議事ロックス -地方議会議事録検索-


福岡県 小郡市

平成20年 9月定例会 09月24日−05号




平成20年 9月定例会 − 09月24日−05号









平成20年 9月定例会



             平成20年9月第4回定例市議会

                           平成20年9月24日(水)再開

             〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

1. 議事日程

  第1 請願委員長報告と質疑、討論、採決

  第2 委員長報告と質疑、討論、採決

    1 総務文教常任委員長報告と質疑、討論、採決

     (1) 久留米広域市町村圏事務組合の共同処理する事務の変更及び久留米広域市町村圏事務組合規約の変更について(議案第46号)

     (2) 福岡県南広域消防組合の解散について(議案第47号)

     (3) 福岡県南広域消防組合の解散に伴う財産処分について(議案第48号)

     (4) 公益法人制度改革に伴う関係条例の整理に関する条例の制定について(議案第42号)

     (5) 小郡市消防団員の定員、任免、給与、服務等に関する条例の一部を改正する条例の制定について(議案第43号)

     (6) 小郡市議会議員の報酬、費用弁償及び期末手当等に関する条例等の一部を改正する条例の制定について(議案第44号)

     (7) 小郡市まちづくり支援基金条例の制定について(議案第45号)

    2 環境福祉常任委員長報告と質疑、討論、採決

     (1) 平成20年度小郡市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)の承認について(議案第38号)

     (2) 平成20年度小郡市介護保険事業特別会計(保険事業勘定)補正予算(第1号)の承認について(議案第39号)

    3 都市建設常任委員長報告と質疑、討論、採決

     (1) 小郡市都市公園条例の一部を改正する条例の制定について(議案第41号)

     (2) 平成20年度小郡市下水道事業特別会計補正予算(第1号)の承認について(議案第40号)

    4 決算審査特別委員長報告と質疑、討論、採決

     (1) 平成19年度小郡市一般会計歳入歳出決算認定について(認定第1号)

     (2) 平成19年度小郡市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算認定について(認定第2号)

     (3) 平成19年度小郡市老人保健事業特別会計歳入歳出決算認定について(認定第3号)

     (4) 平成19年度小郡市介護保険事業特別会計(保険事業勘定)歳入歳出決算認定について(認定第4号)

     (5) 平成19年度小郡市介護保険事業特別会計(介護サービス事業勘定)歳入歳出決算認定について(認定第5号)

     (6) 平成19年度小郡市下水道事業特別会計歳入歳出決算認定について(認定第6号)

     (7) 平成19年度小郡市住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出決算認定について(認定第7号)

  第3 議案第37号委員長報告と質疑、討論、採決

    1 平成20年度小郡市一般会計補正予算(第2号)の承認について(議案第37号)

  第4 教育委員会委員の任命について

  第5 人権擁護委員候補者の推薦について

  第6 閉会中における所管事務調査について

  第7 委員会提出議案について

    1 小郡市議会会議規則の一部を改正する規則の制定について(委員会提出議案第3号)

    2 地方財政の充実・強化を求める意見書の提出について(委員会提出議案第4号)

    3 「混合型血管奇形」の難病指定を求める意見書の提出について(委員会提出議案第5号)



1. 会議に付した事件

  日程第1 請願委員長報告と質疑、討論、採決

  日程第2 委員長報告と質疑、討論、採決

      1 総務文教常任委員長報告と質疑、討論、採決

       (1) 久留米広域市町村圏事務組合の共同処理する事務の変更及び久留米広域市町村圏事務組合規約の変更について(議案第46号)

       (2) 福岡県南広域消防組合の解散について(議案第47号)

       (3) 福岡県南広域消防組合の解散に伴う財産処分について(議案第48号)

       (4) 公益法人制度改革に伴う関係条例の整理に関する条例の制定について(議案第42号)

       (5) 小郡市消防団員の定員、任免、給与、服務等に関する条例の一部を改正する条例の制定について(議案第43号)

       (6) 小郡市議会議員の報酬、費用弁償及び期末手当等に関する条例等の一部を改正する条例の制定について(議案第44号)

       (7) 小郡市まちづくり支援基金条例の制定について(議案第45号)

      2 環境福祉常任委員長報告と質疑、討論、採決

       (1) 平成20年度小郡市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)の承認について(議案第38号)

       (2) 平成20年度小郡市介護保険事業特別会計(保険事業勘定)補正予算(第1号)の承認について(議案第39号)

      3 都市建設常任委員長報告と質疑、討論、採決

       (1) 小郡市都市公園条例の一部を改正する条例の制定について(議案第41号)

       (2) 平成20年度小郡市下水道事業特別会計補正予算(第1号)の承認について(議案第40号)

      4 決算審査特別委員長報告と質疑、討論、採決

       (1) 平成19年度小郡市一般会計歳入歳出決算認定について(認定第1号)

       (2) 平成19年度小郡市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算認定について(認定第2号)

       (3) 平成19年度小郡市老人保健事業特別会計歳入歳出決算認定について(認定第3号)

       (4) 平成19年度小郡市介護保険事業特別会計(保険事業勘定)歳入歳出決算認定について(認定第4号)

       (5) 平成19年度小郡市介護保険事業特別会計(介護サービス事業勘定)歳入歳出決算認定について(認定第5号)

       (6) 平成19年度小郡市下水道事業特別会計歳入歳出決算認定について(認定第6号)

       (7) 平成19年度小郡市住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出決算認定について(認定第7号)

  日程第3 議案第37号委員長報告と質疑、討論、採決

      1 平成20年度小郡市一般会計補正予算(第2号)の承認について(議案第37号)

  日程第4 教育委員会委員の任命について

  日程第5 人権擁護委員候補者の推薦について

  日程第6 閉会中における所管事務調査について

  日程第7 委員会提出議案について

      1 小郡市議会会議規則の一部を改正する規則の制定について(委員会提出議案第3号)

      2 地方財政の充実・強化を求める意見書の提出について(委員会提出議案第4号)

      3 「混合型血管奇形」の難病指定を求める意見書の提出について(委員会提出議案第5号)



1. 会議に出席した議員(20名)

   1番  福 田 俊 雄            2番  田 中 雅 光

   3番  新 原 善 信            4番  井 上 勝 彦

   5番  松 村 京 子            6番  山 田   忠

   7番  田 中 登志雄            8番  佐 藤 尚 武

   9番  松 尾 昌 弘           10番  多 田 幸 弘

  11番  徳 冨 正 夫           12番  井 上 準 一

  13番  赤 坂 博 則           14番  成 富 一 典

  15番  内 野 哲 朗           16番  森 山 喬 介

  17番  稲 益   理           18番  魚 住 清 文

  19番  廣 瀬 勝 栄           20番  吉 塚 邦 之



1. 会議に欠席した議員

   な   し



1. 会議に出席した説明員(8名)

  市長      平 安 正 知        副市長     兵 頭 正 俊

  教育長     清 武   輝        総務部長    高 木 良 郎

  保健福祉部長  福 田   照        環境経済部長  清 水 啓 介

  都市建設部長  池 田 清 己        教育委員会教育部長

                                 赤 川 芳 春



1. 議場に出席した事務局職員(3名)

  議会事務局長  久 保 剛 幸

  係長      末 次 泰 隆

  書記      中 原 博 輝







              再開 午前9時30分



○吉塚邦之議長 おはようございます。

 ただいまの出席議員は19名で、議員定足数に達しております。よって、平成20年第4回小郡市議会定例会はここに成立いたしましたので、再開いたします。

 直ちに本日の会議を開きます。

 議事日程につきましては、ただいま印刷配布のとおりでございます。ご了承願います。

            〜〜〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第1 請願委員長報告と質疑、討論、採決



○吉塚邦之議長 日程第1、請願委員長報告と質疑、討論、採決を議題といたします。

 まず、請願第10号について、委員長の報告を求めます。

 井上勝彦総務文教常任委員長。

              〔井上勝彦総務文教常任委員長 登壇〕



◆井上勝彦総務文教常任委員長 おはようございます。

 それでは、請願委員長の報告をさせていただきます。

 去る9月1日に付託を受けました請願第10号地方財政の充実・強化を求める意見書採択のための請願書について、去る9月10日、委員全員出席のもと、請願者側から1名と紹介議員の出席をいただき、審査を行いました。

 本件につきましては、全国的に行財政が逼迫している中で小郡市も例外ではないこと、またさまざまな権限移譲がなされているが、権限だけでなく財政の裏づけがないと思い切った行政展開ができないことから、地方財政の充実強化を目指すべく国に対して働きかけをお願いしたいとの説明を受けました。

 これに対し、他の団体との連携についての質疑があり、県内の半分ぐらいの市で請願が出ており、福岡県も採択をして意見書も出しているとのことでした。

 以上の内容につき慎重に審査いたしました結果、全員一致をもって採択すべきものと決定いたしましたので、ご報告いたします。

 以上です。



○吉塚邦之議長 委員長の報告が終わりました。

 これより委員長報告に対する質疑、討論、採決を行います。

 請願第10号について、質疑ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 質疑もないようですので、質疑を終結いたします。

 委員長、自席へお戻りください。

 これより討論を行います。

 討論ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ討論を終結いたします。

 これより採決を行います。

 請願第10号について、委員長報告のとおり採択することに賛成の議員の起立を求めます。

              (賛成者起立)



○吉塚邦之議長 ありがとうございます。全員賛成です。よって、請願第10号は採択することに決定いたしました。

 次に、請願第9号について、委員長の報告を求めます。

 田中登志雄環境福祉常任委員長。

              〔田中登志雄環境福祉常任委員長 登壇〕



◆田中登志雄環境福祉常任委員長 おはようございます。

 ご報告いたします。

 去る9月1日に環境福祉常任委員会に付託されました請願第9号「混合型血管奇形」の難病指定に関する請願書につきましては、9月11日、委員全員出席のもと、紹介議員及び請願者の出席をいただき、審査を行いました。

 混合型血管奇形は、動、静脈、毛細血管、リンパ管のうち複数の血管の先天性形成不全を言い、体幹部や下肢、その他体の各部に大小の腫瘍やあざのような症状があらわれる病気を言います。専門医も少なく知名度も低いため、患者は何年もかかって病名がわかるような状況であります。根本的な治療法や薬もなく、日々病状は悪化しています。このような状況から、この病気を難病指定していただき、早期に原因解明や治療方法確立のための調査研究に着手していただくよう、意見書の提出を請願するものとの説明を受けました。

 以上のような内容について慎重に審査をいたしました結果、全員一致をもって採択すべきものと決定いたしましたので、ご報告いたします。



○吉塚邦之議長 委員長の報告が終わりました。

 これより委員長報告に対する質疑、討論、採決を行います。

 請願第9号について、質疑ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 質疑もないようですので、質疑を終結いたします。

 委員長、自席へお戻りください。

 これより討論を行います。

 討論ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ討論を終結いたします。

 これより採決を行います。

 請願第9号について、委員長報告のとおり採択することに賛成の議員の起立を求めます。

              (賛成者起立)



○吉塚邦之議長 全員賛成でございます。よって、請願第9号は採択することに決定いたしました。

 なお、陳情第8号については、委員会審査報告書のとおり報告があっておりますので、ご了承願います。

 お諮りいたします。

 陳情第7号については、目下委員会において審査中の事件につき、会議規則第104条の規定により、お手元に配布しておりますとおり閉会中の継続審査の申し出があっておりますので、委員長から申し出のとおり閉会中の継続審査に付することにご異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 異議なしと認めます。よって、委員長から申し出のとおり、閉会中の継続審査に付することに決定いたします。

            〜〜〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第2 委員長報告と質疑、討論、採決



○吉塚邦之議長 日程第2、これより委員長報告と質疑、討論、採決を行います。

 各委員会に付託しておりました議案第46号外17件について、委員長の報告を求めます。

 まず、井上勝彦総務文教常任委員長。

              〔井上勝彦総務文教常任委員長 登壇〕



◆井上勝彦総務文教常任委員長 ご報告いたします。

 去る9月3日、付託を受けました議案第46号外6件につきまして、去る9月10日に委員全員出席のもと、関係部課長、係長の出席を求め、審査を行いました。

 議案第46号久留米広域市町村圏事務組合の共同処理する事務の変更及び久留米広域市町村圏事務組合規約の変更については、消防事務について、久留米市と県南消防組合それぞれで行っている分が、平成21年4月から合併統合で進んでおり、久留米広域市町村圏事務組合の中でやることになった関係で、この規約の変更が必要になり、10月、県に申請し、許可を得るため今議会で提案するもので、改正内容については、消防に関する事務を加えることと、平成18年度から広域圏の中で久留米広域小児救急医療を行っている分が規約上の整備がなされていなかったので、今回の改正に合わせて追加したとの説明があり、質疑はありませんでした。

 議案第47号福岡県南広域消防組合の解散については、福岡県南広域消防組合は、久留米市消防本部との統合が広域化推進協議会において決定されており、3月31日で解散することになっている。この決定に基づき、福岡県南広域消防組合を構成する市町のそれぞれの議会で解散の議決をお願いするものとの説明があり、質疑はありませんでした。

 議案第48号福岡県南広域消防組合の解散に伴う財産処分については、福岡県南広域消防組合と久留米市消防本部との統合に伴い、県南広域消防組合が所有する財産のうち庁舎、敷地、資機材などについてそのまま新しい消防本部が引き継ぐこと。財政調整基金の取り扱いについては、積立額の案分により約5億8,000万円が小郡市に帰属することなど、この財産処分の方法について議会の議決を求めるものとの説明があり、質疑はありませんでした。

 議案第42号公益法人制度改革に伴う関係条例の整理に関する条例の制定については、公益法人等への小郡市職員の派遣に関する条例については、公益法人制度改革に伴って「公益法人等」という表現が「公益的法人等」に変更になったので改正するもの、小郡市認可地縁団体の印鑑登録及び証明に関する条例については、地方自治法改正に伴い、地方自治法の中にこの認可地縁団体の規定をうたい込む改正があったので改正するものとの説明があり、これに対して、小郡市内の公益的法人数と認可地縁団体数についての質疑があり、公益的法人は社会福祉法人、社団法人、学校法人などが対象で、かなりの数になるので市内の総数は把握していない。今回はシルバー人材センターが対象になります。また、認可地縁団体の数は12団体あるとの答弁がありました。

 議案第43号小郡市消防団員の定員、任免、給与、服務等に関する条例の一部を改正する条例の制定については、団員は現在241名で、第2分団の2部制再編に伴って14名の増をお願いするもの。1部と2部に分けて団体はそれぞれ25名体制でやっていきたいとの説明があり、これに対して、再編作業の具体的な進め方や問題点についての質疑があり、地元での団員の確保が一番の課題である。25名は最終の体制と位置づけをしており、まずそれぞれ20名でいこうと協議をしています。4名ふやすことで美鈴が丘と希みが丘にお願いをし、3名は何とか確保できそうであるとの答弁がありました。

 議案第44号小郡市議会議員の報酬、費用弁償及び期末手当等に関する条例等の一部を改正する条例の制定については、地方議会の議員の位置づけを明確にするということで、6月に地方自治法の一部改正があり、議員の報酬の名称について「議員報酬」と改め、議員報酬に関連する3条例の一部をそれぞれ改正するものとの説明があり、質疑はありませんでした。

 議案第45号小郡市まちづくり支援基金条例の制定については、まちづくりを支援する個人または団体から寄せられた使途を定めない寄付金について、これを財源とし、市民との協働による多様なまちづくり活動を推進するため基金を設置するということで、新規に条例を制定するものとの説明がありました。

 これに対して、寄付金の年間見込み額と事業の今後の取り組みについて質疑があり、これに対し、まちづくり支援自販機の予想額は、売り上げにもよるが、8台設置の予定で年間100万円ぐらいを見込んでいる。活用については、特に市民との協働に関するソフト面での活用を模索していきたいとの答弁がありました。

 委員からは、ほかの自治体に比べると非常に取り組みが遅いという意見もありましたが、以上の内容で審査を終え、採決の結果、全議案とも全員一致をもって可決すべきものと決定いたしましたので、ここにご報告いたします。



○吉塚邦之議長 総務文教常任委員長の報告が終わりました。

 これより委員長報告に対する質疑、討論、採決を行います。

 まず、議案第46号久留米広域市町村圏事務組合の共同処理する事務の変更及び久留米広域市町村圏事務組合規約の変更について、質疑ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ質疑を終結いたします。

 次に、議案第47号福岡県南広域消防組合の解散について、質疑ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ質疑を終結いたします。

 次に、議案第48号福岡県南広域消防組合の解散に伴う財産処分について、質疑ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ質疑を終結いたします。

 次に、議案第42号公益法人制度改革に伴う関係条例の整理に関する条例の制定について、質疑ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ質疑を終結いたします。

 次に、議案第43号小郡市消防団員の定員、任免、給与、服務等に関する条例の一部を改正する条例の制定について、質疑ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ質疑を終結いたします。

 次に、議案第44号小郡市議会議員の報酬、費用弁償及び期末手当等に関する条例等の一部を改正する条例の制定について、質疑ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ質疑を終結いたします。

 次に、議案第45号小郡市まちづくり支援基金条例の制定について、質疑ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 質疑もないようですので、質疑を終結いたします。

 委員長、自席へお戻りください。

 これより討論を行います。

 まず、議案第46号久留米広域市町村圏事務組合の共同処理する事務の変更及び久留米広域市町村圏事務組合規約の変更について、討論ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ討論を終結いたします。

 これより採決を行います。

 委員長の報告は原案可決です。委員長報告のとおり原案を可決することに賛成の議員の起立を求めます。

              (賛成者起立)



○吉塚邦之議長 全員賛成でございます。よって、議案第46号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第47号福岡県南広域消防組合の解散について、討論ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ討論を終結いたします。

 これより採決を行います。

 委員長の報告は原案可決です。委員長報告のとおり原案を可決することに賛成の議員の起立を求めます。

              (賛成者起立)



○吉塚邦之議長 全員賛成でございます。よって、議案第47号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第48号福岡県南広域消防組合の解散に伴う財産処分について、討論ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ討論を終結いたします。

 これより採決を行います。

 委員長の報告は原案可決です。委員長報告のとおり原案を可決することに賛成の議員の起立を求めます。

              (賛成者起立)



○吉塚邦之議長 ありがとうございます。全員賛成でございます。よって、議案第48号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第42号公益法人制度改革に伴う関係条例の整理に関する条例の制定について、討論ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ討論を終結いたします。

 これより採決を行います。

 委員長の報告は原案可決です。委員長報告のとおり原案を可決することに賛成の議員の起立を求めます。

              (賛成者起立)



○吉塚邦之議長 ありがとうございます。全員賛成でございます。よって、議案第42号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第43号小郡市消防団員の定員、任免、給与、服務等に関する条例の一部を改正する条例の制定について、討論ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ討論を終結いたします。

 これより採決を行います。

 委員長の報告は原案可決です。委員長報告のとおり原案を可決することに賛成の議員の起立を求めます。

              (賛成者起立)



○吉塚邦之議長 ありがとうございます。全員賛成でございます。よって、議案第43号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第44号小郡市議会議員の報酬、費用弁償及び期末手当等に関する条例等の一部を改正する条例の制定について、討論ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ討論を終結いたします。

 これより採決を行います。

 委員長の報告は原案可決です。委員長報告のとおり原案を可決することに賛成の議員の起立を求めます。

              (賛成者起立)



○吉塚邦之議長 ありがとうございます。全員賛成でございます。よって、議案第44号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第45号小郡市まちづくり支援基金条例の制定について、討論ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ討論を終結いたします。

 これより採決を行います。

 委員長の報告は原案可決です。委員長報告のとおり原案を可決することに賛成の議員の起立を求めます。

              (賛成者起立)



○吉塚邦之議長 ありがとうございます。全員賛成でございます。よって、議案第45号は原案のとおり可決されました。

 次に、環境福祉常任委員長の報告を求めます。

 田中登志雄環境福祉常任委員長。

              〔田中登志雄環境福祉常任委員長 登壇〕



◆田中登志雄環境福祉常任委員長 ご報告いたします。

 去る9月3日に環境福祉常任委員会に付託されました議案第38号平成20年度小郡市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)の承認について及び議案第39号平成20年度小郡市介護保険事業特別会計(保険事業勘定)補正予算(第1号)の承認についてにつきましては、9月11日、委員全員出席のもと、関係部課長並びに係長に出席を求め、説明を受けて審査を行いましたのでご報告いたします。

 議案第38号平成20年度小郡市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)の承認についてにつきましては、主な補正といたしまして、歳出、2款1項1目一般被保険者療養給付費1,928万3,000円の減額については、前期高齢者交付金が決定したために補正するものとの説明がありました。

 本件に関しまして、前期高齢者という名称はいつごろできたのかとの質疑があり、平成18年に老人医療が75歳以上になった際、70歳から74歳までを前期高齢者、75歳以上を後期高齢者と呼ぶようになったが、それ以前から一般的に65歳から74歳までを前期高齢者と呼んでいたとの答弁がありました。

 次に、議案第39号平成20年度小郡市介護保険事業特別会計(保険事業勘定)補正予算(第1号)の承認についてにつきましては、主な補正といたしまして、歳出、1款3項1目介護認定審査会費298万8,000円の増額については、平成21年4月から介護認定制度の調査項目が82項目から74項目になるなど内容の見直しが予定されており、現在の介護認定審査支援システムを改修するためのものとの説明がありました。

 本件に関しまして、削除された調査項目について質疑があり、ひじ関節や足関節の拘縮、皮膚の疾患状況、問題行動の中の分野などが見直されているが、社会的行動の評価として、自分勝手に行動するとか話がまとまらないといったことが追加されたとの答弁がありました。

 以上のような内容で審査を終え、採決の結果、議案第38号及び議案第39号につきましては全員賛成をもって可決すべきものと決定しましたので、ここにご報告いたします。



○吉塚邦之議長 環境福祉常任委員長の報告が終わりました。

 これより委員長報告に対する質疑、討論、採決を行います。

 まず、議案第38号平成20年度小郡市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)の承認について、質疑ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ質疑を終結いたします。

 次に、議案第39号平成20年度小郡市介護保険事業特別会計(保険事業勘定)補正予算(第1号)の承認について、質疑ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 質疑もないようですので、質疑を終結いたします。

 委員長、自席へお戻りください。

 これより討論を行います。

 まず、議案第38号平成20年度小郡市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)の承認について、討論ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ討論を終結いたします。

 これより採決を行います。

 委員長の報告は原案可決です。委員長報告のとおり原案を可決することに賛成の議員の起立を求めます。

              (賛成者起立)



○吉塚邦之議長 ありがとうございます。全員賛成でございます。よって、議案第38号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第39号平成20年度小郡市介護保険事業特別会計(保険事業勘定)補正予算(第1号)の承認について、討論ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ討論を終結いたします。

 これより採決を行います。

 委員長の報告は原案可決です。委員長報告のとおり原案を可決することに賛成の議員の起立を求めます。

              (賛成者起立)



○吉塚邦之議長 ありがとうございます。全員賛成でございます。よって、議案第39号は原案のとおり可決されました。

 次に、都市建設常任委員長の報告を求めます。

 多田幸弘都市建設常任委員長。

              〔多田幸弘都市建設常任委員長 登壇〕



◆多田幸弘都市建設常任委員長 皆さんおはようございます。

 それじゃ、報告をいたします。

 去る9月3日、都市建設常任委員会に付託を受けました議案第41号及び議案第40号について、9月12日に委員6名全員出席のもと、関係部課長、係長の出席を求め、審査をいたしましたので、主なものについてご報告いたします。

 まず、議案第41号小郡市都市公園条例の一部を改正する条例の制定についてですが、執行部より、公園管理者、つまり市以外の者の公園施設等の設置ができるように条例を一部改正するもので、ご存じのように、今議会でまちづくり支援基金条例を提案されております。その中で、小郡市まちづくり支援自動販売機の設置の申し出が企業からあっております。その趣旨に賛同して、少しでも収入増を図るために公園に設置したいということで改正するものだということで報告を受けました。今回設置する予定地は、北中尾公園で1カ所設置する予定ですとの説明がありました。

 収入は幾らぐらいになるのか、今後その自動販売機の設置はふやしていくのかとの質疑に対して、売上額の20%が寄付金として市に入る予定で、設置については申し出があれば市内の近隣公園にふやしていきたいとの答弁がありました。

 次に、議案第40号平成20年度小郡市下水道事業特別会計補正予算(第1号)の承認についてですが、執行部より、2款1項1目下水道整備費の宝満川流域下水道事業負担金589万3,000円は、力武ポンプ場から宝満川浄化センターまで通っている圧送管の補強工事についての負担金ですとの説明がありました。

 また、終末処理場の供用開始について、その後の動きについての質疑に対して、執行部より、先日議会連絡会で供用開始が秋ごろになるということで説明いたしましたが、その後、県のほうから10月末に供用開始をしたいと地元に申し入れがあっておりますとの答弁がありました。

 以上の内容で審査を終え、採決の結果、議案第41号、議案第40号とも全員一致をもって原案のとおり可決すべきものと決定いたしましたので、ここにご報告をいたします。



○吉塚邦之議長 都市建設常任委員長の報告が終わりました。

 これより委員長報告に対する質疑、討論、採決を行います。

 まず、議案第41号小郡市都市公園条例の一部を改正する条例の制定について、質疑ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ質疑を終結いたします。

 次に、議案第40号平成20年度小郡市下水道事業特別会計補正予算(第1号)の承認について、質疑ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 質疑もないようですので、質疑を終結いたします。

 委員長、自席へお戻りください。

 これより討論を行います。

 まず、議案第41号小郡市都市公園条例の一部を改正する条例の制定について、討論ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ討論を終結いたします。

 これより採決を行います。

 委員長の報告は原案可決です。委員長報告のとおり原案を可決することに賛成の議員の起立を求めます。

              (賛成者起立)



○吉塚邦之議長 ありがとうございます。全員賛成でございます。よって、議案第41号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第40号平成20年度小郡市下水道事業特別会計補正予算(第1号)の承認について、討論ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ討論を終結いたします。

 これより採決を行います。

 委員長の報告は原案可決です。委員長報告のとおり原案を可決することに賛成の議員の起立を求めます。

              (賛成者起立)



○吉塚邦之議長 ありがとうございました。全員賛成でございます。よって、議案第40号は原案のとおり可決されました。

 次に、決算審査特別委員長の報告を求めます。

 松尾昌弘決算審査特別委員長。

              〔松尾昌弘決算審査特別委員長 登壇〕



◆松尾昌弘決算審査特別委員長 皆さん、改めましておはようございます。

 ご報告いたします。

 去る9月3日、決算特別委員会に付託されました認定第1号平成19年度小郡市一般会計歳入歳出決算認定について、認定第2号平成19年度小郡市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算認定について、認定第3号平成19年度小郡市老人保健事業特別会計歳入歳出決算認定について、認定第4号平成19年度小郡市介護保険事業特別会計(保険事業勘定)歳入歳出決算認定について、認定第5号平成19年度小郡市介護保険事業特別会計(介護サービス事業勘定)歳入歳出決算認定について、認定第6号平成19年度小郡市下水道事業特別会計歳入歳出決算認定について及び認定第7号平成19年度小郡市住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出決算認定についてでございますが、去る9月4日、5日及び8日の3日間、関係部課長、係長出席のもと慎重に審査をいたしました。審査の内容につきましては、議員各位ご案内のとおりでございます。

 審査結果につきましては、認定第1号は賛成多数をもって、認定第2号、認定第3号、認定第4号、認定第5号、認定第6号及び認定第7号は全員賛成をもって認定すべきものと決定いたしましたので、ここにご報告いたします。

 以上でございます。



○吉塚邦之議長 決算審査特別委員長の報告が終わりました。

 委員長の報告に対する質疑、討論、採決を行います。

 まず、認定第1号平成19年度小郡市一般会計歳入歳出決算認定について、質疑ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ質疑を終結いたします。

 次に、認定第2号平成19年度小郡市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算認定について、質疑ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ質疑を終結いたします。

 次に、認定第3号平成19年度小郡市老人保健事業特別会計歳入歳出決算認定について、質疑ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ質疑を終結いたします。

 次に、認定第4号平成19年度小郡市介護保険事業特別会計(保険事業勘定)歳入歳出決算認定について、質疑ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ質疑を終結いたします。

 次に、認定第5号平成19年度小郡市介護保険事業特別会計(介護サービス事業勘定)歳入歳出決算認定について、質疑ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ質疑を終結いたします。

 次に、認定第6号平成19年度小郡市下水道事業特別会計歳入歳出決算認定について、質疑ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ質疑を終結いたします。

 次に、認定第7号平成19年度小郡市住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出決算認定について、質疑ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ質疑を終結いたします。

 委員長、自席へお戻りください。

 これより討論を行います。

 まず、認定第1号平成19年度小郡市一般会計歳入歳出決算認定について、討論ありませんか。

 18番魚住清文議員。

              〔18番 魚住清文議員 登壇〕



◆18番(魚住清文議員) おはようございます。

 本件に関しては、一般質問でも取り上げましたが、小郡市の財政どうするかという問題の中の決算の審査であります。何回も申し上げておりますけれども、小泉構造改革からこの方、地方財源、その一つの地方交付税は大幅に削減されて、3年間で27億円と。これは、全国どこでもそうだということもこの前から申し上げてるところでありますが、さてそういう中で小郡市の財政どうやって縮めて対応できるのかというのが今問われてると思います。で、その中で、私は一般質問で申し上げましたが、いろんな、一般質問よりその前からも申し上げておりますが、各種団体に対する補助金、これの報告書が議会まで目が届かないということを申し上げてきました。今回はその点大分改善されまして、皆さんのお手元にはどうか知りませんけど、各団体で決算報告の内容が届けられていましたので、それは理解するんですが、届け出てない、それが届いてないセクションもあるんですね。

 で、その点に関して担当の課長に詳しく聞きましたら、その紙は、報告書ですね、手に持って口頭で報告がされると。で、報告されて、内容を聞きましたら、具体的に言いますと例えば全日本同和会、この団体の補助金の使い方、210万円ですかね、使い方どうなってるかと質問したら、支部を形成して筑後地区で活動をしてるんだと。各種の集会に支部員を派遣してるというふうな報告がありました。しかし、この全日本同和会はどこにあるかっていうことは、部落問題の、何ですかね、状況を余り公開したくないという立場から、場所がどこにあるかというのも報告できないまま、これに引きかえて解放同盟はちゃんと場所があるというのもはっきりしてるんですけどね。とにかくうさん臭い団体であるというのに、1軒だけあると、新しい新興団地だとかにね。そういう報告は聞きました。ところが、ここの1軒だけあるところが筑後地区のすべての同和会の会員を結集した運動を行ってるという理由で、補助金の使用があってるということでした。実際そうなのかと聞いたら、それは調べることができませんという返事もありました。

 こういう雑な形で補助金の交付が行われてるというのを到底認めるわけにはいけないというふうに思うんです。やっぱり、きちんと整理して、じゃあ実際どうなのかという、確かめる必要あるんじゃないかと。確かめることができないということも市の行政としては非常におかしい形であるというふうに言わざるを得ません。で、調べて、やっぱり市民全体がそれを見て必要だというふうに認識できる内容でなければ、これは直ちに廃止すべき補助金の内容であると言わなければならないんですが、それがそのまま承認されてるという事態はやっぱり改めなければ、これは単に全日本同和会の問題だけではなくて全体の問題として問題があるんではないか。こういう形での決算の審査については到底承認できないということで、反対をするところであります。

 以上。



○吉塚邦之議長 ほかに討論ありませんか。

 2番田中雅光議員。

              〔2番 田中雅光議員 登壇〕



◆2番(田中雅光議員) 私は、原案に賛成の立場で討論をいたします。

 部落差別を初めあらゆる差別をなくすための取り組みは、市の重要な課題の一つであります。昭和40年に出されました同和対策審議会答申には、部落差別が存在する限り同和行政は積極的に推進をしなければいけないとうたわれております。また、平成12年、人権教育及び人権啓発の推進に関する法律が制定されました。こうした法律のもと、今なお部落差別に苦しんでいる人たちがいる、その現状を踏まえ、部落差別を初めあらゆる差別を解消するための取り組みをしていかなければならないものと思います。また、各種団体補助金も決算審査特別委員会において適切に処理されていると判断されたものと思います。よって、私は原案に賛成するものであります。議員各位のご賛同をよろしくお願い申し上げます。



○吉塚邦之議長 ほかに討論ありますか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ討論を終結いたします。

 これより採決を行います。

 委員長の報告は原案認定です。委員長報告のとおり原案を認定することに賛成の議員の起立を求めます。

              (賛成者起立)



○吉塚邦之議長 賛成多数でございます。よって、認定第1号は原案のとおり認定されました。

 次に、認定第2号平成19年度小郡市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算認定について、討論ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ討論を終結いたします。

 これより採決を行います。

 委員長の報告は原案認定です。委員長報告のとおり原案を認定することに賛成の議員の起立を求めます。

              (賛成者起立)



○吉塚邦之議長 全員賛成でございます。よって、認定第2号は原案のとおり認定されました。

 次に、認定第3号平成19年度小郡市老人保健事業特別会計歳入歳出決算認定について、討論ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ討論を終結いたします。

 これより採決を行います。

 委員長の報告は原案認定です。委員長報告のとおり原案を認定することに賛成の議員の起立を求めます。

              (賛成者起立)



○吉塚邦之議長 ありがとうございます。全員賛成でございます。よって、認定第3号は原案のとおり認定されました。

 次に、認定第4号平成19年度小郡市介護保険事業特別会計(保険事業勘定)歳入歳出決算認定について、討論ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ討論を終結いたします。

 これより採決を行います。

 委員長の報告は原案認定です。委員長報告のとおり原案を認定することに賛成の議員の起立を求めます。

              (賛成者起立)



○吉塚邦之議長 ありがとうございます。全員賛成でございます。よって、認定第4号は原案のとおり認定されました。

 次に、認定第5号平成19年度小郡市介護保険事業特別会計(介護サービス事業勘定)歳入歳出決算認定について、討論ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ討論を終結いたします。

 これより採決を行います。

 委員長の報告は原案認定です。委員長報告のとおり原案を認定することに賛成の議員の起立を求めます。

              (賛成者起立)



○吉塚邦之議長 ありがとうございます。全員賛成でございます。よって、認定第5号は原案のとおり認定されました。

 次に、認定第6号平成19年度小郡市下水道事業特別会計歳入歳出決算認定について、討論ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ討論を終結いたします。

 これより採決を行います。

 委員長の報告は原案認定です。委員長報告のとおり原案を認定することに賛成の議員の起立を求めます。

              (賛成者起立)



○吉塚邦之議長 ありがとうございます。全員賛成でございます。よって、認定第6号は原案のとおり認定されました。

 次に、認定第7号平成19年度小郡市住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出決算認定について、討論ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ討論を終結いたします。

 これより採決を行います。

 委員長の報告は原案認定です。委員長報告のとおり原案を認定することに賛成の議員の起立を求めます。

              (賛成者起立)



○吉塚邦之議長 ありがとうございます。全員賛成でございます。よって、認定第7号は原案のとおり認定されました。

 以上で議案第46号外17件の委員長報告と質疑、討論、採決を終わります。

            〜〜〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第3 議案第37号委員長報告と質疑、討論、採決



○吉塚邦之議長 日程第3、議案第37号平成20年度小郡市一般会計補正予算(第2号)の承認について、委員長報告と質疑、討論、採決を行います。

 本件につきましては、各常任委員会に分割付託しておりますので、各常任委員長に報告を求めます。

 まず、井上勝彦総務文教常任委員長。

              〔井上勝彦総務文教常任委員長 登壇〕



◆井上勝彦総務文教常任委員長 ご報告いたします。

 総務文教常任委員会に付託を受けました議案第37号平成20年度小郡市一般会計補正予算(第2号)の承認について、分割付託分でございますが、去る9月10日に委員全員出席のもと、関係部課長、係長の出席を求め、審査を行いました。

 審査の中で主なものをご報告いたします。

 10款1項2目事務局費の教育相談推進費で40万円の減額は、子供と親の相談員として不登校児の早期発見、早期対応のため教員のOBを配置し、教育相談を行う事業で、国庫補助事業だったが事業の廃止に伴い減額をするものとの説明があり、これに関し、相談員の果たしてきた役割と必要性の有無について質疑があり、これに対し、1日3時間半で年間100回行ってきました。今後は、宝城幼稚園にある教育センターで教育相談員及びスクールカウンセラーがこの分の相談に当たるとの答弁がありました。

 次に、10款2項1目学校管理費の小学校一般管理費の修繕料100万円及び10款3項1目学校管理費の中学校一般管理費で修繕料130万円は、ともに修繕箇所増に伴うものとの説明があり、これに関し、小学校、中学校の修繕料は具体的に何の修繕かとの質疑があり、これに対し、小学校、中学校とも同じ時期に整備したエアコンが壊れたもので、現在故障している分を修理するものとの答弁がありました。

 次に、10款1項3目人権同和教育費の人権教育啓発推進費で61万9,000円の補正については、文部科学省が人権教育推進のための調査研究事業の委託事業を福岡県が受け、市に再委託した事業で、各種人権課題の研修会や不登校問題など、人権課題解決のためのリーフレット作成の費用であるとの説明でした。

 これに関し、リーフレットの部数と学校配布など配布先についての質疑があり、これに対し、1万部印刷を予定しており、学校や各家庭への配布は考えていないが、11月ぐらい以降に行われる講座や研修会で、また各家庭配布の人権のまちづくりパンフレットと連携した取り組みをしたいとの答弁がありました。

 以上の内容で審査を終え、採決の結果、議案第37号は全員一致をもって原案のとおり可決すべきものと決定いたしましたので、ここにご報告いたします。



○吉塚邦之議長 総務文教常任委員長の報告が終わりました。

 委員長の報告に対し、質疑ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 質疑もないようですので、質疑を終結いたします。

 委員長、自席へお戻りください。

 次に、田中登志雄環境福祉常任委員長の報告を求めます。

              〔田中登志雄環境福祉常任委員長 登壇〕



◆田中登志雄環境福祉常任委員長 ご報告いたします。

 去る9月3日に環境福祉常任委員会に付託されました議案第37号平成20年度小郡市一般会計補正予算(第2号)の承認について、分割付託分につきましては、9月11日、委員全員出席のもと、関係部課長、係長に出席を求め、説明を受けて審査を行いましたので、ご報告いたします。

 本件につきましては、主な補正といたしまして、歳出、2款2項2目賦課徴収費324万5,000円の増額については、地方税法の改正により平成21年10月から始まる公的年金からの特別徴収のための準備として、地方税電子化協議会とデータをやりとりするための電子申告システム委託料や社会保険庁などから年金支払い報告書を受けるための電子申告支援サービス使用料、またそのデータを受け取り、賦課データを返送するためのパソコンの購入費を補正するものとの説明がありました。

 本件に対し、費用対効果についての質疑があり、国から本市の特別徴収の対象者は3,920名程度になると示されており、今後対象者の滞納がなくなると思われるとの答弁がありました。

 次に、歳出、4款3項1目19節水道加入負担金210万円の減額につきましては、小郡・筑紫野ニュータウンの希みが丘、美鈴が丘、光が丘の水道加入負担金を83戸で想定していたが、63戸に確定したため、10万5,000円の20戸分を減額するものとの説明がありました。

 本件に関し、20戸減った理由について質疑があり、19年度の加入戸数で想定していたためとの答弁がありました。

 次に、歳出、6款1項3目19節負担金補助及び交付金10万円の増額については、県の補助事業である福岡県認定農業者連絡協議会活動支援事業を小郡市認定農業者の会で実施するもので、事業費は20万円を予定しており、県が2分の1を補助するものとの説明がありました。

 本件に関し、補正にした理由とその事業内容について質疑があり、本来当初予算ですべきだが、県からも相談があり、年度途中だが、市の認定農業者の事業を実施する中で、その一部にこの補助事業を活用するもので、内容としては事務的な検討会の開催や会員のレベルアップを図る活動など、ソフト面に対する補助で認定農業者の活動を支援するものとの答弁がありました。

 次に、歳出、7款1項3目13節小郡市産業系土地利用計画策定業務委託料330万円の増額につきましては、第4次小郡市総合振興計画及び第2次小郡市国土利用計画並びに小郡市都市計画マスタープランにおいて工業、流通ゾーンとして位置づけられている東部地区並びに西部地区における土地利用の方針を定め、本市の産業系の詳細な土地利用の考え方を策定するもので、来年3月末までに取りまとめる予定との説明がありました。

 本件に関し、作成する理由について質疑があり、現在この計画に類するものとしては平成2年3月に作成した小郡市東部地域土地利用計画書しかなく、今後市として企業誘致に力を入れていく中で、国、県、九州農政局などと協議するに当たり、その根拠となる資料を新しく作成する必要があるためとの答弁がありました。

 以上の内容で審査を終え、採決の結果、議案第37号につきましては全員賛成をもって可決すべきものと決定いたしましたので、ここにご報告いたします。



○吉塚邦之議長 環境福祉常任委員長の報告が終わりました。

 委員長の報告に対し、質疑ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 質疑もないようですので、質疑を終結いたします。

 委員長、自席へお戻りください。

 次に、多田幸弘都市建設常任委員長の報告を求めます。

              〔多田幸弘都市建設常任委員長 登壇〕



◆多田幸弘都市建設常任委員長 報告をいたします。

 去る9月3日、都市建設常任委員会に付託を受けました議案第37号平成20年度小郡市一般会計補正予算(第2号)の承認について、分割付託分でありますが、9月12日に委員全員出席のもと、関係部課長、係長の出席を求め、審査いたしましたので、主なものについてご報告いたします。

 この中で、大保・今隈10号線の用地買収の今後の見通しについて質疑があり、執行部より、前の説明では3件残っていましたが、1件成立しましたのであと二件となっています。あと二件については、収用裁決に向けた手続を行いまして、22年度までに工事を終わらせたいとの答弁がありました。

 また、工事ができなかった場合は補助金は返納するのか、次年度に回すのかとの質疑に対して、補助事業の最終年度が22年度で、それを越えたら単費対応になるので、それにならないように収用も工事も補助内でできるように取り組んでいきたいとの答弁がありました。

 次に、味坂校区幹線でございますが、地元の要望は二森・石崎線に延長線上でつないでほしいと思っておりますが、どういう状況ですかとの質疑に対して、執行部より、久留米市と協議中で、途中から県のほうも加わっていただき協議を重ねていますとの答弁がありました。

 以上の内容で審査を終え、採決を行った結果、全員一致で原案のとおり可決すべきものと決定いたしましたので、ここにご報告をいたします。



○吉塚邦之議長 都市建設常任委員長の報告が終わりました。

 委員長の報告に対し、質疑ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 質疑もないようですので、質疑を終結いたします。

 委員長、自席へお戻りください。

 これより討論を行います。

 討論ありませんか。

 18番魚住清文議員。

              〔18番 魚住清文議員 登壇〕



◆18番(魚住清文議員) 総務文教常任委員会の報告に関して、特にその中で人権問題でのパンフレットを1万部印刷するという予算に関してであります。

 かねがね私申し上げておりますが、今の国の現状は、人権問題の一番重要な問題はワーキングプアの問題、それから母子家庭を守る問題、それから少子化対策の問題、こういう人権問題山積してるという中で、もう三十数年も同和問題だけの人権講座をやってるというのは、やっぱりどこかおかしいんではないかと。今、重要なのは、全国の国民も求めてる、小郡市民も求めてる、本当に今大変な人権の状況ちゅうのをとらえられる、こういう行政が要るんじゃないかと思うんであります。県、国から予算が来るから、それをそのまま使うんだということでしたが、委員長に質問しても答弁は返ってきませんので、委員長にはあえて質問しなかったんですけど、問題は、じゃあこの予算を使うに当たって、ぜひともそういう配慮がしてもらえないのかなと。講座に使うからそういうのはだめだというふうに言われるかもしれない。しかし、じゃあ別のサイドで本当に人権問題を大切にできる市政どうつくるかということも問われると思います。そういう観点から、こういうのを見逃しておくわけにはいかないということで反対をするわけであります。

 以上。



○吉塚邦之議長 ほかに討論ありますか。

 1番福田俊雄議員。

              〔1番 福田俊雄議員 登壇〕



◆1番(福田俊雄議員) 私は、原案のとおり賛成の立場で討論いたします。

 人権問題というのはずっとあっておりますが、いまだにいろんな差別が発生していることも事実でございますので、私は原案のとおり賛成の立場で討論させていただきました。議員各位のご協力のほどよろしくお願いいたします。



○吉塚邦之議長 ほかに討論ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ討論を終結いたします。

 これより採決を行います。

 委員長の報告は原案可決です。委員長の報告のとおり原案を可決することに賛成の議員の起立を求めます。

              (賛成者起立)



○吉塚邦之議長 ありがとうございました。賛成多数でございます。よって、議案第37号は原案のとおり可決されました。

 ここで暫時休憩いたします。

              休憩 午前10時35分

              再開 午前10時48分

              〔清武 輝教育長 除斥〕



○吉塚邦之議長 休憩前に引き続き会議を再開いたします。

            〜〜〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第4 教育委員会委員の任命について



○吉塚邦之議長 日程第4、教育委員会委員の任命についてを議題といたします。

 同意案第5号、同意案第6号、同意案第7号及び同意案第8号について、提案理由の説明を求めます。

 平安市長。

              〔平安正知市長 登壇〕



◎平安正知市長 皆さんおはようございます。

 それでは、教育委員会委員の任命についてでございます。

 同意案第5号。本件につきましては、清武輝委員が本年9月30日をもって任期満了となるため、再度、小郡市小郡82番地4、清武輝氏を教育委員会委員として任命したいので、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定により市議会の同意を求めるものでございます。

 同意案第6号。同じく教育委員会委員の任命についてでございます。本件につきましては、土田久義委員が本年9月30日をもって任期満了となるため、再度、小郡市小郡330番地9、土田久義氏を教育委員会委員として任命したいので、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定により市議会の同意を求めるものでございます。

 同意案第7号。同じく教育委員会委員の任命についてでございます。本件につきましては、安部ミチ子委員が本年9月30日をもって任期満了となるため、再度、小郡市津古488番地15、安部ミチ子氏を教育委員会委員として任命したいので、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定により市議会の同意を求めるものでございます。

 同意案第8号。これも教育委員会委員の任命についてでございます。本件につきましては、永利眞由美委員が本年9月30日をもって辞職されるため、新たに、小郡市下西鯵坂1593番地、大中久敏氏を教育委員会委員として任命したいので、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定により市議会の同意を求めるものでございます。何とぞよろしくご審議の上、ご同意くださいますようにお願いをいたします。



○吉塚邦之議長 これより質疑を行います。

 まず、同意案第5号について、質疑ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 同意案第5号については、会議規則第37条第3項の規定により委員会付託を省略したいと思いますが、これにご異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 ご異議なしと認めます。よって、同意案第5号は委員会付託を省略することに決定いたしました。

 これより討論を行います。

 討論ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ討論を終結いたします。

 これより採決を行います。

 同意案第5号教育委員会委員の任命について、これに同意することに賛成の議員の起立を求めます。

              (賛成者起立)



○吉塚邦之議長 全員賛成でございます。よって、同意案第5号は、これに同意することに決定いたしました。

 ただいま同意いたしました清武輝氏よりごあいさつをしたいとの申し出がありますので、これを許可いたします。

              〔清武 輝教育長 入室〕

              〔清武 輝教育長 登壇〕



◎清武輝教育長 皆さんおはようございます。

 ただいま議長より発言の機会をいただきましたので、この場をおかりしまして一言ごあいさつを申し上げます。

 まず、ただいま平安市長より提案いただきました教育委員としての選任につきまして、同意いただきましてありがとうございます。心よりお礼を申し上げます。

 私は、これまで3年と3カ月近く、前秋山教育長の後を受けまして教育長として仕事をさせていただきました。その間、教育長としての業務にしっかり取り組めましたのも、ここにいらっしゃる議員各位の多方面からのご支援のたまものと心より感謝をいたしております。これから心を新たにして、初心に返って、小郡市の子供のため、そして小郡市のために全力を尽くしたいと考えております。議員各位におかれましては、これまで同様、ぜひご指導、ご支援いただきますようにお願い申し上げます。

 以上、簡単ですけど、ごあいさつとさせていただきます。ありがとうございました。



○吉塚邦之議長 次に、同意案第6号について、質疑ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 同意案第6号については、会議規則第37条第3項の規定により委員会付託を省略したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 ご異議なしと認めます。よって、同意案第6号は委員会付託を省略することに決定いたしました。

 これより討論を行います。

 討論ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ討論を終結いたします。

 これより採決を行います。

 同意案第6号教育委員会委員の任命について、これに同意することに賛成の議員の起立を求めます。

              (賛成者起立)



○吉塚邦之議長 ありがとうございます。全員賛成でございます。よって、同意案第6号は、これに同意することに決定いたしました。

 次に、同意案第7号について、質疑ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 同意案第7号については、会議規則第37条第3項の規定により委員会付託を省略したいと思いますが、これにご異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 ご異議なしと認めます。よって、同意案第7号は委員会付託を省略することに決定いたしました。

 これより討論を行います。

 討論ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ討論を終結いたします。

 これより採決を行います。

 同意案第7号教育委員会委員の任命について、これに同意することに賛成の議員の起立を求めます。

              (賛成者起立)



○吉塚邦之議長 全員賛成でございます。よって、同意案第7号は、これに同意することに決定いたしました。

 次に、同意案第8号について、質疑ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 同意案第8号については、会議規則第37条第3項の規定により委員会付託を省略したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 異議なしと認めます。よって、同意案第8号は委員会付託を省略することに決定いたしました。

 これより討論を行います。

 討論ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ討論を終結いたします。

 これより採決を行います。

 同意案第8号教育委員会委員の任命について、これに同意することに賛成の議員の起立を求めます。

              (賛成者起立)



○吉塚邦之議長 ありがとうございます。全員賛成でございます。よって、同意案第8号は、これに同意することに決定いたしました。

 ただいま同意いたしました大中久敏氏よりごあいさつをしたいとの申し出がありますので、これを許可いたします。

              〔大中久敏新教育委員会委員 入室〕

              〔大中久敏新教育委員会委員 登壇〕



◎大中久敏新教育委員会委員 ただいま議長よりあいさつの許可が出ましたので、大中と申します。どうぞよろしくお願いいたします。

 今回、小郡市の教育委員に任命されまして、皆様の承認をいただきましてありがとうございました。現在、社会情勢が大変変化する中で、未来を担う子供たちのため、大変微力ではございますが、先輩教育委員の方々や皆様方のご指導、ご助言を賜りながら職務を全うしたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 簡単ではございますが、あいさつといたします。どうもありがとうございました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第5 人権擁護委員候補者の推薦について



○吉塚邦之議長 日程第5、人権擁護委員候補者の推薦についてを議題といたします。

 諮問第2号、諮問第3号及び諮問第4号について、提案理由の説明を求めます。

 平安市長。

              〔平安正知市長 登壇〕



◎平安正知市長 諮問第2号人権擁護委員候補者の推薦についてでございます。本市の人権擁護委員である小郡市津古642番地33、柏タツ子氏は平成20年12月31日をもって任期満了となるため、柏タツ子氏を再度推薦するものでありまして、人権擁護委員法第6条第3項の規定により議会の意見を求めるものであります。

 同じく諮問第3号。本市の人権擁護委員である小郡市寺福童831番地2、木村喜代子氏は平成20年12月31日をもって任期満了となるため、木村喜代子氏を再度推薦するものでありまして、人権擁護委員法第6条第3項の規定により議会の意見を求めるものであります。

 同じく諮問第4号。本市の人権擁護委員である小郡市二森206番地19、福田八重子氏が平成20年12月31日をもって任期満了となるため、新たに、小郡市下岩田265番地1、伊藤俊氏を後任者として法務大臣に対し推薦するものでありまして、人権擁護委員法第6条第3項の規定により議会の意見を求めるものであります。よろしくご審議の上、ご承認賜りますようにお願いをいたします。



○吉塚邦之議長 これより質疑を行います。

 諮問第2号について、質疑ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 諮問第2号については、会議規則第37条第3項の規定により委員会付託を省略して直ちに採決したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 ご異議なしと認めます。よって、直ちに採決を行います。

 お諮りいたします。

 諮問第2号については、市長の推薦のとおり決することにご異議ございませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 ご異議なしと認めます。よって、諮問第2号は市長の推薦のとおり決定いたしました。

 次に、諮問第3号について、質疑ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 諮問第3号については、会議規則第37条第3項の規定により委員会付託を省略して直ちに採決したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 異議なしと認めます。よって、直ちに採決を行います。

 お諮りいたします。

 諮問第3号については、市長の推薦のとおり決することにご異議ございませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 異議なしと認めます。よって、諮問第3号は市長の推薦のとおり決定いたしました。

 次に、諮問第4号について、質疑ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 諮問第4号については、会議規則第37条第3項の規定により委員会付託を省略して直ちに採決したいと思いますが、これにご異議ございませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 異議なしと認めます。よって、直ちに採決を行います。

 お諮りいたします。

 諮問第4号については、市長の推薦のとおり決することにご異議ございませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 ご異議なしと認めます。よって、諮問第4号は市長の推薦のとおり決定いたしました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第6 閉会中における所管事務調査について



○吉塚邦之議長 日程第6、閉会中における所管事務調査についてを議題といたします。

 本件については、別紙のとおり通知があっております。

 別紙のとおり承認することにご異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 ご異議なしと認めます。よって、別紙のとおり承認することに決定いたしました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第7 委員会提出議案について



○吉塚邦之議長 日程第7、委員会提出議案についてを議題といたします。

 まず、委員会提出議案第3号小郡市議会会議規則の一部を改正する規則の制定について、提案理由の説明を求めます。

 井上準一議会運営委員長。

              〔井上準一議会運営委員長 登壇〕



◆井上準一議会運営委員長 それでは、提案理由を申し上げます。

 本議案につきましては、本年6月の地方自治法の一部改正で、議員の派遣について定めた小郡市議会会議規則第159条において、地方自治法の規定を引用している項が繰り下げられたことにより改正するものであります。議員各位のご賛同をお願いいたしまして提案理由の説明といたします。



○吉塚邦之議長 これより質疑を行います。

 質疑ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ質疑を終結いたします。

 委員長、自席へお戻りください。

 これより討論を行います。

 討論ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ討論を終結いたします。

 これより採決を行います。

 本案は原案のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。

              (賛成者起立)



○吉塚邦之議長 ありがとうございます。全員賛成でございます。よって、委員会提出議案第3号は原案のとおり可決されました。

 次に、委員会提出議案第4号地方財政の充実・強化を求める意見書の提出について、提案理由の説明を求めます。

 井上勝彦総務文教常任委員長。

              〔井上勝彦総務文教常任委員長 登壇〕



◆井上勝彦総務文教常任委員長 それでは、提案理由を申し上げます。

 国の平成21年度予算は、深刻化する地域間格差の是正と公共サービスの充実に向け、地方財政圧縮を進める政策の転換を図り、地方税の充実強化、国が果たす財源保障に必要な財源を確保することが重要であります。さらに、住民に身近なところで政策や税金の使途を決定し、地方分権の理念に沿った自治体運営を行うことができるよう、地方財政の充実強化を目指す必要があります。よって、国の関係機関に対し、意見書を提出するものであります。議員各位のご賛同をお願いしまして提案理由の説明とさせていただきます。



○吉塚邦之議長 これより質疑を行います。

 質疑ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ質疑を終結いたします。

 委員長、自席へお戻りください。

 これより討論を行います。

 討論ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ討論を終結いたします。

 これより採決を行います。

 本案は原案のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。

              (賛成者起立)



○吉塚邦之議長 ありがとうございます。全員賛成でございます。よって、委員会提出議案第4号は原案のとおり可決されました。

 次に、委員会提出議案第5号「混合型血管奇形」の難病指定を求める意見書の提出について、提案理由の説明を求めます。

 田中登志雄環境福祉常任委員長。

              〔田中登志雄環境福祉常任委員長 登壇〕



◆田中登志雄環境福祉常任委員長 それでは、提案理由を申し上げます。

 混合型血管奇形は、動、静脈、毛細血管、リンパ管のうち複数の血管の先天性形成不全を言い、患部に衝撃を与えると大量出血につながることや、患部がウイルスなどの細菌に感染すると細菌の増殖につながることなど、生命にかかわる重篤な事態が予想されるため、日常生活が著しく規制されることとなります。また、この病気は、医師や看護師の間では認知度が低く、治療方法の未確立はもとより原因や病名さえもわからず、患者や家族にとって精神的、経済的な負担が非常に大きなものになっています。よって、混合型血管奇形を難病指定し、早期に原因の解明や治療方法の研究、確立を図るとともに、患者が安心して治療を受けられる支援を行うよう関係機関に対し意見書を提出するものであります。議員各位のご賛同をお願いいたしまして、提案理由の説明とさせていただきます。



○吉塚邦之議長 これより質疑を行います。

 質疑ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ質疑を終結いたします。

 委員長、自席へお戻りください。

 これより討論を行います。

 討論ありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 なければ討論を終結いたします。

 これより採決を行います。

 本案は原案のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。

              (賛成者起立)



○吉塚邦之議長 全員賛成でございます。よって、委員会提出議案第5号は原案のとおり可決されました。

 以上で本定例会に付議されました案件の審議は全部終了いたしました。

 これをもちまして平成20年第4回小郡市議会定例会を閉会いたします。

 ご協力ありがとうございます。

              閉会 午前11時10分



   小郡市議会会議規則第81条の規定により下記署名する。

     平成20年9月24日



              小郡市議会議長   吉 塚 邦 之



              署 名 議 員   松 村 京 子



              署 名 議 員   山 田   忠