議事ロックス -地方議会議事録検索-


福岡県 田川市

平成17年第6回定例会(第1日11月30日)




平成17年第6回定例会(第1日11月30日)





         平成17年11月30日(水)





            (第  1  日)














平成17年 田川市議会定例会会議録


第6回


 



          平成17年11月30日 午前10時05分開会





出席議員


 議席番号   氏   名      議席番号    氏   名


  1番   田 丸 雅 美      13番   星 野 一 広


  2番   植 木 康 太      14番   竹 内 徹 夫


  3番   小 林 義 憲      15番   二 場   武


  4番   陸 田 孝 則      16番   原 口 秋 良


  5番   古 木 英 憲      17番   香 月 隆 一


  6番   白 水 数 人      18番   ? 瀬 富士夫


  7番   石 松 和 幸      19番   笹 山 良 孝


  8番   佐 藤 俊 一      20番   藤 沢   悟


  9番   岡 田 啓 助      21番   北 山 隆 之


 10番   吉 岡 恭 利      22番   末 光 広 美


 11番   加 藤 秀 彦      23番   ? 瀬 春 美


 12番   雨 矢 紀 一








地方自治法第121条により出席した者     事務局出席職員氏名


 市長          伊 藤 信 勝    局長       安 永 昭 俊


 助役          中須賀 達 穂    局長補佐     平 岡 裕 章


 収入役         松 岡 博 文    事務主査     金 子 正 人


 教育長         柏 木 順 子    主任       河 端   太


 総務部長        柴 田 政 文    主任       松 本 弘 幸


 福祉部長        北 山   透


 経済環境部長      荒 尾   徹


 建設部長        永 岡   勉


 教育部長        古 館 政 次


 市立病院事務局長    川 崎 覚 介


 水道事業企業理事    下 川   勲


 企画課長        山 口 洋 一


 総務情報課長      原 田 孝 則


 企画官         丸 田 宏 幸








       平成17年(第6回)田川市議会12月定例会議事日程第1号





                        平成17年11月30日午前10時開議





第 1 会期の決定


第 2 会議録署名議員の指名


    (諸般の報告)


第 3 報告第 5号 市長専決処分の報告並びに承認を求めることについて


    [平成17年度田川市一般会計補正予算]


第 4 報告第 6号 市長専決処分の報告並びに承認を求めることについて


    [権利の放棄について]


第 5 議案第72号 田川市職員の給与に関する条例等の一部改正について


第 6 議案第73号 田川市議会の議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正


           について


第 7 議案第60号 平成17年度田川市一般会計補正予算


第 8 議案第61号 平成17年度田川市国民健康保険特別会計補正予算


第 9 議案第62号 平成17年度田川市老人保健特別会計補正予算


第10 議案第63号 平成17年度田川市住宅新築資金等貸付特別会計補正予算


第11 議案第64号 平成17年度田川市水道事業会計補正予算


第12 議案第65号 平成17年度田川市立病院事業会計補正予算


    [議案委員会付託(その1)]


第13 議案第74号 田川市消毒手数料条例の廃止について


第14 議案第75号 田川市保健センターの設置及び管理に関する条例の全部改正につ


           いて


第15 議案第76号 田川地区休日救急医療センターの設置及び管理に関する条例の一


           部改正について


第16 議案第77号 福岡県自治振興組合を組織する市町村数の増減について


第17 議案第78号 福岡県市町村災害共済基金組合を組織する市町村数の増減につい


           て


第18 議案第79号 田川地区水道企業団を組織する市町数の増減及び田川地区水道企


           業団規約の変更について


第19 議案第80号 福岡県田川地区消防組合を組織する地方公共団体の数の増減及び


           福岡県田川地区消防組合規約の変更について


第20 議案第81号 田川地区斎場組合を組織する市町村数の増減及び田川地区斎場組


           合規約の変更について





第21 議案第82号 田川地区清掃施設組合を組織する市町数の増減及び田川地区清掃


           施設組合規約の変更について


第22 議案第83号 田川市と金田町の田川地区休日救急医療センターの事務の委託の


           廃止について


第23 議案第84号 田川市と赤池町の田川地区休日救急医療センターの事務の委託の


           廃止について


第24 議案第85号 田川市と方城町の田川地区休日救急医療センターの事務の委託の


           廃止について


第25 議案第86号 田川市と福智町の田川地区休日救急医療センターの事務の委託に


           ついて


第26 議案第87号 福岡県介護保険広域連合を組織する市町村数の増減及び福岡県介


           護保険広域連合規約の変更について


第27 議案第88号 福岡県介護保険広域連合を組織する市町村数の増減及び福岡県介


           護保険広域連合規約の変更について


第28 議案第89号 福岡県介護保険広域連合を組織する市町村数の減少及び福岡県介


           護保険広域連合規約の変更について


第29 議案第90号 福岡県介護保険広域連合を組織する市町村数の減少及び福岡県介


           護保険広域連合規約の変更について


第30 議案第91号 福岡県介護保険広域連合を組織する市町村数の減少及び福岡県介


           護保険広域連合規約の変更について


第31 議案第92号 福岡県介護保険広域連合からの嘉穂郡筑穂町、同郡穂波町、同郡


           庄内町及び同郡頴田町の脱退に伴う財産処分について


第32 議案第93号 市道路線の認定について


    [議案委員会付託(その2)]


第33 請願の取り下げについて


    [請願第33号 建設に働く仲間と地域経済を救うルールづくりに関する請願]


第34 請願の件








               本日の会議に付した事件





第 1 会期の決定


第 2 会議録署名議員の指名


    (諸般の報告)


第 3 報告第 5号 市長専決処分の報告並びに承認を求めることについて


   [平成17年度田川市一般会計補正予算]


第 4 報告第 6号 市長専決処分の報告並びに承認を求めることについて


   [権利の放棄について]


第 5 議案第72号 田川市職員の給与に関する条例等の一部改正について


第 6 議案第73号 田川市議会の議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正


           について


第 7 議案第60号 平成17年度田川市一般会計補正予算


第 8 議案第61号 平成17年度田川市国民健康保険特別会計補正予算


第 9 議案第62号 平成17年度田川市老人保健特別会計補正予算


第10 議案第63号 平成17年度田川市住宅新築資金等貸付特別会計補正予算


第11 議案第64号 平成17年度田川市水道事業会計補正予算


第12 議案第65号 平成17年度田川市立病院事業会計補正予算


    [議案委員会付託(その1)]


第13 議案第74号 田川市消毒手数料条例の廃止について


第14 議案第75号 田川市保健センターの設置及び管理に関する条例の全部改正につ


           いて


第15 議案第76号 田川地区休日救急医療センターの設置及び管理に関する条例の一


           部改正について


第16 議案第77号 福岡県自治振興組合を組織する市町村数の増減について


第17 議案第78号 福岡県市町村災害共済基金組合を組織する市町村数の増減につい


           て


第18 議案第79号 田川地区水道企業団を組織する市町数の増減及び田川地区水道企


           業団規約の変更について


第19 議案第80号 福岡県田川地区消防組合を組織する地方公共団体の数の増減及び


           福岡県田川地区消防組合規約の変更について


第20 議案第81号 田川地区斎場組合を組織する市町村数の増減及び田川地区斎場組


           合規約の変更について


第21 議案第82号 田川地区清掃施設組合を組織する市町数の増減及び田川地区清掃


           施設組合規約の変更について





第22 議案第83号 田川市と金田町の田川地区休日救急医療センターの事務の委託の


           廃止について


第23 議案第84号 田川市と赤池町の田川地区休日救急医療センターの事務の委託の


           廃止について


第24 議案第85号 田川市と方城町の田川地区休日救急医療センターの事務の委託の


           廃止について


第25 議案第86号 田川市と福智町の田川地区休日救急医療センターの事務の委託に


           ついて


第26 議案第87号 福岡県介護保険広域連合を組織する市町村数の増減及び福岡県介


           護保険広域連合規約の変更について


第27 議案第88号 福岡県介護保険広域連合を組織する市町村数の増減及び福岡県介


           護保険広域連合規約の変更について


第28 議案第89号 福岡県介護保険広域連合を組織する市町村数の減少及び福岡県介


           護保険広域連合規約の変更について


第29 議案第90号 福岡県介護保険広域連合を組織する市町村数の減少及び福岡県介


           護保険広域連合規約の変更について


第30 議案第91号 福岡県介護保険広域連合を組織する市町村数の減少及び福岡県介


           護保険広域連合規約の変更について


第31 議案第92号 福岡県介護保険広域連合からの嘉穂郡筑穂町、同郡穂波町、同郡


           庄内町及び同郡頴田町の脱退に伴う財産処分について


第32 議案第93号 市道路線の認定について


    [議案委員会付託(その2)]


第33 請願の取り下げについて


    [請願第33号 建設に働く仲間と地域経済を救うルールづくりに関する請願]


第34 請願の件








         平成17年(第6回)田川市議会12月定例会会期





                   (自 平成17年11月30日 )22日間


  至 平成17年12月21日











┌─────┬──┬───────────┬──────────────────────────┐


│月   日│曜 │会   議      │摘    要                    │


│     │  ├─────┬─────┤                          │


│     │  │本会議  │委員会  │                          │


├─────┼──┼─────┼─────┼──────────────────────────┤


│11月30日 │水 │開  議 │     │1.会期の決定                   │


│     │  │午前10時 │     │2.平成17年度各会計補正予算(人件費分)及び関連議 │


│     │  │     │     │案上程、委員会付託、議案審査、採決         │


│     │  │     │     │3.その他の条例議案及び一般議案上程、委員会付託  │


│     │  │     │     │4.請願の件                    │


├─────┼──┼─────┼─────┼──────────────────────────┤


│12月1日 │木 │休  会 │     │                          │


├─────┼──┤     │     │                          │


│  2日 │金 │     │     │                          │


├─────┼──┤     │     │                          │


│  3日 │〇土│     │     │                          │


├─────┼──┤     │     │                          │


│  4日 │〇日│     │     │                          │


├─────┼──┤     │     │                          │


│  5日 │月 │     │     │                          │


├─────┼──┤     │     │                          │


│  6日 │火 │     │     │                          │


├─────┼──┤     │     │                          │


│  7日 │水 │     │     │                          │


├─────┼──┼─────┼─────┼──────────────────────────┤


│  8日 │木 │開  議 │     │1.平成17年度各会計補正予算及び指定管理者に関する │


│     │  │午前10時 │     │議案上程、委員会付託                │


│     │  │     │     │2.一般質問                    │


├─────┼──┼─────┼─────┼──────────────────────────┤


│  9日 │金 │開  議 │     │1.一般質問                    │


│     │  │午前10時 │     │                          │


├─────┼──┼─────┼─────┼──────────────────────────┤


│  10日 │〇土│休  会 │     │                          │


├─────┼──┤     │     │                          │


│  11日 │〇日│     │     │                          │


├─────┼──┤     ├─────┤                          │


│  12日 │月 │     │総務文教 │1.平成17年度各会計補正予算及び関連議案審査    │


├─────┼──┤     ├─────┤                          │


│  13日 │火 │     │厚  生 │                          │


├─────┼──┤     ├─────┤                          │


│  14日 │水 │     │建設経済 │                          │


├─────┼──┤     ├─────┤                          │


│  15日 │木 │     │     │                          │


├─────┼──┤     │     │                          │


│  16日 │金 │     │     │                          │


├─────┼──┤     │     │                          │


│  17日 │〇土│     │     │                          │


├─────┼──┤     │     │                          │


│  18日 │〇日│     │     │                          │


├─────┼──┤     │     │                          │


│  19日 │月 │     │     │                          │


├─────┼──┤     │     │                          │


│  20日 │火 │     │     │                          │


├─────┼──┼─────┼─────┼──────────────────────────┤


│12月21日 │水 │開  議 │     │1.平成17年度各会計補正予算及び関連議案採決    │


│     │  │午前10時 │     │2.人件議案の件                  │


│     │  │     │     │3.請願の件                    │


└─────┴──┴─────┴─────┴──────────────────────────┘





                                (開議10時05分)


○議長(田丸 雅美 君)


 どなたもおはようございます。


 議員定数23名のうち、ただいま出席議員は23名であります。よって、本会議は成立いたしました。


 これより平成17年第6回田川市議会12月定例会を開会いたします。


 これより会議に入ります。


 本日の議事日程は、お手元配付のとおりであります。御了承願います。


 日程第1「会期の決定」を議題といたします。


 お諮りいたします。会期は本日から12月21日までの22日間といたしたいと思いますが、これに御異議ございませんか。  (「異議なし」の声あり)


 御異議なしと認めます。よって、会期は本日から12月21日までの22日間と決定いたしました。


 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


 なお、会期中の会議予定につきましては、お手元配付の会期表のとおりでありますので御了承願います。


 次に移ります。


 日程第2「会議録署名議員の指名」を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第79条の規定により、議長において、小林義憲議員、末光広美議員を指名いたします。


 次に、ここで「諸般の報告」をいたします。


 まず、市長からお手元配付のとおり、報告事項第10号「市長専決処分の報告について」の報告があっております。


 次に、監査委員からお手元配付のとおり、一般会計、特別会計及び企業会計につきまして、それぞれ各月分の例月出納検査結果報告があっておりますので御了承願います。


 以上で「諸般の報告」を終わります。


 次に移ります。


 日程第3報告第5号「市長専決処分の報告並びに承認を求めることについて」を議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。  (「議長」と呼ぶ声あり) 助役。


○助役(中須賀 達穂 君)


 おはようございます。それでは提案理由について御説明申し上げます。


 日程第3報告第5号「市長専決処分の報告並びに承認を求めることについて」御説明申し上げます。


 本案は、9月6日の台風14号の被害に伴う公共施設等の災害復旧費及びアスベストの分析調査の執行のため、早急に所要経費を補正する必要が生じましたが、議会を招集するいとまがなかったため、10月17日付をもって、地方自治法第179条第1項の規定に基づき専決処分をしましたので、これを報告し、その承認を求めるものであります。


 よろしく御審議の上、御承認くださいますようお願い申し上げます。


○議長(田丸 雅美 君)


 ただいま提案理由の説明が終わりました。このことについて質疑の通告はありません。


 ほかに質疑はありませんか。  (「なし」の声あり)


 質疑がないようでありますので、これより採決いたします。


 報告第5号は、これを承認することに御異議ございませんか。


 (「異議なし」の声あり)


 御異議なしと認めます。よって、報告第5号「市長専決処分の報告並びに承認を求めることについて」は、これを承認することに決しました。


 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


 次に移ります。


 日程第4報告第6号「市長専決処分の報告並びに承認を求めることについて」を議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。  (「議長」と呼ぶ声あり) 助役。


○助役(中須賀 達穂 君)


 日程第4報告第6号「市長専決処分の報告並びに承認を求めることについて」御説明申し上げます。


 本案は、8月4日に未成年者の放火により城山団地集会所が半焼いたしました。


 その復旧工事に当たり、保護責任者の賠償責任能力が乏しく、建物を早急に復旧するため、保護責任者への損害賠償請求権を放棄する必要が生じましたが、議会を招集するいとまがなかったため、10月26日付をもって、地方自治法第179条第1項の規定に基づき専決処分をしましたので、これを報告し、その承認を求めるものであります。


 よろしく御審議の上、御承認くださいますようお願い申し上げます。


○議長(田丸 雅美 君)


 ただいま提案理由の説明が終わりました。このことについて質疑の通告はありません。


 ほかに質疑はありませんか。  (「なし」の声あり)


 質疑がないようでありますので、これより採決いたします。


 報告第6号は、これを承認することに御異議ございませんか。


 (「異議なし」の声あり)


 御異議なしと認めます。よって、報告第6号「市長専決処分の報告並びに承認を求めることについて」は、これを承認することに決しました。


 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


 日程第5議案第72号「田川市職員の給与に関する条例等の一部改正について」及び日程第6議案第73号「田川市議会の議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正について」を一括議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。  (「議長」と呼ぶ声あり) 助役。


○助役(中須賀 達穂 君)


 日程第5議案第72号「田川市職員の給与に関する条例等の一部改正について」及び日程第6議案第73号「田川市議会の議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正について」一括して御説明申し上げます。


 この2議案は、本年の人事院給与勧告を勘案し、関係条例について所要の改正を行おうとするものであります。


 まず、議案第72号は、国家公務員及び他の地方公共団体の職員の給与改定状況を勘案し、三役、教育長及び一般職職員の給与を改定しようとするものであります。


 改正の主な内容は、まず一般職職員において、第1に、本年12月1日から給料月額を0.3%引き下げるとともに、配偶者に係る扶養手当の支給月額を500円引き下げること、第2に、勤勉手当の支給月数を年間0.05月分引き上げること、第3に、本年4月から11月までの期間に係る官民給与格差相当分を解消するため、給与の調整措置を実施することであります。


 また、三役及び教育長においても、人事院給与勧告の改定に準じ、期末手当の支給月数を年間0.05月分引き上げることといたしております。


 次に、議案第73号は、議員の期末手当について、人事院給与勧告の改定に準じ、期末手当の支給月数を年間0.05月分引き上げることといたしております。


 よろしく御審議の上、御賛同くださいますようお願い申し上げます。


○議長(田丸 雅美 君)


 ただいま提案理由の説明が終わりました。このことについて質疑の通告はありません。


 ほかに質疑はありませんか。  (「なし」の声あり)


 質疑がないようでありますので、次に移ります。


 日程第7議案第60号「平成17年度田川市一般会計補正予算」から日程第12議案第65号「平成17年度田川市立病院事業会計補正予算」までの各議案を一括議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。  (「議長」と呼ぶ声あり) 助役。


○助役(中須賀 達穂 君)


 日程第7議案第60号から日程第12議案第65号までの「平成17年度補正予算」の概要を一括して御説明申し上げます。


 今回の補正予算は、各会計とも人件費全般における調整をいたしております。


 主な内容といたしましては、人事院給与勧告に基づき、官民格差を解消させるための給与調整や期末手当、勤勉手当及び扶養手当の改定を行うほか、共済負担率の変更に伴う調整や会計間の移動に伴う整理をいたしております。


 また、時間外勤務手当及び休日勤務手当の整理や勧奨退職者等に対する退職手当の計上もあわせて行っております。


 以上、補正予算の概要を申し上げましたが、よろしく御審議の上、御賛同くださいますようお願い申し上げます。


○議長(田丸 雅美 君)


 ただいま提案理由の説明が終わりました。このことについて質疑の通告はありません。


 ほかに質疑はありませんか。  (「なし」の声あり)


 質疑がないようでありますので、ここで、「議案の委員会付託」を行います。


 ただいま提案されました各議案につきましては、お手元配付の「議案委員会付託表」のとおり、それぞれ所管の常任委員会に付託いたしますので、休憩時間中に十分審査を願います。御了承願います。


 これより暫時休憩をいたします。再開を10時45分といたします。


                               (休憩10時17分)


                               (再開11時43分)


○議長(田丸 雅美 君)


 再開いたします。


 休憩前に引き続き会議を行います。


 議案第72号「田川市職員の給与に関する条例等の一部改正について」及び議案第73号「田川市議会の議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正について」を一括議題といたします。


 総務文教委員長に一括審査結果の報告を求めます。


 (「議長」と呼ぶ声あり) 総務文教委員長。


○総務文教委員長(小林 義憲 君)


 当委員会に付託を受けました議案第72号「田川市職員の給与に関する条例等の一部改正について」及び議案第73号「田川市議会の議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正について」を一括して審査結果を報告いたします。


 まず、議案第72号では、本年度の人事院給与勧告を勘案し、関係条例について所要の改正をしようとするものであります。


 改正の主な内容につきましては、国家公務員及び他の地方公共団体の職員の給与改定状況を勘案し、三役、教育長及び一般職職員の給与を改定しようとするものであり、一般職職員において、第1に、給料月額を平均で0.3%、諸手当を平均で0.06%、合わせて平均で0.36%を本年12月1日から引き下げることとする。第2に、勤勉手当の支給月数を年間0.05月分引き上げることとする。第3に、本年4月から11月までの期間に係る官民給与格差相当分を解消するため、給与の調整措置を実施することなどであります。


 また、三役及び教育長についても、人事院給与勧告の期末手当の改定に準じ、支給月数を年間0.05月分引き上げることとされております。


 次に、議案第73号では、三役等と同様に市議会議員の期末手当の支給割合を人事院給与勧告の期末手当の改定に準じて0.05月分引き上げようとするものであります。


 委員会では、まず議案第72号において、給与の調整措置不利益不遡及の原則の考え方について、官民給与格差の調整措置という言葉を使ってはいるものの、実質的には遡及して減額するものであること、また、本市の厳しい経済状況の中、個人消費の低下にもつながり、地域経済にダメージを与えることが懸念されることなどの理由から、今回の条例改正については反対するとの一部意見があっております。


 次に、議案第73号においては、職員給与が減額になることや、本市の厳しい財政状況等を勘案すると、整合性が見られないことなどの理由から、今回の改正については反対するとの一部意見があっております。


 以上、当委員会に付託を受けました議案第72号「田川市職員の給与に関する条例等の一部改正について」及び議案第73号「田川市議会の議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正について」は、ただいま御説明いたしましたように、一部の反対の意見があり、採決の結果、賛成多数により原案のとおり可決した次第であります。以上で報告を終わります。


○議長(田丸 雅美 君)


 ただいま総務文教委員長の審査結果の報告が終わりました。


 これに質疑はありませんか。  (「なし」の声あり)


 質疑がないようでありますので、これより討論の通告があっておりますので、発言を許します。  (「議長」と呼ぶ声あり) 佐藤俊一議員。


○議員(佐藤 俊一 君)


 皆様、おはようございます。日本共産党市会議員団を代表いたしまして、議案に対する討論を行います。


 今年8月、人事院は、2005年度の国家公務員一般職給与行政職について、官民格差を是正するため、基本給を一律で平均0.36%の引き下げ勧告を行いました。


 さらに、来年度以降の改定として、地域手当を新設する、中高齢者の基本給水準をさらに引き下げ、年功序列型の給与制度を是正する、勤務実績を昇給、ボーナスに反映させる制度を導入するなどの勧告を行いました。この勧告に基づいて伊藤市長が議案第72号ほか関連議案を提出したもので、そのうち、今年度分の給与改定は、具体的には今年度の一般職員の給与、手当を含めて月額0.3%引き下げ、期末勤勉手当を00.5月分引き上げ、行政職の平均モデルでは、年間1人当たり3千円の引き下げで、全会計で約430万円を減額するものであります。


 これらの議案に反対する理由は、第1に、この勧告そのものが人事院勧告制度の役割を放棄しているということです。言うまでもなく、人事院勧告は、公務員労働者の労働基本権を奪っている代替措置として労働者の利益を守る役割を持っています。すなわち、人事院は公務員労働者の労働基本権の代償機関であり、市との関係では、労働者、労働組合の代理人としての役割を負う組織であります。マイナス勧告が労働者の要求と意見に背を向け、利益を損ねていることは明らかであります。


 労働者の利益を守る、本来の役割を果たす改善勧告ができないのであれば、勧告などする必要はないのであって、労使の交渉にゆだねるのが筋ではないかと考えます。


 市長は、改善にならない勧告をする人事院に対し、市の仕事を日々担う職員の顔を目に浮かべ、改善勧告となるよう勧告をすべきではないかと考えます。一昨年の手当削減議案の際にも、同僚の岡田議員も指摘しましたが、働く者に不利益を押しつける勧告は、国際的に見ても正当性を持っているとは言えません。


 反対の第2の理由は、不利益不遡及の原則を平然に踏みにじる点です。そもそも、正常な労使関係を前提にすれば、賃金のマイナス改定はできるだけ避けることが常識であり、仮にマイナス改定が決まったとしても、既に支払った賃金分をはぎ取るような改定などあってはならないと思います。


 ところが、4月にさかのぼって賃下げをするというのですから、最高裁判所の判例として確立した不利益不遡及の原則を破る重大な権利侵害であります。しかも、その違法性をめぐる裁判が進行しているさなかに不利益遡及を繰り返すことは、全くの不当行為と言うほかにはありません。そのことを自覚してか、勧告は遡及することなく、調整措置を講ずるなどとしています。意味不明で子供にすら説明できない言葉遊びで詭弁を弄する姿は、独立した機関としての役割放棄の居直りとしか言いようがありません。


 反対の第3の理由は、この削減が市職員の暮らしを直撃するだけではなく、市民の暮らしの悪化、地域経済の悪化にもつながる点です。小泉内閣は、総選挙前までに定率減税の半減、配偶者特別控除、老年者控除など、各種控除の縮小、廃止、個人事業者に対する消費税免税点の引き下げなどで、国民に対して、合計3兆5千億円もの大規模負担を強いています。


 その一方で、2兆2千億円の大企業減税を実施しておきながら、郵政民営化一本だった総選挙が終わると、大企業減税には手をつけないまま庶民大増税と医療改悪を初めとした社会保障大改悪に手をつけようとしています。国によるこうした悪政が国民の消費購買力を低め、家庭消費の低迷という長期不況の最大の原因をつくっていることは明らかです。こうしたときに、民間労働者の賃下げにつながりかねない今回の勧告は実施すべきではありません。


 反対の第4の理由は、今議会の議案が、単に今年度にとどまるものではないという点です。そもそも勧告が来年度からの給与改定にも触れているように、いわゆる構造改革を国民に無理やり押しつける手段として利用されているのではないかと考えます。


 構造改革の考え方に共通するのは、国民の中に対立をつくり、分断を図ることであります。公務員労働者と民間労働者、労働者と自営業者、働く女性と専業主婦など、意図的に対立をつくり、暮らしを壊す政治に反対する勢力や運動を、既得権益を守るための利己的行動と描いて攻撃することが常套手段となっています。


 小さな政府のかけ声で進められている公務員攻撃のねらいも、住民サービスの切り捨てとともに民間労働者との賃下げ競争を加速させること。さらに、大増税への地ならしであることが重大な問題です。それは、財界の意向を国家政策に貫徹させる役割を担っている経済財政諮問会議のメンバーである日本経団連の奥田会長の言葉でも明らかであります。すなわち、奥田氏は、歳出カットの目玉として公務員の問題が残っている、それに早く手をつけ、歳出削減の余地がなくなれば、消費税に手をつけなければいけないと述べております。公務員の人件費削減と消費税増税がセットであることをあけすけに語っております。


 今回の勧告は、総人件費削減、成果主義を強調する、こうした経済財政諮問会議の動きを先取りする役割を果たしており、この点でも、本来の役割を放棄していると言わざるを得ません。


 私は、市長が市民との協働ということをよく聞きますが、こういうふうな言葉を言うのであれば、文字どおりパートナーとして公務に携わる市職員の立場に立ち、公務員労働者攻撃の本質を明らかにして、反撃をする立場に立つべきではないかと考えます。


 以上の理由から、議案第72号など関連議案への反対討論とします。


 議案第73号は、人事院勧告に基づいて市職員にはマイナスの給与改定を行いながら、特別職、特に議員だけは増額の改定を行うということについて、日本共産党市会議員団として認めることはできませんので反対を表明して、討論を終わります。


○議長(田丸 雅美 君)


 以上で通告による討論を終結いたします。


 ほかに討論はありませんか。  (「なし」の声あり)


 討論がないようでありますので、これより採決いたします。


 議案第72号の採決の方法につきましては起立により行います。


 議案第72号に対する委員長の報告は原案可決であります。本案は、委員長報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。  (賛成者起立)


 起立多数であります。よって、議案第72号「田川市職員の給与に関する条例等の一部改正について」は、原案のとおり可決されました。


 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


 次に移ります。


 議案第73号に対する委員長の報告は原案可決であります。本案は、委員長報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。  (賛成者起立)


 起立多数であります。よって、議案第73号「田川市議会の議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正について」は、原案のとおり可決されました。


 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


 次に移ります。


 議案第60号「平成17年度田川市一般会計補正予算」を議題といたします。


 総務文教委員長に審査結果の報告を求めます。


 (「議長」と呼ぶ声あり) 総務文教委員長。


○総務文教委員長(小林 義憲 君)


 当委員会に付託を受けました議案第60号「平成17年度田川市一般会計補正予算」につきまして審査結果を報告いたします。


 今回の補正は、議案第72号及び議案第73号で報告いたしましたように、平成17年度人事院給与勧告に基づく給与改定などを初め、共済負担率の変更に伴う調整や会計間の移動に伴う整理、また、時間外勤務手当及び休日勤務手当の整理や勧奨退職等に対する退職金手当の計上を主な内容として編成されております。


 この結果、補正額は1億7,150万3千円の増額となり、議決予算額と合わせますと、総額274億2,154万3千円となっております。


 また、これに対する歳入財源につきましては、普通交付税で2,733万7千円、繰入金1億4,416万6千円を増額して収支の均衡が図られております。


 本案につきましては、議案第72号「田川市職員の給与に関する条例等の一部改正」及び議案第73号「田川市議会の議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正」に関連する補正予算が主なものであることから、先ほど御説明しましたように、一部反対の意見があり、採決の結果、賛成多数により原案のとおり可決すべきと決した次第であります。以上で報告を終わります。


○議長(田丸 雅美 君)


 ただいま総務文教委員長の審査結果の報告が終わりました。


 これに質疑はありませんか。  (「なし」の声あり)


 質疑がないようでありますので、これより採決いたします。


 採決の方法につきましては起立により行います。


 議案第60号に対する委員長の報告は原案可決であります。本案は、委員長報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。  (賛成者起立)


 起立多数であります。よって、議案第60号「平成17年度田川市一般会計補正予算」は、原案のとおり可決されました。


 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


 次に移ります。


 議案第61号「平成17年度田川市国民健康保険特別会計補正予算」及び議案第62号「平成17年度田川市老人保健特別会計補正予算」を一括議題といたします。


 建設経済委員長に審査結果の報告を求めます。


(「議長」と呼ぶ声あり) 建設経済委員長。


○建設経済委員長(岡田 啓助 君)


 当委員会に付託を受けました議案第61号「平成17年度田川市国民健康保険特別会計補正予算」及び議案第62号「平成17年度田川市老人保健特別会計補正予算」の2議案について、一括して審査結果を報告します。


 今回の補正は、さきの総務文教委員長の報告にもありましたように、人事院勧告に基づく職員給与の改定や人件費の整理であります。


 その結果、議案第61号では、歳入歳出それぞれ369万8千円が増額され、議案第62号では、歳入歳出それぞれ7万1千円が減額されています。


 委員会としては、予算的には異議なく了承しましたが、不利益遡及の恒常化には問題がある。官民格差の解消との説明は矛盾がある。


 この地域での官民格差は0.36%くらいのものではないはず。人勧実施の立場で説明をすべきだとの意見があっております。


 以上、当委員会に付託を受けました、平成17年度田川市国民健康保険特別会計補正予算及び平成17年度田川市老人保健特別会計補正予算の2議案につきましては、審査の結果、原案のとおり可決すべきものと決した次第であります。以上で報告を終わります。


○議長(田丸 雅美 君)


 ただいま建設経済委員長の審査結果の報告が終わりました。


 これに質疑はありませんか。  (「なし」の声あり)


 質疑がないようでありますので、これより採決いたします。


 採決の方法につきましては起立により行います。


 議案第61号に対する委員長の報告は原案可決であります。本案は、委員長報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。  (賛成者起立)


 起立多数であります。よって、議案第61号「平成17年度田川市国民健康保険特別会計補正予算」は、原案のとおり可決されました。


 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


 次に、議案第62号の採決を行います。


 採決の方法につきましては起立により行います。


 議案第62号に対する委員長の報告は原案可決であります。本案は、委員長報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。  (賛成者起立)


 起立多数であります。よって、議案第62号「平成17年度田川市老人保健特別会計補正予算」は、原案のとおり可決されました。


 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


 次に移ります。


 議案第63号「平成17年度田川市住宅新築資金等貸付特別会計補正予算」を議題といたします。


 厚生委員長に審査結果の報告を求めます。


 (「議長」と呼ぶ声あり) 厚生委員長。


○厚生委員長(加藤 秀彦 君)


 当委員会に付託を受けました議案第63号「平成17年度田川市住宅新築資金等貸付特別会計補正予算」につきまして審査結果を報告いたします。


 今回の補正では、歳入歳出それぞれ580万2千円が減額され、予算総額は1億7,649万6千円となっております。


 補正内容といたしましては、総務文教委員長の報告にもありましたように、人事院給与勧告に基づく給与改定及び職員の事務分担の変更による人件費の減により、歳出において、総務管理費で580万2千円を減額いたしております。


 一方、これに見合う歳入につきましては、住宅新築資金貸付回収金を減額して収支の均衡を図っております。


 以上が補正予算の内容でございますが、予算的には別段異議なく了承いたしております。


 以上、当委員会に付託を受けました議案第63号「平成17年度田川市住宅新築資金等貸付特別会計補正予算」につきまして、原案のとおり可決すべきものと決した次第であります。以上で報告を終わります。


○議長(田丸 雅美 君)


 ただいま厚生委員長の審査結果の報告が終わりました。


 これに質疑はありませんか。  (「なし」の声あり)


 質疑がないようでありますので、これより採決いたします。


 採決の方法につきましては起立により行います。


 議案第63号に対する委員長の報告は原案可決であります。本案は委員長報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。  (賛成者起立)


 起立多数であります。よって、議案第63号「平成17年度田川市住宅新築資金等貸付特別会計補正予算」は、原案のとおり可決されました。


 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


 次に移ります。


 議案第64号「平成17年度田川市水道事業会計補正予算」を議題といたします。


 建設経済委員長に審査結果の報告を求めます。


 (「議長」と呼ぶ声あり) 建設経済委員長。


○建設経済委員長(岡田 啓助 君)


 当委員会に付託を受けました議案第64号「平成17年度田川市水道事業会計補正予算」につきまして審査結果を報告いたします。


 今回の補正は、人事院勧告に基づく職員の給与改定や人件費の整理であります。収益的支出で166万4千円、資本的支出で183万6千円がそれぞれ減額されています。


 当委員会としましては、予算的には異議なく了承しています。さきの議案第61号、議案第62号で意見が出されたことを報告しましたが、この予算にも共通する意見だと考えています。


 以上、当委員会に付託を受けました、平成17年度田川市水道事業会計補正予算につきましては、審査の結果、原案のとおり可決すべきものと決した次第であります。以上で報告を終わります。


○議長(田丸 雅美 君)


 ただいま建設経済委員長の審査結果の報告が終わりました。


 これに質疑はありませんか。  (「なし」の声あり)


 質疑がないようでありますので、これより採決いたします。


 採決の方法につきましては起立により行います。


 議案第64号に対する委員長の報告は原案可決であります。本案は委員長報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。  (賛成者起立)


 起立多数であります。よって、議案第64号「平成17年度田川市水道事業会計補正予算」は、原案のとおり可決されました。


 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


 次に移ります。


 議案第65号「平成17年度田川市立病院事業会計補正予算」を議題といたします。


 厚生委員長に審査結果の報告を求めます。


 (「議長」と呼ぶ声あり) 厚生委員長。


○厚生委員長(加藤 秀彦 君)


 当委員会に付託を受けました議案第65号「平成17年度田川市立病院事業会計補正予算」につきまして審査結果を報告いたします。


 今回の補正では、収益的支出において5,469万2千円を増額いたしております。


 この結果、収入総額67億1,608万8千円に対し、支出総額69億7,078万3千円となり、差し引き2億5,469万5千円の収支の不足が見込まれます。


 補正内容といたしましては、人事院給与勧告に基づく給与改定による人件費5,020万6千円の減額及び勧奨による退職者数が確定したことによる退職給与金1億489万8千円の増額をいたしております。


 以上が補正予算の内容でございますが、予算的には別段異議なく了承いたしております。


 以上、当委員会に付託を受けました議案第65号「平成17年度田川市立病院事業会計補正予算」につきまして、原案のとおり可決すべきものと決した次第であります。以上で報告を終わります。


○議長(田丸 雅美 君)


 ただいま厚生委員長の審査結果の報告が終わりました。


 これに質疑はありませんか。  (「なし」の声あり)


 質疑がないようでありますので、これより採決いたします。


 採決の方法につきましては起立により行います。


 議案第65号に対する委員長の報告は原案可決であります。本案は委員長報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。  (賛成者起立)


 起立多数であります。よって、議案第65号「平成17年度田川市立病院事業会計補正予算」は、原案のとおり可決されました。


 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


 次に移ります。


 日程第13議案第74号「田川市消毒手数料条例の廃止について」を議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。  (「議長」と呼ぶ声あり) 助役。


○助役(中須賀 達穂 君)


 日程第13議案第74号「田川市消毒手数料条例の廃止について」御説明申し上げます。


 本条例は、消毒手数料に関する事項を定めた条例でありますが、消毒に関する業務は福岡県が主体となっており、本市においても消毒の実態がないことから、条例の廃止を適当と認めたため、条例の廃止をしようとするものであります。


 よろしく御審議の上、御賛同くださいますようお願い申し上げます。


○議長(田丸 雅美 君)


 ただいま提案理由の説明が終わりました。このことについて質疑の通告はありません。


 ほかに質疑はありませんか。  (「なし」の声あり)


 質疑がないようでありますので、次に移ります。


 日程第14議案第75号「田川市保健センターの設置及び管理に関する条例の全部改正について」を議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。  (「議長」と呼ぶ声あり) 助役。


○助役(中須賀 達穂 君)


 日程第14議案第75号「田川市保健センターの設置及び管理に関する条例の全部改正について」御説明申し上げます。


 本案は、田川市保健センターの貸館業務がないこと、及び同条例で規定している使用料は、健康増進教室参加に伴う負担金であること等から、実態に即したものとするため、所要の規定整備をしようとするものであります。


 よろしく御審議の上、御賛同くださいますようお願い申し上げます。


○議長(田丸 雅美 君)


 ただいま提案理由の説明が終わりました。このことについて質疑の通告はありません。


 ほかに質疑はありませんか。  (「なし」の声あり)


 質疑がないようでありますので、次に移ります。


 日程第15議案第76号「田川地区休日救急医療センターの設置及び管理に関する条例の一部改正について」を議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。  (「議長」と呼ぶ声あり) 助役。


○助役(中須賀 達穂 君)


 日程第15議案第76号「田川地区休日救急医療センターの設置及び管理に関する条例の一部改正について」御説明申し上げます。


 本案は、田川地区休日救急医療センターの改築移転に伴い、同センターの所在地を変更するに当たり、所要の改正をしようとするものであります。


 よろしく御審議の上、御賛同くださいますようお願い申し上げます。


○議長(田丸 雅美 君)


 ただいま提案理由の説明が終わりました。このことについて質疑の通告はありません。


 ほかに質疑はありませんか。  (「なし」の声あり)


 質疑がないようでありますので、次に移ります。


 日程第16議案第77号「福岡県自治振興組合を組織する市町村数の増減について」から日程第31議案第92号「福岡県介護保険広域連合からの嘉穂郡筑穂町、同郡穂波町、同郡庄内町及び同郡頴田町の脱退に伴う財産処分について」までの各議案を一括議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。  (「議長」と呼ぶ声あり) 助役。


○助役(中須賀 達穂 君)


 日程第16議案第77号から日程第31議案第92号までを一括して御説明申し上げます。


 この16議案については、福岡県内の市町村の合併に伴い、本市が加入する一部事務組合等を組織する市町村数の増減及び規約の変更並びに事務の委託等について提案した次第であります。


 まず、議案第77号及び議案第78号については、新吉富村及び大平村を廃止し、上毛町の設置に伴い、福岡県自治振興組合及び福岡県市町村災害共済基金組合を組織する市町村数を、ともに85から84にするに当たり、地方自治法第290条の規定により市議会の議決を求めるものであります。


 次に、議案第79号から議案第82号までは、平成18年3月6日から金田町、赤池町及び方城町を廃止し、福智町の設置に伴い、本市が加入する田川地区の一部事務組合を組織する市町村数の増減及び規約の変更をするに当たり、市町村の合併の特例に関する法律第9条の2第2項において準用する地方自治法第290条の規定により市議会の議決を求めるものであります。


 その内容といたしまして、議案第79号は、田川地区水道企業団から、金田町及び赤池町を脱退させ、福智町を加入させ、同企業団議員の定数を11人から9人に変更するものであります。


 議案第80号及び議案第81号は、福岡県田川地区消防組合及び田川地区斎場組合から、金田町、赤池町及び方城町を脱退させ、福智町を加入させるとともに、両組合議員の定数を23人から19人に変更するものであります。


 議案第82号は、田川地区清掃施設組合から、金田町、赤池町及び方城町を脱退させ、福智町を加入させるとともに、同組合の副組合長の数を5人から3人に変更し、関係町の負担金の負担割合を変更するものであります。


 次に、議案第83号から議案第86号までは、金田町、赤池町及び方城町の田川地区休日救急医療センターの事務の委託を廃止し、福智町の同センターの事務を受託するに当たり、地方自治法第252条の14第3項において準用する同法第252条の2第3項の規定により市議会の議決を求めるものであります。


 次に、議案第87号から議案第92号までは、福岡県介護保険広域連合を組織する市町村数の増減及び規約の変更並びに同広域連合から脱退する町の財産処分を定めるに当たり、市町村の合併の特例に関する法律、第9条の2第2項または地方自治法第291の13において準用する同法第291条の11の規定により市議会の議決を求めるものであります。


 その内容といたしまして、議案第87号は、平成18年2月11日から、宮田町及び若宮町を脱退させ、宮若市を加入させるとともに、広域連合議員の定数を58人から57人に変更するものであります。


 議案第88号は、平成18年3月6日から金田町、赤池町及び方城町を脱退させ、福智町を加入させるとともに、広域連合議員の定数を57人から55人に変更するものであります。


 議案第89号は、平成18年3月20日から杷木町、朝倉町、犀川町及び勝山町を脱退させるとともに、広域連合議員の定数を55人から51人に変更し、京都支部の廃止に伴い、副広域連合長を12人から11人に変更するものであります。


 議案第90号は、平成18年3月26日から筑穂町、穂波町、庄内町及び頴田町を脱退させるとともに、広域連合議員の定数を51人から47人に変更するものであります。


 議案第91号は、平成18年3月27日から山田市、稲築町、碓井町及び嘉穂町を脱退させ、広域連合議員の定数を47人から43人に変更するものであります。


 議案第92号は、筑穂町、穂波町、庄内町及び頴田町の脱退に伴い、福岡県介護保険財政安定化基金からの貸付金の財産処分を別紙のとおり定めるものであります。


 以上、概要を御説明申し上げましたが、よろしく御審議の上、御賛同くださいますようお願い申し上げます。


○議長(田丸 雅美 君)


 ただいま提案理由の説明が終わりました。このことについて質疑の通告はありません。


 ほかに質疑はありませんか。  (「議長」と呼ぶ声あり) 佐藤俊一議員。


○議員(佐藤 俊一 君)


 ほとんどの議案は合併に関する問題ですけど、1つだけ、第79号「田川地区水道企業団を組織する市町数の増減及び田川地区水道企業団規約の変更について」ということについてちょっと質疑したいんですけど、赤池町、方城町、金田町が脱退して福智町としてもう一回加入をするという議案だという説明だったと思うんですけど、少し、ただ単に1つの町が加入するという問題だけにとどまらなくて、例えば水道企業団で伊良原ダムの今建設を進めていこうという中でですね、方城町は、たしかこれには入ってなかったと思うんですね。こういう問題とか結構はらんでいるので、ただ単に1つの町が新しく入るというわけには、ほかの議案とは違ってですね、減ったりふえたりという問題じゃないと思いますので、私は伊良原ダムを建設促進という立場じゃありませんが、この辺でいろいろと矛盾も出てこようかと思いますので、この辺の問題点の整理とかいうのがあればお尋ねしたいと思います。  (「議長」と呼ぶ声あり)


○議長(田丸 雅美 君) 水道事業企業理事。


○水道事業企業理事(下川  勲 君)


 佐藤議員の御質問にお答えさせていただきます。


 本件については、今、佐藤議員がおっしゃいましたように、田川市、川崎町、糸田町、赤池町という1市4町で田川地区水道企業団は構成されております。


 本件の伊良原ダムの問題につきましては、1市4町で2万5,700トンの量を確保するという前提のもとで伊良原ダムに参画しているわけですが、この量については、いわゆる構成市町村が変わろうといえど、2万5,700トンは変わっておりません。


 現時、まだ具体的にその広域の話については、方城町の水道施設をどうするということは、今後の問題でございますが、合併が発足以後においてはですね、水道施設の再構築、水源の2万5,700トンそのものは変わっておりませんので、現時、福智町の構成する赤池町、それから、金田町においては5,500トンの開発量でございますので、方城町が入っても、この5,500トンは変わることがございません。


 したがいまして、負担割合等々については、現在のところ変わる様相はございません。以上です。  (「議長」と呼ぶ声あり)


○議長(田丸 雅美 君) 佐藤俊一議員。


○議員(佐藤 俊一 君)


 あんまり言うと、所管の委員会がありますので、ただ一つだけ聞きたいんですけど、建設費用ですね、伊良原ダムを建設していく中に、例えば田川市とほかのところは水道企業団から導水管等ありますけど、方城町のそういう整備に、もしお金が要るとしたらですね、そのときは、その町で負担をふやすということで、全体で考えるということにならないんでしょうかね。それだけ、心配がありますのでお願いします。


 (「議長」と呼ぶ声あり)


○議長(田丸 雅美 君) 水道事業企業理事。


○水道事業企業理事(下川  勲 君)


 負担の関係でございますが、現時、開発費については585億、これは現時でも変わってございません。


 したがいまして、この負担の問題については、田川地域が2万5,700トンでございまして、その水量アロケーションのもとで開発費が決まっておりますので、先ほど申しましたように、5,500トンの量に対する負担金でございますので、その額については、現時の段階、変わる様相はございません。  (「議長」と呼ぶ声あり)


○議長(田丸 雅美 君) 佐藤俊一議員。


○議員(佐藤 俊一 君)


 後、関連の建設経済委員会もあると思いますし、でもちょっと深めていただきたいのとですね、今、前で小林委員長さんが、これ総務文教委員会にかかるということでしたので、委員会の中でもっと詳しくやりたいと思います。


○議長(田丸 雅美 君)


 ほかに質疑はありませんか。  (「なし」の声あり)


 質疑がないようでありますので、次に移ります。


 日程第32議案第93号「市道路線の認定について」を議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。  (「議長」と呼ぶ声あり) 助役。


○助役(中須賀 達穂 君)


日程第32議案第93号「市道路線の認定について」御説明申し上げます。


 本案は、田川市が寄附採納を受けた平岡団地5号線ほか1路線、総延長123.4メートルを市道路線として認定するに当たり、道路法第8条第2項の規定により提案した次第であります。


 よろしく御審議の上、御賛同くださいますようお願い申し上げます。


○議長(田丸 雅美 君)


 ただいま提案理由の説明が終わりました。このことについて質疑の通告はありません。


 ほかに質疑はありませんか。  (「なし」の声あり)


 質疑がないようでありますので、ここで「議案の委員会付託」を行います。


 ただいま提案されました各議案につきましては、お手元配付の「議案委員会付託表」のとおり、それぞれ所管の常任委員会に付託いたしますので、休会中、十分審査を願います。御了承願います。


 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


 次に移ります。


 日程第33「請願の取り下げについて」を議題といたします。


 本請願につきましては、提出者からお手元配付のとおり、請願の取り下げ願いの申し出があっておりますので、会議規則第18条第1項の規定により、これを承認することに御異議ございませんか。  (「異議なし」の声あり)


 御異議なしと認めます。よって、「請願の取り下げについて」は、これを承認することに決しました。


 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


 日程第34「請願の件」を議題といたします。


 閉会中における請願の審査結果につきましては、各委員長の報告を省略し、お手元配付の「請願審査結果表」のとおり決することに御異議ございませんか。


 (「異議なし」の声あり)


 御異議なしと認めます。よって、閉会中における請願の審査結果につきましては、「請願審査結果表」のとおり決しました。


 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


 以上で本日の議事日程はすべて終了いたしました。


 本日はこれにて散会いたします。大変御苦労さまでした。


                                (散会12時36分)





                 議案委員会付託表(その1)





                               平成17年11月30日


                               12月(第6回)定例会


┌────────┬─────────────────────────────┬──────┐


│ 議案番号   │件     名                      │付託委員会 │


├────────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議案第60号  │平成17年度田川市一般会計補正予算            │総務文教  │


├────────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議案第61号  │平成17年度田川市国民健康保険特別会計補正予算      │建設経済  │


├────────┼─────────────────────────────┤      │


│議案第62号  │平成17年度田川市老人保健特別会計補正予算        │      │


├────────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議案第63号  │平成17年度田川市住宅新築資金等貸付特別会計補正予算   │厚  生  │


├────────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議案第64号  │平成17年度田川市水道事業会計補正予算          │建設経済  │


├────────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議案第65号  │平成17年度田川市立病院事業会計補正予算         │厚  生  │


├────────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議案第72号  │田川市職員の給与に関する条例等の一部改正について     │総務文教  │


├────────┼─────────────────────────────┤      │


│議案第73号  │田川市議会の議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正│      │


│        │について                         │      │


└────────┴─────────────────────────────┴──────┘








                議案委員会付託表(その2)





                               平成17年11月30日


                               12月(第6回)定例会


┌────────┬─────────────────────────────┬──────┐


│ 議案番号   │件     名                      │付託委員会 │


├────────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議案第74号  │田川市消毒手数料条例の廃止について            │厚  生  │


├────────┼─────────────────────────────┤      │


│議案第75号  │田川市保健センターの設置及び管理に関する条例の全部改正につ│      │


│        │いて                           │      │


├────────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議案第76号  │田川地区休日救急医療センターの設置及び管理に関する条例の一│建設経済  │


│        │部改正について                      │      │


├────────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議案第77号  │福岡県自治振興組合を組織する市町村数の増減について    │総務文教  │


├────────┼─────────────────────────────┤      │


│議案第78号  │福岡県市町村災害共済基金組合を組織する市町村数の増減につい│      │


│        │て                            │      │


├────────┼─────────────────────────────┤      │


│議案第79号  │田川地区水道企業団を組織する市町数の増減及び田川地区水道企│      │


│        │業団規約の変更について                  │      │


├────────┼─────────────────────────────┤      │


│議案第80号  │福岡県田川地区消防組合を組織する地方公共団体の数の増減及び│      │


│        │福岡県田川地区消防組合規約の変更について         │      │


├────────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議案第81号  │田川地区斎場組合を組織する市町村数の増減及び田川地区斎場組│建設経済  │


│        │合規約の変更について                   │      │


├────────┼─────────────────────────────┤      │


│議案第82号  │田川地区清掃施設組合を組織する市町数の増減及び田川地区清掃│      │


│        │施設組合規約の変更について                │      │


├────────┼─────────────────────────────┤      │


│議案第83号  │田川市と金田町の田川地区休日救急医療センターの事務の委託の│      │


│        │廃止について                       │      │


├────────┼─────────────────────────────┤      │


│議案第84号  │田川市と赤池町の田川地区休日救急医療センターの事務の委託の│      │


│        │廃止について                       │      │


├────────┼─────────────────────────────┤      │


│議案第85号  │田川市と方城町の田川地区休日救急医療センターの事務の委託の│      │


│        │廃止について                       │      │


├────────┼─────────────────────────────┤      │


│議案第86号  │田川市と福智町の田川地区休日救急医療センターの事務の委託に│      │


│        │ついて                          │      │


├────────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議案第87号  │福岡県介護保険広域連合を組織する市町村数の増減及び福岡県介│厚  生  │


│        │護保険広域連合規約の変更について             │      │


├────────┼─────────────────────────────┤      │


│議案第88号  │福岡県介護保険広域連合を組織する市町村数の増減及び福岡県介│      │


│        │護保険広域連合規約の変更について             │      │


├────────┼─────────────────────────────┤      │


│議案第89号  │福岡県介護保険広域連合を組織する市町村数の減少及び福岡県介│      │


│        │護保険広域連合規約の変更について             │      │


├────────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議案第90号  │福岡県介護保険広域連合を組織する市町村数の減少及び福岡県介│厚  生  │


│        │護保険広域連合規約の変更について             │      │


├────────┼─────────────────────────────┤      │


│議案第91号  │福岡県介護保険広域連合を組織する市町村数の減少及び福岡県介│      │


│        │護保険広域連合規約の変更について             │      │


├────────┼─────────────────────────────┤      │


│議案第92号  │福岡県介護保険広域連合からの嘉穂郡筑穂町、同郡穂波町、同郡│      │


│        │庄内町及び同郡頴田町の脱退に伴う財産処分について     │      │


├────────┼─────────────────────────────┼──────┤


│議案第93号  │市道路線の認定について                  │建設経済  │


└────────┴─────────────────────────────┴──────┘








                 請願審査結果表


                               平成17年11月30日


                               12月(第6回)定例会


(請 願)


┌───┬──────────────────┬────┬────────┬──────┬──────┐


│番号 │件      名          │付 託 │審査結果    │上 程   │備 考   │


│   │                  │    ├───┬────┤      │      │


│   │                  │委員会 │採否 │措 置 │年月日   │      │


├───┼──────────────────┼────┼───┼────┼──────┼──────┤


│11 │改良住宅の政策家賃制度を守り、公営 │建 経 │継続 │    │H15.9.10  │      │


│   │住宅の低所得の年金生活者等を対象と │    │審査 │    │      │      │


│   │した政策家賃制度、及び不況対策とし │    │   │    │      │      │


│   │ての家賃減額制度の創設に関する請願 │    │   │    │      │      │


├───┼──────────────────┼────┼───┼────┼──────┼──────┤


│24 │介護保険の改善を求める意見書提出に │厚 生 │〃  │    │H16.9.8  │      │


│   │関する請願             │    │   │    │      │      │


├───┼──────────────────┼────┼───┼────┼──────┼──────┤


│33 │建設に働く仲間と地域経済を救うルー │建 経 │   │    │H17.6.16  │取り下げ  │


│   │ルづくりに関する請願        │    │   │    │      │      │


└───┴──────────────────┴────┴───┴────┴──────┴──────┘