議事ロックス -地方議会議事録検索-


福岡県 筑紫野市

平成20年第4回定例会(第5日) 本文




2008.12.19 : 平成20年第4回定例会(第5日) 本文


                午前10時03分開議
◯議長(横尾 秋洋君) おはようございます。出席議員が定足数に達しておりますので、ただいまから本日の会議を開きます。
 それでは、お手元に配付してあります議事日程の順序に従い、本日の会議を進めます。
      ────────────・────・────────────
  日程第1.議案第68号
  日程第2.議案第69号
  日程第3.議案第70号

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 日程第1、議案第68号福岡都市圏広域行政事業組合の共同処理する事務の変更及びこれに伴う福岡都市圏広域行政事業組合規約の一部変更に関する協議の件から、日程第3、議案第70号福岡都市圏競艇等事業組合の解散に伴う財産処分に関する協議の件までの3件を一括して議題といたします。
 本3件に関し、委員長から御報告を願います。10番、総務文教委員長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務文教常任委員長(森田 健二君)〔登壇〕 おはようございます。議案第68号から議案第70号までの3件について、審査の経過と結果を御報告いたします。
 まず、議案第68号福岡都市圏広域行政事業組合の共同処理する事務の変更及びこれに伴う福岡都市圏広域行政事業組合規約の一部変更に関する協議の件について御報告いたします。
 執行部からは、福岡都市圏広域行政推進協議会、福岡都市圏広域行政事業組合及び福岡都市圏競艇等事業組合による福岡都市圏共同事業の説明と、平成19年度決算では福岡都市圏競艇等事業組合の売り上げが34億円程度となり、平成3年度と比べて72%程度減少している状況であるとの説明を受けました。
 委員会では、福岡都市圏広域行政事業組合の事業について質疑があり、執行部からは、こども病院への助成、アジア太平洋こども会議への助成、筑後川流域交流推進事業等の事業を行っているとの答弁がありました。
 また、収益が落ちていくとその存続が危ぶまれるが、その見通しについて質疑があり、執行部からは、実質的に収益が減っており厳しいという見通しがなされているとの答弁がありました。
 討論では、一委員から公営ギャンブルは戦後の地方財政、都市の復興を図るためにできたが、売り上げが減り、赤字経営に陥るなど、地方自治体の足かせになってきていることから反対するとの反対討論がありました。
 採決の結果、賛成多数にて原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、議案第69号福岡都市圏競艇等事業組合の解散に関する協議の件について御報告いたします。
 委員会では、特に質疑はなく、討論では一委員から、議案第68号での反対討論と同じ理由により反対するとの討論がありました。
 採決の結果、賛成多数にて原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、議案第70号福岡都市圏競艇等事業組合の解散に伴う財産処分に関する協議の件について御報告いたします。
 委員会では、当該組合の財産及びその金額について質疑があり、執行部からは、アビスパ福岡の株券、基金、事務用品などの備品類で、平成19年度決算ではアビスパ福岡の株式が135万円、基金は35億4,479万6,000円であるとの答弁がありました。
 討論では、一委員から、議案第68号での反対討論と同じ理由により反対するとの討論がありました。採決の結果、賛成多数にて、原案のとおり可決すべきものと決しました。
 以上、報告を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) ただいまから委員長の報告に対する質疑に入ります。
 まず、議案第68号に対する質疑はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 質疑なしと認めます。
 次に、議案第69号に対する質疑はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 質疑なしと認めます。
 次に、議案第70号に対する質疑はありませんか。田中允議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯9番(田中  允君) もう一回、確認の意味からの質疑になりますけども、この基金30何億円でしたですかね、基金は。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) しばらく休憩します。
                午前10時08分休憩
      ………………………………………………………………………………
                午前10時09分再開

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 田中允議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯9番(田中  允君) それについて運用と言うんですか、運用が今回、その競艇に関する都市圏のあの名称をかえられたんですかね、今度。その中で、この基金の今まで積み立ててきたものですけども、例えば、赤字とかなった、今後の競艇の見込みですよね、競艇事業に関してもう今後そういう赤字というんですか、福岡市あたりも一時は100億円ぐらいですね、一般会計繰り入れていたんですけど、今後の場合はその赤字になったときの運営についてはどのような形で方向されたんだろうかと思いまして、ちょっとお尋ねです。それ基金も含めてですね、基金のあり方を含めてですね。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 総務文教委員長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務文教常任委員長(森田 健二君)〔登壇〕 田中委員にお答えいたします。
 その件については特に質問等ございませんでした。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 田中允議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯9番(田中  允君) その基金はじゃあどのような形で残るんですかね。配分する、処分されるわけでしょう。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) しばらく休憩いたします。
                午前10時11分休憩
      ………………………………………………………………………………
                午前10時12分再開

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 総務文教委員長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務文教常任委員長(森田 健二君)〔登壇〕 今の田中議員の私に対する質疑については、委員会においては特にございませんでした。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 質疑を打ち切ります。
 ただいまから、議案第68号に対する討論を行います。討論される方はありませんか。まず、反対討論される方は挙手を願います。5番、城間議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯5番(城間 広子君) 5番、日本共産党、城間広子です。議案第68号について、反対討論を行います。
 本件は、福岡都市圏広域行政事業組合及び福岡都市圏競艇等事業組合の統合に伴い、共同処理する事務の変更及び規約の一部変更に関する協議について議会に諮るものですが、競艇事業の存続を前提としたものであります。
 私たちは、ギャンブルもその産業も肯定するものではありません。今日の社会の矛盾の中でギャンブルにささやかな楽しみを求めている人々も少なくありません。健全なスポーツに発展させ、人々がギャンブルをしなくてすむような社会を目指すべきです。
 競馬や競輪、競艇などは賭博、富くじ販売禁止法の唯一の例外として国、都道府県、指定市町村に限って公営ギャンブルとして認められています。
 これは、1948年、戦後の窮乏した地方財政、都市の復興を図るためにできました。しかし、1980年代以降、各ギャンブルとも売り上げが減り、赤字経営に陥るなど、地方自治体の足かせにもなってきています。公営ギャンブルの場外馬券売り場の設置をめぐっては、過去において本市でも市民の強い要求で断念させた経緯もあります。
 競輪がオリンピックの種目に採用されているように、競馬や競輪などが健全なスポーツとして発展していく可能性を尊重し、そのための努力をいとうものではありません。
 以上の理由で、本件には賛成できないことを表明して討論を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 次に、賛成討論をされる方は挙手を願います。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) これにて討論を打ち切ります。
 これより採決を行います。議案第68号福岡都市圏広域行政事業組合の共同処理する事務の変更及びこれに伴う福岡都市圏広域行政事業組合規約の一部変更に関する協議の件を可決することに賛成の方は御起立願います。
                  〔起立多数〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 起立多数と認めます。よって、本件は原案のとおり可決されました。
 次に、議案第69号に対する討論を行います。討論される方はありませんか。まず、反対討論をされる方は挙手願います。5番、城間議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯5番(城間 広子君) 本件につきましても、議案第68号で述べた理由と同じ理由で反対をします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 次に、賛成討論される方は挙手を願います。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) これにて討論を打ち切ります。
 これより採決を行います。議案第69号福岡都市圏競艇等事業組合の解散に関する協議の件を可決することに賛成の方は御起立願います。
                  〔起立多数〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 起立多数と認めます。よって、本件は原案のとおり可決されました。
 次に、議案第70号に対する討論を行います。まず、反対討論をされる方は挙手を願います。5番、城間議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯5番(城間 広子君) 本件につきましても、議案第68号で述べた理由と同じ理由で反対いたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 次に、賛成討論される方は挙手を願います。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) これにて討論を打ち切ります。
 これより採決を行います。議案第70号福岡都市圏競艇等事業組合の解散に伴う財産処分に関する協議の件を可決することに賛成の方は御起立願います。
                  〔起立多数〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 起立多数と認めます。よって、本件は原案のとおり可決されました。
      ────────────・────・────────────
  日程第4.議案第71号

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 日程第4、議案第71号福岡県後期高齢者医療広域連合規約の変更の件を議題といたします。
 本件に関し、委員長から御報告願います。2番、市民福祉委員長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市民福祉常任委員長(古瀬富美子君)〔登壇〕 おはようございます。議案第71号福岡県後期高齢者医療広域連合規約の変更の件について、審査の経過と結果について御報告いたします。
 委員会では、分賦金の割合を見直すことで、筑紫野市の分賦金はいくら変わるのかとの質疑があり、執行部からは、均等割は増額となるが、均等割以上に高齢者人口割及び人口割が減額となるため、全体で約20万円の減額となるとの答弁がありました。
 また、分賦金の割合を見直すことで小さな町村の負担が増加することとなる規約変更の協議経過について質疑があり、執行部からは、全国的には多くが均等割10%であるが、広域連合設立時の協議で町村側の負担が大きくなることでは協議が整わずに当面は2%とするが、後年見直すことを前提とされていたこと、そして制度開始後に設置された構成市町村長の代表による運営協議会において、平成21年度から均等割を7%、高齢者人口割を46.5%、人口割を46.5%とすることで方針が決定されたとの答弁がありました。
 討論はなく、採決の結果、全員一致、原案のとおり可決すべきものと決しました。
 以上、報告を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) ただいまから委員長の報告に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 質疑を打ち切ります。
 ただいまから討論を行います。討論される方はありませんか。まず、反対討論をされる方は挙手を願います。6番、篠原議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯6番(篠原 範子君) 6番、日本共産党、篠原範子です。議案第71号福岡県後期高齢者医療広域連合規約の変更について、反対の立場で討論を行います。
 本議案は、提案理由で説明されたように、当初、できるだけ簡素な組織で効率的な運営が求められるが、当初の2年間は円滑に新制度を開始するために、議員定数77人とした経過措置が設けられていたものを、いまだ制度が安定した状況にないことから、経過措置、平成21年3月までを平成23年3月までに延長するものです。また、分賦金の割合についても改めるものです。
 そもそも後期高齢者医療制度は、高齢者を75歳で線引きを行い、医療内容を制限し、保険料は2年ごとに上がり続け、長生きをすればするほど痛みが襲いかかる医療制度です。舛添厚生労働大臣がつくった後期高齢者医療制度をバスに見立てたイラストでも「姥捨て山行バス」と書かれている制度で、世界に類がない高齢者差別医療制度です。
 4月から実施された後期高齢者医療制度には、日に日に国民の批判が広がってきています。全国で発足以来、低所得高齢者を中心に保険料滞納者が目立ってきています。大量の無保険高齢者が生まれる恐れがあります。
 本条例改正の77人の定数経過措置の延長は、それぞれの自治体の状況を議会に届けるには必要な措置です。しかしながら、制度が4月に導入したにもかかわらず、国の制度・運用の見直しが行われ、いまだ安定しないことは国民の批判、怒りの強さのあらわれです。
 廃止、見直しを求める意見書を可決した地方議会は既に662に達しています。参議院では廃止法案が可決されています。後期高齢者医療制度を一日も早く廃止することが求められています。
 よって、後期高齢者医療制度に関連する本条例案に反対をいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 次に、賛成討論をされる方は挙手を願います。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) これにて討論を打ち切ります。
 これより採決を行います。本件を可決することに賛成の方は御起立願います。
                  〔起立多数〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 起立多数と認めます。よって、本件は原案のとおり可決されました。
      ────────────・────・────────────
  日程第5.議案第72号
  日程第6.議案第73号
  日程第7.議案第74号

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 日程第5、議案第72号筑紫野市市民自治基本条例審議会設置条例の制定の件から、日程第7、議案第74号筑紫野市認可地縁団体の印鑑登録及び証明に関する条例の一部を改正する条例の制定の件までの3件を一括して議題といたします。
 本3件に関し、委員長から御報告願います。10番、総務文教委員長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務文教常任委員長(森田 健二君)〔登壇〕 議案第72号から議案第74号までの3件について、審査の経過と結果を御報告いたします。
 まず、議案第72号筑紫野市市民自治基本条例審議会設置条例の制定の件について御報告いたします。
 委員会では、12人の委員の組織についての質疑があり、執行部からは、関係機関の団体から7人、識見を有する者3人、公募による市民2人で構成する案を考えている。また、関係団体については、現在のところ、商工会、区長会、婦人会、PTA連絡協議会、市民委員会を考えている。識見を有する者については、今のところ候補者を絞ってはいないが、まちづくりにかかわるNPO団体の方や協働、地域コミュニティに関する分野で活躍されている先生に話をしてはどうかと考えているとの答弁がありました。
 また、条例制定の今後の流れについて質疑があり、執行部からは、2月末までに市民委員会から提言をいただき、3月に条例の原案を作成したい。その後、パブリックコメントを実施し、5月に審議会で原案について審議を始めていただき、その中でパブリックコメントや地元説明会での市民の意見を提案していきたいと考えているとの答弁がありました。
 討論はなく、採決の結果、全員一致にて原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、議案第73号筑紫野市特別職の職員の給与等に関する条例の一部を改正する条例の制定の件について御報告いたします。
 執行部からは、本日議員に配付されております正誤表のとおり、議案書別表第1中の字句について正誤の申し出があり、委員会としてはこれを了承し、訂正後の議案について審査を行いました。
 委員会では、区長報酬と行政区世帯数について質疑があり、執行部からは、行政区によって10世帯以下の行政区もあれば2,000世帯を超える行政区もある。例として、報酬を計算すると、100世帯で年額33万円、1,000世帯で141万円となるとの答弁がありました。
 また、報酬の対象となる区長事務の整理について質疑があり、執行部からは、区長の事務については区長設置規則に規定しているが、その他行政事務について個別に依頼している状況もあることから、現在、調査等に取り組んでおり、今後、適正な事務となるよう区長とも協議するための準備を進めているとの答弁がありました。
 討論はなく、採決の結果、全員一致にて原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、議案第74号筑紫野市認可地縁団体の印鑑登録及び証明に関する条例の一部を改正する条例の制定の件について御報告いたします。
 委員会では、本市の認可地縁団体の数について質疑があり、執行部からは、自治会及び隣組として現在、原田、みかさ台、朝香団地、堂仲隣組合及びゴルフ場団地の5団体が登録されているとの答弁がありました。
 討論はなく、採決の結果、全員一致にて原案のとおり可決すべきものと決しました。
 以上、報告を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) ただいまから委員長の報告に対する質疑に入ります。まず、議案第72号に対する質疑はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 質疑なしと認めます。
 次に、議案第73号に対する質疑はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 質疑なしと認めます。
 次に、議案第74号に対する質疑はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 質疑を打ち切ります。
 ただいまから、議案第72号に対する討論を行います。討論される方はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) これにて討論を打ち切ります。
 これより採決を行います。議案第72号筑紫野市市民自治基本条例審議会設置条例の制定の件を可決することに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 御異議なしと認めます。よって、本件は原案のとおり可決されました。
 次に、議案第73号に対する討論を行います。討論される方はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) これにて討論を打ち切ります。
 これより採決を行います。議案第73号筑紫野市特別職の職員の給与等に関する条例の一部を改正する条例の制定の件を可決することに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 御異議なしと認めます。よって、本件は原案のとおり可決されました。
 次に、議案第74号に対する討論を行います。討論される方はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) これにて討論を打ち切ります。
 これより採決を行います。議案第74号筑紫野市認可地縁団体の印鑑登録及び証明に関する条例の一部を改正する条例の制定の件を可決することに御異議ありませんか。
                〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 御異議なしと認めます。よって、本件は原案のとおり可決されました。
      ────────────・────・────────────
  日程第8. 議案第75号
  日程第9. 議案第76号
  日程第10.議案第77号
  日程第11.議案第78号
  日程第12.議案第79号
  日程第13.議案第80号
  日程第14.議案第81号

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 日程第8、議案第75号筑紫野市市民カードの交付等に関する条例を廃止する条例の制定の件から、日程第14、議案第81号筑紫野市障害者施策推進協議会設置条例の一部を改正する条例の制定の件までの7件を一括して議題といたします。
 本7件に関し、委員長から御報告願います。2番、市民福祉委員長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市民福祉常任委員長(古瀬富美子君)〔登壇〕 議案第75号から議案第81号までの7件について審査の経過と結果について御報告いたします。
 まず、議案第75号筑紫野市市民カードの交付等に関する条例を廃止する条例の制定の件について御報告いたします。
 委員会では、自動交付機の廃止に伴う市民カードの廃止による経過措置として、市民カードと引きかえに印鑑登録証を無料で交付するとのことだが、市民に対してどのような形で周知するのかとの質疑があり、執行部からは、市民カード保有者1万125人に対して、平成21年6月1日より市民課窓口にて市民カードと引きかえに窓口対応の新しい印鑑登録証を無料で交付すること、それまでは所有している市民カードは使用可能であることを、平成21年1月中旬に文書にて通知する。さらに経過を見て、平成21年6月に再度、文書にて通知するとの答弁がありました。
 討論はなく、採決の結果、全員一致、原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、議案第76号筑紫野市住民基本台帳カードの利用に関する条例を廃止する条例の制定の件について御報告いたします。
 委員会では、自動交付機の廃止に伴い、住民基本台帳の印鑑登録証機能が使用できなくなるとのことだが、住民基本台帳カードに残る機能は何があるのかとの質疑があり、執行部からは、印鑑登録証機能は使用できなくなるが、住民基本台帳ネットワークの利用による広域機能や国税に関する申告や納税、申請・届け出などの手続きがインターネットでできるシステムe−Taxなどは今後も利用可能であるとの答弁がありました。
 討論はなく、採決の結果、全員一致、原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、議案第77号筑紫野市印鑑条例の一部を改正する条例の制定の件について御報告いたします。
 改正の内容としては、証明書自動交付機及び市民カードを廃止することによる条文の整理・削除のほか、代理人申請や即日交付できる本人確認の方法などについて、実情に合わせた表現の適正化を図るために文言を整理したとの説明がありました。
 討論はなく、採決の結果、全員一致、原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、議案第78号筑紫野市手数料条例の一部を改正する条例の制定の件について御報告いたします。
 委員会では、別表にある印鑑登録証の「再交付」が「引替交付」と改正されたが、その違いについて質疑があり、執行部からは、「再交付」とは、印鑑または印鑑登録証をなくした場合などに廃止届出書により印鑑登録の廃止を行い、新規に印鑑登録を行う場合で、「引替交付」とは、印鑑登録証はなくしていないが、棄損、汚損した場合に申請に基づき傷んだ印鑑登録証と引きかえに新しい印鑑登録証を交付する場合であるとの答弁がありました。
 討論はなく、採決の結果、全員一致、原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、議案第79号筑紫野市役所出張所設置条例の全部を改正する条例の制定の件について御報告いたします。
 委員会では、新たに設ける出張所の名称について、「筑紫南出張所」ではなく「筑紫野南出張所」とすべきではないかとの質疑があり、執行部からは、以前にも議論があったが、「筑紫野南」とすると筑紫野市全体の南部地域となるが、今回は筑紫地域の南部の出張所ということで考えている。また、現在、筑紫南コミュニティセンターもあり、同じ名前の方が市民になじんでいるのではないかと考えているとの答弁がありました。
 討論はなく、採決の結果、全員一致、原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、議案第80号筑紫野市公告式条例の一部を改正する条例の制定の件について御報告いたします。
 改正の内容としては、平成21年6月1日に新たに「筑紫南出張所」が設置されることに伴い、条例の交付を行う場合の掲示場に筑紫南出張所を追加し、文言の整理を行うものであるとの説明がありました。
 討論はなく、採決の結果、全員一致、原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、議案第81号筑紫野市障害者施策推進協議会設置条例の一部を改正する条例の制定の件について御報告いたします。
 委員会では、団体等への委員委嘱推薦依頼の方法について質疑があり、執行部からは、今回の条例の一部改正は、上位法である障害者基本法の一部改正に基づくものであること、またあわせて文言の整理を行ったが、団体等への委員委嘱推薦依頼については従来どおりであり、本協議会の運営等に変更が生じるものではないとの答弁がありました。
 討論はなく、採決の結果、全員一致、原案のとおり可決すべきものと決しました。
 以上、報告を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) ただいまから委員長の報告に対する質疑に入ります。
 まず、議案第75号に対する質疑はありませんか。19番、濱武議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯19番(濱武 振一君) 濱武でございます。初日にも質疑を出させてもらっておりまして、9,300万円ぐらい今回かかってるみたいですね。このことに対して、何らかの責任もしくはそれなりの話、説明等はいろいろ話はあったんでしょうか。執行部側から「質疑がああいうふうに出てたけど、申しわけございません」というか、そういうふうな話も含めて、ちょっと委員長報告にはなかったのでそういうことがあったのかどうかでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 市民福祉常任委員長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市民福祉常任委員長(古瀬富美子君)〔登壇〕 確かにこれが昭和51年に計画された中九州ニュータウン構想の中でのことでの経過ということで、この自動交付機についてはトラブルが多くて──説明が当初もあったように、トラブルが多くてこの経過を見させてもらいたいということで、このトラブルが年々増加して本年度は10月まで46件もあったということで、そのことの報告の方を受けました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 濱武議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯19番(濱武 振一君) ということは何と言うんですかね。例えば、発車オーライじゃないけど、事前にそういうことを予見するとかそういうことを考えて、ものを買うときはみんなだれでもよく考えて買いますよね。特に公金なんかなるともう甘くなるんだというふうに市民の批判が、うちの団地なんかもみな言うんですわ。だから、それをよくチェックするのは議員の仕事だよということだったんですが、そういうふうな事前によく考えた上で購入したとか、購入というか、こういうサービスを考えたとか、そういうことについての反省の弁はなかったということですね。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 市民福祉常任委員長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市民福祉常任委員長(古瀬富美子君)〔登壇〕 反省の弁がなかった──いろいろ委員からはそれぞれ質疑がありましたけれど、その反省も執行部からはありましたけれど、この市民カードの交付等に関する条例を廃止する条例の制定の件ということに関しては、今回の廃止することでのまとめての説明でしたので、それに関しては意見としてはいろいろ受けましたけれど、この条例に関してはこういうふうな報告となりました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 質疑を打ち切ります。
 次に、議案第76号に対する質疑はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 質疑なしと認めます。
 次に、議案第77号に対する質疑はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 質疑なしと認めます。
 次に、議案第78号に対する質疑はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 質疑なしと認めます。
 次に、議案第79号に対する質疑はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 質疑なしと認めます。
 次に、議案第80号に対する質疑はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 質疑なしと認めます。
 次に、議案第81号に対する質疑はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 質疑を打ち切ります。
 ただいまから議案第75号に対する討論を行います。討論される方はありませんか。まず、反対討論をされる方は挙手を願います。7番、平井議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯7番(平井 一三君) 議案第75号筑紫野市市民カードの交付等に関する条例を廃止する条例の制定について、反対討論をいたします。
 筑紫野市市民カードの交付等に関する条例は、市民カードを多目的に利用し、もって筑紫野市民の利便性の向上を図るため、市民カードの交付及び利用について必要な事項を定めたものであります。
 市民カードを廃止し、自動交付機を撤去する理由として、1つには設置当初から故障が多く、市民の皆さんへ迷惑をかけたり対応するための職員を配置する必要があり、利便性の向上を図るといった当初の目的を達することができなかったことが挙げられております。
 また、2つ目には、今後の必要費用の比較として、証明書自動交付機を継続した場合と、新たな市民窓口サービス事業を行った場合の比較をされ、自動交付機を継続した方が費用が多くかかることも大きな理由となっております。
 過去5年間の投資額としては、自動交付機の設置費が約421万円、リース代が約6,582万円、保守料が約335万円、カード代が約1,974万円で、合計金額としては9,300万円以上になります。この事業に従事されました関係職員の人件費等を加味しますと、総額1億数千万円には及ぶものと考えられます。
 これだけの費用と手間をかけて、筑紫野市民の利便性の向上を図る目的で開始された事業であったにもかかわらず、今回、廃止の議案が提出されることになったのでありますが、以下の事項に関して十分な検証がなされていないと考えられ、安易な賛成ができないことから反対をいたします。
 まず1点目は、自動交付機設置当初から紙詰まりによる故障や出力ミスなどのトラブルが頻発し、使いものにならなかった。あるいは自動交付機であるにもかかわらず、職員がついていなければならなかったなどの苦情を多く聞きます。自動交付機に市が支払うリース代や保守料は機械が設置されていることに対して支払われるものではなく、交付機が提供する機能やサービスに対して支払われるものであります。聞き及ぶような故障の多い機械、すなわち十分な機能を発揮していないものに対して対価を支払ってきたことは問題ないでしょうか。
 例えば、市が発注した橋梁を例にとって説明すれば、路面の一部に穴があいていて歩行者が足を踏み外すということが心配されるので、職員を配置しなければならない、このような橋梁は人や車を安全に通行させる機能を提供できていないので、市は当然受け取らないでしょうし、当然工事金の支払いもされないはずであります。
 また、このような状況が原因でカードの普及が促進されなかったり、当初の目的である市民カードを多目的に利用する取り組みへのモチベーションが低下したことも十分懸念されます。トラブル対応への職員の経費も加味すると市が被った被害は非常に大きかったのではないでしょうか。
 次に、2点目ですが、証明書自動交付機を継続した場合と、新たな市民窓口サービス事業を行った場合の費用の比較をされております。その中で、今後継続して使用する場合の5年間のリース料金が今までのリース料金と同様に約6,500万円となっております。一般的に5年間使用すればリースアップで継続リース料というのは格安になると思われます。新型の機械へ入れ替えるにしても5年間、筑紫野市で自動交付機の実証実験を行ったわけですから、提示されている金額に疑問が残るところであります。
 また、提示された費用の比較は、この事業が開始される時点で既に検討済みであるべき内容ではないでしょうか。このような経費がかかることを承知された上で利便性の向上を目指されたのではないでしょうか。
 最後に3つ目ですが、私も住基カードに市民カードの機能を加えたものを1枚持っております。最近ふえてきました電子納税(e−Tax)を昨年行いましたし、ことしは政治資金収支報告書の電子申請で利用したいと思っております。1枚のカードが多方面で利活用されるようになってきており、今後も本人認証や福祉関連のデータを収めるためのカードとしての展開も期待されているところであります。このように、今後、カードニーズは増加するものと考えられます。
 このような中で、1億円以上も投資したこの事業を廃止しようとされているわけですが、この投資をむだにせず、今後のカード施策に生かしていくためには、事務事業評価制度を始めた筑紫野市として十分な事業評価、検証が必要であると思われます。
 単に故障が多くて使いものにならない、あるいは窓口業務と比較して費用がかかるからといった程度の検証内容では、投資した1億円以上の事業費がむだになってしまいます。
 以上の理由から、筑紫野市市民カードの交付等に関する条例を廃止する条例の制定について、現段階では安易に賛成できないことから反対をいたします。議員の皆さんにもぜひ再検討いただきたいと思っております。
 以上であります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 次に、賛成討論される方は挙手を願います。19番、濱武議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯19番(濱武 振一君) 平井議員のおっしゃるのはもっともでございます。1億円でございますから、9,300万円でございますか。普通なら課長か部長は首ですよ、普通の会社なら。僕は一応塾業やってますけどね、株主になったんですけど、大体300万円で開業できます。何件開業できますか。確かにそう言われれば、今回の議案は安易に賛成するべきものではないかもしれません。
 しかしながら、今まで機械でできなかった手作業を今度やっていくと、そして予約制度をすると、それとあと質疑でもこれ前向きな話で繰り返しになりますが、コミュニティセンター、消防署、カミーリヤ、パープルプラザでのサービスとか対面サービス、対面ですね、サービスの充実をするということ、再任用職員とか、そういう配置とかいうことに対して前向きな答弁もありました。また、税関係の証明ができなかったのは複雑なことがあるということを聞きました。実際機械でやっても年度の関係とか文字だ、何度も出して言うけど、今度は対面になりますから、……………………………………………………………………。
 そういうことも…………………………………………………進歩と思いまして、今回、あえて賛成することですが、しかしながら、市民の声でというか、税金の金の使い方、市長は金がない、金がないとずっと言ってこういうふうに9,000万円ぐらいどぶに落とすんだみたいな感じの意見もあるということも考えて、ちょっと考えていただいてほしいなということを一応ここで言いまして、賛成討論といたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) これにて討論を打ち切ります。
 これより採決を行います。議案第75号筑紫野市市民カードの交付等に関する条例を廃止する条例の制定の件を可決することに賛成の方は御起立願います。
                  〔起立多数〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 起立多数と認めます。よって、本件は原案のとおり可決されました。
 次に、議案第76号に対する討論を行います。討論される方はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) これにて討論を打ち切ります。
 これより採決を行います。議案第76号筑紫野市住民基本台帳カードの利用に関する条例を廃止する条例の件を可決することに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 御異議なしと認めます。よって、本件は原案のとおり可決されました。
 次に、議案第77号に対する討論を行います。討論される方はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) これにて討論を打ち切ります。
 これより採決を行います。議案第77号筑紫野市印鑑条例の一部を改正する条例の制定の件を可決することに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 御異議なしと認めます。よって、本件は原案のとおり可決されました。
 次に、議案第78号に対する討論を行います。討論される方はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) これにて討論を打ち切ります。
 これより採決を行います。議案第78号筑紫野市手数料条例の一部を改正する条例の制定の件を可決することに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 御異議なしと認めます。よって、本件は原案のとおり可決されました。
 次に、議案第79号に対する討論を行います。討論される方はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) これにて討論を打ち切ります。
 これより採決を行います。議案第79号筑紫野市役所出張所設置条例の全部を改正する条例の制定の件を可決することに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 御異議なしと認めます。よって、本件は原案のとおり可決されました。
 次に、議案第80号に対する討論を行います。討論される方はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) これにて討論を打ち切ります。
 これより採決を行います。議案第80号筑紫野市公告式条例の一部を改正する条例の制定の件を可決することに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 御異議なしと認めます。よって、本件は原案のとおり可決されました。
 次に、議案第81号に対する討論を行います。討論される方はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) これにて討論を打ち切ります。
 これより採決を行います。議案第81号筑紫野市障害者施策推進協議会設置条例の一部を改正する条例の制定の件を可決することに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 御異議なしと認めます。よって、本件は原案のとおり可決されました。
      ────────────・────・────────────
  日程第15.議案第82号

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 日程第15、議案第82号財産(土地)の取得の件を議題といたします。
 本件は、古瀬議員、田中信明議員、坂口議員、川上議員と利害関係のある事件であります。よって、地方自治法第117条の規定により、ただいま申し上げました4人の議員の退席を求めます。
     〔古瀬富美子議員、田中信明議員、坂口博幸議員、川上弘道議員 退席〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 本件に関し、委員長から御報告願います。19番、建設経済委員長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建設経済常任委員長(濱武 振一君)〔登壇〕 議案第82号財産(土地)の取得の件について審査の経過と結果を報告いたします。
 本常任委員会は、12月11日、1日間開催されました。本審査に当たりまして、建設課の行政財産の購入ということで、本会議により付託されたということで建設経済常任委員会で審査を行ったものでございます。
 なお、土地開発公社の理事であります坂口委員及び田中委員と利害関係のある事件として退席を願って審査を進めております。
 委員会では、全体の期間と総費用はどの程度かかるのかという質疑がありました。執行部からは、用地購入については平成20年度から3年間、43筆で、概算で6億9,800万円程度、公園整備については、平成23、24年度で8億円弱、合計で15億円程度はかかりますとの答弁がありました。
 また、委員会では、関係自治体の費用負担割合はどうなっているのかという質疑があり、執行部からは分担率が決まっているので、それにあわせて徴収を行うとの答弁がありました。
 さらに委員会では、維持管理はどこがするのかという質疑がありました。執行部からは、都市公園という形で筑紫野市の方で維持管理してまいりますという答弁をいただきまして、あと南公園の縮小の問題のときも意見が出ておりましたけれども、地域の皆さんの多くの方の意見を聞きながら設計内容を詰めていくということでございました。
 あと、また最後に、委員会では土地の値段は適正であったのかという質疑がありました。執行部からは、開発公社では土地の価格については不動産鑑定をとって購入している。市としては買い取りを依頼しているので、当然買い戻しをすると、それに対する経費がかかった分も含めて買い戻しをしますと、市としてはこれを適正だと判断するという答弁がありました。
 討論はなく、採決の結果、全員一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。
 以上、報告を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) ただいまから委員長の報告に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 質疑を打ち切ります。
 ただいまから討論を行います。討論される方はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) これにて討論を打ち切ります。
 これより採決を行います。本件を可決することに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 御異議なしと認めます。よって、本件は原案のとおり可決されました。
 ここで4人の議員の除斥を解除いたします。
     〔古瀬富美子議員、田中信明議員、坂口博幸議員、川上弘道議員 着席〕
      ────────────・────・────────────
  日程第16.議案第83号

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 日程第16、議案第83号平成20年度筑紫野市一般会計補正予算(第3号)の件を議題といたします。
 本件に関し、委員長から御報告願います。10番、総務文教委員長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務文教常任委員長(森田 健二君)〔登壇〕 議案第83号平成20年度筑紫野市一般会計補正予算(第3号)の件について審査の経過と結果を御報告いたします。
 委員会では、学校耐震化の補正と財政健全化計画との兼ね合いについて質疑があり、執行部からは、学校耐震化は約41億円程度の事業費になろうかと思われ、本来、財政健全化計画に法含すべきものと考えるが、中途で出てきたものであること、財政健全化計画が平成21年度で終了することから、学校耐震化については財政健全化計画から除外して対応していきたいとの答弁がありました。
 また、4款2項2目の塵芥処理費のごみ袋購入補正増について質疑があり、執行部からは宝満環境センター新規稼働の際、これまでのごみ袋を4月以降も使用できるよう経過措置を行い、当初予算を3分の1減額して計上していたが、今回不足する見込みとなったことから補正するものであるとの答弁がありました。
 討論はなく、採決の結果、全員一致にて原案のとおり可決すべきものと決しました。
 以上、報告を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) ただいまから委員長の報告に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 質疑を打ち切ります。
 ただいまから討論を行います。討論される方はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) これにて討論を打ち切ります。
 これより採決を行います。本件を可決することに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 御異議なしと認めます。よって、本件は原案のとおり可決されました。
      ────────────・────・────────────
  日程第17.議案第84号
  日程第18.議案第85号

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 日程第17、議案第84号平成20年度筑紫野市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)の件及び日程第18、議案第85号平成20年度筑紫野市老人保健事業特別会計補正予算(第2号)の件の2件を一括して議題といたします。
 本2件に関し、委員長から御報告願います。2番、市民福祉委員長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市民福祉常任委員長(古瀬富美子君)〔登壇〕 議案第84号及び議案第85号の2件について、審査の経過と結果について御報告いたします。
 まず、議案第84号平成20年度筑紫野市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)の件について御報告いたします。
 委員会では、葬祭費の財源について質疑があり、執行部からは、葬祭費は条例により給付することを定めている任意給付であり、すべて保険税で賄い、財源としては一般財源となる。ただし、筑紫野市国民健康保険事業は赤字のため、保険税収入が不足する分については一般会計からの繰入金で補てんしているのが現状であるとの答弁がありました。
 また、後期高齢者支援金の内容について質疑があり、執行部からは、後期高齢者支援金は国民健康保険や各保険者から社会保険診療報酬支払基金を通じて、後期高齢者医療広域連合へ支払われるもので、後期高齢者医療制度の医療給付費の財源の4割が後期高齢者支援金となっているとの答弁がありました。
 討論はなく、採決の結果、全員一致にて原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、議案第85号平成20年度筑紫野市老人保健事業特別会計補正予算(第2号)の件について御報告いたします。
 補正の要因としては、老人保健制度が平成20年3月で終了し、医療給付費の額が決定したものによるもので、歳入では医療給付費の減額により、支払基金交付金と国・県負担金、一般会計繰入金が減額となること、歳出については3月分医療給付費の決定による当初見込み額からの減額補正であるとの説明がありました。
 委員会では、討論はなく、採決の結果、全員一致にて原案のとおり可決すべきものと決しました。
 以上、報告を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) ただいまから委員長の報告に対する質疑に入ります。まず、議案第84号に対する質疑はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 質疑なしと認めます。
 次に、議案第85号に対する質疑はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 質疑を打ち切ります。
 ただいまから議案第84号に対する討論を行います。討論される方はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) これにて討論を打ち切ります。
 これより採決を行います。議案第84号平成20年度筑紫野市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)の件を可決することに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 御異議なしと認めます。よって、本件は原案のとおり可決されました。
 次に、議案第85号に対する討論を行います。討論される方はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) これにて討論を打ち切ります。
 これより採決を行います。議案第85号平成20年度筑紫野市老人保健事業特別会計補正予算(第2号)の件を可決することに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 御異議なしと認めます。よって、本件は原案のとおり可決されました。
 しばらく休憩いたします。
                午前11時01分休憩
      ………………………………………………………………………………
                午前11時15分再開

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 会議に先立ち、本日の日程第8、議案第75号における賛成討論中、19番、濱武議員の賛成討論に係る部分で、一部不適切な発言があったとの理由から、筑紫野市議会会議規則第65条の規定により、本人からの発言を取り消したい旨の申し出がありました。
 お諮りいたします。19番、濱武議員からの発言取り消しの申し出を許可することに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 御異議なしと認めます。よって、19番、濱武議員からの発言取り消しを許可することに決しました。
 なお、発言取り消し部分については、後日会議録を精査の上、議長において整理をいたします。
      ────────────・────・────────────
  日程第19.議案第86号

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 日程第19、議案第86号平成20年度筑紫野市住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予算(第1号)の件を議題といたします。
 本件に関し、委員長から御報告を願います。10番、総務文教委員長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務文教常任委員長(森田 健二君)〔登壇〕 議案第86号平成20年度筑紫野市住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予算(第1号)の件について審査の経過と結果を御報告いたします。
 委員会では、繰越金がふえた理由について質疑があり、執行部からは、滞納金の一括返済が1名、額として196万2,972円、破産管財人による不動産の任意売却に係る配当金が1名よりあり、589万5,021円の償還があったこと、さらに定例償還者5名から1,340万7,572円の繰り上げ償還があり、総額2,126万5,565円となったことによるとの答弁がありました。
 また、今回1,393万3,000円の積立後の積立金はいくらになるかとの質疑に対し、執行部からは、決算当時1億5,988万3,856円の積立金となっており、これに今回の積立額を加算することになるとの答弁がありました。
 討論はなく、採決の結果、全員一致にて原案のとおり可決すべきものと決しました。
 以上、報告を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) ただいまから委員長の報告に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 質疑を打ち切ります。
 ただいまから討論を行います。討論される方はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) これにて討論を打ち切ります。
 これより採決を行います。本件を可決することに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 御異議なしと認めます。よって、本件は原案のとおり可決されました。
      ────────────・────・────────────
  日程第20.議案第87号
  日程第21.議案第88号

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 日程第20、議案第87号平成20年度筑紫野市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)の件及び日程第21、議案第88号平成20年度筑紫野市後期高齢者医療事業特別会計補正予算(第2号)の件の2件を一括して議題といたします。
 本2件に関し、委員長から御報告願います。2番、市民福祉委員長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市民福祉常任委員長(古瀬富美子君)〔登壇〕 議案第87号及び議案第88号の2件について、審査の経過と結果について御報告いたします。
 まず、議案第87号平成20年度筑紫野市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)の件について御報告いたします。
 委員会では補正額が極めて少ないため、補正をしなくてはいけない法的な理由があったのかとの質疑があり、執行部からは、法的な理由はないが、執行額が確定している分についてのみ今回減額補正を行ったとの答弁がありました。
 討論はなく、採決の結果、全員一致にて原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、議案第88号平成20年度筑紫野市後期高齢者医療事業特別会計補正予算(第2号)の件について御報告いたします。
 委員会では、増額補正の理由について質疑があり、執行部からは、歳入の保険基盤安定繰入金は保険料の軽減相当額が繰り入れられるもので、平成20年度保険料の賦課後に軽減措置対象者増が見込まれたことから歳入予算を増額し、歳出の広域連合納付金も増額となったとの答弁がありました。
 討論はなく、採決の結果、全員一致にて原案のとおり可決すべきものと決しました。
 以上、報告を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) ただいまから委員長の報告に対する質疑に入ります。まず、議案第87号に対する質疑はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 質疑なしと認めます。
 次に、議案第88号に対する質疑はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 質疑を打ち切ります。
 ただいまから議案第87号に対する討論を行います。討論をされる方はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) これにて討論を打ち切ります。
 これより採決を行います。議案第87号平成20年度筑紫野市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)の件を可決することに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 御異議なしと認めます。よって、本件は原案のとおり可決されました。
 次に、議案第88号に対する討論を行います。討論される方はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) これにて討論を打ち切ります。
 これより採決を行います。議案第88号平成20年度筑紫野市後期高齢者医療事業特別会計補正予算(第2号)の件を可決することに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 御異議なしと認めます。よって、本件は原案のとおり可決されました。
      ────────────・────・────────────
  日程第22.議案第89号

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 日程第22、議案第89号平成20年度筑紫野市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)の件を議題といたします。
 本件に関し、委員長から御報告願います。19番、建設経済委員長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建設経済常任委員長(濱武 振一君)〔登壇〕 議案第89号平成20年度筑紫野市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)の件について、審査の経過と結果を御報告いたします。
 執行部から補正内容につきまして、4月1日の人事異動に伴う給与費の調整であるとの説明があり、職員手当に10万円の減額、共済費に6,000円の増額、合わせて9万4,000円の減額であるとの説明を受けましたが、委員会では質疑、討論はなく採決の結果、全員一致にて原案のとおり可決すべきものと決しました。
 以上、報告を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) ただいまから委員長の報告に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 質疑を打ち切ります。
 ただいまから討論を行います。討論をされる方はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) これにて討論を打ち切ります。
 これより採決を行います。本件を可決することに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 御異議なしと認めます。よって、本件は原案のとおり可決されました。
      ────────────・────・────────────
  日程第23.議案第90号

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 日程第23、議案第90号平成20年度筑紫野市御笠財産区特別会計補正予算(第1号)の件を議題といたします。
 本件に関し、委員長から御報告願います。10番、総務文教委員長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務文教常任委員長(森田 健二君)〔登壇〕 議案第90号平成20年度筑紫野市御笠財産区特別会計補正予算(第1号)の件について、審査の経過と結果を御報告いたします。
 執行部からは、森林環境税等を活用した里山エリア再生交付金による事業で、実質的に財産区の支出を伴うことなく、御笠財産区の森林保育事業に取り組むことになったとの説明を受け、合わせて本年11月28日、御笠財産区管理会の同意を得たとの報告を受けました。
 委員会では、事業の内容と補助金についての質疑があり、執行部からは約4ヘクタールについて間伐し、その間伐材を日田市の市場へ搬入して売り払うものである。補助金は1ヘクタール当たり県が37万円、市が13万円で、4.03ヘクタールで201万5,000円の見込みである。また、補正額480万円のうち補助金が約200万円で、280万円については間伐材の売り払い収入も見込まれるとの答弁がありました。
 討論はなく、採決の結果、全員一致にて原案のとおり可決すべきものと決しました。
 以上、報告を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) ただいまから委員長の報告に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 質疑を打ち切ります。
 ただいまから討論を行います。討論される方はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) これにて討論を打ち切ります。
 これより採決を行います。本件を可決することに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 御異議なしと認めます。よって、本件は原案のとおり可決されました。
      ────────────・────・────────────
  日程第24.議案第91号
  日程第25.議案第92号

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 日程第24、議案第91号平成20年度筑紫野市水道事業会計補正予算(第1号)の件及び日程第25、議案第92号平成20年度筑紫野市下水道事業会計補正予算(第1号)の件の2件を一括して議題といたします。
 本2件に関し、委員長から御報告願います。19番、建設経済委員長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯建設経済常任委員長(濱武 振一君)〔登壇〕 議案第91号及び議案第92号の2件について、審査の経過と結果を御報告いたします。
 まず、議案第91号平成20年度筑紫野市水道事業会計補正予算(第1号)の件から御報告いたします。
 今回の補正については、職員の人事異動に伴う人件費、それから事業費の確定等に伴うものと執行部より説明がありました。
 委員会では、企業債償還金について、償還計画は決まっているのにどうして3,000万円ほどの補正が必要なのかという質疑がありました。執行部からは、県の方で集約をいたしまして、最終的に国の総務省の方で決定され、総務省の決定したものを財務省の方に通知いたしまして、財務省の方から県を経由して私どもにおりてくるというような決定順序になっているために、当初予算編成時に繰り上げ償還を行う額が確定していなかったために、今回の確定に伴って補正を行ったとの答弁がありました。
 また、人事異動に伴う人件費の増減があるが、内訳はどうなっているかという質疑に対しましては、執行部からは、職員数の増減はなく、年齢構成によるものであるとの答弁がありました。
 討論はなく、採決の結果、全員一致にて原案のとおり可決すべきものと決しました。
 次に、議案第92号平成20年度筑紫野市下水道事業会計補正予算(第1号)の件を御報告いたします。
 本件は下水道事業会計の補正については、水道事業同様、職員の人事異動に伴う人件費、それから事業費の確定に伴うものが主になっているという報告がありまして、委員会では、同時埋設にかかわる工事費及び委託料の減による受託事業費の減と区画整理の合併施行による工事負担金の増について、設計の段階からわからなかったのかとの質疑がありました。執行部からは、受託事業費については宮の森団地の分を当初、仮設管を設置した後に同時埋設を行うこととしていたが、仮設管を布設せずに本設により実施するということに変更したための減額、工事負担金については区画整理課施行分を下水道で行ったための補正増であるとの答弁がありました。
 また、委員会では、貸借対照表において平成19年度と平成20年度を比較した場合、固定資産の構築物は平成20年度の方が1億円ほど高いのはなぜかという質疑がありました。執行部からは、平成20年度の工事分の増と減価償却の減により構築物の資産については1億円ほど高くなったとの答弁がありました。
 さらに委員会では、過去10年間分の企業債償還の推移がわかる表を出せないかという質疑があり、執行部から後ほど提出するという答弁がありました。委員会休憩中に提出していただいております。
 討論はなく、採決の結果、全員一致にて原案のとおり可決すべきものと決しました。
 以上、報告を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) ただいまから委員長の報告に対する質疑に入ります。
 まず、議案第91号に対する質疑はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 質疑なしと認めます。
 次に、議案第92号に対する質疑はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 質疑を打ち切ります。
 ただいまから議案第91号に対する討論を行います。討論される方はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) これにて討論を打ち切ります。
 これより採決を行います。議案第91号平成20年度筑紫野市水道事業会計補正予算(第1号)の件を可決することに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 御異議なしと認めます。よって、本件は原案のとおり可決されました。
 次に、議案第92号に対する討論を行います。討論される方はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) これにて討論を打ち切ります。
 これより採決を行います。議案第92号平成20年度筑紫野市下水道事業会計補正予算(第1号)の件を可決することに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 御異議なしと認めます。よって、本件は原案のとおり可決されました。
      ────────────・────・────────────
  日程第26.議案第93号

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 日程第26、議案第93号筑紫野市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定の件を議題といたします。
 本件に関し、委員長から御報告願います。2番、市民福祉委員長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市民福祉常任委員長(古瀬富美子君)〔登壇〕 議案第93号筑紫野市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定の件について、審査の経過と結果について御報告いたします。
 委員会では、第6条第1項に加えられる、「ただし、市長が健康保険法施行令第36条の規定を勘案し、必要があると認めるときは規則で定めるところにより、これに3万円を上限として加算するものとする」の意味について質疑があり、執行部からは、今回の改正は平成21年1月から始まる産科医療補償制度によるもので、出産した被保険者が産科医療補償制度の保険料相当額3万円を追加負担することになる場合に、出産育児一時金35万円に3万円を加算して支給することとなる。分娩期間の産科医療補償制度への加入率が全国で98.2%のため、全員ではなく産科医療補償制度に加入している分娩機関で出産し、その領収書等に押されたスタンプを確認した場合などに出産育児一時金35万円に3万円を加算して支給することとなるとの答弁がありました。
 討論はなく、採決の結果、全員一致、原案のとおり可決すべきものと決しました。
 以上、報告を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) ただいまから委員長の報告に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 質疑を打ち切ります。
 ただいまから討論を行います。討論される方はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) これにて討論を打ち切ります。
 これより採決を行います。本件を可決することに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 御異議なしと認めます。よって、本件は原案のとおり可決されました。
      ────────────・────・────────────
  日程第27.議案第94号

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 日程第27、議案第94号平成20年度筑紫野市一般会計補正予算(第4号)の件を議題といたします。
 本件に関し、委員長から御報告を願います。10番、総務文教委員長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯総務文教常任委員長(森田 健二君)〔登壇〕 議案第94号平成20年度筑紫野市一般会計補正予算(第4号)の件について審査の経過と結果について御報告いたします。
 委員会では、出産育児一時金について1人当たり3万円で計算すると30人分となるが、人数はもう少し多いのではないかとの質疑があり、執行部からは、損害保険に加入した分娩機関での出産が対象であり、1月から3月までの間について、1月当たり10人として30人と推計しています。これを上回る場合については、現行予算の中で対応することもあると考えているとの答弁がありました。
 討論はなく、採決の結果、全員一致にて原案のとおり可決すべきものと決しました。
 以上、報告を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) ただいまから委員長の報告に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 質疑を打ち切ります。
 ただいまから討論を行います。討論される方はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) これにて討論を打ち切ります。
 これより採決を行います。本件を可決することに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 御異議なしと認めます。よって、本件は原案のとおり可決されました。
      ────────────・────・────────────
  日程第28.議案第95号

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 日程第28、議案第95号平成20年度筑紫野市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)の件を議題といたします。
 本件に関し、委員長から御報告を願います。2番、市民福祉委員長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市民福祉常任委員長(古瀬富美子君)〔登壇〕 議案第95号平成20年度筑紫野市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)の件について、審査の経過と結果について御報告いたします。
 補正の要因としては、筑紫野市国民健康保険条例の一部改正によるもので、歳入では一般会計からの出産育児一時金繰入金60万円と保険税30万円の増額となること、歳出については1月以降の出産育児一時金加算分3万円の30人分90万円を増額補正するとの説明がありました。
 委員会では、討論はなく、採決の結果、全員一致にて原案のとおり可決すべきものと決しました。
 以上、報告を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) ただいまから委員長の報告に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 質疑を打ち切ります。
 ただいまから討論を行います。討論される方はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) これにて討論を打ち切ります。
 これより採決を行います。本件を可決することに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 御異議なしと認めます。よって、本件は原案のとおり可決されました。
      ────────────・────・────────────
  日程第29.産業廃棄物問題対策特別委員会審査報告について

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 日程第29、産業廃棄物問題対策特別委員会審査報告の件を議題とします。
 本件に関し、委員長から御報告願います。11番、産業廃棄物問題対策特別委員長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯産業廃棄物問題対策特別委員長(上村 和男君)〔登壇〕 産業廃棄物問題対策特別委員会の付託案件が継続審査となっていましたので、その審査の経過と結果について御報告申し上げます。
 まず、閉会中における委員会の審査及び福岡県への調査活動の件について御報告させていただきます。
 10月30日委員会の内容でございますが、委員会では閉会中の10月30日に執行部職員の出席を求めて委員会を開催し、以下2点について報告を受けました。
 1つ目は、「産業廃棄物処理場問題の抜本的解決を求める福岡県促進期成会」が10月8日に行った要請活動について、本期成会からの要望項目のうち、法制度の改正に向けた国への働きかけに対しては、福岡県から「期成会と協議、連携して対応したい」との回答をいただいたとのことでありました。
 2つ目は、9月定例会中の委員会において、株式会社産興の旧処分場にかかわる県の水質調査が再検査となっていたことについて、10月17日に県から市に報告された内容についてでございます。
 その内容は、県が平成20年5月21日に行った定期調査の際、地下水の採水地点J─1から環境基準の2倍を超えるヒ素が検出されたため、6月25日に再調査を行った。また、この原因について検討した結果、地質由来のヒ素が蓄積して検出された可能性が考えられるとのことでありました。
 委員会では、今回、ヒ素が検出された内容を中心に産業廃棄物問題の解決に向けた今後の対応等について確認するため、県に対し調査活動の申し入れを行うことを決定をいたしました。
 次に、11月19日に行いました、福岡県への調査活動の件について御報告申し上げます。
 この調査活動に際しては、当市議会からは正副議長の御出席をいただき、また藤田、原竹両県議御同席のもと、福岡県側は武居副知事以下関係職員の御出席をいただいたところです。
 福岡県に対する調査事項は以下3点、これに対する県の回答と合わせて申し上げますが、1点目、J─1地点周辺は過去ウランが検出された経過もあり、市民の不安を払拭するためにも一期処分場に何が埋められているのか、事故調査委員会の調査内容も含め再度調査をすべきではないか。
 県の回答は、一期処分場については事故発生直後、事故調査委員会の提言に基づき2回にわたるボーリング調査を行い、全体的に把握できたものと考えている。処分場内外のモニタリング調査は毎月行っており、5月と11月には重金属や化学物質についての調査も行っている。今回、J─1の井戸からヒ素が検出された原因は、井戸底部にたまった堆積物を採取したものであり、地質に由来した可能性が高いと判断している。
 2点目、5月21日の定期調査において、基準値を超えるヒ素が検出されたことについて、市は10月17日に県から報告を受けたとのことであるが、市と県との連絡体制の今後の対策として、環境保全連絡会の機能を充実強化するなど、迅速に対応できるような方策についてどのようにお考えか。
 県の回答は、5月の定期調査の結果が出た後、直ちに追加調査を行った。一方、ヒ素の検出が検体の採取方法に起因する疑いもあり、検査結果の妥当性を検証しないまま結果を公表することは混乱を生じかねないと判断した。継続調査や解析検討を行い、県として説明できる状況にいたったので、10月に筑紫野市に対し報告したものである。今後とも筑紫野市と緊密な連絡体制を確保し、中間報告を検討するなど必要な対応を図っていきたい。
 3点目、株式会社産興に対する改善命令が履行されていないことについて、県の今後の対応はどのようにされるのか。
 県の回答は、株式会社産興に対しては、平成17年6月、すべての許可を取り消し、その後も改善命令の履行や処分場の維持管理を指導してきた。現時点では改善命令は履行にいたっておらず、今後も強く指導していくとのことでありました。
 その後、意見交換を行い、産業廃棄物問題の解決に向け、今後も市と県との連携を強めて取り組んでいくことを確認したところでございます。
 次に、今定例会中、12月8日に開催した委員会の内容について御報告申し上げます。
 初めに、先ほど述べました11月の福岡県への調査活動について、当日の県の回答や意見交換の内容について委員間で協議を行いました。
 2つ目は株式会社産興の産業廃棄物処分場の現状について、平成20年5月から10月までの県のモニタリング結果について執行部から報告を受けました。5月にヒ素が検出されたことを受け、J─1地点については今年度はSS、ヒ素、鉄についても測定項目とするとのことですが、6月以降、これまでにヒ素が検出されていないとのことであります。また、第二期処分場の測定孔B─2及び、第二期拡張部の測定孔101では硫化水素の値が不安定で、9月にはB─2で100ppmまで上がっているとの報告を受けました。
 また、産興への土砂搬入量は、10月までの平成20年度合計が6,864立方メートルとなっているとのことであります。
 委員会では、1つ、土砂搬入に関する当初計画との現在の目的や状況について、2つ、二期処分場の硫化水素の値の変動の理由や現状の認識について、年明けにも開催予定の環境保全連絡会において、2点について確認するよう執行部に要請をいたしました。
 3つ目に、山家産業廃棄物中間処理場について、9月以降の状況の報告を受けました。7月の爆発事故に関しては、依然警察で捜査中、5月の火災事故については業者より本市及び関係する機関に対し陳謝があったとのことであります。委員会としては、今後、山家地区の産業廃棄物処理場周辺を含めた環境調査を行った上で、地元や県などとどのような連携がとれるかなど考えていくことにいたしました。
 最後に、「産業廃棄物処理場問題の抜本的解決を求める福岡県促進期成会」については、来年2月初旬に環境省等への要請行動を計画しているとのことであります。この要請行動について、本期成会から議長に対し本特別委員会より2名の同行を依頼されておりますことから、委員会において出席者の協議を行い、伊藤副委員長及び私委員長の上村が出席することと決しました。
 以上、審査の概要を御報告いたしましたが、今後とも当市の産業廃棄物問題の解決を図るため、引き続き閉会中の継続審査をお願いいたしまして、産業廃棄物問題対策特別委員会の審査報告を終わらせていただきます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) ただいまから委員長の報告に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 質疑を打ち切ります。
 本件は委員長の報告どおり、閉会中の継続審査に付したいと思います。これに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 御異議なしと認めます。よって、本件は閉会中の継続審査に付すことに決しました。
      ────────────・────・────────────
  日程第30.議員派遣について

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 日程第30、議員派遣の件を議題といたします。
 本件は地方自治法第100条第13項及び会議規則第159条第1項の規定に基づき議会の議決を求めるものであります。
 議会運営の充実向上のための調査、研究を目的として、平成21年1月14日から16日までの3日間、東京都葛飾区議会、茨城県ひたちなか市議会、栃木県鹿沼市議会に議会運営委員会の行政視察が実施されます。この行政視察に佐藤政志副議長を派遣したいと思います。これに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 御異議なしと認めます。よって、議会運営委員会の行政視察に佐藤政志副議長を派遣することに決しました。
 なお、ただいま議決いたしました議員派遣について、その後、諸般の状況により変更が生ずる場合には、その取り扱いについて議長に御一任願いたいと思いますが、これに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 御異議なしと認めます。よって、議長に一任することに決しました。
      ────────────・────・────────────
  日程第31.議員派遣について

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 日程第31、議員派遣の件を議題といたします。
 本件は議員お手元に配付のとおり、「産業廃棄物処理場問題の抜本的解決を求める福岡県促進期成会」から産業廃棄物問題の早期解決に伴う国への要望活動において、議員2名の同行依頼があったものであります。去る12月8日、産業廃棄物問題対策特別委員会において、協議の結果、上村、伊藤両議員の同行が決定されましたので、地方自治法第100条第13項及び会議規則第159条第1項の規定に基づき議会の議決を求めるものであります。
 お諮りいたします。「産業廃棄物処理場問題の抜本的解決を求める福岡県促進期成会」が平成21年2月に行う、産業廃棄物問題の早期解決に伴う国への要望活動に上村和男議員、伊藤利之議員の2名を派遣したいと思います。これに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 御異議なしと認めます。よって、産業廃棄物問題の早期解決に伴う国への要望活動に上村和男議員、伊藤利之議員を派遣することに決しました。
 なお、ただいま議決いたしました議員派遣について、その後、諸般の状況により変更が生ずる場合にはその取り扱いについて議長に御一任願いたいと思います。これに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 御異議なしと認めます。よって、議長に一任することに決しました。
      ────────────・────・────────────
  日程第32.議会閉会中の継続調査付託について

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 日程第32、議会閉会中の継続調査付託の件を議題といたします。
 各常任委員長からの閉会中の継続審査の申し出があっております。お諮りいたします。各常任委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続調査に付すことに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 御異議なしと認めます。よって、各常任委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続調査に付すことに決しました。
      ────────────・────・────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) これにて本日の議事は終了いたしました。これをもって、平成20年第4回筑紫野市議会定例会を閉会いたします。お疲れさまでした。
                午前11時52分閉会
      ──────────────────────────────

┌─────────────────────────────────────────┐
│                                         │
│                                         │
│                                         │
│  会議の経過を記載して、その相違ないことを証するため、ここに署名する。     │
│                                         │
│                                         │
│    平成20年12月19日                          │
│                                         │
│                                         │
│                 筑紫野市議会議長    横尾 秋洋       │
│                                         │
│                                         │
│                 会議録署名議員(9番) 田中  允       │
│                                         │
│                                         │
│                 会議録署名議員(14番) 赤司 泰一       │
│                                         │
│                                         │
│                                         │
└─────────────────────────────────────────┘