議事ロックス -地方議会議事録検索-


福岡県 大野城市

平成25年都市環境委員会 付託案件審査 本文




2013.12.09 : 平成25年都市環境委員会 付託案件審査 本文


    (開議 午前9時59分)
◯委員長(松下真一) おはようございます。ただいまから都市環境委員会を開会します。
 3名の議員からの傍聴の申し入れがあっております。
 12月定例会で本委員会が付託を受けました案件は、条例の一部改正4件です。
 先に上下水道局所管分を審査終了後に、建設部所管分の審査をいたします。
 今回、私、質疑、討論を行いたいと思っておりますので、副委員長と交代をいたします。
 暫時休憩します。
    (休憩 午前9時59分)
    (再開 午前10時00分)

-------------------------------------------------------------------------------

◯副委員長(高山やす子) おはようございます。
 それでは、再開いたします。委員長の職務を行いますので、どうぞよろしくお願いいたします。
 それでは、審査に入ります。
 第75号議案、大野城市水道事業給水条例及び大野城市下水道条例の一部を改正する条例の制定についてを議題とします。執行部の説明を求めます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企業総務課長(高橋光治) それでは、第75号議案の説明をいたします。今回の議案につきましては、水道事業給水条例及び下水道条例の一部条例改正でございます。
 それでは、条例改正に当たりましての理由を説明いたします。
 この水道及び下水道の条例の一部改正は、国の社会保障の安定財源の確保を図る税制の抜本的な改革を行うための消費税法の一部を改正する等の法律により、消費税が平成26年4月から8%となることから、水道事業の水道料金、水道加入金、下水道事業の下水道使用料の消費税率を規定している本市の水道事業給水条例及び下水道条例の税率を改正するものでございます。
 第75号議案、2ページ及び3ページをお願いいたします。
 第1条の水道事業給水条例の一部改正では、第22条料金の額及び第28条加入金の消費税率を「100分の105」から、「100分の108」に、第2条の下水道条例の一部改正では、第14条、使用料の額についても、消費税率を「100分の105」から、「100分の108」に改正するものでございます。
 なお、附則として、今回の消費税率改正に伴う経過措置として、上下水道事業とも今回の適用を平成26年5月使用分以降の分とし、平成26年4月使用分までは、従前の率を使用するものとするものでございます。説明は以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯副委員長(高山やす子) 説明が終わりましたので、質疑を受けます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松下真一) 第1条、第2条とも同じような質問なのですけれども、計算方法が外税方式ということになっています。今まで、ほかの増税改正のものを見てみても、内税方式が多いのですけれども、上水道、それから、下水道関係については、外税方式でする理由についてお願いいたします。
 それともう1点が、この条例の中には別表第2として、ここには載っていませんが、手数料というのがあります。設計審査手数料とか進行検査手数料というのがいろいろあるのですけれども、結構な金額なのですね。300円、1,000円、1万6,000円という手数料がありますが、これは非課税なのでしょうか。以上、2点質問いたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企業総務課長(高橋光治) まず、第1点の外税にした理由でございますが、ちょっと確かな点はわかりませんが、以前より条例で外税にて課税をしているということで、現況のまま行っておるところでございます。
 それから、2番目の手数料につきましては、これは消費税がかからないということになっております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松下真一) 手数料に関しては非課税項目、要するに、そういうものであるから税金はかからないということでよろしいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯企業総務課長(高橋光治) そのとおりでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯副委員長(高山やす子) よろしいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松下真一) はい、ようございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯副委員長(高山やす子) ほかにございませんか。よろしいでしょうか。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯副委員長(高山やす子) ないようですので、質疑を終わります。
 これより討論に入ります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松下真一) 今回の条例改正について、反対の立場での討論を行います。
 消費税の増税そのものについて反対の立場をとっておりますけれども、特に、水道料、下水道料金というのは、これは生活をする上で、生きていく上で必ず必要なものである。電気、ガス、水道と同じで、生活必需品だと私は思っています。
 これについては、今回、請願で新聞等の軽減措置というものを出されておりますように、消費税については、生活必需品については非課税、もしくは軽減措置をとるというような措置がとれなかったものか。それこそが住民サービスにつながるのではないかと思います。税制改正があったから、それをそのまま横並びに増税をするということは、住民サービスにのっとっていないのではないかというふうに考えますので、今回の条例改正には反対であります。
 以上、討論を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯副委員長(高山やす子) ほかにありませんか。よろしいでしょうか。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯副委員長(高山やす子) ないようですので、討論を終わります。
 第75号議案、大野城市水道事業給水条例及び大野城市下水道条例の一部を改正する条例の制定についての採決を行います。第75号議案について、原案のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。
                  〔賛成者挙手〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯副委員長(高山やす子) 賛成多数であります。よって、第75号議案は原案のとおり可決すべきものと決しました。
 暫時休憩いたします。
    (休憩 午前10時07分)
    (再開 午前10時09分)

-------------------------------------------------------------------------------

◯副委員長(高山やす子) 再開します。
 第74号議案、大野城市道路及び法定外公共物占用料徴収条例及び大野城市都市公園条例の一部を改正する条例の制定についてを議題とします。執行部の説明を求めます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建設管理課長(森山明彦) それでは、建設管理課所管分についてご説明いたします。
 第74号議案、大野城市道路及び法定外公共物占用料徴収条例の一部を改正する条例の制定でございます。
 内容としましては、今回の消費税及び地方消費税の税率の改定に伴い、所要の改正を行うものです。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯公園街路課長(古賀政隆) おはようございます。公園街路課所管分の大野城市都市公園条例の一部を改正する条例の制定ですけれども、建設管理課と同じく、消費税及び地方消費税の税率の改定に伴い、所要の改正を行うものでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯副委員長(高山やす子) 説明が終わりましたので、質疑を受けます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松下真一) 第1条について、この占用料の第2条の第2項というのが、これは新たに追加項目として今回出ているように思うのですけれども、それ以前についての、要するに、5%の消費税についてはどのようになっているのでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建設管理課長(森山明彦) 5%の時代は、条文の中に1.05という規定はございませんでした。といいますのは、消費税法で一月未満のものについては非課税と、課税対象外ですよというふうになっておりました。基本的に占用料につきましては、ほとんど1カ月以上、長い場合、例えば、水道とか下水道とか、電気の電柱とか、そういう長期間にわたるものは、一月以上で、年間とかいうのがほとんどでございますので、原則課税対象ということで、特に1.05規定はなされておりませんでした。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松下真一) 今回、条例の追加の上から2番目、消費税を課さないこととされるもの以外にかかるという、消費税を課さないこととされるものというのが今の説明ですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建設管理課長(森山明彦) 一応そうでございますけれども、消費税、一月未満の例としましては、ビルの改装工事の足場が一月未満という申請が例としてありますが、今までの中では非常に少なかったということで、今までの条文の中で、一月未満の課税対象の分が1.05という明記がなされていなかったという、ちょっと条例の不備がございましたので、今回改めて条文を1項目加えまして、明文化するものでございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松下真一) 第1条についてはわかりました。
 それから、第2条都市公園条例についてでありますけれども、業として写真を撮影する者、また、映画を撮影する者についての料金の改正なのですけれども、この写真とか映画を利用して、消費税を徴収したという実績というものは今まであるのでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯公園街路課長(古賀政隆) 今のところ、事前の申し込みがあった分はあるのですけれども、実際撮影された経緯はございません。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松下真一) これは、使用料の別表の中にきちんと書いてあるのですけれども、今後、こうした業として写真を撮ったり、映画を撮ったりする可能性というのは、やっぱり残さなければならないということなのでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯公園街路課長(古賀政隆) テレビ番組の撮影とか、近年、バラエティ番組等のことで事前に相談は何回かありましたけれども、それは実現されなかった経緯がございます。そういうことがございますので、今後も残していきたいと考えております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松下真一) 最後なのですけれども、この写真の撮影、写真機1台1日530円というのがありますけれども、これは、次の条例改正の中に出てくるのですが、いこいの森の使用料は520円なのですね。都市公園では530円、条例改正をすると、どちらも540円になるのですね。この計算の違いというのがよく理解ができないのですけれども、そこはわかりますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯公園街路課長(古賀政隆) いこいの森につきましてですけれども、前回平成23年度におきまして、都市公園条例につきましては、大野城市コミュニティ関連公共施設使用料見直しの中で、都市公園条例だけを見直しておりました。そのとき、いこいの森については据え置いておりましたので、次の説明にもなるのですけれども、今回あわせて、都市公園と同じ位置づけにするということで考えております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松下真一) すみません、もう1点。この消費税の申告納税はどのようになっていますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯公園街路課長(古賀政隆) これは対象外ということでお聞きしております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松下真一) 申告が対象外ということですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯公園街路課長(古賀政隆) はい、そのようにお聞きしております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松下真一) わかりました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯副委員長(高山やす子) よろしいですか。ほかにありませんか。よろしいでしょうか。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯副委員長(高山やす子) ないようですので、質疑を終わります。
 これより討論に入ります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松下真一) 第74号議案と同じで、消費税増税に対して反対の立場での討論を行います。
 今回、条例の改正の中で、消費税の増税、この法改正に乗って条例の改正がなされているわけでありますけれども、今までの説明で、行政の業の中で、100分の108、要するに8%に改正をしなければ財政上影響があるという、余りそういうものでないような感じがします。
 条例改正ですので、整備をしていかなければならないということはわかるのですけれども、金額はそのまま据え置くという配慮も必要ではなかったのではないかというふうに考えます。というのが、申告納税もしなくてもいい、対象外ということですので、それも理由の一つと考えます。
 以上のことで、今回は、税率を上げる、そのことを据え置くという措置をとってほしかったという気持ちで、この条例改正には反対をします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯副委員長(高山やす子) ほかにございませんか。よろしいでしょうか。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯副委員長(高山やす子) ないようですので、討論を終わります。
 第74号議案、大野城市道路及び法定外公共物占用料徴収条例及び大野城市都市公園条例の一部を改正する条例の制定についての採決を行います。第74号議案について、原案のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。
                  〔賛成者挙手〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯副委員長(高山やす子) 賛成多数であります。よって、第74号議案は原案のとおり可決すべきものと決しました。
 第81号議案、大野城いこいの森の管理に関する条例の一部を改正する条例の制定についてを議題とします。執行部の説明を求めます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯公園街路課長(古賀政隆) 大野城いこいの森の管理に関する条例の一部を改正する条例の制定についてでございます。
 理由といたしまして、消費税及び地方消費税の税率の改定に伴い、また、業として写真を撮影するために施設を使用する場合などにおける利用料金の額に係る規定を、他の都市公園における使用料の額に係る規定と合わせる等のため、所要の改正を行うものでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯副委員長(高山やす子) 説明が終わりましたので、質疑を受けます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松下真一) 別表第3の3番、キャンプ場についてお伺いをいたします。いこいの森キャンプ場、あと、総合公園のキャンプ場も同じ料金になろうと思いますが、今、キャンプ場の利用状況というのはどのようになっていますでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯公園街路課長(古賀政隆) 平成24年度の入場者数1万9,023人、大野城市利用者数2,961人となっております。前年度、平成23年度につきましては、入場者数合計が1万8,419人、大野城市民の利用者が2,525人となっており、全体の利用者数と大野城市民の利用者数は若干上昇しておる状況でございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松下真一) せっかく利用者が増えてきているということで、今回、税制改正ということであっても、利用料金値上げというふうに、利用者には映るのじゃないかと思います。こういった利用料金の値上げによって利用者が減少するのではないかというふうに考えますけれども、そのところの推測はされましたでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯公園街路課長(古賀政隆) 利用料金の値上げでそういう話も出てくると思われます。それで、利用者数を増加するに当たって、魅力あるイベントの開催を増やすとか、本年度から大野城市の商工会が発行していますプレミアム付き商品券を利用することによって、同地の料金が10%お得になりますよというキャンペーンもやっておりますので、こういうキャンペーンも拡大していきたいと考えております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松下真一) もし利用者数が減った場合、指定管理者に対する交付金については、何か影響はありますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯公園街路課長(古賀政隆) 指定管理者への交付金につきましては、消費税増額については変更することとしております。利用者減による指定管理者の収入減ということも考えられますけれども、これについては、指定管理者のほうの企業努力でそこのところは収入増につながる催し、そういうのをちょっと一緒に図っていきたいなと思っております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松下真一) 今度は別表第2なのですけれども、興業を行う者とその他の者というのが、平米当たり20円と15円、これが30円、20円ということで上がるのですが、これは内税方式で計算すると、税制改正分がたしか10円未満の端数になるはずなのですね。それについては、今までのほかの条例改正で見ますと、内税方式の分は10円未満については切り捨てということで処理をしてあります。
 今回はこれを切り上げということで値上げというようになっているのですが、なぜこれだけが対象外になっているのでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯公園街路課長(古賀政隆) これにつきましては、消費税の値上げではなく、都市公園条例と合わせたというところがございます。大野城市都市公園条例と整合を図ったということで、この金額にさせていただいております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松下真一) はい、わかりました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯副委員長(高山やす子) ほかにありませんか。よろしいでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(神野芳行) 第74号議案との整合性なのですけれども、敷地の占用使用の表記が第74号議案にはなかったのですけれども、これは記載されてないだけですか。業として写真とか映画の撮影という項目は同じなのですけれども、第81号議案では、占用使用の平米数というのが記載されてありますよね、それは。

-------------------------------------------------------------------------------

◯公園街路課長(古賀政隆) 別表第2の分でございましょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(神野芳行) そうです。

-------------------------------------------------------------------------------

◯公園街路課長(古賀政隆) 都市公園条例につきましては、消費税のアップ分が10円未満切り捨てということで、第74号議案のほうには記載はしておりません。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(神野芳行) そういうことですね。
 次の質問です。それで、写真撮影とか映画を撮影するということで、カメラ機材等で単価を決めてあるのですけれども、この場合、状況として、その公園内、その敷地内の一部を占用使用して行う場合はこの単価をいただくということで解釈していいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯公園街路課長(古賀政隆) そのとおりでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯副委員長(高山やす子) よろしいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(神野芳行) はい。

-------------------------------------------------------------------------------

◯副委員長(高山やす子) ほかにございませんか。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯副委員長(高山やす子) ないようですので、質疑を終わります。
 これより討論に入ります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松下真一) 今回の第82号議案についても、消費税の増税ということで、反対の立場での討論を行います。
 これは、市民の娯楽施設への増税でありまして、先ほど質疑をしたように、消費税の増税ということで利用料金が上がり、利用者が減少する可能性も含まれます。そうなりますと、指定管理者に対する交付金の出費もまた増えてくるというようなことも考えられます。このように、市民への娯楽施設への増税については、内税方式をとっている以上、表に出ないという形で据え置きにして、料金が値上がりをしないという形をとり、利用者数をもっと増やして、それで収入を上げるといったほうが、市にとっても、また、利用者、市民にとっても、指定管理者にとっても、収入の増、また、有益になるのではないかというふうに考えます。
 以上のことで、消費税法が変わったことによって、ただ単に改正をするというのではなく、もう少し市民サービスのことを考えた条例改正をしてほしかったなというふうに私は考えますので、反対であります。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯副委員長(高山やす子) ほかにございませんか。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯副委員長(高山やす子) ほかにないようですので、討論を終わります。
 第81号議案、大野城いこいの森の管理に関する条例の一部を改正する条例の制定についての採決を行います。第81号議案について、原案のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。
                  〔賛成者挙手〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯副委員長(高山やす子) 賛成多数であります。よって、第81号議案は原案のとおり可決すべきものと決しました。
 それでは、委員長と交代します。
 暫時休憩します。
    (休憩 午前10時33分)
    (再開 午前10時34分)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(松下真一) 再開します。
 第82号議案、大野城市自転車駐車場の設置に関する条例の一部を改正する条例の制定についてを議題といたします。執行部の説明を求めます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建設管理課長(森山明彦) それでは、第82号議案、大野城市自転車駐車場の設置に関する条例の一部を改正する条例の制定について、ご説明いたします。
 内容につきましては、西鉄下大利駅西口広場に暫定的な自転車駐輪場を設置することに伴い、所要の改正を行うものです。具体的には、別表2段目に、西鉄下大利駅西口広場自転車等置き場として、下大利1丁目216番20ほか5筆を加えるものでございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(松下真一) 説明が終わりましたので、質疑を受けます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(神野芳行) これは借地なのでしょうか。それと、平米数と収容台数を教えていただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建設管理課長(森山明彦) 土地につきましては、西鉄下大利駅西口広場の一部でございます。だから、市有地でございます。面積につきましては、約200平米を予定しております。収容台数につきましては、約100台でございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(松下真一) よろしいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(神野芳行) はい。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(松下真一) ほかにありませんか。よろしいですか。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(松下真一) ないようですので、質疑を終わります。
 これより討論に入ります。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(松下真一) 討論を終わります。
 第82号議案、大野城市自転車駐車場の設置に関する条例の一部を改正する条例の制定についての採決を行います。第82号議案について、原案のとおり決することに異議ありませんか。
                〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(松下真一) 異議なしと認めます。よって、第82号議案は原案のとおり可決すべきものと決しました。
 以上で都市環境委員会が付託を受けました案件の審査は全て終了しました。これをもちまして都市環境委員会を閉会します。お疲れさまでした。
    (閉会 午前10時37分)