議事ロックス -地方議会議事録検索-


福岡県 小郡市

平成21年 9月定例会 09月25日−05号




平成21年 9月定例会 − 09月25日−05号









平成21年 9月定例会



             平成21年9月第4回定例市議会

                           平成21年9月25日(金)再開

             〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

1. 議事日程

  第1 請願報告

  第2 委員長報告と質疑、討論、採決

    1 総務文教常任委員長報告と質疑、討論、採決

     (1) 福岡県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の増減及び福岡県市町村職員退職手当組合規約の変更について(議案第42号)

     (2) 福岡県市町村消防団員等公務災害補償組合を組織する地方公共団体の数の増減及び福岡県市町村消防団員等公務災害補償組合規約の変更について(議案第43号)

     (3) 小郡市消防団員の定員、任免、給与、服務等に関する条例の一部を改正する条例の制定について(議案第45号)

     (4) 久留米広域定住自立圏の形成に係る議会の議決事件を定める条例の制定について(議案第47号)

    2 環境福祉常任委員長報告と質疑、討論、採決

     (1) 福岡県後期高齢者医療広域連合を組織する地方公共団体の数の増減及び福岡県後期高齢者医療広域連合規約の変更について(議案第44号)

     (2) 小郡市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定について(議案第46号)

     (3) 平成21年度小郡市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)の承認について(議案第49号)

     (4) 平成21年度小郡市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)の承認について(議案第50号)

     (5) 平成21年度小郡市介護保険事業特別会計(保険事業勘定)補正予算(第2号)の承認について(議案第51号)

     (6) 平成21年度小郡市介護保険事業特別会計(介護サービス事業勘定)補正予算(第1号)の承認について(議案第52号)

     (7) 訴えの提起について(議案第54号)

    3 都市建設常任委員長報告と質疑、討論、採決

     (1) 平成21年度小郡市下水道事業特別会計補正予算(第1号)の承認について(議案第53号)

    4 決算審査特別委員長報告と質疑、討論、採決

     (1) 平成20年度小郡市一般会計歳入歳出決算認定について(認定第1号)

     (2) 平成20年度小郡市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算認定について(認定第2号)

     (3) 平成20年度小郡市老人保健事業特別会計歳入歳出決算認定について(認定第3号)

     (4) 平成20年度小郡市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算認定について(認定第4号)

     (5) 平成20年度小郡市介護保険事業特別会計(保険事業勘定)歳入歳出決算認定について(認定第5号)

     (6) 平成20年度小郡市介護保険事業特別会計(介護サービス事業勘定)歳入歳出決算認定について(認定第6号)

     (7) 平成20年度小郡市下水道事業特別会計歳入歳出決算認定について(認定第7号)

     (8) 平成20年度小郡市住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出決算認定について(認定第8号)

  第3 議案第48号委員長報告と質疑、討論、採決

    1 平成21年度小郡市一般会計補正予算(第2号)の承認について(議案第48号)

  第4 教育委員会委員の任命について

  第5 小郡市固定資産評価審査委員会委員の選任について

  第6 閉会中における所管事務調査について



1. 会議に付した事件

  日程第1 請願報告

  日程第2 委員長報告と質疑、討論、採決

      1 総務文教常任委員長報告と質疑、討論、採決

       (1) 福岡県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の増減及び福岡県市町村職員退職手当組合規約の変更について(議案第42号)

       (2) 福岡県市町村消防団員等公務災害補償組合を組織する地方公共団体の数の増減及び福岡県市町村消防団員等公務災害補償組合規約の変更について(議案第43号)

       (3) 小郡市消防団員の定員、任免、給与、服務等に関する条例の一部を改正する条例の制定について(議案第45号)

       (4) 久留米広域定住自立圏の形成に係る議会の議決事件を定める条例の制定について(議案第47号)

      2 環境福祉常任委員長報告と質疑、討論、採決

       (1) 福岡県後期高齢者医療広域連合を組織する地方公共団体の数の増減及び福岡県後期高齢者医療広域連合規約の変更について(議案第44号)

       (2) 小郡市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定について(議案第46号)

       (3) 平成21年度小郡市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)の承認について(議案第49号)

       (4) 平成21年度小郡市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)の承認について(議案第50号)

       (5) 平成21年度小郡市介護保険事業特別会計(保険事業勘定)補正予算(第2号)の承認について(議案第51号)

       (6) 平成21年度小郡市介護保険事業特別会計(介護サービス事業勘定)補正予算(第1号)の承認について(議案第52号)

       (7) 訴えの提起について(議案第54号)

      3 都市建設常任委員長報告と質疑、討論、採決

       (1) 平成21年度小郡市下水道事業特別会計補正予算(第1号)の承認について(議案第53号)

      4 決算審査特別委員長報告と質疑、討論、採決

       (1) 平成20年度小郡市一般会計歳入歳出決算認定について(認定第1号)

       (2) 平成20年度小郡市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算認定について(認定第2号)

       (3) 平成20年度小郡市老人保健事業特別会計歳入歳出決算認定について(認定第3号)

       (4) 平成20年度小郡市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算認定について(認定第4号)

       (5) 平成20年度小郡市介護保険事業特別会計(保険事業勘定)歳入歳出決算認定について(認定第5号)

       (6) 平成20年度小郡市介護保険事業特別会計(介護サービス事業勘定)歳入歳出決算認定について(認定第6号)

       (7) 平成20年度小郡市下水道事業特別会計歳入歳出決算認定について(認定第7号)

       (8) 平成20年度小郡市住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出決算認定について(認定第8号)

  日程第3 議案第48号委員長報告と質疑、討論、採決

      1 平成21年度小郡市一般会計補正予算(第2号)の承認について(議案第48号)

  日程第4 教育委員会委員の任命について

  日程第5 小郡市固定資産評価審査委員会委員の選任について

  日程第6 閉会中における所管事務調査について



1. 会議に出席した議員(20名)

   1番  福 田 俊 雄            2番  田 中 雅 光

   3番  新 原 善 信            4番  井 上 勝 彦

   5番  松 村 京 子            6番  山 田   忠

   7番  田 中 登志雄            8番  佐 藤 尚 武

   9番  松 尾 昌 弘           10番  多 田 幸 弘

  11番  徳 冨 正 夫           12番  井 上 準 一

  13番  赤 坂 博 則           14番  成 富 一 典

  15番  内 野 哲 朗           16番  森 山 喬 介

  17番  稲 益   理           18番  魚 住 清 文

  19番  廣 瀬 勝 栄           20番  吉 塚 邦 之



1. 会議に欠席した議員

   な   し



1. 会議に出席した説明員(9名)

  市長      平 安 正 知        副市長     兵 頭 正 俊

  教育長     清 武   輝        総務部長    高 木 良 郎

  保健福祉部長  福 田   照        環境経済部長  清 水 啓 介

  都市建設部長  池 田 清 己        教育委員会教育部長

                                 赤 川 芳 春

  代表監査委員  三 池   港



1. 議場に出席した事務局職員(3名)

  議会事務局長  久 保 剛 幸

  係長      末 次 泰 隆

  書記      中 原 博 輝







              再開 午前9時30分



○吉塚邦之議長 おはようございます。

 ただいまの出席議員は20名で、議員定足数に達しております。よって、平成21年第4回小郡市議会定例会はここに成立いたしましたので、再開いたします。

 直ちに本日の会議を開きます。

 議事日程につきましては、ただいま印刷配布のとおりでございます。ご了承願います。

            〜〜〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第1 請願報告



○吉塚邦之議長 日程第1、請願報告を議題といたします。

 請願第13号につきましては、委員長から、目下委員会で審査中の事件につき、会議規則第104条の規定により閉会中の継続審査の要求があっておりますので、お手元に配布いたしました要求書のとおり閉会中の継続審査に付することにご異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 ありがとうございます。ご異議なしと認めます。よって、委員長から申し出のとおり閉会中の継続審査に付することに決定いたします。

            〜〜〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第2 委員長報告と質疑、討論、採決



○吉塚邦之議長 日程第2、これより委員長報告と質疑、討論、採決を行います。

 各委員会に付託いたしておりました議案第42号外19件について委員長の報告を求めます。

 まず、井上勝彦総務文教常任委員長。

              〔井上勝彦総務文教常任委員長 登壇〕



◆井上勝彦総務文教常任委員長 おはようございます。

 ご報告いたします。

 去る9月3日に総務文教常任委員会に付託を受けました議案第42号外3件の議案につきまして、9月10日に委員全員出席のもと、関係部課長、係長の出席を求め、審査を行いました。

 議案第42号福岡県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の増減及び福岡県市町村職員退職手当組合規約の変更について、また議案第43号福岡県市町村消防団員等公務災害補償組合を組織する地方公共団体の数の増減及び福岡県市町村消防団員等公務災害補償組合規約の変更については、両議案とも、平成22年1月1日で前原市、二丈町、志摩町が合併をして糸島市となることに伴い規約の変更をするものですとの説明がありました。

 議案第45号小郡市消防団員の定員、任免、給与、服務等に関する条例の一部を改正する条例の制定については、民法での用語の変更に伴い条例の用語を変更するものですとの説明がありました。

 議案第47号久留米広域定住自立圏の形成に係る議会の議決事件を定める条例の制定については、広域行政圏が今年の3月31日に廃止され、4月1日に新たに定住自立圏が創設されました。これまでは広域の市町村が対等の関係で結びついていましたが、定住自立圏は、中心市に対し各圏域自治体が1対1の協定を締結する星型の結びつきになっています。集約とネットワークの考え方に基づき、圏域全体で民間機能も含めた都市機能を集約的に整理することにより、生活機能を確保する圏域全体の活性化を図り、安心して住み続けることができる社会環境の形成を目的とする定住自立圏構想の取り組みについて説明を受け、次に久留米広域市町村圏における取り組みについて、定住自立圏構想は、国からは財政支援を初めとしたさまざまな支援措置が講じられ、全国ではこれから多くの自治体が取り組みを開始しようとしている制度であり、久留米広域市町村圏4市2町としてはいち早く取り組みを開始し、こうした支援措置を積極的に活用し、地域の活性化を図る方針です。議案については、中心市宣言を行った中心市と圏域自治体が議会の議決を得た上で協定を締結します。協定の締結については議会の議決を得たものとされているため、締結の前提として協定締結を議会の議決事項とする条例制定が必要となるために提案をするものですとの説明があり、これに対して、定住自立圏共生ビジョンの策定は中心市が作成することになっているが、圏域市町の意見は聞くのかどうか、久留米広域圏の中で扱う形になっていた消防はどういう形になるのかとの質疑があり、ビジョン策定には圏域市町と協議しながら作成をするようになっています。広域圏制度という法的裏づけはなくなったが、現在取り組んでいる広域圏の事務をどうするのかはその圏域で自由にできますので、当面久留米広域圏の事務はそのまま継続しますとの答弁がありました。

 また、道州制を想定しての取り組みがあったが、どのようになっているのか。久留米市が中心市となって枠組みを進めているが、過去のさまざまな経緯を見ても本当に圏域市町にとってメリットがあるのかとの質疑があり、道州制は研究段階であり、道州制と定住自立圏は別に考えて取り組んでいます。定住自立圏推進協議会において、この構想に取り組むことでの国からの補助金や交付金を圏域市町に均等にするために、是々非々で取り組んでいくことは意見を一致していますとの答弁がありました。

 以上の内容で審査を終え、採決の結果、全議案とも全員一致をもって原案のとおり可決すべきものと決定いたしましたので、ここにご報告いたします。



○吉塚邦之議長 総務文教常任委員長の報告が終わりました。

 これより委員長報告に対する質疑、討論、採決を行います。

 まず、議案第42号福岡県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の増減及び福岡県市町村職員退職手当組合規約の変更について、質疑ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ質疑を終結いたします。

 次に、議案第43号福岡県市町村消防団員等公務災害補償組合を組織する地方公共団体の数の増減及び福岡県市町村消防団員等公務災害補償組合規約の変更について、質疑ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ質疑を終結いたします。

 次に、議案第45号小郡市消防団員の定員、任免、給与、服務等に関する条例の一部を改正する条例の制定について、質疑ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ質疑を終結いたします。

 次に、議案第47号久留米広域定住自立圏の形成に係る議会の議決事件を定める条例の制定について、質疑ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ質疑を終結いたします。

 委員長、自席へお戻りください。

 これより討論を行います。

 まず、議案第42号福岡県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の増減及び福岡県市町村職員退職手当組合規約の変更について、討論ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ討論を終結いたします。

 これより採決を行います。

 委員長の報告は原案可決です。委員長報告のとおり原案を可決することに賛成の議員の起立を求めます。

              (賛成者起立)



○吉塚邦之議長 全員賛成でございます。よって、議案第42号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第43号福岡県市町村消防団員等公務災害補償組合を組織する地方公共団体の数の増減及び福岡県市町村消防団員等公務災害補償組合規約の変更について、討論ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ討論を終結いたします。

 これより採決を行います。

 委員長の報告は原案可決です。委員長報告のとおり原案を可決することに賛成の議員の起立を求めます。

              (賛成者起立)



○吉塚邦之議長 全員賛成でございます。よって、議案第43号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第45号小郡市消防団員の定員、任免、給与、服務等に関する条例の一部を改正する条例の制定について、討論ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ討論を終結いたします。

 これより採決を行います。

 委員長の報告は原案可決です。委員長報告のとおり原案を可決することに賛成の議員の起立を求めます。

              (賛成者起立)



○吉塚邦之議長 全員賛成でございます。よって、議案第45号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第47号久留米広域定住自立圏の形成に係る議会の議決事件を定める条例の制定について、討論ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ討論を終結いたします。

 これより採決を行います。

 委員長の報告は原案可決です。委員長報告のとおり原案を可決することに賛成の議員の起立を求めます。

              (賛成者起立)



○吉塚邦之議長 ありがとうございます。全員賛成でございます。よって、議案第47号は原案のとおり可決されました。

 次に、環境福祉常任委員長の報告を求めます。

 田中登志雄環境福祉常任委員長。

              〔田中登志雄環境福祉常任委員長 登壇〕



◆田中登志雄環境福祉常任委員長 おはようございます。

 ご報告いたします。

 去る9月3日に環境福祉常任委員会に付託されました議案第44号福岡県後期高齢者医療広域連合を組織する地方公共団体の数の増減及び福岡県後期高齢者医療広域連合規約の変更について外6件につきましては、9月11日、委員全員出席のもと、関係部課長並びに係長に出席を求め、説明を受けて審査を行いましたので、ご報告いたします。

 議案第44号福岡県後期高齢者医療広域連合を組織する地方公共団体の数の増減及び福岡県後期高齢者医療広域連合規約の変更については、平成22年1月1日から前原市、糸島郡二丈町及び同郡志摩町が合併して糸島市が発足することに伴い、広域連合議員の定数を77人から75人に、前原市、糸島郡二丈町、志摩町を糸島市とするものとの説明がありました。

 次に、議案第46号小郡市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定については、出産に係る経済的負担を軽減し、安心して出産できるようにするため、平成21年10月から平成23年3月までの経過措置として、その間の出産に係る出産育児一時金の額を35万円から39万円にするものとの説明がありました。

 本件に関し、改正案で被保険者または被保険者であった者とあるが、国民健康保険条例の第6条は被保険者が出産したときとなっている。あえて被保険者であった者という文言を入れなければならないのかとの質疑があり、出産時と支給時の時差的なもので、出産時にどの保険に属していたかということでご理解いただければと思う。この条例文は全国統一的にこのような形でということになっているので、詳しく追求はしていないとの答弁がありました。

 次に、議案第49号平成21年度小郡市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)の承認について、主な補正といたしましては、歳出、2款3項2目支払手数料1万円の増額につきましては、出産育児一時金の支払いについて、本年10月1日から産婦人科等の医療機関に国保連合会を通じて直接振り込む制度ができたため、国保連合会の取扱手数料として1件当たり210円を支払うものとの説明がありました。

 本件に関し、出産育児一時金の支払い方法について質疑があり、現在は出産した被保険者からの請求により国保特会から口座に振り込み、それを本人が医療機関に支払っているが、新しい制度では、医療機関に対し直接国保連合会から支払いをすることができることになるとの答弁がありました。

 次に、議案第50号平成21年度小郡市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)の承認について、主な補正といたしましては、歳出、2款1項1目後期高齢者医療広域連合納付金1,266万1,000円の増額については、平成20年度決算の繰越金1,566万1,000円から当初予算と6月補正の繰越金を差し引いた金額を福岡県後期高齢者医療広域連合に納付するものとの説明がありました。

 次に、議案第51号平成21年度小郡市介護保険事業特別会計(保険事業勘定)補正予算(第2号)の承認については、主な補正といたしましては、歳出、5款1項3目償還金、国庫負担金、補助金等償還金2,440万円の増額については、平成20年度中に交付を受けた事業の金額が確定したことに伴い、国、県の支払基金へ返還するものとの説明がありました。

 次に、議案第52号平成21年度小郡市介護保険事業特別会計(介護サービス事業勘定)補正予算(第1号)の承認について、主な補正といたしましては、歳出、1款1項1目介護予防サービス事業105万円の増額については、地域包括支援センターのケアマネジャー6名が使用しているパソコンの修繕と公用車1台を購入するものとの説明がありました。

 本件に関し、パソコンの買いかえ時期について質疑があり、大体5年ぐらいで買いかえることが多いので、5年経過したら買いかえることになると思うとの答弁ありました。これに対し、修繕がふえると逆に高くつくこともあるので、買いかえ費用との検討を行う必要があるとの意見が出されました。

 次に、議案第54号訴えの提起については、市税の滞納者がCFJ合同会社に対し利息制限法第1条第1項の所定の金利を超えて支払った過払い金があることを確認したため、滞納者から過払い者の過払い金返還請求権を差し押さえたが、現在まで請求に応じないので、CFJ合同会社に対し過払い金請求の裁判を起こすものとの説明がありました。

 本件に関し、同様の事例に対する今後の市の対応について質疑があり、今回の提訴については新聞にも掲載されており、市が滞納に対して強い姿勢で臨むということを発信できたことは、今後収納を進めていく上で有効だと考えている。今後の問題として、徴収額より裁判費用がかかる場合等の提訴については費用対効果も考慮し、その時点で検討したいとの答弁がありました。

 以上の内容で審査を終え、採決の結果、全議案とも全員一致をもって可決すべきものと決定いたしましたので、ここにご報告いたします。



○吉塚邦之議長 環境福祉常任委員長の報告が終わりました。

 これより委員長報告に対する質疑、討論、採決を行います。

 まず、議案第44号福岡県後期高齢者医療広域連合を組織する地方公共団体の数の増減及び福岡県後期高齢者医療広域連合規約の変更について、質疑ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ質疑を終結いたします。

 次に、議案第46号小郡市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定について、質疑ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ質疑を終結いたします。

 次に、議案第49号平成21年度小郡市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)の承認について、質疑ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ質疑を終結いたします。

 次に、議案第50号平成21年度小郡市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)の承認について、質疑ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ質疑を終結いたします。

 次に、議案第51号平成21年度小郡市介護保険事業特別会計(保険事業勘定)補正予算(第2号)の承認について、質疑ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ質疑を終結いたします。

 次に、議案第52号平成21年度小郡市介護保険事業特別会計(介護サービス事業勘定)補正予算(第1号)の承認について、質疑ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ質疑を終結いたします。

 次に、議案第54号訴えの提起について、質疑ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ質疑を終結いたします。

 委員長、自席へお戻りください。

 これより討論を行います。

 まず、議案第44号福岡県後期高齢者医療広域連合を組織する地方公共団体の数の増減及び福岡県後期高齢者医療広域連合規約の変更について、討論ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ討論を終結いたします。

 これより採決を行います。

 委員長の報告は原案可決です。委員長報告のとおり原案を可決することに賛成の議員の起立を求めます。

              (賛成者起立)



○吉塚邦之議長 ありがとうございます。全員賛成でございます。よって、議案第44号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第46号小郡市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定について、討論ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ討論を終結いたします。

 これより採決を行います。

 委員長の報告は原案可決です。委員長報告のとおり原案を可決することに賛成の議員の起立を求めます。

              (賛成者起立)



○吉塚邦之議長 全員賛成でございます。よって、議案第46号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第49号平成21年度小郡市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)の承認について、討論ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ討論を終結いたします。

 これより採決を行います。

 委員長の報告は原案可決です。委員長報告のとおり原案を可決することに賛成の議員の起立を求めます。

              (賛成者起立)



○吉塚邦之議長 全員賛成でございます。よって、議案第49号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第50号平成21年度小郡市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)の承認について、討論ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ討論を終結いたします。

 これより採決を行います。

 委員長の報告は原案可決です。委員長報告のとおり原案を可決することに賛成の議員の起立を求めます。

              (賛成者起立)



○吉塚邦之議長 全員賛成でございます。よって、議案第50号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第51号平成21年度小郡市介護保険事業特別会計(保険事業勘定)補正予算(第2号)の承認について、討論ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ討論を終結いたします。

 これより採決を行います。

 委員長の報告は原案可決です。委員長報告のとおり原案を可決することに賛成の議員の起立を求めます。

              (賛成者起立)



○吉塚邦之議長 全員賛成でございます。よって、議案第51号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第52号平成21年度小郡市介護保険事業特別会計(介護サービス事業勘定)補正予算(第1号)の承認について、討論ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ討論を終結いたします。

 これより採決を行います。

 委員長の報告は原案可決です。委員長報告のとおり原案を可決することに賛成の議員の起立を求めます。

              (賛成者起立)



○吉塚邦之議長 全員賛成でございます。よって、議案第52号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第54号訴えの提起について、討論ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ討論を終結いたします。

 これより採決を行います。

 委員長の報告は原案可決です。委員長報告のとおり原案を可決することに賛成の議員の起立を求めます。

              (賛成者起立)



○吉塚邦之議長 全員賛成でございます。よって、議案第54号は原案のとおり可決されました。

 次に、都市建設常任委員長の報告を求めます。

 多田幸弘都市建設常任委員長。

              〔多田幸弘都市建設常任委員長 登壇〕



◆多田幸弘都市建設常任委員長 皆さんおはようございます。

 それでは、ご報告いたします。

 去る9月3日、都市建設常任委員会に付託を受けました議案第53号平成21年度小郡市下水道事業特別会計補正予算(第1号)の承認についてでございますが、9月14日に委員6名全員出席のもと、関係部課長、係長の出席を求め、審査をいたしましたので、主なものについてご報告いたします。

 執行部より、2款1項1目下水道整備費の公共下水道整備事業、雨水通常分は、正尻川の雨水幹線の改修で工事請負費を352万5,000円減額して、委託料、公有財産購入費、補償補填及び賠償金のほうへ移行するものですとの説明がございました。

 2目維持管理費の公課費の消費税385万円は、20年度の消費税の確定に伴い、また21年度の中間納付を含めて補正するものですとの説明があり、以上の内容で審査を終え、採決の結果、議案第53号は全員一致をもって原案のとおり可決すべきものと決定いたしましたので、ここにご報告いたします。



○吉塚邦之議長 都市建設常任委員長の報告が終わりました。

 これより委員長報告に対する質疑、討論、採決を行います。

 議案第53号平成21年度小郡市下水道事業特別会計補正予算(第1号)の承認について、質疑ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ質疑を終結いたします。

 委員長、自席へお戻りください。

 これより討論を行います。

 議案第53号平成21年度小郡市下水道事業特別会計補正予算(第1号)の承認について、討論ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ討論を終結いたします。

 これより採決を行います。

 委員長の報告は原案可決です。委員長報告のとおり原案を可決することに賛成の議員の起立を求めます。

              (賛成者起立)



○吉塚邦之議長 全員賛成でございます。よって、議案第53号は原案のとおり可決されました。

 次に、決算審査特別委員長の報告を求めます。

 成富一典決算審査特別委員長。

              〔成富一典決算審査特別委員長 登壇〕



◆成富一典決算審査特別委員長 皆さんおはようございます。

 それでは、ご報告いたします。

 去る9月3日、決算審査特別委員会に付託されました認定第1号平成20年度小郡市一般会計歳入歳出決算認定について、認定第2号平成20年度小郡市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算認定について、認定第3号平成20年度小郡市老人保健事業特別会計歳入歳出決算認定について、認定第4号平成20年度小郡市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算認定について、認定第5号平成20年度小郡市介護保険事業特別会計(保険事業勘定)歳入歳出決算認定について、認定第6号平成20年度小郡市介護保険事業特別会計(介護サービス事業勘定)歳入歳出決算認定について、認定第7号平成20年度小郡市下水道事業特別会計歳入歳出決算認定について及び認定第8号平成20年度小郡市住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出決算認定についてでございますが、去る9月4日、7日及び8日の3日間、関係部課長、係長出席のもと慎重に審査をいたしました。審査の内容につきましては、議員各位ご案内のとおりでございます。

 審査結果につきましては、認定第1号は賛成多数をもって、認定第2号、認定第3号、認定第4号、認定第5号、認定第6号、認定第7号及び認定第8号は全員賛成をもって認定すべきものと決定いたしましたので、ここにご報告いたします。



○吉塚邦之議長 決算審査特別委員長の報告が終わりました。

 これより委員長報告に対する質疑、討論、採決を行います。

 まず、認定第1号平成20年度小郡市一般会計歳入歳出決算認定について、質疑ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ質疑を終結いたします。

 次に、認定第2号平成20年度小郡市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算認定について、質疑ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ質疑を終結いたします。

 次に、認定第3号平成20年度小郡市老人保健事業特別会計歳入歳出決算認定について、質疑ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ質疑を終結いたします。

 次に、認定第4号平成20年度小郡市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算認定について、質疑ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ質疑を終結いたします。

 次に、認定第5号平成20年度小郡市介護保険事業特別会計(保険事業勘定)歳入歳出決算認定について、質疑ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ質疑を終結いたします。

 次に、認定第6号平成20年度小郡市介護保険事業特別会計(介護サービス事業勘定)歳入歳出決算認定について、質疑ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ質疑を終結いたします。

 次に、認定第7号平成20年度小郡市下水道事業特別会計歳入歳出決算認定について、質疑ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ質疑を終結いたします。

 次に、認定第8号平成20年度小郡市住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出決算認定について、質疑ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ質疑を終結いたします。

 委員長、自席へお戻りください。

 これより討論を行います。

 まず、認定第1号平成20年度小郡市一般会計歳入歳出決算認定について、討論ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ討論を終結いたします。

 これより採決を行います。

 委員長の報告は原案認定です。委員長報告のとおり原案を認定することに賛成の議員の起立を求めます。

              (賛成者起立)



○吉塚邦之議長 賛成多数です。よって、認定第1号は原案のとおり認定されました。

 次に、認定第2号平成20年度小郡市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算認定について、討論ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ討論を終結いたします。

 これより採決を行います。

 委員長の報告は原案認定です。委員長報告のとおり原案を認定することに賛成の議員の起立を求めます。

              (賛成者起立)



○吉塚邦之議長 全員賛成でございます。よって、認定第2号は原案のとおり認定されました。

 次に、認定第3号平成20年度小郡市老人保健事業特別会計歳入歳出決算認定について、討論ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ討論を終結いたします。

 これより採決を行います。

 委員長の報告は原案認定です。委員長報告のとおり原案を認定することに賛成の議員の起立を求めます。

              (賛成者起立)



○吉塚邦之議長 全員賛成でございます。よって、認定第3号は原案のとおり認定されました。

 次に、認定第4号平成20年度小郡市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算認定について、討論ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ討論を終結いたします。

 これより採決を行います。

 委員長の報告は原案認定です。委員長報告のとおり原案を認定することに賛成の議員の起立を求めます。

              (賛成者起立)



○吉塚邦之議長 全員賛成でございます。よって、認定第4号は原案のとおり認定されました。

 次に、認定第5号平成20年度小郡市介護保険事業特別会計(保険事業勘定)歳入歳出決算認定について、討論ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ討論を終結いたします。

 これより採決を行います。

 委員長の報告は原案認定です。委員長報告のとおり原案を認定することに賛成の議員の起立を求めます。

              (賛成者起立)



○吉塚邦之議長 全員賛成でございます。よって、認定第5号は原案のとおり認定されました。

 次に、認定第6号平成20年度小郡市介護保険事業特別会計(介護サービス事業勘定)歳入歳出決算認定について、討論ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ討論を終結いたします。

 これより採決を行います。

 委員長の報告は原案認定です。委員長報告のとおり原案を認定することに賛成の議員の起立を求めます。

              (賛成者起立)



○吉塚邦之議長 全員賛成でございます。よって、認定第6号は原案のとおり認定されました。

 次に、認定第7号平成20年度小郡市下水道事業特別会計歳入歳出決算認定について、討論ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ討論を終結いたします。

 これより採決を行います。

 委員長の報告は原案認定です。委員長報告のとおり原案を認定することに賛成の議員の起立を求めます。

              (賛成者起立)



○吉塚邦之議長 全員賛成でございます。よって、認定第7号は原案のとおり認定されました。

 次に、認定第8号平成20年度小郡市住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出決算認定について、討論ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ討論を終結いたします。

 これより採決を行います。

 委員長の報告は原案認定です。委員長報告のとおり原案を認定することに賛成の議員の起立を求めます。

              (賛成者起立)



○吉塚邦之議長 全員賛成でございます。よって、認定第8号は原案のとおり認定されました。

 以上で議案第42号外19件の委員長報告と質疑、討論、採決を終わります。

            〜〜〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第3 議案第48号委員長報告と質疑、討論、採決



○吉塚邦之議長 日程第3、議案第48号平成21年度小郡市一般会計補正予算(第2号)の承認について、委員長報告と質疑、討論、採決を行います。

 本件につきましては、各常任委員会に分割付託しておりますので、各常任委員長に報告を求めます。

 まず、井上勝彦総務文教常任委員長。

              〔井上勝彦総務文教常任委員長 登壇〕



◆井上勝彦総務文教常任委員長 ご報告いたします。

 去る9月3日に総務文教常任委員会に付託を受けました議案第48号平成21年度小郡市一般会計補正予算(第2号)の承認について、分割付託分でございますが、9月10日に委員全員出席のもと、関係部課長、係長の出席求め、審査を行いました。審査の中で主なものを報告いたします。

 2款1項12目市民安全対策費、交通安全対策費1,705万7,000円は、三国が丘駅西側の駐輪場整備費で、財源は地域活性化交付金です。簡保レクセンター跡地売却の兼ね合いで県より要望があり、約1,000平米の用地取得をし、約500台分の駐輪場を整備するものですとの説明があり、駐輪場用地の単価は幾らになっているのかとの質疑があり、用地の価格は平米当たり8,050円で、通常の半額程度ですとの答弁がありました。

 10款2項2目教育振興費小学校分、10款3項2目教育振興費中学校分で、まず教育振興費、総務費の備品購入費は、平成23年度より実施される新学習指導要領に伴い、整備が遅れている理科教育等設備の充実を図るためのものです。

 次に、学校情報通信技術環境整備事業は、学校のICT化を進めるために行うもので、電子黒板を各小・中学校に1台、またデジタルテレビを小・中学校の各クラスと理科室及び職員室に1台、各幼稚園に1台、さらに周辺機器としてDVDプレーヤーの整備を行うものです。財源については、2分の1が文部科学省の補助金で、残り2分の1が地域活性化・経済危機対策臨時交付金で、全額国庫補助金ですとの説明があり、これに対し、理科教育等設備備品はこれまで毎年2校ずつ整備してきたが、これまで整備してきた分との調整はどう配慮されるのか。具体的な整備備品の内容はどのようなものなのかとの質疑があり、大規模校には若干増額し、20年度導入校については10万円から20万円下げています。備品については、新指導要領の理科の追加学習項目にある「物の重さ」や「骨と筋肉の動き」などの実験器具を中心に精査して導入する予定です。どういう備品を優先するかなど、学校と十分協議して進めたいとの答弁がありました。

 また、スクールニューディールについて、学校現場へ意見聴取がされないままに申請され、補正予算の計上がされている。どのように進めているのか。デジタルテレビと電子黒板の購入方法はどのようにされるのかとの質疑があり、これに対し、日程の件もあり、十分に意見聴取ができませんでした。導入に際しては、現場の意見を聞きながら行っていきたい。また、地元浮揚のための経済危機対策で行っていますので、その趣旨を入札の所管の総務課に伝えています。趣旨を踏まえて入札が行われると思いますとの答弁がありました。

 10款6項1目社会教育総務費は、地域子育て創生事業として、自治公民館活動、家庭教育、子育てに関する学習機会を提供する出前学習教育、妊娠出産期、乳幼児期に関する図書を冊子にまとめて子育ての情報提供を行うものですとの説明があり、これに対し、出前家庭教育の具体的な講座の内容や期間、対象者についてどのようになっているのか。子育て情報提供の冊子は何部配布するのか、対象者はどこか。また、子育て創生事業は今年度限りか、来年度以降はどうなるのかとの質疑があり、講座の内容や時間、曜日について、地元やそれぞれの団体からの要望に沿って行っていきたい。夜間や休日でも対応していきたい。また、部数は1,500部予定で、対象は乳幼児健診時や家庭教育学級、諸講座開催時に配布、転入者についても市民課で配布したい。事業としては、21年度及び22年度で実施しますとの答弁がありました。

 以上の内容で審査を終え、採決の結果、議案第48号は全員一致をもって原案のとおり可決すべきものと決定いたしましたので、ここにご報告いたします。



○吉塚邦之議長 総務文教常任委員長の報告が終わりました。

 委員長の報告に対し、質疑ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ質疑を終結いたします。

 委員長、自席へお戻りください。

 次に、田中登志雄環境福祉常任委員長。

              〔田中登志雄環境福祉常任委員長 登壇〕



◆田中登志雄環境福祉常任委員長 ご報告いたします。

 去る9月3日に環境福祉常任委員会に付託されました議案第48号平成21年度小郡市一般会計補正予算(第2号)の承認について、分割付託分につきましては、9月11日、委員全員出席のもと、関係部課長、係長に出席を求め、説明を受けて審査を行いましたので、主なものについてご報告いたします。

 歳出、2款2項2目賦課徴収費、市税過年度分還付金及び還付金加算金1,300万円の増額については、昨年来の景気の急速な落ち込みにより企業の収益が悪化し、法人市民税の還付が大幅にふえているためとの説明がありました。

 本件に関し、還付になる市内の会社の数について質疑があり、法人市民税を納税している市内の会社の数は794社だが、各会社とも決算期が違うことから、年度末にならないとその数はわからないとの答弁がありました。

 次に、歳出、2款2項2目賦課徴収費、公判委託料86万円の増額については、市税の滞納者が2社に対して利息制限法第1条第1項の所定の金利を超えて支払った過払い金があることを確認したため、滞納者から過払い者の過払い金返還請求権を差し押さえたが、2社とも請求に応じないので、過払い金請求の裁判を提訴するものとの説明がありました。

 本件に関し、提訴費用の負担について質疑があり、本人に請求することができないので全額市が負担することになるとの答弁がありました。

 次に、歳出、3款2項3目児童福祉施設費の三国保育所運営費の賃金593万7,000円の増額については、4月に障害児の全介助の児童が2名入所することになったため臨時職員を2名配置し、また5月に2歳児1名、7月にゼロ歳児1名が入所したため臨時職員を1名配置するものとの説明がありました。

 本件に関し、臨時職員の採用について質疑があり、保育士の資格がある方を1月から2月にかけて募集してそれぞれの保育園で登録しており、園児数に合わせて園長先生が配置を行っているとの答弁がありました。

 次に、歳出、4款1項2目予防費の成人健康費1,168万6,000円の増額については、本年5月29日、女性特有のがん検診に対する助成制度についての国の補正予算が通過したことに伴い、新たに子宮がん検診で約960人、乳がんの視触診関係で655人、マンモグラフィーで1,092人、施設の視触診関係で436人の検診を実施することに伴うものとの説明がありました。

 次に、歳出、6款1項5目農地費、農地有効利用支援整備事業補助金500万円の増額については、国の補助事業を両筑土地改良区が実施するもので、事業内容は両筑平野用水事業で実施した県営立石水路5カ所の分水口及びバルブの改修を行うもの。事業費としては1カ所200万円、5カ所で1,000万円を予定しており、国の補助が2分の1の500万円との説明がありました。

 以上の内容で審査を終え、採決の結果、議案第48号については全員賛成をもって可決すべきものと決定いたしましたので、ここにご報告いたします。



○吉塚邦之議長 環境福祉常任委員長の報告が終わりました。

 委員長の報告に対し、質疑ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ質疑を終結いたします。

 委員長、自席へお戻りください。

 次に、多田幸弘都市建設常任委員長。

              〔多田幸弘都市建設常任委員長 登壇〕



◆多田幸弘都市建設常任委員長 ご報告をいたします。

 去る9月3日、都市建設常任委員会に付託を受けました議案第48号平成21年度小郡市一般会計補正予算(第2号)の承認について、分割付託分でありますが、9月14日に委員全員出席のもと、関係部課長、係長の出席を求め、審査いたしましたので、主なものについてご報告いたします。

 8款2項2目道路維持費の道路維持補修事業は、毎年道路維持工事を行っていますが、各行政区からの要望が多く、現予算では厳しいので1,000万円を補正するものであります。

 3目の道路新設改良費の市道舗装事業は、舗装関係の傷みがひどく、また要望もかなり上がってきていますので1,000万円を補正するものであります。

 5目排水路整備事業費の排水路整備工事150万円は、この夏の集中豪雨で中央1区の排水路の一部が倒壊し、緊急に復旧する必要が生じたため補正するものですとの説明がありました。

 今回の水害で中央1区の排水路以外の水害について質疑があり、執行部より、中央1区が一番大きな損害箇所ですが、そのほかの被害は河川関係の土手の崩壊が多く、五、六カ所ほど崩壊しており、修繕費で対応しておりますとの答弁がありました。

 8款4項3目公園費の工事請負費310万円は、田中三次郎商店から指定寄付があり、祇園神社の東側、清六橋公園にトイレを整備するものとの説明がありました。

 以上の内容で審査を終え、採決を行った結果、全員一致をもって原案のとおり可決すべきものと決定いたしましたので、ここにご報告申し上げます。



○吉塚邦之議長 都市建設常任委員長の報告が終わりました。

 委員長の報告に対し、質疑ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ質疑を終結いたします。

 委員長、自席へお戻りください。

 これより討論を行います。

 討論ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ討論を終結いたします。

 これより採決を行います。

 委員長の報告は原案可決です。委員長の報告のとおり原案を可決することに賛成の議員の起立を求めます。

              (賛成者起立)



○吉塚邦之議長 全員賛成でございます。よって、議案第48号は原案のとおり可決されました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第4 教育委員会委員の任命について



○吉塚邦之議長 日程第4、教育委員会委員の任命についてを議題といたします。

 同意案第7号について提案理由の説明を求めます。

 平安市長。

              〔平安正知市長 登壇〕



◎平安正知市長 皆さんおはようございます。

 それでは、同意案第7号教育委員会委員の任命についてでございます。

 本件につきましては、鈴木伸子委員が本年10月4日をもって任期満了となるため、小郡市山隈163番地、田篭弘幸氏を教育委員会委員として任命したいので、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定により市議会の同意を求めるものでございます。どうぞよろしくお願いをいたします。



○吉塚邦之議長 これより質疑を行います。

 まず、同意案第7号について質疑ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 同意案第7号については、会議規則第37条第3項の規定により委員会付託を省略したいと思いますが、これにご異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 ご異議なしと認めます。よって、同意案第7号は委員会付託を省略することに決定いたしました。

 これより討論を行います。

 討論ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ討論を終結いたします。

 これより採決を行います。

 同意案第7号教育委員会委員の任命について、これに同意することに賛成の議員の起立を求めます。

              (賛成者起立)



○吉塚邦之議長 全員賛成でございます。よって、同意案第7号はこれに同意することに決定いたしました。

 ただいま同意いたしました田篭弘幸氏よりごあいさつをしたいとの申し出がありますので、これを許可いたします。

              〔田篭弘幸新教育委員会委員 入室〕

              〔田篭弘幸新教育委員会委員 登壇〕



◎田篭弘幸新教育委員会委員 ただいま議長様よりごあいさつの許可をいただきました田篭でございます。このたびは、小郡市教育委員会教育委員の任命に当たり、皆様方のご承認いただきましてまことにありがとうございます。心より感謝を申し上げます。

 現在の社会情勢が大きく激動する、その中で育っていく、また育っていかなければならない将来この地域を担う子供たちのために、私、大変微力ではございますが、皆様方のご指導、ご助言をいただきながら教育委員としての職務を務めていきたいというふうに思っております。どうぞよろしくお願いいたします。どうもありがとうございました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第5 小郡市固定資産評価審査委員会委員の選任について



○吉塚邦之議長 日程第5、小郡市固定資産評価審査委員会委員の選任についてを議題といたします。

 同意案第8号及び同意案第9号について提案理由の説明を求めます。

 平安市長。

              〔平安正知市長 登壇〕



◎平安正知市長 同意案第8号及び第9号小郡市固定資産評価審査委員会委員の選任についてでございます。

 本件は、小郡市固定資産評価審査委員会委員の任期が平成21年9月30日をもちまして満了することに伴い、第8号については小郡市福童323番地4の能塚榮氏の後任に小郡市大板井637番地26の棚町一司氏、第9号につきましては小郡市二夕645番地1の山田泰徳氏の後任者に小郡市八坂343番地の寺崎幹夫氏を新たに選任いたしたく、地方税法第423条第3項の規定により議会の同意を求めるものでございます。どうぞよろしくお願いをいたします。



○吉塚邦之議長 これより質疑を行います。

 まず、同意案第8号について、質疑ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ質疑を終結いたします。

 次に、同意案第9号について、質疑ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 同意案第8号及び同意案第9号については、会議規則第37条第3項の規定により委員会付託を省略して直ちに採決いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 ご異議なしと認めます。よって、直ちに採決を行います。

 お諮りいたします。

 同意案第8号について、これに同意することにご異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 ご異議なしと認めます。よって、同意案第8号はこれに同意することに決定いたしました。

 次に、同意案第9号について、同意することにご異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 ご異議なしと認めます。よって、同意案第9号はこれに同意することに決定いたしました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第6 閉会中における所管事務調査について



○吉塚邦之議長 日程第6、閉会中における所管事務調査についてを議題といたします。

 本件については、別紙のとおり通知があっております。

 別紙のとおり承認することにご異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 ご異議なしと認めます。よって、別紙のとおり承認することに決定いたしました。

 以上で本定例会に付議されました案件の審議は全部終了いたしました。

 これをもちまして平成21年第4回小郡市議会定例会を閉会いたします。

 ご協力ありがとうございました。

              閉会 午前10時31分



   小郡市議会会議規則第81条の規定により下記署名する。

     平成21年9月25日



              小郡市議会議長   吉 塚 邦 之



              署 名 議 員   内 野 哲 朗



              署 名 議 員   森 山 喬 介