議事ロックス -地方議会議事録検索-


福岡県 大牟田市

平成12年 6月 定例会(第407号) 06月08日−01号




平成12年 6月 定例会(第407号) − 06月08日−01号







平成12年 6月 定例会(第407号)


平成12年度大牟田市議会第1回定例会会議録

平成12年度第1回定例市議会議事日程 (第1号)
            平成12年6月8日
            午後1時30分開会

●人事異動に伴う紹介
●諸般の報告
日程第1 会期の決定
日程第2 会議録署名議員の指名
日程第3 議案第1号〜第16号、 報告第1号〜第10号上程 (26件)
 議案第1号 専決処分について
        (平成11年度大牟田市一般会計補正予算)
  同 第2号 専決処分について
        (大牟田市市税条例の一部を改正する条例)
  同 第3号 専決処分について
        (平成11年度大牟田市一般会計補正予算)
  同 第4号 専決処分について
        (平成11年度大牟田市公共下水道事業特別会計補正予算)
  同 第5号 専決処分について
        (平成11年度大牟田市四箇地区簡易水道事業特別会計補正予算)
  同 第6号 専決処分について
        (平成12年度大牟田市老人保健特別会計補正予算)
  同 第7号 専決処分について
        (平成12年度大牟田市公共下水道事業特別会計補正予算)
  同 第8号 平成12年度大牟田市国民健康保険特別会計補正予算
  同 第9号 財産の取得について
        (大牟田スタートアップセンター建設用地)
  同 第10号 大牟田市固定資産評価員の選任について
  同 第11号 昭和37年11月30日以前に給付事由の生じた退職年金等の年額の改定に関する条例の
       一部を改正する条例の制定について
 議案第12号 大牟田市市税条例の一部を改正する条例の制定について
  同 第13号 大牟田市手数料条例の一部を改正する条例の制定について
  同 第14号 大牟田スタートアップセンター条例の制定について
  同 第15号 大牟田市花ぷらす館条例の制定について
  同 第16号 大牟田市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部を改正する条例の
       制定について
 報告第1号 平成11年度大牟田市一般会計予算継続費に係る逓次繰越しについて
  同 第2号 平成11年度大牟田市公共下水道事業特別会計予算継続費に係る逓次繰越しについて
  同 第3号 平成11年度大牟田市一般会計予算繰越明許費に係る繰越しについて
  同 第4号 平成11年度大牟田市公共下水道事業特別会計予算繰越明許費に係る繰越しについて
  同 第5号 大牟田市土地開発公社の事業報告について
  同 第6号 財団法人大牟田市雇用開発センターの事業報告について
  同 第7号 財団法人大牟田文化会館の事業報告について
  同 第8号 財団法人大牟田市石炭科学教育普及協会の事業報告について
  同 第9号 財団法人大牟田市地域活性化センターの事業報告について
  同 第10号 財団法人大牟田市地域活性化センターの事業計画について
                  (提案理由説明)

出席議員名
 1番   大 場 和 正 議員
 2番   松 尾 哲 也 議員
 3番   高 口 講 治 議員
 4番   久木野 眞 二 議員
 5番   北 岡 恭 子 議員
 6番   長 野 スミ子 議員
 7番   吉 田 康 孝 議員
 8番   永 江 利 文 議員
 9番   中 島 正 憲 議員
10番   古 賀 道 雄 議員
11番   田 中 琢 美 議員
12番             
13番   城之内 義 観 議員
14番   寺 島 道 夫 議員
15番   小 野   晃 議員
16番   石 原 正 利 議員
17番   立 野   弘 議員
18番   小 林 正 明 議員
19番   内 山 謙 一 議員
20番   坂 本 秀 秋 議員
21番   猿 渡 軍 紀 議員
22番   金 子 恵美子 議員
23番   山 口 雅 弘 議員
24番   藤 田 次 夫 議員
25番   大 橋 武 彦 議員
26番   坂 田 敏 昭 議員
27番   桑 畑   貢 議員
28番   城 後 正 徳 議員
29番   原 田 俊 孝 議員
30番   矢 野 太刀男 議員

欠席議員名
              な し

説明のため出席した者
 栗 原   孝   市   長
 服 部 和 典   助   役
 西 村   覺   収 入 役
企画調整部
 徳 永 敬 史   部   長
 石 橋   保   次   長
 豊 武 数 実   企画振興課長
 中 尾 昌 弘   財 政 課 長
行政管理部
 古 賀 昭 人   部   長
 村 上 寧 浩   次   長
 山 本 和 雄   人 事 課 長
契約検査室
 堺   文 二   室   長
市 民 部
 荒 木 賢二郎   部   長
保健福祉部
 中 原 厚 子   部   長
環 境 部
 木 下 勝 弘   部   長
 田 代 愼 一   環境リサイクル産業推進担当部長
経 済 部
 中 園 徳斗士   部   長
都市整備部
 田 中 敬一郎   部   長
建 設 部
 山 本 一 秀   部   長
市立総合病院
 岡 本 弘 誓   事 務 局 長
消防本部
 猿 渡 敏 弘   消 防 長
 猿 渡 辰 雄   次   長
水 道 局
 梅 見 清 治   局長・水道事業管理者職務代理者
教育委員会
 荒 木 和 久   教 育 長
 鈴 木 孝 則   教 育 部 長

事務局職員出席者
 一ノ瀬   清   局   長
 池 松 壽 勝   次   長
 葭 原 節 哉   主   査
 徳 永 幸 子     同  
 坂 口   寿   書   記
 西 村 俊 二     同  
 前 田 浩 孝     同  
 内 山 勝 司     同  
 安 部 徹 志   速記業務委託者




                                     午後1時30分  開会 





○議長(桑畑貢)

 定足数に達しておりますので、これより第1回定例市議会を開会いたします。

 本日の議事日程は、お手元に印刷配付のとおりであります。御了承願います。

 議事に入ります前に、さきに行われました人事異動に伴う部長、次長の紹介がございます。

              〔栗原 孝市長 − 新任部・次長を紹介〕



○議長(桑畑貢)

 次に、諸般の報告を行います。

 去る5月30日東京都で開催されました全国市議会議長会第76回定期総会において、その表彰規程により坂田敏昭議員、原田俊孝議員、私桑畑 貢の3名がそれぞれ議員として25年以上、また、矢野太刀男議員が同じく15年以上の永年勤続の表彰を受けております。

 表彰状は去る5月31日被表彰者に伝達いたしておりますので、この際御紹介申し上げ、被表彰者の皆様の栄誉と御功績をたたえたいと存じます。

 それでは、これより議事に入ります。



                                    午後1時33分  開議 



△日程第1 会期の決定について



○議長(桑畑貢)

 日程第1、会期の決定を議題といたします。

 お諮りいたします。

 本定例市議会の会期につきましては、議会運営委員会の御決定どおり、本日から6月20日までの13日間と定めたいと存じますが、御異議ありませんか。

               〔「異議なし」 と呼ぶ者あり〕



○議長(桑畑貢)

 御異議なしと認めます。

 よって、そのように決定いたしました。

 つきましては、その間の議事運営はお手元に印刷配付の会期日程表のとおり取り運びたいと存じますので、御協力をお願いいたします。




平成12年度大牟田市議会第1回定例会会期日程
┌────┬──┬────────┬────────┬──────────────┐
│ 月 日 │ 曜 │  本 会 議  │  委 員 会  │    摘    要    │
├────┼──┼────────┼────────┼──────────────┤
│    │  │        │        │○人事異動に伴う紹介    │
│    │  │        │        │○諸般の報告        │
│6.8 │ 木 │開 議(13:30)│        │○会期の決定        │
│    │  │        │        │○会議録署名議員の指名   │
│    │  │        │        │○提案理由説明       │
├────┼──┼────────┼────────┼──────────────┤
│  9 │ 金 │休 会     │        │○議案熟読         │
├────┼──┼────────┼────────┼──────────────┤
│  10 │ 土 │休 会     │        │○休 日          │
├────┼──┼────────┼────────┼──────────────┤
│  11 │ 日 │休 会     │        │○休 日          │
├────┼──┼────────┼────────┼──────────────┤
│  12 │ 月 │休 会     │        │○議案熟読         │
│    │  │        │        │○請願提出期限       │
├────┼──┼────────┼────────┼──────────────┤
│  13 │ 火 │休 会     │        │○議案熟読         │
│    │  │        │        │○意見書案等提出期限    │
├────┼──┼────────┼────────┼──────────────┤
│  14 │ 水 │開 議(10:00)│        │○質疑・質問        │
│    │  │        │        │○調整委員会−請願     │
├────┼──┼────────┼────────┼──────────────┤
│    │  │        │        │○質疑・質問        │
│  15 │ 木 │開 議(10:00)│        │○常任委員会付託      │
│    │  │        │        │○調整委員会−意見書案等  │
├────┼──┼────────┼────────┼──────────────┤
│  16 │ 金 │休 会     │開 議(10:00)│○常任委員会審査      │
├────┼──┼────────┼────────┼──────────────┤
│  17 │ 土 │休 会     │        │○休 日          │
├────┼──┼────────┼────────┼──────────────┤
│  18 │ 日 │休 会     │        │○休 日          │
├────┼──┼────────┼────────┼──────────────┤
│  19 │ 月 │休 会     │        │○報告書起草        │
├────┼──┼────────┼────────┼──────────────┤
│    │  │        │        │○議会運営委員会      │
│  20 │ 火 │開 議(13:30)│        │○常任委員長報告・採決   │
│    │  │        │        │○議会報編集委員会(閉会後)│
└────┴──┴────────┴────────┴──────────────┘







△日程第2 会議録署名議員の指名



○議長(桑畑貢)

 次に日程第2、本定例市議会の会議録署名議員を指名いたします。

            6 番   長 野  スミ子   議 員

            24 番   藤 田  次 夫   議 員

 以上の両議員を指名いたします。



△日程第3 議案第1号〜第16号、報告第1号〜第10号上程 (26件)



○議長(桑畑貢)

 次に日程第3、議案第1号専決処分について (平成11年度大牟田市一般会計補正予算) から同第16号大牟田市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部を改正する条例の制定についてまで、及び報告第1号平成11年度大牟田市一般会計予算継続費に係る逓次繰越しについてから同第10号財団法人大牟田市地域活性化センターの事業計画についてまでの26件を一括議題として、市長から提案理由の説明を求めます。栗原市長。

                〔栗原 孝市長 登壇〕



◎市長(栗原孝)

 本日、平成12年度第1回定例市議会を招集いたしましたところ、議員各位には、公私とも御多用の中御出席いただき、厚く御礼申し上げます。

 ただいま、議長から説明を求められました提出議案の概要について御説明申し上げます。

 この議会に提出いたしました議案は26件でありますが、その内訳は、条例議案6件、予算議案1件、専決処分したものについて報告し承認を求める議案7件、その他財産の取得議案等2件、並びに予算の繰り越しについての報告等10件であります。

 まず、議案について御説明いたします前に、去る5月31日に出納閉鎖いたしました本市の平成11年度の決算見込みについて若干触れてみたいと思います。

 各会計の決算見込みにつきましては、老人保健会計、公共下水道事業会計におきまして赤字となりましたが、一般会計のほか、その他の特別会計におきましては、すべて黒字あるいは収支均衡のとれたものとなりました。

 一般会計につきましては、実質収支の黒字額はわずか287万1,000円ではありますが、単年度収支が約1億7,000万円の黒字と大幅に改善し、実質収支におきまして三池炭鉱閉山後初めて黒字に転換し、3年連続の赤字をかろうじて回避することができたところであります。

 このような決算見込みとなりました要因につきましては、現在細かく分析いたしておりますが、前年度との比較におきまして大要を申し上げてみたいと思います。

 まず、歳入につきましては、市税におきまして、法人市民税が税制改正の影響もあり、前年度より1億2,000万円以上も減少いたしましたが、家屋の新増築等に伴う固定資産税の増収、市たばこ税の税源移譲による増収等により法人市民税の減少を補い、他の税収と合わせて市税全体では前年度を5,200万円程度上回りました。

 また、地方交付税のうち特別交付税につきましては、12年4月からの市議会議員の報酬並びに常勤特別職及び一般職の職員等の給料について一律3%の減額措置を講じるなどの自助努力が大いに評価された結果であろうと認識いたしておりますが、前年度を1億7,000万円上回り、過去最高額の18億1,000万円を確保することができました。

 このほか、市債につきましては、国の経済新生対策にのっとった制度を活用いたしまして財源確保の努力を行ったところであります。また、特別減税の補てん措置として対策が講じられました減税補てん債等の発行などもありましたが、市債全体では、前年度を23億円以上下回る39億5,000万円余りの発行となったところであります。

 このように、自主財源である市税におきましては若干の増加となりましたほか、依存財源である特別交付税、国・県支出金、市債等を確保いたしましたが、歳入全体では、対前年度比で10億円ほどの減の597億7,034万1,000円となったところであります。

 一方、歳出につきましては、当初予算では10年度を20億9,000万円下回る573億8,000万円でスタートいたしましたが、低迷を続ける全国的な経済状況の中、炭鉱閉山後の本市の地域経済情勢等を勘案し、累次にわたる経済対策等によります補正を行い、年度間での切れ目のない予算執行に努めてまいったところであります。さらに、事業費の一部につきまして11年度への繰り越しがありますことから、11年度の歳出総額は、過去最高でありました10年度の602億1,805万1,000円に迫ります595億6,164万2,000円となり、対前年度比で6億5,640万9,000円、1.1%の減となりました。

 このような歳入、歳出等の要因がありましたが、なかんずく特別交付税の増が収支改善に大きく貢献し、最終的に単年度収支で1億7,018万2,000円の黒字となり、実質収支におきましては287万1,000円の黒字決算となったものと見込んでおります。

 本市の地域経済情勢の中、地域振興、高齢者対策等の課題解決に向けた取り組みを進めるためにも弾力的な財政構造を確保しておくことが必要でありますことから、9年度決算で98.6%でありました経常収支比率は、10年度決算におきましては96.2%と改善に努力したところであります。11年度決算での経常収支比率につきましては今後の分析を待たなければなりませんが、平成13年度までの産炭地域振興の支援策を活用しながら、環境リサイクル産業の展開を初めとする地域振興諸施策に取り組んでいく必要がありますので、今後とも財政構造の弾力性を確保していくという基本的な考え方を踏まえ、より一層事務事業の見直しを進め、さらに効率的な行財政システムの構築を図っていく所存であります。

 続きまして、条例議案について御説明いたします。

 まず、大牟田スタートアップセンター条例の制定につきましては、地場企業の新規事業展開や企業誘致の推進を図る観点から、企業の事業化に必要な生産スペースを一定の期間低廉な価格で提供することにより、新産業の創出及び雇用の確保など地域経済の活性化を図ることを目的として、スタートアップセンターを設置いたしますことから、管理運営等につき必要な事項を定めるため、本条例を制定するものであります。

 なお、供用開始の時期につきましては、条例の定めに従い入居企業を決定した後の12月ごろを予定いたしております。

 また、スタートアップセンター建設用地に係る財産の取得議案につきましても、あわせて今議会に御提案申し上げているところであります。

 次に、花ぷらす館条例の制定につきましては、本市の重要施策の一つである大牟田テクノパーク整備事業の支援事業の一環として整備が進められておりますおおむた道の駅の中核施設として、花ぷらす館を設置しようとするものであります。

 当施設は、花のあるやすらぎの空間を提供するとともに、花やガーデニングに関する商品や農作物の展示販売による特産品の振興等を図り、もって農業振興及び地域振興に資することを目的といたしておりますが、管理運営につきましては、こうした施設の特性及び設置の目的をより効果的に達成していくという観点から、民間委託による弾力的な運営を予定いたしているところであります。

 なお、供用開始につきましては、10月ごろを予定いたし、利用面におきましても、大牟田市多目的活動施設リフレスおおむた等周辺施設との連携等による相乗効果が大いに発揮できるものと期待するものであります。

 次に、市税条例の一部改正につきましては、国民健康保険税の基礎課税額すなわち医療分に係る所得割額、被保険者均等割額及び世帯別平等割額並びに低所得者層に対する減額の基準額を改定いたしますとともに、基礎課税額に係る課税限度額につきましてもあわせて改定を行い、保険税の負担軽減及び公平化を図るものであります。

 なお、課税限度額につきましては、諸般の事情を勘案し、47万円から50万円へ改定するものであります。

 次に、昭和37年11月30日以前に給付事由の生じた退職年金等の年額の改定に関する条例の一部改正につきましては、退職年金等の受給者について、恩給法等の改正に準じ、その年金額を改定するものであります。

 次に、非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部改正につきましては、消防団員等公務災害補償等責任共済等に関する法律施行令の改正に伴い、非常勤消防団員の退職報償金の支給額を改定するものであります。

 また、手数料条例の一部改正につきましては、建築基準法施行令の一部を改正する政令の施行に伴い、関係規定の整備を図るものであります。

 以上が条例議案の概要であります。

 続きまして、国民健康保険会計補正予算について御説明いたします。

 国民健康保険会計につきましては、介護保険制度の実施に伴いまして老人保健施設費等が医療から介護へ移行いたしますことから老人保健拠出金が減少いたしますとともに、あわせて基礎課税額の引き下げを行い、また、さきに述べましたとおり、被保険者間の保険税の負担の公平を図る観点から基礎課税額に係る課税限度額を引き上げ、これらの財源をもって基礎課税額に係る税率の引き下げを行うなど、主に歳入を中心とした補正を行うものであります。

 次に、専決処分したものについて報告し承認を求める議案について御説明いたします。

 まず、市税条例の一部改正に関するものにつきましては、地方税法等の一部を改正する法律等の施行に伴いまして市民負担の軽減等を図るため、個人市民税の所得割及び均等割に係る非課税限度額の引き上げ、平成12年度の固定資産税の評価替えに伴う土地に係る固定資産税及び都市計画税に係る税負担の調整措置等を講じますとともに、介護保険法施行法による地方税法の一部改正に伴いまして、国民健康保険の被保険者のうち本市の介護保険の第2号被保険者に係る介護納付金の課税限度額、所得割額、被保険者均等割額及び世帯別平等割額並びに低所得者層に対する減額の基準額を定めるものであります。

 次に、11年度予算に関するものといたしまして、一般会計につきましては3月28日及び同月31日に、公共下水道事業会計及び四箇地区簡易水道事業会計につきましては3月31日に、それぞれ専決処分を行っております。

 まず、一般会計でありますが、3月28日分につきましては、住民訴訟に対応するため弁護着手金の歳出予算を追加し、財源として地方交付税のうち普通交付税を増額いたし、あわせて弁護成功謝金につきまして債務負担行為の補正を行ったものであります。補正額は70万円の追加となり、補正後の一般会計予算の総額は、599億8,562万8,000円となっております。

 次に、3月31日分につきましては、歳出におきまして国庫支出金、地方債の額にあわせ事業費の増減を行ったものであり、歳入につきましては、地方債については許可額に、地方交付税、国・県支出金等については決定額にあわせ、それぞれ増減を行いましたほか、大牟田ライオンズクラブから10万円を、また原山町の圓佛洋右さんから2万4,000円を、それぞれ図書館の図書購入費に御寄付いただきましたので、その御厚意におこたえすることといたしております。なお、これらの措置により財源として剰余が生じましたので、予算操作として雑入の項に計上いたしておりました財源不足額を減額し、補正後の額を6億5,143万8,000円といたしております。この結果、補正額は989万円の減額となり、補正後の一般会計予算の総額は599億7,573万8,000円となっております。

 また、繰越明許費につきましては、繰越額の変更等に伴い補正を行ったものであります。

 次に、3月31日に専決処分いたしました公共下水道事業会計予算につきましては起債許可額にあわせ財源の変更を行ったものであり、四箇地区簡易水道事業会計につきましては事業費の変更に伴いその財源となる地方債もあわせて補正を行ったものであります。

 また、12年度予算に関するものといたしましては、老人保健会計及び公共下水道事業会計につきまして5月31日に専決処分をいたしたものであり、これらの会計につきましては、11年度に収入されるべき国庫支出金が12年度に交付されることに伴いまして、11年度決算見込みが赤字の見込みとなりますことから、繰上充用する必要が生じましたので、両会計につきましてそれぞれ前年度繰上充用金等の補正を行ったものであります。

 以上が専決処分したものについて報告し承認を求める議案の概要であります。

 その他の議案といたしましては、大牟田スタートアップセンター建設に係る財産の取得議案及び固定資産評価員の選任議案であります。

 最後に、報告10件につきましては、平成11年度の一般会計予算及び公共下水道事業特別会計予算の継続費に係る逓次繰り越し並びに繰越明許費に係る繰り越し、その他大牟田市土地開発公社、財団法人大牟田市雇用開発センター、大牟田文化会館、大牟田市石炭科学教育普及協会及び大牟田市地域活性化センターの11年度の事業報告並びに地域活性化センターの12年度の事業計画であります。

 以上が提出議案の概要であります。

 何とぞ、御審議の上御協賛くださいますようお願い申し上げます。



○議長(桑畑貢)

 お諮りいたします。

 以上で本日予定された議事を終わりましたので、本日はこれにて散会したいと存じますが、御異議ありませんか。

               〔「異議なし」 と呼ぶ者あり〕



○議長(桑畑貢)

 御異議なしと認めます。

 つきましては、次の本会議は6月14日午前10時から開き、質疑質問を行うことになっておりますので、御承知おき願います。

 それでは、本日はこれをもって散会いたします。

                                     午後1時56分  散会