学校図書館のインターネットは接続されていないという状況でございます。
 図書資料の整理、あるいは質の高い図書館サービスを児童・生徒に提供するためには、インターネット環境の整備というのは必要であると考えております。来年度に策定を予定しております第2次大野城市子ども読書活動推進計画の中で、学校司書の代表、それから、学校長の代表、あるいはまどかぴあ図書館の司書の皆さん方、それから、教育委員会の職員と、もろもろ頭を突き合わせまして、推進委員会をつくりまして、その点について十分議論をしてまいったところでございます。
 学校の中には、慎重な意見もあります。司書の中には、ぜひという意見もあれば、そうでない意見もありました。それらを協議する中で、基本的にはインターネットを活用した学校図書館の運営をしようということで意見がまとまりまして、第2次大野城市子ども読書活動推進計画に中では、インターネットを活用して児童・生徒の調べ学習などといった活動の推進を図ると取りまとめられたところでございます。今後は、この計画の策定に合わせて、学校図書館のインターネット環境の整備について進めてまいりたいと考えております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 丸山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯7番(丸山惠美子) そのインターネットの期間というのは、いつごろからするとか、何か計画はあるんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) インターネット環境の整備の時期ということについてお答えをいたします。
 先ほど言いましたように、まず第2次大野城市子ども読書活動推進計画を取りまとめるのが先でございましたので、それがやっと今、パブリックコメントまで来ております。これが終わりまして、今年の6月ぐらいには策定になると思います。それを受けて、今度は具現化するための施策展開ということになってまいりますので、市のほうとも十分協議をしながら、スケジュールをつくってまいりたいと思います。その中で、最初に指摘されました図書館のパソコンが10年ですよというのも一つのキーワードとしながら、インターネット環境の整備のスケジュールを立てたいと思います。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 丸山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯7番(丸山惠美子) わかりました。今回は教育行政の取り組みについて質問させていただきました。適応指導教室事業、または学級運営サポートティーチャー事業、ことばの教室、また、学校図書館のパソコンなどの取り組みから、何度も申しますように、教育環境を整えてあげることが子どもたちにとってとても重要だと思います。ぜひとも取り組んでいただくことを期待いたしまして、一般質問を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 暫時休憩いたします。再開を3時20分といたします。
     ──────────────・────・──────────────
                 休憩 午後3時09分
                 再開 午後3時20分
     ──────────────・────・──────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 再開します。12番、福山議員。
               〔12番 福山保廣議員 登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯12番(福山保廣) 3月定例会におきまして、1、データヘルスによる効率的な保健事業対策、2、図書館の魅力を増す新たな運営の取り組みの2点について質問いたします。
 データヘルスとは、医療保険者によるデータ分析に基づく保健事業のことで、レセプト、診療報酬明細、健康診断情報等を活用し、意識づけ、保健事業受診の勧奨などの保健事業を効果的に実施するものです。昨年6月に閣議決定した日本再興戦略の中で、市町村国保にも予防健康管理の仕組みとして、データヘルス計画の取り組み推進が盛り込まれております。
 厚生労働省は、今年度予算の概算要求で、健康保険組合、市町村国保での取り組み推進費として97億円を計上しております。既に導入し、実施している自治体もありますが、本市のデータヘルスの推進の考えは。
 次に、国民の活字離れが進んでいると言われて久しい中、多くの人に来館してもらおうと工夫を凝らしている学校も含めた図書館が少なくありません。一つの例として、文部科学省が事業委託するICT、情報通信技術を活用した読書通帳による読書大好き日本一事業の推進を行っていますが、本市の活字離れ、読書離れの対策についてお尋ねします。
 以上、壇上では終わり、あとは自席で行います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福祉高齢部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉高齢部長(渋谷亮二) 本市のデータヘルス推進への考えはというご質問でございます。
 国の平成26年度予算におきましては、厚生労働省の概算要求でデータヘルスの推進費97億円が計上され、健康保険組合などにおきますデータヘルス計画の作成や事業の立ち上げ等を支援することとされております。また、市町村国保につきましても、同様の取り組みを推進していくこととされております。
 既に取り組まれておる自治体もございますが、本市におきましても、市民の健康増進及び国保の医療費適正化に向け、レセプトや健診データを活用した保健事業、いわゆるデータヘルスの取り組みを今後進めていきたいと考えております。
 なお、これらのデータ分析につきましては、必要な情報が抽出できるよう、現在、福岡県国保連合会においてシステム開発が行われておりますので、それらの機能を活用することも含めまして、より効果的な保健事業の実施に向けて検討してまいります。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 執行部答弁。教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 子どもの活字離れにつきまして回答させていただきます。
 子どもの活字離れや読書離れに歯どめをかける手段の一つとして、子どもの読書活動を推進していくとしています。来年度に策定を予定しています第2次大野城市子ども読書活動推進計画の中で数値目標を掲げ、読書習慣の定着を目指す取り組みを行います。
 具体的には、1カ月間に1冊以上本を読んだ人の割合、これを読書率と定め、現在の小学生の読書率92%を97%へ、また、中学生の読書率76%から88%へと引き上げることを計画の全体目標として定めています。この目標を達成するための主な取り組みとして、読書の大切さやおもしろさを子どもから子どもへと伝えるなどの活動を行う小学生読書リーダーの育成や一定量の読書目標の設定、学校司書活動の拡大などを進めることとしています。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯12番(福山保廣) 質問させていただきます。
 本市のデータヘルスの推進は行っていくということでございますけれども、本市は既にレセプトのデータベース化は終わっていると思うんですが、これは何年だったんでしょうか。
 それともう一つが、厚労省とかの文書によって保険組合は平成26年度に準備して、平成27年度から実施という形が出ているんですが、市町村国保については、ちょっと間を置いたような形の表現がなされているんですが、こういったことは情報が入っていますでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福祉高齢部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉高齢部長(渋谷亮二) レセプトのデータベース化がいつからかということでございます。
 本市の国保につきましては、平成20年度からレセプトを管理するシステムが導入され、原則としてレセプトが電子化されております。
 議員のご質問の中の、まずは平成26年度は健康保険組合からということでございますが、97億円の使い道につきましては、まず平成26年度に健康保険組合を重点的に行うというふうに伺っております。その後に、市町村にも同じような取り組みを推進していくというお話を聞いておりますが、現在のところ、各県レベルの国保の連合会におきましてシステムを開発中でございますので、恐らく平成26年度には国保の開発中のシステムが完成するのではないかと思っておるところでございます。実際に市町村国保に実施をするのは平成26年度以降になってからということで考えておるところでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯12番(福山保廣) 私も今回、データヘルスの推進を勉強させていただいたんですが、本市では、この状態に近いような状況まで、制度化はなっていませんけれども、データヘルス計画とマンパワーさえすれば推進できるような状況まで来ているんではないかなと思うんですが、そのあたりはどのように考えられますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福祉高齢部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉高齢部長(渋谷亮二) 国保の電算システム、今、KDBというんですが、国保データベースという言い方をしております。それが現在、国民健康保険連合会で開発をされている。これもレセプトデータを使いましたいろいろな疾病、それから、疾病に基づく、いわゆる薬剤は何を使っているかというものが一応抽出できるシステムとなるように聞いております。ただ、まだ全貌がはっきりはいたしておりませんので、そのようなデータを抽出するシステムが、保険者そのものが使いやすいように抽出できるということであれば、そのデータを使いましたシステムを使いまして、あとはマンパワーということになるかと思います。それで保健事業の推進が可能であると思っておるところでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯12番(福山保廣) どこの自治体も一緒だと思うんですけれども、本市も医療費が毎年上がり続けているんですね。平成23年度が51億1,000万円、平成24年度が58億6,000万円、それに団塊の世代が後期高齢に入ります10年後の2025年には、国の医療費が54兆円ということなんですけれども、同年の本市の医療費の予想額はどれぐらいを見てありますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福祉高齢部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉高齢部長(渋谷亮二) 10年後の本市の国保医療費はどのくらいの予測かということでございます。
 現在、国保の加入者は約2万2,300人でございます。後期基本計画におけます将来人口推計に基づく年齢別人口をもとに算定いたしましたところ、10年後には2万4,000人程度になると見込まれます。
 国保特別会計の中で、国保加入者の医療費に対する支出は、平成24年度で約58億6,635万円となっておりますが、年齢ごとの1人当たりの医療費が変わらないものとして単純計算いたしますと、67億円程度になると予想されます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯12番(福山保廣) 現在、市町村国保の加入者は2万2,300人と言われましたけれども、本市の場合は、4億円までは補填が可能と聞いているんですが、実質、恩恵を受けているのは市町村国保なんですね。こういった取り組みをしたときに、保険組合等からの異論というか、そういったことは出ていないんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福祉高齢部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉高齢部長(渋谷亮二) 他の保険者から異論が出ていないのかということでございます。
 国民健康保険は、社会保険などに加入していた方が退職後に移るケースが多いため、高齢者の割合が高く、また、現役世代に比べて平均所得が低い傾向にございます。このような構造的な課題を抱えており、被保険者の保険料負担が重くなることから、一般会計から財政支援を行っているところでございます。他の健康保険者からの異論は、特には承知いたしておりませんが、市民の理解が得られるよう、財政支援は適切な規模とすることが必要であることから、平成26年度は当初予算において4億円をめどに計上いたしておるところでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯12番(福山保廣) 私も国保の加入者で恩恵を受けている一人なんですが、それでもやはりやるべきことはちゃんとやらないかんと思っております。
 それで、国民皆保険制度を持続するために、ある意味では仕方がないんではないかという気持ちもあるんですが、それでも、医療費の適正化というのは進めていくべきだと思います。
 そこで、データヘルス推進の先進地として、広島の呉市がレセプト活用によって医療費適正化に成功しておりますけれども、この呉方式について調査・研究はなされましたんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福祉高齢部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉高齢部長(渋谷亮二) 呉市に関して調査・研究はしたかということでございます。
 呉市は、ジェネリック医薬品の使用促進、それから、レセプト点検による重複、頻回受診に対する訪問指導や生活習慣病対策により医療費適正化の取り組みを行っております。現在、本市としましても、呉市の取り組みを先進的な取り組みとして調査しておるところでございます。その取り組みの中には、本市でも既に実施しているものもございますが、今後、データヘルスによる保健事業及び医療費適正化の取り組みを進めるに当たり参考にしたいと考えているところでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯12番(福山保廣) 補足いたしますけれども、呉市は人口約24万5,000人、国民健康保険加入者が23%の5万6,000人ですね。15歳未満人口が半減する一方、65歳人口は1.8倍まで増加。それで、人口減少、少子高齢化が著しく、呉市の国保の医療費は全国平均を大きく上回っていたということなんですね。そこで取り組んだのがレセプトを活用した医療費適正化ということで、今は年間に数億円の削減を可能にしております。
 そこで、レセプトを活用した糖尿病重症化プログラムの取り組みにより抽出した糖尿病腎症の患者に対し、通院先の医療機関と委託先機関の看護師、保健師が協力し、患者自身の病気に対する自己管理能力を高めるプログラムを提供し、重症化予防と医療費の適正化についての考えと本市の現状をお知らせください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福祉高齢部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉高齢部長(渋谷亮二) 医療費適正化に対します本市の現状と考えはということでございます。
 本市における国民健康保険加入者のレセプトを分析したところ、糖尿病、それから高血圧の治療者は県平均を下回っていましたが、合併症である脳血管疾患の割合が県内上位に位置しておりました。これは、一つには脳血管疾患の原因となる糖尿病や高血圧の兆候があっても放置している人が多いため、その結果として重症化して脳血管疾患を発症する人が出ている可能性があると考えているところでございます。
 本市の取り組みとしましては、特定健康診査の結果により、既に糖尿病が強く疑われても生活習慣病の予防、治療が十分にできていない人、または治療が必要と思われる人に対しては、保健師及び管理栄養士による家庭訪問や電話での受診勧奨を行い、その後の受診状況についてもレセプトを利用して確認を行っております。このような取り組みが今後、糖尿病腎症の発症予防につながっていくものと考えておるところでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯12番(福山保廣) 今、部長に答弁いただいた分が、レセプト分析による生活習慣病の指導とかいうのがデータヘルス事業そのものなんですね。まだ完全に制度化されていないと思うんですけれども、徐々に制度化されてくると思います。
 そこで、大野城市の糖尿病の患者についてですが、糖尿病が重症化すると透析が必要となってまいります。大野城市在住の透析者が平成24年度で189名、高齢化とともに増加を続ければ、本人、それからご家族の労苦は大きいものとなるわけですね。透析を予防するための第三次予防と申しますか、必要だと思うんですが、現在、本市としてはどういった対策をとられていますでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福祉高齢部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉高齢部長(渋谷亮二) 糖尿病重症化を予防するための本市の対策はということでございます。
 平成20年度から実施いたしておりますメタボリックシンドローム、内臓脂肪症候群に着目した特定健康診査では、国が示している検査項目に加えまして、ヘモグロビンA1cとクレアチニンを受診者全員に追加項目として実施し、糖尿病及び腎機能低下の早期発見につなげております。
 また、同年度から、福岡県筑紫保健環境事務所及び筑紫医師会と連携いたしまして、筑紫地区糖尿病医療連携・糖尿病境界型対策事業といたしまして、特定健診受診者のうち、いまだ発病には至っていないものの血糖値から糖尿病の可能性がある人に、筑紫地区共同で作成した紹介状を発行し、境界型糖尿病まで対象を広げた早期発見や生活改善の支援につなげておるところでございます。
 さらに、昨年度からは、重症化を予防する施策といたしまして、精密検査が必要な人で未受診の人には電話勧奨を行い、糖尿病の早期発見につながるよう取り組んでおるところでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯12番(福山保廣) 先日、公明党会派で、東京の東大和市にデータヘルスについての研修に行ってまいりました。この事業は、内容的には、レセプトデータをもとに糖尿病等の対象者を抽出し、専門職による面談の後、6カ月間のサポートを受けるというものです。当初は、平成25年度から初めて、まだ資料もできていないということで、短時間で終わる予定だったんですけれども、保険年金課長のレセプトデータのデータベース化、ここはうちと違ってまだできていなかったんですね。それで、急遽かけ合ってやられたということと、それと議長が挨拶に来られたのですが、この方が実は糖尿病ということで、自分が治療を受けて活動していることをずっとお話になったんですね。食事療法、それから、歩き方とかの運動など、2時間ぐらいいろいろ意見交換しました。
 私も糖尿病ではないんですけれども、メタボではあるんですね。それで、やはりこれは人ごとではないということで帰ってまいりました。そこで、本市も脱・メタボコース特定保健指導ほか、生活習慣病で改善が必要な人への指導会が行われておりますけれども、この内容と指導を受けられている方の人数がもしわかりましたら教えていただけますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福祉高齢部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉高齢部長(渋谷亮二) 特定健診の個別指導ということでございます。
 特定保健指導以外の対象者につきましては、症状等により優先順位をつけて保健指導を実施いたしております。中でも虚血性心疾患や脳血管疾患などの重症化予防及び医療費の適正化の観点から、精密検査の受診が必要な人は優先度が高いと考えまして、健診結果説明会において個別支援を行っております。また、健診結果説明会に不参加の人には、電話勧奨や家庭訪問による個別支援を実施いたしております。
 現在、対象者の数でございますが、特定保健指導の対象外で受診が必要な人、紹介状を発行している人につきましては、1,857人の受診者中177人でございます。そして、このうち結果説明会に参加していただいた人が70人、結果説明会に参加していただいた方には、個別に……。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 続けてください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉高齢部長(渋谷亮二) すみません、数字の訂正をさせてもらいます。集団健診を受けた人の1,857人中177人が何らかの異常があった。このうち結果説明会にご案内をした人、特に数値が高かったということでご案内した人が70人でございます。このうち説明会に参加していただいた人が9人でございました。参加率は12.9%という結果でございました。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 聞きづらかった点があったかと思いますので、必要があれば、また質問してください。
 福山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯12番(福山保廣) この分で、訪問による個別指導というのは行われているんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福祉高齢部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉高齢部長(渋谷亮二) 場合によっては、訪問による個別指導を実施いたしております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯12番(福山保廣) 生活習慣病を治療している人は対象外ということをちょっと聞いたんですけれども、そのあたりはどんななんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福祉高齢部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉高齢部長(渋谷亮二) 治療中の方であっても、健診結果から重症化予防の対象者である、または治療を中断しているなどの理由から、自己コントロールができていない方には、治療と並行として、不適切な生活習慣を改善できるよう個別に支援を行っております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯12番(福山保廣) 重症化といいますと、当然、かかりつけの先生との連携もとっていくわけですよね。どういった形で、直接本人が向こうに言うんですか。東大和では、糖尿病重症化予防プログラムについてのご協力のお願いということで、糖尿病重症化予防プログラム生活指導内容の確認書というのがあるらしいんですが、こういったものというのはうちのほうはあるんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福祉高齢部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉高齢部長(渋谷亮二) 今、議員がおっしゃったようなきっちりとした紹介状といいますか、そういうものはございませんが、実際に私どものほうは、いわゆる、先ほど申しました筑紫地区での合同の取り組みをしております。この中で、筑紫地区独自の紹介状をつくっております。これを通したところで、医師と情報のやりとりをしているケースはございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯12番(福山保廣) わかりました。まだ、うちのほうが完全にデータヘルスをしていないからですね。
 それともう一つ、今ずっと質問いたしましたけれども、特定健診は第1次予防だと思うんですね。この分が大野城市の場合、平成24年度が22.9%と低いんですが、全国的に40歳代というのが極端にどこも落ちているんですが、40歳代への絞り込みの連絡とか、そういったあれは考えてありますでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福祉高齢部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉高齢部長(渋谷亮二) 特定健診の40歳代、若い世代といいますか、への絞り込みでございます。
 現在、受診率の向上のため、集団健診の日程を増やしたり、休日の健診を行うなどの取り組みをいたしております。また、未受診者へのはがきによる個別勧奨や電話勧奨も行っております。今年度は、若い世代への働きかけといたしまして、小中学校のPTAに対し、受診を促す内容のチラシを配布いたしました、今後は、夜間の健診など他市町の実施状況を調査・研究し、さらなる受診率向上に向けて取り組んでまいりたいと考えているところでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯12番(福山保廣) 千葉県の船橋市が、今、部長が言われましたような形で、40歳代の健診向上をやっているそうですので、ぜひ参考にしていただければと思います。
 それと次に、レセプト活用によるジェネリック医薬品の普及向上のための市民への差額の通知、また、自治体において保健師や看護師による訪問指導での医療機関での過度の受診を減らす結果が出ておりますけれども、本市の状況をお伝えください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福祉高齢部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉高齢部長(渋谷亮二) ジェネリック医薬品の普及ということでございます。
 本市では、ジェネリック医薬品の普及に向けて、ジェネリック医薬品に切りかえた場合の薬剤費が下がる額を記載した差額通知を行い、医療費の削減につながる取り組みを行っております。また、レセプトの点検によりまして、過度の受診が見られた場合には、必要に応じて訪問指導する等の対応を行っておるところでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯12番(福山保廣) 大野城市のほうもジェネリックによる差額の通知とかがあっていると思うんですが、成果的なものはわかりますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福祉高齢部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉高齢部長(渋谷亮二) ジェネリック医薬品の成果ということでございます。
 平成24年度からジェネリック医薬品に切りかえた場合の差額通知を、減額幅が大きい上位200件に毎月発送いたしております。発送の対象となりました国保加入者が、その後ジェネリック医薬品に切りかえたことによる医療費の削減額は、平成25年度実績、これはまだ10カ月分でございますが、約512万円となっております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯12番(福山保廣) 本格的には今からだと思うんですが、呉市が平成20年度が約1億円だそうです。ここは今言いました加入者がうちの倍以上おってあるから、こういった数字が出ると思うんですけれども、それともう一つが、適正受診の件で、必要に応じて訪問されると思うんですが、改善されたというか、減ったというような実績はありますんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福祉高齢部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉高齢部長(渋谷亮二) 適正受診によって改善された例ということでございますが、現在、レセプト点検によりまして、同じ病気で複数の医療機関を受診している重複受診であったり、同じ医療機関を多数受診している頻回受診、これが確認された場合は、電話で事情をお聞きしたり、また、訪問指導したりするということで行っているところでございます。現在、その件数でどの程度改善したかというのは、まだ把握はいたしておりません。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯12番(福山保廣) 2012年の診療報酬改定で、薬剤師に残薬の有無の確認が求められるようになったと思います。飲み忘れしたり、家庭で余った残薬を有効活用し、新たに処方する薬の量を減らすことを目的とした節約バック運動が福岡市の調剤薬局で進められておりますけれども、本市の考え方をお尋ねします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福祉高齢部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉高齢部長(渋谷亮二) 筑紫薬剤師会では、各調剤薬局において、患者に対して残薬の確認を行い、処方する医薬品の量を削減する取り組みを行っております。本市といたしましても、筑紫薬剤師会と連携しまして、残薬の有効活用の周知啓発を図るなど、必要な協力を行っていきたいと考えているところでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯12番(福山保廣) その分というのは、福岡市も始めていますけれども、大野城だけではだめで、もちろん筑紫薬剤師会との話し合いでしょうが、それは早急にというわけにはいかんのですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福祉高齢部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉高齢部長(渋谷亮二) 薬剤バックの取り組みということになりますと、これは筑紫薬剤師会に所属する薬局さんになりますので、当然、筑紫地区4市1町と共同した取り組みが必要になってまいります。
 また、筑紫薬剤師会のほうに事情をお尋ねしましたところ、筑紫薬剤師会では、なかなかその予算が、今、捻出できないということでございますので、その辺を、例えば4市1町で助成しながらということになってまいりますと、当然4市1町と協議が必要になってくるということになりますので、現時点では検討事項ということになっております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯12番(福山保廣) 私の言い方がちょっと悪かったんですけれども、私が言いたかったのは、こういった残薬を有効利用している状況把握といいますか、そういった連携はとれていますかということだったんです。当初、私が節約バックと言ったから、同じようなことと勘違いされたと思うんですけれども、そのあたりはどんなですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福祉高齢部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉高齢部長(渋谷亮二) 筑紫薬剤師会のほうに確認をいたしましたところ、残薬の確認は既に取り組んでおります。今度4月から、その効果について薬剤師会のほうでははかっていくということをお伺いしております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯12番(福山保廣) データヘルスを導入している自治体が一番に上げるのは地元医師会、歯科医師会も入ると思うんですね、それと薬剤師会、この三師会の理解と連携が大事ということを言われています。これまで、今言いました三師会とのデータヘルスに関しての方向性についての打ち合わせ等はやられたことはありませんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福祉高齢部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉高齢部長(渋谷亮二) 筑紫医師会とは、市が実施いたしております保健事業に関しましては、日ごろから協力体制をとっておるところでございます。今、議員がおっしゃったデータヘルスに関しましては、医師会の協力は本当に不可欠でございますので、今後、具体的な内容を検討するに当たりましては、十分に協議を行い、連携して進めていきたいと思っておるところでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯12番(福山保廣) それでは、2番目の図書館の魅力を増す新たな運営の取り組みに移ってまいります。
 壇上で質問しました活字離れ、図書離れの回答の中で、小学生の読書リーダーの育成と読書目標の設定、それと学校図書の活動の拡大ということを言われましたけれども、7番議員さんも言われましたとおり、図書司書さんの就業時間というのは、今4時間ぐらいだと思うんです。これを考えたときに、活動の拡大といっても、時間的に制約があるわけですから、今回の第2次大野城市子ども読書活動推進計画の中では、このあたりは検討されますんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 図書の目標設定だとか、あるいは学校の図書活動の拡大を図るために、学校図書司書の勤務時間の拡大ということに関しまして回答をさせていただきます。
 第2次大野城市子ども読書活動推進計画の中で、その件は一つのテーマとなりました。いわゆる活動を推進していく上で司書の役割が大きいということで、その時間帯をどのくらいに設定するのかということでかなり議論をしたところでございます。その中で、少なくとも現状よりも延長が必要であるということで意見がまとまりまして、この第2次大野城市子ども読書活動推進計画の中では、司書の勤務時間の拡大を位置づけたところでございます。ただ、その中で司書の皆さん方から出たのは、フルタイムではなくていいということでございますので、現在、小学校、中学校で4時間の範囲内でどこに位置づけるかという運用をやっておりますけれども、もう少し柔軟にした中で、一番必要な時間帯に司書を配置するところから見直していきたいと。そして、不足する部分を継ぎ足していくという考え方で整理をしてまいりたいと思います。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯12番(福山保廣) 2月29日の全協で、本市の第2次大野城市子ども読書活動推進計画を説明していただいたんですが、小学生の読書リーダー、それから、すぐれた取り組みの奨励、そして大野城市子ども読書活動推進委員会の活動など、いろいろ子どもたちの読書環境に対する真剣な取り組みというのを再認識しました。しかしながら、統計の中で、平成18年度調査、平成25年度調査の中にも、乳幼児に本に触れる機会を与えている保護者の減少、それと小学生、中学生と成長していくに従って読書に親しむ機会が減っているわけですね。また、先日も新聞に、大学生4割読書ゼロ、本よりスマホと出ておりました。
 そこで、急激に進む情報通信の環境、携帯電話、インターネット等に対する対応というのはどうされていますんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 情報通信機器によって活字離れが進んでいるということから、どのような取り組みを考えているかということでございますけれども、昨年の家庭教育学級の合同研修会におきまして、児童・生徒の保護者を対象にいたしまして、子どもがスマートフォンやインターネットなどを使用する際に生じるリスク、それとそれらに上手につき合う方法などについて講演会を行ったところでございます。これによって、保護者の皆さん方の意識改革に努めたところでございます。
 また、各小中学校で開催しております家庭教育学級においても、学習計画の中にスマートフォンやインターネットなどについての理解を深めるための学習を必ず来年度から設けるようにということで、必須といたしております。
 読書の機会につきましては、各学校で週に1回から5回の読書タイムを設けています。児童・生徒が図書館や家から持参した本を中心に読書活動を行っており、読書習慣が身につくような取り組みも学校において展開をいたしているところでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯12番(福山保廣) これからの時代というのは、情報通信とうまいぐあいにつき合っていくことは非常に大事なことなんですね。全て規制するとか、そういったあれではなくてですね。
 そこで、今部長言われましたが、家庭教育での学習を必須と言われましたが、これはどれぐらいの時間をとられる予定なんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) こま数といたしましては、一こまでございます。ですから、1時間半くらいの研修になろうかと思います。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯12番(福山保廣) わかりました。
 次の質問に移ります。平成24年3月の文部科学省委託事業のICTを活用した読書通帳による読書大好き日本一推進事業の報告によると、読書通帳の導入の実施後は、来館数、1日の平均貸し出しも多くなっているということなんですね。また、生徒が読む本を選ぶ際に、通帳に記載されたデータを参考にする、それと読書通帳の導入によって、仲のよい友達と読書を通じたコミュニケーションが促進されると報告されております。
 この読書通帳というのは、当然、検討されとうと思うんですけれども、導入も含めて研究の余地があると思うんですが、そのあたりはいかがでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) ICTを活用した読書通帳についての研究、あるいは取り組みはということに関してお答えをいたします。
 現在、本市で導入しております図書システムは、読書通帳というシステムではございません。しかしながら、この図書システムを活用いたしまして、学校図書館で貸し出された本について、定期的な貸し出しデータの抽出を行い、ベストリーダーの表彰や貸し出し冊数の多い本の紹介をするなど、児童・生徒の読書量を拡大する取り組みを行っています。また、貸し出し冊数が少ない児童・生徒については、学級担任を通して声かけなどを行うなど、読書量を増やすよう努力をしているところでございます。
 このように、現在使用しています図書システムは、児童・生徒の図書の貸し出し状況を把握でき、必要に応じて児童・生徒が履歴を確認できるため、読書通帳と同様の機能を有しているものと考えているところでございます。
 ただ、議員からご提案をいただきました読書通帳につきましては、研究課題とさせていただきまして、今、図書システムで導入している分について、不足部分がある分につきましては検討してまいりたいと考えています。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯12番(福山保廣) 事例を二つ挙げますけれども、これは電話して確認したんですが、下関市立中央図書館では、金融機関の貯金通帳がありますね、と同じような大きさで、機械にそれを入れると貸出日と書籍名が印字されるそうです。結局、これが好評で、今まで小学校には無償でしていたのを中学校まで拡大するということを言われておりました。それと千葉県の銚子市では、文庫本サイズで、これには書名、それから著者名、出版社名、貸し出し日と感想を書き込むような形になっているらしいんですね。まだまだいろいろあると思いますので、ぜひ研究をお願いしたいと思います。
 それでは、次の雑誌スポンサー制度について質問いたします。
 地域企業、関連団体と連携した図書費の新たな財源と市民サービスの拡充を図るため、雑誌スポンサー制度があります。この雑誌スポンサー制度とは、雑誌の購入をスポンサーに負担してもらい、かわりに雑誌の最新号のカバー、表紙にスポンサー名、裏面に広告を載せたりする仕組みで、地元企業のPRや市民サービスの向上につながっている施策です。
 そこで、本市として、雑誌購入の状況として、購入予算額とジャンル数をお知らせください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 市民部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市民部長(毛利伸彦) それでは、まどかぴあ図書館におきます雑誌の購入の状況についてご回答を申し上げます。
 まず、直近の3年間の雑誌の購入予算でございますけれども、いずれの年度も年額200万円でございます。図書資料全体の購入予算に対しまして約1割ということで、実績にはなっております。購入の実績額としましては、平成23年度が約185万円、平成24年度が187万円、本年度が12月末までの実績でございますけれども、約146万円となっております。また、購入をいたしております雑誌のジャンルといたしましては、暮らし、芸術、スポーツ、女性、趣味など18ジャンルでございます。タイトルといたしましては、約200タイトルということになっております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯12番(福山保廣) この雑誌スポンサー制度は、既に福岡県内で五つの自治体が導入されているんですけれども、本市の検討というか、余地というか、されているようであれば状況をお願いしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 市民部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市民部長(毛利伸彦) 雑誌スポンサー制度、今、12番議員がおっしゃいましたように、一部では雑誌オーナー制度と言われるような制度でございますが、平成20年度ごろから導入が始まりまして、地方自治体の財政状況等も要因となりまして、全国的には導入する図書館が増加をしておるという状況でございます。
 福岡県内では、先ほど言われましたように、公立図書館協議会に加盟しております60市町の図書館のうち、筑後市、宗像市など5市町が既に制度を導入いたしております。新年度、平成26年度からは、春日市など二つの図書館で導入が予定されておると聞いております。県下の状況といたしましては、まだ少し限定的な導入の状況だろうとは思っております。
 本市におきます雑誌スポンサー制度についての検討状況でございますけれども、まどかぴあ図書館におきまして、同制度の導入状況、これは全国的な状況、県内の状況等も含めまして導入状況、それから、運用に当たりましての状況等について情報収集を行いながら、現在、具体的に調査・研究を進めておるという状況でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯12番(福山保廣) 調査・研究を進めているということですけれども、制度の導入に対する考え方というのは、まだ明確ではないんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 市民部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市民部長(毛利伸彦) 導入についての考え方でございますけれども、この制度につきましては、図書館を運営する側にとりましても、費用負担を増やすことなく蔵書の充実が図れる、あるいは民間活用、それから、市民参加による図書館運営の活性化が図れるというようなメリットがある制度だと理解をいたしております。
 それから、雑誌を提供する側、スポンサー側でございますけれども、これにとりましても、企業のPR効果はもとより、社会貢献によるイメージの向上、あるいは金銭による寄附ではなく、形として具体的に見えますので、そういった提供側のメリットも非常に大きいと思っております。運営側、提供側、いずれにいたしましてもウイン・ウインの関係になる制度だと理解をいたしております。
 ただ、一方では、スポンサー確保に景気の動向でありますとか、企業の立地等の地域性が若干影響を与えるというところもございます。それから、スポンサー確保につなげるための効果的なPR活動等を図書館自体で行う必要がございますので、それに当たる担当スタッフの確保など、若干検討すべき、整理すべき課題等があると認識いたしておるところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯12番(福山保廣) 今、ウイン・ウインの関係としゃれた表現をされたんですが、これはお互いにメリットがあるという意味だとは思うんですけれどもね。ありがとうございました。
 制度導入を前提に進めるということですけれども、今後のスケジュールのようなことは進んでいますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 市民部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市民部長(毛利伸彦) 検討を前提として具体的に進めさせていただくということで現在考えております。
 それで、スケジュールでございますけれども、まどかぴあ図書館としましては、平成26年度から、先ほど申し上げましたように、隣接いたしております春日市の市民図書館で制度導入が予定をされておりますので、これら先行導入をいたしました図書館の状況等も参考にしながら、制度導入に向けた検討を進めるスケジュールで考えております。
 具体的には、現在の指定管理者の指定期間の区切りとなります平成27年度をめどに、先行事例等を参考にした制度構築を進めます。一応、平成28年度から運用開始という形で予定をいたしたスケジュールで組み上げておるというという状況でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯12番(福山保廣) 現在、読書のジャンルが広がっていると思うんですね。そこで、来館者数を増やす工夫も必要だと思うんですが、その辺の考えはどんなことをお持ちでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 市民部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市民部長(毛利伸彦) 来館者を増やす工夫につきましては、常に図書館運営上で念頭に置く必要があるテーマだろうと思っております。ご承知のとおり、まどかぴあ図書館の図書貸出冊数は、同規模市の図書館の中では全国的にもトップクラスでございます。複合施設というまどかぴあの特徴も活かしながら、非常に多くの方にご利用いただいておると思っております。
 また、今年度に実施いたしました図書館のリニューアルによりまして、開架図書数を3万冊増やしております。それによって、図書資料の充実を図ることができたと考えております。それとおはなしのへやの改修、それから、しらべものカウンター、あるいは特設コーナーなども新しく設置をいたしておりますので、多様化する図書館利用者のニーズには十分応え得る環境づくりができたのではないかと思っております。
 これからまどかぴあ図書館に必要なものでございますけれども、図書館利用者のニーズに応える運営は当然でございますが、利用者増につながるような工夫、これがさらに求められてまいります。市といたしましても、図書館本来の機能とまどかぴあが持っております機能を相互に活かしながら、雑誌サポーター制度も含めまして、さまざまな視点から取り組みを複合的に展開することで利用者増、あるいは満足いただける施設の提供に努めていきたいと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 福山議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯12番(福山保廣) 私は、今回、雑誌スポンサー制度を質問するに当たり、先進地の筑後市のほうに行ってまいりました。今、まどかぴあがトップクラスだと言われたとおり、予算規模も建物の規模も全然違うんですね。ただ、図書館長が言われたのは、当面は30社を増やしたいということだったんですね。そして、増える予算はあくまでも現状予算の上積みという形をとって、要するに市民サービスに持っていくということを言われました。私もこの考え方には同感なんですね。だから、大野城市も、今、かなり大きくて、180万円ぐらい実績としてありますけれども、これを落とすことなく、やはり上積みという形に持っていっていただきたいと思います。私も知人あたりに若干こういった雑誌スポンサーの件を話したんですが、1年間仮にスポンサーになったにしても、金額的にもそんなに大きくはならないんですね。そういった形で、協力への感触はいいなというのは感じました。
 それで、今言いましたとおりに、雑誌スポンサー制度を皮切りにどんどん図書館の充実を図っていただくことをお願いいたしまして、質問を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(関岡俊実) 以上で、本日の議事日程は全て終了いたしました。
 あす19日の会議は、議事の都合により、特に9時30分に繰り上げて開きます。
 本日はこれをもちまして散会といたします。
     ──────────────・────・──────────────
                 散会 午後4時14分