議事ロックス -地方議会議事録検索-


福岡県 小郡市

平成21年 5月臨時会 05月29日−01号




平成21年 5月臨時会 − 05月29日−01号









平成21年 5月臨時会



             平成21年5月第2回臨時市議会

                           平成21年5月29日(金)開会

             〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

1. 議事日程

  第1 会期の決定

  第2 会議録署名議員の指名

  第3 議案の上程

    1 小郡市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定について(議案第41号)

  第4 提案理由の説明

  第5 質疑、討論、採決



1. 会議に付した事件

  日程第1 会期の決定

  日程第2 会議録署名議員の指名

  日程第3 議案の上程

      1 小郡市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定について(議案第41号)

  日程第4 提案理由の説明

  日程第5 質疑、討論、採決



1. 会議に出席した議員(20名)

   1番  福 田 俊 雄            2番  田 中 雅 光

   3番  新 原 善 信            4番  井 上 勝 彦

   5番  松 村 京 子            6番  山 田   忠

   7番  田 中 登志雄            8番  佐 藤 尚 武

   9番  松 尾 昌 弘           10番  多 田 幸 弘

  11番  徳 冨 正 夫           12番  井 上 準 一

  13番  赤 坂 博 則           14番  成 富 一 典

  15番  内 野 哲 朗           16番  森 山 喬 介

  17番  稲 益   理           18番  魚 住 清 文

  19番  廣 瀬 勝 栄           20番  吉 塚 邦 之



1. 会議に欠席した議員

   な   し



1. 会議に出席した説明員(8名)

  市長      平 安 正 知        副市長     兵 頭 正 俊

  教育長     清 武   輝        総務部長    高 木 良 郎

  保健福祉部長  福 田   照        環境経済部長  清 水 啓 介

  都市建設部長  池 田 清 己        教育委員会教育部長

                                 赤 川 芳 春



1. 議場に出席した事務局職員(3名)

  議会事務局長  久 保 剛 幸

  係長      末 次 泰 隆

  書記      中 原 博 輝







              開会 午前9時30分



○吉塚邦之議長 おはようございます。

 ただいまの出席議員は20名で、議員定足数に達しております。よって、平成21年第2回小郡市議会臨時会はここに成立いたしましたので、開会いたします。

 直ちに本日の会議を開きます。

 議事日程につきましては、ただいま印刷配布のとおりでございます。ご了承願います。

            〜〜〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第1 会期の決定



○吉塚邦之議長 日程第1、会期の決定を議題といたします。

 今期の臨時会は、本日1日間といたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 ご異議なしと認めます。よって、会期は本日1日間と決定いたしました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第2 会議録署名議員の指名



○吉塚邦之議長 日程第2、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、11番徳冨正夫議員、12番井上準一議員を指名いたします。

            〜〜〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第3 議案の上程



○吉塚邦之議長 日程第3、このたび市長より議案第41号小郡市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定についてがお手元に配布のとおり提出されましたので、これを上程いたします。

            〜〜〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第4 提案理由の説明



○吉塚邦之議長 日程第4、この際、市長から提案理由の説明を求めます。

 平安市長。

              〔平安正知市長 登壇〕



◎平安正知市長 皆さんおはようございます。

 風薫る5月を迎えまして、議員各位におかれましてはご健勝のこととお喜び申し上げます。

 本日ここに平成21年第2回小郡市議会臨時会を招集いたしましたところ、議員各位におかれましては公私ともご多忙の中にご出席を賜りまして、厚く御礼を申し上げます。

 今臨時会に提案しております案件は、小郡市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定についての1件でございます。何とぞ慎重審議の上、ご承認賜りますようにお願いを申し上げます。

 それでは、提案理由の説明を申し上げます。

 議案第41号小郡市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定についてでございます。

 本議案につきましては、人事院の勧告に伴う職員の給与改定により条例の一部を改正するものでございます。昨年来の世界的な金融危機に端を発した景気の急速な悪化により、民間企業の夏期一時金の急速かつ大幅な減少がうかがえる異例の事態に、本年4月に人事院が民間企業の状況を把握するための特別調査を実施しております。その結果、民間企業における本年の夏期一時金は昨年に比べ大きく減少することが予想されることから、5月1日に人事院は、平成21年6月に支給する国家公務員一般職の期末手当及び勤勉手当について0.2月分を凍結する特例措置を勧告いたしました。本市におきましても、本年6月に支給する期末手当及び勤勉手当の支給月数につきましては、国に準じて期末手当を0.15月分、勤勉手当を0.05月分、合わせて0.2月分を暫定的に引き下げを行うものでございます。

 本年6月に支給する期末手当及び勤勉手当につきましては6月1日が基準日となっており、実施するには5月中の条例改正が必要となりますので、今回議会に提案をするものでございます。何とぞ慎重審議の上、ご承認賜りますように重ねてお願い申し上げまして提案理由の説明とさせていただきます。どうもありがとうございました。



○吉塚邦之議長 以上で提案理由の説明を終わります。

 ここで暫時休憩いたします。

              休憩 午前9時34分

              再開 午前10時3分



○吉塚邦之議長 おそろいでございますので、休憩前に引き続き会議を再開いたします。

            〜〜〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第5 質疑、討論、採決



○吉塚邦之議長 日程第5、これより質疑、討論、採決を行います。

 議案第41号について、質疑ありませんか。

 18番魚住清文議員。



◆18番(魚住清文議員) 市長にお伺いしたいと思います。

 先ほどの説明ではよくわかりませんので、どういう経過をたどってこの案件が取り組まれてるのかというのを知りたいんであります。

 5月21日、国会でこの論議されてます。そこで言われてるのは、人事院の勧告の仕方がおかしいというのが問題に上がってます。人事院は従来8月ごろ、7月までにまとめて8月ごろに方針を出すのが、今回大急ぎでやられたと。しかも、その調査の状況は、通常では1万1,000の企業の実態を調べるのに今回は2,700かどんぐらいで、それも郵送で調べるという粗雑なやり方でこの勧告の内容をつくり上げてると。それを指摘したら、塩川議員が質問したんですけど、人事院の谷総裁は、全体を反映したとかいえばそうではないという答弁もしてると。つまり、十分に論議して審査してやってるのではないちゅうのを人事院自体が認めて要求してると。これは一体どういうことなのかと。

 もう一つは、交付金がありまして1万2,000円、1人、今の経済のあれを助けようということでされてました。今度は交付金じゃなくて取り上げると。一体何を考えてこういう仕組みになってるんだろうかと。不況を打開せないかんちゅうて税金を国民にざっと配ったけど、今度は公務員からは取り上げて、不況回復にならんような、お金を使わないような、こういう状況を何でつくったんかと。で、私どももいろいろ論議しました。おとといほど会議で、全部じゃないんですけどね、論議しました。その論議の中でやっぱり気になったのは、大企業のボーナスの状況を調査は十分できないでこうしてるという背景にあるのは何かというと、まず公務員のボーナスに手をつけて、大企業のボーナスをそれで下げるというねらいがあるんじゃないかという話をしたところであります。つまり、人事院も大企業の言いなりにそういうやり方をつくったんじゃないかという疑惑を持ちます。

 ですが、いずれにしてもこの2つの点、いわゆる調整交付金やっとってこっちは取り上げてという矛盾したやり方がどうして生まれてるのか。それを市長がどういうふうに受けとめて小郡市で適用しようとしてるのかと。福岡県なんかは、こういうのでまだ十分解明ができないとしてこれは取り上げてませんよね。延期してます、年末に。小郡が何でここで大急ぎでやらないかん事情ができたのかというのを知りたいと思います。

 大体簡単ですけど、以上、説明。



○吉塚邦之議長 確認しますが、県との話も出ましたんですが、2点でよろしいですね、最初の2点で。

 答弁を求めます。

 平安市長。



◎平安正知市長 まず、人事院の今回のあり方が異例ではないかというようなことがありましたが、確かに異例といえば異例と言えると思います。なぜなら、今回世界同時不況という状態は100年に一度とも、あるいは戦後最悪とも言われております。確かに、5月20日に内閣府が発表した1、3月のGDP、国民総生産については4%の落ち込み、年率換算で15.2%と、まさにオイルショックを上回った戦後最悪の数字を示したということであります。日本を引っ張ってきたリーディングカンパニーである車や、あるいは電器という大手企業さえも大幅な赤字の決算を今発表を続けているという状況であって、夏期の一時金については急激な落ち込みは避けられないというところでありまして、通常1万1,000社を調査して人事院が発表する、ただそうした状況を踏まえて異例の中で2,700社だったということで言えばやはり異例ということもあるかと思いますが、1万1,000社じゃなかったということについては、2,700社ということで約3分の1から4分の1というようなデータをとったということで通常とは違うと思いますが、先ほど申しましたとおり、今回の事態は異例中の異例であるというふうに思うところでありまして、まさにそうしたところで人事院が勧告をしたというふうに思います。

 で、小郡市のこれまでの給与に関しては、人事院の、国家公務員にほぼ準拠してやってきたわけでありまして、最後のほうに県がやってないじゃないかということがありましたが、県は県で独自に調査をする期間が足らないというところであって今回は見送ったというふうに聞いておりますが、今これから調査に入っていかれるだろうと思いますが、あわせて夏の分も調整をして冬の分で一括でされるというふうになるかというふうに思うところであります。

 それと、定額給付金を片方でやっといて、そしてここで公務員の給料を減らして矛盾してるじゃないかというお話がありましたが、定額給付金については文字どおり経済対策の一環として、さまざまな景気対策の一環として取り組まれてる一つであって、定額給付金によって需要を喚起しようということであります。小郡市においてもそれを目指した、小郡市商工会としてもプレミアつき商品券、小郡市もあわせて1割、1,000万円を補助したところでありますが、そうしたことで、さまざまな工夫を凝らしながら何とかこの景気を盛り返さないかんというふうに思うところであります。個人消費も設備投資も、あるいは住宅投資も、いわゆるこうした内需関連と輸出も落ち込むというさまざまな要因でGDPが落ち込んでいるわけでありますが、しっかり、もちろん民間需要だけでなくて公共投資等も含めてやっていかないかんというふうに思うところでありまして、それと定額給付金と今回の、まさに先ほどるる述べましたけども人事院の勧告する景気を反映した夏期一時金の減額というのは、また同じ分野でとらえてはいけないものというふうに思うところであります。



○吉塚邦之議長 再質疑ありますか。

 18番魚住清文議員。



◆18番(魚住清文議員) よくわからないのが、同じ仕組みでないから認められるということですけど、小郡市の場合ですと、こういうやり方で市の職員のボーナスをカットするということは、市の経済の中ではどういう影響をもたらすかというのはきちんと整理して判断されたのかと。大体どのくらいになるのか、その額は。そしてそれが、恐らく減った分だけはもう使わんはずだと思うんです。そうすると、いろいろ流れが逆行してるんじゃないかと。それを何で平気でやられるかというのがよくわからないんです。平気で、こっちはやった、こっちは取り上げた、そんなばかな、子供のけんかじゃあるまいし。正確にその内容を市民がわかるようにしないとおかしいなと。問題をかえて言えば、これは大企業がやっぱり押しつけてあるんじゃないかと。こういうのをやりなさいと、たら企業が助かるということじゃないかと。

 別な意味で、角度から見ますと、大企業のことはともかくとして、市のいろんな企業も大変だから、市役所もこうやってカットしとるからあんたたちもカットするけど我慢してくれと。こういうふうにカットが広がっていくんですね、いろんな企業に。こういう可能性も、心配もあるというふうに思うんですが、そこら辺はお調べになって判断してるのか、もう一度お聞きします。



○吉塚邦之議長 答弁を求めます。

 平安市長。



◎平安正知市長 市独自で小郡市にある企業の夏期の一時金の状況を調べてるかといったら、調べてはございません。ただ、今言われるように、公務員の夏のボーナスが減ることによって、それを利用して各企業のボーナスを減らすための策じゃないかというふうに言われますが、そうではないとは思います。こうした非常に厳しい状況を受けた企業としては、業績に反映して一時金を取らざるを得ないというふうには大いに理解できるところでありまして、民間企業がボーナスを減らされる中、もし公務員が全然それに手をつけないという状況の中にあったら、国民やあるいは地域住民の方がどう思うのかというところでありまして、世間の民間の方が大変な苦労をしてるという状況にあって、そうした状況を踏まえて公務員もしっかりと対応をしなければいけないというふうに思うところであります。



○吉塚邦之議長 再々質疑ありますか。

 18番魚住清文議員。



◆18番(魚住清文議員) 長々言ってもしょうがないですが、もう少しまとめて考え方をお聞きしたいのは、要するにこれは景気の回復じゃないんですよね、今度のやつは。前は景気の回復でやった。今度は景気の回復じゃないのを、今度は不景気になるという方向でこれは動かされてるはずなんです。動かざるを得ないはずなんです。その点についてはどういう判断されてやられてるのか。県は、そりゃ慎重にやろうやないかちゅうてからまだ今自分たちで調べてるというところですけど、小郡市はそういうこともせんで、とにかく言われたからやろうかというふうにやられてるのか、そこら辺明確にお示しください。



○吉塚邦之議長 答弁を求めます。

 平安市長。



◎平安正知市長 今回の市職員の0.2月分減らすことによって、そこだけ、そのポイントだけ見たら、手取りの分が少なかった分が、それが需要に回らない、消費に回らないということで、そのポイントだけ見たら景気浮揚策に逆行してるじゃないかと言えるかもしれませんが、もっとマクロの視点で見れば、世間、民間から見たら、それだけを、ぬくぬくとという表現が当たるかどうかわかりませんけども、そうした批判にさらされるのは目に見えてるというふうに思うところであります。

 それと、県はこれまで独自の調査も例年やってきたという中において、それを踏まえていないと。ただ、小郡市の場合は、県の動向を見るんではなくてあくまでも国公準拠ということで、国の公務員の人事院に乗ってこれまで上げるときは上げてきただろうし、下がるということになればしっかりそれに対応して下げていかないかんというふうに思うところであります。



○吉塚邦之議長 ほかに質疑ありませんか。

 8番佐藤尚武議員。



◆8番(佐藤尚武議員) 今回の改正ていうですか、改正になった後に、なるちゅうか、そのときに大体職員さんの手当がどのくらいになるのか、具体的に。今、平均がこのくらいでこのくらいになるのを、その辺をちょっと教えていただきたい。職階は別、平均でいいです。それと、特別職はどういうふうになるのか、それもちょっとわかりませんのでお願い申し上げます。副市長か総務部長か。



○吉塚邦之議長 答弁を求めます。

 高木総務部長。



◎高木良郎総務部長 ご答弁申し上げます。

 まず一般職ですが、この改定につきまして勤勉が0.05、期末が0.15ですので、総計で、平均で7万9,106円が減額になります。職員全体の総額として2,658万175円、これが総額でございます。それから特別職ですが、特別職につきましては勤勉部分がございません。平均で12万2,500円の減額で、総額で36万7,511円の減額でございます。

 以上でございます。



○吉塚邦之議長 再質疑ありますか。

 8番佐藤尚武議員。



◆8番(佐藤尚武議員) わかりましたけども、今平均7万9,000円ぐらい、職員さんありましたけど、大体今幾らぐらいで7万9,000円で幾らぐらいになる、それだけちょっともう一つ教えてください。



○吉塚邦之議長 答弁を求めます。

 高木総務部長。



◎高木良郎総務部長 平均で、今度下がってですが、もともと予定では85万406円の平均額でしたが、これが77万1,299円ということで、この分の減額になるということです。



○吉塚邦之議長 再々質疑ありますか。

 ほかに質疑ありますか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 議案第41号については、会議規則第37条第3項の規定により委員会付託を省略したいと思いますが、これにご異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 ご異議なしと認めます。よって、委員会付託は省略することに決定いたしました。

 これより討論を行います。

 討論ありませんか。

 18番魚住清文議員。

              〔18番 魚住清文議員 登壇〕



◆18番(魚住清文議員) こんにちは。

 質問の中でも申し上げましたんですが、この施策自体が非常に間違ってる。一方では定額給付金で景気の回復しなさいよ、一方では近所の目があるからカットしますよと。二足のわらじですね、こっちではやる、こっちでは取り上げる。こういう政治のあり方が本当に役に立つのかと。国民の心を打つのかと。決して打ちはしないと思うんです。公務員だけいいなと。何で公務員だけいいな、みんなが悪くなってるからよく見えるんであって、実際にはそういう仕組みを越えてみんなが豊かな生活をつくるということにしていかないかん。こういうときに、やっぱり市民が納得できるような施策の説明がないとおかしいんじゃないかと。とにかく国の公務員制度と同じ仕組みで小郡市は給付は計算してるからと。これは、一時小郡市の市職労と市長がけんかしましてストライキがありましたから、そういうのを含んだ上でこういう仕組みに今なってるんですけども、しかしそれだけで説明するにはちょっと不足じゃないかなという感じもします。本当にこの仕組みのままで市民が納得できるかという点について言えば大変不満でありますので、これはやっぱり賛成するわけいかないな、反対せないかんなというふうに思っております。

 以上です。



○吉塚邦之議長 ほかに討論ありませんか。

 4番井上勝彦議員。

              〔4番 井上勝彦議員 登壇〕



◆4番(井上勝彦議員) おはようございます。

 私は賛成の立場から討論させていただきます。

 私は、今回の人事院勧告を尊重すべきであると考えます。よって、本議案に賛成するものであります。



○吉塚邦之議長 ほかに討論ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ討論を終結いたします。

 これより採決を行います。

 議案第41号について、可決することに賛成の議員の起立を求めます。

              (賛成者起立)



○吉塚邦之議長 ありがとうございます。賛成多数でございます。よって、議案第41号は原案のとおり可決されました。

 以上で本臨時会に付議されました案件の審議は全部終了いたしました。

 これをもちまして平成21年第2回小郡市議会臨時会を閉会といたします。

 ご協力ありがとうございました。

              閉会 午前10時28分



   小郡市議会会議規則第81条の規定により下記署名する。

     平成21年5月29日



              小郡市議会議長   吉 塚 邦 之



              署 名 議 員   徳 冨 正 夫



              署 名 議 員   井 上 準 一