議事ロックス -地方議会議事録検索-


福岡県 田川市

平成21年第4回臨時会(第1日 5月28日)




平成21年第4回臨時会(第1日 5月28日)





         平成21年5月28日(木)





           (第  1  日)











平成21年田川市議会臨時会会議録


第4回


 



          平成21年5月28日 午前10時04分開会





出席議員


  議席番号  氏   名         議席番号  氏   名


   1番   原 口 秋 良       12番   香 月 隆 一


   2番   二 場 公 人       13番   石 松 和 幸


   3番   竹 野 九州男       14番   星 野 一 広


   4番   佐々木   允       15番   竹 内 徹 夫


   5番   柿 田 孝 子       16番   古 木 英 憲


   6番   佐 藤 俊 一       17番   田 丸 雅 美


   7番   高 瀬 富士夫       18番   加 藤 秀 彦


   8番   陸 田 孝 則       19番   藤 沢   悟


   9番   吉 岡 恭 利       20番   北 山 隆 之


  10番   梅 林   史       21番   雨 矢 紀 一


  11番   小 林 義 憲       22番   高 瀬 春 美








地方自治法第121条により出席した者 事務局出席職員氏名


 市長       伊 藤 信 勝    局長       阿 納   勲


 副市長      松 岡 博 文    局長補佐     金 子 正 人


 教育長      柏 木 順 子    係長       河 端   太


 総務部長     丸 谷 芳 昭    主任       藤 井   崇


 福祉部長     木 村 光 一    主任       楠 木 伸 彦


 建設経済部長   満 倉   崇


 理事       大久保 晴 信


 市立病院事務局長 前 田 秀 徳


 教育部長     柳 瀬 正 博


 総合政策課長   日 野 俊 信


 人事課長     家 高 正 憲


 総務防災課長   谷 奥 京 子


 会計管理者    植 木 盛 雄


 水道課長     後 藤 文 夫


 保険課長     柳 井 妙 子








      平成21年(第4回)田川市議会5月臨時会議事日程第1号





                       平成21年5月28日午前10時開議





第 1 会期の決定


第 2 会議録署名議員の指名


    (諸般の報告)


第 3 議席の一部変更について


第 4 議案第38号 田川市職員の給与に関する条例等の一部改正について


第 5 議案第39号 田川市議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改


           正について


第 6 議案第37号 平成21年度田川市老人保健特別会計補正予算


    [議案委員会付託]








               本日の会議に付した事件





第 1 会期の決定


第 2 会議録署名議員の指名


    (諸般の報告)


第 3 議席の一部変更について


第 4 議案第38号 田川市職員の給与に関する条例等の一部改正について


第 5 議案第39号 田川市議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改


           正について


第 6 議案第37号 平成21年度田川市老人保健特別会計補正予算


    [議案委員会付託]








                              (開議10時04分)


○議長(高瀬 春美 君)


 どなたもおはようございます。


 議員定数22名のうち、ただいま出席議員は22名であります。よって、本会議は成立いたしました。


 これより平成21年第4回田川市議会5月臨時会を開会いたします。


 本日の議事日程は、お手元配付のとおりであります。御了承願います。


 日程第1「会期の決定」を議題といたします。


 お諮りいたします。会期は本日1日限りといたしたいと思いますが、これに御異議ございませんか。  (「異議なし」の声あり)


 御異議なしと認めます。よって、会期は本日1日限りと決定いたしました。


  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


 次に移ります。


 日程第2「会議録署名議員の指名」を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第79条の規定により、議長において佐々木允議員、北山隆之議員を指名いたします。


 次に、ここで「諸般の報告」をいたします。


 市長から、お手元配付のとおり、報告事項第4号「市長専決処分の報告について」の報告があっておりますので、御了承願います。


 以上で「諸般の報告」を終わります。


 次に移ります。


 日程第3「議席の一部変更について」を議題といたします。


 今回、議員の所属会派の変更等により、議席の一部を変更したいと思いますので、よろしくお願いをいたします。


 お諮りいたします。お手元に配付いたしております議席配置図のとおり、議席を一部変更することに御異議ございませんか。  (「異議なし」の声あり)


 御異議なしと認めます。よって、お手元配付の議席配置図のとおり議席を一部変更することに決しました。


  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


 それでは、ただいま決定いたしました議席へお手元の氏名標を持ってお着き願いたいと思います。


 次に移ります。


 日程第4議案第38号「田川市職員の給与に関する条例等の一部改正について」及び日程第5議案第39号「田川市議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正について」を一括議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。  (「議長」と呼ぶ声あり) 副市長。


○副市長(松岡 博文 君)


 おはようございます。提案理由説明を申し上げます。


 日程第4議案第38号「田川市職員の給与に関する条例等の一部改正について」及び日程第5議案第39号「田川市議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正について」一括して御説明申し上げます。


 この2議案は、経済情勢の悪化に伴い、本年6月期の期末勤勉手当の支給を一部凍結する人事院勧告がなされたことから、本市職員等についても同様の措置を講ずるため、関係条例について所要の改正を行おうとするものであります。


 改正の主な内容といたしましては、議案第38号では、特別職及び教育長の期末手当について、本年6月期の支給月数を0.15月凍結し、1.45月とすること、並びに職員の期末勤勉手当を0.2月凍結し1.95月とすること等であります。


 次に、議案第39号では、市議会議員の期末手当について、本年6月期の支給月数を0.15月凍結し1.45月とすることであります。


 よろしく御審議の上、御賛同くださいますようお願い申し上げます。


○議長(高瀬 春美 君)


 ただいま提案理由の説明が終わりました。


 このことについて質疑の通告はありません。ほかに質疑はありませんか。


 (「議長」と呼ぶ声あり) 佐々木議員。


○議員(佐々木 允 君)


 今回の条例提案の前提となる人事院勧告のことについて、一応、前提事項をですね、ここの議会全体で確認をしたいと思ってますので、それについて以下お答えいただければと思います。


 まず、人事院勧告が本来はいつ行われているのかですね、そして、本来でいえば、それについてお答えください。そして、なぜ今回、今まで通年どおり行われず、今回異例な形で行われているのか、そのことについて、その背景についてお答えいただければと思います。


 もう一つ、この人勧における給与の実態調査の民間給与実態調査が実際何社行われたのか、そして回答が何社で、そのうち夏季一時金の妥結をやっているところが何社あるのか、それについてお答えいただければと思います。  (「議長」と呼ぶ声あり)


○議長(高瀬 春美 君) 総務部長。


○総務部長(丸谷 芳昭 君)


 お答え申し上げます。まず人勧の時期でございますが、通年でありますと、これは8月でございます。その年の4月現在の民間の給与を調査しまして、人事院が8月に勧告を行っております。これが通常のあり方でございます。


 それから、今回特に異例な形がとられておりますけれども、人事院が特にこの急激な景気の落ち込み等々で民間の6月期のボーナスが非常に落ち込んでいると、調べによりますと2割程度の落ち込みがあるようなことも、今報道されておりますけれども、そういう情勢をかんがみて、今回6月期でやっぱり公務員の期末手当も下げるべきだという判断を行いまして、5月1日に人事院勧告がなされました。これを受けて今回、国家公務員、それから地方公務員ということで、この人勧が出ているものでございます。


 それから、3点目の企業の問題でございますが、企業の調査の問題でございますけれども、今回のこの調査は4月7日から24日の間、全国2,700社を対象に行っております。この回答率につきましては、人事課長のほうからお答え申し上げます。


 (「議長」と呼ぶ声あり)


○議長(高瀬 春美 君) 人事課長。


○人事課長(家高 正憲 君)


 今回、今、総務部長が申しました調査、2,700社を行っております。そのうち、調査完了率が75.6%でございます。そのうち、夏季一時金の決定済み企業、これが340社、これは企業割合にいたしまして13.5%、従業員の割合にいたしまして19.7%でございます。したがいまして、現時点では、全体の約8割がまだ未定である、そのような中での勧告でございます。  (「議長」と呼ぶ声あり)


○議長(高瀬 春美 君) 佐々木議員。


○議員(佐々木 允 君)


 ぜひ、執行部もそして議会全体もその前提だけは押さえていただきたいと思うんですね。本来であれば、民間企業実態調査は約1万1千社に基づく調査をやって、本来実地調査をやっているはずですね。今回、通信調査という別の形をとっています。要は手紙を送って返すだけということ。それに対して、今回は2,700社だけですし、しかも回答が2千社、そして妥結しているのが340社、その中で、今回の人勧を決定しているというのが、明らかに今までと異例であるということの前提で、今回の人事院勧告について市の思いというか、今回の条例があるということだけは、ぜひ押さえていただきたいと思います。一応、意見で終わります。


○議長(高瀬 春美 君)


 ほかに質疑はありませんか。  (「なし」の声あり)


 質疑がないようでありますので、次に移ります。


 日程第6議案第37号「平成21年度田川市老人保健特別会計補正予算」についてを議題題といたします。


 提案理由の説明を求めます。  (「議長」と呼ぶ声あり) 副市長。


○副市長(松岡 博文 君)


 日程第6議案第37号「平成21年度田川市老人保健特別会計補正予算」の概要について御説明申し上げます。


 本案は、平成20年度老人保健特別会計において、国庫負担金等の収入額が歳入予算に満たなかったため、歳入決算額が歳出決算額に対し955万7千円の不足を生じることとなりました。


 このため、地方自治法施行令第166条の2の規定に基づき、翌年度歳入の繰上充用を行うに当たり、平成21年度老人保健特別会計予算を補正する必要が生じたものであります。


 以上、概要を申し述べましたが、本案につきましては、よろしく御審議の上、御賛同くださいますようお願い申し上げます。


○議長(高瀬 春美 君)


 ただいま提案理由の説明が終わりました。


 このことに質疑の通告はありません。


 ほかに質疑はありませんか。  (「なし」の声あり)


 質疑はないようでありますので、ここで議案の委員会付託を行います。


 ただいま提案されました各議案につきましては、お手元配付の議案委員会付託表のとおり、それぞれ所管の常任委員会に付託いたしますので、休憩時間中、十分審査をお願いいたします。


 これより暫時休憩いたします。再開を午前11時といたします。


                              (休憩10時16分)


                              (再開11時10分)


○議長(高瀬 春美 君)


 再開いたします。


 休憩前に引き続きまして会議を行います。


 議案第38号「田川市職員の給与に関する条例等の一部改正について」を議題といたします。


 総務文教委員長に審査結果の報告を求めます。


 (「議長」と呼ぶ声あり) 総務文教委員長。


○総務文教委員長(古木 英憲 君)


 当委員会に付託を受けました議案第38号「田川市職員の給与に関する条例等の一部改正について」の審査結果を報告いたします。


 本案は、経済情勢の悪化に伴い、本年6月期の期末勤勉手当の支給を一部凍結する人事院勧告がなされたことから、本市職員等についても同様の措置を講ずるため、関係条例について所要の改正が行われるものであります。


 改正の主な内容といたしましては、まず職員の期末勤勉手当の支給月数を0.20月凍結し、1.95月とすることであります。


 次に、特別職及び教育長の期末手当の支給月数を国の特別職に準じて0.15月凍結し、1.45月とすることであります。


 当委員会では、現在の社会情勢や市民感情をかんがみると、本条例改正は妥当であるとの意見がある一方、国の民間給与実態調査件数が少ないこと、また県は人事委員会が勧告を見送り、減額をしていないことなどから、今回の条例改正については反対するとの一部意見があっております。


 また、国は経済対策と銘打って、定額給付金を給付したばかりであり、地域経済活性化の観点から、職員の期末手当等の凍結を行うのはいかがなものかとの意見もあっております。


 以上、当委員会に付託を受けました議案第38号「田川市職員の給与に関する条例等の一部改正について」は、一部反対意見が出されたことから、採決の結果、賛成多数により原案のとおり可決すべきものと決した次第であります。以上で報告を終わります。


○議長(高瀬 春美 君)


 ただいま総務文教委員長の審査結果の報告が終わりました。


 これに質疑はありませんか。  (「なし」の声あり)


 質疑がないようでありますので、これより討論に入ります。


 討論の通告があっておりますので、発言を許します。


 (「議長」と呼ぶ声あり) 柿田議員。


○議員(柿田 孝子 君)


 皆さん、お疲れさまです。  (「議長」と呼ぶ声あり)


○議長(高瀬 春美 君) 陸田議員。


○議員(陸田 孝則 君)


 基本的なことを教えてもらいたいんですが、今これ総文で審議したんですよね。それで総文委員の方が討論していいわけですか。


○議長(高瀬 春美 君)


 それはいいと思いますけど。


○議員(陸田 孝則 君)


 いいんですか、失礼しました。


○議員(柿田 孝子 君)


 第38号議案「田川市職員の給与に関する条例等の一部改正について」日本共産党市議団として反対の討論をいたします。


 これまでの公務員の夏のボーナスは、その年の7月までの1年間の民間給与実態調査に基づき、人事院勧告で決められていました。しかし今回、人事院はこのルールを破り、4月に臨時調査を実施いたしました。しかも通常では1万1千企業を対面調査するのに対し、今回は2,700社を対象に郵送調査しただけで極めて調査がずさんと言わなければなりません。人事院も全体を反映したかといえば、そうでないと認めています。また県人事院も現段階では正確な状況は判断できない、全体の支給実績を把握した上で判断するとしています。こうしたずさんな調査による勧告の影響を多くの労働者が受けると国も認めています。この勧告の強行、押しつけは労働基本権剥奪のもとでの賃金決定、ルールの乱暴なじゅうりんであり、国、地方公務員、関連労働者を含め数千億円の賃金削減が想定され、一層の内需の冷え込みをつくり出し、地場賃金、地域経済に大きな影響を及ぼし、賃金削減のサイクルをつくり出すものです。今、深刻な景気悪化の中、家計を応援し、内需主導経済に切りかえるときなのに、経済にマイナスの影響を及ぼす本議案に対して反対の意思を表明し、討論を終わります。


○議長(高瀬 春美 君)


 以上で通告による討論を終結いたします。


 これより採決いたします。採決の方法につきましては、起立により行います。


 議案第38号に対する委員長の報告は原案可決であります。本案は、委員長報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。  (賛成者起立)


 起立多数であります。よって、議案第38号「田川市職員の給与に関する条例等の一部改正」につきましては、原案のとおり可決されました。


  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


 次に移ります。


 議案第39号「田川市議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正について」を議題といたします。


 総務文教委員長に審査結果の報告を求めます。


 (「議長」と呼ぶ声あり) 総務文教委員長。


○総務文教委員長(古木 英憲 君)


 当委員会に付託を受けました議案第39号「田川市議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正について」の審査結果を報告いたします。


 本案は、人事院勧告の趣旨を踏まえ、市議会議員の期末手当について特別職及び教育長と同様に、国の特別職に準じ、その一部を凍結するため、条例の一部改正が行われるものであります。


 改正内容といたしましては、本年6月に支給する市議会議員の期末手当の支給月数を0.15月凍結し、1.45月とするものであります。


 本議案につきましては審査の結果、異議なく了承をいたしております。


 以上、当委員会に付託を受けました議案第39号「田川市議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正について」は、原案のとおり可決すべきものと決した次第であります。以上で報告を終わります。


○議長(高瀬 春美 君)


 ただいま総務文教委員長の審査結果の報告が終わりました。


 これに質疑はありませんか。  (「なし」の声あり)


 質疑がないようでありますので、これより採決いたします。


 議案第39号に対する委員長の報告は原案可決であります。本案は、委員長報告のとおり決することに御異議ございませんか。  (「異議なし」の声あり)


 御異議なしと認めます。よって、議案第39号「田川市議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正について」は原案のとおり可決されました。


  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


 次に移ります。


 議案第37号「平成21年度田川市老人保健特別会計補正予算」についてを議題といたします。


 厚生委員長に審査結果の報告を求めます。


 (「議長」と呼ぶ声あり) 厚生委員長。


○厚生委員長(佐藤 俊一 君)


 皆さん、お疲れさんです。


 当委員会に付託を受けました議案第37号「平成21年度田川市老人保健特別会計補正予算」につきまして、審査結果を報告いたします。


 本案は、平成20年度老人保健特別会計において、国庫負担金等の収入額が歳入予算に満たなかったことから、歳入予算額が歳出予算額に対し955万7千円の不足を生じるため、平成21年度の歳入を繰り上げて、平成20年度の歳入不足に充てようとするものであります。


 補正内容といたしましては、歳出において、繰上充用金として955万7千円が計上されており、一方、歳入では医療費交付金及び医療費負担金等の増額により、収支の均衡が図られております。


 今回の補正の結果、平成21年度老人保健特別会計の予算総額は7,831万3千円となっております。予算的には別段異議なく了承いたしております。


 以上、当委員会に付託を受けました議案第37号「平成21年度田川市老人保健特別会計補正予算」につきましては、審査の結果、原案のとおり可決すべきものと決した次第であります。以上で報告を終わります。


○議長(高瀬 春美 君)


 ただいま厚生委員長の審査結果の報告が終わりました。


 これに質疑はありませんか。  (「なし」の声あり)


 質疑がないようでありますので、これより採決いたします。


 議案第37号に対する委員長の報告は原案可決であります。本案は、委員長報告のとおり決することに御異議ございませんか。  (「異議なし」の声あり)


 御異議なしと認めます。よって、議案第37号「平成21年度田川市老人保健特別会計補正予算」については原案のとおり可決されました。


  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


 以上で本日の議事日程はすべて終了いたしました。


 以上をもちまして、平成21年第4回田川市議会5月臨時会を閉会いたします。


 まことに御苦労さまでした。


                              (閉会11時23分)








               議案委員会付託表





                              平成21年5月28日


                              5月(第4回)臨時会


┌──────┬─────────────────────────┬─────┐


│ 議案番号 │       件       名         │付託委員会│


├──────┼─────────────────────────┼─────┤


│議案第37号│平成21年度田川市老人保健特別会計補正予算    │厚  生 │


├──────┼─────────────────────────┼─────┤


│議案第38号│田川市職員の給与に関する条例等の一部改正について │総務文教 │


├──────┼─────────────────────────┤     │


│議案第39号│田川市議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例│     │


│      │の一部改正について                │     │


└──────┴─────────────────────────┴─────┘