議事ロックス -地方議会議事録検索-


福岡県 久留米市

平成21年第2回臨時会(第1日 5月29日)




平成21年第2回臨時会(第1日 5月29日)





             平成21年5月29日(金曜日)





              会    議    録





                 (第1日)





             平成21年5月29日(金曜)





                     =午前10時00分開会=





 
〇出席議員(41名)


   1番 甲 斐 征七生 君


   2番 山 村 太 二 君


   3番 今 村 敏 勝 君


   4番 石 橋   力 君


   5番 佐 藤 晶 二 君


   6番 田 中 良 介 君


   7番 江 口 善 明 君


   8番 石 井 俊 一 君


   9番 甲斐田 義 弘 君


  10番 後 藤 敬 介 君


  11番 永 松 千 枝 君


  12番 藤 林 詠 子 君


  13番 坂 本 よう子 君


  14番 田 中 功 一 君


  16番 秋 吉 秀 子 君


  17番 森   多三郎 君


  18番 原 口 和 人 君


  19番 塚 本 篤 行 君


  20番 市 川 廣 一 君


  21番 永 田 一 伸 君


  22番 石 橋   剛 君


  23番 別 府 好 幸 君


  24番 堺   陽一郎 君


  25番 大 熊 博 文 君


  26番 上 野 健三郎 君


  27番 堀 田 富 子 君


  28番 青 ? 雅 博 君


  29番 本 村 英 幸 君


  30番 坂 井 政 樹 君


  31番 井 口 正 美 君


  32番 金 丸 憲 市 君


  33番 吉 田 帰 命 君


  34番 八 尋 義 伸 君


  35番 原 口 新 五 君


  36番 新 山 正 英 君


  37番 江 頭 幹 雄 君


  38番 寺 ? いわお 君


  39番 栗 原 伸 夫 君


  40番 川 地 東洋男 君


  41番 田 中 多 門 君


  42番 秋 吉 政 敏 君





〇欠席議員(1名)


  15番 吉 住 恵美子 君





〇地方自治法第121条に基づく出席者


  市 長            江 藤 守 國 君


  副市長            楢 原 利 則 君


  副市長            臼 井 浩 一 君


  企業管理者          稲 益 冨支典 君


  教育長            堤   正 則 君


  企画財政部長         村 上 克 己 君


  総務部長           橋 本 政 孝 君


  契約監理室長         中 島 年 隆 君


  会計管理者          三小田 一 郎 君


  市民部長           川 原 良 郎 君


  健康福祉部長         萩 原 重 信 君


  子育て支援部長        奈良? 洋 治 君


  環境部長           森 光 秀 行 君


  農政部長           森 山 純 郎 君


  商工労働部長         荒 木 猛 夫 君


  都市建設部長         堺   康太郎 君


  文化観光部長         中 園 雄 介 君


  田主丸総合支所長       古 賀   護 君


  北野総合支所長        眞名子 文 男 君


  城島総合支所長        中 園 敬 司 君


  三潴総合支所長        平 尾 孝 治 君


  上下水道部長         広 田 耕 一 君


  教育部長           吉 武 健 一 君


  総務部次長          岡 部 由起男 君


  財政課長           鵜 木   賢 君


  企画調整課長         甲斐田 忠 之 君





〇議会事務局出席者


  局 長            田 中 俊 博 君


  次長(兼)総務課長      吉 田   茂 君


  議事調査課長         蒲 池 輝 典 君


  議事調査課課長補佐(兼)主査  大 塚 貴 弘 君


  書 記            丸 山 明 子 君





〇議事日程(第1号)


第 1 会期の決定


第 2 第57号議案 交通事故による損害賠償の専決処分について


第 3 第53号議案 交通事故による損害賠償の専決処分について


第 4 第54号議案 久留米市市税条例等の一部を改正する条例制定の専決処分につい


           て


第 5 第55号議案 交通事故による損害賠償の専決処分について


第 6 第56号議案 交通事故による和解契約締結の専決処分について


第 7 第58号議案 壁面に固定していた消火器の落下に起因する自動車破損事故によ


           る損害賠償の専決処分について


第 8 第59号議案 久留米市市長及び副市長給与条例及び久留米市職員給与条例の一


           部を改正する条例


(委員会審査のため休憩)


第 9 第57号議案 交通事故による損害賠償の専決処分について


第10 第53号議案 交通事故による損害賠償の専決処分について


第11 第54号議案 久留米市市税条例等の一部を改正する条例制定の専決処分につい


           て


第12 第55号議案 交通事故による損害賠償の専決処分について


第13 第56号議案 交通事故による和解契約締結の専決処分について


第14 第58号議案 壁面に固定していた消火器の落下に起因する自動車破損事故によ


           る損害賠償の専決処分について


第15 第59号議案 久留米市市長及び副市長給与条例及び久留米市職員給与条例の一


           部を改正する条例


第16 会議録署名議員の指名








〇議事の経過


◎ 開     会


○議長(石橋力君) ただいまから平成21年第2回久留米市議会臨時会を開会いたします。


◎ 開     議


○議長(石橋力君) これより本日の会議を開きます。


◎ 日 程 第 1


○議長(石橋力君) まず、日程第1、会期の決定を議題といたします。


 お諮りいたします。


 今期臨時会の会期は、本日1日間といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。


〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(石橋力君) 御異議なしと認めます。よって、会期は1日間と決定いたしました。


◎ 日 程 第 2


○議長(石橋力君) 次に、日程第2、第57号議案、交通事故による損害賠償の専決処分についてを議題といたします。


 地方自治法第117条の規定により、2番山村太二議員の退席を求めます。


〔山村太二議員退場〕


○議長(石橋力君) 次に、市長から提案理由の説明を求めます。


 江藤市長。


〔市長江藤守國君登壇〕


○市長(江藤守國君) 皆さん、おはようございます。


 平成21年第2回市議会臨時会を招集いたしましたところ、議員の皆さまにおかれましては、御多用中にもかかわりませず御参集を賜りまして、誠にありがとうございます。


 皆さま、御承知のとおり、民間企業における本年の夏季一時金の支給状況を踏まえて、本年5月1日に人事院勧告が出されました。


 また、国から地方公共団体に対して、今回の人事院勧告にかかる国の取り扱いを基本として対応されたいとの要請が出されております。


 今回の臨時会はこのような状況を踏まえ、久留米市におきましても特別職及び職員等にかかる6月期の期末勤勉手当の支給月数を暫定的に引き下げるため条例の一部を改正しようとするもので、急性を要するため御審議をお願いするものでございます。


 また、併せて専決処分いたしました公務遂行中の交通事故等による損害賠償額の決定及び和解契約の締結、並びに久留米市市税条例等の一部改正について御承認をお願いするものでございます。


 それでは、まず、本日提案いたしております議案のうち、第57号議案について議案の提案理由を説明申し上げます。


 第57号議案は、公務遂行中に発生した交通事故による損害賠償額の決定及び和解契約の締結について緊急を要し専決処分いたしましたので報告申し上げ、承認を求めるものであります。


 何とぞ御審議の上、御賛同賜りますようお願い申し上げます。


                     =〔降 壇〕=


○議長(石橋力君) 提案理由の説明は終わりました。これより質疑に入りますが、通告があっておりませんので、質疑を終結いたします。


 この際、お諮りいたします。


 ただいま議題となっております第57号議案については、お手元に配付いたしております議案審査付託表のとおり、所管の常任委員会に付託いたします。


 それでは、先ほど除斥いたしました山村太二議員の入場を求めます。


〔山村太二議員入場〕


◎ 日程第3〜日程第8


○議長(石橋力君) 次に日程第3、第53号議案から日程第8、第59号議案までを一括議題といたします。


 市長から提案理由の説明を求めます。


 江藤市長。


〔市長江藤守國君登壇〕


○市長(江藤守國君) 第53号議案から第56号議案、並びに第58号及び第59号議案について、各議案の提案理由を説明申し上げます。


 第53号議案及び第55号議案は、交通事故による損害賠償額の決定及び和解契約の締結について緊急を要し、専決処分をいたしましたので、それぞれ報告申し上げ、承認を求めるものであります。


 第54号議案は、地方税法の一部改正に伴い、久留米市市税条例等の一部改正について緊急を要し、専決処分いたしましたので報告申し上げ、承認を求めるものであります。


 第56号議案は、交通事故による和解契約の締結について緊急を要し、専決処分いたしましたので報告申し上げ、承認を求めるものであります。


 第58号議案は、消火器の落下に起因する自動車破損事故による損害賠償額の決定及び和解契約の締結について緊急を要し、専決処分いたしましたので報告申し上げ、承認を求めるものであります。


 第59号議案は、特別職及び職員等にかかる平成21年6月期の期末・勤勉手当の支給月数を暫定的に引き下げるため、条例の一部を改正しようとするものであります。


 以上をもちまして、各議案の提案理由についての説明を終了いたしますが、何とぞ御審議の上、御賛同賜りますようお願い申し上げます。


                     =〔降 壇〕=


○議長(石橋力君) 提案理由の説明が終わりました。


 これより質疑に入ります。通告があっておりますので、質疑を許します。


 1番甲斐征七生議員。


〔1番甲斐征七生議員登壇〕


○1番(甲斐征七生君) おはようございます。


 1番、日本共産党の甲斐征七生です。


 私は、59号議案について質問を行います。


 まず、この人事院の特別調査についてでありますが、調査方法について、通常の調査方法との比較で、どのような調査方法で行われたのか。1点目です。


 2点目、その調査に当たった対象企業事業所数は何社になり、回答はどれくらい寄せられたのか。通常調査の分と比較をしてお尋ねをいたします。


 3点目、夏季一時金を決めている企業は何社で、それは労働者数での何%に当たるのか伺います。


 4点目、夏季一時金を決めていない企業数は、調査時点でどれくらい推定されているのかお尋ねいたします。


 5点目、今回の調査は、通常に例のない特別な調査になったわけですが、民間企業全体を把握したものとして市長は認識をされているのか伺います。


 6点目、今回の勧告が、民間等に与える影響はどのように認識をされていますか伺います。


 最後に、福岡県としてのこの人事院勧告に対する動き・動向はどうなのかを伺って、質疑を終わります。


                     =〔降 壇〕=


○議長(石橋力君) 橋本総務部長。


○総務部長(橋本政孝君) おはようございます。甲斐議員の御質問にお答え申し上げます。


 人事院の給与勧告につきましては、公務員の給与水準を民間企業従業員の給与水準と均衡させることを基本としまして、人事院が内閣及び国会に対し、給与等の改定を勧告する制度でございます。


 例年でございますと、5月から都道府県・政令市の人事委員会と共同で民間給与実態調査が行われ、前年の8月からその年の7月までの1年間の支給実績を把握し、その結果を踏まえた上で夏場に勧告が行われる流れとなっております。


 しかしながら、本年の民間企業の春季賃金改定期におけます夏季一時金の決定状況が、昨年来の世界的な金融危機に端を発しました急速な景気悪化に伴いまして、大幅なマイナスとなる状況がうかがわれましたことから、臨時の措置として決定状況を把握するための特別調査が実施されたものでございます。


 お尋ねの1番目の調査方法でございますが、調査につきましては、通常であれば先ほど申し上げました民間給与実態調査の中に給料や各種手当、一時金、初任給、昇給制度などの調査項目がございますが、今回は短時間のうちに把握する必要がありましたことから、本年及び前年の夏季一時金の支給額、支給月数、従業員の賃金、そして妥結状況、この項目に絞られて調査が行われております。また、調査手法につきましては、通常実地調査で行われますが、今回は実地調査及び通信、いわゆる郵送でございますが、通信調査で実施されたものでございます。


 それから、2番目の対象企業、事業所数との御質問でございますが、対象企業といたしましては、全国の企業規模50人以上、かつ事業所規模50人以上の企業から約2,700社が抽出されまして、その方法は企業規模3,000人以上は全数、1,000〜3,000人未満は5分の1、1,000人未満は15分の1程度となっております。


 一方、通常の調査では、この規模別に各層から2割程度が抽出されておりまして、昨年の調査対象は約1万1,000事業所でございます。


 3つ目の御質問でございますが、今回の特別調査の結果を見てみますと、夏季一時金を決めたとする企業は340社でございまして、企業割合で13.5%、従業員割合で19.7%となっております。


 夏季一時金を決めていない企業数でございますが、厚生労働省の平成20年賃金引き上げ等の実態に関する調査によりますと、賃金改定と同時期に賞与を決めていると考えられる企業の割合は約16%で、そのうち4月までに賃金改定を決定している企業は約62%という結果がございます。


 したがいまして、調査時点までに決定しているとみられる企業は約1割で未決定企業が約9割と推定されるところでございます。


 次に、今回の調査が民間企業全体を把握したものかということでございますが、調査を実施いたしました人事院といたしましては、現時点において民間の夏季一時金が大きく減少していることを踏まえた措置は必要であるものの、本年の夏季一時金の全体状況を正確に把握することができないことから、暫定的な措置として6月期の特別給付の支給月数の一部を凍結することが適当と判断されたところでございます。


 一方、今回の調査結果につきましては、これまでに経済団体等から発表されておりますさまざまな指標、例えば経団連が今期の夏季一時金の妥結状況でマイナス19.39%、労働行政研究所ではマイナス14.4%というような指標を出しておりまして、そういったものを基に判断いたしますと、その方向性に大きな差異はございませんで、一定妥当だというふうに認識をしておるところでございます。


 次に、民間等へ与える影響はどのように認識しているかという御質問でございますが、今回の調査は本年の民間企業における春闘の回答・妥結状況が非常に厳しい状況であることとあわせ、バブル崩壊以降、民間企業においては景気変動一時金で調整する動きが強まっておりまして、急激な経済悪化で一時金が急速に落ち込んでいる状況を具体的に把握する必要性から実施されたものでございます。すなわち、今回の勧告は、社会一般の情勢に適応するように随時把握しなければならない人事院が、大幅な変動がうかがえる事態であることから、民間賃金の実態に応じた措置を講じようとするものでございます。


 最後に、福岡県の動向でございますが、福岡県人事委員会は、今回、県独自の調査を実施していないことから、民間企業の一時金支給状況については、正確なデータが集まっていないとして勧告を見送る方針を出しております。


 しかしながら、県内他都市の状況を見てみますと、給与や一時金のカットなど、既に独自の減額措置を実施しております。大牟田市や前原市などを除く県内ほとんどの市が、改正に向けた手続きをとられておりますし、全国で見ましても全市区町村の約9割が改正済み、または改正予定という状況でございます。


 以上でございます。


○議長(石橋力君) これをもって質疑を終結いたします。


 この際、お諮りいたします。


 ただいま議題となっております第53号議案から第56号議案まで、第58号議案及び第59号議案については、お手元に配付いたしております議案審査付託表のとおり、それぞれ所管の常任委員会に付託いたします。


 この際、委員会審査のため、暫時休憩いたします。


                     =午前10時14分 休憩=





                     =午前11時05分 再開=


○議長(石橋力君) 休憩前に引き続き会議を開きます。


◎ 日 程 第 9


○議長(石橋力君) 日程第9、第57号議案を議題といたします。


 地方自治法第117条の規定により、2番山村太二議員の退席を求めます。


〔山村太二議員退場〕


○議長(石橋力君) 本案に対する委員会審査の結果報告書はお手元に配付のとおりであります。


 委員長の審査の経過並びに結果の報告は、この際、会議規則第39条第3項の規定により、省略することにいたしたいと思います。


 これに御異議はありませんか。


〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(石橋力君) 御異議なしと認めます。


 よって、委員長の報告は省略することに決定いたしました。


 これより委員会報告による質疑に入りますが、通告があっておりませんので、質疑を終結いたします。


 これより討論に入りますが、通告があっておりませんので、討論を終結いたします。


 これより採決に入ります。


 第57号議案、交通事故による損害賠償の専決処分についてを採決いたします。


 本案に対する委員会の報告は承認であります。本案は、委員会の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。


〔賛成者起立〕


○議長(石橋力君) 起立全員であります。よって、第57号議案は承認されました。


 それでは、先ほど除斥いたしました山村太二議員の入場を求めます。


 〔山村太二議員入場〕


◎ 日程第10〜日程第15


○議長(石橋力君) 次に日程第10、第53号議案から、日程第15、第59号議案までを一括議題といたします。


 以上の各議案に対する委員会審査の結果報告書はお手元に配付のとおりであります。


 委員長の審査の経過並びに結果の報告は、この際、会議規則第39条第3項の規定により、省略することにいたしたいと思います。


 これに御異議はありませんか。


〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(石橋力君) 御異議なしと認めます。よって、委員長の報告は省略することに決定いたしました。


 これより委員会報告に対する質疑に入りますが、通告があっておりませんので、質疑を終結いたします。


 これより討論に入ります。


 通告があっておりますので討論を許します。


 1番甲斐征七生議員。


〔1番甲斐征七生議員登壇〕


○1番(甲斐征七生君) 1番、日本共産党の甲斐征七生です。


 私は、第59号議案に反対する立場から討論を行います。


 まず第一に、今回の特別調査は、政府与党の圧力に屈した形でこれまでのルールを破った異例のものである、減額という結論が先にありきの勧告であるということであります。


 それは、質疑の中で明らかになりましたように、特別調査の方法が通常の方法は1万1,000事業所・企業が対象なのに対して、2,700社。調査の方法についても郵便調査で行う。しかも、回答は2,700社のうちにわずか2,000社ぐらいの回答であったということからも明らかであります。


 2つ目は、この調査自体が不十分であり、谷人事院総裁自身が認めておりますように、不確定要素があること、全体を反映したかといえばそうではない、谷人事院総裁が認めているということからみても不十分さは明らかです。


 質疑の答弁の中でありましたように、調査時点における一時金を決めている企業は340社、13.5%。労働者数でいえば19.7%。企業の9割近く、労働者数で8割以上がまだボーナスを決めていない、夏季一時金を決めていないという状況で行われた調査であります。


 人事院勧告の冒頭で述べておりますように、今回のこの調査は、推定される夏季一時金が減額するだろう、大幅に減るだろう、マイナスになるだろうということを推定されるという予測のもとに行われたものであり、その調査は申し上げましたようにルール破りの調査であり、その調査内容は不十分であること、それは人事院総裁自身も認めているということからも、今回の人事院勧告は不当だというふうに私は言わざるを得ないと思います。


 その調査自体が不当な、あるいは不十分なものを受けて、政府は実施をするということを、国家公務員も実施するということを決めて、総務省は地方自治体にその実施を求めました。


 8割以上の労働者の夏季一時金が決まっていないという状況の中で、公務員の労働者の夏季一時金が、久留米でいえば0.2か月分が減額されたということになれば、国家公務員が減額されたということになれば、それはどういうことになるか。この点でも、谷人事院総裁は認めております。民間労働者を含め、多くの方に何らかの影響を与えるだろうと認めているんです。ということは、これから決めていく民間の労働者の夏季一時金にマイナスの影響が出ることは明らかです。


 同時に、ご存じのように、公務員の給与というのは、ストライキ権が奪われたその代償として、人事院が毎年民間の給与調査をして勧告をする。引き上げる時もあれば、減額の時もあるという歴史をたどってきましたが、これは公務員と民間労働者の賃金の関係のみならず、生活保護世帯、生活保護基準、さらに年金に連動していくものであります。


 そういう意味で言えば、今回のこの勧告と、それを実施するということは、市の職員の方はもちろんですが、そのことが与える影響が人事院総裁が認めているように民間労働者、あるいは生活保護受給者、年金受給者へ、そのマイナス影響が出てくるということは明らかではないでしょうか。


 私はこういう点からも、反対をするものであります。


 橋本部長は、質疑の答弁の中で、民間企業全体を把握していると認識するかという質問に対して、妥当だというふうに言われましたが、これは谷人事院総裁さえも妥当ではない、全体を反映したかと言えばそうでないというふうに言っているわけですから、これは改めていただきたいというふうに思います。


 総務常任委員会の委員会質疑を傍聴しておりましたら、いろんな質疑が出されておりました。もっともな質疑がたくさん出ておりまして、私はひょっとしたらひょっとするなと、ちょっと期待を持ったわけですが、残念なことにそういうふうになりませんでした。


 職員の意欲が低下する、これは本当だと思います。もう公務員の皆さん、職員の皆さんは、ここ何年間か、もうずっとマイナスの連続です。ここ10年間当たりで言えば、ほぼもうどれくらいでしょうかね。二桁、数十万単位で、十万単位でやっぱり減額をしてきているのではないでしょうか。そういう中で意欲が低下するということが、栗原議員などの口から出されておりました。もっともだと思うんですね。


 それから、家庭の計画ですね。家庭計画、あと家庭のいろんな借金返済とか、いろいろあると思いますが、その財政計画からも反対だと、母ちゃんから怒られるという意見も出ておりました。


 あるいは、中央分権の立場からも、こういうときこそ政府の言いなりではなく、地方の意見として反対の立場を表明すべきではないか。もっともだと思います。


 賃金は、先ほど言いましたように、今回の調査はわずか2,700社です。しかも、それが十分な調査ではないということは明らかです。地方によって賃金水準も違う。久留米の賃金水準は、福岡県、あるいは全国平均から見てもずっとマイナスです。低い賃金水準にある。そういう状況にあるわけですが、そういう立場からも出されておりました。


 また、景気対策からも、これはおかしいんではないか。自民党、公明党が定額給付金と称して、1万2,000円の景気対策と称してやりましたけれども、それがあった直後に国家公務員、地方公務員のこのようなボーナス減額という措置は、この景気対策にもマイナス影響を与えるという意見も出されておりました。もっともだと思います。


 そういう質疑を聞いておりまして、最後の採決を見ましたら全部賛成でした。ちょっとがっかりしましたけれども、私はいずれにしても今回申し上げてきましたように、人事院勧告そのものが政府与党の圧力に屈した不当なものであり、調査内容も不十分であり、そしてそれを受けた政府も全体としての不十分さを人事院総裁さえも認めているのに、それを強行するという点では反対であります。


 今、政府がやるべきことは、昨年から大問題になっております巨額の内部留保金を持ちながら、派遣労働者を使い捨てにして派遣切りをやる。あるいは、最近では正規雇用者に対しても、賃下げと解雇、あるいは雇い止めを迫る。このような体力のある大企業に対して、政府自身が厳しく指導すべき立場にあるし、それをやる時期だと思います。


 そして、今、切りかえるべきは、家庭を応援する。先ほど言いましたように、公務員の賃金が、ボーナスが減れば、またそれが民間労働者に影響を与えていくということは明らかでありますから、家庭を応援する流れに切りかえなければならないという時期に、それに全く逆行するものであるというふうに思います。


 今、政府がやるべきは、申し上げましたように、派遣法が制定された、強行されたことによって起きた今の派遣切り、そういう政治災害から労働者を守り、家庭を温める経済政策に切りかえるべきだというふうに思います。


 反対討論を終わります。


                     =〔降 壇〕=


○議長(石橋力君) これをもって討論を終結いたします。


 これより採決に入ります。


 まず、第53号議案から第56号議案まで、及び第58号議案の各専決処分、以上5件を一括して採決いたします。


 以上の各議案に対する委員会の報告は、いずれも承認であります。


 以上の各議案は、委員会の報告のとおり、決定することに賛成の方の起立を求めます。


〔賛成者起立〕


○議長(石橋力君) 起立全員であります。よって、第53号議案から第56号議案まで、及び第58号議案以上5件、いずれも承認されました。


 次に、第59号議案、久留米市市長及び副市長給与条例及び久留米市職員給与条例の一部を改正する条例を採決いたします。


 本案に対する委員会の報告は可決であります。本案は委員会の報告のとおり、決定することに賛成の方の起立を求めます。


〔賛成者起立〕


○議長(石橋力君) 起立多数であります。よって第59号議案は原案のとおり可決されました。


 次に、お諮りいたします。


 本議会において議決されました案件で条項、字句、数字その他の整理を要するものにつきましては、その処理を議長に委任されたいと思います。


 これに御異議はありませんか。


〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(石橋力君) 御異議なしと認めます。よって議決されました案件で、条項、字句、数字その他の整理は議長に委任することに決定いたしました。


◎ 日 程 第 16


○議長(石橋力君) 次に、日程第16、会議録署名議員の指名を行います。


 11番永松千枝議員及び33番吉田帰命議員を指名いたします。


◎ 閉      会


○議長(石橋力君) 以上をもって、本議会に付議された案件は全部終了いたしました。


 よって、平成21年第2回市議会臨時会を閉会いたします。


 御苦労さんでした。


                     =午前11時18分  閉会=