議事ロックス -地方議会議事録検索-


福岡県 北九州市

平成28年度 予算特別委員会 03月22日−01号




平成28年度 予算特別委員会 − 03月22日−01号









平成28年度 予算特別委員会


委員会に付した事件

┌──────┬──────────────────────────────────┬──────┐
│ 議案番号 │           件          名           │ 区  分 │
├──────┼──────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 1 号 │平成28年度北九州市一般会計予算について               │ 所管分科会 │
├──────┼──────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 2 号 │平成28年度北九州市国民健康保険特別会計予算について         │ 第2分科会 │
├──────┼──────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 3 号 │平成28年度北九州市食肉センター特別会計予算について         │ 第2分科会 │
├──────┼──────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 4 号 │平成28年度北九州市卸売市場特別会計予算について           │ 第3分科会 │
├──────┼──────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 5 号 │平成28年度北九州市渡船特別会計予算について             │ 第3分科会 │
├──────┼──────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 6 号 │平成28年度北九州市競輪、競艇特別会計予算について          │ 第3分科会 │
├──────┼──────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 7 号 │平成28年度北九州市土地区画整理特別会計予算について         │ 第1分科会 │
├──────┼──────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 8 号 │平成28年度北九州市土地区画整理事業清算特別会計予算について     │ 第1分科会 │
├──────┼──────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 9 号 │平成28年度北九州市港湾整備特別会計予算について           │ 第3分科会 │
├──────┼──────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 10 号 │平成28年度北九州市公債償還特別会計予算について           │ 第1分科会 │
├──────┼──────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 11 号 │平成28年度北九州市住宅新築資金等貸付特別会計予算について      │ 第1分科会 │
├──────┼──────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 12 号 │平成28年度北九州市土地取得特別会計予算について           │ 所管分科会 │
├──────┼──────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 13 号 │平成28年度北九州市駐車場特別会計予算について            │ 第1分科会 │
├──────┼──────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 14 号 │平成28年度北九州市母子父子寡婦福祉資金特別会計予算について     │ 第2分科会 │
├──────┼──────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 15 号 │平成28年度北九州市産業用地整備特別会計予算について         │ 第3分科会 │
├──────┼──────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 16 号 │平成28年度北九州市廃棄物発電特別会計予算について          │ 第2分科会 │
├──────┼──────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 17 号 │平成28年度北九州市漁業集落排水特別会計予算について         │ 第3分科会 │
├──────┼──────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 18 号 │平成28年度北九州市介護保険特別会計予算について           │ 第2分科会 │
├──────┼──────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 19 号 │平成28年度北九州市空港関連用地整備特別会計予算について       │ 第3分科会 │
├──────┼──────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 20 号 │平成28年度北九州市学術研究都市土地区画整理特別会計予算について   │ 第1分科会 │
├──────┼──────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 21 号 │平成28年度北九州市臨海部産業用地貸付特別会計予算について      │ 第3分科会 │
├──────┼──────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 22 号 │平成28年度北九州市後期高齢者医療特別会計予算について        │ 第2分科会 │
├──────┼──────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 23 号 │平成28年度北九州市市民太陽光発電所特別会計予算について       │ 第3分科会 │
├──────┼──────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 24 号 │平成28年度北九州市上水道事業会計予算について            │ 第3分科会 │
├──────┼──────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 25 号 │平成28年度北九州市工業用水道事業会計予算について          │ 第3分科会 │
├──────┼──────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 26 号 │平成28年度北九州市交通事業会計予算について             │ 第1分科会 │
├──────┼──────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 27 号 │平成28年度北九州市病院事業会計予算について             │ 第2分科会 │
├──────┼──────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 28 号 │平成28年度北九州市下水道事業会計予算について            │ 第3分科会 │
└──────┴──────────────────────────────────┴──────┘

┌──────┬──────────────────────────────────┬──────┐
│ 議案番号 │           件          名           │ 区  分 │
├──────┼──────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 29 号 │北九州市行政不服審査法に基づく手数料等に関する条例について     │ 第1分科会 │
├──────┼──────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 30 号 │北九州市職員の退職管理に関する条例について             │ 第1分科会 │
├──────┼──────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 31 号 │北九州市事務分掌条例の一部改正について               │ 第1分科会 │
├──────┼──────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 32 号 │北九州市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一│ 第1分科会 │
│      │部改正について                           │      │
├──────┼──────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 33 号 │北九州市手数料条例の一部改正について                │ 第1分科会 │
├──────┼──────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 34 号 │北九州市市税条例の一部改正について                 │ 第1分科会 │
├──────┼──────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 35 号 │法人の市民税の課税の臨時特例に関する条例の一部改正について     │ 第1分科会 │
├──────┼──────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 36 号 │区の設置並びに区の事務所の位置、名称及び所管区域に関する条例の一部改│ 第1分科会 │
│      │正について                             │      │
├──────┼──────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 38 号 │北九州市スポーツ施設条例の一部改正について             │ 第1分科会 │
├──────┼──────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 39 号 │北九州市立消費生活センター条例について               │ 第1分科会 │
├──────┼──────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 40 号 │北九州市民生委員の定数を定める条例の一部改正について        │ 第2分科会 │
├──────┼──────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 41 号 │北九州市介護保険条例等の一部改正について              │ 第2分科会 │
├──────┼──────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 42 号 │北九州市国民健康保険条例の一部改正について             │ 第2分科会 │
├──────┼──────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 43 号 │北九州市衛生施設の設置及び管理に関する条例の一部改正について    │ 第2分科会 │
├──────┼──────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 44 号 │北九州市渡船事業条例の一部改正について               │ 第3分科会 │
├──────┼──────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 45 号 │北九州市公設地方卸売市場条例の一部改正について           │ 第3分科会 │
├──────┼──────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 46 号 │北九州市自転車の放置の防止に関する条例の一部改正について      │ 第2分科会 │
├──────┼──────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 47 号 │北九州市建築審査会条例の一部改正について              │ 第1分科会 │
├──────┼──────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 48 号 │北九州市火災予防条例の一部改正について               │ 第1分科会 │
├──────┼──────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 49 号 │北九州市病院事業の設置等に関する条例の一部改正について       │ 第2分科会 │
├──────┼──────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 53 号 │連携中枢都市圏北九州都市圏域の形成に係る直方市との連携協約の締結に関│ 第1分科会 │
│      │する協議について                          │      │
├──────┼──────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 54 号 │連携中枢都市圏北九州都市圏域の形成に係る行橋市との連携協約の締結に関│ 第1分科会 │
│      │する協議について                          │      │
├──────┼──────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 55 号 │連携中枢都市圏北九州都市圏域の形成に係る豊前市との連携協約の締結に関│ 第1分科会 │
│      │する協議について                          │      │
├──────┼──────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 56 号 │連携中枢都市圏北九州都市圏域の形成に係る中間市との連携協約の締結に関│ 第1分科会 │
│      │する協議について                          │      │
├──────┼──────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 57 号 │連携中枢都市圏北九州都市圏域の形成に係る宮若市との連携協約の締結に関│ 第1分科会 │
│      │する協議について                          │      │
├──────┼──────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 58 号 │連携中枢都市圏北九州都市圏域の形成に係る芦屋町との連携協約の締結に関│ 第1分科会 │
│      │する協議について                          │      │
├──────┼──────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 59 号 │連携中枢都市圏北九州都市圏域の形成に係る水巻町との連携協約の締結に関│ 第1分科会 │
│      │する協議について                          │      │
├──────┼──────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 60 号 │連携中枢都市圏北九州都市圏域の形成に係る岡垣町との連携協約の締結に関│ 第1分科会 │
│      │する協議について                          │      │
├──────┼──────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 61 号 │連携中枢都市圏北九州都市圏域の形成に係る遠賀町との連携協約の締結に関│ 第1分科会 │
│      │する協議について                          │      │
├──────┼──────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 62 号 │連携中枢都市圏北九州都市圏域の形成に係る小竹町との連携協約の締結に関│ 第1分科会 │
│      │する協議について                          │      │
└──────┴──────────────────────────────────┴──────┘

┌──────┬──────────────────────────────────┬──────┐
│ 議案番号 │           件          名           │ 区  分 │
├──────┼──────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 63 号 │連携中枢都市圏北九州都市圏域の形成に係る鞍手町町との連携協約の締結に│ 第1分科会 │
│      │関する協議について                         │      │
├──────┼──────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 64 号 │連携中枢都市圏北九州都市圏域の形成に係る香春町との連携協約の締結に関│ 第1分科会 │
│      │する協議について                          │      │
├──────┼──────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 65 号 │連携中枢都市圏北九州都市圏域の形成に係る苅田町との連携協約の締結に関│ 第1分科会 │
│      │する協議について                          │      │
├──────┼──────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 66 号 │連携中枢都市圏北九州都市圏域の形成に係るみやこ町との連携協約の締結に│ 第1分科会 │
│      │する協議について                          │      │
├──────┼──────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 67 号 │連携中枢都市圏北九州都市圏域の形成に係る上毛町との連携協約の締結に関│ 第1分科会 │
│      │する協議について                          │      │
├──────┼──────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 68 号 │連携中枢都市圏北九州都市圏域の形成に係る築上町との連携協約の締結に関│ 第1分科会 │
│      │する協議について                          │      │
├──────┼──────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 69 号 │北九州市の特定の事務を取り扱わせる郵便局の指定について       │ 第1分科会 │
├──────┼──────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 76 号 │町の区域の変更について                       │ 第1分科会 │
├──────┼──────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 81 号 │包括外部監査契約締結について                    │ 第1分科会 │
├──────┼──────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 82 号 │指定管理者の指定について(北九州市立浅生スポーツセンター)     │ 第1分科会 │
├──────┼──────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 93 号 │北九州市消防団員等公務災害補償条例の一部改正について        │ 第1分科会 │
├──────┼──────────────────────────────────┼──────┤
│議員提出議案│北九州市議会議員定数及び各選挙区選出議員数に関する条例の一部改正につ│ 第1分科会 │
│ 第 1 号 │いて                                │      │
├──────┼──────────────────────────────────┼──────┤
│議員提出議案│北九州市議会議員の議員報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例の一部改│ 第1分科会 │
│ 第 2 号 │正について                             │      │
└──────┴──────────────────────────────────┴──────┘

委員会の構成 (61人)

委 員 長  岡 本 義 之   副委員長  波 田 千賀子

(第1分科会 19人)
主 査  佐 藤   茂   副主査  柳 井   誠
委 員  西 田   一   委 員  木 村 年 伸   委 員  中 島 慎 一
委 員  戸 町 武 弘   委 員  井 上 秀 作   委 員  吉 田 幸 正
委 員  白 石 一 裕   委 員  浜 口 恒 博   委 員  森 本 由 美
委 員  世 良 俊 明   委 員  吉 河 節 郎   委 員  成 重 正 丈
委 員  木 畑 広 宣   委 員  石 田 康 高   委 員  荒 木   学
委 員  八 木 徳 雄   委 員  三 原 征 彦

(第2分科会 20人)
主 査  中 村 義 雄   副主査  後 藤 雅 秀
委 員  田 仲 常 郎   委 員  村 上 幸 一   委 員  香 月 耕 治
委 員  佐々木 健 五   委 員  宮 ? 吉 輝   委 員  田 中   元
委 員  森   浩 明   委 員  長 野 敏 彦   委 員  松 井 克 演
委 員  本 田 忠 弘   委 員  渡 辺   徹   委 員  村 上 直 樹
委 員  松 岡 裕一郎   委 員  大 石 正 信   委 員  八 記 博 春
委 員  荒 川   徹   委 員  平 原   潤   委 員  佐 藤 栄 作

(第3分科会 20人)
主 査  桂   茂 実   副主査  奥 村 直 樹
委 員  日 野 雄 二   委 員  新 上 健 一   委 員  片 山   尹
委 員  渡 辺   均   委 員  奥 村 祥 子   委 員  鷹 木 研一郎
委 員  上 野 照 弘   委 員  大久保 無 我   委 員   三 宅 まゆみ
委 員  福 島   司   委 員  山 本 眞智子   委 員  木 下 幸 子
委 員  藤 沢 加 代   委 員  山 内 涼 成   委 員  田 中 光 明
委 員  加 藤 武 朗   委 員  山 本 真 理   委 員  吉 村 太 志

第1分科会(総務財政委員会及び建築消防委員会所管分)

1 日  時    平成28年3月22日(火)

2 場  所    第6委員会室

3 出席委員(19人)
主 査  佐 藤   茂   副主査  柳 井   誠
委 員  西 田   一   委 員  木 村 年 伸   委 員  中 島 慎 一
委 員  戸 町 武 弘   委 員  井 上 秀 作   委 員  吉 田 幸 正
委 員  白 石 一 裕   委 員  浜 口 恒 博   委 員  森 本 由 美
委 員  世 良 俊 明   委 員  吉 河 節 郎   委 員  成 重 正 丈
委 員  木 畑 広 宣   委 員  石 田 康 高   委 員  荒 木   学
委 員  八 木 徳 雄   委 員  三 原 征 彦
(委員長 岡 本 義 之   副委員長 波 田 千賀子)

4 欠席委員(0人)

5 出席説明員
   市  長   北 橋 健 治  危機管理監   原 口 紳 一  技術監理室長 吉 永 ? 敏
                   企画・地方創生
   総務企画局長 柴 田 邦 江  担当理事    阿 ? 和 憲  財政局長   小 松   真
   市民文化
   スポーツ局長 大 下 徳 裕  建築都市局長  大 関 達 也  消防局長   川 本 一 雄
                                            外 関係職員

6 事務局職員
   事務局長   中 溝 明 弘  次  長    松 本 久 寿  総務課長   中 西   勤
   委員係長   冨 安 嶺 市  委員会担当係長 奥 畑 裕 一

第2分科会(環境建設委員会及び保健病院委員会所管分)

1 日  時    平成28年3月22日(火)

2 場  所    第6委員会室

3 出席委員(20人)
主 査  中 村 義 雄   副主査  後 藤 雅 秀
委 員  田 仲 常 郎   委 員  村 上 幸 一   委 員  香 月 耕 治
委 員  佐々木 健 五   委 員  宮 ? 吉 輝   委 員  田 中   元
委 員  森   浩 明   委 員  長 野 敏 彦   委 員  松 井 克 演
委 員  本 田 忠 弘   委 員  渡 辺   徹   委 員  村 上 直 樹
委 員  松 岡 裕一郎   委 員  大 石 正 信   委 員  八 記 博 春
委 員  荒 川   徹   委 員  平 原   潤   委 員  佐 藤 栄 作
(委員長 岡 本 義 之   副委員長 波 田 千賀子)

4 欠席委員(0人)

5 出席説明員
   市  長  北 橋 健 治  保健福祉局長  工 藤 一 成  子ども家庭局長 近 藤   晃
                  環境国際戦略
   環境局長  小 林 一 彦  担当理事    石 田 謙 悟  建設局長    横 矢 順 二
   病院局長  吉 田 茂 人
                                            外 関係職員

6 事務局職員
   委員会担当係長  藤 木 泰 代   委員会担当係長  廣 中 崇 顕

第3分科会(教育水道委員会及び経済港湾委員会所管分)

1 日  時    平成28年3月22日(火)

2 場  所    第6委員会室

3 出席委員(20人)
主 査  桂   茂 実   副主査  奥 村 直 樹
委 員  日 野 雄 二   委 員  新 上 健 一   委 員  片 山   尹
委 員  渡 辺   均   委 員  奥 村 祥 子   委 員  鷹 木 研一郎
委 員  上 野 照 弘   委 員  大久保 無 我   委 員  三 宅 まゆみ
委 員  福 島   司   委 員  山 本 眞智子   委 員  木 下 幸 子
委 員  藤 沢 加 代   委 員  山 内 涼 成   委 員  田 中 光 明
委 員  加 藤 武 朗   委 員  山 本 真 理   委 員  吉 村 太 志
(委員長 岡 本 義 之   副委員長 波 田 千賀子)

4 欠席委員(0人)

5 出席説明員
                                   企業立地・食ブランド推進
   市  長   北 橋 健 治  産業経済局長 西 田 幸 生  担当理事    大 川 博 己
   エネルギー大臣会合                       営業・空港
   担当理事   小 田 昭 裕  港湾空港局長 橋 本 哲 治  担当理事    権 藤 宗 高
   上下水道局長 諌 山   修  教育長    垣 迫 裕 俊  教育次長    岩 渕 英 司
                                            外 関係職員

6 事務局職員
   委員会担当係長  木 村 貴 治   委員会担当係長  藤 石 敏 郎






会議の経過

              平成28年度予算特別委員会市長質疑記録

          第1分科会(総務財政委員会及び建築消防委員会所管分)

                                     開会 午前10時01分



○主査(佐藤茂君) 開会します。

 議案第1号のうち所管分、7号、8号、10号、11号、12号のうち所管分、13号、20号、26号、29号から36号まで、38号、39号、47号、48号、53号から69号まで、76号、81号、82号及び93号、並びに議員提出議案第1号及び2号の以上44件を一括して議題とします。

 ただいまから市長質疑を行います。

 質疑時間は2時間程度となっております。質疑の持ち時間は、維新の会及びみんなの北九州は11分、その他の会派は22分でお願いします。

 質疑は大会派順に行います。なお、答弁は着席のままで受けます。

 質疑に入ります。自由民主党。木村委員。



◆委員(木村年伸君) 今議会は、私自身久しぶりの議会となりましたが、本会議、また、予算特別委員会において被災地の復興に関する質疑があるなど、委員の皆様の被災地復興に対する思いの強さを改めて感じました。私も、被災地の一日も早い復興を願い、質疑を行います。

 去る3月11日、我が国に大きな被害をもたらした東日本大震災の発生から5年が経過しました。本市は、発生直後より救援、復旧のため、被災地へ数多くの職員を派遣し、この未曽有の被災から被災地の復興の支援を行ってきましたが、いまだに被災地は復興途上にあります。本年2月に全国市長会が公表した東日本大震災に係る被災市町村に対する職員の派遣決定状況についてによれば、全国の市町村より、被災5県に中長期的に派遣される職員の数は、平成25年度の550名をピークに減少傾向にあります。本市は、特に鉄の町として栄えた歴史的なつながりの深い岩手県釜石市に対して、釜石デスクを設置し、今も10名の職員を派遣して、釜石の復興支援を続けています。被災地では、復興のための工事がピークを迎え、一番人手が必要な時期にあるのに対して、派遣する自治体の職員の不足などもあって支援を縮小する自治体もあります。しかし、北九州市は石巻市の瓦れき受け入れを行うなど、常に、復興の支援の先頭に立ってきた自治体です。そのような北九州市だからこそ、釜石市への復興支援には、今後更に力を入れていくべきだと考えますが、見解を伺います。



○主査(佐藤茂君) 市長。



◎市長(北橋健治君) 未曽有の大災害となりました東日本大震災から5年がたちました。犠牲になられた方々の御冥福と、被災地の一日も早い復興を心からお祈りします。本市は東日本大震災に対し、義援金の送金、救援物資の提供や、災害廃棄物の処理、絆プロジェクトによる被災者の受け入れなど、官民一体となって支援を行ってまいりました。中でも、同じ製鉄の町である釜石市には被災直後から職員を派遣し、釜石デスクを設置し、被災地のニーズを的確に把握することで、きめ細かな支援や交流を行ってきたところであります。現在の釜石市は、新たに大型ショッピングセンターやホテルがオープンして、少しずつ活気を取り戻しつつありますが、復興公営住宅の完成は35%の進捗状況にあります。今も多くの市民が仮設住宅で生活するなど、復興はいまだ道半ばであります。

 一方、総務省によりますと、被災した市町村からの職員派遣の要望総数は、平成27年度の1,403人から、平成28年度は1,549人に増加しており、釜石市においても、来年度は1名増加した83人の要望が出されております。また、先般総務大臣から被災地を除く全国の自治体に対し、復興が本格化する中で、復興事業に従事する人材の確保が喫緊の課題となっており、被災市町村に対する人的支援について、より一層の協力を依頼するとの書簡が出されました。釜石市への更なる支援につきましては、今議会の本会議で維新の会の平原議員から御質問があり、また、他の議員からも、質問に先立ち、被災地への支援や被災者に対するお言葉がありました。更に、予算特別委員会の局別審査におきまして、公明党の吉河委員から、釜石市に対する更なる支援の強化について、強い要望をいただいたところであります。

 このような状況を踏まえまして、派遣する職員の意向確認などの手続を鋭意進めた結果、新たに増員する職員を含め、釜石市の希望する分野、職種での派遣人員の調整が整ったことから、来年度の釜石市への派遣をこれまでの10名から11名に増員し、支援の強化を図ることを決定いたしました。

 本市としましては、今後とも職員の派遣や、さまざまな事業への協力を通じて、一日も早い釜石市の復興を支援してまいりたいと考えております。以上です。



○主査(佐藤茂君) 木村委員。



◆委員(木村年伸君) 市長、ありがとうございます。釜石市の市長が新聞社へのインタビューに対して、全国に出張に行くたびにいろいろな市町村に対して、職員の要請の派遣をお願いしていると。でも、なかなか現在、どこも財政的に、また、人口減少などいろいろな問題もあり、職員の派遣をするに当たり、どこも職員に余裕のある自治体はないと。そういう中で心苦しく、何とか平成28年度にピークを迎える、その一番人員の欲しいときに、何としても自分がトップセールスの先頭に立って、いろいろなところを回っているけど、その要望に応えてくれるところが少ないということを、新聞等の記事で私も読ませていただきました。そういう中で言われたのが、1人の職員を派遣するということが、どれぐらい大変なことなのか、どこの自治体に対しても、今、余裕のある自治体はないはずなのに、そういう中で、本市が1人職員の増員をするということは、非常にこれは、釜石市長にとっても、さすが北九州市長だと、さすが北九州市だという、英断に対して非常に喜んでいただけるものだと思います。ありがとうございます。今月7日の西日本新聞で、派遣の北九州市職員、釜石市の復興を見守ると掲載された、現地での職員の活躍の記事を見られた方も、ここにたくさんおられるのではないかと思います。その記事でも明らかなように、派遣された本市職員の復興に対する貢献は非常に大きく、職員の派遣は、まだ道半ばである釜石市の復興に大いに寄与し、復興のスピードアップが図られるものと期待されています。更に、被災地の復興支援を経験して北九州市に戻ってこられる職員は、本市における万が一の場合のノウハウも蓄積し、平成25年2月に両市が締結した北九州市・釜石市連携協力協定にも盛り込まれた、震災の経験を生かした北九州市の防災危機管理対策の推進にも役立ってくれるものと期待しています。また、既に両市の市民交流は活発に行われており、本市の各種のイベント時には、釜石市民の関係の出店を始め、常にいろいろなものを設けられ、釜石市の存在が本市では非常に当たり前のようになってきています。これは逆に、釜石市においても、北九州市の出店等も焼きうどんなどが非常に好評だったというお話も聞いています。このように、北九州市と釜石市は、復興支援、市民交流、世界遺産登録を通じ、更に深い文化交流、産業交流、行政施策などの関係を築きつつ、そして復興の町づくりを確実なものにするためにも、職員の派遣を含め、本市の釜石市への支援は更に更に拡充し、今後も更に継続していくべきものと私自身考えます。今回、釜石市の職員を1人増員していただくということは、非常にありがたいことだと思います。今後も更に、北九州市は復興支援の先頭に立って、釜石市を、復興を見守っていくべきだと私は考えております。

 そこで、1つ、これは要望にしておきますけど、釜石市には、新日鐵釜石の時代に、ラグビーで日本選手権7連覇した福岡県出身の森もいましたし、松尾、森、小林、洞口など、日本代表を多くそろえた、あの伝統のあるラグビーチームがありました。現在は、トップイーストリーグでトップリーグを目指し、釜石シーウェイブスという名前で活躍しておりますけど、できましたら市民交流の一環として、来年の北九州スタジアムの完成時に、釜石シーウェイブスの試合を北九州で開催してはどうかと、そういう地域のちびっ子ファン、ラグビーファンからの要望もございますので、これはもう要望にとどめておきますけど、今後もそういう北九州市・釜石市連携協力協定をもとに、北九州市と釜石市の発展を更に深めていくべきものと思い、私はきょう、ここに要望して、私の質疑を終わらせていただきます。以上です。



○主査(佐藤茂君) 進行いたします。ハートフル北九州。世良委員。



◆委員(世良俊明君) それでは、私から2点お伺いいたします。

 まず、コンパクトシティ形成に向けた取り組みについてお尋ねします。

 本市においても、急激な人口減少と超高齢化により、今後、住宅市街地の低密度化、地域活力の低下が進み、市民生活を支えるサービスの提供が困難になることが想定されます。そのような中でも、地域の活力を維持増進し、持続可能なものとするためには、都市計画全体の構造を見直しコンパクトなまちづくりを進めていくことが必要だとして、現在、都市計画審議会専門小委員会で立地適正化計画、また、北九州市環境首都総合交通戦略推進連絡会で地域公共交通網形成計画の策定作業が行われており、このほど市議会建築消防常任委員会でも、その中間報告が行われました。示された両計画はたたき台として、今後、市民、関係団体等への説明がなされ、計画素案として公表されるとお聞きしています。そこで、お尋ねします。

 第1に、示された両報告、特に立地適正化計画について、市議会常任委員会では、私からも、この計画の意義と推進のあり方について市民への説明を十分に丁寧に行うようにと意見を申し上げましたが、今後の市民説明に際して、どのような点に留意、工夫していくのか、御見解を伺います。

 第2に、地域公共交通網形成計画については、現行の北九州市環境首都総合交通戦略を踏まえるとしても、幹線軸を確保維持しながら、バスの郊外路線をフィーダー化するなど、新たな交通体系を検討することや、バス機能の充実強化を目指すとしていることから、計画目標の設定や新たな取り組みを成功させるという本市の意欲の見える計画とすべきではないかと考えますが、御見解をお伺いします。

 次に、市立文学館開館10周年の評価と展示内容のリニューアル検討についてお伺いします。

 市立文学館はことし開館10周年を迎えます。女性俳句の草分け、俳人杉田久女や門司生まれの作家、林芙美子を初め、本市の豊かな文学的風土について、これまで市内外に多くの情報発信を行い、市民のシビックプライドの醸成にも貢献してきたと考えています。そこで、この10年で市立文学館の活動や果たしてきた役割などについて市長はどう評価されているのか、まず御見解を伺います。

 また、本市文学館は、この10年で全国の文学館の中でも確固たる地位を築いてこられたと考えています。この間の関係者の御努力に敬意を表したいと思います。一方で、文学館の持つ機能や役割も、時代に応じて変化もしてきていると思います。そこで、市立文学館開館10周年を機に、文学館の機能や役割について改めて検証、論議し、よりよい姿を求めて展示内容のリニューアルも含めて検討していくべきではないかと考えますが、御見解をお伺いします。



○主査(佐藤茂君) 白石委員。



◆委員(白石一裕君) 続いて私から、旧八幡市制100周年を祝う取り組みについてお伺いをいたします。

 平成29年は、旧八幡市が発足して100年の節目を迎えます。大正6年3月1日、八幡町は市制施行され八幡市となり、後に昭和38年4月1日には政令指定都市北九州市が誕生したことにより、旧市域は八幡区となりました。その後、東西に分区されましたが、来年は旧八幡市の市制施行から100周年となります。過去には、門司、小倉、若松が100年の節目を迎え、記念のイベントや行事が開催され、大いににぎわいました。町の節目を祝う周年行事は、その歴史を振り返るとともに、魅力などを再認識する絶好の機会となり、次に踏み出す契機ともなります。本市は一昨年、市制50周年を迎え、これを記念して開催した市の誕生祭には、7万人を超える方々が参加し大いに盛り上がり、また、記念イベントとしてスタートした北九州マラソンは、継続開催が決まるなど本市を代表する一大イベントとして定着してきました。また、昨年は念願の官営八幡製鐵所関連施設が世界文化遺産に登録されるなど、市民のシビックプライドにつながる出来事が続きました。これは、八幡の町にとっても大きな誇りとなりました。そこで、旧八幡市制発足100周年に向け、これを祝う記念行事を企画、検討していただきたいと思います。例えば、春夏秋冬、季節ごとの食のイベント、祭り、皿倉山のイベント、文化・文学のイベントなど、歴史ある八幡の町にふさわしい事業の検討を期待しますが、見解をお伺いいたします。



○主査(佐藤茂君) 森本委員。



◆委員(森本由美君) 私からは、多文化共生の推進についてお伺いします。

 本市は1991年度より5年ごとに北九州市国際政策推進大綱を策定しており、本年2月に策定した大綱で第6次の計画となります。今回の大綱には、多様性が力となる多文化共生の推進が基本方針に掲げられ、本市は外国人市民も多文化共生の担い手として活躍できる魅力あるまちづくりを目指すべく、来年度より新たに多文化共生による地域コミュニティ・エンパワメント創生事業に取り組むと聞いています。現在、本市に在住している外国人市民は約1万1,000人で人口の1.1%を占め、数に大きな変化はありませんが、ベトナム、ネパールなどニューカマーの増加が顕著で国籍も多様化しています。本市は、本市在住の外国人市民が抱える生活上の諸問題を把握するとともに、市が取り組むべき多文化共生施策の課題などについて定期的に意見を求め、市政の運営に役立てようと、2011年度から公募の外国人市民から成る北九州市外国人市民懇話会を開催し、北九州市国際政策推進大綱2016の素案や、さまざまなテーマについて意見を聞いています。

 そこで、この懇話会を更に充実して活動の活性化を図るとともに、例えば、懇話会の構成員が、外国人市民と地域住民をつなぐコーディネーターとして地域コミュニティ・エンパワメント創生事業などにもかかわってはどうかと考えますが、見解を伺います。



○主査(佐藤茂君) 市長。



◎市長(北橋健治君) 世良委員からコンパクトシティについて御質問がございました。

 立地適正化計画の策定に先立ちまして、昨年6月、コンパクトなまちづくりについて市民意識調査を行っております。約9割の方が必要と考えていることがわかりました。昨年12月には、2つの計画を策定する背景や必要性につきまして、商工会議所、不動産、保健福祉などの24関係団体に説明を行いました。こうした取り組みを進め、ことし2月には、2つの計画のたたき台を作成し、各区での市民説明会、関係団体説明会を行い、市民の意見を伺ってまいりました。これらの説明会では、両計画の趣旨についておおむね賛同を得たものの、居住誘導区域外にある土地や生活が今後どうなるのか、また、具体的な誘導策はあるのか、バスの乗りかえは使い勝手が悪いといったさまざまな意見が寄せられました。コンパクトなまちづくりによりまして、本市の町や公共交通がどう変わるのか、また、市民の生活がどのように変わるのかなど、市民に御理解をいただくことが重要であるため、現在、説明会に引き続いて自治総連合会や地域団体などへの説明を個別に行っております。今後、素案を3月に示し、4月中旬からパブリックコメントなどを行った上で、ことしの夏ごろ成案を得たいと考えております。引き続き計画内容を広く市民にお知らせし、市民向けパンフレットの配布や、市民や関係団体などへの出前講演の実施などにより丁寧に説明し、御理解をいただきながら取りまとめていきたいと考えております。

 次に、地域公共交通網形成計画の策定でございます。計画の策定に当たりましては、特にバス交通において、そのネットワークを維持充実させていくことが重要であります。そのため、地域の実情に応じ、バス輸送サービスを適正に配置する必要があると考えます。幹線バス路線などのバス機能強化区間におきましては、大量輸送バスの導入やバスレーンの導入・延伸などの施策を展開し、定時性、速達性の向上が図れることや、広告つきバス停、バスロケーションシステムの導入を進め、待ち合い環境が大きく改善されることなどが期待できると考えております。郊外部につきましても、地域のニーズに応じ、通院や買い物など住民の日常生活、行動を踏まえたフィーダーバス路線の導入などを検討し、既存のおでかけ交通への支援強化により、市民の足の確保にも努めることにしています。更に、軌道系や幹線バス路線とフィーダー路線、おでかけ交通との結節機能を強化するため、乗り継ぎ拠点の整備や運行ダイヤの調整にも取り組むことにしています。この計画は、立地適正化計画と密に連携したものであるため、さまざまな交通施策や居住誘導施策を総合的に展開し、立地適正化計画と同じ平成52年までに、公共交通分担率について、総合交通戦略策定時の20%を32%まで引き上げるなどの高い目標設定を行っております。今後とも、市民、企業、交通事業者、行政が連携し、それぞれの役割分担に基づき、この計画に掲げる施策を強力に推進していきたいと考えております。

 次に、市立文学館10周年の評価とリニューアル内容について御質問がございました。

 文学館は、北九州ゆかりの文学者、作家の関係資料を収集保存し、展示・紹介することで、豊かな本市の文芸土壌を守り育てていくことを目的に開館し、ことし10周年を迎えます。この間、特別企画展の開催を通じまして、北九州ゆかりの作家の研究が進みました。加えて、火野葦平、橋本多佳子、宗左近などの文学資料の寄贈・寄託を受けるなど、市民の財産ともいうべき貴重な文学資料の受け皿としても機能してまいりました。入館者数も、開館当初は年間1万人台前後で推移していましたが、近年はより多くの市民が興味を持つ企画展を開催し、平成26年度に初めて2万人を超えております。平成27年度も2万1,164人、2月末現在と、昨年度と同程度の入館者数となる見込みです。館の活動におきましては、調査研究活動において多くの成果があり、特に杉田久女、橋本多佳子、林芙美子、宗左近などについては、全国的にも第一線の研究と評価されるものがあります。また、平成26年度に創設した林芙美子文学賞には、全国から多くの応募をいただいており、子供の文学的才能を伸ばすという観点から、子どもノンフィクション文学賞や詩のコンクールなども実施しております。こうした取り組みが全国の文学館関係者からも高い評価を受けまして、今年度、99館の日本の文学館で構成される全国文学館協議会におきまして、9つの幹事館の一つに選出されました。ベスト10入りしたわけであります。このことは、いわば全国の文学館をリードする役割を求められる存在となったことを意味しております。文学館の存在意義は更に増したと考えております。平成28年度は、開館10周年を機にこれらの成果を広く発信し、文学の町北九州の魅力を市民が実感できるための記念事業を実施する予定です。具体的には、開館からの歩みを記録した記念誌の刊行や、著名な作家を招いた記念講演会を行うなど、10周年を飾るにふさわしい記念事業を展開したいと考えております。また、この機会に、町なかに文学の駅をつくることも具体化を図ります。

 委員御指摘の展示内容のリニューアルにつきましては、現在の展示の対象作家が明治から昭和までにとどまっているという課題があります。今後、平成以降に登場した新しい世代の作家も紹介するなど、時代の流れに即した展示を検討する時期に差しかかっております。昨年、新たな取り組みとして、現代の文壇で活躍する本市ゆかりの作家を取り上げた特別企画展、ブンガク最前線を開催いたしました。文学に親しむ若い世代の来場が見られ、改めて次世代を担う青少年に向けた展示に力を入れていくことの重要性を認識したところであります。こうした課題も踏まえまして、市に受け継がれる豊かな文学的土壌を後世に伝える施設として、役割と機能を改めて検証し、文学の町北九州を発信する拠点として、市民により親しまれるための展示内容について、更に具体化を図ってまいります。

 次に、白石委員から旧八幡市制100周年を祝う取り組みについて御提案がございました。

 大正6年3月、市制施行により八幡市となって、来年には100周年を迎えるわけです。旧市の100周年の取り組みとして、過去には門司区や小倉北区、若松区で記念講演会や記念冊子の作成を初め、町の歴史を振り返ることのできる事業や、郷土の魅力を広く発信する事業などが実施されました。また、平成25年の北九州市制50周年記念事業では、八幡東区自治総連合会などによる実行委員会が主催したまつり八幡東や、区内の祇園山笠など9基が一堂に会した八幡東祇園まつりが開催され、区民相互のきずなが深まったと大変好評でありました。昨年7月のユネスコの世界遺産登録を機会に、改めて八幡の歴史、文化、先人たちのモノづくりへの思いなどを振り返る機会がふえております。そういう中で、旧八幡市制100周年を契機にシビックプライドを醸成し、市民が心を一つにできるようなイベントを実施することは、意義深いものがあると考えております。

 そこで、来年3月には、100周年を周知できるような取り組み、例えば、八幡の過去から現在までを振り返る写真展などを開催したいと考えております。あわせて、平成29年度にどのような記念事業を実施していくのか、これから市民の皆様方の御意見を幅広く伺いながら検討してまいります。

 森本委員から多文化共生の推進について御質問がございました。

 多文化共生を推進するため、本市は具体的には、来年度の事業といたしまして、北九州国際交流協会と連携して、外国人インフォメーションセンターにおける対応言語を増加させるほか、新たな取り組みとして、コーディネーターを活用します。地域の日本語教室関係者の中から多文化共生の担い手の発掘や育成、また、外国人市民が地域活動に参加するチャンスをふやすため、地域に出向いての啓発活動などを行いまして、本市全体の活力や、魅力の更なる向上につなげていくことにしております。

 御指摘の北九州市外国人市民懇話会は、外国人市民が抱える生活上の諸問題を把握し、本市が取り組むべき多文化共生施策の課題などについて、外国人市民から意見を聞くことを目的にしています。懇話会の構成員は10人、日本人の座長を除きまして、中国、インドネシアなどの国籍を初め、在留資格、職業、年齢層はさまざまであります。平成24年1月から平成28年2月まで、全9回開催されました会合では、防災や医療など外国人市民の生活環境の整備や日本人市民との交流、外国人市民向けの広報などをテーマに貴重な御意見をいただき、大変感謝しております。これらの意見は、本市の多文化共生施策の一環として、北九州国際交流協会が実施しております医療通訳派遣事業や外国人市民の子育て支援事業などの実施につながっております。外国人市民の声を市政に反映させるこのような取り組みは、本市の多文化共生を推進する上で重要と考えております。また、懇話会の構成員の中には、既に子供や御近所とのつき合いを通じ、地域で交流を行っている方もおられます。こうした方々や来年度事業により地域で活躍が期待される外国人市民の方々は、多文化共生の担い手として、地域に活力を促す重要なキーパーソンであります。今後も、より多くの外国人市民の方々に、多文化共生の担い手となっていただくことで、日本人と外国人がお互い理解し、支え合い、安心して地域の一員として暮らせる多文化共生のまちづくりを積極的に進めてまいりたいと考えております。以上であります。



○主査(佐藤茂君) 世良委員。



◆委員(世良俊明君) 御答弁ありがとうございました。文学館の展示のリニューアルですけれども、答弁にありましたように、例えば平野啓一郎、リリー・フランキーなど、現在大活躍の人々の展示はないのであります。ですので、リニューアルは必要だと思います。御検討いただくということですので、ぜひよろしくお願いしたいと思います。

 そこで、残り時間も少ないのですけれども1点だけ。答弁にありましたように、平成28年度予算には文学の街・北九州発信事業として、小倉都心部に情報ステーションを整備するとされています。この文学館のコンセプトとも強いかかわりを持つと思われますので、この情報ステーションについて、市長の思いを端的にお示しいただきたいと思います。



○主査(佐藤茂君) 市長。



◎市長(北橋健治君) 文学の町北九州の発信のために、文化振興計画の改訂の中でも、各界の識者に御議論いただきまして、1つの方向性を出したところであります。今後とも、文学の町北九州の発信の拠点として、文学館の事業を進めるわけでございますが、町なかに文学の駅をつくれないかと考えております。仮称として文化情報ステーションの整備を考えておりますが、そこには、本市ゆかりの全国的に極めて高名の杉田久女、橋本多佳子の作家像を紹介するパネルの展示や書籍の紹介・閲覧を初め、地元商店街に根づいた川柳など、さまざまな催しとの連携や、周辺の文化施設で行われている催し情報の集約と案内など、また、句会や歌会や読書会など、文芸活動に活用できる交流スペースの運営を考えているところであります。また、現在、大学生の皆さんと連携して、新たな情報発信の仕組みを模索しておりまして、その実証実験として、森鴎外旧居を活用した文学カフェを3月末に開催する予定であります。文学喫茶鴎外からの招待状と題しまして、大学生が主体となって北九州の文学について語り合う文学の語り場や、読まなくなった書籍の交換スペースであるカエルの本棚、また、鴎外旧居の静かなたたずまいで、抹茶と和菓子を味わう喫茶コーナーなどの取り組みを試行的に行うことで、現在、北九州市立大学の学生と意見交換を深めているところでございます。このように、町なかに文学の町の品格、そして魅力を更に発信していくために、努力を続けていきたいと考えております。



○主査(佐藤茂君) 白石委員。



◆委員(白石一裕君) すみません、時間もありません。短く要望だけです。前向きな八幡市制100年についての御答弁をいただきましてありがとうございました。祭りを使ったイベントなど、さまざまな企画ができると思っております。また、皿倉山リニューアル事業も始まります。こういった山の魅力を使った観光の視点なども取り入れて、すばらしい八幡市制100周年の事業を行っていただきたいと思います。要望して終わります。



○主査(佐藤茂君) 森本委員。



◆委員(森本由美君) 御答弁ありがとうございます。多文化共生ということは、支え合うということがポイントというふうになっておりますが、残念ながら、北九州市民で多文化共生を知っている方がまだまだ少ないということがございます。外国人市民懇話会の委員、日本語のわかる外国人市民、市政についても理解のある外国人市民、この人材をもっと有効に活用できないか。活用していただいて、地域の外国人、そして日本人をつなぐようなコーディネーターとしての役割をもっと進めていただきたいということを要望して終わりにしたいと思います。



○主査(佐藤茂君) 進行いたします。公明党。木畑委員。



◆委員(木畑広宣君) まず私の方からは、総合評価落札方式についてお伺いいたします。

 総合評価落札方式では、価格と品質が総合的にすぐれた調達により、優良な社会資本整備を行うことができます。また、価格と品質の2つの基準で落札者を決定することから、談合防止に一定の効果が期待でき、更に、技術的能力を審査することにより、入札参加者の技術力向上への意欲が高まるなどのメリットがあります。

 本市においては、技術監理室が発足した平成18年度から総合評価落札方式を導入して10年が経過をいたしました。これまでも、評価項目や配点などの内容については、厳正に見直してきましたが、例えば、ISO9001については、認証取得が0.5点の配点であり、取得には高額な費用がかかる上、長期間を要し、取得後も改善を求められるなどが大きな負担となり、ISOの認証取得を返上する企業もあると聞いております。このように高いレベルの評価項目には配点を上げるなど、努力している企業に報いる制度とし、より多くの新たな企業の入札への参加意欲が湧くよう、企業や関係団体などの意見を踏まえ、全体の評価項目や配点について検討すべきと考えますが、見解を伺います。



○主査(佐藤茂君) 成重委員。



◆委員(成重正丈君) 市営住宅における台所での火災予防についてお伺いします。

 ガスコンロは日常の生活には欠かせませんが、毎年火災の出火原因の上位を占めております。その原因として調理中に鍋を火にかけたままその場を離れ火災となったり、着ている衣服に火が燃え移ってしまったりなどがあります。特に高齢者や障害者の方などの安全を優先し、安心して生活できる環境が必要であると考えております。

 そこで、市営住宅における台所での火災を未然に防ぐ方策として、電磁調理器の選択肢もあっていいのではないかと考えます。まずは、設置可能なところから始めていただけるよう要望し、2点お尋ねします。

 1点目に、電磁調理器とガスコンロを選択できる仕組みが必要と考えますが、見解を伺います。

 2点目に、今後は、電磁調理器を台所で使用できるようコンセントの設置が不可欠と考えますが、見解を伺います。



○主査(佐藤茂君) 吉河委員。



◆委員(吉河節郎君) 私からも2点お伺いします。

 まずは合唱の街づくり推進事業についてです。

 本年度予算には、合唱の街づくり推進事業が拡充され、前年度200万円の予算が800万円に拡充されております。北橋市長が選挙の際にも公約に掲げていた合唱の町として、紫川水上ステージや北九州ソレイユホール、響ホールなどで、合唱イベントが企画されております。小・中学生とシニア世代がともに合唱する場や、街角での合唱の披露、声楽家による合唱指導の機会の提供などが計画されており、大変すばらしい取り組みであると評価しております。ぜひ、取り組みが成功し、今後も引き続き実施されることを希望いたします。そこで、2点お伺いいたします。

 まずは、この事業に対する市長の思いについて、聞かせていただきたいと思います。

 そして2点目に、本市は、言わずと知れた高齢化が非常に進んでいる町でもありますし、多くのお年寄りが市内の特別養護老人ホームや認知症専門のグループホームを含めた老人介護施設に入所しております。更にその数はふえていくと見込まれておりますし、老人ホームでもさまざまな催しが行われているところであります。そして現在でも、老人の施設に対しては、地域の、例えばカラオケのグループですとか、一部のグループですが、さまざまなボランティアグループが慰問という形で訪問していることは承知しておりますけれども、これから本市が本格的な合唱のまちづくりの中で、地域地域にこういった合唱のグループを養成し、拡大していくのだろうと思うのですけれども、こういった方々、特に音楽という意味では、認知症に対する予防効果が非常に大きいと専門家も言っておりますけれども、そういった合唱のグループが、地域の老人介護施設、認知症を含め、その施設に、更に一歩踏み込んで交流できるような流れをつくっていただければと、そういうことに対する入所者の元気づけ、楽しみを与えていただきたいと思います。そういった意味での今後の展開のあり方についてお伺いしたいと思います。



○主査(佐藤茂君) 市長。



◎市長(北橋健治君) 木畑委員から総合評価落札方式の導入について御質問がございました。

 公共工事につきましては、過去、行き過ぎた価格競争などによる不良工事発生が危惧されたため、平成17年、公共工事の品質確保の促進に関する法律、いわゆる品確法が施行されました。品確法では、公共工事の品質は、価格及び品質が総合的にすぐれた内容の契約がなされることにより確保されなければならないと規定されています。これを受けまして、価格に加え、企業の施工能力など、価格以外の要素も総合的に判断し落札者を決定する総合評価落札方式が導入されました。これに基づき、本市では平成18年度から、まず1億円以上の土木工事において総合評価落札方式を導入し、その後、段階的に適用する工種の拡大を図ってまいりました。平成26年度からは、原則として1億円以上の全ての工事を対象とし、本年度は75件で実施したところです。この総合評価落札方式では、企業の施工能力のほか、配置予定技術者の経験や能力が評価対象となりますから、より優秀な技術者を配置する傾向があります。結果として、総合評価を適用した工事では、工事成績評定の平均点や、成績優秀表彰の割合も高く、工事の品質確保において一定の成果があるものと考えております。

 評価項目につきましては、公共工事の品質の確保という観点から、企業や配置予定技術者の能力、また、工事によっては施工計画や特定の技術テーマに対する提案といった技術力の評価を基本としています。これに、雇用の維持などの地域貢献や、防災協定締結などの社会的貢献を評価項目に加え、最終的に大学教授など学識経験者の意見を聞いた上で決定しております。

 委員御指摘の品質マネジメントに関する国際規格であるISO9001は、企業として工事の受注から完成までの手順を定め、PDCAサイクルを通して、常に顧客が求める水準の品質を確保しようとするものであります。本市としましても、企業の施工能力を図る要素としてとらえ、重要な評価項目の1つと考えております。

 総合評価落札方式については、社会状況や本市の施策などを考慮し、これまでも評価項目などの見直しを行ってまいりました。御指摘のとおり、ISO9001は取得・維持に非常に努力を要するものであり、これを含めた評価項目や配点などについて、今後、関係団体、学識経験者などの意見を聞いて、よりよい制度となるよう見直しを含めて検討してまいります。

 次に、成重委員から市営住宅における台所火災予防について御質問がございました。

 現在市営住宅では、平成18年の消防法改正を受けまして、全ての住宅に火災警報器を設置し、万一火災が発生しても、居住者が安全に避難できるように対応しています。更に、火災時の避難経路の確認などを、入居時に配布する住まいのしおりや、年1回の市営住宅だよりでお知らせするとともに、単身の高齢者を対象とするふれあい巡回訪問の中で、火災予防についての注意喚起を行っております。日ごろから団地自治会で避難訓練を行っているところもあります。昨年11月に高層の南丘団地で発生した火災の際に、速やかに住民が避難することができた事例もあります。高齢者などが安全で安心して生活できる市営住宅を整備・充実することは、今後も引き続き重要と考えています。

 市営住宅では、台所の調理器具は入居者の設置としており、電磁調理器やこれに対応した鍋などの調理器具の普及状況などから、これまではガスコンロを使用することを標準仕様として整備しております。電磁調理器を使用する場合、住宅では一般的に40アンペア以上の契約容量が必要と言われておりますが、既存の市営住宅は約9割が最大の契約容量は30アンペアとなっております。40アンペアに改修するには、電気の引き込み容量を大きくする工事に多額の費用を要します。また、最大の契約容量が40アンペアの市営住宅でも、家電の使用状況によっては、分岐ブレーカーが頻繁に落ちる可能性があります。こういった課題があるわけです。委員御提案の市営住宅で電磁調理器とガスコンロを選択できるような仕組みにすることは、高齢者に対する台所での火災を未然に防ぐ方策の一つとして、有効だと考えております。ただ、一般的に台所の調理器は居住者のニーズやライフスタイルに応じまして、電磁調理器かガスコンロかが選択されておりまして、電磁調理器を使いなれていない高齢者も多く見られます。市営住宅の電磁調理器対応につきましては、これらの課題や現状を踏まえつつ、他の都市の状況も参考にしながら今後研究してまいりたいと考えております。

 吉河委員から、合唱の街づくり推進事業について御質問がございました。

 歌は、幼いころから身近な存在であります。豊かな心を伝える最大の楽器ともいえます。また、仲間が集まり一緒に歌うことで、交流の輪が広がり、健康増進、連帯感の向上にもつながります。本市では、少年少女合唱団やレディースコーラスなど、把握しているだけでも200以上の団体が活動しています。また、市内の小・中学校の合唱部が九州規模のコンクールで優秀な成績をおさめるなど、世代を超えて合唱が大変盛んであります。このようなことから、ことし1月、合唱の街・北九州というキャッチコピーを掲げまして、合唱を通して更に元気な人づくり、まちづくりを進める取り組みを開始しました。この事業に御理解、御賛同をいただき、大変うれしく思っております。既にこの3カ月間でも、国内トップレベルのオペラ歌手などを招いての合唱の講習会や、市内の21中学校の合唱部などによる中学生合唱フェスティバル、また、地元映画館と連携した合唱にちなんだ映画の上映などに新たに取り組んでまいりました。来年度は更に予算を増額し、小倉駅JAM広場など町なかにステージを設置する仮称街かどコーラスや、40回目を記念して初めて北九州ソレイユホールで開催する北九州少年少女合唱祭など、事業の拡充を予定しております。これらの取り組みによって、合唱を入り口として音楽文化の裾野を広げるとともに、市民が文化芸術に触れる機会を拡大しまして、にぎわいづくりや健康づくり、生きがいづくりにつなげていきたいと考えております。

 合唱と福祉とのかかわりであります。昨年5月閣議決定された文化庁の文化芸術の振興に関する基本的な方針の中でも、文化芸術が福祉分野へもたらす効果を踏まえた施策の展開が必要とされております。委員御提案の合唱団を介護施設などへ派遣することについては、まさに合唱と福祉とをつなぐ取り組みであります。現在、市内では、少年少女合唱団などが自主的に特別養護老人ホームなどを訪問し、コンサートを開催しています。日ごろ音楽ホールに出向くことが難しい高齢者にとりましては、生の音楽に触れる大変貴重な機会となっており、コンサート会場では、高齢者が子供たちと一緒に歌い、拍手や笑顔にあふれ、非常に喜ばれていると聞いております。合唱の町を掲げた本市としましては、合唱と福祉の連携をより一層強めていくためにも、このような訪問コンサートなどを更に促す仕組みづくりに努めてまいりたいと考えております。以上です。



○主査(佐藤茂君) 木畑委員。



◆委員(木畑広宣君) 御答弁ありがとうございました。要望だけさせていただきたいと思います。総合評価落札方式のタイプは、工事特性による区分を基本としておりまして、例えば予定価格が一番低い工事規模である特別簡易型Bの工事特性では、過去の施工実績を評価することで工事の品質確保を図ることができる場合というふうにされております。この特別簡易型Bについて見てみますと、企業の評価の中に、社会的貢献という評価区分の評価項目として、障害者の雇用状況や子育て支援、男女共同参画の取り組みなどの5項目がありまして、これはどれもすばらしい評価項目になっておりますけれども、中でも北九州市消防団協力事業所の認定状況、これは、配点は0.5点というふうになっていますが、これについては、条件として消防団の入団数が複数名となっていることから、Aランクでも、小さな企業にとっては複数を出せないゆえに、この配点の点数を断念せざるを得ないという声もあります。また、消防団入団条件が複数名という条件がなければ、企業としても、1名であれば消防団に入団することも可能であるので、消防団新規入団とあわせて入札にも挑戦したいというような声もあります。更に、総合点でいえば、落札した企業と落札できなかった企業の点差が零コンマ何点だったというシビアな声もありまして、企業も落札するために命がけで努力しております。このように項目一つ一つを見ていきますと、さまざまな要望や声が多くあります。改めて全体の評価項目や配点については、見直しを検討していただきたいと要望して終わります。



○主査(佐藤茂君) 成重委員。



◆委員(成重正丈君) 今回、この質問をさせていただいたのは、母子家庭なのですけれども、母親が80歳を超えて、娘さんがお勤めに行ったその後に、お母さんが台所に立って火を扱うことが怖いということで、そういうのをなくしてほしいということで質問させていただきました。質問ですが、電磁調理器を使っている市営住宅はないのでしょうか。



○主査(佐藤茂君) 建築都市局長。



◎建築都市局長(大関達也君) 電磁調理器を使用しているところというお話でございますけれども、この件につきましては、市のほうは私ども住宅管理課になりますけれども、市の公社が管理代行をやっておりますけれども、電磁調理器を使いたいのだけれども、現在の契約アンペア、要するに契約容量、これで大丈夫なのですかというお話が年に数件程度という状況でございます。普及については、数字については把握はしておりませんけれども、そういうふうな相談が数件程度でございますので、なかなか使っている方が少ないのかと思っております。以上でございます。



○主査(佐藤茂君) 成重委員。



◆委員(成重正丈君) 要望として、今後は、少しでも火災を出さない住宅ということでお願いしたいと思います。以上であります。



○主査(佐藤茂君) 吉河委員。



◆委員(吉河節郎君) まずは本当にわかりやすい前向きな御答弁をありがとうございました。合唱、本当に歌というのは人の心と心をつなぐ潤滑油と言いましょうか、人生という中では、本当にこの人間関係もうまくいく、そういった潤滑油になると思うのですけれども、こういった合唱に限らず、音楽について申し上げれば、例えば川崎市があります。川崎市は2005年からではありますけれども、日韓の青年交流の行事から延長して、その後11年間にわたって、音楽のまち・かわさきアジア交流音楽祭ということを毎年続けております。ことしも4月23日、24日とあるのですが、この中で川崎市が独自におつき合いのある国の一部、例えばインドですとかベトナムですとか、タイ、韓国、そういったところも巻き込んで、国際というほどの国の数ではないかもしれませんが、とにかく続けることによって、市民の間に定着した国際音楽祭をずっと続けています。また、福岡市も、毎年ニュースになりますけれども、アジアを中心にした交流音楽祭が続けられていて、時々テレビで放映されますが、ああいった様子を見ながら、北九州も北九州独自のあり方を追求しながら、こんなことがあってもいいのかなと思うのですが、この合唱という形を延長、拡大して、市内に200団体以上あるというのはお聞きましたけれども、こういう方々を中心に、本市も、例えば上下水道技術をベトナムとかミャンマーとか、あるいは環境技術を中国とかインドネシアとか、さまざまな交流がアジアとあります。そういった国々も将来的に巻き込みながら、北九州独自の合唱国際音楽祭みたいなことまで広げていって、もう少し市民に対して、あるいは北九州を外から見る、そういった人に対しても、北九州のイメージが非常に文化的な流れに変わっていくようなことまで、将来を見据えて拡大していったらどうかなという気持ちを強く持っております。可能であれば、少し先の話になるかもしれませんが、そういうことも視野に入れながら進めていただきたいと思います。あわせて、北九州市内に、固有名詞を出してよいかどうかわかりませんが、ヤマハがいろんな地域の音楽教室を取りまとめながら、その発表会をかなり大きな規模でやっていますけれども、そういった中に、その音楽によるまちづくり、おとまちとヤマハは言っていますけれども、そういったことを北九州以外でもさまざまやっていますが、事例をかなり紹介しているものがあります。例えば渋谷であれば、渋谷ならではの野外の音楽祭ですけれども、渋谷ズンチャカ!とか、あるいは水戸市では、水戸の女性だけのレディースビックバンドによる、そういった水戸駅を中心にした大々的な演奏会とか、そういった大きな事業が紹介されていますが、こういった民間とも連携をとりながら合唱祭を拡大し、市民に定着させていく、こういうことも一つのあり方かなと思ったりもいたします。こういった意味で、本当にこの芸術とか文化とか音楽とか、そういったものがこの地域のコミュニティー、あるいは市民の豊かな心の醸成に与える影響も十分反映されていると思いますけれども、そういったことも考慮に入れながら拡大していただきたい、こういうことを要望させていただきます。終わります。



○主査(佐藤茂君) 進行いたします。日本共産党。石田委員。



◆委員(石田康高君) 私のほうから下関北九州道路についてお尋ねをします。

 本道路の必要性について、昨年9月議会決算特別委員会で市長は、第1に関門地域間の交流や連携の強化のため、広域道路ネットワークの形成が重要であること、第2に開通から57年が経過した関門トンネルの老朽化、関門橋が風速毎秒20メートル以上の強風や大規模な事故などによる通行どめなどに対し、長期的な視野に立った機能の補完を考えることが重要であること、第3に関門橋と関門トンネルがほぼ同一の位置にあり、災害等の緊急事態により長期間、交通が寸断される可能性があり、代替機能を確保する必要があること、そして、建設促進協議会や山口・福岡両県知事と下関市長、議員連盟会長、経済界のトップとともに、太田国土交通大臣、麻生財務大臣など政府関係者に、本道路の早期実現、必要な調査、具体的方策の検討、予算確保を求めていると答弁をいたしました。

 また、我が党市議団が西日本高速道路株式会社への調査により、橋とトンネルの強度、安全性についての回答を紹介したところ、関門トンネルは半世紀以上海水の中にあり、海水が1日当たり4,800トン排水されている、いろんな災害があり得るけれども大丈夫だという趣旨のことを御党はおっしゃいますけれども、本当に絶対そう安全だと言い切れますかと逆質問までしました。

 そこでお尋ねをします。

 第1に、橋とトンネルの安全性について、必要な保全対策を講ずれば今後も大丈夫と言っているのは西日本高速道路株式会社であります。つまり、当分の間、代替施設の建設は必要がないわけです。市は、西日本高速道路株式会社に対し調査をした上で、答弁をしているのか。

 第2に、トンネルは海水を1日当たり4,800トン排水していると答弁をいたしましたけれども、何を根拠に答弁をされているのか。

 第3に、建設促進協議会や山口・福岡両県知事、下関市長とともに建設を要望していますが、協議会が要望しているルート、国土交通省が過去に示したルートなどについて、承知をされているのか。承知をされているのなら、建設費、採算性について明らかにすべきではないのか。

 以上答弁を求めます。



○主査(佐藤茂君) 柳井委員。



◆委員(柳井誠君) 私からは連携中枢都市圏に係る16市町との連携協約について伺います。

 本市が提案する北九州都市圏域連携中枢都市圏ビジョン案の具体的取り組みでは、廃棄物処理体制、上水道事業、下水道事業の広域化検討をはじめ、人、物、仕事の北九州市への集積が促進され、連携する市町の役割が生活関連機能に偏る結果、連携市町の空洞化が促進するおそれがあります。1対1で締結する連携協約では、連携市町は圏域の将来像としてビジョンに自動的に組み込まれることになります。連携の基本は連携市町の自立を弱める方向ではなく、連携市町の住民が関与できる透明性を保障し、連携市町の持続的発展のため双方にメリットが求められます。事務の執行においては、委託、代替執行、請負契約などが行われます。連携中枢都市圏に先行して実施される事務の代替執行等による本市の宗像地区水道事業の平成28年度予算案の収支は、4000万円の黒字で収支均衡ではありません。同様の傾向が進むとしたら、連携市町の財政や地域経済への悪影響が懸念され、本市への過剰な集積が生じない対策が必要ではないでしょうか。答弁を求めます。



○主査(佐藤茂君) 市長。



◎市長(北橋健治君) 石田委員から下関北九州道路について御質問がございました。

 この道路につきましては、山口県、福岡県、下関市、そして北九州市の2県2市を初め、地元の関係者とともに、長い間政府に対し要望してきた歴史があります。市民の生命と財産を守ることは行政の重要な使命であり、防災や減災の考え方に基づき、強くてしなやかな地域づくりが求められております。そのためには地域間の交流や連携の強化、施設の老朽化対策、代替機能の確保などが必要と考えております。北九州市と下関の交流の歴史は大変古いものがあります。現在も毎日通勤通学などで約1万人が往来しており、官民さまざまなレベルで連携を行っております。昨年度は、安倍内閣が進めている新しい広域連携のモデル事業に、全国でただ一つ、県境を超えた自治体間の連携として採択されております。関門地域の地方創生を推進するためには、北九州市と下関が、経済、産業、観光、文化、市民交流など幅広く連携し、都市圏として一体的に発展する必要があります。そのためにも、地域間の交流や連携の強化を支援する広域道路ネットワークの形成は重要であります。昨年の10月に策定した北九州市まち・ひと・しごと創生総合戦略では、関門連携の一つとして、官民一体となった下関北九州道路の整備への取り組みを位置づけたところであります。下関北九州道路は、北九州市と下関市の都心部を直結することで、産業や物流など地域経済のさまざまな分野において、関門地域の一体的発展を支える都市間連絡道路であります。地方創生の推進が急務となっている現在、早期実現の必要性は高まっていると考えております。

 国への要望でありますが、本市議会におきましては、これまでも国の関係行政庁に対しまして、早期実現に向けた要望活動を行っていただいております。一昨年12月の議会におきましても、下関北九州道路の整備促進に関する意見書の議決がなされたところであります。昨年8月には、山口・福岡両県知事と下関市長、議員連盟会長、経済界のトップとともに、太田国土交通大臣、麻生財務大臣を初めとした政府関係者に対し、早期整備の必要性を強く訴えたところであります。地域の連携の必要性にも加え、老朽化への対応や代替機能確保の必要性についても、一定の理解が得られたものと受けとめております。

 トンネルの保全対策でありますが、西日本高速道路株式会社の保全対策については、本市としても関門トンネルや関門橋は地域間の交流・連携の強化を支援する大動脈であり、この施設を健全な状態に保ち、長期間の使用を図ることは重要であると考えております。なお、トンネルの排水については、西日本高速道路の公式ホームページなどに掲載されております。

 建設費や採算性につきましては、九州・中国の地元経済団体が中心となって設立された下関北九州道路建設促進協議会や、国土交通省が過去に検討したルートがあるのは承知しておりますが、現状では国にみずから調査を行うように働きかけている段階であり、ルートや構造、事業手法などが何も決まっていない中でお答えはできません。

 今後とも、国家プロジェクトとしての下関北九州道路の早期実現に向け、さまざまな方法で国への働きかけを行ってまいります。

 次に、柳井委員から連携中枢都市圏について御質問がございました。

 国が進める連携中枢都市圏構想は、圏域の中心都市が近隣の市町と連携し、経済成長のけん引、高次都市機能の集積・強化、生活関連機能サービスの向上を行うことで、人口減少・少子高齢化社会においても一定の圏域人口を有し、活力ある社会経済を維持するための拠点を形成することを目的にしております。現在、本市が中心となって進めております連携中枢都市圏北九州都市圏域では、圏域人口の急速な減少の抑制を図るため、圏域に集積する自動車関連産業や医療・介護などの社会資源、また、空港、港湾、小倉駅など本市が有するさまざまな拠点施設、機能など、各市町がそれぞれの資源や機能の効率的な活用、役割分担を図りながら、圏域全体の活性化と魅力ある圏域の形成を目指す必要があると考えております。

 将来像や具体的な取り組みを記載する都市圏ビジョンでありますが、医師会や商工会議所などの民間団体などに加えまして、各市町の実務者も参加する北九州地域連携懇談会を3回開催しております。また、各市町の議会への説明を行うなど、各市町や関係機関からさまざまな意見を聞きながら、策定しているところであります。

 連携する取り組みでありますが、この都市圏ビジョンに記載する具体的な連携の取り組みとしては、上下水道や廃棄物処理などのライフラインの取り組みのほかにも、学校給食における地産地消の推進や、若者を対象とした圏域内での就労支援、図書館などの公共施設の広域利用、自動車産業を初めとした戦略産業の振興、北九州空港の機能拡充・利用促進や小倉駅周辺の魅力向上による都市機能の強化などを掲げております。今後、これらの取り組みを着実に実施することで、本市のみならず圏域全体の地域経済を活性化し、利便性の向上を図っていきたいと考えております。具体的には、取り組みの実現に向けて、取り組みごとに連携を希望する市町と協議を行いまして、費用負担も含めて総合的に検討することになります。また、連携の手段では必要に応じ、地方自治法に規定される事務の代替執行、事務の委託などを活用することも想定されます。ここでも各市町の意向を踏まえながら、有効な手段を検討してまいります。

 いずれにせよ、北九州都市圏域での連携の取り組みは、それぞれの市町がウイン・ウインの関係になるものを行うため、地域経済への悪影響や本市への過剰な集約につながることにはならないと考えております。以上です。



○主査(佐藤茂君) 石田委員。



◆委員(石田康高君) 再度お尋ねします。先ほど、トンネルの排水が1日当たり4,800トンということで、ホームページに紹介されているということでしたけれども、この4,800トンを排水されているということが、さも関門トンネルの劣化、これを促進しているというイメージに聞こえますけれども、そういう理解でよろしいですか。



○主査(佐藤茂君) 市長。



◎市長(北橋健治君) 先ほど申し上げたとおり、事実関係を淡々と申し上げているところです。



○主査(佐藤茂君) 石田委員。



◆委員(石田康高君) そこで改めて指摘をしておきたいと思いますけれども、1日当たり4,800トンの海水を排水している。管理会社にもお尋ねしましたけれども、工事完成直後、いわゆる設計で明らかにしている湧き水です。これは6,206トンで設計されていると。それが4,800トンですから、当然それ以下、想定内の海水でしかないということが1つあるのと、それから湧き水も下関側が75%で、その中にはたくさん真水が含まれていると。海水ではない部分がかなりあるということも調査によって明らかになっておりますので、指摘をしておきたいというふうに思います。そこで、市長はこれまでの議論を通じて、要望して完成まで相当な時間がかかる、答弁では10年先、20年先を見越して、精いっぱいの努力をするのが首長の責任だと主張されてきました。では、20年先、橋もトンネルも使えなくなるのかと。これまでの議論で、我が党市議団はこのことも踏まえて、4つの事実関係を明らかにしてまいりました。

 第1に、トンネルが2日に1回通行どめになるという主張に対して、事故等による通行どめは5年間で405時間、1回12分の通行どめが2日に1回しか生じていないこと。第2に、関門橋は風速20メートル、都市高速は風速25メートルで通行どめになりますので、下関北九州道路もこの手の風が吹けば利用できないこと。第3に、トンネルは厚さ80センチから100センチのコンクリート製の円形構造で、鉄筋のない無筋トンネル、強度は設計強度の2倍前後で、健全で安全だとNEXCOが述べていること。更に、開通後73年間の鉄道トンネルも無筋トンネルで、強度は国道トンネルと同様、しかも、1日600トンの漏水は地上のトンネルよりもはるかに少なく、排水ポンプは1時間に5分程度の稼働で、健全で安全だとJR九州が回答していること。第4に、地震など災害対策も、現在の橋もトンネルも、阪神・淡路大震災並みの地震に十分耐え得る施設であると管理運営会社が明言していること。紹介をしてきました。つまり、10年先、20年先も、橋もトンネルも十分利用できる施設だということを管理運営会社が述べているわけであります。

 さて、下関北九州道路の議論で欠落をしているのが、建設費と採算性の問題であります。本日も、ルートも決まっていないのでお答えのしようがないという趣旨の答弁をされましたけれども、まず、調査をお願いしているのだということを、繰り返し答弁されておりますけれども、本市と共同歩調をとっている建設促進協議会は、ルートを下関・彦島の迫町から小倉北区西港町付近として、整備事業費は2,000億円から2,700億円としております。これが、その協議会のルート図です。この中に建設費とか、いわゆる料金とか、そういうものも試算をされているわけです。そして、このルートと全く同じなのが、国土交通省が10年以上かけて調査をした結果として示したこの資料です。この資料によると、小倉北区西港ジャンクションから下関市彦島インターチェンジ間8,379メートルに1,558億円の事業費で建設をし、下関側は彦島インターチェンジから彦島有料道路、更に下関西道路の新設で中国自動車道につなぐ計画となっております。

 促進協議会、国土交通省の資料により、建設費と採算性の試算は可能であります。本市の負担額も、それに基づいて当然想定できるでしょう。それもせずに、ルートも決まっていないのに、つくれつくれということでは、市長の責務を果たしているとは言えないのではないか。以上指摘した点について答弁を求めたいと思います。



○主査(佐藤茂君) 市長。



◎市長(北橋健治君) この問題についての考え方は、既にこれまでも議会において答弁してきたとおりであります。石田委員の御意見は、意見として承っておきます。ただ、安全性の問題なのですが、最近落盤事故で、道路で大変な災害、事故が起こっています。これは1回ではありません。今まで何度も起こっていますので、仮に調査に行って、落盤事故があると、管理者に対して、このルートは大丈夫なのかと聞いたときに、果たしてどう答えるのでしょうか。やはり、何らかのかし、あるいは心配、不安というものがあれば、それは徹底的にやらなければならないことであって、そこで相手が答えたからと言って100%安全だとは言い切れないと思うのです。やはり、絶対に安全だということは、この世におきましては、それはなかなか出会うことはあまりないです。そういった意味におきましては、時間が相当にかかる事業にもなりますので、これから更に先へ進んだときに、この公共施設の保全という観点から、やはり安全対策をとっておいたほうがいいのではないか、そういう趣旨で考えておりますし、また、安全対策を委員は御指摘でございますが、この両地域の将来の繁栄のためとか、そういう観点も各界が強く指摘していることであります。これまでの調査によりまして、もしも遮断された場合にどの程度の波及があるのか、それはシミュレーションとして一つあります。14兆円の経済的損失が発生すると、こういう調査もあるわけでありまして、そうしたもろもろのことを考えますと、やはり安全対策というのは非常に大事ですし、ぜひ代替の1つのルートをつくるための努力を御理解いただきたいと思っております。建設コストうんぬんでありますけれども、それは一定の仮定をおけば、現在の工事手法において試算は可能かもしれませんけれども、まずは専門家の集団である国土交通省、国においてきっちり調査をしてもらって、その上でやるほうがよろしいのではないでしょうか。



○主査(佐藤茂君) 石田委員。



◆委員(石田康高君) 市長の口から、絶対に安全だということは言えないのではないかということを聞いて、今びっくりしたのですけれども、白島の石油基地の議論をしたときに、絶対安全、絶対安全と言い切ったものが壊れましたよね。あのときに、当時の末吉市長との議論の中でも同じような言葉が出てきましたけれども、私たちはあのトンネルや橋が絶対に安全ということは言っておりません。NEXCO西日本が、今の段階で設計強度の2倍を上回る強度があって、当分の間は安全だということを言っていることを紹介しているだけなんです。私はこの問題を通じて一番懸念しているのは、新たな負の遺産になりかねないということを指摘しているわけです。先ほど一定の具体的な試算はできるかもしれないけれども、専門家である国に任せたらどうですかということですけれども、その専門家である国の試算の中でも、今の状態、このルートの中で建設をして料金を取るということになったら、年間に27億2,000万円の収入というのが出ています。これでは、建設費に対して起債をしますけれども、それの返済にも充てられないということで、完全に赤字になります。そういう情報をさっと提供して進めるべきではないのかということを指摘しているわけであります。



○主査(佐藤茂君) 進行いたします。維新の会。荒木委員。



◆委員(荒木学君) 私は、市民防災意識の向上についてお伺いします。

 実際の災害現場において最も大切なものは、その瞬間をどう選択するか判断することだと考えます。日ごろから意識の高い市民の方々は、防災訓練や避難訓練に参加され、その瞬間に向けて対応できるスキルを学んでおられます。私自身よく地域の防災訓練に参加する中で、どうしたら防災意識が高くない方々の参加もふやしていけるのか悩んでいるところでございました。一番参加していただきたい子育て世代のお父さん、お母さん、そして子供にその瞬間に備えていく経験をしていただきたいと考えています。北九州市には市民防災センターがあります。日ごろからすばらしい活動、研修をされています。市民の年間利用者も5,000名、また、防災センターから地域に出向き防災訓練活動も活発に行われています。一方、お隣の政令市である福岡市の市民防災センターは、立地もよく、地震体験、強風体験、火災体験、消火体験、豪雨体験とかがあり、災害のリアルとエンターテインメントを融合し、訪問者に楽しみながら防災訓練に参加していただくコンセプトを構築して、年間利用者が13万人にも上ると聞いています。また、昨今、ゲーム感覚で防災を学ぶ体感型防災アトラクションと呼ばれるものが、他の自治体、商業施設で行われて大盛況と聞いています。その参加者の方々は、日ごろから防災意識が高いわけではございません。大阪の商業施設で行われた体感イベントには、子供連れの家族、若いカップルが多く、土曜・日曜で2,000人もの参加者があったということです。これぞ目指す防災訓練と考えます。

 そこで、市長にお伺いいたします。災害に対して安全神話のある北九州市民が、災害発生、その瞬間に日ごろから対応できるよう、防災啓発できる環境を整えていただきたいと考えます。そこで、真の安全・安心の町北九州にしていただくためにも、福岡市のような多くの市民が訪れるような体感型の施設が常設できないものか、また、予算的に難しいのであれば、まずはリバーウォーク、チャチャタウンなどの商業施設などで、民間と共同で体感型防災アトラクションを開いてみてはと考えますが、御見解をお伺いいたします。



○主査(佐藤茂君) 市長。



◎市長(北橋健治君) 荒木委員の市民防災意識に関する御質問にお答えをいたします。

 市民が災害時に命を守る行動をとるためには、市民一人一人が防災意識を高め、いざというときに適切な判断、円滑な避難行動をとることができるよう、訓練の実施が重要であります。訓練効果を高めるため、市民が災害を我が身にいつでも起こり得るものとして捉えられることや、訓練への参加意欲が高まるよう、その手法や内容を工夫していく必要があります。本市としては、これまで市や区レベルでの防災訓練、地域や学校単位での災害図上訓練、場所や時間を問わず職場や家庭でも行えるシェイクアウト訓練など、さまざまな訓練を実施してまいりました。加えて、体験型の取り組みとしては、年間8,000人以上が参加する、小学4年生を対象にスモークマシーンを使った煙体験や消火器の取り扱い訓練を行う消防士さんといっしょ事業、また、年間約1万人が体験する地震体験車の公共施設、学校、地域への派遣などを行っております。このように本市では、より多くの市民が身近な場所で訓練に参加できるよう、体験型の取り組みについては地域に出向いて行うこととしております。

 御提案の福岡市のような常設の施設を整備することは、今後の課題であろうかと思います。また、重ねて御提案の体感型防災アトラクションは、体育館などのスペースにおいて、参加者が災害時の映像やアトラクションを体感しながら、さまざまな課題をクリアして、時間内に安全な場所へ脱出するというものであり、民間事業者により関西方面を中心に行われております。このアトラクションについては、既に開催した都市へのヒアリングや、実際に職員に体験させるなどによりまして、その内容や開催に要する経費、防災意識向上への評価や参加者の反応などを、まず調査したいと考えております。いずれにしても、防災意識向上のためには、御指摘の体感型防災アトラクションを含め、市民の参加意欲を高める取り組みは重要と考えており、今後も研究や工夫を重ね、防災力の向上に努めてまいります。以上です。



○主査(佐藤茂君) 荒木委員。



◆委員(荒木学君) どうも前向きな回答をありがとうございます。非常にうれしく思います。実際に、この体感型のプロデュースをしている、国連の防災会議で展示された増田さんという方にお会いしてきました。その方が言われたのは、実際にこの方は阪神・淡路大震災を体験され、お子さんを亡くされた方なのですけれども、言われたことが、やはり助けられるのは公助ではなくて、隣のおじちゃん、おばちゃん、やはりそういった方々から助けられたと。8割がそういった状況だったそうです。そこを考えたときに、つい我々は北九州というのは安心だというのがありまして、まあ大丈夫だろうなと思っているのが現状だと思うのです。

 そこで、ちょっと意地悪い質問を市長にするのですけれども、今災害が起きました。電話が本当に通じません。そのとき、災害伝言ダイヤル、何番にかけますか。



○主査(佐藤茂君) 市長。



◎市長(北橋健治君) 自分の場合ですか。すみません、災害時優先電話を使用しておりますので、それでかけることにいたします。ツイッターであるとか、ああいうメッセージのツールが使いやすいということを聞いています。それから、黒電話です。そういうツールであります。



○主査(佐藤茂君) 荒木委員。



◆委員(荒木学君) ありがとうございます。171番、119番とか、同じような形で伝言ダイヤルというのはございますし、本当に知っていなくてはいけない、そういった番号というのを、我々は知っているようで知っていない、実際に今起きたときにどうしていいかわからない、そういったいろいろな問題が起きてくると思うのです。そういったことを、体感を通してこの北九州市民の方々に本当に広めていけるような施設づくり、もしくは、今本当に北九州が取り組んでいることを頑張っていただきたいと思っております。ぜひ防災教育という面で、こういった体感アトラクションというのが、例えば、リバーウォークとかああいったところでも開催されて、できれば北九州フィルムコミッションという、そういったところも絡めていくと、非常に面白いアトラクションができるのではないかとも考えています。以上で質問を終わります。よろしくお願いします。



○主査(佐藤茂君) 進行いたします。みんなの北九州。八木委員。



◆委員(八木徳雄君) 私からは、北九州市民球場の利用についてお尋ねをしたいと思います。

 北九州市民球場は、昭和32年に小倉球場として誕生し、プロ野球開催が可能な野球専用球場であります。また、北九州市内では唯一プロ野球が開催される野球場で、少年野球、高校野球、社会人野球などの市民球場としても利用され、多くの人々に親しまれている球場であります。野球選手を夢見て野球に打ち込む子供たちにとって、一つの大きな夢となるのがこの北九州市民球場で試合をすることであります。

 現在、北九州市民球場を使用するには、大規模な大会等での利用と一般利用の2つがあり、利用を希望する月の前月の10日に抽選会を行い、重複した場合には、話し合いで決定しているようであります。このほか、供用日として一年中申し込みができるようにはなっていますけれども、実際は12月1日から3月15日まではグラウンド整備で利用できず、その後も土曜・日曜は高校野球大会や全日本少年軟式野球北九州大会などがあり、団体に加入していない少年野球チームの子供たちは、市民球場で試合をすることができないのが現状であります。

 そこで、団体に加入していない少年野球チームの子供たちにも市民球場で試合ができるような仕組みをつくるべきだと考えていますが、見解をお伺いいたします。



○主査(佐藤茂君) 市長。



◎市長(北橋健治君) 公設の野球場は、大規模大会に対応する北九州市民球場、一般的な対応をする桃園、本城、門司、大谷など6つの球場、また、日ごろの練習などに対応する浅生、三萩野、高炉台など5つの球場があります。大会規模や用途に応じ、多くの市民に御利用いただいております。中でも北九州市民球場は、約2万人の観客を収容できる本市最大の球場であります。毎年福岡ソフトバンクホークスなどプロ野球の公式戦や、全国社会人野球JABA九州大会、全国高校野球選手権福岡北部大会を初めとして、社会人や高校生の大会が開催されております。このような大規模大会は、本市のスポーツ振興、町のにぎわいづくりに貢献し、主催者による大会の準備や広報などに必要な期間を確保することといった観点から、優先的に利用調整を行うことにしております。前の年度の1月中旬を目途に、利用日を決定しています。大会などの利用がない日につきましては、利用を希望される月の前月に申し込みを受け付けています。なお、利用希望日が重複した場合には、抽選会などを行い、決定することにしております。

 このように、北九州市民球場は利用予定がない日であれば、どなたでも利用が可能となっておりますが、多くの大会が開催されることから、特に休日は一般利用が困難な状況となっております。このため、利用希望に沿うことができなかった皆様には大会開催の状況などを御理解いただいて、他の施設の利用をお願いしてきたところであります。北九州市民球場につきましては、多くの方々の利用希望があることは承知しておりますが、スポーツ振興、町のにぎわいづくりの観点から、今後も大規模大会の開催などを優先したいと考えております。以上です。



○主査(佐藤茂君) 八木委員。



◆委員(八木徳雄君) 御答弁ありがとうございました。実は今回、どうして私がこの質問をさせていただいたかという経緯でありますけれども、約2年間にわたって、いわゆる団体に加入をしていないリトルリーグのチームがございます。このリトルリーグの監督をされている方は、以前プロ野球でも活躍をされた方でありまして、生まれ育ったふるさとの門司に野球を通して恩返しをしたいということで、現在そういうチームをつくっているわけでございます。実は、この2年間を通して、やはりなかなかチームは市民球場で野球ができない。当然、本市にはたくさんの野球ができる球場はあるのではありますが、やはりリトルリーグというのは、通常の学校の野球チームとは違って、もっともっと高度な練習をして、より野球に専念していきたいという方々ばかりがいるところでありまして、そういう子供たちにも、ぜひとも北九州では一番一つの大きな夢である北九州市民球場を使わせていただきたいということで、今回質問をさせていただきました。

 これは要望で結構なのですけれども、実はことしの3月を見ても、12月1日から3月15日までは市民球場はグラウンド整備で使えないということでありまして、20日の日からは既に高校野球の予定が入っているのですが、そういうリトルリーグとかをやっている子供たちというのは、通常この春休みの期間、そして土曜日、日曜日はお父さん、お母さん、いわゆる保護者の方々がお休みのときを使って、卒団式というのをやっていくのです。この日程で見ると、19日の土曜日だけはぽつんと空いているのですけれども、これに申し込みをしようとしても、20日に高校野球大会があるのでグラウンド整備で使えないということでありますので、これは要望でありますが、ぜひとも一人でも多くの子供たちが市民球場で試合ができるよう、例えば、19日、今回は日程的にたまたまそういうふうになっておりますけれども、朝の早い時間から開放をして、午後から、例えばグラウンド整備等をするような工夫をしていただいて、午前中だけでも、そのように一般の団体に加入をしていないチームの子供たちもできるように要望して、質問を終わります。よろしくお願いいたします。



○主査(佐藤茂君) 以上で市長質疑を終わります。

 次回は3月25日午前10時から、分科会報告の取りまとめを行います。

 本日は以上で閉会します。



                              閉会 午前11時37分





会議の経過

              平成28年度予算特別委員会市長質疑記録

          第2分科会(環境建設委員会及び保健病院委員会所管分)

                                     開会 午後1時00分



○主査(中村義雄君) 開会します。

 議案第1号のうち所管分、2号、3号、12号のうち所管分、14号、16号、18号、22号、27号、40号から43号まで、46号及び49号の以上15件を一括として議題といたします。

 ただいまから市長質疑を行います。

 質疑時間は2時間程度となっております。質疑の持ち時間は、維新の会及びみんなの北九州は12分、その他の会派は24分でお願いいたします。

 質疑は大会派順に行います。なお、答弁は着席のままで受けます。

 質疑に入ります。自由民主党。田中委員。



◆委員(田中元君) 私から子供の発達障害に関する相談窓口についてお尋ねをさせていただきたいと存じます。

 現代社会において子供を取り巻く社会環境は複雑化しております。その中で発達障害のある子供の状況もさまざまに変化しており、その対応が求められております。例えば、発達障害児の御家族は周囲からの目線、将来への不安など、はかり知れないほどの不安や心配を抱えています。また、発達障害の疑いのある子供の家族も、周囲の子供と違い、落ち着きがない、不登校などといった悩みを抱えております。しかし、認めたくない、信じたくないといった感情も同時にお持ちで、自身の中で悩み苦しんでいるところであります。

 そこで、2点お尋ねいたします。

 平成28年度において、発達障害児及びその疑いのある子供の御家族に対する御支援などにどのように取り組むのか、見解をお伺いします。

 また、市民に最も身近な行政機関である区役所に、わかりやすく、また、訪ねやすい、子供の発達障害に関する相談窓口を設置していただきたいと存じますが、見解をお伺いいたします。



○主査(中村義雄君) 村上委員。



◆委員(村上幸一君) COP21パリ協定を受け、環境モデル都市北九州が発信すべき環境・エネルギー政策についてお伺いします。

 昨年末開催された国連気候変動枠組条約第21回締約国会議COP21で採択されたパリ協定では、産業革命前からの気温上昇を2度未満に抑え、今世紀後半には世界の温室効果ガス排出量を実質的にゼロにするとしており、非常に高い目標設定がなされました。

 1997年の京都議定書では、先進国だけに温室効果ガスの排出削減を義務づけ、中国、インドなどに削減義務がなく、更には米国の離脱により、温暖化対策として不十分だと批判されていましたが、パリ協定は、途上国を含め協定に参加する全ての国が削減する体制を整えたことに意義があります。中国やインドも前向きな姿勢を見せており、この機運が下がらないよう日本政府は具体的な提案を行う必要があると考えます。

 そこで、本市はパリ協定を踏まえ、環境モデル都市として温室効果ガスの削減を先導し、その取り組みを、来るG7北九州エネルギー大臣会合において日本政府を初めとするG7各国に発信する絶好の機会が与えられたと考えますが、見解をお伺いいたします。



○主査(中村義雄君) 市長。



◎市長(北橋健治君) 田中委員から、発達障害について御質問がございました。

 発達障害のある子供の健やかな成長を支えるためには、子供の抱えている困難にできるだけ早く気づき、子供の状態に応じた専門的な支援を進めることが大変重要であります。しかしながら、発達が気になる子供の保護者の中には、子供の行動などの問題に気づいていても、子供に障害があるとは信じられないとか、今は不安定でも成長すれば安定するのではないか、また、自分の子育ての仕方が悪いのではないかなど、さまざまな不安や葛藤を抱え、直ちに総合療育センターなどの専門機関へ相談することをためらう方もいるものと考えております。こうした悩みを抱えることは、子供に愛情を注ぐ保護者にとって当然のことです。発達障害児への早期支援を進めるためには、専門的な支援体制とあわせて、子育ての不安、悩みに寄り添った保護者に身近な相談の仕組みが必要と考えます。このため、来年度の予算案におきましては、発達が気になる子供の早期支援といたしまして、従来から実施している各区役所での保健師などによるわいわい子育て相談や、直営保育所での親子通園クラス、現在3カ所であります、また、特別支援教育相談センターでの早期支援コーディネーターによる教育相談や就学相談などに取り組み、子育てや教育の専門職が保護者からのさまざまな相談に対応することとしております。また、障害児支援の専門機関である児童発達支援センター、現在7カ所であります、このセンターや発達障害者支援センターつばさ、2カ所におきましても、不安を抱える保護者に対応し、より専門的な視点から、子供の特性やかかわり方などのアドバイスを行い、家庭での子育てを支援しております。これらの取り組みにおきましては、子育てに関する保護者の悩みを受けとめ、保護者自身の状況や心の状態に理解と共感をしつつ、信頼関係をしっかりと築いた上で、子供の成長についてともに考え、発達障害の理解を徐々に深めていくよう、きめ細かな配慮をしております。

 相談窓口における必要な機能でありますが、発達障害児及びその疑いのある子供の相談に的確に対応するため、子供の発達障害に関する専門家の確保や保護者に対する心理的ケア、家庭支援の視点と専門技術、また、相談しやすい環境とプライバシーへの十分な配慮、更に医療、福祉、子育て、教育など幅広い関係機関とのネットワークなどが必要と考えております。委員御指摘の区役所への相談窓口の設置につきましては、こうした課題を踏まえて、さまざまな角度から丁寧な検討を進めてまいりたいと考えております。

 次に、村上委員からG7エネルギー大臣会合における発信について御質問がございました。

 これまでの取り組みでありますが、本市は低炭素社会づくりに向けた取り組みが評価されまして、平成20年7月、政府から全国初の環境モデル都市に選定されました。これを受けて、2005年を基準として、2050年には市内で50%、海外で150%の温室効果ガス削減を目指す環境モデル都市行動計画を策定しました。以来低炭素社会づくりに向けて、幅広い取り組みを進めており、全国に26ある環境モデル都市の中でも、毎年国から最も高い評価をいただいております。

 国内外の動向と本市の状況であります。昨年12月のCOP21では、参加した196の国と地域全てがパリ協定に合意しました。政府では現在、地球温暖化対策計画の検討が進められており、ことしの春までの決定を目指していると聞いております。このような国内外の動きも踏まえまして、本市は国の計画に歩みを合わせた策定を目指し、環境モデル都市行動計画も包含した新たな温暖化対策計画について、昨年8月、環境審議会に諮問いたしました。現在、検討部会で検討がなされており、その答申を踏まえて、計画を策定することにしております。

 本年5月のG7北九州エネルギー大臣会合は、エネルギーの分野だけでなく、委員御指摘の温室効果ガス削減やその他の環境に関する本市の取り組みを、各国の要人や国内外の報道機関に積極的にPRする絶好の機会と捉えております。具体的には、エネルギーを効率的に使用するスマートコミュニティ創造事業や、温室効果ガスを排出しない水素エネルギーの取り組み、風力発電などの立地促進で温室効果ガス削減を図る地域エネルギー拠点化推進事業があります。また、技術製品面では、安川電機のインバーター、TOTOの節水型トイレ、新日鐵住金の電磁鋼板のほか、半永久的に消臭殺菌でき、宇宙ステーションでも実証実験が進められております光触媒技術、これはフジコーの技術であります。また、国内外の小型電子機器からレアメタルを取り出すリサイクル技術、これは日本磁力選鉱であります。このように、世界的な温室効果ガス削減に貢献する中小企業も含めた市内企業の技術、製品があります。また、国際面でありますが、インドネシアのスラバヤ市、ベトナムのハイフォン市等における高効率の空調システムによるビルの省エネや廃棄物発電、また、中国の上海市を初めとする5つの都市とPM2.5対策などの大気環境改善、省エネルギーに向けた技術協力などを通じた、都市レベルでの低炭素化と豊かな社会発展の両方に貢献する環境国際協力と環境ビジネスの展開などが挙げられます。

 本市が掲げます市内50%、海外150%の温室効果ガス削減という目標は、有識者などから非常に意欲的なものであると言われております。一方で、本市には日本で最悪といわれた深刻な公害問題を、婦人会の活動を契機に産学官民のパートナーシップで克服してきた技術と経験の蓄積があります。また、モノづくりの町として培ってきたイノベーションの集積もあります。これらを北九州市のDNAとして、低炭素社会の実現と経済の発展の両立という困難な課題にチャレンジしていく姿を、世界に向けて発信していきたいと考えております。また、本市の環境エネルギー分野以外の魅力、例えば、本市の地域文化や伝統芸能、食を含めた魅力的な観光資源など、本市の情報をさまざまな形で提供し、北九州に来てよかったと、また訪れてみたいと感じていただけるよう努力を続けます。以上であります。



○主査(中村義雄君) 田中委員。



◆委員(田中元君) ありがとうございます。市長におかれましては、平成28年度もこのような御家庭、児童に対しまして御理解をいただいたことにまず感謝を申し上げたいと思います。

 そこで数点、質問といいますか、要望になるかと思いますけれども、区役所に今、保健師さんが通って相談を受けられる段取りはできているというふうな感じでしたが、恐らく毎日ではないのではないかというように思っています。そういった発達障害をお持ちのお子さんやその疑いのある子供をお持ちのご家庭に関しては、両親とも共働きが多いところでありますので、そこはその御家庭に沿った対応もしていただきたいなというふうに思っています。そこで、今、インターネット等で普及しておりますので、たぶん保護者等もインターネットで引っ張ってくる方が多いかと思います。私もちょっと引っ張ってみました。子供、障害、北九州と引っ張ってくると、障害のある子供のこと、困ったときの相談がずっと並びます。そこで療育センターのことであったり、発達障害支援センター、障害者生活支援センター等々の電話番号等が出てきて、そしてまた、下の方では、発達障害とはという、細かく自閉症、アスペルガー等々の症状が出てきて、それを見て保護者が疑いのある子供に関してはそういうものを判断されて、また、その対応についてというのも細かく丁寧に記してあります。ここに関してはものすごくわかりやすく、疑いのある家庭に関してもありがたいのではないかと思います。そこで、問い合わせ等々の項目がありまして、先ほども市長答弁のありましたとおり、障害者支援センター等のつばさ、南区のつばさ等があります。通所に関しても、各6施設の電話番号と住所が書いてあるのですが、そこで、先ほども申し上げましたとおり、一番市民にとって身近な機関というのは区役所であると思います。区役所が手続するだけの区役所なら、僕は必要ないのではないかなと。必要ないというのは、手続するだけの区役所ではないように、市民の方々が気軽に相談をしやすく、行きやすく相談しやすい窓口の設置をお願いしたいところであります。市長答弁でもありましたように、丁寧な検討をしていただけるということでしたので、一日も早い窓口設置のお願いをさせていただいて、終わります。



○主査(中村義雄君) 村上委員。



◆委員(村上幸一君) 私のほうからは要望をさせていただきたいと思いますが、COP21パリ協定では温室効果ガスの排出量を21世紀後半には実質ゼロにすると。21世紀後半ということは、早ければ2050年代ということだと思います。先ほど市長からは、2050年度に北九州市の温室効果ガスを50%削減するという、これもかなり深く取り組んだ結果でないと出ない数値だと思うのですけれども、それを超える、パリ協定には大きな目標が示されていると私自身思っています。温室効果ガス実質ゼロというのは、家庭での節電などこれまでの対策の延長線上だけでは達成し得ないものだと思っています。技術革新によって産業構造は大きく変わり、そして二酸化炭素を出さない生活のほうが安くて快適である、そんな社会に移行しなければ実質ゼロは無理だと思っています。ぜひ、5月に開催されますG7エネルギー大臣会合では、本市が環境モデル都市としてこれまで取り組んできた経済と環境の両立の取り組み、そしてCOP21パリ協定を受け、低炭素化に向けた本市の更なる取り組み、そして最後に、最も重要と考えるのは、温室効果ガス排出量実質ゼロに向けた社会変革を促すような議論を世界に発信できること、そのことを期待して、要望として終わりたいと思います。以上です。



○主査(中村義雄君) 進行いたします。ハートフル北九州。長野委員。



◆委員(長野敏彦君) 私のほうからはひとり親家庭の支援事業について伺います。

 平成28年度予算案では、昨年に引き続きひとり親家庭の経済的な自立を促進し資格取得のための高等職業訓練促進給付金、市独自の給付金を支給する応援事業等のほか、新規事業として、ひとり親家庭の子どもの居場所づくり事業などを推進するとしています。特に近年、経済的に厳しいひとり親家庭が増加する中で、このような事業は有効かつ重要な取り組みであると考えます。

 そこで、2点お尋ねします。

 1点目に、従来から取り組んでいる高等職業訓練促進給付金の成果と今後の課題、また、支給期間等を拡充するとしていますが、この内容について伺います。

 次に、新規事業のひとり親家庭の子どもの居場所づくり事業の目的と事業内容について伺います。



○主査(中村義雄君) 森委員。



◆委員(森浩明君) 成人式についてお尋ねをいたします。

 本市では、平成26年1月からメディアドームで成人式を開催しております。会場内で行われる式典そのものは、すがすがしい、りんとした雰囲気のもと行われていると聞いておりますが、会場外で奇抜な格好をして同じ中学の友人たちといる新成人たちの様子がテレビやインターネット等で広く伝えられており、人生の節目となる厳粛な機会の意義が損なわれたり、本市のイメージが悪くなったりしており、本分科会を初め本会議でも対応を求める意見が出ております。

 かつて沖縄でも、荒れる成人式として全国ニュースに取り上げられ有名でありましたが、3年前、平成25年1月の成人式から、沖縄では新成人たちが自主的にメーンストリートである国際通りで清掃活動をしていることや、今では後輩の新成人たちが引き継ぎ、地元企業や商店街も巻き込んだ事業に発展し、イメージアップに成功していると聞いております。

 本市においても、こうした沖縄の新成人たちの取り組みについて、実態やその効果などを調査したり、こうした取り組みを始めたリーダーを招いて、来年度の本市の成人式実行委員会のメンバーに話を聞かせてもらう。市内でも成人式に関心のある企業経営者に相談に乗ってもらうなど、本市の成人式の新たな取り組みのヒントとして沖縄の事例に学んでみてはいかがかと考えますが、見解を伺います。

 次に、循環型社会の形成についてお尋ねします。

 北九州市内に拠点を置く三菱マテリアル株式会社九州工場の黒崎地区では、平成24年4月から都市ごみ焼却灰の資源化事業に取り組み、都市ごみ焼却灰から異物除去や金属類の回収、水洗浄などを行った後、セメントの原料にする資源化事業を通じて、それまで埋立処分されていた焼却灰が資源になったり、埋立処分場の延命にもつながったり、循環型社会の形成につながっていると聞いております。

 こうした都市ごみ焼却灰の資源化事業について、その取り組みと効果、将来の展望について伺います。



○主査(中村義雄君) 市長。



◎市長(北橋健治君) 長野委員から、ひとり親家庭の支援に関し、高等職業訓練促進給付金について御質問がございました。

 経済的に厳しい状況に置かれたひとり親世帯は増加傾向にあります。これらの方々の自立のためには、安定した就労による自立の実現や、ひとりで過ごす時間が多い子供たちに対し、学習支援も含めた温かい支援の実施などが必要と考えております。そこで、就職の際に有利となる資格の取得を支援するため、看護師や保育士などの資格取得に向け養成機関に通う場合、高等職業訓練促進給付金として月額10万円、住民税非課税世帯は7万500円であります。これを支給しまして、就業期間中の生活費の負担軽減を図るための事業を実施しているところです。

 国におきましては、平成28年度から支給期間の上限を現行の2年から3年に延長し、看護師など養成期間が3年間の資格についても全期間支給可能とすること、また、調理士など1年制の資格も給付の対象とするなどの拡充が図られる予定です。本市においても、来年度当初予算案におきまして、同様の拡充のための予算を計上しております。

 給付金の効果であります。平成26年度の修了者を対象としたアンケート調査によると、資格取得者51名のうち就職に結びついた方は42名となっており、平成25年度以前についてもほぼ同様の水準で推移していることから、この事業はひとり親家庭の就業支援、自立支援に一定の役割を果たしていると考えております。

 課題と対応であります。この給付金の支給額は月額10万円で、子供1人の場合、児童扶養手当や児童手当を合わせても年額182万円程度で、本市の母子世帯の平均年収234万円に及ばないことが課題となっております。このため本市では、昨年10月から独自の制度として、扶養児童数が2人目までは一律2万円を、扶養児童数が3人目以降は1人につき1万円を加算するひとり親家庭の自立応援事業をスタートしたところであります。これにより、例えば、子供2人の母子世帯では、児童扶養手当と児童手当を加えまして、年間収入が約224万円となり、母子世帯の平均年収程度が確保できることとなります。今後とも資格を生かした就職により、ひとり親家庭の収入がふえ、ひいては親の精神的安定と子供の健全育成など、さまざまな成果につながるようしっかりと取り組んでまいります。

 次に、子供の居場所づくり事業について御質問がございました。

 平成23年度の北九州市母子世帯等実態調査では、母子家庭の母親の16.2%、父子家庭の父親の34.7%は、仕事を終えて帰宅する時間が20時以降という結果が出ております。このため本市においては、仕事などの理由で保護者の帰宅が恒常的に遅くなる家庭の小学生を市内6カ所の児童養護施設に預かり、生活支援や夕食の提供を行うトワイライトステイ事業、児童夜間養育事業であります、これを平成7年度から実施しております。こうした本市の特徴ある子育て環境の充実は、東京にありますNPO法人のランキング調査においても高く評価されております。このような取り組みに加えて、子供の貧困対策の更なる推進のためには、一人でも多くの子供たちが夜間ひとりで過ごすことがないよう、また、健やかに成長できるよう、信頼できる大人が子供たち一人一人に寄り添い、励まし、時には背中を押すような伴走型支援が必要であります。そこで、一人一人のさまざまな状況に応じ、総合的な個別支援が必要との認識のもと、子供に幸福感、安心感を与える居場所を提供する取り組みに着手したいと考えております。現在、各地でNPO法人などによる子ども食堂の取り組みが広がりつつありますが、本市としましては、食事の提供のみならず、親が仕事を終えて帰宅するまでの間、子供たちが多くの人たちと触れ合うことができ、健やかに成長できる居場所づくりに取り組みたいと考えております。具体的には、学習習慣の定着などの学習支援や基本的な生活習慣の習得支援、生活指導、更には子ども食堂として子供たちとともに調理し、食卓を囲みながら温かい食事の提供などを行うものであります。実施に当たっては、これらの事業を行う学生ボランティアや教員及び関係団体などのスタッフを支援員とし、これらの事業を統括する管理者及び支援員の募集や派遣調整などを行うコーディネーターを配置の上、地域や関係機関との連携のもとに事業を推進してまいります。このように、食事の提供を含めた本市ならではの居場所づくりのモデルを示すことによって、今後、民間を主体にした子供の居場所づくりの活動が本市において広がるよう目指すとともに、ひとり親家庭の子供の生活が向上するよう、精いっぱい努力を続けてまいります。

 森委員から成人式について御質問がございました。

 平成28年の成人式については、北九州メディアドームにおいて実施し、約4,600人が一堂に会して、大変すがすがしい、りんとした式を取り行うことができました。しかしながら、新聞やテレビ報道などで取り上げられたとおり、近年は式典会場に入らずに、奇抜な格好で友人たちとの再会などで盛り上がる新成人がいることも事実であります。こうした状況は、都市のイメージダウンにもつながりかねないため、新成人みずからが率先して行う会場周辺の清掃活動など、大人の自覚を喚起する取り組みを新成人の実行委員とも相談しながらスタートさせたいと考えております。

 そこで、委員御指摘の沖縄県での新成人たちの取り組みでありますが、これは沖縄の新成人のイメージをよくしたいという1人の地元の新成人の発案から始まったものと聞いております。他の新成人が路上等に振りまいた紙吹雪を初め、ごみを拾う活動を平成25年から行っているものであります。現在では、地元企業や商店街を巻き込んだ大変すばらしい取り組みになっていると聞いております。このような取り組みは、本市としても大変参考になる事例であります。沖縄県での具体的な取り組みの内容やその効果などについて、取り組みを始めたリーダーなどから聞き取りを行い、本市の成人式実行委員会において先進的な事例として紹介していきたいと考えております。また、市内の企業から成人式の清掃活動への参加などで、ぜひ協力したいという申し出もいただいているところです。本市としましては、市民、企業などとの協力、連携を図りながら、会場周辺のごみ拾いなどマナーアップに資する取り組みについて、来年の成人式に向けて、成人式実行委員会の中で検討をしていきたいと考えております。

 今後の成人式については、新成人に大人としての自覚を促す内容の充実に努めるとともに、議会を初め、若者を含めたさまざまな関係の方々の意見を聞きながら、よりよい成人の日の式典になるよう努めてまいります。

 次に、循環型社会の形成についてであります。

 全国の市町村が処理しています一般廃棄物については、年間3,500万トンを焼却し、この結果、発生した焼却灰のうち、330万トンを埋立処分しています。一方、ごみの適正処理のために必要不可欠な最終処分場については、全国的に見ると、国土の狭さなどから新規の建設は困難な状況で、その数と容量の減少が続いており、平成26年度時点での残余年数は20年となっております。こうした状況にある中、焼却灰のセメント原料化は非常に有用な取り組みであり、その量は、平成25年度では焼却灰ベースで31万トンになりますが、増加傾向にあります。三菱マテリアル九州工場では、一般廃棄物の焼却灰をセメント原料化する事業を平成24年に開始いたしました。この事業は、黒崎の工場で他の都市の焼却灰を受け入れ、水で洗浄して塩分を除く処理を行ったのち、黒崎と苅田の工場でセメントを製造する際に粘土の代替材として活用するもので、処理施設の能力は年間3万トンであります。本市では、ごみの適正処理・循環型社会の構築と本市の民間リサイクル事業の育成に取り組む中で、三菱マテリアルの事業についてもこれまで支援をしております。まず、平成25年にはこの事業をエコプレミアムに選定し、エコテクノ展でのカタログ配布やエコタウンセンターでの展示などにより、PRをバックアップしています。また、本市がごみを受け入れている直方市などの3市5町に呼びかけ、焼却灰の一部を同社でリサイクルしております。平成26年度からは年間約700トンになっております。更に、全国都市清掃会議など市町村が集まる機会に同社の事業を紹介し、受注支援を行っております。ちなみに、九州エリアの市町村の会議で紹介した結果、5年間の契約につながった事例があります。これらの取り組みによりまして、三菱マテリアルでの処理は事業を開始した平成24年度の1,500トン、11市町村から、平成27年度の約1万トン、30市町村と年々増加しており、焼却灰の最終処分量の低減に貢献しております。一般廃棄物の処理責任を負う市町村にとりまして、焼却灰の安定的な処分は重点課題でありますが、全国的に最終処分場の設置が困難な状況は今後も続くことが想定されます。このため、焼却灰処理の一翼を担い、適正処理と資源化推進を実現するこの事業は、更に重要性を増すものと考えられます。三菱マテリアルの処理能力にはまだ余裕があります。本市としては、引き続き積極的に支援をしてまいりたいとこのように考えております。以上です。



○主査(中村義雄君) 長野委員。



◆委員(長野敏彦君) 時間の関係がありますので要望をさせていただきます。厚労省の平成26年度国民生活基礎調査概要によれば、一般家庭においては児童を抱えている世帯では67.1%の人々が生活が大変苦しいという結果が出ております。また、生活困窮世帯は常に全国平均で16.2%上回り、6人に1人が生活困窮世帯と言われており、本市も全国平均を上回る状況にあります。先ほど市長から答弁があったとおり、市がいろんな取り組みを通して、NPO等から高い評価を受けている内容の御報告がありました。私は、ひとり親家庭の支援は重要な課題となっておりますし、そのためには教育、生活、保護者の就労・経済支援の強化が必要となると考えております。とりわけ、女性のひとり親家庭の支援は、更に強めなければなりませんが、本市は引き続きひとり親家庭の経済的な自立を促進し、資格取得のための高等職業訓練促進事業、市独自の給付金、応援事業等に積極的に今後とも取り組まれますよう要望して、終わります。



○主査(中村義雄君) 森委員。



◆委員(森浩明君) 成人式についてお答えをいただきました。私たちの思いと同じだというふうに思っております。青年は、私たち大人といいますか壮年以上と違いまして、物すごいエネルギーを持っている存在だと思っております。そのエネルギーをどのように導いていくかということを、うまく私たちが伝えていくということも、大人としての大変大事な役割ではないかなと思っております。こういったことをしてはいけませんよという言い方、アプローチも一つだと思いますが、もう一方では、こういうやり方をしてはどうだろうかと、明るくてエネルギーが前向きに発揮できるよという言い方も一つではないかと思っております。来年の成人式に向かいまして、ぜひとも沖縄の事例も参考にしながら取り組みを進めて、一歩一歩やっていただきたいなと思っております。私たちも応援していきたいと思っております。

 もう一つ、循環型社会の形成についてもお答えをいただきました。この環境の中では、非常に、セメントの事業というのは優等生と言っていいかと思っております。これはメーカーですので、つくる部分ではあると思いますが、その後コンクリートという形で世の中で使われていくわけなのですが、その使われ方についても、今後、環境に配慮した製品というのがたくさんあると聞いておりますので、環境局はもちろん、建設局であったり技術監理室など、市を挙げてその使い方についても手伝いができることとか、環境首都を目指す北九州として取り入れることもあると思いますので、一緒に事業化が取り組めるところを見つけて、協力していただきたいなと、これも要望とさせていただきまして、終わります。



○主査(中村義雄君) 進行いたします。公明党。松岡委員。



◆委員(松岡裕一郎君) 私のほうからは、子育て世代包括支援センターについてお伺いをします。

 政府は、平成28年度予算案において、妊娠から出産、産後に至るまで、切れ目なくワンストップで総合的な相談支援を行う子育て世代包括支援センター、別名日本版ネウボラ、フィンランド語でアドバイス・相談の場との意味でありますが、この設置拡大を全国で進め、おおむね平成32年度末までに全国展開し、どの地域でも利用できるようにする方針であります。

 同センター設置の施策は、国会において我が公明党が国会質問や厚労相への要望で強く訴えたものでありますが、この国の施策にあわせて、本市が考え、目指している子育て世代包括支援センターとはどのようなものか、市長の御見解をお伺いいたします。



○主査(中村義雄君) 村上委員。



◆委員(村上直樹君) 政府機関の地方移転に係る提案についてお伺いします。

 国が東京一極集中の是正の一環として取り組む政府関係機関の地方移転に係る道府県等の提案募集に対して、本市の環境やモノづくり、アジア諸都市との太いパイプという優位性を生かした地方創生の取り組みを促進するため、福岡県を通して誘致提案を行ったと聞いております。

 このことは北九州市まち・ひと・しごと創生総合戦略に盛り込まれている、ロボット・自動車産業などリーディング産業の振興、環境・エネルギー産業の更なる振興、スマートシティ創造によるアジア規模の都市展開という政策パッケージにも沿うものであります。中でも環境省環境調査研修所の国際研修などの機能を誘致の候補として上げていますが、誘致を提案する理由をお示しください。



○主査(中村義雄君) 渡辺委員。



◆委員(渡辺徹君) 私からは認知症対策について。

 全国平均を上回る速さで高齢化が進む本市では、現在およそ4人に1人が65歳以上の高齢者であり、そのうちの7人に1人が認知症の症状が見られると推定されています。こうした中、本市では認知症の人やその家族を温かく見守り支える町を目指し、認知症サポーター養成に官民挙げて取り組み、政令市中トップクラスにまでなっています。

 今後、市長は、認知症サポーター10万人の達成を目指すとのことでありますが、認知症の人の多くは高齢者であることを考えると、例えば、孫の世代である小・中学生にもサポーターとして理解を深めてもらうこと、地域社会でともに過ごす時間をつくることで、認知症高齢者に元気を与えることができるのではないかと思います。

 そこで、2点お尋ねいたします。

 1点目に、小・中学生の認知症サポーター養成について検討してはどうかと考えますが、市長の見解をお伺いします。

 2点目に、認知症の人や家族の居場所づくり、悩み相談の場として認知症カフェの普及を目指していますが、誰もが足を運びやすく、親しみやすい名称をカフェにつけるべきと考えますが、市長の見解をお伺いします。



○主査(中村義雄君) 市長。



◎市長(北橋健治君) 松岡委員から、子育て世代包括支援センターについて御質問がございました。

 本市では、妊産婦等の皆さんにわかりやすく気軽に御利用いただけるよう、区役所の健康相談コーナー及び子供・家庭相談コーナーを組織の垣根を越えたワンストップの相談窓口として、妊娠期から子育て期にわたる切れ目のない支援を実施しております。妊娠期からの支援としては、例えば、妊娠届の際に保健師等の専門職が面接を行い、不安への相談対応や子育て支援の情報などについて説明し、若年妊娠などのリスクを抱える妊婦に対しては必要に応じ訪問等を行っております。このほか、定期的な妊婦健診の際、産科医などが妊産婦の心身の不調や家庭の問題等を察知した場合に区役所に通報し、区役所は当該世帯を訪問するなど必要な支援を行うハローベビーサポート北九州事業を行っております。また、出産後の支援としましては、生後4カ月までの乳児がいる全ての家庭を訪問するのびのび赤ちゃん訪問事業を行い、親子の状況を把握して適切な助言を行うとともに、必要な家庭には保健師が訪問するなどきめ細かに相談支援を行っております。更に子育て期の支援として、子育てに関する情報の提供、育児相談、ひとり親家庭の相談など、子育て家庭のさまざまな不安や悩みを受けとめ、安心して子育てできる環境づくりに努めております。

 一方、国におきましては、委員御指摘のとおり、妊娠期から子育て期にわたるさまざまなニーズに対し、専門職などが必要なサービスをコーディネートし、切れ目ない支援などを実施する子育て世代支援のワンストップ拠点として、子育て世代包括支援センターの全国展開をおおむね平成32年度末までに目指すこととしております。これは、従来からの本市の取り組みと軌を一にするものであります。今後、区役所の健康相談コーナー及び子供・家庭相談コーナーを本市の子育て世代包括支援センターと位置づけ、国の支援をいただきながら出生から子育て期まで切れ目のない支援を更に強化したいと考えております。具体的には、若年妊産婦や産後うつなど養育支援が必要な家庭に対し、育児専門の訪問指導員を派遣し、育児や家事などを実際に行いながら適切な援助を行う新たな支援を実施することにしています。また、市の医師会との連携のもとで、産前から産後間もない妊産婦などが育児について小児科医に何でも相談することのできるペリネイタルビジット事業の利用促進や、当該事業を通じて得られた情報を本市の育児支援に活用するなど、子育て支援の更なる充実に努めたいと考えております。今後とも、妊娠、出産、子育て期の切れ目ない支援にしっかりと取り組み、子育て世帯の皆さんが利用しやすく、さまざまな悩みに対してワンストップで対応できる、実効性のある子育て世代包括支援センターを目指してまいりたい、このように考えております。

 村上委員から、政府機関の地方移転について御質問がございました。

 市長に着任して作成いたしました本市の基本構想・基本計画、元気発進!北九州プランでは、世界の環境首都とアジアの技術首都を2つの都市ブランドとして打ち出しております。地方創生に当たりましても、この方向性を重視し、政府関係機関の地方移転に関し、昨年8月、提案資格者である福岡県を通じまして、本市は環境省環境調査研修所などの一部機能の移転について提案を行いました。お尋ねの環境調査研修所は、国及び地方公共団体の環境行政担当職員などの研修を行う環境省の機関であります。この提案は、本市がリードする環境、モノづくりの先鋭的な技術、ノウハウを生かしたアジア人材受け入れ育成拠点づくりを強化し、新たな人の流れを誘導するものであります。特に本市には、公害克服から環境未来都市に至る過程で培った知見や技術を生かし、1980年代から取り組んできた豊富な研修実績や卓越した人材があります。加えてスマートコミュニティ、ウォータープラザなど最先端の環境実証フィールドや、KITAといった実績のある国際研修機関なども擁しております。これらを最大限活用することで、国の国際研修の質的向上に寄与するとともに、本市の環境国際協力ビジネスにも弾みをつけることを狙いとしたものであります。提案後、国のまち・ひと・しごと創生本部事務局によるヒアリングや、関係省庁などとの意見交換が行われました。昨年12月、国から発表された政府関係機関の地方移転に係る対応方針において、環境調査研修所の国際研修等機能の移転が具体的検討を進める提案とされ、更に協議を進めてきたところです。その結果、本日開催されましたまち・ひと・しごと創生本部会合、本部長は安倍総理でありますが、ここにおきまして、政府関係機関移転基本方針が決定されました。席上石破大臣から、本市に環境調査研修所の研修拠点を設置することが発表されたところであります。今後は環境省と更に検討を進め、具体的な展開を明確にした年次プランを関係者と共同で作成することとなります。当面は、本市の特色を生かした国際環境協力基本研修や廃棄物リサイクル、専攻別研修などからスタートする予定でありますが、小さく産んで大きく育っていくことを期待しております。移転を機に、本市の取り組みとの相乗効果を図りながら新たな人の流れを創出して、地方創生を推進してまいりたいと考えております。

 渡辺委員から、認知症サポーターの養成について御質問がございました。

 高齢化の進展に伴い、認知症の人と家族への支援のあり方が問われております。認知症の人の列車事故に関する3月1日最高裁判決で示されたように、今後の社会では認知症にどのように向き合っていくかについて、全ての市民、国民、事業者がみずからのこととして考えていく必要があります。本市としては、認知症に対する市民の理解を深め、認知症の人とその家族を社会全体で支える地域づくりを進めていくため、今後もなお一層、認知症対策に取り組んでまいる所存であります。

 認知症の支援に当たりましては、委員御指摘のとおり、多世代で支えるという視点が大切であります。小・中学生が認知症について学び、認知症の人やその家族に寄り添う姿勢を育むことは大変重要な課題と考えております。現在、本市における認知症サポーター数は6万2,954人となっております。このうち、小・中学生については、小学生用及び中学生用の副読本が用意されており、校長会を通じて学校単位で養成講座の実施を呼びかけ、これまでに15校、約2,000人が受講しています。教育の現場では各分野からさまざまなテーマについての学習機会の提供が求められておりますが、その中でも認知症対策は超高齢社会に直面する我が国において、国民全体が共有すべき極めて重要なテーマであると考えております。今後、養成講座の取り組みを学校現場に広めていくことについて、教育委員会と鋭意調整を図ってまいります。また、地域において実施されているはい回模擬訓練では、小・中学生の参加を組み込んでいる例もあります。認知症サポーターとして訓練に参加した小学生が、はい回役の方に優しく声かけを行い、歩く道中を気遣いながら市民センターまで連れて帰ったという心温まるエピソードもお伺いしております。今後、学校以外でもこうした地域での取り組みの場や、親子を対象としたイベントなどのさまざまな機会を捉え、認知症サポーター養成講座の講師を派遣するなど、小・中学生を対象とした受講を積極的に進めてまいりたいと考えます。

 次に、認知症カフェについてお尋ねがございました。

 認知症カフェは、認知症の人やその家族が日常生活を送る上で、安心して過ごせる身近な場であります。また、それを支える地域住民や専門職と出会う場としたいと考えております。市内では現在8カ所で認知症カフェが開催されており、今後さまざまな担い手や運営方法により、数多くのカフェが全市的に展開されていくことを期待しています。このため、ことし2月25日、本市では初めての開催となる認知症カフェ講演会・情報交換会を行いました。この会には、介護・医療関係者や当事者団体など、定員を大幅に超える約160名の参加があり、認知症カフェの運営を考えている市民の関心の高さ、そして、当事者家族のカフェへの期待の大きさをひしひしと感じたところであります。また、情報交換会では、認知症カフェを普及し継続していくため、その課題について多くの意見が寄せられました。その中で、認知症の人や家族、地域住民など、多くの人に参加してもらうための周知、広報の方法が難しいのではないか、また、認知症カフェという名称では参加に抵抗がある市民もいらっしゃるといった声も上がっております。現在、市内で開催されている認知症カフェでも、例えば、オレンジカフェ、オレンジサロンなどの名称が用いられており、委員御提案のとおり、親しみやすい名称をつけることは、誰もが気軽に参加できるようにするための効果的な方法と考えます。4月にオープンする認知症支援・介護予防センターでは、認知症カフェのモデル設置やカフェマスターの養成など、運営ノウハウの情報提供を行うことにしております。その中で、カフェ運営のためのガイドラインを、老いを支える北九州家族の会や、認知症草の根ネットワークなどの当事者団体と協議しながら作成することにしており、名称の取り扱いについても検討を進めたいと考えます。認知症カフェが市民にとって親しみやすく身近に感じられる形で普及していくよう努力してまいります。以上であります。



○主査(中村義雄君) 松岡委員。



◆委員(松岡裕一郎君) 私のほうから要望をさせていただきたいと思います。

 先ほど市長答弁で、今ある各区の相談窓口を機能強化、更に充実していくということで、ぜひ進めていただきたいことと、子育て世代包括支援センターとして位置づけて、これを更に市民の方にわかりやすい周知とPRをぜひお願いして要望とさせていただきます。以上です。



○主査(中村義雄君) 村上委員。



◆委員(村上直樹君) 決定に向けた可能性であるとか見通しを聞こうかなと思っていたのですけれども、けさの情報を聞いて私もびっくりしたところなのですけれども、一安心しているところかと思うのですけれども、今後の展望についてお聞かせいただければと思います。



○主査(中村義雄君) 市長。



◎市長(北橋健治君) 環境省の環境調査研修所の研修拠点が設置されることとなりました。今後、環境省と更に検討を進め、平成28年度内に、具体的な展開を明確にした5年、10年程度の年次プランを作成することとなります。このため、北九州市やKITA、JICA、地元企業、地元大学などの関係団体が参加する協議会を設置し、研修拠点の受け皿づくりに着手してまいります。その上で、北九州市立国際村交流センターの中に研修拠点が整備される予定であります。こうした事前準備を行いまして、ことしの秋以降、日中韓3カ国合同環境研修や国際環境協力基本研修といった国際研修が実施される見込みであります。今後とも本市が地方創生の総合戦略で掲げる、アジアからの人材受け入れ育成拠点の形成に向けまして、積極的に取り組んでまいりたいと考えております。



○主査(中村義雄君) 村上委員。



◆委員(村上直樹君) ありがとうございます。先ほど市長も述べられていましたけれども、環境未来都市である本市の強みを生かしたポテンシャルであるとか、そういった強みを踏まえた上での今回の決定であったのだろうというように思います。更なる地方創生の推進に向けた弾みがつくものだというように期待をしております。以上です。



○主査(中村義雄君) 渡辺委員。



◆委員(渡辺徹君) 先ほどの市長の答弁、大変ありがとうございます。積極的にとか、本当にそういった取り組みを加速させるということで、温かい言葉をいただいたのですが、我々も議員として地域に入って、いろんな御要望を聞くと、まずやはり認知症家族としては、認知症の理解不足、そういったことに対する、御本人も大変奇異な目で見られたりするのですが、やはり長年にわたって介護家族の方は、介護疲れですね、また、御本人も。やはり家族が心身ともに負担になっているというのが現実で、中には家族自体がどうなるのだろうと。1人の母親がそういう事例になって、その面倒を見る娘さん、父親はちょっとそれで具合を悪くして働けなくなり、働き手は息子さん1人で、その4人の面倒を見ているという、大変厳しい状況に陥っている方もいたりしますので、こういう認知症というのは社会全体で、市長もJRの事件があったときの判決を聞いてどう思うかということで、社会全体で共存していく、そして共生していくということが大事、それを真剣に考えて北九州市も取り組んでいきたいということをお話しいただきましたが、やはりどう早く気づいてあげるか。早目早目の対応をすることで、そういった方たちも家族も安心できるのではないかと思いますので、ぜひ、そのサポーターを充実していただくのと、また、先ほども話がありましたけれど、推進協議会での有識者の方も、名前、名称に関しては認知症カフェというのではなくて、もう少し温かみのある、皆さんがそういう悩み、相談ごとがあるのにも、行って話し合える場所づくりのためにも、名称をしっかり考えてほしいという意見がありますので、ぜひ引き続き頑張っていただきたいと思います。これは要望で終わります。以上です。



○主査(中村義雄君) 進行いたします。日本共産党。荒川委員。



◆委員(荒川徹君) 私のほうから、まず1点目に、市立病院の経営形態について、お尋ねしたいと思います。

 市長は、本会議の答弁の中で、市立病院を独立行政法人化する方向を示しました。現在、本市の市立病院は地方公営企業法の全部適用を受けて、事業管理者を置いて運営しております。

 昨年8月には、市立病院のあり方検討会議を設置し、ことしじゅうをめどに、経営形態を含めた新公立病院改革プランの策定に向けた検討を行っております。この検討会議は、あくまでも市として、今後の市立病院のあり方について検討するための参考意見を受けるためのものであるというふうに聞いております。

 ところが、3月2日の本会議で、市長が独立行政法人化に向け明確な方向を表明したことは、病院局が行ってきた検討会議の位置づけ等と異なるものであり、議会軽視と言わざるを得ません。

 現在、本市の病院事業は、地方公営企業法に基づいて病院事業管理者を置き、地方公共団体から独立した立場で病院経営に責任を持たせるとともに、必要な権限を付与して事業運営に当たらせているはずであります。

 しかし、分科会の議論で、市の枠組みの中で人事や財務、契約などにおいて、病院事業管理者が非常に大きな制約を受けていることが明らかになりました。

 病院局長は、独立行政法人化する理由として、こうした事業管理者に対する制約を取り払うことが必要だというふうに述べましたが、事業管理者を縛っている市長が、そういった制約を取り払うことをせずに独立行政法人化の意向を表明することは、おかしいのではないかというふうに思います。

 現在の地方公営企業法全部適用という中で、市立病院が市民の医療ニーズに応え、北九州市の地域医療において期待される役割を発揮することができるように、事業管理者がその責任のもとに与えられた権限を十分発揮することができるよう配慮すべきであります。

 また、病院局はあり方検討会議について、独立行政法人化ありきではないと繰り返し説明してきましたが、それを覆す今回の唐突な独立行政法人化の発表は、市議会をないがしろにするものであります。

 そこで、これまでの説明どおり、拙速に独立行政法人化という結論を出すのではなく、議会や市民の意見を聞いて慎重に対応すべきであると考えますが、以上、市長の答弁を求めます。

 次に、精神障害者への交通費割引制度の適用について尋ねます。

 平成24年7月に、障害者基本法の定義からも、身体障害及び知的障害と同じく精神障害にも交通費の割引制度を適用すべきという観点から一般乗合旅客自動車運送事業標準運送約款が改正されました。しかし、現時点では、交通事業者による割引は実施されておりません。

 これまで市は、西鉄バスやJR九州などに対し、精神障害者の社会参加を促進するために、交通費の割引制度の導入を要請してきたと聞いております。この4月から、障害を理由とした差別の解消を推進し、共生社会の実現を図ることを目的に制定された障害者差別解消法が施行され、行政機関等及び民間事業者は差別的取り扱いの禁止が義務づけられることになります。法に基づいて国は、民間事業者向けに対応指針を策定したということであります。

 そこで、精神障害者への交通費割引制度の実施について、市として民間事業者に強く働きかけることを求め、市長の見解を尋ねます。



○主査(中村義雄君) 大石委員。



◆委員(大石正信君) 次に、私のほうから、子供医療費助成の拡充について伺います。

 ことし10月から通院費助成対象年齢を小学6年生まで拡充し、小・中学生の入院の自己負担をなくし、所得制限の全廃と現物支給の提案は、これまで改善を求めていたものであり、今回の助成対象の拡大等の事務作業がふえることなどを考慮すれば、賢明な選択です。

 そこで、2点質問します。

 第1に、自己負担の導入についてお尋ねします。

 これまで、通院は3歳から就学前まで無料でした。ところが、今回の提案は、3歳から就学前まで新たに自己負担が導入されました。また、新たに拡大された小学6年生までの通院に月額1,200円の自己負担が盛り込まれました。市長は子供1人当たり6万4,000円の負担軽減につながると試算し、保護者にとって経済的効果は大きいと答弁しました。しかし、3歳から就学前までの時期は、当局の試算でも明らかなように、病院への受診件数を比べてみると、中学時の2.5倍、小学時までの1.2倍となっており、り患率が高く、医療費負担も大きなものがあります。そのために、この時期の子供の医療費無料化は決定的に重要です。

 本市は、政令市で最も低い市民所得であり、子育て支援は、どの都市よりも率先して強めるべき施策であると考えます。新たな負担増となる自己負担の新設について再考を求め見解を尋ねます。

 第2に、通院での拡大が小学校卒業までにとどまったことについて伺います。

 他の政令市の通院費助成は、2015年12月時点で、中学3年までが9市であり、そのうち、本市と同様に県の補助率が4分の1である千葉市は中学3年まで、県の補助がない静岡市と浜松市も中学3年まで通院費を支給しています。また、本市と隣接する自治体では、みやこ町が18歳まで、行橋市と苅田町が中学3年まで助成をしています。子育て日本一を掲げる本市こそ、対象を中学3年生まで拡大すべきです。見解を尋ねます。

 次に、八幡図書館解体の中止について伺います。

 新病院の準備工事のために八幡図書館解体の費用3,600万円が計上されていますが、拙速に解体工事を進めるべきではありません。市内外から、解体するなの声が高まっています。4月17日には東京のグループ、景観と住環境を考える全国ネットワークと村野藤吾と産業遺産のまち・八幡たてもの応援団共催のシンポジウムが開催されます。

 来年度から国が実施する近現代建造物緊急重点調査事業の調査が終わらないうちに、八幡図書館を壊してしまっては取り返しがつきません。戦後を含む我が国の近現代建造物は、国際的に高い評価を受けているが、文化財としての保存の措置がほとんど講じられておらず、これらの保護のため、緊急かつ重点的に取り組む調査です。文化庁の担当者は、文化財じゃないからと壊されては困ります。知らない間に壊されることを避けたい。東京オリンピックに向けて評価を後追いでは困ると述べています。

 更に、八幡図書館の移転解体問題の発端となった旧尾倉小学校跡地を新病院の建設予定地とした経緯、及び八幡市民会館の廃止と八幡図書館の解体決定に至る情報を不開示としたまま図書館を解体することは許されません。解体せずとも準備工事を進めることは可能ではないでしょうか。答弁を求めます。以上です。



○主査(中村義雄君) 市長。



◎市長(北橋健治君) 荒川委員の市立病院の経営について御質問にお答えをいたします。

 市立病院のあり方につきましては、国のガイドラインを受けて、改革プランを策定するため、昨年8月、地元医師会、薬剤師会などの医療関係者、学識経験者、公認会計士、市立病院利用者などの外部の有識者で構成する市立病院のあり方検討会議を立ち上げ、白紙から検討をスタートいたしました。検討会議では、第1回におきまして、現在の診療報酬制度に対応するためには機動的な人員の採用や、病院業務に精通した事務職員の育成が必要であること、また、患者のニーズに迅速かつ柔軟に対応するためには、病院現場が予算執行などについて裁量権を持てる仕組みが必要であることなど、経営形態に関する意見が多く出されたことから、まずは経営形態のあり方を中心に議論を進めることにいたしました。

 第2回以降は、地方公営企業法の全部適用、地方独立行政法人、指定管理者制度、民間譲渡という4つの経営形態につきまして、制度の違い、メリット・デメリットなどの比較検討を行い、既に独法化している他都市の先進事例などについて、関係者を招き理解を深めてきました。その中で、既に独法化している他都市の先進事例を見ると、メリットとしては政策医療をしっかりと提供しつつ、職員採用の自由化、意思決定の迅速化、契約方法の多様化などにより、経営改善を実現している多くの事例が確認できました。具体的には、必要な医療スタッフの配置や事務職員の専門性の向上などによって、診療報酬が効率的に確保されたほか、職員のモチベーションや患者満足度が向上するなどの効果が見られました。一方、デメリットとしては、独法化に伴って、人事や給与に関する事務量が増大する傾向が見られました。こうした経緯から、医療センターと八幡病院の両院長を初め、構成員の皆さんの独法化に対する期待が高まり、第4回の会議では、医療センターと八幡病院については、地方独立行政法人化に向けて準備を進めるべきとの結論に至ったところであります。御指摘のあった地方公営企業法の全部適用については、現在病院局に事業管理者を置き、できる限り柔軟な事業運営をさせておりますが、どうしても地方自治法、地方公務員法などによる法令上の制約があることは事実であります。また、病院局は市の組織の一部でありますから、人事や給与などについて他の部局との均衡を図る必要があるということも御理解いただきたいと思います。今回の本会議の答弁は、そうしたことを総合的に勘案し、市立病院の経営形態は待ったなしの状況の中で、独法化に向けた準備を進めていきたいという市長としての独法化への決意を表明したものであります。独法化に当たりましては、準備期間におおむね2年程度かかると見ており、この過程の中で、例えば定款や中期目標の策定など、議会の議決をいただきながら、段階的に進めていくことになります。準備に当たりましては、議会や職員の意見を聞きながら、丁寧に進めていく所存であります。御理解を賜りたいと思います。

 次に、精神障害者への交通費割引制度の適用についてお答えいたします。

 西鉄バス、JR九州など、公共交通機関における精神障害者への割引制度導入に向けまして、西鉄バスに対しては、福岡県、福岡市と共同で本社を訪問し、繰り返し要請を行ってまいりました。また、JR九州に対しても、早期導入に向けて、九州の各県知事及び政令指定都市市長連名の要望書を出しております。こういった要望に対し、西鉄バスからは収益減少が想定され困難である、自治体において減収分を助成する制度を検討してほしいとの回答が示され、JR九州からは国の費用負担で実施すべきと考えているとの認識が示されております。一方、本市におきましては、市営バス、モノレールでの割引のほか、精神障害者が就労支援施設等に通所する場合に交通費の一部を負担する交通費助成事業を実施し、精神障害者の社会参加の促進を図ってきたところであります。

 交通事業者の営業範囲は広範囲に及びます。また、精神障害者の公共交通機関の利用エリアも、1つの自治体内とどまらないことから、割引制度導入の実現のためには、広域的な取り組みが必要であります。全国組織の精神障害者の家族会におきましても、ことし5月、精神障害者の交通運賃に関する国会請願の提出を予定していると聞いています。この3月15日には、国会議員への要請活動や、精神の障害関係団体と合同で記者会見を行うなどの活動を展開しているということであります。本市としても、大都市衛生主管局長会や大都市民生主管局長会におきまして、他の大都市と共同で国へ要望を行っているところであります。今後とも精神障害者の社会参加の促進に向け、割引制度の導入に向けた交通事業者への要請や国への要望活動などに粘り強く取り組んでまいります。

 大石委員から、子供医療費助成について御質問がございました。

 これまで多くの議員、会派からこの医療費助成制度についての要望がなされ、県におきましてもことし10月から制度を見直すこととなります。このため本市としても、同じく10月から、通院医療費の助成対象を小学6年生まで拡充したいと考えており、自己負担のあり方についても他の都市の動向を踏まえつつ、慎重に検討を進めてまいりました。その結果、通院の自己負担については、3歳以上就学前は、1医療機関当たり月600円を上限とし、新たに拡充する小学生は、月1,200円を上限とするものであります。委員からは、自己負担の導入を再考すべきという御指摘でありますが、制度の拡充に当たりましては、持続可能で安定的な制度とするための財源の確保が必要と考えております。このため、今回の見直しに当たって、3歳以上就学前についても新たな負担を求めることとした上で、県の800円より低額の600円とし、更に保護者の負担感を少しでも軽減するため、平成31年3月までは経過措置を設け500円としています。また、小学生については新たに通院助成の対象とすることで、6学年分で約10億円と、多額の経費が必要となるため、県と同額の自己負担とする一方で、入院について小・中学生を今回新たに無料とすることで、出生から中学校卒業まで負担なしとしているところであります。このように制度設計に当たって、でき得る限りの努力をしております。

 次に、通院助成の対象を中学3年生まで拡大すべきという御提案でありますが、その場合、更に3学年分の経費が必要となり、県の補助対象は小学6年生までのため、全額一般財源で賄う必要があります。このようなことから、中学3年生までの拡充は難しいと考えています。なお、今回の県の制度改正では、県内60市町村のうち、約7割が通院の助成対象を本市と同じ小学6年生までとする見込みであります。また、20の政令市におきましても、過半数の11市が小学6年生までか、それ以下となっております。その他、今回の見直しでは所得制限を廃止し、市民にとって、より使いやすい制度とするため、小・中学生に対する現物給付もあわせて行います。今回、本市が新たに小学生を通院助成の対象とするなどの見直しを行い、出生から中学3年生までをトータルで見ますと、子供1人当たり約6万4,000円の負担軽減につながると試算しております。保護者にとって経済効果は大きいと考えております。この制度の拡充によって子育て世帯の負担を和らげ、子育て支援の更なる充実を図りたいと考えております。

 八幡図書館解体について御質問がございました。近現代建造物緊急重点調査事業は、国際的に高い評価を受けている近現代建造物について、文化財としての保存措置がほとんど講じられていないことから、本年度に創設されました。この調査は国が主体となって行うもので、国、県、市の指定文化財及び未指定建造物も対象になると聞いておりますが、具体的な調査内容、期間も定まっておりません。

 一方で八幡病院は、救急医療、小児医療、災害医療など、地域の基幹病院としての役割を果たし、施設の老朽化、狭あい化が進み、一部耐震基準を満たしていないといった施設面での課題があります。市民の命にかかわることから、一刻も早く充実した施設で医療を提供したいと考えております。そのため、ことしの秋から始まる本体工事の前に、5月からは造成工事や仮囲いの設置などの準備工事を予定しています。現図書館解体後の跡地は、基礎工事のための大型設備の設置や建設資材の加工場などとして、常時有効に活用することにしております。仮に解体を延期しますと、工期どおり工事を進めることに支障を来します。したがって、予定どおり本年4月の図書館移転完了後には解体したいと考えております。

 なお、文書開示請求に係る件につきましては、現在、情報公開審査会において不開示とした理由や開示すべき情報の範囲について審査を行っておりますが、施設予定地や周辺施設の廃止、解体に関することなど、政策の是非について審査するものではないと考えております。以上です。



○主査(中村義雄君) 荒川委員。



◆委員(荒川徹君) まず、民間交通事業者に対する精神障害者への割引制度については、引き続き強く要請をしていただきたいということを要望しておきたいと思います。

 市立病院の経営形態について、再度お尋ねします。まず、私がお尋ねしたのは、これまで常任委員会でも繰り返し議論をしてきた中で、病院局のほうから、あくまでも検討会議で検討された結果というのは参考意見であると。それをもとに、その報告を受けて判断をするということで、初めに独立行政法人化ありきということではありませんということを繰り返し答弁されました。その議会との関係についてどのようにお考えなのか、市長にお尋ねしたいと思います。



○主査(中村義雄君) 市長。



◎市長(北橋健治君) 先ほど答弁いたしましたとおり、丁寧に関係の識者と鋭意検討を深める中で、その方向性を出したということであります。



○主査(中村義雄君) 荒川委員。



◆委員(荒川徹君) それでは説明になっていないと私は思います。引き続き質問させていただきますが、市長は昨年、あり方検討会議が設置された際に、医療は市民の命を守るという意味で、最も大切なテーマの一つであると。その中でも、小児医療、救急を含む救急、周産期、感染症といった、いわゆる政策医療は市立病院の大切な役割であり、本市としても財政面を下支えしながら運営しているというふうに述べられました。そして、私は分科会でも指摘をしましたが、本市の病院事業というのは地方公営企業法に基づいて事業管理者を置き、地方公共団体から独立した立場で、それだけの裁量を持って病院経営に当たっているということだというふうに思います。先ほどのお話では、そういう、いわゆるアローアンスというか、裁量権がないので独立行政法人化するというふうに言われましたけれども、本来、全部適用というのはそういう趣旨だと思います。

 そういう中で、今回あえて独立行政法人化をしないといけないということを、これまでの議会への説明を破って、覆して決定したということを表明するというのは、非常に信義に反するというふうに思いますし、説得力を持っていないというふうに私は思います。

 そういう意味で、改めてここで市長にお尋ねをしているわけです。



◎市長(北橋健治君) 局長のほうから、これまで議会に対してこの経過をどう説明したのか、責任者から答えさせます。



○主査(中村義雄君) 病院局長。



◎病院局長(吉田茂人君) これは8月にあり方検討会議を設置しますという時点から委員会等で御説明をさせていただいておりますが、その際に、もともと経営改革プランを策定せよという国からの要請がありまして、そのほかに経営形態を含む改革プランです、幾つかある中でこれができました。そして、検討会議がある都度、報告はさせていただいております。



○主査(中村義雄君) 荒川委員。



◆委員(荒川徹君) 私は、経過報告がなかったとかいうことを言っているわけではないんですよ。そもそも、あり方検討会議で出された結論を受けて、市のほうで判断をして、経営形態も含めて、どういうふうにするかということを考えるというふうに説明をしてこられた中で、今回のこういう発表の仕方というのは、議会へのこれまでの対応と違うのではないかということを言っているわけですよ。



○主査(中村義雄君) 病院局長。



◎病院局長(吉田茂人君) 今回、第4回目のあり方検討会議で準備を進めるべきではないかという御意見をいただきまして、それを受けて、今後、議会や職員の声も聞きながら、最終的には判断をさせていただきたいと、このように私は申し上げたわけです。



○主査(中村義雄君) 荒川委員。



◆委員(荒川徹君) 先ほど独立行政法人化には2年くらいかかるというふうにおっしゃいました。2年後に何があるのか、市長としてのお考えをお尋ねしておきたいと思います。



○主査(中村義雄君) 市長。



◎市長(北橋健治君) 質問の趣旨がわかりません。



○主査(中村義雄君) 荒川委員。



◆委員(荒川徹君) 検討会議の結論を受けて、それから仮に独立行政法人化するというふうにしたとしても2年かかるとおっしゃったわけですが、今、この時点で、準備に入る2年後という意味は、何かあるのかということをお尋ねしているのです。



○主査(中村義雄君) 市長。



◎市長(北橋健治君) 独法化の議論という、公立病院の経営形態という



○主査(中村義雄君) 時間がなくなりました。

 進行いたします。維新の会。平原委員。



◆委員(平原潤君) 学生服のリユースについてお尋ねします。

 現在、市内の中学校・高等学校のほぼ全てにおいて学生服が採用され、通学かばんや体操服等も指定されています。

 そのほとんどを入学時に購入することとなるため、入学金や通学定期券の購入など他の出費と重なり、重い負担に戸惑う家庭も少なくないのではないかと考えます。

 一方で、現在の中・高生は、十分な環境教育を受けた世代でもあり、本市が環境先進都市であることを誇りに思う生徒も多く、環境意識の高い生徒も少なくないと思います。

 そんな中での選択肢として、リユースの学生服を用意できないかと考えますが、市長の見解をお伺いします。



○主査(中村義雄君) 市長。



◎市長(北橋健治君) 市内では、中学校で約8,900人、高校で約8,300人の学生が卒業しております。それにあわせて不要となった制服やかばんが発生することになります。

 市立中学校の制服の価格は、冬服上下で男子が1万8,000円から4万円程度、女子が2万3,000円から5万円程度であります。家計の負担も少なくありません。このような状況から、民間レベルで、制服のリユースを進める動きがあることは承知しております。

 本市では現在、古着を回収して自動車の防音材にリサイクルする事業を推進しておりますが、古着をそのまま衣類として使用するリユースの方が、環境にとってよりすぐれた取り組みであります。このため、回収した古着の中でリユースできるものを選別し、再度衣類として使用する仕組みとなっております。また、環境ミュージアムでは、市民が不要になった子供服を持ち込み、必要な方に提供するリユースコーナーを設けております。そのほか、小学校や中学校などで開催されるバザーや民間団体によるフリーマーケットにおいて古着が販売されるなど、衣類のリユースが進められております。このような衣類のリユース、リサイクルの取り組みは既にあるものの、現実としては家庭ごみの約7%、年間約1万3,000トンが廃棄されております。

 今回、制服のリユースの取り組みについて、教育委員会や市内の学校から直接聞き取りを行ったところ、市立中学校では多くの学校が3年生の保護者に対し、不要となった制服、体操服、通学バッグなどの提供を呼びかけて、学生や保護者などからの申し出に応じて貸し出しなどを行っております。また、PTAによるバザーの際に、制服や体操服が出品されており、制服がリユースされる仕組みは既にあります。更に、高校では38校のうち34校でリユースする仕組みがないことがわかりました。

 今後の取り組みでありますが、制服のリユースについての御提案をいただいたわけでありますが、まずは市立中学校に既にある仕組みを更に進めるためにはどのような対応が効果的であるか、また、ほとんど取り組みがない高校へのアプローチをどうするのか、また、民間レベルで始められている取り組みはどのような内容なのか、また、支援が必要かどうかなど、調査してみたいと考えております。

 リユースはごみの減量化には有効な方策であります。現在、見直しを進めている北九州市循環型社会形成推進基本計画においても、リデュース、リユースの2Rを優先しながら、3Rの取り組みを行うことを新たに加えることで審議が進められております。御提案の内容につきましては、今後調査研究してまいります。以上です。



○主査(中村義雄君) 平原委員。



◆委員(平原潤君) ありがとうございます。私も子供がおりまして、3人目が今度高校に入りました。このときの負担が、やはり想定している以上にいろいろなものがプラスアルファ、部活動だとか柔道着だとか、そういったところまでいくとかなり負担があるのです。かなり親御さんは無理をしていらっしゃる家庭も恐らく多いのだろうというふうに思っております。逆に子供のほうは、そういう親を見て申しわけないという思いがあったりするのではないかなというふうに思っています。この取り組みが本当に広まって、誇りを持ってお古を選択できるというところまでいくと一番いいのかなというふうに思っていますので、どうぞ検討よろしくお願いいたします。



○主査(中村義雄君) 進行いたします。みんなの北九州。佐藤委員。



◆委員(佐藤栄作君) 私からは、年長者いこいの家の利用についてお尋ねいたします。

 公共施設マネジメントでは、今後、年長者いこいの家については、原則として市での建てかえ、新設は行わず、市全体で地域コミュニティーの拠点のあり方について議論を進め、地域の実情を勘案しながら、施設の移譲や市民センターへの集約化などを検討するとされています。

 しかしながら、現在、施設の利用に当たっては、おおむね60歳以上の使用とし、使用料を無料とする原則があります。施設が移譲され、地域の自由な市民活動の拠点として、自立した形で管理運営されるためにも、使用料の徴収や幅広い世代の利用を認めることが必要と考えます。将来、公共施設マネジメントで施設移譲を進めていく中で、そうした制約を緩和して、民間活力の導入を図るべきではないでしょうか。見解を伺います。



○主査(中村義雄君) 市長。



◎市長(北橋健治君) 年長者いこいの家は、地域の高齢者の教養向上、レクリエーション活動、憩いのための場、心身の健康保持を目的とした施設であります。市内に173館が設置されております。施設の管理運営については老人クラブなど、当該地域を主たる活動エリアとする団体などで構成される年長者いこいの家運営委員会が行っております。

 委員御指摘のとおり、施設の利用に関しては、市の運営方針として利用者はおおむね60歳以上の者、利用時間は午前9時から午後6時までという原則を定めておりますが、現実的には、各地域では例えば、盆踊り、餅つきなど、子供から高齢者まで多世代が集うイベントや、自治会の会合など夕方以降の利用など、地域の実情に応じた柔軟な運営が行われております。

 年長者いこいの家は、公共施設マネジメント実行計画において、新設、建てかえは行わないこと、また、地域への移譲の検討など大きな方向性を示すことといたしましたが、地域コミュニティー施設としての年長者いこいの家の位置づけは、それぞれの地域によって大きく異なるものと考えております。このため、来年度から順次、保健福祉局、区役所の職員が各地域に入っていきまして、当該地域のコミュニティーのあり方に留意しつつ、各いこいの家の利用状況や維持管理状況などの実態の把握、地域のニーズに応じた今後の活用方針の確認を行いまして、その上で施設の移譲や集約化に向けて計画的、段階的に地域住民との意見調整や財産管理上の整理などに着手したいと考えております。

 年齢や使用料などの制約の緩和による利用対象者の拡大や、民間活力の導入による運営の効率化という視点は、本市の公共施設マネジメント方針と合致するものであります。委員御指摘の点については、地域とよく相談の上、丁寧に検討を進めてまいります。以上であります。



○主査(中村義雄君) 佐藤委員。



◆委員(佐藤栄作君) 非常に前向きな御答弁をいただきましてありがとうございました。今、60歳以上とか使用料無料という原則がある中で、実態として柔軟に活用されているというのは、私も把握をしているわけですけれども、やはりそれでも稼働率の問題を考えると、より柔軟に使っていったほうが稼働率を向上させることができるというふうに思っておりましたので、こういう質問をさせていただきました。

 年長者いこいの家は、今は年間6万円の補助金を出して、施設は無料で運営するということになっております。しかし、6万円では電気代など諸費用で基本的にはなくなってしまいます。結局、無料で使える状態を維持するために、地域がお金を出して維持しているという現状があります。そのため、老朽化しても、無料だから貯蓄がなくて手を入れられないという状況にあるわけです。つまり実態としては、現状の運営計画は破綻していると言ってもいいのではないかなというふうに思っています。

 しかし、この無料の規定を外し、少なくても稼ぐことが可能になれば、自立した形での地域による維持、管理、運営は可能になるのではないかなというふうに考えています。これはあくまでも、全ての施設ではなくて、やはり地域の実情にあった場所であると思いますけれども、そういうことが可能になるというふうに思っています。私が考えている民間活力の導入というのは、無料の規定を外して地域がお金を取って、例えば、貸し室事業をしたりとか、営利の事業、例えば、カラオケ教室とかヨガ教室、体操教室、又は講演会などをやってもいいという形にするというものであって、稼ぐ視点というものも取り入れるというところであります。また、いこいの家は公園と一体的に利用されているという抜群の環境にあると思っています。公園は子供からお年寄りまで幅広い世代が利用するパブリックスペースであります。使い方次第では、今まで以上に地域に必要とされるコミュニティー施設となるポテンシャルを十分に有しているのではないかなというふうに思っています。このように、地域に移譲する前にやることがあるだろうというのが私の考え方であります。まずは移譲する前に、どこか1カ所くらい社会実験をしてみて、本当に移譲後に地域が自立した形で維持管理運営費用を賄えるのか、運営ができるのか、というところを実証してみる必要があるのではないでしょうか。

 そこで、そのツールとして、北九州市が今、全国的にも注目を集めており、誇るべきリノベーションスクールというものがあります。このリノベーションスクールを活用して、民間の知恵をかりてみてはどうかなというふうに思います。リノベーションスクールでは、現在リノベーションによる公共施設の有効活用の事業提案もされております。リノベーションスクールを活用すれば、これまでの行政の発想ではない、クリエーティブなアイデアがきっと出てくるのだろうというふうに思っております。そこで、年長者いこいの家を次回のリノベーションスクールの題材にしてみてはどうかなというふうに思います。また、実証実験を今後検討してみてはどうかというふうに思いますが、市長の見解を伺います。



○主査(中村義雄君) 保健福祉局長。



◎保健福祉局長(工藤一成君) 委員御提案のリノベーションスクールを検討してみてはどうかということでございますけれども、まだ私どもの勉強不足で内容を把握しておりませんので、申しわけありません。ただ、委員がいろいろ御提案いただきましたことにつきましては、この公共施設マネジメントの中で、私ども、市長が御答弁申し上げましたように、局の職員、あるいは区役所の職員が、各地域に個別に入ってまいります。実態を見る中で、今現在も広くコミュニティー施設として使われているという実態もありますし、今の約束事というのは老人クラブ等、地元と協議した上でつくっている約束事ではありますけれども、今後これを見直していくということを、このプロセスの中で行っていきたいというふうに思っておりますし、委員御提案のリノベーションスクールの適用につきましても、その中で検討していきたいというふうに思っております。実証ということですけれども、これにつきましては職員が地域に入っていく中で、その地域を具体的に見ていきますので、その中でおのずと実証という行為も行われるというふうに考えております。以上です。



○主査(中村義雄君) 佐藤委員。



◆委員(佐藤栄作君) ありがとうございます。実態を把握する中で、その活用方法等を考えていただけるということで、ぜひやっていただきたいのですけれども、リノベーションスクールみたいに本当に外部の方から、民間の第一線でいろいろと活躍をされている方とか、そういった方々もおられますので、ぜひ、いこいの家にしても、そういう外部の方からの意見もぜひ取り入れていただいて、今まで以上に地域に必要とされる、そして市民の自由な活動の拠点となるような使い方をしていただきたいと思います。あと、これから公共施設マネジメントを進めていくわけですけれども、やはり少子高齢化とか人口減少、社会全体が縮小していくという局面の中では、今までの使い方ではいけないと思っています。やはり公民が連携をして、少なくとも稼ぐという視点は、これから重要だというふうに思っておりますので、全ての施設がそういうことができるとは思いませんけれども、できる可能性があるところはさまざまな意見を取り入れて、有効に活用していただきたいなと思います。そして、そういう公民連携、民間活力の導入、そういったところを踏まえて、今の公共施設の価値の最大化を図っていく必要があるというふうに思っておりますので、ぜひともよろしくお願いいたします。以上で終わります。



○主査(中村義雄君) 以上で市長質疑を終わります。

 次回は3月25日午前10時から、分科会報告の取りまとめを行います。

 本日は以上で閉会します。



                              閉会 午後2時35分





会議の経過

              平成28年度予算特別委員会市長質疑記録

         第3分科会(教育水道委員会及び経済港湾委員会所管分)

                                    開会 午後3時20分



○主査(桂茂実君) 開会します。

 議案第1号のうち所管分、4号から6号まで、9号、12号のうち所管分、15号、17号、19号、21号、23号から25号まで、28号、44号及び45号の以上16件を一括して議題とします。

 ただいまから市長質疑を行います。

 質疑時間は2時間程度となっております。質疑の持ち時間は、維新の会、ふくおかネット及び地域の声は11分、その他の会派は22分でお願いします。

 質疑は大会派順に行います。なお、答弁は着席のままで受けます。

 質疑に入ります。自由民主党。日野委員。



◆委員(日野雄二君) 市長におかれましては大変お疲れのところであろうと思います、最後の第3分科会。3月19日には、誕生日を迎えられて63歳になられて、そのお祝いのメッセージは、お届けできなかったことをまずおわびして、きょうがそのメッセージということで、ちょっとだけ厳しいかもしれませんけれども、質問をさせていただきます。

 まず、関門海峡ミュージアムの展示更新について。

 観光の振興は、地域の活性化や雇用機会の増大などの効果が期待できることから、地元経済の発展にとっては極めて重要であります。

 本市が指定を受けた国家戦略特区においても、国内外の交流・インバウンドの拠点の形成が掲げられており、国内外からの観光客の増加とにぎわいづくりの推進は、平成28年度予算においても大きなテーマであります。

 そのような中、平成15年度に開館した関門海峡ミュージアムは、現在、門司港レトロ地区の観光地としての価値を高めるため、外国人観光客への対応として多言語による案内を可能にし、広く観光客を呼び込めるよう展示の更新が計画されています。

 そこでお伺いします。

 当該施設は、本市と県が共同で建設した施設ですが、展示更新に当たって、県に対してどのような協議を行っているのか、また、どのような施設を目指しているのか、お伺いいたします。

 次に、めかり山荘跡地整地工事と和布刈観光について。

 門司港レトロ地区・和布刈公園一帯に関して、本市は折に触れ、関門景観条例や北九州市都市景観条例に基づき発言を行っているにもかかわらず、和布刈地区の道路状況、大きなタコ型遊具がある潮風広場や和布刈塩水プール、運送会社跡地などを見てわかるように、整備が行き届いていません。また、めかり山荘跡地に上がる道路や樹木は、ほとんど管理されていない状態であります。めかり山荘についても、事業を引き継ぐ業者が決まるまで解体はしないように、私は求めてまいりました。既に閉館後4年が過ぎ、今になって跡地整地工事とは、何の目的があるのかわかりません。

 めかり山荘については、平成22年度に公募を行い、優先交渉権者を決定していたものの、当該事業者は大震災の影響等を理由に辞退。その後、改めて事業者を公募し、投資ファンド会社が優先交渉権者となりましたが、平成26年8月、本市は資金調達に確信が持てないと判断し、交渉権を取り消した経緯があります。

 和布刈地区に観光客を呼び込むためには、国が推進している文化財の活用や、コンセプトや将来像をしっかり示した上で、めかり山荘跡地を含め、ノーフォーク広場、世界平和パゴダ、和布刈神社や遊歩道などを組み合わせ、一体的に整備すべきと考えますが、見解をお伺いします。

 また、門司区民を初め市民から愛される和布刈地区にすべきと考えますが、見解をお伺いします。以上です。



○主査(桂茂実君) 市長。



◎市長(北橋健治君) 関門海峡ミュージアムの展示の更新について御質問がございました。

 関門海峡ミュージアムは、海峡をテーマとして、平成15年に本市と福岡県が共同で設置した施設であります。近年は、約46万人前後の観光客が訪れる門司港レトロの主要な観光施設の一つであります。運営は本市が行っておりますが、展示の更新や大規模な改修は、建設当初から協議の上、2分の1ずつ経費を負担することになっております。

 リニューアルに向けた取り組みですが、施設の展示内容などについては、開館当時のままであることから、今後一層の集客増を図るためにも、リニューアルが必要との共通認識を北九州市、福岡県ともに持っております。このため、福岡県とは従前から事務レベルでの勉強会を実施しており、平成26年度には全国の観光施設のリニューアル事例を調査するなど、施設のあり方について検討を行ってまいりました。また、福岡県に対する提案書、いわゆる県要望におきまして、平成26年10月には、新規の項目として関門海峡ミュージアムの新たな活用策の検討を掲げ、平成27年10月には、最重点項目として提案をさせていただきました。私自身、昨年の5月に福岡県知事と対談した際に、関門海峡ミュージアムのリニューアルは、県と共同で取り組む課題の一つとして提案し、知事から活用策についてはしっかりと勉強して取り組んでいきたいとの回答をいただいております。このような中、今年度は、福岡県と共同で有識者会議を開催しました。門司港レトロ地区のみならず、関門エリア全体の魅力向上に寄与する施設としてのあり方を検討していただきました。会議の中では、子供や家族が楽しめる体験型機能を充実させるなど、展示内容の見直しへの意見のほか、旧大連航路上屋との連携による一体的な活用、また、門司港駅から施設までの動線の整備など、西海岸地域の魅力向上や回遊性の向上、また、夜間景観の向上などによる関門連携の一層の推進、更に、SNSなどを活用した広報、宣伝の強化など幅広い意見をいただいております。来年度は施設の今後のあり方について、福岡県と共同で基本計画を策定することとしており、来年度当初予算に約1,900万円を計上いたしております。なお、基本計画の策定に当たりましては、市民、議会の御意見等を十分に考慮してまいります。

 今後も、福岡県との連携を一層密にして、この基本計画策定を踏まえまして、関門海峡ミュージアムの多言語案内等により、外国人観光客の更なる誘致と、観光客や市民からも愛される魅力的な施設にしていきたいと考えております。現在、門司港レトロ地区では門司港駅の改修工事も進んでおります。これからも、観光施設のリニューアルやイベントなどの見直しを進めることで魅力を高め、観光地としての更なる飛躍に努めてまいります。

 次に、めかり山荘跡地について御質問がございました。

 瀬戸内海国立公園の一部である和布刈地区のにぎわいづくりは、門司港レトロ観光まちづくりプランの中でも主要な施策の一つに位置づけられ、さまざまな検討を行いながら事業を進めております。このプランの中では、和布刈地区を関門海峡の歴史や眺望を生かした公園として再整備することや、民間活力を生かした飲食、物販など、観光施設の整備について取り組むエリアと位置づけております。これまで、門司港レトロ中心地区のにぎわいを和布刈地区にも波及させるため、門司港レトロ観光列車の運行による回遊性の向上や、終点の関門海峡めかり駅付近の公園整備などに取り組んでまいりました。また、和布刈地区での観光客の滞在時間を延ばすため、展望台や観潮遊歩道、サイクリングロードの整備など新たな魅力づくりや、民間投資の誘発にも努めてまいりました。今後も、和布刈公園全体の環境整備を行いながら、まちづくりプランに掲げた飲食・物販施設などの具体化に向けて、可能性のある民間事業者に積極的に働きかけてまいります。なお、めかり山荘跡地につきましては、宿泊施設の誘致や情報収集に努めてまいりましたが、宿泊施設の経営を希望する事業者が見当たらないことから、当面は、休憩スペースや広場として、既設の公園と一体的に活用できるよう整備することといたしました。

 委員御指摘のとおり、和布刈地区には、その雄大な海峡の景観のみならず、ノーフォーク広場や世界平和パゴダ、無形民俗文化財の和布刈神事が行われる和布刈神社など、観光地として高いポテンシャルを持っております。門司港レトロ事業を進めていく上で、和布刈地区の磨き上げによる魅力向上は不可欠であると考えます。門司港レトロ観光まちづくりプランを策定して7年が経過し、状況も変化しつつあります。このため、このまちづくりプランの強化策を改めて検討した上で、観光客から人気があり、市民からも愛されるような観光スポットになるよう取り組みを進めてまいります。以上であります。



○主査(桂茂実君) 日野委員。



◆委員(日野雄二君) 御答弁ありがとうございます。

 第2質問を行いますけれども、今の市長のお話の中では、よく県と連携して、関門海峡ミュージアムはここまで進めてきているんだろうと思いますが、観光客の減少、施設の魅力がどこまであるのかということを考えると、早急に急ぐべきだろうと。早急も急ですから、急ぐと2回言いましたが、北九州市民の皆さんに、まずは市民の方に来てもらえるような広報の充実、市民割引、それから旧大連航路上屋との連携、これは先ほど市長も言われましたけれども、それ以外に、門司港レトロ倶楽部を初めボランティア団体にもしっかり働きかけを行い、今は、ほとんどのイベントが野外ステージで行われていますが、イベントを少しでも、海峡ドラマシップ、旧大連航路上屋のほうにシフトしていただけるようなこともやらなければならないと思いますので、これは要望としておきます。

 そんな中、関門海峡ミュージアムのパンフレットや案内表示は、一体何カ国語を用意しているのか。多言語で案内があるのはわかっておりますが、これをなぜ私が言うかというと、台湾の方に中国語のパンフレットを渡したら捨てるんです。台湾語ではないとだめなんです。そういうことがあるので、今後どういうふうに考えているのか、まずそれをお聞かせいただきたいのと、めかり山荘の整地工事の事業と観光についての第2質問は、めかり山荘は長く国民宿舎として、門司区民や修学旅行生などから愛されてきた施設であります。運営は、北九州市観光協会が、門司港レトロの港ハウスのレストランとあわせて、両方見ていたわけでありますが、めかり山荘解体によって、その営業権が奪われ、港ハウスのレストランは、もともと少し赤字でありましたから、もう経営ができなくなってやめざるを得なくなった。めかり山荘がなくなって、また門司港レトロの中心にある港ハウスのレストラン、一番大きなレストランですが、それも空いていますよね。そもそも、めかり山荘をやめたことに、私自身は、なぜ後が決まらないのにやめるんですか、解体しないでいいじゃないですか、お別れイベントは1年、2年、3年と続けてもいいじゃないですかと、私は市長に言ったつもりであります。

 そんな中、下関の火の山の国民宿舎はリニューアルして、今まで以上に魅力的な施設になっている。一方、和布刈の国民宿舎は、建てかえができない、国は認めないという理由で、一般企業に公募をかけるということになって解体になった。総理のいる県では、別物なのですか。市長のお考えをお聞かせください。



○主査(桂茂実君) 市長。



◎市長(北橋健治君) 多言語対応の質問でございますが、関門海峡ミュージアムにつきましては、まずパンフレットでありますが、英語と、それから中国は2種類、簡体字、繁体字と呼んでおりますが、台湾の方と、中国本土の方に2種類用意しております。あと韓国語を用意しているところです。案内表示ですが、英語、中国語の簡体字、韓国語を併記しております。このほか、スマートフォン、タブレットを使いまして、昨年9月ですが、お手持ちのそういうツールを使って無料で利用できる英語、中国語、韓国語の館内音声ガイドも整備いたしまして、海外からのお客様を迎える体制を整えました。今後についても、多言語対応など、海外からのお客様、旅行会社の声を聞き、可能な限りニーズに応え集客増につなげていきたいと考えております。

 次に、めかり山荘、国民宿舎の建てかえを断念すべきではなかったという趣旨の御質問でございます。当時、昭和38年に開業して50年近くになっておりまして、設備が老朽化をして、部屋にトイレ、お風呂がないといった課題を抱えておりまして、建てかえが避けられない状況でありました。一方、国は行政改革の一環といたしまして、国、地方自治体の公的な宿泊施設の新設を禁止いたしまして、既存施設については早期の廃止又は民営化する方針を出しております。また、市の企業会計・特別会計経営改善委員会におきましても、国民宿舎事業は民間事業者へ移譲して、対応できない場合は廃止するという報告がなされておりました。めかり山荘跡地につきましては、こうした方針に沿って、宿泊施設を含む民間事業者の公募に鋭意努めたのでありますが、事業者が見当たらず、当面は安全対策をした上で、既存の公園と一体的に活用という道を選ばざるを得なかった、そういう経過がございます。



○主査(桂茂実君) 日野委員。



◆委員(日野雄二君) 山口県と下関のことは答弁がなかったというわけでありますが、言いにくい部分でしょうが、目線を変えると、観光客の宿泊の割合が、確かに平成23年から平成26年の間、伸びてはいるのです。12.2%から14%。ところが、門司港地区においても観光客は伸びてはいるんです、10万人ぐらい。ところが、和布刈地区は、平成23年が21万人で平成26年は13万人です。約半分とは言いませんが、そこまで落ち込んでいるのは、めかり山荘を解体して、めかり山荘の後が進まないから。また、和布刈にあっためかり会館、釜風呂もなくなり、いろんなものがなくなり、魅力がないから。ノーフォーク広場に行っても何があるのだろう。私は、行き交う船を見るだけでも、その眺望だけでもすばらしいと思うのですが、座って見る施設もあまりない。どんなアイデアで和布刈地区との連携をするのか。実は、私が平成20年9月、和布刈地区と門司港レトロ地区の連携について、平成21年9月、決算特別委員会でめかり山荘と和布刈周辺整備の現状と今後についてと、平成20年から言い続けている。平成21年12月定例会の本会議では、和布刈地区との連携、これも言っているんです。その都度やりますという答えが返ってきて、観光客はここまで減ってきて、今の市長の答弁の中で、はっきり言ってそれがかなうのだろうか。門司港レトロ全体の観光客も、やはり和布刈にかかっていると私は思っているのです。あのタコ公園周辺の整備について、これは所管が別かもしれませんが、公園ですから、観光を考えるとき産業経済局としてどう考えているのか、もう一度聞かせてください。



○主査(桂茂実君) 市長。



◎市長(北橋健治君) 本市の観光施策を再構築する過程で、関東方面のいろんな世論調査なども行っております。そこで改めて、北九州のいい印象、魅力的なエリアについて関門地域、門司港レトロ地域が一番となったわけであります。これまでもいろんな調査で、本市を代表する観光地でありましたけれども、改めて遠く離れた東京地方の人たちもそう思っているということであります。この点、和布刈地域は今、委員御指摘のように、あの景観はまことにすばらしく、そして歴史のロマンにあふれております。そのために、今、私ども、まずはこの山荘跡地ということで取り組んだわけでございますが、残念ながら今のところ民間事業者が手を挙げてくれない状況でありますが、しかし、塩水プール、あるいはこのトロッコ列車の終点地域、あるいは神社周辺の遊歩道、サイクリングロード、そして、あのノーフォーク広場については、これからのてこ入れによって、更に魅力的なゾーンに変わり得るし、それが関門、レトロ全体の観光振興の大きな柱になり得ると自分は期待をしておりますので、委員からの御指摘も踏まえまして、これからの関門地域全体の、和布刈を含めた観光振興について、関係各界の御意見も聞きながら、しっかりと努力を続けていきたいと思っております。



○主査(桂茂実君) 日野委員。



◆委員(日野雄二君) 最後に要望としておきますが、関係各位の意見はこれも大切でありますけれども、議会と、それから各区にある区政協議会というものもありますし、そういうところの意見をしっかり聞いた上で、いろんなことを行動していただきたいということを強い要望として終わります。



○主査(桂茂実君) 進行いたします。ハートフル北九州。大久保委員。



◆委員(大久保無我君) 私からは、市民所得の向上についてお伺いいたします。

 本市の市民所得は政令市の中で15位である一方、平成27年12月の有効求人数は1万9,705人、有効求職者数は1万5,606人で、有効求人倍率は1.26と高い水準となっています。

 しかし、求人は介護などのサービス関係の職種が多く、平均所得が他の職種より低いとされています。このため、求人数が多いにもかかわらず職を求めている人との組み合わせができず、慢性的な人手不足状態にあるとのことです。介護のヘルパーや保育士などは、その仕事内容が厳しく責任が大きい割に、平均給与にも達しない状態であり、資格を持っているにもかかわらず、その職種につかない人が多いと言われています。

 CCRCなど地方創生で地域が元気になるには、介護、保育士などの職種の待遇を厚くしたり、非正規社員を正規化するなどして、雇用の安定化と市民所得全体を向上させていかなければならないと考えます。市長は新成長戦略の推進について言及し、その中で市民所得の向上の重要性を言われています。

 そこで、このたび改訂が行われる新成長戦略の今後5年間で、本市の市民所得の向上について、いかなる道筋を考えているのかお伺いいたします。



○主査(桂茂実君) 三宅委員。



◆委員(三宅まゆみ君) 私からは、2点質問させていただきます。

 まず、北九州市の奨学金についてです。

 昨今子供の貧困が社会問題化しており、手取りの所得が一般的な水準の半分以下しかない世帯の18歳未満の子供の割合は16.3%で、6人に1人が該当します。子供の貧困は進学との関連も高く、生活保護世帯に属する子供の大学や短大などへの進学率は31.7%で、全体の半分以下となっています。

 厳しい経済状況の家庭で進学を希望する場合は、奨学金が頼みの綱でありますが、本市の奨学金制度は、高校で利用できる奨学金と短大、大学、大学院と限定されており、専門学校は利用できないことになっています。確かに専門学校は多様な形態がありますが、例えば、看護師や保育士など、即社会に出て働ける資格を得るための学校も多くあり、一定のルールのもと、専門学校への進学にも利用できるようにすべきと考えます。見解を伺います。

 次に、高校、大学と続けて奨学金を利用した場合の返済については、大学を卒業してから半年後から、借りた期間の3倍の期間で同時に返済することとなっていますが、これでは負担が大きくなり、返済ができなくなったり、社会人になって貧困に陥るか、それ以前に、そもそも大学等への進学を諦めてしまうのではないかと思います。返済期間なども含め奨学金の返済方法の見直しができないか、見解を伺います。

 続いて、若松区の外国人観光客対策について伺います。

 大型クルーズ船の誘致など、今後外国人観光客の著しい増加が期待されますが、大型クルーズ船の観光客の約2割から3割は、オプショナルツアーに参加せず、自由に観光を楽しむようです。また、何よりも500名から1,000名いるともいわれる乗組員が、短時間の休憩時間に下船し、近場で食事をしたり、町を散策したりすると聞いています。

 このため、特にひびきコンテナターミナルのある若松区での受け入れ体制をしっかり整えておくべきと考え、数点伺います。

 まず、船が到着してすぐのおもてなしの場所はどこを予定しているのか伺います。

 次に、シャトルバスを用意されると思いますが、ぜひ若松区の幾つかの場所をつなぐようなルートをつくっていただきたいと思います。

 また、若松の中心市街地での臨時案内所や休憩所も必要ではないかと考えますが、見解を伺います。

 また、早目に商談会を開催し、商店街なども含め地元の振興につながるようにしたり、観光やグルメマップ、メニューの多言語化などにも取り組んでおくべきと考えますが、見解を伺います。

 加えて、港も含めたWi−Fiの整備も必要と考えますが、見解を伺います。以上です。



○主査(桂茂実君) 市長。



◎市長(北橋健治君) 大久保委員の市民所得に関する御質問にお答えをします。

 新成長戦略での市民所得は平成32年度を目標年度として、戦略策定時の政令指定都市15位から中位を目指しております。本市の市民所得は、平成26年度の納税義務者1人当たり課税対象所得額で302万9,000円であります。昨年度と比べ3万7,000円の増であり、平成23年度以降上昇してきております。

 新成長戦略においては、これまでも企業誘致などの直接の雇用を生み出す事業に加え、労働生産性を上げることで企業が収益を上げ、賃金や雇用がふえるよう好循環につながる取り組みを進めてまいりました。新成長戦略の改訂版では、今後5年間の取り組みの中で、国家戦略特区の規制改革メニューやまち・ひと・しごと創生総合戦略の支援制度も活用して、製造業、サービス産業などの生産性を高め、市民所得の向上に結びつけていきたいと考えております。

 具体的には、幾つかございます。まず、中小企業振興条例に基づく中小・小規模企業の競争力の強化、第2に、市内のサービス系とモノづくり系企業が研究交流を通じて生産性向上の成功体験を共有する取り組み、3つは、スタートアップネットワークの会や人材確保などを通じた創業の支援、4つは、学研都市を中心とした産学官連携の促進による市内企業の成長の支援、5つは、本社機能や研究開発拠点誘致による高度人材の雇用促進、6つは、中小製造業や物流、食品、介護などの新たな分野においてのロボット導入による生産性向上支援、7つは、Wi−Fiの整備、免税店の周知拡大などのインバウンド対策の拡充、8つは、北九州スタジアム、ポップカルチャー関連施設、エリアマネジメントなどを生かした新たな集客関連産業の振興、9つ、SNSの活用などによるサービス産業の生産性向上や販路の拡大、10、中小製造業に対するマーケティング、商談機会の創出など海外ビジネスの支援、11、若者ワークプラザ北九州の運営や若年者正規雇用創造チャレンジ事業など若者の正規雇用化につなげる取り組み、こうしたことなどを強化していきたいと考えております。

 新成長戦略ではこれらの施策の推進によって、地域経済活性化、市民所得の向上、新たな雇用につながる経済の好循環を生み出す取り組みを進めてまいります。経済情勢には、為替や石油価格の変動など外部要因も多々あるわけですが、今後とも地元の若者・女性の雇用や正規雇用につながる仕事をつくり出すことに力を入れてまいりたいと、このように考えております。

 三宅委員から、若松区の外国人観光客対策について御質問がございました。

 近年のアジアにおけるクルーズ需要の増大を背景に、クルーズ船で入国する外国人の旅行客は増加傾向にあり、九州への大型クルーズ船の寄港が大幅に増加しております。このため、ひびきコンテナターミナルでクルーズ船を受け入れることを昨年決定し、同ターミナルにおいても1,000人を超える乗客を乗せた大型船の寄港を想定しております。受け入れに際しては、観光ルートの開発や観光客のショッピングに当たっての環境整備などが重要であります。庁内関係部署による検討を鋭意行うとともに、地元関係者などと連携して体制づくりに取り組んでおります。

 おもてなしのイベントであります。寄港時におけるおもてなしイベントの実施は、港のにぎわいを創出し、クルーズ船に対して歓迎の意を表するもので、有意義なものと考えております。おもてなしイベントの実施場所については、トレーラーや荷役機械が走行しており、危険でありますから、コンテナターミナル内での実施は難しいと考えています。このため、観光ルート上の主要な施設などでの実施を検討いたします。

 また、団体バスツアーに参加しないクルーズ客の市内の散策や、休憩時間を利用した乗組員の下船などに活用してもらうため、シャトルバスを用意するようにしております。行き先については、時間的な制約などもあり、若松区内が中心になると考えておりますが、具体的なルートについては、船会社などの意向を確認するとともに、地元でのショッピングがより多く行われるように調整をしてまいります。あわせて、臨時案内所や休憩所の設置についても、船会社などの意見を聞きながら、ニーズに沿った対応を行うようにしたいと考えます。

 なお、九州へ寄港する大型船の主流となっております中国発着のクルーズ船につきましては、現在は買い物が主な目的となっておりますが、今後観光などに重点を移すなどの変化も想定されます。このため、このような動向も注視しながら、受け入れ体制づくりについて鋭意適切に対応してまいります。

 受け入れ環境の整備に関連して、外国人観光客の誘致に当たりましては、市内での滞在を楽しんでいただけるように、多言語での情報提供を初め、受け入れ環境の整備が重要であります。そのため、市において多言語に対応した各種の観光パンフレットや、優待特典つきウエルカムカード、市内免税店を紹介した免税店マップを作成するなど、外国人観光客の利便性の向上に努めております。また、昨年9月に開設した市の観光ウェブサイト、ぐるリッチ!北Q州に英語版を導入し、その中で市内の観光施設や、飲食店などさまざまな情報を発信しております。

 団体バスツアーの誘致であります。海外からのクルーズ船の寄港については、寄港地からの団体バスツアー取扱旅行社に対し、本市の観光ルートを提案したり、ツアー担当者を本市に招き、市内観光地などの視察を実施するなど、ツアー誘致の取り組みを進めております。今後は、クルーズ船の寄港状況を踏まえ、団体バスツアー取扱旅行社と、市内の飲食店や観光施設、商業施設などとの商談会を行い、営業活動をサポートしたいと考えます。

 一方、団体バスツアーに参加しないで自由に観光を楽しむクルーズ客や乗組員を取り込んでいくため、各エリアで多言語での商店街マップの作成や、メニューの多言語化などを図ることが重要であります。現在、市内でも特に外国人観光客が多く訪れております小倉都心部の商店街組合や商業施設とともに、外国人観光客の受け入れに関する勉強会を実施しており、一部の商店街において、多言語放送や多言語マップの作成などに取り組んでおります。今後は若松区の商店街などに対しましても、まずは説明会を開催し、クルーズ船、クルーズ客受け入れに向け、マップの作成、メニューの多言語化など、事例の紹介を含め、情報提供を行いたいと考えております。

 Wi−Fiの環境であります。Wi−Fiについては現在、NTT西日本と連携し、希望する飲食店、商業施設などが低料金で加入できるKitakyushu-City Free Wi−Fiを提供して外国人観光客が多く立ち寄るエリアを中心に加入促進に努めております。今後は、若松区の商店街などにも積極的に働きかけ、環境の整備を進めてまいります。また、クルーズ船寄港時における港でのWi−Fi対応につきましては、乗組員に対し臨時での対応を検討しています。具体的な内容については、クルーズ船の寄港数や船会社の要望などを踏まえ、寄港時に不便を感じないよう対応を検討します。

 今後クルーズ船の寄港が、港だけでなく地元の活性化につながるように、各種受け入れ環境の整備を進めてまいります。以上です。



○主査(桂茂実君) 教育長。



◎教育長(垣迫裕俊君) 市の奨学金制度についてのお尋ねでございます。

 まず、専門学校の生徒を対象にしてはという点でございますが、大学奨学金につきましては、国の奨学金制度として、日本学生支援機構が行う奨学金制度が、専門学校を含めて、全国的に大規模な貸付枠を有しております。年々充実が図られてきております。一方で、本市の大学奨学金は、同機構の奨学金を補完する制度として位置づけ、運営しているものでございます。現在、大学の奨学金を受ける学生の大多数が、日本学生支援機構の奨学金を受けているという実態でありますために、専門学校についても、まずは同機構の奨学金を利用していただきたいと考えているところであります。

 御提案の専門学校でありますが、全国で約2,800校、県内で約140校余り、そして市内に約30校余りございます。専門学校を市の奨学金の対象にすることにつきましては、まず、専門学校は多種多様な学校が数多く設置され、それぞれ修業年数や学費等も異なるために、対象校の範囲をどうするか、また、貸付枠をふやすには新たな財源が必要であること、こういった課題がございます。しかしながら、御指摘のように、専門学校の奨学金に対するニーズもあることから、現在の大学の新規の貸付枠の範囲内で、専門学校の一定の貸付枠を設けることができないかについて、今後検討させていただきたいと思います。

 もう1点、返済方法の見直しでございます。本市教育委員会で実施しております奨学金制度は、経済的な理由で大学等での修学が困難な者に対して、修学に必要な学資金を無利子で貸し付け、大学等を卒業して6カ月間経過後、貸付期間の3倍以内の期間で返還することとしておりますが、高校と大学の奨学金を受給した場合に、確かに大学卒業後に両方の奨学金の返還が始まるということになります。

 御指摘の返済方法の見直しでありますが、まず、本市の奨学金と本市以外の奨学金とをあわせて借りた場合の返還の調整については、非常な困難が予想されます。一方で、本市の奨学金を高校と大学で続けて借りた場合につきましては、確かに市奨学金は過去に貸し付けた貸付金の返還金を原資として運営しているということがございます。また、システム改修の費用、あるいは改修に要する期間などの課題もございますが、一方で、返還者の負担軽減という観点も当然ございます。したがいまして、今後どのような方法があるか検討してまいりたいと思います。以上です。



○主査(桂茂実君) 大久保委員。



◆委員(大久保無我君) 2回目の質問をさせていただきます。

 市民所得の向上についてでありますけれども、市長のほうから、労働生産性の向上は規制改革で行う、また、具体的な方法も、競争力の強化や創業支援といったものも示されたわけでありますけども、生産性が上がることで、確かに1人当たりの所得というものはふえていくと思うのですけれども、同時に、生産性が上がると人手が少なくて済むということで人手が余ってくるという部分、それが新たな需要を発生させて、そこに労働力が移って、全体的な経済の成長につなげていくということにしていかなければならないと思うのですけれども、そういった意味では、生産性の向上と同時に、新たな雇用の創出という部分が不可欠になってくるのではないかというふうに思います。その具体的な話の中にも、創業の支援とか競争力の強化、マーケティングの支援とかあったのですけれども、こうしたことを行うことができるのは、やはりビッグデータ等の活用ではないかなというふうに思うのですけれども、アイデアのある企業がこうしたビッグデータを活用したいと思っているかもしれませんし、こうした情報の活用が新たな産業の創造につながっていくのではないかというふうに思います。平成25年9月の議会で、市長はこのビッグデータについて、行政が保有する信頼性の高い基礎データの民間開放、オープンデータ、企業が保有する顧客情報など、社会や市場に存在する多種多様の情報、ビッグデータを組み合わせて革新的な新産業、サービスを創造することが重要というふうなお話をされております。本市においても、こうした情報資源に着目して、スマートシティ勉強会やオープンデータ活用検討会を立ち上げましたということであります。これの現在の進行状況について教えていただければと思います。



○主査(桂茂実君) 産業経済局長。



◎産業経済局長(西田幸生君) ビッグデータの活用につきましては、私ども新産業の担当部門で、市役所の中のデータ、また、企業が持っているデータを有効に活用できないかという勉強会を今続けてやっているところでございます。それをどう活用するかについては、まだ今のところ、具体的な、こういうふうに使おうというところまではいっておりませんので、もうちょっと待っていただき、少し方向が出ましたら、また御報告させていただきたいと思っております。以上でございます。



○主査(桂茂実君) 大久保委員。



◆委員(大久保無我君) 新成長戦略は5年間しかありませんので、この中でぜひビッグデータの活用を、もちろん市もこの重要性は十分把握していると思いますし、こうした情報をうまく生かす方法を、ぜひ民間企業と力を合わせてつくり上げていただきたいと思います。以上です。



○主査(桂茂実君) 三宅委員。



◆委員(三宅まゆみ君) 北九州の奨学金については、どちらも検討していただけるということでございます。ありがとうございます。実態に合わせた形で、ぜひ市民の方が利用しやすい奨学金にしていただきたいのと同時に、直方市ではこの4月から、それこそハートフル奨学金という給付型のを開始したということでございます。まさしく北九州のお株をちょっと奪われた感があるのですが、本市においてもできることならば、やはり、特に高校生なんかは、給付型を少し創設してはどうかというふうに思いますが、市長、この点の奨学金についての見解をぜひお聞かせいただきたいと思うのですが。



○主査(桂茂実君) 市長。



◎市長(北橋健治君) 奨学金制度は、私の学生時代の40数年前もありましたけれども、この間見ていて、すごくたくさんの人が利用するようになっている。そして、その返済のために、若いときは給料もそう高くないと思います。大変苦労が多くなって、このままではもう、奨学金のために若い世代がますます苦労するということが社会問題化してきたという、この点に時の流れを今感じております。ただ一方において、財政的にもこういう事情でございますだけに、気持ちはこの奨学金問題について、一歩踏み込んだ対応も考えねばいけない時にきているのですが、どうでしょうか、国のほうでもずっと検討してきていると思うのです。国も県も市も、それぞれの立場で検討しているのですが、きょう言えることは、その奨学金の返済も含めて、奨学金のあり方というのは、非常に重要な現代的な課題であると認識をして、更に勉強、研究を重ねていきたいということであります。お時間をおかしいただきたいと思います。



○主査(桂茂実君) 三宅委員。



◆委員(三宅まゆみ君) ありがとうございます。地方創生の関係で、奨学金の新しい制度を少し国のほうも考えているということであります。できれば自治体として、特に北九州は格差がかなりありますので、子供たちの未来のために、少しでも進学を希望される子供たちが、できるような、そんな状況をつくっていただきたいと思います。以上です。



○主査(桂茂実君) 進行いたします。公明党。木下委員。



◆委員(木下幸子君) 最初に、農林水産業の振興策について2点お伺いします。

 本市の農林水産業については、生産者の高齢化や後継者不足の深刻化、生産物価格の低迷、耕作放棄地や放置竹林の増加など、その取り巻く環境はますます厳しさを増しております。その中で、農林水産業振興計画が策定され、平成23年度から平成27年度までを計画期間とし、取り組みが進められてまいりました。

 計画では、最終目標として、農林水産業者の所得向上、環境首都を実現する農林水産業の振興の実現が上げられており、本年度末で終了することとなっておりますが、計画の目標である所得の向上、農林水産業の振興については、どのような成果が得られたのかお伺いします。

 また、平成28年度以降の次期振興計画の策定の見通し、重点的に進める取り組みについてもお伺いします。

 2点目に、農業分野で働く障害者を支援するため厚生労働省は、28年度予算で、農業と福祉の連携を促す、農福連携による障害者の就農促進事業1億1,000万円を計上しております。この事業は障害者の施設に農業技術や6次産業化に向けた指導、助言のできる専門家を派遣するほか、農産物や加工品の販売会を開催する施設に対して支援を行うものであります。派遣する専門家にはJA関係者やベテラン農家さんらを想定しており、販売会の開催を通して、障害者の働く力や農業のよさを発信するとともに、障害者の職域を広げ、働くことで収入増を目指す一方、農業分野の担い手不足の解消にもつなげようとするものであります。

 本市においては、この農福連携はあまり進んでいないとのことでありますが、障害者の職域拡大、農業分野の担い手不足解消のためにも、本市も注力して取り組んでいくべきと考えますが、見解を伺います。

 次に、生徒の将来につながる特別支援学校の作業学習の必要性についてお伺いします。

 本市の特別支援学校高等部は8校あり、それぞれが現在作業学習に年間総時間数105時間から490時間を費やして、将来の自立や社会参加に向けたきめ細やかな就労支援を進めているとお聞きしております。

 就労支援に当たっては、進路指導主事のほか、就労支援コーディネーターや就労支援専門家を配置・活用し、生徒一人一人の特性や才能や能力を見出し、引き出し、その上で、社会人、職業人として生活していくのに必要な態度を身につけさせ、更に、働く喜びや意欲を高めていると聞いております。このことは、本人はもとより保護者の大きな願いでもあります。具体的な作業学習の内容は、時代のニーズを的確に捉え、生徒の将来に向けた有効なものであるべきと考えます。

 そこで、本市のこれまでの作業学習の状況と成果及び課題についてお尋ねいたします。

 3点目に、長期欠席となっている児童生徒への対応についてお尋ねします。

 本市の市立小・中学校の児童生徒数は、平成25年度から平成27年度の3年間で、小学校は4万8,983人から896人減り、中学校は2万4,272人から415人も減りました。少子高齢化の波は着実に押し寄せてきていると感じます。

 一方、長期欠席となっている児童生徒数は、小・中学校とも微増しており、出現率は高くなっております。その上、長期欠席の理由が病気や不登校ではなく、その他の理由による児童生徒数が大幅にふえているのが特徴的であり、見逃せないと考えます。

 これまでも教育委員会は、欠席の児童生徒、とりわけ長期欠席となっている児童生徒には、丁寧な対応を行っていると聞いておりますが、特に、その他の理由による長期欠席者の状況と対応及び成果、また、今後の取り組みをお尋ねいたします。以上です。



○主査(桂茂実君) 市長。



◎市長(北橋健治君) 木下委員の農林水産業の振興についてお答えをいたします。

 本市では、平成23年8月に農林水産業振興計画を策定いたしました。それに沿って、その振興に取り組んできたわけであります。その中で、優良農地の確保や集積、藻場などの生産基盤の整備を行い、研修などを通じた経営感覚にあふれた生産者を育成し、豊前海一粒かき、若松潮風キャベツなどのブランド化などの振興策に取り組んでまいりました。その結果、市内農林水産業全体の生産額の減少が、振興計画に着手した5年前から下げどまり傾向が見られ、農業者、漁業者が減少しているにもかかわらず、農業生産額では約40億円、漁業生産額では約27億円前後を維持しており、この現在の計画による振興策を実施してきた成果であると考えております。

 一方、国におきましては、昨年10月、TPPの大筋合意を受けて、次世代を担う経営感覚にすぐれた担い手の育成や、国際競争力のある産地づくりイノベーションの促進などの各種の取り組みを展開することとしております。また、本市においては、地方創生や連携中枢都市圏などへの対応も求められており、担い手の確保や安定した生産体制づくりなどともあわせ、取り組んでいく必要があります。

 これらの状況を踏まえ、平成28年度からの5カ年を計画期間とする新たな農林水産業振興計画の素案を策定し、市民意見の募集を終えたところであります。現在、提出された御意見を整理した上で、3月末の計画策定を目指しております。重点的に取り組む内容でありますが、次期計画では、女性や若者が誇りを持てる産業と市民から愛される産地を目指して、まず、高付加価値化、販路開拓など農林水産物の戦略的支援を初め、農林水産物やその加工品の輸出などによるマーケットの拡大、新規就農者研修など女性・若者の活躍支援、試作品製造や商品開発など意欲ある生産者の新事業展開の支援、生産性を高めるほ場、漁場などの基盤整備、このように18の重点テーマを定め、さまざまな施策に取り組むことにしています。こうして、新しい農林水産業振興計画の最終目標である農林水産業者の所得向上、市民に新鮮で安全・安心な農林水産物の提供、市民や地域から共感される農林水産業、こうした目標の実現に向けて最大限の努力を続けてまいります。

 次に、障害者の就農促進、農福連携について御質問がございました。

 農業と福祉の連携については、農林水産省や厚生労働省が連携し、農業分野での障害者就労を目指す取り組みを行うなど、近年注目されております。本市では、平成26年度から、障害者の就農の可能性を検討するため、総合農事センターにおいて、農業技術職員の指導によって計9回、延べ32名に対し、花や苗の植えつけ、野菜の種まき、サツマイモの収穫などの農作業体験を実施しております。また、農業を通じた健康増進やリハビリの一環として、平成27年度から耕作放棄地解消園芸リハビリモデル事業を実施しております。障害者施設からの応募はなかったものの、応募のありました高齢者施設と連携して、ブロッコリーの植えつけや、サツマイモの収穫に取り組んでおります。市内では、北九州農協や農業法人、農業者が軽度の障害者を雇用し、野菜や花きの種まき、水やり、収穫、袋詰めなどの作業を行っているケースがあります。

 一方、農業は季節や天候に左右される産業であります。障害者にとって、夏場の暑い時期や冬場の寒い時期の作業は過酷なものであります。また、障害者施設の就業規則では、作業時間が制限されており、夏場の日中の農作業などは対応できないことも考えられるなど、幾つかの課題もあります。しかしながら、農福連携には、農業者の高齢化や担い手不足などによる農業分野の労働力不足を、障害者が農に携わることで補うとともに、障害者の雇用や就業訓練の場を農業者が提供するなど、互いに多くの利点があり、それぞれの課題解決につながります。次期農林水産業振興計画では、高齢者や障害者向けの園芸療法として、耕作放棄地の活用も検討していくことにしています。今後も国の動きを踏まえ、県や関係団体などと連携し、国の施策の活用も含め、意欲のある障害者などの雇用を農業者へ働きかけるなど、障害者の職域の拡大、農業分野の担い手不足の解消へつなげてまいりたいと、このように考えております。



○主査(桂茂実君) 教育長。



◎教育長(垣迫裕俊君) 私からは、まず、特別支援学校の作業学習についてお答えをいたします。

 本市の知的障害を対象とした特別支援学校高等部及び北九州中央高等学園におきましては、学習指導要領に基づいて、教科指導はもちろんのこと、領域・教科を合わせた指導も行っております。その1つが作業学習でございます。学習指導要領によりますと、作業学習に当たっての留意点として幾つか上げられておりまして、成就感、地域性や永続性、共同で取り組めるもの、作業内容等が安全で衛生的、健康的なもの、作業量が適切、そして生産から消費への流れがわかりやすいもの、こういった点が上げられております。

 作業学習の内容でありますが、まず北九州中央高等学園の内容は、パンの製造、清掃、事務、印刷、ガーデニングなどであります。他の知的障害の特別支援学校は、陶芸、木工、農園芸等でありますが、最近は軽度の生徒が在籍するようになったことから、清掃や接遇などの学習も取り入れているところでございます。平成28年度に開校いたします門司総合特別支援学校には、就労を目指す生徒のための職業専門コースを設けて、実態に応じた作業内容を取り入れる予定でございます。

 こうした作業学習を通じて、挨拶、他者との協力、自分の仕事に対する責任感、作業工程を理解して最後までやり遂げることなど、社会の中で自立した生活を送る上で必要な知識と経験を養うことができております。その成果もあり、就労に結びつける教育を目的とした北九州中央高等学園の生徒の卒業後の一般就労率を例にとれば、平成26年度では79.4%となっております。一方で、課題としましては、各校での作業内容は子供の障害特性や指導人材、設備整備の状況等を踏まえて選定しており、必ずしも将来なりたい職業や作業所等での作業内容に直結しない場合があることでございます。

 今後でありますが、まず各学校での作業メニューの種類をふやすことに努力したいと思います。そして、各学校の生徒が他校で実施されている作業メニューを体験できるようにする、こういった取り組みについても考えたいと思います。

 いずれにしましても、作業学習においては、学生等が社会性、協調性、責任感などを着実に身につけられるよう、今後も努力してまいりたいと思います。

 もう一点、長期欠席となっている児童生徒への対応でございます。

 長期欠席児童生徒数の内訳でありますが、文部科学省が示す基準によって分類しておりまして、平成26年度は不登校が675名、病気が755名、その他が230名となっておりまして、御指摘のとおり、その他が大幅に増加しております。その他の内訳でいいますと、欠席理由が2つ以上、あるいは保護者の無理解、無責任、それから外国での長期滞在等、こういったことがありまして、そのうち最も大きな増加の理由となっておりますのが、欠席理由が2つ以上ということでございます。

 この大きく増加した理由でありますけれども、家庭訪問や関係機関との連携によって、実態把握の精度が高まり、欠席理由が複数あるとわかった場合などを学校がその他として報告したことなどが考えられます。こうした児童生徒に対しましては、長期欠席となったきっかけや理由を考慮しながら、個々の実情に応じてスクールカウンセラーやスクールソーシャルワーカーによる相談活動を実施するなど、さまざまな対応、支援を行っております。

 複数の原因がある場合は、解決が大変難しゅうございますが、こうした取り組みの成果の例として、例えば、スクールソーシャルワーカーによる児童生徒の家庭環境への働きかけにより、福祉的支援が受けられるようになった結果登校できるようになったケース、あるいは、学校が特別支援教育相談センターや少年支援室など関係機関と連携しながら、児童生徒が持つ複合的課題を解決することで登校できるようになったケース、こういったものがございます。

 今後とも、長期欠席の理由やきっかけを丁寧に把握し、一人一人に応じたきめ細かな対応をしつつ、スクールカウンセラーやスクールソーシャルワーカーの活用など、これまでの取り組みを推進するとともに、少年支援室等の関係機関とも一層の連携を図り、長期欠席対策に取り組んでまいりたいと思います。以上です。



○主査(桂茂実君) 木下委員。



◆委員(木下幸子君) ありがとうございました。最初の農林水産業の振興についてですが、本市が都市型農業のモデルとなるようにしっかり取り組んでいただきたいのですが、本市の自然、豊かで恵まれた気候や風土を生かして、特に地産地消に力を入れていただき、また、特産品などを生かして、雇用の創出や、先ほどからあります若者や障害をお持ちの方の就労にもつながるように、仕組みを整えていっていただきたいと思います。また、地産地消を進めることにより、新鮮で安価な食材を市民に提供できるということで、経済的にも健康的にも本市の優位性がアピールされ、住みやすさ、また、そういうことを大きくPRすることで、全国からまた移住を考えている方へのアピールの一つになるのではないかと考えます。その点に関してはどうでしょうか。お聞きします。



○主査(桂茂実君) 市長。



◎市長(北橋健治君) 農業は、都市型農業というモデルを目指せ、という御趣旨は賛同であります。同時に農業と貿易というと、みんなネガティブに、大変なことになるというふうに、みんなずっと思ってきたわけでありますが、ここにきて、アジアを初めとして、日本の食材、安全でおいしいこの農水産物に対する評価はすごく高まっていると、むしろ打って出れる、輸出ができるのだという劇的な時代展開に入っていると思います。そういう中にありまして、もう一度、この農業の持っている魅力、このエネルギーというものをみんなで認識をして、ぜひ担い手の育成と、まずは農地が必要でありますから、インフラの整備とあわせて、ぜひ、まさに先進国型のイノベーションの進んでいる地域でこそ農業が発展するのだと自分は思っておりますが、ぜひ、その方向で担い手が集まるようにと、そうなれば家庭菜園なんかも含めて、都会に対して一つの大きなお誘いをする、魅力ある選択肢の一つになっていくのだろうと思います。



○主査(桂茂実君) 木下委員。



◆委員(木下幸子君) ありがとうございます。ぜひ、力を入れていただきたいと思います。

 また、農福連携におきましては、特別支援学校の作業学習での農業や園芸などの分野にも、しっかりその子の特性や、力を入れてこういう分野にも進出していけるように、作業学習の時間を大切に使っていただきたいと思います。

 それから、特別支援学校の作業学習の時間ですが、先ほどから質問でも言いましたが、本人はもとより、保護者や関係者の皆さんにとって切なる願いというものは、障害者本人の自立であります。卒業後の進路に対して、しっかり有効なものとなるような、作業学習の大切な内容と時間にしていただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

 最後に、長期欠席となっている児童生徒については、複数の理由があると。保護者の無理解とか、そういうことが原因で来られていない。確かな理由の不登校、また、病気以外でそういうことがある、その子たちが大変にふえているというのは、将来不安な様相を呈しておりますので、長期欠席になっている児童生徒については、その理由は複雑多岐にわたるということはわかりましたが、この町の大事な未来を担う大切な子供たちであります。一人一人のお子さんが学ぶ喜び、また、友達等と触れ合う楽しさ等を味わっていただけるように、本市の子供の学力、体力向上のためにも、諦めずに寄り添って、しっかりとかかわっていただきたいと強く願います。その点に対して見解をお聞かせください。



○主査(桂茂実君) 教育長。



◎教育長(垣迫裕俊君) 長期欠席がふえている理由がいろいろありまして、家庭の教育力の低下、それから、本人が何となく無気力で登校しない、それから、休みたいと言うと割と親御さんが安易に欠席させるという場合もありますし、子供の健康や安全に慎重になり過ぎて学校を欠席と、こういう例もございます。いずれにしましても、スクールソーシャルワーカー、スクールカウンセラー、そして、もちろん学校の担任を含めてですけれども、しっかり一人一人に寄り添って、子供たちを支えてまいりたいと思います。以上です。



○主査(桂茂実君) 進行いたします。日本共産党。山内委員。



◆委員(山内涼成君) 三宅委員と重複をしますが、若松の思いということで受けとめていただきたい、その辺はご容赦いただきたいと思います。

 ひびきコンテナターミナルは、総額約1,000億円をつぎ込んで平成17年に供用を開始しました。ここ数年は、毎年2億円程度の赤字を続けていますが、エネルギー産業拠点として周辺整備が進む中で明るい兆しが見え始めています。一方で、中国船の爆買いツアーなどで他港がパンク状態の中、ひびきコンテナターミナルへのクルーズ船誘致が一躍脚光を浴びることとなりました。

 クルーズ船誘致で最大の課題は、本市で買い物をしていただくということでありますが、爆買いツアーの乗客は観光も目的としていると聞いております。

 そこで、ぜひ、若松のおさかなロードで食事をしてもらい、広大な敷地を持つグリーンパークで、家族連れで楽しんでいただきたいと考えています。

 また、日本の文化である中庭を持つ料亭や有形文化財の料亭など、外国の方にも興味のあるところだと思います。

 せっかく若松の港に寄港するのでありますから、若松のよさを満喫できるルートを検討してほしいと思いますが、見解を伺います。



○主査(桂茂実君) 田中委員。



◆委員(田中光明君) 中小企業の振興について伺います。

 新年度の方針は、平成27年に中小企業振興条例が施行され、本市の新成長戦略に基づき、総合的で効果的な中小企業の支援策を実施するとしています。

 本市は、平成27年度に中小企業のヒアリングや意見交換を行いました。その中で出された中小企業の意見や要望を見ると、まず、消費税増税の影響ですが、不動産業の方が、消費税増税以前はよかったが、増税後は落ち込んでいる、商業系組合は、消費税の増税後に落ち込んだ売り上げが回復していないと述べ、消費税増税による景気の落ち込みを述べています。

 次に、利益が出ない、もうからない点です。製造業の方が、仕事はあるがコスト面は厳しい、もうけはあまりない、つまり、コストは上がっているのに価格競争で単価は上げられない状態が続いていると述べているのです。

 人材確保については、建設業は給料が上がるなど処遇改善の姿が見えないと若い人は入ってこない、経費を圧縮するために高い賃金は払えない、3K企業に人材が集まらない、人手不足で賃金が上がるはずなのに必ずしも上がっていない、大企業と中小の格差が広がっている、優秀な人材はますます大企業に流出し、中小に人が入らないと述べています。賃金を上げたくても上げられない、だから人材が確保できないということです。

 要望の中には、一過性の事業でなく、設備投資に対する補助など継続性のあるものに支援してほしいというのもあります。これらの意見や要望にどう応えるのか、本市の施策に反映されなければならないと考えます。

 現在、市の経済を支え、雇用を支えているのは、市内で頑張っている中小企業です。中小企業振興条例ができたにもかかわらず、中小企業に対する支援は十分とは言えません。本市の中小企業対策経費は、融資を除けば32億5800万円、一般会計に占める割合は、わずか0.59%です。いかにも少ないのではないのでしょうか。抜本的な強化、増額が必要だと思います。

 そこで2点質問します。中小企業の振興に大きく貢献する本市の既存の事業のうち、空き店舗助成は、制度の内容の大幅な改善と予算の増額が必要と考えますが、答弁を求めます。

 もう一つはしっ皆調査です。中小企業のしっ皆調査を行っている自治体があります。全ての業種ではなく、業種を絞っていると聞きます。雇用の創出、女性の活躍の観点から、介護事業所のしっ皆調査が最も適していると思いますが、答弁を求めます。



○主査(桂茂実君) 藤沢委員。



◆委員(藤沢加代君) 教育委員会生涯学習部門の市長部局への移管について質問します。

 生涯学習部の一部と生涯学習センターを市民文化スポーツ局に移管する市長部局からの申出を教育委員会は了承したとのことです。これは市民の学習する自由や権利を侵しかねない重大問題であると思います。

 昨年、教育委員会制度の改悪が行われました。市長出席の第2回総合教育会議において、シビックプライドと公共施設のマネジメントを盛り込んだ教育大綱が定められましたが、大綱の策定には市民の意見を聞く仕組みがありません。今定例会では、北九州市立大学を市長のお膝元である新設の企画調整局への移管も提案されており、安倍内閣の危険な動向とも合わせ、市長の教育分野への行き過ぎた介入を私は懸念します。人材育成に名をかりた市民統制であってはなりません。小学校も中学校も高校も大学も、そして、生涯学習センターや市民センターで行われている市民の教育学習活動も、教育条理に基づいた自由な活動が何よりも大切であり、教育の独立性と継続性を不当に侵してはならないことを指摘し、見解をお尋ねします。



○主査(桂茂実君) 市長。



◎市長(北橋健治君) 山内委員から観光について御質問がございました。

 クルーズ船の誘致に当たっては、地元の活性化につなげていくため、寄港地から市内を周遊する団体バスツアーの誘致をあわせて進めていく必要があると考えます。そのため、団体バスツアー取扱旅行社に対し、本市の観光ルートを提案したり、ツアー担当者を本市に招き、観光地などの視察を実施するなど、市内でのツアー誘致の取り組みを進めています。その中で、若松区については、団体バスの受け入れが可能なグリーンパークなどの観光施設や日本らしさを味わえる料亭などを観光ルートに組み込んでもらえないか提案を行っているところです。今後は、クルーズ船の寄港状況を踏まえ、団体バスツアー取扱旅行社と、市内の飲食店や観光施設、商業施設などとの商談会を行い、営業活動をサポートしたいと考えております。

 一方、団体バスツアーに参加せず、自由に観光を楽しむ旅行客を取り込んでいくため、各エリアで多言語での商店街マップの作成や、メニューの多言語化などを図ることが重要であります。現在、市内でも特に外国人観光客が多く訪れております小倉都心部の商店街組合や商業施設とともに、外国人観光客の受け入れに関する勉強会を行っており、一部の商店街において多言語放送や多言語マップの作成に取り組んでおります。また、若松区の商店街などに対しても、まずは説明会を行い、クルーズ客などの受け入れに向け、マップの作成、メニューの多言語化など、事例の紹介を含め情報提供を行ってまいります。

 今後とも、クルーズ船の寄港に合わせ、寄港地となる若松区も含めた本市の魅力を積極的にアピールし、各エリアでの受け入れ環境の充実に努め、地元の活性化につなげてまいりたいと考えております。

 次に、田中委員のほうから中小企業の振興について御質問がございました。

 本市では、商店街の魅力向上と新規開業を促進するため、商店街の空き店舗に出店する事業者などを対象に、賃借料又は改装費の一部を助成する商店街空き店舗活用事業を行っております。この事業は、商店街の昼間のにぎわいを創出するため、不特定多数の顧客が利用する小売・サービス業の出店を対象としているほか、商店街組合が空き店舗を借りて休憩所やトイレなどのコミュニティー施設に活用する場合も対象としております。平成23年7月に、賃借料に対する補助率を4分の1から2分の1に、限度額を50万円から75万円に引き上げました。更に、平成25年11月には、開業時の負担軽減を図るため、改装費も対象とするなど制度の拡充に努めてきました。直近の助成実績は、平成25年度が13件352万円、平成26年度が14件469万円、平成27年度は2月末現在で18件700万円となっており、件数、金額ともに年々増加しつつあります。

 近年、商店街は、従来の小売・サービス業の集まりから多種多様な店舗の集まりへと変化しつつあり、日常の買い物の場としての機能だけでなく、医療、福祉も含めた地域住民の生活利便性の確保、地域コミュニティーの担い手という機能が求められています。そのため来年度は、学習塾、語学教室など、特定の顧客を相手とする店舗や、託児所、デイサービスなどの子育て・高齢者支援を行う施設を対象に加えるなど、業種の拡充と対象区域の追加を検討しています。今後もこの事業を積極的に活用していただくため、引き続きPRを行い、商店街関係者や出店希望者などへのヒアリングなどを通じて商業者の実態把握に努め、必要に応じ本制度の見直しを検討してまいります。

 次に、全数調査について御質問がございました。

 中小・小規模企業の振興を図るためには、北九州市中小企業振興条例に掲げる理念に基づき、その実態を把握し、施策に生かしていくことが重要と認識しております。このため、今年度におきましては、小規模企業者の相談窓口の開設や、市内中小・小規模企業に対するアンケート5,000社、及びヒアリング300社程度、また、中小企業団体等との意見交換会及び出前講演、また、中小企業振興協議会の開催などに取り組みました。こうした取り組みを通じて得られた売り上げの減少、人手不足、職場環境の整備といった中小企業の実態、意見を踏まえ、来年度の新規拡充事業としては、資金調達の負担を軽減するための小規模企業者支援資金を初めとする中小企業融資の貸出利率の引き下げ、また、業界のイメージアップと従業員の定着を目的とした、若手社員を紹介する専門サイト、ゲンバ男子運営事業の立ち上げ、職場の環境改善等に取り組む団体への助成などを実施する予定です。

 更に中小企業の経営改善等を支援し、北九州市新成長戦略を推進するためには、中小企業の経営課題や支援ニーズを、より詳細に把握することも重要であります。このため、来年度も引き続きアンケートやヒアリング、意見交換会、協議会の開催に取り組みます。現在、今年度行ったアンケート及びヒアリングについての分析を行っております。その結果を踏まえ、調査の内容や進め方について検討したいと考えております。いずれにしても、地域経済のかなめである中小・小規模企業の声を丁寧に聞いて課題、ニーズの把握に努め、より効果的な施策の推進に努めてまいります。



○主査(桂茂実君) 教育長。



◎教育長(垣迫裕俊君) 教育委員会の生涯学習部門の市長部局への移管についてお答えをいたします。

 今回の移管のねらいは、生涯学習と地域振興の一体化によります連携の強化により、地域コミュニティー活動の更なる促進を図り、住民主体のまちづくりを推し進めるものでございます。そのため、人づくりを担う生涯学習部門と地域づくりを担う地域振興部門が緊密に連携を図るために、生涯学習部の一部と生涯学習総合センターを、教育委員会事務局から市民文化スポーツ局に移管することとなったもので、今後、より効果的な施策の推進が期待できると考えております。このたび策定しました新しい生涯学習推進計画、学びの環推進プランにおきましても、基本方針の一つに、学びと地域活動が循環する生涯学習社会づくりを掲げております。

 平成26年9月に実施いたしました次期生涯学習推進計画に関するアンケートによれば、市民センター、生涯学習センターの利用者は、ともに約6割が学習の成果を社会貢献に生かしている、あるいは、ぜひ生かしたいとしております。また、その分野は、まちづくり、地域づくりなどでの市民活動、あるいは市民センターでの講座や学級などの指導、こういった地域に密着した活動を挙げられておりまして、多くの市民が生涯学習で学んだ成果を地域づくりに役立てたいと考えていることがわかります。今回の組織改正により、このような市民活動はより活発になるものと考えております。

 以上のように、生涯学習部門の市長部局への移管によって、これまで以上に充実した生涯学習活動が展開されるものと期待をしております。以上です。



○主査(桂茂実君) 山内委員。



◆委員(山内涼成君) 1点だけ要望をしておきます。エネルギー産業拠点として、ひびきコンテナターミナル、物流は、非常に今後、大きく伸びる可能性を秘めています。この物流が、何はともあれ最優先というふうにいわれておりますから、港の整備という面では難しいというふうに思いますが、ぜひ、地元の幼稚園児とか保育園児が、このクルーズ船の見学ができるような施設の整備をしていただきたい、このことを要望して終わります。



○主査(桂茂実君) 田中委員。



◆委員(田中光明君) 先日、国勢調査の速報値が発表されました。県内の那珂川町は人口が5万人を超え、市制に移行するようです。那珂川町の嘱託職員で、民間企業の経営経験を買われて、町の人口増加推進委員として採用された方がこう述べています。新しい那珂川市は、外向けの転入促進から内向けの住みやすさに重心を移し、力を注いでほしい、こう言っています。本市の産業経済に置きかえますと、つまり、転入促進、企業の呼び込みから、今現在、本市の産業経済を支えて雇用を支えている中小企業、ここに力を注ぐということになると思います。企業を呼び込む転入促進のためのインセンティブは億単位で準備があります。それに比べて既存の中小企業への補助は薄いと思います。ソフト、融資、団体助成、こういうものに限られ、個々の業者に補助が出されるものは、極めて限られています。その一つが、現在ある空き店舗助成です。家賃若しくはリフォームの助成、あまりにも条件が多いため、先ほど報告がありましたが、平成25年度で13件、平成26年度で14件、平成27年度で18件と非常に数も少ない。金額も、一方のインセンティブは数億円単位、こちらはふえたとはいえ700万円。大きな開きがあります。そういう意味では、空き店舗をつくらないためにも、既存の商店の改装費を助成する、こういう自治体がほかにはあります。こういう空き店舗をつくらないための助成、そういう意味での見方、こういうものも必要ではないでしょうか。また、リフォーム助成は本市が他局で行っていますが、住宅リフォーム助成にみられるように、経済的効果は非常に大きいということは、既に実証済みだと思います。例えば、既存の商店の経営者が変更するとき、又は親から子へ継承するとき、小売店から飲食業に転業するとき、そういうときなども対象にしてはどうか、お尋ねします。



○主査(桂茂実君) 産業経済局長。



◎産業経済局長(西田幸生君) まず、商店街の空き店舗ですけれども、商店街の空き店舗の増加というのは、商店街全体のにぎわい、また、地域の防犯という観点から非常にマイナスでございます。そこで、空き店舗の活用事業を実施するということで、開業時の負担を軽減するということで考えております。また、この空き店舗につきましては、私どもとしても、少しずつ今、区域を広げたり、また、業種を拡大するということにしておりますけれども、空き店舗をふやさないという予防的な観点というところでございますけれども、これにつきましては、もう少しやはりニーズを把握する必要があるかなというふうに思っておりますので、今、中小企業振興条例でいろんなアンケートでニーズを把握しておりますので、それも踏まえたいというふうに考えております。

また、世代交代、経営者の変更時などに限定してという御要望もございますけれども、基本的には私どもとしても、融資がございますので、そちらを活用していただきたいと思っておりますけれども、これにつきましても、今後、中小企業振興というのは大事な点でございますので、いろんなアンケート、実態調査も今後やりますので、それを踏まえさせていただきたいと思っております。以上でございます。



○主査(桂茂実君) 田中委員。



◆委員(田中光明君) 新年度は、少し業種を拡大してやるということで、一歩前進ということで評価したいと思いますが、一方で、やはり商店の空き店舗がふえないための予防策ということもありますけれども、よそでは商店リニューアル助成とか、そういうことをやっているところもあります。そういう意味では先ほども言いましたが、ソフト支援、融資、団体助成、こういうものに限られているのです。本市の中小企業予算は、そういう意味では非常に不十分だと。一つ一つの業者に助成を出す、こういうものが強く求められているのではないかというふうに私は思いますので、それは要望しておきます。

 もう一つです。我が党はことしの1月、介護事業所のアンケート調査を行いました。介護事業所はその多くが中小零細業者です。アンケートの中から浮かび上がってきた実態は、経営困難と人材不足です。人材確保ができない。本市は介護・医療分野での雇用増を一番たくさん見込んでいます。一方で、この分野は最も離職の多い分野でもあります。この離職を食いとめることは、大きなテーマではないでしょうか。国も介護離職ゼロと言っております。企業立地のインセンティブをさっきから言っていますが、この中に雇用補助金というのがあります。しかし、中小企業に対してはそういうものはあまりありません。新たな雇用に対して補助金を出す制度もありますが、この介護事業所関係で中小企業対策、雇用対策、女性の活躍、さまざまな角度から、何らかの形で雇用に対する助成はできないものか、お尋ねします。



○主査(桂茂実君) 産業経済局長。



◎産業経済局長(西田幸生君) 中小企業も大企業も含めまして、今、雇用というものは、投資をして新たな雇用を生んでいただく、それについて補助をさせていただいているところでございます。これにつきましては、私どもとしては投資をすればある程度の税収がふえるという制度設計をしながら、それを見込んで出しているところもございます。今、介護事業所系を中心に雇用についての補助はできないかというところでございますけれども、私どもといたしましても、基本的にはそういう考えでございますので、難しい部分はあろうかと思いますけれども、しっ皆調査をどこまでやるのかというのはございます。一番人手不足に陥っているところがどこなのかという、どういうところにニーズがあるかというのは、今、分析をしておりますので、それを踏まえまして検討させていただきたいと思っておりますし、雇用につきましては、現状では非常に難しいと思いますけれども、先ほどの分析をあわせて踏まえさせていただきたいと思っております。以上でございます。



○主査(桂茂実君) 田中委員。



◆委員(田中光明君) もう時間がないので要望をしておきます。やはり、雇用の充実、一番やめているところですので、ぜひ支援をお願いして質問を終わります。



○主査(桂茂実君) 進行いたします。維新の会。加藤委員。



◆委員(加藤武朗君) 子供たちが積極的に勉強に取り組むための意識の醸成についてお尋ねします。

 幼いころは何のために勉強しているのか理解できず、親や学校から勉強を強いられていると感じる子供たちが多いのではないかと思われます。実際に私もそうでありました。

 自分の将来に対する可能性や選択肢の幅を広げるためには、みずからが率先して勉強することが必要であり、そのためには、教育現場において勉強することの意義を教える必要があると私は考えております。

 つきましては、子供たちがみずから勉強しようとする意識の醸成に向けた本市の取り組みについて伺います。また、予算調整権を持つ立場から市長の見解もあわせて伺います。以上です。



○主査(桂茂実君) 市長。



◎市長(北橋健治君) みずから勉強しようとする気持ちを伸ばすことは大切であります。やいのやいの言われてやってもなかなか身にはつかないし、長続きはいたしません。そうした意味で、個人的な体験、あるいは、いろんな方々から聞いた話を含めて述べますと、例えば、英語が得意でない人がいたのですけれども、好きな音楽はビートルズだということで、その歌を聞いたり歌ったり、そういう体験をしているうちに英語がすごくうまくなったという例があります。それから、日本の歴史は苦手だという人がいたのですが、今、シリーズ物で、アニメ、漫画なんかで日本史を非常に巧みにうまく描いているものがありますが、それを読んでいくうちに、歴史はこんなに面白いものかということで、社会科でトップクラスになったという、そういう子供もおりました。音楽ですけれども、昔は楽典だとか理論的なことばかり詰め込まれましたが、やはり音楽は音を楽しむと書きますが、これは50年前の話でありますけれども、やはり自分の好きな歌を歌ったり、上手に歌う、好きな楽器を上手に演奏するという、これが音楽の学習の原点だと思うのですが、そういう先生についたらどんどん音楽が好きになったということです。やはり、子供が楽しいと感じる、興味、関心が高まる、それが勉強してみようという意欲につながるのではないかと私は思っております。それと、やはり教え方の上手な先生と出会うということも大きいと思います。例えばなのですが、頑張った分、それが何点であるかは別にして、頑張ったことを認めて褒めてあげると、そういう一人一人を大切にする先生はすばらしいと思います。また、細かな配慮を行って、一言温かい言葉をかける先生はすばらしいと思います。また、難しい内容もいっぱい出てきますけれども、どうやったら子供たちが興味や関心を持つようになるか、いろいろと工夫している教え上手の先生方もおられます。こういう先生と出会うことというのは、子供にとっては大きいのではないかと思います。子供が意欲的に学習に取り組むきっかけをつくる、また、細やかな指導を行い、教え方が上手だったりするのが指導力の高い先生です。今後、学校現場では大量退職によって、この10年で約半数の先生が入れかわります。それで、若手の先生がどっとふえます。若手の先生の指導力がどんどん高まっていくように、教育委員会でもさまざまな施策を展開してほしいと思っておりまして、予算調整権を持つ立場からもそれをしっかりと応援していきたいと、このように思っております。



○主査(桂茂実君) 教育長。



◎教育長(垣迫裕俊君) 教育委員会の立場から考え方について御答弁をいたします。

 子供たちが、自分の将来に対する可能性や選択肢を広げるために、みずから主体的に学習をすることは、非常に大事なことであります。児童生徒の知識、技能やそれを実生活のさまざまな場面で生かす、こういった生きる力を育むことは、将来の自分の職業の選択肢を広げ、夢や希望に近づくものと考えております。子供たちが意欲的に勉強に取り組もうと思うのは、現場の教員の意見を聞きますと、やはりわかったとか楽しい、市長からもお話がありましたけれども、あるいはなるほどと、こういった瞬間であります。ただ、小学1年生から中学3年生というのは9年間ありますので、それぞれの発達の段階において子供が勉強することの意義の捉え方が違うかと思います。例えば、小学校の低学年におきましては、さまざまな体験を通して気づきが深まり、わかる喜びを覚えていくものであります。また、教師からみずからの行動を褒められることが学習意欲につながっていくと考えます。小学校の中学年になりますと、友達との結びつきが強まりまして、協働的な学びを仕組み、また、成功体験による達成感が実感できる活動を位置づけることで主体性が育ってまいります。また、教師との関係も大きく影響し、今、お話がありましたとおり、認められるということで教師への信頼感が高まり、学習意欲へとつながってまいります。小学校の高学年になりますと、将来の夢や目標を考えるようになってまいります。知的好奇心が高まる半面、授業内容が高度になり、つまずきやすくもなります。そこで、教師が知的好奇心をくすぐるような学習を位置づけ、子供の成就感を高める、また、将来の夢について調べ、考える学習を位置づける、こういったことで勉強する意義を考えられるようになってくると考えております。中学生になりますと、受験が近づきまして、将来の夢や目標がより身近なものになります。そこで、キャリア教育や進路指導を充実させて、自分の生き方について考える学習を位置づけることで、主体的な学習につながると思います。

 いずれにしましても、職業の選択肢を広げて、夢や希望に近づいていくために必要な力を子供たちに身につけさせていくことは、私たち大人の責務であります。今後とも、教師が研さんを深め、みずから学ぶ、主体的に学ぶ楽しさを感じさせながら、子供たちがみずから勉強しようとする意識の醸成を図ってまいりたいと思います。以上です。



○主査(桂茂実君) 加藤委員。



◆委員(加藤武朗君) 答弁ありがとうございました。今、市長からも答弁いただきました、音楽を通じて英語を好きになるとか、テレビとか本とか、何かを通じて歴史が好きになって、学習の意欲というか好奇心を高めていく、非常に大切なことだと。今、教育長からも低学年のときは学ぶ楽しさ、できる楽しさ、小学校高学年、中学生になっていくと、将来の夢と結びつけてということが大切であるという答弁をいただきました。やはり、私が小学校、中学校のときの経験というか、思い出しますと、やはりもうちょっと勉強しておけばよかったなと思うわけであります。もう少し勉強しておけばもっといろんな選択肢があったのかと。今、この仕事をさせていただいているのも大変感謝をしておりますし、誇りに思っているわけでありますが、もう少しいろいろ勉強したかったなと、教育委員会のせいにするとかそういうわけでは全くないのですけど、もっと今、言われたような学習意欲、やる気を出させる、頑張ろうとするという思いを子供に持たせるというのは非常に重要であるなというふうに思っておりますので、引き続き精いっぱい取り組んでいただきたいと思います。

 あと最後に、市長は学生時代にどういった思いで、将来、未来を、小学校のとき、大学生になってからとか、どんな思いで勉強をされておられたのでしょうか。市のトップとして、予算調整権を持つ立場として、教育にもかかわる立場でありますので、市長はどういった思いで学生時代、大学、大学受験とか社会に出て、どういう思いで頑張ってこられたのでしょうか。



○主査(桂茂実君) 市長。



◎市長(北橋健治君) キャリア学習というのは、非常に大事ではないかと思っているのですが、それはなかなか勉強が好きではなかったときに、やはり両親が働いて疲れて帰ってくるとか、そういう姿を見ていて、一体どんなことをしているのだろうかというふうに興味を持つようになって、それぞれにいろいろと聞いてみると、働いているということがこの世で最も大事な、社会を支えていく原点で、にもかかわらず、いろいろな問題や課題に直面しているということを知ったときに、ぱっと自分の目の前が開けていくような気がいたしまして、やはり労働というのがこの社会のまず原点にあると。でもそれをめぐるあまりにも多くの矛盾や悩ましい課題というものが少しずつ見えてくることによって、やはり勉強しようという気になりました。ですから私は、小さいときからキャリア学習という形で、自分の親や親族、近しい人も含めて、この社会のいろんなことをつぶさに経験を、いろいろと話を聞いてみるというのは、すごくいいものにはっと気がつくチャンスになるのではないか、そう思っています。



○主査(桂茂実君) 加藤委員。



◆委員(加藤武朗君) ありがとうございました。今、市長、教育長から答弁をいただきましたように、子供たちが積極的に勉強に取り組むための意識醸成というのに、より一層取り組んでいただきたいということを要望して終わります。



○主査(桂茂実君) 進行いたします。ふくおかネット。山本委員。



◆委員(山本真理君) 私からは2つお尋ねをさせていただきます。

 まず初めに、第1次産業における女性の活躍推進についてです。

 国では女性の活躍推進を成長戦略に位置づけ、また、2015年度に策定された国の第4次男女共同参画基本計画第4分野では、農山漁村における男女共同参画の推進が明記されたところです。

 その中で、地域資源を活用した付加価値の高い商品・サービスの開発等による地域活性化が求められる中、多様な視点の一つとして女性の視点を盛り込むことが不可欠とされており、また、若年女性に顕著な都市部への人口流出対策としても、第1次産業における女性の活躍の場の創出と定着は、ますます必要となっています。しかしながら、農山漁村において基幹的農業従事者の約4割を占めている女性の経営への参画状況はまだ十分ではありません。

 市長は、さきの本会議の答弁でも、家族経営協定の普及等を初め、女性支援に取り組むと明言されました。新年度予算では、輝く!農山漁村女性応援プロジェクト経費として160万円、若者・女性農業算入サポート事業経費として150万円が盛り込まれています。大きな予算ではありませんけれども、女性というこのジェンダー予算を見ていくときに、きちんとこのように上がってきたということが、まず第一歩として評価をしています。

 そこで、第1次産業における女性の地位向上策や活躍推進について、新年度における具体的取り組み目標についての見解をお尋ねします。

 また、女性が働きやすい作業環境の整備や農山漁村におけるワーク・ライフ・バランス、固定的な性別役割分担意識や行動の変革に向けた取り組みについても、あわせてお尋ねをします。

 次に、学校給食におけるトランス脂肪酸対策についてお尋ねをします。

 北九州市の学校給食では、小学校では週に3日、中学校では週に4日、米飯給食を提供していますが、それ以外の日には主食の一つとしてパンが提供されています。そして、パン食のときにはマーガリン等が添えられています。

 しかしながら、現在、パンやマーガリン等に含まれるトランス脂肪酸は、心疾患を初め、さまざまな疾病リスクを引き起こすことが疑われています。トランス脂肪酸は、不飽和脂肪酸と呼ばれる脂質の一種で、特に植物油を加工してつくるマーガリンやショートニング、それらを使ったパンやクッキー、スナック菓子、揚げ物などに多く含まれるとされています。大量摂取すると心筋梗塞など心血管疾患のリスクを高めるとされ、WHOでは10年以上前にトランス脂肪酸の摂取を減らすよう勧告をしてきました。更に昨年6月に、アメリカの食品医薬品局では、2018年以降トランス脂肪酸の発生源となる油の食品への使用を原則禁止する、要するに2年後には、このトランス脂肪酸の原因となる油脂の使用そのものを原則禁止とするという決定になっております。

 このように、トランス脂肪酸の害について広く知られるようになってきましたけれども、アレルギー性疾患やアトピー性皮膚炎を引き起こす原因物質としても指摘されていることから、食物アレルギーを持つ子供の保護者や、食品の安全について敏感な保護者から、学校給食におけるトランス脂肪酸を排除してほしいとの声が上がっております。

 そこで、教育委員会におけるトランス脂肪酸への認識と対策についてお伺いします。以上です。



○主査(桂茂実君) 市長。



◎市長(北橋健治君) 第1次産業における女性の活躍について御質問がございました。

 農業就業人口の約半数は、女性であります。農林水産業の担い手として重要な役割を果たしています。しかし、農山漁村の固定的な役割意識に基づく慣行、慣習によって、農林水産業における女性参画の状況は十分ではありません。このため国では、農業経営や起業活動だけでなく、農業委員など政策・方針決定過程への女性参画を進めております。

 本市の第1次産業における女性の割合は、農業で約52%、水産業で約22%です。しかし、政策・方針決定過程への参画という面では、市議会選任委員を除いた農業委員54名は全員男性であります。女性参画は進んでおりません。女性の活躍は、経営改善や6次産業における新商品の開発やマーケティングなど、農林水産業を成長産業としていくために不可欠であります。そのため、現在策定中の本市の農林水産業振興計画の中でも、平成28年度から平成32年度まで5年間、女性活躍の目標を定め、進めてまいります。具体的には、農業分野では、農業委員への選任で女性農業委員の割合を30%にしていきます。また、女性の経営への参画や就業状況を改善するため、経営の役割分担、休日制、作業環境の改善などの取り決めを盛り込んだ家族経営協定の締結に向けた働きかけを進め、締結農家数を65戸から75戸にふやしてまいります。水産分野でも、更衣室やトイレの設置といった女性が働きやすい環境整備の支援、女性の漁業への定着を促進するため、漁業経営、関係法令についての研修などを行い、6次産業に取り組む女性従事者数を24名から48名にふやします。新年度は、これらの成果目標を着実に実施していくため、仮称ですが福岡県女性農業者の大活躍大会を誘致、開催し、あわせて農林水産業全体で交流ができるようなネットワーク化を図り、女性活躍を促す契機としてまいりたいと思います。

 固定的な役割分担意識の是正については、女性の経営や地域の方針決定過程への参画を促進し、あらゆる機会を捉えて女性の地位向上に向けた啓発活動、情報提供を行い、女性が誇りを持って農林水産業に従事できるように努力したいと思います。



○主査(桂茂実君) 教育長。



◎教育長(垣迫裕俊君) トランス脂肪酸への認識と対策について答弁いたします。

 御指摘のとおり、日常的にトランス脂肪酸を多くとり過ぎている場合には、少ない場合と比較して、心臓病のリスクを高めるといわれており、WHOもトランス脂肪酸の摂取量を総エネルギー摂取量の1%未満とするよう勧告をしております。一方、我が国におきまして、国は、トランス脂肪酸による健康への悪影響を示す研究の多くは、トランス脂肪酸の摂取量が多い欧米人を対象としたものであり、日本人の場合にも同じ影響があるかどうかは明らかでないこと、日本人のトランス脂肪酸の摂取量は平均総エネルギー摂取量の0.3%から0.6%であり、通常の生活では健康への影響は少ないと考えられること、そして、脂質に偏った食事をしている場合は、トランス脂肪酸が総エネルギー摂取量の1%を超えていることが考えられるために、栄養バランスのよい食事を心がけることが必要であること、こういった見解を示しております。こうしたことから、日本において食品中のトランス脂肪酸の表示義務や含有量に関する基準値はなく、学校給食においても摂取基準というものは示されておりません。

 トランス脂肪酸に対して、このようなさまざまな見解等があるわけでありますが、本市の学校給食におきましては、パンの原材料として使用しているマーガリンについて、平成20年よりトランス脂肪酸の含有が低いものに切りかえているところであります。更に、カレーのルーなどに使用します調理用マーガリンや、パンにつけて食べるマーガリンなども、必要以上に使用しないよう、バランスを考えて献立作成を行っているところであります。今後も国の動向を注視しながら、栄養バランスのとれたおいしい給食を提供してまいりたいと考えております。以上です。



○主査(桂茂実君) 山本委員。



◆委員(山本真理君) ありがとうございます。まず、1番目の第1次産業における女性の活躍推進ですけれども、まさに新年度が新しい契機となるように私も心より願っております。そこで、これからの農業ということについてのいろいろなことが語られておりますけれども、現在、国ではスマート農業ということも研究分野に入っているかと思います。女性の働きやすい作業環境という意味でももちろんですし、それから、本当に都市型農業でありますから、逆に、非常に消費者と密接な位置にあって、ここをしっかりしていくということは、すごくきめ細やかに農業を進めていく上でも、女性の活躍推進というのは、非常に大事だというふうに思っているのですけれども、予算の中にはあらわれていないのですけれども、農業分野における女性の、ここはちょっと農業に限定したいと思うのですが、活躍推進に向けて、このスマート農業というものを、北九州市でどのように今捉えているか、わかればお聞かせいただきたいと思います。



○主査(桂茂実君) 産業経済局長。



◎産業経済局長(西田幸生君) スマート農業というのは、いろいろなICTとかを活用して、例えば天候が、年間にどのぐらい雨が降る割合が多いのかとか、そういう形で、より詳細にデータを分析しながらやっていくということで認識をしておりますけれども、市内でもそういう、女性ではないのですけれど、そういう農業者がおられますので、例えばそういうところで女性の方に一緒に農業者として入っていただくとかいう形で、女性の方の知恵をいただくようなことも考えたいというふうに思っております。以上でございます。



○主査(桂茂実君) 山本委員。



◆委員(山本真理君) ありがとうございます。1つ、これは経験のない人でも取り組むためのさまざまな知識等の集積等も目指していくものでもありますし、我が市で当てはまるかどうかわかりませんけど、ロボット産業の一つとして、アシストツールというか、パワースーツというものの開発も今は進んでいますので、こういうこともちょっと視野に入れて、具体的に女性が活躍できる現場というものを少し検討いただきたいというふうに思います。これは要望にします。

 続いて、学校給食におけるトランス脂肪酸対策です。実際に今、日本では学校給食の分野においてトランス脂肪酸の摂取基準が示されていないということで、どのように考えるかということはなかなか難しいかなというふうには思っているのですけれども、まず、パンの原材料であるマーガリンについて、トランス脂肪酸対策が進んでいるということはお聞きして、非常にありがたく思っております。一方で、パン食のときに同時につけるマーガリンについてはどうなっているのかということ、これはトランス脂肪酸のフリー、あるいは少し低減するものに切りかえることについて、検討は進んでいるのでしょうか。



○主査(桂茂実君) 時間があと5秒になりました。



◆委員(山本真理君) では要望に変えさせていただきます。よろしくお願いします。



○主査(桂茂実君) 進行いたします。地域の声。吉村委員。



◆委員(吉村太志君) 私からは、中学校の修学旅行についてお聞きします。

 本市では、教育課程の一環として修学旅行を実施していますが、体験学習や集団行動などを通じてさまざまな経験をすることで、教育上、生徒の成長を促す上でも大変重要なものであります。

 近年、教育を取り巻く環境は目まぐるしく変化しており、本市でも、小学校外国語活動補助事業による小学校高学年の外国語活動への関心、意欲の育成につながる取り組みや、平成25年度の本市中学生70名による仁川英語村への1週間のミニ留学を実施しています。

 現在、修学旅行の主な行き先としては、京都・奈良が挙げられますが、近年、中国を初めとした外国からの観光客の増加に伴い、宿泊料が高騰し、宿泊先の確保が困難となっている。

 そこで、外国語に対する生徒の関心を高め、早期に国際感覚を身につけるためにも、例えば、姉妹都市である仁川広域市への修学旅行を実施してはどうかと考えますが、見解を伺います。以上、よろしくお願いいたします。



○主査(桂茂実君) 教育長。



◎教育長(垣迫裕俊君) 修学旅行についてお答えをいたします。

 まず、修学旅行の位置づけでありますけれども、学習指導要領によりますと、旅行・集団宿泊的行事として平素と異なる生活環境にあって、見聞を広め、自然や文化などに親しむとともに、集団生活のあり方や公衆道徳などについての望ましい体験を積むことができるような活動を行うこと、このように定められておりまして、現在、本市の全ての中学校では、関西方面への修学旅行を実施しております。

 本市の修学旅行でありますが、数十年前から市内の全中学校が、北九州市中学校修学旅行団という形で組織をしておりまして、JRの御協力によりまして、5月の連休明けから6月上旬という繁忙期に、割安な料金で新幹線を利用して関西方面への修学旅行を実施することになっております。また、宿泊先につきましては、このように長い歴史がございますので、旅行の前年度から各学校が旅行業者を通して、安い価格で確保できているところであります。

 御提案の仁川広域市への修学旅行でありますが、まず飛行機への搭乗人数に制限がありますので、大規模校、例えば一番大きな学校は1学年で300名を超えます。このような場合に、1便で出発できず2便で出発する、そうなりますと到着が最低1時間以上ずれる、このような課題があります。それから空港までの貸し切りバス代、仁川までの航空料金、更にパスポートの取得費用などがかかります。こういったことから、実施は難しいと考えております。

 国際感覚を身につける取り組みといたしましては、現在全市立の小学校、中学校における本市の児童生徒の国際感覚を身につける取り組みということですけれども、英語の授業や外国語活動、学校行事等におけるALTの活用、それから、中学生が英語の表現力などを競い合うイングリッシュ・コンテスト北九州の開催、こういったことで一層英語への興味、関心を高め、コミュニケーション能力の向上を図っているところであります。

 今後も、中学生への外国語に対する関心を高め、国際感覚を身につける取り組みを推進してまいりたいと思います。以上です。



○主査(桂茂実君) 吉村委員。



◆委員(吉村太志君) 教育長、どうも答弁ありがとうございました。難しい提案ですので、なかなかいい答弁は返ってこないと思いました。おそらく今、実際には経済的なもの、そしてまた、学校の教員の負担、そして保護者の理解、いろいろなものがあって、なかなか難しいことはありますが、北九州はアジアの玄関口です。これからのグローバルな子供たちを育てていくため、そして何よりも、市長がいつも言っていますが、人材育成こそ本市の成長につながっていくという部分で、やはり、そしてまた、今回私は仁川広域市と言ったのは、姉妹都市として今回もいろんな意味で青少年交流も実際にたくさん行われています。そういった部分で、お互いの文化を理解して、そして、今後その人たちが大人になることによって、また、この町をお互いが支えていくということで、すばらしいものになっていくのではないかなと思うのですが、ここで少しお尋ねしたいのが、市長含めてまた関係局の局長たちにも聞いていただきたいことですが、今回、これはまず、修学旅行というのは、子供たち、さっき教育長も言っていただいたように、集団的なことを身につけていく、そしていろいろな経験をしていく。でも、もうこれは昔から、JRの協力とは言いましたが、京都・奈良、これは、昔はなかなか行くこともできなかった。しかし、近年、新幹線やあらゆる手段ができて、もう安易に行けるようになった。だからこそ、地の利を生かして海外に行くということ。それはパスポートとかいろいろな問題もあると思います。そういった部分もありますが、こういった部分をすることによって、子供たちにとって、すごく人材育成やグローバルな見方ができる。そして、その次にやってくるのが、仁川のほうに我々が行くことによって、仁川の人たちに北九州をもっと理解してもらう。そしてまた第3分科会、産業経済局もあります。ここで今、インバウンドのほうもやっております。そういった中で韓国の人たちが、また北九州にも魅力を持っていただく。そしてまた、関係者が北九州に来てくれる場合もあるし、そのときはどうでしょう、飛行機、船、またこれも利用がふえてくるのではないでしょうか。そういった面を見て、これはいずれどこかで話をしていかなければいけないことではないのかなと思いますが、市長、その部分で、もしかしたら市長の在任中はできないかもしれないけど、どこかで局の皆さんとも、教育長とも話をして、今言った経済的なものもある、いろいろなものもあるかもしれませんが、少し市長の見解を伺えたらと思いますので、よろしくお願いします。



○主査(桂茂実君) 市長。



◎市長(北橋健治君) 答弁書の作成に当たりましては、当然教育長ともよく議論をしながら、みんなで、幹部間で協議しております。その中で、先ほど教育長の答弁にありましたように、委員の御趣旨は理解できる面ももちろんあるのですけれど、当面いろいろと学校の現場と協議相談をしてきて、答弁したとおりになったわけでございまして、そういうことがありますので、自分自身がこの国際化の中でどうあるべきかという思いはないわけではありませんが、教育委員会を中心に議論を尽くしてきて、こういうことになってきているのでありまして、あえて申し上げるのはどうかなということであります。教育委員会の判断を今後とも見守りたいと思っております。



○主査(桂茂実君) 吉村委員。



◆委員(吉村太志君) わかりました。ありがとうございます。今、私は義務教育の中学と言いましたが、本市にも1校、市立の高校もあります。実を言うと、福岡県の公立の学校は今、ベトナムとかに修学旅行に行っているところがあります。私は校長先生とも話をしました。なぜですかと聞いたときに、ベトナムは今、第一外国語は日本語だと。今からは日本とパートナーシップを結ばなければいけない。だからこそベトナムに行って、子供たちにそういう体験をさせていきたい。そのためにベトナムに行きました。そのかわり、先生たちは大変苦労したということも聞いております。だからこそ、いろんなことを取り入れて、本市でできることをどんどんやっていただき、やはり経済的な部分もありますが、米百俵の精神でしっかりと、教育は福祉への最大の貢献になりますので、どうかまた皆さんでしっかり考えていただいて、子供たちにいろんな経験をさせていただきたいなと思いますので、よろしくお願いいたします。以上、私の質問を終わらせていただきます。



○主査(桂茂実君) 以上で市長質疑を終わります。

 次回は3月25日午前10時から、分科会報告の取りまとめを行います。

 本日は以上で閉会します。



                              閉会 午後5時15分