議事ロックス -地方議会議事録検索-


福岡県 北九州市

平成27年度 予算特別委員会 06月06日−01号




平成27年度 予算特別委員会 − 06月06日−01号









平成27年度 予算特別委員会


委員会に付した事件

┌──────┬───────────────────────────────────┬──────┐
│ 議案番号 │            件         名            │ 区  分 │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 69 号 │平成27年度北九州市北九州市一般会計予算について            │ 所管分科会 │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 70 号 │平成27年度北九州市北九州市国民健康保険特別会計予算について      │ 第2分科会 │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 71 号 │平成27年度北九州市北九州市食肉センター特別会計予算について      │ 第2分科会 │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 72 号 │平成27年度北九州市北九州市卸売市場特別会計予算について        │ 第3分科会 │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 73 号 │平成27年度北九州市北九州市渡船特別会計予算について          │ 第3分科会 │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 74 号 │平成27年度北九州市競輪、競艇特別会計予算について           │ 第3分科会 │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 75 号 │平成27年度北九州市土地区画整理特別会計予算について          │ 第1分科会 │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 76 号 │平成27年度北九州市土地区画整理事業清算特別会計予算について      │ 第1分科会 │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 77 号 │平成27年度北九州市港湾整備特別会計予算について            │ 第3分科会 │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 78 号 │平成27年度北九州市公債償還特別会計予算について            │ 第1分科会 │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 79 号 │平成27年度北九州市住宅新築資金等貸付特別会計予算について       │ 第1分科会 │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 80 号 │平成27年度北九州市土地取得特別会計予算について            │ 所管分科会 │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 81 号 │平成27年度北九州市駐車場特別会計予算について             │ 第1分科会 │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 82 号 │平成27年度北九州市母子父子寡婦福祉資金特別会計予算について      │ 第2分科会 │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 83 号 │平成27年度北九州市産業用地整備特別会計予算について          │ 第3分科会 │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 84 号 │平成27年度北九州市廃棄物発電特別会計予算について           │ 第2分科会 │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 85 号 │平成27年度北九州市漁業集落排水特別会計予算について          │ 第3分科会 │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 86 号 │平成27年度北九州市介護保険特別会計予算について            │ 第2分科会 │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 87 号 │平成27年度北九州市空港関連用地整備特別会計予算について        │ 第3分科会 │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 88 号 │平成27年度北九州市学術研究都市土地区画整理特別会計予算について    │ 第1分科会 │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 89 号 │平成27年度北九州市臨海部産業用地貸付特別会計予算について       │ 第3分科会 │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 90 号 │平成27年度北九州市後期高齢者医療特別会計予算について         │ 第2分科会 │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 91 号 │平成27年度北九州市市民太陽光発電所特別会計予算について        │ 第3分科会 │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 92 号 │平成27年度北九州市埋立地造成特別会計予算について           │ 第3分科会 │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 93 号 │平成27年度北九州市上水道事業会計予算について             │ 第3分科会 │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 94 号 │平成27年度北九州市工業用水道事業会計予算について           │ 第3分科会 │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 95 号 │平成27年度北九州市交通事業会計予算について              │ 第1分科会 │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 96 号 │平成27年度北九州市病院事業会計予算について              │ 第2分科会 │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 97 号 │平成27年度北九州市下水道事業会計予算について             │ 第3分科会 │
└──────┴───────────────────────────────────┴──────┘

┌──────┬───────────────────────────────────┬──────┐
│ 議案番号 │            件         名            │ 区  分 │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 98 号 │北九州市市税条例等の一部を改正する条例の専決処分の報告について    │ 第1分科会 │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 99 号 │北九州市国民健康保険条例の一部を改正する条例の専決処分の報告について │ 第2分科会 │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第100 号 │北九州市個人情報保護条例の一部改正について              │ 第1分科会 │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第101 号 │北九州市職員の定年等に関する条例の一部改正について          │ 第1分科会 │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第102 号 │北九州市事務分掌条例の一部改正について                │ 第1分科会 │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第103 号 │北九州市特別会計条例の一部改正について                │ 第1分科会 │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第104 号 │北九州市手数料条例の一部改正について                 │ 第1分科会 │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第105 号 │北九州市市税条例等の一部改正について                 │ 第1分科会 │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第106 号 │北九州市スポーツ施設条例及び北九州市都市公園、霊園、駐車場等の設置及び│ 第1分科会 │
│      │管理に関する条例の一部改正について                  │      │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第107 号 │北九州市社会福祉施設の設置及び管理に関する条例の一部改正について   │ 第2分科会 │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第108 号 │北九州市衛生施設の設置及び管理に関する条例の一部改正について     │ 第2分科会 │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第109 号 │北九州市立病院等の使用料等に関する条例の一部改正について       │ 第2分科会 │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第110 号 │北九州市立看護専門学校奨学金貸与条例の一部改正について        │ 第2分科会 │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第111 号 │北九州市教育施設の設置及び管理に関する条例の一部改正について     │ 第3分科会 │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第112 号 │北九州市社会教育委員条例の一部改正について              │ 第3分科会 │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第113 号 │若松競艇場東スタンド棟改修工事請負契約の一部変更について       │ 第1分科会 │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第114 号 │市道路線の認定、変更及び廃止について                 │ 第2分科会 │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第115 号 │道路の整備に関する基本計画の変更に係る福岡北九州高速道路公社の定款の変│ 第1分科会 │
│      │更について                              │      │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第116 号 │北九州市スタジアム整備等PFI事業契約の一部変更について       │ 第1分科会 │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第117 号 │第三セクター等改革推進債の起債に係る許可の申請について        │ 第3分科会 │
└──────┴───────────────────────────────────┴──────┘

委員会の構成 (61人)

委員長 鷹 木 研一郎   副委員長  長 野 敏 彦

(第1分科会 20人)
主 査  成 重 正 丈   副主査  浜 口 恒 博
委 員  西 田   一   委 員  木 村 年 伸   委 員  中 島 慎 一
委 員  戸 町 武 弘   委 員  井 上 秀 作   委 員  佐 藤   茂
委 員  吉 田 幸 正   委 員  白 石 一 裕   委 員  森 本 由 美
委 員  世 良 俊 明   委 員  吉 河 節 郎   委 員  岡 本 義 之
委 員  木 畑 広 宣   委 員  柳 井   誠   委 員  石 田 康 高
委 員  荒 木   学   委 員  八 木 徳 雄   委 員  三 原 征 彦

(第2分科会 20人)
主 査  波 田 千賀子   副主査  村 上 直 樹
委 員  田 仲 常 郎   委 員  村 上 幸 一   委 員  後 藤 雅 秀
委 員  香 月 耕 治   委 員  佐々木 健 五   委 員  宮 ? 吉 輝
委 員  田 中   元   委 員  中 村 義 雄   委 員  森   浩 明
委 員  松 井 克 演   委 員  本 田 忠 弘   委 員  渡 辺   徹
委 員  松 岡 裕一郎   委 員  大 石 正 信   委 員  八 記 博 春
委 員  荒 川   徹   委 員  平 原   潤   委 員  佐 藤 栄 作

(第3分科会 19人)
主 査  渡 辺   均   副主査  藤 沢 加 代
委 員  日 野 雄 二   委 員  新 上 健 一   委 員  片 山   尹
委 員  奥 村 祥 子   委 員  上 野 照 弘   委 員  奥 村 直 樹
委 員  大久保 無 我   委 員  三 宅 まゆみ   委 員  福 島   司
委 員  桂   茂 実   委 員  山 本 眞智子   委 員  木 下 幸 子
委 員  山 内 涼 成   委 員  田 中 光 明   委 員  加 藤 武 朗
委 員  山 本 真 理   委 員  吉 村 太 志


第1分科会(総務財政委員会及び建築消防委員会所管分)

1 日  時    平成27年6月22日(月) 午後3時20分から
                     午後5時03分まで

2 場  所    第6委員会室

3 出席委員(19人)
主 査  成 重 正 丈   副主査  浜 口 恒 博
委 員  西 田   一   委 員  中 島 慎 一   委 員  戸 町 武 弘
委 員  井 上 秀 作   委 員  佐 藤   茂   委 員  吉 田 幸 正
委 員  白 石 一 裕   委 員  森 本 由 美   委 員  世 良 俊 明
委 員  吉 河 節 郎   委 員  岡 本 義 之   委 員  木 畑 広 宣
委 員  柳 井   誠   委 員  石 田 康 高   委 員  荒 木   学
委 員  八 木 徳 雄   委 員  三 原 征 彦
(委員長 鷹 木 研一郎   副委員長 長 野 敏 彦)

4 欠席委員(1人)
委 員  木 村 年 伸

5 出席説明員
   市  長   北 橋 健 治  会計室長    松 原 英 治  危機管理監  原 口 紳 一
   秘書室長   田 上 裕 之  広報室長    東   義 浩  契約室長   石 井 佳 子
                                    企画・地方創生
   技術監理室長 吉 永 ? 敏  総務企画局長  柴 田 邦 江  担当理事   阿 ? 和 憲
                   市民文化             安全・安心
   財政局長   小 松   真  スポーツ局長  大 下 徳 裕  担当理事   笠 木 訓 男
                   都市マネジメント
   建築都市局長 大 関 達 也  政策担当理事  南   健 一  消防局長   川 本 一 雄
                   市選挙管理委員会         人事委員会
   交通局長   小 坪 正 夫  事務局長    松 成 幹 夫  事務局長   淵   義 雄
   監査事務局長 隈   乃理子
                                           外 関係職員

6 事務局職員
   事務局長   中 溝 明 弘  次  長    松 本 久 寿  総務課長   中 西   勤
   委員係長   冨 安 嶺 市  委員会担当係長 奥 畑 裕 一


第2分科会(環境建設委員会及び保健病院委員会所管分)

1 日  時    平成27年6月22日(月) 午前10時00分まら
                     午前11時51分まで

2 場  所    第6委員会室

3 出席委員(20人)
主 査  波 田 千賀子   副主査  村 上 直 樹
委 員  田 仲 常 郎   委 員  村 上 幸 一   委 員  後 藤 雅 秀
委 員  香 月 耕 治   委 員  佐々木 健 五   委 員  宮 ? 吉 輝
委 員  田 中   元   委 員  中 村 義 雄   委 員  森   浩 明
委 員  松 井 克 演   委 員  本 田 忠 弘   委 員  渡 辺   徹
委 員  松 岡 裕一郎   委 員  大 石 正 信   委 員  八 記 博 春
委 員  荒 川   徹   委 員  平 原   潤   委 員  佐 藤 栄 作
(委員長 鷹 木 研一郎   副委員長 長 野 敏 彦)

4 欠席委員(0人)

5 出席説明員
   市  長   北 橋 健 治  保健福祉局長  工 藤 一 成  子ども家庭局長 近 藤   晃
                   環境国際戦略
   環境局長   小 林 一 彦  担当理事    石 田 謙 悟  建設局長    横 矢 順 二
   病院局長   吉 田 茂 人
                                             外 関係職員

6 事務局職員
   議事課長   中 畑 和 則  委員会担当係長 藤 木 泰 代  委員会担当係長 廣 中 崇 顕


第3分科会(教育水道委員会及び経済港湾委員会所管分)

1 日  時    平成27年6月22日(月) 午後1時00分から
                     午後2時51分まで

2 場  所    第6委員会室

3 出席委員(19人)
主 査  渡 辺   均   副主査  藤 沢 加 代
委 員  日 野 雄 二   委 員  新 上 健 一   委 員  片 山   尹
委 員  奥 村 祥 子   委 員  上 野 照 弘   委 員  奥 村 直 樹
委 員  大久保 無 我   委 員  三 宅 まゆみ   委 員  福 島   司
委 員  桂   茂 実   委 員  山 本 眞智子   委 員  木 下 幸 子
委 員  山 内 涼 成   委 員  田 中 光 明   委 員  加 藤 武 朗
委 員  山 本 真 理   委 員  吉 村 太 志
(委員長 鷹 木 研一郎   副委員長 長 野 敏 彦)

4 欠席委員(0人)

5 出席説明員
                                    企業立地・食ブランド推進
   市  長   北 橋 健 治  産業経済局長  西 田 幸 生  担当理事    大 川 博 己
                   営業・空港
   港湾空港局長 橋 本 哲 治  担当理事    権 藤 宗 高  上下水道局長  諌 山   修
   教育長    垣 迫 裕 俊  教育次長    岩 渕 英 司
                                             外 関係職員

6 事務局職員
  委員会担当係長 木 村 貴 治  委員会担当係長 藤 石 敏 郎








会議の経過

              平成27年度予算特別委員会市長質疑記録

          第1分科会(総務財政委員会及び建築消防委員会所管分)

                              開会 午後3時20分



○主査(成重正丈君) 開会します。

 議案第69号のうち所管分、75号、76号、78号、79号、80号のうち所管分、81号、88号、95号、98号、100号から106号まで、113号、115号及び116号の以上20件を、一括して議題とします。

 ただいまから、市長質疑を行います。

 質疑時間は2時間程度となっております。質疑の持ち時間は、維新及びみんなの北九州はそれぞれ11分、その他の会派は22分でお願いします。

 審査の方法は、会派ごとに一括質疑・一括答弁とし、大会派順に行います。なお、市長答弁は着席のままで受けます。

 それでは、質疑に入ります。自由民主党。吉田委員。



◆委員(吉田幸正君) 公共施設マネジメントの取り組みの目標については、少なくとも、今後40年間で保有量を20%削減することを目指します、としています。この公共施設マネジメントの目標は、面積削減ではなく、あくまで行財政改革の観点からのコスト削減であるべきと考えている。マネジメントの目標値の設定に当たっては、他の政令市との保有量比較や、投資的経費削減に比重が置かれ、維持管理費削減の視点が不足していなかったかと懸念してきました。例えば、古い施設の過度な長寿命化は、長期的には逆に維持管理費増につながる可能性もあります。先月示された公共施設マネジメントの考え方では、計画策定に当たっての基本方針として、施設の複合化や多機能化、指定管理者制度の拡大、利用料金の見直し等が掲げられていますが、保有量の削減目標に加え、こうした取り組みによる維持管理費のコスト削減についても、公共施設マネジメントの具体的な目標値として設定していくべきと考えます。市長の見解をお伺いいたします。以上です。



○主査(成重正丈君) 井上委員。



◆委員(井上秀作君) 私からは、漫画ミュージアムを中心としたポップカルチャーによる集客について質問をさせていただきます。

 本市は漫画やアニメといったポップカルチャーによる集客に力を入れておりまして、アニうたのようなイベントや、漫画ミュージアムを旗艦とした、あるあるCityの集客状況が良好に推移しているのは喜ばしいことであります。しかしながら、アニメソングイベントは全国各地で行われており、現在のアニうたのままでは今以上の集客の伸びは期待できません。また、漫画ミュージアムも常設展は常ににぎわっているような状況でありますが、企画イベント展については、私が視察した限りエヴァンゲリオン展を除いては、いつも閑古鳥が鳴いている状況であります。そこで以下の提案を行います。

 先日、下関出身の著名なクラシック作曲家である和田薫氏とお会いする機会がありました。氏は犬夜叉など人気アニメの音楽も手がけておりまして、先日も下関でアニメソングを中心としたオーケストラのコンサートを行い好評を得ております。そこで本市においても、例えば電子音楽中心のアニメソングをクラシック風にリニューアルするなど、オーケストラをバックにアニメソングを歌うアニうたKitakyushu classicを開催し、他都市の同種イベントと差別化をしてはどうかと思いますが、見解を伺います。

 次に、漫画ミュージアムの企画展でありますが、文化的に価値が高いものが多いように見受けられますけれども、よりエンターテインメント性が高いものを展示して集客を図るべきであると私は考えます。私は各地の企画展やインターネット等で人気があった作品を研究してきました。具体的に作品名を挙げていくと、人気漫画でアニメ化やこの夏実写映画化もされている進撃の巨人、アニメから人気が出て映画化、漫画化された魔法少女まどか☆マギカ、私が子供の頃から現在に至るまでシリーズが続いているガンダムシリーズやマクロスシリーズ、実際に第二次世界大戦で活躍した艦船を可愛い女性に擬人化したゲームでアニメ化、漫画化もされ人気が高い艦これ、人気小説シリーズからアニメ化され高い人気を誇る化物語など西尾維新の物語シリーズ、小・中学生から圧倒的な人気を誇っているラブライブ、このラブライブは土曜日から劇場公開されているそうですけれど、土日の2日間で25万2,000人を動員し、興行収益が4億円上がっているそうであります。以上のようなコンテンツの企画展を行えば、評価も高く好評であったエヴァンゲリオン展に匹敵するくらいの集客が期待できると考えますが、見解をお伺いいたします。以上です。



○主査(成重正丈君) 中島委員。



◆委員(中島慎一君) 私の方から、2点ほど質問させていただきたいと思います。

 北九州市まち・ひと・しごと創生総合戦略素案が示されたところでございます。それに当たりまして、北九州の定住促進という観点からその中に示されていますように、北九州に住んで、福岡圏に通勤・通学するライフスタイルへの支援の検討など、北九州市に住みたいと思う転入者を応援する仕組みづくりをするようになっております。まだ素案、検討段階と思われますが、本市への転入を促進する施策として、住むなら北九州 子育て・転入応援事業などが掲げられています。同時に、私は北九州市の人口流出に歯どめをかける施策も必要だと考えます。本市への定住促進を図るためには、住宅と仕事、この視点から考えていかなければならないと考えています。

 その中にありまして、まず1点目に、人口流出に歯どめをかける施策であります。私は、他都市でも行われているような、鉄道を利用して福岡都市圏に通勤・通学する市民に対し、通勤・通学費用を支援する仕組みがあってもいいのではないかと考えます。もちろん、実施するには多大な予算が必要になることは理解しています。そこで、例えば、総合戦略における青年期の転出者が多いことから、高校生や大学生が卒業して市外で入学や就職した場合に、卒業から総合戦略の期間である5年の範囲内等で、期間や年齢など一定の条件を設定し、試行的に、通勤・通学費用の支援の取り組みを始めるべきだと考えますが、今までの検討状況とあわせ、市長の見解を伺います。

 2点目に、市外からの転入者をふやす施策であります。北九州市定住促進支援事業は、市と住宅事業者がそれぞれ助成を行うため、物件によっては助成があるものとないものが市内に混在しています。利用件数も70件程度と伸び悩んでいる状況でございます。そこで、一定の条件をつけた上で、市単独の助成を行うなど制度の拡大が必要と考えますが、御見解を伺います。以上です。



○主査(成重正丈君) 市長。



◎市長(北橋健治君) 吉田委員から、公共施設のマネジメントに関連いたしまして、維持管理費のコスト削減の目標値を設定してはどうかという御提案をいただきました。

 昨年2月に、北九州市行財政改革大綱を策定したわけであります。そこで、公共施設のマネジメントにつきましては、総量抑制、いわゆる保有量の縮減であります。これとともに維持管理、運営方法の見直しについても、取り組みの視点として盛り込んでおります。投資的経費と維持管理費の双方を柱としてまいりました。また、委員御指摘の維持管理費の削減に関しましては、今回の方向性の中でも、施設の集約や利用の効率化、民間施設・ノウハウの活用、利用料金の見直しを計画策定に当たっての基本方針として掲げております。具体的な内容としては、複数の施設を一つに集約することで、複合化や多機能化による延べ床面積の削減だけでなく、施設管理や受け付けなどの業務についても集約が図られます。このことから、維持管理費の削減にも寄与すると考えております。また、民間活力を導入し、管理運営について一層の効率化に取り組むとともに、利用料金や減免制度を見直すことで、収支の改善を図ることも考えております。ただ一方で、維持管理費の削減につきましては、サービス水準の低下を招かないかどうかといった考慮する点もございます。いずれにせよ、施設分野別実行計画において、施設量の削減目標のほかに、どのような目標を設定すべきかということについて、今後委員御指摘の点も踏まえ、議会、市民の方々からのさまざまな御意見を伺いながら検討をしてまいりたい、このように考えます。

 井上委員から、ポップカルチャーによる集客について御質問がございました。

 本市では、平成21年、メディアドームで初めてアニうたKITAKYUSHUを開催して以降、昨年は会場を西日本総合展示場に変えましたが、これまでに5回開催し、延べ約1万7,000人の参加を得るなど好評を得ております。委員御提案のアニメソングを中心としたオーケストラのコンサートにつきましては、昨年8月横浜市で、田中公平withヨコハマ・ポップス・オーケストラが、ことし3月には下関市で、オーケストラで聴く人気アニメ音楽が開催されたことは承知いたしております。このようなアニメソングとオーケストラのコラボレーションは、実施例も少なく、目新しさがあることに加え、これまでオーケストラの演奏を聞いたことがない人たちにも、新たな機会を提供するという面で、音楽文化の裾野を広げるという効果も期待できます。ただ、従来のアニメソングコンサートに加えまして、オーケストラとの出演交渉や人気のあるアニメソング歌手のスケジュールに合わせた公演日の調整や、オーケストラ演奏用に編曲された楽曲の選択やその楽譜の確保、また、オーケストラ演奏に適した音響の設備などが必要となります。これに伴い、事業実施に要するコストの増大が見込まれる一方で、ホールなどの施設規模から集客面にも限界があります。このため、採算性や費用対効果の観点も踏まえまして、先行事例をまず調査し、オーケストラをバックにしたアニメソングコンサートについて、どのような形態であれば開催が可能か研究してまいりたいと、このように考えております。

 漫画ミュージアムの企画展について、井上委員から御質問をいただいております。

 漫画ミュージアムは、平成24年8月のオープンであります。以来、漫画を生かした文化振興の推進を基本方針にして、常設展に加え、通年にわたって企画展などを実施し、年間約10万人に入場いただいております。企画展では、当館の特色である北九州市ゆかりの作家、北条司や畑中純、わたせせいぞうなどの作品展を行い、幅広い世代に漫画の魅力を伝えるため、人気作品の展示を行っております。具体的には御案内にあったエヴァンゲリオン展以外にも、親子で楽しめるはなかっぱ展では約1万5,000人、男性の人気が高い宇宙兄弟展、ルパン三世展ではそれぞれ約8,000人、幅広い年代の女性に人気のマーガレット展では約7,000人など、多くのファンが訪れました。委員御指摘の進撃の巨人、艦隊コレクションなど、旬の人気作品は大きな動員力が期待できます。一方で、展示コンセプトの構築など版権を有する関係者と調整し、企画展示用に商品化されることが必要であります。更に、商品化されたものの開催権料などが高額であること、音響、映像などを組み合わせた大がかりな仕掛けもあるため、施設的に対応できないことなどから、企画展の実施に至らない場合もあります。とはいえ、漫画ミュージアムの集客を図る上では、人気作品の企画展が重要でありますから、今後とも他の施設との連携や、企画展示用の商品化に関する情報の収集など、一層の努力を続けてまいります。

 中島委員から、北九州市への定住促進について御質問を幾つかいただきました。

 国のまち・ひと・しごと創生総合戦略は、人口減少・超高齢化社会という困難な課題に立ち向かうため、東京一極集中の是正に努め、元気で豊かな地方創生の実現を目指した取り組みを進めようという内容であります。本市としましても、女性と若者の定着などにより社会動態をプラスにし、地方創生の成功モデル都市を目指すといった高い志を、本市の総合戦略の基本方針として掲げさせていただきました。福岡市との人口動態を見ますと、平成25年10月から1年間で1,213人が転出しております。これは東京圏に次いで多い状況であります。また、昼夜間人口を平成22年の国勢調査で見ますと、本市から福岡市へは1万199人が通勤・通学をしております。一方、福岡市から北九州市へは4,629人が通勤・通学をしております。これを見ると、福岡市への一極集中も、是正をしていくべき課題となっております。本市としましては、福岡市への流出を是正するため、総合戦略素案において、若者の地元就職を促進するための取り組みなど、さまざまな雇用創出施策を盛り込んでおります。また、委員御指摘のとおり、福岡への通勤・通学の現状を踏まえ、北九州に住んで福岡圏に通勤・通学する、そういうライフスタイルへの支援の検討もあわせて盛り込んでおります。他の都市におきましては、若者定着の促進のため、対象や年数を限定した上で、福岡都市圏への通勤補助を開始したことも承知をいたしております。年代や理由など、ターゲットを限定し、通勤・通学に支援するという委員の御提案につきましては、他都市での実施効果なども参考としながら研究をしてまいりたいと、このように考えております。

 これまでの定住促進に関する取り組みと成果でありますが、本市では、市外からの転入者をふやすことは重要な課題と認識しており、これまでも転入者に対しては、良質な住宅を取得した場合に、市と民間が共同して最大100万円の支援を行う北九州市定住促進支援事業があります。また、優良な賃貸住宅へ入居する場合、家賃の2割を最大で10年間補助する優良賃貸住宅供給支援事業などを実施してまいりました。この定住促進支援事業では、平成22年度から平成26年度までの5年間で379世帯、1,202人が転入し、また、優良賃貸住宅供給支援事業では、現在350世帯、922名の転入者が入居しており、一定の成果は上がっております。更に新年度予算では、地方創生で目指す若い世代の定着を図るために、子育て世帯や新婚世帯などを対象に、住むなら北九州 子育て・転入応援事業を創設いたしまして、一定の要件を満たす町なかの民間賃貸住宅などに、転入する費用の一部を補助することとしております。

 現在の定住促進支援事業は、民間事業者にも費用負担を求めるため参加事業者が限られております。また、どの住宅を提供するかは参加事業者が決定するために、利用件数が伸び悩んでおります。そのため、事業者や転入した方々の御意見を改めてお伺いし、どのような改善ができるのか協議をして、利用しやすい制度となるよう取り組みたいと考えております。委員御指摘のとおり、定住促進は地方創生を推進していくに当たり重要な取り組みと認識しております。本市としましても、今後総合戦略推進に当たりましては、定住促進について全庁的な認識のもとでさまざまな検討を深めてまいります。以上です。



○主査(成重正丈君) 中島委員。



◆委員(中島慎一君) まず、定住促進支援事業ですけれども、大変これはいい制度でございますので、今言いましたように、一歩踏み込んでこの事業を検討していただきたいと思います。それと、この通勤・通学の支援ですけれども、これは予算がどのくらいかかるかというのを、まだ検討段階だとは思うのですけれども、ひとつ思い切って費用対効果といいますか、長いスパンで見たときに、この支援をしてどれくらいの効果があるか、今研究ということをおっしゃいましたので、一歩踏み込んでその研究までやっていただいて、とにかく若い人たちをこの北九州から、ちょっと言い方はあれですけど、出さないようにするのが一番のことでございます。まず人口減をとめるというのが、まず最初のことだと。そして、少しずつ北九州の人口をふやしていくというのが一番の施策だと思っておりますので、ぜひ、これはしっかりと研究されて、また、定住促進はしっかりと、一歩踏み込んだ検討をしていただきますように要望しておきます。以上です。



○主査(成重正丈君) 井上委員。



◆委員(井上秀作君) まず、御答弁にありましたクラシックによるアニうたですね。和田先生とちょっとお話させていただいたときに、例えばそういった、一般的な電子音楽を使ったアニメソングを、オーケストラ用の譜面に書き直すというのは非常に手間がかかるのですか、という話をさせていただいたら、そんなことありませんよ、自分たちはプロですからその辺はきちんとさせていただきますと。それと、横浜のような政令市はともかくとして、下関のような人口の少ない都市でも、十分開催可能であったわけでございますので、これは当然、北九州市のような政令指定都市でできないわけがないんですね。ですから、費用対効果のこととかおっしゃいましたけれども、私は、それほど費用がかかるような問題ではないというふうに思っておりますので、ぜひ、これは前向きに取り組んでいただきたいというふうに思います。要望しておきます。

それから、漫画ミュージアムの企画展ですけど、わたしのマーガレット展、私も見に行きましたが、7,000人。あれだけの開催期間でたった7,000人なんですね。ルパン三世展で8,000人クラス。やはりそれくらいで満足してはいけないというのが私の考えでございまして、やはり、数万人を集める企画展をやるべきだと思います。現実に、大分県では大分県立美術館で進撃の巨人展、WALL OITAというのを、8月1日から1カ月間開催をされる予定になっております。確かに版権料とかは、今言ったように人気の作品は高いですけれども、その高い版権料を払うだけの価値がある、それだけの動員ができる、また、北九州という町を知っていただくいい機会になるというふうに私は思っております。ですから、例えば映画が公開されて、先ほど紹介しましたけれども、ラブライブというこのアニメの映画は、たった2日で4万人も動員しているんですね。そして、魔法少女まどか☆マギカ、映画化されたものは150万人動員されています。そういう何百万人規模で動員できるようなコンテンツ、これをやはり私は、漫画ミュージアムでやっていくべきだと思うのです。それは、それだけのものをやれば、それだけたくさんの方が来ます。7,000人とか8,000人のオーダーじゃなくて、10万人とかそういうオーダーで人が集まるというふうに私は考えてます。現実に名古屋、大阪、今言った大分、そういう大都市、また、地方都市でも開催されているわけですから、北九州市でこれも開催できないはずはないわけでして、ぜひとも、開催に向けた前向きな取り組みをお願いさせていただいて、要望とさせていただきたいというふうに思います。



○主査(成重正丈君) 吉田委員。



◆委員(吉田幸正君) 今後とも、皆さんが正しく取り組んでいただきますようにと思います。1つだけ、少なくとも今後40年間で保有量を20%というのは、民間のイメージとしてもう一歩踏み込んでほしいと思います。



○主査(成重正丈君) 進行いたします。ハートフル北九州。白石委員。



◆委員(白石一裕君) 私からは、生活安全パトロール隊活動支援についてお伺いをいたします。

 地域の安全・安心を守る活動は、防犯活動や子供たちの通学の見守り、更には高齢者支援など多岐にわたっています。このうち、地域防犯や子供の見守り、非行防止などについては、地域が自主的に生活安全パトロール隊を結成して活動しており、犯罪の減少など大きな成果を上げています。中でも、青パトによる防犯パトロールは、より広範囲の見守りが可能となることから、効果的・効率的な手段となっており、地域防犯にとって必要不可欠なものとなっています。平成17年から始まったこの取り組みは、昨年10月末現在で63団体144台にまで広がりを見せており、日々の防犯活動に取り組んでいただいています。一方、こうした青パトによる活動への支援については、これまでも多くの議員が支援の拡大を要望してきましたが、現時点では、マグネットシートの提供、各種申請手続の代行、また、軽自動車税の免除などにとどまっており、燃料代や保険料などについては支援の対象となっていません。こうしたことから、活動費用の捻出に大変苦労されている団体もあると聞いています。地域による自主的な防犯活動を支える意味でも、こうした実情に目を向け、何らかの対策を講じる必要があるのではないかと思います。

 そこで2点についてお伺いをいたします。

 1点目に、青パトの活動内容を市としてどう評価しているのか伺います。

 2点目に、今後も青パトによる活動が維持できるよう、団体を支援する仕組みを検討できないのか伺います。以上です。



○主査(成重正丈君) 森本委員。



◆委員(森本由美君) 私からは、女性活躍日本一を目指す取り組みについて伺います。

 本市は、女性の活躍を推進するため、女性の就業、キャリアアップ、再就職等をワンストップで支援する、仮称女性活躍推進センターを早期に設置するとして、予算300万円を計上しています。

 そこで、4点伺います。

 1つ目に、同センターの設置に向けた今年度の具体的な取り組みについて伺います。

 2つ目に、多くの女性に気軽に利用してもらえるよう、交通の利便性のよい場所にセンターを設置すべきと考えますが、設置場所及び設置時期について伺います。

 3つ目に、女性の就業支援だけでなく、結婚、出産、子育て等のさまざまなライフイベントを迎えながら、生きがいややりがいを持って働き続けることができるよう、センターには総合的な相談・支援の窓口を担ってもらいたいと考えますが、見解を伺います。

 最後に、女性が働き続けるためには、事業者の理解や支援も不可欠だと考えますが、センターは事業者に対して、どのような啓発を行っているのか伺います。以上です。



○主査(成重正丈君) 世良委員。



◆委員(世良俊明君) 続いて私からは、本市のまちづくりの基本方向とコンパクトシティーの実現についてお尋ねします。

 本市のこれまでのまちづくりは、平成15年11月策定の都市計画マスタープランにより、町なかの重視と拠点地区の重点化を都市空間形成の基本方向として取り組んできました。その後、平成20年12月に北九州市基本構想・基本計画を策定し、小売店や病院、銀行などの生活支援施設の集積度が高い地域を生活支援拠点とし、そこを中心とし、持続可能でコンパクトなまちづくりを推進した結果、中心市街地の人口が増加するなど一定の成果を上げてきました。こうした中、北橋市長は去る5月21日、北九州市都市計画審議会に対して、都市再生特別措置法改正に伴って制度化された立地適正化計画の策定と、これに伴う都市計画マスタープランの見直しについて諮問されました。同審議会では、有識者によるコンパクトなまちづくり専門小委員会を設置することを決定し、本年11月までに計画素案を策定、平成28年度中には都市計画マスタープランの改定を行うこととなりました。

 そこで、2点お尋ねします。

 1点目に、立地適正化計画では、都市計画区域の中に都市機能誘導区域及び居住誘導区域等を設定し、特例措置や支援措置、税制措置などを活用しながら、いつまでも暮らしやすい町を目指すとされています。本市においても立地適正化計画を策定し、都市計画マスタープランの改定を行うこととした理由は何か、その背景と狙いについて、御見解をお伺いいたします。

 2点目に、改正都市再生特別措置法では、初めてコンパクトなまちづくりと公共交通によるネットワークの連携を具体化したことに特色があるとされています。コンパクトシティ・プラス・ネットワークの実現といわれるゆえんであります。そのため、四日市市や熊本市などでは、立地適正化計画の策定とあわせて、改正地域公共交通活性化再生法に基づく地域公共交通網形成計画を策定する動きが進んでいるとお聞きしています。そこで、本市においても、コンパクトシティ・プラス・ネットワークの考え方に基づき、地域公共交通網形成計画を策定する必要があるのではないかと考えますが、御見解をお伺いします。



○主査(成重正丈君) 市長。



◎市長(北橋健治君) 白石委員から、青パトに対する支援について御質問がございました。

 本市では、全ての小学校区で生活安全パトロール隊が結成されております。その活動の一つとして、平成17年から青色回転灯装備車によるパトロール、いわゆる青パトが実施されております。現在、全パトロール隊の約3分の1に当たる64団体で、144台の車両が稼働しております。青パト活動については、防犯活動を広く住民にアピールできることや、活動範囲が広がり、広範囲なパトロールが実施できることなど、より効果的・効率的な活動が可能であります。地域によっては、重要なパトロール手段の一つとして定着していると認識しております。更に、実施に当たりましては、個人所有の車両を青パトとして地域防犯のために活用いただくとともに、定期的な古紙回収や寄附活動など、地域の努力によって維持経費を賄い、運行されるなど、地域の安全は地域で守るという強い思いや熱意には心から敬意を表します。日本トップクラスの安全な町を本市は目指しておりますが、このような地域の防犯活動は、まことに重要な財産であります。地域の特性に応じまして、創意工夫を凝らしながら、自主的、主体的に取り組むことが住民の連帯感を高め、ひいては、自治会や町内会活動の活性化にもつながると考えております。引き続き、市や警察が連携して、地域の防犯活動を支援していく必要があります。

 青パト活動への支援につきましては、これまで各区に配置した安全・安心指導員による申請手続の支援のほか、平成17年から青色回転灯や防犯パトロール車であることを記載したマグネットシートの提供を行っております。また、平成22年から一定の基準を満たす青パト車両について、所有者からの申請に基づく軽自動車税の免除などを行ってまいりました。更に、昨年1月からは福岡県警の働きかけにより、市内の一部のガソリンスタンドで、ガソリン代や車検の費用などが割り引きされる支援制度が開始されたところであります。

 現在、地域からは、パトロールの実施者や車両が変わるたびに申請手続が必要で、登録手続が煩雑であることや、実施者がやめた場合に後継者の確保が難しいといった御苦労をされているお話も伺っております。青パト活動は、地域防犯活動の一つとして重要であり、今後とも、地域からの要望などをしっかりと受けとめ、他の都市の事例も参考にしつつ、どのような支援ができるのか、警察や関係団体と連携して検討してまいります。

 次に、森本委員から、女性活躍支援につきまして御質問がございました。

 女性の活躍推進につきましては、市長就任以来、男女共同参画やワーク・ライフ・バランスの推進、子育て支援策の充実などに重点的に取り組んでおります。現在策定中の、北九州市まち・ひと・しごと創生総合戦略においても、女性と若者の定着と活躍は大きなテーマであります。働く場所の魅力を高めて、誰もが住んでみたいと思う町を何としてもつくる必要があると考えております。

 その具体的な政策の一つとして、さきの選挙におきまして、私は女性活躍推進センターの設置を公約に掲げ、市民の皆様にお約束いたしました。このセンターにつきましては、女性の職業生活をトータルで支援する観点から、女性の就職や就業の継続とキャリアアップ、創業、子育ての4つの支援をワンストップで行うことを考えております。

 今年度につきましては、女性や関係機関などから聴取した意見、ニーズを踏まえ、センターの具体的な運営内容を検討しております。開設については、できるだけ早期に行いたいと考えており、場所については、交通の利便性、女性を対象とした就労支援機関との連携を視野に、小倉駅周辺を検討しております。

 センターの相談・支援窓口については、国や県が実施している職業紹介や就職相談だけでなく、保育所、幼稚園などの子育て支援、ひとり親家庭の支援などの相談対応、更には、市の関係機関とも連携しながら、女性の職業生活に伴うさまざまな総合相談窓口としての機能を発揮させたいと考えております。そのため現在、ハローワークを所管する国及び子育て女性就職支援センターを所管する福岡県と具体的な連携の内容について、鋭意協議を進めているところであります。

 一方、女性の就業継続につきましては、事業者に対しワーク・ライフ・バランスやイクボス、女性活躍の推進に関する理解を促し、環境整備や意識改革などを働きかけていくことにしております。また、国の両立支援の助成金の周知や表彰・認定制度による取り組み企業のPRなどにより、女性が働きやすい環境づくりに取り組む企業を応援してまいります。

 いずれにしても、女性活躍推進センターにつきましては、国、県、市の3者の連携とともに、企業などの御協力もいただきながら、地方創生における女性の職業生活支援の成功モデルとなるよう全力で取り組んでまいります。

 世良委員より、立地適正化計画などに関して御質問をいただきました。

 本市は平成15年11月に策定した北九州市都市計画マスタープランにおいて、町なか重視のまちづくりを推進し、さまざまな施策を総合的に展開してまいりました。一方、国においては、急速な人口減少、超高齢化の状況においても、持続可能な都市経営を確保するため、都市のコンパクト化を積極的に推進し、平成26年8月、都市再生特別措置法改正により立地適正化計画が制度化されました。このような状況を踏まえ、本市においても、今後、市民生活を支えるサービスを確保し、地域の活力を維持・向上をするためには、コンパクトなまちづくりをより一層推進する必要があることから、立地適正化計画を策定し、これに伴う都市計画マスタープランの改定を行うことにしております。

 計画の策定に当たっては、都市計画審議会に設置した専門小委員において議論いただくことにしており、居住を誘導し、人口密度を維持する居住誘導区域や、医療、福祉、商業などの都市機能を誘導する都市機能誘導区域の設定、また、これらを誘導するための居住環境の向上や公共交通の確保などの具体的な方策について検討することにしています。また、コンパクトなまちづくりには、公共交通の確保が重要であり、地域公共交通ネットワークの再編が不可欠であります。それを踏まえて、地域にとって最適な公共交通網の姿を明らかにする必要があると考えております。このため、昨年度に改定した北九州市環境首都総合交通戦略を基本に、立地適正化計画と密に連携した地域公共交通網形成計画を策定したいと考えております。コンパクトシティーの形成は、地方創生においても、仕事と人の好循環を支える町の活性化に向けた最も重要な取り組みであります。これらの計画を策定し、施策を推進することで、いつまでも暮らしやすい町と最適な公共交通ネットワークの実現を図り、時代に合った魅力的な都市づくりを進めてまいります。以上です。



○主査(成重正丈君) 白石委員。



◆委員(白石一裕君) ありがとうございました。それでは初めに、生活安全パトロール隊支援について要望させていただきます。検討していただくということで、前向きな答弁をいただいたというふうに思っております。急速に高齢化する町にとって、町なかの安全・安心を実感できる見守りは大変重要と考えております。特に子供の見守り、非行防止など大変大切な事業だと考えております。その中で、使用される車については個人のものでありますし、保険代、車検代、燃料費、修理代など大変大きな負担があるわけであります。そういった中で、例えば公用車が廃止されておりますが、現在約1,000台の車両を市は保有しておりますが、うち40%がリースというふうに伺っております。そうすると、まだ半分以上公用車があるわけでして、そういった廃車される公用車を利用できないかというふうに考えております。それと、車のことでありますけれども、お隣の福岡市さんでは、平成26年度からガソリン代の補助制度が始まっております。上限はあるのですけれども、1団体当たり3万円程度あるというふうに伺っております。先ほど市長からの答弁で、福岡県警からのガソリン代の割引だとか、その他ございましたけれども、市独自でやはり、そこも考えていく必要があるのだろうというふうに思いますので、ぜひともその辺を御考慮いただきまして、前向きな検討を進めていただきたいというふうに要望させていただいて終わります。以上です。



○主査(成重正丈君) 森本委員。



◆委員(森本由美君) 市長から御答弁いただいております。ありがとうございます。具体的な女性活躍推進センターのイメージが、だんだん見えてまいって楽しみにしております。この北九州市内で女性が働き続けて、ワーク・ライフ・バランスもしっかりできて、そして若い方の成功モデルになるような、そういう方をどんどんつくれるように支援をお願いしたいと思います。

 1点なのですけれども、男女共同参画センタームーブが行った北九州市における女性の活躍推進実態調査の概要版を見てみますと、半数近くの企業が女性の活躍を推進する取り組みを行うとしておりますが、取り組む上での問題点というところで、家庭責任を考慮する必要があるというのが1位で33.1%です。これは、今の実態からいって当然とも言えると思いますが、一方、経営者の意識の中に、固定的性別役割分担意識というものがまだまだ根強いなということを感じさせられます。女性が家事、子育てを担っていくということが根強いのではないかというふうに思っております。今後の社会は、男女ともに協力しながら、家庭生活を営むワーク・ライフ・バランスを男女ともに実現していくことが重要だと思っております。そういった意味では、経営者の意識、従業員の意識、職場の風土、そういったものを変えていく必要があると思っております。女性のモチベーションを低下させない、自分が期待されていないということではなく、やはり、男女ともに能力があれば適正に評価をされる、そして管理職を目指せるような、そういう環境を整えていただきたいと思っております。残念ながら今の市内の実態は、初めて育児休暇を取得したところ、退職勧奨されたという私立の幼稚園の女性、ひとり親で必死に低賃金で働きながらお子さんを育てている方、本当に現実は厳しい生活の方がたくさんいらっしゃいます。ぜひ多くの方に周知をして、そして何よりも経営者の意識を変えるということにしっかりと取り組んでいただきたいと思いますが、市長、御答弁か何かございましたらお願いいたします。



○主査(成重正丈君) 市長。



◎市長(北橋健治君) 委員の御指摘をしっかりとよく承りました。企業の経営者というお話があったのですが、ほとんどの事業所は、数でいうと中小企業になりますが、やはり取引先から納品、締め切りまでとか、やはり厳しい経済環境の中でどうしても残業せざるを得ない、生きていくためにやむを得ざる事情というものもしばしばあるということは、経済団体から聞いているところであります。したがいまして、地道な努力を続けていくということが大事であります。もう一つは、この表彰という制度なのですが、これによって、女性が職場を選ぶときに、こういう会社、職場は、自分たちのいろんな立場について、いろいろと考えてくれるのだなという、会社を選ぶときの一つの重要な参考資料になると思います。経済環境は、少しずつ景気はよくなってきていると思いますけれども、現実にはまだまだ厳しい環境が、地元の中小零細企業にはありますので、そうしたところの皆様にも御理解いただけるように、地道な努力をしたいと思いますし、また、マスコミの皆様方にも、例えばイクボス宣言を官庁がやったのは、私どもが初めてなのですね。私は、きっと全国のニュースになることを期待しておりました。やはりこういうことに対して、メディア自身もものすごくオーバーワークだと思うのですね。わかるのだけども、本当にそんなことができるのかという気持ちが、ひょっとしたらメディアの幹部にもあるのかもしれない。やはりメディアの発信力は大変大きいと思いますね。それによって、みんなの力をおかりしながら、目標に向かって進んでいきたいと思います。



○主査(成重正丈君) 世良委員。



◆委員(世良俊明君) 御答弁をありがとうございました。時間もございませんので、ここで細かく議論するわけにはいきませんけれども、立地適正化計画、あるいは地域公共交通網形成計画の策定については、まちづくりの基本にかかわる課題でございますので、今後の取り組みに関心を持って注視していきたいと思いますし、また、議論に参加していきたいというふうに思っています。そこで都市計画審議会で答弁にもありましたように、これから有識者によるコンパクトなまちづくり専門小委員会で検討しながら、本年11月までに、計画素案を策定するということになっております。策定に当たっては、関係者の協議、あるいは連絡調整の場として都市再生協議会を設置することができるというふうにされておりますけれども、今後、その関係者はもとより、多くの市民の皆様の意見を聞きながら、十分な理解を得ながら取り組むことが肝要だというふうに思っております。ぜひその点の御留意をお願いしながら、この取り組みを進めていただきたいということを申し上げたいと思います。

 また、地域公共交通網形成計画については、策定をするという旨の御答弁をいただきました。そこで、既に御答弁にありましたように、本市には環境首都総合交通戦略があるわけですけれども、これが改定をされて取り組みが進んでいます。まさに総合的な戦略ということでありますけれども、その上でこれを基本にして、地域公共交通網計画をつくるということを御答弁いただきました。そこで、総合戦略の考え方と整合させながら、もちろん国の支援がどれほど引き出せるかというのもあるのでしょうけれども、国の支援を引き出しながら、例えば、バスの乗客数の実数の増加が実現するなど、具体的な成果を上げることのできる、きめ細かで大胆な公共交通網計画であることを希望いたしております。総合戦略があり、それを基本にしながらつくるネットワーク型の公共交通網形成計画ですので、ぜひこれについては、きめ細かで大胆な計画となることを希望して終わりたいと思います。



○主査(成重正丈君) 進行いたします。公明党。木畑委員。



◆委員(木畑広宣君) まず、老朽空き家対策計画策定等事業について。

 本年5月26日に空家等対策特別措置法が全面施行されました。これにより、市区町村は、固定資産税の課税情報を活用し、所有者を把握しやすくなったほか、倒壊の危険などのある特定空家等への立入調査や、所有者に対して撤去、修繕を促す指導、勧告、命令ができるようになりました。命令に応じない場合は、行政代執行として強制的に撤去することも可能になりました。勧告を受けた特定空家等に対し、固定資産税の住宅用地特例の対象から除外したことで、税負担が大幅にふえることから、空き家を放置せず、メンテナンスや活用を考える所有者がふえ、意識を啓発する効果が非常に高いといわれております。一方で、経済的な理由などから何もできない所有者もいます。代執行がふえると本市は手続や費用負担で大変になります。国の基本指針に基づき自治体が策定する計画では、経済的に厳しい所有者に自主的な対応を促すための施策を講じる必要があると考えます。本市として解体費用の助成や解体ローンなどの制度活用もありますが、更に抜本的なサポート体制の構築へ向けた検討を図るべきと考えます。見解を伺います。

 次に、公共工事の随意契約について、いわゆる少額随意契約について、地方自治法施行令で工事や製造の請負契約に関する予定価格の上限額は、都道府県や政令指定都市の場合、250万円と決まっております。しかし、本市では、軽微な工事において変更契約で250万円を超えると少額随意契約ができないため、当初契約にて上限額を200万円と定めております。現場で働く業者からは消費税込みのために負担が増加している現状があり、上限額を引き上げてほしいとの要望があります。地方自治法施行令が250万円に改定された昭和57年は、まだ消費税が導入されていない時期でありました。国は地方自治体から要望があれば考えるとしております。本市として、国に対し少額随意契約上限額の引き上げを強く要望すべきと考えますが、見解を伺います。以上です。



○主査(成重正丈君) 岡本委員。



◆委員(岡本義之君) 私のほうから、公共施設のマネジメントについてお伺いします。

 公共施設マネジメントにおける施設分野別実行計画は、平成27年中に素案を策定し、その後、パブリックコメントの実施後、平成27年度内に成案を策定する予定と聞いています。一方、本市が作成中の固定資産台帳は、平成27年度中の作成と聞いており、そのスケジュールが重なっています。ところで、総務省は、固定資産台帳は財務書類作成のための基礎資料であるが、将来の施設更新必要額の推計や施設別のコスト分析といった公共施設等のマネジメントにも活用可能であり、住民等に対する説明責任、民間事業者の参入促進といった観点から、公表することが前提であるとしています。

 そこで、3点伺います。

 1点目に、本市は、固定資産台帳を施設分野別実行計画策定に活用する意思があるのかお尋ねします。

 2点目に、策定される施設分野別実行計画の素案では、どこまで具体的に個別施設の取り扱いが示されるのかお聞かせください。

 3点目に、計画が具体的になるほど、利用する市民や施設利用者からのさまざまな意見が出てくることが想定されます。市民アンケートやパブリックコメントだけでなく、かねてより提案している討論型世論調査も実施すべきと考えますが、見解をお尋ねします。以上です。



○主査(成重正丈君) 市長。



◎市長(北橋健治君) 木畑委員から、老朽空き家対策の御質問がございました。

 安全で安心なまちづくりを進める本市にとりまして、空き家などの対策は、喫緊の課題と認識しております。国の法制定を待つことなく、昨年3月に策定した空き家等対策基本指針に基づいて推進してまいりました。ことし5月に施行された空家等対策特別措置法におきましては、倒壊のおそれのある特定空家等への立入調査、また、所有者に対して是正の助言や指導、勧告、命令を行い、命令に応じない場合には行政代執行が可能となりました。画期的な法律であります。また、法に基づき勧告を受けた特定空家等に係る土地については、固定資産税などの特例措置の対象から除外することとなりました。これらのことにより、所有者の自主的な修繕、撤去が促進されると考えております。

 所有者に自主的な対応を促すためには、空き家の利活用や所有者の適正な管理に関する意識の向上が重要であります。これまでも、鋭意取り組んできたところであります。具体的には、相談窓口のワンストップ化により、市民によりわかりやすい体制を整備したことで、昨年度の相談件数は769件となっております。また、良好な空き家の流通促進を図るために創設した空き家バンクでは、ことしの5月末時点で55件の登録、うち15件が成約いたしました。また、老朽空き家の除却促進では、補助要件を拡充したことにより、平成26年度は、前年を大きく上回る202戸の除却を支援いたしました。所有者に対する啓発では、固定資産税の納税通知書に同封した適正管理に関するチラシに対し、多くのお問い合わせがあり、所有者の意識を高めることにつながっています。このように、一定の成果を上げております。また、これまでの取り組みに加えまして、本年の5月から民間金融機関と連携し、資金が少ない所有者にも利用しやすい、解体費用を対象とした低金利融資、空き家解体ローンの取り組みを始めたところであります。更に今年度から、空き家バンク登録住宅などへの転入者に対する支援を実施することとしております。今年度は、外部委員で構成する協議会を設け、おおむね10年間を計画期間とした空家等対策計画を策定することにしており、その中で、まず所有者による空き家等の適切な管理の促進に関すること、また、空き家等及び除却した空き家等に係る跡地の活用の促進に関すること、また、特定空家等に対する措置、その他の特定空家等への対処に関することなど、幅広く検討をいたします。今後も引き続き、相談窓口でのきめ細かな対応や、除却に要する資金面の支援に着実に取り組み、総合的、計画的にこの対策を進めてまいります。

 続きまして、公共工事の随意契約について御質問がございました。

 地方公共団体の契約は、その財源が税金によって賄われており、最少の経費で最大の効果を上げることが求められております。このため、地方自治法において、入札・契約制度の客観性、透明性、競争性を確保するため、一般競争入札を原則としております。随意契約は、競争の方法によらないで、地方公共団体が任意に特定の相手方を選定して締結する契約方法をいいますが、一般競争入札の原則の例外の一つであります。随意契約の要件の一つとして、工事又は製造の請負契約の場合、予定価格が250万円以下のものは、随意契約が可能であります。その趣旨は、金額の少額な契約まで一般競争入札で行いますと、事務量がいたずらにふえ、能率的な行政運営を阻害することから、一定の金額以内のものについては、随意契約ができるとしたものです。

 少額随意契約は、契約費用の負担が少なく、信頼のできる相手方を選定できるといった利点がありますが、その反面、相手方の選定が不透明なため、相手方が恣意的に選定され、固定化されるといった欠点があると一般に言われております。

 しかしながら、少額随意契約については、建築物の雨漏りや道路の維持改修などの工事を比較的小規模な建設業者に発注し、受注機会の確保に貢献しております。また、消費税率変更により、工事価格がその分小さくなっていることから、国への要望につきましては、委員御提案の趣旨を踏まえ、他都市の動向を参考にしながら柔軟に対応してまいります。

 岡本委員より、公共施設のマネジメントについて、固定資産台帳の扱いについて御質問がございました。

 公共施設マネジメントは、高度経済成長期に数多く整備した公共施設を、今後いかに維持更新していくかという全国自治体共通の課題であります。このマネジメントを進める上では、公共施設の実態を市民に御理解いただくことが重要と認識しております。そこで昨年12月、公共施設の建物に関する状況のほか、施設の利用状況や収支状況など、公共施設に関するできるだけ詳しい情報を、公共施設白書として取りまとめ公表いたしました。

 一方、委員御質問の固定資産台帳は、本年1月、平成29年度までに作成するよう総務省から要請を受けております。本市では、今年度末までに整備する予定となっております。この固定資産台帳は、地方公共団体の財政状況をあらわす財務書類の基礎資料として整備するものであります。そこで、公共施設白書とは異なり、道路、橋りょうなどのインフラや土地なども含めて、全ての資産を対象としております。本市では、固定資産台帳の整備と公共施設マネジメントが同時並行することになったため、固定資産台帳の記載項目のうち、公共施設の建物規模や構造、階数などの基本情報や耐震化の状況、稼働率、利用者数、ランニングコストなどの詳細情報について白書としてまとめ、これをもとに施設分野実行計画を策定することにしたものであります。なお、この白書のデータは、固定資産台帳の作成に利用することにしております。来年度以降は、固定資産台帳が正式に整備され、より正確に実態を把握することができますから、施設分野別実行計画のフォローアップに活用していきたいと考えております。

 次に、岡本委員から、実行計画での具体的な取り扱いについて御質問がございました。

 公共施設マネジメントについては、本年5月、現時点での考え方を方向性として公表いたしました。施設分野別実行計画の10の分野について、大まかな方向性をお示ししております。今後、この方向性をもとにして、議会を初め、市民の皆様からさまざまな御意見をいただきながら、素案を策定することとしております。

 素案の策定に当たりましては、個別施設の耐用年数、利用状況に加え、地域の特性などのさまざまな要件を勘案しながら、施設の集約化、廃止などの取り扱いを検討していくことになります。この施設分野別実行計画では、そうした検討結果に基づき、できる限り具体的に示したいと考えておりますが、施設分野の中では、個別施設の取り扱いを示すことの影響が大きいもの、例えば学校施設などであります、また、現時点で廃止などの時期の見通しを明示することが困難なもの、例えば地域コミュニティ関連施設などがあります、こういったこともあるわけであります。したがって、全ての個別施設について具体的な取り扱いを示すことは困難でありまして、施設分野によって内容に差が生じるものと考えております。いずれにしても、委員御指摘の具体的な個別施設の取り扱いについては、今後、議会や市民の御意見をいただきながら、どこまでお示しできるのか鋭意検討してまいります。

 続いて、討論型世論調査の実施について御質問がございました。

 この分野別の実行計画策定については、今年度末に計画を策定する予定であります。先日公表した方向性をもとに、幾つかの団体との意見交換を始めております。今後は、シンポジウムの開催、市民向けパンフレットの活用によりまして、広く市民に計画内容を周知し、市民アンケートの実施や、地域や団体への出前講演を活用し、できる限り多くの市民意見を聴取していきたいと考えております。そして、年内には素案として取りまとめ、最終的にパブリックコメントを経て成案にしていく考えであります。委員御提案の討論型世論調査ですが、市民の声を聞く新たな手法として興味深いものだと思いますが、全国での実施例は7つとまだ少ない状況にあります。加えまして、調査の準備にもかなりの時間を要すると思われます。このことから、今回の施設分野別実行計画の策定におきましては、先に述べた手続によって市民の意見を把握していきたいと考えております。しかしながら、討論型世論調査は見解が分かれていて、早急に結論が出しにくい課題などに向いていると一般に言われております。議論を深めていくような場面には有効だと思われます。今後、本市の政策決定の中で、どのような場面に活用できるかなどについて研究をしてまいります。以上でございます。



○主査(成重正丈君) 木畑委員。



◆委員(木畑広宣君) 御答弁ありがとうございました。老朽空き家対策計画策定等事業につきましては、従来、行政として関与してこなかったことに入っていく大変さもあるかと思いますが、本市としてすばらしい対策計画の策定をお願いして、これは要望とさせていただきます。

 次に、公共工事の随意契約について、上限額の引き上げは契約室としても現場の状況確認をしている現状があるかと思いますが、現実にどのくらい変更契約が行われているかわかる範囲でお聞かせください。



○主査(成重正丈君) 契約室長。



◎契約室長(石井佳子君) まだ調査中でございまして、数字が取りまとまっておりません。



○主査(成重正丈君) 木畑委員。



◆委員(木畑広宣君) 変更契約ができにくいという現場の声もありますので、ぜひ現場の声をよく聞いていただければ、声も上がってくると思いますので、よろしくお願いいたします。これは要望ですが、随意契約については、当初契約200万円に対して、追加工事50万円ストックの変更契約250万円が消費税込みのために、現場からは、上限額を引き上げてほしいとの切実な要望でございます。せめて上限の変更契約300万円、当初契約250万円ぐらいの発注でもおかしくはないかと思います。大切な北九州市の公共工事を支えてこられた現場の方々の声です。これからも、本市を支えていかれる方々でございます。ぜひ本市が先頭に立って、国に対し、随意契約上限額の引き上げを強く要望していただきたいと思います。私の方からは以上で終わります。



○主査(成重正丈君) 岡本委員。



◆委員(岡本義之君) 市長から、固定資産台帳は、施設分野別実行計画のフォローアップに活用していきたいというふうに言っていただきました。ぜひとも活用するに当たって、私たち市民にとっても、市が持っている施設、いわゆる公共施設がどれぐらいの資産価値があるのかということもあわせて知っていきたいし、知るべきだろうと思います。その固定資産台帳の中に盛り込まれる資産評価額、そういったものがしっかり市民にわかるようなものにして、これは時価にするか簿価にするかという話になろうかと思いますけれど、そちらの検討もしっかり行っていただきたいなと思います。

 それから、パブリックコメントのほうで、今回はもうスケジュールどおりでやっていきたいというお話をいただきました。国の政策等、いわゆる討論型世論調査を採用されてきた理由には、ある記者が次のように言っています。通常の世論調査とかアンケート調査では、表層的な情報しか取得できないという限界があると。たかが1票の態度に代表されるように、一般的に、人はみずからの見解を重みをなすと認識できない場合、その見解をまとめること自体を放棄する合理的無知の状態となる。現代のように、さまざまな情報が身の回りにあふれ、日々生活のために意思決定しなければならない場合はなおさらであろうと。このような場合、単に社会や政治、政策についての選択肢を提示されたとしても、思考のめぐらされた適切な回答が返ってくることは少ない。実のところ、自分の意見かどうかの検証もしないまま、メディアで取り上げている論点などを思いつきで回答する場合もあるから。また一方で、意見聴取会やパブリックコメントの問題は、統計的代表制がないことに加え、基本的にあらかた意見が定まっている人たちだけの持論を述べるというところにある。この普通の調査は安上がりなのですけども、偏りのある意見が集まることが多いと。討議性が低い、対立的な意見表明にとどまっては国民同士の対話となりにくいから、というふうな主張があります。今回、今後の市における政策決定の中で、どのようなところに活用できるか、研究していきたいというお話がありました。私はやはり、私たちが本当に利用するという私たちの財産でもある公共施設について、具体的な話が出たときに、急に騒ぎが大きくなるというよりも、やはり市民同士がしっかり討論しておくということが大事ではないかという思いから、今回こういう質問をしました。現時点では、まだこの手法は難しいというお話ですけれども、ぜひ今後ともしっかり検討、研究を進めていただきたいと思いますので、よろしくお願いしたいと思います。以上で終わります。



○主査(成重正丈君) 進行いたします。日本共産党。柳井委員。



◆委員(柳井誠君) 私からは、市営住宅長寿命化補修工事の最適化について伺います。

 北九州市公共施設マネジメントの考え方、方向性では、平成50年ころ、すなわち23年後ころから耐用年数を迎える住宅が増加し、大幅に保有量が減少することになると説明されております。平成27年度予算案では市営住宅ストック長寿命化経費は、約4億8,000万円が計上されており、そのうち長寿命化補修の対象は、約3億円、321戸であります。長寿命化補修は平成20年度から始めておりますが、現在対象とみなしている戸数は約1万7,000戸であり、これまでの実績は合計約2,200戸、7年間で進捗率約13%となっており、このスピードを更に上げていく必要があります。長寿命化補修がおくれるほどコンクリート劣化は進むため、前倒しで診断・施工するなど、最も長寿命効果を得られる工期の最適化を判断し、現在急がれている耐震補強工事と同等の予算の位置づけが必要であります。市営住宅、マンションなど鉄筋コンクリート造の寿命は、例えば、117年、120年から150年など諸説がありますが、将来の更なる長寿命化工法の技術開発も期待されるところであります。

 そこで、今後の市営住宅の施設分野別実行計画を策定するに当たり、長寿命化補修の計画を更に確かなものにして、急ぐことを求めますが、見解を伺います



○主査(成重正丈君) 石田委員。



◆委員(石田康高君) 私から、10日の本会議における平和安全法制についての質疑に対する市長の答弁について、更にお尋ねをしたいと思います。

 市長が行われた答弁の要旨は、第1に、我が国や本市の平和と繁栄は、戦争によるとうとい犠牲の上に成り立っていることを決して忘れてはならず、悲惨な過去の教訓を風化させることなく、世界の平和と繁栄に貢献していく必要がある。第2に、平和への基本的姿勢を示すため、平成22年2月10日、非核平和都市宣言を行い、核兵器廃絶に向け関係都市との連携を図る平和首長会議に加盟をした。第3に、我が国及び国際社会の平和と安全のため、切れ目のない体制整備を目的に、集団的自衛権の行使などが盛り込まれた平和安全法案が国会に提出されたが、安全保障の枠組みにかかわる重要なものであり、国会で慎重かつ丁寧な議論をしていただきたい。私もその議論を注視していく。第4に、法案は国民にとって極めて重要なものであり、政府は法案の必要性や国民生活への影響などについて、広く国民に説明し、理解が得られる手だてもあわせて考えていく必要があるのではないかと考えている。第5に、市長の責務は、市民の皆さんに、戦争の悲惨さと平和のとうとさを御理解いただき、二度と過ちを繰り返さないよう後世に伝えていくことが必要と考えている、こう答弁をされました。この答弁から12日経過をいたしましたけれども、現在220人を超える憲法学者が法案は憲法違反だと声明を出され、元自民党の幹事長など幹部の方々が次々に反対を表明し、今国会で成立させるべきではないという声が、8割にも上っています。私も市長も、戦争を知らない世代ですが、市長が答弁で述べた二度と同じ過ちを繰り返さないために、今必要なことは、戦争はだめという声を上げることであり、これこそが、過ちを繰り返させない我々の責務ではないかと考えます。答弁を求めます。



○主査(成重正丈君) 市長。



◎市長(北橋健治君) 柳井委員から、市営住宅の長寿命化補修工事について御質問がございました。

 本市では、現在約3万3,000戸の市営住宅を管理しております。老朽住宅の計画的な建てかえ、統廃合によって町なか居住を促進し、耐震改修、長寿命化などに取り組み、既存ストックの有効活用に努めてまいりました。既存ストックの有効活用として、早急に安全性の確保を図るため、耐震改修工事が必要であることから、平成27年度末までの耐震化率90%を目標に、まずは耐震改修に重点的に取り組んでまいりました。平成20年度から耐震改修工事を進め、昨年度末までに219棟、5,701戸の耐震改修工事を完了し、耐震化率は84%になっております。また、長寿命化の取り組みとしては、長寿命化計画を策定し、市営住宅の耐久性を高め、長期間使用できるよう構造く体である鉄筋コンクリートの劣化を防止・抑制する長寿命化工事に取り組んでおります。この工事は、耐久性の高い塗装剤や屋上の断熱・防水により、外部から受ける影響を防ぐことで、建物の構造く体の強度を保持し、公営住宅法で定められた法定耐用年数70年を超える長期間の活用を図るものであります。耐震改修工事と同じく、平成20年度から事業に着手し、昨年度までに119棟、2,285戸の長寿命化工事を完了いたしました。本年度は、新たに8棟、321戸の長寿命化工事を予定しております。今後とも、市営住宅長寿命化工事につきましては、既存ストックの有効活用を図るため、建物の経過年数や劣化状況などを踏まえながら、計画的に取り組んでまいります。

 次に、石田委員から平和安全法制について御質問がございました。

 国におきましては、近年の我が国を取り巻く状況として、国際テロの脅威、弾道ミサイルの開発などにより、アジア・太平洋地域において緊張が生み出されるなど、複雑かつ重大な安全保障上の課題に直面しております。このため国は、我が国及び国際社会の平和及び安全のための切れ目のない体制の整備を目的に、平和安全法案を国会に提出いたしました。この法案は、以前も申し上げておりますが、我が国の安全保障の枠組みにかかわる重要なものであります。そして国民にとって、極めて重要なものだと考えております。政府におきましては、法案の必要性や国民生活への影響などについても、広く国民に説明し、理解が得られるような手だてもあわせて考えていく必要があるのではないかと考えております。現在、平和安全法案は国会で審議途中でございますが、報道機関が行った各世論調査によりますと、法案について慎重に審議すべきだとする意見が多く見られます。国民の理解を得るためには、更に、丁寧な説明が必要ではないかと考えております。政府におきましては、国会で慎重かつ十分な議論をしていただきたいと考えており、私も国会での議論を注視してまいります。なお、戦争はだめの声を上げるべきという御指摘でありますが、市民の皆様方に戦争の悲惨さ、平和のとうとさを御理解いただき、二度と同じ過ちを繰り返さないよう、後世に伝えていくことが大事なことではないかと現在も考えております。以上です。



○主査(成重正丈君) 柳井委員。



◆委員(柳井誠君) 時間の範囲で聞かせていただきます。今議会で、公共施設マネジメントの方向性の長寿命化を議論するに当たって、コンクリート診断学の入門書を何冊か読んで参考にいたしました。中央図書館にある2004年版のコンクリート診断学入門、これは東京大学生産技術研究所が書いたものですが、10年前の書籍ではありますけれども、既に公共施設マネジメントと同じ認識で、将来人口推計2050年で9,000万人、少子高齢化が極端になって、建設後50年の建造物の急速な増加が指摘されて、今後は、既設のコンクリート構造物を、より少ない技術者で、あまり費用をかけずに維持管理することが重要になるとして、日本コンクリート工学協会で2000年から始めたコンクリート診断士や、土木学会の特別上級などの技術者資格、メンテナンス部門の資格制度は、今後重要な役割を期待されるとありました。私もそのように思います。早くから指摘されていることにも、改めて認識を深めました。そこで第2質問は、ちょっと技術的なことになるのですが、学校施設なども同じですが、市営住宅の長寿命化対策の判断基準として、コンクリート用骨材の地域性が問題になると思われます。1990年以前のコンクリート構造物で、北海道と西日本では骨材は海砂であって、塩分含有率が高いまま使われていることが指摘されております。それが構造物の4割あると。一例では、JR西日本が調査したところでは、過半数が標準示方書の塩分基準を上回っているとの調査があります。本市の市営住宅の長寿命化に当たり、建設材料の状況をどのように診断されているのかお聞かせください。



○主査(成重正丈君) 建築都市局長。



◎建築都市局長(大関達也君) 今委員のおっしゃったことは、骨材で海砂を使われたということで、そういう年代につくられた建物については、コンクリートの強度に影響があるということだと思います。私どもの建物、現在古い建物については、もう建てかえ等でやっております。今回長寿命化をやっているものにつきましては、昭和51年度以降の1万7,000戸ということで進めているわけでございますので、基本的には海砂を使った建物についてはもう解体等を進めて、建てかえに取り組んでいるものというふうに考えております。一部は、まだ残っているものについては、まだ少しはあるかもしれません。以上でございます。



○主査(成重正丈君) 柳井委員。



◆委員(柳井誠君) わかりました。約1万7,000戸というように聞いております。極力正確な診断を行って、ライフサイクルコストを下げて、長寿命化できる市営住宅を最大の期間使用できるように計画を策定することを要望して、私は終わります。



○主査(成重正丈君) 石田委員。



◆委員(石田康高君) 引き続き、平和安全法制について再度お尋ねをしたいと思います。先ほど市長は、本会議と同じような答弁をされました。極めて残念であります。私は、本会議でも述べましたけれども、市長の責務ということで、本会議でも市長の考えをただしたわけですけれども、戦争の悲惨さと平和のとうとさを市民に伝え、二度と同じ過ちを繰り返さないよう、後世に伝えていくことが必要というふうに述べられましたけれども、そうであれば、行動すべきではないかというふうに私は思います。国会の審議を注視をするという態度は、結局、この法案そのものに対する国民、世論の大きな反発、そういう状況をただ見守るということになってしまい、何もしないということになるのではないかと思うのです。実は、ことしは戦後70年ということもあって、これは、昭和20年6月19日の福岡空襲を報道した当時の記事です。西日本新聞さんが特集をしたものです。改めて戦争の悲惨さがわかる。そして、当時のマスコミがどういう体制の中にしかれていたかということも紹介をされております。こんな悲惨な戦争について、ほとんどの国民が繰り返してはならないと、心から思っておられます。市長だってそうだと思います。そしてなぜあの当時、戦争に反対しなかったのかと、子供や孫から問われた親御さんもたくさんおられます。国家総動員体制で、マスコミも含め戦争遂行一色の中、戦争反対を訴えた政党も個人もおられましたけれども、文字どおり命がけでありました。しかし今は全く違います。二度と同じ過ちを繰り返さないための憲法9条があり、何よりも言論と行動の自由があります。法案の審議を通じて、戦争する法案であるという中身が、次々に明確になってきております。存立危機事態で集団的自衛権を可能にして、海外での武力行使に踏み出そうとしておりますけれども、その実例は存在せず、法案の必要性そのものの根拠さえ崩れております。選挙制度のゆがみで多数を占めた勢力を背景に、会期を延長してでも、何が何でも成立を強行する事態もある中で、それを食いとめる手段は、国民の世論と運動以外にはありません。日本弁護士連合会が、全国52の弁護士会の会長全員を含む役員85人が、全会一致で戦争法案は違憲であると採択をしました。沖縄の那覇市長も、大きな危機感を覚えていると述べられ、憲法9条の理念遵守の重要性を強調されております。今こそ、私たちが果たすべき責務を自覚して、行動すべきときではないのか。賢明な市長の決断を、改めて求めたいと思います。以上です。



○主査(成重正丈君) 市長。



◎市長(北橋健治君) 本会議でも質問がございましたし、先ほど憲法学者のいろんな意見の開陳というものもあったと。そこで先ほど述べたことは、そういう一連の状況の中で、慎重にやはり審議をして国民の皆様方に、よく理解をいただけるような努力を、政府には期待したいと、そういう趣旨で、そこは質問にお答えする形で述べたところです。行動すべきだということなのですけども、御党の立場からするとこれは戦争法案だということになりますが、政府が提案しているというのは、やはり相当に憲法を制定したころと国際情勢が変化してきていると。日本の平和と安全を維持するために、日米安保と自衛隊という、これによって維持しているという認識を政府は持っているわけですが、その中でもやはり、今後の国際情勢の不安定な中において、このままで平和が維持できるのかということが、問題提起の発端になっていると自分は思います。その結論については、賛否が分かれるのかもしれませんが、そういった意味では、戦争を始める法案だからこれに反対せよ、という論旨には私はともに行動はできません。ただ自分に言えることは、それは賛否が分かれるところでありますけれども、やはり世論調査で、まだまだこの法案に対する理解度というのは十分ではないことは明らかですから、その点はしっかりと議論をしていただきたいと述べるにとどめたいと思います。



○主査(成重正丈君) 石田委員。



◆委員(石田康高君) そこの市長と私の意見は違いますので、それはおいておくとしても、とにかく市長自身も、私だってそう、議員も皆さんもそうですけど、戦争なんて絶対してはいけないという思いは一緒だと思うんですよね。それで戦争法案なのか、本当に平和安全法案なのかというのは、ここで議論しても結論は出ませんから、当事者ではありませんから、そこは言いませんけれども、戦争という悲惨な出来事を繰り返させないというためにも、市長としてできることがあるのではないか。例えば、今国民の理解はほとんど進んでいないと、先ほど私は紹介しましたけれども、今国会での成立を望まないという共同通信がやった6月の世論調査ですけれども、8割に上るということは、あまりにも国民に理解がほとんどされていないし、今の法案の中身では不安があるということの一つのあらわれなんですよね。市長も、先ほど慎重審議を求める声が多いというふうに言われました。そうであるならば、国会若しくは内閣に対して、ここで今、私の質問に対して述べられましたけれども、もっと国民に対して説明責任を果たすこと、そして慎重に審議をしてほしい。そして戦争を二度と引き起こさないようなことをやってほしいという旨の要請はできますか。



○主査(成重正丈君) 市長。



◎市長(北橋健治君) 国会で、慎重かつ十分な審議をしていただきたいということは申し上げてきているわけなのですが、その次に向かって、市長としてどういう行動をするかということになりますと、やはり集団的自衛権の行使というテーマで論争されているわけです。この集団的自衛権の行使を、現行憲法でやるべきではないとする考え方もあると思います。その種の意見書も出されましたが、この北九州市議会におきましては、それは採択を見ていないという状況もあります。意見が大きく分かれているという状況であります。その中で、この問題にかかわる政府の法案に対して、直接市長が先頭に行動を立つというのは、いかがなものかという趣旨であります。



○主査(成重正丈君) 石田委員。



◆委員(石田康高君) では要望しておきます。考え方は若干違いますけれども、戦争する国づくりはだめだという圧倒的多数の国民の声、この中で西日本新聞さんが述べている記事の中にも、当時、報道が管制をしかれたということで、真実が伝えられないということへの反省も込められています。ただ、今はそういうことが全くないとは言いませんけれども、報道の自由というのはあります。我々の言論の自由も憲法上保障されている。そこで市長として、北九州の市民の命と財産を守る責務は当然あるわけですから、それにふさわしい行動を、今後も考えてとっていただきたいということを、これは要望しておきますので、よろしくお願いします。終わります。



○主査(成重正丈君) 進行いたします。維新。荒木委員。



◆委員(荒木学君) 私からは、折尾地区の総合整備事業についてお尋ねします。

 現在、折尾地区は魅力ある学園都市として再整備が進められています。そこで、市民や学生が集い、輪い和い話い夢会議が4回開催され、ワークショップ形式で話し合いが行われました。折尾駅南側における堀川沿いの魅力あるまちづくり、折尾地区の歴史を踏まえた夢のあるまちづくりの提案に、私も福岡県北九州県土整備事務所の職員も感心したところであります。こういった市民、学生、行政が一体となって、まちづくりの提案を行うことは重要であり、具体的な取り組みの必要性を感じているところであります。折尾駅南側には、経済産業省から近代化産業遺産に認められている堀川運河があり、公園整備も計画されています。その歴史的価値のある堀川運河を生かしたまちづくりを推進すべきと強く考えます。

 ところが、北九州の松陰と言われる門下生3,000人を超える岡山直道先生の頌徳碑や遠賀川疎水碑が、区画整理事業計画で移転場所が正式にはまだ決まっていない状態と聞いております。現在計画されている公園内には、通称ねじりまんぽと呼ばれている折尾高架橋もあり、これらの歴史遺産を集めて魅力ある遠賀堀川歴史公園を整備するべきと思いますが、見解を伺います。

 また、住民と学生が提案している折尾にある菅原神社の天神通りへの梅の木の植樹や、堀川沿いに机やベンチのあるあずまやを建てる、そういった夢のあるミニ太宰府構想に対しても、あわせて見解をお聞かせください。



○主査(成重正丈君) 市長。



◎市長(北橋健治君) 荒木委員から、折尾地区の開発に関連して、ミニ太宰府構想に対する御質問があったところです。

 この折尾地区総合整備事業は、折尾駅を中心とした既成市街地を、学園都市や北九州学術研究都市の玄関口にふさわしい地域の拠点として再整備するため、連続立体交差事業や街路事業、土地区画整理事業を一体的に行うものであります。連続立体交差事業のうち、折尾駅周辺では、昨年後半から鉄道の高架が姿をあらわし、今年度からは、筑豊本線の高架工事にも着手することになっております。街路事業につきましては、幹線道路日吉台光明線を初め、道路整備に必要な用地買収を積極的に進めており、今年度から拡幅工事に着手してまいります。更に、折尾駅南側で進めております土地区画整理事業のうち、最初に着手した堀川町地区については、昨年1月から本格的な宅地の整備に入り、一部では建築工事も始まっております。残りの東側地区、鉄道跡地地区につきましても、ことし3月から各地権者に対し、仮換地案や今後のスケジュールなどについて、個別に説明を行っております。鉄道跡地地区内には、岡山先生の頌徳碑や遠賀川疎水碑の記念碑があります。これらについては、現在所有者などと移転に関する具体的な協議を行っているところであり、今後、所有者などの意向を確認しながら対応していくことにしております。

 委員お尋ねの折尾駅南地区に計画されている公園については、ねじりまんぽの具体的な保全活用策を踏まえ、今後どのような公園にすべきかを地元と十分協議しながら検討していきたいと考えております。

 次に、学生が提案したミニ太宰府構想でありますが、菅原神社の天神通りへの梅の木の植樹や、堀川沿いに机やベンチのあるあずまやを建てることなど、未来を見つめた若者らしい自由な発想だと感じております。ただ、現在の総合整備事業を進める中では、梅の木の植樹については、新しく菅原神社に至る道路において、植樹に必要な歩道幅員を確保できないこと、また、堀川沿いにあずまやを建てることについては、道路上であるため建築物の設置ができないことなどにより、実現は困難だと考えております。

 これまでも、整備事業の推進に当たりましては、さまざまな団体、個人などに対し、事業の趣旨を説明し、さまざまな御意見、御要望を承りながら取り組んでまいりました。今後も地域の皆様の御理解、御協力をいただいて、折尾が魅力ある町になるよう全力を挙げて取り組んでまいります。以上です。



○主査(成重正丈君) 荒木委員。



◆委員(荒木学君) どうもありがとうございました。折尾の町というと、本当に今、開発がうまくいって、本当に今までの努力が実って、徐々に形をあらわしているところだと思います。ハード面ではかなりそうやって進んでいると思うんですね。ただやはり、歴史、文化、これは市長が一番大切に思っているところ、やはりこういった学生たちの、できてからでは多分こういったことはできないと思うんですね。今のうちから、少しでもそういった公園ができる、そういったところに何かを、歴史的な文化、にぎわい、やはり堀川という歴史的財産があるわけですね、経済産業省も認めている。そういった、なぜ認めているかというと、日本の近代化を支えたんですよね、堀川というのは。筑豊から八幡製鐵所に石炭を運んだ、そういった石炭ロードなのですね。そういった色が全然まだ開発の中に見えない。当然だと思います、本当に、開発するだけで大変だったと思いますし。でも今ではないのでしょうか、そういった歴史、文化を取り入れていくのは、少しでも。できないと言えば、僕はできないと思います。市長がこうするのだという思いを持っていただいて、初めて何かが生まれるのだと思うんですね。できない理由というのはいっぱいあると思います。確かに、無理を言っているというところもわかりますし。ただ姿勢として、どうにかして今ハード面がうまくいった、今度はちょっとソフト面、本当に折尾の歴史というものがしっかりと伝わる、そういったまちづくり。実を言いますと、堀川沿いには、日本に2つしかないと言われている昭和レトロというんですか、飲み屋街がございます。そこも残してほしいという地域の方の声もあります。それに応えていただいているように、整備のほうも動いていただいていると思います。しかし、なかなか苦労されているというのもわかっております。しかし、やはりこういった、先頭を切ってやっていくには、我々議員が言っても、やはりなかなか難しいところも感じます。やはり市長の思い、この北九州に対しての歴史、文化。ぜひ折尾にも歴史と文化、そして学生の町のにぎわいというところで、学生の方々が言ったことをやってくれとは言いません。でも少しでも公園に、歴史と文化を感じるようなものをつくっていただきたいと強く思います。最後に私の先輩でもあります高倉健先輩の通われた堀川沿いでもあります。ぜひともこれは、母校との話し合いにもよると思うのですけれども、銅像をつくろうではないかと、そういったメモリアルプロジェクトもできるのではないか、そんな話も出てきております。そういったことも含めて、公園に健先輩の銅像がある、そして毎年黄色いハンカチがそこに飾られる、堀川に飾られる、そんなすてきな、わくわくするような折尾の町を期待しております。できることとできないことがあると思います。しかし、やはり思いを持つということは重要だと思いますので、市長の心の中のどこかに、それを思っていただけるのを期待して、私の質問を終わります。



○主査(成重正丈君) 進行いたします。みんなの北九州。八木委員。



◆委員(八木徳雄君) 私からは、北九州マラソン開催事業についてお尋ねをいたします。市民文化スポーツ局所管のスポーツの振興に関連する北九州マラソン開催事業について質問いたします。

 今議会にも9,930万円の予算が計上されていますが、北九州マラソンは本市市制50周年を記念して2014年から行われている市民参加型マラソン大会であります。当初は継続開催は未定ではありましたが、約1万人の出場枠に約2倍以上の応募者があったことなどで、続けてほしいという声も多かったため、大会実行委員会の会長でもあります北橋市長は、大会終了後に継続開催に向けた検討を行うよう関係部署に指示をされ、2015年以降も開催が継続されております。種目においてもフルマラソンはもちろんですが、ペアリレーマラソンやファンランなどさまざまな形での参加ができ、小学生以上の子供から大人まで気軽に参加できる、まさに市民参加型のマラソンであります。今月の4日に行われました北九州マラソン実行委員会におきまして、次回の大会の名称、開催日、コースなどが承認され、いよいよ北九州マラソン2016が動き出したわけであります。

 そこで2点お尋ねをいたします。

 まず、参加資格者として障害のある方で単独走行が困難な方は、伴走者を1名つけ参加することができますが、障害をお持ちの方の参加を少しでも広げるためにも、車椅子での参加を認めてはどうかと思いますが、見解をお伺いいたします。

 2点目に、現在の北九州マラソン申し込み市民枠は2,000人となっております。市民枠で落選された方は、再度市外の方を含めた8,000人の一般枠での抽せんとなっていますが、市内申込者で市民枠、一般枠で抽せんに漏れた方の人数を教えていただきたいと思います。一人でも多くの市民が参加できるよう、市民枠をもっと多くするべきと考えていますが、御見解をお伺いいたします。



○主査(成重正丈君) 市長。



◎市長(北橋健治君) 八木委員からのマラソン開催に関する御質問にお答えをいたします。

 北九州マラソンは、1万1,000人を超えるランナーの参加、そしてそれを支える市民ボランティア、沿道の応援、地域住民や事業所などの御協力をいただき、市民マラソンとして育ちつつあります。また、全国から多くのランナーや応援者が訪れ、本市の景観や食に触れていただき、町のにぎわいも生まれるなど、イベントとして大きな盛り上がりを見せております。

 今後、北九州マラソンを本市の誇りとなる大会に高めていくためにも、さまざまな障害のある方々でも参加できるようにすることは、重要な視点ではないかと考えております。車椅子での参加に関しましては、第1回大会の開催に当たりまして、陸上競技協会や障害者スポーツ団体から意見を聞いたところ、車椅子の走行に必要な道路幅の確保や、下り坂や急カーブでの安全確保など、多くの課題があることがわかりました。そこで、車椅子種目の設定を見送った経緯があります。このため、車椅子種目の設定に当たっては、これらの課題の解決に加え、障害者が希望するコースの設定について、他都市の実施状況や関係団体・機関などの御意見を伺うなど、今後研究する必要があると考えております。

 次に、市民枠でありますが、市内申込者で市民枠、一般枠で抽せんに漏れた方の合計は、第1回大会が1,035人、第2回の大会が1,410人でありました。市外から、また、市内の申込者の当選率を比べてみますと、第1回大会では、市外55%に対し市内82%、第2回大会では市外50%に対し市内77%となっており、いずれも市内の当選率は市外よりも約30ポイント高くなっております。このことから、市民の出走機会は確保されていると考えており、当面は2,000人の市民枠を維持してまいりたいと考えております。いずれにしても、多くの参加者に喜んでいただける大会とすることが大切であります。これまで、本大会が評価された点を更に高め、ボランティアの皆様を初め、市民一丸となった取り組みを続け、参加者の皆様から全国のマラソン大会の中でトップの評価をいただけるよう努力してまいりたい、このように思います。



○主査(成重正丈君) 八木委員。



◆委員(八木徳雄君) 御答弁ありがとうございました。まず、車椅子の件でございます。恐らく北九州マラソン開会に当たりまして、いろんな各界の御意見等をお聞きして、車椅子の大会が難しいというものはあったのではないかなというふうには想像はしておりました。しかし、現在日本国内におきましても、今、車椅子マラソンというのは、フルマラソンや、また、フルマラソンの中の単独開催と車椅子の部というふうに大きく分かれております。有名どころでいきますと、東京マラソンや兵庫県の篠山マラソンですか、あと大阪マラソン、大分マラソンというふうにあるわけでございますが、昨今いろんな都市に行っても、比較的行政によるマラソン大会というのが、どんどんふえているようであります。この北九州マラソンは、市制50周年の一環でスタートしたものでございまして、他市とも少し差別化をしていくという部分におきましても、今後車椅子マラソン、道路の問題もあるかと思いますが、研究していただきまして、開催できるよう要望したいというふうに思っております。

 そして、2番目の市民枠の件でございます。たまたまかもしれませんが、私の周り、私の事務所では第1回、第2回と市民の方が応募したけどだめだったという声を聞いております。今聞いたパーセンテージでいきますと、比較的市内の方も多く参加できているのではないかなと思いますが、できればやはり、北九州市民、本市の方々がエントリーをするということにつきましては、全員が出られるようにお願いできればというふうに思っております。最後に1つ質問でございますが、この北九州市民枠の2,000人という根拠というのが、もしわかれば教えていただきたいと思います。



○主査(成重正丈君) 市民文化スポーツ局長。



◎市民文化スポーツ局長(大下徳裕君) 当初2,000人を設定いたしましたのは、福岡県内の県民のフルマラソンの完走率からとっております。当初平成24年にフルマラソンを完走した方が大体8,300名ほどおります。それを県内の人口から割り出しまして、大体市民の方が完走するとすれば1,700名ぐらい、それにプラスアルファということで2,000名ということを当初設定をしております。以上でございます。



○主査(成重正丈君) 八木委員。



◆委員(八木徳雄君) ありがとうございました。ではこの市民枠も今後ふえていきますことを要望いたしまして、私の質問を終わらせていただきます。



○主査(成重正丈君) 以上で市長質疑を終わります。

 次回は6月25日午前10時から分科会報告の取りまとめを行います。

 本日は以上で閉会します。

                              閉会 午後5時03分





会議の経過

              平成27年度予算特別委員会市長質疑記録

          第2分科会(環境建設委員会及び保健病院委員会所管分)

                              開会 午前10時00分



○主査(波田千賀子君) 開会します。

 議案第69号のうち所管分、70号、71号、80号のうち所管分、82号、84号、86号、90号、96号、99号、107号から110号まで、及び114号の以上15件を一括して議題とします。

 ただいまから、市長質疑を行います。

 質疑時間は2時間程度となっております。質疑の持ち時間は、維新及びみんなの北九州は12分、その他の会派は24分でお願いします。

 審査の方法は会派ごとに一括質疑・一括答弁とし、大会派順に行います。なお、市長答弁は着席のままで受けます。

 それでは質疑に入ります。自由民主党。田中委員。



◆委員(田中元君) おはようございます。私からは、MERS対策について質問させていただきます。

 現在、韓国では5月20日に最初の感染が確認された男性から医療機関を介してMERSが広がり、6月17日現在で、感染者162人、うち死亡者20人で、家族等の隔離対象者は6,500人を超える事態であります。また、新聞報道では、隔離対象者の複数の方が日本に入国しており、現在、日本政府が経過を観察していると伺っています。

 MERSについては、我が国では、本年1月に感染症法の二類感染症に指定し、空港等ではアラビア半島、又はその周辺諸国などMERS患者発生国からの入国者への注意喚起や、感染が疑われる方への健康観察等の検疫の強化を図っていると伺っています。更に、今回の韓国での患者の発生を受け、同国内において、MERSが疑われる患者を診察、看護若しくは介護していた方や、MERSが疑われる患者と同居していた方に対しても同様の検疫の強化が図られることになりました。また、6月17日にWHOは、韓国で感染しているMERSについて、国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態には該当しないとの声明を出しました。一方で、全ての国が予期しない流行に備える必要があるとし、感染拡大防止に向けた対策強化を促しています。本市は韓国と近く、人の行き来も多いことから、MERSに関する危機感を持って対策を講じる必要があると思います。

 そこでお尋ねいたします。

 本市でMERSが疑われる患者の発生に備えて、現在どのような取り組みを行っているのかお伺いをいたします。

 また、政府もホームページで塩崎厚生労働大臣から、中東・韓国から帰国後2週間以内に発熱、せき、呼吸困難などの症状が発生した場合には、直ちに最寄りの保健所に連絡するようにと、国民にメッセージを発しています。本市においても、市民に対してMERSの相談窓口について、広報、啓発を強める対策が急がれると思いますが、見解をお伺いします。

 続きまして、10代の人工妊娠中絶についてお伺いします。

 厚生労働省は、平成13年度から開始された国民運動計画である健やか親子21は、関係者、関係機関、団体が一体となって、母子保健に関する取り組みを推進する計画であり、21世紀の母子保健に関する取り組みを提示するビジョンであるとしています。そして、この第2次計画となる健やか親子21(第2次)が平成27年度から始まりました。この計画では、思春期における心身の健康の向上には、必要な知識や態度を身につけ、情報をみずから得るとともに、健康について前向きに考えていけるよう努めることが重要であること、子供の心身の健康の保持増進に当たっては、教育機関だけでなく、保健や医療の関係者が連携して、社会全体としてその達成を援助できるよう支えることが求められることなどが挙げられています。また、この計画の基盤課題として、学童期・思春期から成人期に向けた保健対策を掲げ、児童生徒みずからが心身の健康に関心を持ち、よりよい将来を生きるため、健康の維持向上に取り組めるよう、多分野の協働による健康教育の推進と次世代の健康を支える社会の実現を目指すこととしています。そして、この計画の中で、思春期保健対策の指標、健康水準の指標の一つとして、10代の人工妊娠中絶率を設定しています。

 ところで、市長は、本市での10代の人工妊娠中絶が、極めて多いことを御存じでしょうか。厚生労働省の衛生行政報告例及び総務省の国勢調査によると、全国の人工妊娠中絶は2万903件で、7.1パーミルとなり、全国の15歳から19歳の女性1,000人のうち7.1人が中絶をしたことになります。平成23年度の北九州市衛生統計年報によると、本市の医療機関で行った人工妊娠中絶は、336件で、本市の15歳から19歳の女性1,000人に当てはめると、15.2人が中絶をしたことになり、全国平均の2倍を優に超える人数になっています。また、10代の出産件数も本市では167人、7.5パーミル、全国では1万3,318人、4.5パーミルであり、本市の15歳から19歳の女性人口1,000人のうち7.5人が出産したことになり、全国推計の4.5人に比べても高率になっています。

 このように、人工妊娠中絶率が全国の倍以上になっている現実を、市長はどのように受けとめるか。教育委員会等関係機関との連携を強化し、危機感を持って思春期保健対策に取り組んでいただきたいと思いますが、見解をお伺いいたします。以上であります。



○主査(波田千賀子君) 市長。



◎市長(北橋健治君) 田中委員の御質問にお答えをいたします。

 まず、MERS対策であります。

 MERSコロナウイルスを原因とした38度以上の発熱及び、せきを伴う急性の呼吸器症状を呈する感染症であります。主として、中東地域に居住又は渡航歴のある方を中心に患者が報告されております。MERSは、主に飛まつで感染が拡大するとされておりますが、季節性インフルエンザのように、次々に、人から人へ感染することはないと言われております。日本では、平成27年1月に感染症法上の二類感染症に指定されました。ことしの5月には韓国で、中東へ渡航歴のある方を発端にして、医療機関における院内感染対策の不徹底などにより、医療従事者や同じ病棟患者、その家族への二次感染が多数発生しております。

 このような状況を踏まえて国は、ことしの6月1日付で、MERS発生時における国及び自治体の対応手順の確認、医療機関におけるマスクや手袋の着用及び患者の隔離といった院内感染対策の徹底、また、国の検疫所と保健所との連携などについて自治体に通知を行いました。その後も、韓国で死亡例を含む多数の患者が発生している状況を踏まえ、国はことしの6月4日付の通知において、情報提供を求める患者の対象を、中東地域への渡航者に加え、韓国でMERSが疑われる患者と接触があった者にも拡大するという変更を行いました。また、水際対策の強化として、全国の空港や港の検疫所において、韓国からの入国者に対する検疫法第12条に基づく質問や第13条に基づく診察といった検疫の強化や、検疫法第18条に基づくMERSが疑われる患者と接触した方などへの健康監視や、居住地自治体への情報提供を実施することとなりました。更に韓国において感染者が複数の医療機関を受診したことから感染が広がったことなどもあり、我が国では、検疫所においてMERSが疑われる病状がある際には、直接医療機関を受診せずに、まずは保健所に電話をしていただくことを周知しております。

 本市の取り組みであります。これらの国の動きを踏まえまして、本市ではMERS患者発生期の対応について、速やかに医療機関や医師会などの関係機関に情報提供するとともに、市役所ホームページを通じて、市民に対しMERSに関する正しい知識について注意喚起を行いました。また、MERS患者発生時の保健所への連絡体制や院内感染対策を徹底するため、医師会、医療機関等の関係機関を集めた北九州市感染症対策連絡会を6月25日に開催する予定であります。

 本市において、MERSが疑われる方が発生した場合には、第二種感染症指定医療機関である市立医療センターに搬送し、隔離病棟で治療を行うとともに、市立環境科学研究所及び国立感染症研究所でウイルス遺伝子検査を行うこととなりますが、委員御指摘のとおり、まず本市のMERS相談窓口である保健所に電話をしていただくことが重要であります。保健所が相談窓口であることについての広報、啓発は、市役所ホームページの掲載に加え、今後は、市政だよりへの掲載や、区役所、市民センター、医療機関でのチラシの配布を行い、周知徹底することとしております。今後もMERS対策については、患者の発生状況、国の動向を注視し、関係機関と連絡を密にとりながら、危機感を持って取り組んでまいります。

 次に、10代の人工妊娠中絶について御質問がございました。

 思春期は大人への移行期であります。心身ともに成長する大切な時期であります。また、思春期における妊娠・出産は、学業の中断につながり、結果として就労を困難にするなど、さまざまな問題が起こりやすいとされています。こうしたことから、妊娠、出産、育児に関する正しい知識を得るとともに、子供が思春期の心と体の大きな変化を正しく理解し、自分自身の心と体を大切にする思春期保健の推進は大変重要と考えております。

 平成23年の北九州市衛生統計年報によりますと、本市の医療機関が行った10代の人工妊娠中絶数は336件で、15歳から19歳の女性1,000人のうち、15.2人が中絶をしていることになります。同時に福岡県では10.9人、全国では7.1人となり、比較しますと、本市の10代の妊娠中絶率は高く、憂慮すべき事態だと受けとめております。また、10代の出産件数も、平成23年、10代女性1,000人のうち7.5人と、全国推計の4.5人に比べ高率となっております。

 そこで本市では、思春期の子供の課題を関係者で共有するとともに、効果的な健康教育を推進するため、平成22年度から、医療、学校、地域、行政などからなる連絡会、思春期保健連絡会と呼んでおります、これを設置いたしまして、関係機関が協働して思春期保健対策を推進しております。

 その具体的な取り組みであります。まず、小・中学校においては、命の始まりや大切さ、また、自分の体の変化や男女の性、性感染症などをテーマに、助産師を講師とした思春期健康教室を開催しています。平成26年度は、この健康教室を88回開催し、延べ4,086人の児童生徒が参加しました。子供たちからは例えば、今ここに自分がいることを奇跡と思い、家族や友達に感謝し、優しくしようと思いました、また、自分の体、心のことは自分で守らなければいけないといった感想が寄せられており、子供たちの心に届く内容になっていると考えます。

 また、小・中学校の教員向けには、性教育関連イラスト教材集などを作成し、保健の授業や特別活動など教育現場において活用いただいております。

 更に保護者向けには、思春期の子供の実態を理解してもらうための教材、子供を知るためのファクトシートを作成し、小・中学校などの家庭教育学級などさまざまな機会を捉えて配布、啓発を行っているところであります。

 このほかにも、NPO法人が実施している赤ちゃん先生の取り組みがあります。これは生後間もない赤ちゃんが、ママとインストラクターと一緒に小・中学校などを訪問し、定期的、継続的に無くな赤ちゃんとの触れ合いを提供することで、生まれたことへの感謝や、ともに生きる喜びを体験させるものであります。平成26年度は、市内小・中学校5校に対して赤ちゃん先生が17回訪問しました。今年度は新たに、市内高校・大学20校を対象に80回程度、市の地域少子化対策強化事業の一環として訪問することとしております。

 今後とも本市としては、元気発進!子どもプラン第2次計画に基づき、医療、学校、地域、行政などの連携を更に強化し、危機感を持ってより一層の思春期保健対策の推進に努めてまいります。以上であります。



○主査(波田千賀子君) 田中委員。



◆委員(田中元君) 御答弁ありがとうございました。それでは、第2質問をさせていただきたいと思います。

 今、WHOが二類感染症というようにしまして、厚生省の緊急事態には該当しないということになります。そしてそのことは、行政や医療機関の方々は御存じだと思いますが、一般市民には、まだ認知されていないのが現実だと思います。もし一人でもMERS患者、若しくは疑いのある方が出ると、その話は途端に広がって、市内の企業、医療機関、教育機関、そして観光にかかわる機関はもとより、市内、県外にも広がり、一旦広がったものは収束するのには時間がかかると思います。本市も今から観光時期を迎えるものでありますので、死活問題になるのではないかという危機感も、私自身は覚えています。そこで、ホームページ等で確かに掲載はされていますが、きょうもマスコミの方が来られておりますので、そこで発表したりとか、一般市民に一刻も早く、当然市政だより等市民センターを通じて発表するということになっているようでありますが、一刻も早く周知を、お願いをしていただきたいというふうに要望をさせていただきたいと思います。

 そして人工妊娠中絶について、御答弁ありがとうございました。医療機関が参画して、思春期保健により効果的な指導、教育支援の強化、支援を検討する、また、思春期保健連絡会、更なる強化、小・中学校で実施している思春期健康教室などの取り組みは、引き続き充実、発展をしていただきたいと存じます。また、今後とも医療、学校、地域、行政等の連携を更に強化し、思春期保健策の充実を期待しているところであります。更には、地域や関係機関との連携による妊娠、出産にかかわる正しい知識の啓発なども一層進めていただきたいと要望いたします。そして、本市で人工妊娠中絶数が全国に比べて多いという不名誉な状態を、一刻も早く解消されることを望んでおります。適切な思春期保健の推進は、安心して産み育てることができる環境づくりにつながり、そして元気発進!子どもプランの基本理念である、子供の成長と子育てを地域社会で支え合うまちづくり、子育て日本一を実感できるまちを上げておりますので、一層頑張っていただき、そういった不名誉な数値を改善できるように、市長を初め当局の努力を期待するものであり、要望にかえさせていただきたいと思います。以上です。



○主査(波田千賀子君) 進行いたします。ハートフル北九州。中村委員。



◆委員(中村義雄君) 私からは、地域包括ケアシステムにおける行政のPT・OT、理学療法士・作業療法士の役割と配置についてお尋ねします。

 団塊の世代が75歳以上となる2025年を目途に、重度な要介護状態となっても住みなれた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることができるように、医療・介護・介護予防・住まい・生活支援が一体的に提供される地域包括ケアシステムの構築に向けて、本市でも今後検討されていくことになっています。

 さて、保健福祉局関係部署の中には、区役所や中核的機能を持つ障害福祉センター及び精神保健福祉センター、本庁に17名のPT、OT、以下セラピストといいますが、配置されています。地域包括ケアシステムにおいて、セラピストには専門的直接支援及び間接的技術支援等が今まで以上に求められます。ところが、現在の区役所に配置されているセラピストの業務は、区の事情によって業務が変わり、セラピストとしての専門的業務とは言いがたい面もあります。また、区役所業務ではセラピストは基本的に1人でありまして、専門性の向上が図りづらい状況にあります。

 そこでお尋ねします。

 まず、セラピストの配置を区役所から中核的機能を持つアシストなどに集約して、専門的支援を行っていくように変えるべきではないでしょうか。見解をお尋ねします。

 次に、行政のセラピストの役割として、民間のセラピスト等の専門職種とのつなぎ役やまとめ役を担うことが重要であります。また、これを円滑に行うには各職能団体で活動していくことも大切であると思っています。現在、民間の専門職種に対してどのような活動を行っているのか、また、各職能団体でどのような活動を行っているのか、見解をお尋ねします。以上です。



○主査(波田千賀子君) 森委員。



◆委員(森浩明君) 私からは、河川沿いの緑の整備についてお尋ねします。

 初めに、志井川沿いの緑についてお尋ねをします。小倉南区西部を流れる志井川は、かつては雨季にしばしば氾濫を繰り返し、住民の生活に大きな影響を与えていましたが、蛇行部分の改修を行うことによって氾濫被害は解消し、今では春の桜や夏の蛍など四季折々に自然の豊かさを感じたり、ウオーキングを楽しんだりするなど、地域の財産になっております。

 その一方で、徳力校区内の志井川は、その上流の志井校区内や企救丘校区内と比べて、桜並木が欠けている箇所や不法駐車されている箇所、樹木や草木が放置されたままで遊歩道として機能できない箇所が一部に残っています。こうした箇所の緑化等の整備や改善を行うことは、都市内に残された貴重な自然空間である河川を、市民の憩いと潤いの場として活用し、親しみのある河川を取り戻す水辺環境整備事業としても有効であり、住民自身が身近な自然と触れ合いながら、豊かな生活につながることから実施するべきと考えられますが、市長の見解をお尋ねします。

 次に、紫川沿いの緑についてお尋ねします。まず、平成21年と22年に2年連続して発生した浸水被害に対して、福岡県と北九州市が紫川水系豪雨対策連絡会を立ち上げ、この5年間、連携を強化して必要な治水対策を完了させたことに心から感謝を申し上げます。

 短期対応策の1つとして紫川の中流域の下南方周辺に積み上げられていた土のうも取り除かれていますが、地元住民からは治水事業に対する県や本市への感謝に加えて、紫川の豊かな自然や水辺の環境を生かして河川沿いに緑を整備してほしいとの要望が、県土整備事務所や本市建設局にも寄せられています。

 今後の県と本市の連携については、これまでの連絡会を閉じ、県土整備事務所と本市建設局との連絡部会を設置して、互いに情報共有や事業調整を行うと聞いています。ぜひ、連絡部会の場で、紫川沿いの緑の整備を求める住民からの声についても取り上げていただき、治水事業と同様に県と市で協力して取り組んでいただきたいと考えますが、市長の見解をお尋ねします。

 最後に、緑の基本計画について尋ねます。

 本市は、公園緑地行政に関する部門別計画を策定し、取り組みを進めています。現在は平成24年2月に改定された北九州市緑の基本計画に基づいていますが、その中で3つの緑の都市像を示しています。その3つ目に民有地や道路、河川沿いの緑を充実することで人と町と自然が有機的につながり、パノラマの緑から市街地の緑を結ぶネットワークを創出すると記述しています。

 先ほど取り上げました志井川沿いや紫川沿いの緑の整備を、緑の基本計画に基づく河川沿いの緑の整備として位置づけ、住民の意見も聞きながら地域に密着した事業として行うことは、緑の基本計画で記述されています、美しい町並みの形成、やすらぎのある生活環境、散策やレクリエーションの場の提供など緑の役割を果たすことにつながるのではないかと考えますが、市長の見解をお伺いします。

 次に、新たなポイント制度・エコポイントについてお尋ねをします。

 平成18年度に開始したカンパスシール事業は、本年3月末にシール配布を終了し、今月末には割引券の利用を終了して事業を終えます。この約8年間、マイバッグ持参によるレジ袋の辞退率を高め、削減することができたレジ袋数は約1億2,400万枚、これを原油に換算しますと約2,260キロリットル、ドラム缶で約1万1,300本分、また、CO2の削減効果は約7,420トン、メディアドームの広さの森林が1年間に吸収することができるCO2の量に換算すると、ドーム約178個分に相当すると聞いています。この間の市民や事業者、行政の取り組みを評価したいと思います。

 本事業終了後も、カンパスシール事業で培った市民の環境に対する意識の高揚や事業者との協力関係を生かし、多くの市民が楽しく、気軽に環境に配慮した行動を実践できる環境づくりを進めるために、環境行動に対する新たなポイント制度、エコポイント制度を創設するべきと私も考えますが、市長の見解を伺います。以上です。



○主査(波田千賀子君) 市長。



◎市長(北橋健治君) まず、中村委員の御質問にお答えをいたします。

 地域包括ケアシステムの構築に向けては、行政はもとより、保健・医療・福祉の専門職が、その専門性を生かしつつ、地域の関係者、ボランティア、企業などとしっかりと連携し、当事者の目線で個別事例への対応からネットワークづくりまでを行うことが求められます。そのためには、当事者の地域での生活における自立性を維持向上させる視点によって、さまざまな関係者が連携し合う地域リハビリテーションを推進することが重要な要素の一つとなります。

 本市では、総合保健福祉センターアシストの設置に当たり、地域リハビリテーションの推進に重点的に取り組むこととし、他の都市よりも多くのPT、OTを採用してまいりました。更に、アシスト内の障害福祉センター及び精神福祉センターを専門的な技術支援を行う中核的な機関と位置づけ、地域リハビリテーションを推進するための体制として、アシストと各区役所にPT、OTを配置してまいりました。この間、区役所のPT、OTは障害福祉、高齢者福祉を中心に、リハビリテーション職としての技術的知見を生かした仕事をしてきたという経緯があります。また、専門性を高めるため、民間の専門職との情報共有や事例検討の場として、市レベルでの地域リハビリテーションケース会議の開催や区におけるリハビリテーション連絡協議会の運営など、関係者との連携を図ってまいりました。そのほか個人として、職能団体が実施するリハビリテーションの技術の研さんや普及啓発活動などに参加している者もいると聞いております。

 しかし現状では、医療や介護の個々の場面において、個別にリハビリテーションの提供が行われていますが、施設から在宅までの一貫した連続性のある支援体制が確立されていないため、支援が途切れがちとなり、効果的なリハビリテーションの提供につながりにくい状況があります。

 こうした課題を踏まえて、地域リハビリテーションの推進に向けた民間の医療機関や福祉施設の専門職、職能団体とのネットワークのあり方や、地域リハビリテーションの推進体制について、PT、OTを中心に行政内部での検討を行っているところです。まずは今年度中を目途に、その方向性を見出せるように取り組み、その後委員の御指摘も踏まえ、区役所におけるPT、OTの役割や、業務内容も含めた組織体制についても議論を進めていきたいと考えております。

 今後とも、PT、OTが地域包括ケアシステムにおいて重要な役割を果たせるよう、民間のさまざまな団体などの声を聞きながら、効果的な人材育成と体制づくりに努力してまいります。

 次に、森委員の緑の整備に関する御質問にお答えをいたします。

 河川は、洪水などの災害に対する安全性を高める治水機能だけでなく、景観や生態系の保全など自然環境の確保に努め、周辺環境と調和のとれた場所であることが求められています。本市ではこれまでも、板櫃川や撥川など、さまざまな河川で蛍や魚など、多様な生物に配慮した護岸や河川敷の緑化など、身近に自然を感じる河川整備を進めてまいりました。志井川についても、このような観点から、河川改修に合わせ、桜並木やツツジなど河川沿いの緑を整備してまいりました。

 御質問の徳力校区におきましては、桜並木が途切れている箇所や遊歩道として歩きづらい箇所が一部あります。今後、地域の自治会や川沿いにお住まいの方々の御意見を伺いながら、協議が調った場所から整備を行ってまいります。

 紫川については、平成21年、22年の豪雨を受けて、浸水箇所の解消を図る中期対応策をことしの梅雨までに完了いたしました。今後についても、紫川の整備計画に基づき治水対策を継続する必要があることから、新たに北九州県土整備事務所と本市建設局で紫川水系浸水対策連絡部会を設置し、県と市が連携して紫川の整備に取り組んでまいります。

 御質問の、県の整備区間である下南方周辺の緑の整備については、この連絡部会の中で、県へしっかりと要望していきたいと考えております。

 緑の基本計画は、町の緑のあるべき将来像を描き、どのように緑を守り、つくり、育てるかを示した指針であります。この計画では、河川沿いの緑を充実させることで、山のパノラマの緑から市街地の緑を結ぶネットワークを創出するとされております。河川沿いの緑の整備については、必要な河川管理道の幅員の確保など制約はありますが、それぞれの河川に応じ、地域の方々と一緒に緑の保全や緑化を推進してまいります。お尋ねの志井川、紫川についても引き続き、河川沿いの緑の整備に、鋭意取り組んでまいりたいと考えております。

 森委員から、新たなエコポイント制度について御質問がございました。

 委員御指摘のとおり、カンパスシール事業により、平成18年度以来、これまで1億2,400万枚のレジ袋が削減されました。これに加え、多くのスーパーなどが新たにレジ袋を有料化したり、マイバッグ利用者への独自のポイント制度を始めるなど、市民だけでなく、事業者の環境力を高めることもできたと考えております。今後は、この高まった市民環境力を新たなステージへとステップアップすることが重要であります。このため、レジ袋削減に限らず幅広いエコ活動をさらに促進するための新たなポイント制度として、仮称でありますが、ていたんポイント事業を創設する準備を進めております。

 新たな事業の方向性は、従来のカンパスシール事業に比べ、ポイントの対象となる活動やポイントで得られる特典、ポイントをためる手法を拡大することを考えております。ポイントの対象となる活動の例としては、これまでの取り組みでありますレジ袋のお断りに加えて、家庭の省電力化対策であるまちなか避暑地やまちなか暖ラン、ヒートアイランド対策である打ち水大作戦、町に緑をふやす市民植樹会、環境教育の取り組みとして、エコタウンの工場見学や環境ミュージアムでの環境学習、町美化として地域の清掃活動、こうしたことなどを考えております。

 獲得したポイントの活用例としては、地域の商店街や事業者にも御協力いただき、環境配慮商品やていたんグッズ、地元特産品との引きかえなどを検討してまいります。

 また、ポイントをためる方法としては、従来のシール方式に加え、公共交通機関での利用が広がっているICカードなどの情報通信技術の活用についても検討してみたいと考えます。

 事業を継続的に進めていくためには、そのための体制づくりや費用負担のあり方などの課題を解決する必要があります。このため今後、市民や消費者団体、市内の商店街、事業者などから広く御意見をいただき、参加も呼びかけながら、今年度中にできるところから制度をスタートし、順次拡充していきたいと考えております。この事業によって、子供から年長者まで、幅広い市民に気軽に楽しく参加していただくことを通じて、市民環境力の更なる向上に加え、町のにぎわいづくりや地域のコミュニティー活動の活性化にもつなげたい、このように考えております。以上です。



○主査(波田千賀子君) 中村委員。



◆委員(中村義雄君) それでは、時間がありませんので要望を申し上げたいと思います。

 私は1993年から2003年まで、市役所の保健福祉局でこの業務をしていた経験上の話をさせていただきたいと思います。まず、PT、OTが区役所に配置されたときのいきさつなのですが、当時は中核センターの障害福祉センター、精神保健福祉センターにしかいなくて、週1回とか2回、支援に行くような形をしていました。そのときどういうふうなことが起こったかというと、行ってもこの人たちが何ができるのかわからないという状況があって、お客さん状態だったんですね。それで、区に配置することで、まず、PT、OTという人がいるのだということと、こんなことができるんだと認知してもらうために、区役所に配置したという経緯があります。それから十数年たっているわけですけれど、初めに申し上げましたように、それが伝わったという面ではプラスなのですけれども、逆に人手不足のところを、事務屋さんのかわりにやってくれみたいなことの現実も起こっていますので、ここは地域包括ケアシステムに向けて、改めて一度引き揚げて、その役割を明確にしてほしいというふうに要望いたします。

 それから、民間との連携の話なんですが、御答弁の中に、区の連絡協議会の話もありましたが、この連絡協議会自体、7区にあるわけではありません。ある区とない区がありますし、わかりやすい話をしますと、これはPT、OTの話ではないんですが、以前、厚生労働省から大島さんという方が来られたんです。障害関係の施策をつくるときに来られたんですが、この方がやられたのは、とにかく現場にどんどんどんどん足を運ぶうち、会合があったら必ず出るし、飲み会があったら必ず行くしということで信頼関係をつくっていったわけです。そのときに民間の人たちがどう思ったかというと、私たちが困っていることが施策に通じるのだと信頼関係が生まれたわけです。そこから民間のほうも行政にどんどん加勢していこうと、キャッチボールをしていこうという土壌が生まれたことがあります。これは、古賀部長もよく御存じの経験だと思いますが、行政の人間が民間のところにどんどん入っていくことで、今からの2025年問題を、行政と民間が一緒になって解決していこうという土壌ができてくると思いますので、ぜひ、事務の方はもちろんなんですが、特にセラピストはつなぎ役として重要な役割を担うと思いますので、民間との連携とかまとめ役ということを重々認識していただいて、今後取り組んでいただきたいということを要望して、終わります。



○主査(波田千賀子君) 森委員。



◆委員(森浩明君) いずれも前向きな答弁いただきましてありがとうございます。

 まず、河川沿いの緑の整備についてでありますが、市長も御答弁ありましたように、治水だけでなくて、景観や生態系の保護であったり向上、そして生活している者にとっては、潤いとか豊かさを感じ、大変大切な空間だと思っております。都市の中でも、そういったことを十分味わうことが、日ごろから味わうことができるというのは、北九州に住む豊かさの一つだと思います。特に、志井川に関しましては私もわかります、歩いてわかりますが、7割、8割整備されているところだと思います。一部の箇所が残っておりますので、比較的少ない予算投入額で完成をした効果というものも得られるものだと思いますので、話がありましたように、地元であったり、個別に相談をして、できるところから整備を完了させていただきたいと思います。

 それから紫川につきましても、この5年間、ある意味では自然と隣り合わせで生活をしていくということは、避けられない地域ではあるんですが、おかげさまで、自然の脅威の部分を和らげる不安も含めて、考えられる自然の脅威に対しては、それを防ぐ手だてをしていっていただいたと思っております。これからは、そこに住む、暮らす人たちにとっても安らげる場所であるようにやってもらいたいというのが地元からの要望でありますし、県施工区間でありますので、先ほど話がありました連絡部会のほうで取り上げていただけるということでありますので、歓迎をしたいと思っております。

 それから、新たなエコポイントの制度につきまして、仮称ですが、ていたんポイント事業ということで報告をいただきました。ありがとうございます。北九州の市民の持っている力というのは、皆さん御承知のとおり物すごいものがあると思います。環境についてももちろん、行政の皆さんや事業者の皆さんが活躍されて、今の環境都市北九州というのをつくり上げたというふうに思っておりますが、その中の一つの大きな力は、やはり市民の力でありました。言うまでもなく、青空が欲しいという戸畑の女性の皆さんの運動もそうですし、今に至るまで、さまざまな市民の力が根づいているからこそ、いろんな事業を全国で一緒にやろうとしても、北九州で素早く対応できているのは、その土壌があるからだと私は思っております。そうした中で、新たなていたんポイント制度ということで、市民の皆さんに、楽しみながら、また環境理解を深めていただけるということで、楽しみにしたいと思っております。そして最後のほうに話が出ましたように、シール制度だけではなくて、ICカードのようなものも使われるということでありますので、ぜひ西鉄バス北九州さんとか、北九州モノレールさんとか、特にモノレールに関しましては、開業してことしで30周年ということも記念して、ICカードを秋にちょうどつくると、モノレールとSUGOCAで、mono SUGOCAというカードをつくるという時期でもありますので、そうした事業者の一つとして、商店街であったり企業であったり、交通機関などと一緒になって取り組むことができる非常に幅広くていい事業でないかと思っております。私もぜひ楽しみにしたいと思いますので、またみんなで一緒にやっていきたいと思っております。終わります。



○主査(波田千賀子君) 進行いたします。公明党。本田委員。



◆委員(本田忠弘君) 私のほうから、ESD活動の推進についてお尋ねします。

 環境保護、貧困、平和など地球規模の課題をみずからの課題として捉える人材を育てる持続可能な開発のための教育ESDは、2002年の環境開発サミットで日本が提唱し、国連教育科学文化機関、ユネスコ主導で各国が取り組んでいます。

 国連は2005年から2014年を持続可能な開発のための教育の10年と定め、最終年の昨年11月、愛知県でユネスコ世界会議を開催し、2015年以降のESD推進方針を示した、あいち・なごや宣言を採択、具体的な推進計画であるグローバル・アクション・プログラムも発表しました。

 本市も環境未来都市として積極的にESD活動を行っていますが、本市におけるESD活動は北九州ESD協議会を中心に推進されており、市民のESDに対する認知度は決して高いとは思えません。全市にESD活動の普及をさせるには、更なる北九州ESD協議会加盟団体数の増加推進や、市民センター等を中心に地域に根差した活動を展開すべきと考えます。

 そこで、市としてどのような取り組みで、全市におけるESD活動を普及させようと考えているのか、見解をお伺いいたします。



○主査(波田千賀子君) 村上委員。



◆委員(村上直樹君) 私からは障害者対策についてお尋ねします。

 民間企業や官公庁に一定以上の障害者を雇うよう義務づけた障害者雇用促進法が2013年度に改正され、2014年度にハローワーク経由で就職した障害者の就職件数が前年度比8.6%増の8万4,602件となり、5年連続過去最高となったそうです。厚生労働省は、要因として精神障害者の就職が大きく伸びたことや、法律で定める企業の障害者雇用率が2018年度から引き上げられることを見越し、精神障害者の採用に意欲的な企業がふえたことが背景にあるとしています。

 そこで、本市における障害者雇用やその新規雇用の実態について、最新の調査結果についてお示しください。

 次に、来年4月から施行される障害者差別解消法に関してお尋ねします。民間の教育事業会社の調査結果では、発達障害の認知・理解は進んでいるものの、この法律や合理的配慮についての認知は進んでいないそうです。

 そこで、本市の障害者対策の一環として、法律の趣旨の積極的な周知、啓発の取り組みについてお示しください。



○主査(波田千賀子君) 渡辺委員。



◆委員(渡辺徹君) 私から、全国の政令市や中核市を対象に子育て環境について調べた2014年度の次世代育成環境ランキングで、本市が政令市部門の総合順位1位となり、調査開始後10年中9年間、第1位の評価を受けています。これは、病院や診療所が多く、出産環境がすぐれていることや、乳幼児保育において、児童養護施設における夜間の養育、いわゆるトワイライトステイが充実していること、また、小児医療の分野において、平日夜間、土日祝日診療の充実が図られていることが高い評価を受けていることによるものです。

 しかし、総合順位は1位であっても項目別に見ると、乳幼児保育は前年度1位から4位に、児童養護も1位から9位に評価が後退しているなど、相対的な評価を大きく下げている分野も出てきています。これは、他都市の充実が図られたことで、本市の順位が後退したものと考えられますが、この点について市長の見解をお伺いします。以上です。



○主査(波田千賀子君) 市長。



◎市長(北橋健治君) 本田委員のESD活動に関する御質問にお答えをいたします。

 現在、そして将来にわたる地球規模の課題に向き合い、これらの課題をみずからのこととして行動できる人づくりは重要な課題であります。この課題に対応し、持続可能な社会づくりを担う人材を育む教育がESDであります。国はこの重要性をいち早く理解し、NGOと共同でサミットにおいてESDの10年を提唱しました。以後ESD活動は、ユネスコを中心に世界規模で進められてきました。昨年開催された最終年世界会議では、これまでの取り組みを振り返るとともに、今後のESDの推進方策について議論され、世界規模での更なる取り組みの強化が共有されています。その中で発表されたグローバル・アクション・プログラムは、地域全体でのESDの推進を初め、若い世代への取り組みの支援、教育への取り組みなどが盛り込まれております。

 本市においては、北九州ESD協議会が活動の核となり、市民主体の活動の芽が育ち、多くのNPOや学校、大学、企業などへと活動の輪が広がりました。これは本市の取り組みの大きな特徴であり、市民運動をきっかけに、公害を克服した歴史を受け継ぐ市民環境力のあかしであります。更には、次世代の活動として、北九州市立大学など市内の10大学が垣根を越えて連携した北九州まなびとESDステーションが、国の支援を受け平成25年に開設されました。ここでは学生が主体となって、地域や企業と共同で環境、福祉、国際、人権などといった29の実践プロジェクトが取り組まれております。プロジェクトの具体的な活動として、町なかでの出会いとコミュニケ―ションを目的に、年間延べ約1,000人もの参加者が集う清掃活動、グリーンバードと呼ばれております、また、小倉の町をパーティー会場に約2,000人が仮装する小倉ハロウィンによるにぎわいづくり、カンボジアの子供たちへ教科書を送るなど、学びを支援する多文化共生の取り組みなどが行われています。これらの取り組みは、多様な課題解決に取り組む実践的な人材育成のモデルケースとして、国内外から注目を集めております。ほかにもステーションでは、中・高校生とともに、自分たちの将来を考えるESD夢フォーラムや、シビックプライドをテーマとしたタウンミーティングなども行われ、利用者数は年間2万人を超え、商店街との連携による町なかのにぎわいづくりにもつながっております。このような活動を通じ、地域に愛着を持った、この町に貢献したいという学生たちの声が多く聞かれるなど、まちづくりを担う次世代が、ここで確実に育まれています。

 一方、市民のESDの認知度や活動者の偏り、また、学校教育や企業における浸透などの課題もあります。国においても一層のESD推進の強化に向け、関係省庁による検討が重ねられ、本年8月ごろ推進計画が策定されると聞いております。

 このような流れの中、今年度本市においても、北九州ESD協議会と共同で、これまでの総括と今後のESDのあり方を検討する場を設け、更なる普及に向けたアクションプランを策定する予定であります。あわせて、地域における活動の広がりに向け、市民センターを中心としたESDのコーディネーターの育成強化、まなびとESDステーションでの次世代への啓発拡大、更に、協議会加盟団体数の増加にもつなげられるよう、企業向けシンポジウムの開催や、全市的普及に向けたESDの推進体制の強化などに取り組みます。今後も、本市のESDの特徴である市民主体による活動を尊重しながら、更なる全市的なESDの普及に努めてまいります。

 村上委員から、障害者対策について御質問がございました。

 障害のある方の社会参加や経済的自立を実現するためには、就労を促進することが大変重要であり、本市では、障害者支援計画で障害のある方の雇用・就業機会の確保・拡大などの施策を掲げ、計画的に推進しております。

 障害者の雇用状況の調査及び公表については、厚生労働省が所管しております。その地域の分類は、全国及び都道府県単位のみとなっております。これによると、平成26年度福岡県のハローワークを通じた就職件数は4,081件、対前年度比18.7%増で、そのうち精神障害者が1,735件、対前年度比32.2%増と最も多くなっております。また、就職率は52.4%、対前年度5.1%増、初めて50%を超えるなど増加傾向が続いております。

 しかしながら、民間企業における障害者雇用率は、全国と同様の1.8%にとどまっております。企業の法定雇用率2.0%を下回っていることから、今後も障害者の就労の更なる支援が求められております。本市には国や県と同様のデータはありませんが、ハローワークを通じての就職が困難な方への相談窓口、障害者しごとサポートセンターの平成26年度障害者雇用とその支援状況といたしましては、まず、しごとサポートセンターを通じて民間企業へ就職した方は88名、知的障害者が52名、続いて精神障害者が19名となっております。次に、しごとサポートセンターにおける相談・支援件数は7,931件、その内訳は知的障害者が4,623件、続いて精神障害者が1,732件となっております。このように、本市の施策としての障害者雇用とその支援状況は、知的障害者と精神障害者の割合が高くなっております。また、学校分野におきましては、市内にある特別支援学校高等部8校の平成26年度卒業生127名に対し、就職者数は40名であり、前年度比36名を上回っております。

 こうした状況の中、今後はハローワークなどと連携しながら、平成30年度に精神障害者が法定雇用率の算定基礎に加わることを踏まえ、精神障害者への雇用促進に力点を置いた就職面談会を開催し、企業と障害者とのマッチングを促進すること、多様性と個別性の高い障害である難病や発達障害のある方に対する就労支援政策を検討すること、企業側に対して、法定雇用率の算定条件である障害者手帳の取得までに至らない難病や発達障害のある方の雇用促進の働きかけを行うことなどに重点的に取り組みます。ことし4月に新設した障害者就労支援室を中心に、しごとサポートセンターやハローワーク、特別支援学校などの関係機関と連携を密に、障害のある方本人と雇用する企業の双方に対して、きめ細かな就労支援を進めてまいります。

 一つ訂正をさせていただきます。就職率のところで対前年度比5.1ポイント増であります。%と言いましたので、訂正させていただきます。

 次に、村上委員から差別解消法の趣旨の積極的な周知啓発の取り組みについて御質問がございました。

 平成28年4月1日に施行される障害者差別解消法におきましては、行政機関や民間事業者を対象に、サービスの提供などに当たり障害のない人と比較して異なる取り扱いをすることで、障害者の権利利益を直接的に侵害する不当な差別的扱いを禁止すること、そして障害者から何らかの配慮を求められた際、必要な合理的配慮を提供することが義務づけられております。合理的配慮の提供とは、障害者にとって日常生活を送る上で、その活動の障壁となる社会における制度、慣行、考え方などに関し、それらの変更などに過重な負担とならない範囲内でハード、ソフト両面で配慮することをいいます。この考え方は、差別に関する新しい概念であります。市民一人一人がそれぞれの立場において、差別の解消に取り組んでいくには、法の趣旨やその内容について普及啓発を幅広く進めることが特に重要と考えます。

 本市ではこれまでも、市民や企業、市民団体などを対象に、人権啓発リーフレットの配布、研修会、シンポジウムの開催などを通じて、合理的配慮を含む法の周知、啓発活動に取り組んでまいりました。

 本年3月に、障害者本人、民間事業者などで構成する北九州市障害者差別解消法連絡会議を立ち上げております。今後は、エレベーターが設置されていない施設での移動手段や、コミュニケーションに支障がある方へのわかりやすい説明方法など、合理的配慮をいかにして進めていくか、障害者本人、障害者団体とともに検討を行うことにしております。更にこの会議では、これまで障害に関心がなかった人も含め、一人でも多くの方に情報を届けるという視点で、まず、障害特性の説明や差別の事例などについて、イラストなどを使ってわかりやすく解説した冊子の学校や民生委員などへの配布、また、本市のホームページ上の動画サイトを活用したバリアフリーに関する情報提供、また、商工会議所の会員企業向け広報誌への掲載の依頼など、より効果的な情報発信についても検討することにしており、来年4月の法施行に向けて、できることから順次行う予定であります。今後も出前講演の開催や、市政だより、市政テレビなどを活用するほか、来年4月法施行前には、私自身、広く市民に呼びかけるタウンミーティングの開催も計画しております。これらの普及啓発を通して、障害者の差別の解消に向けた取り組みを推進し、共生社会の実現を目指してまいります。

 渡辺委員から、子育て環境について御質問がございました。

 東京にあるNPO法人エガリテ大手前が、全国の政令市、中核市の61都市、東京23区を対象に実施しております次世代育成環境ランキングにおいて、本市は政令市部門で総合1位との評価をいただきました。同NPO法人が発表したこれまでの評価内容からは、例えば、出産環境においては病院、診療所が充実していること、また、乳幼児保育において、児童養護施設における夜間の養育として、トワイライトステイが充実していること、更には小児医療においては、平日夜間、土日祝日診療が充実していることなどが高く評価されたものと認識しております。

 一方で、委員御指摘のとおり、2014年度項目別評価におきまして、乳幼児保育は前年度の1位から4位へ、また、児童養護においては、1位から9位へと後退しました。評価が下がったことについては、NPO法人が調査する主な調査項目の一部は公表されておりますが、それぞれの調査項目が、どのように評価されているのか明らかにされておりません。本市として、その要因について分析することはできない状況に実はあります。

 これまで本市では、子供の健全育成、子育て支援の基本的な方法、具体的取り組みを定めた元気発進!子どもプランを策定し、子育て日本一を市民が実感できる町を目指して努力してまいりました。具体的には、認可保育所における国基準を上回る保育士の配置、放課後児童クラブの全児童化、小児医療体制の充実、親子ふれあいルーム、赤ちゃんの駅事業の推進、子ども・若者応援センターYELLの設置など、先駆的な施策を含め300を超える事業に着手してまいりました。その結果、市民意識調査の市政評価において、平成21年度19位の子育て支援の推進は、平成24年度4位に上昇、以降5位、4位と推移しておりまして、子育てのしやすさを市民の皆様に少しずつ実感していただいているものと考えております。

 今年度からは、平成29年度末までに年間を通じた待機児童ゼロを目指し、幼稚園、保育所などの幼児期の学校教育、保育、地域の子育て支援を総合的に進め、幼児教育、保育、子育て支援の量の拡充と、質の向上などを盛り込んだ元気発進!子どもプラン第2次計画に基づいて取り組みます。

 項目別分野において、乳幼児保育と児童養護が後退したとの御指摘であります。平成27年度予算では、子育て環境の充実として、予備保育士雇用補助制度や保育士・保育所支援センターの活用により保育士の確保を図るなど保育の質の向上に関する取り組みを進めることにしています。また、児童養護施設の子供たちに対する学習支援を更に強化し、加えて、ひとり親家庭の経済的自立を応援する資格取得のための給付金を創設するなど、子育て環境の更なる充実に向けた事業を盛り込んでおります。今後とも、元気発進!子どもプラン第2次計画に掲げる施策を精力的に進め、全国でトップクラスの子育て環境の充実を図り、子育て日本一を実感できるまちづくりを目指して、努力を続けてまいります。以上であります。



○主査(波田千賀子君) 本田委員。



◆委員(本田忠弘君) 前向きな御答弁ありがとうございました。時間がありませんので、短くしたいと思います。

 私はESD活動というのは、人々の精神の根底、基底部を変える活動であり、長期的な視点で見ていかないといけないと思っております。平成25年に、北九州市環境基本計画が出されました。私も第10期の環境審議会委員として策定にかかわらせていただいたんですけれども、その冒頭に地球規模の問題であっても、解決のための出発点は個人の生活であることを認識し、市民一人一人が内発的、自立的によりよい環境、よりよい地域をつくっていこうとする意識や能力を持ち、行動を起こしていく市民環境力を高めていかなければなりません。私たち一人一人の取り組みの積み重ねや努力が町を変え、日本を変え、世界を変え、そして未来をも変える大きな鍵を握っているのですとあります。このESD活動の成果は、一朝一夕に結果が出ないと思います。長いレンジで見ていかないといけないと思いますけれども、市長の見解をお聞かせください。



○主査(波田千賀子君) 市長。



◎市長(北橋健治君) 言葉がESDという片仮名であります。しかも持続可能なという言葉を使っているというわけです。日本語の語感として、なかなか少し、なじみにくいものを最初に感じる方もいるかもしれません。そして概念的にも大変広いわけです。それがリンクされて、結果として、すばらしい社会を目指すという理想主義だと思うのでありますが、そうした意味では、時間はかかるかもしれませんけれども、世界中でこうした活動の取り組みが評価をされ、認識が共有されておりますので、とにかく一人でも多くの方に存在を知っていただいて、また、楽しく参加をしていただくような、その地道な努力を続ける、そのために行政としてもできる限りの努力をすることが重要と思っております。



○主査(波田千賀子君) 村上委員。



◆委員(村上直樹君) 御答弁ありがとうございました。あまり時間がないんですけれども、先ほど、しごとサポートセンターやハローワークがしっかりと就労支援を本市では行っているという答弁をいただいたんですけれども、今年度から仮称ですけれども、障害者ワークステーション事業というのを、北九州でやるということになっているのですけれども、このしごとサポートセンターやハローワークと、この障害者ワークステーション、この連携というのはどういうふうな形になっているのでしょうか。



○主査(波田千賀子君) 保健福祉局長。



◎保健福祉局長(工藤一成君) 私どもの障害福祉課に置いております障害者就労支援室でのワークステーション事業は、雇用主としての北九州市がどのように知的障害のある方、あるいは精神障害のある方の雇用をふやしていくかということを、まず実績として積み重ねていくということと、そのノウハウを知っていくということにあるわけでございます。そして、育成会にお願いしております障害者しごとサポートセンターの場合は、これは一般に、いろいろな支援学級等を出た方で、知的障害、精神障害のある方で、ハローワークを通さない方、通せない状態にある方をサポートするという役割分担がございます。以上です。



○主査(波田千賀子君) 村上委員。



◆委員(村上直樹君) わかりました。ありがとうございます。時間がありませんので要望だけ。

 障害者差別解消法がいよいよ施行されるのですけれども、施行になっても、いきなり本当に差別化がなくなるというのは、なかなか難しいのではないかと思うのですけれども、本市は、子育ての方でも日本一を誇るという実績がありますので、障害者に対しても、その施策についても、日本一を目指せるようぜひ、頑張っていただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。



○主査(波田千賀子君) 渡辺委員。



◆委員(渡辺徹君) 時間がありませんので要望だけ。

 まずは市長から、本当に力強いお言葉をいただきましてありがとうございます。また、すごい努力をしていただいているので、やはり全国でも1位ということで、このお墨つきをいただいているんだと思います。学童保育に関しては、各校区に準備していただいていますが、やはり多い少ない、やはりまた、お子さんがかなり集まっているところといろいろあります。まだ問題もありますので、お母さん、お父さんがしっかり安心して仕事ができ、また、預けられるように、その辺のところは、もっともっとしていただきたい。そしてまた、ことし267億円の子育て支援予算を組んでいただきました。これ、もっと追い風になっていくと思いますので、大事な子供さんたちですので、ぜひ、全庁的に育てて、しっかり北九州市民と成長するようにお願いしたいと思います。以上です。



○主査(波田千賀子君) 進行いたします。日本共産党。八記委員。



◆委員(八記博春君) 事業系ごみの資源化や減量問題について尋ねます。

 私は本会議で、外国のごみ焼却率はドイツ25%、オランダ32%、フランス34%、韓国14%なのに、世界の環境首都を標ぼうしている本市の焼却率が75%もあり、いかに高い値であるかを指摘しました。その上で、本市では、平成16年からリサイクル可能な古紙や廃木材の焼却工場への搬入を禁止しているにもかかわらず、事業系ごみの実に85%がごみ焼却工場に自己搬入ごみとして直接搬入され、その中に古紙など大量の資源化物が含まれているのに、その全てが焼却されていることを明らかにしました。

 そして、事業系ごみが大部分を占める自己搬入ごみの展開チェックの実施率がわずか0.17%でしかないことを示し、展開チェックを強化し、資源ごみが入っていたらそのまま持ち帰らせるという措置をとり10年間に39%も削減することに成功した横浜市の経験に学び、事業系ごみの削減を飛躍的に高めるべきだと市長にただしました。

 市長の答弁は、要約しますと、事業系ごみは、平成21年度の16.8万トンが26年度には約20万トンにふえた、こうした事業系ごみの増加は、リサイクル率が低下した主な原因となっている、事業系ごみの減量と資源化対策が今後の大きな課題の一つと考えている、展開チェックは、ごみが搬入された際に的確な直接指導ができるため、ごみの減量と資源化に効果的な手法だ、既に26年度から検査台数をふやすなど検査体制の強化を図っており、引き続き重点的に取り組んでいくことにしているとの答弁でした。私は市長答弁を伺い、よかった、本市は頑張っていると思いました。

 ところが、予算特別委員会で環境局に、どの程度展開チェックをふやしたのかと尋ねますと、これまで展開チェック台数は、年間454台だったが583台にふやした。今後は、年に1回の一斉検査を年に2〜3回にふやすとの答弁でした。しかし、これでは、搬入トラックの展開チェック率が一昨年の0.17%から0.22%、つまり1,000台中2.2台しか行われておらず、998台はノーチェックであり、とても検査体制の強化を図っていると言えるものではありません。

 私は、本会議での市長答弁というのはこんなにもいいかげんなものだったと知り、がっかりしました。市長、答弁で答えていることと実際にやっていることが違いすぎるのではありませんか。答弁を求めます。



○主査(波田千賀子君) 荒川委員。



◆委員(荒川徹君) 私のほうからは、本市の介護保険制度についてお尋ねしたいと思います。

 高齢化の進展とともに介護を必要とする高齢者が年々増加しており、介護保険制度の充実、改善は北九州市民にとって極めて切実な課題となっていると思います。一方、介護保険の保険料やサービスの利用に伴う負担の軽減を求め、今年度の予算編成の過程でのパブリックコメントでもさまざまな声が市民から寄せられております。

 平成25年度分介護保険料の滞納者は、昨年12月末現在で7,223人となっており、普通徴収対象者全体の24.7%と、4分の1を占める状況であります。滞納者への窓口での対応などで市が把握した最も多い滞納の理由が生活困窮となっております。普通徴収の対象となる人は、無年金、年金のない人、又は年金が月額1万5,000円未満の人の場合であり、このことは市民にとって、いかに介護保険料の負担が大きいかを物語っております。

 また、現に要介護・要支援認定を受けている人のうち、保険料の滞納によって給付を制限され、利用料が3割負担となっているケースが同じ時点で145人に上っております。介護を必要としている人やその御家族にとって、給付の制限というのは大変つらいことであろうと考えます。

 当局は、保険料の納付が困難なケースについては、必要に応じて生活保護につなげることや、軽減制度を紹介して申請を促したり、生活保護基準をもとに境界層該当としての取り扱いをしているとのことであります。

 しかし、保険料軽減制度の適用件数は直近の平成25年度で1,372件、その額は約1,100万円にとどまっており、軽減適用者数においても軽減額においても、極めて不十分であると思います。

 そこで、平成15年度に制度が創設され、最近では平成24年度に制度が改正された保険料軽減制度について、もっと踏み込んだ改善、見直しが必要ではないでしょうか。

 2つ目に、本市においては、政令市で最も高齢化が進行し、市民所得は最低レベルとなっていることなどから、市の一般会計の負担を増額して保険料の負担を軽減するなど、生活困窮にあえぐ市民を支援すべきではないでしょうか。

 3つ目に、市は国の省令改正を受けて、介護保険施設利用者に対し、食費及び居住費の軽減を受ける場合には、資産調査のために預貯金の通帳のコピーを提出するよう通知を出しているとのことであります。預貯金の通帳には、負担軽減の制度の適否を判断するための情報だけでなく、個人情報がいっぱい詰まっており、今回のような事務的、機械的なやり方に市民が反発するのは当然ではないのでしょうか。改善すべきであると考えますが、市長の見解をお尋ねします。以上です。



○主査(波田千賀子君) 大石委員。



◆委員(大石正信君) 私のほうからは、折り畳み式のごみ集積容器の無償配布について伺います。

 市街地のマンションなどが集中した地域では、カラス等によるごみ散乱は目に余るものがあります。本市は、世界の環境首都を目指していますが、本市のごみの散乱状況は到底環境モデル都市と言えるものではなく、抜本的な対策が求められています。

 こうした中、市議会環境建設委員会は、所管事務調査として、家庭ごみ等の集積ルールのあり方を取り上げ、調査、研究、議論を行ってきました。また、市長の諮問を受けて、北九州市環境審議会は、ごみステーションのあり方についての検討を行い、答申を出しました。その答申では、市と地域が車の両輪であることが不可欠としつつ、地域の負担を減らすために、1回限りとなっている防鳥ネットの無償配布や3年ごとの集積容器の要件の緩和を求めています。

 そこで、ごみ散乱防止対策のために、長崎市などが導入しているような折り畳み式のごみ集積容器を無償で配布してはどうでしょうか。なお、設置場所や管理については、周辺住民との十分な合意で進めるべきです。市長の見解を求めます。以上です。



○主査(波田千賀子君) 市長。



◎市長(北橋健治君) 八記委員の事業系ごみの質問にお答えをいたします。

 本会議で私は、展開チェックに重点的に取り組むことに加え、今年度は事業所におけるごみ処理の実態や減量・資源化の取り組みについて全市的な調査を行い、今後の事業系ごみ対策に反映させていく、また、事業系ごみを含む一般廃棄物の対策の全般を通じて、ごみ処理の適正化、減量・資源化の総合的な推進を図ると申し上げました。

 本市の展開チェックについては、3工場での一斉検査を年1回、各工場での独自検査を週1回実施しております。検査台数については、25年度454台から、26年度は583台、27年度は900台程度にふやすことにしております。本市の展開チェックは、検査時の悪臭や衛生面の問題と、検査後のごみの迅速な処理の必要性から、焼却工場のごみ投入口前の床に、いわゆるプラットホームと呼んでおります、ここに搬入されたごみを広げて調査をしております。その際には、ごみ投入口の一部を閉鎖するため、通常のごみ受け入れ業務に支障がないよう実施する必要があります。現在の施設では、検査可能な台数が限られております。

 横浜市では、工場にベルトコンベヤーを整備し、事業系ごみ等の自己搬入台数19万台のうち8,000台を対象に、展開チェックを実施していると聞いております。一方、本市の自己搬入台数は26万台であります。横浜市と同じ頻度で展開チェックを実施すると1万台を検査することになります。これを実施しますと、工場に搬入する待ち時間が長くなることから、家庭ごみ収集の遅れや工場周辺道路の渋滞など、市民に迷惑がかかることにもなります。

 増加傾向にある事業系ごみ対策は、いずれにしても大きな課題と認識しております。今後は、23年度に策定した循環型社会形成推進基本計画の中間見直しに着手することにしておりますが、その中で、事業系ごみの減量・資源化を柱の一つに掲げ、重点的に検討いたします。繰り返しでありますが、これから実施する事業系ごみ調査を今後の検討に生かし、効果的な対策を講じ、ごみ処理の減量・資源化の総合的推進を図ってまいりたいと考えております。

 次に、荒川委員から、本市の介護保険制度について御質問がございました。

 本市におきましては、介護保険料の独自軽減制度として、市民税非課税世帯のうち、保険料の支払いが困難で収入、資産など一定の要件に該当する方について、本人の申請に基づき、一番低い第1段階相当の保険料を適用する制度を行っております。また、平成24年度には、所得の低い方への一層の配慮を行うため、預貯金などの資産要件を200万円以下から350万円以下に緩和いたしました。更に、今年度からの第6期の介護保険料の基準額については、介護保険制度に係る費用が増大する中、第5期の月額5,270円から430円増の5,700円としましたが、所得の低い方に対しては、第1段階の保険料について、消費税の増税分を財源とした公費による軽減を実施し、第5期の月額2,640円を2,570円に引き下げております。また、滞納者のうち、約4割を占める第2段階を第1段階と統合することにより、第5期の月額3,170円を2,570円に引き下げる、こうした配慮を行っているところです。また、第6期の第2段階の保険料率については、国の基準が0.75であるところ、第5期と同じ0.7に据え置くことで大幅な負担増とならないようにいたしております。

 現在、第1段階の方のみを対象に実施しております公費の投入による保険料軽減について国は、消費税10%の増税が実施される予定の平成29年4月からは、市民税非課税世帯である第1段階から第3段階までの方に対象を拡大して実施することを示しております。本市としても、国の示す基準に基づいて、軽減率を設定して保険料の引き下げを行う予定であります。

 このように、所得の低い方に対する負担の軽減については、制度の趣旨、国の動向などを踏まえ、これまでも保険料改定のたびにさまざまな配慮を行っており、今後も継続して実施していくことにしております。そのため現段階において、保険料の独自軽減制度を見直すことは考えておりません。

 また、一般会計の負担増額による保険料の負担軽減についてでありますが、介護保険制度は、負担と給付が明確な社会保険方式を採用しております。その費用負担は、介護保険法により、保険料と国、県、市の負担割合が定められております。そのため、この負担割合を超えて一般会計からの繰り入れを行うことは、介護保険制度の趣旨を損なうこととなります。適当でありませんので実施する考えはありません。

 続いて、資産調査の件について御質問がござました。

 介護保険制度では特別養護老人ホームなどの費用のうち、食費や居住費は、本人の自己負担が原則となっておりますが、市民税非課税世帯の利用者については、毎年の申請に基づき、食費及び居住費を保険給付から補助する補足給付を行っております。

 今回の制度改正は、保険料の上昇をできる限り抑えるため、所得や資産のある人の負担を見直すものであります。その中で、福祉的要素のある補足給付につきましては、在宅で生活をする方との公平を図る必要があることや、預貯金を保有し負担能力が高いにもかかわらず、保険料を財源とした補足給付が行われる不公平を是正する必要があることなどの観点から、支給要件の見直しが行われたものであります。

 具体的には、世帯が同一か否かにかかわらず市民税を課税されている配偶者がいる、単身で1,000万円、夫婦で2,000万円を超える預貯金などがある場合には、補足給付の支給対象外となります。厚生労働省令では、預貯金等の金額を確認するため、補足給付の申請者には、それを証明する書類を添付しなければならないとしております。厚生労働省老健局から、初回の申請時には必ず通帳の写しなどの添付を求める必要があるという考え方が示されております。なお、本市においては、通帳の写しが添付できない場合などは、キャッシュカードの利用明細書やインターネットバンクの口座残高の写しなど個別に窓口で相談に応じ、それぞれの状況に応じた柔軟な対応を行っております。補足給付の手続につきましては、利用者の申請漏れにより、補足給付を受給できない事態が生じないよう施設に対し、利用者に申請を勧めること、利用者の依頼に基づく申請の支援を行うことについて協力をお願いするなど、丁寧な対応を行ってまいりたいと考えております。

 大石委員から折り畳み式のごみ集積容器の御質問がございました。

 この容器につきましては、ステーションでのごみの散乱防止に有効であります。その一方で、設置場所の確保が必要なこと、通行の妨げとならないよう収集後に折り畳むなどの管理の徹底が必要なこと、また、収集日以外にごみが出されないよう施錠などが必要なことといった課題もあります。

 このため、市としては、設置場所や管理方法など地域の皆様の合意があるものに対し、平成12年度から助成、設置費の2分の1、上限5万円で行っております。また、設置場所の確保が困難など、物理的に集積容器を設置できないステーションについても、地域の皆様が話し合いをしながら、それぞれの地域の実情に応じ、防鳥ネットを加工するなど、さまざまな散乱防止の工夫をしていただいております。こうした地域によるステーション管理こそが、本市の誇れる地域の環境力の一つだと考えております。このため、本市もステーションの管理活動を初め、地域の行うごみ出しマナーの向上や分別の徹底などの活動を支援するため、地域環境活動等支援補助金を交付しております。

 市としても、今後とも地域の皆様には、この補助金を活用しながら、自分たちの地域は自分たちの手で守るという活動を続けていただきたいと考えております。また、環境審議会におきましても、集積容器の効果や課題について、現地の視察も含め十分に議論をしていただきました。その結果、答申に盛り込まれた具体的な対策も、防鳥ネットの無償配布や集積容器の助成制度の要件の緩和、集積容器が設置しやすくなるための市の未利用地の活用、地域が行っているステーション管理の創意工夫の紹介など、地域の実情を踏まえたきめ細かいものとなっております。

 現在本市は、環境審議会答申の具体化に向けて、北九州市衛生総連合会と協議を行っております。今後とも市議会の御意見などを参考にし、さまざまな機会を通して、市民や地域の声を聞いて、地域とともにステーション問題の解決を図ってまいりたいと、このように考えております。以上です。



○主査(波田千賀子君) 八記委員。



◆委員(八記博春君) 議会の議論は非常に大切なものと思っております。質問に答えていただけませんでしたので再度質問します。市長は本会議での答弁をするに当たって、環境局がいうところの検査機能の強化の中身を確認した上で答弁したのか、それとも確認もせずに答弁をしたのかお尋ねします。もし確認をして答弁をしたのなら、展開チェックを1,000台中1.7台から2.2台にしたことで、検査機能、検査体制を強化したと思っているのかどうなのか、お答えをお願いします。



○主査(波田千賀子君) 市長。



◎市長(北橋健治君) 議会での質疑というのは、行政にとって大変重要なものだと認識をいたしております。これまで本会議におきます質疑につきましては、市長答弁、局長答弁、さまざまな答弁がございますが、議員から問題提起をされた課題については、一つ一つ論点を確認し、資料を確認して、そして一言一句答弁書の読み合わせをし、修正、補強して、そして市長、あるいは局長から答えるという、丁寧に手順はとっております。私もいつも議会の御質問は非常に重要だと思っておりまして、真摯にお答えをさせていただいております。八記委員からの質問についても同じでございます。先ほどの答弁で、前回と重複する点もあるかもしれませんが、この事業系ごみの問題は非常に重要で、今後とも改善していく必要があるということは、既に述べておりまして、着実に前進をしていきたいと、このように考えております。



○主査(波田千賀子君) 八記委員。



◆委員(八記博春君) また答弁をいただけませんでした。そういう態度は改めていただきたいと思います。以上です。



○主査(波田千賀子君) 荒川委員。



◆委員(荒川徹君) 先ほどの市長の答弁に対して再度お尋ねしたいと思います。

 市長は今議会の冒頭、提案理由説明において、イの一番に人に優しいまちづくりの推進として、高齢社会対策について述べられました。また、本市の第四次高齢者支援計画では、地域全体で支え合い、ずっと健やかに暮らせる安全・安心なまちづくりということを基本目標に掲げております。

 しかし、市は低所得者対策を実施しているにもかかわらず、先ほど指摘したように、重い保険料負担がのしかかって生活が圧迫され、困窮のために保険料を納めることができずに、公式に介護や支援が必要と認定を受けているにもかかわらず、給付が制限されているという市民がいるということが現実なのです。これが本当に安心な町と言えるのかということを、私は改めて市長にお答えいただきたいと思います。先ほど、趣旨を損なうので一般会計からの負担はできないとおっしゃったけれども、社会保険制度としての趣旨の問題と、それから本市の介護保険条例が掲げている目標や基本理念にいわれている趣旨とはまた違うと思うのです。本来必要な措置を市としてとるべきだというふうに私は思うのですが、その点も踏まえて答弁をお願いしたいと思います。



○主査(波田千賀子君) 保健福祉局長。



◎保健福祉局長(工藤一成君) 滞納された方の対応につきましては、窓口におきまして、滞納されて2年間を経過しますと時効が来ますので、給付制限となります。そういうことがないように分割納付をしていただく等、丁寧な対応をさせていただいているところでございます。それから、市費の単独投入ということでございますが、これにつきましては、社会福祉法のあり方、その中で、介護保険制度が社会保険制度として運営していくという趣旨から、適切でないというふうに考えております。他都市でも、単独の市費投入を行っている都市というのはございません。以上でございます。



○主査(波田千賀子君) 荒川委員。



◆委員(荒川徹君) 時間がありませんので、もうこれ以上言いませんが、やはり本市は、高齢化が一番進んでおり、所得が一番低いレベルにある市だということから、もっと市民に配慮した対応が必要だということを意見として申し上げておきたいと思います。



○主査(波田千賀子君) 大石委員。



◆委員(大石正信君) 要望します。なぜ私がこの問題を取り上げたのか。市長が現地視察をされたように、ごみの散乱防止が小倉北区にとって大変重要な課題であるからです。小倉北区は、北九州の玄関先であるにもかかわらず、ごみの散乱問題について目に余る。このことについて、市民の大きな不満、注目があるからにほかなりません。以上で終わります。



○主査(波田千賀子君) 進行いたします。維新。平原委員。



◆委員(平原潤君) 私からは、北九州市成人式についてお尋ねします。

 北九州市の成人式は、ここ数年、テレビ番組などでおもしろおかしく扱われ、奇抜な格好で傍若無人に振る舞う新成人のみが取り上げられ、悪い意味で有名になってしまいました。私としても大変残念な思いであります。

 私も去年、ことしとメディアドームで行われた式典に参加させていただきました。式典の中では大変厳粛に式典がとり行われておりました。しかしながら、テレビ報道を見ると、真面目に式典に参加している大部分の新成人にとっても、また、保護者にとっても決して気持ちのいいものではないと思います。

 このような現状を受け、平成26年から開催場所の変更等が行われましたが、どのような効果があったのかお尋ねします。

 また、以前は区ごとに成人式が行われていたと思いますが、元に戻すなど検討してはいかがかと思います。見解をお伺いします。



○主査(波田千賀子君) 市長。



◎市長(北橋健治君) 平原委員の御質問にお答えいたします。

 本市の成人式につきましては、平成9年までは区ごとに開催していたわけですが、新成人が会場に入らない、あるいは、式典中の私語のため進行に支障を来すといった課題がありました。そこで平成9年4月に、今後の成人式のあり方について検討委員会を設置して、廃止も含めた抜本的な見直しを行ったところです。その結果、成人としての自覚を高め、成人式が一生の思い出となる企画、運営を図ること、また、実施に当たっては、新成人、民間、行政で実行委員会を構成して企画、運営に当たること、また、会場については、スペースワールドなど、市内1カ所で開催することなどの提言を平成9年7月にいただきました。その提言を受けて、平成10年からは市内統一会場としてスペースワールドで開催し、各区で開催した平成9年の参加率が67%だったのに対し、10年は87%の参加率となり、それ以降も近年は、おおむね80%程度の参加率で推移しております。一定の成果をおさめていると考えております。このため、委員御指摘の区ごとの開催に戻すことについては、今のところ考えておりません。

 一方、統一会場については、平成25年度まではスペースワールドで実施していましたが、式典会場の収容人数が1,000人と少ないこと、雨天時に雨をしのぐ場所が少ないことなどの課題があったため、26年から北九州メディアドームで開催しております。会場をメディアドームにしたことで、収容人数がそれまでの約5倍の5,000人規模となり、式典会場にふさわしい静穏な空間を確保できたことに加え、スーパーワイドビジョンによる臨場感あふれる式典の演出などが可能となるといった効果がありました。ちなみに、ことしは約4,500人が一堂に会し、メディアドームの中で、厳粛な式典が行われたところであります。

 しかしながら、委員御指摘のとおり、式典会場に入らず、奇抜な格好で、友人たちとの再会等で盛り上がる新成人が一部いることも事実であります。このため、主催者として、今後は晴れの舞台にふさわしい服装で式典に御参加いただくよう、式典案内等においてもしっかりと呼びかけていきたいと考えております。なお、平成27年の成人式において、特に大きな迷惑行為などは発生しておりませんが、こうした行為が今後も生じないよう、警備体制についても万全を期してまいります。

 いずれにしても、今後の成人式については、新成人に大人としての自覚を促す内容の充実に努め、議会を初め、若者を含めたさまざまな関係の方々の意見を聞きながら、よりよい成人の日の式典になるよう努めてまいります。以上です。



○主査(波田千賀子君) 平原委員。



◆委員(平原潤君) 御答弁ありがとうございました。今後そういう取り組みをしていただけるということですので、お願いしたいと思います。

この問題は、マスコミのほうの問題も少しあるのかなというふうに思っています。マスコミにそういうふうに取り上げられることで、そういう格好をして騒いでいればテレビに出られるということで、それを目的にまた来るような風潮もやはりあるのではないかなと思ってしまうんですよね。北九州市が、特にこの数年、暴力団と対じして、しっかりと一応の成果も見えてきた、そういう時期でございます。今後重要になってくるのは、そういうところへの人材の供給、それを断つというところで、青少年の育成というのは非常に重要になってきます。そういう非常に重要な時期であることも、マスコミの方々にも御理解いただく、そして自制というか、自粛を求めていくという姿勢も必要なのかなというふうに思いますが、その辺市長はどのようにお考えでしょうか。



○主査(波田千賀子君) 市長。



◎市長(北橋健治君) 先ほど答弁いたしましたように、関係者の皆さんと一緒にこのことを考えて、より印象的で魅力的なすばらしい成人式になるように頑張っていきたいということに尽きるわけでございますが、奇抜なファッションということについて言いますと、私も高校時代生徒会長をしておりまして、制服、そしてスポーツ刈りを自由なヘアスタイルにするという学生運動が起こりまして、大騒動を経験しております。私はやはり、決められたルールは守るべきだという立場で、全校集会でかなり厳しく生徒たちからやられました。そのトラウマがあるんですけれども、やはりその日を楽しみにしてお小遣いをためて、やはりこれは一つの、彼らなりの美意識というのがあると思うんです。それはよしあしがあるかもしれませんけれども、それは自分も高校時代、制服自由化運動というか、そういうのを経験しまして、大変にそれは微妙な問題も一方において、あると思います。ただ、やはりみんなが楽しくいい思い出になるように努力することが大事ですので、何とかいい方向に向かえばいいかなと、それが正直な自分の気持ちであります。



○主査(波田千賀子君) 平原委員。



◆委員(平原潤君) 御答弁ありがとうございました。非常に難しい問題であるかなとは思っております。問題意識として共有できましたので、今後一緒に取り組んでいきたいと思います。ありがとうございます。



○主査(波田千賀子君) 進行いたします。みんなの北九州。佐藤委員。



◆委員(佐藤栄作君) 私からは、公共空間である公園の有効活用についてお尋ねいたします。

 勝山公園は小倉城を中心とした公園で、周辺には庁舎や図書館、紫川リバーサイドに商業施設や商店街などを有する都心の公共空間であり、その有効利用は町のにぎわいに大きな影響を及ぼすものと考えます。

 私はこれまで、本会議や委員会の中で、このような公共空間を民間事業者に有効に活用してもらうべきであり、そのために行政はルールを柔軟に運用する必要があると提案をしてきました。

 例えば、公園の広場にカフェバーやレストランをつくることで、今まで以上に人々が集まる場所となり、居心地のよい場所としてより日常的に市民に親しまれるはずです。大阪市にある中之島公園では、バーベキューレストランやバーなど複数の飲食店が出店する人気のスポットとなっており、町のにぎわいを創出しています。まさに以前、私が本会議の中で紹介した稼ぐインフラの実例であります。勝山公園も活力ある民間事業者に任せることができれば、これまでイベント以外にあまり活用されてこなかった公共空間が、日常的ににぎわいを生み出し、収益を上げる公共空間へと生まれ変わります。公共空間の使い方次第でエリア全体の価値を上げ、周辺に好循環をもたらすことも可能です。

 さて、今議会において、勝山公園やあさの汐風公園への民間ノウハウの活用については、今年度中に検討し方向性を示す方針であると伺いました。今回の方針はその意味において一歩前進したものと歓迎いたします。

 ところで、民間活力の導入について、一般的に指定管理者制度は、自治体の考え方が大きく反映される制度のため、指定管理者の思うような経営ができない、また、自主事業に関する行政への報告や許可を必要とするためスピード感を生み出せず、タイミングを逸することが多いとも聞きます。勝山公園の管理運営に当たっては、指定管理者制度も選択肢の一つに挙がっているとお聞きしますが、民間活力の自由な発想を最大限に生かす管理運営手法として、ほかにどのような手法が考えられるのか、市長の見解をお伺いいたします。



○主査(波田千賀子君) 市長。



◎市長(北橋健治君) 佐藤栄作委員の公園の問題についてお答えをいたします。

 勝山公園などの中心市街地の大規模な公園は、都市の潤い、市民の憩いの場、防災などの機能はもとより、都市イメージの向上、市民の町への誇りの醸成など、都市のシンボルとしての役割を担っております。更に近年は、飲食やフリーマーケットなど、集客イベントの場として活用されることにより、中心市街地の活性化にも寄与しております。本市の都心集客アクションプランにおいても、小倉都心部の公共空間における更なるにぎわいの創出を重要なテーマとしております。そのため、勝山公園やあさの汐風公園におけるイベントの活性化や、魅力的な公園施設の整備などを効果的に行う必要があると考えております。その手法として、民間活力導入の検討を始めたところであります。

 本市公園での民間活力の導入につきましては、市内7カ所の有料公園において、民間の創意工夫、経営ノウハウを生かせる指定管理者制度を導入し、管理費の低減効果を初め、一部では入場者数を大幅にふやすなどの成果も上げております。また、勝山公園のオクトーバーフェストなど、多くの大規模イベントは多様なまちづくり団体、事業者が参画する実行委員会の方式を導入して、にぎわいの創出に寄与しております。

 委員から御紹介のあった大阪市中之島公園では、府知事、市長、経済団体のトップなどで構成する推進会議が交互で事業者を選定し、その事業者が民間投資を呼び込むマネジメントやにぎわい創出の活動を行っております。また、大阪城公園では、事業者が整備する新たな魅力向上施設と、既存施設の管理運営等をセットにして、20年という長期の指定管理契約を結び、大規模な民間投資と長期的な収益の向上を図ろうとしております。県内の例として、大濠公園では、公園全体の管理は指定管理方式を採用しながら、更なる魅力向上策として、別の事業者への設置管理許可方式により、レストランやコーヒーショップの設置運営が行われております。

 このように、中心市街地の大規模公園への民間活力の導入には、幾つかの手法が考えられますが、市民の自由な公園利用との調整や、現状の維持管理方式との比較、公平性や競争性の確保などの視点も十分考慮する必要があると考えております。引き続き他都市の事例の調査、民間事業者の意向を把握するヒアリングなどを行いまして、今年度内にも、公園利用者の利便性向上や更なるにぎわいの創出につながる、本市の公園に合った適切な手法などについて方針を定めたいと考えております。以上です。



○主査(波田千賀子君) 佐藤委員。



◆委員(佐藤栄作君) 今、指定管理等で民間手法を活用して公園の管理運営をされているということを改めてお伺いしたのですけれども、確かに、指定管理等でコストの削減だったりという効果も出てきているのだろうと思うのですけれども、まだもう少し、指定管理制度でも構わないのですけれども、その上でもやはり、より自由度の高い民間との業務内容の契約とか、いろいろなところも考えていただければなというふうに思っております。オクトーバーフェストのお話もあったのですけれども、本当に勝山公園でああいうイベントをして、にぎわいも生まれていますし、経済効果もあるのだろうというふうに思うのですけれども、例えば、ああいう勝山公園でイベントをする際も、やはり占用許可等が必要になってくるのですが、そういう占用許可というのは、イベントなれをしている大きな事業者さんにとっては、割と簡単なのかもしれないのですけれども、やはりもう少し、小さい規模で市民が主体的にイベントをやりたいとなったときのそういう手続とかも、やはりもう少し簡単にしていただきたいですし、例えば、占用許可を登録制なんかにして、イベントごとに占用許可をとるというよりも、年間を通した登録制などにして、もう少し臨機応変にイベントができるような取り組み等も考えていただければなというふうに思っています。

 先ほど紹介しましたけれども、稼ぐインフラという考え方は、非常にこれから大切な考え方なのかなというふうに思っております。やはり、人口が減少していく、少子高齢化していく、財政が非常に厳しいという状況にあっては、行財政改革等をやって歳出の削減とか見直しというのは不断に行っていかなければならないと思うのですけれども、一方で稼ぐという、そういったところが私は重要になってくるのだろうと思います。その意味で、公共の空間とか公共施設も、より柔軟に民間の皆さんに開いて、その公共の空間だったり施設で稼いでいく、そしてにぎわいを生んでいくという発想も非常に大切だというふうに思っています。海外ではこういう公共空間、公共施設を使って稼ぐということが当たり前のように行われておりまして、例えば、有名なのがニューヨークにあるマジソンスクエアパークというところですけれども、この公園は1990年代、非常に麻薬とか犯罪がはびこって大変危険な公園というふうになっていたのですけれども、それをニューヨーク市の公園局が、ここに高級ハンバーガーショップ、シェイクシャックというところがあるらしいのですけれども、それに開店の許可を出したそうです。そうなると、そのシェイクシャックというところが、観光ガイドブックに載るほどの有名なお店になったため、連日大行列になって、荒廃していたその公園が再生をしたということがあります。更におもしろいのが、そのハンバーガーの売り上げの一部を、公園の維持管理費に充てていくというような手法もやられています。今では、公園の維持管理費に税金が投じられていないということです。つまり自治体には、歳入の確保と歳出の削減、そして地域にはにぎわい、そして企業には新しいビジネスチャンスをもたらすという、本当に、三方よしの実例も多数あるというふうに思っております。国の方でも、地方分権一括法が改正されて、都市公園は自治体の裁量でカフェなどを併設できるように規定が緩和されております。

 勝山公園というのは、周辺に働く場所もありますし、最近ではマンション等も多くなってきて、多くの市民の方々がこの周辺エリアにはおられます。市長、サードプレイスという考え方があるのですけれども、簡単に言えば、第一の居場所が家であれば、第二の居場所が学校や職場、そして第三の場所、そのサードプレイスというのが都市で暮らす人々が心のよりどころとして集う、居心地のいい場所というものが必要だと。そのサードプレイスとしても、僕はこの勝山公園だったり、あさの汐風公園もそうなんですけれども、非常に可能性があるのではないかというふうに思っています。ちょっと長くなって取りとめもなくなってきたのですけれども、この今言った、その稼ぐインフラという手法、考え方、それと、その市民のサードプレイスとして魅力ある場を、こういう勝山公園で創造することは可能なのかなというふうに思ってますので、その点について、市長、イメージで構いませんので、この都心部の公共空間である勝山公園を、将来どのように描いているのか教えていただけますでしょうか。



○主査(波田千賀子君) 市長。



◎市長(北橋健治君) 時間があまりありませんが、あるとき、勝山公園の上のところに、子供さんが遊ぶ遊具があるところがあるんですけれども、そこで、ある市民から聞かれたんですけれども、これだけかわいい子供たちが遊んでいるのに、アイスクリームを売っているところが近くにないのですかと言われました。あの辺の空間の使い方として、そこにはビジネスチャンスにもなるし、もっとにぎわうという余地がある、あるいは、この勝山公園を歩いている方が、すごくきれいだけれども、何かウィーンか大英帝国か、かつてのそういった感じがして、市民が気軽に楽しめるせっかくのいい空間だから、工夫の余地があるのではないか。例えば、木陰をもう少しつくるとか、ベンチだとか、いろいろな方法がある。だから、もっとにぎわえる可能性が、たくさん秘められたところだというふうに自分も感じております。努力いたします。



○主査(波田千賀子君) 以上で市長質疑を終わります。

 次回は6月25日午前10時から分科会報告の取りまとめを行います。

 本日は以上で閉会します。

                              午前11時51分





会議の経過

              平成27年度予算特別委員会市長質疑記録

         第3分科会(教育水道委員会及び経済港湾委員会所管分)

                              開会 午後1時00分



○主査(渡辺均君) 開会します。

 議案第69号のうち所管分、72号から74号まで、77号、80号のうち所管分、83号、85号、87号、89号、91号から94号まで、97号、111号、112号及び117号の以上18件を一括して議題とします。

 ただいまから、市長質疑を行います。

 質疑時間は2時間程度となっております。質疑の持ち時間は、維新、ふくおかネット及び地域の声は、それぞれ11分、その他の会派は、それぞれ22分でお願いします。

 審査の方法は、会派ごとに一括質疑・一括答弁とし、大会派順に行います。なお、市長答弁は着席のままで受けます。

 それでは質疑に入ります。自由民主党。新上委員。



◆委員(新上健一君) 私からは、くきのうみ花火の祭典に関する負担金等についてお尋ねいたします。

 地域の活性化及び北九州港洞海地区の発展に寄与する目的で開催されているくきのうみ花火の祭典は、ことしで30回目を迎えます。

 夏の風物詩として広く市民に親しまれておりますが、一方で多くの費用がかかることも事実であります。そこで2点伺います。

 例年、本市は洞海地区花火大会負担金として経費の一部を負担しておりますが、その意義と成果について伺います。

 2点目に、花火大会などのイベントには多額の経費がかかることから、一般的に協賛金を求めることが多く、くきのうみ花火の祭典においても同様であります。しかし、同祭典実行委員会から送付された文書は、公共工事を受注した企業に対し、協賛金を強制するようなものであります。

 本市は、この祭典の実行委員会の委員を務めておりますが、協賛金の求め方や負担金のあり方について見解を求めます。以上でございます。



○主査(渡辺均君) 上野委員。



◆委員(上野照弘君) 私からは、本市への交流人口の増加について質問させていただきます。

 我が党の石破茂地方創生担当大臣から、小さな子供からお年寄りまで、日本人1人当たりの平均年間消費額は、約124万円であるという話がありました。

 この話を踏まえ、単純計算ではありますが、北九州市から人口が100人減少すれば、年間に1億2,400万円の年間消費が失われるということであります。

 本市の定住人口減少による年間消費額の消失に歯どめをかけるためには、市長に対して釈迦に説法であるとは思いますが、交流人口をふやす政策をとらなければなりません。

 そこで、本市への更なる交流人口増加について、市内の若者の視点から質問させていただきます。

 平成27年度予算において、仮称、TOKYO GIRLS COLLECTION秋まつりの予算が5,000万円計上されているなど、若者の交流人口増加に向けた施策が至るところに見られることは、大変よいことであると評価します。

 これから更に交流人口をふやしていくためには、今まで以上に若者向けのイベント誘致、企画などに取り組みながら、本市のにぎわい向上に取り組む市内の若者の支援などを、年間を通して行うことが重要であると考えます。

 多くの若者が本市を訪れることで、町が活気づき、華やぎ、笑顔であふれるようになるのではないでしょうか。

 市長は、若者の交流人口増加についてどのようなお考えをお持ちなのか、これからどのように取り組んでいくのか、見解をお尋ねいたします。以上です。



○主査(渡辺均君) 市長。



◎市長(北橋健治君) 新上委員から、くきのうみ花火の祭典の負担金などについて御質問がございました。

 くきのうみ花火の祭典は、ことしで30回目、実行委員会の皆様を初め、多くの関係者の御尽力によって今日を迎えることができております。この祭典の開催経費は、企業団体からの協賛金、市からの負担金で賄われております。この祭典は、地域の活性化並びに洞海地区の発展に寄与する目的で開催されており、本市も毎年400万円の負担金を出しております。この祭典は洞海地区の夏の風物詩として、広く市民に親しまれ、毎年30万人以上の方々が訪れる、大変人気のある花火大会となっております。このように、洞海地区の海辺ににぎわいを創出するとともに、経済波及効果も高いことから、本市が負担金を支出する意義があり、成果も十分に果たしていると考えております。

 くきのうみ花火の祭典を含めて、本市では多くのイベントが行われております。それぞれのイベントにおきましては、開催目的などは異なっていても、開催に尽力している市民や団体、あるいはその趣旨を御理解いただき、後押しをしていただいている多くの協賛企業、団体、更には多くの市民の参加などに支えられ、実施できております。改めて開催に携わる全ての方々に敬意を表したいと思います。

 しかしながら、協賛のお願いに関しましては、十分な注意が必要であると考えます。委員御指摘の協賛金を依頼する文書につきましては、委員からの質問を受けて初めて目にいたしました。この文書は、実行委員会の事務局である若松区役所が作成し、送付したものであります。この文書では、公共事業を受注してきた企業にとりましては、協賛金の強制とも誤解されかねない内容となっておりました。新規協賛企業の開拓のためとはいえ、不適切なものと考えますので、今後こういったことがないように改めさせていただきます。

 また、負担金につきましては、事業の成果を検証しながら、最少の経費で最大の効果が発揮できるように努めてまいります。

 次に、上野委員から交流人口の増加について御質問がございました。

 我が国では、地方を中心に人口減少時代が到来し、出生率の向上や、地方での定住促進などの取り組みなどが、喫緊の課題とされております。本市におきましても、都市が持続的に発展していくためには、若い世代の力が欠かせないと考えております。将来、本市への若者の定住関連産業の振興や、都市イメージの刷新につながるという意味からも、若者に的を絞った交流人口の増加は、大変重要な政策課題だと認識いたしております。そのため、昨年6月に策定いたしました都心集客アクションプランでは、小倉駅新幹線口エリアにおいて、若者を中心に300万人の年間集客を目指すことにしております。

 このキックオフイベントとして、11月14日から12月25日まで、小倉駅クリスマスツリーにおきましては、オーケストラの演奏や、若いカップルのプロポーズをサプライズ演出で実施すること、また、北九州ポップカルチャーフェスティバル、これも平成26年のお話でございますが、12月6日、7日と行いました。あるあるCityとともに、人気アニメ、パトレイバー実写版に登場する実物大ロボットを誘致して、17万人の集客を得る、このように、これまでにない取り組みにもチャレンジをいたしました。また、ことしの秋には、F1層、これは20歳から34歳の女性というふうに聞いておりますが、F1層をターゲットに、TOKYO GIRLS COLLECTIONとコラボレーションしたファッションイベントを開催する予定であります。若者の交流人口の増加や、若い女性が憧れる町、行ってみたくなる町といった新たなイメージの創出という意味で、大きな試金石となるイベントになると思います。市を挙げて取り組み、ぜひとも成功させたいと考えております。更に、平成29年3月のスタジアムオープンに向けまして、小倉駅新幹線口を中心とした都心部において、さまざまなイベントを実施し、交流人口の増加と、本市経済の更なる活性化を目指してまいります。一方、民間の若者たちが企画し、実施する北九州スプラッシュ&デザートマラソン、去年の9月7日でした。また、小倉アニソンカーニバル、去年の10月25、26日でありました。このように、本市のにぎわい向上につながるさまざまなイベントについても、積極的に支援を行っているところであります。策定中の、本市のまち・ひと・しごと創生総合戦略におきましても、北九州市への新しい人の流れをつくることを、施策の柱の一つに掲げております。今後とも、民間と協力しながら、若者世代がわくわくするようなイベントの誘致や企画、若者の取り組みへの支援などを継続的に実施することによって、本市が若者にとって、より一層魅力的で住みよい町となるよう努めてまいります。以上です。



○主査(渡辺均君) 新上委員。



◆委員(新上健一君) 御答弁ありがとうございました。公共工事を受注した業者に対し、協賛金を強制するといった行為を、私は落札業者いじめ協賛金と呼ぶことにしました。この落札業者いじめ協賛金は、安易に資金を集める手っ取り早い手段かもしれません。用意周到で、振込用紙が同封されており、弱い者いじめの見本であります。この業者いじめ協賛金は、たくさんの問題を抱えており、やってはいけない資金集めだと思います。先ほど、やめさせると市長からの御答弁がありましたが、まず問題点を洗い出してみますと、落札業者の名簿がどういったルートで渡ったのか。落札業者いじめ協賛金が毎年行われているそうですが、いつごろから行われているのか、何社からどのくらいの協賛金を募っているのか、知りたいところでありますが、これは若松区役所の管轄でございますので、答弁は要りません。ここで、千葉県富津市の花火大会を紹介いたします。くきのうみ花火の祭典とよく似ており、富津市の負担金が400万円、協賛金が1,100万円、計1,500万円で運営し、6,200発の打ち上げ花火を上げるそうです。6万6,000人が昨年は来場されたそうであります。くきのうみ花火の祭典は、港湾空港局の負担金が400万円、協賛金はわかりません。4,000発の打ち上げ花火と仕掛け花火で観客を魅了し、30万人が来場とあります。富津市はことし財政難に陥り、経営改革を理由に、52年間続いた東京湾口道路建設促進富津花火大会の中止を決めたそうであります。花火大会などのイベント開催により、本市の交流人口をふやすことは大変重要なことと認識しておりますが、同時に経費負担の問題もあります。本市のにぎわいづくりに関するさまざまなイベントについて、費用対効果を検証し、廃止も含めた見直しも必要と考えますが、見解をお伺いいたします。以上であります。



○主査(渡辺均君) 市長。



◎市長(北橋健治君) 花火大会などのイベントの開催ですが、交流人口をふやす、また、地域経済の活性化にもつながるということで、大変重要なことだと考えております。そのため、イベントの実施に当たりましては、地元の思いを踏まえて、これまで継続開催してきておりまして、そのための補助が必要と認め、市が行っているものであります。それぞれの事業の見直しということでありますけれども、必要性、有効性、実施方法、成果などを見ながら、適切に実施されるよう努めてまいりたいと、このように考えております。



○主査(渡辺均君) 上野委員。



◆委員(上野照弘君) 質問させていただきます。予算特別委員会の産業経済局の審査日でも同じような質問をさせていただきましたけれども、本日、市長質疑ということで、あえて市長の御見解を尋ねたいと思い、再度質問させていただいた次第であります。

 皆様方御存じのとおり、本市の人口減少というのは、非常に深刻であるというふうに考えております。とりわけ、若者の人口の流出というのは、非常に際立っているのではないのかなと考えます。若者はやっぱり大都会を目指して北九州を離れていくわけであります。車でたった1時間くらいの距離の福岡市、おしゃれな店があったり、かっこいいイベントがたくさんあったり、そういったところに若者たちは魅力を感じて、福岡市に出ていくわけであります。そういった中で、このようなTOKYO GIRLS COLLECTION、全国規模の大人気のイベントを本市が誘致できた。そして、予算計上5,000万円もしてくれているということは、非常に明るく夢のあるニュースであるというふうに私は思います。このTOKYO GIRLS COLLECTIONの予算がマスコミや新聞の報道で出たときに、市内の若者、とりわけ女性からの声が多かったと思いますけれども、本当に喜ぶ声が多くございました。すばらしいことであるというふうに思っております。本市の若者向けのイベント、先ほど市長から御答弁をいろいろといただきましたけれども、北九州は今でも頑張っていると思っています。ただ、更にもっと頑張っていただきたい、そういった思いから質問をさせていただいたわけでありました。

 先日、北九州市若松区のグリーンパークにおきまして、ザ・カラーラン北九州大会というのが開催されました。自民党からは、議長を初め鷹木市議、宮?市議、上野、この4人でカラーランに参加させていただいて、市内外、県外、また国外からの若者たちと一緒に、総勢8,000人を超えたというふうに聞きました。みんなで色とりどりになりながら、5キロのコースを走ったわけであります。こういったイベントをどんどん誘致していって、市外からの若者をどんどん北九州市に取り入れるということは、本当に若者の交流人口の増加、町のイメージが変わってくることであろうというふうに思います。

 そういった中で、これからも更に力を入れていっていただきたいわけでありますけれども、ここで一つ、例えで考えていただきたいのは、例えば北九州市のフィルムコミッション、あそこは今非常にいい業績を残していっていると思います。映画の町北九州市、ドラマの町北九州市、そういったイメージが定着しつつあるのも、フィルムコミッションという専門の部署を持っていて、1年間を通じて北九州市のPRであったりとか、そういう映画の誘致に努めているからこそ、国外からも、先日タイからも、ドラマの映画の撮影があったというふうに聞きました。北九州市も、これからは若者に特化した専門的な部署があってもいいのではないのかなというふうに考えております。これは、また別の局のことの御答弁になるかもしれませんので、要望という形にさせていただきたいと思いますけれども、これからも、ぜひ北九州市は、北橋市長、若者をたくさん呼んでいただける町にしていただきたい。これは私からの強い要望ということで終わらせていただきます。ありがとうございました。



○主査(渡辺均君) 進行いたします。ハートフル北九州。三宅委員。



◆委員(三宅まゆみ君) お尋ねします。小中一貫教育についてです。

 学校教育法の一部を改正する法律案が、6月17日の参議院本会議において賛成多数で可決成立し、義務教育学校の名称で小中一貫校が制度化され、平成28年4月1日から施行されます。そこで、3点伺います。

 小中一貫教育を実施した211市区町村の96%で成果があったと聞いております。本市も平成25年度よりすべての市立小・中学校で小中一貫・連携教育を実施していますが、その成果と課題について伺います。

 次に、平成27年度から2年間、小中一貫教育モデル中学校区を南小倉中学校区と花尾中学校区の2校区を指定して、現行の小・中学校の施設のもとで9年間の連続性・系統性のある効果的な教育の推進方法について、今後の方向性を検討する取り組みがなされています。

 そこで、基本的に一つの小学校の児童全員が同じ中学校に通う校区と、一つの小学校から複数の中学校に通う場合の小中連携教育を今後どのように考えているのか、お伺いします。

 最後に、本市では、施設一体型ではない限られた形での検討が想定されますが、早い段階での施設一体型の小中一貫校を具体的に検討すべきと考えますが、見解を伺います。以上です。



○主査(渡辺均君) 福島委員。



◆委員(福島司君) 私からは門司港レトロ観光事業の強化についてお伺いいたします。

 本市は五市合併という歴史的背景もあり、門司港レトロ地区、小倉城周辺、スペースワールドを中心とした東田地区及び皿倉山周辺を初め、平尾台、響灘ビオトープ等々、各区に豊富な観光資源を持っています。

 その中でも、門司港レトロは行政の計画的な事業展開により、ことしでグランドオープン20周年を迎えました。今では、JR門司港駅を筆頭に、関門海峡ミュージアム、九州鉄道記念館、出光美術館、松永文庫がある旧大連航路上屋、林芙美子記念室がある旧門司三井倶楽部、わたせせいぞう氏のギャラリーがある旧大阪商船、あと、ブルーウィングもじ、旧門司税関、国際友好記念図書館、また、和布刈地区にはノーフォーク広場、世界平和パゴダ、古城山、和布刈神社、関門トンネルの人道、旧福岡食糧事務所門司倉庫、塩水プール、清滝地区には三宜楼、門司区役所、風師山等々があります。また、レトロ地区と和布刈を結ぶ観光列車、遊歩道、そしてレンタサイクルや人力車もあります。本市を代表する観光地といっても過言ではないと考えています。

 門司港レトロ観光事業を強化し、市外、国外からの幅広い観光客にお越しいただくことが、市内観光地への波及効果も含めて本市観光行政にとって有益と考えています。

 そこでお伺いします。

 今後、市内観光地並びに下関市と連携し、門司区内の観光資源と北九州空港、新門司フェリーターミナル、JR新幹線をつなぎ、総合的重層的に門司港レトロ事業を強化するために、現在の産業経済局門司港レトロ課の拡充や、門司区役所、港湾空港局、産業経済局が参加した組織に権限と財源を持たせるなど、新たな組織で取り組んではどうかと考えますが、見解を伺います。以上です。



○主査(渡辺均君) 市長。



◎市長(北橋健治君) 教育問題は教育長のほうから後ほどお答えさせていただき、私からは、福島委員からの門司港レトロ観光につきまして答弁をいたします。

 門司港レトロは、本市を代表する観光スポットであります。国内外からの本市への観光客をふやすためには、これからも重要な役割を持つ観光地であります。現在、平成20年に策定した門司港レトロ観光まちづくりプランによりまして、観光とまちづくりの双方の観点から事業を進めております。門司港レトロ地区の観光の推進に当たりましては、このエリアにおける市関係局の事業全体を総合的にマネジメントしていくために、現地に門司港レトロ課を平成16年に設置いたしました。当時は門司港レトロ室と呼んでおりました。門司区役所、港湾空港局などとも連携しながら、さまざまな取り組みを実施しております。具体的には門司港レトロ課、産業経済局に所属いたしますが、加えて門司区役所、港湾空港局の3者が地元団体や民間事業者などで組織する門司港レトロ倶楽部に加入し、門司区役所はバナナのたたき売りやバナナ博物館などのイベントを通じて、港湾空港局は港湾施設などの環境整備などを通じて門司港レトロ事業を推進すべく、それぞれの役割の中で事業に取り組んでいるところであります。また、門司港レトロの観光事業の推進のため、広域連携や他の観光地、交通事業者との連携にも積極的に取り組んでおります。広域連携の取り組みとしては、下関市、山口県と関門海峡観光推進協議会を結成し、関門海峡の観光資源を一体化させ、周遊コースの設定や国内外のエージェントセールスなどに取り組んでおります。

 また、ほかの観光地等との連携については、市内観光地や新門司のフェリー会社、JR九州など33団体が加盟する北九州市国際観光推進協議会を結成し、主に台湾や韓国、中国を中心に一体となって、レトロ事業を初めとする本市への観光客の誘致に努めているところです。

 このような取り組みによりまして、門司港レトロ地区の観光客の数は、平成23年度192万人、平成24年度193万人、平成25年度が205万人と、このところ微増でありながらも着実に伸びており、滞留時間の長時間化や宿泊客の増加など、一定の成果を上げているところであります。

 ことし、門司港レトロはグランドオープンから20周年を迎えました。今後は、門司港レトロの磨き上げとして、アートや文化を生かしたまちづくりを推進することで、新たなにぎわいを創出していきたいと考えております。現在の組織の拡充や、新たな推進組織をつくってはどうかという御提案でありますが、今後とも、門司港レトロ課がレトロ観光事業の中心となって、関係局との連携、この関係局の中には、今まで申し上げてきた局に加えまして、フィルムコミッションや、あるいは林芙美子記念室や、さまざまなそういった事業もこれから加わってまいります。その所管課との連携も入ってくると思いますが、門司港レトロ観光をより磨きをかけるために、関係する局がみんな集まって連携をし、調整をして、いっそう密にしていくということであります。地元の方々とももちろん一体となって、魅力の向上に努めていきたい、このように考えております。



○主査(渡辺均君) 教育長。



◎教育長(垣迫裕俊君) それでは私から、小中一貫・連携教育に関しまして、3点お尋ね頂きましたのでお答えいたします。

 まず、これまでの成果と課題、そして小・中学校で校区が一致していない場合の考え方かと思います。まず、平成25年度から全中学校区で進めております小中一貫・連携教育の内容、目的でありますが、子供の発達段階や社会の変化などによりまして、従来の6・3制では解決できない教育課題に対応するために、小・中学校が義務教育9年間の教育課程や教育活動を一体的に捉え、学力向上、体力向上、そして中1ギャップの解消など、各中学校区の状況を踏まえた教育目標を設定し、一貫した考え方を共有しながら連携を行うというものでございます。

 これまでの取り組みと成果でございますけども、平成25年の導入以来さまざまな取り組みをしております。具体的には、例えば、教職員交流におきましては、情報交換会や合同研修会のほか、中学校入学に向けた春休みの宿題、あるいは中学校区で統一した学習規律づくり、児童生徒の交流におきましては、例えば、小学生が中学校の授業や部活動を体験したり、合同授業や行事、小・中の生徒会・児童会によるサミットの開催、保護者・地域の交流では、地域やPTAとの合同行事や小中一貫・連携だよりの発行、こういったことが行われております。これらの取り組みを進めることによりまして、例えば、教員相互の指導方法への理解が深まり、相互のノウハウを生かした授業を行えることなどにより、児童生徒の学習意欲、学力向上につながっていること、あるいは、生徒指導の面では、児童生徒の状況について、小・中学校で密に情報交換を行い、入学前に中学校生活の決まり事を伝えることなどによりまして、安心して通える学校の実現、中1ギャップの解消につながる、こういった効果が得られております。

 課題といたしましては、連携の度合いがそれぞれ違うわけですが、各校区の事情がさまざまでございます。各中学校の実情を踏まえて、一層推進する余地があると考えております。教育委員会としましては、各中学校校区での効果的な取り組みの周知を図るなど、今後も小中連携が一層推進されるよう努めてまいりたいと思います。

 もう1点、小中一貫・連携の学校以外の中学校に進学する場合、小中一貫・連携に取り組む中学校区外に進学した場合に、まず、これまで推進してきております一貫・連携教育におきましては、特に不都合は生じてございません。また、今年度開始する小中一貫教育のモデル中学校区では、例えば、国語、算数、数学などの各教科について、小学校、中学校における小・中9年間を見通した連続性・系統性のある学習指導、あるいはキャリア教育などの今日的な課題についての9年間のカリキュラム編成、こういったことを考えておりますけれども、各学年の学習指導要領の範囲内のものであるために、これらは特に問題は生じないものと考えております。

 しかしながら、今後、小中一貫・連携が一層深まっていく方向にあると思いますが、連携を行う小学校以外から進学してきた子供には、進学先の中学校において細やかな配慮を行っていく必要があるのではないかと思います。また、仮に今後、中学校段階の指導内容の小学校への前倒し移行、こういったことを行う場合には、御指摘の懸念はあると思います。これらの点につきまして、今回のモデル中学校区の取り組みを進める中での論点の一つとして、検討してまいりたいと思います。

 もう1点、施設一体型の小中一貫校の検討でございます。全国各地におきまして、一体型、あるいは別々の施設が連携する形など、地域の実情などに応じてさまざまな施設形態で取り組まれております。

 施設一体型の小中一貫校でございますが、平成24年度に有識者に他都市の先進事例について調査研究を委託しましたところ、小・中学校の教職員、児童生徒ともに、日常的な交流が活発になる、合同研修や授業研究、小・中相互の乗り入れ授業が行われやすい、といった効果があるものの、一方で、9年間同じ校舎であることによる学校生活全体のマンネリ化や、小規模な学校では学年組織や人間関係が固定化する、競争心が希薄化する、こういった課題も多く報告されております。

 一方、本市では、教育目標の達成に影響する大きな教育条件の一つであります学校の規模につきまして、教育効果の向上と教育環境の整備を図る観点から、学校規模の適正化を進めることとしまして、先ごろ全体の白書として公表したところでございます。施設一体型の小中一貫・連携につきましては、この学校規模適正化について検討する中で、一つの論点となると考えております。引き続き検討する中で、施設一体型についても検討してまいりたいと思います。以上でございます。



○主査(渡辺均君) 三宅委員。



◆委員(三宅まゆみ君) ありがとうございます。今後の都市間競争の中で、教育の取り組みというのが大変重要になってくるかというふうに思います。本市では、学力の全体の底上げを今、一生懸命取り組みをしているということはよく存じておりまして、それは大変重要なことであるというふうに思うのですが、例えば、今後の企業誘致とか転勤の際に、この近隣の市町村のどこに住むかというときに、家族を連れての場合は教育環境がよりよいところに、という思いが大変強いように思います。そういう意味では、本市は、教育における特徴的な発信というのがいま一つ少ないような気がいたします。全体のバランスをとるということも大変重要でありますが、少しアクセルを踏んでもよいのではないかというふうに思います。今回、新設のひびきの小学校では、今年度から校舎の新築工事が着工ということでございますが、本来であれば、ここでぜひ、施設一体型を実現してほしかったという思いがありますが、校舎が実際にできるということなので、今後、併設型でも、本市では併設型もまだ一校もございませんので、取り組みをぜひ、していただけたらというふうに思っておりますが、その点について見解をお聞かせください。



○主査(渡辺均君) 教育長。



◎教育長(垣迫裕俊君) 施設一体型につきましては、当然、一つの有力な選択肢だと思っております。ただ、私どもはいろいろ考えて、実は内部的にもいろいろ考えているのですけれども、一つは敷地の広さなり余裕がございます。小学校のグラウンドと中学校のグラウンドが一緒でいいかというと、なかなかそうはならないということもあったり、敷地の広さの問題もあります。それから既存の学校の場合は、それぞれの学校の現在の老朽度だとか、大規模改修など建てかえのタイミングだとか、そういうのがうまく小・中で合うタイミングがやっぱり一番いいのだと思います。例えば、非常にまだ新しいうちに一体型にするというのはちょっとどうかと思ったり、そういうタイミングもございます。そういうことを含めて、一つの選択肢としては、まだ十分検討に値すると思いますので、考えていきたいと思います。以上です。



○主査(渡辺均君) 三宅委員。



◆委員(三宅まゆみ君) ありがとうございます。複数の議員が、この間も一体型の小中一貫校をぜひ本市でもやるべきだということを、質問などしておられます。私自身もさせていただきました。ぜひ、可能性のあるところから早くやらなければ、学校を一つつくる、ひびきの小学校をつくるに当たっても、やっぱり4〜5年以上かかるわけです。ですから、新しく併設型の中学校を建てるというときでも、4〜5年はかかってしまうということで、そう考えますと、どんどん取り残されてしまうような気もしております。着実に全体としての横並びの部分もしっかりやりながら、やはり先ほど申し上げたように、アクセルを踏むところはしっかりと、もちろん、小中一貫だけがアクセルを踏むということではないかもしれませんけれど、教育に特色を出すということも、一つ、本市の魅力を向上させる大きなものではないかというふうに思います。もし、市長一言あれば。



○主査(渡辺均君) 市長。



◎市長(北橋健治君) 今は東京から転勤された方が不動産関係の方に尋ねるのは、○○学校の近くにマンションはありませんかということです。やはり、お子さんの教育がいいところというのは、学校だけではなく、やはり地域全体のサポートといいますか、また、全体としての雰囲気というのがいいというふうに感じる方がふえているようです。そして、実際に聞いてみましても、やはり会社をどんどん誘致していくためには、いい学校をつくっていくということが大事だということも、たくさんの識者から聞いております。その点、委員が御指摘になったことに私は同感でございます。ただ、いい学校、いい教育というのは、今、教育委員会で限られた財源の中で鋭意頑張っているわけです。ひまわり学習塾であるとか。また、先般、門司海青小学校に行ってICT教育の現場を見たのですが、すごく学力が伸びているのです。すごくいい成果もある。だからいろんな全国の教育のモデルを見ながら、本市に合った一番最適な教育方法が現在教育委員会で模索されておりますので、趣旨としては、小中一貫というのは大事なことだというふうに教育委員会も言っているわけですから、それも視野に入れて、教育委員会がどのように政策選択されるかを見守りながら、予算調製権の立場からも精いっぱい努力したいと思っております。



○主査(渡辺均君) 福島委員。



◆委員(福島司君) 時間がないので、私の問題意識と意見だけ申し上げさせていただきたいと思います。先ほど市長の方から、当然行政だけではなく、民間団体を含めて各局連携して、さまざまな取り組みをしてきたことは承知をしていますし、当然評価もしているところでございます。私の思いは、だからこそそれを統括する組織がいるのではないかと。具体的には、例えばレトロ課ということでいけば、課レベルではなくて部レベルぐらいまで引き上げて、例えばさっきフィルムコミッションの活動等ありましたが、市内観光客向けのルート、あるいは国外観光客向けのルート、そうしたきめ細かな役割分担を統括のもとに整理をして、そして総合的というか、一体的に取り組むことが今後重要ではないかなと。いろいろな施設整備を含めて受け皿はできてきていると思います。私の問題意識は、ソフトの面でいけば門司港地区だけでなく、市民自身が観光客をおもてなしする、そうしたソフト面の啓発、整備、そういうことも大事ですが、例えば門司でいけば、めかり山荘跡地の問題も抱えています。クルーズ船の問題も出ていますが、こうしたクルーズ船の誘致にしても、世界最大の客船は5,000名が乗ると聞いていますが、そうした大きな客船ではなくても、中規模の客船をもっと頻繁に誘致をする、そうした問題も含めて、もっとやはり統括的な権限を持ったところでまとめていくことが必要ではないかと。その背景にあるのは、私はやはり観光行政というのは、観光産業、新成長戦略も出てますが、やはりいろんな観光客が単発的に来るのではなくて、通常の観光地として日常的に多くの方が訪れる。その中で第三次産業が主流を占めていますが、そうしたサービス産業、そうしたものできちんと雇用も成り立つ、生活も成り立つ、そうした持続ある産業として育てていく必要があるのではないかと。そういう意味において、この北九州を代表する門司港レトロを先頭に、ここを本当に力を入れることによって、市内の多くの持っている有効な観光資源、ここに波及効果も含めて、そして、市全体のこういった観光行政が大きく伸びることが大切ではないかなと、そういう問題意識をもってお願いをしたところでございますので、今後検討していただければというふうに思います。終わります。



○主査(渡辺均君) 進行いたします。公明党。桂委員。



◆委員(桂茂実君) 私の方から、ベトナム・ハイフォン港との姉妹港・友好港の締結についてお伺いします。

 本年5月8日から12日にかけて、北橋市長、戸町議長をトップとする訪問団が、ベトナムのハイフォン市に派遣され、我が会派の代表として、私もこの訪問団に参加しました。

 ハイフォン市は、本市と昨年4月に姉妹都市を締結しており、ベトナム国内ではホーチミン市に次ぐ第2位の国際港湾都市です。ハイフォン港では、現在、大水深港湾の整備が進められており、ハイフォン市は、今後、飛躍的に発展するポテンシャルを秘めた都市です。

 一方、北九州港は、これまで姉妹港・友好港として、米国・タコマ港、中国・大連港、タイ・レムチャバン港の3つの港湾都市と姉妹港・友好港締結を結んでおり、現在、アジアと日本を結ぶ物流拠点を目指しているところです。

 本市とハイフォン市は、これまでの長年にわたる国際技術協力で築いた厚い信頼関係があり、また、姉妹都市を締結した機運の高まりもあることから、私は、ハイフォン港と北九州港の一層の交流を図るべきではないかと考えます。

 そこで3点についてお伺いします。

 1点目に、姉妹港・友好港締結の条件について伺います。

 2点目に、既に姉妹港・友好港締結を結んでいる3つの港湾都市との交流状況について伺います。

 3点目に、ハイフォン港と北九州港は姉妹港・友好港締結を結ぶべきと考えますが、見解を伺います。



○主査(渡辺均君) 木下委員。



◆委員(木下幸子君) 私のほうから、子供の可能性を開く教育の充実について、2点お伺いします。

 1点目に、本市では、本に親しみ、読み聞かせの大切さ、親子の触れ合いの大切さを啓発するため、平成15年10月からブックスタート、すべての赤ちゃんに本のよろこびを事業が始まりました。事業開始から既に11年以上になりますが、配布率は当初より約半数と低迷し続け、教育委員会も配布場所を大幅にふやすなどの努力をしていただいておりますが、まだまだ伸び悩んでいると感じます。しかし、この事業は、本市の教育目標の一つである読書好きな子ども日本一の重要な基礎であります。配布率を上げるためにも、現在、妊婦への配布が困難とされるNPOが使用しているブックスタートという事業名は使わず、本市独自の名称と手法を用い、母子健康手帳配布時に希望する妊婦には絵本の持ち帰りを可能にして配布率を向上させ、更に子供の脳の発達や性格などに影響があるといわれる胎教から始める読み聞かせに取り組むべきと考えますが、見解をお伺いします。

 2点目に、今年度の新規事業として、北九州市学力状況調査事業費3,750万円が計上されております。この事業は、本市独自の学力調査を行い、小学校から中学校までの児童生徒一人一人の学力を継続的に把握・分析し、学力の向上に役立てることが目的と聞いております。文部科学省の全国学力・学習状況調査も行われていますが、本市が独自に行うに至った経緯や意図について伺います。

 また、事業費3,750万円の積算根拠と全校での実施予定の有無、更には調査結果の具体的な活用策についてお伺いします。



○主査(渡辺均君) 市長。



◎市長(北橋健治君) 桂委員のベトナム・ハイフォン港との連携について、まずお答えします。

 北九州港では米国・タコマ港、タイ王国・レムチャバン港と姉妹港、また中国・大連港と友好港を締結し、活発な国際交流の活動を行っております。交流活動の内容ですが、まず両港の情報交換を目的にした姉妹港・友好港会議の開催です。また、研修生の相互派遣の実施や、両港を結ぶ船舶への優先・優遇措置の実施、更に情報収集、交流促進のため、地元港湾関係者などで構成するミッション団の派遣などであります。

 姉妹港・友好港締結につきましては、例えば両港を結ぶ定期航路数などの具体的な条件はありませんが、姉妹都市、友好都市などの友好関係にあることや、定期航路が開設されていること、また、相手港から本市の技術支援が求められていることなどを踏まえまして、相手港と十分な協議の上、検討してまいりました。

 ハイフォン港の背後圏につきましては、ベトナム北部への日系企業を初めとする外資系企業の進出が増加しております。これらを背景に、北九州港とハイフォン港を結ぶ定期コンテナ航路も増加傾向にあります。更に、現在河川港でありますハイフォン港沖に新しいターミナルの増設など、今後の発展が期待でき、非常に魅力ある港だと考えております。御提案いただきましたハイフォン港との姉妹港・友好港締結につきましては、まずハイフォン港におけるベトナム政府や各ターミナルを運営する国営会社などの権限、更にはハイフォン市の港へのかかわり、また、他港におけるハイフォン港との交流状況、また、具体的な交流メリットなどにつきまして、まずはしっかりと勉強をさせていただきたいと考えております。残余の質問は教育長からお答えをいたします。



○主査(渡辺均君) 教育長。



◎教育長(垣迫裕俊君) それでは私から、まず、ブックスタート事業におきます絵本の配本方法についてお答えします。

 ブックスタート事業は、絵本を介して親子が向き合い、ゆっくり心触れ合うひとときを持っていただくことを目的に、平成15年の10月から開始をいたしまして、これまで約6万6,000人の赤ちゃんとその保護者に絵本パックを手渡してまいりました。この名称は、御指摘いただいたように、これを提唱しておりますNPO法人ブックスタートが商標登録をしております。そのため、NPO法人の親子の触れ合いの大切さを保護者に直接伝えるといったガイドラインに沿いまして、本市では、出生後の保護者に案内はがきを送り、市内約200カ所で絵本を直接お渡しする際に、ブックスタートの趣旨を説明するという、こういう方法で事業を実施してまいりました。その結果、当初50%台半ばでありました配布率が、市民への周知や配布場所の拡充などによりまして、昨年度は約67%に向上をしてまいりました。そのような中で、配布方法の更なる見直しの必要性について考えていたところでございます。

 今回、母子健康手帳交付時に絵本を配布してはどうかという御提案でありますけども、これまでの配布方法とは変わるわけではありますが、まず、この方法でありますと、ほぼ全てのお母さんに確実に渡すことができます。それから、お母さんにゆったりとした静かなひとときを過ごしてもらうことができます。また、早い時期から読書に関心を持っていただける、こういった効果が見込めると考えております。大切なことは、なるべく多くの方に絵本をお届けするということだと考えております。委員の御提案について、今後、前向きに検討してまいりたいと思います。

 もう1点、独自の学力調査についてのお尋ねでございます。

 子供たちにとりまして、学力を身につけることは、夢や希望に近づくことにつながりまして、これからの社会を生きていく上で、必要不可欠なものであると考えております。このような学力を身につけさせるために、今年度より本市独自の学力調査、北九州市学力状況調査を実施する予定でございます。これまでの小6、中3が対象となっております全国学力・学習状況調査だけでありますと、同一集団の経年変化や、児童生徒一人一人の経年変化を把握することが難しいのが現状でございます。そのため、本年度より実施する本市独自の学力調査と、全国学力・学習状況調査をあわせた個人カルテを作成し、児童生徒一人一人の学力について、経年変化を確認できるようにしたいと考えております。実施日は、ことし、予算の承認をいただきますと、年明け、平成28年の1月に小学校5年生、中学校1年生、2年生の全児童生徒を対象に行いたいと思います。実施教科は国語、算数、数学、また、学習環境や生活実態などの質問紙調査も行います。内容は全国学力・学習状況調査に準拠したものとして、知識と活用の二つの側面から学力を捉えるようにしたいと考えております。

 経費でございますけれども、北九州市学力状況調査と英語能力の判定テストがございまして、あわせて児童生徒の学力と学習状況をはかるものでございます。本事業は問題作成、採点、集計、分析、集配、こういった作業がございますが、これらは民間事業者に委託して行い、その事業全体の経費が3,750万円と予定をしております。

 調査の活用でございますが、今回の調査を活用することによりまして、児童生徒及び保護者におきましては、学力と学習状況の把握ができます。教師におきましては、自分の指導を振り返って、授業改善の指針とすることができると考えております。また、学年間や小・中学校間での引き継ぎを確実に行うことができる、更には、市全体としては施策の検証・改善に役立てることができる、こういった活用を考えております。今後は、この新しい学力調査の結果をもとに、よりきめ細かな学習指導を行ってまいりたいと思います。以上です。



○主査(渡辺均君) 桂委員。



◆委員(桂茂実君) 第2質問をさせていただきます。私も視察団の一員として参加させていただき、初めてハイフォン市を訪問しました。最初の町の印象は、町に物すごく活気があり、エネルギーにあふれていました。若い人が多く、今後ますます発展していくだろうという人々の熱気と息吹を肌で感じました。人口も、1992年では78万3,000人だったのが、現在は190万8,000人と23年間で112万5,000人ふえています。ハイフォン港は歴史が古く、1870年にベトナム王朝が波止場を建設し、外国と交易を開始しており、1868年に外国に開港した神戸港とは、港町として発展してきた点で共通しています。神戸市とは、港湾における技術協力等も含めた相互交流促進に関する覚書を平成25年12月に締結しています。ハイフォン港の取扱貨物量は、2011年が246万TEUで、神戸港の同年の取扱貨物量263万TEUにほぼ匹敵しており、本市の同年の取扱貨物量51万TEUの約5倍です。先月、本市出身の舛添東京都知事が、小倉北区で東京一極集中と地方創生と題して講演されました。その中で、北九州市に対して熱いエールを送ってくださいました。それは、五市合併の北九州市だが、バラバラの特色を生かしながら統一するうまい手がないといけない、人が集まる仕組みを何でもいいからやってくださいと呼びかけ、更に、関門海峡や若戸大橋など、水の魅力をどう取り込むかが今からは勝負だとエールをいただきました。まさに、水の魅力の発信基地が北九州港だと思います。北九州港の活性化、魅力の向上が地方創生の原動力です。ハイフォン港との姉妹・友好港締結は、本市にとって意義あるものと考えます。市長のリーダーシップで、まずは神戸港のように相互交流促進に関する覚書を交わし、ステップを踏みながら姉妹・友好港締結に持っていっていただきたいと考えますが、再度市長の見解をお伺いします。



○主査(渡辺均君) 市長。



◎市長(北橋健治君) 桂委員御指摘のように、ハイフォン港につきましては、非常に将来性が大きく、北九州港にとりましても、重要な港になるものとまず考えております。もし、ハイフォン港との間で姉妹港、友好港という関係が構築されますと、北九州港の知名度アップにももちろんつながりますし、北九州港の利用促進にとりましても、大きなメリットがあるものと考えております。委員御指摘のように、ハイフォン港は国管理の港であります。協定の締結相手をどうするかという問題があります。管理者ではありませんが、ハイフォン市が相手というのが現実的ではないかと思います。ハイフォン市との間で、姉妹港、友好港というのがどういう形であれば可能かといったことも含めまして、委員御提案の方法なども参考にさせていただきながら、しっかりと勉強させていただきたいと思います。よろしくお願いいたします。



○主査(渡辺均君) 木下委員。



◆委員(木下幸子君) 最初のブックスタートのところは、前向きに検討していただくということで、ありがとうございます。胎教はママと赤ちゃんのきずなを深めるとともに、この胎教に力を入れたお母さんからお聞きしたのですが、夜泣きの少ない子供が生まれたという話で、胎教はお母さんのためにもなるようであります。妊娠中は、イライラしたり、不安になったりすることが多いものですが、胎教の読み聞かせで、少しでもリラックスして妊娠中を過ごすことで、生まれる赤ちゃんへの愛情が深まり、生まれた後の育児ノイローゼなどを防ぐことができるかもしれません。更に、本市におきましてなかなか減少しません、いじめや不登校、子供の問題行動、また、児童虐待なども少なくなると信じております。この思いやりを持つ自立した子供を育むためにも、しっかり胎教からの読み聞かせを実施できるように、心から願っております。応援しております。

 配布ですが、本市では今絵本を2冊配布されていると思いますが、持ち帰りが重たいとかいうお母さん、それに付随して、それこそ、そのときに持って帰れるほうがいいという、何か説明をしていただけるとは思うのですが、絵本をいただくときに、持っている絵本があれば選ぶことができませんので、そんなお母さんには図書カード等をいただけたらという要望もあっておりますので、検討していただけたらと思います。それに関して、何か。



○主査(渡辺均君) 教育長。



◎教育長(垣迫裕俊君) 具体的に、仮に母子健康手帳交付の場合は、区役所の保健福祉課の地域保健係で、保健師さんが窓口、そこでというふうになると思います。これまで細かく打ち合わせしておりませんが、今どれぐらいの書類というか、母子手帳を配るときに、お渡しするときに、どんな書類かを私たちが確認しますと、それなりに書類があるわけですけれども、それに今配っている本を仮に加えたらどうかなと実験していましたけども、それほど重たいものでもないかなと感じがしますので、できれば基本は持ち帰りでお願いしようかなと思っておりますが、細かな点については、また今後、窓口なり区役所とも相談してまいりたいと思います。



○主査(渡辺均君) 木下委員。



◆委員(木下幸子君) では、状況を見て、ぜひ、お母さんと子供さんが喜ばれるような、そんな事業にしていただけるように、よろしくお願いいたします。

 それから、学力状況調査の本市独自のものですが、全国の学力調査の状況より、細かく結果が出るのでしょうか。1点お伺いします。



○主査(渡辺均君) 教育長。



◎教育長(垣迫裕俊君) 細かな設計は、まだ、今進行中というか、今準備しており、予算が成立すれば本格的にと思いますが、基本は全国学力・学習状況調査での分析がベースだと思っているのですが、せっかくですので、市独自で少し細かく分析できるということであれば、そういうことにも取り組みたいと思います。以上です。



○主査(渡辺均君) 木下委員。



◆委員(木下幸子君) 最後に申し上げます。本市独自で学力状況調査をするということで、ぜひ、小学校の高学年であっても、小学校の2年生、3年生の部分からつまずいているとか、中学校の1〜2年生でも、小学校の中学年のところからつまずいているとか、土台が積み上げられていないという状況があって、なかなか普段の授業がわかりづらいという、そういう子供たちも多いと聞いております。ぜひ、普段の授業とか、子どもひまわり学習塾の運用などに、この調査結果が効果的に、有効に使われるように、そのお子さんはここからわかっていない、ここまでわかっているというような、そういうことまで結果で判定が可能になるような、そういうテストにしていただけたらと思うのですが。



○主査(渡辺均君) 教育長。



◎教育長(垣迫裕俊君) 2つ目は、これからでありますけれども、あくまでこれは全国テストと連動して、せっかくですので、一人一人の経年変化を追うということに目的がございますので、どの段階で、どういう分野でつまずいているのか、どこがわかっていないのか、そういうことが追えるような内容にしたいと思っております。以上でございます。



○主査(渡辺均君) 木下委員。



◆委員(木下幸子君) 今の繰り返しになりますが、一つ一つ土台からしっかりと積み上げていって、そして、わかる喜び、楽しく学ぶということを実感できるような子供たちにしてあげてほしいと思います。それが大変重要なことで、市内全体の子供たちの学力アップにもつながっていくと思われますので、そういうことに力を入れて、子供たちの明るい未来のために、また輝く瞳のために、この学力状況調査を実施していただきたいと思います。よろしくお願いいたします。以上です。



○主査(渡辺均君) 進行いたします。日本共産党。藤沢委員。



◆委員(藤沢加代君) 八幡図書館移転整備計画の見直しについてお尋ねします。

 八幡図書館移転整備計画は、市立八幡病院の移転新築計画に伴って急浮上したもので、現八幡図書館の敷地を新八幡病院の用地として活用するために、八幡図書館を九州国際大学文化交流センター内に今年度中に移転させる計画です。新八幡病院の管理部門と図書館が同居となる問題と、延べ床面積や蔵書数も縮小となる計画は、現図書館よりも充実したものになるとは到底言えません。八幡市民会館とともに八幡図書館の現地での存続を求める市民の声にも耳を傾けるべきです。

 この6月12日、国際的学術組織であるドコモモが、日本におけるモダンムーブメントの建築184選の1つに八幡市民会館を選定した旨の通知が本市にあり、現存の建物と同時に、その周辺環境の保全、維持に格段の御高配を賜りたいとしています。八幡図書館は、八幡市民会館と同じく村野藤吾氏の設計による歴史的にも文化的にも価値ある建築物です。旧戸畑区役所の建物を生かした戸畑図書館の例もあります。一方的な移転整備計画は見直すべきと考えます。答弁を求めます。



○主査(渡辺均君) 山内委員。



◆委員(山内涼成君) 私からは広島、長崎への原爆投下から70年がたちました。みずからの被爆体験を多くの人に伝えてきた語り部たち、高齢化が進む中で、彼らにかわって原爆の悲惨さや平和のとうとさを次の世代に伝える伝承者の育成事業が東京・国立市で始まりました。

 本市では、戦後70年となる今年度、戦争体験者の手記を募集し、資料として保存することにしています。一人でも多くの手記が集まることを期待するものですが、その貴重な体験をされた方を語り部として、小・中学校で語っていただく戦後70年特別平和授業を行ってはと思いますが、見解を伺います。



○主査(渡辺均君) 田中委員。



◆委員(田中光明君) 港湾整備特別会計・埋立事業の破綻と三セク債の活用についてお尋ねします。

 埋立事業の破綻と三セク債の活用については、3つの問題があります。

 第1に、事業の破綻の総括がなされず、市民への説明も不十分であるということです。海を埋めれば企業が来る、港をつくれば船や荷物が来るとして、楽観的で希望的な見通しだけで大型開発を進めてきたことに最大の原因があります。この事業が無謀な事業であったことを深く反省した上で、全体像を明らかにした総括をしなければ、いくら重く受けとめても、この教訓を今後の市政運営に生かすことはできません。

 第2に、埋立事業は本市に貢献したのだから失敗ではないと認識しているのではないかという問題です。市長は、このような状況に至ったことは極めて重く受けとめると答弁し、一方で埋立事業による本市への貢献資料を配付しました。市が行う事業はすべて市民のために貢献するものであり、市への貢献は、埋立事業が失敗したことの言いわけにはなりません。

 第3に、謝罪を誰もしない、責任を誰もとらないという問題です。未売却の土地が全部売れても、152億円の負債が残り、利子等52億円を合わせると、少なくとも204億円の市の負担が発生します。事業失敗のツケは、市民の税金で穴埋めし、その責任は議会で市長が答弁した極めて重く受けとめるで済まされるのでしょうか。

 事業が破綻し、多額の市民負担が生じることについて、事業の総括を行い、市民への説明責任を果たすとともに、市民に対して謝罪し、責任をとるべきであると考えますが、答弁を求めます。



○主査(渡辺均君) 市長。



◎市長(北橋健治君) 田中委員から埋立事業について御質問がございました。

 私は就任してすぐに、平成19年3月です、包括外部監査から、すべての土地が売却できたとしても、市債のすべてを償還することはできないという指摘を受けました。そこで、埋立事業については、現状の見込みに合わせて工事を実施するようにして、必要最低限の工事にとどめるとともに、土地の売却に全力を尽くしてまいりました。しかし、土地売却を取り巻く環境はその後も厳しい状況が続き、平成24年度からは、公債償還基金への積み立ての抑制などをせざるを得ない状況となりました。近い将来、一般会計からの繰り入れなどが想定されることから、一般会計の負担の平準化や、軽減が図れる三セク債の活用を決断したものであります。

 埋立事業につきましては、臨海部に産業用地を造成することで、多くの企業立地の受け皿となってまいりました。その一方で、バブル経済の崩壊後の地価の下落により、売却の単価が造成原価割れすることとなりました。その結果、負債が資産を上回り、一般会計に多大な負担が生じることとなりました。このような事態になったことについては、極めて重く受けとめております。

 まずは、市一丸となって、土地の早期売却に全力で取り組み、一般会計の負担を少しでも軽減させるとともに、企業を立地させることで、雇用の創出や税収増など、本市の更なる発展につなげてまいりたいと考えております。また、三セク債の活用に至った状況や、三セク債発行後の状況、分譲地の売却状況などについて、しっかりと議会や市民に対し、お知らせをしてまいります。

 いずれにしても、この埋立事業の問題を先送りすることなく、土地の早期売却を推進し、企業を立地させることで雇用を創出し、一般会計の負担をできる限り軽減させていくことが、私に課せられた責務と考えております。残余の質問は教育長からお答えをさせていただきます。



○主査(渡辺均君) 教育長。



◎教育長(垣迫裕俊君) 私からはまず、八幡図書館移転整備計画についてのお尋ねにお答えをいたします。

 八幡図書館の移転につきましては、新八幡病院が本市の政策医療にとって重要な役割を担うことに鑑みまして、その利便性や機能をより一層充実させる計画に協力していくべきものと判断し、検討を開始いたしました。検討に当たりましては、議会、地元の自治会、図書館協議会等の意向や、公共施設マネジメントの考え方を踏まえながら、関係局間での協議、検討を数多く重ねてまいりました。また、平成26年3月11日、保健病院委員会の委員の皆さんから、1つ目は、災害拠点病院として、より一層の機能強化、利便性向上を図るために更に広いスペースを確保すること、2つ目に、広いスペースを確保するために、建設予定地周辺の市有地を必要な範囲で新病院の医療エリアとすること、こういった提言がありまして、その後、新八幡病院の計画が固まったために、八幡図書館の移転を決定したところでございます。また、存続を求める団体の方々に対しましては、直接お会いをして図書館の移転の経緯などを説明し、理解を求めてまいりました。教育水道委員会におきましては、八幡図書館の存続を求める二度の陳情、そしてその不採択を経まして、ことしの2月から3月にかけて、移転整備計画案について二度報告をし、現在設計業務を行っております。今年度予算案が可決されましたら、移転改修工事に着手し、来年度の早い時期に開館したいと考えております。

 新たな図書館は、アンケート調査で市民や地元団体からいただいた意見、要望を踏まえたものであります。リフレッシュコーナー、CD・DVDの視聴・貸し出し、子供トイレの新設など、市民ニーズに合った図書館機能の充実を図れるものとなっております。今回の移転につきましては、発端は新八幡病院建設によるものではありますが、現在の図書館が建築後60年を迎え、老朽化しているために、時代に沿った生涯学習の場を新たに移転整備し、市民サービスの向上を図るものであり、多くの市民の期待に応えられるものと考えております。

 もう1点、貴重な戦争体験をされた方を語り部として小・中学校で語っていただく授業を行ってはどうかという点でございます。

 各学校におきましては、児童生徒の平和に関する正しい認識及び平和を希求する心情を育成することを狙いとして、全教育活動の中で平和に関する学習指導を行っております。年間を通して行う取り組みとしましては、例えば、国語科では戦争を題材にした文学作品を読む、社会科では戦争に関する資料を集めたり調べたりする、こういった取り組みでございます。また、毎年7月を全市一斉の平和に関する指導月間として、平和に関する特別な取り組みを行っております。

 具体的には、教師による平和に関する書籍の読み聞かせ、あるいは平和に関するDVDなど視聴覚教材の活用、こういったことを行っております。更に、各学校におきましては、戦争を体験した地域の方や外部講師をゲストティーチャーとして招へいし、戦争体験を児童生徒に伝える取り組みを行っております。また、その戦争体験を受け継いでいる次の世代の伝承者や、若い大学生なども、ゲストティーチャーとして招へいしている例もございます。また、小学校の修学旅行におきましても、長崎市を訪れ、原爆資料館等で被爆体験者の方々に直接話を聞くなど、各学校の実情に応じた取り組みを行っております。加えまして、長崎の原爆投下により亡くなられた林嘉代子さんの母親が、慰霊と平和の願いを込めて植樹をされました嘉代子桜・親子桜は、全小学校に植樹され、本年度より中学校においても植樹が予定されております。この取り組みを通じて、児童生徒に平和のとうとさを伝えているところでございます。

 今後も、さまざまな取り組みや、今年度予定されております本市における戦争体験者の手記募集の取り組みも活用しながら、非核平和都市宣言の思いを受けとめ、学校地域の実態や児童生徒の発達の段階に即した指導の充実を図ってまいりたいと思います。以上でございます。



○主査(渡辺均君) 山内委員。



◆委員(山内涼成君) 戦争の実体験を集めて保存することは、戦争の悲惨さや愚かさを後世に残し伝えること、そこに趣旨があるというふうに思います。市長もおっしゃいました、戦争体験者の高齢化が進み、生の体験談を聞くことができる最後のチャンスだと。戦争体験者の多くが、人が人でなくなる戦争は二度とやってはいけない、特に若い人にこのことを伝えたいとおっしゃっています。ぜひとも、この戦後70年、この節目の年に、子供たちに貴重な実体験を広く収集をしていただいて、更なる深い授業を実施していただきだくように要望して、私のほうからは終わります。



○主査(渡辺均君) 藤沢委員。



◆委員(藤沢加代君) 再度質問させていただきます。今年度の予算書に掲げられました八幡図書館の移転計画の最大の問題は、私は教育委員会から出てきた課題ではないということです。これは、要するに新八幡病院の基本計画の中から出てきた問題です。先ほど教育長も、新病院の建設に協力するというような立場をおっしゃられました。そこで、この前提となっております新八幡病院の関係なのですけれども、先ほど私の紹介いたしましたドコモモ、これは耳なれない言葉ですけれども、近代建築の記録と保存を提唱する国際学術組織です。ドコモモインターナショナル日本支部です。すぐれた近代建築を検証する選定建築物に、このたび八幡市民会館が選ばれたという通知が届いたばかりです。この通知について、これは市長にお答えいただきたいのですが、どのように受けとめていますか。まず、お願いいたします。



○主査(渡辺均君) 教育長。



◎教育長(垣迫裕俊君) ドコモモについて、今回の質疑は八幡図書館についての質疑だと承知しておりますが、ドコモモの中で私も拝見しましたけれども、周辺環境に配慮をという言葉がございます。ただ、その中の、書類の中になお書きがありまして、なお図書館は解体され、市民会館の東側に市立八幡病院が建設されることが決まっていると、こういう形で書いておりますので、ドコモモについて、八幡図書館についてはこういう認識ではないかと考えております。以上でございます。



○主査(渡辺均君) 藤沢委員。



◆委員(藤沢加代君) この周辺地域の景観とかについて、保全をするようにという要望もされているわけですから、改めて私は、ここで考えるべきだというふうに思います。図書館も病院も、何十年も先を見越した計画ですから、事をせいてはいけないのではないでしょうか。今、東田地区の産業遺産の世界文化遺産登録を目指している本市です。改めて、この八幡東一帯についての景観などについても、もう一度評価をして、考え直すべきだというふうに思いますけれども、これも市長に答えていただきたいのですが、教育長がお答えになるのでしょうか、どちらでもいいです。



○主査(渡辺均君) 市長。



◎市長(北橋健治君) 確かに、市立八幡病院の移転ということをきっかけとして、この地域全体のいくつかの課題が浮上し、今日に至っております。この問題につきましては、委員御指摘のようなお気持ちの市民の方もいらっしゃると思いますし、また、さまざまな活動もされているように承知いたしております。そして、とにかく病院建設に向けて、これからスタートしていかねばなりませんので、その間、私どもも説明をしながら、一定の期間が経過したときに、この議会におきましても議論がされたと思います。そして一つの方向性が出されたと。この愛着を感じる、すばらしいとお考えの方はいらっしゃることは承知いたしております。その方々の市民の思いを感じると、私もずっとその前に、すぐ前に10年間私も事務所を持っておりましたし、私の大好きな建築でございます。いろんな思いがあると思いますが、この新病院の完成を成功させるために、一つの方向性が出たものだと自分は受けとめております。



○主査(渡辺均君) 藤沢委員。



◆委員(藤沢加代君) 私も、この図書館は、機能アップをするためには今のままでいいと思っておりません。だからこそいろんな方の意見を聞いて、専門家、市民、そして図書館関係者、そういう方々の意見を聞いた上で、改めてどういう図書館が望まれているのかということを検証すべきだと思います。外的な要因ばかりで、移転先の建物の制約で、延べ床面積も蔵書数も縮減されることになるので、これではやっぱり納得がいきません。以上で次に譲ります。



○主査(渡辺均君) 田中委員。



◆委員(田中光明君) 市長にお尋ねします。まず、この埋立事業が失敗したというふうに市長はお考えでしょうか。端的な答弁をお願いします。



○主査(渡辺均君) 市長。



◎市長(北橋健治君) 端的にということでございますが、この埋立事業が始まった経過、そして、さまざまな効果もあったと思います。そして課題も浮上いたしました。それらをずっと総合的に考えまして、基本的な所感は申し上げてきたつもりでございます。それをどう思うのか端的に述べよということでございますが、先ほど申し上げたとおりでございます。



○主査(渡辺均君) 田中委員。



◆委員(田中光明君) 失敗したというふうにはお答えがありませんでした。失敗したと思っていないから責任もとれないし、謝罪もできない、そういうことですか。お願いします。



○主査(渡辺均君) 市長。



◎市長(北橋健治君) この問題については、本会議でも申し上げたとおりなのですけれども、やはり内陸部に企業を誘致するなどのスペースが限られておりますので、この町の発展のためには、この埋立事業をやって、そして、企業や港を整備して、雇用を創出していくということで始まったことでございます。1万5,000人くらいの方が働き、そして1,500億円くらいの税収が入ったのではないかということであります。そして現在も毎年50億円くらいの税収が入ってきているという、そういう歴史的な事実もあるわけでございます。一方におきまして、地価の下落によって、一般会計からこのような三セク債の活用という方法を選ばざるを得なくなりました。一方において、果たしてきた役割も大きいわけでございますが、そういうことも含めて、課題としてしっかりと受けとめて、極めて重いことだと受けとめて、今後の行政に生かしていきたいと申し上げているところです。



○主査(渡辺均君) 田中委員。



◆委員(田中光明君) それでは別の質問をいたします。今回の三セク債発行で、本市が204億円、これは持ち出しが出るわけですが、そのことに対して、市民に対して申しわけないと思っておられますか。答弁をお願いします。



○主査(渡辺均君) 市長。



◎市長(北橋健治君) これまで再三、議会でも質問が出ております。お答えをしてきたところでありますけれども、こうした事態に至ったことについては、市長として非常に重く受けとめるということも繰り返し申し上げてまいりました。この事業については、造成原価割れで土地を売却せざるを得なくなったという事情があるわけでございますが、事業の運営の見通しを誤ったのではないか、あるいはそもそも見通しが甘かったのではないかという御意見があることは承知をいたしております。それも含めて、非常に重く受けとめていると申し上げているところです。



○主査(渡辺均君) 田中委員。



◆委員(田中光明君) この埋立事業は市長が始めた事業ではありません。それはみんな知っています。市長に責任があると言っているわけではありません。しかし埋立事業を清算し、三セク債を今発行しようとしている現時点の市の最高責任者は市長です。そのときの最高責任者が何らかの形でけじめをつける、責任をとる、市民に対して謝罪をする。これは、今の段階ではやはりやらなくてはならないし、当然のことだと思うのですが、その点についてはどうですか。



○主査(渡辺均君) 市長。



◎市長(北橋健治君) 本会議でも答弁をいたしておりますが、この市民の負担をできるだけ減らすために、三セク債を活用して平準化を図り、そして負担軽減を図ることとあわせまして、この売れていない土地を、しっかりと営業活動で売却をしていくと、それが市長に課せられた職責であると、責任であると、このように申し上げております。



○主査(渡辺均君) 田中委員。



◆委員(田中光明君) 私は、この事業が失敗だったという総括をきちんとしていただきたいし、北九州スタジアムのこの肥大化、下関北九州道路の問題、こういうふうな大型公共事業が、結局採算がとれずに市民サービスが低下している、こういうことに至った。そういう意味でしっかりと総括し、市民への説明、今後の市政運営に生かしていただきたい。そのことを要望して終わります。



○主査(渡辺均君) 進行いたします。維新。加藤委員。



◆委員(加藤武朗君) シビックプライドの醸成について質問させていただきます。

 本市のブランド創造・シティプロモーション事業の実績によると、北九州市が好きだと答えた市民の割合は40.3%となっており、必ずしも高いとは言えない状況であります。例えば、横浜市民は歴史・文化等のあらゆる面においてわが町に高い誇りを持ち、また自慢し、そして、市民のほとんどが市歌を歌うことができます。この事実は、大変驚くばかりであります。

 市民のシビックプライドは、都市の発展・成長を促す大きなエンジンであります。シビックプライドを高める仕掛けとして、例えば、本市の風光明びな観光地や先進的な取り組みを広くPRし国内外から高い評価を受けることも有効であると考えます。

 そこで、2点伺います。

 本市の観光資源を国内外に発信するためにどのような方策を考えているか教えてください。

 2つ目に横浜市民が市歌を歌えるのは、小・中学校で市歌を斉唱する機会があるからだと聞きます。本市の小・中学校において北九州市歌斉唱に取り組む考えはないか、この以上2点をお尋ねいたします。

 また、2番目の質問に関しましては、所管は教育長であると思いますが、予算調製権の立場から、市長の所感もどうぞよろしくお願いいたします。



○主査(渡辺均君) 市長。



◎市長(北橋健治君) 加藤委員の御質問にお答えをいたします。まず、シビックプライドの醸成に関し、観光資源をどうやって発信していくかという御質問であります。

 本市には歴史と文化の薫る町門司港レトロや、新日本三大夜景の皿倉山、実在する世界の美しい場所10として紹介された河内藤園など、国内外に誇れる観光資源が多くあります。委員御案内のとおり、市民のシビックプライドを高めていくためには、これらの観光資源を広くPRして、活用していくことが、大変有効な手段の一つだと思います。そのため、これまでもウエブサイト時と風の博物館において、市民みずからの手で本市の魅力を発見し、情報発信していただくなど、本市のさまざまな観光資源を通じ、町への誇りや愛着を育んできたところであります。また、昨年5月に策定した北九州市観光振興プランでも、戦略の1番目に、市内に向けた郷土愛やおもてなし意識の醸成を掲げ、観光都市としてのブランディング、イメージ構築や、本市ならではの観光資源の発掘と磨き上げ、メディアなどを活用した情報発信などに積極的に取り組むことにしております。中でも、観光都市としての情報発信は、最も重点的に取り組む必要があり、本市が有するさまざまな魅力を国内外に広く発信していくことにしております。

 このため本年度は、本市の魅力を一元的に発信する観光ポータルサイトの開設、スマートフォンでルート案内などが利用できる観光アプリの運用、本市ゆかりのタレントを活用したSNSでの情報発信など、発信力のあるメディアを総動員して事業を展開してまいります。また、海外のメディア、ブロガーなどを本市に招いての見学ツアーの実施や、海外の情報誌への本市の観光情報の掲載など、海外向けの情報発信にも積極的に取り組んでまいります。更に、本市には世界遺産候補として注目を集めている官営八幡製鐵所があり、先般、ICOMOSの記載勧告が報道された際は、大変誇りに思うという市民コメントもたくさん見受けられました。現在、世界遺産登録については最後の吉報を待っておりますが、官営八幡製鐵所は、日本の産業近代化を支えたモノづくりの町、北九州市の原点であります。市民の宝として、本市に点在する多くの近代化産業遺産とともに、広くPRをしていきたいと考えます。今後も、歴史、景観を初め、食・自然・文化など、本市の多様で魅力的な観光資源を国内外に幅広く発信し、観光都市としてのプレゼンスを高めていくことで、市民のシビックプライドの醸成につなげてまいります。



○主査(渡辺均君) 教育長。



◎教育長(垣迫裕俊君) 小・中学校で市歌を斉唱するという点でございます。

 北九州市歌につきましては、御案内のとおりでありますが、昭和38年の市制発足当時に、旧五市合併により新たに誕生する北九州市の象徴としてふさわしいものになるように、歌詞を広く全国から募集しまして、3,921点の応募作品の中から、厳正な審査を経て選ばれたものであります。現在でも、市民が集う北九州市主催の行事やイベント等において演奏され、歌い継がれているところでございます。

 市歌の小・中学校への普及でありますが、まず平成16年に、CDを全校に配布いたしました。平成18年には、音声データを市ホームページに掲載をし、更に、市制50周年に当たる平成24年には、再度、全小・中学校へCDを配布したところであります。そして、校長会議を通じまして、学校行事などの機会を捉えた北九州市歌の斉唱や紹介など、学校での活用を啓発してまいりました。実際の活用状況でありますけれども、例えば、小学校5年生の自然教室、あるいは中学校1年生のふれあい合宿、こういった宿泊行事における入所式や朝夕の集いなどで斉唱したり、給食時間や清掃時間などにおきまして、同じ時間帯にBGMとして流したりする、こういった取り組みを行っております。

 先日、総合教育会議が開催されまして、市長からも子供たちのシビックプライドを醸成することは非常に大事だとの提案がありまして、教育委員会としても全く同感でございました。北九州市歌につきましては、子供たちが本市の誇る文化や歴史に触れる大切な機会となると考えているため、今後とも引き続き、シビックプライドの醸成に向けた取り組みの一つとして、小・中学校での斉唱を初め、市歌の活用に取り組んでまいりたいと考えております。以上でございます。



○主査(渡辺均君) 市長。



◎市長(北橋健治君) 教育現場につきましては、教育長が今お答えしたことでありまして、見守っていきたいと思いますが、市内にいろんなイベントがあります。市民全体に対して、どう考えるかということについてお答えしますと、振り返りますと、北九州市歌は、平成16年にCDをつくって、そしていろんなイベント行事において活用したり、また、希望される市民への貸し出しも行っております。また、音声データを市のホームページに平成18年から掲載しておりまして、より多くの市民の皆様の目に触れるようにということであります。また、平成23年10月からは、本庁舎1階のエレベーターホールで毎朝8時から庁内放送を実施しております。シビックプライドの醸成に向けまして、取り組みの一つとして、より多くの市民がさまざまな機会において市歌を耳にするように、今後とも市主催のイベントや行事などにおいて、市歌斉唱の機会を働きかけていくほか、自治会などの地域の団体の皆様にも市歌の活用を働きかけてまいりたい、要請してまいりたいと思っております。以上です。



○主査(渡辺均君) 加藤委員。



◆委員(加藤武朗君) 答弁ありがとうございます。小・中学校の教育現場で子供たちが市歌を歌うということは、シビックプライドの醸成という、市長が今回選挙で掲げられた公約でもありますけれども、シビックプライドの醸成に非常に寄与するのではないかなと考えております。私は、この仕事をさせていただくまでは、市歌というのを知らなかったのです。初めてこの議場に入って、市歌を斉唱しますというのは初めてです。恥ずかしながら知りました。本当に市歌を知りませんでした。ぜひ、小・中学校で歌っていただきたいなというのが、冒頭に申し上げたとおりです。横浜に視察に行ったときに、横浜の市役所の職員は市歌を歌えるということで、どうして市歌を歌えるのですかと聞いたら、小・中学校で歌っていたからですという、そのようなお話をしたわけでありますけれども、ぜひ、お願いをしたいと思います。

 本市は、インバウンド戦略とか観光とか映画とか、いろいろな部分で町の魅力を国内外、市外に発信して、北九州の発展につなげていくということでありますが、北九州市民は、あまり北九州市民であるということを言いたがらないとか、北九州の特徴をうまく説明するのが苦手とかいう部分もあるのでしょうけれど、北九州市民が市を自慢することを阻害する要因の一つに、やはりあまりよくない北九州のイメージがあるとも言えると思います。ただそれは、去年から大きな動きがあって、北九州の悪い負のイメージの部分というのがかなり解消されつつある、これから完全に解消に向かっていくと思いますし、私もそうなることを信じております。そのためにも、シビックプライドの醸成、市民全体、特に子供たちの小・中学校現場におけるシビックプライドの醸成というものには力を入れていただきたいということを要望して終わりたいと思います。



○主査(渡辺均君) 進行いたします。ふくおかネット。山本委員。



◆委員(山本真理君) 私からは教育長に2つお尋ねしたいと思います。まず最初に、閉園予定の市立幼稚園施設の今後についてお尋ねをします。

 平成26年2月に策定された行財政改革大綱の中で公立幼稚園については、研究実践機能を担うために必要な園数で運営する方向とするとされ、また、民間にできることは民間に委ねるとされています。

 そこで教育委員会は、現在の8園体制から4園体制への移行に向けて、平成29年度末で足原幼稚園と黒崎幼稚園を、平成30年度末には松ヶ江幼稚園と若松幼稚園を閉園する方向で、現在、園児の保護者や地域関係者への説明を行っていると聞いております。私は、関係者と直接お話をさせていただいた2園について、例として取り上げます。

 黒崎幼稚園は認可定員に対する充足率は低いものの、小学校に隣接し、地域との関係も良好と聞いております。また、若松幼稚園のお母さんたちは、送迎バスがないけれども、そのことで結果として日常的に顔を合わせ、子育てについて互いに相談し合える仲間になってきたと聞いています。このように公立幼稚園が地域の中で果たしてきた機能を考えるとき、閉園はやむを得ないとしても、今後の施設の活用については、子育て機能を持った新たな展開を検討すべきではないかと考えます。例えば、黒崎地区は近年、町なか居住を進めてきました。保育所の入所希望が多い地域でもあると聞いています。八幡西区役所の跡地活用についても、民間に売却する際には、活用可能な施設として福祉施設や保育所なども考えられるのではないかと聞いております。

 そこで、保幼小連携の必要性も高まる中、黒崎幼稚園を、子ども家庭局とともに子ども子育てに資する場としての活用を検討してみてはどうかと考えますが、見解をお伺いします。

 次に、子どもひまわり学習塾についてお尋ねします。

 子どもひまわり学習塾は、今年度予算で1億3,300万円を計上し、小学校は70校に、中学校は全校を対象に拡充して実施される予定です。ボランティアで引き受けてくださる講師の確保もさることながら、今後は講師への十分な研修を行い、質も高める必要があると考えています。

 クラスの中には、発達障害など特別なニーズを抱えた子供もふえてきており、参加する子供たちの中には、当然、さまざまなニーズを抱えた子供もいると考えられます。ところが、現役教諭と違って講師の中には、さまざまなニーズを抱えた子供への対応について十分な技術を持っていないことも考えられます。

 そこで2点伺います。

 まず初めに、子どもひまわり学習塾の本来の狙いについて、改めて見解を伺います。

 2点目に、講師の確保とともに質の向上に向けた取り組みについての見解を伺います。以上です。



○主査(渡辺均君) 教育長。



◎教育長(垣迫裕俊君) まず最初に、黒崎幼稚園の今後の活用でございます。

 公立幼稚園につきましては、5月20日の教育水道委員会におきまして報告をいたしました。その後に閉園予定の保護者、地域関係者などを対象に、これまで説明会を行っておりますが、合計16回、延べ約200名の方に御説明をし、さまざまな意見をいただいているところでございます。

 黒崎幼稚園につきましては、今ありましたように、2年保育で認可定員が105人でありますが、平成27年、ことしの5月1日時点での園児数が18人、定員充足率が17.1%となっております。また、過去10年間の平均園児数が20.1人、平均充足率が2割に満たないという状況であります。このように、園児数が少なく定員充足率が低いこと、3年保育を実施していないこと、更に、八幡西区には公立幼稚園が2園あること、こういったことを総合的に勘案し、黒崎幼稚園を閉園することとしたものであります。

 今後の施設の活用でございますが、黒崎幼稚園は、まず、黒崎中央小学校の敷地との間に障壁、壁などがなくて、小学校と一体的な活用も可能でございます。また、周辺は町なか居住が進みまして、黒崎中央小学校では、近年児童数も増加している傾向でございます。こういった特性がありますことから、施設跡の活用につきましては、周辺の公共施設や子育て関連施設などの状況、そして委員御提案の趣旨も踏まえて、今後、子ども家庭局など関係部局と連携して検討してまいりたいと思います。

 続きまして、子どもひまわり学習塾の狙いと講師の確保、質の向上という点でございます。

 学力の向上に向けましては、子供たち自身が家庭などでの学習習慣や学習意欲を身につけて、学習内容を着実に定着させていくことが重要であります。本市におきましては、全国と比較して、平日1時間以上の家庭学習をしている子供の割合が少ないなど、学習習慣の定着が図られていないなどの課題が上がっているところでございます。そこで昨年度より、基礎的、基本的な学力の定着と学習習慣の定着を図るために、小学校3年生から6年生、及び中学校3年生を対象に、放課後などに補充学習を行います、子どもひまわり学習塾事業を始めたところでございます。

 指導員の点でございますが、児童生徒の指導に当たります学習指導員は、公募によって募集を行っておりますが、市政だよりなどへの掲載、近隣大学への協力依頼なども行いまして、事業実施に必要な学習指導員を確保することができているところでございます。この学習指導員でありますが、まず、登録に当たりましては面接を行っております。それから、学習指導員には教員OBや講師経験者なども多数含まれておりますが、確かに講師経験がない方もいらっしゃいますので、そういう場合でも十分対応できますように、まず、全体研修を年2回実施して、学習指導員としての心構え、落ち着きのない子供など、多様な子供がいることを伝えて、子供の状況を把握することの大切さ、あるいは学習につまずいている子供への支援の仕方などを含めた研修を行っております。また、毎回塾の最後に、お互いに気づいたことを指導員同士で伝え合い、学習指導員が集まって振り返る反省会を実施しております。そして、退職校長を学力向上リーダーということで、今年度は7名でありますが、この7名が定期的に塾を巡回して、学習指導員の様子を確認した上で、子供たちへの接し方や指導方法を具体的に助言、指導をしているところでございます。教育委員会といたしましては、一人でも多くの子供たちに学習機会を提供するために、引き続き広報を強化しながら、学習指導員の確保に努め、また、きめ細やかな学習指導が行えるよう、学習指導員に対する研修を着実に行い、実施体制の確保に努め、事業を実施してまいりたいと思います。以上でございます。



○主査(渡辺均君) 山本委員。



◆委員(山本真理君) 黒崎幼稚園を例に、少し、町なか居住が進んでいるということを挙げて、子ども子育てに資する場としてぜひ生かしてほしいということを申し上げました。確かに、定員充足率は低いのですけれども、エリアとしての子育て機能の拡充というのは必要だと思っておりますし、これは黒崎幼稚園を例に挙げましたけど、他の地域におきましても、それぞれ果たしてきた役割等あるかと思います。これまでのことに鑑みながら、ぜひ、全ての施設の今後について、積極的に子ども子育てに資する場としての活用の検討をお願いしたいと思います。

 さて、子どもひまわり学習塾について、続けて質問いたします。今、そもそもの、本来の狙いということで改めて見解をお伺いしたわけですけれども、それは確認ということなのですけれども、募集に際して、こういった子供は参加できないというような要件はあるのでしょうか、ないのでしょうか。



○主査(渡辺均君) 教育長。



◎教育長(垣迫裕俊君) こういった子供は、ということは否定しておりませんが、基本的な、基礎的な学力の、その部分を勉強していますということは伝えておりますし、基本は放課後ですから、自分でその教室に行って授業を受けてもらうという、そういうことでの子供たちへの投げかけをしておりますが、こういった子はだめだとか、こういった子は除外するということはやっておりません。以上です。



○主査(渡辺均君) 山本委員。



◆委員(山本真理君) 確認させていただきました。本来の狙いに沿って、御家庭も、あるいは本人もしっかりと理解の上、参加していただくのが一番望ましいわけなのですけれども、昨年、初年度ということもありまして、いろいろ試行錯誤もあったかと存じます。そういった中で、なかなか落ち着きのない子供であるとか、ひょっとしたら発達の課題があったであろうお子さんに対して、やはりなかなか思うように指導に従わない子供さんに対して、非常にやはり人権にもう一段配慮した言葉かけであるとか、指導が必要であったのではないかという声が、幾つか私、直接お聞きしている場面があります。そういった意味で、研修ということが非常に大切ではないかというふうに思っているのですけれども、2年目のことし、本当に拡充をして、いろいろな子供が参加できるという体制が整ってきたわけですので、ここについては、私はやはり大変ではあるかと思うのですけど、インクルーシブな視点をちゃんと持つということを、やはり掲げるべきだと思いますが、その点についての御見解があればお聞かせください。



○主査(渡辺均君) 教育長。



◎教育長(垣迫裕俊君) 先ほどから申し上げておりますように、基礎的な、あるいは基本的な学力の定着、そして学習習慣の定着という、その1点でございますので、それに子供たちにいろいろ来てもらいたいわけですが、1年間、昨年度やりまして、もちろん、いろいろな課題が見えてきたところでありますし、反省すべき点もあったかもしれません。それについては、先ほど申し上げたように、学力向上リーダー、元校長先生も当初3人でありましたけども、今回7人ということで、指導に対する指導もきちっとやってまいりたいと思います。それから、通常のクラスで、大人数でなかなか落ち着きがない子が、実は少人数のひまわり塾に来て落ち着いてやっていると、こういう例も幾つかございます。しっかりと今後とも取り組んでまいります。



○主査(渡辺均君) 山本委員。



◆委員(山本真理君) ありがとうございます。御苦労が多いかと思いますけれども、そもそも議員の側では、この子どもひまわり学習塾になる前、済みません、また今後ともよろしくお願いします。



○主査(渡辺均君) 進行いたします。地域の声。吉村委員。



◆委員(吉村太志君) 放置竹林対策について質問いたします。

 本市を含め全国的に、手入れをされていない荒れた竹林や管理の不十分な竹林、いわゆる放置竹林が問題になっています。

 本市では、その問題に対応するため、放置竹林に対する出口政策の検討を行っています。その一つである竹の搬出に関する竹材活用システム支援事業については、竹林にかかわる農家やボランティア団体等の皆さんから、大いに期待されているところであります。

 一方、九州工業大学の西田教授は、竹繊維を使用した強化プラスチック材料を開発しており、八女市では、側溝のふたに使用するなど実用化も進んでいます。

 本市においても、ベンチを初めとした公園器具や側溝など、この竹繊維を使用したプラスチック素材をさまざまな用途に使用できるのではないかと考えていますが、今後本市での竹の再利用に対する見解を伺います。



○主査(渡辺均君) 市長。



◎市長(北橋健治君) 吉村委員の放置竹林対策、竹利用についてお答えをいたします。

 放置竹林は、スギ、ヒノキといった人工林の健全な育成や、タケノコ生産など、農林業への影響に加え、水源かん養機能の低下など、環境保全の面で重要課題となっております。そこで本市では、これまでタケノコ生産竹林へ転換する際の補助や、竹林の保全活動を行うNPOなどへの支援、竹の粉砕機の貸し出しなどに取り組んでまいりました。また、放置竹林全体の再生を図るためには、竹材を有効活用する出口の戦略が重要でありますから、大学や企業、森林組合といった関係機関と協力して、事業化や研究を進めてきたところであります。特に、九州工業大学の西田教授の技術に注目をいたしました。市内の民間企業と大学との連携を支援するとともに、国の補助金も受け、竹とプラスチックを混合した竹繊維プラスチックの開発を行いました。

 この竹繊維プラスチックの特性は、従来品と比較して遜色のない強度があること、静電気を帯びにくいこと、50%が自然素材の竹であり、低炭素材料であることなどがあります。委員御指摘のとおり、竹繊維プラスチックはさまざまな用途に使用できる可能性を秘めております。八女市では、本市の企業が製作した側溝のふたの試験施工を行い、屋外利用時の耐久性や、コスト面などの検証を行っております。

 一方、本市では、竹繊維プラスチックの特性が自動車部品に適することや、自動車メーカー及び市内の自動車部品企業がその開発に深くかかわってきたことなどから、自動車の内装材やバンパーへの採用を目指しております。現在、西田教授を初め、開発にかかわった企業や特許の専門家と一緒に、事業化を目指す産学官連携のコンソーシアムを立ち上げ、まず原料となる竹材を安定供給する仕組みづくりや、竹の繊維化に必要な低コストの熱源確保、また、品質の更なる向上など、ビジネス化への課題に取り組んでおります。

 そこで本市では、今年度、竹材を安定供給する仕組みを構築するため、竹林の保全活動に取り組む市民やNPOなどへ、竹の搬出にかかる経費の一部を支援することとしております。今後、放置竹林の解消に向けましては、竹繊維プラスチックの自動車部品での事業化を推進するとともに、竹を材料とする防草資材や、のり面緑化資材を本市の公共工事で活用している事例もあり、関係局が連携して、幅広い活用を進めてまいります。以上です。



○主査(渡辺均君) 吉村委員。



◆委員(吉村太志君) 御答弁ありがとうございました。それでは要望の方をさせていただきたいと思いますが、今、市長も言われましたが、竹林の出口政策、本当に全国でも問題になっております。そういった中で、今、西田教授の例は一例ですが、出していただいた中でも、これは本市も力を入れていただいて、ようやく西田教授もすばらしい強化プラスチックができました。そういった部分もまだまだ、出口政策として、さまざまなものも、先ほど言われましたように、のり面保護の資材として、そしてまた、今ではよく、テレビでも最近出ているのですが、お茶の出がらしと竹の粉末を合わせて青果物の保持剤、長く保てるような、そういった部分のこともテレビとかでも放映されていました。そういったように、さまざま、今から可能性のある資材でございますので、また、北九州市は、環境にもしっかり力を入れていっております。これは、荒れた竹林を宝に変えるという気持ちを持って、北九州から発信していっていただきたいので、どうか竹の活用を、しっかりこの本市でつくったものを、まずは本市で使っていくような形で発信できればと思いますので、前向きにこれからもよろしくお願いいたします。以上です。



○主査(渡辺均君) 以上で市長質疑を終わります。

 次回は6月25日午前10時から分科会報告の取りまとめを行います。

 本日は以上で閉会します。



                              閉会 午後2時51分







       平成27年度予算特別委員会委員長  鷹 木 研一郎