議事ロックス -地方議会議事録検索-


福岡県 北九州市

平成27年12月 定例会(第4回) 12月11日−04号




平成27年12月 定例会(第4回) − 12月11日−04号









平成27年12月 定例会(第4回)



議 事 日 程 (第4号)

                          平成27年12月11日(金曜日)午前10時開議

(開 議)

 
 ○ 諸報告
  1 総務財政委員会の所管事務調査の報告について
  2 請願・陳情の付託について

第1 議案第172号 北九州市行政不服審査会条例について
第2 議案第173号 北九州市情報公開条例の一部改正について
第3 議案第174号 北九州市個人情報保護条例等の一部改正について
第4 議案第175号 行政不服審査法の施行に伴う関係条例の整備に関する条例について
第5 議案第176号 北九州市職員の再任用に関する条例の一部改正について
第6 議案第177号 地方公務員法の一部改正に伴う関係条例の整備に関する条例について
第7 議案第178号 北九州市職員の給与に関する条例等の一部改正について
第8 議案第179号 北九州市職員退職手当支給条例の一部改正について
第9 議案第180号 北九州市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例
          の一部改正について
第10 議案第181号 北九州市個人番号の利用に関する条例について
第11 議案第182号 北九州市手数料条例の一部改正について
第12 議案第183号 北九州市市税条例の一部改正について
第13 議案第184号 北九州市スポーツ施設条例及び北九州市都市公園、霊園、駐車場等の設
          置及び管理に関する条例の一部改正について
第14 議案第185号 北九州市社会福祉施設の設置及び管理に関する条例の一部改正について
第15 議案第186号 北九州市健康づくりセンター条例の廃止について
第16 議案第187号 北九州市病院及び診療所の専属薬剤師の配置並びに病院の人員及び施設
          の基準に関する条例について
第17 議案第188号 北九州市消防本部及び消防署の設置等に関する条例の一部改正について
第18 議案第189号 北九州市火災予防条例の一部改正について
第19 議案第190号 北九州市消防団員等公務災害補償条例の一部改正について
第20 議案第191号 北九州市教育施設の設置及び管理に関する条例の一部改正について
第21 議案第192号 八幡東消防署移転新築工事請負契約の一部変更について
第22 議案第193号 ひびきの小学校等複合施設新築工事請負契約の一部変更について
第23 議案第194号 当せん金付証票の発売について
第24 議案第195号 市道路線の認定、変更及び廃止について
第25 議案第196号 鹿児島本線門司・小倉間仮称砂津架道橋新設工事委託協定の一部変更に
          ついて
第26 議案第197号 黒崎城石黒崎1号線道路改築事業に伴う鹿児島本線黒崎駅構内自由通路
          新設工事委託協定締結について
第27 議案第198号 市有地の処分について
第28 議案第199号 指定管理者の指定について(北九州市立男女共同参画センター等)
第29 議案第200号 指定管理者の指定について(北九州市立門司勤労青少年ホーム等)
〜    〜
第46 議案第217号
第47 議案第218号 指定管理者の指定について(北九州市立おぐまの保育所等)
〜    〜
第54 議案第225号
第55 議案第226号 平成27年度北九州市一般会計補正予算について
第56 議案第227号 平成27年度北九州市卸売市場特別会計補正予算について
第57 議案第228号 平成27年度北九州市渡船特別会計補正予算について
第58 議案第229号 平成27年度北九州市競輪、競艇特別会計補正予算について
第59 議案第230号 平成27年度北九州市土地区画整理特別会計補正予算について
第60 議案第231号 平成27年度北九州市港湾整備特別会計補正予算について
第61 議案第232号 平成27年度北九州市廃棄物発電特別会計補正予算について
第62 議案第233号 平成27年度北九州市漁業集落排水特別会計補正予算について
第63 議案第234号 平成27年度北九州市後期高齢者医療特別会計補正予算について
第64 議案第235号 平成27年度北九州市上水道事業会計補正予算について

第65議員提出議案第39号ブラッドパッチ療法の保険適用及び脳脊髄液減少症の治療推進を求める意見書について
第66議員提出議案第40号子ども・子育て支援新制度に対する意見書について
第67議員提出議案第41号中学校夜間学級の整備と拡充を求める意見書について
第68議員提出議案第42号国外扶養親族に係る扶養控除制度の適正化を求める意見書について
第69議員提出議案第43号マイナンバー制度の円滑な運営に係る財源確保等地方公共団体の負担軽減を求める意見書について
第70議員提出議案第44号消費税における軽減税率の導入実現を求める意見書について
第71議員提出議案第45号TPP協定についての情報公開と国会審議の徹底を求める意見書について
第72議員提出議案第46号日本国憲法の規定に基づく臨時国会召集に関する意見書について
第73議員提出議案第47号原子力発電所再稼働中止を求める意見書について
第74議員提出議案第48号沖縄県名護市辺野古への米軍基地建設を断念するよう求める意見書について

第75 陳情の審査結果について
第76 請願・陳情の継続審査について
第77 常任委員会の所管事務の継続調査について
第78 会議録署名議員の指名

(閉 会)



会議に付した事件

 ○ 諸報告
  1 総務財政委員会の所管事務調査の報告について
  2 請願・陳情の付託について

日程第1 議案第172号から
日程第64 議案第235号まで
日程第65 議員提出議案第39号から
日程第74 議員提出議案第48号まで
日程第75 陳情の審査結果について
日程第76 請願・陳情の継続審査について
日程第77 常任委員会の所管事務の継続調査について
日程第78 会議録署名議員の指名

出席議員 (60人)

   1番 田 仲 常 郎  2番 西 田   一
   4番 村 上 幸 一  5番 後 藤 雅 秀
   6番 日 野 雄 二  7番 新 上 健 一
   8番 香 月 耕 治  9番 片 山   尹
   10番 中 島 慎 一  11番 佐々木 健 五
   12番 戸 町 武 弘  13番 井 上 秀 作
   14番 渡 辺   均  15番 奥 村 祥 子
   16番 鷹 木 研一郎  17番 佐 藤   茂
   18番 宮 ? 吉 輝  19番 上 野 照 弘
   20番 吉 田 幸 正  21番 田 中   元
   22番 奥 村 直 樹  23番 大久保 無 我
   24番 白 石 一 裕  25番 浜 口 恒 博
   26番 中 村 義 雄  27番 森 本 由 美
   28番 森   浩 明  29番 三 宅 まゆみ
   30番 福 島   司  31番 長 野 敏 彦
   32番 世 良 俊 明  33番 松 井 克 演
   34番 吉 河 節 郎  35番 桂   茂 実
   36番 山 本 眞智子  37番 木 下 幸 子
   38番 岡 本 義 之  39番 成 重 正 丈
   40番 本 田 忠 弘  41番 渡 辺   徹
   42番 村 上 直 樹  43番 木 畑 広 宣
   44番 松 岡 裕一郎  45番 大 石 正 信
   46番 八 記 博 春  47番 柳 井   誠
   48番 波 田 千賀子  49番 藤 沢 加 代
   50番 山 内 涼 成  51番 田 中 光 明
   52番 荒 川   徹  53番 石 田 康 高
   54番 平 原   潤  55番 加 藤 武 朗
   56番 荒 木   学  57番 八 木 徳 雄
   58番 佐 藤 栄 作  59番 三 原 征 彦
   60番 山 本 真 理  61番 吉 村 太 志

欠席議員 (1人)

   3番 木 村 年 伸

説明のために出席した者の職氏名

 市長      北 橋 健 治  副市長    梅 本 和 秀
 副市長     藤 原 通 孝  副市長    今 永   博
 会計室長    松 原 英 治  危機管理監  原 口 紳 一
 技術監理室長  吉 永 ? 敏  総務企画局長 柴 田 邦 江
 企画・地方創生
 担当理事    阿 ? 和 憲  財政局長   小 松   真
 市民文化
 スポーツ局長  大 下 徳 裕  保健福祉局長 工 藤 一 成
 子ども家庭局長 近 藤   晃  環境局長   小 林 一 彦
 産業経済局長  西 田 幸 生  建設局長   横 矢 順 二
                  都市マネジメント政策
 建築都市局長  大 関 達 也  担当理事   南   健 一
 港湾空港局長  橋 本 哲 治  消防局長   川 本 一 雄
 上下水道局長  諌 山   修  交通局長   小 坪 正 夫
 病院局長    吉 田 茂 人  教育長    垣 迫 裕 俊
 選挙管理委員会          人事委員会
 事務局長    松 成 幹 夫  事務局長   淵   義 雄
 監査事務局長  隈   乃理子


職務のために出席した事務局職員の職氏名

 事務局長    中 溝 明 弘  次長     松 本 久 寿
 議事課長    中 畑 和 則          ほか関係職員





                  午前10時2分開議



△日程第1 議案第172号から、日程第64 議案第235号まで



○議長(戸町武弘君) ただいまから、本日の会議を開きます。

 本日の議事はお手元配付の議事日程により進行いたします。

 日程に入る前に、諸報告をいたします。

 まず、総務財政委員会から、お手元配付のとおり所管事務調査の報告があっております。

 次に、請願1件及び陳情9件を所管の常任委員会にそれぞれ付託いたしました。

 以上、報告いたします。

 日程第1 議案第172号から、日程第64 議案第235号までの64件を一括して議題といたします。

 各常任委員会での審査の経過及び結果について報告を求めます。

 まず、総務財政委員長、2番 西田議員。



◆2番(西田一君) 総務財政委員会に付託されました議案18件について、審査の経過及び結果を報告いたします。

 まず、議案第177号について委員から、人事評価制度の運用状況等について質疑があり、当局から、既に本市では、定期評定及び目標管理による人事評価制度を導入しており、昇任及び昇給に反映している等の答弁がありました。

 次に、議案第181号について委員から、市のコールセンターに寄せられたマイナンバー制度に関する質問と回答をホームページ等を通じて周知されたい。

 今後のマイナンバー利用事務の拡大に当たっては、慎重に検討されたい等の意見、要望がありました。

 次に、議案第184号について委員から、浅生スポーツセンターの新設に伴う廃止施設の利用者に対する説明状況等について質疑があり、当局から、廃止施設の利用者等には平成22年から平成24年にかけ、戸畑D街区の計画及び既存施設の廃止について説明し、理解が得られたと考えている。更に、来年の供用開始に向け、改めて指定管理者や各運営委員会及び地元への説明を行ったところであり、今後とも適宜説明を行っていきたい等の答弁がありました。

 なお、委員から、既存施設の廃止と浅生スポーツセンターへの集約化については、廃止施設への看板設置等により十分に周知されたい等の意見、要望がありました。

 以上の経過で、議案第172号、173号、175号から180号まで、184号、192号から194号まで、199号及び226号のうち所管分の以上14件については、いずれも全員賛成で可決すべきもの、議案第174号、181号から183号までの以上4件については、いずれも賛成多数で可決すべきものと決定しました。

 以上で報告を終わります。



○議長(戸町武弘君) 次に、建築消防委員長、27番 森本議員。



◆27番(森本由美君) 建築消防委員会に付託されました議案5件について、審査の経過及び結果を報告いたします。

 まず、議案第189号について委員から、条例改正に伴い、新たに消防用設備の設置が必要となる建築物について質疑があり、当局から、スプリンクラー設備の設置義務が課されるものは770棟、自動火災報知設備の設置義務が課されるものは34棟が該当する。ただし、これらの既存建築物には既に消防用設備が設置されており、今回の改正で新たに設置が必要となるものはないとの答弁がありました。

 次に、議案第226号のうち所管分について委員から、台風15号通過後の老朽空き家等除却促進事業の利用状況や周知について質疑があり、当局から、台風通過後、9月24日に受け付けを終了したが、同月の申請件数は83件、申請金額は2,100万円であり、これまでの月平均のそれぞれ2倍、3倍であった。本事業の受け付け再開に当たっては、既に事前相談を受けている相談者に案内をするほか、市のホームページや市政だより、区役所窓口などで広く周知したいとの答弁がありました。

 次に、議案第230号について委員から、折尾地区総合整備事業の進捗状況について質疑があり、当局から、平成26年度決算ベースで36%の進捗率である。連続立体交差事業は、折尾駅周辺の鉄道高架化工事を施工中で、街路事業は用地買収の進捗率が83%、折尾土地区画整理事業は堀川町地区の造成工事を行っているなど、平成37年度の事業終了年度に向けて鋭意事業を進めているとの答弁がありました。

 以上の経過で、議案第188号から190号までの以上3件については、いずれも全員賛成で可決すべきもの、議案第226号のうち所管分及び230号の以上2件については、いずれも賛成多数で可決すべきものと決定しました。

 以上で報告を終わります。



○議長(戸町武弘君) 次に、環境建設委員長、46番 八記議員。



◆46番(八記博春君) 環境建設委員会に付託されました議案5件について、審査の経過及び結果を報告いたします。

 議案第197号について委員から、JR黒崎駅構内自由通路の整備に当たり、既存の連絡通路を拡幅せずに新設する理由及び自由通路新設に伴う駅舎建てかえに対して市費を投入することの妥当性について質疑があり、当局から、黒崎駅南北の回遊性を高め、公共交通であるJRの駅を中心に町を発展させるという本事業は公共性が高いものと考えている。また、駅北側にオープンした安川電機ロボット村については、黒崎地区全体が非常に大きな期待を持って見守っている。自由通路の整備に当たっては、バリアフリー化を行うとともに、コスト面や安全面に最大限配慮し設計を行った。また、補償費や工事費についても入念に精査し、税金の無駄遣いとならぬよう努めているとの答弁がありました。

 なお、委員から、自由通路の新設により必要となる駅舎の建てかえに係る工事費については市が負担すべきではない。

 市が公費を投入して自由通路を整備する以上、ロボット村の開館日数の増加に向けて精力的に働きかけるなど、黒崎駅周辺の活性化に努められたいとの意見、要望がありました。

 以上の経過で、議案第195号及び196号の以上2件については、いずれも全員賛成で可決すべきもの、議案第197号、226号のうち所管分及び232号の以上3件については、いずれも賛成多数で可決すべきものと決定しました。

 以上で報告を終わります。



○議長(戸町武弘君) 次に、保健病院委員長、41番 渡辺議員。



◆41番(渡辺徹君) 保健病院委員会に付託されました議案31件について、審査の経過及び結果を報告いたします。

 まず、議案第185号について委員から、勤労青少年ホームの利用状況及び今後の方向性等について質疑があり、当局から、3施設で年間延べ約10万人の利用者がある。今後2年間を目途に利用者や関係機関との協議等を行い、その後廃止を検討する等の答弁がありました。

 なお、委員から、総合的な青少年の居場所づくりを利用者と対話しながら進められたい等の要望がありました。

 次に、議案第186号について委員から、健康づくりセンターの廃止に伴う利用者への丁寧な相談対応と、センター改修中の代替施設の利用について配慮されたい等の要望がありました。

 次に、議案第187号について委員から、地域医療体制の充実を図るため、市内の医療関係者の意見や要望、市民の医療ニーズを把握されたい等の要望がありました。

 以上の経過で、議案第185号、187号、200号から224号まで、226号のうち所管分及び234号の以上29件については、いずれも全員賛成で可決すべきもの、議案第186号及び225号の以上2件については、いずれも賛成多数で可決すべきものと決定いたしました。

 以上で報告を終わります。



○議長(戸町武弘君) 次に、教育水道委員長、22番 奥村議員。



◆22番(奥村直樹君) 教育水道委員会に付託されました議案3件について、審査の経過及び結果を報告いたします。

 まず、議案第191号について委員から、平成28年度の幼稚園児の応募状況、保護者等への閉園についての説明状況等について質疑があり、当局から、平成28年度の幼稚園児の応募状況については、現時点で昨年の110人に対してことしは96人と、例年よりも若干少ない状況である。閉園予定の松ケ江、足原、黒崎の各幼稚園は例年並みであるが、若松幼稚園は昨年の16人に対してことしは6人となっている。

 保護者等への閉園についての説明状況については、これまで説明会を30回開催し、保護者を初めとする関係者延べ約450人に説明を行ってきた。保護者からは、公立幼稚園について、平成28年度の募集までには存続を明らかにしてほしい等の意見が寄せられた等の答弁がありました。

 なお、委員から、募集停止に伴う園児の減少が保育環境に与える影響に十分配慮されたいとの意見、要望がありました。

 次に、議案第226号のうち所管分について委員から、学校給食調理業務民間委託の効果、民間委託校の給食の食材等について質疑があり、当局から、学校給食調理業務民間委託の効果については、平成28年度に新規に委託する8校を加えた全111校で年間約14億円の経費節減を見込んでおり、これまでの累積額は約100億円である。

 民間委託校の給食の食材については、北九州市学校給食協会が調達しており、委託の前後で変わるものではない等の答弁がありました。

 なお、委員から、学校給食調理業務のトラブルが発生した場合は、丁寧な事後対応に努められたい。

 市民や保護者の理解をいただきながら、民間委託を推進されたい。

 特別支援学校以外の学校について、直営による学校給食調理業務の維持に努められたいとの意見、要望がありました。

 次に、議案第235号について委員から、宗像地区の水道事業の維持管理体制等について質疑があり、当局から、宗像地区事務組合では、浄水場の運転管理は1社が、また、日常的な修繕工事は地元の管工事組合が対応しており、その経費はおおむね今回の債務負担の限度額と同程度である等の答弁がありました。

 以上の経過で、議案第235号については、全員賛成で可決すべきもの、議案第191号及び226号のうち所管分の以上2件については、いずれも賛成多数で可決すべきものと決定しました。

 以上で報告を終わります。



○議長(戸町武弘君) 次に、経済港湾委員長、15番 奥村議員。



◆15番(奥村祥子君) 経済港湾委員会に付託されました議案7件について、審査の経過及び結果を報告いたします。

 議案第198号について委員から、市有地の売却先及び用途等について質疑があり、当局から、市有地は水産系飼料の製造販売等を行う会社に飼料製造工場用地として売却する。工場は、平成29年3月にしゅん工予定であり、30名程度の雇用が見込まれている等の答弁がありました。

 次に、議案第226号のうち所管分について委員から、エネルギー大臣会合時のテロ対策、クルーズ船誘致に伴う船舶航行安全対策調査の内容並びにコンテナ貨物事業への影響、漁業補償の透明化の取り組み等について質疑があり、当局から、エネルギー大臣会合時のテロ対策については、海外での大規模テロの発生に鑑みれば、十分警戒する必要があると認識しており、県警においても大臣会合を想定した大規模訓練を実施している。今後も県警や各機関、国と連携し、安全対策の強化に努めていきたい。

 クルーズ船誘致に伴う船舶航行安全対策調査の内容については、船舶に対する風向、風速、潮流等の影響調査や、操船シミュレーターによる検討などを行うとともに、海事関係者や関係官庁で構成される専門委員会を開催し、安全性を検証することとしている。

 コンテナ貨物事業への影響については、これまでひびきコンテナターミナルに関係する港運事業者と貨物の調整やターミナルの使用方法などについて協議を行ってきた。今後も貨物の取り扱いに支障が生じないよう関係者と調整を続けていきたい。

 漁業補償の透明化の取り組みについては、事案ごとに、補償金の配分表の提出やマスコミを通じた補償内容の周知により透明化を図ってきた。今後も漁協のイメージアップに向けて、透明化の向上に努めていきたい等の答弁がありました。

 なお、委員から、大臣会合の成功には市民の協力が必要であり、通行規制等の情報を早目に提供されたい。

 クルーズ船誘致に伴い、既存の観光施設などの活用を初め、本市に経済効果をもたらす対策を検討されたい。

 クルーズ船の誘致に当たっては、観光施設のほか、商業施設との連携を検討されたい等の意見、要望がありました。

 以上の経過で、議案第198号、227号から229号まで、231号及び233号の以上6件については、いずれも全員賛成で可決すべきもの、議案第226号のうち所管分については、賛成多数で可決すべきものと決定いたしました。

 以上で報告を終わります。



○議長(戸町武弘君) ただいまの各委員長の報告に対する質疑はありませんか。

                (「なし」の声あり。)

 質疑なしと認めます。

 ただいまから討論に入ります。45番 大石議員。



◆45番(大石正信君) 私は、日本共産党北九州市会議員団を代表して、議案第174号北九州市個人情報保護条例等の一部改正外9件に反対し、その主なものについて討論を行います。

 まず最初に、議案第174号北九州市個人情報保護条例等一部改正外3件のマイナンバー制度関連の条例について述べます。

 マイナンバー制度を進める政府の狙いは、第1に社会保障の給付抑制です。2014年、医療・介護総合法が成立しました。介護施設を利用する際に補足給付という低所得者向けの負担軽減制度を申請する場合に資産要件の提出が必要となりました。たんす預金も含めて貯金を全部おろせという仕組みをつくり、預金通帳の写しや資産調査の同意書などが求められ、虚偽報告とされれば3倍返しの罰則規定があるなど大混乱が起こっています。まさにマイナンバー制度はこのような仕組みをつくることです。

 第2に、徴税の強化です。高額所得者の資産隠しを許さないという議論もありますが、高額所得者は、その気になれば幾らでも海外に資産を移して隠したりできます。マイナンバーによって所得を捕捉されるのは低所得者です。収入だけではなく資産まで含めて捕捉して、徹底的に搾り取ろうとする意図は明らかです。

 我が党は国会で、この制度の持つ4つのリスクを指摘しました。それは、1、情報漏えいを100%防ぐシステムは不可能、2、意図的に情報を盗み売る人がいる、3、一度漏れた情報は流通、売買され、取り返しがつかなくなる、4、情報は集積されるほど利用価値が高まり、システムが攻撃されやすくなるからです。アメリカや韓国では情報流出が大きな社会問題になっています。

 政府は、マイナンバーについて、コンビニで住民票や印鑑登録がとれる、年金の支給申請が楽になるなど、市民の利便性が向上するかのようにけん伝しています。しかし、その効果は極めて限られたものであり、マイナンバーは自分の番号というよりは、むしろ政府のためのナンバー、国民総背番号制そのものです。

 事業者は更に大変です。来年1月1日以降、従業員の給与からの税、社会保険料の天引き手続などに番号を使うことが義務づけられているため、従業員本人、配偶者、扶養家族の番号も勤め先に申告することが求められています。そのために、事業者はアルバイトを含め従業員の膨大な番号の厳格な管理が求められる負担とともに、システムの更新や整備の費用や、人的体制確保が重い負担となります。そのために中小業者からは悲鳴が上がっています。このように問題だらけのマイナンバー制度は認められません。政府に制度の実施を停止するように求めるべきです。

 次に、議案第186号健康づくりセンター廃止について述べます。

 9月定例会で我が党の質問に対して保健福祉局長は、丁寧な説明を行うと答弁しました。しかし、実際にはこれまで100件の相談を受けていると言いますが、次の施設を紹介している程度です。利用者からは、アシスト21、保健所内のどこかの部屋を使用できないのかと具体的な提案がされているにもかかわらず、検討すらしていません。これでは説明責任を果たしたとは言えません。しかも、健康づくりセンターの代替となる6つの公共施設を紹介していますが、いずれも代替施設としての機能を有していません。そもそも6つの施設は、低料金で医師の診断のもと、生活習慣改善プログラムやトレーナーの指導が行われる健康づくりセンターと同じ機能を持った施設ではありません。

 更に、身近な地域で介護予防を実践できる環境づくりにより政策転換を図ると答弁しましたが、これは今後の問題です。現に約400人の方が廃止しないでほしいと要望されているにもかかわらず、施設の廃止だけを先に決めるようなやり方は到底容認できるものではありません。なぜ計画段階から市民との合意を目指そうとしないのか、大きな疑問です。市民に当局の計画案を示し、市民の意見を聞き、合意を目指すべきです。廃止だけを決めて市民に押しつけるようなやり方では市民の協力は得られません。健康づくりセンター廃止は認められません。

 次に、議案第191号北九州市教育施設の設置及び管理に関する条例の一部改正について述べます。

 市立幼稚園8園のうち4園を廃止する方針が発表されて以来、多くの保護者から存続の要望が議会に届けられました。教育委員会は園児数や地域バランスを総合判断したと言いますが、廃止対象園の保護者は納得せず、8月には足原幼稚園や松ケ江幼稚園などから約9,000筆、11月には若松幼稚園から1,300筆を超える署名が届きました。保護者は現在の市立幼稚園の教育や費用面は評価をしており、下の子も入れたかったのになどの声も相次ぎました。

 北九州市行財政改革大綱に基づき、幼児教育の課題解決に必要な教育・研究実践機能を担うために必要な園数が4園であると繰り返してきましたが、その数字に根拠はありません。今議会で教育長は、発達に不安のある子供の受け入れが最大の不安の要因であると思われると答弁し、来年度特別な支援を要する子供たちを、私立幼稚園でより受け入れやすくするための予算要望をしているとしました。

 しかし、今後市立幼稚園が閉園された地域の保護者は、子供を私立幼稚園に通わせることしか選択肢がなくなります。また、私立幼稚園に子供が通うことになれば、保育料の問題が重くのしかかってきます。2.3倍の保育料に加え通園バス代、給食代、制服代など教育方針によって異なる付随的な保護者の負担は更に大きくなります。これでは経済的に余裕のない家庭は幼児教育を諦めざるを得なくなります。北九州市の未来を担う子供たちから幼児教育の場を奪わないために、市立幼稚園を8園のうち4園を閉園する議案に反対するものです。

 最後に、議案第226号平成27年度北九州市一般会計補正予算のうち、学校給食調理業務の民間委託に反対するものです。

 今度の民間委託で委託校は8校ふえ111校となり、委託率は80.4%まで拡大します。我が党はこの間、民間委託校における調理従事者の離職率の異常な状態では、安全でおいしい給食が提供できないことを繰り返し指摘してきました。しかし、教育長は従事者の離職、交代、賃金などが従事者及び雇用主という受託業者内の雇用問題にかかわることであり、調査する必要はないと同じ答弁を繰り返すだけで、まともな調査、検証もせずに民間委託を拡大してきました。

 そもそも委託契約書の10条13項では、従事者の異動、交代又は代がえを行おうとするときには、従事者の熟練性を確保するため、必要最低限の範囲にとどめるようしなければならないと義務づけられています。ところが、民間委託校の従事員の離職率は、50%以上の学校が平成23年度10校、平成24年度12校、平成25年度20校、平成26年度は23校とふえ続けており、委託契約が守られていない事態が続いています。

 平成26年1月、ある小学校では従事者の9割が相次いで離職し、栄養士が連日学校に訪問するなど異常な状態が発生しています。栄養士が学校に訪問した記録である給食訪問報告書では、新しい業務責任者は学校給食、大量調理の経験がなく、釜をまぜたことがない、○○さんが横について釜のまぜ方を教えていた、その他帳票の書き方、ミーティングの仕方を教え、本日のミーティングは○○さんが実施と書かれています。本来、業務責任者とは熟練の栄養士の経験が求められており、他の栄養士に対して調理方法など教育しなければならない責任者です。ところが、大量調理の経験やミーティングの仕方もわからないような未経験の業務責任者が1年間に3人も交代するなど、異常な状態が続いていました。

 このような事態はこの学校だけではありません。これまで1年間に従事者の半数以上が入れかわった学校は2校や3校ではありません。民間委託が進む中で極めて不安定な雇用状況が増大しており、重大事故が起こる可能性が年々大きくなっています。それが離職率の増大という形であらわれているのです。教育長は、従事者の交代が起こることは望ましいことではないと認めましたが、これまで大きな問題は起きていないとして検証することを拒否し、今後も民間委託を進めると答弁しました。

 言うまでもなく、学校給食の調理業務は高度な技術と熟練、高い栄養管理が求められる特殊な業務です。民間委託の導入から既に11年が経過しています。しかし、いまだに求人情報誌には未経験者大歓迎という調理員の求人広告が頻繁に掲載されています。未経験者の不安定な雇用が放置されたままです。教育長が言うように、雇用問題は受託業者の問題と言って済まされる状況ではありません。学校給食調理業務での自校直営方式を存続させ、新規採用を行うとともに、民間委託校の調査、再検証を行うことを重ねて求め、かかる議案に反対します。

 以上で私の反対討論を終わります。



○議長(戸町武弘君) 次に、58番 佐藤議員。



◆58番(佐藤栄作君) 佐藤栄作です。私は会派を代表して、議案第178号外7件について反対の立場から討論いたします。

 本市財政は、少子・高齢化の進展による人口減少など社会・経済状況の変化に伴う多様な行政需要に対応していく必要がある中で、市税などの自主財源が少なく、地方交付税など国からの収入に依存するぜい弱な財政構造となっています。加えて、老朽化した公共施設の改修、更新経費の増加等が見込まれるなど厳しい財政運営を強いられています。より一層の選択と集中のもと、更なる行財政改革が求められている中で、これら議案が本市財政に与える影響は年間約7億円の歳出増です。今後は行財政改革の取り組みの一つである公共施設マネジメントによる施設の総量抑制など、これまで以上に市民の皆さんの御理解や御協力を得ていく必要があります。そのような中での今回の給与改定は、それらに逆行するものと考えます。

 そもそも人事委員会による勧告は、比較される調査対象事業所が50人以上の企業の給与を平均したものであり、中小企業や個人事業者の多い本市の実態に即しているとは言えません。

 以上のことから、議案第178号北九州市職員の給与に関する一部改正のうち、来年度からの給料表のマイナス改定については賛同するものの、その他の増額改定については反対します。

 次に、議案第179号北九州市職員退職手当支給条例の一部改正について及び補正予算のうち第226号、227号、228号、229号、232号、234号のうち人事委員会の勧告等に基づく給与改定、プラス0.2%及び期末勤勉手当支給割合の変更、プラス0.1月等に伴う職員給の増額補正について反対いたします。

 以上で私の反対討論を終わります。



△日程第65 議員提出議案第39号から、日程第74 議員提出議案第48号まで



○議長(戸町武弘君) 以上で討論は終わりました。

 ただいまから採決に入ります。

 各委員長から報告のありました議案64件のうち、まず、議案第172号、173号、175号から177号まで、180号、184号、185号、187号から190号まで、192号から196号まで、198号から224号まで、231号、233号及び235号の47件について、一括採決したいと思います。これに御異議ありませんか。

                (「異議なし」の声あり。)

 御異議なしと認めます。

 ただいまから一括して採決いたします。各委員長の報告は、いずれも原案可決であります。各委員長の報告のとおり決定することに御異議ありませんか。

                (「異議なし」の声あり。)

 御異議なしと認めます。よって、議案47件は、いずれも原案のとおり可決されました。

 次に、議案第178号、179号、227号から229号まで、232号及び234号の7件について、一括採決したいと思います。これに御異議ありませんか。

                (「異議なし」の声あり。)

 御異議なしと認めます。

 ただいまから一括して採決いたします。各委員長の報告は、いずれも原案可決であります。各委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

                  (賛成者起立)

 起立多数であります。よって、議案7件は、いずれも原案のとおり可決されました。

 次に、議案第174号、181号から183号まで、186号、191号、197号、225号及び230号の9件について、一括採決したいと思います。これに御異議ありませんか。

                (「異議なし」の声あり。)

 御異議なしと認めます。

 ただいまから一括して採決いたします。各委員長の報告は、いずれも原案可決であります。各委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

                   (賛成者起立)

 起立多数であります。よって、議案9件は、いずれも原案のとおり可決されました。

 ただいまの議案第186号及び191号の議決により、陳情第93号、94号、102号及び111号の4件については、不採択とすることに決定したものとみなします。

 次に、議案第226号について採決いたします。各委員長の報告は、原案可決であります。各委員長の報告のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

                   (賛成者起立)

 起立多数であります。よって、本件は、原案のとおり可決されました。

 次に、日程第65 議員提出議案第39号から、日程第74 議員提出議案第48号までの10件を一括して議題といたします。

 まず、議員提出議案第39号から41号までの3件について、提案理由の説明を求めます。議会運営委員長、17番 佐藤議員。



◆17番(佐藤茂君) ただいま議題となりました議員提出議案第39号から第41号まで、一括して提案理由の説明を行います。

 まず、第39号ブラッドパッチ療法の保険適用及び脳脊髄液減少症の治療推進を求める意見書について申し上げます。

 脳脊髄液減少症について、平成26年1月の先進医療会議において、ブラッドパッチ治療の有効率は8割と報告されたことからも、ブラッドパッチ療法の保険適用が切に望まれます。よって、政府に対し、脳脊髄液減少症の治療法であるブラッドパッチ療法を保険適用することなどを要請するものです。

 次に、第40号子ども・子育て支援新制度に対する意見書について申し上げます。

 子ども・子育て支援新制度では、恒久財源を確保し、支援の量的拡充及び質の向上を図るとしていますが、いまだ十分とは言えない現状です。よって、国会及び政府に対し、子ども・子育て支援新制度の趣旨を踏まえ、取り組みを一層推進するため、子供の健やかな育ちがひとしく保障されるよう必要財源を早急に確保し、関連予算を大幅に増額することなどを要請するものです。

 次に、第41号中学校夜間学級の整備と拡充を求める意見書について申し上げます。

 中学校夜間学級では、義務教育を終えていないために就職や進学に困っている外国人が多くいます。また、入学要件により、区域外に住む人の就学の機会が制約される状況があります。よって、政府に対し、年齢や国籍、居住地に関係なく、希望する誰もが学ぶことのできる中学校夜間学級の全都道府県への設置を促進することなどを要請するものです。

 以上、よろしく御審議の上、皆様の御賛同をお願い申し上げ、提案理由の説明を終わります。



○議長(戸町武弘君) 次に、議員提出議案第42号について、提案理由の説明を求めます。21番 田中議員。



◆21番(田中元君) ただいま議題となりました議員提出議案第42号国外扶養親族に係る扶養控除制度の適正化を求める意見書について、提案理由の説明を行います。

 扶養親族が海外にいるために、その所在確認や所得の把握が不十分にもかかわらず、扶養親族として認定されている現状があり、平成27年度税制改正によっても十分な効果が得られないことも考えられます。よって、国会及び政府に対し、引き続き国外扶養親族に係る扶養控除制度の適正化に努めるよう要請するものであります。

 以上、よろしく御審議の上、皆様の御賛同をお願い申し上げ、提案理由の説明を終わります。



○議長(戸町武弘君) 次に、議員提出議案第43号及び44号の2件について、提案理由の説明を求めます。42番 村上議員。



◆42番(村上直樹君) ただいま議題となりました議員提出議案第43号及び第44号について、提案理由の説明を行います。

 まず、第43号マイナンバー制度の円滑な運営に係る財源確保等地方公共団体の負担軽減を求める意見書について申し上げます。

 平成27年度は、国において個人番号カード交付関連事務の補助金が予算措置されておりますが、このうち個人番号カード交付事務費補助金には上限が設けられているため、市区町村は財政負担を強いられています。また、平成28年度以降十分な補助金が確保されるのか明らかではありません。よって、政府に対し、地方公共団体の負担軽減のため、個人番号カード交付事務に係る経費については全額を国の負担とし、十分な予算措置をすることなどを要請するものです。

 次に、第44号消費税における軽減税率の導入実現を求める意見書について申し上げます。

 平成27年1月に平成27年度税制改正の大綱が閣議決定され、政府は消費税率の引き上げに向け準備を進めています。しかし、消費税には低所得者ほど所得に対する負担率が大きくなる逆進性の問題があります。増税による痛税感を和らげるとともに、幅広く国民の理解を得るためには軽減税率の導入が不可欠です。よって、政府に対し、平成29年4月の消費税率引き上げと同時に、軽減税率の導入を行うことなどを要請するものです。

 以上、よろしく御審議の上、皆様の御賛同をお願い申し上げ、提案理由の説明を終わります。



○議長(戸町武弘君) 次に、議員提出議案第45号について、提案理由の説明を求めます。26番 中村議員。



◆26番(中村義雄君) ただいま議題となりました議員提出議案45号TPP協定についての情報公開と国会審議の徹底を求める意見書について、提案理由の説明を行います。

 平成27年10月5日、TPP協定は大筋合意に達しました。しかし、これまで国民に全く知らされていなかった合意内容が次々と明らかになり、大きな衝撃と不安が急速に広がっています。よって、国会及び政府に対し、TPP協定のあらゆる関連文書及び国内産業に与える影響額の試算などを直ちに公表することなどを要請するものです。

 以上、よろしく御審議の上、皆様の御賛同をお願い申し上げ、提案理由の説明を終わります。



○議長(戸町武弘君) 次に、議員提出議案第46号から48号までの3件について、提案理由の説明を求めます。52番 荒川議員。



◆52番(荒川徹君) ただいま議題となりました議員提出議案第46号から48号までの3件について、一括して提案理由の説明を行います。

 最初に、第46号日本国憲法の規定に基づく臨時国会召集に関する意見書について申し上げます。

 日本国憲法第53条は、内閣は国会の臨時会の召集を決定することができる、いずれかの議院の総議員の4分の1以上の要求があれば、内閣はその召集を決定しなければならないと規定しております。この規定に基づき、本年10月21日、野党5党が臨時国会召集の要求書を内閣に共同提出しました。ところが、政府・与党は首相の外交日程などを理由にこれに応じていません。本年の通常国会は平和安全法制を成立させるため、異例の大幅な会期延長が行われましたが、その後国会で審議しなければならない重大な課題が次々と出てきております。平和安全法制については国民の理解が進んでおらず、世論調査では国民への説明が不十分だという回答が約8割を占め、多国間の秘密交渉が重ねられた環太平洋パートナーシップ、TPP協定についても、国会議員にさえ詳細な内容が伝えられていません。通常国会閉会後の内閣改造で19人の閣僚のうち10人が交代しました。内閣にはその狙いや新しい閣僚の所信を明らかにし、政治と金などの疑惑についての説明など、直面する重大な課題について国会で説明責任を果たす義務があります。よって、政府に対し、山積した重大な課題を審議するため、日本国憲法の規定に基づき臨時国会の召集要求に応えるよう強く要請するものであります。

 次に、第47号原子力発電所再稼働中止を求める意見書について申し上げます。

 九州電力の川内原子力発電所に続き、四国電力の伊方原子力発電所が年明けにも再稼働されようとしており、更には九州電力が玄海原子力発電所3、4号機の来年度の再稼働に向けた動きを始めるなど、立て続けに原子力発電所の再稼働が行われようとしております。福島原子力発電所の事故発生から本日で4年9カ月となりましたが、いまだにその原因究明も行われておらず、再発防止策もわからないまま原子力発電所の再稼働を急ぐことは、国民の命と健康を無視した安倍内閣の暴走と言わざるを得ません。安倍首相は、新しい規制基準は世界一だと繰り返していますが、余りにも無責任な発言であります。再稼働に当たって原子力規制委員会が審査する規制基準には、世界の先進的な原子力発電所で炉心が溶融する事故に備えたコアキャッチャーの設置や、格納容器を二重にすることも基準にありません。アメリカでは事故に備えて住民の避難計画を整備しなければ運転が認められませんが、これも原子力規制委員会の規制基準には含まれていないなど、到底世界最高水準の規制基準とは言えません。また、原子力規制委員会の田中委員長も、規制基準に適合したからといって全く事故が起こらないかという、100%、ゼロリスクだということを意味するものではないと繰り返しており、安全とは言えない原子力発電所が次々と再稼働されようとしております。よって、政府に対し、無責任な原子力発電所の再稼働は直ちに中止するよう強く要請するものであります。

 最後に、第48号沖縄県名護市辺野古への米軍基地建設を断念するよう求める意見書について申し上げます。

 沖縄県名護市辺野古への米海兵隊航空基地の移設をめぐり、石井啓一国土交通大臣が翁長雄志県知事を相手取り、辺野古沿岸部の埋立承認取り消し処分を撤回する代執行に向けた訴訟を福岡高等裁判所那覇支部に起こしたことで、国と県が全面対決したまま法廷闘争に入りました。翁長知事の埋立承認取り消しに対し、沖縄防衛局は行政不服審査法に基づく審査請求と承認取り消しの効力の執行停止を国土交通大臣に申し立て、国土交通大臣が沖縄県の埋立承認取り消し処分の執行停止を決定し、翁長知事に承認取り消しの是正を勧告しました。沖縄防衛局はその直後に、多くの県民が現地で強く抗議する中、辺野古基地の本体工事を強行しました。そもそも行政不服審査制度は、違法・不当な行政処分で侵害された国民の権利、利益を救済するとともに、行政がみずからの処分を見直すことで適正な運営を確保することを目的とした制度であります。行政法学者93人が、国が私人に成り済まして、国民を救済する制度を利用しているとの声明を出したのも当然であり、国の行政機関である防衛省が、同じく国の行政機関の長である国土交通大臣に救済を申し立てて、それが認められるというのは、いわば自作自演、茶番劇にほかなりません。辺野古基地建設での県民の民意や法律を無視した強引なやり方に、アメリカの有力紙ニューヨークタイムズは、沖縄県民の意思を否定しているとの社説を掲載し、9月にはアメリカのバークレー市議会が全会一致で沖縄の人々を支援する決議を可決するなど、アメリカ国内でも批判の声が高くなっております。国の代執行の提訴を受け翁長知事は、県民にとって銃剣とブルドーザーによる強制接収を思い起こさせると語りました。アメリカ統治下の法も人権も民主主義も無視した違法な強権発動が現在の政府の姿と重なっております。よって、政府に対し、沖縄の県民のたび重なる基地ノーの意思表示を尊重することはもちろん、平和、人権、民主主義の名において、辺野古への米軍基地建設を断念するよう強く要請するものであります。

 以上、よろしく御審議の上、皆様の御賛同をお願い申し上げ、提案理由の説明を終わります。



△日程第75 陳情の審査結果について



△日程第76 請願・陳情の継続審査について



△日程第77 常任委員会の所管事務の継続調査について



△日程第78 会議録署名議員の指名



○議長(戸町武弘君) 質疑の通告がありませんので、質疑なしと認めます。

 お諮りいたします。ただいま議題となっております議員提出議案10件については、委員会付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。

                (「異議なし」の声あり。)

 御異議なしと認めます。よって、委員会付託は省略することに決定いたしました。

 討論の通告がありませんので、ただいまから採決に入ります。

 まず、議員提出議案第39号から41号までの3件について、一括採決したいと思います。これに御異議ありませんか。

                (「異議なし」の声あり。)

 御異議なしと認めます。

 ただいまから一括して採決いたします。本件については、いずれも原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

                (「異議なし」の声あり。)

 御異議なしと認めます。よって、本件は、いずれも原案のとおり可決されました。

 次に、議員提出議案第42号及び43号の2件について、一括採決したいと思います。これに御異議ありませんか。

                (「異議なし」の声あり。)

 御異議なしと認めます。

 ただいまから一括して採決いたします。本件については、いずれも原案のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

                   (賛成者起立)

 起立多数であります。よって、本件は、いずれも原案のとおり可決されました。

 次に、議員提出議案第44号について採決いたします。本件については、原案のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

                   (賛成者起立)

 起立多数であります。よって、本件は、原案のとおり可決されました。

 次に、議員提出議案第45号について採決いたします。本件については、原案のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

                   (賛成者起立)

 起立少数であります。よって、本件は、否決されました。

 次に、議員提出議案第46号について採決いたします。本件については、原案のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

                   (賛成者起立)

 起立少数であります。よって、本件は、否決されました。

 次に、議員提出議案第47号について採決いたします。本件については、原案のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

                   (賛成者起立)

 起立少数であります。よって、本件は、否決されました。

 次に、議員提出議案第48号について採決いたします。本件については、原案のとおり決定することに賛成の方の起立を求めます。

                   (賛成者起立)

 起立少数であります。よって、本件は、否決されました。

 次に、日程第75 陳情の審査結果についてを議題といたします。

 お諮りいたします。審査の経過及び結果についての各委員長の報告は省略したいと思います。これに御異議ありませんか。

                (「異議なし」の声あり。)

 御異議なしと認めます。よって、各委員長の報告は省略することに決定いたしました。

 討論の通告がありませんので、ただいまから採決に入ります。

 まず、陳情第116号について採決いたします。委員会報告書は不採択であります。本件については、採択することに賛成の方の起立を求めます。

                   (賛成者起立)

 起立少数であります。よって、本件は、不採択とすることに決定いたしました。

 次に、陳情第69号、95号から97号まで、112号、113号、117号及び121号から129号までの16件について、一括採決したいと思います。これに御異議ありませんか。

                (「異議なし」の声あり。)

 御異議なしと認めます。

 ただいまから一括して採決いたします。委員会報告書は、いずれも不採択であります。本件については、採択することに賛成の方の起立を求めます。

                   (賛成者起立)

 起立少数であります。よって、本件は、いずれも不採択とすることに決定いたしました。

 次に、陳情第98号及び114号の2件について、一括採決したいと思います。これに御異議ありませんか。

                (「異議なし」の声あり。)

 御異議なしと認めます。

 ただいまから一括して採決いたします。委員会報告書は、いずれも不採択であります。本件については、採択することに賛成の方の起立を求めます。

                   (起立者なし)

 起立者はありません。よって、本件は、いずれも不採択とすることに決定いたしました。

 次に、日程第76 請願・陳情の継続審査についてを議題といたします。

 各常任委員会及び議会運営委員会から、お手元配付のとおり、請願及び陳情の閉会中継続審査申出書が提出されております。

 お諮りいたします。申し出のあった請願14件及び陳情61件については、いずれも閉会中継続審査を承認することに御異議ありませんか。

                (「異議なし」の声あり。)

 御異議なしと認めます。よって、そのとおり決定いたしました。

 次に、日程第77 常任委員会の所管事務の継続調査についてを議題といたします。

 各常任委員会から、お手元配付のとおり、所管事務の閉会中継続調査申出書が提出されております。

 お諮りいたします。申し出のとおり、閉会中の継続調査を承認することに御異議ありませんか。

                (「異議なし」の声あり。)

 御異議なしと認めます。よって、そのとおり決定いたしました。

 次に、日程第78 会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員に、7番 新上議員、47番 柳井議員を指名いたします。

 以上で議事は終了いたしました。

 これをもちまして平成27年12月北九州市議会定例会を閉会いたします。

                  午前11時1分閉会





             総務財政委員会報告書

                            平成27年12月10日

北九州市議会議長 戸 町 武 弘 様

                       総務財政委員会委員長 西 田 一

 本委員会は、次の事件について調査を終了したので、北九州市議会会議規則第101条
の規定により報告します。

1 調査事件
 ○ 大都市財政の実態に即応する財源の拡充について
   指定都市では、社会・経済情勢の変化に伴い、社会保障制度の充実向上等の財
  政需要が増加しているが、これらの財政需要に対し税制上十分な措置がなされて
  いないこと等により、財政運営が極めて厳しい状況にある。
   本委員会は、こうした状況を踏まえ、従前のとおり大都市財政の実態に即応す
  る財源の拡充について調査を行うこととした。

2 調査の経過及び結果

 ○ 平成27年11月6日 総務財政委員会
   指定都市が共同で取りまとめた「大都市財政の実態に即応する財源の拡充につ
  いての要望」について、指定都市議会が共同で国に対する要望活動を行うことを
  確認し、平成27年11月2日に開催された指定都市議会の税財政関係特別委員長
  会議(西田委員長出席)における決定事項に従い、各委員が所属党派に対して要
  望を行うこととした。
   また、従来から要望活動にあわせて行われている各市の個別要望について、本
  市の個別要望事項は下記のとおりとすることを決定した。

  ? 「大都市財政の実態に即応する財源の拡充についての要望」の要旨
   ・ 真の分権型社会の実現のための国・地方間の税源配分の是正
     真の分権型社会の実現のため、消費税、所得税、法人税等、複数の基幹
    税からの税源移譲を行い、国・地方間の「税の配分」をまずは5:5とし、
    さらに、国と地方の新たな役割分担に応じた「税の配分」となるよう、地
    方税の配分割合を高めていくこと。
     また、地方公共団体間の財政力格差の是正については、地方税財源拡充
    の中で地方交付税なども含め一体的に行うこと。地方法人税は、単なる地
    方間の税収の再配分となる制度であり、受益と負担の関係に反し、真の分
    権型社会の実現の趣旨にも反しているため、速やかに撤廃し、法人住民税
    へ復元すること。
   ・ 大都市特有の財政需要に対応した都市税源の拡充強化
     大都市特有の財政需要に対応するため、都市税源である消費・流通課税、
    法人所得課税等の配分割合を拡充すること。
   ・ 事務配分の特例に対応した大都市特例税制の創設
     道府県から指定都市に移譲されている事務・権限及び新たに移譲される
    事務・権限について所要額が税制上措置されるよう、道府県から指定都市
    への税源移譲により大都市特例税制を創設すること。
   ・ 国庫補助負担金の改革
     国と地方の役割分担の見直しを行った上で、国が担うべき分野について
    は、必要な経費全額を国が負担するとともに、地方が担うべき分野につい
    ては、国庫補助負担金を廃止し、所要額を全額税源移譲すること。
     また、税源移譲されるまでの間、地方が必要とする総額を確保するとと
    もに、事業規模や使途に関する要件の緩和、予算の流用への弾力的対応、
    事務手続の簡素化等、地方にとって、自由度が高く活用しやすい制度とす
    ること。
   ・ 国直轄事業負担金の廃止
     国と地方の役割分担の見直しを行った上で、国が行うこととされた国直
    轄事業については、地方負担を廃止すること。
     また、現行の国直轄事業を地方へ移譲する際には、所要額を全額税源移
    譲すること。
   ・ 地方交付税の必要額の確保と臨時財政対策債の廃止
     地方交付税総額については、歳出特別枠や別枠加算を堅持するとともに、
    地方の財政需要や地方税等の収入を的確に見込むことで、必要額を確保す
    ること。
     また、地方の歳出削減努力によってもなお生ずる財源不足の解消は、地
    方交付税の法定率の更なる引上げによって対応すべきであり、臨時財政対
    策債は速やかに廃止すること。
     さらに、地方交付税の算定に当たっては、大都市特有の財政需要を的確
    に反映させるとともに、各地方公共団体における毎年度の予算編成に支障
    が生じないように地方交付税額の予見可能性の確保に努めること。

  ? 本市の個別要望事項の要旨
   ・ 「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の構成資産へ
    の公的支援の推進
     構成資産の管理保全に関する技術的・財政的支援、並びに稼働中の資産
    を保全する所有企業の負担軽減に向けた支援を要望するもの。
   ・ スタジアム整備事業の推進
     スタジアム整備の財源とするため、「スポーツ振興くじ助成金」の上限
    額満額の交付を要望するもの。
   ・ 北九州空港の機能拡充・利用促進
     エプロン、スポットの整備促進及びMRJ飛行試験の実現に向けた必要
    な協力の実施、滑走路3,000m化の早期実現、及び早期・深夜帯等におけ
    る空港使用料等の軽減措置の拡大を要望するもの。
   ・ 主要道路等の整備促進(国道3号黒崎バイパス・都市計画道路戸畑枝光線・
    折尾地区)
     国道3号黒崎バイパス、都市計画道路戸畑枝光線及び折尾地区の整備促
    進に向けた財源の安定的な確保を要望するもの。

  ? 党派別要望
     民 主 党 平成27年11月18日(浜口副委員長出席)
     公 明 党 平成27年11月19日(成重委員出席)
     自由民主党 平成27年11月25日(井上委員出席)
     日本共産党 平成27年12月1日(柳井委員出席)

 ○ まとめ
   真の分権型社会の実現には、国と地方の役割分担の抜本的な見直しと、税源移
  譲による税源配分の是正などによる地方税財源の拡充強化が必要である。
   また、増大する財政需要に対応しつつ自主的かつ安定的な財政運営を行うため
  には、大都市の実態に即応した税財政制度を確立する必要がある。
   議会においても、引き続き時宜を捉えて国に対する要望活動を行っていくこと
  が求められる。


                    委員会報告書(写)
                      (議 案)
                                       平成27年12月定例会
総務財政委員会
┌─────┬──────────────────────────────────┬─────┐
│ 議案番号 │             件      名             │ 結 果 │
├─────┼──────────────────────────────────┼─────┤
│ 第172号 │北九州市行政不服審査会条例について                 │ 可 決 │
├─────┼──────────────────────────────────┼─────┤
│ 第173号 │北九州市情報公開条例の一部改正について               │ 可 決 │
├─────┼──────────────────────────────────┼─────┤
│ 第174号 │北九州市個人情報保護条例等の一部改正について            │ 可 決 │
├─────┼──────────────────────────────────┼─────┤
│ 第175号 │行政不服審査法の施行に伴う関係条例の整備に関する条例について    │ 可 決 │
├─────┼──────────────────────────────────┼─────┤
│ 第176号 │北九州市職員の再任用に関する条例の一部改正について         │ 可 決 │
├─────┼──────────────────────────────────┼─────┤
│ 第177号 │地方公務員法の一部改正に伴う関係条例の整備に関する条例について   │ 可 決 │
├─────┼──────────────────────────────────┼─────┤
│ 第178号 │北九州市職員の給与に関する条例等の一部改正について         │ 可 決 │
├─────┼──────────────────────────────────┼─────┤
│ 第179号 │北九州市職員退職手当支給条例の一部改正について           │ 可 決 │
├─────┼──────────────────────────────────┼─────┤
│ 第180号 │北九州市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条   │ 可 決 │
│     │例の一部改正について                        │     │
├─────┼──────────────────────────────────┼─────┤
│ 第181号 │北九州市個人番号の利用に関する条例について             │ 可 決 │
├─────┼──────────────────────────────────┼─────┤
│ 第182号 │北九州市手数料条例の一部改正について                │ 可 決 │
├─────┼──────────────────────────────────┼─────┤
│ 第183号 │北九州市市税条例の一部改正について                 │ 可 決 │
├─────┼──────────────────────────────────┼─────┤
│ 第184号 │北九州市スポーツ施設条例及び北九州市都市公園、霊園、駐車場等の   │ 可 決 │
│     │設置及び管理に関する条例の一部改正について             │     │
├─────┼──────────────────────────────────┼─────┤
│ 第192号 │八幡東消防署移転新築工事請負契約の一部変更について         │ 可 決 │
├─────┼──────────────────────────────────┼─────┤
│ 第193号 │ひびきの小学校等複合施設新築工事請負契約の一部変更について     │ 可 決 │
├─────┼──────────────────────────────────┼─────┤
│ 第194号 │当せん金付証票の発売について                    │ 可 決 │
├─────┼──────────────────────────────────┼─────┤
│ 第199号 │指定管理者の指定について(北九州市立男女共同参画センター等)    │ 可 決 │
├─────┼──────────────────────────────────┼─────┤
│ 第226号 │平成27年度北九州市一般会計補正予算についてのうち所管分       │ 可 決 │
└─────┴──────────────────────────────────┴─────┘

建築消防委員会
┌─────┬──────────────────────────────────┬─────┐
│ 議案番号 │             件      名             │ 結 果 │
├─────┼──────────────────────────────────┼─────┤
│ 第188号 │北九州市消防本部及び消防署の設置等に関する条例の一部改正につい   │ 可 決 │
│     │て                                 │     │
├─────┼──────────────────────────────────┼─────┤
│ 第189号 │北九州市火災予防条例の一部改正について               │ 可 決 │
├─────┼──────────────────────────────────┼─────┤
│ 第190号 │北九州市消防団員等公務災害補償条例の一部改正について        │ 可 決 │
├─────┼──────────────────────────────────┼─────┤
│ 第226号 │平成27年度北九州市一般会計補正予算についてのうち所管分       │ 可 決 │
├─────┼──────────────────────────────────┼─────┤
│ 第230号 │平成27年度北九州市土地区画整理特別会計補正予算について       │ 可 決 │
└─────┴──────────────────────────────────┴─────┘

環境建設委員会
┌─────┬──────────────────────────────────┬─────┐
│ 議案番号 │             件      名             │ 結 果 │
├─────┼──────────────────────────────────┼─────┤
│ 第195号 │市道路線の認定、変更及び廃止について                │ 可 決 │
├─────┼──────────────────────────────────┼─────┤
│ 第196号 │鹿児島本線門司・小倉間仮称砂津架道橋新設工事委託協定の一部変更   │ 可 決 │
│     │について                              │     │
├─────┼──────────────────────────────────┼─────┤
│ 第197号 │黒崎城石黒崎1号線道路改築事業に伴う鹿児島本線黒崎駅構内自由通   │ 可 決 │
│     │路新設工事委託協定締結について                   │     │
├─────┼──────────────────────────────────┼─────┤
│ 第226号 │平成27年度北九州市一般会計補正予算についてのうち所管分       │ 可 決 │
├─────┼──────────────────────────────────┼─────┤
│ 第232号 │平成27年度北九州市廃棄物発電特別会計補正予算について        │ 可 決 │
└─────┴──────────────────────────────────┴─────┘

保健病院委員会
┌─────┬──────────────────────────────────┬─────┐
│ 議案番号 │             件      名             │ 結 果 │
├─────┼──────────────────────────────────┼─────┤
│ 第185号 │北九州市社会福祉施設の設置及び管理に関する条例の一部改正につい   │ 可 決 │
│     │て                                 │     │
├─────┼──────────────────────────────────┼─────┤
│ 第186号 │北九州市健康づくりセンター条例の廃止について            │ 可 決 │
├─────┼──────────────────────────────────┼─────┤
│ 第187号 │北九州市病院及び診療所の専属薬剤師の配置並びに病院の人員及び施   │ 可 決 │
│     │設の基準に関する条例についてて                   │     │
├─────┼──────────────────────────────────┼─────┤
│ 第200号 │指定管理者の指定について(北九州市立門司勤労青少年ホーム等)    │ 可 決 │
├─────┼──────────────────────────────────┼─────┤
│ 第201号 │指定管理者の指定について(北九州市立特別養護老人ホームかざし    │ 可 決 │
│     │園)                                │     │
├─────┼──────────────────────────────────┼─────┤
│ 第202号 │指定管理者の指定について(北九州市立総合療育センター)       │ 可 決 │
├─────┼──────────────────────────────────┼─────┤
│ 第203号 │指定管理者の指定について(北九州市立総合療育センター西部分所)   │ 可 決 │
├─────┼──────────────────────────────────┼─────┤
│ 第204号 │指定管理者の指定について(北九州市立到津ひまわり学園)       │ 可 決 │
├─────┼──────────────────────────────────┼─────┤
│ 第205号 │指定管理者の指定について(北九州市立北方ひまわり学園)       │ 可 決 │
├─────┼──────────────────────────────────┼─────┤
│ 第206号 │指定管理者の指定について(北九州市立若松ひまわり学園)       │ 可 決 │
├─────┼──────────────────────────────────┼─────┤
│ 第207号 │指定管理者の指定について(北九州市立引野ひまわり学園)       │ 可 決 │
├─────┼──────────────────────────────────┼─────┤
│ 第208号 │指定管理者の指定について(北九州市立日明リサイクル工房)      │ 可 決 │
├─────┼──────────────────────────────────┼─────┤
│ 第209号 │指定管理者の指定について(北九州市立本城リサイクル工房)      │ 可 決 │
├─────┼──────────────────────────────────┼─────┤
│ 第210号 │指定管理者の指定について(北九州市立浅野社会復帰センター)     │ 可 決 │
├─────┼──────────────────────────────────┼─────┤
│ 第211号 │指定管理者の指定について(北九州市立浅野工芸舎)          │ 可 決 │
├─────┼──────────────────────────────────┼─────┤
│ 第212号 │指定管理者の指定について(北九州市立洞海工芸舎)          │ 可 決 │
├─────┼──────────────────────────────────┼─────┤
│ 第213号 │指定管理者の指定について(北九州市立若松工芸舎)          │ 可 決 │
├─────┼──────────────────────────────────┼─────┤
│ 第214号 │指定管理者の指定について(北九州市立八幡東工芸舎)         │ 可 決 │
├─────┼──────────────────────────────────┼─────┤
│ 第215号 │指定管理者の指定について(北九州市立門司障害者地域活動センタ    │ 可 決 │
│     │ー)                                │     │
├─────┼──────────────────────────────────┼─────┤
│ 第216号 │指定管理者の指定について(北九州市立小倉南障害者地域活動センタ   │ 可 決 │
│     │ー)                                │     │
├─────┼──────────────────────────────────┼─────┤
│ 第217号 │指定管理者の指定について(北九州市立八幡西障害者地域活動センタ   │ 可 決 │
│     │ー)                                │     │
└─────┴──────────────────────────────────┴─────┘

保健病院委員会(続き)
┌─────┬──────────────────────────────────┬─────┐
│ 議案番号 │             件      名             │ 結 果 │
├─────┼──────────────────────────────────┼─────┤
│ 第218号 │指定管理者の指定について(北九州市立おぐまの保育所)        │ 可 決 │
├─────┼──────────────────────────────────┼─────┤
│ 第219号 │指定管理者の指定について(北九州市立小倉北ふれあい保育所(乳児   │ 可 決 │
│     │部)(夜間部))                          │     │
├─────┼──────────────────────────────────┼─────┤
│ 第220号 │指定管理者の指定について(北九州市立北方保育所)          │ 可 決 │
├─────┼──────────────────────────────────┼─────┤
│ 第221号 │指定管理者の指定について(北九州市立古前保育所)          │ 可 決 │
├─────┼──────────────────────────────────┼─────┤
│ 第222号 │指定管理者の指定について(北九州市立八幡東さくら保育所)      │ 可 決 │
├─────┼──────────────────────────────────┼─────┤
│ 第223号 │指定管理者の指定について(北九州市立陣原保育所)          │ 可 決 │
├─────┼──────────────────────────────────┼─────┤
│ 第224号 │指定管理者の指定について(北九州市立千防保育所)          │ 可 決 │
├─────┼──────────────────────────────────┼─────┤
│ 第225号 │指定管理者の指定について(北九州市立ユースステーション)      │ 可 決 │
├─────┼──────────────────────────────────┼─────┤
│ 第226号 │平成27年度北九州市一般会計補正予算についてのうち所管分       │ 可 決 │
├─────┼──────────────────────────────────┼─────┤
│ 第234号 │平成27年度北九州市後期高齢者医療特別会計補正予算について      │ 可 決 │
└─────┴──────────────────────────────────┴─────┘

教育水道委員会
┌─────┬──────────────────────────────────┬─────┐
│ 議案番号 │             件      名             │ 結 果 │
├─────┼──────────────────────────────────┼─────┤
│ 第191号 │北九州市教育施設の設置及び管理に関する条例の一部改正について    │ 可 決 │
├─────┼──────────────────────────────────┼─────┤
│ 第226号 │平成27年度北九州市一般会計補正予算についてのうち所管分       │ 可 決 │
├─────┼──────────────────────────────────┼─────┤
│ 第235号 │平成27年度北九州市上水道事業会計補正予算について          │ 可 決 │
└─────┴──────────────────────────────────┴─────┘

経済港湾委員会
┌─────┬──────────────────────────────────┬─────┐
│ 議案番号 │             件      名             │ 結 果 │
├─────┼──────────────────────────────────┼─────┤
│ 第198号 │市有地の処分について                        │ 可 決 │
├─────┼──────────────────────────────────┼─────┤
│ 第226号 │平成27年度北九州市一般会計補正予算についてのうち所管分       │ 可 決 │
├─────┼──────────────────────────────────┼─────┤
│ 第227号 │平成27年度北九州市卸売市場特別会計補正予算について         │ 可 決 │
├─────┼──────────────────────────────────┼─────┤
│ 第228号 │平成27年度北九州市渡船特別会計補正予算について           │ 可 決 │
├─────┼──────────────────────────────────┼─────┤
│ 第229号 │平成27年度北九州市競輪、競艇特別会計補正予算について        │ 可 決 │
├─────┼──────────────────────────────────┼─────┤
│ 第231号 │平成27年度北九州市港湾整備特別会計補正予算について         │ 可 決 │
├─────┼──────────────────────────────────┼─────┤
│ 第233号 │平成27年度北九州市漁業集落排水特別会計補正予算について       │ 可 決 │
└─────┴──────────────────────────────────┴─────┘

                   委員会報告書(写)
                     (陳 情)
                                      平成27年12月定例会

総務財政委員会
 不採択とすべきもの
┌──────┬────────────────────────────────┬──────┐
│ 陳情番号 │         件            名         │ 委員会での │
│      │                                │ 議決月日 │
├──────┼────────────────────────────────┼──────┤
│  第69号  │城野遺跡の現地保存と活用について                │ 12月10日 │
├──────┼────────────────────────────────┼──────┤
│  第96号  │八幡市民会館の将来像の再検討について              │ 10月28日 │
├──────┼────────────────────────────────┼──────┤
│ 第112号  │八幡市民会館の存続について                   │ 10月28日 │
├──────┼────────────────────────────────┼──────┤
│ 第121号  │城野遺跡の遺跡公園としての整備・活用について          │ 12月10日 │
├──────┼────────────────────────────────┼──────┤
│ 第122号  │八幡市民会館のモダンムーブメントの建築への選定に係る市民へ   │ 12月10日 │
│      │の周知について                         │      │
├──────┼────────────────────────────────┼──────┤
│ 第124号  │文化区画としての八幡市民会館と八幡図書館の保全について     │ 12月10日 │
├──────┼────────────────────────────────┼──────┤
│ 第127号  │八幡市民会館の廃止方針の撤回について              │ 12月10日 │
└──────┴────────────────────────────────┴──────┘

建築消防委員会
 不採択とすべきもの
┌──────┬────────────────────────────────┬──────┐
│ 陳情番号 │         件            名         │ 委員会での │
│      │                                │ 議決月日 │
├──────┼────────────────────────────────┼──────┤
│  第95号  │八幡駅から市民会館と図書館までの景観・都市空間の価値の検証   │ 11月12日 │
│      │について                            │      │
├──────┼────────────────────────────────┼──────┤
│  第98号  │若戸トンネル内での消防車横転事故について            │ 11月12日 │
├──────┼────────────────────────────────┼──────┤
│ 第114号  │消防車両の無車検運行に係る職員の処分について          │ 11月12日 │
├──────┼────────────────────────────────┼──────┤
│ 第123号  │文化遺産・歴史的価値の視点を加えた公共施設マネジメントにつ   │ 12月10日 │
│      │いて                              │      │
└──────┴────────────────────────────────┴──────┘

環境建設委員会
 不採択とすべきもの
┌──────┬────────────────────────────────┬──────┐
│ 陳情番号 │         件            名         │ 委員会での │
│      │                                │ 議決月日 │
├──────┼────────────────────────────────┼──────┤
│ 第125号  │八幡市民会館及び八幡図書館の存続による小伊藤山公園周辺及び   │ 12月10日 │
│      │帆柱ケーブルの整備・充実について                │      │
└──────┴────────────────────────────────┴──────┘

保健病院委員会
 不採択とすべきもの
┌──────┬────────────────────────────────┬──────┐
│ 陳情番号 │         件            名         │ 委員会での │
│      │                                │ 議決月日 │
├──────┼────────────────────────────────┼──────┤
│ 第102号  │北九州市健康づくりセンターの存続について            │ 12月10日 │
├──────┼────────────────────────────────┼──────┤
│ 第116号  │住宅扶助限度額の引き下げ中止等について             │ 10月28日 │
└──────┴────────────────────────────────┴──────┘

保健病院委員会
 不採択とすべきもの(続き)
┌──────┬────────────────────────────────┬──────┐
│ 陳情番号 │         件            名         │ 委員会での │
│      │                                │ 議決月日 │
├──────┼────────────────────────────────┼──────┤
│ 第117号  │市立八幡病院移転計画の見直しについて              │ 11月12日 │
├──────┼────────────────────────────────┼──────┤
│ 第126号  │市立八幡病院移転計画の中止又は見直しについて          │ 12月10日 │
└──────┴────────────────────────────────┴──────┘

教育水道委員会
 不採択とすべきもの
┌──────┬────────────────────────────────┬──────┐
│ 陳情番号 │         件            名         │ 委員会での │
│      │                                │ 議決月日 │
├──────┼────────────────────────────────┼──────┤
│  第93号  │北九州市立幼稚園の発展的存続について              │ 12月10日 │
├──────┼────────────────────────────────┼──────┤
│  第94号  │松ヶ江幼稚園の存続について                   │ 12月10日 │
├──────┼────────────────────────────────┼──────┤
│  第97号  │八幡図書館の将来像の再検討について               │ 11月11日 │
├──────┼────────────────────────────────┼──────┤
│ 第111号  │若松幼稚園の存続について                    │ 12月10日 │
├──────┼────────────────────────────────┼──────┤
│ 第113号  │八幡図書館の存続について                    │ 11月11日 │
├──────┼────────────────────────────────┼──────┤
│ 第128号  │八幡図書館移転計画の中止について                │ 12月10日 │
└──────┴────────────────────────────────┴──────┘

経済港湾委員会
 不採択とすべきもの
┌──────┬────────────────────────────────┬──────┐
│ 陳情番号 │         件            名         │ 委員会での │
│      │                                │ 議決月日 │
├──────┼────────────────────────────────┼──────┤
│ 第129号  │世界遺産登録と景観重点整備地区・国際通りとの連携による観光   │ 12月10日 │
│      │資源の掘り起こしと増大について                 │      │
└──────┴────────────────────────────────┴──────┘

                 閉会中継続審査申出書(写)
                     (請 願)
                                      平成27年12月定例会

総務財政委員会
┌──────┬───────────────────────────────────────┐
│ 請願番号 │             件           名             │
├──────┼───────────────────────────────────────┤
│  第2号  │消費増税等の負担増を回避するための意見書の提出について            │
├──────┼───────────────────────────────────────┤
│  第6号  │市立体育館の利用料における高齢者の健康づくり活動への減免制度の創設につ    │
│      │いて                                     │
├──────┼───────────────────────────────────────┤
│  第13号  │非核平和都市宣言に関する取り組みについて                   │
└──────┴───────────────────────────────────────┘

建築消防委員会
┌──────┬───────────────────────────────────────┐
│ 請願番号 │             件           名             │
├──────┼───────────────────────────────────────┤
│  第4号  │バス路線の延長及びバス停の設置について                    │
└──────┴───────────────────────────────────────┘

環境建設委員会
┌──────┬───────────────────────────────────────┐
│ 請願番号 │             件           名             │
├──────┼───────────────────────────────────────┤
│  第3号  │小倉南区高野交差点等の早期改善について                    │
└──────┴───────────────────────────────────────┘

保健病院委員会
┌──────┬───────────────────────────────────────┐
│ 請願番号 │             件           名             │
├──────┼───────────────────────────────────────┤
│  第1号  │年金の減額改定を回避するための意見書の提出について              │
├──────┼───────────────────────────────────────┤
│  第9号  │肝硬変・肝がん患者などの療養支援についてのうち第2項及び第3項        │
├──────┼───────────────────────────────────────┤
│  第14号  │年金削減の取りやめと最低保障年金制度の実現について              │
├──────┼───────────────────────────────────────┤
│  第17号  │若者も高齢者も安心できる年金制度の実現を求める意見書の提出について      │
└──────┴───────────────────────────────────────┘

教育水道委員会
┌──────┬───────────────────────────────────────┐
│ 請願番号 │             件           名             │
├──────┼───────────────────────────────────────┤
│  第7号  │全小学校に専科教員、全小中学校に専任学校司書の配置について          │
├──────┼───────────────────────────────────────┤
│  第11号  │市の独自措置を拡大するとともに、小・中学校の全学年で少人数学級を実現     │
│      │し、子供たちに行き届いた教育を行うことについてのうち第2項          │
├──────┼───────────────────────────────────────┤
│  第12号  │教育条件の充実・改善について                         │
├──────┼───────────────────────────────────────┤
│  第15号  │小・中学校全学年での少人数学級の実現についてのうち第2項           │
├──────┼───────────────────────────────────────┤
│  第16号  │学校給食費の無料化について                          │
└──────┴───────────────────────────────────────┘

                 閉会中継続審査申出書(写)
                     (陳 情)
                                       平成27年12月定例会

総務財政委員会
┌──────┬───────────────────────────────────────┐
│ 陳情番号 │             件           名             │
├──────┼───────────────────────────────────────┤
│  第2号  │食品の放射能測定器設置について                        │
├──────┼───────────────────────────────────────┤
│  第5号  │北九州市民球場の移転等及び蹴球場の新設についてのうち第1項          │
├──────┼───────────────────────────────────────┤
│  第6号  │政務調査費使途基準の運用マニュアルの改定について               │
├──────┼───────────────────────────────────────┤
│  第21号  │市民の声に耳をかたむける体制について                     │
├──────┼───────────────────────────────────────┤
│  第27号  │北方領土問題の早期解決と北海道庁を経済協力メンバーに加える意見書の提出    │
│      │について                                   │
├──────┼───────────────────────────────────────┤
│  第31号  │所得税法第56条の廃止について                         │
├──────┼───────────────────────────────────────┤
│  第34号  │通年型アイススケート場の建設について                     │
├──────┼───────────────────────────────────────┤
│  第36号  │森林吸収源対策及び地球温暖化対策に関する地方の財源確保のための意見書に    │
│      │ついて                                    │
├──────┼───────────────────────────────────────┤
│  第38号  │新聞購読料への消費税軽減税率適用を求める意見書の提出について         │
├──────┼───────────────────────────────────────┤
│  第47号  │経済成長戦略の起爆剤としてのプロジェクト及び特区の実現について        │
├──────┼───────────────────────────────────────┤
│  第53号  │旧日本軍慰安婦問題に対する国の誠実な対応を求める意見書について        │
├──────┼───────────────────────────────────────┤
│  第57号  │カジノ等の統合型リゾート施設の誘致への反対について              │
├──────┼───────────────────────────────────────┤
│  第59号  │日本軍慰安婦問題の早期解決を求める意見書について               │
├──────┼───────────────────────────────────────┤
│  第60号  │カジノ解禁推進法案について                          │
├──────┼───────────────────────────────────────┤
│  第68号  │特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律案の廃案を求める意見書につ    │
│      │いて                                     │
├──────┼───────────────────────────────────────┤
│  第77号  │治安維持法犠牲者国家賠償法(仮称)の制定を求める意見書について        │
├──────┼───────────────────────────────────────┤
│  第78号  │共同受信組合運営費助成制度の創設について                   │
├──────┼───────────────────────────────────────┤
│  第80号  │市民センターの修繕等について                         │
├──────┼───────────────────────────────────────┤
│  第82号  │情報公開制度の見直しについて                         │
├──────┼───────────────────────────────────────┤
│ 第103号  │外国人の扶養控除制度の見直しを求める意見書の提出について           │
├──────┼───────────────────────────────────────┤
│ 第107号  │北九州市のイクボス宣言について                        │
├──────┼───────────────────────────────────────┤
│ 第109号  │公道の車庫利用について                            │
├──────┼───────────────────────────────────────┤
│ 第115号  │情報公開審査会のあり方について                        │
└──────┴───────────────────────────────────────┘

建築消防委員会
┌──────┬───────────────────────────────────────┐
│ 陳情番号 │             件           名             │
├──────┼───────────────────────────────────────┤
│  第19号  │折尾駅についてのうち第3項                          │
└──────┴───────────────────────────────────────┘

建築消防委員会(続き)
┌──────┬───────────────────────────────────────┐
│ 陳情番号 │             件           名             │
├──────┼───────────────────────────────────────┤
│  第20号  │市住宅供給公社設置の団地集会所の使用料無料化について             │
├──────┼───────────────────────────────────────┤
│  第26号  │都市計画道路6号線の見直しについて                      │
├──────┼───────────────────────────────────────┤
│ 第104号  │福岡県警折尾警察署跡地の利用計画について                   │
└──────┴───────────────────────────────────────┘

環境建設委員会
┌──────┬───────────────────────────────────────┐
│ 陳情番号 │             件           名             │
├──────┼───────────────────────────────────────┤
│  第4号  │放射能測定について                              │
├──────┼───────────────────────────────────────┤
│  第12号  │大野川河口及び入水口への防津波水門の設置について               │
├──────┼───────────────────────────────────────┤
│  第14号  │家庭ごみの指定袋について                           │
├──────┼───────────────────────────────────────┤
│  第24号  │北九州市で排出されたPM2.5の組成分析について                 │
├──────┼───────────────────────────────────────┤
│  第41号  │降下ばいじんの測定場所及び基準値について                   │
├──────┼───────────────────────────────────────┤
│ 第110号  │屋外広告物条例違反者に対する行政指導について                 │
├──────┼───────────────────────────────────────┤
│ 第120号  │小田山霊園内慰霊碑の碑文及び由来文の書きかえについて             │
└──────┴───────────────────────────────────────┘

保健病院委員会
┌──────┬───────────────────────────────────────┐
│ 陳情番号 │             件           名             │
├──────┼───────────────────────────────────────┤
│  第17号  │北九州市国民健康保険運営協議会について                    │
├──────┼───────────────────────────────────────┤
│  第32号  │生活保護の申請権を守ることについて                      │
├──────┼───────────────────────────────────────┤
│  第39号  │生活保護の申請、決定と通知の改善について                   │
├──────┼───────────────────────────────────────┤
│  第40号  │二重払いの国民健康保険料還付請求について                   │
├──────┼───────────────────────────────────────┤
│  第43号  │精神障害者と家族への支援の拡充について                    │
├──────┼───────────────────────────────────────┤
│  第45号  │成人用肺炎球菌ワクチン接種への公費助成について                │
├──────┼───────────────────────────────────────┤
│  第48号  │生活保護利用者へのエアコン設置援助等の改善等について             │
├──────┼───────────────────────────────────────┤
│  第58号  │生活保護法改正の7月実施に当たり、困窮者の締め出しが生じない対応を求め    │
│      │ることについて                                │
├──────┼───────────────────────────────────────┤
│  第61号  │中学校3年生までの通院医療費の助成について                  │
├──────┼───────────────────────────────────────┤
│  第67号  │障害者用タクシーチケットの改善について                    │
├──────┼───────────────────────────────────────┤
│  第71号  │学童保育の拡充について                            │
├──────┼───────────────────────────────────────┤
│  第74号  │葛原東ふれあい年長者いこいの家の拡張について                 │
├──────┼───────────────────────────────────────┤
│  第81号  │食品への異物混入事案に係る保健所の対応の是正について             │
├──────┼───────────────────────────────────────┤
│  第91号  │子宮頸がん予防ワクチン副反応被害者に対する支援について            │
├──────┼───────────────────────────────────────┤
│ 第101号  │市立病院の全患者に係る喫煙者・非喫煙者別の治療費の算出について        │
└──────┴───────────────────────────────────────┘

保健病院委員会(続き)
┌──────┬───────────────────────────────────────┐
│ 陳情番号 │             件           名             │
├──────┼───────────────────────────────────────┤
│ 第106号  │北九州市の成人式について                           │
└──────┴───────────────────────────────────────┘

教育水道委員会
┌──────┬───────────────────────────────────────┐
│ 陳情番号 │             件           名             │
├──────┼───────────────────────────────────────┤
│  第3号  │学校、幼稚園、保育園の給食の放射能測定について                │
├──────┼───────────────────────────────────────┤
│  第54号  │旧日本軍慰安婦問題に対する国の誠実な対応を求める意見書について        │
├──────┼───────────────────────────────────────┤
│  第72号  │八幡東ニュータウン調整池の清掃・しゅんせつ作業の実施について         │
├──────┼───────────────────────────────────────┤
│  第75号  │都市計画道路6号線建設に係る排水対策について                 │
├──────┼───────────────────────────────────────┤
│ 第118号  │行き届いた教育を行うための少人数学級の実施について              │
└──────┴───────────────────────────────────────┘

経済港湾委員会
┌──────┬───────────────────────────────────────┐
│ 陳情番号 │             件           名             │
├──────┼───────────────────────────────────────┤
│  第10号  │東京一極集中を排し地方復権を図るため地方の国立大学を地方復権の拠点と     │
│      │し、予算の大幅増額、支援を強化する意見書の提出について            │
├──────┼───────────────────────────────────────┤
│ 第100号  │魚釣り禁止場所の開放と整備による効果の調査・検討について           │
└──────┴───────────────────────────────────────┘

議会運営委員会
┌──────┬───────────────────────────────────────┐
│ 陳情番号 │             件           名             │
├──────┼───────────────────────────────────────┤
│  第85号  │議会委員会及び議会事務局の運営方法の改善について               │
├──────┼───────────────────────────────────────┤
│  第90号  │本会議傍聴者専用エレベーターの設置及び傍聴席通路の一部スロープ化につい    │
│      │て                                      │
├──────┼───────────────────────────────────────┤
│  第99号  │陳情の審議未了件数の削減について                       │
├──────┼───────────────────────────────────────┤
│ 第105号  │陳情の付託手続の改善について                         │
└──────┴───────────────────────────────────────┘

                閉会中継続調査申出書(写)
                                 平成27年12月定例会

┌─────────────┬───────────────────────────┐
│     委員会名     │       件           名       │
├─────────────┼───────────────────────────┤
│   総務財政委員会   │○ 行財政改革について                │
├─────────────┼───────────────────────────┤
│   建築消防委員会   │○ 公共施設のマネジメントについて          │
│             │○ 公共交通のあり方について             │
├─────────────┼───────────────────────────┤
│   環境建設委員会   │○ 環境未来都市にふさわしいまちづくりについて    │
│             │○ 公園事業について                 │
├─────────────┼───────────────────────────┤
│   保健病院委員会   │○ 高齢者支援について                │
│             │○ 子ども・子育て支援新制度について         │
├─────────────┼───────────────────────────┤
│   教育水道委員会   │○ 学力向上について                 │
├─────────────┼───────────────────────────┤
│             │○ 中小企業振興について               │
│   経済港湾委員会   │○ 集客交流産業の拡充について            │
│             │○ 鳥獣被害対策について               │
└─────────────┴───────────────────────────┘


   地方自治法第123条第2項の規定により署名する。


            議  長    戸 町 武 弘

            副 議 長    山 本 眞智子

            議  員    新 上 健 一

            議  員    柳 井   誠

長提出議案
┌──────┬─────────────────────────┬──────┬──────┐
│ 議案番号 │       件         名       │ 議決月日 │ 議決結果 │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│ 第172号  │北九州市行政不服審査会条例について        │  12.11  │  可 決  │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│ 第173号  │北九州市情報公開条例の一部改正について      │  12.11  │  可 決  │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│ 第174号  │北九州市個人情報保護条例等の一部改正について   │  12.11  │  可 決  │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│ 第175号  │行政不服審査法の施行に伴う関係条例の整備に関する条│  12.11  │  可 決  │
│      │例について                    │      │      │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│ 第176号  │北九州市職員の再任用に関する条例の一部改正について│  12.11  │  可 決  │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│ 第177号  │地方公務員法の一部改正に伴う関係条例の整備に関する│  12.11  │  可 決  │
│      │条例について                   │      │      │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│ 第178号  │北九州市職員の給与に関する条例等の一部改正について│  12.11  │  可 決  │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│ 第179号  │北九州市職員退職手当支給条例の一部改正について  │  12.11  │  可 決  │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│ 第180号  │北九州市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償│  12.11  │  可 決  │
│      │等に関する条例の一部改正について         │      │      │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│ 第181号  │北九州市個人番号の利用に関する条例について    │  12.11  │  可 決  │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│ 第182号  │北九州市手数料条例の一部改正について       │  12.11  │  可 決  │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│ 第183号  │北九州市市税条例の一部改正について        │  12.11  │  可 決  │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│      │北九州市スポーツ施設条例及び北九州市都市公園、霊 │      │      │
│ 第184号  │園、駐車場等の設置及び管理に関する条例の一部改正に│  12.11  │  可 決  │
│      │ついて                      │      │      │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│ 第185号  │北九州市社会福祉施設の設置及び管理に関する条例の一│  12.11  │  可 決  │
│      │部改正について                  │      │      │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│ 第186号  │北九州市健康づくりセンター条例の廃止について   │  12.11  │  可 決  │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│ 第187号  │北九州市病院及び診療所の専属薬剤師の配置並びに病院│  12.11  │  可 決  │
│      │の人員及び施設の基準に関する条例について     │      │      │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│ 第188号  │北九州市消防本部及び消防署の設置等に関する条例の一│  12.11  │  可 決  │
│      │部改正について                  │      │      │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│ 第189号  │北九州市火災予防条例の一部改正について      │  12.11  │  可 決  │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│ 第190号  │北九州市消防団員等公務災害補償条例の一部改正につい│  12.11  │  可 決  │
│      │て                        │      │      │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│ 第191号  │北九州市教育施設の設置及び管理に関する条例の一部改│  12.11  │  可 決  │
│      │正について                    │      │      │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│ 第192号  │八幡東消防署移転新築工事請負契約の一部変更について│  12.11  │  可 決  │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│ 第193号  │ひびきの小学校等複合施設新築工事請負契約の一部変更│  12.11  │  可 決  │
│      │について                     │      │      │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│ 第194号  │当せん金付証票の発売について           │  12.11  │  可 決  │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│ 第195号  │市道路線の認定、変更及び廃止について       │  12.11  │  可 決  │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│ 第196号  │鹿児島本線門司・小倉間仮称砂津架道橋新設工事委託協│  12.11  │  可 決  │
│      │定の一部変更について               │      │      │
└──────┴─────────────────────────┴──────┴──────┘

┌──────┬─────────────────────────┬──────┬──────┐
│ 議案番号 │       件         名       │ 議決月日 │ 議決結果 │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│ 第197号  │黒崎城石黒崎1号線道路改築事業に伴う鹿児島本線黒崎│  12.11  │  可 決  │
│      │駅構内自由通路新設工事委託協定締結について    │      │      │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│ 第198号  │市有地の処分について               │  12.11  │  可 決  │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│ 第199号  │指定管理者の指定について(北九州市立男女共同参画セ│  12.11  │  可 決  │
│      │ンター等)                    │      │      │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│ 第200号  │指定管理者の指定について(北九州市立門司勤労青少年│  12.11  │  可 決  │
│      │ホーム等)                    │      │      │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│ 第201号  │指定管理者の指定について(北九州市立特別養護老人ホ│  12.11  │  可 決  │
│      │ームかざし園)                  │      │      │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│ 第202号  │指定管理者の指定について(北九州市立総合療育センタ│  12.11  │  可 決  │
│      │ー)                       │      │      │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│ 第203号  │指定管理者の指定について(北九州市立総合療育センタ│  12.11  │  可 決  │
│      │ー西部分所)                   │      │      │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│ 第204号  │指定管理者の指定について(北九州市立到津ひまわり学│  12.11  │  可 決  │
│      │園)                       │      │      │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│ 第205号  │指定管理者の指定について(北九州市立北方ひまわり学│  12.11  │  可 決  │
│      │園)                       │      │      │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│ 第206号  │指定管理者の指定について(北九州市立若松ひまわり学│  12.11  │  可 決  │
│      │園)                       │      │      │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│ 第207号  │指定管理者の指定について(北九州市立引野ひまわり学│  12.11  │  可 決  │
│      │園)                       │      │      │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│ 第208号  │指定管理者の指定について(北九州市立日明リサイクル│  12.11  │  可 決  │
│      │工房)                      │      │      │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│ 第209号  │指定管理者の指定について(北九州市立本城リサイクル│  12.11  │  可 決  │
│      │工房)                      │      │      │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│ 第210号  │指定管理者の指定について(北九州市立浅野社会復帰セ│  12.11  │  可 決  │
│      │ンター)                     │      │      │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│ 第211号  │指定管理者の指定について(北九州市立浅野工芸舎) │  12.11  │  可 決  │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│ 第212号  │指定管理者の指定について(北九州市立洞海工芸舎) │  12.11  │  可 決  │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│ 第213号  │指定管理者の指定について(北九州市立若松工芸舎) │  12.11  │  可 決  │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│ 第214号  │指定管理者の指定について(北九州市立八幡東工芸舎)│  12.11  │  可 決  │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│ 第215号  │指定管理者の指定について(北九州市立門司障害者地域│  12.11  │  可 決  │
│      │活動センター)                  │      │      │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│ 第216号  │指定管理者の指定について(北九州市立小倉南障害者地│  12.11  │  可 決  │
│      │域活動センター)                 │      │      │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│ 第217号  │指定管理者の指定について(北九州市立八幡西障害者地│  12.11  │  可 決  │
│      │域活動センター)                 │      │      │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│ 第218号  │指定管理者の指定について(北九州市立おぐまの保育 │  12.11  │  可 決  │
│      │所)                       │      │      │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│ 第219号  │指定管理者の指定について(北九州市立小倉北ふれあい│  12.11  │  可 決  │
│      │保育所(乳児部)(夜間部))           │      │      │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│ 第220号  │指定管理者の指定について(北九州市立北方保育所) │  12.11  │  可 決  │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│ 第221号  │指定管理者の指定について(北九州市立古前保育所) │  12.11  │  可 決  │
└──────┴─────────────────────────┴──────┴──────┘

┌──────┬─────────────────────────┬──────┬──────┐
│ 議案番号 │       件         名       │ 議決月日 │ 議決結果 │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│ 第222号  │指定管理者の指定について(北九州市立八幡東さくら保│  12.11  │  可 決  │
│      │育所)                      │      │      │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│ 第223号  │指定管理者の指定について(北九州市立陣原保育所) │  12.11  │  可 決  │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│ 第224号  │指定管理者の指定について(北九州市立千防保育所) │  12.11  │  可 決  │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│ 第225号  │指定管理者の指定について(北九州市立ユースステーシ│  12.11  │  可 決  │
│      │ョン)                      │      │      │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│ 第226号  │平成27年度北九州市一般会計補正予算について    │  12.11  │  可 決  │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│ 第227号  │平成27年度北九州市卸売市場特別会計補正予算について│  12.11  │  可 決  │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│ 第228号  │平成27年度北九州市渡船特別会計補正予算について  │  12.11  │  可 決  │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│ 第229号  │平成27年度北九州市競輪、競艇特別会計補正予算につい│  12.11  │  可 決  │
│      │て                        │      │      │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│ 第230号  │平成27年度北九州市土地区画整理特別会計補正予算につ│  12.11  │  可 決  │
│      │いて                       │      │      │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│ 第231号  │平成27年度北九州市港湾整備特別会計補正予算について│  12.11  │  可 決  │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│ 第232号  │平成27年度北九州市廃棄物発電特別会計補正予算につい│  12.11  │  可 決  │
│      │て                        │      │      │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│ 第233号  │平成27年度北九州市漁業集落排水特別会計補正予算につ│  12.11  │  可 決  │
│      │いて                       │      │      │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│ 第234号  │平成27年度北九州市後期高齢者医療特別会計補正予算に│  12.11  │  可 決  │
│      │ついて                      │      │      │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│ 第235号  │平成27年度北九州市上水道事業会計補正予算について │  12.11  │  可 決  │
└──────┴─────────────────────────┴──────┴──────┘

議員提出議案
┌──────┬─────────────────────────┬──────┬──────┐
│ 議案番号 │       件         名       │ 議決月日 │ 議決結果 │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│  第39号  │ブラッドパッチ療法の保険適用及び脳脊髄液減少症の治│  12.11  │  可 決  │
│      │療推進を求める意見書について           │      │      │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│  第40号  │子ども・子育て支援新制度に対する意見書について  │  12.11  │  可 決  │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│  第41号  │中学校夜間学級の整備と拡充を求める意見書について │  12.11  │  可 決  │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│  第42号  │国外扶養親族に係る扶養控除制度の適正化を求める意見│  12.11  │  可 決  │
│      │書について                    │      │      │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│  第43号  │マイナンバー制度の円滑な運営に係る財源確保等地方公│  12.11  │  可 決  │
│      │共団体の負担軽減を求める意見書について      │      │      │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│  第44号  │消費税における軽減税率の導入実現を求める意見書につ│  12.11  │  可 決  │
│      │いて                       │      │      │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│  第45号  │TPP協定についての情報公開と国会審議の徹底を求め│  12.11  │  否 決  │
│      │る意見書について                 │      │      │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│  第46号  │日本国憲法の規定に基づく臨時国会召集に関する意見書│  12.11  │  否 決  │
│      │について                     │      │      │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│  第47号  │原子力発電所再稼働中止を求める意見書について   │  12.11  │  否 決  │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│  第48号  │沖縄県名護市辺野古への米軍基地建設を断念するよう求│  12.11  │  否 決  │
│      │める意見書についてついて             │      │      │
└──────┴─────────────────────────┴──────┴──────┘

請 願
┌──────┬─────────────────────────┬──────┬──────┐
│ 請願番号 │       件         名       │ 議決月日 │ 議決結果 │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│  第1号  │年金の減額改定を回避するための意見書の提出に   │  12.11  │ 継続審査 │
│      │ついて                      │      │      │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│  第2号  │消費増税等の負担増を回避するための意見書の提   │  12.11  │ 継続審査 │
│      │出について                    │      │      │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│  第3号  │小倉南区高野交差点等の早期改善について      │  12.1 1 │ 継続審査 │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│  第4号  │バス路線の延長及びバス停の設置について      │  12.11  │ 継続審査 │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│  第6号  │市立体育館の利用料における高齢者の健康づくり   │  12.1 1 │ 継続審査 │
│      │活動への減免制度の創設              │      │      │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│  第7号  │全小学校に専科教員、全小中学校に専任学校司書   │  12.11  │ 継続審査 │
│      │の配置について                  │      │      │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│  第9号  │肝硬変・肝がん患者などの療養支援について(第   │  12.11  │ 継続審査 │
│      │2項、第3項)                  │      │      │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│      │市の独自措置を拡大するとともに、小・中学校の   │      │      │
│  第11号  │全学年で少人数学級を実現し、子供たちに行き届   │  12.11  │ 継続審査 │
│      │いた教育を行うことについて(第2項)       │      │      │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│  第12号  │教育条件の充実・改善について           │  12.11  │ 継続審査 │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│  第13号  │非核平和都市宣言に関する取り組みについて     │  12.11  │ 継続審査 │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│  第14号  │年金削減の取りやめと最低保障年金制度の実現に   │  12.11  │ 継続審査 │
│      │ついて                      │      │      │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│  第15号  │小・中学校全学年での少人数学級の実現について   │  12.11  │ 継続審査 │
│      │(第2項)                    │      │      │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│  第16号  │学校給食費の無料化について            │  12.11  │ 継続審査 │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│  第17号  │若者も高齢者も安心できる年金制度の実現を求め   │  12.11  │ 継続審査 │
│      │る意見書の提出について              │      │      │
└──────┴─────────────────────────┴──────┴──────┘

陳 情
┌──────┬─────────────────────────┬──────┬──────┐
│ 陳情番号 │       件         名       │ 議決月日 │ 議決結果 │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│  第2号  │食品の放射能測定器設置について          │  12.11  │ 継続審査 │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│  第3号  │学校、幼稚園、保育園の給食の放射能測定につい   │  12.11  │ 継続審査 │
│      │て                        │      │      │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│  第4号  │放射能測定について                │  12.11  │ 継続審査 │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│  第5号  │北九州市民球場の移転等及び蹴球場の新設につい   │  12.11  │ 継続審査 │
│      │て(第1項)                   │      │      │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│  第6号  │政務調査費使途基準の運用マニュアルの改定につ   │  12.11  │ 継続審査 │
│      │いて                       │      │      │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│      │東京一極集中を排し地方復権を図るため地方の国   │      │      │
│  第10号  │立大学を地方復権の拠点とし、予算の大幅増額、   │  12.11  │ 継続審査 │
│      │支援を強化する意見書の提出について        │      │      │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│  第12号  │大野川河口及び入水口への防津波水門の設置につ   │  12.11  │ 継続審査 │
│      │いて                       │      │      │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│  第14号  │家庭ごみの指定袋について             │  12.11  │ 継続審査 │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│  第17号  │北九州市国民健康保険運営協議会について      │  12.11  │ 継続審査 │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│  第19号  │折尾駅について(第3項)             │  12.11  │ 継続審査 │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│  第20号  │市住宅供給公社設置の団地集会所の使用料無料化   │  12.11  │ 継続審査 │
│      │について                     │      │      │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│  第21号  │市民の声に耳をかたむける体制について       │  12.11  │ 継続審査 │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│  第24号  │北九州市で排出されたPM2.5の組成分析について   │  12.11  │ 継続審査 │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│  第26号  │都市計画道路6号線の見直しについて        │  12.11  │ 継続審査 │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│  第27号  │北方領土問題の早期解決と北海道庁を経済協力メ   │  12.11  │ 継続審査 │
│      │ンバーに加える意見書の提出について        │      │      │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│  第31号  │所得税法第56条の廃止について           │  12.11  │ 継続審査 │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│  第32号  │生活保護の申請権を守ることについて        │  12.11  │ 継続審査 │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│  第34号  │通年型アイススケート場の建設について       │  12.11  │ 継続審査 │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│  第36号  │森林吸収源対策及び地球温暖化対策に関する地方   │  12.11  │ 継続審査 │
│      │の財源確保のための意見書について         │      │      │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│  第38号  │新聞購読料への消費税軽減税率適用を求める意見   │  12.11  │ 継続審査 │
│      │書の提出について                 │      │      │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│  第39号  │生活保護の申請、決定と通知の改善について     │  12.11  │ 継続審査 │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│  第40号  │二重払いの国民健康保険料還付請求について     │  12.11  │ 継続審査 │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│  第41号  │降下ばいじんの測定場所及び基準値について     │  12.11  │ 継続審査 │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│  第43号  │精神障害者と家族への支援の拡充について      │  12.11  │ 継続審査 │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│  第45号  │成人用肺炎球菌ワクチン接種への公費助成につい   │  12.11  │ 継続審査 │
│      │て                        │      │      │
└──────┴─────────────────────────┴──────┴──────┘

┌──────┬─────────────────────────┬──────┬──────┐
│ 陳情番号 │       件         名       │ 議決月日 │ 議決結果 │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│  第47号  │経済成長戦略の起爆剤としてのプロジェクト及び   │  12.11  │ 継続審査 │
│      │特区の実現について                │      │      │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│  第48号  │生活保護利用者へのエアコン設置援助等の改善等   │  12.11  │ 継続審査 │
│      │について                     │      │      │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│  第53号  │旧日本軍慰安婦問題に対する国の誠実な対応を求   │  12.11  │ 継続審査 │
│      │める意見書について                │      │      │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│  第54号  │旧日本軍慰安婦問題に対する国の誠実な対応を求   │  12.11  │ 継続審査 │
│      │める意見書について                │      │      │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│  第57号  │カジノ等の統合型リゾート施設の誘致への反対に   │  12.11  │ 継続審査 │
│      │ついて                      │      │      │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│  第58号  │生活保護法改正の7月実施に当たり、困窮者の締   │  12.11  │ 継続審査 │
│      │め出しが生じない対応を求めることについて     │      │      │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│  第59号  │日本軍慰安婦問題の早期解決を求める意見書につ   │  12.11  │ 継続審査 │
│      │いて                       │      │      │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│  第60号  │カジノ解禁推進法案について            │  12.11  │ 継続審査 │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│  第61号  │中学校3年生までの通院医療費の助成について    │  12.11  │ 継続審査 │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│  第67号  │障害者用タクシーチケットの改善について      │  12.11  │ 継続審査 │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│  第68号  │特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律   │  12.11  │ 継続審査 │
│      │案の廃案を求める意見書              │      │      │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│  第69号  │城野遺跡の現地保存と活用について         │  12.11  │ 不 採 択 │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│  第71号  │学童保育の拡充について              │  12.11  │ 継続審査 │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│  第72号  │八幡東ニュータウン調整池の清掃・しゅんせつ作   │  12.11  │ 継続審査 │
│      │業の実施について                 │      │      │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│  第74号  │葛原東ふれあい年長者いこいの家の拡張について   │  12.11  │ 継続審査 │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│  第75号  │都市計画道路6号線建設に係る排水対策について   │  12.11  │ 継続審査 │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│  第77号  │治安維持法犠牲者国家賠償法(仮称)の制定を求   │  12.11  │ 継続審査 │
│      │める意見書について                │      │      │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│  第78号  │共同受信組合運営費助成制度の創設について     │  12.11  │ 継続審査 │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│  第80号  │市民センターの修繕等について           │  12.11  │ 継続審査 │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│  第81号  │食品への異物混入事案に係る保健所の対応の是正   │  12.11  │ 継続審査 │
│      │について                     │      │      │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│  第82号  │情報公開制度の見直しについて           │  12.11  │ 継続審査 │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│  第84号  │足原幼稚園の存続について             │  12.4  │取り下げ承認│
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│  第85号  │議会委員会及び議会事務局の運営方法の改善につ   │  12.11  │ 継続審査 │
│      │いて                       │      │      │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│  第90号  │本会議傍聴者専用エレベーターの設置及び傍聴席   │  12.11  │ 継続審査 │
│      │通路の一部スロープ化について           │      │      │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│  第91号  │子宮頸がん予防ワクチン副反応被害者に対する支   │  12.11  │ 継続審査 │
│      │援について                    │      │      │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│  第93号  │北九州市立幼稚園の発展的存続について       │  12.11  │ 不 採 択 │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│  第94号  │松ヶ江幼稚園の存続について            │  12.11  │ 不 採 択 │
└──────┴─────────────────────────┴──────┴──────┘

┌──────┬─────────────────────────┬──────┬──────┐
│ 陳情番号 │       件         名       │ 議決月日 │ 議決結果 │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│  第95号  │八幡駅から市民会館と図書館までの景観・都市空   │  12.11  │ 不 採 択 │
│      │間の価値の検証について              │      │      │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│  第96号  │八幡市民会館の将来像の再検討について       │  12.11  │ 不 採 択 │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│  第97号  │八幡図書館の将来像の再検討について        │  12.11  │ 不 採 択 │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│  第98号  │若戸トンネル内での消防車横転事故について     │  12.11  │ 不 採 択 │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│  第99号  │陳情の審議未了件数の削減について         │  12.11  │ 継続審査 │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│ 第100号  │魚釣り禁止場所の開放と整備による効果の調査・   │  12.11  │ 継続審査 │
│      │検討について                   │      │      │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│ 第101号  │市立病院の全患者に係る喫煙者・非喫煙者別の治   │  12.11  │ 継続審査 │
│      │療費の算出について                │      │      │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│ 第102号  │北九州市健康づくりセンターの存続について     │  12.11  │ 不 採 択 │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│ 第103号  │外国人の扶養控除制度の見直しを求める意見書の   │  12.11  │ 継続審査 │
│      │提出について                   │      │      │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│ 第104号  │福岡県警折尾警察署跡地の利用計画について     │  12.11  │ 継続審査 │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│ 第105号  │陳情の付託手続の改善について           │  12.11  │ 継続審査 │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│ 第106号  │北九州市の成人式について             │  12.11  │ 継続審査 │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│ 第107号  │北九州市のイクボス宣言について          │  12.11  │ 継続審査 │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│ 第109号  │公道の車庫利用について              │  12.11  │ 継続審査 │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│ 第110号  │屋外広告物条例違反者に対する行政指導について   │  12.11  │ 継続審査 │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│ 第111号  │若松幼稚園の存続について             │  12.11  │ 不 採 択 │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│ 第112号  │八幡市民会館の存続について            │  12.11  │ 不 採 択 │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│ 第113号  │八幡図書館の存続について             │  12.11  │ 不 採 択 │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│ 第114号  │消防車両の無車検運行に係る職員の処分について   │  12.11  │ 不 採 択 │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│ 第115号  │情報公開審査会のあり方について          │  12.11  │ 継続審査 │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│ 第116号  │住宅扶助限度額の引き下げ中止等について      │  12.11  │ 不 採 択 │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│ 第117号  │市立八幡病院移転計画の見直しについて       │  12.11  │ 不 採 択 │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│ 第118号  │行き届いた教育を行うための少人数学級の実施に   │  12.11  │ 継続審査 │
│      │ついて                      │      │      │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│ 第120号  │小田山霊園内慰霊碑の碑文及び由来文の書きかえ   │  12.11  │ 継続審査 │
│      │について                     │      │      │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│ 第121号  │城野遺跡の遺跡公園としての整備・活用について   │  12.11  │ 不 採 択 │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│ 第122号  │八幡市民会館のモダンムーブメントの建築への選   │  12.11  │ 不 採 択 │
│      │定に係る市民への周知について           │      │      │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│ 第123号  │文化遺産・歴史的価値の視点を加えた公共施設の   │  12.11  │ 不 採 択 │
│      │マネジメントについて               │      │      │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│ 第124号  │文化区画としての八幡市民会館と八幡図書館の保   │  12.11  │ 不 採 択 │
│      │全について                    │      │      │
└──────┴─────────────────────────┴──────┴──────┘

┌──────┬─────────────────────────┬──────┬──────┐
│ 陳情番号 │       件         名       │ 議決月日 │ 議決結果 │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│      │八幡市民会館及び八幡図書館の存続による小伊藤   │      │      │
│ 第125号  │山公園周辺及び帆柱ケーブルの整備・充実につい   │  12.11  │ 不 採 択 │
│      │て                        │      │      │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│ 第126号  │市立八幡病院移転計画の中止又は見直しについて   │  12.11  │ 不 採 択 │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│ 第127号  │八幡市民会館の廃止方針の撤回について       │  12.11  │ 不 採 択 │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│ 第128号  │八幡図書館移転計画の中止について         │  12.11  │ 不 採 択 │
├──────┼─────────────────────────┼──────┼──────┤
│ 第129号  │世界遺産登録と景観重点整備地区・国際通りとの   │  12.11  │ 不 採 択 │
│      │連携による観光資源の掘り起こしと増大について   │      │      │
└──────┴─────────────────────────┴──────┴──────┘