議事ロックス -地方議会議事録検索-


福岡県 筑紫野市

平成22年第1回定例会(第2日) 名簿




2010.03.02 : 平成22年第1回定例会(第2日) 名簿


             平成22年第1回筑紫野市議会定例会
              平成22年3月2日(第2日)
                                     午前10時開議
                                     於  議  場
 1 議 事 日 程
  日程第1 会派代表質問
       (1)ちくし野         横 尾 秋 洋
       (2)市民会議         坂 口 博 幸
       (3)公明党筑紫野市議団    佐 藤 政 志
       (4)日本共産党筑紫野市議団  篠 原 範 子
 (会派別代表質問通告表)
┌─────┬─────┬──────────────────────────────┐
│ 会 派 │ 質問者 │        質   問   事   項         │
├─────┼─────┼──────────────────────────────┤
│ちくし野 │横尾 秋洋│1.政治姿勢について                    │
│     │     │ (1)国内・外の政治経済状況について             │
│     │     │ (2)政治理念について                    │
│     │     │ (3)2期目の最終年度に際しての市政執行の心構えについて   │
│     │     │ (4)山神水道企業団の入札妨害事件について          │
│     │     │2.行財政について                     │
│     │     │ (1)財政健全化計画5ヵ年の成果について           │
│     │     │ (2)平成22年度以降の健全化計画について          │
│     │     │ (3)平成22年度予算編成について              │
│     │     │ (4)要員管理について                    │
│     │     │ (5)機構改革について                    │
│     │     │3.まちづくりについて                   │
│     │     │ (1)市民協働と新しいコミュニティづくりについて       │
│     │     │ (2)地域間格差に対するまちづくりについて          │
│     │     │ (3)住民参加のあり方について                │
│     │     │ (4)安全安心なまちづくりについて              │
│     │     │ (5)市のイメージづくりについて               │
│     │     │4.農林業について                     │
│     │     │ (1)農業の将来について                   │
│     │     │ (2)担い手対策について                   │
│     │     │ (3)農地・水・環境保全向上対策事業について         │
│     │     │ (4)地産地消の推進について                 │
│     │     │5.福祉について                      │
│     │     │ (1)健康づくりの推進について                │
│     │     │ (2)子育て支援について                   │
│     │     │ (3)児童虐待について                    │
│     │     │ (4)高齢者対策について                   │
│     │     │6.産業の振興について                   │
│     │     │ (1)定額給付金並びにプレミアム付き商品券について      │
│     │     │ (2)地場産業活性化市民委員会について            │
│     │     │ (3)ジャスコ跡地の活用について               │
│     │     │7.教育について                      │
│     │     │ (1)教育行政について                    │
│     │     │ (2)少人数学級について                   │
├─────┼─────┼──────────────────────────────┤
│市民会議 │坂口 博幸│1.政策1「健康で安らぎのある福祉社会の形成」について   │
│     │     │ (1)市長の基本的な考え方、方向性はどのようなものか。    │
│     │     │ (2)推進体制はどのように考えていますか、保健師の配置は決定 │
│     │     │  的とさえいえることではないか。             │
│     │     │ (3)生活保護事業については増加している状況だが、どのような │
│     │     │  認識を持っているか。                  │
│     │     │ (4)(仮称)筑紫野市福祉のまちづくり条例の制定事業について │
│     │     │2.政策2「安全で安心して暮らせる地域社会の構築」について │
│     │     │ (1)基本的な考え方、方向性について             │
│     │     │ (2)条例に基づく施策展開への考えはどうか。         │
│     │     │3.政策3「豊かな自然環境の次世代への継承」について    │
│     │     │ (1)環境問題の基本をなす考え方、基本的な方針について    │
│     │     │ (2)産廃問題解決のための具体的な行動計画、解決に向けた展  │
│     │     │  望・決意を示していただきたい。             │
│     │     │4.政策4「自然と共生したうるおいのある生活環境の形成」に │
│     │     │  ついて                         │
│     │     │5.政策5「生涯にわたって、いつでも、だれでも学べる教育環 │
│     │     │  境の整備」について                   │
│     │     │ (1)教育が果たす役割、まちづくりの中での教育の位置づけにつ │
│     │     │  いて                          │
│     │     │ (2)少人数学級、少人数指導、小中連携について        │
│     │     │ (3)教育委員会の指導主事の配置、学校現場の教師配置について │
│     │     │ (4)体験活動などについて                  │
│     │     │ (5)読書年について                     │
│     │     │6.政策6「認めあい、共に生きる人権尊重社会の醸成」について│
│     │     │ (1)「人権尊重のまちづくり」について            │
│     │     │ (2)まちづくりのための条例、計画、プランの中での「人権尊重 │
│     │     │  のまちづくり」について                 │
│     │     │7.政策7「まちの発展と安定した暮らしを支える都市基盤の充 │
│     │     │  実」について                      │
│     │     │ (1)第三次国土利用計画の策定について            │
│     │     │ (2)市民みなさんの理解と協力について            │
│     │     │ (3)筑紫駅西口土地区画整理事業について           │
│     │     │8.政策8「まちの活気をはぐくむ産業の振興」について    │
│     │     │ (1)国際交流の推進と本市の産業振興について         │
│     │     │ (2)農業、商工業、観光のバランスがとれた振興について    │
│     │     │ (3)地域活性化対策等として効果の上がる諸施策の取り組みにつ │
│     │     │  いて                          │
│     │     │ (4)産業振興計画について                  │
│     │     │9.政策9「市民参画のまちづくりの推進」について      │
│     │     │ (1)「筑紫野市市民自治基本条例」の制定について       │
│     │     │ (2)市民協働について                    │
│     │     │10.政策10「責任ある効率的な行政運営」について      │
│     │     │ (1)財政健全化5ヵ年計画について              │
│     │     │ (2)メリハリのある財政運営について             │
│     │     │ (3)国の補正予算、不況・雇用対策と財政運営について     │
├─────┼─────┼──────────────────────────────┤
│公明党筑紫│佐藤 政志│1.新型インフルエンザ対策について             │
│野市議団 │     │ (1)職員及び、職員の家族が新型インフルエンザにかかった時の │
│     │     │  勤務等の対応について                  │
│     │     │ (2)現在の状況と今後の対策について             │
│     │     │ (3)新型インフルエンザ予防接種の助成について        │
│     │     │2.福岡大学との地域連携協定について            │
│     │     │ (1)今後の計画と取り組みについて              │
│     │     │3.財政健全化計画について                 │
│     │     │ (1)収支の均衡について                   │
│     │     │ (2)5年間の達成状況について                │
│     │     │ (3)今後の取り組みの計画と内容について           │
│     │     │4.小中学校の健康づくりについて              │
│     │     │ (1)子どもの体力向上を目指した小中学校の取り組みについて  │
│     │     │5.待機児童の解消について                 │
│     │     │ (1)更なる拡充への対策について               │
│     │     │6.介護保険事業等について                 │
│     │     │ (1)特別養護老人ホームなど、介護施設の待機者の実数また、そ │
│     │     │  の待機者解消に向けて、実施計画の策定について      │
│     │     │ (2)特養ホーム、老・老介護や障害者介護に対応できる二床室  │
│     │     │  等、介護施設の整備を行う上で見解と取り組みについて   │
│     │     │ (3)介護施設の中で老朽化しているものもあると思いますが、冷 │
│     │     │  暖房を含め施設改修のルール化について          │
│     │     │ (4)在宅介護支援の強化のために家族介護が休息を取れるよう  │
│     │     │  「レスパイト事業(休息)」への取り組みについて     │
│     │     │ (5)小規模多機能施設の拡充と設置促進について、また、現状と │
│     │     │  課題について                      │
│     │     │ (6)介護予防の拡充に取り組んでいただいていますが、現状と課 │
│     │     │  題、今後の取り組みについて               │
│     │     │ (7)介護予防事業の啓発について               │
│     │     │ (8)介護予防体操などの健康体操の普及について        │
│     │     │ (9)介護家族や高齢者世帯等に対する相談体制の拡充について  │
│     │     │(10)閉じこもり対策について                 │
│     │     │7.認知症対策について                   │
│     │     │ (1)認知症予防について                   │
│     │     │ (2)日常生活のなかでの認知症予防について          │
│     │     │ (3)音楽療法、園芸療法、学習療法など各種療法の積極的な取り │
│     │     │  組みについて                      │
│     │     │ (4)認知症サポーター100万人キャラバンについて      │
│     │     │8.女性特有のがん検診について               │
│     │     │ (1)乳がん・子宮頸がんの無料検診の実施について       │
│     │     │ (2)子宮頸がん予防ワクチン接種の公費助成について      │
│     │     │9.食育について                      │
│     │     │ (1)食育の推進状況について                 │
│     │     │ (2)自治体の役割について                  │
│     │     │10.災害対策について                    │
│     │     │ (1)昨年7月の記録的な豪雨被害の復旧の進捗状況について   │
│     │     │ (2)高尾川・鷺田川改修促進期成会の取り組みについて     │
│     │     │ (3)危険地域の指定について                 │
│     │     │ (4)迅速な避難体制等について                │
│     │     │11.産業廃棄物問題対策について               │
│     │     │ (1)産業廃棄物処理場問題の抜本的解決を求める福岡県促進期成 │
│     │     │  会等の取り組み状況について               │
│     │     │12.環境問題について                    │
│     │     │ (1)環境問題についての広報、学習の取り組みについて     │
│     │     │ (2)環境保全への取り組み内容と種類について         │
│     │     │13.住宅版エコポイント制度について             │
│     │     │ (1)制度の施行に伴う自治体としての取り組みについて     │
│     │     │14.子ども読書活動について                 │
│     │     │ (1)学校、地域での取り組み状況について           │
│     │     │ (2)国の事業仕分けで予算が削減されたようだが、本市での対応 │
│     │     │  について                        │
│     │     │15.雇用対策について                    │
│     │     │ (1)若者の雇用支援について                 │
│     │     │ (2)緊急雇用創出等の取り組み状況について          │
│     │     │ (3)ワンストップサービスについて              │
│     │     │16.中小企業対策について                  │
│     │     │ (1)相談窓口の充実について                 │
│     │     │ (2)景気対応緊急保証について                │
│     │     │ (3)中小企業金融円滑化法の成立について           │
│     │     │ (4)ワンストップ・サービス・デイについて          │
├─────┼─────┼──────────────────────────────┤
│日本共産党│篠原 範子│1.はじめに                        │
│筑紫野市議│     │ (1)国に福祉と暮らしの予算を拡充することを要求すべき。扶養 │
│団    │     │  控除廃止・縮小など国民への負担増に反対すべき。     │
│     │     │ (2)大企業の貯め込み金を雇用と中小企業に還元させるよう国の │
│     │     │  政策の転換をすべきと考えるが見解を。          │
│     │     │2.山神水道企業団不正競売入札事件について         │
│     │     │ (1)市長のメンバーセットに関与していたという事実の有無につ │
│     │     │  いて、政治的・道義的に説明責任を問う。         │
│     │     │3.医療制度について                    │
│     │     │ (1)後期高齢者医療制度について、廃止を先延ばしにするのでは │
│     │     │  なく、直ちに廃止するよう国に求めるべき。        │
│     │     │ (2)小学校卒業までの医療費完全無料化に取り組むべき。    │
│     │     │ (3)国民健康保険税の引下げを。国庫負担金を元に戻すよう強く │
│     │     │  要請を。                        │
│     │     │4.子ども条例と、子どものための施策の充実について     │
│     │     │ (1)条例制定過程や、施策策定において子どもたちも参加し、意 │
│     │     │  見が尊重されなければならない。見解を。         │
│     │     │ (2)ハード面ソフト面のための施設の充実が求められるが、どの │
│     │     │  ように考えておられるのか、見解を。           │
│     │     │ (3)学び、成長する権利を保障した教育行政が求められるが、す │
│     │     │  べての小中学校での少人数学級を実施すべき。       │
│     │     │5.地域経済の活性化について                │
│     │     │ (1)住宅改修への助成金交付について、具体的にどのような事業 │
│     │     │  内容となるのか。                    │
│     │     │ (2)公契約条例を制定すべき。                │
│     │     │6.農林業について                     │
│     │     │ (1)民主党の農業政策である戸別所得補償制度、日米FTA推進 │
│     │     │  について、市長の見解を問う。              │
│     │     │ (2)森林の荒廃を防ぐために、外材依存政策を転換し、国産材の │
│     │     │  利用拡大と森林の整備を進めるべきである。見解を問う。  │
│     │     │ (3)好評の間伐事業への市独自の上乗せ助成の拡充を。     │
│     │     │ (4)地元産木材の公共施設への活用や、地元産木材を使った住宅 │
│     │     │  建設への助成制度を創設しては。             │
│     │     │ (5)緊急雇用対策による農業・林業分野での就労支援の検討は。 │
│     │     │ (6)市の農林業予算を増やすべきでは。            │
│     │     │7.雇用について                      │
│     │     │ (1)労働者派遣法の抜本改正をし、「雇用は正社員が当たり前の │
│     │     │  社会」を目指すべきだ。市長の見解を問う。        │
│     │     │ (2)イオン誘致について                   │
│     │     │ (3)市は正規雇用を増やし、非正規労働者の待遇改善、格差是正 │
│     │     │  を図るべき。見解を。                  │
│     │     │ (4)市内事業所が正社員で雇用し、長時間労働を減らし、家族団 │
│     │     │  らんが出来る職場作りを支援すべきである。見解を。    │
│     │     │8.防災・防犯対策について                 │
│     │     │ (1)河川整備・治水対策について、県との協議はどうなっている │
│     │     │  のか。県・市が行った水理解析はどう生かすのか。     │
│     │     │ (2)不要なダム建設をやめて、河川整備予算を増やすよう県に求 │
│     │     │  めるべき。見解を。                   │
│     │     │ (3)市の治水対策を推進すべき。市内河川の土砂の堆積、草木の │
│     │     │  撤去について、県と協議・実施すべきでは。        │
│     │     │ (4)暴力団関係者と共謀し、傷害容疑で逮捕され、議員辞職した │
│     │     │  ことを受け、政治倫理条例の強化が必要では。見解を。   │
│     │     │ (5)入札・契約等の暴力団排除規定を更に厳しくすべきでは。  │
│     │     │ (6)地域住民が、暴力団組員等をかたっての寸借詐欺、恐喝など │
│     │     │  に泣き寝入りしないですむ具体的対策の指導・周知を。   │
│     │     │9.同和行政・同和教育について               │
│     │     │ (1)下見・京町保育所が同和対策事業でないなら、施策では、政 │
│     │     │  策6でなく、政策1に入れるべき。説明を求める。     │
│     │     │ (2)下見・京町保育所は、他の保育所と異なる「同和特別保育」 │
│     │     │  をしているのか。説明を求める。             │
│     │     │ (3)奈良県生駒市の「地対財特法期限後の同和施策見直し検討委 │
│     │     │  員会」、市の「基本方針」等、調査研究してはどうか。   │
│     │     │ (4)市として、全ての同和施策を見直す検討委員会を設置し、見 │
│     │     │  直しを実施すべきでは。見解を。             │
│     │     │10.市民参加のまちづくりについて              │
│     │     │ (1)市長ご自身の「まちづくりの基本理念」、「市民自治」につ │
│     │     │  いて、ご所見をお伺いしたい。              │
│     │     │ (2)条例提案までに基山町は5年間かけている。本市はどの程度 │
│     │     │  の期間を経てどの程度の市民参加で提案したのか。     │
│     │     │ (3)少なくとも行政区ごとのワークショップ、全体のシンポジウ │
│     │     │  ムなど開くべきでは。                  │
│     │     │ (4)「市民提案型協働事業」と昨年提案された「市提案型協働事 │
│     │     │  業」について問う。また、「地域コミュニティ推進事業」につ│
│     │     │  いて問う。                       │
│     │     │ (5)市民自治と市民協働のまちづくりについて問う。      │
└─────┴─────┴──────────────────────────────┘

 2 出席議員は次のとおりである。(20名)
   1番  佐 藤 政 志 君    2番  古 瀬 富美子 君
   3番  濱 武 振 一 君    4番  田 中   允 君
   5番  城 間 広 子 君    6番  篠 原 範 子 君
   7番  平 井 一 三 君    8番   (欠   員)
   9番  森 田 健 二 君    10番  里 永 紘 一 君
   11番  上 村 和 男 君    12番  宮 原 智 美 君
   13番  道 永 哲 郎 君    14番  赤 司 泰 一 君
   15番  鹿 島 康 生 君    16番  伊 藤 利 之 君
   17番  尾 野 正 義 君    18番  坂 口 博 幸 君
   19番  横 尾 秋 洋 君    20番  川 上 弘 道 君
   21番  松 原 静 雄 君    22番   (欠   員)
 3 会議録署名議員
   10番  里 永 紘 一 君    12番  宮 原 智 美 君
 4 地方自治法第121条により説明のため出席した者の職氏名(15名)
   市長 ………………… 平原 四郎君   副市長 ……………… 神代 曉宏君
   教育長 ……………… 寺崎 和憲君   総合政策部長 ……… 松石 敏幸君
   総務部長 …………… 鬼木 寛治君   市民生活部長 ……… 市川 隆利君
   健康福祉部長 ……… 木村  孝君   建設部長 …………… 高原 良視君
   教育部長 …………… 澤田 芳昭君   上下水道部長 ……… 田中 哲也君
   秘書広報課長 ……… 松尾 房雄君   企画財政課長 ……… 市川 征志君
   都市計画課長 ……… 小島 明博君   区画整理課長 ……… 堀  経明君
   教務課長 …………… 築地 祐児君
 5 職務のため議場に出席した事務局職員の職氏名(5名)
   議会事務局長     松尾 和幸君   議事課長       石内 繁実君
   課長補佐       吉武 和博君   主    任     日野 真幸君
   主    事     武藤 智史君