議事ロックス -地方議会議事録検索-


福岡県 筑紫野市

平成21年第3回定例会(第1日) 本文




2009.06.09 : 平成21年第3回定例会(第1日) 本文


                午前10時32分開会
◯議長(松原 静雄君) 皆さん、おはようございます。
 出席議員が定足数に達しておりますので、ただいまから、平成21年第3回筑紫野市議会定例会を開会いたします。
 それでは、お手元に配付しております議事日程の順序に従い、本日の会議を進めます。
      ────────────・────・────────────
  日程第1.会議録署名議員の指名について

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第79条の規定により、4番、田中允議員と18番、坂口議員を指名いたします。
      ────────────・────・────────────
  日程第2.会期の決定について

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) 日程第2、会期の決定を行います。
 今定例会の会期は、本日から6月25日までの17日間とし、その間、本会議に、本日と6月11日、22日、23日及び25日の5日間を当て、残りは休会にしたいと思いますが、これに御異議はありませんか。
               〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) 御異議なしと認めます。よって、今定例会の会期は17日間と決定いたしました。
      ────────────・────・────────────
  日程第3.諸般の報告について

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) 日程第3、諸般の報告を行います。
 議長会等関係の報告、一部事務組合議会等の開催状況及び監査・検査結果並びに行政視察等の報告につきましては、議員のお手元に資料を配付しております。
 なお、これらに関する書類については事務局に保管しておりますので、必要な方はごらんいただきたいと思います。
 これで諸般の報告を終わります。
      ────────────・────・────────────
  日程第4.諮問第2号

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) 日程第4、諮問第2号人権擁護委員の推薦につき意見を求めることの件を議題といたします。
 職員に議案を朗読させます。
                  〔職員朗読〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) 執行部に提案理由の説明を求めます。市長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市長(平原 四郎君)〔登壇〕 皆さん、おはようございます。
 本日、ここに平成21年第3回筑紫野市議会定例会を招集をいたしましたところ、議員各位におかれましては、大変御多用の折にもかかわりませず御参集をいただき、心から厚く御礼申し上げます。
 さて、本定例会には、人事案件3件、条例3件、補正予算1件、その他1件、合わせまして8件を御提案し、御審議をお願い申し上げているところでございます。
 それでは、諮問第2号人権擁護委員の推薦につき意見を求めることにつきまして、提案理由の御説明を申し上げます。
 人権擁護委員は、人権擁護委員法第6条第1項の規定に基づき、法務大臣が委嘱することになっておりますが、市長は、当該市の議会の議員の選挙権を有する住民の中から、議会の意見を聞いて、候補者を推薦しなければならないことになっております。
 つきましては、現委員であります高田幸子氏が、本年9月30日をもって任期満了となりますので、引き続き委員として御活躍をいただきたく、人権擁護委員法第6条第3項の規定により、議会の意見を求めるものでございます。
 高田幸子氏は、裏面、経歴書にございますように、人格、識見ともに人権擁護委員として適任であると存じますので、よろしく御審議の上、御同意賜りますようお願い申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) 本件に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) 質疑を打ち切ります。
 ただいまから討論を行います。討論される方はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) これにて討論を打ち切ります。
 これより採決を行います。本件を同意することに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) 御異議なしと認めます。よって、本件は同意することに決しました。
      ────────────・────・────────────
  日程第5.同意第1号

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) 日程第5、同意第1号筑紫野市監査委員の選任の件を議題といたします。
 本件は、古瀬富美子議員の一身上に関する事件であります。よって、地方自治法第117条の規定により、古瀬富美子議員の退席を求めます。
               〔古瀬富美子議員 退席〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) 職員に議案を朗読させます。
                  〔職員朗読〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) 執行部に提案理由の説明を求めます。市長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市長(平原 四郎君)〔登壇〕 同意第1号筑紫野市監査委員の選任につきまして、提案理由の御説明を申し上げます。
 本件は、議会選出の坂口博幸監査委員から、一身上の都合により、平成21年5月25日付をもって退職したい旨の願い出があり、地方自治法第198条の規定により、これを承認をしたところでございますが、その後任として、古瀬富美子氏を選任いたしたく存じますので、地方自治法第196条第1項の規定により、議会の同意を求めるものでございます。
 よろしく御審議の上、御同意賜りますよう、お願い申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) 本件に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) 質疑を打ち切ります。
 ただいまから討論を行います。討論される方はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) これにて討論を打ち切ります。
 これより採決を行います。本件を同意することに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) 御異議なしと認めます。よって、本件は同意することに決しました。
 ここで、古瀬富美子議員の除斥を解除いたします。
               〔古瀬富美子議員 着席〕
      ────────────・────・────────────
  日程第6.同意第2号

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) 日程第6、同意第2号筑紫公平委員会委員の選任の件を議題といたします。
 職員に議案を朗読させます。
                  〔職員朗読〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) 執行部に提案理由の説明を求めます。市長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市長(平原 四郎君)〔登壇〕 同意第2号筑紫公平委員会委員の選任につきまして、提案理由の御説明を申し上げます。
 筑紫公平委員会は、地方公務員法第7条第4項の規定に基づき、筑紫地区4市1町等により共同設置しておりまして、職員に対する不利益な処分についての不服申し立てに対する裁決を講ずることなどを目的に、3名の委員をもって組織されているもので、4市1町のローテーションに基づき、選出をいたしているところでございます。
 同委員会委員のうち、筑紫野市の後藤眞智氏が、本年7月24日で任期満了となられますので、その後任として、今回は春日市からの選出となり、萩尾妙子氏を選任することにつきまして、筑紫公平委員会設置規約第3条第1項の規定に基づき、議会の同意を求めるものでございます。
 萩尾妙子氏は、裏面、経歴書のとおり、人格、識見ともに筑紫公平委員会の委員として適任であると存じますので、よろしく御審議の上、御同意賜りますようお願い申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) 本件に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) 質疑を打ち切ります。
 ただいまから討論を行います。討論される方はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) これにて討論を打ち切ります。
 これより採決を行います。本件を同意することに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) 御異議なしと認めます。よって、本件は同意することに決しました。
      ────────────・────・────────────
  日程第7.議案第51号

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) 日程第7、議案第51号筑紫野市土地開発公社定款の一部を変更する定款の制定の件を議題といたします。
 執行部に提案理由の説明を求めます。市長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市長(平原 四郎君)〔登壇〕 議案第51号筑紫野市土地開発公社定款の一部を変更する定款の制定につきまして、提案理由の御説明を申し上げます。
 本件は、監事の職務を規定していました「民法第59条」が削除されるとともに、当該内容が「公有地の拡大の推進に関する法律第16条第8項」に規定されたことなどから、定款の一部を変更する必要が生じましたので、「公有地の拡大の推進に関する法律」第14条第2項の規定により、議会の議決を求めるものでございます。
 よろしく御審議の上、御可決賜りますようお願い申し上げます。
      ────────────・────・────────────
  日程第8.議案第52号

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) 日程第8、議案第52号筑紫野市文化振興計画策定審議会設置条例を廃止する条例の制定の件を議題といたします。
 執行部に提案理由の説明を求めます。市長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市長(平原 四郎君)〔登壇〕 議案第52号筑紫野市文化振興計画策定審議会設置条例を廃止する条例の制定につきまして、提案理由の御説明を申し上げます。
 本件は、文化振興計画策定審議会より答申を受け、本年1月、本市の文化振興計画が決定したことに伴い、条例を廃止するものでございます。
 よろしく御審議の上、御可決賜りますようお願い申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) 本件に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) 質疑を打ち切ります。
 本件は、会議規則第37条第4項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) 御異議なしと認めます。よって、本件は委員会の付託を省略することに決しました。
 ただいまから討論を行います。討論される方はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) これにて討論を打ち切ります。
 これより採決を行います。本件を可決することに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) 御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
      ────────────・────・────────────
  日程第9.議案第53号

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) 日程第9、議案第53号筑紫野市都市計画審議会条例の一部を改正する条例の制定の件を議題といたします。
 執行部に提案理由の説明を求めます。市長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市長(平原 四郎君)〔登壇〕 議案第53号筑紫野市都市計画審議会条例の一部を改正する条例の制定の件につきまして、提案理由の御説明を申し上げます。
 本件は、高度複雑化する都市計画行政の現状を踏まえ、本市の都市計画について審査する、筑紫野市都市計画審議会の充実を図るため、条例の一部を改正するものでございます。
 よろしく御審議の上、御可決賜りますようお願い申し上げます。
      ────────────・────・────────────
  日程第10.議案第54号

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) 日程第10、議案第54号平成21年度筑紫野市一般会計補正予算(第1号)の件を議題といたします。
 執行部に提案理由の説明を求めます。市長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市長(平原 四郎君)〔登壇〕 議案第54号平成21年度筑紫野市一般会計補正予算(第1号)の件につきまして、提案理由の御説明を申し上げます。
 補正の主な内容でございますが、歳出予算といたしましては、天拝中学校エレベーター設置工事実施に伴う予算組み替えのため学校管理費3,000万円の減額と、地域密着型サービス拠点等施設整備費補助金1,795万5,000円、妊婦健診の10回から14回への回数増に伴う母子衛生費2,281万9,000円、緊急雇用創出事業臨時特例事業費2,765万2,000円、天拝中学校エレベーター設置工事実施に伴う中学校整備費3,000万円などを増額するものでございます。
 歳入予算といたしましては、地域介護・福祉空間整備等交付金1,795万5,000円、妊婦健診費補助金1,111万4,000円、緊急雇用創出事業臨時特例基金事業補助金2,765万2,000円などを増額するものでございます。
 このため、歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ7,557万9,000円を追加し、275億5,557万9,000円とするものでございます。
 よろしく御審議の上、御可決賜りますようお願い申し上げます。
      ────────────・────・────────────
  日程第11.議案第55号

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) 日程第11、議案第55号筑紫野市特別職の職員の給与等に関する条例の一部を改正する条例の制定の件を議題といたします。
 執行部に提案理由の説明を求めます。市長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市長(平原 四郎君)〔登壇〕 議案第55号筑紫野市特別職の職員の給与等に関する条例の一部を改正する条例の制定につきまして、提案理由の御説明を申し上げます。
 今回の改正につきましては、一部事務組合であります山神水道企業団の工事にかかわる事件で、副市長が略式起訴され、市政に対する信頼を損ない、市民の皆様に大変な御迷惑をおかけしたことに対する、私の任命権者としての責任を明らかにするため行うものでございます。
 改正内容につきましては、現在、財政健全化の一環として10%の削減を行っておりますが、本年の7月1日から9月30日までの間に限り、先ほど申した理由によりまして、20%の削減を加えまして、現在の給料月額82万8,000円を64万4,000円とするものでざいます。
 よろしく御審議の上、御可決賜りますようお願い申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) 本件に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。3番、濱武議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯3番(濱武 振一君) 3番、濱武でございます。
 提案内容補足説明書と少し内容が変わっておりましたので、こちら議会に配られたものです、それと、市長の今おっしゃったことが少し違いますから、さらに詳しく説明されておりますが、本会議場、議事録の関係もありますので、再確認させてもらいます。
 まず今回は、1割が財政上のカット、そして、2割の理由が、今回いろいろさまざまな事件の件を責任を取るということでおっしゃっています。
 実は、一時期、市長は、3月議会においては、これは山神水道企業団の問題であるということでありました。ところが、今回、副市長が100万円の罰金刑という形が出てきましたので、責任を取ったということでございますが、その再確認ですが、今回は副市長の任命責任、すなわち、副市長が、いわゆる罰金刑になったということでこういうふうな措置をしたのかどうなのかと、そこのところをはっきり、もう一度答弁願います。
 それと、今後の裁判次第ということをいろいろ新聞の席、もしくは、代表者会議、また、全員協議会でおっしゃっておりますが、実は、今後の裁判の成り行きというのは、この報道によると、藤木氏の有罪がまだ確定はしておりません。ということは、まだ今回の合計3割カットというのは、財政上が1割、2割というのが、こういうふうに御迷惑をかけたということか何か知りませんが、ともかく、そういうことだと。
 じゃ、もし仮に、これが裁判の成り行き次第で藤木氏の有罪が確定したということになりますと、市長の当該行為が、いわゆる裁判所より関与されたものとして認定されたことになります。これは、検察側はそう思ってるかもしれませんが、最終的に三権分立ですから、いわゆる裁判所からの認定となった場合、この場合の責任の取り方をどう考えているのか。
 そして、あと問題は些細なことかもしれませんが、この決意はいつごろされたのか。と申しますのは、5月に臨時会を開かれております。市民の中からは、6月に出せば7月から給料は下がると、しかし、5月に出しておけば今月から下がる、いわゆる今月は非常に歳費が多い月でございます。いわゆるボーナスというか、市民感覚で言えばボーナスと言うんですが、そしたら、この決議次第によっては、なぜ5月に出さなかったんですかという言葉が市民から出てますので、その点、明解な答弁をお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) 市長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市長(平原 四郎君)〔登壇〕 濱武議員の御質問に御答弁を申し上げます。
 先ほど提案の項で申し上げましたように、まず1点は、副市長が略式罰金刑と、こういう事態でございましたので、任命責任ということでさせていただいたということでございます。
 裁判の成り行きを申されましたが、どうなるか私には予測がつきませんが、いずれにしても、山神水道企業団のほうでは、また企業団のほうで、企業長としての責任というものを整理をさせていただくというふうに御理解をいただきたいと思います。
 なぜ、この時期かということですが、私も早くとは思っておりましたけども、副市長が略式起訴される、そして、罰金刑の確定が非常にちょっとおくれたということもありました。量刑を見てということもございましたので、この時期になったところであります。
 なお、7月からというのは、不利益、不遡求の原則がございまして、これは後で調べてわかりましたけども、6月からではなくてきょうの提案ですから7月からと、こういうことになったと、こういう経過をたどっております。
 以上であります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) 質疑を打ち切ります。
 本件は、会議規則第37条第4項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。
            〔「異議あり」「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) 御異議ありますので、起立により採決いたします。
 本件については委員会の付託を省略することに賛成の方は御起立願います。
                  〔起立多数〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) 起立多数と認めます。よって、本件については委員会の付託を省略することは可決されました。
 ただいまから討論を行います。討論される方はありませんか。
 まず、反対討論される方は挙手を願います。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) 次に、賛成討論をされる方は挙手を願います。5番、城間議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯5番(城間 広子君) 5番、日本共産党、城間広子です。
 議案第55号筑紫野市特別職の職員の給与等に関する条例の一部を改正する条例の制定について、賛成討論を行います。
 本件は、市長が不正入札事件で罰金刑に処された元副市長の任命権者としての責任を取り、これを明らかにするために報酬の20%を3カ月間減額するというものです。
 2月に発生した山神水道企業団の発注工事に絡む競売入札妨害偽計事件で、5月20日、福岡簡易裁判所は、元副市長に対し、競売入札妨害偽計罪で罰金100万円の略式命令を出しました。
 新聞報道によりますと、起訴状によれば、元副市長は、元筑紫野市議──同罪で起訴されております──らと共謀し、2006年11月にあった水道管移設工事の指名競争入札で、同氏の水道管工事会社に落札させようと設計価格を漏らし、予定価格に近い価格で落札させた、とされるというものです。
 副市長は、4月30日付で辞職しております。
 この事件では、10人が摘発され、起訴された企業団工務課長補佐と業者3人には懲役1年、執行猶予3年の判決が言い渡され、副市長のほか企業団事務局長、総務課長が略式命令の罰金刑に処されています。
 企業団工務課長は、設計価格を漏らした事実はないと否認をしております。さらに、5月29日の福岡地裁の公判で、検察側が市長の関与を指摘したとのマスコミ報道に、市民の間で衝撃が広がっています。市長の責任は、副市長の任命責任にとどまるものではありません。市政腐敗の一掃は、トップの姿勢にかかっています。平原市長みずから司法の捜査と並行して事件の真相解明を行い、市民への説明責任を果たすべきです。入札制度の改革だけでは、犯罪の温床を残すことになります。事件の真相解明なしに、真の再発防止策はあり得ません。
 以上を指摘し、本件に賛成します。
 終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) これにて討論を打ち切ります。
 これより採決を行います。本件を可決することに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) 御異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。
      ────────────・────・────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) これにて本日の議事は終了いたしました。
 ここで、古瀬富美子議員から、筑紫野市監査委員としての御同意をいただいたことによるあいさつの申し出があっておりますので、これを許可します。
 古瀬議員、演壇でごあいさつをしてください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯2番(古瀬富美子君)〔登壇〕 皆さん、おはようございます。古瀬富美子でございます。
 このたび、筑紫野市監査委員に御同意いただきましてありがとうございました。
 議会選出の監査委員として、重責に身の引き締まる思いでございますが、微力ながら誠実に、そして、公正に職務を担ってまいりますので、何とぞよろしくお願いいたします。
 皆様方の御指導と御鞭撻をお願い申し上げまして、簡単ではございますが、ごあいさつとさせていただきます。ありがとうございました。(拍手)

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(松原 静雄君) これをもって、本日の会議を散会いたします。お疲れさまでございました。
                午前11時00分散会
      ──────────────────────────────