議事ロックス -地方議会議事録検索-


福岡県 直方市

平成18年 6月定例会 (第5日 6月16日)




平成18年 6月定例会 (第5日 6月16日)





 
               平成18年6月16日(金)





1.会議の開閉時刻  開議 10時00分


           散会 10時23分





1.出席及び欠席議員の氏名


          1番       田 中 秀 孝


          2番       堀   勝 彦


          3番       今 定   正


          4番       (欠 員)


          5番       橋 本   長


          6番       有 田 忠 之


          7番       田 代 誠 一


          8番       石 田 一 人


          9番       友 原 春 雄


         10番       田 代 文 也


         11番       村 田 武 久


         12番 (欠席)  石 田 國 輝


         13番       安 武 俊 次


         14番       貝 島 悠 翼


         15番       太 田 信 幸


         16番       澄 田 和 昭


         17番       藤 永 勝 巳


         18番       中 西 省 三


         19番       竹 松 房 子


         20番       香 原 勝 司


         21番       松 田 英 雄


         22番       松 田   ?


         23番       松 尾 大 策


         24番       村 上 圭 吾


         25番       宮 近 義 人





1.職務のため議場に出席した事務局職員職氏名


         議会事務局長    岡 島 洋 二


         次    長    川 原 精 二


         係    長    宮 近 博 之


         書    記    藤 木 孝 一


1.説明のため出席した者の職氏名


         市    長    向 野 敏 昭


         助    役    其 田 浩 和


         教育長       舟 越 裕 喜


         企画財政部長    大 塚 進 弘


         総務部長      則 松 正 年


         市民福祉部長    青 柳 公 一


         生活経済部長    山 上   浩


         建設部長      永 冨 義 隆


         教育部長      柴 田 ムツ子


         消防長       岡 本 義 次


         上下水道局長    塩 川 和 之


         環境整備室長    竹 内   剛


         都市整備室長    植 野 拓 一


         消防本部次長    森 川 幸 勝


                   各課長省略


1.会議事件


議案第 33号 専決処分事項の承認について(直方市税条例の一部改正)


                            質疑、総務常任委員会付託


議案第 34号 専決処分事項の承認について(直方市国民健康保険税賦課徴収条例の一


        部改正)              質疑、教育民生常任委員会付託


議案第 35号 専決処分事項の承認について(直方市消防団員等公務災害補償条例の一


        部改正)                質疑、総務常任委員会付託


議案第 36号 専決処分事項の承認について(平成17年度直方市一般会計補正予算)


                             質疑、各常任委員会付託


議案第 37号 専決処分事項の承認について(平成18年度直方市国民健康保険特別会


        計補正予算)            質疑、教育民生常任委員会付託


議案第 38号 専決処分事項の承認について(平成18年度直方市老人保健特別会計補


        正予算)              質疑、教育民生常任委員会付託


議案第 39号 直方市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の


        一部を改正する条例について       質疑、総務常任委員会付託


議案第 40号 直方市公園条例の一部を改正する条例について


                            質疑、建設常任委員会付託


議案第 41号 直方市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部を改


        正する条例について           質疑、総務常任委員会付託


議案第 42号 市道路線の認定について         質疑、建設常任委員会付託


議案第 43号 市道路線の変更について         質疑、建設常任委員会付託


議案第 44号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて


                              上程、質疑、意見なし


議案第 45号 福岡県市町村災害共済基金組合を組織する市町村数の増減について


                            質疑、総務常任委員会付託


議案第 46号 福岡県自治振興組合を組織する市町村数の増減について


                            質疑、総務常任委員会付託


議案第 47号 平成18年度直方市一般会計補正予算    質疑、各常任委員会付託


議案第 48号 平成18年度直方市国民健康保険特別会計補正予算


                          質疑、教育民生常任委員会付託


議案第 49号 平成18年度直方市老人保健特別会計補正予算


                          質疑、教育民生常任委員会付託


議案第 50号 平成18年度直方市介護保険特別会計補正予算


                          質疑、教育民生常任委員会付託


議案第 51号 平成18年度直方市公共下水道事業特別会計補正予算


                            質疑、建設常任委員会付託


議案第 52号 平成18年度直方市農業集落排水事業特別会計補正予算


                            質疑、建設常任委員会付託


議案第 53号 平成18年度直方市水道事業会計補正予算


                            質疑、建設常任委員会付託











○議長(宮近義人)


 おはようございます。これより本日の会議を開きます。


 議事に入る前に、16番 澄田議員から発言取り消しの申し出があっておりますので、議長として発言を許可いたします。


              (16番 澄田議員 自席より)


○16番(澄田和昭)


 会議始まる前に申しわけありませんが、昨日の私の一般質問の中で、一部個人のプライバシーに関する不適切な発言がありましたので、その部分の取り消しをお願いいたします。議長の方で取り扱いをお願いいたします。


○議長(宮近義人)


 ただいま、澄田議員から6月15日の本会議中の一般質問における発言について、会議規則第62条の規定に基づき、その発言の一部を取り消したいとの申し出がありました。


 お諮りします。


 これを許可することに御異議ありませんか。


               (「異議なし。」と声あり)


 異議なしと認めます。


 それでは、本日の議事に入ります。本日の議事は、お手元の日程表のとおり進行を図りたいと思いますので、御了承願います。


 議案第33号 専決処分事項の承認について(直方市税条例の一部改正)


 議案第34号 専決処分事項の承認について(直方市国民健康保険税賦課徴収条例の一部改正)


 議案第35号 専決処分事項の承認について(直方市消防団員等公務災害補償条例の一部改正)


 議案第36号 専決処分事項の承認について(平成17年度直方市一般会計補正予算)


 議案第37号 専決処分事項の承認について(平成18年度直方市国民健康保険特別会計補正予算)


 議案第38号 専決処分事項の承認について(平成18年度直方市老人保健特別会計補正予算)


 議案第39号 直方市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例について


 議案第40号 直方市公園条例の一部を改正する条例について


 議案第41号 直方市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部を改正する条例について


 議案第42号 市道路線の認定について


 議案第43号 市道路線の変更について


 議案第45号 福岡県市町村災害共済基金組合を組織する市町村数の増減について


 議案第46号 福岡県自治振興組合を組織する市町村数の増減について


 議案第47号 平成18年度直方市一般会計補正予算


 議案第48号 平成18年度直方市国民健康保険特別会計補正予算


 議案第49号 平成18年度直方市老人保健特別会計補正予算


 議案第50号 平成18年度直方市介護保険特別会計補正予算


 議案第51号 平成18年度直方市公共下水道事業特別会計補正予算


 議案第52号 平成18年度直方市農業集落排水事業特別会計補正予算


 議案第53号 平成18年度直方市水道事業会計補正予算を一括議題といたします。


 これより各議案について質疑を行います。質疑はありませんか。


              (21番 松田議員 自席より)


○21番(松田英雄)


 おはようございます。議案第40号の中で、1点だけお尋ねをいたしたいと思います。


 1番最後のページになりますかね、3ページ、この中でですね、別表第3(第10条関係)ということで、公園施設設置等使用料で1カ月平米当たり15円という使用料がのっておりますが、この部分についてどのような目的で、こういうふうな条例変更が出されたのかお尋ねをしたいと思います。


○都市計画課長(佐藤雅通)


 21番 松田英雄議員の御質疑にお答えいたします。


 公園管理者以外の者、つまり、市以外の者が、遊具や売店などの公園施設を公園内に設ける場合は、都市公園法第5条に基づき、その許可を受けなければならないようになっております。市に対して許可申請があり、その公園施設の内容が公園利用者の利用増進を図るものであったり、また、公園の機能増進に資すると認められる場合には、当該公園施設の設置許可をすることができるというふうになっております。


 その関係で、公園用地の使用料金を地方自治法に基づき、徴収するようにしたわけでございます。以上です。


○21番(松田英雄)


 それで、ちょっと尋ね方が悪かったんかどうかわかりませんが、使用料がね、15円平米当たり、この金額であればだれでも借りて何かしたいなという思いがあると思いますけども、基本的には公共関係の団体とか、そういう関係しかお貸しにはならないんだろうと思いますが。その15円の根拠といいますか、それもちょっとお尋ねしたいと思います。


 それからですね、多分、今回のこの条例は、公園の中にある物件を建てるということでの賃貸といいますか使用許可願いだろうと思いますが。それでですね、ちょっと言葉がこれでいいのか私もちょっと疑問に思ったんで、お尋ねしたいんですが。


 改正の内容では、公園施設設置という言葉になってるんですけども、これはいわゆる土地の敷地の使用許可だろうと思いますので、例えば公園内施設設置とかそういう言葉じゃないといけんのじゃないかというふうに、ちょっと疑問に思っておるんですが。これは、答弁できるかどうか変更は難しいかもわかりませんので、とりあえずちょっと疑問に思っておりますので、検討していただければと思っております。


 それで、もう1点お尋ねしたいのがですね、多分、物を建てるとなればかなりの期間の賃貸契約といいますか、使用期間がいるんじゃないかと思いますが、その辺がどういうふうな契約になるのか。


 例えば、相手方が返すまでずっと契約するのか、その辺をちょっとお尋ねしたいと思います。


○都市計画課長(佐藤雅通)


 15円の根拠はということでございます。先ほど地方自治法に基づき徴収するわけでございますが、料金の設定に当たりましては当該施設が都市公園法に基づく公園施設でございますので、直方市の道路占用料条例のその他の項目にあります、平米当たり15円及び財務規則の運用基準の額などを参考にさせていただきまして15円というふうに算定をいたしました。


 それから、別表第3号の名前でございますが、公園施設設置等の使用料、議員御指摘のようにこれは、市以外の者が公園施設を公園内に設置する場合の許可を与えた後のその土地を占用する土地の使用料のことでございます。


 それと、その場合に貸す、借用・占用期間についてはどうかというお尋ねでございますが、都市公園法によりこれ法なんですが、都市公園法により規定がされております。公園管理者以外の者が占用する場合については、その期間は10年を越えることができないというふうになっております。


 また、これを更新するときの期間につきましても同様とするというふうに規定をされておりますので、これを遵守したいというふうに考えております。以上でございます。


○21番(松田英雄)


 大体状況はつかめましたが、いわゆる市の市有財産の一部をお貸しするわけですので、契約期間等もあるでしょうけども、しっかりと管理して使っていただくように指導いただきたいと思います。これで終わります。


○議長(宮近義人)


 ほかに質疑はありませんか。


              (7番 田代議員 自席より)


○7番(田代誠一)


 同じく、松田議員と同じく関連して議案第40号についてであります。


 今、お尋ねの部分でお答えをいただいたので概略わかりましたけども、この貸し出される土地については、かねがね私も一般質問でお尋ねした時に答えていただいた便益施設に該当する部分だと思いますけども。


 まず、契約がなされたのかどうかを一つお尋ねしたいと思います。


○都市計画課長(佐藤雅通)


 7番 田代誠一議員の御質疑にお答えします。


 パークゴルフ場における便益施設の契約をされたのかというお尋ねでございますが、まず、相手側これは以前から調整をしておりましたが、ある一定の調整ができましたので相手側の方からまず、今年度の3月に便益施設設置の打診が市に対してございました。


 その中で、便益施設を公園内に建てる場合の条件をいろいろ付記をしまして、都市公園法の第5条に基づき許可の旨を相手に通知をいたしました。以上でございます。


○7番(田代誠一)


 契約と許可はおのずから違うと思うんですけども。聞くところによりますと、既に便益施設というよりも農産物直売所、なのはな畑という名称で早い時期から打ち出されて直売所のスタイルでの取り組みがなされておりましたけども、市当局等の話の中で途中から便益施設という言葉を使ってなされておるようですけども、少なくとも営利を目的とする直売所ということで、形は便益施設ということになろうかと思いますけども、我々農業者サイドから見たときに、直売所というのは物を生産して販売して手数料なりを取ってやるということで、これは、やはり利益誘導につながるとこういうふうに私は解釈するんですけども。


 その時に、この公園施設設置等の文言に対してですね、便益施設という取り組みとしては福岡県下でもパークゴルフ場の用地で言えば2カ所目ということで極めて例も少ないんですけども、少なくとも桜づつみ公園、バークゴルフ場用地の1画を利用するということからして、便益施設ということをもう少し私は強く打ち出してやられるべきではなかったのかなというふうに、今でも思っておりますけども。


 もう既に、事業概要も明らかにされて取り組みがなされておるようで、もう事業の展開として入札もあって業者も決まっておるというふうにも聞いておりますけども、どうも一連の流れの中では、先行してその展開がなされていっとるような懸念がするわけですけども。


 まあこういったふうに今回条例を改正するという取り組みをなされるのであれば、当局としてももう少し毅然とした対応でやっていただけないものかなというふうに感じるところであります。


 先ほど、松田議員もお尋ねになりました、平方メートル当たり15円の算出根拠につきましても、聞くところによりますと、その当時田んぼですから、反当1,960万円という不当とも思える高額な価格で取得をなされて、数年を経過した後に造成工事に入られたと。あれだけ地上げをされて、りっぱに造成もなされたので造成費用もかなりな金額だったと思います。


 そういうことからして、この平米単価がですね、算出根拠を今言われましたけども、妥当なものかどうかと。まして、先ほど触れましたように、便益施設と言いながらも直売所で経済行為がなされるということで考えたときにですね、この金額が妥当かどうかというのをいま一度お尋ねしたいと思います。


○都市計画課長(佐藤雅通)


 15円の金額が妥当かという御質疑でございます。料金、今回の今言われておりますパークゴルフ場、これは植木桜づつみ公園内ですが、この公園内におきます便益施設の使用料、土地の占用料といいますか15円につきましては、まず、この便益施設そのものが、市管理以外の者が建設もしてよろしい、管理もしてよろしいという都市公園法第5条により許可をされております。本来ならば、都市公園法による公園施設でございますので、市が建設をして一時管理もしてよろしいわけでございますが、管理の仕方、それから運営の仕方が市になじまないと。


 それから、この便益施設が公園全体の機能増進に資するというふうに認められる場合については、市以外の者にその運営方法を任してよろしいというふうになってます。


 そういう考えから立ちますと、この占用の料金につきましては、公共的な要素も多いことから、直方市の占用料条例及び財務規則の運用基準の額15円を参考にし、算定をさせていただきました。以上でございます。


○議長(宮近義人)


 ほかに質疑はありませんか。


                (「なし。」と声あり)


 以上をもって質疑を終結します。


 これより各議案の付託を行います。


 議案第33号、35号並びに議案第36号 専決処分事項の承認について(平成17年度直方市一般会計補正予算第1条中、歳出2款、9款及び歳入全款並びに第2条)並びに議案第39号、41号、45号、46号並びに議案第47号 平成18年度直方市一般会計補正予算第1条中、歳出1款、2款、9款及び歳入全款を総務常任委員会に、


 議案第34号並びに議案第36号第1条中、歳出10款並びに議案第37号、38号並びに議案第47号第1条中、歳出3款、4款1項及び10款並びに議案第48号、49号、50号を教育民生常任委員会に、


 議案第36号第1条中、歳出4款及び6款並びに議案第47号第1条中、歳出4款2項、6款1項2目、5目、15目及び7款を経済常任委員会に、


 議案第36号第1条中、歳出5款、及び8款並びに議案第40号、42号、43号並びに議案第47号第1条中、歳出5款、6款1項13目及び8款並びに議案第51号、52号、53号を建設常任委員会に、


 それぞれ細部の審査を付託します。


 議案第44号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについてを議題とします。


 議案第44号について当局の説明を求めます。


○市長(向野敏昭)


 議案第44号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて御説明申し上げます。


 人権擁護委員8名につきましては、現在、中泉の大村正幸氏、頓野の渡邉征生氏、知古の柴田峯子氏、植木の本松伸吉氏、山部の阿部安太郎氏、上新入の磯邉悠子氏、感田の佐藤靖子氏、頓野の中川彬子氏にそれぞれお願いいたしておりますが、このたび阿部安太郎氏が平成17年9月30日付で退任されました。つきましては、阿部安太郎氏の後任といたしまして、人格、識見ともにすぐれておられます丸本直彦氏を推薦させていただきたく、御賛同いただきますようお願い申し上げます。


○議長(宮近義人)


 これより議案第44号について質疑を行います。質疑はありませんか。


                (「なし。」と声あり)


 質疑なきものと認め、質疑を終結します。


 お諮りします。


 議案第44号は委員会付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。


               (「異議なし。」と声あり)


 異議なしと認めます。


 よって、議案第44号は委員会付託を省略することに決定しました。


 これより議案第44号の討論を行います。討論はありませんか。


                (「なし。」と声あり)


 討論なきものと認め、討論を終結します。


 これより議案第44号の採決を行います。


 議案第44号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて、意見はありませんか。


                (「なし。」と声あり)


 意見なきものと認めます。


 よって、議案第44号は原案どおり可決されました。


 以上をもって本日の日程は全部終了しました。


 17日、18日は休日のため休会、19日、20日、21日は各常任委員会を開催、22日午前10時より会議を再開することとし、本日は散会いたします。


                                10時23分 散 会