議事ロックス -地方議会議事録検索-


福岡県 大野城市

平成25年福祉文教委員会 付託案件審査 本文




2013.12.06 : 平成25年福祉文教委員会 付託案件審査 本文


    (開会 午後1時30分)
◯委員長(岡部和子) ただいまから福祉文教委員会を開会します。
 4名の議員からの傍聴申し出があっております。
 12月定例会で本委員会が付託を受けました案件は10件です。先に福祉課所管分の第78号議案、第83号議案、第86号議案、第87号議案を審査し、福祉課及びスポーツ課所管の分の第73号議案を審査した後、スポーツ課所管を審査いたします。
 それでは審査に入ります。第78号議案、大野城市老人憩の家の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定についてを議題といたします。
 執行部の説明を求めます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉課長(伊藤和久) 福祉課です。よろしくお願いします。それでは、第78号議案、大野城市老人憩の家の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について説明いたします。
 改正の理由につきましては、若草老人憩の家の新設に伴い、別表第1の表記の一部及び消費税及び地方消費税の税率の改定に伴い、別表第2の表記の一部を改正するものです。
 改正の内容につきましては、別表の第1に若草老人憩の家の名称及び位置を追加、及び別表第2の部屋代400円を410円に改定するものであります。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 説明が終わりましたので質疑を受けます。質疑ありませんか。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) ないようですので質疑を終わります。
 これより討論に入ります。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 討論を終わります。
 第78号議案、大野城市老人憩の家の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定についての採決を行います。第78号議案について原案のとおり決することに異議ありませんか。
                〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 異議なしと認めます。よって、第78号議案は原案のとおり可決すべきものと決しました。
 続いて、第83号議案、筑紫地区障害程度区分等審査会の共同設置に関する規約の変更についてを議題といたします。
 執行部の説明を求めます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉課長(伊藤和久) 続きまして、第83号議案、筑紫地区障害程度区分等審査会の共同設置に関する規約の変更について説明いたします。
 改正の理由につきましては、障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律が一部改正され、障害程度区分が障害支援区分に改められることに伴いまして、筑紫地区障害程度区分等審査会の共同設置に関する規約を変更することについて、地方自治法第252条の7第3項の規定において準用する同法第252条の2第3項本文の規定により、議会の議決を求めるものでございます。
 改正の内容につきましては、題名を筑紫地区障害支援区分等審査会の共同設置に関する規約に改め、第2条中、筑紫地区障害程度区分等審査会を、筑紫地区障害支援区分等審査会に改めるものでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 説明が終わりましたので、質疑を求めます。質疑はありませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(井上正則) 障害程度区分と、その支援区分の違いを教えていただけますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉課長(伊藤和久) まず、障害程度区分につきましては、知的障害、精神障害について、一次判定が低く評価されたということで、今回の改正は、その区分を明確にするために法律を改正するというということになっております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(井上正則) その区分け、障害者の度合いをより明確にするということですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉課長(伊藤和久) はい、そのとおりでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉高齢部長(渋谷亮二) ちょっと補足を。今回の障害程度につきましては、実はこの障害に関する判定のシステムは、介護保険のものを準用して最初はつくっておりました。介護保険でも問題になりましたのが、認知症の患者の認定の等級といいますか、介護度が低く出るという事案がございました。障害につきましては、いわゆる障害の1級、2級とかいう程度よりも、障害そのものによりまして、やはり支援の度合いが変わっていくと。今回、いわゆる知的障害とか精神障害に関する障害の程度区分がやっぱりどうしても低く出てしまうという障害がございましたので、そこのシステムの見直しを行いまして、いわゆる障害の範囲であるとか、障害の部位に応じた支援がしっかりと出るようにということで、判定の方法、システムを変えたと。
 実際はまだ厚生労働省が作業中のところなのですが、そのことで、程度区分から支援区分というふうな区分の変更を行うということで、今回改正になるということでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(井上正則) わかりました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) ほかに。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(香野信儀) 関連して、筑紫地区で審査会が共同設置されておるということですが、実際に具体的に、大野城市からこの審査会に審査を依頼して、されているのがどの程度あるのですかね。そのあたりを参考までにお知らせ願いたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉課長(伊藤和久) 件数ということですけれども、24年度分のデータで申し上げます。24年度分につきましては、筑紫地区全体で75回、人数にしますと560人になります。大野城市につきましては、身体系が6回、知的・精神系が9回、計15回ですね。人数にいたしますと、合計で142人ということになっております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) ほかにございませんか。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) ないようですので、質疑を終わります。
 これより討論に入ります。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 討論を終わります。
 第83号議案、筑紫地区障害程度区分等審査会の共同設置に関する規約の変更についての採決を行います。第83号議案について原案のとおり決することに異議ありませんか。
                〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 異議なしと認めます。よって、第83号議案は原案のとおり可決すべきものと決しました。
 続いて、第86号議案、指定管理者の指定について(若草老人憩の家)を議題といたします。
 執行部の説明を求めます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉課長(伊藤和久) 続きまして、第86号議案、若草老人憩の家の指定管理者の指定について、説明いたします。
 本件は、若草老人憩の家が新設されることに伴い、若草老人憩の家の指定管理者を指定するに当たり、地方自治法第244条の2第6項の規定により、議会の議決を求めるものでございます。
 なお、指定管理者は若草区、指定期間は平成26年2月1日から平成26年3月31日までとしております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 説明が終わりましたので、質疑を受けます。質疑はありませんか。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) ないようですので、質疑を終わります。
 これより討論に入ります。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 討論を終わります。
 第86号議案、指定管理者の指定について採決を行います。第86号議案について原案のとおり決することに異議ありませんか。
                〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 異議なしと認めます。よって、第86号議案は原案のとおり可決すべきものと決しました。
 続いて、第87号議案、指定管理者の指定について(老人憩の家)を議題といたします。
 執行部の説明を求めます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉課長(伊藤和久) 次に、第87号議案、老人憩の家指定管理者の指定について、説明いたします。
 現在、老人憩の家の指定管理は各区となっております。先日の公共サービス改革委員会におきまして、老人憩の家は主に区域に居住する高齢者のための施設であり、区が指定管理者として、維持管理、運営することが最も効率的、効果的であるとの判断から、次期指定管理者は引き続き、非公募により、現指定管理者である各区を指定することが望ましいとの見解を得ております。したがいまして、今回、老人憩の家の指定管理者を指定するに当たり、地方自治法第244条の2第6項の規定により、議会の議決を求めるものでございます。
 なお、指定期間は平成26年4月1日から平成31年3月31日までの5年間としております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 説明が終わりましたので、質疑を受けます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(佐藤義廣) 以前から思ってたのですが、この老人憩の家は指定管理者制度にする必要がありますかね。これを指定するとしても、ずっと区しかないと思うのですね。何かなじまないのじゃないかなという気がしますけれども。指定管理者制度というのは、指定管理者を置くことによって、そこの利用効率とか、財政的なものを効率よくしようというのが目的でしょうけれども、こういう施設は余りなじまないのじゃないかと思いますが、今後ずっと指定管理者制度でやっていく予定なのですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉課長(伊藤和久) 今言われたとおりのことなのですけれども、今後も指定管理者として、指定していくように予定はしております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(佐藤義廣) 一応5年間ということで、今後も5年間でやっていく予定ですかね。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉課長(伊藤和久) 先ほど申しましたように、公共サービス改革委員会におきましても、5年間が妥当であるとの見解を得ておりますので、一応5年間ということで予定はしております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(佐藤義廣) その公共サービス改革委員会ですか、その辺でそういう話は出てきませんか。検討されたことはないですかね。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉課長(伊藤和久) 今のところ5年間が妥当であるということで、それ以上のことは出ておりません。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(佐藤義廣) 指定管理者制度を採用するということについて、異論はないということですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉課長(伊藤和久) 異論というのはあっておりません。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) よろしいですか。ほかに。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松崎正和) これは、いつから今までどこでどういう管理をしていたのか。そして指定管理は来年からですか。今の管理方法、そして、指定管理にするのは26年からですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉課長(伊藤和久) 指定管理になったのは5年前からで、それ以前につきましては、各区のシニアクラブが管理をしておりました。今度の指定管理につきましては、平成26年の4月1日から5年間ということになっております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松崎正和) 5年間が終わったということですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉課長(伊藤和久) はい、そのとおりでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) よろしいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(浅田大輝) 指定管理者交付金が定額7万円にされているのですけれども、この7万円の算出根拠というのは何ですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉課長(伊藤和久) 厳密な根拠というのは、はっきり言ってありません。以前の担当に聞いたのですけれども、以前、指定管理者交付金につきまして、各区にアンケートをとったところ、その金額は平均したところで7万円というのがそのアンケートで出てきたと。ですから、その金額を今までも交付をしているというのが現状でございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(浅田大輝) 公共サービス改革委員会のほうで、事業報告書とか、収支計算書ですか、それに対する指摘があっているのですけど、これは指摘どおりに今後改善していくという理解でよろしいのですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉課長(伊藤和久) この辺につきましては、公民館の指定管理者というのは区になっておりまして、その辺の関連もありますので、今後、区と新コミュニティ課と十分協議を行いまして、改善の方向で検討していくということにしております。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(浅田大輝) 確認なのですけど、今現在、老人憩の家の収支計算書なりはあるのですか。存在しているのですか。作成しているのかどうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉課長(伊藤和久) 各区の決算書の中に老人憩の家の分があるということになります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) よろしいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(佐藤義廣) 新コミュニティ課との関係ですけれども、老人憩の家は福祉課のほうの関係ですよね。この運営のチェックとかは、運営は実際区でやってあるのでしょうから、新コミ課がやっていくのか、どちらでチェックをしていく形になるのですかね。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉課長(伊藤和久) 区の総会資料の中に報告がありますので、それでチェックをしていくという形になります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(佐藤義廣) ということは、新コミュニティ課のほうで、公民館とあわせてチェックするということですかね。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉課長(伊藤和久) その場合につきましては、新コミュニティ課のほうから資料をうちのほうにいただいているという形になります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) よろしいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(浅田大輝) 関連して、老人憩の家に関しては、新コミュニティ課のほうがチェックされる資料を福祉課のほうにいただくのですかね。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉課長(伊藤和久) 老人憩の家の分について、チェックというのは福祉課のほうでやっております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(浅田大輝) 老人憩の家の何をチェックされているのですか。例えば、収支計算書であれば区の会計報告書に含まれて記載されているのですよね。福祉課としては老人憩の家の何をチェックされているのですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉課長(伊藤和久) その件は係長のほうから説明させますが、よろしいでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉課係長(濱崎義一) ご説明させていただきます。新コミュニティ課からいただいている資料と申しますのは、各区新年度に総会を開きましたときに、その総会資料の中に入れております決算報告書及び事業報告書でございます。その中で、歳入の中にきちんと老人憩の家の指定管理者交付金が記載されているかどうかをチェックいたしますし、歳出に関しましては、併設館──公民館の中に入り込んでいる施設であるので、明確に区分がされていないところがあるというのも現状でございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 佐藤委員、いいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(佐藤義廣) 明確に区分が難しいのではないかなと思うけど、老人憩の家を使用したときに、その使用料が発生しますよね。それは区のほうに入ってくるのでしょうけれども、その辺の会計的なチェックといいますか、その辺まではやってはいないのですかね。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉課係長(濱崎義一) 明確に区分されていない部分がございますので、明確なチェックができていないという事実もございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(佐藤義廣) 監査で指摘されるようなことはないでしょうけど、チェックの仕方を少し検討されたほうがいいのではないかなと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) ほかによろしいですか。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) ないようですので、質疑を終わります。
 これより討論に入ります。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 討論を終わります。
 第87号議案、指定管理者の指定について(老人憩の家)の採決を行います。第87号議案について原案のとおり決することに異議ありませんか。
                〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 異議なしと認めます。よって、第87号議案は原案のとおり可決すべきものと決しました。
 暫時休憩いたします。
    (休憩 午後1時53分)
    (再開 午後1時54分)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 再開します。
 続いて、第73号議案、大野城市立学校施設使用料条例等の一部を改正する条例の制定についてを議題といたします。執行部の説明を求めます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯スポーツ課長(伊藤廣高) 大野城市立学校施設使用料条例等の一部を改正する条例の制定についてでございます。理由としまして、消費税及び地方消費税の税率の改定に伴い、所要の改正を行うものです。
 次のページをお開きください。第1条に大野城市立学校施設使用料条例等の改正のものがございます。次が、第2条の乙金多目的広場の設置及び管理に関する条例の改正の分でございます。
 スポーツ課に関する分は、この1条、2条でございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 福祉課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福祉課長(伊藤和久) それでは、福祉課分につきましては、第3条の大野城市高齢者生きがい創造センター設置条例の一部改正になります。改正の理由につきましては、消費税及び地方消費税の税率の改定に伴い、別表の表記の一部を改正するものであります。改正の内容につきましては別表のセンター利用料金における陶芸室の500円を510円に改定するものであります。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 説明が終わりましたので質疑を受けます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(佐藤義廣) 照明料金ですけれども、1条では照明料金は1時間当たりになるのですかね。多目的広場は30分当たりということになっています。本会議のときの説明では30分単位にしたほうが、エネルギーの関係でも必要な分だけになるのではないかという説明でしたけれども、学校施設のほうは、その辺はどうなのですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯スポーツ課長(伊藤廣高) この分については、乙金多目的広場は既に30分という単位がございましたが、今回は消費税の改定ということで、このような形にさせていただいております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(佐藤義廣) 質疑のときの説明では、消費税の関係ではなくて、30分単位にしたのは電気のエネルギーの使用について30分単位のほうが適正にといいますか、細かくできるのではないかということで30分に変えたということを説明されていたと思うのですけれども、その点、学校施設のほうはそういうことは考えられないのでしょうかということです。

-------------------------------------------------------------------------------

◯スポーツ課長(伊藤廣高) 使用料の改定ということでは、総合公園と社会体育施設は使用料金でということでございましたので、そこのところを扱っている次第でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(佐藤義廣) 学校施設の場合、使用料改定じゃなくて消費税の分だけだからということですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯スポーツ課長(伊藤廣高) そうでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(佐藤義廣) 今後、30分単位も検討されるということですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯スポーツ課長(伊藤廣高) はい、今後、そのようなことを考えていきたいと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) ほかにございませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(香野信儀) 改正条例の1条の件ですが、いろいろ算定の方法があってのことかと思いますけれども、中学校施設の屋外運動場の現行と改正後のアップ率といいますか、そこらあたりはどのような形で。屋外運動場が1,900円から1,940円になっていますよね。そこの考え方をちょっと説明いただけませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯スポーツ課長(伊藤廣高) 屋外運動場につきましては、定期使用団体が半分ずつ使っているという場面がございます。そういったところで、2で割れるような形で料金の積算を。ですから、端数の減額処理をしております。定期使用でグラウンドを2つの団体が共同で使う場合があります。そのようなときに照明料を半分ずつ支払うことがございまして、端数処理をする必要がありましたので、このような形にさせていただいております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(香野信儀) 通常、私、ちょっと試算したのですが、1,950円ぐらいになるのではないかなと。単純計算するとね。それが40円になっているから、どういう意味で。半分というのはちょっとよくわからないのですが。割りやすいということですけど、50円でも、25円だから別に難しい割り算ではないと思うのだけど、そこらあたりは。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 基本的に料金の設定は10円単位で考えておりまして、それで2団体が使ったときに、50円ですから25円となりますけれども、そのときも10円単位の端数を切り捨てるという考え方で20円、20円となるよう、1,950円ではなくて1,940円にしているということでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(香野信儀) そんなに勝手にしたらいかんのではないですかね。利用団体が折半して負担すればいいことであって、受け取る側は何ら影響ないのではないですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 許可は2つするときには、A団体、B団体に行います。A団体が借りて、Bも一緒に使うということになると、お互いに話し合って折半ということでいいのですけれども、許可はあくまでもA団体、B団体ということですので、そのときに25円という5円の端数がつく際は、10円の端数は切り捨てるという考え方に立って、10円単位に下げて丸めたということです。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(佐藤義廣) そうなりますと、税金を払うのに、消費税を払うのに市の使用料の部分まで食い込んでしまうということになりますかね。50円払うのを40円に設定すれば、あと10円分は市が負担する形になりますね。

-------------------------------------------------------------------------------

◯スポーツ課長(伊藤廣高) この場合もですが、ほかの場合も使用料は切り捨てているところがございますので、そういう面ではおっしゃるようなことが考えられると思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(佐藤義廣) その辺は行政サービスということでよろしいのですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 消費税の考え方は売上ですから、1団体ごと、1人ずつということになります。だから、半分ずつAとBが借りたときに、Aに発生する消費税、Bに発生する消費税となってまいります。そのときに円単位の部分を切り捨てるという考え方ですけれども、ここでは大きいのですが、ほかのところでも、例えば、29円ではなくて20円という処理の仕方になっています。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) よろしいですか。ほかにございませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松崎正和) 初歩的なことを聞いて申しわけないけれども、例えば、屋内運動場の改正前の320円、これには消費税は入っているのですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯スポーツ課長(伊藤廣高) そうです。内税になっております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松崎正和) 幾らですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯スポーツ課長(伊藤廣高) 消費税が16円入っております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松崎正和) 使用料は304円で消費税が16円、合計320円と、こうなるわけですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯スポーツ課長(伊藤廣高) はい。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松崎正和) 消費税の課税の考え方は、既に5%の消費税が入った320円に3%を掛けるから、10円未満なので課税しませんと、恐らくそういうものでしょう。ただ、304円に対して8%じゃないのですか。もちろん、ここだけではなく、全部だけれども。使用料に対して8%の消費税がかかるのだから。違うのですか。そういう考え方にならないのですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 304円に1.08、8%を掛けますと328円。それで、さっき言いましたように9円まで切り捨てですから320円のまま据え置きということになります。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松崎正和) では、使用料が350円以上にならないと改正はないということになりますね。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 次は10%が予定されていますけれども、これが出てまいりますと改定ということが考えられると思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) よろしいですか。ほかよろしいですか。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) ないようですので、質疑を終わります。
 これより討論に入ります。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 討論を終わります。
 第73号議案、大野城市立学校施設使用料条例等の一部を改正する条例の制定についての採決を行います。第73号議案について原案のとおり決することに異議ありませんか。
                〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 異議なしと認めます。よって第73号議案は原案のとおり可決すべきものと決しました。
 暫時休憩します。
    (休憩 午後2時07分)
    (再開 午後2時08分)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 再開します。
 続いて、第79号議案、大野城市社会体育施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定についてを議題といたします。
 執行部の説明を求めます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯スポーツ課長(伊藤廣高) 大野城市社会体育施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定についてでございます。理由としまして、大野城市社会体育施設の使用料の見直しを行うとともに、使用許可の取り消し等を行う場合における損害賠償の所在を明確にするため所要の改正を行うものでございます。次のページ以降の太字になっている部分が改正するところです。簡単ですが、以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 説明が終わりましたので質疑を受けます。ございませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(浅田大輝) テニスコートの使用料の別表第3の備考の2ですか、市外の方は使用料の額を2倍とするというくだりなのですけれども、これは赤坂と旭ケ丘の使用料金が1時間当たり460円から市外の方は920円になって、照明料金が1時間840円になるという理解でよろしいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯スポーツ課長(伊藤廣高) はい、それぞれが2倍になるということでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(浅田大輝) 確認なのですが、それでは、市外利用者が照明を使う場合は1,760円になるということですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯スポーツ課長(伊藤廣高) そうです。1,760円ですね。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(浅田大輝) テニスコートの夜間利用がどの程度あるのかわからないのですけれども、以前、全協で、パブリック・イン・ボルブメントで配られた資料で、テニスコート、あるいは総合公園ですか、これの市外者の利用率が40%と出ていたのですけれども、1,760円だと市外利用者がほとんどいなくなると思うのですよ。収入の40%を占めていた市外利用者がいなくなると考えると、収支はどうなのだろうなと考えるのですけれども。しかも、これは公的負担率を50%として算定したのですよね。成り立つのかなとちょっと気になったので。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) まず、40%の市外者が利用している現状から、市民の利用が非常に難しくなっているということが1点でございます。近隣市の状況も、市外者に対しては2倍を徴収するという状況になっておりますので、それに合わせるべきではないかというのが審議会の意見でございます。
 全体的にはニーズがあるわけでして、ニーズの中で市外者が40%を占めていると。今度、これを制約することによって、8対2とか7対3とか、ひょっとしたら9対1とか、そういう状況を生み出すべきだということでの今回の改正となっております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(浅田大輝) そうすると、市外者の方が利用することで、市内者の方が利用できない状況がそもそもあると。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 現状は、市内、市外の区別はございませんので、いわゆる早く申し込んだ順番で決まっていくと。早かった人がたまたま市外であった、たまたま市内であったという状況でございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(浅田大輝) そうすると、このテニスコートは、利用できない状況にあるのですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) そもそも、このテニスコートは、従前はコミュニティセンターに併設していたテニスコートを2カ所ずつつけて赤坂と旭ケ丘とした経緯がございまして、4カ所にあったものが2つずつになっておりますので、利用者の割合がおのずから窮屈になってきています。そこに、市内と市外を区別していませんので、市外の利用者が入り込んできたために非常に競争率が激しくなって、市民の皆さんからすると、公平の原則はいいけれども、市民を優先すべきではないかという意見を踏まえて今回の改正を提案しています。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 浅田委員、いいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(浅田大輝) はい。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松崎正和) 今のそこの備考欄の市外の人は2倍にすると書いたところに、「この表の規定(この項を除く)」とあるけど、どういう意味ですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯スポーツ課長(伊藤廣高) ちょっと時間をいただいていいでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) ほかに。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(香野信儀) テニスコートの使用料で、現行と今度改定になる分との比較で、赤坂と旭ケ丘の関係ですが、改正後は1時間当たり460円になっていますよね。これはいわゆる外税になっていて、今度は内税になるということで、税が加味されたということはわかるのですが、これはからくりがあったとですかね。率が多少違ってきているようですけれども。その辺を説明いただけますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯スポーツ課長(伊藤廣高) この件につきましては、単に消費税が上がるということではなくて、使用料の見直しということで上がっている分がございます。ということで、このような金額になっております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(香野信儀) その見直しというのはどういう理由で。本来、単純に計算したら430円でもいいのではないかということなのですが、それ以上に今度は上がっているということですよね。そこらあたりの値上げの理由というか、改定の理由は何でしょう。

-------------------------------------------------------------------------------

◯スポーツ課長(伊藤廣高) 社会体育施設と総合公園もそうなのですけれども、以前から使用料改定に係る話をさせていただきまして、その中で、値上げ率とかの話をさせていただいて、このような形で設定をしております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 補足をさせていただきますが、今、施設の使用料の設定については、市のほうで基準を持っておりまして、その施設のランニングコストに係る費用から算出するということになっております。ただし、それで算出いたしますと、公共施設なのに民間と変わらなくなりますので、公共割合というのがございまして、例えば、福祉であれば30%だとか、市民の大多数が使うなら50%ぐらいは税から負担すると。そういう割合で計算して求めた額がこの金額でございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(香野信儀) 一連のあれで全体的に社会体育施設を見直す中での、そういう使用料の設定ということですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 全体的な使用料が、コミュニティセンターが最初にできたのが昭和46年ですから、そのときの基準で、その後の学校開放に至っても、その後整備した施設も、それをベースに使用料が設定されております。それから40何年たっているわけですけれども、料金が改定されていないということで、市のほうで全体的に使用料を改定しようということになりまして、既に改定されているのが先ほど消費税だけ上げました学校開放施設、コミュニティセンター、まどかぴあ、そういうところが先行して改定されています。今回、おくれまして社会体育施設、それから後で審議いただきます総合公園の分を提案させていただいているわけですけれども、その使用料の設定をするに当たっての基本的な基準といいますか、考え方を市のほうで定めましたので、それに基づいて積算し、求めた金額をもって今回提案させていただいているということでございます。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(香野信儀) 市民分は除くのですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 一緒です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(香野信儀) これも同じような考えで率が違ってきているということですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯スポーツ課長(伊藤廣高) はい、そうでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) よろしいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(香野信儀) はい。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) ほかに。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(井上正則) テニスコートの件ですが、ここに載っていない1面のテニスコートが市内にある程度ありますよね。利用料を取っていないところ。ある特定の人たちが一気にとっているのですよね。こういうところは、何か管理されてあるのですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 私も全部把握しているわけではございませんが、承知をいたしておりますのは若草の公園の中にテニスコートが1面ございます。それから、乙金台の公園の中にテニスコートが1面ございます。これは両方ともテニスコートという施設ではなくて、公園の中にテニスができるスペース、コーナーと言ったほうがいいのかもしれませんけれども、そういう位置づけになっています。ですから、申し込みをする必要もなければ、使用料も要りません。ただし、専用で使えませんから、テニス以外は使えないという条件にはなってないという考え方です。では、維持管理はどこがやっているかというと、公園ですので3,000平方メートル未満は行政区が管理しております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(井上正則) 今言われた乙金台の件で私に相談があったのですが、不公平さを感じているのですね。使う人はずっと使っているのですよね。テニスで使っている。そこに入る鍵までその方たちが持っていたと。こういったところまでは行政では管理しないのですかという意見があったものですから。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 直接、公園の所管課ではございませんけれども、関連する関係で協議をしておりますので、その関係から回答させていただきますと、公園の中にフェンスで囲って、あたかもテニスコートのような感じで整備するのは、今後、好ましくないという考え方に立っております。ですから、今後、公園の再整備だとか、もろもろ進めていく中では、先ほど言いましたようにコーナーということですから、フェンスがないとか、あるいは今言われましたように、誰かが専用で使えるようなものではないと、あくまでも公園は、いつでも、誰でも使えるという定義ですので、そういう考え方に立って、今後整備していくと。なかなか今使っておられる人との関係があって、何度も協議をしているようでございますけれども、少し今指摘されたようなことも見受けられる状況だと聞いております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) よろしいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(井上正則) はい。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(佐藤義廣) 乙金台のテニスコートも、経緯はありますけれども。やっぱり、公園内でテニスができるところとなれば、コートを整備しないといけないですよね。草が生えていたり、でこぼこであったりしてもできない。だから、誰かが整備をしているのですね。そして整備をして使うためには、ほかの人がスパイクで走り回ってもらったら困るということから鍵も閉めてあるでしょうし。その辺の管理は非常に難しいところはあるかもしれませんけれども。地元の方のテニスコートに使いたいという要望もかなり強いし、また、そこを管理する必要があれば、ボランティアで管理してくれる人がいれば、それをテニスコートとして生かしていきたいという面もあると思います。ですから、非常にそこは難しいかもしれませんけれども、今後、どういう形にするか、よくコミュニティとも相談し、検討されたほうがいいのではないかと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 要望ですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(佐藤義廣) 要望です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) ほかありませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) それでは、討論は後にしまして、次の第80号議案、大野城総合公園の管理に関する条例の一部を改正する条例の制定についてを議題といたします。
 執行部の説明を求めます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯スポーツ課長(伊藤廣高) 大野城総合公園の管理に関する条例の一部を改正する条例の制定についてでございます。
 理由としまして、大野城総合公園の使用料及び指定管理者に行わせる事務の見直しを行うとともに、使用許可の取り消し等を行う場合における賠償責任の所在を明確にするため所要の改正を行うものでございます。
 次のページをお開きください。改正の内容としましては、以下のとおりとなります。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 説明が終わりましたので質疑を受けます。質疑ありませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(浅田大輝) これも全協で、パブリック・イン・ボルブメントでもらった資料ですけれども、総合公園に関しては、ほとんどの施設というか、以前、提出されていた値上げ幅よりも下がっているようなのですが、それは、お配りいただいた資料の後に、審議会等でそういった値下げの意見が出たのを反映したのですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯スポーツ課長(伊藤廣高) それ以降、審議会とかはあっておりませんが、計算をする中で、端数の調整という形で、今回このような金額となっております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(浅田大輝) そもそも、値上げ幅を35%以内に調整するとあって、以前提出された額も35%以内ではあったのですけれども、どういった理由で値下げになったのでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯スポーツ課長(伊藤廣高) まず、当初は10%で考えていたところもあります。ということで、そこのところを10%に上げることはできませんので、8%に戻して、平成28年度以降の分は計算し直した経緯がございます。それと、再度精査しまして、基本となるベースの金額を出しまして8%を掛けたところです。ですから、再度精査して、このような金額となっております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(浅田大輝) 例えば、3ページの2番の専用使用する場合の(1)で総合体育館、競技場、入場料を徴収しない場合1,640円ですよね。これは以前提出されていたときは1,680だったのですよ。その以前の段階でも、消費税10%を勘案しての1,680円で、3ページの分を10%勘案したのが1,640ですよね。ほかの小体育室ですか、武道室、その他に関してもほとんどが値下げされたようなのですけれども、これはどういった理由からでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯スポーツ課長(伊藤廣高) ベースとなる消費税抜きの金額を再度算出いたしまして税率を掛けたところがあります。使用料の基本額について再精査をして、税率を掛けて、このような金額にしております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 8%、10%の話が出ておりますけれども、審議会においては26年、28年と2回に分けて値上げをすることがまず決まりまして、そのときに、じゃあ、26年に上げて、27年10月に10%になったらどうするのかという話で、周知とかもろもろで混乱するだろうということで、それらを踏まえたところで料金を設定してはどうだろうかということで審議会は固まりまして、それを市民の皆さん方にお諮りしまして、それで行こうという話になったわけです。ただし、税率は、まず今8%が固まっているだけでして、10%というのは固まっておりませんので、それは基本的な考え方に戻って、決まった額をベースに税抜きを出し、そして8%に置きかえて提案するのが妥当であろうということで、そのような作業をした上で市長の決裁をとって、今回提案しているということです。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(浅田大輝) そうすると、現行では、例えば競技場であれば、税抜きで1,200円ですよね。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) そうですね。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(浅田大輝) それを幾ら値上げされたのですか。それに10%を掛けた値段が1,640ですよね。要は、現行の1,200円を何割値上げして、それに10%掛けたのが1,640なのでしょうか。
 この値段でパブリック・イン・ボルブメントをされたのですよね。市民の方への周知は今の値段よりも少し高く周知されていて、逆に下がっている分もあるのですよね。ほとんどはパブリック・イン・ボルブメントで周知した額より下がっているのですけれども、逆に上がっているのも一、二個あるのですよ。なので、その市民の方への周知のときとのずれを、なぜそうずれたのかというのを確認したいのですけど。

-------------------------------------------------------------------------------

◯スポーツ課長(伊藤廣高) 先ほどの1,200円と1,640円の件でございますけれども、本体としては上げる前が1,200円、平成30年度以降の金額については本体が1,519円ということで算出して、それに税率を掛けるという形になります。先ほどのパブリック・イン・ボルブメントのときとの違いですけれども、再度精査をして出しているところです。切り上げや切り捨てなどの調整等がございましたので、そのような形としているところです。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(浅田大輝) ちょっとよくわからないので再度お聞きしますけれども、パブリック・イン・ボルブメントのときは1,680円で提示されていたのですよね。消費税10%。今回は消費税10%で1,640円ですよね。40円下がるのですけれども、これは端数切り捨てによって下がったわけではないのではないですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯スポーツ課長(伊藤廣高) このときは10%で計算しておりましたけれども、10%の考え方がおかしいということで税率を8%で計算し直しています。それで、再度、今回計算して、この表に当てはめてございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(浅田大輝) そうすると、税を除くと、現行で1,200円を1,519円に上げて、それに10%を掛けたと。

-------------------------------------------------------------------------------

◯スポーツ課長(伊藤廣高) 8%を掛けております。10%で、当初パブリック・イン・ボルブメントのときは出しておりましたけど、まだ何も決まってないのに、それはいけないだろうということで、そこで計算をし直しています。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(浅田大輝) そうすると、値上げ率というのは何%ぐらいなのですか。1,200円から1,519円。

-------------------------------------------------------------------------------

◯スポーツ課長(伊藤廣高) 今、計算したところ約26%です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) よろしいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(浅田大輝) はい。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) ほかにございませんか。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) ないようですので、質疑を終わります。
 先にこちらのほうの討論に入ります。討論ありますか。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 討論を終わります。
 第80号議案、大野城総合公園の管理に関する条例の一部を改正する条例の制定についての採決を行います。第80号議案について原案のとおり決することに異議ありませんか。
                〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 異議なしと認めます。よって、第80号議案は原案のとおり可決すべきものと決しました。
 続いて、第88号議案から第90号議案まで、指定管理者の指定についてを一括議題として、執行部の説明を求めます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯スポーツ課長(伊藤廣高) 第88号議案から90号議案までについて一括して説明をいたします。
 大野城総合公園、赤坂テニスコート及び旭ケ丘テニスコート及び乙金多目的広場の指定管理者の指定についてでございます。自治経営課が事務局の市の第三者機関である公共サービス改革委員会から大野城総合公園、赤坂テニスコート及び旭ケ丘テニスコートについては、一部指摘事項がありましたが、引き続き、非公募により、大野城市体育協会を指定することが望ましいとの答申を受けました。また、乙金多目的広場については、大野城総合公園が非公募で大野城市体育協会に指定管理者として指定される場合は、非公募で大野城市体育協会を指定することが望ましいとの答申を得ています。指定期間についてはいずれも5年で答申をされています。
 これによりまして、地方自治法第244条の2第6項の規定により議会の議決を求めるものでございます。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 説明を終わりましたので質疑を受けます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(浅田大輝) 先ほどおっしゃった公共サービス改革委員会で総合公園と、次の議案なのですけど、テニスコートとか、これらを区分せずに会計処理されているということなのですけれども、今後、区分されていかれるかどうかを確認させてください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) そのような形で答申を受けておりますので、今、体育協会と協議をいたしております。ただ、体育協会としては区分をすると高くなるということで、それは我々も理解しています。いわゆる料金を徴収したら、それを経理する者が要りますし、もろもろ区分するということは一つずつ置かなければならないということですから、それは経費を上げることになりますので、それは認めておりません。ということからすると、一括管理して合理的にやるほうが望ましいというのが体育協会の提案でございます。今のところ我々はそれを理解しております。
 公共サービス改革委員会につきましては、指定後にその関係をもう一度資料を出して説明したいと考えています。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) よろしいですか。ほかに。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(香野信儀) 総合公園の中にはいろいろな施設が所在していて、それを包括して総合公園の指定管理ということでされているのですが、結局、施設の維持管理には、それなりの保守的な面で指定管理者が業者のほうにそれの保守管理を委託するという形に大半がなっていると思うのですね。清掃、電気、水道とかいろいろ保守管理があるのですが。そのあたりの保守管理の委託ですね。今、大半がそうだと思うのですが。先ほども若干、民間委託による経費節減、効率化という大きな目的があっての指定管理ということになっているのですが、総合的に捉えて、効率化の効果というのでしょうか、成果、そのあたりは具体的に、これだけあったよという何かがあるのでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯スポーツ課長(伊藤廣高) 委託、再委託になってくるかと思いますが、その分について具体的に金額が幾ら節減できたかという数字は、今のところ持っておりません。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) まず再委託、いわゆる体育協会は専門ではない、あるいは資格者が要る保守点検もございますので、それらは再委託することになりますが、その再委託の手順について回答させていただきたいと思います。基本は入札でございます。その入札業者の選定でございますけれども、大野城市の指名業者から推薦していただきたいという文書が出まして、指名委員会のほうで業者を決め、その業者を推薦すると。推薦を受けた体育協会が、その業者に対して見積もりをやる、そして一番安価な業者に決定するということになります。ですから、その分については、市がやっても、体育協会がやっても結果は同じですから、そういう再委託をしている分についての効果というのは余り大きくはないのではないかと思います。公共単価と民間単価は若干違うと聞いておりますけれども、それぐらいの差であって、大きな差はないのではなかろうかと思います。
 違うのは、直接体育協会が職員をパートだとか雇用していますけれども、その部分に関して、民間に委託しますと民間の分がそこにマージンがかかりますので、その部分は間違いなく安価になっていると言えるだろうと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(香野信儀) 確かにおっしゃるとおり、各種の施設の保守管理についての業者選定は、市の選定によるものからということで、そこらあたりは、それなりの手続で、市が直接やっても大差がないのではないかということでしょう。あと、業務委託で指定管理に入っている分あたりは、直接総合体育館、いわゆる体協で雇用するといいましょうか、そういう職員で運営しているということで、それなりに効果が上がっているのではなかろうかということですけど、いずれにしましても、何らかの形での──効果については先ほど公共サービスの委員会あたりでいろいろな評価もされていると思うのですが、市のほうもみずから、そういう面での効果の測定なんかをされたことはないのですか。そこらあたりは、いかがですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) コストの部分だけなのですけれども、まずは本当に体育協会以外に競争がないのかという調査をやっています。先行してやっています、お隣の筑紫野市だとか田川、北九州などもろもろ体育協会を指定管理者としているわけですけれども、そこの実情調査をやりますと、民間にお願いしたけれども、できないという回答だったということで、非公募でやったということでした。だからといって、コストの問題が出てきますので、本当にそうなのかということで、福岡市の一つの体育館に指定管理を受けている業者、それから大野城市の公共施設のもろもろの業務委託を受けている業者の2社に、仕様書というか、今、指定管理をやっている部分を示し、見積もりを依頼しました。返ってきた答えは、全部はできない、体育館一つだとかいう形ならできるけれども、複合してくるとスポーツ教室の問題とかあって、なかなかできないという回答でした。じゃあ、できるところだけを見積もりを出してほしいということで、見積もりを出させまして、体育協会の分と比較検討しております。結果的には、体育協会のほうが安価であったということです。
 できる範囲のところで全部です。総合公園、テニスコート、多目的広場のところで、できるところだけの比較をいたしまして、民間業者よりも体育協会のほうが2,400万円ほど安価であるという見積もりはいただいています。それをもって妥当であると我々としては判断したところでございます。第三者委員会とは別にですね。以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(香野信儀) わかりました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) ほかにございませんか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(井上正則) 指定管理者の指定の手続なのですが、この3つの議案は指定管理者の件なのですけれども、自治法第244条の2の通知の中に、住民の平等利用が確保されることというのが第1番に明記されているのですね。この89号議案のテニスコートなのですが、いわば体育協会のメンバーが優遇されているのではないかという話があるわけですよ。申し込んだときにですね。そういう一つの情報を先に知っているのか、はたまた、いい日にちは全部押さえられているとかですね。公平に情報が周知されているかというか、そういったやり方というのはどうなのでしょう。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) この件につきましては、テニスコートだけではありませんで、スポーツ団体を育成する、あるいはスポーツ競技を振興するという観点もございます。まず総合公園ですけれども、こちらは優遇というのはございません。基本的に優先順位は早く申し込んだところとなっております。先ほど言いました旭ケ丘のテニスコート、それから赤坂のテニスコートも、従前はそのような形だったのですけれども、今回少し市外者の皆さんには、他の市町がやっているように、料金で格差をつけることにしております。
 そして市内での優遇策でございますけれども、基本的にスポーツは個人でするものと団体でするものがございます。転入者でたとえると一番わかりやすいと思うのですけれども、東京からバレーボールをしておられた方が転入してこられて、大野城市でもバレーボールをしようとしたときに、どこかのバレーボールチームに入らないと、バレーボールは1人ではできませんので。そういうことからすると、日ごろからバレーボールをする団体を育成しておく必要がございます。その育成をするときに、問題は、我々は好きな人だけでするのですよというサークルと、誰でも受け入れるのですよという方々に分かれます。誰でも受け入れますよという方々については、教育委員会に登録していただいて優遇をすると。私たちは仲間10人、それ以外は入れないよ、この仲間でするのですよという方々については、施設の優遇策は設けないなどの取り扱いをしながら、やっているところです。ですから、ある一定のというところで、一つのガイドラインがあるとご理解いただきたいと思います。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(井上正則) そうであれば、体育協会に入ってある方の優遇はいたし方ないということになるのですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 我々は、体育協会とともにスポーツを振興したいと考えています。ただ、体育協会に入っている人には、先ほど言いましたように条件をつけております。体育協会の団体が大会や教室等の行事を行うときは、体育協会の会員を対象としてはしない、市民の誰でも参加できるようにするという条件をつけております。そういう意味では、先ほど言いました自分たちだけのサークルではない、市民のためのサークルであることがはっきりしている団体で、体育協会やスポーツ少年団というのは構成するという考え方で指導しております。以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 井上委員、いいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(井上正則) はい。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(浅田大輝) 先ほどの質問と関係するのですけど、これからも総合公園は総合公園、テニスコートはテニスコートで、経費を区分するわけではなく、一括で管理をしていくと。そうなった場合に、指定管理者交付金の積算根拠というのが、はかりにくいのかなと思うのですけれども、そこら辺はどういう対応をされるのですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 体育協会については、ご承知のとおり公益財団法人に移行しておりまして、決算、あるいはその執行に関しましては、認可庁であります県の審査を毎年受けます。そのときに、指定管理者として受けているテニスコート、総合公園、そして今度は乙金多目的広場が入るのですけれども、それにかかわっている職員の仕事の割合を全部出させます。そして、それに対して給与の割り戻しをいたしまして、それらについて公益性があるかないかで分けていくと、そういう審査を県が毎年行っておりますので、それで区分はできると思っています。明らかに分けるとなると、責任の所在からするとどうしても、市町村合併と同じで、村長をいっぱいつくらないといけない、副村長や会計管理者も置かなければいけないということになりますので、合理的なものは合理的にやっていきたい、ただ、指定管理は分かれていますので、その区分については公益財団法人に出すときと同じ資料でもって、こちらのほうでチェックをしたいと思っています。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(浅田大輝) 基本的には人員であるとか、業務量をもとに積算していくということですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) そのとおりです。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) ほかに。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) ないようですので、質疑を終わります。
 第88号議案について、これより討論に入ります。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 討論を終わります。
 これより採決を行います。第88号議案、指定管理者の指定について(大野城総合公園)は原案のとおり決することに異議ありませんか。
                〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 異議なしと認めます。よって、第88号議案は原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、第89号議案について討論に入ります。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 討論を終わります。
 これより採決を行います。第89号議案、指定管理者の指定について(赤坂テニスコート及び旭ケ丘テニスコート)について原案のとおり決することに異議ありませんか。
                〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 異議なしと認めます。よって、第89号議案は原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、第90号議案について、これより討論に入ります。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 討論を終わります。
 これより採決を行います。第90号議案、指定管理者の指定について(乙金多目的広場)は原案のとおり決することに異議ありませんか。
                〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 異議なしと認めます。よって、第90号議案は原案のとおり可決すべきものと決しました。
 そして、先ほどの回答をよろしくお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 第79号議案についての質疑の回答を保留させていただいておりましたので「この項を除く」という取り扱いについて回答させていただきたいと思います。
 備考の欄に項目として1と2がございます。2項に、「市内に居住し、または市内の事業所に勤務する者以外のものに係る使用料の額はこの表の規定」となっておりますので、この表というのは備考の1も2も含むという解釈になります。そうなると2の部分が浮いた形になりますので、括弧書きで「この項を除く」ということで、結果として上の表と備考の1までがこの第2項の取り扱いだと解釈するそうです。その場合の説明書きとして、法制はこのように括弧書きで「この項を除く」という文言を使うとのことです。「この表の規定」となっているときは、全部、備考の1も2も含んだところでこの表の規定だと。そこで、引き算をいたしまして、「この項を除く」ですから、2だけを除いて、残るのは上の別表3の表と備考の1で、それだけを2より算出した額の2倍の額とする、掛け算するということだそうでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 松崎委員、よろしいでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松崎正和) 「この項を除く」がなかったらどうなるのですが。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(見城俊昭) 4倍になるという取り扱いになるそうです。何となく難しいのですけれども、このような処理をするそうでございまして。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) よろしいでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員(松崎正和) はい。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) それでは、回答が終わりましたので、これより討論に入ります。
                 〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 討論を終わります。
 第79号議案、大野城市社会体育施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定についての採決を行います。第79議案について原案のとおり決することに異議ありませんか。
                〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長(岡部和子) 異議なしと認めます。よって、第79号議案は原案のとおり可決すべきものと決しました。
 以上で、本委員会が付託を受けました案件の審査は全て終了いたしました。
 これをもちまして福祉文教委員会を閉会いたします。お疲れさまでした。
    (閉会 午後3時00分)