議事ロックス -地方議会議事録検索-


福岡県 小郡市

平成20年12月定例会 12月05日−02号




平成20年12月定例会 − 12月05日−02号









平成20年12月定例会



             平成20年12月第5回定例市議会

                           平成20年12月5日(金)再開

             〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

1. 議事日程

  第1 質疑

    1 福岡県後期高齢者医療広域連合規約の変更について(議案第54号)

    2 選挙公報の発行に関する条例の一部を改正する条例の制定について(議案第53号)

    3 小郡市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定について(議案第52号)

    4 平成20年度小郡市一般会計補正予算(第3号)の承認について(議案第49号)

    5 平成20年度小郡市介護保険事業特別会計(保険事業勘定)補正予算(第2号)の承認について(議案第50号)

    6 平成20年度小郡市下水道事業特別会計補正予算(第2号)の承認について(議案第51号)

    7 損害賠償額を定め和解することについて(議案第55号)

  第2 委員会付託




議案委員会付託表
付託委員会議案
番号件         名
総務文教53選挙公報の発行に関する条例の一部を改正する条例の制定について
49平成20年度小郡市一般会計補正予算(第3号)の承認について
(別紙分割付託一覧表のとおり)
環境福祉54福岡県後期高齢者医療広域連合規約の変更について
52小郡市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定について
49平成20年度小郡市一般会計補正予算(第3号)の承認について
(別紙分割付託一覧表のとおり)
50平成20年度小郡市介護保険事業特別会計(保険事業勘定)補正予算(第2号)の承認について
55損害賠償額を定め和解することについて
都市建設49平成20年度小郡市一般会計補正予算(第3号)の承認について
(別紙分割付託一覧表のとおり)
51平成20年度小郡市下水道事業特別会計補正予算(第2号)の承認について




      平成20年度小郡市一般会計補正予算(第3号)分割付託一覧表



〔総務文教常任委員会〕

  1 歳入の全部

  2 歳出のうち

   第2款 総務費

   第10款 教育費



〔環境福祉常任委員会〕

  1 歳出のうち(人件費は除く)

   第3款 民生費

   第4款 衛生費

   第5款 労働費

   第6款 農林水産業費

   第7款 商工費



〔都市建設常任委員会〕

  1 歳出のうち(人件費は除く)

   第8款 土木費



1. 会議に付した事件

  日程第1 質疑

      1 福岡県後期高齢者医療広域連合規約の変更について(議案第54号)

      2 選挙公報の発行に関する条例の一部を改正する条例の制定について(議案第53号)

      3 小郡市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定について(議案第52号)

      4 平成20年度小郡市一般会計補正予算(第3号)の承認について(議案第49号)

      5 平成20年度小郡市介護保険事業特別会計(保険事業勘定)補正予算(第2号)の承認について(議案第50号)

      6 平成20年度小郡市下水道事業特別会計補正予算(第2号)の承認について(議案第51号)

      7 損害賠償額を定め和解することについて(議案第55号)

  日程第2 委員会付託



1. 会議に出席した議員(20名)

   1番  福 田 俊 雄            2番  田 中 雅 光

   3番  新 原 善 信            4番  井 上 勝 彦

   5番  松 村 京 子            6番  山 田   忠

   7番  田 中 登志雄            8番  佐 藤 尚 武

   9番  松 尾 昌 弘           10番  多 田 幸 弘

  11番  徳 冨 正 夫           12番  井 上 準 一

  13番  赤 坂 博 則           14番  成 富 一 典

  15番  内 野 哲 朗           16番  森 山 喬 介

  17番  稲 益   理           18番  魚 住 清 文

  19番  廣 瀬 勝 栄           20番  吉 塚 邦 之



1. 会議に欠席した議員

   な   し



1. 会議に出席した説明員(8名)

  市長      平 安 正 知        副市長     兵 頭 正 俊

  教育長     清 武   輝        総務部長    高 木 良 郎

  保健福祉部長  福 田   照        環境経済部長  清 水 啓 介

  都市建設部長  池 田 清 己        教育委員会教育部長

                                 赤 川 芳 春



1. 議場に出席した事務局職員(3名)

  議会事務局長  久 保 剛 幸

  係長      末 次 泰 隆

  書記      中 原 博 輝







              再開 午前9時30分



○吉塚邦之議長 おはようございます。

 ただいまの出席議員は20名で、議員定足数に達しております。よって、平成20年第5回小郡市議会定例会はここに成立いたしましたので、再開いたします。

 直ちに本日の会議を開きます。

 議事日程につきましては、ただいま印刷配布のとおりでございます。ご了承願います。

            〜〜〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第1 質疑



○吉塚邦之議長 日程第1、これより質疑を行います。

 まず、議案第54号福岡県後期高齢者医療広域連合規約の変更について、質疑ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 質疑なしと認めます。質疑を終結いたします。

 次に、議案第53号選挙公報の発行に関する条例の一部を改正する条例の制定について、質疑ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 質疑もないようですので、質疑を終結いたします。

 次に、議案第52号小郡市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定について、質疑ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 質疑もないようですので、質疑を終結いたします。

 次に、議案第49号平成20年度小郡市一般会計補正予算(第3号)の承認について、質疑を行います。

 まず、11ページから25ページまでの歳出について、質疑ありませんか。

 15番内野哲朗議員。



◆15番(内野哲朗議員) まず、19ページの資源回収奨励金についてお尋ねいたします。

 いろんな方からお尋ねがありますんで、確認の上でお尋ねしたいと思います。

 これは、二審で勝訴して予算計上されとるんですけど、現在上告をされてますけど、その兼ね合い、法的なことに触れないかどうか、そういうこともお尋ねしたいと思います。



○吉塚邦之議長 答弁を求めます。

 清水環境経済部長。



◎清水啓介環境経済部長 いろいろ議員の皆様、そして市民の皆様にもご心配をかけてきたところでございますが、去る10月9日に福岡高裁におきまして勝訴いたしました。弁護士とも十分協議しておりますが、ストップしておりました奨励金、これについて勝訴を受けて支払いするということは、特段違法であるという判断は出ておりませんので、合法であるというふうに認識しておるところでございます。



○吉塚邦之議長 再質疑ありますか。

 内野議員。



◆15番(内野哲朗議員) それでは、ちょっと仮定の話で申しわけございませんけど、万が一、上告が敗訴、負けた場合、今後どのようなことが起きるかお尋ねしたいと思います。



○吉塚邦之議長 答弁を求めます。

 清水環境経済部長。



◎清水啓介環境経済部長 ご心配の点は、現在最高裁に上告されております。それで、仮の話でしょうけども、負けたらということでございますが、負ける可能性が100%ないとは言い切れません、確かに。しかしながら、弁護士の判断では極めて低い可能性であるということがあります。それともう一点は、その判断が出るのが早くても二、三カ月、遅ければちょっとどのくらいになるかわからないという状況がございます。一方では、市民の皆様には奨励金の支払いができないということで多々ご迷惑もかけております。これ以上市民の方に待っていただくということは、また好ましくないという判断でありまして、市としてはまずは負けることはないというふうに認識しておりますけども、その可能性がゼロであるとはちょっと言い切れないと。そういう状態でございます。



○吉塚邦之議長 再々質疑ありますか。

 ほかに質疑はありませんか。

 10番多田幸弘議員。



◆10番(多田幸弘議員) 今、内野議員の関連でございますけども、一応奨励金をお支払いするというふうな方向でございますが、これは19年度後期分ということをちょっとこの前、本会議のときに聞いております。

 それで、これは支払いされるとした場合、いつごろお支払いになるのか、それと従来どおり衛連のほうに払われるのか、それだけをちょっと確認させていただきたいと思います。



○吉塚邦之議長 答弁を求めます。

 清水環境経済部長。



◎清水啓介環境経済部長 基本的には、12月補正をしておるわけでございますから、年度内に支払う予定でおります。

 それともう一点は、もちろん現在の奨励金交付規定でもって支払うわけでございますので、交付対象は衛連でございます。



○吉塚邦之議長 再々質疑ありますか。

 ほかに質疑ございませんか。

 3番新原議員。



◆3番(新原善信議員) 4点、お願いします。

 18ページ、生活保護扶助費の補正があっておりますけれども、非常に経済状態が悪くなっているということで生活保護の利用者もふえているんではないだろうかと思うんですけども、その実態についてお答えいただきたいと思います。

 2点目です。今さっきの資源回収奨励金のことですけれども、これは従来衛連から学校のほうに補助金としていっとったわけですけども、それがここしばらくありませんでしたから非常に学校は困っていました。それで、今回の訴訟で一応勝訴はしたんだけれども、今後これをこのまま今の形でいくのか、あるいは違う形で学校に直接教育委員会の予算として教育費のほうに上乗せするというような形にも考えられないことはないと思うんですけども、その辺はどんなふうに考えておられるのかお願いします。

 3点目です。地域職業相談室というのが体育館のところにできるということがありましたけれど、これは非常に喜ばしいことであろうと思いますけれど、いつから運用されるのか。そして、広報等について市民に知らせないことにはそういうものができたというのがわかりませんから、ホームページ等でも知らせていくべきではないだろうかと思うんですけれども、その辺はどうでしょうか。

 それから、4点目です。就学援助費の補正が小学校、中学校ともなされておりますけれども、恐らくふえているんじゃないだろうかと思うんですけれども、その実態についてお尋ねいたしたいと思います。

 以上です。



○吉塚邦之議長 答弁を求めます。

 福田保健福祉部長。



◎福田照保健福祉部長 生活保護の実態でございますが、全体的に見ますとほとんどパーセンテージ、保護率というのは変化しておりません。2.3パーミルから2.4パーミルで推移をしておりまして、世帯数でいきますと4月分で113世帯、それから9月になりまして112世帯ということで、保護人数も大体140人台ということで極端に減ったりふえたりしていないという状況でございます。

 生活保護の中には生活扶助と医療扶助、教育扶助とかさまざまあるわけでございますけども、今回1,000万円補正をお願いしている分につきましては、医療扶助に相当する分がすべてでございまして、特に重症のがんで入院されている方とかあるいは糖尿病でこれも重い病気で入院された方というのがここ一、二カ月のうちに何名ずつかふえておりまして、トータル的に医療扶助が不足するということで今回補正をお願いしたということです。

 以上です。



○吉塚邦之議長 答弁を求めます。

 高木総務部長。



◎高木良郎総務部長 この奨励金の今後の件についてご答弁申し上げたいと思いますが、先ほど清水部長のほうがご報告申し上げたとおり10月9日に勝訴したわけなんですけれど、トータルとして勝訴をしたということで、個々別々の内容についてはいろいろご指摘を受けた部分がございます。指摘を受けた部分については、交付規定の見直しをしながらより万全なものにしておく必要があるんではないかというふうに考えております。ということで、内容を検討した上で最終的には今後交付規定を見直して決定をしていきたいというふうに思っています。

 以上です。



○吉塚邦之議長 答弁を求めます。

 清水環境経済部長。



◎清水啓介環境経済部長 地域職業相談室の件でございますが、まずいつからオープンできるのかというお尋ねだろうと思います。一応福岡労働局のほうと協議しておりまして、来年の3月にはオープンをしていきたいと、新聞にはこれ出とったと思いますが、そういう段取りで進めております。

 それから、市民にどうPRしていくのかというお話でございます。本予算をお認めいただいた後には、いろんな角度から福岡労働局のほうとも協議しながらPRに努めていきたいと、そういうふうに思っております。



○吉塚邦之議長 答弁を求めます。

 赤川教育部長。



◎赤川芳春教育委員会教育部長 就学援助費の状況についてでございます。今回の補正で小学校、中学校それぞれ補正をお願いをいたしているところでございますが、小学校につきましては、当初予算では390名を見込んで計上していたところでありますけれども、申請の状況で増加をいたしまして約430名を見込んでいるところであります。そのために325万5,000円の補正をお願いをしているところです。

 次に、中学校でございますけれども、当初190名を見込んでいたところでありますが、小学校と同様に210名と申請対象者が増加いたしたということで今回の補正をお願いをしているところです。

 以上です。



○吉塚邦之議長 新原議員にお願いいたします。

 項目が多岐にわたりましたので、それぞれの担当部長に再質疑、再々質疑という形で整理していきたいと思います。よろしゅうございますか。

 再質疑ございましたら。ありませんか。

 ほかに質疑ございませんか。

 8番佐藤尚武議員。



◆8番(佐藤尚武議員) 23ページの教育振興総務費というのが出ておりますけども、この中で教育には文化の振興とスポーツ、体育の振興があると思いますけれども、それぞれ詳細はいいとして、文化の振興費がどのくらい、体育の振興費が幾らぐらい、概算でいいですけれどその中身となぜそうなったのか、概算にございますけどお答え願いたいと思います。



○吉塚邦之議長 補正額についての質問ですか。質疑ですか。

 再度確認します。どの項目ですか。

              (8番佐藤尚武議員「23ページの教育振興費、そこの教育振興総務費というのありますね。そこの部分でございます」と呼ぶ)

 その内訳。

              (8番佐藤尚武議員「内訳となぜそうなったのかということを知りたいと思います」と呼ぶ)

 答弁を求めます。

 赤川教育部長。



◎赤川芳春教育委員会教育部長 教育振興総務費で今回90万円の補正をお願いしているところです。この内容につきましては、中学校の各種大会の補助金ということで、市内中学校のスポーツ及び芸術文化活動の振興を図るため予算を計上しているところでありますが、当初400万円をお願いをしていたところでありますけれども、その後スポーツあるいは文化部関係での上位大会の出場等が増加をしたということで今回90万円の補正をお願いしているところです。合わせて490万円ということになるわけでございますけれども、その中で文化部関係につきましては約101万円を予定をいたしておりまして、その残りがスポーツ関係というようなことでございます。

 以上です。



○吉塚邦之議長 再質疑ありますか。

 8番佐藤尚武議員。



◆8番(佐藤尚武議員) 金額がちょっと合わんと思いますけど。もっと小さくいいますと、文化振興費、体育振興費、スポーツ振興費には、簡単に言いますと、全日本大会まで出て補助金が出てないと、だから私は憲法違反じゃないかと。簡単に言いますと、文化と体育と差別があると。だから、その辺の考え方がどうなっているのかお聞きしたいと、こういうことです。



○吉塚邦之議長 質疑ですからね。答弁できますか。

 赤川教育部長。



◎赤川芳春教育委員会教育部長 私どもといたしましては、この分につきましては中学校における体育あるいは文化の振興のために補助をしているというふうに考えております。

 以上です。



○吉塚邦之議長 8番佐藤尚武議員。



◆8番(佐藤尚武議員) 詳しくは一般質問でするようにしてますけども、この金額そのものは文化と体育と同列において振興費とか補助金を出さないかんと。だから、その考え方がどうしてこうなったかというのを聞きたいと。だから、どうも疑問に思っているから質問しますけども、教育長にそういうことをちょっとお尋ねしたい。考え方として。

 以上でございます。



○吉塚邦之議長 尚武議員、一般質問でする予定があるんですか。



◆8番(佐藤尚武議員) 一般質問でもやります、詳細に。ただ、これは出るということですから、その辺は聞いとかないかんと思って。ここで質疑、疑問点に思ったことだけしております。

 以上です。



○吉塚邦之議長 清武教育長、答弁を求めます。



◎清武輝教育長 また一般質問でご質問があるということですけど、市のほうとしては教育等の中でスポーツ、それから文化の振興について、全体的な取り組みを進めているところです。

 また、補助金関係につきましては、小・中学校関係しますけれど、中学校の各種大会の出場については補助交付要綱をつくってそれに基づいて現在執行しているところでございます。

 以上です。



○吉塚邦之議長 ほかに質疑ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ、次に7ページから9ページまでの歳入についての質疑ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 次に、1ページから6ページまで及び総括的な質疑ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 質疑もないようですので、質疑を終結いたします。

 次に、議案第50号平成20年度小郡市介護保険事業特別会計(保険事業勘定)補正予算(第2号)の承認について、質疑ありませんか。質疑ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 質疑もないようですので、質疑を終結いたします。

 次に、議案第51号平成20年度小郡市下水道事業特別会計補正予算(第2号)の承認について、質疑ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 質疑もないようですので、質疑を終結いたします。

 次に、議案第55号損害賠償額を定め和解することについて、質疑ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 質疑もないようですので、質疑を終結いたします。

            〜〜〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第2 委員会付託



○吉塚邦之議長 日程第2、今期定例会に提出されております議案につきましては、お手元に配布しております議案委員会付託表のとおり各所管の常任委員会に付託いたします。

 以上で本日の議事日程は全部終了いたしました。

 次の本会議は12月15日午前9時30分から再開いたします。

 本日はこれをもちまして散会いたします。

 ご協力ありがとうございました。

              散会 午前9時49分