議事ロックス -地方議会議事録検索-


福岡県 田川市

平成17年第2回臨時会(第1日 5月19日)




平成17年第2回臨時会(第1日 5月19日)





平成17年 田川市議会臨時会会議録


第2回





 
          平成17年5月19日 午前10時04分開会





出席議員


 議席番号   氏   名      議席番号    氏   名


   1番   末 光 広 美     13番   星 野 一 広


   2番   植 木 康 太     14番   竹 内 徹 夫


   3番   小 林 義 憲     15番   田 丸 雅 美


   4番   陸 田 孝 則     16番   原 口 秋 良


   5番   古 木 英 憲     17番   香 月 隆 一


   6番   白 水 数 人     18番   ? 瀬 富士夫


   7番   石 松 和 幸     19番   笹 山 良 孝


   8番   佐 藤 俊 一     20番   藤 沢   悟


   9番   岡 田 啓 助     21番   北 山 隆 之


  10番   吉 岡 恭 利     22番   ? 瀬 春 美


  11番   加 藤 秀 彦     23番   二 場   武


  12番   雨 矢 紀 一








地方自治法第121条により出席した者     事務局出席職員氏名


 市長          伊 藤 信 勝    局長       安 永 昭 俊


 助役          中須賀 達 穂    局長補佐     平 岡 裕 章


 収入役         松 岡 博 文    事務主査     金 子 正 人


 教育長         柏 木 順 子    主任       河 端   太


 総務部長        柴 田 政 文    主任       松 本 弘 幸


 福祉部長        北 山   透


 経済環境部長      荒 尾   徹


 建設部長        永 岡   勉


 教育部長        古 館 政 次


 市立病院事務局長    川 崎 覚 介


 水道事業企業理事    下 川   勲


 企画課長        山 口 洋 一


 総務情報課長      原 田 孝 則


 企画官         丸 田 宏 幸








       平成17年(第2回)田川市議会5月臨時会議事日程第1号





                        平成17年5月19日午前10時開議





第 1 会期の決定


第 2 会議録署名議員の指名


第 3 報告第2号 市長専決処分の報告並びに承認を求めることについて


    (平成16年度田川市一般会計補正予算)


第 4 報告第3号 市長専決処分の報告並びに承認を求めることについて


    (田川市市税条例の一部改正について)


第 5 議案第32号 平成17年度田川市老人保健特別会計補正予算


    [議案委員会付託]


第 6 議案第33号 田川市監査委員の選任について


第 7 常任委員会委員の選任について


第 8 議会運営委員会委員の選任について








               本日の会議に付した事件





第 1 会期の決定


第 2 会議録署名議員の指名


第 3 報告第2号 市長専決処分の報告並びに承認を求めることについて


    (平成16年度田川市一般会計補正予算)


第 4 報告第3号 市長専決処分の報告並びに承認を求めることについて


    (田川市市税条例の一部改正について)


第 5 議案第32号 平成17年度田川市老人保健特別会計補正予算


    [議案委員会付託]


第 6 議員提出議案第23号「田川市議会委員会条例の一部改正について」


第 7 議長の辞職について


第 8 議長の選挙


第 9 副議長の辞職について


第10 副議長の選挙











                                (開議10時04分)


○議長(末光 広美 君)


 どなたもおはようございます。


 議員定数23名のうち、ただいま出席議員は23名であります。よって、本会議は成立いたしました。


 これより平成17年第2回田川市議会5月臨時会を開会いたします。


 本日の議事日程は、お手元配付のとおりであります。御了承願います。


 日程第1「会期の決定」を議題といたします。


 お諮りいたします。会期は本日1日限りといたしたいと思いますが、これに御異議ございませんか。  (「異議なし」の声あり)


 御異議なしと認めます。よって、会期は本日1日限りと決定いたしました。


 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


 次に移ります。


 日程第2「会議録署名議員の指名」を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第79条の規定により、議長において小林義憲議員、?瀬春美議員を指名いたします。


 次に移ります。


 日程第3報告第2号「市長専決処分の報告並びに承認を求めることについて」を議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。  (「議長」と呼ぶ声あり) 助役。


○助役(中須賀 達穂 君)


 おはようございます。それでは提案理由について御説明申し上げます。


 日程第3報告第2号「市長専決処分の報告並びに承認を求めることについて」御説明申し上げます。


 本案は、改良住宅建設事業において、工事に関する調整に日時を要したことによる繰越明許費の増額及び特定地域開発就労事業債において2億5千万円の財源対策債の追加配分が認められたため、地方債限度額を増額するに当たり、早急に予算を補正する必要が生じましたが、市議会を招集するいとまがなかったため、3月28日付をもって地方自治法第179条第1項の規定に基づき専決処分をしましたので、これを報告し、その承認を求めるものであります。


 よろしく御審議の上、御承認くださいますようお願い申し上げます。


○議長(末光 広美 君)


 ただいま提案理由の説明が終わりました。このことについて質疑の通告はありません。


 ほかに質疑はありませんか。  (「なし」の声あり)


 質疑がないようでありますので、これより採決いたします。


 本案は、承認することに御異議ございませんか。  (「異議なし」の声あり)


 御異議なしと認めます。よって、報告第2号「市長専決処分の報告並びに承認を求めることについて」は、承認することに決しました。


 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


 次に移ります。


 日程第4報告第3号「市長専決処分の報告並びに承認を求めることについて」を議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。  (「議長」と呼ぶ声あり) 助役。


○助役(中須賀 達穂 君)


 日程第4報告第3号「市長専決処分の報告並びに承認を求めることについて」御説明申し上げます。


 本案は、地方税法等の一部を改正する法律が3月25日に公布されたことに伴い、早急に田川市市税条例を改正する必要が生じましたが、議会を招集するいとまがなかったため、3月30日付をもって地方自治法第179条第1項の規定に基づき専決処分をしましたので、これを報告し、その承認を求めるものであります。


 改正の主な内容は、第1に、個人住民税において定率減税を2分の1に縮減、第2に、個人住民税において65歳以上の者のうち前年の所得額が125万円以下の者に対する非課税措置の段階的な廃止、第3に、固定資産税において長期避難指示に係る被災住宅用地に対する特例措置の創設等であります。


 よろしく御審議の上、御承認くださいますようお願い申し上げます。


○議長(末光 広美 君)


 ただいま提案理由の説明が終わりました。このことについて質疑の通告はありません。


 ほかに質疑はありませんか。  (「なし」の声あり)


 質疑がないようでありますので、これより討論に入ります。


 討論の通告があっておりますので発言を許します。


 (「議長」と呼ぶ声あり) 佐藤俊一議員。


○議員(佐藤 俊一 君)


 皆さん、おはようございます。日本共産党市会議員団として報告第3号「田川市市税条例の一部改正について」反対の討論を行います。


 さきの3月定例会で総務文教委員会において、税務課より市長専決処分を行うということで事務報告がありました。市民生活にとって前進面として災害時の特例措置の拡充といったものがありますが、その際の審議で明らかになったことや、税務課作成の資料を見ると専決処分を認めるわけにはいきません。


 その理由として、1つに、政府は97年の消費税増税を契機にした大不況の中で、景気対策として導入された定率減税制度の廃止を目指し、当面は半減させるとしています。来年1月から所得税を、来年6月から住民税の定率減税を半減させるものです。これによって2006年度は個人市民税だけでも中・低所得者の市民へ新たに約6,300万円の負担増となること、また次年度も同様に負担増となる計画もあること。


 2つに、65歳以上の人のうち前年度所得金額が125万円、公的年金等の収入のみの場合であれば収入245万円以下の人に対する非課税措置を2006年度分の個人住民税から段階的に廃止されることになるということです。これによって今年1月1日に65歳であった人の本市の税額を2006年度約1,680人、2007年度約1,610人、2008年度約1,550人に対して総額約7,800万円が増税されること、同時に65歳以上の高齢者が非課税から課税世帯になることにより、国保税や介護保険料の負担増につながることになります。


 政府は99年に定率減税を導入する際、同時に大企業や高額所得者も所得税や住民税の引き下げも行いましたが、今回の半減、廃止に当たっては、大企業や高額所得者は減税されたままで温存されています。非課税者が増え、税収が落ち込んでいるのは、消費不況によって平均賃金が連続で減少し、所得が落ち込み、失業者の増大や倒産などにより課税者が激減している上に、大企業や高額所得者などの最高税率を引き下げてきたからであります。


 小泉内閣と与党は、こうした政治姿勢こそ改めるべきだと考えます。小泉内閣のもとでこれまで実施された増税や国民負担増に加えて、今後、定率減税の半減、廃止などで、これから一層家計消費を冷え込ませ、国民、市民の暮らしと景気に深刻な影響をもたらすことは必至であります。このようなことから、今回の専決処分は広範な市民や高齢者にとっては増税と負担増につながる改正ではなく改悪となるものです。


 よって、報告第3号に対して、日本共産党市会議員団は反対の意思を表明して討論を終わります。


○議長(末光 広美 君)


 以上で通告による討論は終わりました。


 ほかに討論はありませんか。  (「なし」の声あり)


 ほかにないようでありますので、これにて討論を終結いたします。


 これより採決いたします。採決の方法につきましては起立により行います。


 報告第3号はこれを承認することに賛成の議員の起立を求めます。  (賛成者起立)


 起立多数であります。よって、報告第3号「市長専決処分の報告並びに承認を求めることについて」は、これを承認することに決しました。


 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


 次に移ります。


 日程第5議案第32号「平成17年度田川市老人保健特別会計補正予算」を議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。  (「議長」と呼ぶ声あり) 助役。


○助役(中須賀 達穂 君)


 日程第5議案第32号「平成17年度田川市老人保健特別会計補正予算」の概要について御説明申し上げます。


 本案は、平成16年度老人保健特別会計において、国庫負担金の収入額が歳入予算に満たなかったため、歳入決算額が歳出決算額に対し3,449万7千円の不足を生じることとなりました。このため地方自治法施行令第166条の2の規定に基づき、翌年度歳入の繰上充用を行うに当たり、平成17年度老人保健特別会計予算を補正する必要が生じたものであります。


 以上、概要を申し述べましたが、本案につきましては、よろしく御審議の上、御賛同くださいますようお願い申し上げます。


○議長(末光 広美 君)


 ただいま提案理由の説明が終わりました。このことについて質疑の通告はありません。


 ほかに質疑はありませんか。  (「なし」の声あり)


 質疑がないようでありますので、ここで「議案の委員会付託」を行います。


 ただいま提案されました議案第32号につきましては、所管の建設経済委員会に付託いたしますので、休憩時間中に十分審査を願います。御了承願います。


 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


 これより暫時休憩いたします。再開を午前10時50分といたします。


                              (休憩10時18分)


                              (再開11時01分)


○議長(末光 広美 君)


 再開いたします。


 休憩前に引き続き会議を行います。


 議案第32号「平成17年度田川市老人保健特別会計補正予算」を議題といたします。


 建設経済委員長に審査結果の報告を求めます。


  (「議長」と呼ぶ声あり) 建設経済委員長。


○建設経済委員長(岡田 啓助 君)


 当委員会に付託を受けました議案第32号「平成17年度田川市老人保健特別会計補正予算」につきまして審査結果を報告します。


 今回の補正は、平成16年度老人保健特別会計において、歳入決算額が歳出決算額に対し3,449万7千円の不足が生じたため、地方自治法施行令第166条の2の規定に基づき、翌年度歳入の繰上充用を行おうとするものであります。


 執行部の説明では、17年度歳入額を増額補正し、16年度へ繰上充用する必要が生じたのは、国庫負担金の交付金額が満額支給されなかったことによるものです。なお、国庫負担金の交付金額につきましては、年度当初5カ月間の医療費実績のみで推計するため、医療費の確定に伴い歳入過多となった場合は翌年度に返還し、歳入不足となった場合には翌年度に追加交付を受けることとなっているとの報告がありました。


 委員会としては、予算的には異議なく了承し、本案につきましては原案のとおり可決すべきものと決した次第であります。


○議長(末光 広美 君)


 ただいま建設経済委員長の審査結果の報告が終わりました。


 これに質疑はありませんか。  (「なし」の声あり)


 質疑がないようでありますので、これより採決いたします。


 議案第32号に対する委員長の報告は原案可決であります。本案は、委員長報告のとおり決することに御異議ございませんか。  (「異議なし」の声あり)


 御異議なしと認めます。よって、議案第32号「平成17年度田川市老人保健特別会計補正予算」は原案のとおり可決されました。


 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


 これより暫時休憩いたします。再開を午後1時といたします。


                              (休憩11時05分)


                              (再開13時02分)


○議長(末光 広美 君)


 再開いたします。


 休憩前に引き続いて会議を行います。


 休憩時間中、佐藤俊一議員から議員提出議案第23号「田川市議会委員会条例の一部改正について」が提出されました。


 お諮りいたします。この際、議員提出議案第23号を日程に追加し、追加日程第6として議題とすることに御異議ございませんか。  (「異議なし」の声あり)


 御異議なしと認めます。よって、議員提出議案第23号を日程に追加し、追加日程第6として議題とすることに決しました。


 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


 次に移ります。


 日程第6議員提出議案第23号「田川市議会委員会条例の一部改正について」を議題といたします。


 本案につきましては、議会運営委員会において十分審査がなされておりますので、会議規則第36条第2項の規定により、この際、提案理由の説明を省略し、直ちに採決いたしたいと思いますが、これに御異議ございませんか。  (「異議なし」の声あり)


 御異議がないようでありますので、これより採決いたします。


 議員提出議案第23号は、原案のとおり決することに御異議ございませんか。


  (「異議なし」の声あり)


 御異議なしと認めます。よって、議員提出議案第23号「田川市議会委員会条例の一部改正について」は、原案のとおり可決されました。


 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


 これより暫時休憩いたします。再開を午後3時といたします。


                              (休憩13時05分)


                              (再開15時10分)


○副議長(原口 秋良 君)


 再開いたします。


 休憩前に引き続いて会議を行います。


 休憩時間中、末光広美議長から議長の辞職願が提出されました。


 お諮りいたします。この際「議長の辞職について」を日程に追加し、追加日程第7として議題とすることに御異議ございませんか。  (「異議なし」の声あり)


 御異議なしと認めます。よって、「議長の辞職について」を日程に追加し、追加日程第7として議題とすることに決しました。


 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


 日程第7「議長の辞職について」を議題といたします。


 まず、辞職願を局長に朗読させます。


○議会事務局長(安永 昭俊 君)


「               辞   職   願


 今般、議会の申し合わせを尊重し、議長の辞職願を提出いたしますので、許可くださいますようお願いいたします。


 平成17年5月19日


 田川市議会副議長 原口 秋良 殿


                          田川市議会議長 末光 広美」


 以上でございます。


○副議長(原口 秋良 君)


 お諮りいたします。末光広美議長の辞職を許可することについて御異議ございませんか。  (「異議なし」の声あり)


 御異議なしと認めます。よって、末光議長の辞職を許可することに決しました。


 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


 ただいま議長が欠員になりました。


 お諮りいたします。この際「議長の選挙」を日程に追加し、追加日程第8として選挙を行いたいと思いますが、これに御異議ございませんか。  (「異議なし」の声あり)


 御異議なしと認めます。よって、「議長の選挙」を日程に追加し、追加日程第8として選挙を行うことに決しました。


 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


 これより日程第8「議長の選挙」を行います。


 選挙の方法は、投票によることといたします。


 議場の閉鎖を命じます。


  (議場閉鎖)


 ただいまの出席議員は23名であります。


 投票箱を改めさせます。


  (投票箱点検)


 異常なしと認めます。


 投票記載所を議席の前方右側に設けております。


 投票用紙を記載所の前でお渡しいたします。


 念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。


 それでは、局長が議席番号と氏名を読み上げますので、投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票をお願いいたします。


 なお、同一の姓の議員がおられますので、必ず「氏・名」を記載されますよう重ねてお願いします。


 事務局長に点呼を命じます。


○議会事務局長(安永 昭俊 君)


 命によりまして点呼をさせていただきます。


 1番末光広美議員、2番植木康太議員、3番小林義憲議員、4番陸田孝則議員、5番古木英憲議員、6番白水数人議員、7番石松和幸議員、8番佐藤俊一議員、9番岡田啓助議員、10番吉岡恭利議員、11番加藤秀彦議員、12番雨矢紀一議員、13番星野一広議員、14番竹内徹夫議員、15番田丸雅美議員、16番原口秋良議員、17番香月隆一議員、18番?瀬富士夫議員、19番笹山良孝議員、20番藤沢悟議員、21番北山隆之議員、22番?瀬春美議員、23番二場武議員、以上でございます。


○副議長(原口 秋良 君)


 投票漏れはありませんか。  (「なし」の声あり)


 投票漏れなしと認めます。


 投票を終了いたします。


 議場の閉鎖を解きます。


  (議場開鎖)


 ただいまより開票を行います。


 会議規則第30条第2項の規定により、立会人に陸田孝則議員、星野一広議員、香月隆一議員を指名いたします。


 ただいま指名いたしました議員の立会をお願いいたします。


  (開  票)


 それでは、選挙の結果を報告いたします。


 投票総数は23票であります。これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。


 そのうち、有効投票23票、無効投票はございません。


 有効投票中、田丸雅美議員10票、?瀬春美議員9票、笹山良孝議員4票、以上のとおりであります。


 この選挙の法定得票数は6票、有効23票の場合は6票であります。よって、田丸雅美議員が議長に当選されました。


 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


 ただいまに当選されました田丸雅美議員が議場におられますので、会議規則第31条第2項の規定により告知いたします。


 それでは、新議長に当選されました田丸雅美議員に当選承諾及び就任のごあいさつをお願いいたします。


  (田丸雅美議長、演壇にて就任あいさつ)


○議長(田丸 雅美 君)


 ただいま皆様方の御推挙をいただき議長に就任することができました。まことにありがとうございました。


 皆様方も御存じのように、私たちのふるさと田川を取り巻く社会情勢は非常に厳しいものがございます。このことを踏まえまして、もとより浅学非才な私ではございますけれども、皆様方の御協力をいただきながら円滑な議会運営に努めてまいりたい、このように思っておりますので、皆様方の御協力をお願い申し上げまして、簡単でございますけれども議長就任のごあいさつにさせていただきます。どうもありがとうございました。(拍手)


○副議長(原口 秋良 君)


 議長が決定いたしましたので、私の職責はこれをもって終わらせていただきたいと思います。皆様方には議事運営に御協力を賜り、まことにありがとうございました。


 田丸雅美議長、議長席にお着き願います。


 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


○議長(田丸 雅美 君)


 本日の会議は、議事の都合により、この際あらかじめこれを延長いたしたいと思います。御了承願います。


 これより暫時休憩いたします。再開を午後4時30分といたします。


                              (休憩15時40分)


                              (再開16時36分)


○議長(田丸 雅美 君)


 再開いたします。


 休憩前に引き続いて会議を行います。


 休憩時間中、原口秋良副議長から副議長の辞職願が提出されました。


 お諮りいたします。この際「副議長の辞職について」を日程に追加し、追加日程第9として議題とすることに御異議ございませんか。  (「異議なし」の声あり)


 御異議なしと認めます。よって、この際「副議長の辞職について」を日程に追加し、追加日程第9として議題とすることに決しました。


 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


 日程第9「副議長の辞職について」を議題といたします。


 まず、辞職願を局長に朗読させます。


○議会事務局長(安永 昭俊 君)


「               辞   職   願


 今般、議会の申し合わせを尊重し、副議長の辞職願を提出いたしますので、許可くださいますようお願いいたします。


 平成17年5月19日


 田川市議会議長 田丸 雅美 殿


                         田川市議会副議長 原口 秋良」


 以上でございます。


○議長(田丸 雅美 君)


 お諮りいたします。原口秋良副議長の辞職を許可することについて御異議ございませんか。  (「異議なし」の声あり)


 御異議なしと認めます。よって、原口秋良副議長の辞職を許可することに決しました。


 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


 ただいま副議長が欠員になりました。


 お諮りいたします。「副議長の選挙」を日程に追加し、追加日程第10として選挙を行いたいと思いますが、これに御異議ございませんか。


  (「異議なし」の声あり)


 御異議なしと認めます。よって、「副議長の選挙」を日程に追加し、追加日程第10として選挙を行うことに決しました。


 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


 これより日程第10「副議長の選挙」を行います。


 お諮りいたします。選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選によることといたしたいと思いますが、これに御異議ございませんか。


  (「異議なし」の声あり)


 御異議なしと認めます。よって、選挙の方法は指名推選によることに決しました。


 お諮りいたします。指名の方法につきましては、議長において指名することといたしたいと思いますが、これに御異議ございませんか。  (「異議なし」の声あり)


 御異議なしと認めます。よって、指名の方法は議長において指名することに決しました。


 副議長に星野一広議員を指名いたします。


 お諮りいたします。ただいま議長において指名いたしました星野一広議員を副議長の当選人と定めることに御異議ございませんか。


  (「異議なし」の声あり)


 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました星野一広議員が副議長に当選されました。


 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


 ただいま副議長に当選されました星野一広議員が議場におられますので、会議規則第31条第2項の規定により告知いたします。


 それでは、副議長に当選されました星野一広議員に当選承諾及び就任のごあいさつをお願いいたします。


  (星野一広副議長、演壇にて就任あいさつ)


○副議長(星野 一広 君)


 ただいま皆様方の御推挙をいただきまして、副議長に当選させていただきました。まことにありがとうございました。


 新議長とともに円滑なる議会運営に努力してまいりますので、皆様方の御協力をよろしくお願い申し上げ、就任のごあいさつといたします。まことにありがとうございました。  (拍手)


○議長(田丸 雅美 君)


 ここで皆様にお知らせをいたします。


 ただいま日程追加いたしました関係上、日程第6議案第33号「田川市監査委員の選任について」は、日程第11となり、以下順次繰り下がりますことを御了承願います。


 これより暫時休憩いたします。再開を午後5時30分といたします。


                              (休憩16時40分)


                              (再開19時13分)


○議長(田丸 雅美 君)


 再開いたします。


 以上をもちまして、平成17年第2回田川市議会5月臨時会を閉会いたします。


 まことに御苦労さまでした。


                              (閉会19時13分)





                 議案委員会付託表





                                平成17年5月19日


                                5月(第2回)臨時会


┌────────┬─────────────────────────────┬───────┐


│ 議案番号   │件     名                      │付託委員会  │


├────────┼─────────────────────────────┼───────┤


│議案第32号  │平成17年度田川市老人保健特別会計補正予算        │建設経済   │


└────────┴─────────────────────────────┴───────┘








署   名








地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。





   平成   年   月   日





  田川市議会





      議  長





      副議長





      新議長





      新副議長





      議  員





      議  員