議事ロックス -地方議会議事録検索-


福岡県 直方市

平成18年12月定例会 (第6日12月14日)




平成18年12月定例会 (第6日12月14日)





 
              平成18年12月14日(木)





1.会議の開閉時刻  開議 10時00分


           閉会 11時00分





1.出席及び欠席議員の氏名


          1番       田 中 秀 孝


          2番       堀   勝 彦


          3番       今 定   正


          4番       (欠 員)


          5番       橋 本   長


          6番       有 田 忠 之


          7番       田 代 誠 一


          8番       石 田 一 人


          9番       友 原 春 雄


         10番       田 代 文 也


         11番       村 田 武 久


         12番       石 田 國 輝


         13番       安 武 俊 次


         14番       貝 島 悠 翼


         15番       太 田 信 幸


         16番       澄 田 和 昭


         17番       藤 永 勝 巳


         18番       中 西 省 三


         19番       竹 松 房 子


         20番       香 原 勝 司


         21番       松 田 英 雄


         22番       松 田   ?


         23番       松 尾 大 策


         24番       村 上 圭 吾


         25番       宮 近 義 人





1.職務のため議場に出席した事務局職員職氏名


         議会事務局長    岡 島 洋 二


         次    長    川 原 精 二


         係    長    宮 近 博 之


         書    記    藤 木 孝 一





1.説明のため出席した者の職氏名


         市    長    向 野 敏 昭


         助    役    其 田 浩 和


         教育長       舟 越 裕 喜


         企画財政部長    大 塚 進 弘


         総務部長      則 松 正 年


         市民福祉部長    青 柳 公 一


         生活経済部長    山 上   浩


         建設部長      永 冨 義 隆


         教育部長      柴 田 ムツ子


         消防長       岡 本 義 次


         上下水道局長    塩 川 和 之


         環境整備室長    竹 内   剛


         都市整備室長    植 野 拓 一


         消防本部次長    森 川 幸 勝


                   各課長省略





1.会議事件


議案第 86号 専決処分事項の承認について(直方市乳幼児医療費の支給に関する条例


        の一部改正)                      原案承認


議案第 87号 専決処分事項の承認について(直方市母子家庭等医療費の支給に関する


        条例の一部改正)                    原案承認


議案第 88号 専決処分事項の承認について(直方市重度心身障害者医療費の支給に関


        する条例の一部改正)                  原案承認


議案第 89号 直方市部設置条例の一部を改正する条例について      原案可決


議案第 90号 直方市消防本部及び消防署設置条例の一部を改正する条例について


                                    原案可決


議案第 91号 直方市消防団の設置等に関する条例の一部を改正する条例について


                                    原案可決


議案第 92号 直方市消防団員の定員、任用、給与、分限及び懲戒、服務等に関する条


        例の一部を改正する条例について             原案可決


議案第 93号 直方市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例について


                                    原案可決


議案第 94号 直方市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部を改


        正する条例について                   原案可決


議案第 95号 直方市立学校施設等目的外使用に関する条例の全部を改正する条例につ


        いて                          原案可決


議案第 96号 直方歳時館条例の一部を改正する条例について       原案可決


議案第 97号 直方市石炭記念館条例の一部を改正する条例について    原案可決


議案第 98号 直方市美術館条例の一部を改正する条例について      原案可決


議案第 99号 ユメニティのおがた条例の一部を改正する条例について   原案可決


議案第100号 直方市体育施設条例の一部を改正する条例について     原案可決


議案第101号 直方市社会会館条例の一部を改正する条例について     原案可決


議案第102号 直方市勤労青少年ホーム条例の一部を改正する条例について


                                    原案可決


議案第103号 直方市竜王峡キャンプ村指定管理者の指定について     原案可決


議案第104号 福岡県市町村災害共済基金組合を組織する地方公共団体の数の減少につ


        いて                          原案可決


議案第105号 福岡県自治振興組合を組織する地方公共団体の数の減少について


                                    原案可決


議案第106号 住居表示に伴う字の区域及び名称の変更について      原案可決


議案第107号 市道路線の認定について                 原案可決


議案第108号 市道路線の変更について                 原案可決


議案第110号 平成18年度直方市一般会計補正予算           原案可決


議案第111号 平成18年度直方市介護保険特別会計補正予算       原案可決


議案第112号 平成18年度直方市公共下水道事業特別会計補正予算    原案可決


議案第113号 平成18年度直方市農業集落排水事業特別会計補正予算   原案可決


議案第114号 平成18年度直方市水道事業会計補正予算原案可決


議案第115号 直方市議会委員会条例の一部を改正する条例について


                              上程、質疑、原案可決


請願第  2号 子育て支援の充実を求める請願継続審査


意見書案第7号 「日本司法支援センター」の更なる体制整備・充実を求める意見書につ


        いて                    上程、質疑、原案可決











○議長(宮近義人)


 おはようございます。これより本日の会議を開きます。


 本日の議事は、お手元の日程表のとおり進行を図りたいと思いますので、御了承願います。


 議案第 86号 専決処分事項の承認について(直方市乳幼児医療費の支給に関する条例の一部改正)


 議案第 87号 専決処分事項の承認について(直方市母子家庭等医療費の支給に関する条例の一部改正)


 議案第 88号 専決処分事項の承認について(直方市重度心身障害者医療費の支給に関する条例の一部改正)


 議案第 95号 直方市立学校施設等目的外使用に関する条例の全部を改正する条例について


 議案第 96号 直方歳時館条例の一部を改正する条例について


 議案第 97号 直方市石炭記念館条例の一部を改正する条例について


 議案第 98号 直方市美術館条例の一部を改正する条例について


 議案第 99号 ユメニティのおがた条例の一部を改正する条例について


 議案第100号 直方市体育施設条例の一部を改正する条例について


 議案第101号 直方市社会会館条例の一部を改正する条例について


 議案第102号 直方市勤労青少年ホーム条例の一部を改正する条例について


 議案第106号 住居表示に伴う字の区域及び名称の変更について


 議案第110号 平成18年度直方市一般会計補正予算


 議案第111号 平成18年度直方市介護保険特別会計補正予算


 請願第2号 子育て支援の充実を求める請願


 を一括議題とします。


 議案第86号、87号、88号、95号、96号、97号、98号、99号、100号、101号、102号、106号並びに議案第110号 平成18年度直方市一般会計補正予算第1条中、歳出3款、4款1項、9款1項9目、12目及び10款並びに議案第111号並びに請願第2号について、審査されました経過並びに結果の報告を教育民生常任委員長にお願いします。


               (9番 友原議員 登壇)


○9番(友原春雄)


 おはようございます。去る8日の本会議におきまして、我々教育民生常任委員会に細部の審査を付託されました議案第86号 専決処分事項の承認について(直方市乳幼児医療費の支給に関する条例の一部改正)ほか14件について、審査いたしました経過並びに結果の報告をいたします。


 まず、議案第86号についてであります。


 本案については、福岡県乳幼児医療費の支給に関する条例準則の改正に伴い、文言の整理が必要となったことから専決処分したもので、異議なく原案どおり承認すべきものと決定したのであります。


 次は、議案第87号 専決処分事項の承認について(直方市母子家庭等医療費の支給に関する条例の一部改正)であります。


 本案についても、福岡県母子家庭等医療費の支給に関する条例準則の改正に伴い、専決処分したもので、異議なく原案どおり承認すべきものと決定したのであります。


 次は、議案第88号 専決処分事項の承認について(直方市重度心身障害者医療費の支給に関する条例の一部改正)であります。


 本案についても、福岡県重度心身障害者医療費の支給に関する条例準則の改正に伴い、専決処分したもので、異議なく原案どおり承認すべきものと決定したのであります。


 次は、議案第95号 直方市立学校施設等目的外使用に関する条例の全部を改正する条例についてであります。


 本案については、本条例と本条例施行規則、また直方市立学校施設の開放に関する規則に内容の重複があったことによる条文の整理であることから、異議なく原案どおり可決すべきものと決定したのであります。


 次は、議案第96号 直方歳時館条例の一部を改正する条例について、議案第97号 直方市石炭記念館条例の一部を改正する条例について、議案第98号 直方市美術館条例の一部を改正する条例について、議案第99号 ユメニティのおがた条例の一部を改正する条例について、議案第100号 直方市体育施設条例の一部を改正する条例についてであります。


 この5議案については、同種議案であることから一括審査に付し、当局より詳細なる説明を聴取し論議を交わしたのでありますが、いずれも利用料金制度を導入し、料金表示を内税表示に改めようとするものであり、議案第96号、議案第97号、議案第98号、議案第99号、議案第100号の各議案については、異議なく原案どおり可決すべきものと決定したのであります。


 次は、議案第101号 直方市社会会館条例の一部を改正する条例についてであります。


 本案については、料金表示を内税表示に改め、さらに施設の位置の地番表示を修正しようとするもので、異議なく原案どおり可決すべきものと決定したのであります。


 次は、議案第102号 直方市勤労青少年ホーム条例の一部を改正する条例についてであります。


 本案については、施設の位置の地番表示を修正し、さらに料金表示を内税表示に改めるとともに、施設利用者が減少している本施設の利活用を促進するため、開館時間及び休館日を改正するものであることから、異議なく原案どおり可決すべきものと決定したのであります。


 次は、議案第106号 住居表示に伴う字の区域及び名称の変更についてであります。


 本案については、直方市住居表示審議会の答申に基づくもので、異議なく原案どおり可決すべきものと決定したのであります。


 次は、議案第110号 平成18年度直方市一般会計補正予算第1条中、歳出3款、4款1項、9款1項9目、12目及び10款についてであります。


 本案については、主として9月17日から18日にかけて発生した台風13号による被害に対する修繕料及び知古排水機場新設工事に伴い、北小学校の校地の一部を国土交通省に売却した代金を、将来の学校施設の建設・修繕のため基金に積み立てようとするもので、いずれも必要な予算措置と認め、異議なく原案どおり可決すべきものと決定したのであります。


 次は、議案第111号 平成18年度直方市介護保険特別会計補正予算についてであります。


 本案については、主として介護給付費の平成17年度精算による超過交付額の返還であり、いずれも必要な予算措置と認め、異議なく原案どおり可決すべきものと決定したのであります。


 最後は、請願第2号 子育て支援の充実を求める請願であります。


 本件は、少子化対策の一つである「子育て支援策」の実施を求めるもので、請願項目における本市の現状及び支援策実施に伴う財政負担について、当局より説明を求める中、行財政上実現性があるのか論議を交わしたのであります。


 我々委員会といたしましては、基本的に請願の趣旨には賛同するものの、1点目として支援策の実施には多額の財政負担が伴い、既存の住民福祉の低下を招くおそれがあること。


 2点目として、各自治体間で支援策に格差があり、格差是正に向けた国レベルでの施策が望まれることから、現在、国で検討されている「新しい少子化対策」の動向も視野に入れながら、さらに十分な論議を深め慎重審査する必要があるとの意見が多く、本件については、引き続き閉会中の継続審査とするよう全会一致で決定したのであります。


 以上で、我々教育民生常任委員会に細部の審査を付託されました議案審査の経過並びに結果の報告を終わります。


○議長(宮近義人)


 委員長の報告は終わりました。


 これより質疑を行います。ただいまの委員長報告に対し質疑はありませんか。


                (「なし。」と声あり)


 質疑なきものと認め、質疑を終結します。


 これより議案第86号、87号、88号、95号、96号、97号、98号、99号、100号、101号、102号、106号、111号の討論を行います。


 なお、議案第110号 平成18年度直方市一般会計補正予算について討論のある場合は、最終常任委員長の報告後にお願いします。


 討論はありませんか。


                (「なし。」と声あり)


 討論なきものと認め、討論を終結します。


 これより議案第86号、87号、88号、95号、96号、97号、98号、99号、100号、101号、102号、106号、111号の採決を行います。


 議案第86号 専決処分事項の承認について(直方市乳幼児医療費の支給に関する条例の一部改正)については、委員長報告どおり、原案どおり承認することに賛成の議員の起立を求めます。


                  (起立多数)


 起立多数。


 よって、議案第86号は、委員長報告どおり、原案どおり承認されました。


 議案第87号 専決処分事項の承認について(直方市母子家庭等医療費の支給に関する条例の一部改正)については、委員長報告どおり、原案どおり承認することに賛成の議員の起立を求めます。


                  (起立多数)


 起立多数。


 よって、議案第87号は、委員長報告どおり、原案どおり承認されました。


 議案第88号 専決処分事項の承認について(直方市重度心身障害者医療費の支給に関する条例の一部改正)については、委員長報告どおり、原案どおり承認することに賛成の議員の起立を求めます。


                  (起立多数)


 起立多数。


 よって、議案第88号は、委員長報告どおり、原案どおり承認されました。


 議案第95号 直方市立学校施設等目的外使用に関する条例の全部を改正する条例については、委員長報告どおり、原案どおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。


                  (起立多数)


 起立多数。


 よって、議案第95号は、委員長報告どおり、原案どおり可決されました。


 議案第96号 直方歳時館条例の一部を改正する条例については、委員長報告どおり、原案どおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。


                  (起立多数)


 起立多数。


 よって、議案第96号は、委員長報告どおり、原案どおり可決されました。


 議案第97号 直方市石炭記念館条例の一部を改正する条例については、委員長報告どおり、原案どおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。


                  (起立多数)


 起立多数。


 よって、議案第97号は、委員長報告どおり、原案どおり可決されました。


 議案第98号 直方市美術館条例の一部を改正する条例については、委員長報告どおり、原案どおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。


                  (起立多数)


 起立多数。


 よって、議案第98号は、委員長報告どおり、原案どおり可決されました。


 議案第99号 ユメニティのおがた条例の一部を改正する条例については、委員長報告どおり、原案どおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。


                  (起立多数)


 起立多数。


 よって、議案第99号は、委員長報告どおり、原案どおり可決されました。


 議案第100号 直方市体育施設条例の一部を改正する条例については、委員長報告どおり、原案どおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。


                  (起立多数)


 起立多数。


 よって、議案第100号は、委員長報告どおり、原案どおり可決されました。


 議案第101号 直方市社会会館条例の一部を改正する条例については、委員長報告どおり、原案どおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。


                  (起立多数)


 起立多数。


 よって、議案第101号は、委員長報告どおり、原案どおり可決されました。


 議案第102号 直方市勤労青少年ホーム条例の一部を改正する条例については、委員長報告どおり、原案どおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。


                  (起立多数)


 起立多数。


 よって、議案第102号は、委員長報告どおり、原案どおり可決されました。


 議案第106号 住居表示に伴う字の区域及び名称の変更については、委員長報告どおり、原案どおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。


                  (起立多数)


 起立多数。


 よって、議案第106号は、委員長報告どおり、原案どおり可決されました。


 議案第111号 平成18年度直方市介護保険特別会計補正予算については、委員長報告どおり、原案どおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。


                  (起立多数)


 起立多数。


 よって、議案第111号は、委員長報告どおり、原案どおり可決されました。


 お諮りします。


 教育民生委員長から委員会において審査中の請願第2号 子育て支援の充実を求める請願について、会議規則第94条の規定に基づき閉会中の継続審査の申し出がありました。


 請願第2号については委員長の申し出のとおり、閉会中の継続審査に付することに御異議ありませんか。


               (「異議なし。」と声あり)


 異議なしと認めます。


 よって、請願第2号については継続審査に付することに決定しました。


 議案第 89号 直方市部設置条例の一部を改正する条例について


 議案第 90号 直方市消防本部及び消防署設置条例の一部を改正する条例について


 議案第 91号 直方市消防団の設置等に関する条例の一部を改正する条例について


 議案第 92号 直方市消防団員の定員、任用、給与、分限及び懲戒、服務等に関する条例の一部を改正する条例について


 議案第 93号 直方市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例について


 議案第 94号 直方市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部を改正する条例について


 議案第104号 福岡県市町村災害共済基金組合を組織する地方公共団体の数の減少について


 議案第105号 福岡県自治振興組合を組織する地方公共団体の数の減少について


 を一括議題とします。


 議案第89号、90号、91号、92号、93号、94号、104号、105号並びに議案第110号第1条中、歳出2款、9款1項1目、3目、6目、12款、13款及び歳入全款並びに第3条について、審査されました経過並びに結果の報告を総務常任委員長にお願いします。


                (2番 堀議員 登壇)


○2番(堀 勝彦)


 おはようございます。去る8日の本会議におきまして、我々総務常任委員会に細部の審査を付託されました議案第89号 直方市部設置条例の一部を改正する条例についてほか8議案について、審査いたしました経過並びに結果の報告をいたします。


 まず、議案第89号についてであります。


 本案については、行政改革実施計画に基づく行政ニーズに即応した組織機構の見直しであることから、原案どおり可決すべきものと決定したのであります。


 次は、議案第90号 直方市消防本部及び消防署設置条例の一部を改正する条例についてであります。


 本案については、「消防組織法」の一部改正に伴う表現の適正化による条の整理であり、異議なく原案どおり可決すべきものと決定したのであります。


 次は、議案第91号 直方市消防団の設置等に関する条例の一部を改正する条例についてであります。


 本案については、本会議での質疑を踏まえ、慎重審査を行い論議を重ねたのであります。


 その中でただした主な点は、消防団の区域が校区や公民館と異なるところがあり、消防団と地域が密着した市民にわかりやすい分団体制の整備に向けて、どう考えているかという点であります。


 これに対して当局より、区域が複数の校区にまたがる分団があることは承知しているが、基本的に地域の自治会、公民館とのかかわりは、その地元分団同士で決めてきた経緯もあり、関係分団での解決に任せるしかなく、本市の自主防災組織とあわせ今後の広域をにらんだ将来的な再編の際に、消防団の区域等についても全体を視野に入れた中で、見直していきたいとの答弁に接したのであります。


 我々委員会としては、当局の答弁を了とするものの、市全体の消防体系を考える中で、重要な位置を占める消防団のあり方について、その運営等についても消防本部が積極的にかかわっていくよう要望を付し、原案どおり可決すべきものと決定したのであります。


 次は、議案第92号 直方市消防団員の定員、任用、給与、分限及び懲戒、服務等に関する条例の一部を改正する条例についてであります。


 本案についても、「消防組織法」の一部改正に伴う表現の適正化による条の整理であり、異議なく原案どおり可決すべきものと決定したのであります。


 次は、議案第93号 直方市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例についてであります。


 本案については、「消防組織法」及び「非常勤消防団員等に係る損害補償の基準を定める政令」の一部改正に伴い、表現の適正化による条の整理及び地方公務員災害補償制度との均衡を考慮して、障害等級ごとの障害について規則で定める措置が講じられたことによる条例の一部改正であり、異議なく原案どおり可決すべきものと決定したのであります。


 次は、議案第94号 直方市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部を改正する条例についてであります。


 本案についても、「消防組織法」の一部改正に伴う表現の適正化による条の整理であり、異議なく原案どおり可決すべきものと決定したのであります。


 次は、議案第104号 福岡県市町村災害共済基金組合を組織する地方公共団体の数の減少についてであります。


 本案については、八女郡上陽町の八女市への編入合併に伴い、福岡県市町村災害共済基金組合を組織する市町村数が69から68に減少したことについて、構成する市町村の議会の議決が必要なことから、異議なく原案どおり可決すべきものと決定したのであります。


 次は、議案第105号 福岡県自治振興組合を組織する地方公共団体の数の減少についてであります。


 本案についても、議案第104号と同様、編入合併に伴い、福岡県自治振興組合を組織する市町村数が69から68に減少したことについて、構成する市町村の議会の議決が必要なことから、異議なく原案どおり可決すべきものと決定したのであります。


 最後は、議案第110号 平成18年度直方市一般会計補正予算第1条中、歳出2款、9款1項1目、3目、6目、12款、13款及び歳入全款並びに第3条についてであります。


 本案については、当局より詳細なる説明を聴取する中、慎重審査を行ったのでありますが、歳入、歳出、第3条のいずれも必要な予算措置であると認め、異議なく原案どおり可決すべきものと決定したのであります。


 以上で、我々総務常任委員会に細部の審査を付託されました議案審査の経過並びに結果の報告を終わります。


○議長(宮近義人)


 委員長の報告は終わりました。


 これより質疑を行います。ただいまの委員長報告に対し質疑はありませんか。


                (「なし。」と声あり)


 質疑なきものと認め、質疑を終結します。


 これより議案第89号、90号、91号、92号、93号、94号、104号、105号の討論を行います。


 討論はありませんか。


                (「なし。」と声あり)


 討論なきものと認め、討論を終結します。


 これより議案第89号、90号、91号、92号、93号、94号、104号、105号の採決を行います。


 議案第89号 直方市部設置条例の一部を改正する条例については、委員長報告どおり、原案どおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。


                  (起立多数)


 起立多数。


 よって、議案第89号は、委員長報告どおり、原案どおり可決されました。


 議案第90号 直方市消防本部及び消防署設置条例の一部を改正する条例については、委員長報告どおり、原案どおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。


                  (起立多数)


 起立多数。


 よって、議案第90号は、委員長報告どおり、原案どおり可決されました。


 議案第91号 直方市消防団の設置等に関する条例の一部を改正する条例については、委員長報告どおり、原案どおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。


                  (起立多数)


 起立多数。


 よって、議案第91号は、委員長報告どおり、原案どおり可決されました。


 議案第92号 直方市消防団員の定員、任用、給与、分限及び懲戒、服務等に関する条例の一部を改正する条例については、委員長報告どおり、原案どおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。


                  (起立多数)


 起立多数。


 よって、議案第92号は、委員長報告どおり、原案どおり可決されました。


 議案第93号 直方市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例については、委員長報告どおり、原案どおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。


                  (起立多数)


 起立多数。


 よって、議案第93号は、委員長報告どおり、原案どおり可決されました。


 議案第94号 直方市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部を改正する条例については、委員長報告どおり、原案どおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。


                  (起立多数)


 起立多数。


 よって、議案第94号は、委員長報告どおり、原案どおり可決されました。


 議案第104号 福岡県市町村災害共済基金組合を組織する地方公共団体の数の減少については、委員長報告どおり、原案どおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。


                  (起立多数)


 起立多数。


 よって、議案第104号は、委員長報告どおり、原案どおり可決されました。


 議案第105号 福岡県自治振興組合を組織する地方公共団体の数の減少については、委員長報告どおり、原案どおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。


                  (起立多数)


 起立多数。


 よって、議案第105号は、委員長報告どおり、原案どおり可決されました。


 議案第103号 直方市竜王峡キャンプ村指定管理者の指定についてを議題とします。


 議案第103号並びに議案第110号第1条中、歳出4款2項、6款1項2目、5目、8目、15目、7款、9款1項7目、11目及び11款について、審査されました経過並びに結果の報告を経済常任委員長にお願いします。


               (5番 橋本議員 登壇)


○5番(橋本 長)


 おはようございます。去る8日の本会議におきまして、我々経済常任委員会に細部の審査を付託されました議案第103号 直方市竜王峡キャンプ村指定管理者の指定についてほか1議案について、審査いたしました経過並びに結果の報告をいたします。


 まず、議案第103号 直方市竜王峡キャンプ村指定管理者の指定についてであります。


 本案については、現在、直方市が直営で行っている直方市竜王峡キャンプ村施設の運営について、直方市公の施設に係る指定管理者の指定手続き等に関する条例及び直方市竜王峡キャンプ村施設条例に基づき、直方市竜王峡運営協議会を指定管理者として指定し、平成19年4月1日から平成24年3月31日までの5年間、直方市竜王峡キャンプ村の管理を行わせるものであることから、本案については、原案どおり可決するものと決定したのであります。


 最後に、議案第110号 平成18年度直方市一般会計補正予算第1条中、歳出4款2項、6款1項2目、5目、8目、15目、7款、9款1項7目、11目及び11款についてであります。


 本案についても、当局より詳細なる説明を聴取し、慎重審査を行ったのでありますが、その中で要望した主な点は、歳出6款1項8目 農業技術・担い手育成対策事業補助金及び7款1項3目 工芸の村売却に係るリーフレット作成費についてであります。


 まず、6款1項8目 農業技術・担い手育成対策事業補助金についてであります。


 本予算は、県事業である農業技術・担い手育成対策事業補助金として、働く農村女性のチャレンジ事業を支援していくことにより、女性の農業経営、地域への社会参画を促進することを目的として支出されるものであることから、必要な予算措置と認めるものの、地域農業の新しい事業の取り組みについては、市として県の補助事業との調整等、今後も積極的な支援を行っていくよう要望したのであります。


 次に、7款1項3目 工芸の村売却に係るリーフレット作成費についてであります。


 今回、福地山麓工芸の村用地の売却についてのリーフレット作成費用が予算計上されたことに伴い、リーフレット作成費用の詳細とともに、今後の売却の概要についての説明を受けました。


 工芸の村用地の売却については長年の懸案事項でもあることから、用地売却に関するリーフレット作成費用については必要な予算措置と認めるものの、用地売却については今後、購入希望者の選定や、購入後の利用条件の設定等、さまざまな課題が考えられることから、市として対応を誤ることなく用地売却に係る業務を円滑に行っていくよう要望したのであります。


 以上の2点について要望を付し、本案については原案どおり可決すべきものと決定したのであります。


 以上で、我々経済常任委員会に細部の審査を付託されました議案審査の経過並びに結果の報告を終わります。


○議長(宮近義人)


 委員長の報告は終わりました。


 これより質疑を行います。ただいまの委員長報告に対し質疑はありませんか。


                (「なし。」と声あり)


 質疑なきものと認め、質疑を終結します。


 これより議案第103号の討論を行います。


 討論はありませんか。


                (「なし。」と声あり)


 討論なきものと認め、討論を終結します。


 これより議案第103号の採決を行います。


 議案第103号 直方市竜王峡キャンプ村指定管理者の指定については、委員長報告どおり、原案どおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。


                  (起立多数)


 起立多数。


 よって、議案第103号は、委員長報告どおり、原案どおり可決されました。


 議案第107号 市道路線の認定について


 議案第108号 市道路線の変更について


 議案第112号 平成18年度直方市公共下水道事業特別会計補正予算


 議案第113号 平成18年度直方市農業集落排水事業特別会計補正予算


 議案第114号 平成18年度直方市水道事業会計補正予算


 を一括議題とします。


 議案第107号、108号、並びに議案第110号第1条中、歳出5款、6款1項13目、8款、9款1項8目及び10目並びに第2条並びに議案第112号、113号、114号について、審査されました経過並びに結果の報告を建設常任委員長にお願いします。


               (15番 太田議員 登壇)


○15番(太田信幸)


 おはようございます。去る8日の本会議におきまして、我々建設常任委員会に細部の審査を付託されました議案第107号 市道路線の認定についてほか5議案について、審査いたしました経過並びに結果の報告をいたします。


 まず、議案第107号 市道路線の認定について、議案第108号 市道路線の変更についての2議案でありますが、市道路線に係る議案であることから一括審査に付し、論議を深めたのであります。


 市道路線の認定については、寄附採納及び感田東土地区画整理事業や勘六橋かけかえによる道路整備等に伴う市道認定であり、市道路線の変更については、旧居立川ポンプ場用地の払い下げ及び感田東土地区画整理事業に伴う路線の変更であることから、議案第107号、議案第108号については、それぞれ異議なく原案どおり可決すべきものと決定したのであります。


 次は、議案第110号 平成18年度直方市一般会計補正予算第1条中、歳出5款、6款1項13目、8款、9款1項8目及び10目並びに第2条についてであります。


 本案については、当局の説明を聴取する中で慎重審査を行ったのであります。


 その中で要望した主な点は、1点目として、8款2項2目 道路維持費及び8款5項1目 下水路整備費の修繕料についてであります。これら修繕料は、市民生活と密接な関係があり、特に道路の維持補修については市民からの要望も多く、道路災害を未然に防ぐといった観点からも、現状に即した中での予算措置が求められているところであります。


 我々委員会といたしましては、本市の財政状況が厳しいことは認識するものの、生活環境の維持、改善を目的とした予算であることから、多くの市民要望にこたえられるよう予算措置を含め最大限の努力をされること。


 2点目として、8款6項1目 住宅管理費の修繕料についてであります。


 本市の市営住宅については、建築年数が古く老朽化が進んでいることから、毎年修繕料等に多くの経費を要しているのが現状であります。


 我々委員会といたしましては、今後もさらに老朽化が進めば修繕料等の増加が予想され、修繕が不可能な住宅も多くなり、入居者の要望等にこたえられない状況が考えられることから、厳しい財政状況ではあるが市営住宅の建設等も含め、将来を見据えた中長期的な視野に立った住宅政策を講じられること。


 3点目として、8款8項1目 下水道整備費の13節 頓野住宅団地汚水処理場汚泥搬出処分委託料についてであります。


 本委託料は、頓野住宅団地汚水処理場で処分している脱水汚泥の量が予測よりも多かったことに伴う予算措置であります。


 我々委員会といたしましては、頓野住宅団地等の汚水を衛生的に処理するために必要な予算措置であることは認めるものの、本市の厳しい財政状況を考慮し、経費の削減につながるような、より効率のいい手法等があれば積極的に調査、研究されること。


 以上、3点について要望を付し、原案どおり可決すべきものと決定したのであります。


 次は、議案第112号 平成18年度直方市公共下水道事業特別会計補正予算についてであります。


 本案については、いずれも必要な予算措置と認め、異議なく原案どおり可決すべきものと決定したのであります。


 次は、議案第113号 平成18年度直方市農業集落排水事業特別会計補正予算についてでありますが、本案についても、いずれも必要な予算措置と認め、異議なく原案どおり可決すべきものと決定したのであります。


 最後に、議案第114号 平成18年度直方市水道事業会計補正予算についてであります。


 本案についても、いずれも必要な予算措置と認め、異議なく原案どおり可決すべきものと決定したのであります。


 以上で、我々建設常任委員会に細部の審査を付託されました議案審査の経過並びに結果の報告を終わります。


○議長(宮近義人)


 委員長の報告は終わりました。


 これより質疑を行います。ただいまの委員長報告に対し質疑はありませんか。


                (「なし。」と声あり)


 質疑なきものと認め、質疑を終結します。


 これより議案第107号、108号、110号、112号、113号、114号の討論を行います。


 討論はありませんか。


                (「なし。」と声あり)


 討論なきものと認め、討論を終結します。


 これより議案第107号、108号、110号、112号、113号、114号の採決を行います。


 議案第107号 市道路線の認定については、委員長報告どおり、原案どおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。


                  (起立多数)


 起立多数。


 よって、議案第107号は、委員長報告どおり、原案どおり可決されました。


 議案第108号 市道路線の変更については、委員長報告どおり、原案どおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。


                  (起立多数)


 起立多数。


 よって、議案第108号は、委員長報告どおり、原案どおり可決されました。


 議案第110号 平成18年度直方市一般会計補正予算については、各委員長報告どおり、原案どおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。


                  (起立多数)


 起立多数。


 よって、議案第110号は、各委員長報告どおり、原案どおり可決されました。


 議案第112号 平成18年度直方市公共下水道事業特別会計補正予算については、委員長報告どおり、原案どおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。


                  (起立多数)


 起立多数。


 よって、議案第112号は、委員長報告どおり、原案どおり可決されました。


 議案第113号 平成18年度直方市農業集落排水事業特別会計補正予算については、委員長報告どおり、原案どおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。


                  (起立多数)


 起立多数。


 よって、議案第113号は、委員長報告どおり、原案どおり可決されました。


 議案第114号 平成18年度直方市水道事業会計補正予算については、委員長報告どおり、原案どおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。


                  (起立多数)


 起立多数。


 よって、議案第114号は、委員長報告どおり、原案どおり可決されました。


 意見書案第7号 「日本司法支援センター」の更なる体制整備・充実を求める意見書についてを議題とします。


 なお、意見書案の趣旨は、調整会議で十分協議されていますので、説明は省略したいと思います。これに御異議ありませんか。


               (「異議なし。」と声あり)


 異議なしと認めます。


 よって、意見書案の説明は省略することに決定しました。


 これより意見書案の質疑を行います。質疑はありませんか。


                (「なし。」と声あり)


 質疑なきものと認め、質疑を終結します。


 お諮りします。


 意見書案は委員会付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。


               (「異議なし。」と声あり)


 異議なしと認めます。


 よって、意見書案は委員会付託を省略することに決定しました。


 これより意見書案の討論を行います。討論はありませんか。


                (「なし。」と声あり)


 討論なきものと認め、討論を終結します。


 これより意見書案の採決を行います。


 意見書案第7号 「日本司法支援センター」の更なる体制整備・充実を求める意見書については、原案どおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。


                  (起立多数)


 起立多数。


 よって、意見書案第7号は原案どおり可決されました。


 ただいま可決されました意見書については、関係行政庁等に送付しますが、この取り扱いについては議長に一任願います。


 議事日程にしたがい、行財政改革研究特別委員会において審査されました結果報告を行財政改革研究特別委員長にお願いいたします。


               (14番 貝島議員 登壇)


○14番(貝島悠翼)


 おはようございます。昨年3月に設置されました「行財政改革研究特別委員会」の結果につきまして、御報告いたします。昨年9月2日までに計11回の会議を開催し、その経過及び結果につきましては、昨年の12月定例会にて御報告申し上げたとおりであります。


 確認の意味で協議結果を簡潔に申しますと、議員定数につきましては、次回選挙より25人を21人へと4人削減すること。


 常任委員会構成につきましては、次回選挙後に4委員会を3委員会へと1委員会削減すること。


 常任委員会視察費につきましては、平成18年度より一人当たり14万7,000円を13万円に減額すること。


 議員報酬、政務調査費、費用弁償及び委員会視察での事務局職員の随行につきましては現行どおりとすること。


 議員の各種審議会等への充て職につきましては現行どおりとするが、減らす方向とすること。


 以上、8項目でありました。


 そのうち、議員定数につきましては昨年の12月定例会において、次回選挙から議員定数を25人から21人へと4人を削減する「直方市議会議員定数条例の一部を改正する条例」を提案し、既に可決されております。


 残る、常任委員会構成についてでありますが、執行部より直方市行政改革実施計画に基づき、行政ニーズに即応した行政組織の見直しの報告を受けました。


 そこで、この12月1日に第12回特別委員会を開催し、常任委員会数が1減になるのに伴い、三つの委員会の所管をどうするのかについて、所管する部局の数や事務量、あるいは事務の共通性等さまざまな角度からの御意見が出ましたが、来年度からの新しい行政組織との整合性を図り、円滑な議会運営に資するため、経済常任委員会と建設常任委員会を統合し、産業建設常任委員会とすることで合意いたしました。


 これをもちまして、我々「行財政改革研究特別委員会」に付託されました調査はすべて終了しましたことを御報告いたします。


○議長(宮近義人)


 委員長の報告は終わりました。


 ただいまの委員長報告に対し質疑はありませんか。


                (「なし。」と声あり)


 質疑なきものと認め、質疑を終結します。


 行財政改革研究特別委員会の結果報告については、ただいまお聞きのとおりでありますのでご了承願います。


 議案第115号 直方市議会委員会条例の一部を改正する条例についてを議題とします。


 議案第115号について提案者の説明を求めます。


               (14番 貝島議員 登壇)


○14番(貝島悠翼)


 議案第115号 直方市議会委員会条例の一部を改正する条例について、提出者を代表して御説明いたします。


 昨年12月の定例市議会におきまして、「行財政改革研究特別委員会」の結論を踏まえ、「直方市議会議員定数条例の一部を改正する条例」を提案し、既に可決されたところです。そしてこのたび、「直方市行政改革実施計画」に基づき、行政ニーズに即応した行政組織の見直しが行われ、「直方市部設置条例の一部を改正する条例」が本日可決されました。そこで、「行財政改革研究特別委員会」での結論を踏まえ、さらには来年度からの新しい行政組織との整合性を図り円滑な議会運営に資するため、現行四つの常任委員会を経済委員会と建設委員会を統合して、三つの常任委員会とし、その名称、委員の定数及び所管について地方自治法第109条第1項の規定により、直方市議会委員会条例の一部を改正しようとするものであります。


 それでは、内容について御説明いたしますので、3枚目の新旧対照表をごらん願います。


 左が改正案、右が現行です。


 第2条第1号中の「総務委員会」を「総務常任委員会」に改め、同号「ア」のうち、「企画財政部」を「総合政策部」に改め、同号のうち「イ」を削り、「ウ」を「イ」とし、「エ」を「ウ」とし、「オ」を「エ」とし、「カ」を「オ」といたします。「カ」を「オ 他の常任委員会の所管に属さない事項」に改め、同条第2号中、「教育民生員会」を「教育民生常任委員会」に、「6人」を「7人」に改め、同号「ア」のうちの「市民福祉部」を「市民部」に改め、同条第3号中、「経済委員会」を「産業建設常任委員会」に「6人」を「7人」に改め、同号に「ウ 建設部の所管に属する事項」及び「エ 上下水道局の所管に属する事項」を加え、同条第4号を削ることとしております。


 なお、附則におきまして施行期日を平成19年5月2日とするものであります。


 以上、議案第115号 直方市議会委員会条例の一部を改正する条例について御説明いたしました。よろしく御審議のほどお願いいたします。


○議長(宮近義人)


 議案考査のため暫時休憩します。


                                 10時59分 休 憩


                                 10時59分 再 開


○議長(宮近義人)


 休憩前に引き続き会議を再開します。


 これより議案第115号の質疑を行います。質疑はありませんか。


                (「なし。」と声あり)


 質疑なきものと認め、質疑を終結します。


 お諮りします。


 議案第115号は委員会付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。


               (「異議なし。」と声あり)


 異議なしと認めます。


 よって、議案第115号は委員会付託を省略することに決定しました。


 これより議案第115号の討論を行います。討論はありませんか。


                (「なし。」と声あり)


 討論なきものと認め、討論を終結します。


 これより議案第115号の採決を行います。


 議案第115号 直方市議会委員会条例の一部を改正する条例については、原案どおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。


                  (起立多数)


 起立多数。


 よって、議案第115号は原案どおり可決されました。


 これより会議録署名議員の指名を行います。


 本定例市議会の会議録署名議員として、7番 田代誠一議員、13番 安武議員を指名します。


 12月定例市議会は、以上をもって全部終了しました。


 これをもって閉会いたします。


                                 11時00分 閉 会





地方自治法第123条第2項の規定により署名する。





           直方市議会議長   宮 近 義 人





           直方市議会副議長  村 上 圭 吾





           直方市議会議員   田 代 誠 一





           直方市議会議員   安 武 俊 次