議事ロックス -地方議会議事録検索-


福岡県 筑紫野市

平成20年第3回定例会(第1日) 本文




2008.09.04 : 平成20年第3回定例会(第1日) 本文


                午前10時00分開会
◯議長(横尾 秋洋君) 皆さん、おはようございます。出席議員が定足数に達しておりますので、ただいまから平成20年第3回筑紫野市議会定例会を開会いたします。
 お手元に配付しております議事日程の順序に従い、本日の会議を進めます。
      ────────────・────・────────────
  日程第1.会議録署名議員の指名について

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第79条の規定により、8番、田中信明議員と15番、鹿島議員を指名いたします。
      ────────────・────・────────────
  日程第2.会期の決定について

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 日程第2、会期の決定を行います。
 今定例会の会期は、本日から9月29日までの26日間とし、その間本会議に本日と9月8日、24日、25日及び29日の5日間を当て、残りは休会にしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 御異議なしと認めます。よって、今定例会の会期は26日間と決定いたしました。
      ────────────・────・────────────
  日程第3.諸般の報告について

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 日程第3、諸般の報告を行います。
 議長会等関係の報告、一部事務組合議会等の開催状況及び監査・検査結果並びに行政視察等の報告につきまして、議員のお手元に資料を配付しております。
 なお、これらに関する書類については事務局に保管しておりますので、必要な方はごらんいただきたいと思います。
 これで諸般の報告を終わります。
      ────────────・────・────────────
  日程第4.諮問第3号

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 日程第4、諮問第3号人権擁護委員の推薦につき意見を求めることの件を議題といたします。
 職員に議案を朗読させます。
                  〔職員朗読〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 執行部に提案理由の説明を求めます。市長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市長(平原 四郎君)〔登壇〕 皆さん、おはようございます。本日ここに、平成20年第3回筑紫野市議会定例会を招集いたしましたところ、議員各位におかれましては、大変御多用にもかかわりませず御参集をいただきました。心から厚く御礼を申し上げます。
 さて、本定例会には人事案件2件、認定14件、報告3件、条例7件、補正予算3件、その他3件、合わせまして32件を御提案をし、御審議をお願い申し上げているところでございます。
 それでは、諮問第3号人権擁護委員の推薦につき意見を求めることにつきまして提案理由の御説明を申し上げます。
 人権擁護委員は、人権擁護委員法第6条第1項の規定により、法務大臣が委嘱することになっておりますが、市長は、当該市の議会の議員の選挙権を有する住民の中から議会の意見を聞いて候補者を推薦しなければならないことになっております。
 つきましては、現委員でありました奥田昭義氏が、平成20年6月30日をもって辞任されましたので、後任として西川和義氏を推薦いたしたく、人権擁護委員法第6条第3項の規定により、議会の意見を求めるものでございます。
 西川和義氏は、裏面経歴書にございますように、人格、識見ともに人権擁護委員として適任であると存じますので、よろしく御審議の上、御同意賜りますようお願い申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 本件に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 質疑を打ち切ります。
 ただいまから討論を行います。討論される方はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) これにて討論を打ち切ります。
 これより採決を行います。本件を同意することに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 御異議なしと認めます。よって、本件は同意することに決しました。
      ────────────・────・────────────
  日程第5.同意第6号

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 日程第5、同意第6号筑紫野市教育委員会委員の任命の件を議題といたします。
 職員に議案を朗読させます。
                  〔職員朗読〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 執行部に提案理由の説明を求めます。市長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市長(平原 四郎君)〔登壇〕 同意第6号筑紫野市教育委員会委員の任命につきまして提案理由の御説明を申し上げます。
 本件は、現委員であります近本明氏が、本年10月3日をもちまして任期満了となりますので、引き続き近本明氏を委員として任命いたしたく、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定により、議会の同意を求めるものでございます。
 近本明氏は、裏面経歴書にございますように、平成16年10月から本市教育委員会委員長を1期3年11カ月、また筑紫野市青少年育成市民会議会長を長年務められるなど、人格、識見ともに本市教育委員会委員として適任であると存じますので、よろしく御審議の上、御同意賜りますようお願い申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 本件に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。16番、伊藤議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯16番(伊藤 利之君) 私、近本先生はよく存じ上げていますからよくわかるんでございますが、健康状態があと残り──残りというか、今後4年間あるわけです。だから健康状態だけは確認してもらっておきたいと思っております。よろしくお願いします。
 というのは、あるところの館長さんが任命されました。2カ月ぐらいで病気されたわけです。それから休職されました。そういうことがないようにお願いしたいと思っております。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 市長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市長(平原 四郎君)〔登壇〕 伊藤議員の質問に御答弁を申し上げます。
 健康状態については以前にも確認をさせていただいておりますし、本人からも水泳その他、水泳協会の会長でもございましたが、現在もスイミング、その他やっていらっしゃいまして、健康状態は良好ということで御報告を承っておるところでございます。
 以上であります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯16番(伊藤 利之君) はい、わかりました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 質疑を打ち切ります。
 ただいまから討論を行います。討論される方はありませんか。
 まず、反対討論される方は挙手を願います。5番、城間議員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯5番(城間 広子君) 5番、日本共産党城間広子です。同意第6号筑紫野市教育委員会委員の任命について反対の立場で討論します。
 平成16年9月議会において、我が党市議団は、近本明氏の教育委員会委員の任命に同意しませんでした。理由は同氏の履歴書からも明らかなように、本市の…………同和教育を推進してきた人物の一人だからです。国は劣悪な環境が差別を再生産するような状況は改善されたとして、2002年3月末をもって同和対策の特別措置法を終了させ、特別対策を終結させました。
 ところが、本市では終結の展望もないまま、いまだに同和特別対策、同和教育を継続し、差別の解消、市民融合を妨げています。経済的格差が教育の格差に及び、貧困の連鎖が懸念される厳しい社会状況下において、今、子どもたちに必要なのは地区児童生徒に特定した促進事業などではなく、少人数学級の拡充など全児童生徒が安心して学べる学校教育です。
 本市の教育委員に求められるのは、教育の主体性、中立性を確立し、子どもたちや教師の意見が十分尊重される開かれた民主教育を進める姿勢です。
 以上のことから本件には同意しがたいことを表明し、討論を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 次に、賛成討論される方は挙手を願います。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) これにて討論を打ち切ります。
 これより採決を行います。本件を同意することに賛成の方は御起立願います。
                  〔起立多数〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 起立多数と認めます。よって、本件は同意することに決しました。
      ────────────・────・────────────
  日程第6.認定第1号

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 日程第6、認定第1号平成19年度筑紫野市一般会計歳入歳出決算の認定の件を議題といたします。
 執行部に提案理由の説明を求めます。市長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市長(平原 四郎君)〔登壇〕 認定第1号平成19年度筑紫野市一般会計歳入歳出決算の認定の件につきまして提案理由の御説明を申し上げます。
 本決算は、以下認定第12号まで同じでございますが、地方自治法第233条第3項の規定により、監査委員の意見をつけまして議会の認定に付すものでございます。
 歳入決算額は277億2,890万4,473円、これに対します歳出決算額は267億6,897万4,355円でございます。これを差し引きいたしました形式収支は、9億5,993万118円の黒字となっております。よろしく御審議の上、認定賜りますようお願い申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 本件に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 質疑を打ち切ります。
 お諮りいたします。本件については11名の委員で構成する決算審査特別委員会を設置し、これに付託の上、審査することにしたいと思います。これに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 御異議なしと認めます。よって、本件については11名の委員で構成する決算審査特別委員会を設置し、これに付託の上、審査することに決しました。
 お諮りいたします。ただいま設置されました決算審査特別委員会の委員の選任については、委員会条例第5条第1項の規定により、3番、宮原議員、5番、城間議員、8番、田中信明議員、9番、田中允議員、10番、森田議員、11番、上村議員、12番、尾野議員、15番、鹿島議員、19番、濱武議員、21番、川上議員、22番、私横尾、以上11名を指名したいと思いますが、これに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名した議員を決算審査特別委員会の委員に選任することに決しました。
 それでは、決算審査特別委員会の委員長及び副委員長の互選のため、しばらく休憩いたします。
                午前10時13分休憩
      ………………………………………………………………………………
                午前10時21分再開

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 決算審査特別委員会の委員長及び副委員長が互選されましたので、報告いたします。
 委員長に川上議員、副委員長に城間議員、以上のとおりであります。
      ────────────・────・────────────
  日程第7. 認定第2号
  日程第8. 認定第3号
  日程第9. 認定第4号
  日程第10.認定第5号
  日程第11.認定第6号
  日程第12.認定第7号

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 日程第7、認定第2号平成19年度筑紫野市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算の認定の件から、日程第12、認定第7号平成19年度筑紫野市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認定の件までの6件を一括して議題といたします。
 執行部に提案理由の説明を求めます。市長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市長(平原 四郎君)〔登壇〕 認定第2号から認定第7号までの6件を一括して提案理由の御説明を申し上げます。
 まず、認定第2号平成19年度筑紫野市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算の認定の件でございます。
 歳入決算額は84億1,830万1,125円、これに対します歳出決算額は83億1,620万3,900円でございます。これを差し引きいたしました形式収支は1億209万7,225円の黒字となっております。
 次に、認定第3号平成19年度筑紫野市老人保健事業特別会計歳入歳出決算の認定の件でございます。
 歳入決算額は74億7,441万789円、これに対します歳出決算額は74億4,034万4,020円でございます。これを差し引きいたしました形式収支は3,406万6,769円の黒字となっております。
 次に、認定第4号平成19年度筑紫野市住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出決算の認定の件でございます。
 歳入決算額は5,554万8,074円、これに対します歳出決算額は2,740万4,422円でございます。これを差し引きいたしました形式収支は2,814万3,652円の黒字となっております。
 次に、認定第5号平成19年度筑紫野市奨学資金貸与事業特別会計歳入歳出決算の認定の件でございます。
 歳入歳出決算額ともに618万3,649円となっております。
 次に、認定第6号平成19年度筑紫野市介護保険事業特別会計歳入歳出決算の認定の件でございます。
 歳入決算額は42億6,066万2,451円、これに対します歳出決算額は42億2,161万5,014円でございます。これを差し引きいたしました形式収支は3,904万7,437円の黒字となっております。
 次に、認定第7号平成19年度筑紫野市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認定の件でございます。
 歳入歳出決算額ともに2億2,102万9,368円となっております。
 以上、よろしく御審議の上、認定賜りますようお願い申し上げます。
      ────────────・────・────────────
  日程第13.認定第8号

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 日程第13、認定第8号平成19年度筑紫野市土地取得事業特別会計歳入歳出決算の認定の件を議題といたします。
 本件は、古瀬議員、田中信明議員、坂口議員及び川上議員と利害関係のある事件であります。よって、地方自治法第117条の規定により、ただいま申し上げました4人の議員の退席を求めます。
     〔古瀬富美子議員、田中信明議員、坂口博幸議員、川上弘道議員 退席〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 執行部に提案理由の説明を求めます。市長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市長(平原 四郎君)〔登壇〕 認定第8号平成19年度筑紫野市土地取得事業特別会計歳入歳出決算の認定につきまして提案理由の御説明を申し上げます。
 歳入歳出決算額ともに5億966万3,855円となっております。よろしく御審議の上、御認定賜りますようお願い申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) ここで4人の議員の除斥を解除いたします。
     〔古瀬富美子議員、田中信明議員、坂口博幸議員、川上弘道議員 着席〕
      ────────────・────・────────────
  日程第14.認定第9号
  日程第15.認定第10号
  日程第16.認定第11号
  日程第17.認定第12号

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 日程第14、認定第9号平成19年度筑紫地区障害程度区分等審査会事業特別会計歳入歳出決算の認定の件から、日程第17、認定第12号平成19年度筑紫野市平等寺山財産区特別会計歳入歳出決算の認定の件までの4件を一括して議題といたします。
 執行部に提案理由の説明を求めます。市長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市長(平原 四郎君)〔登壇〕 認定第9号から認定第12号までの4件を一括して提案理由の御説明を申し上げます。
 まず、認定第9号平成19年度筑紫地区障害程度区分等審査会事業特別会計歳入歳出決算の認定の件でございます。
 歳入歳出決算額ともに897万6,725円となっております。
 次に、認定第10号平成19年度筑紫野市二日市財産区特別会計歳入歳出決算の認定の件でございます。
 歳入決算額は322万4,466円、これに対します歳出決算額は248万2,598円でございます。これを差し引きいたしました形式収支は74万1,868円の黒字となっております。
 次に、認定第11号平成19年度筑紫野市御笠財産区特別会計歳入歳出決算の認定の件でございます。
 歳入歳出決算額ともに17万129円となっております。
 次に、認定第12号平成19年度筑紫野市平等寺山財産区特別会計歳入歳出決算の認定の件でございます。
 歳入歳出決算額ともに945万7,422円となっております。
 なお、財産区の決算認定につきましては、二日市財産区は8月26日に、御笠財産区及び平等寺山財産区は8月28日にそれぞれの管理会の同意を得ているところでございます。
 以上、よろしく御審議の上、認定賜りますようお願い申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) ここで、認定第1号から認定第12号までの12件について監査委員から監査結果の報告をお願いします。代表監査委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯代表監査委員(三澤 正人君)〔登壇〕 皆さん、おはようございます。監査委員の三澤正人でございます。どうぞよろしくお願いいたします。
 ただいまより平成19年度一般会計・特別会計決算における審査及び基金運用状況についての審査結果の御報告を申し上げます。
 このたび、地方自治法第233条第2項及び同法第241条第5項の規定に基づき、さきに市長から審査に付されておりました平成19年度筑紫野市一般会計及び特別会計歳入歳出決算並びに基金の運用状況について、去る6月24日から8月11日にかけまして、執行部関係各部課の御協力も得ながら慎重に審査を実施してまいりました。
 なお、審査に当たりましては、坂口博幸監査委員とともに審査を実施したところでございます。
 審査の結果でございますが、各会計の決算書の数値は正確に表示されており、また基金についてもその数値は適正に表示されていることを確認した次第でございます。
 審査の方法及び決算状況等の詳細につきましては、お手元の審査意見書に記しておりますので、適宜御参照いただきたく存じます。
 なお、監査委員としての意見は、審査意見書の54ページと55ページの結びに掲載しているところでございますが、決算の概要について申し述べますと、一般会計及び特別会計ともに実質収支で黒字決算となっているところであります。
 一般会計の歳入におきましては、本年度より所得税から個人住民税への税源移譲が実施されたこと等に伴いまして、市税収入は大きく伸びました。ちなみに、前年度比で11億8,742万8,000円増加いたしましたが、他方におきまして、国の財源による交付金の減額措置、ちなみに前年度で比較いたしますと、地方譲与税で6億4,181万7,000円の減少、地方特例交付金で2億3,381万6,000円の減少、地方交付税3億981万8,000円の減少等がありまして、歳入の伸びが相殺されたこと並びに市債の発行が抑制されまして、ちなみに前年度比で2億8,862万4,000円が減額されたこと等によりまして、結局、歳入の規模は前年度と同水準の277億2,890万4,000円となりました。
 歳入に関しまして、市税の徴収率は、現年度分は97.68%と良好でございますが、これは市民の行政に対する信頼感を背景とした中で、関係職員の収納促進に関する努力の結果であろうと受けとめているところであります。
 一方、歳出におきましては、前年度に比べ増加しておりますが、増加した費目の主たる要因等について見てみますと、民生費では、要保育児童の増加や国民健康保険事業特別会計への繰り出し金等で7億6,436万4,000円、衛生費では、クリーンヒル宝満の整備費等の増加で2億3,580万円、教育費では、イオン進出等に伴う遺跡発掘調査費や文化会館の補修費等で1億7,796万7,000円それぞれ増額いたしております。これらの増額となった費用につきましては、必要不可欠な歳出の増加と認められるものでございます。
 その他の費目につきましては、総じてほぼ前年度を下回る歳出額となっております。
 なお、総務費において、今後の財源調整措置の観点から財政調整基金に5億326万円、減債基金に4億72万円等の基金積み立てが行われておりまして、歳出総額は前年度より9億9,898万6,000円の増加となっております。結局、歳出におきましては、必要な事務事業に効果的に財源を投入して執行する堅実な財政運営が行われていると判断したところでございます。
 歳入歳出決算により形式収支から繰越明許費等繰越額を控除した実質収支額8億4,497万3,000円が次年度の財源として繰り越されることとなっております。
 次に、特別会計におきましては、その中の主要事業であります国民健康保険事業、老人保健事業、介護保険事業等の各特別会計とも一般会計からの繰入金もあり、収支の均衡が保たれ順調に運営されております。この3事業に対する一般会計からの繰入金総額は20億7,984万8,000円で、前年度より2億570万1,000円の増額となっております。
 ちなみに、普通会計におきます本年度末の市債の現在高は374億6,712万5,000円で、平成15年度末現在高の422億2,121万9,000円より47億5,409万4,000円減少いたしておりまして、市債発行を極力少なくしてきた効果が出てきているところであります。
 歳入の確保に努め、歳出を抑制しても万やむを得ない歳出の増加もありまして、普通会計におきます主要な財政指数の中で、財政構造の弾力性を見る目安となります経常収支比率は90.7%、ちなみに前年度は88.0%でございましたので、2.7%の上昇となっておりますし、また、その他の財政指標においても若干上昇していることもありまして、注意を要する厳しい数値となっております。
 そこで、今後における財政状況を展望いたしますと、少子高齢化の進展に伴う経費の増加やクリーンヒル宝満の分担金の増加などに加えまして、経常的に支払い義務のある市債の元利償還金等がありまして、依然として厳しい状況が継続すると考えております。
 したがいまして、行財政の運営に関しましては、今後とも財政健全化計画をもとにいたしまして、歳入に見合った歳出規模の中でより効果的に事業の展開を図られるとともに、本市にとって有益な企業の誘致並びに事務事業の簡素化や合理化につきましても、引き続き努力される必要があると考えているところでございます。
 以上のとおりで、平成19年度の決算審査の報告とさせていただきます。
 引き続きまして、財政健全化判断比率に関する審査意見についてでございますが、お手元の意見書の57ページから62ページに掲載しておるところでございます。これは、さきに市長から地方公共団体の財政健全化に関する法律第3条第1項の規定に基づきまして、平成19年度一般会計等財政健全化判断比率に係る審査意見を求められたものであります。
 この判断比率の審査に当たっては、先ほど御報告申し上げました決算審査と並行して行ったところであります。
 この審査は、市長から提出された健全化判断比率が財政健全化法で定められた算定方法によって正しく算定された数字である否か、また算定の基礎となる事項を記載した書類が適正に作成されたものであるかどうか、さらには財政の健全性にかかわる比率について、意見を申し上げる等の審査を行うものであります。
 財政健全化の判断比率は、1、実質赤字比率、2、連結実質赤字比率、3、実質公債費比率、4、将来負担比率の4指標で算定されることとなっております。
 このそれぞれ算定された比率が国の定めた基準数値を超えているか、超えていないかを見ることにより、当該地方公共団体の財政状況を把握いたしまして、その健全性を判断しようとするものでありますが、この国が示す段階的な基準数値、つまり、早期健全化基準値あるいは財政再生基準値を超えた場合には、自主的な財政の早期健全化計画の策定や国等の関与による確実な財政再建計画の策定等を義務づけられるものであります。
 平成19年度決算から、この法律の一部が適用されまして、平成19年度に係る決算にありましては健全化判断比率、先ほど申し上げました4つの指標の数値でございますが、その健全化判断比率のみの公表にとどまっておりまして、平成20年度決算からは法を全面適用するというものでございます。
 審査の結果は、市長から提出された健全化判断比率に関する数値は正確でございましたし、また数値の算定基礎となる書類も適正でありました。さらに、実質赤字比率及び連結実質赤字比率につきましては、さきに御報告申し上げました決算審査報告において申し述べましたとおり、対象となるすべての会計について赤字決算となった会計はなく、実質赤字比率は生じていないことを確認いたしました。また、実質公債費比率は13.3%でございまして、国が示す早期健全化基準数値の25.0%を下回っています。将来負担比率におきましても73.5%となっていて、これも国の示す基準数値を大きく下回っておりますので、本市の財政は健全な状況をあらわしていることを確認いたした次第でございます。
 以上のとおりで、平成19年度の一般会計等財政健全化計画に関する審査意見とさせていただきます。
 以上でございます。どうも御清聴ありがとうございました。
      ────────────・────・────────────
  日程第18.認定第13号
  日程第19.認定第14号

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 日程第18、認定第13号平成19年度筑紫野市水道事業会計決算の認定の件及び日程第19、認定第14号平成19年度筑紫野市下水道事業会計決算の認定の件の2件を一括して議題といたします。
 執行部に提案理由の説明を求めます。市長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市長(平原 四郎君)〔登壇〕 認定第13号及び認定第14号の2件を一括して提案理由の御説明を申し上げます。
 まず、認定第13号平成19年度筑紫野市水道事業会計決算の認定の件でございます。
 収益的収支は収入総額18億5,426万8,634円、費用総額17億6,119万4,349円となりまして、その結果、税抜きで5,417万1,990円の純利益を生じております。
 また、資本的収支は収入総額931万5,180円、支出総額6億7,275万1,824円となりまして、不足額は過年度分損益勘定留保資金等で補てんをいたしております。
 次に、認定第14号平成19年度筑紫野市下水道事業会計決算の認定の件でございます。
 収益的収支は収入総額19億8,958万1,682円、費用総額18億7,184万1,136円となりまして、その結果、税抜きで8,339万6,033円の純利益を生じております。
 また、資本的収支は収入総額9億5,837万4,713円、支出総額17億6,276万2,289円となりまして、不足額は過年度分損益勘定留保資金等で補てんをいたしております。
 以上、地方公営企業法第30条第4項の規定によりまして、監査委員の意見をつけまして議会の認定に付すものでございます。よろしく御審議の上、認定賜りますようお願い申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) ここで、認定第13号及び認定第14号の2件について、監査委員から監査結果の報告をお願いします。代表監査委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯代表監査委員(三澤 正人君)〔登壇〕 監査委員の三澤でございます。このたび、地方公営企業法第30条第2項の規定に基づき、さきに市長から審査に付されておりました平成19年度水道事業及び下水道事業にかかわる企業会計決算について、去る6月3日から7月8日にかけまして審査を実施いたしましたので、ここに御報告いたします。
 まず、審査に当たりましては、坂口監査委員とともに審査を実施したところでございます。
 その結果、当該決算書及び附属書類が地方公営企業法、その他関係法令に準拠して作成されておりまして、その計数が正確であるかどうか、また会計処理が諸規則に従って正しく行われ、かつ経営成績並びに財政状況が適正に表示されているかなどを鋭意審査しますとともに、経済性の発揮と合理的な事業運営がなされ、公共の福祉増進に寄与しているかどうかについても、あわせて検証いたしたところでございます。
 具体的には、関係書類の閲覧、帳票その他証憑書類の調査並びに関係職員の説明を求めまして、さらにまた必要とする場合につきましては、現地調査や書類の提出を受けるなど、可能な限りの手法を用いまして実施したところでございます。
 その結果、両会計の決算報告書、損益計算書、その他決算附属書類はいずれも関係法令に準拠して作成され、これらに記載されている数値は正確であり、また経営成績並びに財政状況も適正に表示されていることを認めた次第でございます。
 以上が審査結果の総括でございますが、この決算審査を通しまして、監査委員としての意見は、事業会計ごとにお手元の意見書の末尾に結びとして記載しているところであります。御参照をお願いしたいと思います。
 水道事業の平成19年度会計決算による経常収支は、5,417万1,000円の黒字決算となっています。
 これは、収入で水の使用量の若干の伸びに伴いまして、料金収入が15億9,304万1,000円となりました。ちなみに前年度比で835万1,000円増加となりましたが、水道利用の加入金が前年度比で5,210万2,000円減少して1億3,926万8,000円となったことや、固定資産の売却収入がなかったこと等で、総収入は17億6,667万3,000円、ちなみに前年度比で1億779万2,000円減少となりました。
 一方支出では、海水淡水化事業による受水費の軽減措置がなくなりまして、原水及び浄水費が3,436万9,000円増加したこと等で、総支出は17億1,250万1,000円となって、総収入から総支出を控除して純利益が生じたものでございます。
 この純利益は、剰余金処分計算書(案)によりまして減債積立金に1,000万円積み立てまして、残余はすべて翌年度繰越利益剰余金として留保されることになっております。
 ところで、平成20年度以降の経営を予見してみますと、現状のまま推移いたしますと、市民の節水意識の高まり等で水の需要は余り伸びなくて、水道料金の収入の大きな伸びは期待することは困難なため、営業収入を大きくふやすことは現状では困難であろうと考えております。
 一方、営業経費では、海水淡水化事業による受水費は、平成20年度から新たに3カ年間にわたり各年度7%の軽減措置が図られまして、おおむね単年度で2,000万円程度減額されるという明るいニュースもございますが、このほかの営業経費の節減もできる限り図っていかなければならない厳しい状況にあります。
 このような経営状況の中で検討すべきこととして、昭和50年代の水不足の時代に導入されました、水の大口需要を抑制する特別加入金制度を現在のまま継続することについてであります。現状では、企業進出やマンション建設等による水需要にも十分対応できますので、水需要の開拓等について、より一層種々検討を行って善処していただきたいと考えているところでございます。
 なお、経営に関しまして水道料金の収納率は高率、ちなみに98.69%となっておりますが、このことは市民各位の御協力と関係者の努力で達成されていると考えております。
 建設改良事業では、本年度は2億3,336万7,000円を投じまして、筑紫駅西口やゴルフ場団地及び吉木地区などで配水管の新設工事が行われ、また、老朽化による漏水に対処するため杉塚や二日市中央地区などで配水管の布設がえ工事等が行われました。
 また、建設改良工事に関連して借り入れている企業債の償還につきまして、本年度は国の臨時特例措置によりまして、高利の企業債の繰上償還金1億4,439万4,000円を含めまして、企業債4億3,911万1,000円が償還されているところでございます。
 今後の財務の状況を展望しますと、経営の収支状況が厳しい中でも必要な施設の整備や企業債の元利償還は恒常的に継続しなければなりませんし、厳しい局面に向かうことも考えられます。
 したがって、経営に際しましては、今後とも事務事業を計画的に効率よく推進されるとともに、より一層経費の節減も図られまして市民の行政への期待にこたえられるよう、今後とも研さんに努めていただきたいと要望します。
 次に、下水道事業でございますが、平成19年度下水道事業会計の経営収支は、8,339万6,000円の黒字決算となっております。
 これは、収入の面で、水洗化の普及促進等によります水洗化人口の伸びで下水道使用料が増加いたしまして、13億7,275万1,000円となったこと等によりまして、総収益が19億1,840万円となりました。一方、費用の面で、流域下水道維持管理負担金6億5,781万8,000円や固定資産の減価償却費4億5,167万4,000円、及び企業債の支払利息5億2,724万9,000円などの総費用は18億3,500万4,000円となりまして、総収益が総費用を上回った結果生じたものでございます。
 この純利益は、剰余金処分計算書(案)によりまして減債積立金に1,000万円積み立てまして、残余はすべて翌年度繰越利益剰余金として留保されることになっています。
 御案内のとおり、下水道事業は市民の生活環境の改善と公共水域の水質保全を図る重要な施策として、企業債を発行したり、国や一般会計から公費の助成を受けるなどして財源を確保いたしまして、その財源で計画的に下水道の整備拡充が図られてきているところでございます。
 平成19年度は、建設改良事業に5億7,809万円を投じまして、筑紫駅西口、ゴルフ場団地、吉木及び山家地区の下水道築造工事等が行われましたほか、東新町雨水幹線や桜台雨水枝線を整備する等浸水対策工事が施工されました。この下水道築造工事で水洗化戸数が912戸、水洗化人口が1,694人増加いたしました。
 また、建設改良工事に関連して借り入れております企業債の償還につきまして、今年度は国の臨時特例措置による高利の企業債の繰上償還金3億8,145万4,000円を含めまして、企業債が11億8,467万1,000円償還されているところでございます。
 財務の状況につきましては、建設改良事業に充当された企業債、ちなみに平成19年度末の未償還残高が150億9,180万9,000円でございますが、この企業債の元利償還金や今後の事業推進に要する経費の動向等を考慮いたしますと、厳しい環境にあると考えております。
 したがいまして、事業の推進に際しましては、今後とも計画的で効率的な整備促進に努められるとともに、収入の確保や経費の節減についても努力されるよう要望いたします。
 以上のとおりで、平成19年度水道事業及び下水道事業会計の決算審査報告とさせていただきます。
 引き続きまして、公営企業会計経営健全化審査意見についてでございます。
 これは、さきに市長から地方公共団体の財政の健全化に関する法律第22条第1項の規定に基づきまして、経営健全化に関する資金不足比率の審査意見を求められたものでございますが、お手元の決算審査意見書の39ページから41ページにかけて、平成19年度水道事業会計に係るもの、79ページから81ページにかけまして、平成19年度下水道事業会計に係るものを掲載しているところでございます。
 この審査意見は、会計ごとに行うこととされておりますので、それぞれの会計ごとに意見書を添付しておりますが、ここでは一括して審査結果の御報告をさせていただきます。
 審査に当たりましては、それぞれの会計決算審査と同時並行して審査を行っておりますが、この審査につきましては、提出された資金不足比率が定められた算定方式によって算出された数値であるか、及びその算定の基礎となる事項を記載した書類が適正に作成されているか等について行うものでございます。
 この資金不足比率は、公営企業の資金不足を公営企業の事業規模である料金収入規模と比較して流動資産が流動負債を下回る場合に指標化いたしまして、経営状況の深刻度を示すものとされておりますが、資金不足比率が国の定める基準値、これは基準値は20%となっておりますが、この基準値を超える場合は経営健全化計画の策定が義務づけられるというものでございます。
 先ほど決算審査報告で述べましたとおり、平成19年度におきます本市の水道事業会計及び下水道事業会計の両会計ともに黒字決算となっておりまして、流動資産が流動負債を上回っておりまして、資金不足比率は生じていないことを確認いたしまして、良好な経営状態にあると認めたところであります。
 以上のとおりで、平成19年度水道事業会計及び下水道事業会計に係る経営健全化審査結果報告とさせていただきます。御清聴どうもありがとうございました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) しばらく休憩いたします。
                午前11時02分休憩
      ………………………………………………………………………………
                午前11時15分再開

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
      ────────────・────・────────────
  日程第20.報告第9号

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 日程第20、報告第9号専決処分の承認の件を議題といたします。
 執行部に提案理由の説明を求めます。市長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市長(平原 四郎君)〔登壇〕 報告第9号専決処分の承認につきまして提案理由の御説明を申し上げます。
 本件は、事故の賠償について地方自治法第179条第1項の規定により、専決処分を行っております。よって、同条第3項の規定に基づきこれを報告し、御承認を求めるものでございます。
 事故の内容は、市が管理している筑紫野市原田五丁目4番地6の都市公園(原田2号公園)内の階段が陥没をし、落ち葉で覆われ判別できなくなっていたため、平成20年1月25日午後1時ごろ、相手方が歩行中、左足がその陥没場所に落ち込んだことにより転倒し、足首を骨折したものでございます。
 このことによります市の過失割合10割、損害賠償額114万8,952円で示談が成立をいたしましたので、平成20年8月19日付で専決処分を行ったところでございます。
 今後の事故防止対策といたしましては、施設の危険箇所の早期発見、補修等が重要であるため、区長等から情報を提供していただき、迅速な維持補修を実施してまいります。
 よろしく御審議の上、御承認賜りますようお願い申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 本件に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 質疑を打ち切ります。
 ただいまから討論を行います。討論される方はありませんか。
                〔「なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) これにて討論を打ち切ります。
 これより採決を行います。本件を承認することに御異議ありませんか。
               〔「異議なし」の声あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 御異議なしと認めます。よって、本件は承認することに決しました。
      ────────────・────・────────────
  日程第21.報告第10号
  日程第22.報告第11号

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 日程第21、報告第10号筑紫野市土地開発公社事業等の報告の件及び日程第22、報告第11号財団法人筑紫野市管理公社事業等の報告の件の2件を一括して議題といたします。
 本2件に関し、地方自治法第243条の3第2項の規定により、執行部から報告願います。副市長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯副市長(伊藤 清隆君)〔登壇〕 報告第10号及び報告第11号の2件を一括して御報告申し上げます。
 まず、報告第10号筑紫野市土地開発公社事業等の報告につきまして、地方自治法第243条の3第2項の規定に基づき御報告を申し上げます。お手元に平成19年度事業報告及び決算報告書を配付いたしておりますので、ごらんいただきたいと思います。
 まず、1ページの1の総括でございます。一般庶務事項といたしましては、平成19年度に理事会を2回開催いたしまして、8件の議案について審議がなされ、すべて原案のとおり可決されたところでございます。
 また、役員につきましては、市議会議員選挙が平成19年4月に実施されましたことから、議員4名の理事のうち3名に変更があったところでございます。この詳細につきましては、4ページ、5ページに、5の一般庶務事項として記載をいたしておりますので、後ほどごらんをいただきたいと思います。
 取得事業につきましてはございませんでした。
 次に、2の事業計画の執行状況でございます。
 処分につきましては、台帳番号2001番の塔原・太宰府線代替地、485平方メートルを3,993万2,632円で市へ売却いたしております。この明細につきましては、3ページの事業計画と実績比較表に記載をいたしております。
 次に、3の財務の状況についてでございますが、平成19年度は塔原・太宰府線代替地を処分したところでございますが、当期純損失は828万46円となっております。
 なお、この詳細につきましては、12ページの損益計算書を後ほど御一覧いただきたいと思います。
 借入金につきましては、市からの無利子長期借入金5億2,700万円と金融機関からの借入金15億3,685万6,000円となっております。なお、これの詳細につきましては、20ページに記載をいたしております。
 保有地の期末残高につきましては、平成19年度期首残高が24億2,554万250円に対し平成19年度増加高が1,416万2,215円、減少高が3,865万8,549円となりましたことから、平成19年度期末残高は24億104万3,916円となっております。
 なお、詳細につきましては17ページ、18ページに記載しておりますので、後ほどごらんいただければというふうに思います。
 次に、2ページには4の平成18年度監査の実施状況、6ページから10ページには収益的及び資本的収入・支出を、11ページには貸借対照表、13ページにはキャッシュ・フロー計算書、14ページには財産目録を記載いたしております。16ページ以降21ページまでが附属明細表となっております。最後に、22ページに平成19年度決算の監査報告書を添付いたしております。
 次に、報告第11号財団法人筑紫野市管理公社事業等の報告につきまして、地方自治法第243条の3第2項の規定に基づき御報告申し上げます。
 お手元の平成19年度財団法人筑紫野市管理公社事業報告及び決算報告書に基づきまして御説明をさせていただきます。
 当管理公社の事業につきましては、筑紫野市より指定管理者として指定を受けております、筑紫野市文化会館の運営に伴うものでございます。
 まず、文化会館の利用状況でございます。8ページをお開き願います。そこに平成19年度の文化会館の利用状況及び施設使用料につきまして掲載いたしております。この施設は、共同福祉施設と地域活動センターの2つに分かれております。
 初めに、共同福祉施設、9ページからでございます。いわゆるホール棟でございますが、使用回数は1,160回、入場者数は8万6,425人、使用料2,146万1,460円でございます。
 次に、地域活動センター、12ページからでございますが、いわゆる研修棟でございます。使用回数は1,135回、入場者数が2万5,183人、使用料は480万460円でございます。
 両施設の合計でございますが、8ページに掲載しておりますとおり、入場者数は11万1,608人、使用料は2,626万1,920円でございます。
 なお、使用料でございますが、公的使用につきましては減免制度がございますので、その減免額が1,604万9,840円となっており、実質の納入額は1,021万2,080円でございます。
 続きまして、決算の状況でございます。18ページ、19ページをお開き願います。
 初めに、一般会計につきまして決算額の欄で御説明申し上げます。
 まず、事業活動収支の部の収入でございます。収入合計といたしまして7,349万7,052円でございます。収入の主なものにつきましては、指定管理受託収入の7,341万5,000円でございます。
 次に、支出でございます。支出の合計といたしましては、7,344万4,411円でございます。その主なものといたしましては、文化会館管理費6,574万5,411円でございまして、人件費、施設の光熱水費、清掃等の委託費及び需用費等でございます。それから、特別会計への繰入金支出の769万9,000円につきましては、自主事業特別会計への支出でございます。
 収入合計の7,349万7,052円から支出合計の7,344万4,411円を差し引きいたしますと、事業活動収支差額5万2,641円となりまして、この額が次期繰越収支差額となるものでございます。
 次に、自主事業の特別会計でございます。4ページをお開き願います。
 3の自主文化事業の実施について記載いたしておりますように、26件の事業を行ってまいりました。その詳細につきましては、15ページに自主文化事業収支表を記載いたしております。後ほど御参照いただきたいと存じます。
 次に、自主事業特別会計決算の内容でございます。20ページ、21ページをお開き願います。
 決算額の欄で御説明申し上げますと、まず、事業活動収支の部の収入でございますが、収入の合計といたしまして1,491万1,015円でございます。その主な内容につきましては、事業収入の639万5,217円、一般会計からの繰入金収入の769万9,000円でございます。
 次に、支出でございますが、支出合計といたしましては1,470万842円でございます。その内容につきましては、文化会館事業費1,470万842円でございまして、使用料及び賃借料、租税公課、手数料及び委託費等でございます。事業活動収支差額は21万173円でございます。
 次に、投資活動収支の部につきましては、収入はなく、支出といたしまして300万円を25周年事業積立金としまして積み立てております。投資活動収支差額につきましてはマイナス300万円となり、当期の収支差額はマイナス278万9,827円となりますが、これに前期繰越収支差額640万2,981円を加えますと、361万3,154円となりまして、この額が次期繰越収支差額となるものでございます。
 以上でございますが、そのほかに貸借対照表、財産目録等を添付いたしておりますので、後ほど御参照のほどよろしくお願い申し上げたいと思います。
 これをもちまして、報告第10号筑紫野市土地開発公社事業等の報告及び報告第11号財団法人筑紫野市管理公社事業等の報告を終わらせていただきます。よろしくお願いします。
      ────────────・────・────────────
  日程第23.議案第55号

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 日程第23、議案第55号筑紫野・春日・筑前筑慈苑施設組合を組織する地方公共団体の数の増加、筑紫野・春日・筑前筑慈苑施設組合の共同処理する事務の変更及び筑紫野・春日・筑前筑慈苑施設組合規約の変更の件を議題といたします。
 執行部に提案理由の説明を求めます。市長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市長(平原 四郎君)〔登壇〕 議案第55号筑紫野・春日・筑前筑慈苑施設組合を組織する地方公共団体の数の増加、筑紫野・春日・筑前筑慈苑施設組合の共同処理する事務の変更及び筑紫野・春日・筑前筑慈苑施設組合規約の変更について提案理由の御説明を申し上げます。
 本件は、平成21年4月1日から筑紫野・春日・筑前筑慈苑施設組合に大野城市及び太宰府市、並びに旧朝倉郡三輪町の区域が加わることになり、当該組合の共同処理する事務を変更するとともに、規約の一部を変更する必要が生じたため、関係地方公共団体と協議することにつきまして、地方自治法第290条の規定により議会の議決を求めるものでございます。
 よろしく御審議の上、御可決賜りますようお願い申し上げます。
      ────────────・────・────────────
  日程第24.議案第56号
  日程第25.議案第57号
  日程第26.議案第58号
  日程第27.議案第59号
  日程第28.議案第60号
  日程第29.議案第61号
  日程第30.議案第62号

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 日程第24、議案第56号筑紫野市表彰条例の全部を改正する条例の制定の件から、日程第30、議案第62号筑紫野市水道事業給水条例の一部を改正する条例の制定の件までの7件を一括して議題といたします。
 執行部に提案理由の説明を求めます。市長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市長(平原 四郎君)〔登壇〕 議案第56号から議案第62号までの7議案を一括して提案理由の御説明を申し上げます。
 まず、議案第56号筑紫野市表彰条例の全部を改正する条例の制定の件でございます。
 本件は、功労表彰、善行表彰の2種類で行っています表彰内容を見直しまして、表彰内容を自治功労表彰、市民表彰、善行表彰、特別表彰の4種類とするため、条例の全部を改正するものでございます。
 次に、議案第57号筑紫野市議会政務調査費の交付に関する条例の一部を改正する条例の制定の件でございます。
 本件は、地方自治法の改正に伴い、引用条項が変更となったため条例を改正するものでございます。
 次に、議案第58号筑紫野市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例の制定の件でございます。
 本件は、株式会社日本政策金融公庫法及び地方公営企業等金融機構法が公布され、公庫の予算及び決算に関する法律が、沖縄振興開発金融公庫の予算及び決算に関する法律に改められたことに伴い、条例を改正するものでございます。
 次に、議案第59号筑紫野市議会議員の報酬条例の一部を改正する条例の制定の件及び議案第60号筑紫野市特別職報酬等審議会条例の一部を改正する条例の制定の件でございます。
 本2件は、地方自治法の一部を改正する法律が公布され、議員に支給される報酬の名称が議員報酬に改められたことに伴い、条例を改正するものでございます。
 次に、議案第61号筑紫野市地域福祉計画等推進委員会設置条例の制定の件でございます。
 本件は、地域福祉計画及び活動計画の推進に伴い、その進行管理や既存計画の見直しを行う必要があるため、地域福祉計画等推進委員会の設置に関し条例を制定するものでございます。なお、条例の制定に伴い、現在の筑紫野市地域福祉計画等策定委員会設置条例については廃止することといたしております。
 次に、議案第62号筑紫野市水道事業給水条例の一部を改正する条例の制定の件でございます。
 本件は、水道利用特別加入金を廃止し、水道利用加入金に一本化するため、あわせて文言の整理の見直しを行うため条例を改正するものでございます。
 以上、7議案を一括して提案理由の御説明を申し上げましたが、よろしく御審議の上、御可決賜りますようお願い申し上げます。
      ────────────・────・────────────
  日程第31.議案第63号
  日程第32.議案第64号

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 日程第31、議案第63号市道路線の認定の件及び日程第32、議案第64号市道路線の変更の件の2件を一括して議題といたします。
 執行部に提案理由の説明を求めます。市長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市長(平原 四郎君)〔登壇〕 議案第63号及び議案第64号の2議案を一括して提案理由の御説明を申し上げます。
 まず、議案第63号市道路線の認定の件でございます。
 路線番号90089号大坪・石ケ崎線、路線番号90090号入宇・大坪線の2路線とともに、立明寺地内に建設中の商業施設の道路計画により路線の見直しを行い、市道として認定をするものでございます。
 次に、議案第64号市道路線の変更の件でございます。
 路線番号70019号入宇・外木町線について、同じく立明寺地内に建設中の商業施設の道路計画により路線の見直しを行い、起点、路線及び区域を変更するものでございます。なお、路線名を勢井手・外木町線とするものでございます。
 以上、2議案につきまして、道路法第8条第2項の規定に基づき議会の議決を求めるものでございます。よろしく御審議の上、御可決賜りますようお願い申し上げます。
      ────────────・────・────────────
  日程第33.議案第65号
  日程第34.議案第66号
  日程第35.議案第67号

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 日程第33、議案第65号平成20年度筑紫野市一般会計補正予算(第2号)の件から日程第35、議案第67号平成20年度筑紫野市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)の件までの3件を一括して議題といたします。
 執行部に提案理由の説明を求めます。市長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市長(平原 四郎君)〔登壇〕 議案第65号から議案第67号までの3議案を一括して提案理由の御説明を申し上げます。
 まず、議案第65号平成20年度筑紫野市一般会計補正予算(第2号)の件でございます。
 補正の主な内容でございますが、歳出予算といたしましては、山家の小古野川頭首工の工事完了に伴う農地費1,000万円などの減額と、JT用地購入に伴う財産管理費2億7,810万円、無料の妊婦健診回数を10月から3回を5回にふやすための母子衛生費1,478万3,000円、天拝中学校の防球ネット設置に伴う学校管理費1,590万円などを増額するものでございます。
 歳入予算といたしましては、国庫補助金1,583万1,000円の減額と県補助金564万3,000円、基金繰入金2億7,810万円、繰越金5,828万2,000円などを増額するものでございます。
 このため、歳入歳出予算の総額は歳入歳出それぞれ3億2,904万5,000円を追加し、264億9,606万円とするものでございます。
 次に、議案第66号平成20年度筑紫野市老人保健事業特別会計補正予算(第1号)の件でございます。
 補正予算の内容でございますが、歳出予算といたしましては、平成19年度医療費確定に伴う償還金15万5,000円及び予備費6万8,000円を増額するものでございます。
 歳入予算といたしましては、平成19年度事務費確定に伴う審査支払手数料交付金22万3,000円を増額するものでございます。
 このため、歳入歳出予算の総額は歳入歳出それぞれ22万3,000円を追加し、10億796万1,000円とするものでございます。
 次に、議案第67号平成20年度筑紫野市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)の件でございます。
 補正予算の内容でございますが、歳出予算といたしましては、平成19年度国庫支出金等の確定に伴う償還金557万4,000円及び予備費3,958万円を増額するものでございます。
 歳入予算といたしましては、平成19年度介護給付費交付金の確定に伴う支払基金交付金243万3,000円、平成19年度介護給付費負担金の確定に伴う県負担金367万5,000円及び前年度繰越金3,904万6,000円を増額するものでございます。
 このため、歳入歳出予算の総額は歳入歳出それぞれ4,515万4,000円を追加し、43億2,869万9,000円とするものでございます。
 以上、3議案を一括して提案理由の御説明を申し上げましたが、よろしく御審議の上、御可決賜りますようお願い申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) しばらく休憩します。
                午前11時42分休憩
       ………………………………………………………………………………
                午前11時43分再開

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 市長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯市長(平原 四郎君)〔登壇〕 先ほど提案を申し上げました議案第63号市道路線の認定の路線番号につきまして、私のほうが間違っておりましたので訂正をさせていただきます。
 46ページにありますように、この路線番号90089と読みましたけども、9089、それから同じくこれも90090と読みましたけども9090の路線番号、記載のとおりでございます。さらに、47ページの議案第64号でありますが、これについても70019というふうに表現をいたしましたが、記載のとおり7019ということで、路線番号の提案について誤りがありましたので訂正方、よろしくお願い申し上げます。
      ────────────・────・────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(横尾 秋洋君) これにて本日の議事は終了いたしました。
 これをもって本日の会議を散会いたします。お疲れさまでした。
                午前11時44分散会
      ──────────────────────────────