議事ロックス -地方議会議事録検索-


福岡県 筑紫野市

平成21年第6回定例会(第2日) 本文




2009.09.04 : 平成21年第6回定例会(第2日) 本文


                午前10時00分開議
◯議長(松原 静雄君) おはようございます。出席議員が定足数に達しておりますので、ただいまから本日の会議を開きます。
 それでは、お手元に配付しております議事日程の順序に従い、本日の会議を進めます。
      ────────────・────・────────────
  日程第1.認定第1号

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) 日程第1、認定第1号平成20年度筑紫野市一般会計歳入歳出決算の認定の件を議題といたします。
 本件に対する質疑に入ります。質疑の事前通告はありません。これにて質疑を打ち切ります。
 本件については、11名の委員で構成する決算審査特別委員会を設置し、これに付託の上、審査することにしたいと思います。これに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) 御異議なしと認めます。よって、本件については11名の委員で構成する決算審査特別委員会を設置し、これに付託の上、審査することに決しました。
 ただいま設置されました決算審査特別委員会の委員の選任については、委員会条例第5条第1項の規定により、1番、佐藤議員、3番、濱武議員、4番、田中允議員、6番、篠原議員、8番、田中信明議員、9番、森田議員、11番、上村議員、14番、赤司議員、18番、坂口議員、19番、横尾議員、20番、川上議員、以上、11名をしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名した議員を決算審査特別委員会委員に選任することに決しました。
 それでは、決算審査特別委員会の委員長及び副委員長の互選のため、しばらく休憩いたします。
                午前10時02分休憩
      ………………………………………………………………………………
                午前10時38分再開

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 決算審査特別委員会の委員長及び副委員長が互選されましたので、報告いたします。
 委員長に坂口議員、副委員長に篠原議員、以上のとおりです。
      ────────────・────・────────────
  日程第2.認定第2号
  日程第3.認定第3号

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) 日程第2、認定第2号平成20年度筑紫野市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算の認定の件及び日程第3、認定第3号平成20年度筑紫野市老人保健事業特別会計歳入歳出決算の認定の件の2件を一括して議題といたします。
 本2件に対する質疑に入ります。質疑の事前通告はありません。これにて質疑を打ち切ります。
 本2件については、市民福祉委員会に付託いたします。
      ────────────・────・────────────
  日程第4.認定第4号
  日程第5.認定第5号

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) 日程第4、認定第4号平成20年度筑紫野市住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出決算の認定の件及び日程第5、認定第5号平成20年度筑紫野市奨学資金貸与事業特別会計歳入歳出決算の認定の件の2件を一括して議題といたします。
 本2件に対する質疑に入ります。質疑の事前通告はありません。これにて質疑を打ち切ります。
 本2件については、総務文教委員会に付託します。
      ────────────・────・────────────
  日程第6.認定第6号
  日程第7.認定第7号

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) 日程第6、認定第6号平成20年度筑紫野市介護保険事業特別会計歳入歳出決算の認定の件及び日程第7、認定第7号平成20年度筑紫野市後期高齢者医療事業特別会計歳入歳出決算の認定の件の2件を一括して議題といたします。
 本2件に対する質疑に入ります。質疑の事前通告はありません。これにて質疑を打ち切ります。
 本2件については、市民福祉委員会に付託します。
      ────────────・────・────────────
  日程第8.認定第8号

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) 日程第8、認定第8号平成20年度筑紫野市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認定の件を議題といたします。
 本件に対する質疑に入ります。質疑の事前通告はありません。これにて質疑を打ち切ります。
 本件については、建設経済委員会に付託します。
      ────────────・────・────────────
  日程第9. 認定第9号
  日程第10.認定第10号
  日程第11.認定第11号
  日程第12.認定第12号

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) 日程第9、認定第9号平成20年度筑紫野市土地取得事業特別会計歳入歳出決算の認定の件から、日程第12、認定第12号平成20年度筑紫野市平等寺山財産区特別会計歳入歳出決算の認定の件までの4件を一括して議題といたします。
 本4件に対する質疑に入ります。質疑の事前通告はありません。これにて質疑を打ち切ります。
 本4件については、総務文教委員会に付託します。
      ────────────・────・────────────
  日程第13.認定第13号
  日程第14.認定第14号

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) 日程第13、認定第13号平成20年度筑紫野市水道事業会計決算の認定の件及び日程第14、認定第14号平成20年度筑紫野市下水道事業会計決算の認定の件の2件を一括して議題といたします。
 本2件に対する質疑に入ります。質疑の事前通告はありません。これにて質疑を打ち切ります。
 本2件については、建設経済委員会に付託します。
      ────────────・────・────────────
  日程第15.議案第67号
  日程第16.議案第68号

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) 日程第15、議案第67号筑紫野市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定の件及び日程第16、議案第68号筑紫野市手数料条例の一部を改正する条例の制定の件の2件を一括して議題といたします。
 本2件に対する質疑に入ります。質疑の事前通告はありません。これにて質疑を打ち切ります。
 本2件については、市民福祉委員会に付託します。
      ────────────・────・────────────
  日程第17.議案第69号

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) 日程第17、議案第69号筑紫野市地区計画等の案の作成手続に関する条例の全部を改正する条例の制定の件を議題といたします。
 本件に対する質疑に入ります。質疑の事前通告がありますので、通告に基づき発言を許します。5番、城間議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯5番(城間 広子君) 5番、日本共産党、城間広子です。お尋ねいたします。議案第69号についてお尋ねいたします。
 まず1点目は、第2条の(3)法第12条の4第1項各号に掲げる計画とありますが、どういうものがあるのか、御説明をお願いします。
 2点目は第5条です。2項の一団の土地で5,000平方メートル以上とあります。対象区域は、一般的な戸建て住宅で計算しますと20戸から30戸程度からということになるのでしょうか。すべてがつながって連檐していなければならないのか。やむを得ず飛び地のような形になった場合は認められないのかどうかお尋ねします。
 3点目、土地の所有権または建物の所有を目的とする対抗要件を備えた地上権もしくは賃借権を有する者の3分の2以上の同意を得ていることということですが、対象区域内の住民の同意を得る場合、どういうことになるのか、具体的にお示ししていただきたいと思います。
 また、括弧内で条件があって、同意した者が所有するその区域内の土地の地積と同意した者が有する借地権の目的となっているその区域内の土地の地積の合計が、その区域内の土地の総地積と借地権の目的となっている土地の総地積との合計の3分の2以上となる場合に限るとあります。これは具体的にどういうことなのか御説明願います。
 3点目は、個々の提出書類ですが、様式があるのでしょうか。また、地区計画等の原案を書類を添付して市長に提出した後、決定、変更等が認められる、具体的に認められる期日というのは、最短でどの程度の期間を要するのでしょうか、お尋ねします。
 4点目は、住民本位の住みよいまちづくりを進める手法の一つとなると思われますが、一方で、乱開発や大型開発等がふえないのかどうか、懸念はないのかどうか。それに対する規制はできるのかお尋ねします。
 5点目は、条例がこれが制定された場合、市民や区長会等への周知はどういうふうに図られるのかお尋ねします。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) 建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建設部長(高原 良視君)〔登壇〕 おはようございます。城間議員の質疑にお答えいたします。
 質疑項目1の法第12条の4第1項各号に掲げる計画についてですが、都市計画法では建物の用途や高さなどを定め、道路や公園を整備し、その地域にふさわしい町をつくり上げることを目的とした一般的な地区計画と、特定のまちづくりを目標とした防災街区整備地区計画、歴史的風致維持向上地区計画、沿道地区計画及び集落地区計画の5種類の地区計画が定められています。
 次に、質疑項目2の条例改正案第5条第2項第2号、一団の土地で5,000平方メートル以上の解釈については、議員御指摘のとおり認められません。
 第3号の同意に関する内容についてでございますが、まず対象区域内の住民の同意については、第4条で定める住民等で構成されるまちづくり協議会で周知などが図られ、同意が得られるものと考えておりますが、ここでは特に地区計画を定めることにより権利の制限を受ける方々の同意基準を定めたものでございます。
 例えば少し長くなりますが、ここに地区計画の案を作成する5,000平方メートルの区域があると仮定をいたします。この区域の中には道路が1,000平方メートルあり、残り4,000平方メートルを3人の方、Aさんが2,000、Bさん、Cさんがそれぞれ1,000平方メートルを所有されており、DさんはBさんの土地を、EさんはCさんの土地を借りて家を建てられ住んでおられるとします。この場合、所有権を有する者はA、B、Cさんの3人で、建物の所有を目的として地上権もしくは賃借権などの借地権を有する方はDさんとEさんの2人となり、権利関係者は5人となります。
 次に、地積の関係ですが、区域内の総地積は公共施設の道路用地1,000平方メートルを除くため4,000平方メートルで、借地権の目的となっている土地の総地積は、Bさん、Cさんの土地2,000平方メートルとなります。このため、同意率を算定する場合の全体地積は、両者の合計6,000平方メートルと考えます。この場合の同意基準は、所有者や借地権者の3分の2以上、すなわち5人のうち3分の2で4人以上、かつ区域内の土地の総地積と借地権対象地の地積の合計6,000平方メートルの3分の2以上で4,000平方メートルとなります。
 次に、質疑項目3の提出書類の様式と決定、変更等が認められる期間についてですが、提出書類に関しては、手続を進める上で必要最低限の7種類の様式を筑紫野市地区計画等のまちづくりに関する条例施行規則の中で定めることとしております。
 また、最短でどの程度の期間を要するかという質問ですが、地区計画の種類により異なりますが、一般的なもので地区計画等の原案の申し出を受けて審査を行い、市都市計画審議会の意見を求めた上で提案を採用するか否かの結論を出すまでに約3カ月程度、採用後、地区計画の成立までには、条例で定める縦覧などを行い、都市計画法で定める手続を行うため、約半年程度が必要と思われます。
 次に、質疑項目4、乱開発や大型開発の増加についてですが、地区計画は開発行為とは異なり、その地域が有する特性や環境の保全を図りながら、また周辺環境に配慮しながら、その目的に合ったまちづくりを都市計画マスタープラン等に整合し、一定のルールに基づき定めるもので、乱開発や大型開発等がこれらの手法でふえるとは考えられません。
 最後に、質疑項目5、条例制定後の市民への周知の方法についてですが、住民の方が地区計画案の策定をし、市に提案を行うための取り組み方や市とのかかわりや、市が取り組む内容などわかりやすく説明したパンフレットを作成するとともに、市の公式ホームページにパンフレットの概要版を掲載し、いろいろな機会をとらえて事例の紹介などを行い、周知を図りたいと考えております。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) 5番、城間議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯5番(城間 広子君) 第1点目の質問の中で言われました防災街区整備地区計画、これはどういうものなのでしょうか。水害とか地震とか、そういうことに対する防災をその地域の住民で計画をするということなのでしょうか、わかれば教えていただきたいと思います。例えば避難場所等を住民で計画していくという中身なのですか。それも含まれるということですね、この計画の中に。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) 建設部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建設部長(高原 良視君)〔登壇〕 再質問にお答えをいたします。
 防災街区整備地区計画についてでございますが、今、私もパンフレットを持っておりますので、それを読まさせていただきますが、老朽化した木造住宅が密集し、道路や公園が十分にない地区で、防災機能を高めるために活用します。防災上有効な道路を整備し、その沿道の建築物の耐火構造化を促進することで、道路と建築物が一体となって、地区の延焼防止機能や避難経路を確保することなどを目的とする制度でございます。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) 以上で、事前通告による質疑は終わりました。これにて質疑を打ち切ります。
 本件については、建設経済委員会に付託します。
      ────────────・────・────────────
  日程第18.議案第71号

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) 日程第18、議案第71号平成21年度筑紫野市一般会計補正予算(第4号)の件を議題といたします。
 本件に対する質疑に入ります。質疑の事前通告がありますので、通告に基づき発言を許します。3番、濱武議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯3番(濱武 振一君) おはようございます。3番、濱武でございます。
 災害の発見、確定が遅延した場合、どのように対応するのか。今回、いろいろ風水害が非常に多くて、広い土地の中でなかなか見つけ切らなかったりとか、またそういうことがいろいろあっておくれてくる、もしくは期日というものがこういうものは区切ってある場合、その期日を超えた場合も含めますが、雑踏したときにどうすればいいのか。また、この予算案なのか、また再補正という形で考えられるのか。ケース、ケースありますが、そういうことで一つ目であります。
 二つ目は、豪雨災害に伴う国県の補助があるということを聞いておりますが、補助工事費、災害復旧費等の研究、お願いは尽くしてあるのか、このことをお尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) 総合政策部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総合政策部長(松石 敏幸君)〔登壇〕 2点にわたって御質問されておりますので、順次御答弁を申し上げます。
 まず初めに、再補正の関係の御質問でございますが、平成21年7月の中国・九州北部豪雨に伴います、本市におきます災害復旧事業でございますが、8月3日時点までに把握、調整を終えることができた分につきまして、今9月定例会に一般会計補正予算(第4号)として御提案をさせていただいております。
 したがいまして、今回、補正予算で計上できなかったものもございますので、12月以降の補正予算などで対応していくと、このように考えております。
 それから、次の国県補助の関係でございますけども、災害復旧事業に伴いますものでございますが、できる限り、一般財源の充当を減額といいますか、減少させるために、もろもろの制度研究はもちろんのこと、県などへの陳情、要望活動も行っております。
 ちなみに、県を初め関係機関に対する災害復旧陳情の基礎資料といたしますために、8月5日に松原市議会議長、藤田、原竹両県議会議員に御同行をいただきまして、災害現場の視察を行って、同じ月、8月11日に福岡県議会、さらに副知事、県土整備部、それから福岡県農林事務所と那珂土木事務所に対しまして、安全・安心な市民生活を取り戻していただくための早急な災害復旧の陳情も行っております。
 今後とも逐一県とも打ち合わせをいたしまして、また両県議とも打ち合わせを行いまして、国県補助金がつくように努めてまいる考えでございます。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) 以上で事前通告による質疑は終わりました。これにて質疑を打ち切ります。
 本件については、総務文教委員会に付託します。
      ────────────・────・────────────
  日程第19.議案第72号
  日程第20.議案第73号
  日程第21.議案第74号
  日程第22.議案第75号

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) 日程第19、議案第72号平成21年度筑紫野市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)の件から、日程第22、議案第75号平成21年度筑紫野市後期高齢者医療事業特別会計補正予算(第1号)の件までの4件を一括して議題といたします。
 本4件に対する質疑に入ります。質疑の事前通告はありません。これにて質疑を打ち切ります。
 本4件については、市民福祉委員会に付託します。
      ────────────・────・────────────
  日程第23.議案第76号
  日程第24.議案第77号
  日程第25.議案第78号

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) 日程第23、議案第76号財産(物品)の取得の件から、日程第25、議案第78号財産(物品)の取得の件までの3件を一括して議題といたします。
 執行部に提案理由の説明を求めます。市長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市長(平原 四郎君)〔登壇〕 おはようございます。議案第76号から78号までの3議案を一括して、提案理由の御説明を申し上げます。
 まず、議案第76号財産(物品)の取得の件でございます。
 本件は、議会の議決に付すべき契約及び財産の取得または処分に関する条例第3条の規定に基づきまして、予定価格が議会議決要件に該当することから提案するもので、以下2件も同じでございます。
 事業名は筑紫野市立小学校ICT環境整備事業で、取得の方法は指名競争入札、取得金額が7,497万円、…………………………………………でございます。
 契約の相手方は、福岡市博多区博多駅南1丁目14番14号、株式会社九州ウチダシステム代表取締役仲村敏雅氏でございます。
 次に、議案第77号財産(物品)の取得の件でございます。
 事業名は筑紫野市立中学校ICT環境整備事業で、取得の方法は指名競争入札、取得金額が2,898万円、…………………………………………でございます。
 契約の相手方は、福岡市博多区御供所町1番1号、日興通信株式会社九州支社支社長松井厚志氏でございます。
 次に、議案第78号財産(物品)の取得の件でございます。
 事業名は筑紫野市立小中学校教職員用のICT環境整備事業で、取得の方法は指名競争入札、取得金額が2,058万円、…………………………………………でございます。
 契約の相手方は、朝倉郡筑前町中牟田892番地、株式会社かがし屋筑前支店支店長吉村清隆氏でございます。
 以上、3議案を一括して提案理由の御説明を申し上げましたが、よろしく御審議の上、御可決賜りますようお願い申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) まず、議案第76号財産(物品)の取得の件に対する質疑はありませんか。5番、城間議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯5番(城間 広子君) このパソコンの購入につきましては、私、出されたときに、質疑の中で地場企業を育成という観点から、市内業者にパソコンの購入発注ができるようにというふうに要請もしていたんですが、途中の説明の中で、そういう地場企業育成という観点から配慮したのかと尋ねたら、しましたという答えだったんですけども、結果的に市内業者の支援策となったのかというのをひとつお尋ねいたします。
 それから、入札予定価格は非公開だったのですよね、だったのかどうかお尋ねします。それから、指名業者名の事前公表は、これはなかったのかどうかもお尋ねします。
 それから、指名業者は何社だったのかですね。その中の指名業者の中に市内業者が何社入っていたのかお尋ねします。
 入札調書を昨日、情報公開室で入手したんですが、指名業者10社でしたね。10社の中で7割に当たる7社が辞退をしてます。これは10社のうち7割が辞退するというのが、私が今まで見た中では、そういう入札のあり方はなかったので、どういうことなのかお尋ねいたします。
 この7社が辞退してますが、市内業者は辞退した中に入っていたのかどうかもお尋ねいたします。3社で入札して、1回で落札しているわけですが、7割が辞退したという経緯について説明を求めます。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務部長(鬼木 寛治君)〔登壇〕 城間議員の質疑に御答弁させていただきます。
 まず、地場企業育成の観点から、どういう配慮をしたのかという御質問ですが、登録、業者登録されております市内業者5社をすべて指名させていただきました。そしてまた、市内業者の支援策となったのかということでございますが、先ほど提案理由により本件の発注を行っているものでありますし、先ほど申し上げましたように、市内業者すべて指名させていただいたところでございますので、チャンスとしてはお上げしたかなというふうに考えております。
 それとあと入札予定価格の公表の件につきましてですが、入札予定価格は非公開にしているところでございます。また、指名業者についても、事前公表はしていないところでございます。
 また、指名業者の数でございますが、物品で200万円以上でございますので、従来なら7社以上ですが、今回、市内業者も入れるということで、10社以上を指名させていただいたところでございます。そのうち市内業者は、先ほど説明したけども、5社指名させていただきました。
 そしてまた、辞退の関係についてですが、市内業者の5社のうち、この件につきましては4社辞退されて、1社は応札されているところでございます。
 7割の辞退の経緯でございますが、指名業者の入札参加については自由でございまして、それぞれの社内事情によるものと思ってるところでございますが、具体的には商品を用意できないものがある、あるいは人員確保が難しくて工期に間に合わないものがあるといった理由があるものというふうに聞いておるところでございます。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) 3番、濱武議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯3番(濱武 振一君) 濱武でございますが、あくまでも議案書に従っていきますけど、1台当たりは幾らという計算になりますか。割り算をすればいいですけど、はっきりまず答弁いただきたい。それと落札率、3本ありますから、実際落とした方は99.9%なのか七十何%なのかわかりませんが、落札率です。
 それとあと、これリースですよね、もちろん、買い切りじゃないでしょうね、まさか。今、パソコンというのは、毎年どんどん年々変わっていきます。まさか買い切りじゃないでしょうね。リースなのかどうか。ある意味、我々市民感覚の常識からして、どういう位置なのかを確認します。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) しばらく休憩します。
                午前11時06分休憩
      ………………………………………………………………………………
                午前11時41分再開

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 会議に先立ち、市長より発言の申し出があっていますので、発言を許可します。市長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市長(平原 四郎君)〔登壇〕 先ほどの3議案の私の提案理由の説明の中で、実は市の入札結果等の公表に関する要綱がございますが、この要綱では工事関係のみ予定価格を公表するということになっております。したがいまして、物品等については非公表というふうになっておりますので、それぞれ提案の中で3件の予定価格を申し上げましたが、この部分については取り消しをお願い申し上げたいと思います。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) ただいま本会議中、議案76号から議案78号の一括提案理由説明において、市長より一部不適切な発言があったとのことから、その不適切な部分について発言を取り消したい旨の申し出がありました。
 お諮りいたします。市長からの発言取り消しの申し出を許可することに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) 御異議なしと認めます。よって、市長からの発言取り消しを許可することに決しました。
 なお、発言取り消し部分については、後日、会議録を精査の上、議長において整理いたします。
 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(澤田 芳昭君)〔登壇〕 先ほどの濱武議員の質疑に御答弁申し上げます。
 まず1点目、単価は幾らになっておるかということでございましたけれども、取得金額7,497万円、それからパソコン台数294台で、単純に割りますと25万5,000円になっておるところでございます。
 それから、2点目の落札率につきましては、規則の関係上、公表できませんので御理解いただきたいと思います。
 それから、パソコンは買い取りかリースかということでございましたけれども、この事業がスクール・ニューディール構想に基づく学校情報通信技術環境整備事業補助金を活用して購入をいたしておりますので、この補助金が買い取りが対象ということになっておりますので、買い取りで対応をいたしておるところでございます。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) 3番、濱武議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯3番(濱武 振一君) 2点あります。………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………
 …………………………(発言の声あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) しばらく休憩します。
                午前11時45分休憩
      ………………………………………………………………………………
                午前11時45分再開

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 3番、濱武議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯3番(濱武 振一君) 失礼しました。一つのほうは、質問自体を取り消しいたしますので、議長に御許可いただければと思っております。
 あと一つは、今回リースということに、リースじゃなくて買い取りでございました。今回、実はパソコンというのは、一番これ耐久性がないものですね。例えば今回、これだけお金が逆にあるならば、耐久性のある、例えば北九州市なんてタッチパネルのテレビとか、いろいろニューディール構想、費目はいっぱいあるんですよ。その費目のそういうものになぜ考えなかったのか。どうせお金を出すなら、例えば買い取ってもパソコンは残ったままですよ。残ったままですよ。それどうするんですか。それよりも先にあるものを選択するという政策的な戦略選択はなかったのか。例えば今回は各市町村で上限額があるのかないのか、僕わかりません。そこも確認をしたいです。ですから、そういう意味で、今回の買い物というものは、そういう選択はなかったのか、考えがなかったのか、このことをお尋ねいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(澤田 芳昭君)〔登壇〕 濱武議員の御質問に御答弁申し上げます。
 現在の学校、今回、整備しておりますパソコンにつきましては、10年近く経過をしたところでございますので、その分を子どもたちの学力、ICT技術の向上ということで、パソコンを整備をしたいということから、この今回のパソコンを整備いたしたところでございます。
 先ほど申しますように、スクール・ニューディール構想による補助金と、それから地域活性化の補助金で対応しておりますので、今回につきましては各学校の老朽化したパソコンを入れかえるというところで決定をしていったところでございます。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) 3番、濱武議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯3番(濱武 振一君) 最後の質疑になるんですけど、これすごい金額のお金で入れてます。使いこなせるんですか。そういう打ち合わせだ何だ、ソフトの面ですね。確かに今回、我々の議決として、これはお金の関係の議決ありますけど、かつて一般質問で、亡くなられました野口議員が、LL教室というのはあったよと。全然使ってないよという先輩議員のお話もございました。その点、きちっとアフターから何から含まれてるんですか。そうじゃないと、今回これは大変な買い物になりますよ。そういうことはちゃんと配慮、考えた上の提案なんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) 教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯教育部長(澤田 芳昭君)〔登壇〕 お答えいたします。
 このパソコン購入に当たっては、ソフトをどういうものを入れていくかという部分につきましては、学校側と協議をさせていただいておりますので、学校側の要望に沿ったところで各学校を整備するようにいたしておるところでございます。
 なお、この契約の中身につきましては、そういう技術指導等も、講習等も含めて入れておりますので、御理解いただきますようお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) 質疑を打ち切ります。
 お諮りいたします。本件は会議規則第37条第4項の規定により委員会の付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) 御異議なしと認めます。よって、本件は委員会の付託を省略することに決しました。
 ただいまから討論を行います。討論される方はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) これにて討論を打ち切ります。
 これより採決を行います。本件を可決することに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) 御異議なしと認めます。よって、本件は原案のとおり可決されました。
 次に、議案第77号財産(物品)の取得の件に対する質疑はありませんか。5番、城間議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯5番(城間 広子君) 77号についてお尋ねします。5番、城間です。
 指名業者が10社ですね。これも7割に当たる7社が辞退をしております。76号の業者と同じ指名業者なのですが、受注機会をふやすということで、ほかの業者を指名できなかったのかというのが1点ですね。
 それと、同じ業者が辞退をしてるんですね。辞退してる業者も同じと。7割が辞退をしてるんですが、先ほど部長の答弁では、社内事情によるものではないかと。商品が準備できないと、それから人員の配置ができないと、工期が間に合わないからではないかということでしたが、もう一つ、余りにも低入札であるということが考えられないのかということですね。談合と言ってしまうとあれですけど、7社も辞退してしまうというのは。それと1回で入札が、落札が決まっているんですね。そういうのは談合のおそれはなかったのかというのをお尋ねしておきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) しばらく休憩します。
                午前11時52分休憩
      ………………………………………………………………………………
                午前11時52分再開

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 5番、城間議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯5番(城間 広子君) 質問の形を変えます。最低制限価格は設定されていたのかということをお尋ねします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務部長(鬼木 寛治君)〔登壇〕 城間議員の御質問にお答えさせていただきます。
 まず、業者の選定の関係についてですが、76号の業者以外のものも選定できなかったかみたいな質問でしたけれども、特に市内業者については、これはすべての業者でございましたので、市内業者5社とも選定をさせていただいたところでございます。
 それとあと金額が大きいですので、そういう意味で結果としては、ほかの業者も含めて同じになったということでございます。
 それと、最低価格の事前公表についてですが、それについては、これは物品でございますので、最低制限価格を設定しているものではございません。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) 5番、城間議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯5番(城間 広子君) 済みません。ちょっと確認ですね。最低制限価格は設定していなかったということですかね。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務部長(鬼木 寛治君)〔登壇〕 御質問のとおり、設定していないところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) 5番、城間議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯5番(城間 広子君) そうすれば、低入札価格調査は行われているんですね、当然。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務部長(鬼木 寛治君)〔登壇〕 最低制限価格制度、あるいは低入札調査制度の適用をしておりますのは、建設工事に係るものを適用させていただいているところでございまして、備品に関するものについては、先ほど御質問の低入札価格調査制度の適用もしていないところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) 先ほどの城間議員の質疑の中で、落札率に関する発言は取り消しいたします。(発言の声あり)
 しばらく休憩します。
                午前11時56分休憩
      ………………………………………………………………………………
                午前11時56分再開

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 なお、発言取り消し部分については、後日会議録を精査の上、議長において整理いたします。
 質疑を打ち切ります。
 お諮りいたします。本件は会議規則第37条第4項の規定により委員会の付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) 御異議なしと認めます。よって、本件は委員会の付託を省略することに決しました。
 ただいまから討論を行います。討論される方はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) これにて討論を打ち切ります。
 これより採決を行います。本件を可決することに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) 御異議なしと認めます。よって、本件は原案のとおり可決されました。
 次に、議案第78号財産(物品)の取得の件に対する質疑はありませんか。5番、城間議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯5番(城間 広子君) 議案第78号についてお尋ねします。
 これは教師用のパソコンでノートパソコン、単品なので1台当たりの金額も低いということは聞いておりました。そういうのであれば地場企業、地場業者の方に今発注するために、もう少し分ける、分割するという考え方はできなかったのかどうか、できない理由があったのかどうかお尋ねします。これも10社で、3社が辞退しているわけですが、先ほどからの部長の説明だと、地場業者も5社は入れてきたということで、努力されておられるのはわかるんですが、結果的には筑紫野市内の業者ではなかったわけですね。残念なんですが、何か地場業者育成支援策としての努力、もう一歩できなかったのかというのをお尋ねします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) 総務部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務部長(鬼木 寛治君)〔登壇〕 城間議員の御質問にお答えさせていただきます。
 御質問は、地場業者がとれるために分割して発注できないかという御質問でしたけども、教職員の備品として一つの組み立て、パッケージというんですか、そうなってる関係で、今回は教職員の分、まとめてしたというふうに聞いているところでございます。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) 質疑を打ち切ります。
 お諮りいたします。本件は会議規則第37条第4項の規定により委員会の付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) 御異議なしと認めます。よって、本件は委員会の付託を省略することに決しました。
 ただいまから討論を行います。討論される方はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) これにて討論を打ち切ります。
 これより採決を行います。本件を可決することに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) 御異議なしと認めます。よって、本件は原案のとおり可決されました。
      ────────────・────・────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) これにて本日の議事は終了いたしました。これをもって本日の会議を散会いたします。お疲れさまでございました。
                午後0時00分散会
      ──────────────────────────────