議事ロックス -地方議会議事録検索-


福岡県 直方市

平成17年 9月定例会 (第7日 9月28日)




平成17年 9月定例会 (第7日 9月28日)





 
               平成17年9月28日(水)





1.会議の開閉時刻  開議 10時00分


           閉会 10時58分





1.出席及び欠席議員の氏名


          1番       今 定   正


          2番       (欠 員)


          3番       橋 本   長


          4番       有 田 忠 之


          5番       田 代 誠 一


          6番       石 田 一 人


          7番       友 原 春 雄


          8番       田 代 文 也


          9番       堀   勝 彦


         10番       松 田 英 雄


         11番       竹 松 房 子


         12番       香 原 勝 司


         13番       松 田   ?


         14番       松 尾 大 策


         15番       太 田 信 幸


         16番       澄 田 和 昭


         17番       貝 島 悠 翼


         18番       安 武 俊 次


         19番       石 田 國 輝


         20番       村 田 武 久


         21番       藤 永 勝 巳


         22番       中 西 省 三


         23番       田 中 秀 孝


         24番       村 上 圭 吾


         25番       宮 近 義 人





1.職務のため議場に出席した事務局職員職氏名


         議会事務局長    永 冨 義 隆


         次    長    川 原 精 二


         係    長    宮 近 博 之


         書    記    藤 木 孝 一





1.説明のため出席した者の職氏名


         市    長    向 野 敏 昭


         助    役    其 田 浩 和


         収入役       青 柳 剛 機


         教育長       舟 越 裕 喜


         企画財政部長    大 塚 進 弘


         総務部長      則 松 正 年


         市民福祉部長    青 柳 公 一


         生活経済部長    山 上   浩


         建設部長      丸 本 直 彦


         教育部長      柴 田 ムツ子


         消防長       林   友 治


         上下水道局長    塩 川 和 之


         環境整備室長    竹 内   剛


         都市整備室長    植 野 拓 一


         消防本部次長    岡 本 義 次


                   各課長省略





1.会議事件


議案第54号 専決処分事項の承認について(平成17年度直方市一般会計補正予算)


                                    原案承認


議案第55号 平成16年度直方市一般会計歳入歳出決算の認定について   原案認定


議案第56号 平成16年度直方市国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定について


                                    原案認定


議案第57号 平成16年度直方市同和地区住宅資金貸付事業特別会計歳入歳出決算の認


       定について                        原案認定


議案第58号 平成16年度直方市老人保健特別会計歳入歳出決算の認定について


                                    原案認定


議案第59号 平成16年度直方市介護保険特別会計歳入歳出決算の認定について


                                    原案認定


議案第60号 平成16年度直方市公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について


                                    原案認定


議案第61号 平成16年度直方市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認定につい


       て                            原案認定


議案第62号 平成16年度直方市水道事業会計決算の認定について     原案認定


議案第63号 直方市公の施設に係る指定管理者の指定手続き等に関する条例の制定につ


       いて                           原案可決


議案第64号 議会の議決に付すべき公の施設に関する条例の全部を改正する条例につい


       て                            原案可決


議案第65号 直方市人事行政の運営等の状況の公表に関する条例の制定について


                                    原案可決


議案第66号 直方市火災予防条例の一部を改正する条例について      原案可決


議案第67号 直方市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例について


                                    原案可決


議案第68号 直方市水防協議会条例の一部を改正する条例について     原案可決


議案第69号 直方市立保育所条例の一部を改正する条例について      原案可決


議案第70号 直鞍産業振興センター設置条例の全部を改正する条例について


                                    原案可決


議案第71号 福智山ろく花公園条例の全部を改正する条例について     原案可決


議案第72号 直方市下水道条例の制定について              原案可決


議案第73号 直方都市計画下水道事業受益者負担に関する条例の制定について


                                    原案可決


議案第74号 直方歳時館設置条例の全部を改正する条例について      原案可決


議案第75号 ユメニティのおがた施設条例の全部を改正する条例について  原案可決


議案第76号 直方市立図書館設置条例の全部を改正する条例について    原案可決


議案第77号 直方市美術館条例の全部を改正する条例について       原案可決


議案第78号 直方市石炭記念館条例の全部を改正する条例について     原案可決


議案第79号 直方市体育施設条例の全部を改正する条例について      原案可決


議案第80号 直方市郷土史料室条例を廃止する条例について        原案可決


議案第81号 市道路線の認定について                  原案可決


議案第82号 市道路線の変更について                  原案可決


議案第83号 平成17年度直方市一般会計補正予算            原案可決


議案第84号 平成17年度直方市介護保険特別会計補正予算        原案可決


議案第85号 平成17年度直方市公共下水道事業特別会計補正予算     原案可決


議案第86号 平成17年度直方市農業集落排水事業特別会計補正予算    原案可決


意見書案第 9号 「リフォーム詐欺」から高齢者等を守るための対策強化を求める意見


         書について                上程、質疑、原案可決


意見書案第10号 がん対策の推進強化を求める意見書について


                              上程、質疑、原案可決


意見書案第11号 九州厚生年金病院の売却・民営化に反対し、存続・充実を求める意見


         書について                上程、質疑、原案可決


意見書案第12号 義務教育費国庫負担制度の堅持、30人以下学級の実現を求める意見


         書について                上程、質疑、原案可決








○議長(宮近義人)


 おはようございます。これより本日の会議を開きます。


 本日の議事は、お手元の日程表のとおり進行を図りたいと思いますので、御了承願います。


 議案第54号 専決処分事項の承認について(平成17年度直方市一般会計補正予算)


 議案第55号 平成16年度直方市一般会計歳入歳出決算の認定について


 議案第63号 直方市公の施設に係る指定管理者の指定手続き等に関する条例の制定について


 議案第64号 議会の議決に付すべき公の施設に関する条例の全部を改正する条例について


 議案第65号 直方市人事行政の運営等の状況の公表に関する条例の制定について


 議案第66号 直方市火災予防条例の一部を改正する条例について


 議案第67号 直方市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例について


 議案第68号 直方市水防協議会条例の一部を改正する条例について


 議案第83号 平成17年度直方市一般会計補正予算


 を一括議題とします。


 議案第54号並びに議案第55号 平成16年度直方市一般会計歳入歳出決算中、歳出1款、2款、9款1項1目から4目、6目、12款、13款1項、2項、14款及び歳入全款並びに議案第63号、64号、65号、66号、67号、68号並びに議案第83号 平成17年度直方市一般会計補正予算第1条中、歳出13款及び歳入全款並びに第2条並びに第3条について、審査されました経過並びに結果の報告を総務常任委員長にお願いします。


                (9番 堀議員 登壇)


○9番(堀 勝彦)


 おはようございます。去る16日及び20日の本会議におきまして、我々総務常任委員会に細部の審査を付託されました議案第54号 専決処分事項の承認について(平成17年度直方市一般会計補正予算)ほか8議案について、審査いたしました経過並びに結果の報告をいたします。


 まず、議案第54号についてであります。


 本案については、9月11日に執行された衆議院議員総選挙及び最高裁判所裁判官国民審査に係る必要な経費の補正予算であり、異議なく原案どおり承認すべきものと決定したのであります。


 次は、議案第55号 平成16年度直方市一般会計歳入歳出決算中、歳出1款、2款、9款1項1目から4目、6目、12款、13款1項、2項、14款及び歳入全款についてであります。


 本案については、当局より詳細な説明を聴取し、慎重審査を行ったのでありますが、いずれも必要な予算執行と認め、異議なく原案どおり認定すべきものと決定したのであります。


 次は、議案第63号 直方市公の施設に係る指定管理者の指定手続き等に関する条例の制定についてであります。


 本案については、本会議での質疑を踏まえ、当局より詳細な説明を聴取し、慎重審査を行ったのでありますが、その中でただした主な点は、1点目として指定管理者の候補者の選定についてであります。


 これに対し当局より、指定管理者制度を導入するに当たっての基本方針の中で、選定については助役以下庁議メンバーによる選考委員会を設け、各施設の主管課と協議の上候補者の選定を行うとの答弁に接したのであります。


 我々委員会としては、個々の施設ごとに経営内容の中身も違っており、選定委員会の委員についてはコストの削減とサービスの向上という観点から、外部からと限定はしないが経営・会計の専門家を入れること、特に選定に当たっては公平・公正かつ透明性を確保することが大切であり、選定の基準については規則等で明確にするよう要望したのであります。


 2点目として、指定管理者制度を導入しようとする前に、個々の施設ごとに導入の必要性について十分検討すべき場を議会で設けるべきではないかという点であります。


 これに対し当局より、指定管理者制度は民間活力の導入によるコストの削減とサービスの向上を目指すものであり、基本的に公の施設については例外を除いて、すべて指定管理者制度を導入するという国の基本方針及び本市における行政改革大綱に基づき、導入可能な施設についてはすべて指定管理者制度を導入するという答弁に接したのであります。


 我々委員会としては、指定管理者制度の趣旨については行革に合致しており、財政的な効果や市民サービスの向上が図れるものと理解はするものの、導入後の個々の施設の管理運営状況を十分把握し、指定管理者制度のメリットが十分発揮できるよう要望したのであります。


 3点目として、指定管理者が決まり実際に管理を行っていく上で、市からの委託料収入を主として運営している公の施設について、収益または赤字が出た場合の取り扱いについてであります。


 これに対し当局より、基本的には従来の個々の施設の委託料及び利用料金による収入で管理をお願いする。この場合、これらの財源の範囲の中で、経費の縮減や住民サービスの向上をいかに図るかが指定管理者に求められる。したがって、当初から赤字というような想定はしていない。ただし、赤字等が想定される場合には、双方であらかじめ疑義を挟まないよう協定を結ぶ必要があるが、一番のねらいは指定管理者制度導入の目的である民間活力を導入して、いかに市の委託料が下げられるかであるとの答弁に接したのであります。


 我々委員会としては、個々の施設についての経営状況を踏まえ、指定管理者と後々トラブルのないよう協定を結び、指定管理者の努力を促しつつ、コストの削減と利用者へのサービスの向上が図られ、ひいては本市の行政改革に寄与するものとなるよう要望したのであります。


 この3点について要望を付し、本案については原案どおり可決すべきものと決定したのであります。


 次は、議案第64号 議会の議決に付すべき公の施設に関する条例の全部を改正する条例についてであります。


 本案については、当局より詳細な説明を聴取し慎重審査を行ったのでありますが、特別多数決による重要な公の施設のうち、特に重要な公の施設の廃止等について、県内26市中21市が条例化していないこと、出席議員の3分の2以上という地方自治法上の特別多数決を要する他の規定とのバランスを考慮して、県内の他都市との整合性を図るための全部改正であり、異議なく原案どおり可決すべきものと決定したのであります。


 次は、議案第65号 直方市人事行政の運営等の状況の公表に関する条例の制定についてであります。


 本案については、地方公務員法及び地方公共団体の一般職の任期付職員の採用に関する法律の一部を改正する法律が昨年6月9日に公布され、人事行政運営における公正性・透明性の確保を図るため、地方公務員法第58条の2が新たに規定されたことに伴う条例の制定であり、異議なく原案どおり可決すべきものと決定したのであります。


 次は、議案第66号 直方市火災予防条例の一部を改正する条例についてであります。


 本案については、近年における住宅火災による死者数の増加にかんがみ、消防法及び石油コンビナート等災害防止法の一部を改正する法律並びに法律に基づく省令が公布されたことに伴う条例の規定の整備であり、異議なく原案どおり可決すべきものと決定したのであります。


 次は、議案第67号 直方市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例についてであります。本案については、水防法の一部を改正する法律の公布に伴う条項の整備であり、異議なく原案どおり可決すべきものと決定したのであります。


 次は、議案第68号 直方市水防協議会条例の一部を改正する条例についてであります。


 本案についても、水防法及び土砂災害警戒区域等における土砂災害対策の推進に関する法律の一部を改正する法律の公布に伴う条項の整備であり、異議なく原案どおり可決すべきものと決定したのであります。


 最後は、議案第83号 平成17年度直方市一般会計補正予算第1条中、歳出13款及び歳入全款並びに第2条並びに第3条についてであります。


 本案については、当局より詳細なる説明を聴取する中、慎重審査を行ったのでありますが、歳入、歳出、第2条及び第3条のいずれも必要な予算措置であると認め、異議なく原案どおり可決すべきものと決定したのであります。


 以上で、我々総務常任委員会に細部の審査を付託されました議案審査の経過並びに結果の報告を終わります。


○議長(宮近義人)


 委員長の報告は終わりました。


 これより質疑を行います。ただいまの委員長報告に対し質疑はありませんか。


                (「なし。」と声あり)


 質疑なきものと認め、質疑を終結します。


 これより議案第54号、63号、64号、65号、66号、67号、68号の討論を行います。


 なお、議案第55号 平成16年度直方市一般会計歳入歳出決算の認定ついて並びに議案第83号 平成17年度直方市一般会計補正予算について討論のある場合は、最終常任委員長報告後にお願いします。


 討論はありませんか。


                (「なし。」と声あり)


 討論なきものと認め、討論を終結します。


 これより議案第54号、63号、64号、65号、66号、67号、68号の採決を行います。


 議案第54号 専決処分事項の承認について(平成17年度直方市一般会計補正予算)は、委員長報告どおり、原案どおり承認することに賛成の議員の起立を求めます。


                  (起立多数)


 起立多数。


 よって、議案第54号は、委員長報告どおり、原案どおり承認されました。


 議案第63号 直方市公の施設に係る指定管理者の指定手続き等に関する条例の制定については、委員長報告どおり、原案どおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。


                  (起立多数)


 起立多数。


 よって、議案第63号は、委員長報告どおり、原案どおり可決されました。


 議案第64号 議会の議決に付すべき公の施設に関する条例の全部を改正する条例については、委員長報告どおり、原案どおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。


                  (起立多数)


 起立多数。


 よって、議案第64号は、委員長報告どおり、原案どおり可決されました。


 議案第65号 直方市人事行政の運営等の状況の公表に関する条例の制定については、委員長報告どおり、原案どおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。


                  (起立多数)


 起立多数。


 よって、議案第65号は、委員長報告どおり、原案どおり可決されました。


 議案第66号 直方市火災予防条例の一部を改正する条例については、委員長報告どおり、原案どおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。


                  (起立多数)


 起立多数。


 よって、議案第66号は、委員長報告どおり、原案どおり可決されました。


 議案第67号 直方市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例については、委員長報告どおり、原案どおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。


                  (起立多数)


 起立多数。


 よって、議案第67号は、委員長報告どおり、原案どおり可決されました。


 議案第68号 直方市水防協議会条例の一部を改正する条例については、委員長報告どおり、原案どおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。


                  (起立多数)


 起立多数。


 よって、議案第68号は、委員長報告どおり、原案どおり可決されました。


 議案第56号 平成16年度直方市国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定について


 議案第57号 平成16年度直方市同和地区住宅資金貸付事業特別会計歳入歳出決算の認定について


 議案第58号 平成16年度直方市老人保健特別会計歳入歳出決算の認定について


 議案第59号 平成16年度直方市介護保険特別会計歳入歳出決算の認定について


 議案第69号 直方市立保育所条例の一部を改正する条例について


 議案第74号 直方歳時館設置条例の全部を改正する条例について


 議案第75号 ユメニティのおがた施設条例の全部を改正する条例について


 議案第76号 直方市立図書館設置条例の全部を改正する条例について


 議案第77号 直方市美術館条例の全部を改正する条例について


 議案第78号 直方市石炭記念館条例の全部を改正する条例について


 議案第79号 直方市体育施設条例の全部を改正する条例について


 議案第80号 直方市郷土史料室条例を廃止する条例について


 議案第84号 平成17年度直方市介護保険特別会計補正予算


 を一括議題とします。


 議案第55号中、歳出3款、4款1項、9款1項9目、12目、10款、11款2項及び13款3項並びに議案第56号、57号、58号、59号、69号、74号、75号、76号、77号、78号、79号、80号並びに議案第83号第1条中、歳出3款及び10款並びに議案第84号について、審査されました経過並びに結果の報告を教育民生常任委員長にお願いします。


               (7番 友原議員 登壇)


○7番(友原春雄)


 おはようございます。去る16日及び20日の本会議におきまして、我々教育民生常任委員会に細部の審査を付託されました議案第55号 平成16年度直方市一般会計歳入歳出決算中、歳出3款、4款1項、9款1項9目、12目、10款、11款2項及び13款3項ほか14議案について、審査いたしました経過並びに結果の報告をいたします。


 まず、議案第55号についてであります。


 本案について当局より詳細なる説明を聴取し、慎重審査を行ったのでありますが、いずれも適正な予算執行であると認め、異議なく原案どおり認定するものと決定したのであります。


 次は、議案第56号 平成16年度直方市国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定についてであります。本案についても適正な予算執行であると認め、異議なく原案どおり認定するものと決定したのであります。


 次は、議案第57号 平成16年度直方市同和地区住宅資金貸付事業特別会計歳入歳出決算の認定についてであります。本案についても適正な予算執行であると認め、異議なく原案どおり認定するものと決定したのであります。


 次は、議案第58号 平成16年度直方市老人保健特別会計歳入歳出決算の認定についてであります。本案についても適正な予算執行であると認め、異議なく原案どおり認定するものと決定したのであります。


 次は、議案第59号 平成16年度直方市介護保険特別会計歳入歳出決算の認定についてであります。


 我々委員会といたしましては、介護保険制度が施行され5年が経過する中、介護事業者による不正請求が大きな社会問題となっており、ただでさえ利用者急増で逼迫する「介護保険の財源」を破綻の危機に追い込むといった事態が危惧されることから、不正請求のチェック機能及び事業者に対する指導の強化を県に求めるよう要望を付し、本案については原案どおり認定するものと決定したのであります。


 次に、議案第69号 直方市立保育所条例の一部を改正する条例並びに議案第74号 直方歳時館設置条例の全部を改正する条例から議案第80号 直方市郷土史料室条例を廃止する条例についてであります。


 この8議案は、指定管理者制度の導入に伴う条例の改正・廃止であり、また、教育委員会を所管とする7議案については一括議題として議案審査を行ったところであり、その経過についても一括して報告するものであります。


 この8議案について当局より詳細なる説明を聴取する中で、指定管理者の候補者はどのような手法で公募するのか、また、国が示す指定管理者制度の趣旨に「公の施設の管理に民間の能力を活用しつつ、住民サービスの向上を図るとともに、経費の削減を図る」とあるが、福祉の増進に供するという目的・理念が掲げられている福祉施設並びにスポーツ・文化の振興に供することを目的とするスポーツ施設及び文化施設にこの制度を導入することで福祉の増進やスポーツ・文化の振興が図れるのか、ただしたのであります。


 これに対して当局より、公募に当たっては各施設にかかる予算の上限額を設定した上で、前年度の決算額、本年度の予算額及び各施設にかかる施策の方向性を示す。そして候補者から提案された事業計画書、収支計画書をもとに、金額だけでなく事業内容が施設の特性や本市の地域性を生かしたものになっているのかを総合的に判断する。また、福祉の増進やスポーツ・文化の振興についても、民間のノウハウを生かした運営の仕方が提案されるのでそういった面も踏まえた中で、検討したいとの答弁に接したのであります。


 我々委員会といたしましては、当局の答弁を了とするものの、候補者は行政で組織する選考委員会で選定されることから各議案に対し、候補者の選定に当たっては透明性・公平性を確保するよう、また、多様化する市民ニーズに効率的かつ効果的に対応し、本市の特色を生かした施設の運営・管理が行われるよう要望を付し、議案第69号 直方市立保育所条例の一部を改正する条例については全会一致、議案第74号 直方歳時館設置条例の全部を改正する条例については全会一致、議案第75号 ユメニティのおがた施設条例の全部を改正する条例についてはコスト削減のため、現在の管理受託者が切り捨てられる可能性があるとの意見もあり、採決の結果賛成多数、議案第76号 直方市立図書館設置条例の全部を改正する条例については全会一致、議案第77号 直方市美術館条例の全部を改正する条例については全会一致、議案第78号 直方市石炭記念館条例の全部を改正する条例については全会一致、議案第79号 直方市体育施設条例の全部を改正する条例については全会一致、議案第80号 直方市郷土史料室条例を廃止する条例については全会一致で、いずれも原案どおり可決するものと決定したのであります。


 次は、議案第83号 平成17年度直方市一般会計補正予算第1条中、歳出3款及び10款についてであります。


 本件は、西小学校及び北小学校学童クラブの建物新築工事及び新入社会会館の内装工事等に要する経費を初めとするものであり、いずれも必要な予算措置であると認め、異議なく原案どおり可決するものと決定したのであります。


 最後は、議案第84号 平成17年度直方市介護保険特別会計補正予算についてであります。


 本案は、介護保険法の改正に対応するシステムソフトの借上料及び本年10月1日から施行される介護保険施設等の居住費・食費の見直しに伴い、低所得者対策の一環として特定入居者介護サービス等費を新設するための予算措置であることから、異議なく原案どおり可決するものと決定したのであります。


 以上で、我々教育民生常任委員会に細部の審査を付託されました議案審査の経過並びに結果の報告を終わります。


○議長(宮近義人)


 委員長の報告は終わりました。


 これより質疑を行います。ただいまの委員長報告に対し質疑はありませんか。


                (「なし。」と声あり)


 質疑なきものと認め、質疑を終結します。


 これより議案第56号、57号、58号、59号、69号、74号、75号、76号、77号、78号、79号、80号、84号の討論を行います。


 討論はありませんか。


                (「なし。」と声あり)


 討論なきものと認め、討論を終結します。


 これより議案第56号、57号、58号、59号、69号、74号、75号、76号、77号、78号、79号、80号、84号の採決を行います。


 議案第56号 平成16年度直方市国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定については、委員長報告どおり、原案どおり認定することに賛成の議員の起立を求めます。


                  (起立多数)


 起立多数。


 よって、議案第56号は、委員長報告どおり、原案どおり認定されました。


 議案第57号 平成16年度直方市同和地区住宅資金貸付事業特別会計歳入歳出決算の認定については、委員長報告どおり、原案どおり認定することに賛成の議員の起立を求めます。


                  (起立多数)


 起立多数。


 よって、議案第57号は、委員長報告どおり、原案どおり認定されました。


 議案第58号 平成16年度直方市老人保健特別会計歳入歳出決算の認定については、委員長報告どおり、原案どおり認定することに賛成の議員の起立を求めます。


                  (起立多数)


 起立多数。


 よって、議案第58号は、委員長報告どおり、原案どおり認定されました。


 議案第59号 平成16年度直方市介護保険特別会計歳入歳出決算の認定については、委員長報告どおり、原案どおり認定することに賛成の議員の起立を求めます。


                  (起立多数)


 起立多数。


 よって、議案第59号は、委員長報告どおり、原案どおり認定されました。


 議案第69号 直方市立保育所条例の一部を改正する条例については、委員長報告どおり、原案どおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。


                  (起立多数)


 起立多数。


 よって、議案第69号は、委員長報告どおり、原案どおり可決されました。


 議案第74号 直方歳時館設置条例の全部を改正する条例については、委員長報告どおり、原案どおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。


                  (起立多数)


 起立多数。


 よって、議案第74号は、委員長報告どおり、原案どおり可決されました。


 議案第75号 ユメニティのおがた施設条例の全部を改正する条例については、委員長報告どおり、原案どおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。


                  (起立多数)


 起立多数。


 よって、議案第75号は、委員長報告どおり、原案どおり可決されました。


 議案第76号 直方市立図書館設置条例の全部を改正する条例については、委員長報告どおり、原案どおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。


                 (起立多数)


 起立多数。


 よって、議案第76号は、委員長報告どおり、原案どおり可決されました。


 議案第77号 直方市美術館条例の全部を改正する条例については、委員長報告どおり、原案どおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。


                 (起立多数)


 起立多数。


 よって、議案第77号は、委員長報告どおり、原案どおり可決されました。


 議案第78号 直方市石炭記念館条例の全部を改正する条例については、委員長報告どおり、原案どおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。


                  (起立多数)


 起立多数。


 よって、議案第78号は、委員長報告どおり、原案どおり可決されました。


 引き続き議案第79号の採決を行いますが、条例で定める公の施設の廃止につきましては、地方自治法第244条の2第2項の規定により、出席議員の3分の2以上の賛成を必要といたします。


 議案第79号 直方市体育施設条例の全部を改正する条例については、委員長報告どおり、原案どおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。


                 (起立多数)


 起立多数。


 よって、議案第79号は、委員長報告どおり、原案どおり可決されました。


 議案第80号 直方市郷土史料室条例を廃止する条例については、委員長報告どおり、原案どおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。


                 (起立多数)


 起立多数。


 よって、議案第80号は、委員長報告どおり、原案どおり可決されました。


 議案第84号 平成17年度直方市介護保険特別会計補正予算については、委員長報告どおり、原案どおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。


                 (起立多数)


 起立多数。


 よって、議案第84号は、委員長報告どおり、原案どおり可決されました。


 議案第70号 直鞍産業振興センター設置条例の全部を改正する条例について


 議案第71号 福智山ろく花公園条例の全部を改正する条例について


 を一括議題とします。


 議案第55号中、歳出4款2項、6款1項1目から9目、14目、15目、2項、7款、9款1項7目、11目及び11款6項並びに議案第70号、71号並びに議案第83号第1条中、歳出4款、6款、7款及び9款1項7目について、審査されました経過並びに結果の報告を経済常任委員長にお願いします。


               (3番 橋本議員 登壇)


○3番(橋本 長)


 おはようございます。去る16日及び20日の本会議におきまして、我々経済常任委員会に細部の審査を付託されました議案第55号 平成16年度直方市一般会計歳入歳出決算中、歳出4款2項、6款1項1目から9目、14目、15目、2項、7款、9款1項7目、11目及び11款6項ほか3議案について、審査いたしました経過並びに結果の報告をいたします。


 まず、議案第55号についてであります。


 本案について当局より詳細なる説明を聴取し、慎重審査を行ったのでありますが、本市の財政状況を考慮した適切な予算執行であると認め、異議なく原案どおり認定するものと決定したのであります。


 次は、議案第70号 直鞍産業振興センター設置条例の全部を改正する条例についてであります。


 本案についても当局より詳細なる説明を聴取し、慎重審査を行ったのでありますが、その中でただした主な点は、指定管理者制度の運用についてであります。


 この制度は、現在、市で管理している施設に民間活力を導入することにより、経費削減及びサービスの充実を図る目的であることから、制度の導入に対する市の考え方についてただしたのであります。


 これに対して当局より、直鞍産業振興センターについては本来、市直営で管理運営を行ってもおかしくない施設であるが、制度を活用することにより、施設運営がいい方向に向かうのであれば導入したい。


 また、指定管理者制度は、いい面もあればリスクを負う分もあることから、最初はいろいろ難しいところもあると思われるが、経費の削減につながるよう制度の導入について調整をしていきたいとの答弁に接したのであります。


 我々委員会といたしましては、指定管理者制度については民間活力を導入することにより、行財政改革を推進する施策の一つでもあり、当局の答弁を了とするものの、制度を導入し経費削減を実現するためには、優良な施設運営計画が必要であることから、指定管理者の選定については慎重な審査を行うよう要望を付し、本案については原案どおり可決するものと決定したのであります。


 次は、議案第71号 福智山ろく花公園条例の全部を改正する条例についてであります。


 本案についても、当局より詳細なる説明を聴取し、慎重審査を行ったのでありますが、本案についても議案第70号と同じく制度の導入に対する市の考え方についてただし、要望についても指定管理者の選定について慎重な審査を行うよう要望を付し、本案については原案どおり可決するものと決定したのであります。


 最後に、議案第83号 平成17年度直方市一般会計補正予算第1条中、歳出4款、6款、7款及び9款1項7目についてであります。


 本案についても当局より詳細なる説明を聴取し、慎重審査を行ったのでありますが、本市の財政状況を考慮した適切な予算措置であると認め、異議なく原案どおり可決するものと決定したのであります。


 以上で、我々経済常任委員会に細部の審査を付託されました議案審査の経過並びに結果の報告を終わります。


○議長(宮近義人)


 委員長の報告は終わりました。


 これより質疑を行います。ただいまの委員長報告に対し質疑はありませんか。


                (「なし。」と声あり)


 質疑なきものと認め、質疑を終結します。


 これより議案第70号、71号の討論を行います。


 討論はありませんか。


                (「なし。」と声あり)


 討論なきものと認め、討論を終結します。


 これより議案第70号、71号の採決を行います。


 議案第70号 直鞍産業振興センター設置条例の全部を改正する条例については、委員長報告どおり、原案どおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。


                  (起立多数)


 起立多数。


 よって、議案第70号は、委員長報告どおり、原案どおり可決されました。


 議案第71号 福智山ろく花公園条例の全部を改正する条例については、委員長報告どおり、原案どおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。


                  (起立多数)


 起立多数。


 よって、議案第71号は、委員長報告どおり、原案どおり可決されました。


 議案第60号 平成16年度直方市公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について


 議案第61号 平成16年度直方市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認定について


 議案第62号 平成16年度直方市水道事業会計決算の認定について


 議案第72号 直方市下水道条例の制定について


 議案第73号 直方都市計画下水道事業受益者負担に関する条例の制定について


 議案第81号 市道路線の認定について


 議案第82号 市道路線の変更について


 議案第85号 平成17年度直方市公共下水道事業特別会計補正予算


 議案第86号 平成17年度直方市農業集落排水事業特別会計補正予算


 を一括議題とします。


 議案第55号中、歳出5款、6款1項13目、8款、9款1項8目及び11款1項並びに議案第60号、61号、62号、72号、73号、81号、82号並びに議案第83号第1条中、歳出8款及び9款1項8目並びに議案第85号、86号について、審査されました経過並びに結果の報告を建設常任委員長にお願いします。


               (15番 太田議員 登壇)


○15番(太田信幸)


 おはようございます。去る16日及び20日の本会議におきまして、我々建設常任委員会に細部の審査を付託されました議案第55号 平成16年度直方市一般会計歳入歳出決算中、歳出5款、6款1項13目、8款、9款1項8目及び11款1項ほか10議案について、審査いたしました経過並びに結果の報告をいたします。


 まず、議案第55号についてであります。


 本案については、当局より詳細なる説明を聴取する中で慎重審査を重ねたのでありますが、いずれも適正な予算執行と認め、異議なく原案どおり認定すべきものと決定したのであります。


 次は、議案第60号 平成16年度直方市公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定についてであります。本案についても、適正な予算執行と認め、異議なく原案どおり認定すべきものと決定したのであります。


 次は、議案第61号 平成16年度直方市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認定についてであります。本案についても、適正な予算執行と認め、異議なく原案どおり認定すべきものと決定したのであります。


 次は、議案第62号 平成16年度直方市水道事業会計決算の認定についてであります。


 本市の水道事業会計においては、近年の景気の低迷による企業の水の使用量の減少、家庭での節水意識の向上及びペットボトル飲料水の普及等による水の使用量の減少により、給水収益が減少しているところであります。


 我々委員会といたしましては、水道事業を取り巻く情勢が厳しいことは認めるものの、市民の水に対する関心は非常に高いことから、これからも安全でおいしい水の安定した供給とともに、飲料水としての水道水のPRも含め給水収益の向上に努められるよう要望を付し、本案については原案どおり認定すべきものと決定したのであります。


 次は、議案第72号 直方市下水道条例の制定についてであります。


 本案については、平成18年9月に一部供用開始予定の公共下水道について、下水道法に基づき施設の管理及び使用についての条例を制定しようとするものであります。


 我々委員会といたしましては、当局より詳細なる説明を聴取する中で種々論議を重ねたのでありますが、その中でただした主な点は本市の公共下水道を普及促進させるために、どのような方法で市民に対し理解を求め周知を行うかについてであります。


 それに対して当局より、市報への掲載及び対象地域への自治公民館単位での住民説明会を行い、公共下水道に対する理解と周知を図りたいとの答弁に接したのであります。


 我々委員会といたしましては、当局の答弁を了とするものの、対象者に使用料及び排水設備の改造費等の負担をお願いすることから、なるべく早急にきめ細かい対応で本市の公共下水道に対する理解と周知を図られること。


 また、特に排水設備の改造については、直方市が定めようとする指定工事店制度の周知徹底を図りトラブルのないように努めること。


 以上、2点について要望を付し、本案については原案どおり可決すべきものと決定したのであります。


 次は、議案第73号 直方都市計画下水道事業受益者負担に関する条例の制定についてであります。


 本案についても、平成18年9月に一部供用開始予定の公共下水道について、建設費の一部を受益者負担金として徴収するための条例の制定であります。


 我々委員会といたしましては、議案第72号と同様に対象地域の住民に受益者負担をお願いすることから、なるべく早急にきめ細かい対応で本市の公共下水道に対する理解と周知を図られるよう要望を付し、本案については原案どおり可決すべきものと決定したのであります。


 次は、議案第81号 市道路線の認定についてであります。


 本案については、寄附採納に伴う市道認定であることから当局に対し、市道の採納基準要件との整合性についてただし、現地調査を行う中で慎重に審査を進めた結果、賛成多数で原案どおり可決すべきものと決定したのであります。


 次は、議案第82号 市道路線の変更についてであります。本案については、市道としての要件がなくなったことに伴う変更であることから、異議なく原案どおり可決すべきものと決定したのであります。


 次は、議案第83号 平成17年度直方市一般会計補正予算第1条中、歳出8款及び9款1項8目についてであります。


 本案については、当局より詳細なる説明を聴取する中で慎重審査を重ねたのでありますが、その中で要望した主な点は、8款5項1目下水路整備費の15節工事請負費の中の芝原排水機場アスベスト対策工事についてであります。


 我々委員会といたしましては、本工事が社会的な問題となっているアスベストを封じ込めるための工事であり、必要な予算措置と認めるものの、健康被害の未然防止のため再度施設の点検を行うとともに、職員の健康調査を含め十分なアスベスト対策を講じられるよう要望を付し、本案については異議なく原案どおり可決すべきものと決定したのであります。


 次は、議案第85号 平成17年度直方市公共下水道事業特別会計補正予算についてであります。


 本案については、平成18年9月に一部供用開始予定の公共下水道の普及促進用パンフレット作成に必要な予算措置であることから、異議なく原案どおり可決すべきものと決定したのであります。


 最後に、議案第86号 平成17年度直方市農業集落排水事業特別会計補正予算についてであります。本案については、下境地区浄化センターの門扉が盗難にあったことから、新たな門扉を設置するための予算措置であります。


 我々委員会といたしましては、新たな門扉を設置することに異議はないものの、近年巧妙な手口の盗難事件等が各地で頻発していることから、十分な盗難対策を講じられるよう要望を付し、本案については原案どおり可決すべきものと決定したのであります。


 以上で、我々建設常任委員会に細部の審査を付託されました議案審査の経過並びに結果の報告を終わります。


○議長(宮近義人)


 委員長の報告は終わりました。


 これより質疑を行います。ただいまの委員長報告に対し質疑はありませんか。


                (「なし。」と声あり)


 質疑なきものと認め、質疑を終結します。


 これより議案第55号、60号、61号、62号、72号、73号、81号、82号、83号、85号、86号の討論を行います。


 討論はありませんか。


                (「なし。」と声あり)


 討論なきものと認め、討論を終結します。


 これより議案第55号、60号、61号、62号、72号、73号、81号、82号、83号、85号、86号の採決を行います。


 議案第55号 平成16年度直方市一般会計歳入歳出決算の認定については、各委員長報告どおり、原案どおり認定することに賛成の議員の起立を求めます。


                  (起立多数)


 起立多数。


 よって、議案第55号は、各委員長報告どおり、原案どおり認定されました。


 議案第60号 平成16年度直方市公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定については、委員長報告どおり、原案どおり認定することに賛成の議員の起立を求めます。


                  (起立多数)


 起立多数。


 よって、議案第60号は、委員長報告どおり、原案どおり認定されました。


 議案第61号 平成16年度直方市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認定については、委員長報告どおり、原案どおり認定することに賛成の議員の起立を求めます。


                  (起立多数)


 起立多数。


 よって、議案第61号は、委員長報告どおり、原案どおり認定されました。


 議案第62号 平成16年度直方市水道事業会計決算の認定については、委員長報告どおり、原案どおり認定することに賛成の議員の起立を求めます。


                  (起立多数)


 起立多数。


 よって、議案第62号は、委員長報告どおり、原案どおり認定されました。


 議案第72号 直方市下水道条例の制定については、委員長報告どおり、原案どおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。


                  (起立多数)


 起立多数。


 よって、議案第72号は、委員長報告どおり、原案どおり可決されました。


 議案第73号 直方都市計画下水道事業受益者負担に関する条例の制定については、委員長報告どおり、原案どおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。


                  (起立多数)


 起立多数。


 よって、議案第73号は、委員長報告どおり、原案どおり可決されました。


 議案第81号 市道路線の認定については、委員長報告どおり、原案どおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。


                  (起立多数)


 起立多数。


 よって、議案第81号は、委員長報告どおり、原案どおり可決されました。


 議案第82号 市道路線の変更については、委員長報告どおり、原案どおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。


                  (起立多数)


 起立多数。


 よって、議案第82号は、委員長報告どおり、原案どおり可決されました。


 議案第83号 平成17年度直方市一般会計補正予算については、各委員長報告どおり、原案どおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。


                  (起立多数)


 起立多数。


 よって、議案第83号は、各委員長報告どおり、原案どおり可決されました。


 議案第85号 平成17年度直方市公共下水道事業特別会計補正予算については、委員長報告どおり、原案どおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。


                  (起立多数)


 起立多数。


 よって、議案第85号は、委員長報告どおり、原案どおり可決されました。


 議案第86号 平成17年度直方市農業集落排水事業特別会計補正予算については、委員長報告どおり、原案どおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。


                  (起立多数)


 起立多数。


 よって、議案第86号は、委員長報告どおり、原案どおり可決されました。


 意見書案第 9号 「リフォーム詐欺」から高齢者等を守るための対策強化を求める意見書について


 意見書案第10号 がん対策の推進強化を求める意見書について


 意見書案第11号 九州厚生年金病院の売却・民営化に反対し、存続・充実を求める意見書について


 意見書案第12号 義務教育費国庫負担制度の堅持、30人以下学級の実現を求める意見書について


 を一括議題とします。


 各意見書案の趣旨は、調整会議で十分協議されていますので、説明は省略したいと思います。これに御異議ありませんか。


               (「異議なし。」と声あり)


 異議なしと認めます。


 よって、各意見書案の説明は省略することに決定しました。


 これより各意見書案の質疑を行います。質疑はありませんか。


                (「なし。」と声あり)


 質疑なきものと認め、質疑を終結します。


 お諮りします。


 各意見書案は委員会付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。


               (「異議なし。」と声あり)


 異議なしと認めます。


 よって、各意見書案は委員会付託を省略することに決定しました。


 これより各意見書案の討論を行います。討論はありませんか。


                (「なし。」と声あり)


 討論なきものと認め、討論を終結します。


 これより各意見書案の採決を行います。


 意見書案第9号 「リフォーム詐欺」から高齢者等を守るための対策強化を求める意見書については、原案どおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。


                  (起立多数)


 起立多数。


 よって、意見書案第9号は、原案どおり可決されました。


 意見書案第10号 がん対策の推進強化を求める意見書については、原案どおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。


                  (起立多数)


 起立多数。


 よって、意見書案第10号は、原案どおり可決されました。


 意見書案第11号 九州厚生年金病院の売却・民営化に反対し、存続・充実を求める意見書については、原案どおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。


                  (起立多数)


 起立多数。


 よって、意見書案第11号は、原案どおり可決されました。


 意見書案第12号 義務教育費国庫負担制度の堅持、30人以下学級の実現を求める意見書については、原案どおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。


                  (起立多数)


 起立多数。


 よって、意見書案第12号は、原案どおり可決されました。


 ただいま可決されました各意見書については、関係行政庁等に送付しますが、この取り扱いについては議長に一任願います。


 これより会議録署名議員の指名を行います。


 本定例市議会の会議録署名議員として、14番 松尾議員、16番 澄田議員を指名します。


 9月定例市議会は、以上をもって全部終了しました。


 これをもって閉会いたします。


                                 10時58分  閉 会





地方自治法第123条第2項の規定により署名する。





          直方市議会議長    宮 近 義 人





          直方市議会副議長   村 上 圭 吾





          直方市議会議員    松 尾 大 策





          直方市議会議員    澄 田 和 昭