議事ロックス -地方議会議事録検索-


福岡県 小郡市

平成23年 6月定例会 06月01日−01号




平成23年 6月定例会 − 06月01日−01号









平成23年 6月定例会



             平成23年6月第2回定例市議会

                           平成23年6月1日(水)開会

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

1. 議事日程

  第1 会期の決定

  第2 会議録署名議員の指名

  第3 諸報告

  第4 議案の一括上程

    1 小郡市土地開発公社の経営状況について(報告第1号)

    2 平成22年度小郡市一般会計繰越明許費繰越計算書の報告について(報告第2号)

    3 平成22年度小郡市下水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書の報告について(報告第3号)

    4 専決処分を報告し、承認を求めることについて(小郡市国民健康保険税条例の一部を改正する条例)(報告第4号)

    5 専決処分を報告し、承認を求めることについて(小郡市国民健康保険条例の一部を改正する条例)(報告第5号)

    6 専決処分を報告し、承認を求めることについて(小郡市税条例の一部を改正する条例)(報告第6号)

    7 専決処分を報告し、承認を求めることについて(平成22年度小郡市一般会計補正予算(第6号))(報告第7号)

    8 専決処分を報告し、承認を求めることについて(平成23年度小郡市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号))(報告第8号)

    9 専決処分を報告し、承認を求めることについて(平成22年度小郡市老人保健事業特別会計補正予算(第2号))(報告第9号)

    10 専決処分を報告し、承認を求めることについて(平成22年度小郡市介護保険事業特別会計(保険事業勘定)補正予算(第3号))(報告第10号)

    11 専決処分を報告し、承認を求めることについて(平成22年度小郡市下水道事業特別会計補正予算(第3号))(報告第11号)

    12 小郡市立幼稚園の授業料等の減免に関する条例の一部を改正する条例の制定について(議案第26号)

    13 小郡市暴力団等排除条例の施行に伴う関係条例の整理に関する条例の制定について(議案第27号)

    14 平成23年度小郡市一般会計補正予算(第1号)の承認について(議案第28号)

    15 市道の認定及び路線変更について(議案第29号)

  第5 提案理由の説明



1. 会議に付した事件

  日程第1 会期の決定

  日程第2 会議録署名議員の指名

  日程第3 諸報告

  日程第4 議案の一括上程

      1 小郡市土地開発公社の経営状況について(報告第1号)

      2 平成22年度小郡市一般会計繰越明許費繰越計算書の報告について(報告第2号)

      3 平成22年度小郡市下水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書の報告について(報告第3号)

      4 専決処分を報告し、承認を求めることについて(小郡市国民健康保険税条例の一部を改正する条例)(報告第4号)

      5 専決処分を報告し、承認を求めることについて(小郡市国民健康保険条例の一部を改正する条例)(報告第5号)

      6 専決処分を報告し、承認を求めることについて(小郡市税条例の一部を改正する条例)(報告第6号)

      7 専決処分を報告し、承認を求めることについて(平成22年度小郡市一般会計補正予算(第6号))(報告第7号)

      8 専決処分を報告し、承認を求めることについて(平成23年度小郡市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号))(報告第8号)

      9 専決処分を報告し、承認を求めることについて(平成22年度小郡市老人保健事業特別会計補正予算(第2号))(報告第9号)

      10 専決処分を報告し、承認を求めることについて(平成22年度小郡市介護保険事業特別会計(保険事業勘定)補正予算(第3号))(報告第10号)

      11 専決処分を報告し、承認を求めることについて(平成22年度小郡市下水道事業特別会計補正予算(第3号))(報告第11号)

      12 小郡市立幼稚園の授業料等の減免に関する条例の一部を改正する条例の制定について(議案第26号)

      13 小郡市暴力団等排除条例の施行に伴う関係条例の整理に関する条例の制定について(議案第27号)

      14 平成23年度小郡市一般会計補正予算(第1号)の承認について(議案第28号)

      15 市道の認定及び路線変更について(議案第29号)

  日程第5 提案理由の説明



1. 会議に出席した議員(18名)

   1番  田 代 和 誠            2番  城 山 雅 朗

   3番  百 瀬 光 子            4番  入 江 和 隆

   5番  佐々木 益 雄            6番  竹 腰   昭

   7番  田 中 雅 光            8番  新 原 善 信

   9番  井 上 勝 彦           10番  松 村 京 子

  11番  山 田   忠           12番  田 中 登志雄

  13番  佐 藤 尚 武           14番  松 尾 昌 弘

  15番  徳 冨 正 夫           16番  成 富 一 典

  17番  廣 瀬 勝 栄           18番  吉 塚 邦 之



1. 会議に欠席した議員

   な   し



1. 会議に出席した説明員(8名)

  市長      平 安 正 知        副市長     高 木 良 郎

  教育長     清 武   輝        総務部長    吉 住 知 城

  保健福祉部長  平 田 廣 明        環境経済部長  清 水 啓 介

  都市建設部長  佐 藤 吉 生        教育委員会教育部長

                                 吉 浦 大志博



1. 議場に出席した事務局職員(3名)

  議会事務局長  福 田 正 昭

  係長      末 次 泰 隆

  書記      中 原 博 輝







              開会 午前9時30分



○吉塚邦之議長 おはようございます。

 さきの平成23年度第1回小郡市議会開会中に起きました東北地方を襲った大震災、多数の死傷者、またまだ多くの不明者の方がおられます。ここに、震災に見舞われた方のご冥福をお祈りするために黙祷をささげたいと思います。ご協力いただきたいと思います。よろしくお願いします。

 黙祷。

              〔黙  祷〕



○吉塚邦之議長 お直りください。どうもご協力ありがとうございました。

 ただいまの出席議員は18名で、議員定足数に達しております。よって、平成23年第2回小郡市議会定例会はここに成立いたしましたので、開会いたします。

 直ちに本日の会議を開きます。

 議事日程につきましては、お手元に配布しておるとおりでございます。ご了承願います。

            〜〜〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第1 会期の決定



○吉塚邦之議長 日程第1、会期の決定を議題といたします。

 今期の定例市議会は、本日から6月22日までの22日間といたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 ご異議なしと認めます。よって、会期は本日から6月22日までの22日間と決定いたしました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第2 会議録署名議員の指名



○吉塚邦之議長 日程第2、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、11番山田忠議員、12番田中登志雄議員を指名いたします。

            〜〜〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第3 諸報告



○吉塚邦之議長 日程第3、諸報告を申し上げます。

 監査委員から、平成23年2月から平成23年4月までの3カ月分の現金出納検査及び都市計画課ほか5課の定期監査の結果報告を受けております。

            〜〜〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第4 議案の一括上程



○吉塚邦之議長 日程第4、このたび市長より報告第1号外14件がお手元に配布のとおり提出されましたので、これを一括上程いたします。

            〜〜〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第5 提案理由の説明



○吉塚邦之議長 日程第5、この際、市長から提案理由の説明を求めます。

 平安市長。

              〔平安正知市長 登壇〕



◎平安正知市長 皆さんおはようございます。

 6月を迎えまして、いよいよ本格的な梅雨の季節となってまいりますが、議員各位におかれましてはご健勝のこととお喜び申し上げます。

 本日ここに平成23年第2回小郡市議会定例会を招集いたしましたところ、議員各位におかれましては公私ともご多忙の中、ご出席を賜り、厚く御礼を申し上げます。

 議会におかれましては、今定例会の会期を22日までとご決定をいただき、提案いたしております案件につきまして慎重審議していただくわけでございますが、どうか十分にご審議賜り、全議案につきまして承認いただきますようにお願いをいたします。

 さて、今回、提案理由をご説明申し上げる前に、若干お時間をいただきまして、東日本大震災に伴う市としての取り組みの状況をご説明申し上げたいと思います。

 本年3月11日、太平洋三陸沖を震源としたマグニチュード9.0という国内観測史上最大の巨大地震が発生をし、この大地震によって発生した津波は、東北地方を中心に、死者、行方不明者2万人以上に上るという甚大な被害を及ぼしました。

 このような中、私も先月12日から14日まで、被災地である福島県の新地町、相馬市、南相馬市、そして原発から8キロ圏内まで防護服を着て入って浪江町にかけて、現地視察を行ってまいりました。今回の私の被災地の現地視察は、私自身が現地に赴き、被災地の現状を自分自身の目で確認しながら、被災者の方々や自治体の首長、行政職員、自衛隊の皆様から貴重なお話やご意見を伺うことにより、1つ目には大規模災害発生時の自治体としての初動態勢のあり方や行政機能の確保について学ぶこと、2つ目には災害発生時の自治体首長の果たすべき役割やリーダーシップの発揮の仕方について考えること、3つ目には被災された住民の皆様や、その支援に当たられている行政職員、そして被災地において復興支援活動に励んでおられる自衛隊の小郡駐屯地第5施設団の皆様を激励することなどを目的に行ったものであります。私自身、実際に現地で見渡す限りの瓦れきの山を目の当たりにしたときには、やはり今回の災害規模の大きさと、その被害の甚大さに愕然とするとともに、身内を亡くし、家や財産を失った被災者の皆様の心痛を改めて痛感した次第であります。

 しかしながら、このような状況下においても、被災された皆様が希望を持って着実に復興に向けて励んでおられる姿に大変感動いたしました。激励に伺った私自身が、逆に被災地の皆様から勇気と力をいただいたような思いがいたしました。

 今回、被災地の住民の皆様、自治体の首長の皆様、災害支援に携わっておられる皆様から、大変貴重なお話やご意見をお伺いすることができました。私といたしましても、今後小郡市としてどのような支援が可能なのか、しっかりと考えてまいりたいと思っております。そして何よりも、一刻も早い被災地の皆様方の復興と、災害支援活動に当たられておられます皆様方の安全をご祈念申し上げる次第でございます。

 さて、今回の大震災に伴い、現在、市として取り組んでおります災害支援の状況についてご報告をいたします。

 まず、義援金に関してですが、市といたしましては、平成22年度一般会計予算から日本赤十字社に対し1,000万円の寄付を行っております。また、本庁舎及び市内13カ所に設置しております義援金箱や、義援金口座の開設等で受け付けを行っております市民の皆様や各種団体、サークル、行政区、企業等の皆様から、義援金につきましても現時点で1,521万3,922円の寄付をいただいているところであり、また社会福祉協議会におきましても214万8,013円の寄付をいただいております。これらの義援金につきましては、随時、日本赤十字社または中央共同募金会等に送金をしておるところでございます。

 次に、被災地からの避難者の皆様の受け入れ態勢についてですが、住宅関連では市営住宅の提供の準備、保健・医療関連では医療機関での被保険者証の提示の緩和、一部負担金の支払い猶予、国民健康保険税及び後期高齢者医療保険料の減免、予防接種、妊婦健診、乳幼児健診等の実施等、また福祉関連では介護保険サービスにおける利用料等の支払い猶予、介護保険料の減免、生活保護の認定等、子供教育関連では児童・生徒の学校への受け入れ、就学前児童の保育所への受け入れ等、また生活支援関連では住民税や固定資産税等の納付時期の延期、転入手続の緩和、住民票等の交付手数料の減免、収納相談の受け付け等、さまざまな受け入れ態勢をとるとともに、総合的な相談窓口としましては総務課総務係において対応を行うことといたしています。これら支援体制の状況については、ホームページ、市広報等を通じ、お知らせをしているところです。

 また、現在、総務省において4月25日から運用が開始されました全国避難者情報システムについても運用を行っているところでございまして、避難者の皆様に全国避難者情報システムに登録をしていただくことにより、避難前のお住まいの県や市町村へ避難された皆様の情報を提供し、これらの市町村からさまざまなお知らせ情報をお届けするようにしているところでございまして、現時点で2世帯4名の方に登録をいただいているところであります。

 次に、被災地の消防団への支援についてでございますが、現在、小郡市消防団の新型の救助資機材搭載車の貸与及び中古の消防ポンプ車の譲渡について提供が可能である旨を、県を通じ、申し出ているところでございまして、提供の要請があり次第、随時対応を行うこととしているところであります。

 最後に、被災地への職員の人的派遣についてでありますが、現在、福岡県との合同派遣チームに参加することによって、宮城県東松島市に5月21日から29日まで1名、さらに明日から6月10日まで1名の職員を派遣し、行政支援等の活動を行っているところであります。今後も継続的に職員派遣を行っていくこととしています。

 以上が、今回の大震災に伴い、市としての取り組みを進めております災害支援の状況でございます。

 それでは、提案理由をご説明申し上げます。

 今議会に提案しております案件は、報告11件、条例の一部改正2件、補正予算1件、市道の認定及び路線変更1件の計15件でございます。日程に従い、順次ご説明を申し上げます。

 報告第1号小郡市土地開発公社の経営状況についてでございます。

 本件につきましては、地方自治法第243条の3第2項の規定に基づき、小郡市土地開発公社に関する平成22年度事業報告、収入支出決算、財産目録、平成23年度の事業計画、収入支出予算を議会に報告するものであります。

 まず、平成22年度事業報告でございますが、公有地取得事業実績といたしましては、都市計画道路寺福童用地、面積1,369.91平方メートルを3,198万8,945円で、上岩田遺跡用地、面積305.38平方メートルを1,099万3,680円で、寺福童用地2、面積60.02平方メートルを365万2,350円にて売却をいたしています。なお、平成22年度につきましても用地の購入は行っておりません。

 次に、平成22年度収入支出決算でございますが、事業総利益としましてマイナス42万9,796円を計上しています。経営的な運営費であります販売費及び一般管理費として220万3,224円を支出しており、当期純損失は260万1,586円となっています。

 次に、平成22年度財産目録といたしまして、資産の状況でありますが、公有用地や代替地など合計7億9,541万5,919円であり、負債の状況としては、現在、銀行からの借り入れなど合計4億6,831万4,982円となっています。また、資本の状況としましては、準備金など合計3億2,710万937円となっております。

 次に、平成23年度の事業計画でございますが、公有用地取得事業の保有地管理業務費用として合計190万円を計上しているところであります。

 次に、平成23年度収入支出予算でございますが、収益的収入として7,730万6,000円、収益的支出として7,984万6,000円、資本的収入として3億6,600万円、資本的支出として4億4,790万3,000円をそれぞれ計上しているところでございます。

 以上、小郡市土地開発公社の経営状況としてご報告いたします。

 報告第2号平成22年度小郡市一般会計繰越明許費繰越計算書の報告についてでございます。

 本議案は、平成22年度小郡市一般会計補正予算(第5号)及び(第6号)において、西福童・二森32号線、端間自歩道橋整備事業、下町・西福童16号線整備事業、道路維持補修事業、市道舗装事業、味坂小学校改修事業、のぞみが丘小学校改修事業、小郡中学校改修事業、図書整備等事業につきまして、平成23年度へ事業を繰り越しているところであります。よって、地方自治法施行令第146条第2項の規定に基づき、繰越明許費繰越計算書を調製いたしましたので、これを報告するものであります。

 報告第3号平成22年度小郡市下水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書の報告についてでございます。

 本件につきましては、平成22年度小郡市下水道事業特別会計補正予算(第2号)及び(第3号)において、公共下水道事業、汚水通常分の一部につきまして平成23年度へ繰り越しているところであります。地方自治法施行令第146条第2項の規定に基づき、繰越明許費繰越計算書を調製いたしましたので、これを報告するものでございます。

 報告第4号専決処分を報告し、承認を求めることについてでございます。

 本件は、小郡市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定に関する専決処分の報告でございます。地方税法施行令の一部を改正する政令が平成23年3月30日に公布され、同年4月1日から施行されたため、やむなく専決処分をしたものでございます。改正内容につきましては、医療給付費分に係る課税限度額を改正前の50万円から51万円に、後期高齢者支援分に係る課税限度額を改正前の13万円から14万円に、介護納付金分に係る課税限度額を改正前の10万円から12万円に引き上げるものでございまして、地方自治法第179条第1項の規定により報告し、承認を求めるものでございます。

 報告第5号専決処分を報告し、承認を求めることについてでございます。

 本件は、小郡市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定に関する専決処分の報告でございます。国民健康保険法施行規則の一部を改正する省令が平成23年3月29日に公布され、同日から施行されたため、やむなく専決処分したものでございます。改正内容といたしましては、出産育児一時金の額を、平成21年9月の定例会において、平成21年10月から平成23年3月までの間、暫定的に35万円から39万円に引き上げておりましたが、この措置につきまして平成23年度以降恒久化しようとするものでございまして、地方自治法第179条第1項の規定により報告し、承認を求めるものでございます。

 報告第6号専決処分を報告し、承認を求めることについてでございます。

 本件は、小郡市税条例の一部を改正する条例の制定に関する専決処分の報告でございます。地方税法等の一部を改正する法律が平成23年4月27日に公布施行されたため、条例の一部を改正する必要が生じたものであり、地方自治法第179条第1項の規定により専決処分いたしましたので、同条第3項の規定により報告し、承認を求めるものであります。主な改正内容につきましては、東日本大震災に伴う個人住民税の改正でございます。

 報告第7号専決処分を報告し、承認を求めることについてでございますが、本件は平成22年度小郡市一般会計補正予算(第6号)の報告でございます。

 今回の補正予算は、各事業費の確定に伴い、市債等の予算の整理をする必要が生じたため、地方自治法第179条第1項の規定により専決処分をいたしましたので、同条第3項の規定により報告し、承認を求めるものでございます。

 それでは、今回の補正予算の概要についてご説明申し上げますと、歳入歳出をそれぞれ5億2,343万9,000円増額し、歳入歳出総額をそれぞれ176億3,784万6,000円と定めました。

 歳出の主なものを申し上げますと、総務管理費6億9,977万9,000円の増、清掃費2,527万1,000円の減、道路橋梁費1億1,791万5,000円の減、社会教育費1,334万4,000円の減などでございます。

 次に、歳入の主なものを申し上げますと、地方交付税1億3,988万8,000円の増、国庫支出金204万円の減、県支出金563万9,000円の減、繰入金467万9,000円の減、繰越金5億4,521万4,000円の増、市債1億830万円の減などでございます。

 以上が平成22年度小郡市一般会計補正予算(第6号)の概要でございますが、細部につきましては総務部長より補足説明いたさせます。

 報告第8号専決処分を報告し、承認を求めることについてでございます。

 本件は、平成23年度小郡市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)の専決処分の報告でございます。今回の補正予算は、平成22年度歳入歳出の確定に伴い、歳入が不足したため、平成23年度予算より繰上充用する必要が生じ、地方自治法第179条第1項の規定により専決処分をいたしましたので、同条第3項の規定により報告し、承認を求めるものでございます。

 それでは、今回の補正予算の概要をご説明申し上げますと、歳入歳出それぞれ4億5,123万円追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ63億4,844万2,000円とするものでございます。

 歳出の内容を申し上げますと、前年度繰上充用金4億5,123万円の追加でございます。

 次に、歳入の内容といたしましては、歳出の追加に伴いまして、療養給付費等負担金を1億4,000万円、普通調整交付金を6,768万5,000円、前期高齢者交付金を2億4,354万5,000円追加するものでございます。

 なお、詳細につきましては保健福祉部長より補足説明いたします。

 報告第9号専決処分を報告し、承認を求めることについてでございます。

 本件は、平成22年度小郡市老人保健事業特別会計補正予算(第2号)の専決処分の報告でございます。小郡市老人保健事業特別会計が平成22年をもって閉鎖されることに伴い、平成23年3月31日、歳入歳出が確定した上で、一般会計への繰り出し等、精算が必要なため、地方自治法第179条第1項の規定により専決処分いたしましたので、同条第3項の規定により報告し、承認を求めるものでございます。

 歳入歳出それぞれ2,182万3,000円減額し、歳入歳出それぞれの総額を823万9,000円と定めました。

 歳出としましては、総務費8万3,000円の減、医療諸費2,319万8,000円の減、諸支出金155万8,000円の増、予備費10万円の減。

 歳入としまして、支払基金交付金1,170万円の減、国庫支出金766万6,000円の減、県支出金191万6,000円の減、繰入金209万8,000円の減、諸収入155万7,000円の増でございます。

 細部につきましては、保健福祉部長より補足説明いたします。

 報告第10号専決処分を報告し、承認を求めることについてでございます。

 本件は、平成22年度小郡市介護保険事業特別会計(保険事業勘定)補正予算(第3号)に関する専決処分の報告でございます。今回の補正予算は、保険料を基金に積み立てるもので、地方自治法第179条第1項の規定により専決処分をいたしましたので、同条第3項の規定により報告し、承認を求めるものでございます。

 今回の補正予算の概要についてご説明申し上げますと、歳入では保険料387万4,000円の減、繰越金1,979万6,000円の増、歳出では介護給付費準備基金積立金に1,599万9,000円の増額等を行うものであります。これらにより、歳入歳出ともに1,600万2,000円増額し、それぞれ歳入歳出予算の総額を29億8,989万7,000円と定めました。

 以上、平成22年度小郡市介護保険事業特別会計(保険事業勘定)補正予算(第3号)の概要でございますが、細部につきましては保健福祉部長より補足説明いたします。

 報告第11号専決処分を報告し、承認を求めることについてでございますが、本件は平成22年度小郡市下水道事業特別会計補正予算(第3号)の専決処分でございます。

 今回の補正予算は、事業費の確定に伴い、整備費及び維持管理費等を整理する必要が生じたため、地方自治法第179条第1項の規定により専決処分をいたしましたので、同条第3項の規定によりこれを報告し、承認を求めるものでございます。

 専決による補正予算は、歳入歳出それぞれ1,956万6,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を19億3,433万8,000円と定めました。

 なお、細部につきましては都市建設部長より補足説明いたします。

 議案第26号小郡市立幼稚園の授業料等の減免に関する条例の一部を改正する条例の制定についてでございます。

 本議案につきましては、国の幼稚園就園奨励費補助金交付要綱の補助限度額が改正されたことに伴い、本条例の一部を改正するものであり、地方自治法第96条第1項第1号の規定に基づき、議会の議決を求めるものでございます。

 議案第27号小郡市暴力団等排除条例の施行に伴う関係条例の整理に関する条例の制定についてでございます。

 本議案につきましては、平成22年7月1日に施行された小郡市暴力団等排除条例第6条の規定に基づき、不特定多数の利用ができる公の施設から暴力団等を排除するため、関係条例の一部を改正し、整理を行うものでございます。

 議案第28号平成23年度小郡市一般会計補正予算(第1号)の承認についてでございます。

 本件につきましては、庁舎本館熱吸収フィルム張りつけ工事費や県の緊急雇用創出事業を活用した事業費の計上などをお願いしているところでございます。

 それでは、今回の補正予算の概要について申し上げますと、歳入歳出をそれぞれ2,048万4,000円追加し、歳入歳出総額をそれぞれ175億1,048万4,000円と定めました。

 歳出の主なものを申し上げますと、総務管理費479万6,000円の増、教育総務費428万1,000円の減、社会教育費1,748万1,000円の増などでございます。

 次に、歳入の主なものを申し上げますと、県支出金653万2,000円の増、繰入金782万4,000円の増などでございます。

 以上が平成23年度小郡市一般会計補正予算(第1号)の概要でございますが、細部につきましては総務部長より補足説明いたします。

 議案第29号市道の認定及び路線変更についてでございます。

 本議案につきましては、県道鳥栖・朝倉バイパス事業に伴う取りつけ道路の認定及び路線の変更を行うものであります。このことにより、市道の認定については道路法第8条第2項の規定により、路線変更に関しては道路法第10条第2項の規定により、同条第3項に基づいて議会の議決を求めるものでございます。

 以上をもちまして提案理由の説明を終わらせていただきますが、何とぞ全議案とも慎重審議の上、ご承認を賜りますように重ねてお願いを申し上げ、提案理由の説明とさせていただきます。どうもありがとうございました。



○吉塚邦之議長 これより補足説明を求めます。

 まず、報告第7号及び議案第28号について、吉住総務部長。

              〔吉住知城総務部長 登壇〕



◎吉住知城総務部長 おはようございます。

 それではまず、報告第7号平成22年度小郡市一般会計補正予算(第6号)について補足説明を申し上げます。

 先ほど、市長が提案理由の中でご説明申し上げましたように、今回の補正につきましては、事業費の確定等に伴いまして補助事業や起債、それから基金等の予算の整理をさせていただいているところでございます。あわせまして、住民生活に光をそそぐ交付金の追加交付決定分につきまして、財源充当の予算整理も行ってるところでございます。

 それでは、歳出のほうからご説明を申し上げますので、15ページをお願いしたいと思います。2款総務費、1項総務管理費、13目財政調整基金費の積立金5億円についてでございます。これにつきましては、財政の長期健全化を図り、また年度間の財源調整を行うために財政調整基金に積み立てるものでございます。

 続きまして、16目、下の段でございます、減債基金費2億円につきましては、将来にわたる市債の償還、それからその適正な管理に必要な財源を確保するために、事業費減に伴う不用額の一部を減債基金に積み立てるものでございます。

 続きまして、17ページをお願いいたします。下の段、3款民生費、1項社会福祉費、4目高齢者福祉費の老人保健事業特別会計繰出金についてでございます。これにつきましては、平成22年度で老人保健事業特別会計を閉鎖するための予算整理といたしまして、繰出金209万8,000円を減額をいたしております。

 続きまして、22ページをお願いいたします。8款土木費、2項道路橋梁費の下の段です。3目道路新設改良費、端間駅周辺地区計画道路整備事業についてでございます。これにつきましては、事業費の確定に伴う整理といたしまして3,842万2,000円を減額をいたしております。

 以上で歳出の説明を終わらせていただきます。

 次に、歳入についてご説明申し上げますので、9ページをお願いいたします。一番下の段です。8款1項1目自動車取得税交付金でございます。1,974万5,000円の減額でございます。これは、自動車取得税の課税分の95%、それの10分の7に相当する額が市町村に交付されるものでございまして、今回、いわゆるエコカー減税の影響によりまして、21年度と比較いたしまして25.1%の減となっております。

 次に、10ページをお願いいたします。11款1項1目地方交付税につきましては、1億3,988万8,000円の増額でございます。これは、交付額に合わせまして予算の整理をしているところでございまして、内訳としましては、普通交付税1億2,818万1,000円の増、特別交付税1,170万7,000円の増となっております。

 次に、15款国庫支出金、2項国庫補助金、5目総務費国庫補助金でございます。一番下の段でございます。これにつきましては、住民生活に光をそそぐ交付金の追加交付決定分850万円を増額いたしまして、これを3月議会で補正済みの図書整備等事業費に充当をいたしております。

 次に、12ページをお願いいたします。真ん中の段です。19款1項基金繰入金でございます。これにつきましては、それぞれの事業の確定に伴いまして、特定目的基金を充当するために予算の整理を行っているところでございます。

 次に、下の段、2項特別会計繰入金でございます。これにつきましては、老人保健事業特別会計の閉鎖に伴う予算整理として、老人保健事業特別会計からの繰入金を155万9,000円計上しているところでございます。

 次に、下のページ、13ページの下の段、22款1項市債についてでございます。これにつきましては、起債対象事業費の確定によりまして起債額が確定いたしましたので、それぞれ整理をしているところでございます。

 次に、戻りまして5ページをお願いいたします。第2表繰越明許費補正でございます。8款土木費、2項道路橋梁費で西福童・二森32号線整備事業、それから下町・西福童16号線整備事業につきまして、平成22年度における支出額が確定いたしましたので、平成23年度への繰越額を変更するものでございます。

 続きまして、次のページ、6ページをお願いいたします。第3表地方債補正でございます。先ほど、歳入のところでご説明申し上げましたように、起債対象事業費の確定に伴いまして地方債の限度額を変更したものでございます。

 では、戻りまして1ページをお願いいたします。ただいまご説明申し上げましたように、平成22年度小郡市一般会計補正予算(第6号)につきましては、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ5億2,343万9,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ176億3,784万6,000円と定めたところでございます。

 以上、簡単でございますが、補足説明にかえさせていただきます。

 続きまして、議案第28号平成23年度小郡市一般会計補正予算(第1号)の承認について補足説明を申し上げます。

 歳出のほうからご説明を申し上げたいと思いますので、9ページをお願いいたします。2款総務費、1項総務管理費、1目財産管理費の庁舎管理費に熱吸収フィルム張りつけ工事140万円をお願いしております。これにつきましては、庁舎本館南側の窓に熱吸収フィルムを張ることによりまして、夏は室内温度を下げ、また冬は保温効果を高めることによりまして、冷暖房費に係るエネルギー消費を抑えようとするものでございます。

 次に、6目企画費に自治会バス管理費として43万円をお願いをしております。これにつきましては、現在、美鈴が丘それから希みが丘地区におきまして自治会バスとして運行しております車両につきまして、今後寄贈を受ける予定でございまして、その燃料費等の車両の管理費等を計上しているものでございます。

 次に、その下の段、8目男女共同参画推進費に公用車購入費200万円をお願いをしております。これにつきましては、認証20周年を記念いたしまして国際ソロプチミスト小郡より寄贈いただきました200万円で、公用車を購入するものでございます。

 次に、12ページをお願いいたします。10款教育費、6項社会教育費、一番上の5目図書館費でございます。これにつきましては、野田宇太郎文学散歩データ化事業といたしまして863万7,000円をお願いをしております。これは、県の緊急雇用創出事業補助金を活用いたしまして、野田宇太郎氏の代表作であります文学散歩全26冊をデータ化するものでございます。将来的には、この基礎データを用いまして索引本を作成する予定となっております。

 以上で歳出の説明を終わらせていただきます。

 次に、歳入についてご説明いたしますので、7ページをお願いいたします。まず、上の段、16款県支出金、2項県補助金、2段目の8目教育費県補助金の福岡県緊急雇用創出事業補助金についてでございます。これは、福岡県が雇用情勢の悪化に対しまして、国の緊急雇用創出事業臨時特例交付金を活用いたしまして基金をつくりまして、これを財源に、地域の実情に合った雇用機会を創出する事業に補助を行っているものでございます。このうち主なものといたしましては、社会教育費補助金の図書館分につきまして、先ほど歳出でご説明いたしましたように、野田宇太郎文学散歩データ化事業分として863万7,000円をお願いをしてるところでございます。

 次に、一番下の段、18款1項寄付金でございます。1目総務費寄付金、男女共同参画推進費指定寄付金の200万円につきましては、先ほどご説明申し上げましたように、国際ソロプチミスト小郡より認証20周年を記念いたしまして寄付をいただいたものでございます。

 次のページ、8ページをお願いいたします。下の段、20款1項1目繰越金として412万8,000円をお願いをしております。これにつきましては、平成22年度の繰越金の一部を計上してるものでございます。

 以上が歳入の説明でございます。

 戻りまして1ページをお願いいたします。ただいまご説明申し上げましたように、平成23年度小郡市一般会計補正予算(第1号)につきましては、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ2,048万4,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ175億1,048万4,000円と定めたところでございます。

 以上、補足説明にかえさせていただきます。よろしくお願い申し上げます。



○吉塚邦之議長 次に、報告第8号、報告第9号及び報告第10号の補足説明を求めます。

 平田保健福祉部長。

              〔平田廣明保健福祉部長 登壇〕



◎平田廣明保健福祉部長 おはようございます。

 それでは、報告第8号平成23年度小郡市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)について補足説明を申し上げます。

 歳出からご説明申し上げますので、予算書の最後の9ページをお願いいたします。12款1項1目前年度繰上充用金4億5,123万円でございますが、平成22年度の決算見込み額といたしまして、歳出総額60億1,980万8,000円に対しまして歳入総額は55億6,857万8,000円となりまして、4億5,123万円の不足が生じました。したがいまして、今回、不足分の繰上充用を行うものでございます。なお、22年度の単年度の収支額は約7,600万円の黒字となっているところでございます。

 次に、歳入でございます。7ページをお願いいたします。歳入財源といたしまして、一番上の段の3款1項1目の療養給付費等負担金1億4,000万円、次の段の3款2項1目財政調整交付金6,768万5,000円、次の段の5款1項1目前期高齢者交付金2億4,354万5,000円をそれぞれ歳入財源として見込んでいるところでございます。

 1ページをお願いいたします。以上のようなことから、平成23年度小郡市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)は、第1条に記載しておりますように、歳入歳出それぞれ4億5,123万円を追加し、歳入歳出それぞれ63億4,844万2,000円とするものでございます。

 以上で報告第8号の補足説明を終わります。

 続きまして、報告第9号平成22年度小郡市老人保健事業特別会計補正予算(第2号)について補足説明を申し上げます。

 老人保健制度は、平成20年4月から後期高齢者医療制度へと移行されました。それを踏まえ、本特別会計は平成22年度をもって閉鎖されます。よって、3月31日に歳入歳出を確定した上で、一般会計等への繰り出しなどを精算するものでございます。

 歳出からご説明を申し上げます。

 予算書の最後、9ページをお願いいたします。1段目の1款1項1目一般管理費8万3,000円の減、2段目の1項1目の医療給付費1,999万8,000円の減、それから2目の医療支給費300万円の減、それから3目の支払手数料20万円の減でございます。

 次に、10ページをお願いいたします。3款1項1目の償還金、一般会計繰出金として155万8,000円を計上いたしております。次の段の予備費は10万円の減としております。

 次に、歳入でございます。7ページをお願いいたします。歳出に対しまして、それぞれ減額をしているところでございます。1款支払基金交付金1,170万円の減、それから2款国庫支出金766万6,000円の減、3款県支出金191万6,000円の減、4款繰入金、一般会計繰入金209万8,000円の減としております。

 次のページをお願いいたします。6款諸収入、第1項雑入でございますが、1目の第三者納付金で、これ交通事故分ですけども、147万4,000円収入を上げております。それから、2目の返納金8万3,000円を計上させていただいております。

 1ページをお願いいたします。以上のようなことから、平成22年度小郡市老人保健事業特別会計補正予算(第2号)は、第1条に記載しておりますように、歳入歳出それぞれ2,182万3,000円を減額し、歳入歳出それぞれ823万9,000円とするものでございます。

 以上で報告第9号の補足説明を終わります。

 次に、報告第10号平成22年度小郡市介護保険事業特別会計(保険事業勘定)補正予算(第3号)について補足説明を申し上げます。

 歳出からご説明申し上げますので、9ページをお願いいたします。4款1項1目介護給付費準備基金積立金1,599万9,000円でございます。これは、平成21年度からの繰越金のうち平成22年度の保険料不足額を補てんする額を差し引いた額及び22年度の基金利息を合わせた1,599万9,000円を介護給付費準備基金積立金に積み立てるものでございます。なお、現在の基金積立額は3億1,809万2,000円となっているところでございます。

 2目の介護従事者処遇改善臨時特例基金積立金3,000円でございますが、これは基金積み立ての利息が生じたため、介護従事者処遇改善臨時特例基金積立金へ積み立てるものでございます。

 7ページをお願いいたします。歳入財源といたしまして、一番上の段の1款1項1目の第1号被保険者保険料387万4,000円の減額補正をお願いしております。これは、執行額に対し、不足額が生じたためでございます。

 それから、次の段の6款1項1目利子及び配当金8万円、これは介護給付費準備基金積立金及び介護従事者処遇改善臨時特例基金積立金の利子でございます。

 それから、次の段の8款繰越金でございますけれども、繰越金1,979万6,000円でございますが、平成21年度の繰越金を計上させていただいております。

 1ページをお願いいたします。以上のようなことから、平成22年度小郡市介護保険事業特別会計(保険事業勘定)補正予算(第3号)は、第1条に記載しておりますように、歳入歳出それぞれ1,600万2,000円を追加し、歳入歳出それぞれ29億8,989万7,000円とするものでございます。

 以上で報告第10号の補足説明を終わらせていただきます。



○吉塚邦之議長 次に、報告第11号の補足説明を求めます。

 佐藤都市建設部長。

              〔佐藤吉生都市建設部長 登壇〕



◎佐藤吉生都市建設部長 皆さんおはようございます。

 それでは、報告第11号平成22年度小郡市下水道事業特別会計補正予算(第3号)の補足説明を申し上げます。

 この補正予算につきましては、先ほど市長がご説明申し上げましたとおり、事業費の確定などに伴いまして、下水道整備費や維持管理費等の最終的な予算の調製をさせていただいたものです。

 それではまず、歳出のほうからご説明申し上げます。

 11ページをお願いいたします。上のほうから。2款1項1目下水道整備費723万6,000円を減額させていただいております。これにつきましては、下水道事業費の確定によるものでありまして、内訳といたしまして公共下水道整備事業、汚水通常分の555万4,000円でございます。内訳としまして、需用費157万8,000円、工事費397万6,000円、それから下につきまして公共下水道の単独分168万2,000円の減額をさせていただいたところでございます。

 次に、2目の維持管理費でございます。506万3,000円の減額をさせていただいております。内訳としましては、通信費108万7,000円、補助及び交付金につきまして397万6,000円の減額をさせていただいております。

 続きまして、3款1項2目利子、償還、利子及び割引の426万7,000円を減額させていただいております。内訳としましては、長期債利子償還金376万7,000円、一時借入金50万円を減額させていただいております。

 続きまして、次のページをお願いいたします。4款1項1目予備費でございます。300万円を減額させていただいております。これにつきましては、緊急時における一時借り入れに係る利子を計上していたところでございますが、一時借り入れの必要がなくなったために全額減額をさせていただいたものです。

 続きまして、歳入のほうを申し上げますので、9ページをお願いいたします。4款1項1目下水道事業、県の補助金でございますけれども、この中の排水設備、県の補助金についてでございます。これにつきましても、事業費の確定に伴いまして62万円を減額させていただいております。

 次に、5款1項1目一般会計繰入金でございます。これにつきましても、事業費の確定に伴いまして244万6,000円を減額させていただいております。

 続いて、8款1項1目下水道債、その中の公共下水道事業債についてでございますが、これにつきましても事業費の確定に伴いまして1,650万円の減額をさせていただいております。

 続きまして、4ページをお願いいたします。第2表繰越明許費補正でございます。下水道事業費のうち公共下水道整備事業の汚水通常分を、補正前の金額の6,400万円から482万8,000円を減額いたしまして、補正後、5,917万2,000円を計上させていただいたところでございます。

 続きまして、下の5ページをお願いいたします。第3表地方債の補正でございます。公共下水道事業債につきましては、事業費の確定に伴いまして、その限度額を1,650万円減額補正いたしまして1億4,650万円とさせていただいてるところでございます。起債の方法、利率、償還方法につきましては、補正前と同様でございます。

 次に、1ページをお願いいたします。以上のようなことから、歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ1,956万6,000円を減額し、歳入歳出予算総額を歳入歳出それぞれ19億3,433万8,000円と定めたところでございます。

 以上で平成22年度小郡市下水道事業特別会計補正予算(第3号)の補足説明を終わらせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。



○吉塚邦之議長 以上で提案理由の説明を終わります。

 以上で本日の議事日程は全部終了いたしました。

 次の本会議は6月3日午前9時30分から再開いたします。

 本日はこれをもちまして散会いたします。

 ご協力ありがとうございました。

              散会 午前10時28分