議事ロックス -地方議会議事録検索-


福岡県 大牟田市

平成11年 9月 定例会(第404号) 09月27日−05号




平成11年 9月 定例会(第404号) − 09月27日−05号







平成11年 9月 定例会(第404号)


平成11年度大牟田市議会第3回定例会会議録

平成11年度第3回定例市議会議事日程 (第5号)
          平成11年9月27日
          午後1時30分 開議

●諸般の報告

日程第1  故時津進二議員に対する追悼演説

日程第2  議案25号、同第35号〜第54号、報告第12号〜第15号、請願第3号上程 (26件)

          (委員長報告)
          (討   論)
          (採   決)

日程第3  議案第26号〜第34号上程 (9件)

日程第4  決算特別委員会の設置について
          (設   置)
          (付   託)
          (委員の指名)

日程第5  発議第14号〜第20号上程 (7件)
 発議第14号 NPO法人 (特定非営利活動法人) の育成策の強化を求める意見書案
  同 第15号 ベンチャー企業等の起業環境の整備等を求める意見書案
  同 第16号 介護保険制度導入に伴う介護サービス基盤の充実強化を求める意見書案
  同 第17号  「日の丸」 「君が代」 の取り扱いに関する意見書案
  同 第18号 移動制約者のための交通バリアフリー法の制定を求める意見書案
  同 第19号 新道路整備五箇年計画の着実な推進に関する意見書案
  同 第20号 新米の主食用外処理に反対し、外米の輸入削減を求める意見書案
          (採   決)

本日の会議に付した事件
         (議事日程のとおり)

出席議員名
 1番   大 場 和 正 議員
 2番   松 尾 哲 也 議員
 3番   高 口 講 治 議員
 4番   久木野 眞 二 議員
 5番   北 岡 恭 子 議員
 6番   長 野 スミ子 議員
 7番   吉 田 康 孝 議員
 8番   永 江 利 文 議員
 9番   中 島 正 憲 議員
10番   古 賀 道 雄 議員
11番   田 中 琢 美 議員
12番             
13番   城之内 義 観 議員
14番   寺 島 道 夫 議員
15番   小 野   晃 議員
16番   石 原 正 利 議員
17番   立 野   弘 議員
18番   小 林 正 明 議員
19番   内 山 謙 一 議員
20番   坂 本 秀 秋 議員
21番   猿 渡 軍 紀 議員
22番   金 子 恵美子 議員
23番   山 口 雅 弘 議員
24番   藤 田 次 夫 議員
25番   大 橋 武 彦 議員
26番   坂 田 敏 昭 議員
27番   桑 畑   貢 議員
28番   城 後 正 徳 議員
29番   原 田 俊 孝 議員
30番   矢 野 太刀男 議員
欠席議員名
      な    し

説明のため出席した者
 栗 原   孝   市   長
 猿 渡 武 彦   助   役
 服 部 和 典   助   役
 西 村   覺   収 入 役
企画調整部
 徳 永 敬 史   部   長
 木 下 勝 弘   次   長
 豊 武 数 実   企画振興課長
 中 尾 昌 弘   財 政 課 長
行政管理部
 松 藤   晃   部   長
 村 上 寧 浩   次   長
 山 本 和 雄   人 事 課 長
契約検査室
 合 嶋   計   室   長
市民部
 古 賀 昭 人   部   長
保健福祉部
 中 原 厚 子   部   長
環境部
 川 田 勇 二   部   長
経 済 部
 中 園 徳斗士   部   長
都市整備部
 田 中 敬一郎   部   長
建設部
 山 本 一 秀   部   長
市立総合病院
 古 賀 正 茂   事 務 局 長
消防本部
 猿 渡 敏 弘   消 防 長
 猿 渡 辰 雄   次長・消防署長
水 道 局
 梅 見 清 治   局長・水道事業管理者職務代理者
教育委員会
 荒 木 和 久   教 育 長
 鈴 木 孝 則   教 育 部 長

事務局職員出席者
 一ノ瀬   清   局   長
 松 田 雅 廣   次   長
 葭 原 節 哉   主   査
 城 戸 智 規   書   記
 西 村 俊 二     同  
 前 田 浩 孝     同  
 内 山 勝 司     同  
 平 野 理 加     同  
 安 部 徹 志   速記業務委託者




                                      午後1時30分 開議 



○議長(桑畑貢)

 定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、お手元に印刷配付のとおりであります。御了承願います。

 議事に入ります前に、諸般の報告をいたします。

 突然のことではありますが、時津進二議員が本日逝去されました。

 時津進二議員におかれましては、これまで市政発展のため、その卓越した手腕を振るわれてこられました。これからもなお一層の御活躍を期待いたしておりましただけに、まことに残念であり、かつ痛切哀悼の情にたえません。

 故時津進二議員の御霊に対し、慎んで弔意を表し、あわせてその御冥福を祈るため、黙祷をささげたいと存じます。御起立願います。黙祷。

               〔出席者起立−黙祷〕



○議長(桑畑貢)

 黙祷を終わります。御着席願います。

 それでは、これより議事に入ります。



△日程第1 故時津進二議員に対する追悼演説



○議長(桑畑貢)

 日程第1、故時津進二議員に対する追悼演説を議題といたします。

 本日逝去されました故時津進二議員に弔意を表するために、自由民主党議員団代表藤田次夫議員から追悼演説があります。藤田次夫議員。

               〔藤田次夫議員 登壇〕



◆議員(藤田次夫)

 故時津進二議員は、本日急逝されました。まことに痛恨の念にたえません。

 私は、ここに各位の御同意を得て、議員一同を代表し、慎んで追悼の言葉を申し述べます。

 本年4月25日に執行された統一地方選挙において見事に連続当選の栄をかち取られ、市民の負託にこたえるため、重責を担いつつも全力で頑張っていくと決意を新たにし、日々お元気な様子で職務を全うされておられたことは、我々の記憶にも新しいところでございます。

 現在、会期中であります9月定例市議会にも、22日の常任委員会審査まで元気なお姿を私たちに見せておられました。

 そして、その本会議の最終日にこのような悲報に接するとは、余りに人の世の無常と運命の冷酷さを感じるのであります。

 今、静かに目を閉じれば、毎日のように事務局に来られ、人の心を和らげるまなざしで満面に笑みを浮かべ、人なつっこく周りの人に話しかけられておられたあなたの笑顔にも永久に接することができないと思うとき、ありし日のあなたの面影がほうふつとして浮かび限りない追悼と哀惜の情切ないものがあります。

 つい先日の私ども自民党市議団会派による行政視察の当日の朝、あなたはしわの寄った背広を気にしておられました。「きのう遅かったけん朝おくれるとでけんと思うて、背広を着たまま寝とった」 と照れくさそうに笑っておられたあなたの豪放らいらくな姿が今となっては思い起こされてまいります。

 故時津進二議員は、平成7年5月市議会議員に見事初当選されて以来、今期で2期目を迎え、市政発展のために今日まで御尽力されてこられました。

 この間、石炭対策・環境リサイクル促進特別委員会副委員長を初め、議会運営委員会委員、大牟田市農業委員会委員、さらには自民党大牟田支部政務調査会会長等々、数々の要職につかれるとともに、自由民主党議員団の一員として、誠実で豪快な人柄をもって遺憾なくその手腕を発揮され、市政において縦横無尽の活躍をされてまいりました。

 特に、大牟田市消防団においては、昭和38年1月、消防団員を拝命以来、36年の長きにわたり消防業務に精励され、平成9年3月、消防長官より誉れの永年勤続功労章を授与され、平成11年4月には副団長に就任されるなど、真の消防人として職務完遂に邁進されてきたところであります。

 59歳という若さでの故時津進二議員の急逝は、本市議会にとっても、また本市にとっても大きな損失であり、とても残念であります。

 故時津進二議員が本定例会、21日の本会議まで、市議会議員として本領を発揮され、使用されていた議席には今寂しげに白菊の花が飾られ、悲しみを誘わざるを得ません。

 大牟田市をこよなく愛し、市の活性化に精いっぱい尽くされたあなたの高邁な精神を受け継ぎ、私たちは市政発展のためにより一層の努力をここにお誓いいたします。

 時津さん安らかにお眠りください。

 ここに、時津進二議員の御逝去に対し、本市議会はその業績をたたえ、その人となりをしのびつつ、心から御冥福をお祈りして追悼の言葉といたします。

         平成11年9月27日

                 自由民主党議員団  代表 藤田次夫





△日程第2 議案第25号、同第35号〜第54号、報告第12号〜第15号、請願第3号上程 (26件)



○議長(桑畑貢)

 次に日程第2、去る9月21日の本会議において各関係常任委員会に付託しておりました議案第25号、同第35号から同第54号まで、報告第12号から同第15号まで、及び請願第3号の26件を一括議題として、各関係常任委員長より審査結果の報告を求めます。最初に、石原正利総務委員長。

               〔石原正利総務委員長 登壇〕



◆総務委員長(石原正利)

 総務委員会に付託されました議案について、審査の結果を簡単に御報告いたします。

 まず最初に、議案第38号平成11年度大牟田市一般会計補正予算のうち、本委員会の所管に属する関係経費について、及び同第39号平成11年度大牟田市国民健康保険特別会計補正予算の2件について一括して申し上げます。

 審査の結果、日本共産党議員団委員より、当初予算との関連上賛成しがたいとの態度表明がありましたが、結局、多数をもってそれぞれ原案どおり可決すべきものと決定いたしました。

 最後に、議案第25号専決処分について (平成11年度大牟田市一般会計補正予算) のうち、本委員会の所管に属する関係経費について、同第40号平成11年度大牟田市住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予算、同第51号請負契約の締結について (花と緑のふれあい館 (仮称) 新築工事) 及び同第52号請負契約の締結について (公共下水道事業吉野手鎌汚水幹線築造工事)、以上4件について一括して申し上げます。

 審査の結果、別段異議なく、全会一致をもってそれぞれ原案どおり承認または可決すべきものと決定しました。

 以上、報告を終わります。



○議長(桑畑貢)

 ただいまの報告に対し、質疑はありませんか。

               〔「質疑なし」 と呼ぶ者あり〕



○議長(桑畑貢)

 質疑なしと認めます。

 次に、金子恵美子教育民生委員長。

               〔金子恵美子教育民生委員長 登壇〕



◆教育民生委員長(金子恵美子)

 教育民生委員会に付託されました議案等について、審査の経過と結果を簡単に御報告いたします。

 まず最初に、議案第38号平成11年度大牟田市一般会計補正予算のうち、本委員会の所管に属する関係経費について申し上げます。

 審査の結果、日本共産党議員団委員より、当初予算との関連上賛成しがたいとの態度表明がありましたが、結局、多数をもって原案どおり可決すべきものと決定いたしました。

 次に、議案第45号大牟田市少子化対策臨時特例交付金基金条例の制定について申し上げます。

 審査の過程で、少子化対策については平成12年度にエンゼルプランを策定して総合的に取り組まれると思うが、今後とも継続的な対策の充実を図られたいとの意見・要望が述べられました。

 審査の結果、別段異議なく、全会一致をもって原案どおり可決すべきものと決定いたしました。

 次に、議案第41号平成11年度大牟田市老人保健特別会計補正予算、同第50号大牟田市公民館条例の一部を改正する条例の制定について、同第53号柳川市外二市六町伝染病院組合の解散について、及び同第54号柳川市外二市六町伝染病院組合の解散に伴う財産処分についての4件を一括して申し上げます。

 審査の結果、別段異議なく、いずれも全会一致をもって原案どおり可決すべきものと決定いたしました。

 次に、報告第12号平成10年度大牟田市一般会計予算継続費の精算についてのうち、本委員会の所管に属する関係経費について申し上げます。

 関係当局より、四ケ交流複合施設 (仮称) 建設事業に係る継続費については、その継続年度が終了した旨の報告を受けました。

 最後に、請願第3号大牟田市民が安心して介護をうけることができる介護保険事業の実現をもとめる請願について申し上げます。

 審査の結果、願意妥当とする意見と願意に沿いがたいとする意見とに分かれましたが、結局、賛成少数により採択しないものと決定いたしました。

 以上、報告を終わります。



○議長(桑畑貢)

 ただいまの報告に対し、質疑はありませんか。

               〔「質疑なし」 と呼ぶ者あり〕



○議長(桑畑貢)

 質疑なしと認めます。

 次に、内山謙一経済衛生委員長。

               〔内山謙一経済衛生委員長 登壇〕



◆経済衛生委員長(内山謙一)

 経済衛生委員会に付託されました議案等について、審査の経過と結果を簡単に御報告いたします。

 まず最初に、議案第38号平成11年度大牟田市一般会計補正予算のうち、本委員会の所管に属する関係経費について申し上げます。

 審査の結果、日本共産党議員団委員より、当初予算との関連上賛成しがたいとの態度表明がありましたが、結局、多数をもって原案どおり可決すべきものと決定いたしました。

 次に、議案第25号専決処分について (平成11年度大牟田市一般会計補正予算) のうち、本委員会の所管に属する関係経費について、同第44号平成11年度大牟田市四箇地区簡易水道事業特別会計補正予算、及び同第49号大牟田市が設置する一般廃棄物処理施設に係る生活環境影響調査結果の縦覧等の手続に関する条例の制定についての3件を一括して申し上げます。

 審査の結果、別段異議なく、全会一致をもってそれぞれ原案どおり承認または可決すべきものと決定いたしました。

 次に、議案第35号平成10年度大牟田市立総合病院事業会計決算の認定については、なお慎重な審査を要するため、継続審査の取り扱いとしていただくよう決定いたしました。

 次に、報告第13号平成10年度大牟田市四箇地区簡易水道事業特別会計予算継続費の精算について申し上げます。

 関係当局より、四箇地区簡易水道建設事業に係る継続費については、その継続年度が終了した旨の報告を受けました。

 次に、報告第14号株式会社ネイブルランドの事業報告について申し上げます。

 関係当局より、同社は経営状況が極めて悪化し、資金の状況から経営の継続が不可能と判断し、ネイブルランドを平成10年12月25日限りで閉園したことなどの事業概況、経営状況及び財務諸表について報告を受けました。

 最後に、報告第15号株式会社ネイブルランドの事業計画について申し上げます。

 関係当局より、平成11年4月5日の臨時株主総会における同社の解散決議に従い、特別清算の手続等の円滑な遂行に努め、当該清算の手続等が終了するまでの間、会社財産を適正に管理する旨の報告を受けました。

 以上、報告を終わります。



○議長(桑畑貢)

 ただいまの報告に対し、質疑はありませんか。

               〔「質疑なし」 と呼ぶ者あり〕



○議長(桑畑貢)

 質疑なしと認めます。

 最後に、城後正徳建設委員長。

               〔城後正徳建設委員長 登壇〕



◆建設委員長(城後正徳)

 建設委員会に付託されました議案等について、審査の経過と結果を簡単に御報告いたします。

 まず最初に、議案第38号平成11年度大牟田市一般会計補正予算のうち、本委員会の所管に属する関係経費について、及び同第42号平成11年度大牟田市公共下水道事業特別会計補正予算の2件について一括して申し上げます。

 審査の結果、日本共産党議員団委員より、当初予算との関連上賛成しがたい旨の態度表明がありましたが、結局、多数をもってそれぞれ原案どおり可決すべきものと決定いたしました。

 次に、議案第43号平成11年度大牟田市市営駐車場事業特別会計補正予算、及び同第46号大牟田テクノパーク地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例の制定についてから同第48号大牟田市建築協定条例の制定についてまでの4件について一括して申し上げます。

 審査の結果、別段異議なく、全会一致をもってそれぞれ原案どおり可決すべきものと決定いたしました。

 次に、報告第12号平成10年度大牟田市一般会計予算継続費の精算についてのうち、本委員会の所管に属する関係経費について申し上げます。

 関係当局より、大規模工業団地開発推進事業 (その3)、及び大牟田テクノパーク公園整備事業に係る継続費については、その継続年度が終了した旨の報告を受けました。

 最後に、議案第36号平成10年度大牟田市水道事業会計決算の認定について、及び同第37号平成10年度大牟田市水道事業剰余金の処分についての2件について一括して申し上げます。

 以上の議案2件については、なお慎重な審査を要するため、それぞれ継続審査の取り扱いとしていただくよう決定いたしました。

 以上、報告を終わります。



○議長(桑畑貢)

 ただいまの報告に対し、質疑はありませんか。

               〔「質疑なし」 と呼ぶ者あり〕



○議長(桑畑貢)

 質疑なしと認めます。

 討論の通告はあっておりませんので、報告第12号から同第15号までの4件を除き、これより採決に入ります。

 採決は、4回に分けて行います。

 第1回目に、請願第3号大牟田市民が安心して介護をうけることができる介護保険事業の実現をもとめる請願の1件を採決いたします。

 以上、請願1件を関係常任委員長の報告は採択しないことになっておりますが、採択することに賛成の議員は、御起立願います。

               〔賛成者起立〕



○議長(桑畑貢)

 起立少数。

 よって、請願第3号は採択しないことに決定いたしました。

請願第3号 大牟田市民が安心して介護をうけることができる介護保険事業の実現をもとめる請願





○議長(桑畑貢)

 第2回目に、議案第38号平成11年度大牟田市一般会計補正予算、同第39号平成11年度大牟田市国民健康保険特別会計補正予算、及び同第42号平成11年度大牟田市公共下水道事業特別会計補正予算の3件を一括して採決いたします。

 以上、議案3件をいずれも各関係常任委員長の報告どおり、原案を可決することに賛成の議員は御起立願います。

               〔賛成者起立〕



○議長(桑畑貢)

 起立多数。

 よって、議案第38号、同第39号及び同第42号の3件は、いずれも原案どおり可決されました。

議案第38号 平成11年度大牟田市一般会計補正予算

 同 第39号 平成11年度大牟田市国民健康保険特別会計補正予算

 同 第42号 平成11年度大牟田市公共下水道事業特別会計補正予算





○議長(桑畑貢)

 第3回目に、議案第25号専決処分について (平成11年度大牟田市一般会計補正予算)、同第40号平成11年度大牟田市住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予算、同第41号平成11年度大牟田市老人保健特別会計補正予算、及び同第43号平成11年度大牟田市市営駐車場事業特別会計補正予算から同第54号柳川市外二市六町伝染病院組合の解散に伴う財産処分についてまでの15件を一括して採決いたします。

 以上、議案15件をいずれも関係常任委員長の報告どおり、原案を承認または可決することに賛成の議員は、御起立願います。

               〔賛成者起立〕



○議長(桑畑貢)

 起立全員。

 よって、議案第25号、同第40号、同第41号及び同第43号から同第54号までの15件は、いずれも原案どおり承認または可決されました。

 議案第25号 専決処分について

       (平成11年度大牟田市一般会計補正予算)

 同 第40号 平成11年度大牟田市住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予算

 同 第41号 平成11年度大牟田市老人保健特別会計補正予算

 同 第43号 平成11年度大牟田市市営駐車場事業特別会計補正予算

 議案第44号 平成11年度大牟田市四箇地区簡易水道事業特別会計補正予算

 同 第45号 大牟田市少子化対策臨時特例交付金基金条例の制定について

 同 第46号 大牟田テクノパーク地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例の制定について

 同 第47号 大牟田市建築審査会条例の制定について

 同 第48号 大牟田市建築協定条例の制定について

 同 第49号 大牟田市が設置する一般廃棄物処理施設に係る生活環境影響調査結果の縦覧等の手続に

       関する条例の制定について

 同 第50号 大牟田市公民館条例の一部を改正する条例の制定について

 同 第51号 請負契約の締結について

       (花と緑のふれあい館 (仮称) 新築工事)

 同 第52号 請負契約の締結について

       (公共下水道事業吉野手鎌汚水幹線築造工事)

 同 第53号 柳川市外二市六町伝染病院組合の解散について

 同 第54号 柳川市外二市六町伝染病院組合の解散に伴う財産処分について





○議長(桑畑貢)

 第4回目に、議案第35号平成10年度大牟田市立総合病院事業会計決算の認定についてから同第37号平成10年度大牟田市水道事業剰余金の処分についてまでの3件について、その取り扱いをお諮りいたします。

 以上、議案3件については各関係常任委員長の報告どおり、いずれも継続審査の取り扱いとして閉会中の各関係常任委員会に再付託したいと存じますが、御異議ありませんか。

               〔「異議なし」 と呼ぶ者あり〕



○議長(桑畑貢)

 御異議なしと認めます。

 それでは、議案第35号から同第37号までの3件をそれぞれ閉会中の各関係常任委員会に再付託いたします。

 議案第35号 平成10年度大牟田市立総合病院事業会計決算の認定について

 同 第36号 平成10年度大牟田市水道事業会計決算の認定について

 同 第37号 平成10年度大牟田市水道事業剰余金の処分について





△日程第3  議案第26号〜第34号上程 (9件)



△日程第4  決算特別委員会の設置について



○議長(桑畑貢)

 次に日程第3、議案第26号から同第34号までの9件を一括議題といたします。

 続いて日程第4、決算特別委員会の設置についてを議題といたします。

 お諮りいたします。

 ただいま上程中の議案第26号から同第34号までの平成10年度各会計決算関係議案9件を審査するため、議員15名をもって構成する決算特別委員会を設置し、継続審査の取り扱いとして閉会中の同特別委員会に付託したいと存じますが、御異議ありませんか。

               〔「異議なし」 と呼ぶ者あり〕



○議長(桑畑貢)

 御異議なしと認めます。

 よって、そのように決定いたしました。

 それでは、ただいま設置いたしました決算特別委員会の委員には、お手元に印刷配付の名簿のとおり指名したいと存じますが、御異議ありませんか。

               〔「異議なし」 と呼ぶ者あり〕



○議長(桑畑貢)

 御異議なしと認めます。

 よって、決算特別委員会の委員には、お手元に印刷配付の名簿のとおり指名し、議案第26号から同第34号までの9件を継続審査の取り扱いとして、閉会中の同特別委員会に付託いたします。




決算特別委員会委員名簿
        (議席順)
┌───┬───────┐
│委 員│松 尾 哲 也│
├───┼───────┤
│ 〃 │北 岡 恭 子│
├───┼───────┤
│ 〃 │長 野 スミ子│
├───┼───────┤
│ 〃 │吉 田 康 孝│
├───┼───────┤
│ 〃 │永 江 利 文│
├───┼───────┤
│ 〃 │中 島 正 憲│
├───┼───────┤
│ 〃 │石 原 正 利│
├───┼───────┤
│ 〃 │立 野   弘│
├───┼───────┤
│ 〃 │内 山 謙 一│
├───┼───────┤
│ 〃 │金 子 恵美子│
├───┼───────┤
│ 〃 │山 口 雅 弘│
├───┼───────┤
│ 〃 │藤 田 次 夫│
├───┼───────┤
│ 〃 │大 橋 武 彦│
├───┼───────┤
│ 〃 │坂 田 敏 昭│
├───┼───────┤
│ 〃 │原 田 俊 孝│
└───┴───────┘







△日程第5 発議第14号〜第20号上程 (7件)



○議長(桑畑貢)

 次に日程第5、本日新たに提出された発議第14号NPO法人 (特定非営利活動法人) の育成策の強化を求める意見書案から同第20号新米の主食用外処理に反対し、外米の輸入削減を求める意見書案までの7件を一括議題といたします。

 お諮りいたします。

 ただいま上程した発議7件については、別紙お手元に印刷配付の意見書案文によって趣旨はそれぞれ御理解いただけるものと存じますので、提出者の趣旨説明、質疑及び委員会付託を省略して直ちに採決したいと存じますが、御異議ありませんか。

               〔「異議なし」 と呼ぶ者あり〕



○議長(桑畑貢)

 御異議なしと認めます。

 よって、そのように決定いたしました。

 それでは、採決に入ります。

 採決は、3回に分けて行います。

 第1回目に、発議第20号新米の主食用外処理に反対し、外米の輸入削減を求める意見書案の1件を採決いたします。

 以上、発議1件を原案どおり可決することに賛成の議員は、御起立願います

               〔賛成者起立〕



○議長(桑畑貢)

 起立少数。

 よって、発議第20号は否決されました。

発議第20号 新米の主食用外処理に反対し、外米の輸入削減を求める意見書案





○議長(桑畑貢)

 第2回目に、発議第17号 「日の丸」 「君が代」 の取り扱いに関する意見書案の1件を採決いたします。

 以上、発議1件を原案どおり可決することに賛成の議員は、御起立願います。

               〔賛成者起立〕



○議長(桑畑貢)

 起立少数。

 よって、発議第17号は否決されました。

 発議第17号 「日の丸」 「君が代」 の取り扱いに関する意見書案





○議長(桑畑貢)

 第3回目に、発議第14号NPO法人 (特定非営利活動法人) の育成策の強化を求める意見書案から同第16号介護保険制度導入に伴う介護サービス基盤の充実強化を求める意見書案まで、同第18号移動制約者のための交通バリアフリー法の制定を求める意見書案及び同第19号新道路整備五箇年計画の着実な推進に関する意見書案の5件を一括して採決いたします。

 以上、発議5件をいずれも原案どおり可決することに賛成の議員は、御起立願います。

               〔賛成者起立〕



○議長(桑畑貢)

 起立全員。

 よって、発議第14号から同第16号まで、同第18号及び同第19号の5件は、いずれも原案どおり可決されました。

 発議第14号 NPO法人 (特定非営利活動法人) の育成策の強化を求める意見書案

 同 第15号 ベンチャー企業等の起業環境の整備等を求める意見書案

 同 第16号 介護保険制度導入に伴う介護サービス基盤の充実強化を求める意見書案

 同 第18号 移動制約者のための交通バリアフリー法の制定を求める意見書案

 同 第19号 新道路整備五箇年計画の着実な推進に関する意見書案



○議長(桑畑貢)

 なお、ただいま議決されました意見書の関係機関への提出等、その取り扱いについては、議長に御一任いただくようお願いいたします。



○議長(桑畑貢)

 お諮りいたします。

 以上で、本定例市議会に予定された議事をすべて終わりましたので、これにて閉会したいと存じますが、御異議ありませんか。

               〔「異議なし」 と呼ぶ者あり〕



○議長(桑畑貢)

 御異議なしと認めます。

 なお、閉会後、決算特別委員会を開き、正副委員長の互選を行うことになっておりますので、決算特別委員会の委員の方は本会議場にお残りいただき、委員会開催の準備が整うまでお待ちいただくようお願いいたします。

 それでは、第3回定例市議会はこれをもって閉会いたします。

                                      午後2時02分 閉会 



  地方自治法第123条第2項及び大牟田市議会会議規則第98条の規定によりここに署名する。



             議   長    桑 畑   貢



             議   員    高 口 講 治



             議   員    城 後 正 徳