議事ロックス -地方議会議事録検索-


福岡県 小郡市

平成20年 9月定例会 09月01日−01号




平成20年 9月定例会 − 09月01日−01号









平成20年 9月定例会



             平成20年9月第4回定例市議会

                           平成20年9月1日(月)開会

             〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

1. 議事日程

  第1 会期の決定

  第2 会議録署名議員の指名

  第3 諸報告

  第4 議案の一括上程

    1 平成19年度小郡市財政健全化判断比率の報告について(報告第12号)

    2 平成19年度小郡市下水道事業特別会計資金不足比率の報告について(報告第13号)

    3 久留米広域市町村圏事務組合の共同処理する事務の変更及び久留米広域市町村圏事務組合規約の変更について(議案第46号)

    4 福岡県南広域消防組合の解散について(議案第47号)

    5 福岡県南広域消防組合の解散に伴う財産処分について(議案第48号)

    6 公益法人制度改革に伴う関係条例の整理に関する条例の制定について(議案第42号)

    7 小郡市消防団員の定員、任免、給与、服務等に関する条例の一部を改正する条例の制定について(議案第43号)

    8 小郡市議会議員の報酬、費用弁償及び期末手当等に関する条例等の一部を改正する条例の制定について(議案第44号)

    9 小郡市都市公園条例の一部を改正する条例の制定について(議案第41号)

    10 小郡市まちづくり支援基金条例の制定について(議案第45号)

    11 平成20年度小郡市一般会計補正予算(第2号)の承認について(議案第37号)

    12 平成20年度小郡市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)の承認について(議案第38号)

    13 平成20年度小郡市介護保険事業特別会計(保険事業勘定)補正予算(第1号)の承認について(議案第39号)

    14 平成20年度小郡市下水道事業特別会計補正予算(第1号)の承認について(議案第40号)

    15 平成19年度小郡市一般会計歳入歳出決算認定について(認定第1号)

    16 平成19年度小郡市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算認定について(認定第2号)

    17 平成19年度小郡市老人保健事業特別会計歳入歳出決算認定について(認定第3号)

    18 平成19年度小郡市介護保険事業特別会計(保険事業勘定)歳入歳出決算認定について(認定第4号)

    19 平成19年度小郡市介護保険事業特別会計(介護サービス事業勘定)歳入歳出決算認定について(認定第5号)

    20 平成19年度小郡市下水道事業特別会計歳入歳出決算認定について(認定第6号)

    21 平成19年度小郡市住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出決算認定について(認定第7号)

  第5 提案理由の説明

  第6 請願委員会付託



1. 会議に付した事件

  日程第1 会期の決定

  日程第2 会議録署名議員の指名

  日程第3 諸報告

  日程第4 議案の一括上程

      1 平成19年度小郡市財政健全化判断比率の報告について(報告第12号)

      2 平成19年度小郡市下水道事業特別会計資金不足比率の報告について(報告第13号)

      3 久留米広域市町村圏事務組合の共同処理する事務の変更及び久留米広域市町村圏事務組合規約の変更について(議案第46号)

      4 福岡県南広域消防組合の解散について(議案第47号)

      5 福岡県南広域消防組合の解散に伴う財産処分について(議案第48号)

      6 公益法人制度改革に伴う関係条例の整理に関する条例の制定について(議案第42号)

      7 小郡市消防団員の定員、任免、給与、服務等に関する条例の一部を改正する条例の制定について(議案第43号)

      8 小郡市議会議員の報酬、費用弁償及び期末手当等に関する条例等の一部を改正する条例の制定について(議案第44号)

      9 小郡市都市公園条例の一部を改正する条例の制定について(議案第41号)

      10 小郡市まちづくり支援基金条例の制定について(議案第45号)

      11 平成20年度小郡市一般会計補正予算(第2号)の承認について(議案第37号)

      12 平成20年度小郡市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)の承認について(議案第38号)

      13 平成20年度小郡市介護保険事業特別会計(保険事業勘定)補正予算(第1号)の承認について(議案第39号)

      14 平成20年度小郡市下水道事業特別会計補正予算(第1号)の承認について(議案第40号)

      15 平成19年度小郡市一般会計歳入歳出決算認定について(認定第1号)

      16 平成19年度小郡市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算認定について(認定第2号)

      17 平成19年度小郡市老人保健事業特別会計歳入歳出決算認定について(認定第3号)

      18 平成19年度小郡市介護保険事業特別会計(保険事業勘定)歳入歳出決算認定について(認定第4号)

      19 平成19年度小郡市介護保険事業特別会計(介護サービス事業勘定)歳入歳出決算認定について(認定第5号)

      20 平成19年度小郡市下水道事業特別会計歳入歳出決算認定について(認定第6号)

      21 平成19年度小郡市住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出決算認定について(認定第7号)

  日程第5 提案理由の説明

  日程第6 請願委員会付託



1. 会議に出席した議員(20名)

   1番  福 田 俊 雄            2番  田 中 雅 光

   3番  新 原 善 信            4番  井 上 勝 彦

   5番  松 村 京 子            6番  山 田   忠

   7番  田 中 登志雄            8番  佐 藤 尚 武

   9番  松 尾 昌 弘           10番  多 田 幸 弘

  11番  徳 冨 正 夫           12番  井 上 準 一

  13番  赤 坂 博 則           14番  成 富 一 典

  15番  内 野 哲 朗           16番  森 山 喬 介

  17番  稲 益   理           18番  魚 住 清 文

  19番  廣 瀬 勝 栄           20番  吉 塚 邦 之



1. 会議に欠席した議員

   な   し



1. 会議に出席した説明員(9名)

  市長      平 安 正 知        副市長     兵 頭 正 俊

  教育長     清 武   輝        総務部長    高 木 良 郎

  保健福祉部長  福 田   照        環境経済部長  清 水 啓 介

  都市建設部長  池 田 清 己        教育委員会教育部長

                                 赤 川 芳 春

  代表監査委員  三 池   港



1. 議場に出席した事務局職員(3名)

  議会事務局長  久 保 剛 幸

  係長      末 次 泰 隆

  書記      中 原 博 輝







              開会 午前9時30分



○吉塚邦之議長 おはようございます。

 ただいまの出席議員は20名で、議員定足数に達しております。よって、平成20年第4回小郡市議会定例会はここに成立いたしましたので、開会いたします。

 直ちに本日の会議を開きます。

 議事日程につきましては、ただいま印刷配布のとおりでございます。ご了承願います。

            〜〜〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第1 会期の決定



○吉塚邦之議長 日程第1、会期の決定を議題といたします。

 今期の定例市議会は、本日から9月24日までの24日間といたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○吉塚邦之議長 ご異議なしと認めます。よって、会期は本日から9月24日までの24日間と決定いたしました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第2 会議録署名議員の指名



○吉塚邦之議長 日程第2、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、5番松村京子議員、6番山田忠議員を指名いたします。

            〜〜〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第3 諸報告



○吉塚邦之議長 日程第3、諸報告を申し上げます。

 監査委員から、平成20年5月から7月までの3カ月分の例月出納検査の結果報告を受けております。

 次に、簡保レクセンター跡地利用に関する特別委員会に付託中の件につきまして、委員会より中間報告を行いたいとの申し出がありますので、会議規則第45条第2項の規定により、この際これを許可します。

 成富一典簡保レクセンター跡地利用に関する特別委員長。

              〔成富一典簡保レクセンター跡地利用に関する特別委員長 登壇〕



◆成富一典簡保レクセンター跡地利用に関する特別委員長 皆さんおはようございます。

 それでは、簡保レクセンター跡地利用に関する特別委員会からご報告を申し上げます。

 去る8月28日、埋文センター会議室において、企画課長及び文化財課長に出席をいただき、第6回簡保レクセンター跡地利用に関する特別委員会を開催し、3月議会での報告以降の進捗状況の今後の見通しについて説明を受けましたので、概要につき報告をいたします。

 まず、約10ヘクタールの民間利用ゾーンの利用方法については、福岡県がプロポーザル方式で進めていますが、現在、具体的進展には至っておりません。今後も県と随時協議をしながら、情報の提供をお願いするものでございます。

 次に、公的利用ゾーンについては、九州歴史資料館が小郡市へ移転するということで今年の4月から着工されており、21年6月竣工、22年秋、開館予定です。九歴までの取りつけ道路や下水道工事については、小郡市が県から全額委託を受けて工事を行うもので、道路延長が480メートル、総幅員が9.5メートル、車道部分7メートルで歩道部分2.5メートル、進入口の埋文センターと小郡高校の間には横断歩道を設置します。工期は今年10月から来年3月末を予定しています。九歴の施設は、延べ床面積が9,000平米、一部2階建てで展示室や体験学習室などを設け、年間入場者2万人を超す見込みをしています。

 この日は、説明を受けた後、九州歴史資料館の西谷正館長から新しい九歴の概要と市埋文センターとの連携についての講話を聞いた後、九歴建築現場で建築の進捗状況などを視察しています。今後も執行部からは随時報告を受けながら、継続して活動をしていきたいと思います。

 以上、簡単ではございますが、報告といたします。



○吉塚邦之議長 次に、大型商業施設誘致に関する特別委員会に付託中の件につきまして、委員会より中間報告を行いたいとの申し出がありますので、会議規則第45条第2項の規定により、この際これを許可します。

 赤坂博則大型商業施設誘致に関する特別委員長。

              〔赤坂博則大型商業施設誘致に関する特別委員長 登壇〕



◆赤坂博則大型商業施設誘致に関する特別委員長 皆さんおはようございます。

 大型商業施設誘致に関する特別委員会からの中間報告をいたします。

 去る8月8日に委員会を開催し、執行部から説明を受けましたので、概要につきましてご報告いたします。

 3月31日、県の都市計画審議会が開催され、大保駅前広場及び駅前広場から県道をつなぐ道路について都市計画決定されるなど、整備の確実性を県において判断した上で同意することが適当という答申がなされています。また、6月4日には、県の判断、同意のタイミングについては、都市計画決定をする方向で駅前広場及び道路の計画について市が地元と協議をして、一定の協議が調った段階で同意を出すという回答が県の都市計画課長よりあったということです。

 これを受け、地元区への協議を進めながら、駅前広場や道路の計画について地元役員、区長、区議員を含めて8回ほど会議を開催して、大筋の合意を得たということでございます。8月17日に大保区全体の会議を開催し、その中で全体の了解を得て、本年10月までに駅前広場と道路の都市計画の原案を確定させ、地区計画の県同意を得て、その後都市計画決定を得たいということでした。

 また、都市計画法上の開発許可については、10月ごろに地区計画の県同意を得る予定なので、その同意を県に申請し、本年中に開発許可を得る予定との説明を受けております。今後も執行部から逐一報告を受けながら、継続して活動を行いたいと思います。

 以上、中間報告とさせていただきます。

            〜〜〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第4 議案の一括上程



○吉塚邦之議長 日程第4、このたび市長より報告第12号外20件がお手元に配布のとおり提出されましたので、これを一括上程いたします。

            〜〜〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第5 提案理由の説明



○吉塚邦之議長 日程第5、この際、市長の提案理由の説明を求めます。

 平安市長。

              〔平安正知市長 登壇〕



◎平安正知市長 皆さんおはようございます。

 今年の夏もまたとびきり暑かったわけでありますが、そして今なお残暑も続いておりますが、9月の声を聞き、これから日一日と秋の訪れを実感することと思います。

 さて、そうした中、本日ここに平成20年第4回の小郡市議会定例会を招集しましたところ、議員各位におかれましては公私ともお忙しい中、ご出席を賜りまして、厚く御礼を申し上げます。

 議会におかれましては、今定例会の会期を24日までとご決定をいただき、提案しております案件につきまして慎重審議をいただくわけでございますが、どうか十分にご審議を賜り、全議案につきましてご承認いただきますようお願いするものでございます。

 さて、今議会に提案しております案件は、報告2件、規約の変更について1件、条例の一部改正4件、補正予算4件、条例の制定1件、決算認定7件、その他2件の計21件でございます。

 それでは、日程に従いまして順次ご説明を申し上げます。

 報告第12号平成19年度小郡市財政健全化判断比率の報告についてでございます。

 本件につきましては、平成19年度における小郡市の財政健全化判断比率を算定いたしましたので、地方公共団体の財政の健全化に関する法律第3条第1項の規定に基づきまして、これを監査委員の意見書とあわせ報告するものでございます。

 報告第13号平成19年度小郡市下水道事業特別会計資金不足比率の報告についてでございます。

 本件につきましては、平成19年度における小郡市下水道事業特別会計の資金不足比率を算定いたしましたので、地方公共団体の財政の健全化に関する法律第22条第1項に基づきまして、これを監査委員の意見書とあわせて報告するものでございます。

 議案第46号久留米広域市町村圏事務組合の共同処理する事務の変更及び久留米広域市町村圏事務組合の規約の変更についてでございます。

 本議案につきましては、久留米広域市町村圏事務組合において、大川市を除く構成市町の消防に関する事務などを共同処理していくことに伴い、久留米広域市町村圏事務組合の規約を変更する必要が生じたため、地方自治法第290条の規定に基づき、議会の議決を求めるものでございます。

 議案第47号福岡県南広域消防組合の解散についてでございます。

 本件につきましては、これまで福岡県南広域消防組合において共同処理をしていた消防に関する事務を、平成21年4月1日から久留米広域市町村圏事務組合において共同処理することに伴い、福岡県南広域消防組合を解散することについて、地方自治法第290条の規定に基づき、議会の議決を求めるものでございます。

 議案第48号福岡県南広域消防組合の解散に伴う財産処分についてでございます。

 本件につきましては、福岡県南広域消防組合の解散に伴う財産処分について別紙のとおり協議するため、地方自治法第290条の規定に基づき、議会の議決を求めるものであります。

 議案第42号公益法人制度改革に伴う関係条例の整理に関する条例の制定についてでございます。

 本件は、平成20年12月1日から新公益法人制度の施行に伴い制定された、一般社団法人及び一般財団法人に関する法律及び公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律によって、民法及び地方自治法等の一部が改正されたことにより、本市においても、当該改正法令に関する条例について引用されていた法令名や条文を新たに規定する必要があることから制定するものであります。

 議案第43号小郡市消防団員の定員、任免、給与、服務等に関する条例の一部を改正する条例の制定についてでございます。

 本議案につきましては、平成21年度に実施します小郡市消防団第2分団2部制の再編に伴い、小郡市消防団員の定数を現行の241名から14名増加し、255名とするために改正を行うものであります。

 議案第44号小郡市議会議員の報酬、費用弁償及び期末手当等に関する条例等の一部を改正する条例の制定についてでございます。

 本議案につきましては、地方自治法の一部を改正する法律の施行により議員の報酬の名称が改正されたことに伴い、関連する3条例の一部を改正するものでございます。

 議案第41号小郡市都市公園条例の一部を改正する条例の制定についてでございます。

 本議案につきましては、現条例に都市公園法第5条の公園管理者以外の者の公園施設の設置等の許可、申請事項が明記されていないため、追加明記し、条例の一部を改正するものであります。

 議案第45号小郡市まちづくり支援基金条例の制定についてでございます。

 本議案につきましては、本市のまちづくりを支援する個人または団体から寄せられた使途を定めない寄付金について、これを財源とし、市民との協働による多様なまちづくりの活動を推進するため、基金を設置するものであります。財源としましては、ふるさと納税制度及びまちづくり支援自動販売機による寄付金を積み立てることとしております。

 議案第37号平成20年度小郡市一般会計補正予算(第2号)の承認についてでございます。

 本件につきましては、県道本郷・基山線に対する市負担金の増額及び企業誘致のための産業系土地利用計画策定業務委託料の計上などが主なものでありますが、人事異動等に伴う人件費の整理もあわせてお願いしているところであります。

 それでは、今回の補正予算の概要についてご説明申し上げますと、歳入歳出をそれぞれ5,197万7,000円増額し、歳入歳出予算総額をそれぞれ154億6,629万5,000円と定めました。

 歳出の主なものを申し上げますと、総務管理費2,939万8,000円の増、社会福祉費1,023万3,000円の増、商工費473万円の増、都市計画費1,782万7,000円の増などでございます。

 次に、歳入の主なものを申し上げますと、国庫負担金166万8,000円の増、繰越金4,917万2,000円の増などでございます。

 以上が平成20年度小郡市一般会計補正予算(第2号)の概要でございます。

 なお、詳細につきましては総務部長より補足説明いたします。

 議案第38号平成20年度小郡市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)の承認についてでございます。

 まず、歳出の主なものを申し上げますと、国庫支出金等返還金を3,758万7,000円、後期高齢者支援金を4,292万9,000円増額し、保険給付費を1,228万3,000円、老人保健拠出金を6,577万円減額するものでございます。

 次に、歳入として主なものを申し上げますと、歳出の増減に伴いまして前期高齢者交付金を2,401万5,000円増額し、国庫支出金を1,559万円、療養給付費交付金を265万6,000円、県支出金を144万8,000円減額するものでございます。

 歳入歳出それぞれ457万7,000円を増額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ59億4,806万7,000円とするものであります。

 以上、概要を説明しましたが、細部につきましては保健福祉部長より補足説明いたします。

 議案第39号平成20年度小郡市介護保険事業特別会計(保険事業勘定)補正予算(第1号)の承認についてでございます。

 まず、歳出の主なものを申し上げますと、前年度分の国費等の返還金として償還金8,180万6,000円の増額、人事異動に伴う人件費の整理として一般管理費403万円の減額、制度改正に伴う介護認定支援システムの改修費として介護認定審査会費298万8,000円の増額等が主な内容であります。

 次に、歳入として主なものを申し上げますと、繰越金8,180万6,000円の増、一般会計繰入金202万1,000円の減額、国庫補助金等の104万2,000円の増額等でございます。

 歳入歳出それぞれ8,086万8,000円追加し、歳入歳出の予算の総額を25億7,079万7,000円と定めました。

 以上が今回の補正予算の概要でございますが、細部につきましては保健福祉部長より補足説明いたします。

 議案第40号平成20年度小郡市下水道事業特別会計補正予算(第1号)の承認についてでございます。

 本件補正につきましては、人件費と流域下水道事業の建設負担金の補正などをお願いいたしております。予算の規模につきましては、歳入歳出それぞれ570万2,000円追加し、歳入歳出予算の総額を23億7,797万7,000円と定めたものでございます。

 以上が今回の補正予算の概要でございます。

 なお、細部につきましては都市建設部長より補足説明いたします。

 認定第1号平成19年度小郡市一般会計歳入歳出決算認定についてでございます。

 本件につきましては、地方自治法第233条の規定に基づき、監査委員の審査意見書及び決算に係る主要施策報告書とあわせて決算の認定を求めるものでございます。

 それでは、決算の概要についてご説明申し上げます。

 まず、決算の規模を申し上げますと、歳出決算額157億6,264万9,000円で、予算現額161億6,843万2,000円に対し97.5%の執行率となり、歳入決算額は159億7,781万5,000円で収入率は98.8%となったところでございます。また、実質収支は、歳入歳出差し引き額2億1,516万6,000円から翌年度へ繰り越すべき財源63万円を引いた2億1,453万6,000円となっております。

 以上が今回の決算の概要でございますが、細部につきましては総務部長より補足説明いたします。

 認定第2号平成19年度小郡市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算の認定についてでございます。

 本件につきましては、認定第1号で説明いたしました提案理由と同じでございまして、決算の状況について、その概要をご説明申し上げます。

 歳入決算額は56億1,396万1,000円で、予算額に対し92.2%の収入率となっております。歳出決算額は58億9,436万4,000円で、予算額に対し96.8%の執行率となっており、歳入歳出差し引き額2億8,040万8,000円の赤字となっております。この赤字分につきましては、平成20年度歳入からの繰上充用金で対処いたしたところであります。

 なお、細部につきましては保健福祉部長より補足説明いたします。

 認定第3号平成19年度小郡市老人保健事業特別会計歳入歳出決算認定についてでございます。

 本件につきましては、認定第1号で説明いたしました提案理由と同じでございまして、決算の状況について、その概要を説明申し上げます。

 歳入決算額は51億4,246万7,000円、歳出決算額は52億1,315万円となり、歳入歳出差し引き7,068万3,000円の赤字となっております。この赤字分につきましては、平成20年度歳入からの繰上充用金で対処いたしたところであります。

 なお、細部につきましては保健福祉部長より補足説明いたします。

 認定第4号平成19年度小郡市介護保険事業特別会計(保険事業勘定)歳入歳出決算の認定についてでございます。

 本件につきましては、認定第1号で説明いたしました提案理由と同じでございまして、決算の状況について、その概要を説明申し上げます。

 まず、決算の規模を申し上げますと、歳出決算額26億1,073万8,000円で、予算現額26億9,004万7,000円に対し97.0%の執行率となっており、歳入決算額は27億9,001万7,000円で収入率は103.7%となったところであります。また、実質収支は、歳入歳出差し引き額1億7,927万9,000円となっております。

 以上が今回の決算の概要でありますが、細部につきましては保健福祉部長より補足説明いたします。

 認定第5号平成19年度小郡市介護保険事業特別会計(介護サービス事業勘定)の歳入歳出決算の認定についてでございます。

 本件につきましては、認定第1号で説明いたしました提案理由と同じでございまして、決算の状況について、その概要の説明を申し上げます。

 まず、決算の規模を申し上げますと、歳出決算額1,941万円で、予算現額1,998万1,000円に対し97.1%の執行率となり、歳入決算額は2,036万2,000円で収入率は101.9%となったところであります。また、実質収支は、歳入歳出差し引き額95万2,000円となっております。

 以上が今回の決算の概要ですが、細部につきましては保健福祉部長より補足説明いたします。

 認定第6号平成19年度小郡市下水道事業特別会計歳入歳出決算認定についてでございます。

 本件につきましては、認定第1号で説明いたしました提案理由と同じでございまして、決算の状況について概要をご説明申し上げます。

 平成19年度小郡市下水道事業特別会計に係る歳入総額は、予算額20億5,384万7,000円に対し20億5,230万円の収入で、その収入率は99.9%でございます。歳出総額は、予算額20億5,384万7,000円に対し20億5,127万7,000円の支出で、99.9%の執行率でございます。実質収支は、歳入歳出差し引き額の102万3,000円となっております。

 以上が今回の決算の概要でございます。

 なお、細部につきましては都市建設部長より補足説明いたします。

 認定第7号平成19年度小郡市住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出決算認定についてでございます。

 本件につきましては、認定第1号で説明いたしました提案理由と同じでございまして、平成19年度小郡市住宅新築資金等貸付事業特別会計に係る歳入総額は、予算額944万2,000円に対し957万8,000円の収入で、その収入率は101.4%となっております。歳出総額は、予算額944万2,000円に対し96万4,000円の支出で、10.2%の執行率であります。

 歳入の主なものは、県支出金12万2,000円、貸付金の元利収入金が131万1,000円であります。

 歳出の主なものは、貸付事業費3万4,000円、公債費93万円であります。

 歳入歳出差し引き額861万4,000円は、昭和44年度貸し付け以降の繰上償還等の残金であり、独立行政法人郵便貯金・簡易生命保険管理機構、簡易生命保険管理業務受託者株式会社において借り受けした額に充当、償還する累計でございます。

 なお、細部につきましては都市建設部長より補足説明いたします。

 以上をもちまして提案理由の説明を終わらせていただきます。

 何とぞ全議案とも慎重審議の上、ご承認を賜りますよう重ねてお願いを申し上げまして、提案理由の説明を終わらせていただきます。どうもありがとうございました。



○吉塚邦之議長 これより補足説明を求めます。

 まず、議案第37号及び認定第1号について、高木総務部長。

              〔高木良郎総務部長 登壇〕



◎高木良郎総務部長 おはようございます。

 平成20年度の補正予算について説明させていただきたいと思います。

 議案第37号小郡市一般会計補正予算(第2号)の承認について補足説明を申し上げたいと思います。

 歳出のほうからご説明を申し上げますので、まず11ページをお開きをお願いしたいと思います。

 人件費の関係でございますが、今回、1款1項1目議会費から10款教育費にわたりまして、4月の人事異動に伴う給料、手当等の整理並びに共済負担金の率の改定に伴う補正等もあわせて行ってきてるところでございます。ちなみに、給料、諸手当で1,367万円の減、共済費で965万1,000円の増でして、総人件費につきましては401万9,000円の減額をいたしてるところでございます。各款ごとの整理を行っておりますので、それぞれの人件費の関係の経費の説明は省略をさせていただきたいと思います。

 続きまして12ページをお願いいたします。2款1項総務管理費、6目企画費、25節積立金でまちづくり支援基金積立金といたしまして60万円をお願いしてるところでございます。これにつきましては、新たにまちづくり支援基金を設置いたしまして、まちづくり支援自販機による寄付金やふるさと納税を利用したふるさと寄付金をこの基金に積み立てるものでございます。

 12目市民安全対策費、防犯対策費で、防犯灯の設置工事費といたしまして105万5,000円をお願いしてるところでございます。これにつきましては、中学校の通学区域の弾力化に伴いまして、三国中学校区から立石中学校に通う生徒の新通学路の安全確保のため、防犯灯を11基設置するものでございます。

 13ページをお願いします。2款2項2目賦課事務費として324万5,000円をお願いしております。これにつきましては、平成21年10月から公的年金から個人住民税の特別徴収制度が導入されることに伴いまして、公的年金の所管であります社会保険庁との情報のやりとりを電子化することに要する経費でございます。

 続きまして17ページをお願いいたします。3款1項社会福祉費、2目心身障害者福祉費の自立支援事業費で251万4,000円をお願いしております。これにつきましては、障害者の自立支援臨時対策事業といたしまして、全額県補助金を受けまして障害児のための遊具や備品を購入するものでございます。

 続きまして19ページをお願いいたします。3款2項児童福祉費、2目児童措置費、児童扶養手当の支給費でございますが、母子家庭が増加をしているということで500万7,000円の増額をお願いしております。

 続きまして21ページをお願いいたします。4款3項1目上水道施設整備費で上水道埋設工事負担金として687万円をお願いしております。これにつきましては、開1区の2カ所につきまして上水道埋設工事を施工するために増額をいたすものでございます。

 続きまして23ページをお願いします。7款1項3目企業誘致推進費で産業系土地利用計画策定業務委託料として330万円をお願いしております。これにつきましては、総合振興計画及び国土利用計画等における工業流通ゾーンとして位置づけられた東部地区並びに西部地区等における産業系土地利用の方針を定めるものでございます。

 続きまして27ページをお願いいたします。8款4項都市計画費、4目都市計画街路事業費でございますが、本郷・基山線県道負担金として2,608万3,000円の増額をお願いしております。これにつきましては、県の事業費の確定に伴いまして市負担金の増額をお願いするものでございます。

 30ページをお願いいたします。10款2項小学校費、1目学校管理費、修繕料として100万円の増額をお願いしております。これにつきましては、小学校の修繕箇所数の増加によるものでございます。

 続きまして32ページをお願いいたします。先ほど申しました小学校と同じような理由で、3項中学校費、1目学校管理費につきましても中学校の修繕料130万円の増額をお願いをしておるところでございます。

 次に、歳入につきましてご説明を申し上げますので、7ページをお開きください。

 14款3項1目証紙収入、戸籍住民基本台帳手数料52万円の増額をお願いしております。これは、住民基本台帳カードの発行増加並びに各種証明の発行増による収入増でございます。

 7ページから8ページまでの15款国庫支出金、1項国庫負担金、2項国庫補助金、3項委託料及び16款県支出金、2項県補助金、3項委託金につきましては、それぞれの事業によりまして算定された額を計上させていただいておりますので、説明は省略させていただきます。

 続きまして9ページをお願いいたします。18款1項1目総務費、寄付金といたしまして、まちづくり支援自販機寄付金50万円、ふるさと寄付金10万円を計上しております。これは、先ほど歳出の部分で説明したとおりでございます。

 19款1項2目公共施設等整備金繰入金で210万円減額しておりますが、これにつきましては、希みが丘及び美鈴が丘区域内の水道加入負担金の確定により減額をするものでございます。

 次に、20款1項1目繰越金4,917万2,000円の増額をお願いしております。今議会で19年度の決算認定をお願いしておりますが、19年度からの繰越金は2億1,453万6,000円となっております。今回は、補正予算の財源といたしまして4,917万2,000円の増額補正をお願いするところでございます。

 21款3項1目3節雑入の計といたしまして130万3,000円の増額としております。これらの雑入につきましては、それぞれの事業に充当してるところでございます。

 以上で説明は終わります。

 戻りまして1ページをお願いいたします。

 以上のことから、平成20年度小郡市一般会計補正予算(第2号)につきましては、第1条で歳入歳出予算総額にそれぞれ5,197万7,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を154億6,629万5,000円と定めたところでございます。

 以上をもちまして、簡単ではございますが、平成20年度小郡市一般会計補正予算(第2号)の補足説明を終わらせていただきます。

 続きまして、認定第1号平成19年度小郡市一般会計歳入歳出決算認定につきまして補足説明を申し上げます。

 本件につきましては、小郡市一般会計、特別会計決算に係る主要施策報告書をもって補足説明を申し上げたいと思いますので、主要施策報告書をお願いいたします。

 まず、3ページをお開きいただきたいと思います。

 2の一般会計のあらましでございますが、平成19年度の予算規模といたしまして、当初164億300万円でございましたが、6回の補正予算によりまして最終予算は161億4,795万2,000円となったところでございます。また、予算額に繰越明許費2,048万円を加えました予算現額161億6,843万2,000円に対しまして、決算額は、歳入決算額が159億7,781万5,000円、歳出決算額が157億6,264万9,000円でございます。いわゆる形式収支といたしましては、歳入歳出の差し引き額が2億1,516万6,000円でございます。このうち翌年度へ繰り越すべき財源が63万円でございますので、実質的な収支額は2億1,453万6,000円となったところでございます。なお、平成18年度の実質収支額が1億4,122万7,000円でございましたので、単年度の収支額は7,330万9,000円の黒字となったところでございます。

 次に、3の決算規模の推移でございます。ここ5年間の推移を一覧表にいたしてるところでございます。歳出決算につきましては、平成15年度は170億円台でございました。平成16年度につきましては、前年度からの事業繰り越しも多く、180億円台になっております。平成17年度から19年度につきましては、事業費全体の抑制と行財政改革によりまして160億円台より150億円台への推移をしてるところでございます。平成15年度を100といたします指数では、平成19年度は91.1となっております。

 続きまして4ページをお願いいたします。一般会計の歳入歳出の決算につきましては、目的別及び性質別に一覧表を掲示いたしておりますが、中身につきましては右側のページ、5ページの円グラフにてご説明をさせていただきたいと思います。

 平成19年度の一般会計の歳入歳出決算を円グラフであらわしておりますが、上段が歳入についての決算の内訳でございます。歳入の主なものは、市税が構成比で39.6%、地方交付税が19.8%となっております。また、この市税に分担金及び負担金、使用料、手数料、財産収入、寄付金、繰入金、繰越金、諸収入を含めました自主財源の比率は52.6%でございます。前年度の自主財源の比率が46.6%でございましたので、6%の増となったところでございます。

 歳出につきましては、下段の、下の段でございますが、歳出総額で円グラフで作成しております。右の円グラフが目的別、いわゆる科目別の構成比でございまして、左の円グラフが性質別の構成比で作成しております。性質別の内訳につきましてご説明をいたしますと、人件費が21.4%、扶助費が15.4%、公債費が16.4%、いわゆる義務的経費が53.2%となっております。ちなみに、前年度はこの義務的経費が53.3%でございました。また、投資的経費は、19年度は12.3%でございました。これは、前年度の投資的経費が12.9%でございましたので、0.6%の減となったところでございます。

 次に、6ページをお願いいたします。起債の状況について説明をさせていただきたいと思います。

 一般会計の地方債の現在高の状況ですが、平成18年度末の現在高が232億9,001万2,000円でございました。これに対しまして、平成19年度に発行した市債が11億7,248万2,000円、それから元金償還額が21億1,468万8,000円でございましたので、平成19年度末の現在高は223億4,780万6,000円となったところでございます。

 それから、次の7ページから9ページでございますが、平成4年度から市債残高は、年度別発行額及び基金残高の推移と経常収支比率や起債制限比率等の財政指数の推移につきましてグラフを掲載しております。また、普通会計の決算概要につきましても、ここに上げておりますので、ご参照をしていただければと思います。

 次に、10ページをお願いいたします。財政健全化判断比率の状況でございます。平成19年度決算から、新たに、地方公共団体の財政の健全化に関する法律の施行に基づきまして財政健全化判断比率を算定しております。ここに掲げております実質赤字比率、連結実質赤字比率、実質公債費比率及び将来負担比率の4つの指標のことを言いますが、すべての指標とも早期健全化基準内の比率となっておるということをご報告しておきたいと思います。

 それでは、11ページをお願いしたいと思います。歳入の主なものでございますが、市税につきましては市民税、固定資産税、軽自動車税、それから市たばこ税、特別保有税合わせまして、予算額63億5,956万5,000円に対しまして調定額が69億7,052万7,000円、収入済額が63億1,789万3,000円でございます。ただし、これにつきましては特別土地保有税の関係がございまして、特別土地保有税の徴収費を省いた分は括弧書きでいたしているところでございます。調定額が68億7,405万6,000円、これに対しまして実質の収入済額は63億1,789万3,000円でございます。不納欠損額が2,750万8,000円でございまして、収入未済額が5億2,865万5,000円となったところでございます。総体的に徴収猶予分を省いた徴収率は91.9%だったところでございます。

 なお、この市民税、固定資産税、市たばこ税、軽自動車税につきましては、平成15年度から19年度までの推移につきまして、次のページの12ページにかけて折れ線グラフ等で掲示をさせていただいております。市民税につきましては、景気低迷などによりここ数年減額となっておりましたが、平成17年度より税制改正及び景気回復、平成19年度につきましては税源移譲、そういうことによりまして前年度比19.8%の大幅な伸びになっております。また、固定資産税ですが、平成18年度は減額になっておりましたが、19年度は対前年度比1.7%の増となっているところでございます。次に、たばこ税でございますが、平成19年度は1.8%の増となっております。また、軽自動車税につきましては、ここ数年3%から5%の伸びになってきております。

 次に、13ページをお願いいたします。13ページから14ページにつきましては、地方譲与税等につきまして5カ年間の推移をそれぞれ掲示させていただいております。各項目ごと19年度の決算額及び伸び率を掲載しておりますので、ご参照をお願いいたします。

 次に、15ページをお願いいたします。11款地方交付税でございます。平成19年度の交付税は、普通交付税で26億2,357万5,000円、特別交付税で5億4,104万円で、総額といたしまして31億6,461万5,000円となり、歳入総額の約19.8%を占めているところでございます。前年度に比較いたしますと8,777万7,000円の減額となっておりまして、率といたしまして2.7%の減少率というふうになっております。これにつきましては、三位一体の改革並びに新型交付税導入による費用の見直しや税制改正による基準財政収入額の増、運動公園等の地域総合整備事業費の償還費の交付税算入分の減少に伴い減少してるところでございます。

 12款の交通安全対策特別交付金につきましては2.3%の増、13款の分担金及び負担金につきましては1.4%の増になっております。

 次に、14款使用料及び手数料でございます。使用料及び手数料につきましては、総額で3億6,565万6,000円でございます。それから、16ページから17ページにかけて15款国庫支出金をそれぞれの項目にわたって、また18ページから19ページにかけましては16款県支出金をそれぞれの項目にわたりまして掲示をしております。

 20ページをお願いをいたします。17款財産収入、18款寄付金、19款繰入金、20款繰越金、21款諸収入につきまして、それぞれの項目につきまして掲示をしておりますので、ご参照いただきたいと思います。

 次に、21ページをお願いいたします。22款の市債でございます。市債につきましては、平成19年度の市が発行いたしました合計といたしまして14億5,218万2,000円の同意をいただいておりましたが、実際の借入金につきましては11億7,248万2,000円でございました。件数にいたしましては16件の借り入れでございます。それぞれに借入先、利率、償還年数等につきましては一覧表に掲示をしておりますので、ご参照いただきたいというふうに思います。ちなみに、市債総額につきましては歳入総額の7.3%となっているところでございます。

 次に、歳出でございますが、歳出関係につきましては、23ページから93ページにわたりまして、予算科目に沿いまして主な事業を事項別、施策総額、財源内訳、それから事業概要につきまして掲げております。ご参照いただくことで説明は省略をさせていただきたいというふうに思います。

 以上で、簡単ではございますけれど、認定第1号平成19年度一般会計歳入歳出決算認定についての補足説明を終わらせていただきたいと思います。どうもありがとうございました。



○吉塚邦之議長 ここで暫時休憩いたします。

              休憩 午前10時25分

              再開 午前10時34分



○吉塚邦之議長 休憩前に引き続き会議を再開いたします。

 次に、議案第38号、議案第39号、認定第2号、認定第3号、認定第4号及び認定第5号について、福田保健福祉部長。

              〔福田 照保健福祉部長 登壇〕



◎福田照保健福祉部長 おはようございます。

 それでは、議案第38号平成20年度小郡市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)について補足説明を申し上げます。

 歳出から申し上げますので、10ページをお願いいたします。

 2款1項1目の一般被保険者療養給付費1,928万3,000円の減でございますが、これにつきましては、前期高齢者交付金の確定に伴います予算の整理をさせていただいておるところでございます。

 次に、2款2項2目の退職被保険者等高額療養費700万円でございますが、65歳以上の退職被保険者は一般被保険者に移行をするわけでございますけれども、当初見込み数よりも移行人員が少なくなりました。したがいまして、退職者高額療養費の予算不足が生じましたので今回補正をお願いするものでございます。

 次に、3款1項1目の後期高齢者支援金から、11ページの下段になります、10款1項3目の償還金までにつきましては、各項目の額の確定に伴いまして補正をするものでございます。

 次に、歳入で7ページをお願いいたします。

 3款1項1目の療養給付費等負担金から、次のページの8ページお願いいたします、一番下段になりますが8款1項1目の一般会計繰入金までにつきましては、それぞれ定められました負担割合によりまして補正計上をするものでございます。

 次に、1ページをお願いいたします。

 以上のようなことから、平成20年度小郡市国民健康保険事業特別会計補正予算は、第1条に記載しておりますように、歳入歳出それぞれ457万7,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ59億4,806万7,000円とするものでございます。

 以上で議案第38号の補足説明を終わらさせていただきます。

 次に、議案第39号平成20年度小郡市介護保険事業特別会計(保険事業勘定)の補正予算の承認について補足説明を行います。

 歳出から行いますので、9ページをお願いいたします。

 下の段になりますが、1款3項1目の介護認定審査会費298万8,000円でございますが、介護認定審査システムの改修業務の委託料でございまして、平成21年度から認定調査項目が変更となります。それに伴います新システムの改修費を計上させていただいております。

 次に、10ページをお願いいたします。5款1項3目の償還金8,180万6,000円でございますが、19年度の事業確定に伴いまして精算をするものでございます。

 次に、7ページをお願いいたします。

 歳入でございまして、第1款1項1目の1号被保険者保険料から、次の8ページですが、7款1項一般会計繰入金までにつきましては、それぞれ定められました負担割合に従い計上するものでございます。

 次に、1ページをお願いいたします。

 以上のようなことから、平成20年度小郡市介護保険事業特別会計(保険事業勘定)補正予算は、1条に記載しておりますように、歳入歳出それぞれ8,086万8,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ25億7,079万7,000円とするものでございます。

 以上で議案第39号の補足説明を終わらさせていただきます。

 次に、認定第2号平成19年度小郡市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算認定について補足説明を申し上げます。

 主要施策により説明を申し上げますので、98ページをお願いいたします。

 98ページの真ん中の表になりますが、国民健康保険被保険者の状況、これは年間の平均でございますが、社会経済情勢の変化に伴いまして加入者数は年々増加をしておりまして、そこの表の上のほうで見ていただくと、世帯数で、一番右になりますが、19年度世帯数として9,779世帯ありましたけども、対前年度比2.1%、15年度からの伸びは13%の伸びとなっておるところでございます。で、被保険者数合計で見てみますと、19年度では1万8,409人で対前年度比が2%、同じく15年度からの伸びは6.2%となっておりまして、特にその中で退職者の伸びが著しく、15年度からは50%の増加となっているところでございます。

 次に、その下の段でございますが、国民健康保険高齢受給者の状況、これは70歳以上でございますが、平成14年度の制度改正によりまして、老人保健対象年齢がこれまでの70歳から75歳に引き上げられまして、74歳までにつきましては給付を引き続き国保で行うということになったわけでございます。表に示しておりますように、15年度末の合計で670人であった受給者数が、年々増加を続けまして、一番下の19年度末の合計では2,457人となりまして3.7倍の伸びとなっておるところでございます。

 最上段の表でございますが、歳入歳出の決算状況についてでございまして、歳入の主なものといたしましては、1目の国民健康保険税、3目の国庫支出金、4目の療養給付費交付金、5目の共同事業交付金でございまして、合わせて90%を占めているところでございます。

 一方、歳出の主なものといたしましては、2目の保険給付費が63.38%、老人保健拠出金が16.89%、介護保険納付金が4.33%、5目の共同事業拠出金が9.67%で、合計して94%となっているところでございます。

 戻っていただきまして、7ページをお願いします。

 以上のようなことから、下段の表に示しておりますように、平成19年度歳入歳出決算額は歳入決算額として56億1,396万1,000円、歳出決算額として58億9,436万4,000円となりまして、歳入歳出差し引き並びに実質収支は2億8,040万3,000円の赤字決算となっておるところでございます。

 なお、単年度実質収支額といたしましては4,017万円の赤字となっているところでございます。また、具体的な納付内容、調定額等につきましては、99ページから101ページに記載しておりますので、ご参照をお願いしたいと思います。

 以上で認定第2号の補足説明を終わらさせていただきます。

 次に、認定第3号平成19年度小郡市老人保健事業特別会計歳入歳出決算認定について補足説明を行います。

 主要施策報告書の105ページをお願いいたします。

 中段に記載しておりますが、先ほど国保の説明の中でも申し上げましたように、平成14年10月の制度改正により対象年齢が75歳に引き上げられましたことによりまして、老人保健対象者数は今年度9月末までは減少をいたしておりましたけれども、10月からは75歳年齢到達者が加わりまして減少も緩やかになり、医療給付費につきましては昨年からわずか増加しておる状況でございます。

 一番下の下段の表に示しておりますように、歳入歳出決算の状況でございますが、歳入の主なものとして、1目の支払基金交付金が53.4%、それから国庫支出金が30.6%で、合計で84%を占めているところでございます。

 一方、歳出につきましては、2目の医療諸費が99.1%となっておるところでございます。

 その上の表ですが、以上のようなことから平成19年度決算額は、歳入決算額として51億4,246万7,000円、歳出決算額として52億1,315万円となりまして、歳入歳出差し引き額並びに実質収支額は7,068万3,000円の赤字決算となっておるところでございます。

 なお、赤字分につきましてはさきの6月議会で繰上充用の承認をいただいておりまして、うち支払基金交付金として8月に1,900万円が歳入をされまして、残りにつきましては国、県の支出金として21年3月に歳入予定となっております。

 以上で認定第3号の補足説明を終わらさせていただきます。

 次に、認定第4号平成19年度小郡市介護保険事業特別会計(保険事業勘定)歳入歳出決算認定について補足説明を行います。

 主要施策の109ページをお願いいたします。

 中段に記載しておりますように、本市の高齢化率は本年4月1日現在で20.25%に達しまして、給付においても対前年度比3%の伸びを示しておりまして、要介護、要支援の認定者は平成19年度末現在で1,700人、受給者数は1,368人で受給率は80.5%となっております。

 次に、110ページをお願いいたします。最上段の表に示しておりますように、具体的な歳入歳出決算の状況としては、歳入の主なものといたしまして保険料、3目の国庫支出金、4目の支払基金交付金、5目の県支出金、さらに7目の繰入金でございまして、94.7%で構成しているところでございます。

 一方、歳出といたしましては、2目の保険給付費が89.7%で約9割を占めているところでございます。

 戻っていただきまして109ページをお願いいたします。

 表にも記載しておりますように、平成19年度決算額は、歳入決算額として27億9,001万7,000円、歳出決算額として26億1,073万8,000円となりまして、歳入歳出差し引き額並びに実質収支額は1億7,927万9,000円となり、黒字決算となっております。

 なお、認定者数、受給者状況等につきましては110ページから116ページに記載をいたしておりますので、ご参照いただきますようにお願いいたします。

 以上で認定第4号の補足説明を終わらさせていただきます。

 次に、認定第5号平成19年度小郡市介護保険事業特別会計(介護サービス事業勘定)歳入歳出決算認定について補足説明を申し上げます。

 主要施策報告書の119ページをお願いいたします。

 3行目から記載しておりますように、平成18年度より開設をされました地域包括支援センターに係る経費を収支するものでございまして、主な収入は、同センターの機能の一つであります要支援者に対するケアプラン作成料でございます。年度末におきまして574名の要支援者がおられまして、そのうち422名の方のケアプラン作成を行ったところでございます。

 以上のようなことから、表にも示しておりますように、19年度の決算額といたしましては、歳入決算額として2,036万2,000円、歳出決算額として1,941万円となりまして、歳入歳出差し引き額並びに実質収支額は95万2,000円の黒字決算となっているところでございます。

 以上で認定第5号外5件の補足説明を終わらさせていただきます。



○吉塚邦之議長 次に、議案第40号、認定第6号及び認定第7号について、池田都市建設部長。

              〔池田清己都市建設部長 登壇〕



◎池田清己都市建設部長 おはようございます。

 それでは、議案第40号平成20年度小郡市下水道事業特別会計補正予算の補足説明を申し上げたいと思います。

 まず、歳出のほうからご説明を申し上げます。

 9ページをお願いしたいと思います。

 1款1項1目一般管理費として4万5,000円、それから2款1項1目下水道整備費として4万7,000円、それから10ページの2目の維持管理費として31万9,000円を増額しておりますけれども、これにつきましては人事異動に伴う人件費でございますので、よろしくお願い申し上げたいと思います。

 また、2款1項1目の下水道整備費でございます。9ページでございますけれども、これにつきましては19節負担金補助及び交付金529万1,000円を増額しておりますけれども、流域下水道事業建設負担金の変更に伴うものでございます。

 それから、7ページをお開きいただきたいと思います。

 次に、歳入でございますけれども、5款1項1目の一般会計繰入金でございますけれども、49万8,000円の減額をお願いしているものでございます。

 また、8款1項1目下水道債620万円の増額をしております。これにつきましては、流域下水道事業債の変更に伴うものでございます。

 それでは、1ページをお願いしたいと思います。

 以上、補正によりまして既定の歳入歳出予算の総額にそれぞれ570万2,000円を追加しまして、歳入歳出予算の総額を23億7,797万7,000円と定めたところでございます。

 以上で平成20年度小郡市下水道事業特別会計補正予算(第1号)の補足説明を終わらせていただきたいと思います。

 次に、認定第6号平成19年度小郡市下水道事業特別会計歳入歳出決算認定について補足説明を申し上げます。

 主要施策のほうで説明を申し上げたいと思います。

 まず、125ページをお願いしたいと思います。

 平成19年度末の下水道整備済み面積は1,045ヘクタールとなっておりまして、全体計画面積の1,715ヘクタールに対する面整備率は60.9%となっております。また、下水道普及率は、平成19年度末で84.8%となっているところでございます。

 平成19年度の決算状況でございますが、歳入決算額は20億5,230万円、歳出決算額は20億5,127万7,000円で、歳入歳出差し引き額は102万3,000円になっているところでございます。実質収支額は102万3,000円の黒字決算となっておるところでございます。

 内容につきましては、127ページをお開きいただきたいと思います。

 平成19年度の歳入歳出決算の状況でございますが、最初に歳入の主なものについてご説明をいたします。

 1款の分担金及び負担金でございます。これは、受益者負担金の1億1,428万9,000円でございます。

 2款の使用料及び手数料の6億4,628万9,000円は、主に下水道使用料で、6億4,573万1,000円の収入でございます。水洗化人口の増加に伴いまして、使用料の収入が前年度に比べて16%の伸びとなっているところでございます。

 3款国庫支出金につきましては、公共下水道事業の国庫補助金で、1億6,500万円の収入となっております。

 5款の繰入金は、下水道事業特別会計に対する一般会計からの繰入金で、4億9,470万円となっておるところでございます。

 7款の諸収入は2,988万7,000円、主に、流域下水道維持管理費負担金返還金及び消費税の還付金でございます。

 8款の市債は6億90万円の収入で、内訳は公共下水道債3億6,010万円、流域下水道事業債2億4,080万円、特別措置分5,100万円となっているところでございます。借入先につきましては、財政融資資金より1億4,850万円、公営企業金融公庫より3億4,150万円、銀行等により1億690万円の借り入れを行っておるところでございます。

 次に、右側の歳出の主なものについて申し上げますと、まず1款の総務費は1,057万4,000円となっておるところでございます。

 2款の下水道事業費は、公共下水道や流域下水道の建設費と下水道維持管理費に係る経費で、12億7,797万8,000円となっておるところでございます。

 そのうち公共下水道整備費は4億9,218万4,000円で、これは主に公共下水道の汚水管の埋設工事などを行ったものでありますが、国庫補助事業として3億3,000万円の事業費で延長3,924メートルの管渠布設を、また単独事業として1億2,582万7,000円の事業費で延長2,716メートルの管渠布設をしておるところでございます。

 流域下水道建設費負担金は2億4,615万8,000円で、福岡県が流域下水道事業として施工しております宝満川流域下水道事業及び筑後川中流右岸流域下水道事業に対する地元建設負担金で、事業費から国庫補助金を除いた費用の2分の1を県が負担し、残り2分の1を、流域関連の市や町が計画汚水量で負担するものでございます。

 また、維持管理費は5億3,963万6,000円で、下水道の維持に係る費用でございますが、主に下水道の終末処理場である宝満川浄化センターにおいて汚水を処理する費用で、流域下水道維持管理負担金4億6,344万円となっております。これは、流入汚水量1立方メートル当たり135円で負担するもので、平成19年度に小郡市から排出した汚水量は343万2,890立方メートルであります。

 3款の公債費は、市債の元利償還金で7億6,272万5,000円となっておるところでございます。

 以上が19年度の決算の概要でございます。

 以上、簡単でございますけれども、19年度小郡市下水道事業特別会計歳入歳出決算認定の補足説明を終わらせていただきたいと思います。よろしくお願い申し上げます。

 それでは、続きまして認定第7号平成19年度小郡市住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出決算認定につきまして補足説明を申し上げます。

 主要施策で報告をさせていただきたいと思います。

 まず、133ページをお願いしたいと思います。

 まず、施策の概要でございますが、中ほどに書いておりますが、住宅新築資金等貸付事業につきましては、同和地区の居住環境の整備改善を図るために、小郡市住宅新築資金等貸付条例を定めまして昭和44年度より実施しているものでございます。貸し付けの内容といたしましては、住宅新築資金、住宅取得資金、そして住宅改修資金の3種類あるわけでございます。

 しかしながら、平成9年3月31日をもって地対財特法の一部改正が行われました。また、福岡県同和地域住宅新築資金貸付要綱も廃止をされました。これに伴いまして、小郡市におきましても平成9年6月24日に小郡市住宅新築資金等貸付条例を廃止したところでございます。したがいまして、平成9年度より貸付事業がなくなりまして、以後は借り受けた者からの返済と起債の償還事務を行っているところでございます。

 次に、134ページをお願いしたいと思います。上段ですけれども、決算状況につきましては、歳入決算額が957万8,000円、歳出決算額が96万4,000円、歳入歳出差し引き額が861万4,000円となったところでございます。

 次に、135ページでございます。償還状況を表に掲げておるところでございます。現在、6件で5名の方の償還状況を掲げさせているところでございます。また、31番と45番の方につきましては、身体的な理由によりまして償還期限が長引いておりますけれども、少額ではございますけれども毎月一定の額を償還いただいているところでございます。貸し付けの実績といたしましては、平成8年までの47件をこの表にいたしておりますので、ご参照いただきたいというふうに思います。

 以上で認定第7号につきましての補足説明を終わらせていただきたいと思います。どうぞよろしくお願い申し上げます。



○吉塚邦之議長 以上で提案理由の説明を終わります。

 ここで、平成19年度小郡市歳入歳出決算及び基金運用状況並びに財政健全化審査について監査委員の意見を求めます。

 三池港代表監査委員。

              〔三池 港代表監査委員 登壇〕



◎三池港代表監査委員 おはようございます。

 ただいまから決算審査につきましてご報告申し上げますので、よろしくお願いいたします。

 地方自治法第233条第2項及び同法第241条第5項の規定によりまして、平成19年度小郡市一般会計決算、各特別会計決算及び証書類、その他政令で定められました書類並びに基金運用状況について審査いたしたところでございます。また、地方公共団体の財政の健全化に関する法律が平成19年6月に交付されまして、平成20年7月施行に伴い、19年度決算より、同法第3条第1項及び同法第22条第1項の規定に基づき、健全化判断比率と同法で定められました書類並びに公営企業の、下水道特別会計ですけれども、それの資金不足比率と同法で定められました書類を審査いたしましたので、その結果につきましてご報告申し上げます。

 決算審査の結果につきましては、各会計の歳入歳出決算書及び附属書類、いずれも法令に規定された様式に従って調製され、かつ決算計数は関係諸帳簿と符合しており、決算は適正であると認めたところでございます。

 総計決算の概要を申し上げますと、平成19年度一般会計及び各特別会計の歳入総決算額は316億650万369円で、歳出総決算額は315億5,255万2,725円で、差し引き額は5,394万7,644円の黒字となっております。この差し引き額には、翌年度へ繰り越すべき財源63万円が含まれております。これを差し引いた実質収支も5,331万7,644円の黒字決算となっておるところでございます。

 次に、会計ごとにその状況を見てみますと、一般会計におきましては歳入決算額は159億7,781万4,985円、歳出決算額は157億6,264万8,583円で、差し引き額は2億1,516万6,402円となっております。この差し引き額から翌年度へ繰り越すべき財源63万円を差し引いた2億1,453万6,402円が実質収支であり、黒字決算となっております。

 次に、国民健康保険事業特別会計におきましては、歳入決算額は56億1,396万775円、歳出決算額は58億9,436万4,253円で、差し引き額2億8,040万3,478円の赤字決算となっております。

 次に、老人保健事業特別会計におきましては、歳入決算額は51億4,246万7,287円、歳出決算額は52億1,315万332円で、差し引き額7,068万3,045円の赤字決算となっております。

 次に、介護保険事業特別会計の保険事業勘定におきましては、歳入決算額は27億9,001万7,320円、歳出決算額は26億1,073万8,393円で、差し引き額1億7,927万8,927円の黒字決算となっております。

 次に、介護保険事業特別会計の介護サービス事業勘定におきましては、歳入決算額は2,036万1,907円、歳出決算額は1,940万9,602円で、差し引き額95万2,305円の黒字決算となっております。

 次に、下水道事業特別会計におきましては、歳入決算額は20億5,229万9,786円、歳出決算額は20億5,127万7,127円で、差し引き額102万2,659円の黒字決算となっております。

 次に、住宅新築資金等貸付事業特別会計におきましては、歳入決算額は957万8,309円、歳出決算額は96万4,435円で、差し引き額861万3,874円の黒字決算となっております。

 次に、基金の運用状況につきましては、各基金ともそれぞれの設置目的に従って運用され、計数も正確であると認めたところでございます。

 以上が平成19年度一般会計及び各特別会計決算審査並びに基金運用状況審査の概要を述べたところでございます。

 歳入の根幹となる市税は、税率変更や税源移譲により伸びてはいるものの、市税、国民健康保険税、介護保険料及び下水道受益者負担金、使用料など滞納額もふえております。また、地方交付税は前年度より8,777万7,000円の減額となっているところでございます。

 次に、歳出全般につきましては、国の構造改革の推進により深刻な影響が出ている財政状況の中で、徹底した見直しを行う一方で、三国中学校校舎増築事業、小板井住宅建てかえ事業、消防施設整備事業で第2分団消防ポンプ自動車購入、子育て支援事業、それから道路改良事業など予算を効率的、重点的に配分をされ、執行されているところでありますが、今後とも各種事業の実施に当たりましてさらなる努力をされんことを期待いたすところでございます。

 次に、財政健全化審査結果につきましては、健全化判断比率及びその関係書類、資金不足比率及びその関係書類は適正に作成されているものと認められました。また、いずれの健全化判断比率も健全化基準を下回っておりました。

 最後に、深刻な財政状況にかんがみまして、市税を初め各種財源の確保と未収金の徴収に努められるとともに、各種施策の緊急度を的確に把握し、重要性、優先性の見直し、補助金の見直しなどで施策事業のさらなる簡素化、効率化に努められ、最少の経費で最大の効果を基本として、行財政運営により健全財政を図られますよう一層の努力を切に要望いたしまして、審査の報告といたします。

 以上で報告終わります。どうもありがとうございました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜 〇 〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第6 請願委員会付託



○吉塚邦之議長 日程第6、請願委員会付託を議題といたします。

 請願第9号混合型血管奇形の難病指定に関する請願書について、書記をして朗読いたさせます。

              〔書記朗読〕



○吉塚邦之議長 ここで紹介議員の補足説明を求めます。

 9番松尾昌弘議員。

              〔9番 松尾昌弘議員 登壇〕



◆9番(松尾昌弘議員) 皆さんご苦労さまです。

 紹介議員として私からもお願いをいたします。

 混合型血管奇形難病指定でございますが、ただいま朗読のとおりでございますが、1番、難病指定とは国の難治性疾患克服研究事業の調査研究対象疾患に指定されること。特定疾患治療研究事業の指定を受け、医療の助成が受けられること。2番、難病指定にする条件は、1、希少性、2、原因不明、3、効果的な治療法が未確立、4、生活面への長期にわたる支障があって、疾患が社会的に認知を受けていることが必要です。このようなことから、私からも皆様方のご理解とご支援をお願い申し上げ、よろしくお願いいたします。



○吉塚邦之議長 本件につきましては、環境福祉常任委員会に付託いたします。

 次に、請願第10号地方財政の充実・強化を求める意見書採択のための請願書について、書記をして朗読いたさせます。

              〔書記朗読〕



○吉塚邦之議長 ここで紹介議員の補足説明を求めます。

 19番廣瀬勝栄議員。

              〔19番 廣瀬勝栄議員 登壇〕



◆19番(廣瀬勝栄議員) それでは、補足説明させていただきます。

 請願の趣旨につきましてはただいま事務局朗読のとおりでございますが、若干の補足をいたします。

 政府は、福田政権において初めての経済財政運営の基本方針となる経済財政改革の基本方針2008、骨太方針2008を6月27日に閣議決定しました。その中身は、毎年2,200億円の社会保障削減を初めとした歳出、歳入一体改革は骨太方針2006以降の歳出削減を堅持しましたが、一方で公共サービスを解体しました。地域の疲弊や格差拡大を招いた政府の反省は見られず、国民の期待を裏切る内容となっています。このため、2009年度の予算は、深刻化する地域間格差の是正と公共サービスの充実に向け、地方財政圧縮を進める政策の転換を図り、地方税の充実強化、国が果たす財源保障に必要な財源を確保することが重要です。さらに、住民に身近なところで政策や税金の使途を決定し、地方分権の理念に沿った自治体運営を行うことができるよう、地方財政の充実強化が最重要課題であります。

 このようなことから、国の関係機関へ意見書を提出していただきますようお願いするものです。議員各位におかれましては、請願の趣旨をご理解いただき、ご賛同いただきますようお願いいたしまして、補足説明とさせていただきます。



○吉塚邦之議長 本件につきましては、総務文教常任委員会に付託いたします。

 以上で本日の議事日程は全部終了いたしました。

 次の本会議は9月3日午前9時30分から再開いたします。

 本日はこれをもちまして散会いたします。

 ご協力ありがとうございました。

              散会 午前11時31分