議事ロックス -地方議会議事録検索-


福岡県 筑紫野市

平成21年第1回定例会(第6日) 本文




2009.03.24 : 平成21年第1回定例会(第6日) 本文


                午前10時00分開議
◯議長(横尾 秋洋君) 出席議員が定足数に達しておりますので、ただいまから本日の会議を開きます。
 それでは、お手元に配付しております議事日程の順序に従い、本日の会議を進めます。
      ────────────・────・────────────
  日程第1.議案第3号

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 日程第1、議案第3号福岡県自治振興組合の共同処理する事務の変更及び福岡県自治振興組合規約の変更の件を議題といたします。
 本件に関し、委員長から御報告願います。10番、総務文教委員長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務文教常任委員長(森田 健二君)〔登壇〕 おはようございます。
 議案第3号福岡県自治振興組合の共同処理する事務の変更及び福岡県自治振興組合規約の変更の件について、審査の経過と結果を御報告いたします。
 委員会では、公文書館で保管する文書の基準及びその量についての質疑があり、執行部からは、いわゆる古文書と言われるものではなく、あくまで公文書で、主に各自治体の明治以降の公文書、行政刊行物で、公文書にいては保存期間が満了した公文書の中で、各自治体の判断により重要と思われるものである。公文書の量は、現時点では具体的に出ていないが、福岡市、北九州市を除く県下全市町村の30年分を集めても足り得る施設が予定されている、との答弁がありました。
 討論はなく、採決の結果、全員一致、原案のとおり可決すべきものと決しました。
 以上、報告を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) ただいまから委員長の報告に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 質疑を打ち切ります。
 ただいまから討論を行います。討論される方はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) これにて討論を打ち切ります。
 これより採決を行います。
 本件を可決することに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 御異議なしと認めます。よって、本件は原案のとおり可決されました。
      ────────────・────・────────────
  日程第2.議案第4号

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 日程第2、議案第4号筑紫野市事務事業外部評価委員会設置条例の制定の件を議題といたします。
 本件に関し、委員長から御報告願います。10番、総務文教委員長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務文教常任委員長(森田 健二君)〔登壇〕 議案第4号筑紫野市事務事業外部評価委員会設置条例の制定の件について、審査の経過と結果を御報告いたします。
 委員会では、事務事業は多岐にわたっており、委員には専門知識が必要である。識見を有する者3名と、市民2名で、全事業についてどれだけ評価できるか疑問である。
 また、市長のリーダーシップが重要ではないか等の意見があり、改めて設立の趣旨、必要性について説明を求めました。
 執行部からは、現在、内部で事務事業評価として、みずから執行した事業について、みずから評価をし、その結果を企画財政課、行政管理課でヒアリングを行い、最終的に、庁議において決定するようにしているが、やはり内部職員に基づく評価であることから、これを違う角度、違う視点から評価し、その答申を執行部としてどう反映していくかということにつなげていきたいということで、外部評価委員会を設置するものであるとの説明がありました。
 さらに、審査を進める中では、まず、内部での評価委員会等を組織し、その評価の結果によって、内部では問題がある点についても、今後改善していく、あるいは、その時点で外部評価を取り入れてもよいのではないか、また、市の中には、チェック機能を持つ議会や監査委員制度があり、その機能を充実させていくことが基本と考える、等の意見が出されました。
 委員会としては、さらに質疑等を行い、認識を深める必要があることから、3月5日おける本件の審査を一たん留保し、翌日の3月6日に、再度審査をすることといたしました。
 翌3月6日には、市長出席のもと、審査を行いました。執行部からは、新たに筑紫野市公共事業評価検討委員会の状況、大野城市における統合型行政評価システムの運用等について説明を受けました。
 委員会では、質疑を続ける中で、委員から、大野城市の例も説明されたが、実施されている自治体について、もう少し研究し、外部評価委員会のよいところ、悪いところ等について、今後、調査研究する必要があるとの意見が出されたところでございます。
 総務文教委員会としましては、他の自治体について、さらに調査研究する必要があるとして、全員一致により継続審査とすることに決しました。
 以上、報告を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) ただいまから委員長の報告に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 質疑を打ち切ります。
 本件は委員長の報告どおり閉会中の継続審査に付したいと思います。御異議ありませんか。
               〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 御異議なしと認めます。よって、本件は閉会中の継続審査に付すことに決しました。
     ────────────・────・────────────
  日程第3.議案第5号
  日程第4.議案第6号
  日程第5.議案第7号
  日程第6.議案第8号
  日程第7.議案第9号
  日程第8.議案第10号

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 日程第3、議案第5号筑紫野市個人情報保護条例の一部を改正する条例の制定の件から日程第8、議案第10号筑紫野市就学指導委員会設置条例の一部を改正する条例の制定の件までの6件を一括して議題といたします。
 本6件に関し、委員長から御報告を願います。10番、総務文教委員長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務文教常任委員長(森田 健二君)〔登壇〕 議案第5号から議案第10号までの6件について、審査の経過と結果を御報告いたします。
 まず、議案第5号筑紫野市個人情報保護条例の一部を改正する条例の制定の件について御報告いたします。
 委員会では、基幹統計には、改正前の届け出統計調査及び承認統計調査の全部が含まれているのか、との質疑があり、執行部からは改正前の指定統計が基幹統計に、届け出統計調査が一般統計調査に、承認統計調査が統計調査に、それぞれほぼ同じであるが、全く同じ内容ということではなく、呼び名の変更にあわせて、それぞれの区分、分類も変わっている、との答弁がありました。
 討論はなく、採決の結果、全員一致、原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、議案第6号筑紫野市特別職の職員の給与等に関する条例の一部を改正する条例の制定の件について御報告いたします。
 委員会では、退職金及び年金への影響について質疑あり、執行部からは退職金については、本来本俸で算定するため影響しない。また、年金についても、共済組合に対して、本来本俸で報告しているので影響しない、との答弁がありました。
 討論はなく、採決の結果、全員一致、原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、議案第7号筑紫野市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定の件について御報告いたします。
 委員会では、退職金及び年金への影響について質疑があり、執行部からは、いずれにも影響しないとの答弁がありました。また、減額について平成17年度から5年間でどの程度の額になっているかとの質疑があり、執行部からは5年間で、合計2,757万8,000円になるとの答弁がありました。
 討論では、一委員から、管理職手当のカットは職員及び家族の暮らしにも影響を与え、また、地域経済や民間労働者の賃金への影響を与えることから反対する、との討論がありました。
 採決の結果、賛成多数、原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、議案第8号筑紫野市教育委員会教育長の給与及び勤務時間等に関する条例の一部を改正する条例の制定の件について御報告いたします。
 本件については、市長、副市長と同様、平成16年度から給与月額の10%減額を実施しており、平成21年度も継続するものでございます。
 委員会では、特に質疑、討論はなく、採決の結果、全員一致、原案のとおり可決べきものと決しました。
 次に、議案第9号筑紫野市解放センターの設置及び管理に関する条例の全部を改正する条例の制定の件について、御報告いたします。
 委員会では、人権文化センター運営審議会委員の構成についての質疑があり、執行部からは構成メンバーは15人以内で、教育委員会委員、関係団体の代表として、社会教育委員、筑紫野市身障者福祉協議会、知的障害者相談員、区長会、人権擁護委員の代表、部落解放同盟筑紫地区協議会からを考えている。児童委員、識見を有する者2名、市民の代表として公募による市民2名で考えている、との答弁がありました。
 また、改正後も、隣保館という名称が使われていることについて質疑があり、執行部からは、検討しているが、今回、名称変更までに至っていない。今後、利用者の意見も聞きながら、検討したいとの答弁がありました。
 討論では、一委員から、今回の条例改正では、対象を地域住民に拡大し、社会福祉法、児童福祉法に基づく事業、体育、スポーツ振興事業を行うとされ、また、運営審議会委員に、多くの関係団体の代表を含む意向が示されている。
 さらに、使用料も同和地区、地区外に関係なく、できるだけ無料にして、徴収しない方向で進めていくということで、一般施策への移行の過程と思われることから、賛成をする、との討論がありました。
 採決の結果、全員一致、原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、議案第10号筑紫野市就学指導委員会設置条例の一部を改正する条例の制定の件について御報告いたします。
 委員会では、学校保健法が学校保健安全法に改正されたが、その内容は変わっているのか、との質疑あり、執行部からは題名を初め学校保健法、食育、学校安全の分野を含めた改正が成されている。本条例にかかわる部分については、法の名称が変わった部分である、との答弁がありました。
 討論はなく、採決の結果、全員一致、原案のとおり可決すべきものと決死しまた。
 以上、報告を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) ただいまから委員長の報告に対する質疑に入ります。
 まず、議案第5号に対する質疑はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 質疑なしと認めます。
 次に、議案第6号に対する質疑はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 質疑なしと認めます。
 次に、議案第7号に対する質疑はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 質疑なしと認めます。
 次に、議案第8号に対する質疑はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 質疑なしと認めます。
 次に、議案第9号に対する質疑はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 質疑なしと認めます。
 次に、議案第10号に対する質疑はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 質疑を打ち切ります。
 ただいまから、議案第5号に対する討論を行います。討論される方はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) これにて討論を打ち切ります。
 これより採決を行います。議案第5号筑紫野市個人情報保護条例の一部を改正する条例の制定の件を可決することに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 御異議なしと認めます。よって、本件は原案のとおり可決されました。
 次に、議案第6号に対する討論を行います。討論される方はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) これにて討論を打ち切ります。
 これより採決を行います。議案第6号筑紫野市特別職の職員の給与等に関する条例の一部を改正する条例の制定の件を可決することに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 御異議なしと認めます。よって、本件は原案のとおり可決されました。
 次に、議案第7号に対する討論を行います。討論される方はありませんか。
 まず、反対討論をされる方は挙手を願います。5番、城間議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯5番(城間 広子君) 5番、日本共産党、城間広子です。
 議案第7号筑紫野市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定について、反対の立場で討論します。
 本件は、財政健全化計画実施に伴い、47人の職員の管理職手当を2%カットしようとするものです。
 退職金、年金への影響はないものの、毎月の地域手当、期末手当、勤勉手当にも影響し、年間総額527万9,000円の減額となります。
 財政健全化計画開始の平成17年度から平成21年度までの減額総額は、実に2,757万8,000円にも及びます。
 職員の賃金を安易に切り下げることは、職員の家族の暮らしを圧迫し、地域経済を冷え込ませ、民間労働者の賃金抑制をさらに進める口実となるのです。
 以上の理由から、本件に反対します。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 次に、賛成討論をされる方は挙手を願います。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) これにて討論を打ち切ります。
 これより採決を行います。議案第7号筑紫野市職員の給与等に関する条例の一部を改正する条例の制定の件を可決することに賛成の方は御議起立願います。
                  〔起立多数〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 起立多数と認めます。よって、本件は原案のとおり可決されました。
 次に、議案第8号に対する討論を行います。討論される方はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) これにて討論を打ち切ります。
 これより採決を行います。議案第8号筑紫野市教育委員会教育長の給与及び勤務時間等に関する条例の一部を改正する条例の制定の件を可決することに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 御異議なしと認めます。よって、本件は原案のとおり可決されました。
 次に、議案第9号に対する討論を行います。討論される方はありませんか。
 まず、反対討論される方は挙手を願います。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 次に賛成討論される方は挙手を願います。5番、城間議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯5番(城間 広子君) 5番、日本共産党、城間広子です。
 議案第9号筑紫野市解放センターの設置及び管理に関する条例の全部を改正する条例の制定について、賛成の立場で討論します。
 平成19年度の隣保館等14施設の事業費は1億3,700万円と、同和対策事業費総額5億3,000万円の25%を占めています。
 当市議団は、これまで度々、平成13年度末をもって、地域改善対策特定事業にかかわる国の財政上の特別措置に関する法律の失効に伴い、地区の指定の根拠も、同和特別対策の根拠もなくなったのであるから、解放センター条例を見直し、廃止し、隣保館を含む14施設の管理運営を一般対策に移行すべきと提言してまいりました。
 今回の条例改正では、名称の変更とともに、1条で対象を地域住民に拡大し、2条で地対財特法事業から社会福祉法に基づく隣保事業、児童福祉法に基づく事業、体育スポーツ振興事業を行うとなっており、一定の改善が見られます。
 また、第12条の運営審議会委員では、関係団体の代表に区長会なども含むとしています。また、施設使用料も同和地区、地区内、地区外を問わず、地域住民は原則無料とするなど、同和対策から一般対策への移行を進めようとしていることが伺えます。
 我が党は隣保館を廃止し、国の補助金を受け取らず、過剰な職員配置を見直し、市直営で一般対策に移行し、公民館、児童センター、老人憩いの家、体育館として全市民に開放すべきであると考えます。
 今回の改正は、その方向へ向けての第一歩となるものと考えます。改正の趣旨を全職員に徹底することはもとより、地区住民、地域住民、市民への周知徹底を図られるよう要請します。
 以上の理由から、本条例改正に賛成します。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) これにて討論を打ち切ります。
 これより採決を行います。議案第9号筑紫野市解放センターの設置及び管理に関する条例の全部を改正する条例の制定の件を可決することに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 御異議なしと認めます。よって、本件は原案のとおり可決されました。
 次に、議案第10号に対する討論を行います。討論される方はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) これにて討論を打ち切ります。
 これより採決を行います。議案第10号筑紫野市就学指導委員会設置条例の一部を改正する条例の制定の件を可決することに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 御異議なしと認めます。よって、本件は原案のとおり可決されました。
      ────────────・────・────────────
  日程第9. 議案第11号
  日程第10.議案第12号

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 日程第9、議案第11号筑紫野市手数料条例の一部を改正する条例の制定の件及び日程第10、議案第12号筑紫野市災害弔慰金の支給等に関する条例の一部を改正する条例の制定の件の2件を一括して議題といたします。
 本2件に関し、委員長が御報告願います。2番、市民福祉委員長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市民福祉常任委員長(古瀬富美子君)〔登壇〕 おはようございます。
 議案第11号及び議案第12号の2件について審査の経過と結果を御報告いたします。
 まず、議案第11号筑紫野市手数料条例の一部を改正する条例の制定の件について御報告いたします。
 改正の要因としては、手数料を徴収する事務の一部である字図の閲覧及び写しの交付を、パソコンを利用した固定資産評価支援システム、GISにより作成した、地番編集図を用紙に出力したものの閲覧及び交付に改めるものです。
 委員会では、縮尺1,000分の1の地番編集図の閲覧及び交付の手数料を1件1,200円とした理由について質疑があり、執行部からは、縮尺1,000分の1の地番編集図は、一部の特定業者からの要望があった場合に対応する必要から規定するものであり、その申請件数は少ないと想定していること、情報量が従来の4倍となること、そのため、縮尺500分の1の地番編集図で同じ情報量を得るために必要な手数料と同額にした、との答弁がありました。
 審査の過程では、委員から縮尺1,000分の1の地番編集図の閲覧及び交付に係る手数料について、従来の縮尺500分の1のものと比べて、情報量が4倍になるものの、申請1件の処理に係る手間は変わらないことから、市民サービスの観点からも、手数料を安く設定すべきではないかなどの意見が出されました。
 討論はなく、採決の結果、全員一致、原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、議案第12号筑紫野市災害弔慰金の支給等に関する条例の一部を改正する条例の制定の件について御報告いたします。
 委員会では、制度の趣旨と条例の適用実績について質疑がありました。
 執行部からは、この制度は災害救助法が適用されるような甚大な災害により死亡した場合や精神または身体に著しい障害を受けた場合などに適用されるものであり、筑紫野市だけでなく、全国の市町村が条例を制定していること。また、近年に適用された事例としては、平成17年の福岡県西方沖地震により被害を受けた福岡市の一部に制度の適用があり、その際、筑紫野市では同制度の適用はなかったが、市内の家屋補修については、福岡県の西方沖地震被災者住宅復興資金貸付金利子補給制度が適用されている、との答弁がありました。
 討論はなく、採決の結果、全員一致にて原案のとおり可決すべきものと決しました。
 以上、報告を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) ただいまから委員長の報告に対する質疑に入ります。
 まずは、議案第11号に対する質疑はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 質疑なしと認めます。
 次に、議案第12号に対する質疑はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 質疑を打ち切ります。
 ただいまから議案第11号に対する討論を行います。討論される方はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) これにて討論を打ち切ります。
 これより採決を行います。
 議案第11号筑紫野市手数料条例の一部を改正する条例の制定の件を可決することに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 御異議なしと認めます。よって、本件は原案のとおり可決されました。
 次に、議案第12号に対する討論を行います。討論される方はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) これにて討論を打ち切ります。
 これより採決を行います。議案第12号筑紫野市災害弔慰金の支給等に関する条例の一部を改正する条例の制定の件を可決することに御異議ありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 御異議なしと認めます。よって、本件は原案のとおり可決されました。
      ────────────・────・────────────
  日程第11.議案第13号
  日程第12.議案第14号
  日程第13.議案第15号
  日程第14.議案第16号
  日程第15.議案第17号

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 日程第11、議案第13号筑紫野市手数料条例の一部を改正する条例の制定の件から日程第15、議案第17号下水道の排水協定の件までの5件を一括して議題といたします。
 本5件に関し、委員長から御報告願います。19番、建設経済委員長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建設経済常任委員長(濱武 振一君)〔登壇〕 議案第13号から議案第17号までの5件について、審査の経過と結果を御報告いたします。
 本建設経済常任委員会は、3月1日、1日間開催されました。
 まず、議案第13号筑紫野市手数料条例の一部を改正する条例の制定の件から、御報告いたします。
 執行部からは、改正内容について所得税法等の一部を改正する法律の施行により国税に関する特例を定めた租税特例特別措置法の一部改正が行われたことに伴い、本市の手数料条例中、別表3の備考欄に記載された租税特別措置法の該当条項を改正するもので、内容等の改正はない旨の答弁がありました。
 内容等についても、租税特別措置法の優良宅地認定制度についての説明がありました。
 本委員会では、質疑討論はなく、採決の結果全員一致にて原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、議案第14号市道路線の廃止の件及び議案第15号市道路線の変更の件を御報告いたします。
 審査におきまして、市道路線の審査に関連することから、2議案を一括議題とし、執行部から説明を受けました。
 委員からは、8年ぐらい前に圃場整備は完了しているのに、事務処理がされなかったということはどういうことか、という質疑がありました。
 執行部からは、本来ならば、平成14年に市道の廃止なり、変更を行うべきであったが、内部の連絡ミスにより事務を怠っていたと。今後は、このようなことがないように抜かりがないように行っていきたい、との答弁がありました。
 委員会では、まず、議案第14号の市道路線の廃止については、討論はなく、採決の結果、全員一致にて原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、議案第15号市道路線の変更については、討論はなく、採決の結果全員一致にて原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、議案第16号水道の給水協定の件を御報告いたします。
 本委員会では、筑紫野市から太宰府市への給水区域の件数と、太宰府から筑紫野市への件数が大体何件ぐらいあるのか、との質疑がありました。
 執行部からは、平成21年1月14日現在では、筑紫野市から太宰府市への給水戸数が48戸、太宰府から筑紫野市への給水戸数が54戸、との答弁がありました。
 また、協定区域における水道料金の計算はどのように扱われているのか、との質疑がありました。
 執行部からは、筑紫野市が給水する区域は、筑紫野市の料金で計算し、逆に太宰府市から給水する、給水を受ける区域は太宰府市の料金で計算し、支払いされている、との答弁がありました。
 討論はなく、採決の結果全員一致にて原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、議案第17号下水道の排水協定の件を御報告いたします。
 本委員会では、敷設工事について、どういう場合にどちらの市が先に工事するのか、との質疑があり、執行部からは、どちらが先に開発をしたのか、とかの要因の中で、仮に筑紫野市の開発が先に行われれば、当然筑紫野市が排水本管を布設することになり、そこに隣接する太宰府市の区域は、その管に流すことになる、との答弁がありました。
 また、今回の協定で新たにふえる区域はあるのか、との質疑があり、執行部からは、現行の区域からふえるところはないが、繋ぎこみの件数は増加している、との答弁がありました。
 討論はなく、採決の結果全員一致にて、原案のとおり可決すべきものと決しました。
 以上、報告を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) ただいまから委員長の報告に対する質疑に入ります。
 まず、議案第13号に対する質疑はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 質疑なしと認めます。
 次に、議案第14号に対する質疑はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 質疑なしと認めます。
 次に、議案第15号に対する質疑はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 質疑なしと認めます。
 次に、議案第16号に対する質疑はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 質疑なしと認めます。
 次に、議案第17号に対する質疑はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 質疑を打ち切ります。
 ただいまから、議案第13号に対する討論を行います。討論される方はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) これにて討論を打ち切ります。
 これより採決を行います。議案第13号筑紫野市手数料条例の一部を改正する条例の制定の件を可決することに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 御異議なしと認めます。よって、本件は原案のとおり可決されました。
 次に、議案第14号に対する討論を行います。討論される方はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) これにて討論を打ち切ります。
 これより採決を行います。議案第14号市道路線の廃止の件を可決することに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 御異議なしと認めます。よって、本件は原案のとおり可決されました。
 次に、議案第15号に対する討論を行います。討論される方はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) これにて討論を打ち切ります。
 これより採決を行います。議案第15号市道路線の変更の件を可決することに御異議ありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 御異議なしと認めます。よって、本件は原案のとおり可決されました。
 次に、議案第16号に対する討論を行います。討論される方はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) これにて討論を打ち切ります。
 これより採決を行います。議案第16号水道の給水協定の件を可決することに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 御異議なしと認めます。よって、本件は原案のとおり可決されました。
 次に、議案第17号に対する討論を行います。討論される方はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) これにて討論を打ち切ります。
 これより採決を行います。議案第17号下水道の排水協定の件を可決することに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 御異議なしと認めます。よって、本件は原案のとおり可決されました。
      ────────────・────・────────────
  日程第16.議案第18号

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 日程第16、議案第18号平成20年度筑紫野市一般会計補正予算(第6号)の件を議題といたします。
 本件に関し、委員長が御報告願います。10番、総務文教委員長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務文教常任委員長(森田 健二君)〔登壇〕 議案第18号平成20年度筑紫野市一般会計補正予算(第6号)の件について、審査の経過と結果を御報告いたします。
 委員会では、障害者自立支援事業の扶助費7,800万円補正増についての質疑があり、執行部からは法が通り、1割負担が導入されたが、法改正までの軽減措置が設けられている。
 例えば、これまで本人に所得がなくても、世帯全体の所得で見ると軽減できないという問題があることから、本人と配偶者の所得で見ることにより、世帯の所得額が小さくなり、より軽減が受けられるというもので、その措置分を国が3,900万円、県及び市が、それぞれ1,950万円を分担するものである、との答弁がありました。
 また、基本健康診査業務委託料、補正減について質疑があり、執行部はらは、メタボ健診等特定健診については、保険者ごとに健診をすることから、市が実施する基本健診の受診者が見込みよりも、実質的に減少したものである、との答弁がありました。
 討論はなく、採決の結果、全員一致、原案のとおり可決すべきものと決しました。
 以上、報告を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) ただいまから委員長の報告に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 質疑を打ち切ります。
 ただいまから討論を行います。討論される方はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) これにて討論を打ち切ります。
 これより採決を行います。本件を可決することに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 御異議なしと認めます。よって、本件は原案のとおり可決されました。
      ────────────・────・────────────
  日程第17.議案第19号

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 日程第17、議案第19号平成20年度筑紫野市国民健康保険事業特別会計補正予算(第4号)の件を議題といたします。
 本件に関し、委員長から御報告を願います。2番、市民福祉委員長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市民福祉常任委員長(古瀬富美子君)〔登壇〕 議案第19号平成20年度筑紫野市国民健康保険事業特別会計補正予算(第4号)の件について、審査の経過と結果について御報告いたします。
 委員会では、後期高齢者支援金の算出方法と、支援金が被保険者全員に係るものであるか、との質疑があり、執行部からは、後期高齢者支援金は、国が定める被保険者1人当たりの支援金額に筑紫野市国民健康保険の被保険者数を乗じて算出されてるものであり、そのため、後期高齢者支援金は被保険者全員に係るものである、との答弁がありました。
 討論はなく、採決の結果、全員一致にて原案のとおり可決すべきものと決しました。
 以上、報告終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) ただいまから委員長の報告に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 質疑を打ち切ります。
 ただいまから討論を行います。討論される方はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) これにて討論を打ち切ります。
 これより採決を行います。本件を可決することに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 御異議なしと認めます。よって、本件は原案のとおり可決されました。
      ────────────・────・────────────
  日程第18.議案第20号
  日程第19.議案第21号

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 日程第18、議案第20号平成20年度筑紫野市住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予算(第2号)の件及び日程第19、議案第21号平成20年度筑紫野市奨学資金貸与事業特別会計補正予算(第1号)の件の2件を一括して議題といたします。
 本2件に関し、委員長から御報告願います。10番、総務文教委員長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務文教常任委員長(森田 健二君)〔登壇〕 議案第20号及び議案第21号の2件について、審査の経過と結果を御報告いたします。
 まず、議案第20号平成20年度筑紫野市住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予算(第2号)の件について御報告いたします。
 委員会では、積立金総額及び利率について質疑があり、執行部からは、積立金は平成19年度末で1億5,988万3,856円である。積立金は、政府短期証券で運用し、第1期は平成20年7月7日から10月6日まで利率0.58%、第2期では12月15日から平成21年3月23日までで、利率0.4907%である。
 運用していない期間については、一般会計に資金不足が見込まれ、一般会計に貸し出すことが有利として、現金で保管していたものである、との答弁がありました。
 討論はなく、採決の結果、全員一致、原案のとおり可決すべきものと決定しました。
 次に、議案第21号平成20年度筑紫野市奨学資金貸与事業特別会計補正予算(第1号)の件について御報告いたします。
 委員会では、減額補正であるが、より借りられる手だてはないのか、との質疑があり、執行部からは、年度途中での在校生の借り入れも想定しており、対応していきたい、との答弁がありました。
 また、本制度の広報について質疑があり、執行部からは、中学校での進路指導相談において、教師から、また保護者からの相談により、個別に対応している。また、高校や大学等の在校生に対しては、市広報やホームページで周知を図っているとの答弁がありました。
 討論はなく、採決の結果、全員一致、原案のとおり可決すべきものと決しました。
 以上、報告を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) ただいまから委員長の報告に対する質疑に入ります。
 まず、議案第20号に対する質疑はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 質疑なしと認めます。
 次に、議案第21号に対する質疑はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 質疑を打ち切ります。
 ただいまから議案第20号に対する討論を行います。討論される方はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) これにて討論を打ち切ります。
 これより採決を行います。議案第20号平成20年度筑紫野市住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予算(第2号)の件を可決することに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 御異議なしと認めます。よって、本件は原案のとおり可決されました。
 次に、議案第21号に対する討論を行います。討論される方はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) これにて討論を打ち切ります。
 これより採決を行います。議案第21号平成20年度筑紫野市奨学資金貸与事業特別会計補正予算(第1号)の件を可決することに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 御異議なしと認めます。よって、本件は原案のとおり可決されました。
      ────────────・────・────────────
  日程第20.議案第22号

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 日程第20、議案第22号平成20年度筑紫野市介護保険事業特別会計補正予算(第3号)の件を議題といたします。
 本件に関し、委員長から御報告願います。2番、市民福祉委員長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市民福祉常任委員長(古瀬富美子君)〔登壇〕 議案第22号平成20年度筑紫野市介護保険事業特別会計補正予算(第3号)について、審査の経過と結果を御報告いたします。
 委員会では、介護予防特定高齢者施策事業費が166万3,000円減額とされているが、予定していた事業が実施できなかったのかとの質疑があり、執行部からは、この事業は身体的な能力が落ちて虚弱な高齢者に対して、運動事業、筋力向上等の事業を行うものであるが、対象者を把握して行く中で、事業の対象となる特定高齢者が見込みよりも少なかったこと。さらに、事業の対象者であるが、それぞれの地区で開催される元気教室のほうへ通われているために、この事業に参加されない特定高齢者がいることから、介護予防特定高齢者施策事業費を、当初見込み額から減額した、との答弁がありました。
 また、現年度分特別徴収保険料の増額理由について質疑があり、執行部からは、新たに65歳となられた人や転入してこられた人などで、特別徴収の対象となる人が、当初見込みよりもふえたことから、3,126万6,000円を増額した、との答弁がありました。
 討論はなく、採決の結果、全員一致にて原案のとおり可決すべきものと決しました。
 以上、報告終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) ただいまから委員長の報告に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 質疑を打ち切ります。
 ただいまから討論を行います。討論される方はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) これにて討論を打ち切ります。
 これより採決を行います。本件を可決することに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 御異議なしと認めます。よって、本件は原案のとおり可決されました。
      ────────────・────・────────────
  日程第21.議案第23号

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 日程第21、議案第23号平成20年度筑紫野市農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)の件を議題といたします。
 本件に関し、委員長から御報告願います。19番、建設経済委員長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建設経済常任委員長(濱武 振一君)〔登壇〕 議案第23号平成20年度筑紫野市農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)の件につきまして審査の経過と結果を御報告いたします。
 本委員会では、加入者はふえているのか、との質疑がありました。執行部からは、水洗化戸数は昨年6月1日現在では1,049戸、本年2月28日現在では1,063戸ということで、若干ふえてきているとの答弁がありました。
 また、ほかの委員より、今のままでは最終的に黒字経営にはならないと思うが、将来、収支を均衡にするためには、どういうことを考えてあるのかという質疑ありました。
 執行部からは、これは、農業集落排水事業の大きな問題点であり、これは筑紫野市だけではなく、全国的にも問題になっているということが報告されまして、公共下水と比べると、人口密度的な問題で、収支的なことも含め、赤字が黒字になるか、そういうものではないと。市内部では、本事業は農政課で事業を行っていますが、上下水道で事業を行うとか、そういう論議も一緒に庁内では行っていますと、処理場の維持管理費用も大きくお金がかかっているということも含めまして、将来的には厚生労働省や国土交通省や何々省という問題ではなく、農業集落排水を公共下水に接続ができないだろうかと、そういうものの視野に入れながら、考えていかねばならないだろうという考え方を持っております、との答弁がありました。
 討論はなく、採決の結果、全員一致にて可決すべきものと決しました。
 以上、報告終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) ただいまから委員長の報告に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 質疑を打ち切ります。
 ただいまから討論を行います。討論される方はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) これにて討論を打ち切ります。
 これより採決を行います。本件を可決することに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 御異議なしと認めます。よって、本件は原案のとおり可決されました。
      ────────────・────・────────────
  日程第22.議案第24号
  日程第23.議案第25号
  日程第24.議案第26号

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 日程第22、議案第24号平成20年度筑紫野市二日市財産区特別会計補正予算(第1号)の件から日程第24、議案第26号平成20年度筑紫野市平等寺山財産区特別会計補正予算(第1号)の件までの3件を一括して議題といたします。
 この3件に関し、委員長から御報告願います。10番、総務文教委員長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務文教常任委員長(森田 健二君)〔登壇〕 議案第24号から議案第26号までの3件について、審査の経過と結果を御報告いたします。
 まず、案第24号平成20年度筑紫野市二日市財産区特別会計補正予算(第1号)の件について御報告いたします。
 執行部からは、本補正予算について、平成21年2月24日、二日市財産区管理会の同意を得たとの報告を受けました。
 委員会では、特に質疑、討論もなく、採決の結果、全員一致、原案のとおり可決すべきもの決しました。
 次に、議案第25号平成20年度筑紫野市御笠財産区特別会計補正予算(第2号)の件について御報告いたします。
 執行部からは、補正の主な内容として、森林育林事業の財源として、基金からの繰り入れとしていたが、間伐材の売り払い収入440万円を見込み、補正するもので本補正予算については、平成21年2月20日御笠財産区管理会の同意を得たとの報告を受けました。
 委員会では、今後の展開について質疑があり、執行部からは水源の森事業の一つである里山エリア再生事業を、平成20年度から平成25年度までの6年間実施する計画である、との答弁がありました。
 討論はなく、採決の結果、全員一致、原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、議案第26号平成20年度筑紫野市平等寺山財産区特別会計補正予算(第1号)の件について御報告いたします。
 執行部から、諸収入の増額について、九州電力の送電線工事で、ルートが平等寺山財産区を通過するため、工事中に借地料や立木補償料の収入によるものであるとの説明を受け、本補正予算について、平成21年2月20日平等寺山財産区管理会の同意を得たとの報告を受けました。
 委員会では、今後の育林事業について質疑があり、執行部からは平等寺山財産区は独自に予算を組んで、森林組合を通じて事業を行っている。また、それ以外にも県の補助を取れるものは逐次実施している、との答弁がありました。
 討論はなく、採決の結果、全員一致、原案のとおり可決すべきものと決しました。
 以上、報告を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) ただいまから委員長の報告に対する質疑に入ります。
 まずは、議案第24号に対する質疑はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 質疑なしと認めます。
 次に、議案第25号に対する質疑はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 質疑なしと認めます。
 次に、議案第26号に対する質疑はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 質疑を打ち切ります。
 ただいまから議案第24号に対する討論を行います。討論される方はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) これにて討論を打ち切ります。
 これより採決を行います。
 議案第24号平成20年度筑紫野市二日市財産区特別会計補正予算(第1号)の件を可決することに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 御異議なしと認めます。よって、本件は原案のとおり可決されました。
 次に、議案第25号に対する討論を行います。討論される方はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) これにて討論を打ち切ります。
 これより採決を行います。
 議案第25号平成20年度筑紫野市御笠財産区特別会計補正予算(第2号)の件を可決することに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 御異議なしと認めます。よって、本件は原案のとおり可決されました。
 次に、議案第26号に対する討論を行います。討論される方はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) これにて討論を打ち切ります。
 これより採決を行います。議案第26号平成20年度筑紫野市平等寺山財産区特別会計補正予算(第1号)の件を可決することに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 御異議なしと認めます。よって、本件は原案のとおり可決されました。
      ────────────・────・────────────
  日程第25.議案第27号
  日程第26.議案第28号

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 日程第25、議案第27号平成20年度筑紫野市水道事業会計補正予算(第2号)の件及び日程第26、議案第28号平成20年度筑紫野市下水道事業会計補正予算(第2号)の件の2件を一括して議題といたします。
 本2件に関し、委員長から御報告願います。19番、建設経済委員長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建設経済常任委員長(濱武 振一君)〔登壇〕 議案第27号及び議案第28号の2件について、審査の経過と結果を御報告いたします。
 まず、案第27号平成20年度筑紫野市水道事業会計補正予算(第2号)の件から御報告いたします。
 委員会では、特別加入金等による増が3,018万7,000円ということであるが、その戸数はどのくらいか、との質疑がありました。
 執行部からは、特別加入金として、天拝中学校周辺や二日市東小学校前など85戸分及び普通加入金として、口径20ミリの30戸分を計上しているとの答弁がありました。
 また、建設改良費において、1割強の減額になっているが、その理由の中の工法変更とはどのようなものなのかという質疑ありました。
 執行部から、宮の森団地の配水管敷設について、当初は団地全域、仮の配水管を敷設して施工することとしていたが、仮の配水管を敷設せずに、本設の管を敷設することへ変更したため、費用が減少した、との答弁がありました。
 討論なく、採決の結果、全員一致にて原案のとおり可決すべきもの決しました。
 次に、議案第28号平成20年度筑紫野市下水道事業会計補正予算(第2号)の件について御報告いたします。
 委員会では、特別利益3,219万7,000円の増について、県からの還付金ということだが、当初から計上できなかったのか、との質疑がありました。
 執行部からは、還付金の内訳は、宝満川流域と宝満川上流流域の流域維持管理負担金であるが、県の平成19年度決算が確定したことにより補正させていただいた、との答弁がありました。
 討論はなく、採決の結果、全員一致にて原案のとおり可決すべきものと決しました。
 以上、報告終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) ただいまから委員長の報告に対する質疑に入ります。
 まずは、議案第27号に対する質疑はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 質疑なしと認めます。
 次に、議案第28号に対する質疑はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 質疑を打ち切ります。
 ただいまから議案第27号に対する討論を行います。討論される方はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) これにて討論を打ち切ります。
 これより採決を行います。
 議案第27号平成20年度筑紫野市水道事業会計補正予算(第2号)の件を可決することに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 御異議なしと認めます。よって、本件は原案のとおり可決されました。
 次に、議案第28号に対する討論を行います。討論される方はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) これにて討論を打ち切ります。
 これより採決を行います。
 議案第28号平成20年度筑紫野市下水道事業会計補正予算(第2号)の件を可決することに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 御異議なしと認めます。よって、本件は原案のとおり可決されました。
 しばらく休憩いたします。
                午前10時58分休憩
      ………………………………………………………………………………
                午前11時15分再開

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
      ────────────・────・────────────
  日程第27.議案第29号

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 日程第27、議案第29号平成21年度筑紫野市一般会計予算の件を議題といたします。
 本件に関し、副委員長から御報告願います。16番、予算審査特別副委員長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯予算審査特別副委員長(伊藤 利之君)〔登壇〕 本来ならば、委員長が出席されて、ここで報告されるのが筋でございますが、本日欠席でございますので、私からさせていただきます。
 議案第29号平成21年度筑紫野市一般会計予算の件が予算審査特別委員会に付託を受けていたしたので、その審査の経過と、結果について御報告いたします。
 本特別委員会は、去る2月27日に設置され、正、副委員長の互選、委員席の指定、一般会計予算の審査要領、委員会開催日程を協議し、審査に伴う資料要求を決定いたしました。
 3月4日の予算概要説明では、予算資料に基づき、歳入歳出予算総括、一般会計の款別集計、歳入歳出の性質別明細、予算額の臨時・経常財源調べ等について説明を受けました。
 各課集中審査では、8課を抽出し、3月11日は企画財政課からは財政状況の推移、ほか3件について、税務課からは、市民税の増減理由について、人権政策課からは、同和対策事業の見直し内容について審査を行いました。
 次に、3月12日はごみ減量推進課からは、筑紫野・小郡・基山清掃施設組合の負担金増の理由、ランニングコストについて、商工観光課からは、中小企業預託金制度について、子育て支援課からは、保育所総務費補助金の増減理由について、生活福祉課からは、生活保護世帯数と総額の推移、学校教育課からは校区編成の現状と課題について審査を行いました。
 あわせて、総括質疑の内容を協議し、市長、副市長、教育長に出席を求め、3月16日に平成21年度予算について10項目の質疑を行うことを決定いたしました。
 総括質疑では、1、経常収支比率の前年度対比では、常に経常経費(人件費、物件費等)を節減し、財政構造の弾力性を確保するように努めているか、との質疑には、執行部からは、金融危機からの景気後退の影響から、市税、地方交付税が大きく減額となっている。人件費では、給与や手当のカット、職員定数削減、物件費では、ごみ袋購入費用では増額となったが、全体的に削減に努め、経常一般財源では、約1億4,942万円の減額となっている、との答弁がありました。
 2、経済効果を検討しているか、との質疑には、執行部からは事務事業評価では、事業の目的妥当性や有効性、効率性を常に点検しながら、事業の見直しや工夫・改善に取り組んでいる。さらには、地域要件に配慮した入札制度の改革や、市単独事業の前倒し発注など、経済効果を上げることに努めている、との答弁がありました。
 3、決算審査における指摘事項、及び施政方針における重点施策はどのように予算反映されているか、との質疑には、執行部からは、財政の健全化については、計画の成果はあらわれているが、目標の一つである基金取り崩しを行わず、収支均衡を図るということは、コスト縮減にもかかわらず、達成ができなかった。まちづくり事業の推進施策については、まちづくり事業サポート業務やソフト面を中心として、商店街活性化の推進に取り組んでいる。いじめや不登校のない学校づくりには、スクールカウンセラー、心の教室相談員の全中学校配置、さらには、「つくし学級」に設置を行い、いじめや不登校の問題解決に努めている。
 施政方針と予算の反映では、施策の優先度や事業の緊急性を考慮して、重点施策としての予算の計上を行っている、との答弁がありました。
 4、地方交付税の減額が、予算編成に与える影響はどうか、また、その対策はとの質疑に対しては、執行部からは交付税減額については、本市の基幹歳入の一つで、予算編成に与える影響は大きなものであり、耐震を除く削減が難しい歳出の増加から、やむを得ず6億5,429万8,000円の基金取り崩しを行い、不足分に充当した。
 今後は、例えば、予算執行残は他への転用を行わず、原則留保して、翌年度への財源とするなど、取り組みたいとの答弁がありました。
 5、職員の能力開発、資質向上のための研修はどう計画されているか、また、職員の健康管理は、配慮されているか、との質疑には、執行部からは内部研修では新規採用職員研修、管理職研修等を、外部研修では自治大学校、市町村職員中央研修所、福岡県市町村職員研修所、福岡県へ毎年職員派遣を行っている。
 健康管理では、労働安全衛生委員会を設置し、快適な職場環境の形成を促進しており、そのほか、定期健康診断等や健康相談を実施しているとの答弁がありました。
 6、市民協働の視点で、ボランティア等の活動に委ねられるものはないか、との質疑に対しては、執行部からは、福岡県認証のNPO法人は、10年間で23倍になっており、人々の社会貢献活動への参加意欲は確実に高まっている。
 本市においても、平成21年度にNPO・ボランティア等の協働モデル事業を募集する取り組みをする予定である、との答弁がありました。
 7、大型店出店に伴い、既存の小売店を含めた地元中小業者に対する育成策は考えているかとの質疑に対しては、執行部からは、地元中小業者には中心市街地の空き店舗を利用しての開業、起業には家賃の補助を、また、市内各商店街が一堂に会して行う、「いきいき商工農フェスタ」の事業支援、さらには、市融資制度の限度額を、平成21年度からは2億500万円増額し、15億5,000万円に拡大するなど、中小企業の支援に対応していきたい、との答弁がありました。
 8、入札業務の公正を期しての対策と、地場企業育成のための配慮はなされているかとの質疑に対しては、執行部からは、入札業務の公正には、入札に関する情報を積極的に公表を行うことで、公正性、透明性を図っている。地場企業育成には、平成20年度から一般競争入札の拡大にあわせ、地元業者が入札に参加できるか見定めを行うため、当分の間、1,000万円を超え5,000万円未満までは、地域要件を原則として市内業者のみとした措置を講じているところである、との答弁がありました。
 9、「入りを量りて出るを制する」観点から、定住人口増加策及び持続するまち実現のための身の丈に合った努力の姿はどこで感じたらよいか。予算にどのように反映されているか。との質疑に対しては、本市の予算規模は、250億円ぐらいが基本と考えているが、その中でも人口増加策と、その力を持続するための施策を継続して実施していきたい。
 また、優良企業の誘致も、市長みずからがトップセールスを行いながら進めていきたい。そのための施策もあわせて行っていくとの答弁がありました。
 最後、10、妊婦健診は、福岡県内66市町村中、55自治体で、14回の無料健診を実施している。本市は国の施策でもありながら、近隣自治体の足並みを揃え、10回である。少子化対策を拡充するためにも、14回の無料妊婦健診へ早期移行するべきではないのか、との質疑に対し、執行部からは、平成20年10月から筑紫地区で統一して5回実施としたところである。国の補助期間が2年後の平成22年度までであることや、妊婦の方が年々増加している当市では、国の補助で補助が切れて、一般財源化する問題もあり、今後、筑紫地区首長会で、再度検討を進めていきたいとの答弁がありました。
 以上、10項目にわたって、総括質疑を終え、続いて討論に入りました。
 反対討論では、一委員から、歳出に占める公債費の割合が多く長年の大型公共事業優先の市政が、市民生活支援へ施策を削減している、人件費では、不安定な雇用の嘱託職員をふやすのではなく、必要な人員を、正規職員で配置すべきである。同和対策事業は、法律が失効したにもかかわらず、13事業は継続されている。直ちに終結すべきである。ほか、5点について意見が述べられました。
 賛成討論はなく、採決の結果、賛成多数にて、原案のとおり可決すべきもとの決しました。
 以上、審査の経過と結果について御報告いたしましたが、執行部におかれましては、「入りを量りて出るを制する」を念頭に置き、今後も財政健全化に傾注されながら、市政を推進されるよう要請いたして、予算審査特別委員会審査報告を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) ただいまから、副委員長の報告に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 質疑を打ち切ります。
 ただいまから討論を行います。討論される方はありませんか。
 まず、反対討論される方は挙手を願います。6番、篠原議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯6番(篠原 範子君) 6番、日本共産党、篠原範子です。
 議案第29号平成21年度筑紫野市一般会計予算について、反対の立場で討論をいたします。
 平成21年度一般会計予算案は、歳入歳出とも274億8,000万円となっています。経常収支比率は、90.7%と、昨年89%より1.7%の悪化となっています。その要因は不況による法人税の減と、地方交付税の減によるものです。
 急がれる小・中学校の耐震化工事関連で、6億4,738万円やJR二日市駅に続き、JR原田駅のバリアフリーの整備促進事業、5,800万円、空き店舗対策補助金300万円、中小企業融資預託事業の4,253万円の増額など、市民が求めていた予算措置が講じられてはいます。
 しかしながら、財政健全化計画の最終年度、平成21年度ということで、一層のコスト削減を行い、受益者負担をし、市民サービス低下の予算措置となっています。
 公債費ですが、36億4,252万円が計上させています。
 昨年度、当初予算3.2%減、1億1,917万6,000円減とピーク時を超えたとはいえ、歳出に占める構成は13.2%を占め、長年の大型公共事業優先の市政の市民生活応援の施策削減をもたらしています。
 人件費ですが、45億2,507万6,000円が計上されています。
 昨年度当初予算より0.8%、3,805万2,000円の減額となっていますが、一方で、嘱託職員や臨時職員の物件費の賃金が2億8,858万3,000円で、昨年度比5.6%、1,539万5,000円の増額予算となっています。
 職員の実配置数で見れば、487人と、昨年度より3人の減になり、定数条例では529人に対して、大幅な減となっています。
 逆に、嘱託職員は、昨年度より6.88人の増、臨時職員は0.59人の増を見込んでいます。
 低所得の非正規雇用が問題視されているとき、正規職員の肩代わりとして、不安定雇用となる嘱託職員をふやすのではなく、必要な人員を、正規職員で配置すべきです。
 一部事務組合負担金が16億8,098万3,000円、昨年度より20.3%増。2億8,315万2,000円の増額となっています。
 その要因は、クリーンヒル宝満の維持管理費が2億2,290万3,000円の増と、起債1,674万5,000円の増によるものです。
 ごみ減量化が進んでいる中で、過大な焼却炉による維持管理費や起債償還費の負担が、市民負担を強いています。
 同和対策事業性質別予算状況で、5億8,322万円が計上されています。
 法律が、既に失効になっているにもかかわらず、19事業のうち3事業の廃止、3事業の一般施策への移行をしたものの、13事業については継続されています。
 介護サービス費助成金、老人長寿見舞金、老人医療費助成金などの個人給付事業や運動団体への補助金など、平成20年度に同和対策検討委員会で協議、見直しとしていながら、見直しがなされないまま、平成20年度同様の予算計上となっています。直ちに終結すべきです。
 また、下見、京町保育所の人件費が大きな比率を占めています。女性の社会進出が高まっていること、現在の共働きでなければ生活ができない子育て世代がふえていることなど、保育所は子育て支援に重要な役割を果たしています。
 解放保育所という位置づけを改め、他の公立保育所と同様の位置づけにするべきです。
 民間保育所運営費が、昨年に引き続き減額となっています。当初予算5,500万円、8.7%の減で、530万円減額となっています。
 補助金の減額は、保育従事者の労働条件の悪化や保育環境の悪化につながります。
 妊産婦事業ですが、7,506万3,000円計上されています。昨年度よりも4,337万5,000円の増額となっていますが、妊婦健診を5回から10回にふやしています。
 しかしながら、国が妊婦健診は14回が望ましいとして、14回のうち5回は地方交付税を財源に実施し、9回分は2分の1の国庫補助を2年間行うことを打ち出しています。
 それにもかかわらず、筑紫地区横並びの10回予算措置しかなされていません。母子とも安全な出産を保障するには、政府も必要性を認めている回数にすべきです。
 図書館管理費が1億3,384万円の計上となっています。昨年度より20.9%の減、3,539万6,000円の減額となっています。図書・視聴覚資料購入費事業は、15.2%減、454万4,000円の減で、2,525万6,000円となっています。
 図書館の蔵書や資料を充実させることは、自治体文化水準をあらわすものです。市民の意識は多様化し、図書館に求める資料も多種多様なものになっています。
 市民の要求にこたえ、増額予算とすべきです。
 文化財収蔵庫建設事業で3,409万3,000円計上されています。宝満環境センターの缶、瓶、ガラス選別場が未使用となったことから、当該施設を改修し、収蔵庫として利用するということですが、敷地内の旧焼却炉は、将来取り壊すことになるなるであろう施設です。
 長年利用してきた焼却炉は取り壊す際にはダイオキシンなどの対策が厳しく求められています。
 貴重な資料である文化財の取り扱いについては、慎重に取り扱うべきです。
 図書館同様に、市民の文化意識を高め、知的好奇心を満たせるように、身近な場所での収蔵庫を考慮すべきと考えます。
 以上の理由で、本予算案に反対をいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 次に、賛成討論される方は挙手を願います。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) これにて討論を打ち切ります。
 これより採決を行います。本件を可決することに賛成の方は御起立願います。
                  〔起立多数〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 起立多数と認めます。よって、本件は原案のとおり可決されました。
      ────────────・────・────────────
  日程第28.議案第30号
  日程第29.議案第31号

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 日程第28、議案第30号平成21年度筑紫野市国民健康保険事業特別会計予算の件及び日程第29、議案第31号平成21年度筑紫野市老人保健事業特別会計予算の件の2件を一括して議題といたします。
 本2件に関し、委員長から御報告願います。2番、市民福祉委員長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市民福祉常任委員長(古瀬富美子君)〔登壇〕 議案第30号及び議案第31号の2件について、審査の経過と結果を御報告いたします。
 まず、議案第30号平成21年度筑紫野市国民健康保険事業特別会計予算の件について御報告いたします。
 本件につきましては、歳入歳出それぞれ81億3,820万5,000円で予算を編成するものであります。
 主な内容として、減少傾向にあった被保険者数が経済状況の影響からか、昨年9月から増加傾向に変わっており、伸び率を見込んで予算編成を行っている。
 歳出では、過去3年間の医療費等の伸びを考慮して、保険給付費を見込んでいる。また、本市の財政状況を考慮し、保健指導等の健康対策を重点的に取り組むため、これまで行っていた健康優良世帯表彰を見送っている。
 歳入では、前期高齢者交付金に、総額19億254万1,000円を計上しているが、これについては、平成20年度が医療制度改正の年で11カ月分であったものが、平成21年度は、12カ月分となるため、4億497万円の増額となっている、との説明がありました。
 委員会では、インフルエンザが流行した場合の医療費の予算計上について質疑があり、執行部からは、医療費の保険者負担額を支出する療養給付費に含めて予算計上をしている。
 療養給付費については、医療費の動向を見ながら年度途中も見直しを行っていくが、最終的には通常の医療費見込み額にインフルエンザ流行等を考慮して、約1億円の程度を加えて、療養給付費を見積もっている、との答弁がありました。
 討論はなく、採決の結果、全員一致にて原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、議案第31号平成21年度筑紫野市老人保健事業特別会計予算の件について御報告いたします。
 本件につきましては、歳入歳出それぞれ3,076万7,000円で予算を編成するものであります。
 委員会では、後期高齢者医療制度へ移行し、今後、老人保健事業を清算するに当たっての問題点について質疑があり、執行部からは、医療機関からの診療報酬請求権の時効が3年であることから、老人保健特別会計も事業終了後、3年残すこととなっており平成21年度では、医療機関からの月遅れ請求分等を予算化している。
 しかしながら、国、県、社会保険診療報酬支払基金の負担については、いつ清算されるのかが明確に示されていないことから、現時点では、老人保健事業の実質的な精算がいつできるのか、はっきりしないという問題がある、との答弁がありました。
 討論はなく、採決の結果、全員一致にて原案のとおり可決すべきものと決しました。
 以上、報告終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) ただいまから委員長の報告に対する質疑に入ります。
 まず、議案第30号に対する質疑はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 質疑なし認めます。
 次に、議案第31号に対する質疑はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 質疑を打ち切ります。
 ただいまから議案第30号に対する討論を行います。討論される方はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) これにて討論を打ち切ります。
 これより採決を行います。
 議案第30号平成21年度筑紫野市国民健康保険事業特別会計予算の件を可決することに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 御異議なしと認めます。よって、本件は原案のとおり可決されました。
 次に、議案第31号に対する討論を行います。討論される方はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) これにて討論を打ち切ります。
 これより採決を行います。
 議案第31号 平成21年度筑紫野市老人保健事業特別会計予算の件を可決することに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 御異議なしと認めます。よって、本件は原案のとおり可決されました。
      ────────────・────・────────────
  日程第30.議案第32号
  日程第31.議案第33号

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 日程第30、議案第32号平成21年度筑紫野市住宅新築資金等貸付事業特別会計予算の件及び日程第31、議案第33号平成21年度筑紫野市奨学資金貸与事業特別会計予算の件の2件を一括して議題といたします。
 本2件に関し、委員長から御報告願います。10番、総務文教委員長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務文教常任委員長(森田 健二君)〔登壇〕 議案第32号及び議案第33号の2件について、審査の経過と結果を御報告いたします。
 まず、議案第32号平成21年度筑紫野市住宅新築資金等貸付事業特別会計予算の件について御報告いたします。
 委員会では、貸付総額及び滞納額について質疑があり、執行部からは当初の貸付総額は12億9,765万円で、平成19年度末での滞納額としての償還未済額は1億2,504万7,786円、納期未到来は9,763万3,139円で、償還未済額及び納期未到来額を合わせると、2億2,268万925円であるとの答弁がありました。
 討論では、一委員から、貸付金の償還率は昨年度より6.78%上回り、18.18%になっているが、これは4人が住宅新築資金等償還推進助成事業の補助を活用したためであり、新たな税金投入と言える。自己破産や死亡など、やむを得ないという判断もあるが、安易な補助制度の活用を避け、回収に努めるべきと考えるとこから反対する、との討論がありました。
 採決の結果、賛成多数、原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、議案第33号平成21年度筑紫野市奨学資金貸与事業特別会計予算の件について御報告いたします。
 執行部からは、貸付金768万円について、昨年度からの継続者11名と新規分で高校生6名、大学生2名を計上し、入学支度金立替金を含んでいるとの説明を受けました。
 委員会では、特に、質疑、討論もなく、採決の結果、全員一致、原案のとおり可決すべきものと決しました。
 以上、報告終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) ただいまから委員長の報告に対する質疑に入ります。
 まず、議案第32号に対する質疑はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 質疑なし認めます。
 次に、議案第33号に対する質疑はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 質疑を打ち切ります。
 ただいまから議案第32号に対する討論を行います。討論される方はありませんか。
 まず反対討論をされる方は挙手を願います。5番、城間議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯5番(城間 広子君) 5番、日本共産党の城間広子です。
 議案第32号平成21年度筑紫野市住宅新築資金等貸付事業特別会計予算について、反対の立場で討論いたします。
 本特別会計は、昭和41年度から平成8年度まで、同和地区住民の住宅新築宅地取得、家屋改修のための貸付制度として、平成9年度以降は貸付金の償還事業として取り組まれてきているものです。
 償還の最終年度は、平成33年度です。本事業の貸付総数は296人、貸付総額は12億9,765万円となっております。
 平成19年度決算の監査委員の意見では、貸付金償還率が前年度より6.78%上回り、18.18%になっているが、なお、貸付金の回収に格段の努力を要望する、とありました。
 深刻な不況下で、市民生活は同和地区に限らず、大変厳しいものがあります。市民の中には、本事業の滞納額に比べると、はるかに少ない滞納でも、預金の差し押さえ通知などが行われ、そのことで夜も眠れなかったと、相談に来る人もいます。徴収において、公平な対応をすべきです。
 償還率向上の主な要因は、4人が住宅新築資金等償還推進助成事業の補助を活用したためで、新たな税金投入であります。
 払えない事情については、自己破産や死亡など、やむを得ないという判断もできますが、安易な補助制度活用を避けるべきです。毅然とした態度で、速やかな返済を求めるように努めるべきです。
 以上の理由で、本予算に反対いたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 次に、賛成討論される方は挙手を願います。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) これにて討論を打ち切ります。
 これより採決を行います。
 議案第32号平成21年度筑紫野市住宅新築資金等貸付事業特別会計予算の件を可決することに賛成の方は御起立願います。
                  〔起立多数〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 起立多数と認めます。よって本件は原案のとおり可決されました。
 次に、議案第33号に対する討論を行います。討論される方はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) これにて討論を打ち切ります。
 これより採決を行います。
 議案第33号平成21年度筑紫野市奨学資金貸与事業特別会計予算の件を可決することに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 御異議なしと認めます。よって本件は原案のとおり可決されました。
      ────────────・────・────────────
  日程第32.議案第34号
  日程第33.議案第35号

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 日程第32、議案第34号平成21年度筑紫野市介護保険事業特別会計予算の件及び日程第33、議案第35号平成21年度筑紫野市後期高齢者医療事業特別会計予算の件の2件を一括して議題といたします。
 本2件に関し、委員長から御報告願います。2番、市民福祉委員長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市民福祉常任委員長(古瀬富美子君)〔登壇〕 議案第34号及び議案第35号の2件について、審査の経過と結果を御報告いたします。
 まず、議案第34号平成21年度筑紫野市介護保険事業特別会計予算の件について御報告いたします。
 本件につきましては、歳入歳出それぞれ45億3,413万2,000円で予算を編成するものであります。
 主な内容として、歳出では、保険給付費については過去から実績を見て、制度が変わった平成18年度以外は毎年伸びていることから、平成21年度においても、伸びを見込み、介護サービス等諸費では、総額36億6,549万1,000円を計上していること。
 歳出総額では、前年度と比較して5.85%、2億5,058万7,000円の増額となっているが、その約93%が保険給付費の伸びによるものであること、歳入では、介護保険第1号被保険者数の増加見込みにより、介護保険料を9億8,033万円計上していること、そのほか、歳出に見合った国庫負担金や県負担金を計上している、との説明がありました。
 委員会では討論はなく、採決の結果、全員一致にて原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、議案第35号平成21年度筑紫野市後期高齢者医療事業特別会計予算の件について御報告いたします。
 本件につきましては、歳入歳出それぞれ14億9,968万3,000円で予算を編成するものであります。
 主な内容としては、歳入では後期高齢者医療保険料に、総額7億294万8,000円を見込んでいるが、低所得者に対する均等割の9割軽減や所得割の5割軽減など、新たな軽減措置が設けられたため、前年度と比較して8.8%減となっていること、療養給付費繰入金に、総額6億3,419万4,000円を見込んでいるが、平成20年度が制度発足の年で、11カ月分しかなく、平成21年度からは、12カ月分となることから、前年度と比較して16.8%増となっていること。
 歳出では、後期高齢者広域連合納付金に、総額14億8,836万4,000円を計上しており、その内容は徴収した保険料や療養給付費負担金、事務的経費等を広域連合に納めるものである、との説明がありました。
 委員会では、討論はなく、採決の結果、全員一致にて原案のとおり可決すべきものと決しました。
 以上、報告を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) ただいまから委員長の報告に対する質疑に入ります。
 まず、議案第34号に対する質疑はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 質疑なし認めます。
 次に、議案第35号に対する質疑はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 質疑を打ち切ります。
 ただいまから議案第34号に対する討論を行います。討論される方はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) これにて討論を打ち切ります。
 これより採決を行います。
 議案第34号平成21年度筑紫野市介護保険事業特別会計予算の件を可決することに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 御異議なしと認めます。よって本件は原案のとおり可決されました。
 次に、議案第35号に対する討論を行います。討論される方はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) これにて討論を打ち切ります。
 これより採決を行います。
 議案第35号平成21年度筑紫野市後期高齢者医療事業特別会計予算の件を可決することに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 御異議なしと認めます。よって、本件は原案のとおり可決されました。
      ────────────・────・────────────
  日程第34.議案第36号

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 日程第34、議案第36号平成21年度筑紫野市農業集落排水事業特別会計予算の件を一括して議題といたします。
 本件に関し、委員長から御報告願います。19番、建設経済委員長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建設経済常任委員長(濱武 振一君)〔登壇〕 議案第36号平成21年度筑紫野市農業集落排水事業特別会計予算について、審査の経過と結果を御報告いたします。
 本委員では、使用料で181万9,000円増額となっているが、山口処理区で何世帯くらいふえるのか、との質疑ありました。
 執行部からは、管理組合と協議、協力しながら、未接続者に対する接続促進に努力していく、平成21年度は18世帯以上の増を見込んでいる、との答弁がありました。
 また、管理組合の組合長さん並びに三役さんぐらいを含めたところで、維持費を安くするためとか、普及率を上げるためとか、いろいろなテーマを持って、会議を持たれているのかとの質疑がありました。執行部からは、5地区の組合長さんと話をし、全体的な研修会を開こうとしている。福岡県土地改良事業団体連合会の技術者により、全体研修会をさせていただこうということで、調整を行っています、との答弁がありました。
 討論はなく、採決の結果、全員一致にて原案のとおり可決すべきものと決しました。
 以上、報告終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) ただいまから委員長の報告に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 質疑を打ち切ります。
 ただいまから討論を行います。討論される方はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) これにて討論を打ち切ります。
 これより採決を行います。
 本件を可決することに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 御異議なしと認めます。よって、本件は原案のとおり可決されました。
 しばらく休憩いたします。
                午前11時58分休憩
      ………………………………………………………………………………
                午後 1時00分再開

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
      ────────────・────・────────────
  日程第35.議案第37号

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 日程第35、議案第37号平成21年度筑紫野市土地取得事業特別会計予算の件を議題といたします。
 本件は、古瀬議員、田中信明議員、坂口議員及び川上議員と利害関係のある事件であります。よって、地方自治法第117条の規定により、ただいま申し上げました4人の議員の退席を求めます。
     〔古瀬富美子議員、田中信明議員、坂口博幸議員、川上弘道議員 退席〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 本件に関し、委員長から御報告願います。
 10番、総務文教委員長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務文教常任委員長(森田 健二君)〔登壇〕 議案第37号平成21年度筑紫野市土地取得事業特別会計予算の件について、審査の経過と結果を御報告いたします。
 委員会では、全事業費、元金及び利子について質疑があり、執行部からは会計別終期年度までの償還状況について説明を受けました。
 討論はなく、採決の結果、全員一致、原案のとおり可決すべきものと決しました。
 以上、報告を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) ただいまから委員長の報告に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 質疑を打ち切ります。
 ただいまから討論を行います。討論される方はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) これにて討論を打ち切ります。
 これより採決を行います。
 本件を可決することに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 御異議なしと認めます。よって、本件は原案のとおり可決されました。
 ここで4人の議員の除斥を解除いたします。
     〔古瀬富美子議員、田中信明議員、坂口博幸議員、川上弘道議員 着席〕
      ────────────・────・────────────
  日程第36.議案第38号
  日程第37.議案第39号
  日程第38.議案第40号

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 日程第36、議案第38号平成21年度筑紫野市二日市財産区特別会計予算の件から日程第38、議案第40号平成21年度筑紫野市平等寺山財産区特別会計予算の件までの3件を一括して議題といたします。
 本3件に関し、委員長から御報告願います。10番、総務文教委員長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務文教常任委員長(森田 健二君)〔登壇〕 議案第38号から議案第40号までの3件について、審査の経過と結果を御報告申し上げます。
 まず、議案第38号平成21年度筑紫野市二日市財産区特別会計予算の件について御報告いたします。
 執行部から、歳入歳出事項別明細書により説明を受け、本予算について平成21年2月24日、二日市財産区管理会の同意を得た、との報告を受けました。
 委員会では、一般会計繰出金である市への事務費の算出根拠について質疑があり、執行部からは、各財産区ごとに構成される住民の割合、事務量により均等割と事務量で算式により算定しているとの答弁がありました。
 討論はなく、採決の結果、全員一致、原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、議案第39号平成21年度筑紫野市御笠財産区特別会計予算の件について、御報告いたします。
 執行部から、平成20年度に引き続き育林事業に取り組むこと、繰入金については、育林事業収入により基金からの繰り入れが不要となることから、廃款すること。一般会計繰出金についても、育林事業により見込まれる収益の半額をめどに事務費猶予額の返済をすることなど、歳入歳出予算事項別明細書により説明を受け、本予算について平成21年2月20日、御笠財産区管理会の同意を得たとの報告を受けました。
 委員会では、現時点で猶予している事務費の額についての質疑があり、執行部からは、平成8年度から平成19年度までの累計で573万3,000円であるとの答弁がありました。
 また、平成20年度から実施している育林事業は、平成21年度は約3ヘクタール予定しているとのことだが、今後どの程度育林事業が実施されるのか、との質疑があり、執行部からは、平成20年度から6年間で約20ヘクタールを予定しており、間伐財の持ち出しが容易な道路沿いでの実施であるとの答弁がありました。
 討論はなく、採決の結果、全員一致、原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、議案第40号平成21年度筑紫野市平等寺山財産区特別会計予算の件について、御報告いたします。
 執行部から説明を受け、本予算について、平成21年2月20日、平等寺山財産区管理会の同意を得たとの報告を受けました。
 委員会では、非常勤職員報酬についての質疑があり、執行部からは、管理会委員7名、嘱託員8名、合わせて15名で、1回の管理会当たり1名につき5,500円の報酬で、年4回として33万円となる。また、財産区有地看守人は6名で、年間1人当たり2万7,500円で16万5,000円を計上している、との答弁がありました。
 討論はなく、採決の結果、全員一致、原案のとおり可決すべきものと決しました。
 以上、報告を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) ただいまから委員長の報告に対する質疑に入ります。
 まず、議案第38号に対する質疑はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 質疑なしと認めます。
 次に、議案第39号に対する質疑はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 質疑なしと認めます。
 次に、議案第40号に対する質疑はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 質疑を打ち切ります。
 ただいまから議案第38号に対する討論を行います。討論される方はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) これにて討論を打ち切ります。
 これより採決を行います。
 議案第38号平成21年度筑紫野市二日市財産区特別会計予算の件を可決することに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 御異議なしと認めます。よって、本件は原案のとおり可決されました。
 次に、議案第39号に対する討論を行います。討論される方はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) これにて討論を打ち切ります。
 これより採決を行います。
 議案第39号平成21年度筑紫野市御笠財産区特別会計予算の件を可決することに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 御異議なしと認めます。よって、本件は原案のとおり可決されました。
 次に、議案第40号に対する討論を行います。討論される方はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) これにて討論を打ち切ります。
 これより採決を行います。
 議案第40号平成21年度筑紫野市平等寺山財産区特別会計予算の件を可決することに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 御異議なしと認めます。よって、本件は原案のとおり可決されました。
      ────────────・────・────────────
  日程第39.議案第41号
  日程第40.議案第42号

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 日程第39、議案第41号平成21年度筑紫野市水道事業会計予算の件及び日程第40、議案第42号平成21年度筑紫野市下水道事業会計予算の件の2件を一括して議題といたします。
 本2件に関し、委員長から御報告願います。19番、建設経済委員長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建設経済常任委員長(濱武 振一君)〔登壇〕 議案第41号及び議案第42号の2件につきまして、審査の経過と結果を御報告申し上げます。
 まず、議案第41号平成21年度筑紫野市水道事業会計予算の件から御報告いたします。
 本委員会では、固定資産購入費の新設量水器とはどのようなものかとの質疑がありました。
 執行部から、家を建てられる場合とか、新たに水道加入申し込みに基づき、市の水道メーターを設置しているもので、このメーターをもとに料金計算を行っている、との答弁がありました。
 また、かんがい用水管理費とはどこの管理を指すのか、との質疑がありました。
 執行部からは、常松浄水場及び水呑ダムの2つの水源に関するもので、3つの水利組合に対する井堰管理費等との答弁がありました。
 さらに委員より、いろいろ工事をするときに分割発注をするのか、しないのかと。市長は地場振興と言って──市長というか、企業長です──は言っているが、分割発注すると経費はかかると。他方、市長は税金を上げないと言っておるが、そこのところ、今後どのような指示が出されているのか、という質疑がありました。
 執行部からは、当然、私ども地場企業を育成というのが基本にはないといけないと、平成20年度におきましても、極力分割発注、現行入札制度中で、地場企業に行きやすいような分割発注を行っている。おっしゃいますように、経費がその分上がりますと、ですから、やみくもな形はできないんですが、極力地場に行くような形で分割発注をするというのは平成20年度からもう既に採用しておりますので、平成21年度も、その方向で行きたいと思っております、との答弁がありました。
 討論はなく、採決の結果、全員一致にて、原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、議案第42号平成21年度筑紫野市下水道事業会計予算の件を御報告いたします。
 委員会では、一般会計負担金が1億3,680万9,000円減になっているが、その要因は何か、との質疑がありました。
 執行部からは、他会計負担金が減になっているが、この分につきましては、新たな繰り出し基準の元金償還分を4条予算ですべて受け入れるようになったためで、一般会計から繰り入れる総額は平成20年度とほぼ同額になっている、との答弁がありました。
 また、委員より、流域下水道の維持管理負担金について、御笠川流域は1立方メートル当たり66円、宝満川流域が135円であるが、何でそのような差になっているのか、将来的には統一料金になるのか、との質疑がありました。
 執行部から、各流域で処理場を持っており、そこを管理運営するための経費が負担金単価のもとになっていますので、流域ごとに単価は違っております、と、また、今後も統一料金にはならない、との答弁がありました。
 さらに、山家のほうで、今、たしか下水を予定されているということであるが、それは何年ぐらいまでに終わる予定なのか、との質問がありました。
 執行部から、大まかに終わるのは、平成28年ぐらいまである程度終わるのではないか、との答弁がありました。
 以上、討論はなく、採決の結果、全員一致にて、原案のとおり可決すべきものと決しました。
 以上、報告を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) ただいまから委員長の報告に対する質疑に入ります。
 まず、議案第41号に対する質疑はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 質疑なしと認めます。
 次に、議案第42号に対する質疑はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 質疑を打ち切ります。
 ただいまから議案第41号に対する討論を行います。討論される方はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) これにて討論を打ち切ります。
 これより採決を行います。
 議案第41号平成21年度筑紫野市水道事業会計予算の件を可決することに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 御異議なしと認めます。よって、本件は原案のとおり可決されました。
 次に、議案第42号に対する討論を行います。討論される方はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) これにて討論を打ち切ります。
 これより採決を行います。
 議案第42号平成21年度筑紫野市下水道事業会計予算の件を可決することに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 御異議なしと認めます。よって、本件は原案のとおり可決されました。
      ────────────・────・────────────
  日程第41.議案第43号
  日程第42.議案第44号

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 日程第41、議案第43号筑紫野市介護保険条例の一部を改正する条例の制定の件及び日程第42、議案第44号筑紫野市介護従事者処遇改善臨時特例基金条例の制定の件の2件を一括して議題といたします。
 本2件に関し、委員長から御報告願います。2番、市民福祉委員長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市民福祉常任委員長(古瀬富美子君)〔登壇〕 議案第43号及び議案第44号の2件について審査の経過と結果について御報告いたします。
 まず、議案第43号筑紫野市介護保険条例の一部を改正する条例の制定の件について御報告いたします。
 改正の要因としては、3年に一度行われる介護保険料の改定であり、これにより、平成21年度から平成23年度までの介護保険料を定めるものです。
 今回の介護保険料改定が従来と違う点として、1点目が、所得段階を現行の6段階から被保険者の負担能力に応じた段階をふやし、8段階としたこと。2点目が、介護保険従事者処遇改善のための介護報酬改定3%増に伴う負担増で、国からの補助はあるが、2分の1は被保険者の負担増となることである、との説明がありました。
 委員会では、保険料率を定める所得段階について、近隣他市町では9段階から11段階が検討されているのに対して、筑紫野市が8段階に設定した理由は何か、との質疑があり、執行部からは、筑紫野市においても、9段階など、段階をふやしての算定を行ってみたが、基準額の2倍となると、昨年の7万7,000円あまりから10万円を超す保険料となり、あまり段階を上げると高額所得者と言いながらも、支払いに無理が出ることが想定される。
 そのため、筑紫野市では、段階を新たに1つ設けて、1.75倍という数字の中で保険料を算定した、との答弁がありました。
 討論はなく、採決の結果、全員一致にて、原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、議案第44号筑紫野市介護従事者処遇改善臨時特例基金条例の制定の件について、御報告いたします。
 本件につきましては、国から交付される介護従事者処遇改善臨時特例交付金を積み立て、運用するための基金条例を制定するものであります。
 交付金は、介護従事者の処遇改善のために行われる介護報酬改定に伴う第4期介護保険料の上昇を抑制するために交付されるものであり、当該基金へ積み立てて、平成21年度から平成23年度にかけて、介護保険事業特別会計に繰り出し、介護保険料抑制のために運用していくものである、との説明がありました。
 委員会では、交付金が地方交付税やその他の交付金等に含まれて交付されるものではなく、介護従事者処遇改善臨時特例交付金として別途交付されるものであるかどうかについて質疑があり、執行部からは、当該基金として別途に交付されるものである、との答弁がありました。
 討論はなく、採決の結果、全員一致にて、原案のとおり可決すべきものと決しました。
 以上、報告を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) ただいまから委員長の報告に対する質疑に入ります。
 まず、議案第43号に対する質疑はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 質疑なしと認めます。
 次に、議案第44号に対する質疑はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 質疑を打ち切ります。
 ただいまから議案第43号に対する討論を行います。討論される方はありませんか。
 まず、反対討論される方は挙手を願います。6番、篠原議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯6番(篠原 範子君) 6番、日本共産党、篠原範子です。
 本条例案は、3年に一度の見直しに伴う介護保険料の改正を行うものです。
 今回の改正は、基準額を現行年額5万1,360円、月額4,280円を3.7%増、1,920円の増額の5万3,280円、月額4,440円に改定するものです。
 所得格差が開き過ぎ、段階を分けるべきだと市民の要求が強くあった基準額となる現行第4段階を、所得金額の合計を80万円以下と80万円超とに分割し、新たに基準額の90%の段階を設けています。
 このことにより、介護保険構成員3,533人、約20%の方が年額3,408円の減額となりましたが、基準額の引き上げで、80%の構成員が負担増となります。
 また、所得金額400万円以上の第8段階を新たに設けていますが、この第8段階では年額9万3,240円となり、1万6,200円もの増額となります。該当者は850人となります。
 介護保険制度が開始されたときから、保険料は第1期から2期に30%、2期か3期に13%、今回の4期に3%の引き上げと負担増となってきています。
 保険料の収納率は、第3期では97.77%、第4期の見込みでは97%となっています。保険料の引き上げは、低い年金暮らしの高齢者の生活に、更なる負担を強いることになります。引き上げるべきではありません。
 介護保険制度で、国民の負担が重い最大の原因は、介護保険制度が開始されたときに、それまでの介護費用の50%だった国庫負担割合が25%とされ、三位一体改革により22.8%まで引き下げられたからです。
 今回の介護報酬3%の引き上げに対しても、介護従事者処遇改善臨時特例交付金として、上昇分2分の1しか交付されていません。しかも、3カ年の期限つきでしかありません。上昇分の半額は、保険料の引き上げにつながっています。
 日本共産党は、国庫負担割合を直ちに5%引き上げ、さらに、給付費の50%まで計画的に引き上げることを求めています。
 保険料の負担割合を縮小することで、保険料を抑えながらも、だれもが安心して利用できる介護制度に改善すべきです。よって、本条例案に反対をいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 次に、賛成討論される方は挙手を願います。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) これにて討論を打ち切ります。
 これより採決を行います。
 議案第43号筑紫野市介護保険条例の一部を改正する条例の制定の件を可決することに賛成の方は御起立願います。
                  〔起立多数〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 起立多数と認めます。よって、本件は原案のとおり可決されました。
 次に、議案第44号に対する討論を行います。討論される方はありませんか。
 まず、反対討論される方は挙手を願います。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 次に、賛成討論をされる方は挙手を願います。6番、篠原議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯6番(篠原 範子君) 6番、日本共産党、篠原範子です。
 賛成の立場で討論をいたします。
 本条例案は、4月1日からの介護報酬3%引き上げが、被保険者の保険料への影響を抑制するために、国が3カ年に限り交付する介護従事者処遇改善臨時特例交付金を基金に積み立てて、介護保険事業に運用していくものです。
 介護現場では、劣悪な労働条件ゆえに人材不足が深刻ですが、その改善を目的として、介護報酬が3%引き上げられることは、介護保険が発足して以来、初めてのことです。
 しかし、その介護報酬引き上げが、保険料の値上げにつながることは、高齢者へのさらなる負担となります。
 また、介護従事者の根本的な処遇改善を行うには、今回の介護報酬3%では不十分であり、介護報酬5%の引き上げと、介護報酬とは別枠での公費投入による賃金の引き上げが求められます。その際には、国庫負担割合の引き上げ、利用料の減免、免除などによって、保険料や利用料の値上げにつながらないようにすべきです。
 今回の基金となる交付金は、介護報酬改定による保険料値上げ分の半額でしかありません。また、3カ年に限るものです。国庫負担分の拡充と期限を付すべきではないという意見を付して、介護従事者処遇改善臨時特例基金、本条例に賛成をいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) これにて討論を打ち切ります。
 これより採決を行います。
 議案第44号筑紫野市介護従事者処遇改善臨時特例基金条例の制定の件を可決することに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 御異議なしと認めます。よって、本件は原案のとおり可決されました。
      ────────────・────・────────────
  日程第43.議案第45号

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 日程第43、議案第45号平成20年度筑紫野市一般会計補正予算(第7号)の件を議題といたします。
 本件に関し、委員長から御報告願います。10番、総務文教委員長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務文教常任委員長(森田 健二君)〔登壇〕 議案第45号平成20年度筑紫野市一般会計補正予算(第7号)の件について、審査の経過と結果を御報告いたします。
 執行部からは、定額給付金、子育て応援特別手当、地域活性化商品券、緊急雇用創出事業についてそれぞれ説明を受けました。
 委員会では、地域活性化商品券についてプレミアム分1,000円で2万セット、2,000万円と事務費320万円について県の負担があった場合、市は負担しない、とのことだが、県の要綱がまだはっきりしないため金額がわからないが、もし県の負担が不足する場合、市が補てんするのか、との質疑があり、執行部からは、現在、商工会と商工観光課で協議がなされており、補助金についてもその中で協議される、との答弁がありました。
 また、緊急雇用創出事業において、任用予定者14人を上回る申し込みがあった場合についての質疑があり、執行部からは、申し込みされた方は全員登録し、その中から、各部署が求めている人材をピックアップしていく形になる、との答弁がありました。
 討論はなく、採決の結果、全員一致、原案のとおり可決すべきものと決しました。
 以上、報告を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) ただいまから委員長の報告に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 質疑を打ち切ります。
 ただいまから討論を行います。討論される方はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) これにて討論を打ち切ります。
 これより採決を行います。
 本件を可決することに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 御異議なしと認めます。よって、本件は原案のとおり可決されました。
      ────────────・────・────────────
  日程第44.議案第46号

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 日程第44、議案第46号平成20年度筑紫野市介護保険事業特別会計補正予算(第4号)の件を議題といたします。
 本件に関し、委員長から御報告願います。2番、市民福祉委員長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市民福祉常任委員長(古瀬富美子君)〔登壇〕 議案第46号平成20年度筑紫野市介護保険事業特別会計補正予算(第4号)の件について、審査の経過と結果について御報告いたします。
 本件につきましては、歳入歳出それぞれに4,326万2,000円を増額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ44億4,085万4,000円とするものです。
 補正予算の内容としては、歳入では介護従事者の処遇改善のために行われる介護報酬改定に伴う第4期介護保険料の上昇を抑制するために交付される介護従事者処遇改善臨時特例交付金の増額と、歳出では、介護従事者処遇改善臨時特例交付金積立金の増額である、との説明がありました。
 委員会では、討論はなく、採決の結果、全員一致にて、原案のとおり可決すべきものと決しました。
 以上、報告を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) ただいまから委員長の報告に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 質疑を打ち切ります。
 ただいまから討論を行います。討論される方はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) これにて討論を打ち切ります。
 これより採決を行います。
 本件を可決することに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 御異議なしと認めます。よって、本件は原案のとおり可決されました。
      ────────────・────・────────────
  日程第45.産業廃棄物問題対策特別委員会審査報告について

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 日程第45、産業廃棄物問題対策特別委員会審査報告の件を議題といたします。
 本件に関し、委員長から御報告願います。11番、産業廃棄物問題対策特別委員長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯産業廃棄物問題対策特別委員長(上村 和男君)〔登壇〕 産業廃棄物問題対策特別委員会の付託案件が継続審査となっていましたので、その審査の経過と結果について御報告を申し上げます。
 議題は6項目にわたり、それぞれ執行部から報告を受け、委員間で協議を行いました。
 以下、主な事項について報告いたします。
 まず、さきの12月定例会で報告しておりました産業廃棄物処理場問題の抜本的解決を求める福岡県促進期成会による環境大臣等への要望行動については、執行部より2月9日に計画していたが、福岡県議会の臨時議会が急きょ開催されたため、延期となっており、今年度中に実施をしたいと期成会では考えている、との報告を受けました。
 委員会としても、この要望行動は、福岡県と一緒に行うという点において重要であるので、ぜひ実現していただきたいと考えているところであります。
 次に、前回の委員会で、執行部に対し、株式会社産興の状況について、県に確認を求めていた2つの項目について報告を受けました。
 1点目の土砂搬入の計画と現在の状況については、当初計画の雨水排除工事は、平成19年10月まで行われており、現在は処分場への雨水流入を避けるため、処分場周辺の雨水排除工事を行っている。土砂が産業廃棄物でないことは確認してる、とのこと。
 また、2点目の硫化水素の値の変動の理由や現状の認識については、産興が行った改善工事の実施により、硫化水素ガスの濃度は次第に減少しており、過去の悪化時に比べると変動は少なくなっていると、県としては判断している、とのことであります。
 次に、株式会社産興の産業廃棄物処分場の現状については、水質調査、土砂搬入量、廃棄物の排出状況について執行部から報告があり、水質調査では、昨年J─1地点で砒素が検出された後の検査では、砒素が検出されておらず、次年度の検査内容については、現在県において検討中とのことであります。
 以上の報告を受け、委員会では、3月27日に開催予定の環境保全連絡会において、産興の土砂搬入に関し、一つ、当初計画は終了しているようだが、現在行われている工事は、どのような目的で何を行おうとしているのか、県では、新たな計画を把握しているのであれば、提示していただきたい。二つ、市民から土砂以外のものが搬入されているとの通報等があるが、県ではどのように把握されているか。三つ、土砂搬入及び場内整備と関連して、場内ではガス抜き管がふえたと言われている。正確な数と目的は。管の増設が検査の数値に影響を与えているのか、または、そのための措置なのか、これは県の指導によるものか、以上の3点について、県に確認するように執行部に要請をいたしました。
 次に、山家地区における産業廃棄物中間処理場の現状について、株式会社スタンツ及び株式会社センク、その後の経過、また、日本リソース株式会社で起きた爆発事故については、警察による調査が継続中との報告を受けております。
 委員会としては、引き続き県と連携、協議しながら、現地の状況が把握できるよう、執行部に対し要請したところであります。
 最後に、委員会では、株式会社産興の場内が変化をしてきていると思われる事項があるので、場内の視察を申し入れることを決定し、3月の13日に文書を持参し、産興に視察の申し入れを行いましたが、3月19日に電話により、受け入れはできないとの回答を得たところでございます。
 以上、審査の概要を御報告いたしましたが、今後とも、当市の産業廃棄物問題の解決を図るため、引き続き、閉会中の継続審査をお願いをいたしまして、産業廃棄物問題対策特別委員会の審査報告を終わらせていただきます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) ただいま委員長の報告に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 質疑を打ち切ります。
 本件は委員長の報告どおり閉会中の継続審査に付したいと思います。これに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 御異議なしと認めます。よって、本件は閉会中の継続審査に付すことに決しました。
      ────────────・────・────────────
  日程第46.議会閉会中の継続調査付託について

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 日程第46、議会閉会中の継続調査付託の件を議題といたします。
 各常任委員長から、閉会中の継続調査の申し出があっております。
 お諮りいたします。各常任委員長からの申し出のとおり議会閉会中の継続調査に付すことに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 御異議なしと認めます。よって、各常任委員長からの申し出のとおり、議会閉会中の継続調査に付すことに決しました。
      ────────────・────・────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) これにて本日の議事は終了いたしました。
 これをもって、平成21年第1回筑紫野市議会定例会を閉会いたします。お疲れさまでした。
                午後1時37分閉会
      ──────────────────────────────

┌─────────────────────────────────────────┐
│                                         │
│                                         │
│                                         │
│  会議の経過を記載して、その相違ないことを証するため、ここに署名する。     │
│                                         │
│                                         │
│    平成21年 3月24日                          │
│                                         │
│                                         │
│                 筑紫野市議会議長    横尾 秋洋       │
│                                         │
│                                         │
│                 会議録署名議員(10番) 森田 健二       │
│                                         │
│                                         │
│                 会議録署名議員(13番) 道永 哲郎       │
│                                         │
│                                         │
│                                         │
└─────────────────────────────────────────┘