議事ロックス -地方議会議事録検索-


福岡県 直方市

平成20年 9月定例会 (第7日10月 1日)




平成20年 9月定例会 (第7日10月 1日)





 
               平成20年10月1日(金)





1.会議の開閉時刻  開議 10時00分


           閉会 10時46分





1.出席及び欠席議員の氏名


          1番       田 中 秀 孝


          2番       阪 根 泰 臣


          3番       澄 田 和 昭


          4番       太 田 信 幸


          5番       中 西 省 三


          6番       香 原 勝 司


          7番       竹 松 房 子


          8番       石 田 一 人


          9番       田 代 誠 一


         10番       橋 本   長


         11番       松 田   ?


         12番       村 田 武 久


         13番       松 田 英 雄


         14番       田 代 文 也


         15番       友 原 春 雄


         16番       宮 近 義 人


         17番       那 須 和 也


         18番       渡 辺 和 幸


         19番       安 武 俊 次


         20番       貝 島 悠 翼


         21番       松 尾 大 策





1.職務のため議場に出席した事務局職員職氏名


         議会事務局長    加 藤 直 行


         次長        宮 近 博 之


         係長        則 末 幹 男


         書記        天 野 浩 輔





1.説明のため出席した者の職氏名


         市長        向 野 敏 昭


         副市長       梶 原 公 徳


         教育長       舟 越 裕 喜


         総合政策部長    大 塚 進 弘


         市民部長      塩 川 和 之


         産業建設部長    永 冨 義 隆


         消防長       岡 本 義 次


         消防本部次長    森 川 幸 勝


                   各課長省略











1.会議事件


議案第 60号 平成19年度直方市一般会計歳入歳出決算の認定について  原案認定


議案第 61号 平成19年度直方市国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定について


                                    原案認定


議案第 62号 平成19年度直方市同和地区住宅資金貸付事業特別会計歳入歳出決算の


        認定について                      原案認定


議案第 63号 平成19年度直方市老人保健特別会計歳入歳出決算の認定について


                                    原案認定


議案第 64号 平成19年度直方市介護保険特別会計歳入歳出決算の認定について


                                    原案認定


議案第 65号 平成19年度直方市上頓野産業団地造成事業特別会計歳入歳出決算の認


        定について                       原案認定


議案第 66号 平成19年度直方市公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定につい


        て                           原案認定


議案第 67号 平成19年度直方市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認定につ


        いて                          原案認定


議案第 68号 平成19年度直方市水道事業会計決算の認定について    原案認定


議案第 70号 直方市特別職報酬等審議会条例の一部を改正する条例について原案可決


議案第 71号 直方市議会政務調査費の交付に関する条例の一部を改正する条例につい


        て                           原案可決


議案第 72号 直方市職員の育児休業等に関する条例の一部改正する条例について


                                    原案可決


議案第 73号 直方市職員の勤務時間等に関する条例の一部を改正する条例について


                                   原案可決


議案第 74号 直方市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について原案可決


議案第 75号 市道路線の認定について                 原案可決


義第第 76号 市道路線の変更について                 原案可決


議案第 77号 平成20年度直方市一般会計補正予算           原案可決


議案第 78号 平成20年度直方市国民健康保険特別会計補正予算     原案可決


議案第 79号 平成20年度直方市老人保健特別会計補正予算       原案可決


議案第 80号 直方市議会会議規則の一部を改正する規則について


                              上程、質疑、原案可決


請願第  2号 学童保育の充実に関する請願                 採択


意見書案第 8号 介護労働者の待遇改善を求める意見書について


                              上程、質疑、原案可決


意見書案第 9号 雇用促進住宅の退去困難者への支援強化に関する意見書について


                              上程、質疑、原案可決


意見書案第10号 福岡県単独公費医療費支給制度改正(重度障害者医療費の自己負担の


         導入及び一人暮らしの寡婦に対する助成の再考)に対する意見書につ


         いて                   上程、質疑、原案可決


意見書案第11号 国民健康保険財政への国庫負担割合の引き上げを求める意見書につい


         て                    上程、質疑、原案可決


意見書案第12号 社会保険病院「健康保険直方中央病院」を公的な医療機関として存続


         させ、その充実を求める意見書について   上程、質疑、原案可決


意見書案第13号 地方財政の充実・強化を求める意見書について


                              上程、質疑、原案可決











○議長(松尾大策)


 おはようございます。これより本日の会議を開きます。


 本日の議事は、お手元の日程表のとおり進行を図りたいと思いますので、御了承願います。


 議案第60号 平成19年度直方市一般会計歳入歳出決算の認定について


 議案第70号 直方市特別職報酬等審議会条例の一部を改正する条例について


 議案第71号 直方市議会政務調査費の交付に関する条例の一部を改正する条例につ


        いて


 議案第72号 直方市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例について


 議案第73号 直方市職員の勤務時間等に関する条例の一部を改正する条例について


 議案第74号 直方市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について


 議案第75号 市道路線の認定について


 議案第76号 市道路線の変更について


 議案第77号 平成20年度直方市一般会計補正予算


 を一括議題とします。


 議案第60号 平成19年度直方市一般会計歳入歳出決算中、歳出1款、2款1項、3項から5項、9款1項1目から6目、10款4項1目から3目、7目、10目、12目、14目、5項、12款、13款1項、2項、4項、14款及び歳入全款並びに議案第70号、71号、72号、73号、74号、75号、76号並びに議案第77号 平成20年度直方市一般会計補正予算第1条中、歳出2款1項、9款、10款4項、5項、13款及び歳入全款並びに第2条について審査されました経過並びに結果の報告を総務常任委員長にお願いします。


              (11番 松田 ?議員 登壇)


○11番(松田 ?)


 おはようございます。


 去る9月22日及び24日の本会議におきまして、我々総務常任委員会に細部の審査を付託されました議案第60号 平成19年度直方市一般会計歳入歳出決算中、歳出1款、2款1項、3項から5項、9款1項1目から6目、10款4項1目から3目、7目、10目、12目、14目、5項、12款、13款1項、2項、4項、14款及び歳入全款について外8議案について、審査しました経過並びに結果の報告をいたします。


 まず、議案第60号についてであります。


 本案については、当局より詳細な説明を聴取し、慎重審査を行ったのであります。


 その中でただした主な点のうち1点目として、庁舎管理委託料の内訳についてであります。


 これに対して当局より、庁舎管理委託料については、主に清掃、設備運転管理、警備、空調設備の保守点検であるとの答弁に接したのであります。


 我々委員会としては、市として行政改革に取り組んではいるが、経費の削減や職員の意識改革を進める意味でも、庁内清掃等「職員でできるものは職員で行う」など全庁的に庁舎管理委託業務の見直しを行うよう要望を付したのであります。


 2点目として市債の繰上償還についてであります。19年度は、利率7%以上の政府資金について繰上償還をしているが、それ以下の利率についても繰上償還ができないのか。特に民間となった「ゆうちょ銀行」はできないのかとただしたのであります。


 これに対して当局より、まず市内金融機関からの借り入れについては2.5%以下に借りかえが終了している。政府資金については、国の許可を受けて繰上償還している。「ゆうちょ銀行」は民間であるが、借り入れの段階では政府資金扱いとなっており許可が必要である。政府資金、簡保資金を合わせて、20年度では6%以上の市債の繰上償還を行う予定にしている。それ以下の利率についても繰上償還を認めていただけるよう福岡県を通じて要望していきたいとの答弁に接したのであります。


 3点目として、経常収支比率が103.7%となり、昨年度と比べて4.1ポイントの悪化となっている。この要因及び改善策についてただしたのであります。


 これに対して当局より、主な要因は分母となる標準財政規模が普通交付税などの大幅な減になったことによるもので、改善策については、歳入は、普通交付税などの経常一般財源が増額されることは考えにくいので、歳出を抑えるしかないが、平成24年度単年度収支黒字化を目指して、支出を抑え、経常収支を改善していくとの答弁に接したのであります。


 我々委員会としては、厳しい財政状況が続く中、経常収支の改善策を具体化し、歳出の抑制に努めるよう要望を付したのであります。


 以上3点のうち、2点について要望を付し、原案どおり認定すべきものと決定したのであります。


 次は、議案第70号 直方市特別職報酬等審議会条例の一部を改正する条例についてであります。


 本案については、地方自治法の改正により、議員の報酬に関する規定が整備されたことに伴い、必要な文言の整理を行うものであることから、異議なく原案どおり可決すべきものと決定したのであります。


 次は、議案第71号 直方市議会政務調査費の交付に関する条例の一部を改正する条例についてであります。


 本案についても、議案第70号と同様、地方自治法の改正により、引用している条文の中途に項が追加されたことに伴う条文の整理であることから、異議なく原案どおり可決すべきものと決定したのであります。


 次は、議案第72号 直方市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例についてであります。


 本案については、地方公務員の育児休業等に関する法律の改正により、育児を行う職員の職業生活と家庭生活の両立を一層容易にするために、その環境整備を行うための改正であることから、異議なく原案どおり可決すべきものと決定したのであります。


 次は、議案第73号 直方市職員の勤務時間等に関する条例の一部を改正する条例についてであります。


 本案についても、議案第72号と同様、地方公務員の育児休業等に関する法律の改正により、育児を行う職員の勤務条件等を整備するための改正であることから、異議なく原案どおり可決すべきものと決したのであります。


 次は、議案第74号 直方市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例についてであります。


 本案についても、育児を行う職員の給料月額等を整備するための改正であることから、異議なく原案どおり可決すべきものと決定したのであります。


 次は、議案第75号 市道路線の認定についてであります。


 本案については、県道直方・行橋線北側で住宅団地開発に伴い寄附を受けた路線及び直方市土地開発公社より管理移管を受けていた路線を認定するものであり、異議なく原案どおり可決すべきものと決定したのであります。


 次は、議案第76号 市道路線の変更についてであります。


 本案については、県道田川・直方バイパスの下境北交差点北側から国道200号バイパス横の道路で、もち吉本社移転に伴う開発行為により、道路の一部を変更するものであることから、異議なく原案どおり可決すべきものと決定したのであります。


 最後に議案第77号 平成20年度直方市一般会計補正予算第1条中、歳出2款1項、9款、10款4項、5項、13款及び歳入全款並びに第2条についてであります。


 本案について、当局より詳細なる説明を聴取する中、慎重審査を行ったのでありますが、いずれも必要な予算措置であると認め、異議なく原案どおり可決すべきものと決定したのであります。


 以上で、我々総務常任委員会に細部の審査を付託されました議案審査の経過並びに結果の報告を終わります。


○議長(松尾大策)


 委員長の報告は終わりました。


 これより質疑を行います。


 ただいまの委員長報告に対し、質疑はありませんか。


                (「なし。」と声あり)


 質疑なきものと認め、質疑を終結します。


 これより、議案第70号、71号、72号、73号、74号、75号、76号の討論を行います。


 なお、議案第60号 平成19年度直方市一般会計歳入歳出決算の認定について並びに議案第77号 平成20年度直方市一般会計補正予算について討論のある場合は、最終常任委員長報告後にお願いします。


 討論はありませんか。


                (「なし。」と声あり)


 討論なきものと認め、討論を終結します。


 これより、議案第70号、71号、72号、73号、74号、75号、76号の採決を行います。


 議案第70号 直方市特別職報酬等審議会条例の一部を改正する条例については、委員長報告どおり、原案どおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。


                  (起立多数)


 起立多数。


 よって、議案第70号は、委員長報告どおり、原案どおり可決されました。


 議案第71号 直方市議会政務調査費の交付に関する条例の一部を改正する条例については、委員長報告どおり、原案どおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。


                  (起立多数)


 起立多数。


 よって、議案第71号は、委員長報告どおり、原案どおり可決されました。


 議案第72号 直方市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例については、委員長報告どおり、原案どおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。


                  (起立多数)


 起立多数。


 よって、議案第72号は、委員長報告どおり、原案どおり可決されました。


 議案第73号 直方市職員の勤務時間等に関する条例の一部を改正する条例については、委員長報告どおり、原案どおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。


                  (起立多数)


 起立多数。


 よって、議案第73号は、委員長報告どおり、原案どおり可決されました。


 議案第74号 直方市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例については、委員長報告どおり、原案どおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。


                  (起立多数)


 起立多数。


 よって、議案第74号は、委員長報告どおり、原案どおり可決されました。


 議案第75号 市道路線の認定については、委員長報告どおり、原案どおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。


                  (起立多数)


 起立多数。


 よって、議案第75号は、委員長報告どおり、原案どおり可決されました。


 議案第76号 市道路線の変更については、委員長報告どおり、原案どおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。


                  (起立多数)


 起立多数。


 よって、議案第76号は、委員長報告どおり、原案どおり可決されました。


 議案第61号 平成19年度直方市国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定につい


        て


 議案第62号 平成19年度直方市同和地区住宅資金貸付事業特別会計歳入歳出決算


        の認定について


 議案第63号 平成19年度直方市老人保健特別会計歳入歳出決算の認定について


 議案第64号 平成19年度直方市介護保険特別会計歳入歳出決算の認定について


 議案第78号 平成20年度直方市国民健康保険特別会計補正予算


 議案第79号 平成20年度直方市老人保健特別会計補正予算


 請願第2号 学童保育の充実に関する請願


 を一括議題とします。


 議案第60号中、歳出2款2項、3款、4款1項、10款1項から3項、4項6目、8目、9目、13目及び13款3項並びに議案第61号、62号、63号、64号並びに議案第77号第1条中、歳出2款2項、3款及び10款3項並びに議案第78号、79号並びに請願第2号について審査されました経過並びに結果の報告を教育民生常任委員長にお願いします。


               (15番 友原議員 登壇)


○15番(友原春雄)


 おはようございます。


 去る22日及び24日の本会議におきまして、我々教育民生常任委員会に細部の審査を付託されました議案第60号 平成19年度直方市一般会計歳入歳出決算中、歳出2款2項、3款、4款1項、10款1項から3項、4項6目、8目、9目、13目及び13款3項について、外8議案について審査いたしました経過並びに結果の報告をいたします。


 まず、議案第60号についてであります。


 本案について当局より詳細なる説明を聴取し、慎重審査を行ったのでありますが、その中でただした主な点は、3款3項生活保護費における、19年度の相談件数、申請件数及び開始件数についてであります。


 これに対して当局より、相談件数163件、申請件数116件、開始件数97件であり、開始に至らなかった理由としては、預貯金、生命保険の解約等による資産の活用が主であるとの答弁に接したのであります。


 委員会といたしましては、当局の答弁を踏まえ、議論を深める中、生活保護法の規定に「申請の日から14日以内に保護の要否等を決定しなければならない。但し、扶養義務者の資産状況の調査に日時を要する等特別な理由がある場合には、30日まで延ばすことができる」と規定されているが、実務上の取り扱いはどうなっているのか、さらにただしたのであります。


 これに対して当局より、預貯金の有無、生命保険の加入等の調査に日数を要し14日を超える場合もあるが、その場合、決定通知書に遅延理由を明示しているとの答弁に接したのであります。


 我々委員会といたしましては、法に基づいた事務処理であり、当局の答弁を了とするものの、消費者物価指数の急激な上昇により、申請件数の増加が予想されることから、保護の要否については可能な限り早期に決定するよう要望を付し、採決の結果、賛成多数で原案どおり認定すべきものと決定したのであります。


 次は、議案第61号 平成19年度直方市国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定についてであります。


 本案については、いずれも適正な予算執行であると認め、異議なく原案どおり認定すべきものと決定したのであります。


 次は、議案第62号 平成19年度直方市同和地区住宅資金貸付事業特別会計歳入歳出決算の認定についてであります。


 本案についても、いずれも適正な予算執行であると認め、異議なく原案どおり認定すべきものと決定したのであります。


 次は、議案第63号 平成19年度直方市老人保健特別会計歳入歳出決算の認定についてであります。


 本案についても、適正な予算執行であると認め、異議なく原案どおり認定すべきものと決定したのであります。


 次は、議案第64号 平成19年度直方市介護保険特別会計歳入歳出決算の認定についてであります。


 本案についても、適正な予算執行であると認め、異議なく原案どおり認定すべきものと決定したのであります。


 次は、議案第77号 平成20年度直方市一般会計補正予算第1条中、歳出2款2項、3款及び10款3項についてであります。


 本案は、主として、個人住民税の公的年金からの特別徴収制度導入に向けたシステム改修委託料であり、いずれも必要な予算措置と認め、異議なく原案どおり可決すべきものと決定したのであります。


 次は、議案第78号 平成20年度直方市国民健康保険特別会計補正予算についてであります。


  本案は、主として、平成19年度に交付された療養給付費等交付金の精算に伴う予算措置であり、異議なく原案どおり可決すべきものと決定したのであります。


 次は、議案第79号 平成20年度直方市老人保健特別会計補正予算についてであります。


 本案は、平成19年度に交付された老人保健医療給付費支払基金交付金の精算に伴う予算措置であり、異議なく原案どおり可決すべきものと決定したのであります。


 最後は、請願第2号 学童保育の充実に関する請願についてであります。


 本件の審査に当たって、当局に説明を求めた主な点は、当該クラブの運営状況及び施設整備に係る補助事業の内容についてであります。


 これに対して当局より、運営主体は社会福祉法人「頓野児童福祉会」であり、市は運営委託金に加え施設の借上料として年額96万円を支出している。


 補助事業については、新たな施設整備を行うための国・県の補助事業があり、施設建設及び既存施設の改修等が対象となっている。いずれも補助率は3分の2であるが、施設建設には多額の予算措置が伴うことから、18年度以降は行っていないとの答弁に接したのであります。


 委員会といたしましては、東小学校敷地内での実施という点では賛同するものの、請願の本文中で「安心で安全な施設での保育を実現していくため」としながら、請願項目は施設建設となっていることから、紹介議員の出席を求め、請願の主旨についてただしたのであります。


 これに対して紹介議員より、請願の主旨としては「安全で安心な環境」を要望するもので、必ずしも施設建設に限ったものではないとの答弁に接したのであります。


 我々委員会といたしましては、国・県の補助事業を活用し、既存施設の改修を行うことで、財政負担を最小限に抑えることができ、施設の借上料も不要となることから、全会一致で採択すべきものと決定したのであります。


 以上で、我々教育民生常任委員会に細部の審査を付託されました議案審査の経過並びに結果の報告を終わります。


○議長(松尾大策)


 委員長の報告は終わりました。


 これより質疑を行います。


 ただいまの委員長報告に対し、質疑はありませんか。


                (「なし。」と声あり)


 質疑なきものと認め、質疑を終結します。


 これより、議案第61号、62号、63号、64号、78号、79号、請願第2号の討論を行います。


 討論はありませんか。


                (「なし。」と声あり)


 討論なきものと認め、討論を終結します。


 これより、議案第61号、62号、63号、64号、78号、79号の採決を行います。


 議案第61号 平成19年度直方市国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定については、委員長報告どおり、原案どおり認定することに賛成の議員の起立を求めます。


                  (起立多数)


 起立多数。


 よって、議案第61号は、委員長報告どおり、原案どおり認定されました。


 議案第62号 平成19年度直方市同和地区住宅資金貸付事業特別会計歳入歳出決算の認定については、委員長報告どおり、原案どおり認定することに賛成の議員の起立を求めます。


                  (起立多数)


 起立多数。


 よって、議案第62号は、委員長報告どおり、原案どおり認定されました。


 議案第63号 平成19年度直方市老人保健特別会計歳入歳出決算の認定については、委員長報告どおり、原案どおり認定することに賛成の議員の起立を求めます。


                  (起立多数)


 起立多数。


 よって、議案第63号は、委員長報告どおり、原案どおり認定されました。


 議案第64号 平成19年度直方市介護保険特別会計歳入歳出決算の認定については、委員長報告どおり、原案どおり認定することに賛成の議員の起立を求めます。


                  (起立多数)


 起立多数。


 よって、議案第64号は、委員長報告どおり、原案どおり認定されました。


 議案第78号 平成20年度直方市国民健康保険特別会計補正予算については、委員長報告どおり、原案どおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。


                  (起立多数)


 起立多数。


 よって、議案第78号は、委員長報告どおり、原案どおり可決されました。


 議案第79号 平成20年度直方市老人保健特別会計補正予算については、委員長報告どおり、原案どおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。


                  (起立多数)


 起立多数。


 よって、議案第79号は、委員長報告どおり、原案どおり可決されました。


 これより、請願第2号の採決を行います。


 請願第2号に対する委員長の報告は採択です。


 請願第2号 学童保育の充実に関する請願については、委員長報告どおり採択することに賛成の議員の起立求めます。


                  (起立多数)


 起立多数。


 よって、請願第2号は、委員長報告どおり、採択することに決定しました。


 議案第65号 平成19年度直方市上頓野産業団地造成事業特別会計歳入歳出決算の


        認定について


 議案第66号 平成19年度直方市公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定につ


        いて


 議案第67号 平成19年度直方市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認定について


 議案第68号 平成19年度直方市水道事業会計決算の認定について


 を一括議題とします。


 議案第60号中、歳出4款2項、5款、6款、7款、8款、9款1項7目、8目及び11款並びに議案第65号、66号、67号、68号並びに議案第77号第1条中、歳出6款、7款及び8款について審査されました経過並びに結果の報告を産業建設常任委員長にお願いします。


               (19番 安武議員 登壇)


○19番(安武俊次)


 おはようございます。


 去る22日及び24日の本会議におきまして、我々産業建設常任委員会に細部の審査を付託されました議案第60号 平成19年度直方市一般会計歳入歳出決算中、歳出4款2項、5款、6款、7款、8款、9款1項7目、8目及び11款外5議案について審査いたしました経過並びに結果の報告をいたします。


 まず、議案第60号についてであります。


 本案については、本会議での質疑を踏まえ、当局より詳細なる説明を聴取し、慎重審査を行ったのでありますが、その中でただした主な点は、8款6項1目住宅管理費についてであります。


 市営住宅については、決算参考資料の市営住宅収支表により、平成19年度決算において約1億7,800万円の赤字となっていることから、市営住宅の運営についてただしたのであります。


 これに対して当局より、市営住宅の運営については、現在、老朽化に伴い住宅として使用することが難しいものについて閉鎖を行っていることから、住宅の使用料については減少している状況である。しかしながら市営住宅に関する市債の償還が平成17年度にピークを迎え、今後は徐々に下がっていくことから、今後市営住宅の収支については改善していくと考えているとの答弁に接したのであります。


 我々委員会としては当局の答弁を了とし、採決の結果、賛成多数で、原案どおり認定すべきものと決定したのであります。


 次は、議案第65号 平成19年度直方市上頓野産業団地造成事業特別会計歳入歳出決算の認定についてであります。


 上頓野産業団地については、自動車関連メーカーを初めとする新たな産業の誘導を図ることを目的とし、平成21年度分譲開始を目標として、現在、造成工事が進められているところであります。


 我々委員会としては、本市に優良な企業が進出することは、若者の働き先の確保や、定住化促進、固定資産税を初めとする税収の確保等、さまざまな効果が期待できること。また現在の厳しい財政状況の中、この事業に関する市債の償還が20年度から始まること、近隣自治体も企業誘致に力を入れていることから、一日も早い企業誘致の実現に向けて、今後も企業誘致推進室が中心となり、市長を初め職員一丸となって企業誘致の取り組みを行うよう要望を付し、本案については原案どおり認定すべきものと決定したのであります。


 次は、議案第66号 平成19年度直方市公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定についてであります。


 本案については、当局より詳細なる説明を聴取し、慎重審査を行ったのでありますが、その中でただした主な点は、2款1項1目公共下水道建設費についてであります。


 公共下水道建設費については、14億1,956万9,000円の予算に対し、5億4,661万1,000円が翌年度に繰り越されていることから、繰り越しの内容についてただしたのであります。


 これに対して当局より、繰り越しの主なものとしては、補助事業である下新入地内汚水管渠ほか6件の事業費である。下水道工事については、汚水管の埋設工事が主で、その埋設深が深く、事前の調査と現状が異なることがあり、その場合、工法の変更等が必要となり、工期の延長を行わざるを得ないことから、工事費の繰り越しが多くなっているとの答弁に接したのであります。


 我々委員会としては、下水道工事の現状については理解し、当局の答弁を了とするものの、一日も早く下水道を利用したいとの市民要望も多いことから、できるだけ当初の予定どおり工事が施工されるよう要望を付し、原案どおり認定すべきものと決定したのであります。


 次は、議案第67号 平成19年度直方市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認定についてであります。


 本市の農業集落排水事業については、現在、下境地区、上頓野地区について供用しているところでありますが、加入率については、未加入の対象者の多くがひとり暮らしの高齢者等であり、経済負担もあることから、あまり伸びていないのが現状であります。


 我々委員会としては、今後も加入率の向上に努めるとともに、まだ、整備されていない地区に対しては、新たな事業手法等の検討を行い、より効率のいい汚水処理構想について早急に方針を決定されるよう要望を付し、本案については原案どおり認定すべきものと決定したのであります。


 次は、議案第68号 平成19年度直方市水道事業会計決算の認定についてであります。


 本案については、当局より詳細なる説明を聴取し、慎重審査を行ったのでありますが、いずれも必要な予算執行であると認め、異議なく原案どおり認定すべきものと決定したのであります。


 最後に、議案第77号 平成20年度直方市一般会計補正予算第1条中、歳出6款、7款及び8款についてであります。


 本案については、本会議での質疑を踏まえ、当局より詳細なる説明を聴取し、慎重審査を行ったのでありますが、主として、直方市企業立地促進奨励金交付要綱に基づき、設備投資を行った市内5事業者に対して交付される奨励金、県営事業に伴う地元負担金であり、いずれも必要な予算措置であると認め、異議なく原案どおり可決すべきものと決定したのであります。


 以上で、我々産業建設常任委員会に細部の審査を付託されました議案審査の経過並びに結果の報告を終わります。


○議長(松尾大策)


 委員長の報告は終わりました。


 これより質疑を行います。


 ただいまの委員長報告に対し、質疑はありませんか。


                (「なし。」と声あり)


 質疑なきものと認め、質疑を終結します。


 これより、議案第60号、65号、66号、67号、68号、77号の討論を行います。


 討論はありませんか。


                (「なし。」と声あり)


 討論なきものと認め、討論を終結します。


 これより、議案第60号、65号、66号、67号、68号、77号の採決を行います。


 議案第60号 平成19年度直方市一般会計歳入歳出決算の認定については、各委員長報告どおり、原案どおり認定することに賛成の議員の起立を求めます。


                  (起立多数)


 起立多数。


 よって、議案第60号は、各委員長報告どおり、原案どおり認定されました。


 議案第65号 平成19年度直方市上頓野産業団地造成事業特別会計歳入歳出決算の認定については、委員長報告どおり、原案どおり認定することに賛成の議員の起立を求めます。


                  (起立多数)


 起立多数。


 よって、議案第65号は、委員長報告どおり、原案どおり認定されました。


 議案第66号 平成19年度直方市公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定については、委員長報告どおり、原案どおり認定することに賛成の議員の起立を求めます。


                  (起立多数)


 起立多数。


 よって、議案第66号は、委員長報告どおり、原案どおり認定されました。


 議案第67号 平成19年度直方市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認定については、委員長報告どおり、原案どおり認定することに賛成の議員の起立を求めます。


                  (起立多数)


 起立多数。


 よって、議案第67号は、委員長報告どおり、原案どおり認定されました。


 議案第68号 平成19年度直方市水道事業会計決算の認定については、委員長報告どおり、原案どおり認定することに賛成の議員の起立を求めます。


                  (起立多数)


 起立多数。


 よって、議案第68号は委員長報告どおり、原案どおり認定されました。


 議案第77号 平成20年度直方市一般会計補正予算については、各委員長報告どおり、原案どおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。


                  (起立多数)


 起立多数。


 よって、議案第77号は各委員長報告どおり、原案どおり可決されました。


 意見書案第8号 介護労働者の待遇改善を求める意見書について


 意見書案第9号 雇用促進住宅の退去困難者への支援強化に関する意見書について


 意見書案第10号 福岡県単独公費医療費支給制度改正(重度障害者医療費の自己負


          担の導入及び一人暮らしの寡婦に対する助成の再考)に対する意


          見書について


 意見書案第11号 国民健康保険財政への国庫負担割合の引き上げを求める意見書に


          ついて


 意見書案第12号 社会保険病院「健康保険直方中央病院」を公的な医療機関として


          存続させ、その充実を求める意見書について


 意見書案第13号 地方財政の充実・強化を求める意見書について


 を一括議題とします。


 各意見書案の趣旨は調整会議で十分協議されていますので、説明は省略したいと思います。


 これに御異議ありませんか。


               (「異議なし。」と声あり)


 異議なしと認めます。


 よって、各意見書案の説明は省略することに決定しました。


 これより、各意見書案の質疑を行います。


 質疑はありませんか。


                (「なし。」と声あり)


 質疑なきものと認め、質疑を終結します。


 お諮りします。


 各意見書案は委員会付託を省略したいと思います。


 これに御異議ありませんか。


               (「異議なし。」と声あり)


 異議なしと認めます。


 よって、各意見書案は委員会付託を省略することに決定しました。


 これより、各意見書案の討論を行います。


 討論はありませんか。


                (「なし。」と声あり)


 討論なきものと認め、討論を終結します。


 これより、各意見書案の採決を行います。


 意見書案第8号 介護労働者の待遇改善を求める意見書については、原案どおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。


                  (起立多数)


 起立多数。


 よって、意見書案第8号は原案どおり可決されました。


 意見書案第9号 雇用促進住宅の退去困難者への支援強化に関する意見書については、原案どおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。


                  (起立多数)


 起立多数。


 よって、意見書案第9号は原案どおり可決されました。


 意見書案第10号 福岡県単独公費医療費支給制度改正(重度障害者医療費の自己負担の導入及び一人暮らしの寡婦に対する助成の再考)に対する意見書については、原案どおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。


                  (起立多数)


 起立多数。


 よって、意見書案第10号は原案どおり可決されました。


 意見書案第11号 国民健康保険財政への国庫負担割合の引き上げを求める意見書については、原案どおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。


                  (起立多数)


 起立多数。


 よって、意見書案第11号は原案どおり可決されました。


 意見書案第12号 社会保険病院「健康保険直方中央病院」を公的な医療機関として存続させ、その充実を求める意見書については、原案どおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。


                  (起立多数)


 起立多数。


 よって、意見書案第12号は原案どおり可決されました。


 意見書案第13号 地方財政の充実・強化を求める意見書については、原案どおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。


                  (起立多数)


 起立多数。


 よって、意見書案第13号は原案どおり可決されました。


 ただいま可決されました各意見書については、関係行政庁等に送付しますが、この取り扱いについては議長に一任願います。


 議案第80号 直方市議会会議規則の一部を改正する規則について


 を議題とします。


 議案第80号について、提案者の説明を求めます。


              (13番 松田英雄議員 登壇)


○13番(松田英雄)


 議案第80号 直方市議会会議規則の一部を改正する規則について、提出者を代表して御説明をいたします。


 本案は、地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴い、本会議規則中の文言の整理を行うものであります。


 この地方自治法の改正は、地方議会において積極的な議員活動を展開していくため、地方議員の位置づけを明確化することを目的とするものであり、法第100条に「会議規則の定めるところにより、議案の審査又は議会の運営に関し協議又は調整を行うための場を設けることができる」と規定した第12項を追加し、以降の項については1項ずつ繰り下げられており、この法改正に伴い、本会議規則に規定されている「議員の派遣」の根拠規定である法第100条第12項の項ずれに合わせた改正を行うもので、改正の内容としましては、3ページの新旧対照表に記載のとおり、第141条第1項中、「法第100条第12項」を「法第100条13項」に改めるものであります。


 なお、附則におきまして、この規定は公布の日から施行するとしております。


 以上、議案第80号について説明をいたしました。よろしくお願いいたします。


○議長(松尾大策)


 議案考査のため、暫時休憩します。


                             10時45分 休 憩


                             10時45分 再 開


○議長(松尾大策)


 休憩前に引き続き会議を再開します。


 これより、議案第80号の質疑を行います。


 質疑はありませんか。


                (「なし。」と声あり)


 質疑なきものと認め、質疑を終結します。


 お諮りします。


 議案第80号は委員会付託を省略したいと思います。


 これに御異議ありませんか。


               (「異議なし。」と声あり)


 異議なしと認めます。


 よって、議案第80号は委員会付託を省略することに決定しました。


 これより、議案第80号の討論を行います。


 討論はありませんか。


                (「なし。」と声あり)


 討論なきものと認め、討論を終結します。


 これより、議案第80号の採決を行います。


 議案第80号 直方市議会会議規則の一部を改正する規則については、原案どおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。


                  (起立多数)


 起立多数。


 よって、議案第80号は原案どおり可決されました。


 これより、会議録署名議員の指名を行います。


 本定例市議会の会議録署名議員として14番 田代文也議員、15番 友原議員を指名します。


 9月定例市議会は、以上をもって全部終了しました。


 これをもって、閉会します。


                              10時46分 閉会





地方自治法第123条第2項の規定により署名する。





           直方市議会議長   松 尾 大 策





           直方市議会副議長  貝 島 悠 翼





           直方市議会議員   田 代 文 也





           直方市議会議員   友 原 春 雄