議事ロックス -地方議会議事録検索-


福岡県 北九州市

平成26年度 予算特別委員会 03月20日−01号




平成26年度 予算特別委員会 − 03月20日−01号









平成26年度 予算特別委員会


委員会に付した事件

┌──────┬───────────────────────────────────┬──────┐
│ 議案番号 │           件           名           │ 区  分 │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 1 号 │平成26年度北九州市一般会計予算について                │ 所管分科会 │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 2 号 │平成26年度北九州市国民健康保険特別会計予算について          │ 第2分科会 │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 3 号 │平成26年度北九州市食肉センター特別会計予算について          │ 第2分科会 │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 4 号 │平成26年度北九州市卸売市場特別会計予算について            │ 第3分科会 │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 5 号 │平成26年度北九州市渡船特別会計予算について              │ 第3分科会 │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 6 号 │平成26年度北九州市競輪、競艇特別会計予算について           │ 第3分科会 │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 7 号 │平成26年度北九州市土地区画整理特別会計予算について          │ 第1分科会 │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 8 号 │平成26年度北九州市土地区画整理事業清算特別会計予算について      │ 第1分科会 │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第 9 号 │平成26年度北九州市港湾整備特別会計予算について            │ 第3分科会 │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第10号 │平成26年度北九州市公債償還特別会計予算について            │ 第1分科会 │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第11号 │平成26年度北九州市住宅新築資金等貸付特別会計予算について       │ 第1分科会 │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第12号 │平成26年度北九州市土地取得特別会計予算について            │ 所管分科会 │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第13号 │平成26年度北九州市駐車場特別会計予算について             │ 第1分科会 │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第14号 │平成26年度北九州市母子寡婦福祉資金特別会計予算について        │ 第2分科会 │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第15号 │平成26年度北九州市産業用地整備特別会計予算について          │ 第3分科会 │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第16号 │平成26年度北九州市廃棄物発電特別会計予算について           │ 第2分科会 │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第17号 │平成26年度北九州市漁業集落排水特別会計予算について          │ 第3分科会 │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第18号 │平成26年度北九州市介護保険特別会計予算について            │ 第2分科会 │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第19号 │平成26年度北九州市空港関連用地整備特別会計予算について        │ 第3分科会 │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第20号 │平成26年度北九州市学術研究都市土地区画整理特別会計予算について    │ 第1分科会 │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第21号 │平成26年度北九州市臨海部産業用地貸付特別会計予算について       │ 第3分科会 │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第22号 │平成26年度北九州市後期高齢者医療特別会計予算について         │ 第2分科会 │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第23号 │平成26年度北九州市市民太陽光発電所特別会計予算について        │ 第1分科会 │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第24号 │平成26年度北九州市上水道事業会計予算について             │ 第3分科会 │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第25号 │平成26年度北九州市工業用水道事業会計予算について           │ 第3分科会 │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第26号 │平成26年度北九州市交通事業会計予算について              │ 第1分科会 │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第27号 │平成26年度北九州市病院事業会計予算について              │ 第2分科会 │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第28号 │平成26年度北九州市下水道事業会計予算について             │ 第3分科会 │
└──────┴───────────────────────────────────┴──────┘

┌──────┬───────────────────────────────────┬──────┐
│ 議案番号 │           件          名            │ 区  分 │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第29号 │付属機関の設置に関する条例の一部改正について             │ 第1分科会 │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第30号 │北九州市人事行政の運営等の状況の公表に関する条例の一部改正について  │ 第1分科会 │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第31号 │北九州市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部│ 第1分科会 │
│      │改正について                             │      │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第33号 │北九州市手数料条例の一部改正について                 │ 所管分科会 │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第34号 │北九州市民生委員の定数を定める条例について              │ 第2分科会 │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第35号 │北九州市介護サービス等の事業の人員、設備及び運営の基準等に関する条例の│ 第2分科会 │
│      │一部改正について                           │      │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第36号 │北九州市社会福祉施設の設置及び管理に関する条例の一部改正について   │ 第2分科会 │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第37号 │北九州市精神保健及び精神障害者福祉に関する法律の規定による任意入院者の│ 第2分科会 │
│      │症状等の報告に関する条例の一部改正について              │      │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第38号 │北九州市国民健康保険条例の一部改正について              │ 第2分科会 │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第40号 │北九州市衛生施設の設置及び管理に関する条例の一部改正について     │ 第2分科会 │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第41号 │北九州市公害健康被害認定審査会条例の一部改正について         │ 第2分科会 │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第42号 │北九州市産業観光施設の設置及び管理に関する条例の一部改正について   │ 第3分科会 │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第43号 │北九州市中央卸売市場条例の一部改正について              │ 第3分科会 │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第44号 │北九州市公設地方卸売市場条例の一部改正について            │ 第3分科会 │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第45号 │北九州市地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例の一部改正につ│ 第1分科会 │
│      │いて                                 │      │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第46号 │北九州市特別用途地区内におけるスポーツ及びレクリエーションに係る建築物│ 第1分科会 │
│      │の制限の緩和に関する条例について                   │      │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第47号 │北九州市消防長及び消防署長の資格を定める条例について         │ 第1分科会 │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第48号 │北九州市消防団員等公務災害補償条例の一部改正について         │ 第1分科会 │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第49号 │北九州市水道条例の一部改正について                  │ 第3分科会 │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第50号 │北九州市工業用水道条例の一部改正について               │ 第3分科会 │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第51号 │北九州市下水道条例の一部改正について                 │ 第3分科会 │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第52号 │北九州市水道用水供給事業に係る水道用水の料金に関する条例の一部改正につ│ 第3分科会 │
│      │いて                                 │      │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第54号 │北九州市立病院等の使用料等に関する条例の一部改正について       │ 第2分科会 │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第55号 │北九州市教育施設の設置及び管理に関する条例の一部改正について     │ 第3分科会 │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第56号 │北九州市社会教育委員の定数および任期に関する条例の一部改正について  │ 第3分科会 │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第62号 │包括外部監査契約締結について                     │ 第1分科会 │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第63号 │指定管理者の指定について(北九州市立介護実習・普及センター)     │ 第2分科会 │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第78号 │北九州市国民健康保険条例の一部改正について              │ 第2分科会 │
├──────┼───────────────────────────────────┼──────┤
│ 第79号 │北九州市消防団員退職報償金支給条例の一部改正について         │ 第1分科会 │
└──────┴───────────────────────────────────┴──────┘

委員会の構成 (61人)

委員長 山 本 眞智子   副委員長 大 石 正 信

(第1分科会 19人)
主 査 日 野 雄 二   副主査 石 田 康 高
委 員 田 仲 常 郎   委 員 奥 村 祥 子   委 員 後 藤 雅 秀
委 員 佐々木 健 五   委 員 香 月 耕 治   委 員 村 上 幸 一
委 員 浜 口 恒 博   委 員 中 村 義 雄   委 員 福 島   司
委 員 世 良 俊 明   委 員 吉 河 節 郎   委 員 木 畑 広 宣
委 員 荒 川   徹   委 員 平 原   潤   委 員 佐 藤 栄 作
委 員 八 木 徳 雄   委 員 山 本 真 理

(第2分科会 20人)
主 査 大久保 無 我   副主査 渡 辺   均
委 員 西 田   一   委 員 木 村 年 伸   委 員 片 山   尹
委 員 三 原 征 彦   委 員 戸 町 武 弘   委 員 鷹 木 研一郎
委 員 佐 藤   茂   委 員 白 石 一 裕   委 員 松 井 克 演
委 員 三 宅 まゆみ   委 員 岡 本 義 之   委 員 渡 辺   徹
委 員 村 上 直 樹   委 員 松 岡 裕一郎   委 員 八 記 博 春
委 員 藤 沢 加 代   委 員 荒 木   学   委 員 吉 村 太 志

(第3分科会 20人)
主 査 本 田 忠 弘   副主査 森 本 由 美
委 員 井 上 秀 作   委 員 新 上 健 一   委 員 中 島 慎 一
委 員 宮 ? 吉 輝   委 員 上 野 照 弘   委 員 吉 田 幸 正
委 員 田 中   元   委 員 奥 村 直 樹   委 員 森   浩 明
委 員 長 野 敏 彦   委 員 桂   茂 実   委 員 木 下 幸 子
委 員 成 重 正 丈   委 員 波 田 千賀子   委 員 柳 井   誠
委 員 田 中 光 明   委 員 野 依 謙 介   委 員 加 藤 武 朗

第1分科会(総務財政委員会及び建築消防委員会所管分)

1 日  時    平成26年3月20日(木)

2 場  所    第6委員会室

3 出席委員(19人)
主  査 日 野 雄 二  副主査  石 田 康 高
委  員 田 仲 常 郎  委  員 奥 村 祥 子  委  員 後 藤 雅 秀
委  員 佐々木 健 五  委  員 香 月 耕 治  委  員 村 上 幸 一
委  員 浜 口 恒 博  委  員 中 村 義 雄  委  員 福 島   司
委  員 世 良 俊 明  委  員 吉 河 節 郎  委  員 木 畑 広 宣
委  員 荒 川   徹  委  員 平 原   潤  委  員 佐 藤 栄 作
委  員 八 木 徳 雄  委  員 山 本 真 理
(委員長 山 本 眞智子  副委員長 大 石 正 信)

4 欠席委員(0人)

5 出席説明員
   市  長   北 橋 健 治  会計室長   鈴 木 雅 子  危機管理監  石 神   勉
   秘書室長   斉 藤 敏 尋  広報室長   北 里 勝 利  契約室長   福 原 照 人
   技術監理室長 上 田 紀 昭  総務企画局長 井 上   勲  企画担当理事 江 副 春 之
   財政局長   伊 藤 正 志  市民文化            安全・安心
                   スポーツ局長 柏 木 康 彦  担当理事   宮 崎 範 男
   建築都市局長 大 関 達 也  都市整備            消防局長   石 松 秀 喜
                   担当理事   松 永   功
   交通局長   白 杉 優 明  市選挙管理委員会        人事委員会
                   事務局長   久 保 健 也  事務局長   淵   義 雄
   監査事務局長 丸 山   聡
                                      外 関係職員

6 事務局職員
   事務局長   中 溝 明 弘  次  長   冨 田 孝 廣  政策調査課長 高 橋 幸 弘
   委員係長   冨 安 嶺 市  書  記   西 尾 基 希

第2分科会(環境建設委員会及び保健病院委員会所管分)

1 日  時    平成26年3月20日(木)

2 場  所    第1委員会室

3 出席委員(19人)
主  査 大久保 無 我  副主査  渡 辺   均
委  員 西 田   一  委  員 片 山   尹  委  員 三 原 征 彦
委  員 戸 町 武 弘  委  員 鷹 木 研一郎  委  員 佐 藤   茂
委  員 白 石 一 裕  委  員 松 井 克 演  委  員 三 宅 まゆみ
委  員 岡 本 義 之  委  員 渡 辺   徹  委  員 村 上 直 樹
委  員 松 岡 裕一郎  委  員 八 記 博 春  委  員 藤 沢 加 代
委  員 荒 木   学  委  員 吉 村 太 志
(委員長 山 本 眞智子  副委員長 大 石 正 信)

4 欠席委員(1人)
委  員 木 村 年 伸

5 出席説明員
   市  長   北 橋 健 治  保健福祉局長 垣 迫 裕 俊  保健医療行政
                                   担当理事   沖     勉
   子ども家庭                           循環社会推進
   局長     窪 田 秀 樹  環境局長   松 岡 俊 和  担当理事   諌 山   修
   建設局長   今 永   博  病院局長   江 本   均
                                      外 関係職員

6 事務局職員
   事務局長   中 溝 明 弘  次  長   冨 田 孝 廣  議事課長   中 江 辰 生
   委員会
   担当係長   井 上 尚 子  書  記   松 本 和 浩

3分科会(教育水道委員会及び経済港湾委員会所管分)

1 日  時    平成26年3月20日(木)

2 場  所    第2委員会室

3 出席委員(20人)
主  査 本 田 忠 弘  副主査  森 本 由 美
委  員 井 上 秀 作  委  員 新 上 健 一  委  員 中 島 慎 一
委  員 宮 ? 吉 輝  委  員 上 野 照 弘  委  員 吉 田 幸 正
委  員 田 中   元  委  員 奥 村 直 樹  委  員 森   浩 明
委  員 長 野 敏 彦  委  員 桂   茂 実  委  員 木 下 幸 子
委  員 成 重 正 丈  委  員 波 田 千賀子  委  員 柳 井   誠
委  員 田 中 光 明  委  員 野 依 謙 介  委  員 加 藤 武 朗
(委員長 山 本 眞智子  副委員長 大 石 正 信)

4 欠席委員(0人)

5 出席説明員
   市  長   北 橋 健 治  産業経済局長 西 田 幸 生  企業立地・6次産業化
                                   担当理事    大 川 博 己
   港湾空港局長 橋 本 哲 治  営業・空港
                   担当理事   権 藤 宗 高  上下水道局長  冨 増 健 次
   海外事業・下水道
   担当理事   田 中 文 彦  教育長    柏 木   修  教育次長    近 藤   晃
                                      外 関係職員

6 事務局職員
   事務局長  中 溝 明 弘   次  長  冨 田 孝 廣   議事課長    中 江 辰 生
                   委員会
   議事係長  香 月 隆 久   担当係長  藤 石 敏 郎   書  記    花 岡 優 子







会議の経過

              平成26年度予算特別委員会市長質疑記録

          第1分科会(総務財政委員会及び建築消防委員会所管分)

                              開会 午後1時00分



○主査(日野雄二君) 開会します。

 議案第1号のうち所管分、7号、8号、10号、11号、13号、20号、23号、26号、29号から31号まで、33号のうち所管分、45号から48号まで、62号及び79号の、以上19件を一括して議題とします。

 ただいまから、市長質疑を行います。質疑時間は2時間程度となっております。質疑の持ち時間は、日本維新の会、みんなの党、ふくおかネットはそれぞれ11分、その他の会派は22分でお願いします。

 審査の方法は、会派ごとに一括質疑、一括答弁とし、大会派順に行います。なお、市長答弁は着席のままで受けます。

 質疑に入ります。自由民主党。奥村委員。



◆委員(奥村祥子君) 北朝鮮拉致事件についてお伺いいたします。この件について、本会議にて、我が会派の鷹木研一郎委員が一般質疑をさせていただきました。それに引き続きさせていただきます。

 国連人権理事会が設置した北朝鮮の人権に関する調査委員会は、今年2月17日、日本人拉致問題や北朝鮮国内の人権問題に関して、人道に対する罪として指摘する報告書を発表し、国際社会に解決に向けた緊急の行動を求めました。

 本市においては、市民であります加藤久美子さんが1970年8月8日の出勤途中にこつ然と姿を消し、その後の北朝鮮の元工作員による北朝鮮国内での加藤さん目撃証言などから、北朝鮮によって拉致された可能性が極めて高いことが証明されています。地方自治体の最も大切な責務は市民の生命、財産、人権を守ることであり、北九州市民である加藤さんの一刻も早い救出が望まれます。

 この定例会で市長から答弁があったように、本市としても、拉致問題や加藤さんの事件に対する市民の関心を高めるため、各種方策に取り組んできたことは評価するものであるが、残念ながら事件解決には進捗が見出せないのが現状であります。

 拉致問題は外交上の問題であることから、地方自治体の取り組みに限界があることは承知しているが、今回の国連の動きを契機に、加藤さん救出に向けては、これまで以上に国を動かす取り組みが必要であり、更には、本市として見える形で積極的な姿勢や行動が必要と思われます。見解を伺います。以上です。



○主査(日野雄二君) 村上委員。



◆委員(村上幸一君) 質問の前に、1つ要望をお願いしたいのですが、今日の朝刊で、今度の新しい副市長人事が出ておりました。先月は、北九州マラソンが平成26年度も開催されるということがマスコミ報道されて、我々は知るわけです。この2つはどちらも議会での議決事項であり、その辺の情報管理をしっかりお願いしたいと思います。まずそれを要望して、質問に入らせていただきます。

 まず、市長退職金について、2点お尋ねいたします。

 初めに、平成26年度一般会計予算において、市長退職金3,859万円が計上されていますが、市長は今任期の退職金を受け取るものと理解してよろしいのでしょうか。見解をお聞かせください。

 次に、前任期、市長は退職金を受け取らない理由として、平成21年12月定例会での答弁で、私の質問に対して、厳しい財政状況の中、市民感覚とかけ離れた高額の退職金は受け取るべきではないと考えたと述べましたが、その額に問題があると考えるならば、本市の付属機関である北九州市特別職議員報酬等審議会において、退職金の額の妥当性について諮問してみるというのも一つの方法だと思いますが、見解をお聞かせください。

 次に、八幡西区役所跡地の活用についてです。

 昨年5月に、八幡西区役所がコムシティに移転し、既に10カ月余りが経過しました。この区役所跡地は黒崎地区の中心市街地活性化基本計画のエリア内に属し、黒崎地区の住民にとっては今後の利用方法が大変気になるところであります。

 そこで、八幡西区役所跡地の今後の活用について、市長の見解をお尋ねいたします。以上です。



○主査(日野雄二君) 市長。



◎市長(北橋健治君) 奥村委員から、北朝鮮拉致事件に関しまして、加藤久美子さん救出に向けて、今まで以上に国に働きかけるべきではないかと、そういう御趣旨の御質問をいただきました。

 拉致問題の解決は、国民の悲願であります。これまで政府を先頭に、家族会、そして多くの関係者が拉致問題の解決に取り組んでまいりました。平成24年度に内閣府が国民世論調査を行っております。それによると、拉致問題の認知度は、聞いたことがあり、内容も知っていると答えた人が96.1%に上るなど、国民の関心は極めて高く、多くの国民が拉致問題の解決を願っていることがうかがえる結果が出ております。私自身、国会議員の時には、本市の市民で拉致被害の可能性が高い加藤久美子さんの拉致の認定や、拉致問題の早期解決を政府にしばしば求めてまいりました。また、地方公共団体の長となってからは、いわゆる北朝鮮人権法に基づきまして、市民の啓発に取り組んでまいりました。今年度は特に、加藤久美子さんに対する市民の関心を高めるために、加藤久美子さんに関する講演会を開催したり、ラジオ番組、明日への伝言板、人権啓発情報誌の中で加藤久美子さんのことを紹介するといった取り組みを行っております。講演会が終わりましてアンケートを取りますと、拉致された可能性がある北九州市民がいるのを知り、とてもショックであった、また、拉致被害者を何とかして救出したいといった拉致問題への関心を示す多くの御感想をいただいております。また、市議会におきましても、平成24年6月には、全ての拉致被害者を早急に救出することを国会及び政府に求める意見書を全会一致で可決するなど、党派を超えてこの問題に取り組まれております。

 先般、北朝鮮における人権に関する国連調査委員会が、北朝鮮による拉致問題は人道に対する罪に当たると指摘しました。このように、北朝鮮に対し厳しく踏み込んだ報告書を公表し、国連人権理事会に提出をしたところです。この報告は、これまでの政府の外交努力をはじめ、我が国の拉致問題の解決に向けた取り組みが、国際社会の広い理解と支持を得てきていることを示すものと考えております。これを契機に、政府におきましては、国際社会との連携を更に強固なものとして、この問題の解決への道筋をぜひつけていただきたいと考えております。また、市長自身といたしましても、これまでの取り組みに加えまして、北九州市民の代表として、加藤久美子さんを初め、拉致被害の可能性が高い失踪者の行方の解明など、拉致問題の全面解決に政府一丸となって全力で取り組んでいただくことを、政府に訴えていきたいと考えております。

 次に、村上委員から、市長退職金について御質問をいただきました。

 来年度予算における特別職の退職手当につきましては、現時点におきまして、市長等の退職手当に関する条例の規定に基づきまして、支給されることとなりますので、ルールに従って予算計上しているものであります。

 さて、退職手当を含む一般職の給与に関しましては、昨年、国に準じた退職手当の水準の引き下げが行われました。公務員を取り巻く情勢は依然として厳しいものがあり、特別職の給与に関しましても、現状のままでいいのか検討する必要があると考えております。現在、私の給与につきましては、諸般の事情を考慮し、月例給及び期末手当を一律10%カットしておりますが、この際、本来の水準のあり方について、特別職議員報酬等審議会に諮問したいと考えており、来年度の早い時期にも開催したいと考えております。

 なお、退職手当の額自体は審議会の諮問事項とはなっておりませんが、給料の額について検討していただくのにあわせまして、退職手当についてもご意見を賜りたいと考えております。今後につきましては、審議会の検討結果を真摯に受けとめ、退職手当の受け取りに関しましては、その時その時の状況を踏まえて判断をしたいと考えております。

 次に、八幡西区役所跡地の活用について、御質問がありました。

 黒崎地区では、北九州市中心市街地活性化基本計画におきまして、ハード、ソフトの両面から数多くの事業を位置づけ、これまで官民一体となって計画を推進してまいりました。具体的には、コムシティの再生、ひびしんホール、図書館など、にぎわいの核となる施設を整備し、また、活性化に向けたさまざまなイベントの開催などに取り組んでまいりました。これらの取り組みによりまして、居住の環境や利便性が向上し、居住人口が増加するとともに、計画区域周辺におきましても、民間事業者の開発によって大型のホームセンターやスーパーの立地が進んでおります。更に、現在も、ことしの夏ごろのオープンを目指して大規模商業施設の建設が進んでおり、にぎわいの創出も期待されております。

 この地区にあって、約1万平方メートルという広さを持つ八幡西区役所跡地の活用は、にぎわいづくりや町なか居住の観点から、黒崎地区のまちづくりにとって重要であると認識しております。区役所が移転してこれまでの間、跡地活用の検討に向けて、用地の測量、土地の鑑定評価、敷地内の彫刻などの取り扱いについて事務処理を進めてまいりました。その中で、多額の費用を要する旧庁舎の解体、撤去や、敷地の南北で高低差が約3メートルあることへの留意、加えて、北側にマンションや戸建て住宅が隣接している状況への配慮が必要と考えております。

 今後、本市の副都心である黒崎地区の活性化に向けて、市民や議会の皆様の御意見を伺いながら、関係部局と協議、調整を進め、早期に有効活用できるよう検討してまいります。以上です。



○主査(日野雄二君) 奥村委員。



◆委員(奥村祥子君) ありがとうございます。日朝両政府は、拉致問題などを議題とした外務省局長級の公式協議を近く再開する方針が固められたと明らかにしました。事務方協議も始まったようでございます。拉致問題については、日朝双方の立場の隔たりが非常に大きいゆえに、これからの協議は大変激しいものであり、交渉も厳しいものと予想されるところであります。そんな状態ではありますが、安倍首相は並々ならぬ思いで拉致被害者を全員奪還すると言っておられると、先日の報道番組で、自民党の外交部会長である城内さんは明かしておられました。ただいま市長から、加藤久美子さんの拉致被害者の政府認定を強く強く要望する決意というのを伺いました。どうか今、その決意や行動を広く市民に示していただきたい。そして、これからは、加藤さんの拉致被害者政府認定を求める市民の声も強く求められる。逆に政府からも求められることと思われます。市役所前であったり、それからJRをお借りしたり、広報媒体の力をお借りし、そしてそれを強め、ぜひこのことを市民にお示しいただきたい。そのことが、一人一人の市民の命や安全を、北九州市、そしてまた北橋市長が守ってくれているというあかしにもなるのではないのかなと思いますので、先ほど市長が述べられた決意を、ぜひ、目に見える形で実行していただきたいということを要望して終わります。



○主査(日野雄二君) 村上委員。



◆委員(村上幸一君) まず、市長退職金について第2質問させていただきます。

 市長の御答弁では、給与の額等については、付属機関において諮問すると。また、退職金についても意見を求めるということでございましたが、市長御自身が退職金を受け取るかどうかの判断は、その時々の状況を踏まえて判断するという御答弁だったと思います。今の段階では、市長は退職金を、といいますのは、3年前の選挙では、退職金は受け取らないということが選挙公約に入っておりませんでした。現状の中で、現段階で退職金を受け取るということを考えていらっしゃいますか。まず、そこについてお答えください。



○主査(日野雄二君) 市長。



◎市長(北橋健治君) 来年度、早い時期に、この報酬等審議会を開催していただいて、御意見を賜る作業が始まるわけです。この審議会は、十何年ぶりになりますか、平成12年度に行ったことがあって、失礼しました、平成6年ですね、それ以来のことになるわけです。メンバーの顔ぶれは、経済界、労働界、市民団体、自治会、婦人会、また、報道機関なども入っていらっしゃいます。そういう各界を代表される方々に御審議をいただくわけです。今からその御審議が始まる前に、自分が最終的にどうするのかを申し上げるのはいかがなものかと思っております。まずは、この間に、相当程度、公務員給与、それは一般職も特別職も同じだと思いますけれども、公務員給与が下げられる、あるいは退職金が400万円まで下げられるという大きな変化もございました。それはまた、財政状況ということもあるでしょうし、他の都市でもいろんな試みがあろうかと思います。そういったもろもろのことを識者の皆様方に御審議をいただくのを、当面は静かに、お答えが出るまでお待ちをしたいと、このように考えております。その後に、自分の判断を示させていただきたいと思います。



○主査(日野雄二君) 村上委員。



◆委員(村上幸一君) 私としては、ぜひ、市長には退職金を、市長の仕事というのは大変な激務であります。ですから、私としてはぜひ受け取っていただきたいというのは、これは4年前からそのようにお話ししたとおりだと思います。そして、私がなぜ今この判断を求めたかというと、よく選挙で、このことを争点にする。退職金をもらうかもらわないかを争点にする。例えば、市議会議員選挙でも、議員の定数削減、議員報酬の削減、そういったことも争点です。私はそれを超えた高いレベルでの政策での競争、こういったことを選挙において議論するべきだと、私自身思っております。そういう意味では、私は、市長には退職金は受け取っていただいて、そして、次どうされるか私は存じ上げませんが、しっかりと高いレベルでの政策論争ができるようにしていただきたいと思います。



○主査(日野雄二君) 市長。



◎市長(北橋健治君) 数年前に村上委員から、この問題について御質問をいただきました。その中で、私も、マニフェストに書き込むときに想定していなかった論点を指摘されました。それは、市長がそういう公約に基づいてやることによって、副市長の受け取る報酬のほうが高くならないかと、そういう逆転現象という問題もはらんでいるのではないかという御指摘でございました。いろんなやり取りがあったと思うのですけれども、その議論を通じまして私が最後にお願いしたのは、いろいろと課題はあると思います。そのことは受けとめますが、マニフェストに書き込んだ項目なので、ぜひお認めをいただきたいということで結んだことを記憶いたしております。この問題については、いろんな考え方があると思いますけれども、村上委員の前回の御質問で指摘されたこともありましたし、よくよく考えて判断をしたいと、こう思っております。



○主査(日野雄二君) 村上委員。



◆委員(村上幸一君) 繰り返しになりますけれども、ぜひ市長には、予算計上もされておりますし、前回の選挙の公約にも掲げていませんので、しっかり、その辺は検討していって、額に問題があるならば、審議会の中でもぜひ御意見を伺って、その中で、早急に結論を出していただきたいというふうに思います。

 もう少し時間がありますので、次は、八幡西区役所の跡地についてお尋ねしたいと思いますが、あそこの場所は中心市街地活性化基本計画のエリア内でありました。本来、国道200号から東側だけがそのエリアだったのですけれども、あえて、そこだけが中心市街地活性化基本計画のエリア内に入っているわけですよね。ですから私も、そこがどうなるか、非常に期待もしています。黒崎からも非常に近いところですし、それがこの計画の期間内、この3月までには、そこには何も残念ながら計画に基づいたものが実施されなかったということですが、この黒崎に残された、本当に、市の所有する大きな土地だと思っています。非常に大きな期待もありますので、ぜひともこの件は、計画として進めていただきたいと思いますし、私の要望としては、中心市街地活性化基本計画がこの3月で終わりますが、聞くところによりますと、新たな法に基づいて、もう少し、認定を受ける敷居が低くなるというふうに聞いています。となれば、このエリアはもう一度、小倉、黒崎だけではないかもしれません。中心市街地として、活性化のための材料として使うということも、1つの方法だと思っておりますので、今後の黒崎のまちづくりをしていく上で、しっかり区役所の跡地の有効活用をしていただくよう、心よりお願いして、私の質問を終わりたいと思います。



○主査(日野雄二君) 進行します。ハートフル北九州。世良委員。



◆委員(世良俊明君) 新年度の文化芸術の振興事業について、お尋ねいたします。

 新年度の文化芸術振興事業のうち、林芙美子文学賞の創設については、私たちの会派から、この間、質疑を続けてきておりまして、この秋のスタートに向けて、既に着々と準備が進んでいるとのことでありますので、あえて重ねてお尋ねはいたしません。本市ゆかりの林芙美子の名を冠した新しい文学賞が、多くの才能を発掘し、実績を上げられるよう大いに期待し、その成功に向けての御努力をお願いしておきたいと思います。

 まずは、本市における川柳の振興についてお尋ねします。

 日本川柳の巨匠であった岸本水府が、番傘川柳本社を中心に全国に結社を拡大し、川柳という文学ジャンルの一大潮流をなしたことは、作家、田辺聖子さんの読売文学賞を受けた作品、道頓堀の雨に別れて以来なりでよく知られています。その番傘川柳本社同人で、北九州川柳作家連盟会長、全日本川柳協会常任幹事として、また、長く読売新聞の川柳欄の選者として活躍されてきた小倉南区在住の手嶋吾郎氏が、先日逝去されました。氏は、長年の功績を評価されて、平成11年に北九州市教育文化功労者表彰を受賞されたほか、平成13年には地域文化功労者文部科学大臣表彰を受けておられます。田辺聖子さんは、手嶋吾郎さんの著書に寄せて、著者は長い柳歴のある方で、川柳の本質の愛すべく、とうとぶべき点を知りぬいておられると評しています。川柳という文学ジャンルは、一時期ほどの隆盛はないと言われていますが、現在も多くの市民、国民に親しまれている分野であることは御承知のとおりです。そこでお尋ねします。手嶋吾郎氏など、地元ゆかりの作家の業績の保存継承や、時期に応じた活用など、本市での川柳の振興については、市としてこれまでどのような姿勢で取り組んでこられたのか。また、今後どのように取り組んでいくのか、お尋ねします。

 2つ目に、今月28日に戸畑図書館内にオープンする宗左近記念室の事業について、お尋ねします。

 戸畑出身の宗左近さんは、炎える母、響灘などの詩や、あなたにあいたくて生まれてきた詩などの評論、美術評論やフランス文学の翻訳、合唱曲の作詞等、幅広い活躍をされてきたことで知られています。平成22年10月に、御遺族から原稿、自筆資料、書簡などを寄贈いただいたことから、戸畑図書館内に記念室を設置し、資料を展示し、その業績を顕彰することになったと聞いています。私も、同記念室の開設を機に、宗左近さんの業績が、広く市民の皆さんに知られていくことを期待したいと思います。同図書館の1階には子ども読書ゾーンが置かれることになっており、宗左近さんは、きっと子供たちにも親しまれるようになることだろうと思います。そこでお尋ねします。開設される宗左近記念室の展示内容がどのようなものなのか、まずお尋ねいたします。その上で、記念室開設の意義と、これから果たす役割について、北橋市長がどのようにお考えなのか、御見解を伺います。以上です。



○主査(日野雄二君) 福島委員。



◆委員(福島司君) 私からは、公共施設のマネジメントについてお伺いをします。

 公共施設のマネジメントについては、来年度、取り組みを推進するための専任組織を建築都市局に設置し、インフラを含めた公共施設の整備について、事業の構想段階における必要性や効果等の検証、組織横断的な事業の優先順位の判断等を行うための仕組みづくりに取り組むとしています。

 また、マネジメントの基本的な考え方として、選択と集中の観点から、本市のにぎわいづくりや活性化にも留意しながら、現在及び将来のニーズ等を見据えて公共施設を再構築するという視点が重要としています。

 今後、公共施設のマネジメントを進めていく上で、市内にある国及び県、あるいは外郭団体等が所有する公営住宅やスポーツ・文化施設などの公共施設の現状と今後の計画や方向性も把握し、本市の公共施設のマネジメントを進めるべきと考えますが、市長の見解を伺います。



○主査(日野雄二君) 中村委員。



◆委員(中村義雄君) 本市のコミュニティーについてお尋ねします。

 少子・高齢化、核家族化、地域参加に対する市民の価値観の変化等の影響により、市民の地域活動への参加は減っています。地域の主要な団体である自治会の加入率も年々下がっています。

 しかし、高齢化の進展による地域の見守り体制の必要性、防犯・防災対策の必要性など、今後ますます地域コミュニティーの活性化が求められています。

 本市には、まちづくり協議会や自治連合会等の組織が地域コミュニティーの中心として活動していますが、市民から見ると、その違いは非常にわかりづらい状況になっております。また、年々減少している自治会加入率を上げていくことは重要な課題だと思います。そこでお尋ねします。

 まず、市長が考えるこれからの地域コミュニティーのあり方及びまちづくり協議会と自治連合会の役割についてお尋ねします。

 次に、平成26年度予算における自治会加入促進事業と求められる効果についてお尋ねします。以上です。



○主査(日野雄二君) 市長。



◎市長(北橋健治君) まず、世良委員から、文化芸術の振興事業について御質問がございました。

 地域ゆかりの文学者の業績の保存継承につきましては、これまでも文学館において、火野葦平、林芙美子など、関係資料を保存、研究するとともに、資料の展示を行うなど、活用に努めております。お尋ねの手嶋吾郎氏につきましては、本市における川柳の振興に大きな功績を残し、全国的な活躍をされた方だと思います。今後、関係資料の整備とその活用について、御遺族に相談をさせていただく考えであります。

 川柳には、風刺やユーモアを自由に盛り込めるなど、その親しみやすさから、若い世代から高齢者まで幅広い層の愛好者がおります。本市におきましても、多くの川柳団体が、それぞれに活発な活動を行っております。市では、それぞれの団体の事業に対して共催や後援等の支援を行っております。文学館におきましても、1,200点余りの川柳関連資料を所蔵し、現在、市内で刊行されている雑誌、川柳くろがね、川柳むらさき、川柳あやめは、館内の閲覧コーナーで気軽に手にとることができます。また、川柳団体と協力して、例年、川柳大会や作品展など、川柳に関する催しも実施しております。平成19年には北九州川柳大会、平成22年には川柳作家連盟の展覧会、平成23年には川柳くろがね吟社川柳作品展、平成24年には川柳作家連盟の展覧会、平成25年には市制50周年記念川柳色紙・短冊展、このように行っております。今後とも、関係の団体と協力しながら、地域における川柳の振興と、次の世代への継承に努めてまいりたいと考えております。

 宗左近記念室の展示内容についてお尋ねがございました。戸畑出身の宗左近は、詩の世界の代表的な賞である藤村記念歴程賞を受賞し、現代詩に大きな足跡を残し、ゾラやモーパッサンなどのフランス文学の翻訳者としては、国内最高峰として評価され、美術評論家としても知られております。その多分野にわたる卓越した業績を埋没させることなく、多くの市民に知ってもらい、更には市民の誇りとすることを目的に、地元である戸畑図書館内に宗左近記念室の整備を進めてきたところです。記念室では、御遺族から市に寄贈いただいた宗左近の愛用品、着物でありますとか、あるいは日誌、手帳などの貴重な資料の展示、また、詩や翻訳、美術評論の各分野における業績と、ふるさと北九州に対する宗左近の思いをまとめたパネルの展示、また、新たに制作した宗左近の生涯と業績を詳しく説明するオリジナルDVDの上映などによって、宗左近の業績をわかりやすく伝えていきたいと考えております。この記念室の整備を契機に、宗左近という偉大な先人がいたことを市民に広く知っていただくとともに、今後の宗左近研究が進んでいくことを期待しています。

 文学館では、この記念室の整備に先立ち、市立美術館におきまして、詩人宗左近を紹介するパネル展示を行っております。また、この機会を捉え、宗左近の著作を文学館文庫として発行することとしております。更に、秋には、文学館の特別企画展として、仮題でありますが、詩人宗左近展を開催する予定であります。一方、宗左近の業績を顕彰し、地元のまちおこしに活用しようとする民間の機運も高まっております。その1つが、地元の有志で結成された宗左近ファンクラブであります。このファンクラブでは、宗左近記念室のオープンと時を同じくして、宗左近のPR用DVDの自主制作、市立美術館の敷地内への宗左近記念文学碑の建立など、積極的な活動を行っています。このような地元の盛り上がりを受け、今後とも官民協力して、北九州から全国に向けて、郷土の偉大なる先人、宗左近のすばらしさを発信していきたいと考えております。

 福島委員から、公共施設のマネジメントについて御質問がございました。

 高度経済成長期に数多く公共施設を整備してまいりました。いかにして維持更新していくかということは、全国の自治体共通の大きな課題であります。その中でも本市は、市民1人当たりで見ますと、政令指定都市で最も多くの公共施設を保有しております。厳しい今後の財政状況等を考えた場合に、この課題を避けて通ることはできません。そこで、本市の将来を見据え、初めて公共施設マネジメントに着手することにしたものであります。

 取り組みに当たりましては、総量抑制だけではなく、施設の再配置などを通じたまちづくりの観点や、組織横断的な、大局的な視点が必要であるため、都市インフラ整備を所管する建築都市局に専任組織と担当理事を設置し、新たに担当副市長を据えて、全庁一丸となってマネジメントを行うことにいたしました。本市の公共施設マネジメントは、北九州市の行財政改革大綱や推進計画でお示ししているとおり、いよいよ来年度から、公共施設の現状、課題などに関する市民への説明、また、施設分野別の実行計画の策定、更に門司港・大里地区における老朽化施設の再配置計画づくりなどに着手していくことになりますが、本市としても初めての取り組みです。まずは本市が所有する施設について、しっかりとした将来計画の策定が何よりも重要と考えております。

 御指摘の市内にある県及び国、あるいは外郭団体等が所有する施設につきましては、基本的には各所有団体において、それぞれの施設の置かれている状況等を踏まえ、今後のあり方等が判断されることになりますが、今後本市の公共施設のあり方を検討していく中で、そうした他の団体が所有する施設との関係を整理する必要が生じた場合は、しっかりと情報交換をしながら進めていきたいと考えております。

 次に、中村委員から、地域コミュニティーのあり方などについて御質問をいただきました。

 少子・高齢化、核家族化等、社会・経済状況は変化しています。個人の生活スタイルも多様化し、自治会などの地域コミュニティー活動への参加者は年々低下しています。全国的な現象とも言われますが、そのことが大変心配であります。市民が安心して豊かな生活を送るためには、市民一人一人がコミュニティーの重要性を理解し、互いに支え合いながら継続して活動に参加することが大切であります。その上で多くの地域住民が一体となって、地域で考え行動する、共助の力を持つ地域コミュニティーになっていくことが望ましいと考えています。

 住民に一番身近な地域コミュニティーは自治会でありますが、ごみステーションの管理等、生活に密着した活動に取り組み、夏祭り等の行事を通じて住民の連帯意識の向上を図っています。また、校区や地区の自治連合会は、自治会の連合組織として、校区の体育大会等、広い区域の住民の親睦、交流の活動や、自治会同士の連絡調整等の役割を担っていただいております。

 一方で、地域では、福祉、防犯などの活動目的に応じ、社会福祉協議会、防犯協会等の地域団体が様々な活動を行っております。高齢者の見守りや、防犯・防災対策等、複雑多様化した地域の課題に対応するためには、自治会とこれらの団体が連携し、それぞれの団体のノウハウ、人材を結集し、活動の幅を広げていくことが重要であります。そこで本市では、平成6年度から、小学校区単位を基本に、校区自治連合会や社会福祉協議会等、地域団体で構成するまちづくり協議会の設置をお願いし、地域ごとに創意工夫を凝らした多様な活動に、幅広く横断的に取り組んでもらえるように支援してまいりました。現在、まちづくり協議会では、構成団体間の連携を深めながら、地域全体で生活安全パトロールや文化祭等の活動が活発に展開され、住民主体の地域づくりが進んできております。平成23年度に、まちづくり協議会会長へのアンケート調査を実施しております。その結果を見ると、このまちづくり協議会の設置によって、地域活動に対する住民の理解が深まった、また、校区内の団体の連携が進んだという御意見がそれぞれ7割をこえております。このように、まちづくり協議会の活動が一定の評価をいただくとともに、地域に定着してきたものと考えています。

 本市が目指す住みよいまちづくりには、自治会、まちづくり協議会は、ともに欠かせないものであります。その役割は、大変重要と考えております。今後も、自治会やまちづくり協議会が地域の実情に応じて取り組む活動を支援し、人のつながり、温かさを実感できる地域コミュニティーの形成を図っていきたいと考えております。自治会の加入促進対策でありますが、本市では、時代の変化に対応した新しい地域コミュニティーづくりを進めるために、懇話会を立ち上げました。北九州市地域コミュニティ活性化を考える懇話会という名前です。平成24年の10月に報告書をまとめていただきました。報告書では、いくつかの提案があります。例えば、市民はみずから地域コミュニティーの大切さを理解し、活動に参加すること、自治会は誰でも参加しやすい仕組みづくりなど、社会状況に応じた運営方法に見直すこと、また、行政は、自治会やまちづくり協議会の取り組みをしっかりと支援すること、こうした提案があります。本市では、これらの提案を踏まえまして、来年度は自治会活動を支援するための経費として、約3,000万円を計上しております。その中で、加入促進事業の主なものを挙げますと、市内の小学校4年生全員に対し、自治会活動を紹介する冊子を配布し、地域コミュニティーの大切さを感じる子どもをふやすことであります。また、企業の退職予定者への働きかけにより、新たな活動の担い手の発掘であります。企業、従業員に協力を要請して、担い手不足に悩む自治会の活動の活発化であります。また、助成金の交付により、活発な加入促進活動を行う自治会の増加、そうした課題に取り組むことにしております。

 今後も、このような短期的、中長期的な視点からのさまざまな事業を一つ一つ積み重ね、より多くの市民に自治会の活動に参加していただけるように取り組んでまいります。以上であります。



○主査(日野雄二君) 世良委員。



◆委員(世良俊明君) 御答弁ありがとうございました。市立文学館は、地元ゆかりの方々のふるさとの家のようなものだと思います。番傘を初めとする川柳というジャンルに懸命に打ち込んだ人々についても、今後とも温かく迎え入れていただきたいというように思います。また、宗左近さんの著書ですが、復刻になった炎える母以外は、なかなか書店では手に入らないというのが現状です。文学館文庫の復刻、発刊というのは、そういう意味では時宜を得ていると思いますし、評価したいと思いますが、ぜひ図書館でもそろえていただいて、記念室の展示とあわせて、多くの皆様に、市民の皆様に、すばらしい宗左近さんの作品に親しんでいただけるような環境整備をお願いしたいと思います。この点について、もし何かあれば。一言で結構ですけれど。



○主査(日野雄二君) 市長。



◎市長(北橋健治君) 教育長とよく相談をしながら、委員の御指摘も踏まえまして、努力をしたいと思います。



○主査(日野雄二君) 福島委員。



◆委員(福島司君) 時間があまりありませんので、要望だけにさせていただきます。市が所有している施設以外の県、国、あるいはその他の団体・部署に、必要があればしっかり協議をしたいと、また、連携をしたいと答弁をいただきました。行財政改革大綱の公共施設のマネジメントの中にもありますように、資産の有効活用もありますし、老朽化した施設の更新に当たっては、単独でできるだけ行わずに、公共施設等の複合化、あるいは多機能化、こうしたものも盛られています。私が今回質問させていただいた趣旨は、単に市の公共施設だけではなくて、その他の公共施設も有効にしっかりと活用するべきではないか。例えば、国、県の施設について、例えばこちらからも要望を出して、市の施設ではないけれども、そうした他団体の公共施設を北九州市内につくっていただくということも、一つはあっていいのではないかと。そういう意味では、単に市の施設だけではなくて、いろんな公共施設、細かいことを言えば、ここに入っているのかもしれませんが、市民が利用する、例えば老人いこいの家、あるいはつどいの家、いろんな施設もあります。これは当然、市の施設ですから、対象にはなっているとは思うのですが、今まではそれぞれの施設の目的に合わせて使われていた。これをもっと地域事情に合わせて柔軟に活用する、利用できるようにする。そうしたことも含めてマネジメントをしていただきたい。とりわけ今言いましたように、単に市の施設だけで判断するのではなくて、やはりさまざまな公共施設を有効に機能させて、生かしていただきたいということを要望だけしておきます。



○主査(日野雄二君) 中村委員。



◆委員(中村義雄君) 時間がありませんので、先ほどの御答弁の中で、企業へのアプローチをされているという話がありましたが、市内で一番大きな企業は北九州市役所ですので、市の職員に対して、どのような具体的なアプローチをされているのかということを、ちょっと教えてください。



○主査(日野雄二君) 市長。



◎市長(北橋健治君) 着任しまして、年頭の所感を述べるときなどを通じまして、これは自主的な判断でありますけれども、やはりいいまちづくりを進めるために、どうかそうした活動にも目を向けていってほしいということは、常々申し上げてまいりました。今、8割を超えているような状況だと報告を受けていますが、成果は少し上がってきております。今後とも続けたいと思います。



○主査(日野雄二君) 中村委員。



◆委員(中村義雄君) ありがとうございました。多分8割は自治会加入率の話だと思います。加入してかつ、特に退職される方が、今度は役員等の中核になって活動していただけるように、市の職員の方は、地域のこととか行政のことをよく把握されている方なので、大事な人材だと思いますので、ぜひ退職された方が、今度は地域の役員として活躍してくださるように、アプローチをしていただきたいということをお願いして終わります。



○主査(日野雄二君) 市長。



◎市長(北橋健治君) 1点補足します。地域貢献表彰というのを始めたのです。消防団だとかいろんな地域のお世話活動に。市役所全体でそういう地域貢献が大事なものだということは、もっと盛り上げていきたいと思います。



○主査(日野雄二君) 進行いたします。公明党。木畑委員。



◆委員(木畑広宣君) 消防行政について、お伺いをさせていただきます。

 消防局では、市民の安全と安心について、長期的視野に立った施策を実現するため、元気発進!北九州プランや、北九州市新消防プラン21に沿った強いまちづくりを推進してきました。そこで、4点お尋ねさせていただきます。

 1点目に、安倍政権は、2020年までに女性が指導的地位の3割以上を占めるという目標を掲げておりますが、本市での取り組みも、女性活躍推進アクションプラン・第2期計画では、性別にかかわらず職員が能力を発揮し、生き生きと活躍できる職場の実現を目的として、1つ目に、政策決定の場における女性職員の活躍推進、2つ目に、性別にかかわらない育成の強化、3つ目に、全ての職員が生き生きと働くことができる職場づくりの3つを重点項目として掲げております。また、本市の登用に関する指標と目標値は、女性役職者、係長級以上の比率では、平成25年度15.6%で、目標値は平成30年度で20%、女性管理職、課長級以上の比率では、平成25年度12%で、目標値は平成30年度で15%としております。しかし消防局においては、平成26年2月現在で、職員数961名中40名が女性、更に、女性の消防司令、係長は126名中1名、消防司令長、課長以上は1人もいないという実情であります。消防は男性の職場というイメージが強くあり、消防局での女性の採用は昭和62年から始まり、最高年齢は49歳であります。採用年数が浅いことは承知しておりますが、女性だからこそできるきめ細やかさ、気配りや柔軟性、粘り強さや大胆性、女性ならではの視点など、現場に生かすことで、更なる市民サービス向上へとつなげることが可能となります。消防局において、女性が存分に力を発揮できる職場環境づくりと、管理職への女性登用に、早急に取り組むべきと考えますが、見解を伺います。

 2点目に、平成25年10月11日に発生した、死者10名、負傷者5名を出した福岡市の診療所火災を受けて、市は緊急点検を実施しました。市内にある全ての病院90施設及び有床診療所134施設、計224施設の点検結果では、病院19施設、有床診療所71施設の計90施設に防火上の指摘がありました。主な指摘内容は、建築基準法では、防火設備、防火戸の不備18件、無届の増改築等22件、消防法では、消防訓練未実施33件、カーテン、じゅうたんの未防炎26件、消防用設備等の点検や防火対象物の点検未実施27件でありました。点検後の対応としては、指摘事項のある施設に対しては、口頭及び文書による是正指導を行っており、今後も継続して是正指導を行うとしておりますが、改善された施設数と、改善されていない施設数及びその理由を伺います。あわせて、建築物の適正な維持管理及び安全性の確保を図るため、建築物の定期的な点検、市への報告を義務づける定期報告制度の指定施設に有床診療所を追加したとしておりますが、定期報告制度の実施の進捗状況について伺います。

 3点目に、都市高速料金所の一般レーンにて、緊急走行中の救急車がサイレンを鳴らしながら一般車両数台の後ろに順番待ちをし、一般車も避けようにも避けられないという状況がありました。緊急車両は、高速道路の一般レーンを自由に通行できるようになっておりますが、ETC対応にはなっておりません。一刻を争う事態で命を守るために、ETC対応策が必要と考えます。救急車や消防車などの緊急車両へのETC設置状況と対応策について、見解を伺います。

 4点目に、平成25年中の救急出動件数は、前年比1,209件増の5万2,718件となっており、搬送人数も約2%増の4万8,329人で過去最多となっております。また、65歳以上の方のけがや病気による出動も全体の約60%に達しております。一方で、救急車が現場に急行したものの搬送を拒否されたり、いたずらだったりした件数は4,837件に達し、このうち救急隊が観察の結果、緊急性が低いと判断したものが765件ありました。真に緊急搬送が必要な方に支障を来さないよう、適正利用を呼びかけるべきでありますが、そのための広報、周知のあり方について、見解を伺います。以上です。



○主査(日野雄二君) 市長。



◎市長(北橋健治君) 木畑委員から、消防局における女性の活躍の支援の状況などについて御質問がございました。

 本市における女性活躍推進の基本的な考えでありますが、本市が高い組織力を持って、市民のためによりよい仕事をしていくためには、性別にかかわらず、職員一人一人がその意欲、能力を十分に発揮することが求められます。そのような中、本市は平成20年8月に女性活躍推進アクションプランを策定いたしました。計画期間は、平成20年度から平成30年度であります。本市も初めて女性の副市長を招きまして、麻田副市長を交えて、疾風怒とうのような議論を行って、この計画をまとめたわけであります。全国に先駆けまして、女性職員の計画的な育成、また、ワーク・ライフ・バランスの推進など、女性の活躍推進に向けた取り組みを実施してまいりました。このたび、アベノミクスの一環で、女性の活躍推進を大きな目標に据えたことを、大変心強く思っております。特に、日本全体の成長戦略の中に、普通は経済だとか産業振興だとかあると思うのですけれど、このテーマを大きく取り上げたということは、私は非常にすばらしいことだと思います。

 さて、私どもの取り組みの結果、現時点でどうかということなのですが、女性自身の意欲の向上や、女性のチャレンジを応援する組織風土への変化などが見られ、女性管理職の比率についても、プランを策定したときの6.2%、これは当時、17政令市の中で把握した中では13番目でした。下位のほうにありました。しかし、平成25年度には12%になりまして、20政令市の中で3位であります。このように、これまでの取り組みの成果があらわれてきております。来年度から始まる第2期の計画におきましても、組織一体となって、更なる女性活躍推進に向けた取り組みを着実に進めてまいりたいと考えております。

 さて、消防局職員のことでありますが、女性の消防職員は、九州で最も早く採用したのは本市であります。昭和62年からです。平成25年4月1日現在で40名であり、全職員に占める女性職員の比率は、政令指定都市ではトップクラスであります。採用当初は、庶務、火災予防などの事務職のみに限定した配置でありましたが、順次、災害対応などを行う職場へ、職域拡大を図ってきたところです。具体的には、平成8年度から救急隊へ、その後、119番を受信する指令センターへ配置を行いました。また、平成25年度からは、男性職員と同様に消火活動を行う消防隊に配置することで、活躍の場が広がっております。このような取り組みによりまして、救急隊に配置した職員には、特に女性の患者から、自分の症状について率直に相談しやすい、また、指令センターへ配置した職員については、きめ細やかな優しい応対で話しやすいと感謝されておりまして、女性特有のソフトな対応、気配りが、市民サービスの向上につながっているのではないかと考えております。

 委員御指摘のとおり、昭和62年からの採用のために、40歳以下の女性職員が85%です。まだ若く、経験が少ないという現状にあるわけです。今後、より一層、管理監督者の意識改革を図るとともに、主要なポジションにも女性を積極的に配置することで、キャリアの形成を支援し、女性がいきいきと活躍できる職場の環境づくりに努めてまいります。

 診療所火災を受けて実施した改善策について、また、進捗状況について、御質問がありました。

 昨年10月11日未明に発生した福岡市の診療所火災を受けまして、消防局と建築都市局合同で、直ちに市内の有床診療所及び病院224施設に対し、緊急の特別査察を実施しました。当初、126件の指摘があった90施設に対しましては、引き続き是正指導を行った結果、建築基準法に基づく指摘があった36施設については、改善工事中が13施設、改善計画作成中が12施設、改善指導中が11施設でありました。消防法に基づく指摘があった71施設についてみると、改善済みが53施設、改善指導中が18施設でありました。今後も継続した追跡指導を行い、是正を図ってまいります。

 改善が進まない理由でありますが、施設を使用しながらの工事という制約があります。このため、工事計画の作成、改善方法などの検討を含めて、一定期間の時間を要していることが考えられます。定期報告制度における有床診療所の指定追加についてですが、ことし1月に北九州市建築基準法施行細則の改正を行い、4月から施行することとしております。現在、制度の円滑な実施に向け、周知活動を行っているところです。今後とも、関係部局の連携を強化し、違反の是正に取り組むとともに、安全・安心なまちづくりのために、効果的な防火安全対策を積極的に推進してまいります。

 救急車などの緊急車両に、ETCを設置してはどうかという御提案をいただいております。

 本市におきましては、消防車、救急車などの緊急車両が、消火活動、人命救助のため、市内で発生するさまざまな事故、災害に対し、年間5万9,000件以上の緊急出動を行っております。これらの緊急車両につきましては、一刻も早く災害現場に到着し、消火、救急活動などを行う必要があります。このため、道路交通法により、都市高速道路などへの進入に際しましても、一般車両は緊急車両に進路を譲らなければならないとされているわけです。しかしながら、委員御指摘のように、渋滞により通行に支障を来すケースがあるのも事実であります。このことから、一刻も早く災害現場に到着するため、都市高速道路などの料金所へのスムーズな通行が可能となる緊急車両へのETCの設置は、喫緊の課題であると認識しております。まずは、緊急出動が多い救急車につきまして、全車両25台に対して、今年度内にETCが設置できるように、関係機関と協議を行っております。いずれにしても、市民の生命、財産を守る消防車、救急車の迅速、確実な緊急走行実現のため、ETCの設置など必要な改善に、今後とも努力してまいります。

 救急車の適正利用に係る広報、周知について御質問がございました。

 救急出動件数につきましては、高齢化、核家族化の進展を踏まえ、今後も増加する見込みです。救急車の適正利用は、引き続き重点的に取り組むべき課題であります。市民からの救急要請については、まず、119番通報を受信する段階で消防司令センターが判別を行いますが、要領を得ない通報や状況が不明確な場合には、念のために救急車を出動させております。

 救急隊は、現場到着後いかなる場合においても、規定に基づき、患者の観察、血圧、呼吸、会話などの確認を行いまして、緊急度を判定しています。この中で、軽い切り傷や打撲などの場合には、本人や家族などに観察結果を説明して、救急車以外で病院に行くようにお願いしております。これまでも年間を通じて、適正利用の呼びかけを積極的に行っておりますが、具体的に申しますと、適正利用に係るチラシやポスターなどの作成・配布や、市政だより、テレビなどのメディアを通じた情報発信、JR小倉駅周辺に設置された大型ビジョンでの長期的な啓発、地域の会合やイベントなどにおける実態の周知、年間約4万5,000人に実施している応急手当講習の中での周知などを行っています。特に、平成22年度から実施しておりますスクール救命士事業におきまして、小学生から救急車の大切さなどを教え、生涯学習的に救急行政の重要性を学んでいただいているところであります。今後も、地域や医師会などとも連携を強化しながら、救急車の適正利用を推進し、救急医療資源の確保に努めてまいります。私からは以上であります。



○主査(日野雄二君) 木畑委員。



◆委員(木畑広宣君) 御答弁ありがとうございました。消防局の皆様には、本当に昼夜にかかわらず、災害の最前線でのご尽力に心から敬意を表します。それでは、第2質問をさせていただきます。まず1点目の女性消防職員についてです。消防職員数961名に対して、女性が40名の4.1%と、そもそも女性の割合が非常に少ないと感じます。先ほども質疑の中で触れさせていただきましたが、消防は男性の職場というイメージが強くありまして、また、女性職員の採用年数が浅いということは承知をしておりますが、今後の女性消防職員の採用に向けたお考えや取り組み、また、管理職への女性登用に向けた目標値などがあればお聞かせください。



○主査(日野雄二君) 消防局長。



◎消防局長(石松秀喜君) 女性職員の採用につきましては、前年度までは女性枠というものを設けていたのですけれども、今年度からは女性枠を取っ払いまして、男女同じように採用するようにしております。それから、管理職につきましては、市長の答弁にもありましたけれども、まだまだ女性職員は年齢も若く、人数もまだ限られておりますので、今後、環境づくりから進めて、育成にまず努めたいというふうに考えております。以上でございます。



○主査(日野雄二君) 市長。



◎市長(北橋健治君) 委員もよく御存じだと思いますが、北九州から初めて、女性隊員が消防救助技術大会に出ました。すばらしい成果を上げまして、救急救命で腕を磨いて優秀賞ということで、女性で全国初めてという、そういう女性職員も出てきております。そういった意味では、横浜市、大阪市というのは管理職が1名ずついるのですけれども、かなり採用している人数も多いわけです。ぜひ、そこは関東の横浜、関西の大阪、西日本の北九州となるように、これは、人材を育てるということであります。また、採用という課題もありますけれども、ぜひ女性が消防の世界で頑張っていけるように、精一杯の努力はさせていただきたいと思います。



○主査(日野雄二君) 木畑委員。



◆委員(木畑広宣君) ありがとうございます。例えば本市にも、女性が活躍できる場所の1つとして、指令センターに女性職員の方がいらっしゃいますけれども、通報者の中には、本当に慌てておられる方とか、一方的に電話を切ってしまう方もおられますが、そのような方からいかに迅速に、的確な情報を聞き出して、現場までつなげていくかが重要となりますが、今後、このような現場で女性が指揮をとり、女性の持ち味を存分に発揮し、活躍ができるような職場環境づくりを、消防局だからこそ、ぜひ率先していただきたいと要望させていただきます。

 次に、2点目の病院及び有床診療所の緊急点検についてです。点検結果で防火上の指摘があった90施設のうち、病院19施設、あと有床診療所71施設に指摘がありましたが、この病院19施設、これは建築都市局になるかと思いますが、病院については建築基準法に基づく定期報告制度の指定施設になっているかと思いますが、これは定期報告義務があるにもかかわらず指摘のあった病院19施設について、見解をお伺いします。



○主査(日野雄二君) 建築都市局長。



◎建築都市局長(大関達也君) 今、委員から指摘された数がございましたけれども、これは定期報告制度できちんと市に報告しなければなりません。残念ながらこういう結果になっておりますので、私ども、これについては病院を経営されている方に指導していきたいと思っております。以上でございます。



○主査(日野雄二君) 木畑委員。



◆委員(木畑広宣君) ありがとうございました。ぜひ指導の強化をお願いします。本市におきましては、福祉・医療関連施設防火安全対策連絡会議を設置しましたが、今後、福岡市のような火災が二度と起きないよう、関係局で緊密な連携を図っていただき、徹底した防火安全対策をお願いとして、要望とさせていただきます。

 次に、3点目の緊急車両へのETC設置については、今年度内をめどに、まずは救急車25台への設置に向けて取り組んでいただき、まことにありがとうございます。本当に一刻を争う事態に命を守るために、何とぞよろしくお願いいたします。

 最後の4点目の緊急出動については、本当に緊急搬送が必要な方に支障を来さないよう、最大限の努力と取り組みを強くお願いして、要望とさせていただきます。消防局の皆様には、市民の安全・安心、また、市民の命を守るために、今後ともよろしくお願いして、以上で質問を終わらせていただきます。



○主査(日野雄二君) 進行します。日本共産党。荒川委員。



◆委員(荒川徹君) 私からは、社会保障・税番号制度対応事業についてお尋ねしたいと思います。

 社会保障・税番号制度については、現時点で政令、省令が発表されていないということで、詳細なところははっきりしていないということであります。ただ、国民一人一人に原則不変の個人番号を付番し、個人情報をこれによって照合できる仕組みをつくるということは、プライバシーの侵害や成り済ましなどの犯罪を常態化するおそれがあること、また、システム構築のための初期投資が、本市だけでも約8億円、国全体では3,000億円ともされる巨額プロジェクトであり、新たな国民負担が求められることになりかねないこと、更に、社会保障の分野では、給付削減の手段とされかねないことなどが懸念されております。そこで尋ねます。

 第1に、本市は国に対し、個人情報の管理やセキュリティー等が個々の自治体だけでは対処できない課題として、国の責任で確実に対応することを求めております。かつて住民基本台帳ネットワークシステムにおいて、本市でもいわゆる成り済まし事件があったことを考えれば、今回のシステムによる個人情報の流出や成り済まし事件が絶対に発生することのないよう、厳しく臨むべきだと考えますが、答弁を求めます。

 第2に、経費についても、国に対し、国家的な情報基盤整備であるとして、全額国庫負担を求めております。平成26年度予算では、市全体で1億5,700万円が計上されております。また、先ほど指摘しましたように、平成29年度までのシステム整備費用として約8億円程度が見込まれております。厳しい財政事情の中で、費用負担については、国に強力に求めるべきであると考えますが、市の要望に対する国の対応及び見通しについて伺います。以上です。



○主査(日野雄二君) 石田委員。



◆委員(石田康高君) 私のほうから、脱原発宣言で安全・安心の北九州をについてお尋ねしたいと思います。

 原子力規制委員会が、川内原発の再稼働を最初に認めるとの報道がなされておりますけれども、規制委員会は基準に適合しているかの判断をするだけで、安全性の判断は地元、事業者、政府の判断だとしております。つまり、基準に適合しても、安全性は担保されないということであります。特に、住民の避難計画の策定を、再稼働の条件にしていないことは、重大な問題であります。新潟県の泉田知事は、柏崎刈羽原発の5キロ圏内に2万2,000人、30キロ圏内に46万7,000人が住んでおり、地震、津波の複合災害のもとで、46万7,000人を避難させる計画をつくれというのは、現実からかい離しており、福島の事故検証と総括をするまでは、再稼働は手続を含め、議論しないというふうに述べられております。本市は、玄海原発から100キロ圏内ではあっても、風向きによっては、放射能が及ぶことは、十分考えられる位置にあります。市長は、安全性を誰も確認せず、再稼働をさせようとする動きに対して、脱原発宣言を行い、市民の安全・安心を確保するべきではありませんか。答弁を求めます。



○主査(日野雄二君) 市長。



◎市長(北橋健治君) まず荒川委員から、社会保障・税番号制度対応事業について御質問がございました。

 この制度は、複数の行政機関に存在する個人の情報を、新たに付番する個人番号によって情報連携するための社会インフラであります。社会保障制度及び税制における公平・公正な給付と負担の確保や、並びに国民の利便性の向上や行政の効率化などを目的に、平成27年度から段階的な導入が予定されています。

 この番号制度導入に当たり、国は個人情報の漏えいや不正利用などを防ぐために、社会保障、税、災害の3分野以外での個人番号の利用を禁止すること、国の第三者機関である特定個人情報保護委員会による監視・監督、また、情報システムの利用者の厳格化や個人番号の暗号化、また、罰則の強化など、制度面、及びシステム面の両面から対策を講じることとしています。また、成り済まし対策については、新しく発行を予定しております、個人番号カードの申請・発行手続きなどの詳細が定められていく中で、国の対策は明らかになっていくものと考えておりますが、本市におきましても、窓口での本人確認の厳格化などによって、成り済ましによる個人番号カードの不正取得の防止に努めるつもりであります。

 次に、国庫負担の件ですが、指定都市市長会及び指定都市議長会の連名によって、来年度の国の施策及び予算に関する提案において、制度は国家的な情報基盤整備であることから、その経費は全額国庫負担とすることを要請いたしました。この要請については、総務省からは住民基本台帳システム、税務システムなどの改修費用を、また、厚生労働省からは国民年金システム、生活保護システム、介護保険システムなどの改修費用に対し、3分の2の国庫補助と、残り3分の1の交付税措置、もしくは全額の国庫補助を行うという通知があったところです。

 しかしながら、現時点におきましては、補助対象となっていないシステムがあることや、新たなネットワーク整備に必要な経費が補助対象外となっているなど、財政措置が不十分な面もあると考えております。こうしたことから、本市としては、引き続き国に対して、番号制度に係る経費負担について、指定都市市長会などを通じて要請を行ってまいりたいと考えております。

 石田委員から、脱原発宣言を行うべきであるという趣旨の御質問をいただきました。

 福島原発の事故を経験して、国民の多くが脱原発を望んでいることは、心情的に理解しております。私自身、長期的に見た場合に、原発依存度を低減させる方向性が望ましいと考えており、これまでも、その趣旨で繰り返し申し上げてまいりました。国民生活、また、産業活動に与える影響を考えますと、直ちに原発ゼロというのは、慎重な分析、対応も必要ではないかと考えています。また、原発の代替エネルギーとして期待される再生可能エネルギーは、経済性や安定性において、すぐに原発に取ってかわれるものではないことも事実であると思います。原発を含むエネルギー政策は、国家運営の基本となる極めて重要なものであります。国民の安全・安心の確保はもとより、資源の乏しい我が国の生活の基盤や経済の基盤を支えていくために、いかにして電力を安定的に確保するか、そうした点について適切な対応が求められます。

 政府は、当面の電力需要に対応するため、平成25年7月、原子力規制委員会が策定した新たな基準に適合する原発は再稼働するとして、ことし2月現在、8社10カ所の原子力発電所で、17基の原発が規制委員会の審査を受けていると聞いております。先日公表された新たなエネルギー基本計画の政府案によりますと、原子力発電は、安全性の確保を大前提に、エネルギー需給構造の安定性に寄与するベースロード電源と位置づける、また、原発依存度については、省エネルギー、再生可能エネルギーの導入や、火力発電所の効率化などにより、可能な限り低減させるとされているところであります。このように、原発の再稼働やエネルギー政策については、国の責任において具体的に議論が進められているところであります。その動向を市としても注視してまいりたいと考えておりますが、国民の原発に対する不安が今なお大きいという現実を踏まえ、政府においては、原発の安全性の確保はもとより、国民に対する説明を十分に行い、理解が得られるように努めていただきたいと考えます。

 本市としましては、これまで、太陽光や風力など、多様な再生可能エネルギーを、率先して導入を図ってまいりました。ないのは原子力と地熱くらいであります。今後も、再生可能エネルギーの普及、地域としてのエネルギーマネジメントの実施という面で、環境未来都市として先導的な役割を果たし、日本全体に貢献できるよう取り組んでまいります。私からは以上です。



○主査(日野雄二君) 荒川委員。



◆委員(荒川徹君) 今答弁いただきましたが、本市では、市民の利便性向上をうたって導入した住民基本台帳ネットワークシステム構築、これに当時2億7,800万円を投入したとされております。しかし、昨年12月現在の住基カードの発行件数は、市民のわずか5.14%、5万件強にすぎません。多額の経費をつぎ込んで始めたこの住基ネットについて、今そういう状況でありますので、まずはしっかり検証が必要ではないかというふうに思いますが、これについてお尋ねしたい。それと、この住民基本台帳カードの発行において、制度スタート間もないころ、最初の成り済まし事件が発覚いたしました。そのために現場では、再発防止のため厳格な本人確認の手順を徹底したはずであります。しかし、昨年も組織的な、いわゆる成り済まし事件が起こっております。今回の共通番号法のシステムでは、今後、情報提供等記録開示システム、いわゆるマイ・ポータルとして、行政機関などが持っている特定個人情報について、本人自身が確認する機能を設置するというふうにしております。仮に、成り済ましの被害を受けた場合、本人が気づかないうちに、成り済ました者が所得を含めた他人の個人情報を不正に利用するという問題が起こることになります。更に、共通番号法の附則では、個人番号の利用拡大及び情報提供ネットワークシステムを活用した特定個人情報の提供の範囲を拡大する、というふうに明記されておりまして、利用拡大が進めば進むほど、その被害が拡大するということになるのではないかという懸念を持っております。我が党は、個別分野での番号利用自体を全否定しているわけではありませんが、今回のシステムについては、今指摘したような問題がやはりきちんと解決されなければならないという立場で臨んでいるところであります。答弁を求めたいと思います。



○主査(日野雄二君) 総務企画局長。



◎総務企画局長(井上勲君) 住基カードにつきましては、確かに制度導入しまして、どちらかというとインターネット申請とか、公的な身分証明書という形で制度の活用というのは図られたと思いますけれども、なかなかうまく利用が拡大していかなかったというのは事実でございます。こういう中で、今回、個人番号カード、マイナンバーというのが導入されました。この中で、荒川委員が言われるように、個人情報、それからプライバシーの問題と、そういったところが非常に懸念されるところだと思います。国のほうでも、先ほど市長が答弁しましたように、いろいろな形で個人番号の利用範囲を限定して、第三者機関がしっかり監視するとか、例えば我々が利用する場合、利用の範囲をしっかり限定していくと。そういったことで、誰でもそこにアクセスできるような形にはしないよう、制度面とかシステム面の対応もとるようにしています。それから、一番大きいのが先ほど言いました成り済ましの関係で、カードを不正に取得するというところがあると思いますけれども、やはり国の詳細な制度設計というのがまだはっきりわからない中で、国のほうもまだ対策というのを十分とられてないと思いますけれども、私ども、現行でやっているのは、本人確認をとるのをしっかりやっていますので、こういった中で、またこれをもう少し充実した形ができるかどうか、それとともに含めてこれからしっかりやっていきたいと思います。



○主査(日野雄二君) 荒川委員。



◆委員(荒川徹君) 政省令がまだ発表されておりませんので、今後引き続き議論していきたいというふうに思います。以上です。



○主査(日野雄二君) 石田委員。



◆委員(石田康高君) 再度、脱原発問題でお尋ねしたいと思います。御承知のように、原発は動かすだけで使用済み核燃料、いわゆる核のごみを生み出しますが、それを保管するプールについて、玄海原発の残容量を市長は御存じでしょうか。お答えください。



○主査(日野雄二君) 市長。



◎市長(北橋健治君) 具体的な数値は知りません。



○主査(日野雄二君) 石田委員。



◆委員(石田康高君) 一昨年、我が党市議団は玄海原発の調査に入りました。そのときの現地、九電側の説明を受けましたけれども、保管プールの残容量はあと1年半だということでした。その後は、処理方法が全くないというのが現状であります。原発は、過酷事故が起こると、それを前提に基準をつくっておりますけれども、そして再稼働に、今審査が行われています。しかし、先ほど最初の質問で指摘しましたように、審査には避難計画は対象とされておりません。新潟県の泉田知事が、福島の事故で、住民避難や物資支援のため、新潟からバスやトラックを出しましたけれども、民間の運転手は危険地帯に入ることを拒否しました。避難指示が出ているところに民間人を入れるのは極めて困難だとして、アメリカでは、救助に行く任務を負う州兵の存在を、この場で指摘されております。現にアメリカでは、避難計画の策定が原発の運転条件となっており、避難先、どの方法でどの道路を通るかも定め、救助には州兵や地元の保安官が対応することになっており、最良の避難方法が地域ごとに策定されています。福島原発事故の原因が、地震なのか津波なのか全く不明なまま、放射能汚染水は垂れ流し続けられ、14万人が避難生活を余儀なくされている福島で、ついに震災関連死が震災で亡くなられた方を上回りました。ここで市長にも聞いていただきたいのだけど、福島から北海道の富良野に避難されている中里さんの手記を紹介したいと思います。人家の明かりもなければ車のライトもない。高い送電鉄塔の上に赤いライトだけが点滅している。音も聞こえない。人の営みがあれば、子供の声やテレビの音声が聞こえたり、防災無線のアナウンス、救急車の音、犬の鳴き声などがあるはずなのに、半径20キロメートル、人っ子一人いなく、暗闇だけが支配している世界をイメージしてみてください。自然災害ではありません。人災です。事故原因を究明しないまま、そして責任の所在を曖昧にしたまま、今もってふえ続ける汚染水をコントロールできないままで原発を再稼働するということは、いかなる理由を掲げようが、犯罪行為と言わざるを得ません。この中里さんの手記にも示されているように、この惨状の中、避難計画もないままの再稼働に対して、国の動きを注視するという市長の答弁、果たしてそれでよいのでしょうか。住民が犠牲になる再稼働に反対の意思を表明することこそ、安全・安心の北橋市長の責任ある態度と私は思います。そのために、脱原発宣言を求めているわけですけれども、改めて、市長の決意、思いについて、お答えをいただきたいと思います。以上。



○主査(日野雄二君) 市長。



◎市長(北橋健治君) 国民の中に原子力発電に対するさまざまな思いが渦巻いていることは、自分も承知いたしております。ただ、その一つ一つについて、論点を申し上げる時間もありませんが、やはりこのエネルギーの根幹というのは、国家が責任をもって決めることだと思います。それは安全対策も含めて。それを国民に丁寧に説明をすることだと思います。それぞれの地方自治体、住民にいろんな意見があろうかと思いますが、基本はやはり国家としての政府の選択を見守るというのが、地方自治体の基本的な姿勢ではないかと思います。その過程におきまして、例えば、議会において決議がなされるとか、またそういう目に見える形で何らかの行動を北九州市民からも起こすべきだという状況が、もし生まれれば、それはそれとして大変重いことではありますが、現時点におきまして、自分としましては、政府の選択と国民への説明を注意深く見守るということであります。



○主査(日野雄二君) 石田委員。



◆委員(石田康高君) 時間がありませんので、最後に、要望というよりも意見として聞いていただきたいのですけれども、東日本大震災の、ことし2月末時点の死者が1万5,884人、このうち岩手、宮城、福島の3県で見つかった98人の遺体の身元が確認されていません。中でも福島が一番多いです。放射能で汚染されていますので、調査にすら入れないという事態です。放射能汚染水の問題は、毎日、テレビで報道されておりますし、コントロールされているという表現が本当にむなしく聞こえます。こういう中で、安全かどうかという判断が、市長はエネルギー政策の基本は国家が決めることだということなのだけれども、住民が実際に被害にあっている。そして、先ほど中里さんの手記も紹介させていただきましたけれども、過酷事故が起こって、避難しなければならないけれども、審査の中に避難計画を策定するということも全く除外されている。世界一厳しい基準だというふうに安倍総理は言っていますけれども、私に言わせたら、そんなことは、とてもではないけれども言えるような代物ではありません。住民が避難できないのですよ。避難計画すらない。そういう中で、私たち自治体に関係する人間として、意見を言うべきだというふうに私は思います。そのことを、改めて市長に求めておきたいというふうに思います。終わります。



○主査(日野雄二君) 進行いたします。日本維新の会。平原委員。



◆委員(平原潤君) 先ほどハートフル北九州のほうからありましたが、私からも公共施設のマネジメントについて、少し視点を変えてお尋ねしたいと思います。

 行財政改革大綱の中で、選択と集中という観点から、現在及び将来のニーズを見据えて公共施設を再構築するという基本的な考え方が示されています。この公共施設マネジメントに当たっては、単に老朽化した施設から順に廃止していくのではなく、30年後、50年後のこの都市のどの地域にどのような役割を担ってもらうか、そして、そこにどのような施設が必要かという都市全体のグランドデザインが必要と考えます。そこでお尋ねします。

 まず、先日の本会議において、市長から専任の副市長の設置や建築都市局へ専任組織の設置が表明されましたが、副市長や専任組織の役割として、私自身はこの都市全体のグランドデザインが示されることを期待しておるのですが、副市長や専任組織の役割について、市長の見解をお尋ねします。

 次に、大綱の中で、老朽化した施設の更新に当たっては、単独の更新は行わず他の公共施設との複合化や多機能化が前提とされております。しかし、この更新時期を待たずとも、例えば小学校のグラウンドにナイターの設備を設けて総合型地域スポーツクラブなどが利用できるようにするなど、現在ある施設の複合や多機能化を先んじて進めることで、市民サービスが充実していくと考えます。これにより、市民が現在の保有量の維持に頼らない市民サービスの提供を実感することができ、総量抑制に対する理解が進む環境づくりができるのではないかというふうに考えますが、この2点について見解をお尋ねします。



○主査(日野雄二君) 市長。



◎市長(北橋健治君) 平原委員から、公共施設のマネジメントに関連して御質問がございました。

 このマネジメントの推進体制でありますが、行財政改革調査会からは、市としての全体最適の役割を担う、強力な権限を持った専任組織の設置が必要という答申がありました。大綱にも、その方針を掲げまして、これまで組織のあり方について検討を重ね、本会議で表明したところであります。この公共施設マネジメントにつきましては、総量抑制のみならず、施設の再配置、リノベーション、移転・廃止後の跡地利用、更にはそれらを活用した町なかのにぎわいづくりなど、都市の再構築といった視点もあわせて必要になります。このため、都市基盤整備を担当する建築都市局に、専任組織を新たに配置し、専任の理事職もあわせて配属することにしたものであります。今後、マネジメントを進める過程にありまして、さまざまな難しい場面も生じると思いますが、これらを乗り越えて、スピード感を持って着実に成果を上げるためには、強力な推進力、柔軟な調整力が必要です。それを発揮し、よりよい方向性を示していくことが重要で、こうした大局的な視点に立ったリーダーシップが望まれますので、特命担当する副市長を新たに設置することといたしました。

 マネジメントの推進につきましては、行財政改革大綱や推進計画でお示ししているように、まずは公共施設の現状や課題などに関する市民への説明、施設分野別の実行計画の策定、門司港・大里地区における老朽施設の再配置計画づくりなどに着手することになります。本市としても初めての取り組みで、新設する副市長並びに専任組織がかじ取り役となって、市全体の公共施設のあり方を示す、しっかりとした将来計画を策定することが重要であります。今後、より厳しい社会・経済環境なども予測されている中、次の50年に向けて本市が力強く歩み出せるように、副市長並びに専任組織を核に、全庁一丸となって公共施設マネジメントを着実に推進してまいります。

 小学校のグラウンドにナイター設備を設置するという提案がございました。

 本市の公共施設は、行財政改革調査会からも指摘されていますが、五市対等合併の経緯やタテ割り組織の中で施設の整備が進められたことなどから、設置された経緯や目的は異なるものの、結果的に施設機能や仕様が同じような施設が、旧市ごと、あるいは区ごとに設置されているという特徴があります。各施設分野における今後のあり方などについて、来年度から検討を進めるわけですが、資産の有効活用や市民サービスの向上という観点から、こうした施設機能や仕様が同じような施設について、多用途・多目的での市民利用が可能となるように位置づけを見直したり、運用面での工夫を行うなど、複合化・多機能化に取り組む必要があると考えております。

 御指摘の学校施設でありますが、本市では、土日の遊び場開放のほか、平日や休日の夜間に、学校の体育館、武道場、運動場を開放するスポーツ開放に取り組んでおります。また、学校の照明設備については、現在7つの中学校に整備しており、このうち5校でスポーツ開放が行われております。学校施設については、教育施設であると同時に、身近な公共施設という側面もあることから、行財政改革大綱や推進計画にお示ししているように、学校運営に配慮しつつ、学校施設の開放について、引き続き取り組むことにしております。

 いずれにしても、マネジメントの取り組みに当たりましては、本市の厳しい財政状況を踏まえ、施設の総量は抑制しつつ、市民が現在の保有量の維持に頼らない市民サービスの提供を実感できるように、複合化・多機能化などによって限られた資産を有効に活用できる取り組みを進めてまいりたいと考えております。以上です。



○主査(日野雄二君) 平原委員。



◆委員(平原潤君) 御答弁ありがとうございました。公共施設のマネジメントについて、個々の施設についての必要の可否を問うのではなくて、やはり目に見える形で全体の設計図を示して、大きな議論の中で方向性というものが決められるということが望ましいのではないかというふうに、私自身は考えております。そういう意味で、グランドデザインを示していただきたいという考えでおりますので、御検討をいただきたいということを要望いたしまして、質疑を終わらせていただきたいと思います。



○主査(日野雄二君) 進行いたします。みんなの党。佐藤委員。



◆委員(佐藤栄作君) 私からは1点、スポーツコミッションについてお尋ねいたします。

 さいたま市では、平成23年に本格的なスポーツコミッションとして、さいたまスポーツコミッション、SSCを創設しました。

 SSCは、市及び周辺地域にあるスポーツ資源や観光資源を最大限活用し、スポーツ大会の誘致や運営支援、またはスポーツ振興に寄与する事業を実施しています。

 本市でも、スポーツ大会の誘致や運営支援に関しては、西日本産業貿易コンベンション協会がその役割を担っていますが、一方で、SSCは大会の誘致や運営支援に限らず、スポーツをする人を側面から支援、協力するスポーツボランティアの普及発展の活動も推進しています。

 北九州マラソンも参加者とそれを支えるボランティアが一体となった結果が、大会の成功につながったのではないかと考えています。

 このように、大会の誘致や運営支援に限らず、スポーツボランティアの育成・支援など、スポーツ振興を総合的に推進するスポーツコミッションの創設を検討してはどうかと考えますが、見解を伺います。



○主査(日野雄二君) 市長。



◎市長(北橋健治君) 佐藤委員から、スポーツコミッションについての御質問であります。

 さいたまスポーツコミッションは、スポーツ大会の誘致、運営支援を行い、地域経済活性化、観光振興を図る組織として、平成23年10月に公益社団法人さいたま観光国際協会の中に設立されたと聞いております。設立後、約2年で100以上のスポーツイベントの誘致、支援を実施したと伺っています。一方、本市のスポーツ大会の誘致や運営支援でありますが、公益財団法人西日本産業貿易コンベンション協会とそれぞれの競技団体、市の担当部局が緊密に連携して取り組んでいます。誘致活動から会場の確保、財政支援、運営補助など、主催者をトータルでサポートし、その支援体制、制度は全国の競技団体から高い評価を得ており、多くの大会誘致につながっております。市制50周年にあたる平成25年度は、日本スポーツマスターズ2013北九州大会、政令市では初めての大会であります。全国大会などのインターハイでありますとか、全国大会などの大規模な大会が過去10年間で最高の41件開催されております。来年度につきましても、ソフトテニスのアジアシニア大会、また、知的障害のある方たちのスポーツ大会であるスペシャルオリンピックス2014福岡を初め、37件の国際大会、全国大会などが予定されております。

 大規模なスポーツ大会を円滑に運営するためには、多くのボランティアの御協力が不可欠でありますが、先日、大成功を収めた北九州マラソンにおきましても、4,700人ものボランティアの皆様に御活躍をいただきました。参加したランナーからも、非常に高く評価されたところであります。その他大規模イベントにおきましても、市民ボランティア、競技団体、体育推進委員、学校関係者など、多くの方々に御尽力をいただいております。このように、本市におけるスポーツ大会誘致に向けた体制、制度は、十分に整っていると考えており、今度とも、ボランティアの皆様との更なる連携強化についても、既存の体制の中でしっかりと取り組んでまいる方針であります。



○主査(日野雄二君) 佐藤委員。



◆委員(佐藤栄作君) ありがとうございました。今、言われましたように、さいたまスポーツコミッションというのは、スポーツ大会の誘致や運営支援に限らず、そのスポーツをする人を側面から支援、協力するという、そういったところにも、非常に力を入れているということであります。例えば、さいたまスポーツコミッションでは、スポーツボランティアバンクというものがありまして、それの登録者の募集であるとか、スポーツボランティアに登録しているボランティアの方々の紹介等、そういったところにも力を入れております。今、北九州マラソン4,700名のボランティアの方々が、北九州マラソンに間接的に、参加をしていただいて大会を盛り上げていただいたということなのですけれども、せっかく、この北九州マラソンを契機に、更に、このスポーツを通してまちづくりだったり、まちの魅力の向上に機運が高まっているというふうに思っておりますので、今そういったコンベンション協会で十分整っているというお答えであったのですけれども、ぜひとも、コンベンション協会の中に、こういったスポーツボランティアのバンクであったりとか、登録者を募集するというような機能をつけ加えていただければというふうに思います。今後、巨額の費用を投じて、新スタジアムを整備するわけでありますので、この施設を最大限活用して、町のにぎわい創出を図っていかなければなりません。また、新スタジアムに関しては、まだまだ反対、慎重という意見を持った市民の方々が多くおられます。こういった思いを持っている方々の理解を進めるためにも、我々議会、議員だったり、市長をはじめ、行政の皆様で知恵を絞って、この町のにぎわいに寄与する施設にしていく責任があるというふうに思っています。同時に、見るスポーツの充実とともに、それを支えるボランティアの支援、協力というものが、やはり町の魅力を高めるために、極めて重要であるというふうに思っておりますので、他都市の事例を参考にしながら、スポーツを通じた魅力あふれるまちづくりを推進していただきたい、そのように思います。また、コンベンション協会の中に、そういったスポーツボランティアバンクなどの創設、また、登録者の募集等を行っていただきたいと思うのですが、最後にもう一度、市長の方から何か意見がありましたらよろしくお願いします。



○主査(日野雄二君) 市長。



◎市長(北橋健治君) 御質問いただいたので、さいたまの例を、私なりにずっと資料を見てみたのですが、コンベンション協会で、ずっと成果を上げながら頑張ってきた、この役割だとか、この市民各界との交流を見てみると、似ているところも大変あると思うのです。さいたまには、観光国際協会の中に、このスポーツコミッションがありますが、私ども、西日本産業貿易コンベンション協会の中に、こういうスポーツ大会への支援体制があり、ここは、女流俳句の大会であるとか、文化事業何かについてもやっておりますし、また、ボランティア組織というものは外国語、文化体験などにおきまして、登録ボランティアを持ってますし、それから、地元企業などとの連携支援で、旅行者観光関連との連携を密にしておりますし、体育協会等競技団体とは、しょっちゅう交流をしております。また、市民ボランティアにつきましても、例えばスポーツ推進委員というのは地域で大変大きな役割を果たしていただいておるのですが、そういった方々との交流も行っております。一つ思いますのは、登録ボランティアというのをさいたまでやっております。私ども、どういう方々がこういう地域貢献で頑張っていらっしゃるか、この関係者、それぞれのスポーツ競技ごとに皆わかっているのですけれども、そのさいたまで行っている中で、さいたまに限りません、全国の自治体の中で先駆的に取り組んで、成果を上げている例というのは、いろんな分野においてあると思いますし、このスポーツコンベンションの問題につきましても、私どもコンベンション協会も非常によく頑張って成果をしっかり上げておりますので、そこをよくごらんいただきたいと。同時にさいたまの例も勉強はしたいと思います。



○主査(日野雄二君) 佐藤委員。



◆委員(佐藤栄作君) ありがとうございます。私も、コンベンション協会は、今すごく頑張っておられまして、北九州にスポーツ、いろんな競技だったり大会を誘致されているし、そういった意味でも、今後、北九州のスポーツとかかわっていくことは強化していかなければいけないなと思うので、コンベンション協会を、更に強化していただいて、市民の皆様、ボランティアの皆様と、共同してまちづくりをやっていきたいという思いがあって、御質問をさせていただきました。今後も、ハードに頼らないにぎわいづくり、まちづくりというものを、私なりに勉強しながら提案させていただきたいというふうに思っております。以上で質問を終わります。



○主査(日野雄二君) 進行いたします。ふくおかネット。山本委員。



◆委員(山本真理君) 私からは、北九州市自治基本条例についてお尋ねをさせていただきます。

 まちづくりの基本ルールで、よく地方自治体における憲法のような役割というふうに言われますけれども、この北九州市の自治基本条例は、地方分権改革の進展、社会・経済情勢の変化、市民活動の活発化などを鑑みて、住民自治の拡充の必要性や市民意思を踏まえた市政運営の必要性などから定められたというふうに説明をされております。策定に当たりましては、長期にわたる公募の市民も加えた北九州市自治基本条例検討委員会で検討をして、そしてその答申をもとに、必要なさまざまなプロセスを経て、私たち議会も含めて十分な審議を行った後、平成22年10月に施行されたところです。また、この中でも、議会の役割等も触れられているところですが、両輪となる北九州市議会基本条例も、同時に議会の内部で議論の後に制定され、市民に開かれた議会にしていくために、絶えず改革に努めているところだというふうに私自身感じているところです。

 さて、自治基本条例第7条の中に、子供の自治へのかかわりという項目がありまして、これは、なかなか私はよい項目だというふうに思っているのですが、この中で、子供は自治の主体であり年齢相応の自治の担い手であるとされ、そのために、自治の主体であることを自覚しながら成長できる環境を与えられなければならないと規定されています。そこで、平成26年度予算では、市民や子供たちへの周知、啓発などのための北九州市自治基本条例推進事業138万円が計上されておりまして、このことは評価したいというふうに思います。

 検討着手からは7年目、そして策定からは4年目となるわけですけれども、新年度、平成26年度に当たって、2点お尋ねをしたいと思います。

 まず、この条例制定については、市長の強い思いがあったというふうに承知をしておりますが、制定後の市長の思いをまずお伺いしたいと思います。

 2点目に、市民生活におけるこの自治基本条例の効果、影響について見解をお伺いしたいと思います。以上です。



○主査(日野雄二君) 市長。



◎市長(北橋健治君) 山本委員の自治基本条例に関する御質問にお答えをいたします。

 地方自治体では、地方分権改革の進展や、少子・高齢化の到来など、目まぐるしく時代が変化する中で、多様化する行政課題に対して的確に対応していくことが求められております。これまで幾多の困難な課題に対して、本市は、市民、議会、行政が英知を結集して、その解決に取り組んできたわけであります。そうした背景を踏まえまして、市民と議会と行政が一丸となって、新たな時代にふさわしいまちづくりのあり方を統一的な基本ルールとして定めて、平成22年10月に施行されたのが、自治基本条例であります。具体的には、市民参画の拡充、市民が市政運営に参加する機会の拡充であります。そして、その前提となる市と市民の情報の共有です。そして、市政運営の透明性の確保など、本市の自治の充実を図るための基本原則、仕組みをこの条例で定めたところであります。

 条例の目的であります、市民自治を確立する上で大切なことは、市民、議会、行政が条例の趣旨を踏まえて適切にそれぞれの役割を担うことであり、施行後においては、まずは、条例に対する理解を深める取り組みが重要と考え、市民への周知、市の職員に対する研修に努めてまいりました。市民への周知につきましては、市政だより、市政テレビでのPR、パンフレット、あわせて中学3年生が公民の授業で使用する副読本の作成などを実施しました。市の職員に対しては、新規採用職員から幹部職員まで、あらゆる階層を対象とした研修、全職員への条例手帳の配布などを行いました。こうした取り組みの結果、条例の意義についての認識は深まりつつあると感じております。最近では、フェイスブック、ツイッターといったSNSを始め、さまざまな媒体を活用して、市政に関する情報をできるだけわかりやすく提供するとともに、タウンミーティング、パブリックコメントの実施、市民などが参加する付属機関の設置など、施策形成の過程において、市民の意見を適切に反映させる取り組みを通じて、情報共有と市民参画の機会は、着実にふえてきていると感じております。最近では、市政の重要なテーマ、基本計画の見直しや行財政改革、新成長戦略、安全・安心条例の検討に際しまして、審議会での議論やパブリックコメントの実施など、その過程を、市民に公開して、さまざまな意見をいただきながら進めてきたところです。

 自治基本条例は、まちづくりの基本ルールを定めたものです。今後も、条例の趣旨を踏まえた取り組みを、一つ一つ積み重ねて、市民の思いを適切に市政に反映することで、市民自治を確かなものにしていきたいと考えております。



○主査(日野雄二君) 山本委員。



◆委員(山本真理君) 今、自治基本条例制定から4年目となるこの間の取り組みについて御説明をいただき、また、周知を進めてきたこと、参加の拡充等、市民がさまざまな機会を捉えて市政に参画する、そういうところを担保してきたというふうな御説明があったというふうに思うのですが、一方でさまざまな手段が準備されてきたとはいえ、参画する市民がどれだけふえているのかなというところに、実は少しまだ疑問がありまして、まだまだ本当の意味での市民自治、参画する市民をふやすという取り組みを、もっと強めていかなければいけないというふうに思っているわけなのですけれども、まずこの間、防災についての取り組みを進めてくる中で、片田教授が指摘されたことが2点あるというふうにお伺いをしております。そのうちの一つは、これは北九州には限らないのかもしれませんが、特に、北九州市民というのは行政が何でもやってくれる、行政が守ってくれるそういう思いが強いのだというふうに言われました。本当にこれは、伊豆大島の暴風災害を見ても、関係機関から、何かこう指令が出たり、何か避難の誘導がないと住民が動かないということ自体が問題だということなので、北九州だけのことではないのかもしれないのですが、この点について、私は改善すべきだと思うのですが、市長はどのようにお考えでしょうか、片田教授のこの御指摘について。



○主査(日野雄二君) 市長。



◎市長(北橋健治君) 片田先生から言われたことで、はっとしたことは、多くの方から、先生大丈夫ですよと、北九州市は災害に強いところですからと、昔、水害でえらい目に遭いましたけれどもと、そういう危機感が少ないことに驚いたと、これではいけないと、危機感を持つようにみんなで努力をしないといけないと言われました。先生から、いろんな意味で御指摘をいただいております。世界的にも有名な教授でありまして、私どもは釜石市との支援関係を持っているということも勘案して、北九州に腰を落ちつけていろんな御指導をいただいているのですが、ただ、参加される方の人数は、もっともっと多いほうがいいなと。別にこういった防災の車座集会に限りませんが、行政は、やはり法令に照らして、間違いなく仕事を確実にこなすということが、やはり公務員としての原点だと思うのです。最近は、コラボであるとか、いろんな方々と協働するということが、大事になってきてますけれども、やはりいろいろと呼びかけて、どんどん人を巻き込んでいくという、そういうことが、非常にうまい公務員もいるわけです。むしろ、そうやって飛び込んでいって、市民に関心を持って一緒に作業すると、そのほうが、コミュニケーションがよくなるという、公務員も活躍しているわけですけれども、課題として、もっともっとたくさんの人に触れ合って、何か大事なときには、たくさんの人に入ってもらえるような、そういう意味での、市民とのいろんなことでの共有というのを課題だと感じています。パブコメについて人数を見ると、大事な機会だと思うのですが、少ないのです。これは、政府の調査が昔あって、あなたパブコメ知っていますかと聞いたら、8割ぐらいの人が知らないと答えたという衝撃の数字がありましたけれども、やはり、まだまだ我が市に限らず、やはり、行政からの発信、市民の参加という面については大きなテーマだと改めて自覚し、努力が必要だと思います。



○主査(日野雄二君) 山本委員。



◆委員(山本真理君) ありがとうございます。今は、防災についての観点から、少し加えて市民参画をもっとふやすべきではないかという話をお聞きしたわけなのですが、次に、自治会との協働の話が、コラボレーションの話が出たわけなのですけれども、自治会との協働のあり方の見直しをしてはどうかというふうに、ちょっと最近感じておりますので、この点についてお伺いをしたいと思います。自治会のところで、そもそも、もともと持っている機能とか、いろんな部分があるかと思うのですが、加えて、その機能の一部として、行政との協働というか、いろんな事務委託を受けて動いたり、あるいは、さまざまな大会などへの動員、という言い方がふさわしいのかどうかわかりませんが、そういうさまざまなことが結構あって、高齢化が進んでいる現在、担い手もなかなか変わっていかない中で、少しずつこれが負担になってきているのだという議論が、私の所属する委員会のところでは、この間ずっとあっております。それで考えてみれば、この間支えてきていただいたということは、非常にありがたいことなのですが、この協働のあり方、あるいは中身というものを精査して、一つ一つ見直していく必要があるのではないかなというふうな思いを持っております。また、自治ということを、そもそもやはり、自治の力を強めていくということを考えたときに、真面目な市民の方が非常に多いと思いますので、どうしても、言われたらやはりやらざるを得ない。言われたからやるというのはあるのですけれども、これからの世の中に向けて、検討していただきたいと思います。



○主査(日野雄二君) 時間がなくなりました。

 以上で市長質疑を終わります。

 次回は3月25日午前10時から分科会報告の取りまとめを行います。

 本日は以上で閉会します。

                              閉会 午後2時55分





会議の経過

              平成26年度予算特別委員会市長質疑記録

          第2分科会(環境建設委員会及び保健病院委員会所管分)

                              開会 午後3時20分



○主査(大久保無我君) 開会します。

 議案第1号のうち所管分、2号、3号、12号のうち所管分、14号、16号、18号、22号、27号、33号のうち所管分、34号から38号まで、40号、41号、54号、63号及び78号の以上20件を一括して議題とします。

 ただいまから、市長質疑を行います。質疑時間は2時間程度となっております。質疑の持ち時間は、日本維新の会及び地域の声は12分、その他の会派は24分でお願いします。

 審査の方法は、会派ごとに一括質疑・一括答弁とし、大会派順に行います。なお、市長答弁は着席のままで受けます。

 質疑に入ります。自由民主党。佐藤委員。



◆委員(佐藤茂君) 私からは、市民のごみ出しマナーの現状についてお伺いいたします。

 私は、一部の市民がごみ出しのマナーを守っていないために、まちの環境が破壊されている問題の解決に取り組んできました。そして、この問題を解決するには、ごみ出しのマナーの内容を充実させることやマナーの効力を強め、義務であるルールとして定めることが不可欠であると考えております。

 その理由は、市民の皆さんの切実な声を受けたからであります。私は、昨年からごみ問題を考える市民との対話集会を開催してきました。そこでは、ごみ出しのマナーを守らない者がいるために困っている市民の皆さんから多くの意見が寄せられました。

 また、私は、今年に入って、自由民主党・無所属の会の各議員の協力も得て、ごみ出しマナーのルール化についての市民アンケートを行いました。

 アンケートでは、約7割の市民が、ごみ出しのマナーについて、守らない人がいるために困ったこと、不快に思ったことがあると答えています。困ったこと等の主な項目では、日時を守らない、分別をしない、防鳥ネットをかぶせないなどであり、アンケートに答えた市民の皆さんの日常の苦労が十分にうかがえる結果となっております。その上で、日時、場所、防鳥ネットの設置など適正なごみ出しに必要な項目を体系的にルール化し、単なるマナーではなく市民の具体的な義務として周知してほしいという回答が8割を超えました。

 本市は、ごみ減量等、全国に先駆けて先進的な環境施策を実現していますが、市民に最も身近な環境マナーであるごみ出しのマナーが守られず、マナーを守っている市民が不快な思いをしていたのでは、真の環境首都とは、到底言えないのではないでしょうか。

 そこで、市長として、今後どのようにしてごみ出しのマナーを徹底し、違反する者をなくしていくか、考えを伺います。以上です。



○主査(大久保無我君) 西田委員。



◆委員(西田一君) 私からは、建設局の予算についてお尋ねします。

 平成26年度建設局当初予算案は、約333億6,000万円で、平成25年度当初予算の約362億6,000万円と比較して、およそ30億円の減額、8%もの減少となっております。市全体の予算案では、投資的経費は維持しているという御説明を受けましたが、やはり市民と直結する子供の通学路であるとか、あるいは年長者にとってのバリアフリーであるとか、そういった社会基盤整備を担う建設局単体の予算としては、大幅な減額であると言わざるを得ません。

 折しも、現在自民党政権では、いわゆるアベノミクスを掲げて、その2本目の矢として、機動的な財政出動を積極的に行っております。いろんな交付金、いわゆるひもつき補助金とかではなくて、高額で使える交付金も出ております。当然、地方自治体もそういった趣旨に鑑みて、その一翼を担うべきであります。建設局も大いに政府の交付金などを活用すべきであります。

 そこで、今後、補正予算など、最低でも平成25年度並みの建設局の予算を確保すべきと考えますが、見解を伺います。



○主査(大久保無我君) 市長。



◎市長(北橋健治君) 佐藤委員から、市民のごみ出しマナーの対策について御質問がございました。

 約3万3,000カ所、本市にはごみステーションがあります。長年にわたりまして、衛生総連合会を始め、地域の方々が熱心にごみステーションの管理に取り組んでいただいております。その結果、ごみステーションの美観は、かなり改善してまいりました。しかし一方で、まだ防鳥ネットなどの対策がされていないとか、防鳥ネットでごみ袋をしっかりと覆っていないとか、一部の事業所や、ワンルームマンションの学生などが、前日の夜にごみを出す、といった理由から、ごみが散乱するごみステーションが、一部にあることは承知をいたしております。本市は、こうした一部のごみステーションにつきましても、改善しなければならないと考えております。

 そこで、昨年8月から、市内3万3,000カ所、すべてのごみステーションの調査を行いました。その調査の内容は、カラス被害の実態や、防鳥ネットなどの対策の状況、事業系ごみの排出状況、そうした実態を調べ、ごみの散乱があるごみステーションについては、地域の皆さんにヒアリングを行いました。こうした調査の結果、防鳥ネットなどの対策を行っているところは、83%、約2万8,000カ所でありました。ごみの散乱が見られるのは、全体の2%に当たる810カ所でありました。散乱の原因としては、ワンルームマンションなどの単身者などが収集日や時間を守っていない、これが672件、ネットのサイズが小さい、ネットでごみ袋をしっかりと覆っていないが356件、特にネットなどの対策を行っていないが39件、事業者がごみステーションに違法に出しているが32件でありました。こうした結果を踏まえて、本市は、新年度からごみステーション対策を強化することにしています。このため、本庁に事業系ごみの担当課長と担当係長、そして各環境センターに、ごみステーションの指導担当係長などの配置を予定しています。これらの職員は、重点地区を設定し、ごみステーションの監視をしながら、問題のあるごみステーションに対しては、散乱の原因に応じた対策を、地域に入って改善に取り組んでいくというのが、ミッションであります。このように、本市はごみステーション管理については、地域との共働による対策を強化していかねばならないと考えています。また、その効果について、今後もしっかりと検証をしていきたいと考えております。

 西田委員から建設局所管の予算について御質問がございました。

 建設局におきましては、元気発進!北九州プランの実現、新成長戦略の推進、そのため都市インフラの充実、生活環境の向上に取り組んでおります。限られた財源の中で、選択と集中によって、効果的な事業の推進に、これまで努めてまいりました。平成26年度の建設局の一般会計当初予算額は、前年に比べて減っておりますが、これは消防通信指令システムの充実強化や、スタジアム整備事業など、建設局予算以外の主要事業で投資的な経費が増加したため、市の予算全体の調整により減少したものであります。

 建築都市局所管の都市モノレールの長寿命化事業や、折尾地区総合整備事業などを含めた9款の土木費全体では、436億7,400万円で前年度比14億円、3.1%の減であります。今回新たに計上した土地取得特別会計の15億円を合わせますと、前年度当初予算並みの451億円で、一定の建設関係投資は確保できていると考えております。なお、予算編成に当たりましては、橋りょうトンネルの長寿命化事業や、ゲリラ豪雨対策、通学路の安全対策などを行う防災安全交付金や、地域経済の活性化などに資する社会基盤整備などを行う社会資本整備総合交付金、そのほか、地域の元気臨時交付金基金など、国の交付金などを最大限に活用し、市の財政負担の軽減にも努めております。

 建設関係予算の内容としましては、戸畑枝光線、黒崎バイパス、恒見朽網線などの必要な都市基盤の着実な整備、都心・副都心、地域拠点の魅力アップ、より安全で安心な都市整備の推進、都市基盤の適正な管理と長寿命化の推進、区における地域主体のまちづくり整備の推進などに、重点的に予算を配分したところであります。一方、特に道路に関する予算が減少しており、完成までに長期を要する一部の路線については、完成時期がおくれるなどの影響が出てくるものと思われます。今後の国の交付金等の内示状況や、新たな補正の動きなど、国の動向を十分注視しながら、より有利な財源を積極的に活用し、道路などの社会資本整備が着実に推進できるように、更なる事業費の確保に努めてまいります。以上であります。



○主査(大久保無我君) 佐藤委員。



◆委員(佐藤茂君) 3万3,000カ所のステーションを調査をしたということでございます。私は大変評価をしたいと思います。しかしながらその中で、約2%、約810カ所がいろんな意味で大変困っているという話を、今調査でいただきました。そしてまた、時間を守らない672件、ネットをかぶせていないということが356件ということでございます。この810件の箇所といいますか、これは、大変大きな数字だと私は思っております。そしてまた今回は、専従的なチームをつくっていろんな相談を受けながら、そして悪い箇所についてもまた、そこにごみを出す方々にいろんなヒアリングをして、対処していくという話でございます。それは大変僕も評価をしております。北九州市の廃棄物の減量及び適正処理に関する条例の第14条では、家庭ごみの排出について、所定の場所に持ち出す等、一般廃棄物処理計画に従わない者に対しては、違反した者に対しては、改善命令を出せるということになっております。しかしながら、その中身がまだまだ、内容としては、週2回の収集日の午前8時30分までに、指定袋でステーションに持ち出すことしか規定されておりません。であれば、分別の内容も書いておりませんし、収集の曜日、防鳥ネットなどの使用もここにはうたっておりません。やはり、こういった内容もしっかりと市民に通知というか周知をしていただいて、そして、今言われた専従班とともに、両輪でやれば、おそらく家庭ごみのマナーの問題については、前進するのではないかと私は思っております。できればそういった意味で、私もこれからも活動してまいりますし、この両輪で何とかして、環境首都の町である以上、ごみの散乱がない町にしていきたいと、私はそう思っています。それと、新しくやります仮称でありますけれども、福祉収集。これに際しても、要介護2の方以上、そして高齢者でごみを出せないような方に個別収集するということがございます。当然ながら個別収集ですから、何日か前もお聞きしましたけれども、玄関先なのか、エレベーターの前なのか、いろんな、その建物によって、個別の戸建ての住宅によって、いろんな場所が決められると思いますが、この辺もしっかりと、例えば、集合住宅で5階とか、そういうマンションの踊り場に出して、そのまま出すのではなく、ごみの散乱をしないような形で、知恵を絞っていただきたいと思っております。以上でございます。



○主査(大久保無我君) 西田委員。



◆委員(西田一君) 今市長の御答弁の最後に、更なる事業費の確保ということをおっしゃっていただいたので、一定の御理解を得られたと思うのですが、その御答弁の中に、まさに私、予算特別委員会で申し上げたのですが、消防のデジタル無線化、32億だったと思うのですが、これはちょうどたまたま、今回の当初予算の、平成25年度に比べて、30億円減、額がたまたまほぼ一致しているわけなのです。これは、消防のシステム、確かに投資的経費かもしれませんが、恐らく、1社がWTO案件で請け負うのではないかと思います。今回のアベノミクスのそういった財政出動の一つの大きな目的は、やはり、自治体単位で市中にお金を回すこと、そのために、地方自治体がいろんな公共事業をすること、これが大きな一つの目的だと思います。市長、30億円として、3,000万円の工事であれば、100件出せるのです、建設局であれば。そうすると単純に地元の100社が工事を請け負って、また、市中にお金が回るでしょうし、雇用にもつながるでしょうし、苦しい建設業界が潤うのではないかと思います。だから、答弁としては、やはり、投資的経費は確保しているからいいでしょうということではなくて、その辺の細かい市中に対するお金の回し方、小さい会社をいかに北九州市が助けてあげるかという、そこまでの目配せ、気配りというのが、僕は必要ではなかったのかと思います。そういったことも含めて、まだ平成26年度は始まっておりません。6月、9月、12月とございます。政府はことしも15カ月予算、切れ目のない景気対策ということをうたっておりますので、ぜひそこの趣旨を十分にくんでいただいて、また今後の補正予算等々の編成に留意をしていただきたいなと思います。以上で終わります。



○主査(大久保無我君) 進行いたします。ハートフル北九州。白石委員。



◆委員(白石一裕君) 私からは、山王児童館老朽化に伴う建てかえについて質問いたします。

 山王児童館は建設から約50年が経過し、市内に42館ある児童館の中で最も古い建物となっております。先日3月14日、瀬戸内海西部の伊予灘を震源とする震度3の地震が北九州で発生をいたしました。幸い夜中の発生であったため、児童が利用している時間帯ではなくてよかったという声を関係者からお伺いをいたしました。早速、現場に赴き、現状を把握いたしましたが、ひび割れなどの拡大が顕著で、再度、同様の地震が発生した場合、このままでは非常に危険だと不安を感じました。

 山王児童館は、約年間7,000名程度の利用がありますが、建物の倒壊さえ予測される中、この建物をこれ以上使用することに疑問があります。行財政改革への取り組みや、児童館全体の整備計画などもあると思いますけれども、結論は待ったなしであると思います。そこで、3点お伺いをいたします。

 1つ目に、数年前より地元から建てかえに係る嘆願書が提出をされております。どのような検討がなされ、現状はどのようになっているのか伺います。

 2点目に、建物の倒壊さえ予測される中、利用者や職員の安全をどのように考えておられるのか、お伺いをいたします。

 3点目に、今後、建てかえの計画が進まないようなら、早急に建物の閉鎖も含めた検討を行うべきと考えますが、見解を伺います。また、市内の児童館において、他にも耐震構造に不安のある児童館があれば、あわせて状況をお伺いいたします。



○主査(大久保無我君) 三宅委員。



◆委員(三宅まゆみ君) 続きまして、福祉ビジネスについてお伺いいたします。

 本市は政令市の中でも最も高齢化率が高く、早くから高齢者対策に取り組んできたことからも、そのノウハウについては他市に負けないものがあります。加えて、現在、北九州市新成長戦略の中で高齢者を中心とした健康・生活ビジネスの推進を掲げたり、北九州市ロボット産業振興プランの中で介護・生活支援ロボットの開発導入促進を掲げ、産業経済局で、福祉ロボットの開発など少しずつ取り組みがなされています。ただ、この福祉ロボットの実用化には、厚生労働省の壁が高く介護保険も絡んで大変難しく、そのせいかまだまだ福祉分野の声が細かく生かされていないと伺っています。本市においては来年度少しずつ福祉ロボットの実証実験のような取り組みをされると伺っていますが、プロジェクトチームをつくるなど、もう少し横断的に取り組みを強めていくべきと考えます。

 また、本市が蓄積した高齢者福祉のノウハウをしっかり体系化し、ソフトの確立と現在取り組んでいるロボット産業などとあわせて、まずは国内でロボット福祉モデル地区、あるいはロボット福祉特区のような形ができないかと考えます。市長の見解をお伺いいたします。

 また一方で、最近は長い間海外協力事業として行ってきたことを生かして海外水ビジネスや、過去の公害克服の歴史を生かした環境分野など、本市の強みを生かした海外でのビジネスに関する取り組みが進められ、少しずつ成果が出始めています。もちろん、こちらも今後リスクを少なくしながら取り組みを進めていく必要がありますが、このような海外水ビジネスや環境ビジネスに次ぐ、第3の海外ビジネスとして将来的に海外福祉ビジネスにつなげていくお考えはないか、あわせて市長の見解をお伺いいたします。



○主査(大久保無我君) 市長。



◎市長(北橋健治君) 白石委員から、山王児童館の老朽化に対する対応について、御質問がございました。

 建設から約50年が経過しております。児童館の老朽化は認識しております。平成24年1月に嘆願書が提出されたこともありまして、本市におきましても、児童館の改築などについて検討を行ってまいりました。その中で、現地での建て替えにつきましては、敷地がのり面の下にあり、狭あいであること、周辺道路が狭いことなどの理由から、大変厳しいと考えてまいりました。また、平成22年度に八幡東区で開催されたタウンミーティングでは、八幡小学校の中に、放課後児童クラブを整備してほしいという要望も出されておりました。その後、平成25年度には、山王児童館の耐震診断を実施しました。これは、児童館の耐震診断を、平成25年度から3年間で実施するに当たり、同児童館を含め、優先度の高い4館を初年度に行ったものであります。その結果、山王児童館につきましては、耐震強度が不足するため、壁を新たに設けたり、厚くする必要があるが、補強を行うと、集会室などの空間が確保できなくなるなどの問題が発生し、また、費用対効果も薄いとの診断がことしの1月に出されました。この診断結果から、建物の閉鎖が、早急に必要であるとまでの認識はありませんでしたが、利用者や職員の安全確保は、委員御指摘のとおり重要でありますので、先日の地震を受け、改めて専門家に緊急点検を依頼したいと考えております。この緊急点検と並行しまして、地元や関係機関などと協議しながら、早急に対応を検討してまいります。なお、平成25年度に診断を行った山王児童館以外の3館について、1館は補強工事の必要なし、1館は一部補強工事が必要との診断があったため工事を実施中、1館は補強計画のための二次診断調査を来年度に実施する予定となっております。耐震診断が必要な残りの10館について、平成26年度、平成27年度に耐震診断を行う方針であります。

 三宅委員から、福祉ロボットなどの御質問がございました。

 北九州市にはロボット産業振興プランを設けております。新成長戦略を受けまして、リーディングプロジェクトの一つに、我が国をリードするロボット産業拠点の形成に向けた具体的な推進方策を示すアクションプランを盛り込んでおります。このプランは、産学官が参加する北九州ロボットフォーラム、会長は九工大の松永学長でありますが、3月末に策定される予定であります。北九州市のロボット産業振興プランでは、重点政策の一つに、介護・生活支援ロボットの開発、導入促進を掲げています。来年度の予算案では、新たな取り組みとして、介護・生活支援ロボットを、現場などで実証する仕組みづくりについて、事業費を計上しております。具体的には、開発事業者への研修や、実証試験協力施設に関する情報提供、また、介護ロボットの常設展示や、機器の貸し出し、また、実際にロボットを導入する場合の助成などを、福祉用具プラザ北九州と共同で行う予定です。これらの取り組みに当たりましては、企業関係者、学識経験者とあわせ、保健福祉関係者も検討に参加し、利用者の視点から意見提案を行うとともに、現場の視察、実証実験の場の提供など、福祉事業所の協力が得られるよう調整を図っています。

 このように現在、介護・生活支援ロボットの実用化を阻む壁の克服に向けまして、普及啓発、情報交換など組織横断的に取り組みを進めているところですが、次のステップとして、具体的なビジネス展開を図るによっては、委員御提案のモデル地区、特区なども一つの方法と考えます。今後とも、横断的な体制のもとで、福祉分野の意見や提案を生かしながら、新成長戦略に基づく健康生活支援ビジネスの振興に全力で取り組みます。

 将来的に、福祉分野で海外展開を考えてはどうかという御質問がございました。

 現在、アジア諸国においても人口の高齢化は進行しております。今後、おおむね20年後には多くの国々で高齢化率が15から20%に達し、本格的な高齢社会を迎えるものと見込まれています。こうしたことから、アジア諸国においても、中長期的には本市と同様に、介護や福祉に対するニーズが高まるものと思われます。私も海外の政府関係者、自治体関係者に会いますけれども、最近、高齢化に対する日本の自治体の取り組み、政府の取り組みに、非常に関心が高まってきているように感じています。

 さてその一方で、海外に向けた福祉ビジネスの展開に当たりましては、その前提となる社会保障の仕組みはもとより、生活習慣、文化の違いや、地域コミュニティーの違いなど、福祉を取り巻く各国の状況について、まずは人的交流などを通して、相互理解を図る必要があると考えます。現在、保健福祉分野の国際交流については、さまざまな取り組みが進められております。例を挙げますと、大連市企業関係者の認知症グループホームの視察、台湾の医療介護事業者の有料老人ホームの視察と交流、日中韓3国の研究者や実務者が参加したアジア障害者福祉研究会の設置、また日中韓障害者交流大会の実施、これは北九州市手をつなぐ育成会が主催をいたしました。このように、市内の社会福祉法人などが主体となって、さまざまな取り組みが進められております。福祉サービスの実務者、企業関係者、学生、当事者、ボランティアなどの間で交流の輪が徐々に広がりつつあります。海外における福祉ビジネスの推進に当たりましては、こうした民間事業者の意欲や意向が鍵を握ると考えており、今後ともその動向を見きわめながら、新たな介護や福祉などの展開の可能性を探ってまいりたいと考えております。私からは以上であります。



○主査(大久保無我君) 白石委員。



◆委員(白石一裕君) 御答弁ありがとうございました。私も見てきての率直な感想、非常に厳しい状況だというのも、特段に今回、先ほど申し上げましたけど、感じました。やはり、安全の確保が第一だと思います。昨日、局長もごらんになったと伺ったのですけど、局長何か御感想があったら一言いただきたいのですけれども。



○主査(大久保無我君) 子ども家庭局長。



◎子ども家庭局長(窪田秀樹君) 私も、山王児童館に伺わせていただきました。壁に新しい形でのクラックが、紹介していただいただけで10数カ所、これは古いクラックかどうかというのは、汚れとか補修の後とか見て、明らかにこれはわかります。ですから、新しいものが何カ所もあったなと感じました。また、ひび割れと言いますか、扉とかのすき間とか、そういった状態もありました。これは現地の指導員さんの話によると、以前からすき間があったのですが、以前より広がっていると、こういったお話もありました。ですから、それは恐らく真実だというふうに思われました。全体としては、今まで、先ほど市長から答弁申し上げましたように、診断の中では前の状態では、すぐにというほどのものではないというふうに考えてきましたけれども、今回の地震を受けて、緊急に何らかの対応、また、現場のほうの声も聞きながら、きちんと対応していきたいと思っております。



○主査(大久保無我君) 白石委員。



◆委員(白石一裕君) 大切な点は何点かあろうかと思います。先ほど申し上げましたけれども、42館のうちで、この山王児童館の建築方法というのが、コンクリートブロックづくりなのです。ほかの建物は、鉄筋かRCのつくり方になってまして、断然古いわけでありまして、加えて申し上げると、法定耐用年数というのがあります。コンクリートブロックづくりは、41年であります。耐震診断とかいろいろあると思いますけれど、法定耐用年数ということを鑑みれば、それから約10年も過ぎているわけでありますので、その段階でやはり、何らかの対応、対策が必要だったのだろうと思っておりますので、これから先の建物については、法定耐用年数というものは絶対なものではないのでしょうけれども、おおよその基準、目安が出ておりますので、これはやはり活用というか、当然基準に考えていかれていると思いますけれども、その辺を十分に考慮していただきたいと思っております。加えて、学童保育をやっておりますので、ここを直ちにやめるというわけにはいかないと思います。ただし、建物がもう限界にきておりますので、これをどういった形でつないでいくのか、新しい形にしていくのかというのは、やはり大きな課題があろうと思いますので、一時的にでもしのげる場所があれば、さまざま今まで議論されてきたことは場所であろうとか、予算であろうとか、用地であろうとかということで議論されてきたと思うのですけれども、それに加えて、早急に何らかの対応が必要だということで、結論を何らか、急いでいただきたいという要望で終わらせていただきます。以上でございます。



○主査(大久保無我君) 三宅委員。



◆委員(三宅まゆみ君) 御答弁ありがとうございました。介護の分野では、少子社会の中で、この先、介護に携わる方の確保というのは、やはりさらに厳しくなっていくだろうというふうに思われます。この間、外国人介護福祉士の候補者受け入れということで、日本で、そういった試しもずっとされてきているわけですが、ただ、現実的になかなか外国人労働者と日本人の介護者と、やはり、小さなころからあうんの呼吸というか、日本人の介護に携わる方たちというのは、やはり、日本の中で育ってきたということもあって、そういう言わなくてもわかるというようなことも、そういったことが、外国人労働者には非常に難しいということも伺っていて、現実的には、本当に厳しいだろうというふうに言われております。そういった中で、全てロボットでということにはもちろんならないわけですけれども、やはり、ロボットの力を借りながら、腰に負担をかけないようにとか、いろんなことが、これからもっと進めていかなければ、介護に携わる人自体が、本当に集まらなくなるのかという気がいたしております。そういった意味でも、この北九州はやはり、ロボット産業というのは非常に力を今後更に力を入れていくべきだろうと私は思います。と同時に、私は10年以上ぐらい前だと思いますけれども、公害克服のノウハウを、外国にパッケージとかでできないですかねというような、すごく抽象的なことを委員会の中でずっと何回か申し上げてまいりまして、そのころは、絵空事のように多分思われたと思うのですが、現実的に、皆さんの御努力で、今、形になっています。福祉の社会も、現実にもうそんなに遠い社会ではないというふうに思っていまして、よその自治体よりも先んじて、高齢化というところで、ずっと負という捉え方をされてきた本市でありますが、その分、ノウハウがしっかりと詰まっておりますので、そこと、武器である介護のロボットというところも絡めて、ぜひ、将来的に財産として生かしていただきたいなというふうに思っています。加えて、介護のロボットということだけではなくて、本市は、TOTOさんもありますけれども、そういう福祉機器の部分では、例えば、今はもうトイレなんかも自動のトイレ、設置をそこにしなくても、自動で動かせるようなトイレとか、そういったことも実際にはあって、ただ現実には、施設などでは固定のところを使わなければいけないとか、そういう今あるところを、絶対本当にそうしなければいけないのかという、そういう検証も、今後もなさっていただきたいなというふうに思っています。今は、厚労省の大きな壁があるということなのですが、現実にこういうことがやれるのではないかと、ぜひ、北九州から提案をしていただいて、北九州、先んじていろんなことに取り組んで、また、少しでも収入が外から得られるような仕組みをつくっていただきたいと強く要望させていただきまして、この点について何かあれば、見解を聞かせていただきたいと思います。



○主査(大久保無我君) 市長。



◎市長(北橋健治君) 具体的な事例もございましたが、安川電機さん、TOTOさん、また、リーフという歩行訓練ツールの会社を始め、すばらしい先駆的な品物をつくって、実証事業を行われている例もございます。いろいろと、関係者の間で一生懸命に取り組んでおられるわけでありますが、期待は大きくなっているのですけれども、やはり情報が不足している、あるいは、コストがまだ高い、また、安全面でうまくいくだろうかという不安など、いくつかの理由があって、なかなか思うように導入が進んでいないということであります。その面、自治体による導入支援というものが、大きな課題、期待される役割ではないかと思っておりますので、いずれにせよ、世界的なロボットメーカーのあるところであります。高齢化に果敢に挑戦する都市でもありまして、ぜひ、そういった福祉ロボットのように、先駆的なものを開発して、いいモデル地域になれるように、産学官、力を合わせて頑張っていきたいと思っています。



○主査(大久保無我君) 三宅委員。



◆委員(三宅まゆみ君) ありがとうございます。ぜひよろしくお願いしたいと思いますし、と同時に、先ほどもおっしゃっていただいたように、保健福祉の分野の国際交流、これをしっかりと今のうちから、中でちゃんと取り組むことと、先々を見越して、国際交流も進めていただきたいと要望させていただいて終わります。



○主査(大久保無我君) 進行いたします。公明党。松岡委員。



◆委員(松岡裕一郎君) 私のほうから、障害者優先調達推進及び障害者施策費についてお伺いいたします。

 1点目に、昨年6月議会において、我が会派の本田議員が、昨年4月施行の障害者優先調達推進法について本市の見解を伺い、市長より、市の各部署に対して調達の推進を指示し、障害者就労等に対する発注をふやしていく、との力強い答弁がありました。また、昨年12月議会において木下議員の質問に対し、商談会の開催等、県とも協議しながら、本市で開催できないかを検討するとの答弁がありました。これらの答弁から、平成26年度予算にどのように反映し、今後、どのように取り組まれるのか御見解をお伺いいたします。

 2点目に、本年4月には消費税が8%に上がることとなっており、来年には10%に上がる予定が示されています。消費税が上がった分については、全て年金、医療、介護、子育ての4つの社会保障費に充てるとされていますが、この増税分に関する国の措置は、障害者施策に充てる目的で、自治体に障害者施策費を交付されることとはなっていないものとお聞きしております。そこで、来年、消費税率が10%に上がった場合に、地方六団体、指定都市市長会や近隣の市長と連携し、国の消費増税分の一部を、障害者施策費として自治体に交付するよう国に要望してみてはいかがと考えますが、御見解をお伺いします。



○主査(大久保無我君) 村上委員。



◆委員(村上直樹君) 私からは、北九州スマートコミュニティ創造事業についてお尋ねいたします。

 本市は、平成20年に環境モデル都市の認定を受け、平成22年には、国の次世代エネルギー・社会システム実証地域として、全国4地域の一つにも選定され、更に、平成23年には、環境未来都市の選定及び環境と経済が両立したグリーン成長都市にも認定されました。現在、アジア低炭素化センターを中心に、温暖化対策について先駆的な取り組みを進めています。

 特に、八幡東区東田地区では、スマートグリッドを中核に次世代交通システムやライフスタイルなど、まちづくりそのものの変革を目的に進めたスマートコミュニティ創造事業を推進しております。これまで、地域節電所の導入やスマートメーターの設置など、エネルギーマネジメントシステムを利用した実証実験やダイナミックプライシングの実証実験も行っており、昨年、私も地域節電所を視察し、改めてピークカットの重要性を認識したところです。そこで3点お伺いいたします。

 まず1点目に、ピークカットの目標及び成果についてお尋ねいたします。

 2点目に、本市は、産業技術総合研究所及び九州工業大学とともに、研究開発や人材育成の連携、協力協定を締結し、環境と産業が調和した低炭素社会の実現に向けて、北九州学術研究都市を核とした産学連携による研究拠点化を推進しております。特にICSEADの環境エレクトロニクスの研究グループは、本市の環境モデル都市構想とも密接に関係していると思いますが、この研究成果が、スマートコミュニティ創造事業へ反映されているのか、お尋ねいたします。

 3点目に、いよいよ最終年度を迎えるこの事業の成果を市の成長戦略の一つとして、国内外へ展開していくため、具体的なモデルを検討することとしていますが、本事業の具体的成果及び他地域への展開についてお尋ねいたします。



○主査(大久保無我君) 岡本委員。



◆委員(岡本義之君) 私の方から、家庭ごみ減量につながる取り組みについて質問します。

 家庭ごみ処理量の推移をみると、平成18年の家庭ごみ収集制度見直しとプラスチック製容器包装分別収集開始以降も20万トン前後が続いており、高どまり感があります。家庭から出るごみの大部分が生ごみと紙類と言われていますが、これらの減量対策について3点お伺いします。

 1点目に、家庭から出る生ごみと紙類ごみの減量に努力されている市民の活動内容を評価し、ポイントを付与し、特典が与えられる「環境マイレージ」制度の導入を検討できないか、見解をお尋ねします。

 2点目に、生ごみの減量策の有効手段として、生ごみコンポストによる堆肥化があります。当局では、現在、生ごみコンポスト化容器活用講座、生ごみコンポストアドバイザー養成講座、生ごみコンポスト健康診断等を開催していますが、その実施回数、開催場所の拡充について、見解を尋ねます。

 3点目に、市内には、公園の一部や残地を活用した市民等が管理する菜園や花壇があります。生ごみコンポスト容器でつくった堆肥を使った菜園や花壇では、そのPRのために、この花壇では生ごみコンポストでつくった堆肥を活用しています、といったような専用のプレートを配布してはいかがかと思いますが、見解を尋ねます。質問が多くなりましたので、簡潔な答弁をお願いいたします。



○主査(大久保無我君) 市長。



◎市長(北橋健治君) 松岡委員から、障害者優先調達推進に関する御質問がございました。

 本市の取り組みです。平成25年7月に、まずは、各部局に調達推進の働きかけを行いました。9月には、前年度を上回る実績を目標に調達方針を作成して、12月に、市内81カ所の障害福祉事業所の商品などを紹介するリストを作成、配布して、改めて、更なる調達の推進を指示いたしました。なお、今年度の実績ですけれども、10月末時点で約2億1,600万円、年度末までには、平成24年度の調達実績を上回ることが見込まれています。今年度の特徴としましては、テープ起こしや、ホームページ作成などの情報処理関係や、袋詰め包装などがふえています。来年度につきましては、更なる実績の向上を目指しまして、受注の機会をふやす取り組みをこれまで以上に推進してまいります。

 一方で、商品を製作する福祉事業所におきましても、魅力ある商品づくり、情報提供に力を入れ、事業所間の横のつながりを深めていく必要があります。そのため、NUKUMORIプロジェクト、昨年9月から取り組んでおりますが、このプロジェクトで、研修ワークショップによる先進事例の紹介、ノウハウの取得、各専門分野のアドバイザーによる、既存商品の魅力の向上、障害福祉事業所の協働による、北九州らしいブランド商品の開発などを進めています。来年度も事業を継続し、協働体制による受注発注の仕組みづくり、更なる新商品の開発、効果的な製品情報の発信等を支援してまいりたいと思います。この3月には、初の北九州NUKUMORIブランドの試作品が完成いたしました。3月15日から、誕生記念キャンペーンで、障害者自立支援ショップ、「一丁目の元気」で展示販売を行っています。今回の試作品については、今後、意見や要望等を参考にしながら改良を加えまして、供給、品質管理などの協働体制を整備して、5月以降に本格的な販売を行う予定であります。グリッシーニは、なかなかのいい味でございます。また、商業施設、商店街という売り場、販路の開拓、商工会議所等を通じた企業への商品PRや、新たな協力関係への働きかけ、ノベルティー商品としての売り込みなど、販売促進、販路の拡大に努めます。更に、商談会については、来年度、県は北九州市で開催する予定となっておりますので、このようなチャンス等も有効に活用して、受注機会の拡大、受注量の増大にしっかりとつなげてまいりたいと考えております。

 消費税が10%に上がったときに、国の方に提案してはどうかというお話がございました。

 2.8兆円については、子育て、医療、介護、年金制度の、4つに充てるということになっています。一方で、障害福祉サービスに必要な経費ですが、対象拡大による利用者の増加やニーズの多様化、また、障害者総合支援法を始め、各種法制度の整備などによって年々増大しております。平成26年度、国においては112%増、本市においては85.7%増を予算計上しています。税率引き上げによる国税の増収の使途でありますけれども、法律において、社会保障4経費に充当することが定められているので、障害福祉関連予算として、地方に交付することは難しいと思うのですが、増大する障害福祉サービスに必要な経費の財源措置については、大都市民生主管局長会議などを通じまして、引き続き国に要望してまいります。

 スマートコミュニティについて、村上委員から御質問がございました。

 総事業費121億円、100を超える企業団体の参加協力のもと、まさに国家プロジェクトとして、研究開発を行ってまいりました。来年度は、事業の最終年度です。26の実証プロジェクトを実施しました。主な成果は、1つ、地域節電所エネルギー関連の仕組みをつくったこと、2つ、地域の電力状況に応じ、電気料金を変動させるダイナミックプライシングなどを通じ、需要家がみずから行動する仕組みを導入したこと、3つ、病院商業施設、工場、公共施設などさまざまな施設に対応したエネルギーマネジメントシステムを開発したことです。これらの成果が注目され、国内外から、1万人を超える視察者が本市を訪れています。

 さて、ピークカットの目標と成果でございますが、大きな目的は、消費者がエネルギーシステムに主体的に参加する、供給需要の両面から効率的なエネルギー社会を築くことにあります。ピークカットは、需要側からの取り組みの中で大きな期待を寄せられています。こうした意味で、この事業では世界初のダイナミックプライシングという手法で、どこまでピークカットができるかについて実証を行いました。住宅では、平成24年度におおむね20%の効果を確認しております。今年度も引き続き実施し、効果の継続性の確認をいたしました。事業所のピークカット効果、4%から30%と幅がありましたが、事業所の特徴に応じたきめ細かい対応によって、一定の効果が得られることがわかりました。こうした成果は、先月出された国のエネルギー基本計画案にも取り上げられ、今後も検討を積み重ね、国内外に向け広く発信していきたいと考えます。

 さて、環境エレクトロニクス分野に御注目をいただきました。我が国最大の資源は、ある意味で省エネルギー、この技術でございます。環境エレクトロニクスは、蓄電池、燃料電池自動車に使用されるなど、スマコミを推進する上で基盤となる重要な技術であります。ICSEADに設けられている環境エレクトロニクス研究グループ、本事業の立案段階から関係する専門家の方々のアドバイスをいただいて議論を重ねてまいりました。環境エレクトロニクスは、交通、生活など実社会へ本事業の成果を実装していく上で、情報通信技術と並んで重要な役割を果たします。今後も、事業の発展に向けて、さらに連携を深めていきたいと考えます。私も、大いにこの成果に期待を寄せて見守っているところです。

 他の地域の展開でございますが、この技術、ノウハウは開発されて市内外、国内外に広く展開していきたいと考えておりまして、具体的には城野ゼロ・カーボン先進街区があります。ここでは、地域節電所と連携したエネルギーマネジメントの導入などについて検討しています。岩手県釜石市です。本事業の成果も参考にして、スマコミづくりを進めております。現在は公共施設などへのエネルギーマネジメントシステム導入、復興公営住宅へのエネルギー共有システムの導入などが進められています。国外です。日本発のスマコミの海外輸出プロジェクトは、インドネシア・スラバヤ市の工業団地で、事業化を見据えて検討されております。本市経済の発展に結びつくよう今後も頑張ってまいります。

 岡本委員から、家庭ごみ減量についての御質問がございました。

 平成18年、家庭ごみ収集制度を本市は見直しを行いました。ごみの減量資源化対策に、市民挙げて取り組み、成果は平成24年度、平成15年度比で、35%の削減を達成しております。一方で、今後一層の家庭ごみの減量資源化を考えると、家庭ごみの約4割を占める生ごみ、約3割を占める古紙類の対策が重要であります。そこに重点的に取り組んでおります。生ごみについては、使い切り、食べ切り、水切りの3切り運動、衛総連の協力を得て取り組みを強化しております。古紙対策は、昨年10月開催の、市民いっせい雑がみ回収グランプリを契機に取り組みを強化し、現在も市民の間に広がりを見せております。

 御指摘の環境マイレージ制度です。平成19年6月から、市内3カ所の商店街と連携して生ごみを対象に取り組みました。地元商店街、地域住民約700人が参加し、2年間で約53トンを回収しております。事業に参加した市民は、各商店街に1カ所設置した受付センターに生ごみを持ち込むと、300ポイントが磁気カードに付与されて、1,050ポイントからエコグッズに交換できる仕組みで運用しました。この事業では、実は生ごみの保管時の腐敗や悪臭対策が難しいといわれているわけです。また、センターでの生ごみ回収や、ポイントを付与するための人件費、管理システムなどに多額の経費を要するといった課題も見られました。このため、環境マイレージ制度は、平成21年5月に終了いたしております。また、古紙回収は子供会、自治会、自主的な地域団体の環境活動の取り組みを促進するために、回収量に応じて奨励金を支給しております。奨励金は貴重な原資として、地域活動に利用され、市民の環境活動への取り組み強化とともに、地域コミュニティーの活性化の役割も果たしています。本市では、こうしたごみの減量、資源化に努めていきたいと思います。御指摘の環境マイレージ制度につきましては、先ほど説明したとおり課題もありますので、今後の研究課題とさせていただきたいと思います。

 次に、生ごみの関連講座等でございます。

 専門家、研修を受けた30人の市民アドバイザーによりまして、これまで約60回の講座が行われ、約3,000人を超える市民が参加しております。生ごみコンポスト化容器の使用状況についてであります。一部に、堆肥の水分調整を行うことで、悪臭の発生抑制ができないか、容器にカバーをかけることで虫対策ができないか、上手にコンポスト化に取り組むためのノウハウにつきましても、市民向けの講座を行ってきたわけでございます。さて、市民アドバイザーは、こうした講師として活動するだけでなくて、住民からの相談に対応するなど、地域に根ざした取り組みも行っております。生ごみは、コンポスト化容器の適切な使用方法が理解されることによって、良質な堆肥をつくることが可能となります。このような講座の開催、地域で活躍する市民アドバイザーの養成を積極的に実施し、生ごみコンポストの利用促進に努めていきたいと思います。北九州発のすばらしい技術だと思います。

 専用のプレート、市民等が管理する菜園等に生ごみコンポストでつくった堆肥を活用しているという、プレートを配布したらどうかということでございます。現在16カ所で、市民のコラボによるまちづくり活動が行われておりまして、市はサインボード、フェンス、雨水タンク、道具用倉庫の設置などの支援をしております。これが、ふれあい花壇・菜園事業であります。そこで、活用のPRでございますが、市は希望があれば、くわなどの必要となる用品の貸し出しを行います。コンポストについても貸し出しを行います。現在11団体が活用してございます。生ごみコンポストの利用を今後地域コミュニティーで広げていくときに、御指摘のプレートの配布は有効だと考えます。現在、コンポストを活用している団体の中で、希望するところに配布することにしたいと思います。以上であります。



○主査(大久保無我君) 松岡委員。



◆委員(松岡裕一郎君) 1点目、障害者優先調達推進ということで、引き続きしていただきたいのと、北九州開催の予定があるということで、ぜひ、周知、PR活動をぜひ強化していただきたいと思います。また、2点目に関しては法律上難しいということで、財源措置として要望するということで、引き続き強く要望していただくよう要望して終わります。



○主査(大久保無我君) 村上委員。



◆委員(村上直樹君) 住宅で20%の成果が出ているとお聞きしましたので、まず、城野ゼロ・カーボン地区から導入ということなので、早く市内全体、一般家庭にも、この技術がどんどん導入されることを強く望んでおります。このスマートコミュニティ創造事業というのを、いろいろ市民からも聞かれるのですけれども、東田地区でやっていると言っても、なかなか説明するのに横文字が多くて、全然理解をしてくれないということなのですけれども、最近コマーシャルでも、ある電機メーカーがやり始めて、あれですよ、と説明を多少しやすくなったなと思っています。環境エレクトロニクスの研究グループが、パワーエレクトロニクスは、低炭素社会の実現に向けた重要な技術であるということで、小型化、集積化、効率化による世界中で広くパワーエレクトロニクスが導入されるように、北九州から、この技術を引っ張っていくのが、我々の役目であるということをわかっております。ぜひ、本当に北九州からこの技術を、自慢を世界に、また、自慢できるような技術にしていっていただければと思っております。期待をしておりますのでよろしくお願いします。



○主査(大久保無我君) 岡本委員。



◆委員(岡本義之君) 環境マイレージについては、今後の研究ということでございますが、市が今後取り組んでいこうという新しいエコポイント制度に、ぜひ、こうした市民の身近なこういう環境に対する行動に、何らかの形でつけ加えてくれるようなことも、今後検討していただきたいなと思います。生ごみのコンポストに関して、実施回数と開催場所の拡充について答弁いただかなかったような気がするので、もう一度そこをお願いしたいと思います。私の家も、堆肥をつくっています。毎回、生ごみコンポスト健康診断を受けているのですけれども、非常に良質な堆肥ができておりまして、この堆肥を使って草花を育てると、花もきれいに元気よく育つという状況がございますので、そういう中で、そういったつくったところ、ますます普及させていく上で、このプレートの提案をさせていただきましたが、市長、配布していただけるということで、ありがとうございます。ただ、行政がつくると堅苦しいプレートになりがちなので、菜園や花壇に使うプレートとして、ぜひともかわいらしいプレートで、そのプレートには、ぜひとも、ていたんの絵を忘れずに配置していただきたいと思いますが、市長の見解を聞かせてください。



○主査(大久保無我君) 市長。



◎市長(北橋健治君) ていたん、検討させていただきます。このふれあい花壇の菜園事業というのは、当時日本の中で初めてだったのです、花壇、菜園両方使えるように市有地を開放するというのは。地域の方々に取り組んでいただいて、その中で北九州発の技術です。市民の考案によるものですが、生ごみコンポストについてやっていただいているというのは、いろんな意味で、大変有益な優良モデルではないかというように思います。したがいまして、ていたんのことも含めまして、いいものになるように、よく検討させていただきます。



○主査(大久保無我君) 環境局長。



◎環境局長(松岡俊和君) 私ども、こういった生ごみの回収に関しては、講座でございますけれども、30人の市民アドバイザー、そしてお一人専門家の方がいらっしゃるのですが、そういった方々で、これまで60回開催してございます。受講者の方々は、約3,000人を超えるということでございますが、これ以外にも、本当にいろんな地域の中で、それぞれのグループでやっておられるということも十分承知してございます。したがいまして、そういったプレートの利用なんかについては、幅広く皆様のほうにお伝えしていきたいと思っております。以上です。



○主査(大久保無我君) 岡本委員。



◆委員(岡本義之君) 生ごみでできる堆肥の量にもよりますけれども、できるだけ、そういったプレートが、あちこちで見られるように、市民がつくった堆肥を、例えば、公共施設の、特に、土の入れ替えが必要なプランターとかに、土の入れ替えとか結構、市民センターとかでやっているのです。そういったときに、積極的にそういった堆肥が使えるような工夫とか、あわせて今後検討していただきたいと思います。以上で終わります。



○主査(大久保無我君) 進行いたします。日本共産党。藤沢委員。



◆委員(藤沢加代君) 乳幼児等医療費支給制度の拡充を求めてお尋ねします。

 本市の子供の医療費助成は徐々に拡充してきましたが、2011年10月に入院費の助成が中学生まで拡大して以来、12、13、14年度と全く動きがありません。学齢期の子供たちへの通院費の助成が1学年でも、来年度こそはと期待しておりましたけれども、外れてしまいました。この間に他都市の拡充が進み、本市はおくれてしまっていることを市長は御存じでしょうか。

 本年1月1日現在、通院、入院とも中学生まで助成対象の市が、さいたま、静岡、浜松、名古屋、堺、大阪、神戸と7市に広がりました。所得制限も大阪や神戸以外はありません。更に、通院、入院とも小6まで拡充しているのは京都、小3までは仙台、千葉、相模原、新潟、熊本、小1までは川崎、横浜となっています。本市は、入院は中3まで拡げましたが、通院は入学前にとどまっており、所得制限もあります。通院の対象は、札幌、岡山、福岡と同じで、岡山、福岡は所得制限はありません。通院の助成の拡がりと20市のうち所得制限も加味すると、札幌と本市が最もおくれた2市となりました。早急に一歩前進させるべきだと考えます。答弁を求めます。



○主査(大久保無我君) 八記委員。



◆委員(八記博春君) PCBの処理延長についてお尋ねします。

 安全にPCBの処理を行うことは当然であり、市民との約束です。一方、PCB機器の不法投棄や紛失は、環境にはかり知れない影響を与えます。こうした事態を防ぐためにも、PCB機器の全量を把握することは極めて重要です。ところが、PCB機器の把握については極めて不十分であり、現状の仕組みの中で、何ゆえ、正確な量が把握できなかったのかとの私の質問に、環境省が本市を通じて寄せた回答では、使用中のPCB機器も含め、保有している事業者のPCB処理に対する認識が十分であれば、届出等による把握が進んでいたと考えると述べ、事業者の認識の不十分さを強調しました。そこで本市として、国に対し次のことを求めるべきではないか、お尋ねします。

 1、事業者の認識を高め、PCB機器の把握を促進するためには、社会的な監視が必要です。人体に対するPCBの影響やPCB機器等の使用映像、そして使用場所などについて国民に広く知らせるとともに、アスベストの取り組みや、パナソニックのファンヒーター回収のためのCMのように、広く周知を行い国民的な監視を行うべきです。

 2、国は、今後は自治体や警察などとも連携して、き然とした対応をするとしていますが、これまでは届け出を渋る事業者に罰金などの罰則を伴う指導を行ってはいませんでした。事業者に対しては、罰金だけではなく、コンプライアンスを掲げながらも、法令を遵守しない事業者の企業名を公表するなど、社会的批判を行う制度を創設すべきです。

 3、事業者にとっては調査費、処理費、運搬費が負担となり、出し渋りが懸念されます。PCB機器の把握に当たっては、電気主任技術者や電気保安協会事業者など業界サイドの者ではなく、公的な権限をもった者の立ち会いが必要です。経済産業省の産業保安監督部の職員は全九州で14人、各自治体も担当職員はわずかです。全量把握のためには公的な者によるチェック体制を創設すべきです。

 4、今回の処理延長提案は、プラズマ処理施設がある本市と北海道に集積するものです。本市として当初の約束を守らせ、処理対象地域の拡大を拒否した上で、国がこれまでの処理経験を生かし、東京・豊田・大阪のPCB機器をまとめて処理することができる最新鋭の工場を新たに建設すべきです。以上です。



○主査(大久保無我君) 市長。



◎市長(北橋健治君) 藤沢委員の乳幼児等医療費支給制度の拡充についての御質問からお答えいたします。

 この制度は、乳幼児、児童の健康保持、健やかな育成を図るため、医療費の自己負担額を助成する制度であります。安心して子供を産み育てることのできる環境づくりのために、この制度の果たしている役割は重要と考えております。このため、通院入院医療費の助成対象を、小学校就学前まで段階的に拡大し、経済的負担の大きい入院医療費についても、助成対象を段階的に拡大し、平成23年10月からは、中学校3年生までの子供を持つ家庭の医療費負担の軽減を図ってきたところです。

 御指摘のとおり本市は、通院費の助成対象は、小学校就学前でありますが、政令市の中には小・中学生まで助成対象を拡大している都市があること、また、11市が所得制限を設けていないことは承知しております。一方で本市では、3歳未満は所得制限を設けておりません。2人以上の子供がいる世帯については、所得制限を免除しております。未就学児については、自己負担額を徴収しておりません。このように少しでも、保護者の負担軽減となるよう取り組んでおります。市としましては、限られた財源の中で、子育て支援全体の数多くの政策について、何を緊急優先して充実するか、総合的に判断する必要があります。また、多額の財源を必要としますので、福祉医療制度全体の安定的な継続を図る上で、通院医療費の助成拡充は現時点では難しいと考えております。

 なお、制度の拡充に当たりましては、財源問題が重要であります。そのため、国への制度創設の要望とともに県に対しましても、一般市町村と差異のある補助率の是正を強く働きかけております。最近の取り組みとしては、県に対して、毎年最重点の提案項目として申し入れを行っておりますが、また、平成22年度から、福岡市と共同で県に対する要望活動を行っております。また、本市選出の県議会議員の方々、北州会との意見交換会でも最重点事項の一つとして、要望を行っております。私自身も、県知事に対しまして、改めて強い気持ちを持って、改善を求めたところであります。こうした取り組みの結果、県及び、両政令市で構成する実務者レベルのワーキング会議を、ようやく立ち上げることとなりました。現在、福祉医療制度の課題や今後の方向性などについて、協議を行っているところです。私としましては、福岡市と連携し、改めてこの問題について、強く県に申し入れてまいりたいと考えております。

 八記委員から、PCBの処理延長問題について、4点御質問がございました。

 まず、社会的な関心が必要である、国民に広く知らせる、広く周知を行い国民的な監視を行うべきであるという御主旨の御質問であります。PCB廃棄物の処理につきましては、本市としましても周知、啓発を率先して行ってまいりました。これまで監視会議だよりを年2回発行して、市内で回覧、配布を行い、北九州PCB処理事業についての情報提供を行ってまいりました。市政だよりによる期限内処理に向けた市民への周知を始め、市内事業者への周知文書の送付、新聞、公共交通機関の広告、団体機関誌、ホームページ、メルマガを活用した周知などを行いました。更に、延べ約5万4,000の市内事業者に対する掘り起こし調査の中で、処理の必要性や、処理期限などをきめ細やかに周知してまいりました。これらの取り組みの結果、市内分のPCB廃棄物につきましては、全国に先駆け期限内に処理が完了する見込みであります。

 一方、国はこの北九州方式を全国に普及させる考えを示しております。本市のノウハウを全国に広げ、自治体、電気保安関係団体等と連携し、各関係機関が、しっかりと参画する実施体制の構築を行うとしております。市としましては、全国の自治体などの関係者が一体となって、掘り起こし調査などの丁寧な運用がなされることが重要であり、国がどのように北九州方式を全国に展開するかを含めて、こうしたきめ細かな対策の実施につき、今後も国と協議を詰めてまいります。

 次に、法令を遵守しない事業者の企業名公表を含めて、社会的批判を行う制度を創設すべきではないかという御質問がございました。PCB処理の特別措置法は、廃棄物の把握を行い、期限内に確実に処理を行うため、事業者は、毎年度保管や処分状況を都道府県、市に届け出ることを義務づけています。また、その事業者による保管処分状況は、個別企業ごとに誰でも見られる仕組みとなっています。更に、届け出義務に違反する事業者に対する罰則が設けられています。この制度にのっとって、確実にPCBを把握処理するためには、全量調査を確実に行っていくことが第一と考えております。国は、自治体や電気保安関係団体等と一体になって掘り起し調査や、未処理のPCB機器リストの作成共有などを実施し、その上で、もれなく事業者に対する確認指導を行うこととしています。その運用の中で、必要が生じれば、適宜料金値上げ等の新たな対策強化を図っていくと聞いています。いずれにせよ、繰り返しになりますが、確実にPCB処理を行うためには、まずは全量把握に注力することが第一であり、市としてこの点について国と協議を詰めてまいります。

 次に、全量把握のための公的なものによるチェック体制の創設について御質問がございました。保管中の廃棄物につきましては、PCB処理特別措置法に基づき、都道府県、市が、また、使用中のPCBを含んだ機器については、電気事業法に基づいて、経済産業省が把握する仕組みが整備されております。これらを期間内に処理する体制として、日本環境安全事業、JESCOの処理施設が公的に整備されております。今回、国が示した新たな対策におきましては、未処理PCB機器のリスト化に向けて、国、自治体、電気保安関係団体等の関係機関が一体となって、さまざまな角度から、もれなく情報を共有する体制を整備することとなります。これは、その体制の中で、国、自治体をはじめ、それぞれの主体が確実にチェックを行っていくためのものであります。そのために、必要な人員についても、確保されていくものと考えています。その点につきましても、国との協議の中でしっかりと確認を行っていきたいと考えております。

 次に、他の地域のものは、処理対象地域の拡大を拒否すべく、最新鋭の工場の建設を国に働きかけるべきだという御趣旨の御質問がございました。今回の国の要請は、例えば安定器については、JESCO東京、豊田、大阪事業エリアにおいて、処理の見込みが立っておらず、今の段階での、新たな施設の整備は現実的に困難であるなど、処理の進捗に遅れが生じていることを背景に行われたものと聞いています。この点につきましては、これまで本市職員が、JESCOの各事業所及びその立地自治体に出向きまして、処理の進捗状況や遅れの原因、これまでに実施した改善対策、今後の処理の見通しなどを調査する中で、確認を行ってまいりました。また、国は、既存のJESCO処理施設の能力を最大限活用し、日本全体のPCBを一日でも早期に処理する方針のもと、全国的に処理対象物の変更を行いたい考えであります。北九州事業では、トランス、コンデンサーについて、処理対象地域である岡山以西17県分の処理をする余力の範囲内で豊田、東京エリアから受け入れ、安定器については、処理の見通しが立っていない大阪、豊田エリアから追加的に受け入れを行うことで、処理期間を最大9年間延長する案となっています。本市は国から要請があって以降、これらのことも含め丁寧に説明を行い、市民の意見をきめ細かく伺っております。今後も、国から要請があった際の市民や議会の意見を幅広く聞いて慎重に判断するという方針に沿って、取り組んでまいります。私からは以上であります。



○主査(大久保無我君) 藤沢委員。



◆委員(藤沢加代君) 意見を申し上げます。最後の分科会となって、市長もお疲れのことと思うのですが、熱がない答弁だったというふうに思います。私がこの課題で、市長質疑で取り上げたのは2回目です。多額の財源が必要なのはどこの市も同じですから、市長の決断が必要だというふうな意味で、今回も取り上げさせていただきました。小学校1年生から、1年ごとにでも通院に拡大することが重要だと思います。子育て日本一を実現できる市という看板をおろさないならば、すぐにでも決断をしていただきたい、決断するべきだと申し上げまして、終わります。



○主査(大久保無我君) 八記委員。



◆委員(八記博春君) 私も市長の答弁は、意識的に質問の争点をそらした答弁だったと思っております。私が思うのは、安全に処理したというところを、環境省も北九州市もJESCOも強調しているのですが、それはそれで当たり前です。例えば、1台分のPCBが大気に流れる、それから、海洋に飛散すると大変なことです。しかし、それと同じ重要さで、1台のPCB機器が紛失して、常任委員会等でも言われましたけれど、海に捨てられるのと全く同じなのです。ですから、何台のPCB機器を把握するのか。私は把握ができれば、それは処理に確実につながると確信してます。要は把握なのです。ところが現実は、大企業でさえ、コンプライアンス、法令遵守というふうに世界にうたっている北九州市の大企業でさえ、これまでたくさんの機器を新たに届け出している。北九州方式を、環境省がどれだけ全国で実施するかということが問われているような、そういう答弁をされましたけれども、平成13年からの10年間で、新たに把握された機器は北九州市でトランス類で420台、コンデンサーで991台、安定器で1万6,622台、合計1万8,090台。私は、これは平成13年に比べて1.5倍なのです。新たな機器が発見されたということは歓迎するわけですけれども、先ほども言われましたように、罰則だって罰金だって科せられているのです。しかし環境省は、一度もこれを活用したことがないのです。そういう中で、今後はちゃんとしますよと言ったって、誰が信用できるのですか。事業者の哲学は、お金がかからないことです。お金がかからないという哲学を持っている相手に対して、どうやって出してもらうのかといえば、それは社会的に監視の目を強めること、例えば、パナソニックのファンヒーターのように、私もテレビ見てまして、繰り返し暗い声で宣伝が行われます。しかしあれはしっかり、身につきます。そういう目で国民が、ここに転がっているトランスはどうなのと、こういう体制ができないと、この問題は闇に葬られてしまう。そして、電機工業会のうんぬんというのがありますが、それは企業サイドの人であり、公的な立場の人は、先ほども紹介しましたけれども、経産省でいえば、全九州でたった14人、北九州では何人ですかと質問したら、室長も含めて5人が担当している。私は、こういう自治体に期待をして、また、事業者の善意に期待をして、出してくださいと。これだけでは出ないと思っております。そういう点では、そういう法令等に従わない人たちに対しては、社会的な責任をはっきり果たしてもらうという点で、企業名の公表等が必要だと。これはまさに国の仕組みでありまして、そういうことを北九州が求めていただきたいと思いますが、いかがでしょう。



○主査(大久保無我君) 環境局長。



◎環境局長(松岡俊和君) さまざまな、まさにPCBが紛失して、どれだけの影響を与えるかということについて、それを絶対行ってはならない、全くこれは私どもも同じ考えでございます。まさに、そういったことにならないようにするために、PCB特措法が制定されたということでございます。そういった中で、これまでいろんな形でうまくいってなかったこと、私ども、先ほど市長答弁にありましたように、いろんな形で検証を行ってまいりました。やはり、もっとやれたのではないかという部分も確かにございます。その点については、今私ども、市民の意見を背景として、強く国のほうにしっかりと意見を申し述べて、そして、国もそれを受けとめて考えていただいております。そういった公表的な部分とか、そういった部分、それが当初の段階の中から、制度上に設けるのか、それから、運用の中で全量の把握がどうしてもうまくいかない、そういったことはあってはならないのですが、そういったところを、強化するためにやっていくのか、その時間軸という問題がございましょうが、その点については、そういった方向性は、私どもの申し入れに対して、国も真摯に聞いていただいているという状況でございます。



○主査(大久保無我君) 八記委員。



◆委員(八記博春君) 国から、1月に新たな提案がありましたけれども、それを見ても具体的な点では、先ほどのように、経済産業省がとか、電気保安技術者がとか、そういう程度なのです。だからもっと、具体的に把握をするための詳細な仕組み、これを出さないと、本当に期限どおりできるのか、確実に処理が把握ができるのかという担保がないというふうに思います。それで、きょう、新たに新しい処理施設をつくるべきだという提案をさせていただきました。北九州では当初、平成13年に、この問題が提起されたときに、北九州市が市民に対して行った説明の中には、北九州にあるPCBはもう2年で処理しますよと、あとの年月は、他の17県のものを処理します。しかし、いまだに終わっていないのです。来年終わる計画。私は、やはり把握の問題をしっかりとしていくと同時に、約束を守っていくということは極めて重要です。特に、プラズマはお金が高くて、効率が非常に悪いです。ドラム缶1本の安定器を処理するのに1,000万円かかる。こんなことをやっていていいのかという議論もあると思うのです。私は、もう40年たったわけだから、さまざまな技術が開発され、さまざまな教訓を、JESCOも含めて持っているわけです。そして、どこにたくさんあるのかというと、関東、中部、関西にあるわけです。そこから持ってきて、北九州や北海道で処理するのではなくて、そこに最新鋭の工場をつくって、そして高効率でしっかりと処理していくことが必要だと思ってますが、そういう提案をする気はないですか。



○主査(大久保無我君) 時間がなくなりました。

進行いたします。日本維新の会。荒木委員。



◆委員(荒木学君) 障害者自立支援についてお伺いしたいと思います。

 本市では、北九州障害者しごとサポートセンターを通して、障害を持った方々の自立を支援できる体制ができております。しかしながら、実際は、障害の程度により、就労につける範囲も限定され、格差も見受けられます。

 中でも、知的障害のある方は、就労に結びつきにくい現状がございます。その一方、絵画、詩などアート面ですぐれた能力を持った方々がいるのも事実です。そういった能力を持った方々のアートに触れ、イベントの開催等により、表現できる場を提供し、就労のチャンスを広げるプロジェクトを市やNPO及びボランティアで立ち上げてはどうかと考えます。具体的な取り組みとして、例えば、市内の飲食店、病院、駅等多くの方が集まる場所に作者の紹介を添えた作品を展示して、更に販売も行うという一連の仕組みをつくることによって、障害をもった方々の、自立支援や生きがいづくりにつなげてみてはどうかと思います。見解をお伺いします。



○主査(大久保無我君) 市長。



◎市長(北橋健治君) 荒木委員から、障害者自立支援について御質問がございました。

 一般の就労に結びつくのが困難な障害のある方の中には、絵画や造形など、アート面に能力を発揮する方々がいらっしゃいます。その能力を伸ばして、発表や販売ができる場を提供することは、自立支援や、生きがいづくりにおいて重要だと認識しています。そのため、本市におきましては、これまでも、絵画や写真などの作品の発表の場を提供し、芸術文化活動を推進する障害者芸術祭の開催、また、一丁目の元気や、元気っちゃ!におけるアート系商品の展示販売及び作品展の開催、また、障害者スポーツセンター、アレアスの2階の壁面を活用した障害者アートの展示、また、障害者のつくる商品カタログ、NUKUMORIブックを通じたアート商品のPR及び販売促進など、さまざまな形で、障害者のアート活動を支援してまいりました。最近では、障害者のアート面のすぐれた感覚や、能力を生かした支援を行っております、NPOなど民間の事業所もふえてきております。絵画やクラフトなど、アート系作品の制作・販売や、絵画教室の開催など専門家による指導、アート展の開催及び販売、雑貨店など店舗への展示販売、などなどの支援を行っております。今後の支援でありますが、本市で取り組んでおります、北九州NUKUMORIプロジェクト推進事業の中でも、専門アドバイザーによる、障害のある方の描く絵のキャラクター化、また、キャラクターを生かした商品の開発などを、実施していくなど、引き続きNPOや、企業、ボランティアなどとも幅広く連携し、アート面における表現の場や、販売できる場の確保に積極的に努めてまいりたいと考えております。以上です。



○主査(大久保無我君) 荒木委員。



◆委員(荒木学君) ありがとうございます。北九州の先導によって、すばらしい現在、そういった活動をされているということをお聞きして、非常にうれしく思っております。ぜひ、より支援を広めていっていただきたいと思いますけれども、雇用という、やはりそこに障害を持った方々が、一生懸命作業所とかで働いていますけれども、1カ月一生懸命働いても、2万、3万とかそんな世界でございます。そういった中に、そういった能力を持った方がおられるということを、積極的にこちらの方から発掘していくシステムをつくるということは、有効だと思いますので、今後ともよろしくお願いしたいと思います。よくクールジャパンという言葉が使われていますけれども、文化カルチャーを捉えて、新たなカルチャーを創出して、そして外需を取りに行き、インバウンド観光を促進するという、そういう好循環を生み出すということをちょっと考えていきますと、クール北九州というものを提唱して、NUKUMORIプロジェクトとか、そういったものを柱にして、当然環境、福祉とか、他の部分も捉えて、クール北九州といった形で、新しい文化、カルチャーを創造していただいて、北九州の文化を日本国内外に向けて発信していく、そして、インバウンド観光を促進する。ぜひ、雇用という面で、門戸を開いていく、ちょっと一つの、キャッチフレーズではないですけれども、そういったものも必要なのかなと思っております。見解をお伺いしたいと思います。



○主査(大久保無我君) 市長。



◎市長(北橋健治君) クール北九州という御提案ですが、まずはNUKUMORIプロジェクト、NUKUMORIブックということでやっておりますので、今、当面そちらのほうを使わせていただければと思います。いずれにしましても、一生懸命に頑張っても、本当に、報酬が少ないというお話は、たくさんの方から聞かせていただいております。そこで、今回調達に当たりまして、官公庁がもう一回洗いざらい自分たちの発注しているものを、ハンデを背負った方々に、お願いできるものは相当あるのではないかということで、全庁を挙げて、そうした拡大に向けて取り組んでいるというのも、それが、少しでも雇用に結びつくようにという思いでございます。こうした事業を、例えばどんどん拡大していきますと、例えば既存の事業者の中で、自分が今までやってこれたという仕事に、多少、こつんと当たる世界も出てくるかもしれません。全て万事よし、という社会はそうはないわけであります。時には、そういう問題もあるかもしれませんが、やはり私どもは、障害者の福祉に関する法整備が、着実にこの間進んできておりますし、その法令に従って、自治体も最善を尽くすことは、我々の責務だと思いますので、また、ぜひとも、委員の皆様の御理解をいただきながら着実に、所得増、また、雇用につながっていくように、さまざまな施策に鋭意取り組んでまいりたいと思っております。その中で、今委員が言われたようないろんなアイデアについても、我々もよく勉強させていただきたいと思っています。



○主査(大久保無我君) 荒木委員。



◆委員(荒木学君) ありがとうございます。場の提供ということでは、市が積極的に切り開いていくという支援には、お金はかかりませんし、本当にそういった面では意味があることだと思います。我々も一生懸命やっていきますので、力を合わせてそういった方の雇用のために頑張っていきたいと思います。以上です。



○主査(大久保無我君) 進行いたします。地域の声。吉村委員。



◆委員(吉村太志君) 城野駅を中心としたまちづくりについてお尋ねします。

 現在、城野地区において、建築都市局を中心にゼロカーボンのまちづくりが整備されていますが、ゼロカーボン・低炭素などは環境局、子育て支援では子ども家庭局、福祉・医療等の生活支援では保健福祉局、歩行者、自転車の利用を重視した道路整備は建設局など、数多くの局の連携が課題になってくると思います。一方、城野駅の南側では総合療育センター、小倉南図書館など春ヶ丘地区の整備も行われています。

 今後、城野地区と春ヶ丘地区の点と点を線で結んで、面にしていくに当たって、道路、特に歩行者道、自転車道など、全ての人に優しいユニバーサルデザインについての市長の見解を伺います。

 また、城野地区と春ヶ丘地区は行政区が異なりますが、これからは行政区を超えたまちづくりで、人々が行き交うことや各局が連携して事業を実施することが大切だと思いますが、あわせて、市長の見解を伺います。



○主査(大久保無我君) 市長。



◎市長(北橋健治君) 吉村委員より、城野駅を中心としたまちづくりについて御質問をいただきました。

 ユニバーサルデザインについてでありますが、本市の基本的な考え方は、年齢や障害の有無にかかわらず、誰もが使いやすい施設や、機能を確保していくとする、ユニバーサルデザインというのは、まちづくりにとって重要な視点だと考えています。現在、城野駅周辺地区では、城野ゼロカーボン先進街区、南北の駅前広場を含む城野駅のリニューアル、駅南口から、春ヶ丘方面を結ぶ城野駅南口線などを、ユニバーサルデザインの観点から整備を行っております。具体的には、南口駅前広場から城野駅を経由し、ゼロカーボン街区を結ぶ屋根を備えた車いすでも利用可能な歩行者専用デッキを設置することであります。

 次に、自転車駐輪場、タクシーやバスの乗降場を備えた、ゆとりのある駅南北の駅前広場の整備であります。また、多目的トイレやエレベーターが設置された、利用しやすい駅舎の整備であります。また、歩行者や車いす利用者が安全に歩道を通行できるようにするための車道への自転車レーンの設置、こうしたことを進めております。今後、医療施設、また、小倉南図書館、総合療育センターの整備も計画されており、わかりやすい案内板や道路上の休憩所の設置など、誰もが利用しやすい、質の高いまちづくりに努めてまいりたいと考えております。

 行政区を超えたまちづくりになるということで、各部局がしっかりと連携をして事業を行うことが大切だと、そういう趣旨の御質問がございました。元気発進!北九州プランにおきまして、城野地区は、生活機能や交通結節機能を持つ生活支援拠点に位置づけられています。駅を中心に、飲食店や商業施設などが立地をしています。今回の城野駅周辺地区の開発によって、ゼロカーボン街区には、住宅のほか総合病院、モール沿いの商店街、駅南側には、隣接する公園と一体となった図書館などが計画されています。今後更に、駅南側の駅前広場に近接した旧医療刑務所跡地の開発も期待されております。このように、各種の施設の整備が行われ、都市機能が集積することによって、駅を中心とする城野地区が、更に魅力的な町になると期待をいたしております。また、城野駅を中心とした開発につきましては、ゼロカーボン街区の形成は建築都市局、駅周辺のデッキ、エレベーター、自転車レーンの整備は建設局、総合療育センターは保健福祉局、南図書館の整備は教育委員会、さまざまな部局が関係しております。このため、今後も部局間の連携を一層密にしてまいりたいと思います。

 いずれにしましても、城野駅周辺地区では行政区の枠を超えた、にぎわいのある町をつくるために、充実した教育施設、利便性の高い交通環境を生かして、魅力的なまちづくりを進めてまいります。以上です。



○主査(大久保無我君) 吉村委員。



◆委員(吉村太志君) 市長ありがとうございました。1点だけ質問させていただきます。今回、点と点で線をつなげて面をつくるという部分で私が言ったのは、今回、今ゼロカーボンのほうはできています。そしてまた、今回療育センター、南区役所の前、図書館もできてきます。その中で、今南区役所から療育センターを通った道、20年前ぐらいになるんですが、インターロッキングですばらしい景観で、当時は本当に最先端の景観だったと思いますが、今現在、老朽化が進んで、景観のための植樹、樹木の根が張ってインターロッキングが浮いたりして、やはり、そこを通る人たちがつまずくとかいうような現状も出てきております。そういった部分で今回、やはり、ゼロカーボンと一緒でこの道をつくっていく、それをまたユニバーサルデザインに取り入れていっていただきたいのですが、その辺の見解を伺いたいのですが。



○主査(大久保無我君) 建設局長。



◎建設局長(今永博君) 今委員のお話の中で、特に南区役所の前がひどくなっておりますので、その辺は適宜直していくようにしておりますし、当然障害者の方、車いすの方も利用されるということになりますので、そういったことに気をつけて、更には、先ほど言いましたように、自転車レーンも車道のほうにつくって、歩道の中で自転車と車いすが会わないような形で、そういったことに気をつけて整備を行っていきたいと思っております。以上でございます。



○主査(大久保無我君) 吉村委員。



◆委員(吉村太志君) 本当にユニバーサルデザイン、こういう新しい言葉がどんどん出てきております。これは地域の方々、高齢者の方々がウオーキングでも使います。そしてまた、障害者団体の皆さんの意見なども取り入れて、やっていっていただきたいと思います。そして、これは要望ですが、今いろんな、今回、城野地区の部分も、いろんな各局が連携をとってやっていかなければいけません。そして、今、障害者自立支援法、そしてまた、障害者差別法など、本当に今、障害に対してどんどん今、法整備がなされています。本音を言えば、保健福祉局が障害者の対応にはなってきますが、福祉サービスとかいうのは、障害課、福祉課がやるべきことですが、これから、道路なら例えば、こういった建設局、そして子育て、それにまた、パラリンピック、これもスポーツの市文局がやっていくとかいうように、障害者のことも対応できる、私はやはり、障害者という言葉が、いい意味で、なくなるような世の中になっていければ、もっともっと本当にグローバルな、ユニバーサルな社会になってくると思いますので、御尽力のほどよろしくお願いいたします。私の質問を終わらせていただきます。ありがとうございます。



○主査(大久保無我君) 以上で市長質疑を終わります。

 次回は3月25日午前10時から分科会報告の取りまとめを行います。

 本日は以上で閉会します。

                              閉会 午後4時59分





会議の経過

              平成26年度予算特別委員会市長質疑記録

         第3分科会(教育水道委員会及び経済港湾委員会所管分)

                              開会 午前10時00分



○主査(本田忠弘君) 開会いたします。

 議案第1号のうち所管分、4号から6号まで、9号、12号のうち所管分、15号、17号、19号、21号、24号、25号、28号、42号から44号まで、49号から52号まで、55号及び56号の以上22件を一括して議題とします。

 ただいまから、市長質疑を行います。質疑時間は2時間程度となっております。質疑の持ち時間は、日本維新の会は14分、その他の会派は27分でお願いします。

 審査の方法は、会派ごとに一括質疑、一括答弁とし、大会派順に行います。なお、市長答弁は着席のままで受けます。

 質疑に入ります。自由民主党。田中委員。



◆委員(田中元君) 本市における児童生徒の学力についてお尋ねをいたします。

 今定例会でも一般質疑で質問させていただきました。教育委員会制度改革についてお尋ねをしたところ、教育長からは、国においての方向性だけが示されていただけであり、まだまだ議論の途中である、というように明確な答弁がありませんでした。

 しかし、教育委員会制度も改められれば、これまで以上に市長の意向や権限が強まることも予測されます。そして教育行政に対する市長の立場も変わってくると考えています。また、新年度においても教育委員会はさまざまな項目で予算を計上しておられますが、昨年の学力・学習状況調査の結果を見ると、我々委員も本市の将来の危うさを感じているところであります。

 そこで、予算調製権を持つ、また、本市の最高責任者である市長に、次の2点をお伺いいたします。

 1番目に、学力・学習状況調査の結果を受けて、本市における児童生徒の学力の現状について所感をお伺いいたします。

 2番目に、本市における児童生徒の学力を、福岡県内のレベル、また、政令市レベルと比較して、どの位置まで伸ばしたいという明確な考えをお持ちなのかお伺いいたします。以上であります。



○主査(本田忠弘君) 吉田委員。



◆委員(吉田幸正君) 私は、中央図書館に市民や市外の方が魅力を感じる空間としての飲食エリアの設置等々要望してまいりました。中央図書館には、何度も飲食店の出店がありましたが、売上げの低迷によりいずれも早期に撤退をしました。

 飲食スペース設置については、占有面積を狭く設定し、家賃に当たる目的外使用料の低減を図るなど、設置優遇策として前向きにさまざまな案の答弁をいただきました。しかしながら、現在のスペースと条件では、住民が切望する魅力ある図書館構築が難しく、現在、武雄市などで脚光を浴びている、人を引きつける磁力となる公共施設にはなり得ません。

 市民がイメージするすてきな図書館の姿は、武雄市が民間委託により運営している武雄市図書館であります。この図書館は、開館後わずか半年で前年比較の3.6倍に当たる51万9,000人が来館し、武雄市の人口が5万人強なのでわずか半年で人口の10倍に当たる人が訪れることになり、年間来場者100万人施設の誕生であります。

 また、本の貸出冊数は1.8倍、入館者が3.6倍となっており、図書を借りる目的でない来場者、つまり、スターバックスコーヒーに用がある人、あるいは書籍購入が目的の人、CD、DVDレンタルが目的の人が数多く来場していることになります。更に興味深いのは、図書を借りた延べ9万2,000人のうち、武雄市民は59%であり、4割は市外居住者が占めていたということであります。つまり、この図書館の位置づけは、新社会資本整備と言え、市民にとって憩いの場であると同時に、町が人を引きつける磁力施設であると言えます。

 このほかにも、金沢市金沢21世紀美術館は年間来場者150万人、本市美術館は平成24年度26万2,000人、北海道の旭山動物園は年間来場者160万人、本市到津の森公園は35万人。既成概念にとらわれない公共施設のあり方は、住民の幸福度を向上させ、町が人を引きつける磁力と言えます。

 そこで、中央図書館の飲食店出店に際し、家賃の値下げのみならず、管理スペースの見直し、設備整備補助、書籍の販売、空間デザイン等々、魅力あるまちづくりを目的とした、中央図書館の空間整備について必要な予算措置を要望いたし、予算調製権を持つ市長に、その見解をお伺いいたします。以上です。



○主査(本田忠弘君) 市長。



◎市長(北橋健治君) まず田中委員の御質問にお答えをいたします。

 本市の学力の現状に対する所感でございますが、児童生徒の学力の状況については、これまでの調査の結果が、全国平均よりもやや下回っている状況であります。その推移を見ましても、一進一退の状況が続いていることは承知いたしております。こうした状況を謙虚に受けとめ、学力の向上を本市の喫緊の課題として捉え、教育委員会とともに、全体的な底上げに鋭意取り組んでいるところであります。学力向上に向けましては、学校における授業をよりよいものとするのはもちろんのこと、子供たち自身が、家庭などでの学習、習慣、意欲を身につけて、授業内容を着実に定着させることが重要であります。

 学力の問題は、大人の、親の問題でもあります。そういう中で、本市では、学校の授業以外の勉強時間が全国平均を下回っております。勉強時間の絶対量が不足している状況に注目をいたしております。このため、家庭や地域との連携や協力を得ながら、学校での取り組みと、生活習慣、学習習慣の定着、それらの両輪をうまく機能させることが重要と考えます。そこで、平成25年度の予算では、家庭学習の定着を図るための家庭学習の進め方やポイントをわかりやすく説明した、家庭学習チャレンジハンドブック作成の経費を予算化し、この4月に、全ての小・中学生に配付すると聞いております。また、来年度の予算におきましても、基礎的、基本的な学力の確実な定着を図るため、子どもひまわり学習塾の経費を、新たに盛り込んだところであります。

 本市の学力を、県レベル若しくは政令市レベルと比較して、どの位置まで伸ばしたいと考えているのかというお尋ねでありますが、教育委員会が策定したプランでは、学力に関する数値目標として、対全国平均100%を掲げているところであります。まずは、この数値目標の達成に向けて、全力を挙げて粘り強く取り組みを進めてもらいたいと考えております。教育の成果は、一朝一夕にあらわれにくいものであります。それゆえに、足元をしっかりと見つめ、今なすべきことを、確実に行っていくことが大切であります。

 教育に関する政策は、第一義的には教育委員会が行われるもの、これは現在の法体系でありますが、子供たちが質の高い教育を受けることができる、それによって、さまざまな分野で活躍するすぐれた人材を輩出することは、本市のまちづくりにとって極めて重要であり、本市の児童生徒一人一人の学力の向上を目指して、予算調製権を有する立場から、最大限の努力をしてまいりたいと、このように考えております。

 吉田委員から、中央図書館の空間整備について御質問がございました。

 本市の中央図書館は、市立図書館の中核であります。各分野の専門書などを整備し、高度なレファレンスのサービスを提供し、また、地区図書館を運営しております指定管理者との連絡調整や、指導助言を行う統括的機能を持つ図書館で、年間50万人が訪れております。本市の図書館では、これまで、地区図書館への指定管理者の導入や、開館時間の延長、返却フリー、インターネット予約の導入など、さまざまな利用者へのサービス向上に努め、指定管理者導入前に比べると、貸出者の数で、57%の増となっております。

 一方、武雄市の図書館ですが、当初から設計やレイアウト、運営方法を指定管理者に任せて、リニューアルオープンしたものでありますが、書籍販売や、CD、DVDの有料レンタルコーナーのほか、コーヒー店スターバックスも併設された、今までにない公立の図書館として全国の注目を集めております。それに比べ、本市の中央図書館は、既に配置の定まった中で、御提案のような空間の整備を行うことは、大幅な内部改修が必要になります。多額の費用もかかるので、非常に難しい状況にあると、このように教育委員会から聞いております。しかしながら、中核図書館である中央図書館の集客力、また、利用者の関心を高めるため、図書館機能の充実のほか、くつろげる空間づくりに取り組む必要があることは認識をいたしております。そこで、教育委員会では、中央図書館のスペースを利用して、集客力や利用者サービスを高めるためのカフェテリアなどの導入について、公募を前提とした目的外使用による施設の活用を考えており、今後、出店希望者の有無や必要な改修費などの検討を行うと聞いております。

 いずれにしましても、図書館の管理運営は、教育委員会が所管しておりますので、こうした魅力ある図書館づくりに向けた取り組みについては、市長としても、よく見守っていきたいと考えております。以上です。



○主査(本田忠弘君) 田中委員。



◆委員(田中元君) ありがとうございます。学力の現状について、市長のほうからも、家庭学習と学校教育の両輪というのは間違いないことなのだと思いますので、ハンドブック、家庭学習のハンドブックの作成だとか、あと、ひまわり塾は、効果が出るものではないかなというふうに思いますので、そこは、大変評価するところであって、来年度以降も、結果があらわれることを期待したいなというふうに思っております。それと、全国レベル、県レベル、また、政令市レベルで、どこまで伸ばしていくのかという市長の答弁ですが、具体的な数値を上げることは考えておられないのか、市長でも教育長でも構いませんので、その辺をお尋ねしたいなというふうに思います。



○主査(本田忠弘君) 市長。



◎市長(北橋健治君) 先ほども申し上げましたが、学力に関する数値目標として本市が持っておりますのは、とにかく全国平均に到達する、一日も早く到達して、それより上回るという基本目標を立てて、努力をいたしております。毎年こういう学力の結果が出ますと、都道府県、あるいは、全国の平均の数字が科目ごとに出てまいりますので、その平均、全国平均に到達すると、それを上回るということが数値目標であります。



○主査(本田忠弘君) 田中委員。



◆委員(田中元君) ありがとうございます。学校づくりに関しても、その質の高い学力を提供するという意味で、学校づくりも大変必要なのではないかなというふうに思いますけど、そこら辺も、家庭学習、学校外のひまわり塾、それで、学校教育に関して、質の高い学校づくりというものを、具体的にちょっと教えていただけたらなというふうに思います。



○主査(本田忠弘君) 教育長。



◎教育長(柏木修君) 市長からも御答弁ありましたように、学校教育と家庭学習の習慣というのを両輪でやっていくという目標を我々持っていますけど、その中で、学校教育の面では、やはり、先生一人一人の資質の向上がまず第一ですけれども、システムとしての学校教育も大事ですので、北橋市長になってから、小学校1年、2年、3年の35人以下学級、中学1年の35人以下学級に、鋭意取り組んでおります。また、結果を見ますと、上位県はやはり、きめ細かな少人数指導とか、全学年での少人数学級の実現とか、やはり、そういった面も大事ですので、我々としても習熟度別授業であるとか、それから、少人数に分けた個別の指導といったような面で、これは本当は県費で、国費で、措置していただきたい思いはあるのですけれども、市費講師を多く採用して、この辺のきめ細かな、子供たち一人一人に寄り添った授業をやっております。そういった意味で、我々としても、学校教育はそういったことを目指しておりますし、まずは、1時限1時限の授業が大事ですので、授業改善のハンドブックを各先生方にお配りをして、自分の授業を見つめ直す、そして、学力の検査の結果とそれをリンクさせて、自分たちの子供に合った授業づくりというのを、1日でも早く質を高めてもらいたい、そのような思いでやっていますし、教育センターでは、職員の資質の向上を、例えば、5年研、10年研とかいったようなものを積み重ねながら、一人一人の資質の向上に努めているところであります。以上のことを学校教育の中で取り組んでおります。以上でございます。



○主査(本田忠弘君) 田中委員。



◆委員(田中元君) ありがとうございました。来年度以降は、こういった学校教育、または、家庭教育、ひまわり塾も踏まえて、学力が平均に達することができるように、我々も期待をしていますし、我々もいろいろ勉強をさせていただきたいと思います。以上であります。



○主査(本田忠弘君) 吉田委員。



◆委員(吉田幸正君) ありがとうございました。まず最初に、現在の中央図書館の利用者の満足度の高さ、それから、利用している人の増加については承知をしています。それとあわせて、北九州市の財政の状態については、承知をしているつもりです。その上で申し上げているのでありますが、北九州市立中央図書館について、満足していない人たちというのは、つまりまた、人口論になりますが、この町から離れていっている若い人たちではないかなという気がするのです。平成23年から平成24年次に、20代、30代の若者たちが6,000名、この町を離れたというデータが調査号にありました。つまり、若い人たちがこの町を離れる理由のすべてが図書館とは言いませんが、この町が人を集める魅力、磁力、あるいは雇用であったかもわかりませんけど、その挑戦だったと思うのです。武雄の話をすると、北九州市で、北九州の図書館を利用している人たちの満足度は、非常に高いわけでありますが、北九州市以外の人たちが、中央図書館を利用して満足しているという状態にない、この比較であります。そして、もう一つ予算のことを言いますと、武雄市は、年間1.1億円をTSUTAYAに払うわけであります。もともと2億円かかっていた管理費が1.1億円に下がった。それともう一つは、武雄市という名前が、全国にこれだけ出るということを評価すると、最低年間60億円の宣伝効果があったと言われております。これは、慶應の教授さんがいらっしゃって、また、武雄の図書館の名誉館長さんというのは、大変有名な中村伊知哉さんという、テレビなんかによく登場する方らしいのです。ですから、全部が積み重なって、武雄という図書館ができ上がっていると思うのです。ですから、よい図書館を、市外の人たちにとってもよい図書館をつくることが、結果としてこの町の魅力、つまり、磁力に上がるということなので、単純に、市民の人たちの予算とくくってしまうのがどうかなと思っているのです。あわせて、今、地区図書館の集積施設とありますけど、例えば、蔵書のスペース、あるいは文学館、文学館の施設、あそこでなければならないのかなという気もするのです。だから、もう少しスペース全体を見直して、やはり、お茶、コーヒーを出すということになると、少しがやがやしてくるのも、図書館のあり方としてどうかという意見もあったそうであります。武雄の場合は、BGMを逆に高めに設定をして、少しうるさくてもいい図書館を設定して、学生が勉強するスペースは、別に自習室をつくったというところで、むしろ高い評価を得ているのです。ですから、予算が足りないというのは、そのことに当たらなくて、スペースが足りないということも、その話にも当たらなくて、むしろ、例えばフローリングであったり、自然の中、あるいはいい音楽の中で本を読むということを提言することは、今の、できないという理由には当たらない気がするのですけれども、答弁がありましたら、よろしくお願いします。



○主査(本田忠弘君) 市長。



◎市長(北橋健治君) 私は、かつて行政組織の見直しの中で、教育委員会の所管している事業で、市長部局に持ってきて、市長部局の文化だとかいろいろなことをやっておりますので、一体的に対応をさせてもらえないだろうかという議論を指示したことがあるのですが、その中に、図書館行政を市長部局に持ってくるということが念頭にありました。ただこれは、いろんな議論があります。議会にもあると思いまして、これはもう少し、市民各界の議論を聞いた上で、また考えることだと考えております。そういう中で、武雄の事例が出てまいりました。大変注目をいたしております。私もテレビで、市長さんと面識があるのですれども、こういった問題で、PRされているところは、ビデオに撮って時々見たりして、注目をいたしております。いいものは、いろんな工夫をしながら、よさを取り入れていくという姿勢は大事だと思っています。ただ、やはり満足度という面から見ますと、多くの方から、カフェテリアぐらい復活できないのかと過去あったのです。ところが、営業時間でありますとか、いろんな事情があってなくなってしまって、多くの方は、それをぜひ復活をという声があることは承知しております。ですから、リニューアルというのは、場合によってはすごく大きな投資を必要とする場合もありますが、しかし、工夫すれば、カフェテリアのようなものについては、十分可能性があるのではないか。より快適な空間をつくるための一助として、そこら辺は、まずは一つの新たな切り口ということで、予算調整権の立場からは注目して教育委員会の議論を見守っているところです。なお、学力を上げるという意味でいろんな議論があると思うのですが、フィンランドが世界一になったときに、やはり、学校の先生の、大学院まで出ていて社会的ステータスが高いことと、公共の図書館が非常によく整備されているということが注目されたことがあります。したがいまして、図書館の整備というのは、子供たちにとっても、青少年にとってもよいし、大人にとっても、非常に重要な社会資本だという気持ちは変わっておりません。今後とも努力をさせていただきたいと思います。



○主査(本田忠弘君) 吉田委員。



◆委員(吉田幸正君) 前向きだと受けとめていますが、この図書館をよい図書館、はやりというか、住民が今求めている図書館にするときには、やはり、ひとつのブランディングみたいなものが必要で、例えば、今あるスペースで、誰でもいいから来てくださいとなると、大体想像がつくのが、いわゆるカフェテリアみたいなものだと思うのですよ。ところが、今のままやると、例えばビニールをあける音がうるさい、こういう不満が出てくるのです。また、どれくらいの営業時間になるかということが出てくる。その空間に見合っているデザインが、そこにできるかという話が出てくるのです。ですから、やるのであれば、トータルのプロデュースをやらなきゃならない。そのときには当然お金がかかってきますので、文化施設という話はいいのですけれど、武雄の来場者の数字を言うのも、観光地としてのあり方を、今既に、武雄は確立をしていて、100万人集めるということになると、北九州ではレトロ地区が今、116万人くらいの方が来られます。これは正確な数字でありませんけれど、600億とか700億とかに近いお金がかかって、116万人のお客様を呼ぶ観光施設になっているのだろうと思っています。ですから、動物園にしても、博物館にしても、図書館にしても、今、そこに人が行く目的地になっている公共施設というのは、既に観光地としての位置づけであるわけでありますから、予算執行者である市長に私がお尋ねするのは、市外の人がこの町に訪れる、この町の若者がこの町から出て行かない魅力施設であるためには、必要な投資が相当に明確に必要なのだろうと思うのです。観光地としての位置づけとして、考えを前向きにするお考えはありませんか。



○主査(本田忠弘君) 市長。



◎市長(北橋健治君) 観光もいろいろなバラエティーに富んだタイプがあると思いますが、知的な空間に、魅力を感じて来られるビジターも、観光の一種といえば、そういうことになるかもしれません。いずれにしても、魅力を感じてビジター、市民が集まるということが、大事なことだというふうに考えます。市長室にはいろんな報告が来るのですけれども、公共施設、あるいは空港の利用者、その毎月の人数が報告されます。私ども今、公共施設のマネジメントに本格的に着手するのですけれども、まだ十分な議論は、この点についてはあまりしていないのですが、例えば、公共施設のあり方を考えるときに、どれだけの市民が潜在的にどれだけいて、そして、現実にそこに何人集まっているか。これによって、投資、あるいは、リニューアルの優先順位というのは、私は工夫する余地はあるのではないかというふうに思います。そういった意味では、図書館は潜在的にも多いし、また、優先順位の高いところではないかと個人的には思っております。ぜひ、市民、ビジターがたくさん集まるような、そういうインセンティブといいますか、何か方向に向かって進むことを期待しています。



○主査(本田忠弘君) 吉田委員。



◆委員(吉田幸正君) ありがとうございました。観光地となる可能性のことを前向きだというふうに理解していますので、例えば、大変高名な建築家の方がつくられたことも事実でありますし、図書館戦争という映画の舞台になったことも事実でありますし、スペースが、私この質問をしようと決めてから、何度も行きましたけれども、奥の、随分まだたくさんスペース、蔵書のスペースかもわかりませんけれども、あるのではないかなと思っている、中に入れませんからあれなのですけど。ですから、倉庫は倉庫として別に構えてもいいですし、予算のことだけをおっしゃるのであれば、市内にはたくさんの図書館がありますので、新しい本が回っていくという意味では、少し買う、それを抑えても、これだけたくさん図書館がこの町にはあるわけですから、少し回しながら予算を考えていくこと、それと、人気の来場者図書館ランキングというのもありますけれども、必ずしも蔵書数とはリンクをしていないので、北九州の図書館の全体の一番人気がよいのは、かいけつゾロリというのが大体上位20位くらいをずっと占めているのですけれど、その専門書が何十万冊あるということよりも、例えば大人の方であれば、東野圭吾さんあたりがずっと上位であったりするので、もっと日常的に使っているということが、図書館の一般的なあり方だろうと思うのですよ。ですから、蔵書数が日本で何位とかいうことよりも、来場者数が何位だということのほうが、高い理解度を市民の方から得られるのではないかなと。いずれにしても、カフェテリア、また、書籍の販売については、大変重要なことでありますので、私が最後に一つお伝えしたいのは、中途半端な投資をして、そこにまた、利権というか、その人たちが運営する権利も生まれますので、とりあえず言うのでやっておこうということにならないことだけは、お願い申し上げておきたいと思いますので、魅力あるよい施設になって、人口がふえることを要望しまして、終わりたいと思います。ありがとうございました。



○主査(本田忠弘君) 進行いたします。ハートフル北九州。奥村委員。



◆委員(奥村直樹君) 私からは、夏休みの市立学校プールの一般利用についてお伺いいたします。

 今定例会の一般質疑や予算特別委員会の中で、複数の校区から要望が出ている夏休みにおける市立学校プールの一般利用については、事故が発生した場合の管理監督責任が利用者や学校長に及ぶという課題があるということや市内に18カ所の市営屋外プールがあることなどから、市立学校プールの開放は必要ないとの説明を教育委員会から受けております。

 しかし、本市は面積が広く、必ずしも市営プールが近くにあるとは言えない状況において、子供が自転車などで移動する際には交通事故に遭うリスクも伴っています。

 そこで福岡市のように、民間のノウハウを活用し、夏休みの学校施設の利用における管理監督責任を学校から切り離すことにより、地元が利用を望んでいる市営プールと距離のある校区から、実験的に学校プールの一般利用を行ってみてはどうかと考えます。

 また、行財政改革の推進に当たり、市営プールを含めたスポーツ施設は、市民が気軽にスポーツに触れる機会の確保という面からも、学校のプールも含めて全市的に検討すべきであると考えますが、予算調製権者である市長に見解をお伺いいたします。私からは以上です。



○主査(本田忠弘君) 森本委員。



◆委員(森本由美君) 私からは、キャリア教育についてお伺いします。

 本市では、小学校から発達段階に応じたキャリア教育が行われていますが、カリキュラムに余裕がないため、十分な時間を割けていないのが現状です。更に、中・高生の職業選択においては、ドラマに登場する職業やマスコミに取り上げられる職業のイメージが強く影響を与えていると感じます。世の中には数百を超える仕事があり、あまり世間には知られていない仕事の中にもやりがいがある仕事や高収入の仕事があります。若いうちに幅広く仕事の内容や職種について学んだ上で、キャリアの方向性を定め、大学等の学部選択に生かすべきと考え、次の2点について伺います。

 1、来年度、市が若者ワークプラザで取り組もうとしているおしごと100選の内容について伺います。

 2、幅広く、かつ、正しく仕事の内容や職種等を学ぶ機会として、市が学校や企業と連携し、高校生を対象とした仕事に関するイベント、お仕事スタジアムを開催してはと考えますが、見解を伺います。以上です。



○主査(本田忠弘君) 森委員。



◆委員(森浩明君) 私からは、港湾整備特別会計の埋立事業についてお尋ねしたいと思います。

 港湾整備特別会計は、機能施設事業と埋立事業の二本立てとなっております。このうち埋立事業については、近い将来立ち行かなくなることが表面化しております。

 平成25年度当初予算では、埋立事業で起債した借金の将来の返済のために、公債償還基金に約17億円の積み立てを行う予定でありましたが、年度末になって、積み立てができていないため、全額を減額するという補正予算が可決されております。また、昨年度末、平成24年度2月補正予算でも同様に、約3億円が減額補正されています。更に、平成26年度当初予算では、約13億円を当初から積立抑制した形で提案されており、将来の市債返済のために備えるべき公債償還基金への積立金が、3年連続して抑制されています。

 こうした状況について港湾空港局長は、積立抑制することが恒常的になるということは、港湾特会にとっては警告ランプが点滅したと思っていると述べています。私も全く正しい見方であると思います。

 今議会、私たち議会では、港湾整備特別会計の財政リスクを明らかにし、今後どのように土地の売却を進めるのか、また、国からの支援策の活用も含めて、いかに一般会計からの繰入、市税投入額を最小にできるかを議論してまいりました。そこで、この機会に市長に改めて質問したいと思います。

 一般会計の負担額については、130億円の負債が残り、これに利子を加えたものが、最終的な一般会計の負担額となる見込み、と本会議で答弁しておりますが、平成24年度末時点で、分譲地、廃棄物処分場用地、未しゅん功地等、合計369億円分の土地が全て売却できたときに、帳簿上の最小限の数字として130億円の負債が残ると理解をしております。本会議では、土地の売却を取り巻く厳しい環境が続いており、公債償還基金への積み立てを抑制せざるを得ない状況となっているとの答弁もあっていますが、こうした状況が続き、土地が仮に全て売却できなかった場合、帳簿上の最大限の数字としての負債額はいくらになるのかお尋ねいたしたいと思います。

 また、起債償還については、平成26年度から平成29年度にかけての4年間の償還の合計は約165億円。一方、これらの返済のために積み立てられています公債償還基金残高は、平成24年度末で約90億円。土地の売却が進まずに、平成24年度以降は積立抑制をしている現状を踏まえますと、近い将来、起債償還が計画どおりにできないことも考えられますが、見解をお尋ねします。

 最後に、抜本的改革として、平成26年度は、収入増対策として仮称臨海部産業用地・分譲推進本部を設置し、市役所一丸となった土地の売却に努めることや、事業の見直しとして新規埋立事業の見合わせや、一般会計の負担軽減策として三セク債の活用の検討を行うと聞いております。市長の決意と取り組みの内容についてお尋ねします。以上です。



○主査(本田忠弘君) 市長。



◎市長(北橋健治君) 奥村委員からは、夏休みの市立学校プールの一般利用について御質問がございました。

 この学校プールの開放につきましては、経費面、施設面、安全の確保や事故が起きた場合の責任の所在など、さまざまな課題があることに加えまして、市内全域には、福岡市方面とは違いまして、公共の市民プールが整備されております。こうしたことから、教育委員会ではプールの開放事業は実施していないということであります。私自身も、事故が起きた場合の責任の所在については問題があるというふうに認識いたしております。しかしながら、学校プールの一般利用ではありませんが、父母教師会や放課後児童クラブなどから、限られた人数で、短期間の学校プール利用の申請があった場合は、利用団体、利用目的、利用者の安全確保の方法や費用負担などを総合的に精査をして、校長が目的外使用の許可を与えている事例もあると、このように聞いております。

 夏休み期間中に、実験的に学校プールの一般利用を行ってはどうか、また、市民が気軽にスポーツにふれる機会の確保という面から、プールについては、学校プールも含めて、全市的に検討すべきというお尋ねでありますが、学校施設の開放、スポーツ施設のあり方などについては、このたび取りまとめた市の行財政改革推進計画の中で、来年度中に具体的な検討を開始することにしております。その中で学校プール活用の必要性の有無、また、今後のプールのあり方について、関係部局によく検討させたいと、このように考えております。

 次に、森本委員からキャリア教育についておしごと100選など具体的な提案を含めて御質問がございました。

 子供たちが、将来、社会的、職業的に自立し、社会の中で役割を果たしながら、自分らしい生き方を実現する力を育てるためには、キャリア教育の推進が大変重要であります。学校だけではなく、社会全体で取り組む必要があるものと認識しております。若者ワークプラザ北九州では、15歳からおおむね40歳までの若年求職者を対象にして、職業選択の悩みなどを含む就業の相談や職業紹介など、きめ細かな就業支援を行っております。その一環として、就職に役立つさまざまなセミナー、また、講座を開催しているところです。来年度はお尋ねのとおり、若年求職者を地元企業への就職につなげることを目的に、新たに地元企業おしごと100選というセミナーの開催を予定しております。このセミナーでは、講師として地元企業の人事担当者などを招きまして、仕事のやりがいなどの魅力を中心に語っていただくものです。今後、若者に活躍していただきたい分野の仕事なども考慮しながら、若者の社会的、職業的自立のために協力をいただける地元企業にお願いをして、開催日程などの検討を行うことにしております。参加対象者は就職活動中の若者ですが、卒業後すぐに就職する高校生のほか、将来的なキャリアを考えるに当たって、どのような仕事があるのか学びたい高校生にも参加していただける内容となっています。若者ワークプラザ北九州では、このほかに若手先輩社員の話を伺う講座や、職種について学ぶ講座などの企画も検討しています。これらを実施する際は、多くの若者に将来に向けた社会的、職業的自立の参考として、ぜひ御利用いただきたいと思います。

 一方、御提案のお仕事スタジアムであります。民間の専門学校グループが、九州・山口地区の高校生などを対象に、将来の進路に向かう動機づけを目的として福岡市で開催しており、ことしで9回目となっています。具体的には、15社の会社説明の他、100の職種説明、20の仕事体験コーナーをイベント内容としております。お仕事スタジアムのような、多くの職種や企業の方から話を聞いたり体験するイベントは、職業観を高める機会として意義があるものと考えており、本市も後援しております。

 本市では、これまで高校生に向けて地元企業の仕事内容や魅力を発信し、地元への就職の促進や、キャリア教育に資する事業を実施してまいりました。具体的には、製造業や福祉分野などの地元企業の工場や職場を訪問し、社員が働く様子を見学したり、直接話を伺う企業見学バスツアーの開催です。今年度は6回開催しております。また、地元のさまざまな業種、職種で働く30人の先輩の紹介を通じ、地元企業の仕事内容への理解を深め、働くことや職業選択の資料に活用してもらう、高校生就職応援マガジン、SODA!の作成、配布であります。これは7,000部発行しております。また、モノづくりに対する意欲と技能の向上を目的として、北九州マイスターが工業高校生に対し技術指導を行う、匠に学ぶ技能講習会、今年度は6校27名、また、企業の技術者などが工業高校に出向いて行うものづくり講座の開催、今年度は2回で499名が参加、こうした事業に取り組んでおります。今後とも、高校生の職業観や勤労観の醸成に役立つ施策について、委員御提案の趣旨も踏まえ、取り組んでまいりたいと考えております。

 森委員から、港湾整備特別会計の埋立事業について、諸点御質問がございました。

 沿革と現状に対する認識でありますが、この埋立事業につきましては、バブル経済の崩壊以降、地価の下落や売却の不振が続き、会計内の自助努力では会計の運営が困難な状況となってきたため、平成22年度に一般会計からの支援も含めた経営健全化策を策定して、経営改善に取り組んでまいりました。土地の分譲については、平成22年度から現在までの間、50億円を超える売却収入を上げ、市債の償還も計画どおりに行っており、市債残高も減少しております。しかしながら、円高や東日本大震災の影響など、土地売却、民間事業者への土地売却を取り巻く厳しい環境は続いており、平成24年度より公債償還基金への積立を抑制せざるを得ない状況となってきています。埋立事業については、全ての土地を売却できたとしましても、およそ130億円の負債が残り、これに利子を加えたものが最終的な一般会計の負担額となる見込みであります。御質問のように、仮に分譲地が全く売却できないという想定をした場合には、平成24年度末の残高に基づいて試算しますと、市債残高529億円から公債償還基金残高90億円を差し引いた439億円が負債額となります。しかしながら、平成25年度の決算見込みでは、約17億円の土地売却収入が見込まれており、今後も鋭意土地売却に努めることで、負債額を減らしたいと考えております。

 一方、市債の償還につきましては、公債償還基金の残高が平成25年度末で約76億円となる見込みであるのに対し、今後も毎年数十億円の大型の償還が続きます。特に平成29年度には、元利償還が60億円を超えるという一つのピークを迎えます。今後の土地の売却状況によっては、近い将来、一般会計の負担が必要になることも想定されます。このことから、早急に港湾整備特別会計の抜本的改革に取り組みたいと考えております。具体的には、収入増の取り組みとして、仮称ですが、臨海部産業用地分譲推進本部を設置しまして、新たな事業者の発掘を含め、進出の可能性の高い物流事業者の更なるリストアップや、もろもろの規制の見直しの検討などに取り組み、市役所一丸となって、土地の分譲促進を図ってまいります。事業の見直しとしては、分譲を目的とした新規の埋立事業を見合わせるとともに、一般会計からの支援を受ける場合でも、その負担を少しでも軽く、また、平準化するため、三セク債の活用についても検討したいと考えております。このような状況に至ったことは、市長として大変重く受けとめております。まずは土地の分譲促進に最善を尽くし、一般会計の負担をできる限り軽減するとともに、本市の更なる経済発展につなげていくことが、市長に課せられた責務と考えております。以上であります。



○主査(本田忠弘君) 奥村委員。



◆委員(奥村直樹君) 答弁ありがとうございました。市長から、来年から本格的に着手する行財政改革のほうで考えていきたいという答弁をいただきました。法的には、調べたところによると、一つのこの学校のプールという施設であっても、複数の条例を制定することで、例えば期間を限定して、夏休みの間だけでも一般的な市民プールと同じような形で経営することもできる、あるいは、今のように目的外使用ではなくて、指定管理で業者のほうに委託することもできるというふうにも聞いております。ぜひ積極的な利用を、せっかくある施設を生かしていただきたいと思いますし、市民、特に子供が水に触れる機会をぜひもっとふやしていただければと思います。これは要望させていただきます。

 教育長にお伺いしたいのですが、先ほど市長がおっしゃっていましたけれども、今、校長先生のほうが限られた人数で、理由を聞いて許可しているケースがあるというふうに伺いました。それ自体はとてもよいことだと思いますが、一般的な校庭開放等であれば、校長先生がある程度柔軟に対応したほうがよいとは思っているのですけれども、このプールのことに関して言うと、過去に事故もあったことから、なかなか校長先生の判断では非常に難しいとは思っています、これは予特でも言わせていただいたのですが。ある程度うまくいっているケースがあるということであれば、ある程度これまでの実績からルールを統一というか、このぐらいであればある程度許可してもよいのではないかというか、ある程度の統一したルールというのはつくれないものかというふうに思います。また、学校によって変わる、あるいは校長先生がかわったからできなくなったということを、地元から見るとそういうふうに見えてしまうことも、せっかく前の校長先生が柔軟に判断していたことが、かえってそういう混乱に陥ることもあると思いますので、何かしら過去の経験を生かしてルールづくりができないかなと思うのですが、見解をお伺いします。



○主査(本田忠弘君) 教育長。



◎教育長(柏木修君) 基本的には学校長の権限です。これはなぜそうなっているかというと、やはり学校教育の一環としての施設利用というのは、やはり大目的でやっておりますので、目的外使用をするに当たっても、短期間、臨時的なということになっております。ただ奥村委員が言われましたように、やはり学校施設は社会資本の一部であることは我々も否定しませんので、今、さまざまな学校開放事業で、これは生涯学習もかませてやっております。ただ学校長の単独の責任の中でやれる範囲というのは限られていますので、我々としても、その辺はちょっと今御指摘がありましたので、目的外使用の実態を調べてどういったスタンダードができるのか、学校長がかわることによって安定性を欠くというのは当然の指摘ですけれども、やはり学校長のそういった創意工夫というのも、我々としても任せてやりたい部分でもありますので、ぜひそれは調べさせていただいて、もうちょっと時間をいただければと思っております。以上です。



○主査(本田忠弘君) 奥村委員。



◆委員(奥村直樹君) わかりました。逆に、それで統一することで、せっかくの柔軟性がなくなったら元も子もないので、そこは情報収集していただいて、うまくやっていただけたらと思います。以上で終わります。



○主査(本田忠弘君) 森本委員。



◆委員(森本由美君) 今、市長からお答えいただきましたけれども、1点目の地元おしごと100選ということですけれども、ぜひ、広く対象である若年求職者の方、高校生にもPRして、多くの方が参加できるような講座というか、セミナーにしていただきたいと思います。2点目のほうですけれども、お仕事スタジアムというのは私も実は知らなくて、少し前にテレビかラジオか何かでそういうのがありましたというのを聞いて、こういうのがあるのかということでちょっと調べてみましたところ、一応、九州の学生を対象ということではあるのですけれども、なかなか、本市からも無料のバスツアーということで、送迎バスも運行しておりますけれども、市内の高校生には知られてないということがあります。なかなか、知っていても日程が年1回ということですし、やはりぜひ一度、本市で開催をしてもらいたいというふうに思っております。地元企業にも協力していただいて、地元企業のPRにもなりますし、よいのではないかなと思っております。このキャリア教育というのを今回取り上げましたのは、最近の新聞記事にもありましたけれども、高校生の半数が自分の将来像を描くことすらできていない、なりたい職業というのが思い浮かばないという、そういう現状があるという調査結果が新聞で報道されておりました。たくさんの仕事があるということをまず知ってほしい。そして、職業選択の幅を広げていただきたいというふうに思っております。もし、若いときに、特に高校生が重要だと思いますけれども、早めに方向性が定まっていれば、学校、大学や専門学校等の学部選択、専門の選択にも反映ができると思いますし、今、なかなか就職が難しいという現状がありますけれども、早めに用意をしておけば、資格を取得したりして、正規雇用にもつながりますし、そういう仕事が、日本に働く場所がないということであれば、起業ということも考えられる。そういうふうに長期的に、やはりキャリアというものを考えていく必要があると思っております。そういった意味で、ぜひ北九州市も北九州市の教育委員会も、このお仕事スタジアム、福岡の国際会議場で開催されておりますものに後援をされておりますけれども、やはり地元で開催することに意義があるのではないかというふうに思いますので、ぜひそれについての見解をお伺いしたいと思っております。



○主査(本田忠弘君) 市長。



◎市長(北橋健治君) 6,500人の方が平成20年度に参加をされた。100種類の職種の説明コーナーがあって、14社の会社の方々が出向かれて、いろんなお話をされる。これはすばらしいイベントだと私も思います。実はこれまでも、ぜひ北九州市の開催をと、民間の方々がやっていらっしゃいますので、お願いはしてきた経緯があります。そこで、九州一円から無料送迎バスを出して、集めていらっしゃるということであります。そういう経緯があるのですけれども、この趣旨に照らしまして、また、地元の企業の皆様方も、地元の青少年にいろんなキャリア教育で熱心であります。御理解がありますので、お願いを続けると同時に、にぎわいづくりということで、特に、青年の方も、皆さんが進んで参加していただけるような、そういう行事というのはこれからも大事になりますので、本市としてもどのようなことができるのか、研究をしてまいりたい。そして、このお仕事スタジアムの主催者に対しては、引き続きお願いをしてまいります。



○主査(本田忠弘君) 森本委員。



◆委員(森本由美君) 市長、ありがとうございます。ぜひ誘致というか、北九州でも、少し小規模でもいいので開催を、誘致というかお願いしたいと思います。それと、やはり最近、高校生、大学生、若い方とお話をする機会があるのですけれども、なかなかやはりマスコミの影響とか、周りにいる親の仕事とか、そういったものはわかるのですけど、思いつかないというのですか、ちょっと偏りがあるのではないかというふうに思ったのです。もっとすばらしい仕事がありますし、ある業界では、例えば建設業とか人手不足ということもありますので、できるだけ早めに、いろんなものがあるということを、13歳のハローワークも大変人気がありましたけれども、知っていただくということで、教育委員会、北九州市一丸となって、取り組むということに、若い方の仕事の支援をするということは、地元に居住していただくということにもなりますし、地元企業にとってもメリットも大きいと思いますので、ぜひそういう大きい視野で力を入れて頑張っていただきたいと思います。何か見解ありましたらお願いします。



○主査(本田忠弘君) 市長。



◎市長(北橋健治君) 若者が東京だとか関西に行かれるのには、自分が頑張って自分の能力を生かしてくれる、本社とか本店を目指して頑張るという人もいるかもしれませんが、地元にすごく魅力的な会社があるのに、親御さんも含めて、あまり御存じないというケースも少なくないと思うのです。そうした意味では、この町の発展のためにも、森本委員御指摘の御趣旨は、非常に重要な政策課題であると認識しておりますので、委員の御指摘の御趣旨も踏まえまして鋭意取り組んでまいりたいと考えております。



○主査(本田忠弘君) 森委員。



◆委員(森浩明君) 港湾空港局長にお尋ねをします。先ほどの問いの2つ目に関しては、今後一般会計からの負担が必要になってくる可能性もあるという旨の答弁をいただいたところなのですが、私の問いは、近い将来、起債償還が計画どおりにはできないことも考えられるがどうだろうか、という質問でありましたが、これについてもう一度お答えいただけますでしょうか。



○主査(本田忠弘君) 港湾空港局長。



◎港湾空港局長(橋本哲治君) 平成24年度の市債残高が529億円ということで、かつ公債償還基金が今90億円あるのですけれども、これが土地の売却がうまく進まなければ、どうなるかということですけれども、今、もう積立も、抑制もやめていますので、土地売却がうまくいかなかったら、それを取り崩すというようなことになろうかと思います。以上でございます。



○主査(本田忠弘君) 森委員。



◆委員(森浩明君) 私の中では、今、当初執行部の皆さんで計画をしている起債に備えた積み立てがうまくいっていないということでありますので、計画どおりに償還ができない可能性もあるというふうな見方をしております。先ほどの、最初の市長の答弁の中で、平成25年度末の公債償還基金残高の見込みということで76億円という数字をおっしゃっていました。これは平成24年度末ということで、既に決算として確定したものが90億円でありますので、それと比べますと、おおよそ13億円マイナスということで理解しております。以上です。



○主査(本田忠弘君) 進行いたします。公明党。木下委員。



◆委員(木下幸子君) 災害に対する強みを生かした企業誘致についてお尋ねします。

 平成24年8月、国は、南海トラフの巨大地震に関する津波高等の推計結果を公表しました。本市における想定震度は、門司区、小倉北区、若松区、八幡東区、八幡西区及び戸畑区が震度5弱、小倉南区が震度5強とされ、津波想定は、門司区と小倉南区が4メートル、小倉北区と戸畑区が3メートルであり、津波高1メートルの到達時間は210分とされております。そこで、2点お尋ねします。

 1点目に、本市では、過去の最高潮位及び波浪条件をもとに護岸整備をしておりますが、上記のような想定を見ると、本市における津波対策、浸水対策が心配であります。今後、強力に企業誘致を進めていく上で重要な、本市の沿岸部の安全対策はどのように進めていくのか、見解をお伺いします。

 2点目に、NHK等の報道によれば、首都ゾーンなどから本市へデータセンターを移転する企業がふえているそうであります。また、ポータルサイトのYahoo!JAPANを運営するヤフー株式会社は、Yahoo!ニュースの編集拠点をことしの4月、本市に開設すると発表しました。南海トラフ大地震のような大規模災害時にも、継続してニュース配信を行うためのリスク分散のため、東京、大阪に次いで3カ所目の開設となったとのことであります。

 南海トラフ大地震における本市の被害想定は、太平洋沿岸地域と比べ、被害程度は小さいと見込まれており、本市への企業の進出は、このような地理的な優位性が認められている結果と考えられます。こうした点を生かし、企業誘致に更なる攻めの姿勢で臨むべきと考えますが、見解をお伺いします。



○主査(本田忠弘君) 桂委員。



◆委員(桂茂実君) 私のほうから夜景観光の推進についてお伺いします。

 モノづくりの町として発展している北九州市の産業観光の特徴は、蓄積された産業の遺産を知ると同時に、日本の産業界をリードする最先端技術を体感できることです。北九州市の原風景ともいえる工場群の景色は、モノづくりの町として発展してきたシンボルとなっています。化学工場や製鉄所などの夜景は、きらびやかさとたくましさが融合しており、昼間には見られない工場の別の表情を楽しむことができます。この工場夜景も、本市の魅力ある観光資源として定着しつつあります。そこでお伺いします。

 1点目に、本市の魅力ある観光資源として定着しつつある工場夜景、夜景観光の推進についてお伺いします。

 昨年11月に、第4回全国工場夜景サミットin北九州が開かれ、大成功に終わりました。また、本年10月には、夜景サミット2014in北九州が本市で実施されると聞いています。工場夜景サミットの総括と課題、そして、全国夜景サミット開催概要についてお伺いします。

 2点目に、夜景の日の制定の提案についてお伺いいたします。

 新日本三大夜景、日本夜景遺産の選定を受けている皿倉山、山頂まで登るスロープカーの利用客が、開業6年で、昨年、100万人を超えました。県外からの観光客は、頂上からの大パノラマの夜景に宝石をちりばめたみたいと目を輝かせ、その景色に感動しています。また、昨年、教育委員会主催の、北九州市こころのふるさと作文コンテストの最優秀賞は、泉台小学校1年生の作品、さらくら山はさいこうだ、です。その中の一節に、夏きれいな緑でいっぱいになります。涼しくて気持ちがいいです。特に夜がお勧めです。皿倉山の頂上から見る夜景は日本一です。以前、皿倉夜景の日というイベントが8月にあり、山頂に登りました。100億ドルの夜景とうたわれた景色は息をのむほどです。今は、形を変えたさまざまなイベントが年間通して行われています。そこで、この夜景観光の機運も盛り上がった今日、ぜひ、北九州夜景の日、皿倉夜景の日なども制定しては、と提案します。ここ数年、本市は産業観光に力を入れ、交流人口の拡大に努めてきましたが、次なる展開は、夜の町のにぎわい創出と、工場を活用した夜景観光です。キーワードは夜です。夜の魅力創出で交流人口を拡大し、夜景観光の流れの中で宿泊客の増加を図り、地元観光振興の発展に寄与すべきと考えます。にぎわいづくり懇話会では、利島会頭が中心となり、大発会の開催のほか、情報誌、雲のうえの発行や、にぎわいづくり認定事業による集客産業の振興に尽力をいただいています。日本三大夜景の一つである函館市は、函館夜景の日を8月13日に決めています。平成3年から実施されており、設立目的として、函館に暮らす市民一人一人が夜景をつくり出しているという意識を再認識することにより、函館に対する愛着を深める日としています。夜景当日は、町全体の協力で、市内の家庭で夜景が最も美しく見えるよう明かりをともしているそうです。私案ですが、夜景の日は1969年、昭和44年7月20日、アポロ11号が人類初の月面着陸をした日はどうでしょうか。月の光が輝く夜に感謝する日です。あるいは、月の光が一番美しく見える中秋の名月である9月8日はどうでしょう。北九州市に対する愛着を深める日にしてはどうかと思います。見解をお伺いします。

 3点目に、自然、歴史、文化を未来に生かした、観光、文化によるにぎわいの創出を推進するため、ふるさと北九州をテーマに、市内外の多くの皆さんに、ふるさと北九州に贈る作文コンテスト、また、夜景フォトコンテストや絵画コンテストなどを開催してはいかがでしょうか。本市の魅力を再認識し、更なる魅力の発信につながるのではないかと考えます。見解をお伺いします。以上です。



○主査(本田忠弘君) 成重委員。



◆委員(成重正丈君) いじめ防止サミットin北九州の開催についてお伺いします。

 本市では、いじめ問題の解決に向けた体制整備や啓発活動を初め、児童生徒の円滑な人間関係の構築を目的とした北九州市対人スキルアッププログラムの作成など、さまざまな施策の充実が図られており、これは大変重要な取り組みであると思います。

 昨年開催されたいじめ防止サミットin北九州は、児童生徒や教職員を初め保護者や市民など約800名が参加し、参加者からは、児童生徒のいじめ問題に対する熱心な取り組みがとても参考になった、大変すばらしかったなど賞賛の声を数多くお聞きしました。

 いじめ問題は、本市では最重要課題であります。そこで、昨年に引き続き8月12日に開催されるいじめ防止サミットin北九州は、児童生徒の活動を多くの方々に共有いただくためにも広く周知し、より多くの方々が参加できるような取り組みが必要だと考えますが、見解をお伺いします。以上です。



○主査(本田忠弘君) 市長。



◎市長(北橋健治君) 木下委員からは、災害に対する強みを生かした企業誘致について、御提案を含めた御質問をいただきました。

 本市の水際線延長の大半は、港湾物流や企業の生産活動を支えている岸壁、護岸となっておりますので、沿岸部の安全対策は、企業誘致を進める上で極めて重要であります。本市では、これまで津波に伴う被害はなく、津波高についても、過去に記録した高潮による最高潮位より低いものとなっています。また、国は平成24年8月に、南海トラフ巨大地震による津波高とあわせて、浸水のマップも示しておりますが、本市沿岸部では一部の自然海岸を除きまして、浸水は想定されておりません。そのため沿岸部の安全対策は、周防灘側においては台風のときの高潮、響灘側におきましては冬期の強風による高波を対象に行っております。具体的には、護岸の高さは、過去における最高潮位に波の高さや背後地の土地利用などを考慮して決定することになっております。特に、企業誘致を積極的に行っております新門司北地区の護岸の高さについては、海抜約6メートルで整備しております。この高さは、南海トラフにおける門司区の津波の高さ、海抜4メートルに対して十分に対処しうる構造となっています。また、本市では、沿岸部におけるソフト施策としまして、道路標識の柱などへの海抜表示板の設置や、情報伝達の多重化を図るための同報系防災行政無線の整備、また、主要な港湾事業者への災害行動指針の策定の呼びかけなどにも取り組んでいます。なお、現在、平成23年12月に施行されました津波防災地域づくりに関する法律に基づきまして、都道府県知事が更に詳細な浸水区域の設定作業を行っております。その結果が出次第、対応について検討することにしております。本市の沿岸部は、多くの企業の活動の空間であります。更に、企業誘致により、本市の活力を生み出す重要な産業空間でありますから、引き続きハード、ソフト両面からの安全対策に鋭意取り組んでまいります。

 本市の企業誘致のポイントでありますが、本市では、充実した産業インフラや人材の供給力の他、地震などの自然災害が少なく、事業継続に最適な都市ということをセールスポイントとして、誘致活動を行っております。さきの東日本大震災では、部品の供給網が寸断され、国内外の自動車生産などに大きな影響が出ました。また、首都直下型地震、南海トラフ大地震の被害の想定が公表されたことなどを受けまして、国内企業では、大規模災害に対するリスク分散を図るBCP事業継続計画策定の動きが進んでおります。このため本市では、BCPに最適な低災害リスクエリアであることを紹介するリーフレットを作成し、首都圏におきまして、例えば平成24年には、情報通信産業を対象にしたBCPセミナーに94社が参加、製造業を対象にした平成24年の企業立地セミナーには133社が参加、また、平成25年には、全業種を対象にした次世代成長ビジネス支援セミナーに97社が参加、このような会を開催いたしまして、立地環境の優位性をPRしてまいりました。このような取り組みの結果、ヤフーのほかにも顧客に対するサービス、製品の安定供給体制の確立といったBCPの観点から、幾つかの中央拠点誘致に成功しております。平成19年はデータセンターを運営するIDCフロンティア、また、平成24年には、世界シェア70%を誇る半導体などの洗浄液メーカー、ステラケミファ、医療系機器や自動車部品の製造装置メーカーであるオグマ工業、自動車部品メーカーのJSP、こうした誘致に成功しております。更に、大手生命保険会社の三井生命保険は、首都圏に集中する本社機能のリスク分散を図るため、複数の全国にある候補地の中から、北九州市がBCPに最もすぐれていると評価をし、今秋、地方拠点開設の立地表明にいたりました。今回の本社機能の一部移転を伴う拠点の開設については、今後の本市の企業誘致に大きな意義を持つ進出となりました。現在、国におきましては、震災などの教訓を踏まえ、事業継続ガイドラインの改定や、災害危機対応演習の開催など、企業への対応を強化しております。本市としては、この時期を逸することなく、来年度もBCPに関連したセミナーを、首都圏などで継続して開催し、アンケートなどによるニーズの掘り起こしを行う計画であります。引き続き首都圏、関西、中京地区に機能や拠点が一極集中する企業に対し、災害に強く、事業継続に最適な都市であることを積極的にアピールし、企業誘致に努めてまいりたいと考えております。

 桂委員から夜景観光の推進について御質問がございました。

 昨年11月23日、九州で初めてとなる全国工場夜景サミットを本市で開催し、これまでで最大規模の630名の参加がありました。事前プロモーションの効果で、マスコミに取り上げられるチャンスも多く、3つの都市の市長を含む、10の都市からの参加があるなど、これまでにない盛り上がりを見せました。また、企画していた工場夜景ツアーへの問い合わせや申し込みが多数寄せられ、本市の工場夜景を全国にアピールする絶好のチャンスとなりました。一方、工場夜景サミット開催を踏まえた夜景観光振興のための課題は、まず、市外からの夜景観賞に訪れた観光客に対する宿泊への誘導、また、年齢、性別を問わない幅広い層を意識した工場夜景ファンの拡大、更に、食やその他の観光素材との組み合わせによる魅力の向上、こうした課題が考えられております。このような課題の解決に向けまして、まず、来年度には飲食店や宿泊施設などと夜型の観光客を誘致するための協議会を立ち上げ、一体的な推進体制を整えていく予定であります。工場夜景サミットの盛り上がりを生かし、積極的に夜型観光の振興に取り組んでまいります。また、工場夜景を初め、市内に多彩な夜景が存在することが評価されたこともあり、本年10月10日、夜景観光コンベンション・ビューローが主催する夜景サミット2014が本市で開催されることとなりました。このサミットは、官民200程度の夜景関連団体が一堂に会する、我が国で最も注目度の高い夜景関連のイベントであります。本市としては、新日本三大夜景の皿倉山、日本夜景遺産の高塔山、門司港レトロのイルミネーションなどの夜景資源とともに、産業観光、近代化産業遺産、食など、さまざまな観光資源も含めた本市の魅力を、全国へ向けアピールしてまいりたいと考えております。

 本市におきましては、これまでも民間レベルで皿倉山夜景の日を設け、さまざまなイベントを開催するなど、にぎわいの創出を図ってまいりました。しかしながら、市として特定の日を夜景の日として制定することにつきましては、市民全体の盛り上がり、また、コンセンサスを生むことが必要であります。まずは、夜景関連イベントの更なる展開を図り、魅力ある夜景資源に対する認知度を高めてまいりたい、このように考えております。

 ふるさと北九州をテーマとした作文コンテストやフォトコンテスト、絵画コンテストは、市民が歴史や文化、自然など、さまざまな魅力を見つめ直し、再発見をするとともに、市内外に発信するよいチャンスであると考えております。今後、委員御提案のコンテストも含めまして、本市におけるにぎわい創出に向けた施策について研究してまいります。私からは以上です。



○主査(本田忠弘君) 教育長。



◎教育長(柏木修君) 成重委員から御質問いただきました。いじめ防止サミットin北九州の開催を広く周知し、より多くの方々が参加できるような取り組みが必要とのお尋ねにお答えします。

 本市では、今年度より、9月をいじめ撲滅強化月間に設定をして、市立全小・中学校において、いじめ撲滅の取り組みを実施しております。この9月のいじめ撲滅強化月間に先立ちまして、全市的な取り組みとして、企画立案から実施までを子供たちみずからが行ういじめ防止サミットin北九州を、今回初めて全ての小・中学校の代表児童生徒が参加をして、8月に開催をしました。サミットでは、いじめ撲滅スローガンなくそういじめ!ふやそう笑顔!と、4カ条からなる北九州いじめ撲滅宣言を採択して、参加者全員による唱和を行って、意識の高揚を図ったところでございます。更に、クローバーをデザインしたシールを張って、児童生徒各人がいじめをしない意思表示を行う行動である運動であります、クローバーキャンペーンを推進していくこととしました。サミットに参加された多くの方々から、子供たちみずからが真剣に考え、実践していこうとする姿に感動したという声を多数いただきました。このため、平成26年度も引き続き、このサミットを8月12日に開催する予定でございます。

 そこで、委員御指摘のとおり、より多くの方々に興味、関心を持って参加していただけますように、これまでの取り組みに加えまして、近隣の自治体に子供たちの参加を呼びかけたいと思っております。また、報道機関に対する積極的な広報を、今以上に行おうと思っております。また、市のPTA協議会や青少年育成関係団体などと、その事業を共同開催することも検討したいと思っております。また、SNS等を通じたいじめにも対応するため、保護者とともに携帯電話の取り扱いについても議論をしたいと思っております。このような新たな取り組みを検討しているところであり、より大規模な会場への変更も検討していこうと考えております。以上でございます。



○主査(本田忠弘君) 桂委員。



◆委員(桂茂実君) ちょっと第2質問ですけれども、夜景観光の推進については、各自治体も力を入れておりまして、競争が激しくなっています。他都市との差別化を図るべきです。その一つの取り組みとして、夜景観光を売り出すとき、そこにストーリー性、物語性を持たせ、訪問のきっかけをアピールする広告宣伝戦略の必要があると思います。北九州市の夜景観光のすばらしさを広めるためにも、コピーライターや広告会社などの専門家のアドバイスを受けるべきと考えます。その方策についてお伺いします。



○主査(本田忠弘君) 市長。



◎市長(北橋健治君) 委員御指摘のように、ビジターの誘致論争は、夜景観光についても激しくなってきていると思います。そこで、本市では夜景観光を振興するために、例えば長崎のハウステンボスだとか、最近話題になっている、多くの夜景観光を手がけています評論家、観光の専門家の方にアドバイスをいただいております。御提案の広告戦略でありますが、現在策定中の市の観光振興プランがあります。その中で、セールスプロモーション戦略として、SNSなど、新規双方向メディアなどの戦略的活用をそこに盛り込むことにしております。具体的な情報発信の内容につきましては、このような外部の有識者の方々に、適宜御意見をいただきながら、検討を深めてまいりたいと考えております。



○主査(本田忠弘君) 桂委員。



◆委員(桂茂実君) ありがとうございました。最後に要望なのですけれども、有名なフランスの画家にジャン=フランソワ・ミレーという人がいます。ことしはミレーの生誕200年に当たります。大地で働く農民の姿を描いた名作、種まく人という作品があります。ことしは向こう6年間、日本において北九州市が観光都市であることを確立する、新たな一歩を踏み出す重要な年です。まかぬ種は実りません。本市の未来の成長の種というべき観光の種をまく年が、本年です。桃栗3年柿8年といいます。実るまで時間はかかります。豊かな収穫を要望、念願して、私の質問を終わります。



○主査(本田忠弘君) 木下委員。



◆委員(木下幸子君) 私から、要望させていただきます。先ほどから、交通の利便性や災害に強いという北九州の魅力、長所を武器に、現在立ち行かない埋立地の売却など、積極的に推進していくということですが、ぜひピンチをチャンスに変えて、徹して攻めの姿勢で、企業誘致に自信を持って、果敢に取り組んでいただきたいと思います。ぜひ収入増につながるよう、頑張っていただきたいと思います。よろしくお願いいたします。



○主査(本田忠弘君) 成重委員。



◆委員(成重正丈君) ありがとうございました。ことしは大きな会場で、また、携帯電話等のSNSの部分も議題にしているということで、それから、近隣、報道、PTA関係、青少年関係も参加の呼びかけをしていただくということで、本当に本市からいじめがなくなればそれが一番、いじめている側、いじめられている側のことがわからないというところもありますので、全体で見守って、子供たちもやはり勇気がいると思うので、それに来た方々が本当に見守っているということをわかれば、安心できるのではないかと思いますので、ぜひことしは大々的にやっていただければと思います。教育長のほうも、クローバーキャンペーンで、いじめをなくそうのシールをずっと張っていただいている、私も見て感動しております。本当にうれしい限りであります。ぜひ、また大成功すればと思います。それからもう一点です。せっかくですので、私は見に行って本当に感動しました。議員の皆様にも、御案内だけでも結構ですので、出していただいて、見に来ていただければ、本当に子供たちがどれだけすばらしいかというのがわかると思いますので、よろしくお願いいたします。以上であります。



○主査(本田忠弘君) 進行いたします。日本共産党。波田委員。



◆委員(波田千賀子君) 私はまず、三宜楼のオープンに合わせた虚子句碑案内板やマップの作成についてお尋ねしたいと思います。

 門司港は、明治22年、国の特別輸出港に指定された港で、外国航路の拠点、貿易港としてにぎわい、港の繁栄とともに栄えた町であります。料亭三宜楼は、昭和6年に移転、再建された九州最大級の料亭で、昭和初期を代表する希少な木造3階建て建築物です。前所有者が亡くなられた後、有志が買い取り、市に提供されたものを改修し、4月にオープンされる予定となっています。

 建物の1階には展示室と料理店が開業され、2階の100畳間といわれる宴会場は貸室として活用される予定と聞いております。3階には、俳人の高浜虚子が門司市長に招かれたという、海峡を一望する部屋があり、床の間には、虚子の俳句を書いた掛け軸一幅が掛けられることとなりました。今後は、市を含む8団体による運営協議会によって運営されると聞いていますが、市の文化的な財産として、観光の推進、市民の憩いの場としても活用されるよう要望するものであります。

 高浜虚子は、しばしば九州を訪れ、春潮と言えば必ず門司を思ふの句や、和布刈神社境内にある句碑、夏潮の今退く平家滅ぶ時もなど、門司を何度も句に詠んでおりますが、この三宜楼のオープンで俳句愛好者が門司港に来れば、きっと訪ねてみたくなると思われます。また、風師山の登山道には、昭和60年に建立された句牌があり、虚子の、風師山梅ありといふ登らばやの句が刻んであります。足元には、昭和11年2月21日、虚子渡仏の途次、門司港清滝三宜楼における市長後藤多喜蔵の招宴にのぞみ詠む、と書かれた案内板もありますが、朽ちてぼろぼろになり、文字も消えかけております。

 三宜楼がオープンした後に、門司港を訪れる観光客のために案内板の新設や句牌のマップなどを作成してはいかがでしょうか。見解をお伺いいたします。



○主査(本田忠弘君) 田中委員。



◆委員(田中光明君) 小・中学校の普通教室へのエアコン設置につきましては、かなり以前からPTAを初めとする学校関係者が強く要望してまいりました。そして本市議会におきましても、我が党を含めて、各会派が何度も過去に要望してきたところであります。

 一方、本市も文部科学省に対しまして、エアコン設置の補助率のかさ上げを提案し、また当分科会でも、先日教育長が答弁の中で財源さえ手当できれば設置したい旨答えております。

 現在、全国的にも、この事業は大変進んできております。政令市20ある中の11で既に設置や現在設置を進めており、過半数でこれは進められています。県内でも、設置する自治体は、本市の周りも含めまして、年々増加している状況にあります。

 予算調製権のある市長は、今こそ決断をしていただきたい、決断すべき時期ではないかと思いますが、市長の見解を求めます。



○主査(本田忠弘君) 野依委員。



◆委員(野依謙介君) ひびきコンテナターミナルのコンテナ取扱量実績に応じた事業見通しの見直しについてお伺いをします。

 ひびきコンテナターミナルにおけるコンテナ取扱量は、平成24年では約3万8,700TEU、平成25年は、約4万1,000TEU程度になる見込みとのことです。しかし、平成24年度の予算上の取扱量の見込みは7万TEUで、実績はその約半分程度、平成25年度は8万5,000TEUであり、実数としては半分以下であります。このような予算上の見込み数と実績のかい離に照らして、私は以前より、現実的な取扱量の見込みを予算化すべきだと主張してきました。これに関連して、以下3点伺います。

 第1に、平成26年度の予算上の取り扱い見込み、5万TEUについては、現実的な取扱量をもとに算定しているのか伺います。

 第2に、ひびきコンテナターミナルを公共化した際には、その10年後、すなわち平成29年度にはコンテナ取扱量を30万TEUにするとの説明でありましたが、そうすると、平成26年度の見込み量の6倍の取扱量を3年後に実現することとなりますが、この目標値に向けた見通しについて伺います。

 第3に、現在のひびきコンテナターミナルにおけるコンテナ取扱量の現状に照らすと、この目標達成は困難な状況ではないかと思われます。今後、港湾整備特別会計の埋立事業については、抜本的な改革が行われる予定でありますが、これを機会に、ひびきコンテナターミナル公共化の際の事業見通しについても、全面的に検証を行った上で見直し、市民へも説明する必要があるのではありませんか。見解をお伺いいたします。



○主査(本田忠弘君) 柳井委員。



◆委員(柳井誠君) 私は新成長戦略の進捗管理と中小企業振興条例について伺います。

 新成長戦略の進捗に関する情報提供については、現在、市のホームページにおいて、昨年4月から7月までの取り組みが公表されたのみで、今議会における答弁でも、来年度予算を審査するこの時期に間に合っていないということであります。また、柱の一つである物流拠点については、平成26年度の海上出入貨物取扱量の目標は、明らかにされないままでありました。以前にも紹介しましたが、高知県の産業振興計画のように四半期ごとの進捗管理に合わせ、見直しを行うことが必要だと考えております。

 ところで、政府は中小企業基本法の基本理念にのっとりつつ、小規模企業に焦点を当てて、小規模企業活性化法を更に一歩進める観点から、小規模企業基本法案及び小規模支援法案を提出しております。小規模企業の振興に関する施策については、総合的かつ計画的に、国、地方公共団体、支援機関等が一丸となって戦略的に実施するため、政府が基本計画を閣議決定し、商工会及び商工会議所が、市町村や地域の金融機関と連携して、小規模事業者の意欲ある取り組みを強力に支援するための体制を整備するものとし、法案には、国、地方公共団体、支援機関等関係者相互の連携及び協力の責務等も規定される予定です。

 このような小規模企業に関する法案についての国の状況に鑑み、新成長戦略の取り組みを更に推進し、目標を達成していくために、PDCAサイクルを活用した検証を取り入れるなど、進捗管理を確実に行うとともに、成長戦略の取り組みが更に推進されるよう、中小企業の活性化を目指す中小企業振興基本条例の制定について検討することを求めます。見解を伺います。



○主査(本田忠弘君) 市長。



◎市長(北橋健治君) 波田委員から、三宜楼のオープンに合わせた御提案を含めた御質問がございました。

 三宜楼は昭和6年、現在の場所に建設された料亭で、地域の方々が募金を集めて土地、建物を取得し、その後本市が寄贈を受けて保存改修工事を行い、いよいよ本年4月下旬には一般公開を開始する予定であります。この建物は3階建ての和風建築で、現存する料亭などの建物としては九州最大級であります。門司港の繁栄を象徴する歴史的な価値の高いものであります。三宜楼は建物だけでなく、出光佐三氏に代表される利用客にまつわる歴史エピソードも数多く残されていると聞いています。文人としては、高浜虚子が3階にある海峡を眺望する部屋、この部屋だけがきれいに一つ保存されていました。そこで、風師山の句を詠んだと伝えられているわけですが、俳句愛好者の観光の目玉になることを大いに期待しております。門司港地区では、以前から俳句の会などが多く開催されております。本年3月1日には、全国女性俳句大会、毎年北九州のイベントでずっと続けている行事でありますが、そこの吟行も行われました。皆さん方も、この三宜楼のオープンを大変楽しみにされておられます。この地区は、港町の風情、関門海峡の美しい自然景観など、芸術活動の創作意欲をかき立てる場所であります。高浜虚子も、門司港に何度も訪れたと、このように伝えられております。三宜楼は、吟行などには最適の場所であります。俳句愛好者に愛される場所となるように、案内板、広報物の作成を行い、俳句の大会などを積極的に誘致したいと考えております。なお、御指摘の風師山登山道にある句碑の説明板ですが、まずは設置者、また、設置の経緯などの調査を行いたいと考えております。

 田中委員から、学校の普通教室へのエアコン設置について御質問がございました。

 この小・中学校普通教室へのエアコン設置につきましては、これまで教育委員会より、設置費、維持費が多額になる、大震災以降、電力供給がひっ迫する中で、節電対策の積極的な取り組みが求められている、また、稼働させる時期に長期の夏休みがある、こうしたことから慎重に検討する課題だと、このように答弁を申し上げていたところであります。委員御指摘のように、政令市におけるエアコン設置の状況については、設置完了4都市、設置中4都市、設置予定3都市の合計11都市、半分ぐらいになっております。県内でも、行橋、中間、苅田町など近隣の自治体において、エアコン設置の取り組みを始めたことは承知いたしております。現在、教育委員会におきましては、他の政令市や近隣自治体の動向に注視し、先行導入した都市の導入に至った経緯、整備手法などを研究しております。また、エアコン設置における補助基準の見直し等について、機会を捉えながら、国に繰り返し要望しております。また、夏場の教室の暑さ対策として一定の効果が認められている普通教室等扇風機設置事業に取り組んでいるところであります。エアコンの設置につきましては、慎重に検討すべき課題であると認識しておりますが、まずは、この扇風機の設置事業を完了させたいと、このように考えております。

 野依委員から、ひびきコンテナターミナルのコンテナ取扱量などに関する質問がございました。

 平成26年度のターミナルにおける予算積算上の取扱見込み量は、ことしの取扱実績は約4万1,000TEUと、増加傾向にありますので、5万TEUとしております。平成19年に公共化をして以来、環黄海圏のハブポートというビジネスモデルを見直し、海外からのトランシップ貨物に頼らない、また、コンテナ以外の貨物にも対応可能な、北九州市のものづくり産業を支える物流基盤としての港というふうに大きく方向転換をして、現在に至っております。取り扱い目標ですが、当時5万TEUを超え増加傾向にあったこともあり、公共化10年後には約30万TEUの取扱量となる、そういうターミナルに育てることを目標といたしました。

 しかし平成20年に、リーマンショックが発生いたしました。航路数は7つから3つの航路に減少し、取扱量も1万TEU台になりました。その後、利用促進に取り組んだ結果、現在航路は10航路、月間56便まで増加し、物流環境面では、ターミナル背後地に昨年9月、若松区の物流企業が新たに倉庫をオープンさせました。更に、響灘地区において、これまで進めてまいりました風力発電関連の企業の誘致が、いよいよ本格化しつつあるなど、ターミナル周辺への企業の投資の動きも、徐々にですが活発化しつつあります。また、コンテナ船でありますが、北米・欧州航路にとどまらず、アジア航路においても大型化が進んでおります。マイナス15メートルの水深を有するひびきコンテナターミナルに、それら大型船を誘致していきたいと考えております。更に、南海トラフ巨大地震等の有事に備え、我が国の太平洋側拠点港のバックアップとして、日本海側のひびきコンテナターミナルに興味を示す船会社もおります。コンテナ取扱量については、平成23年以降、3年連続で増加しているものの、リーマンショックによる影響は大きく、平成29年に30万TEUの取り扱いを達成することのハードルの高さは、認識をしております。このため、事業見通しにつきましては、物流拠点化戦略基本方針の目標年次、平成27年の取扱量、貨物動向などを見きわめた上で、リーマンショックからの回復に要した3年間を延伸すべきか、目標値を修正すべきかなどについて検討をしたいと考えております。なお、見直しを行う場合には、議会に報告し、市民の皆様に対しても、適切に情報発信していくことにしたいと考えます。いずれにしましても、引き続きひびきコンテナターミナルの航路の誘致、利用促進に全力を傾ける方針であります。

 柳井委員から中小企業の振興条例に関する御質問をいただきました。

 中小企業は、言うまでもなく地域経済のかなめであります。また、本市の新成長戦略の目標像に、新たな技術と豊かな生活を創り出すアジアの先端産業都市の実現とありますが、これは、元気な中小企業の活躍なくしてはあり得ないことであります。国は、中小企業の中でも、特に小規模企業に焦点を当てて今後の方向性、施策体系を示す、小規模基本法、小基模支援法を平成26年3月7日に閣議決定をして、現在国会に提出をいたしております。本市の中小企業振興策については、今年度から3年間の産業振興の指針となる新成長戦略の中で、地域の企業が元気に活動し続ける環境の整備を重要課題として位置づけ、地域企業への徹底した支援を行うとした方向性を示しております。この新成長戦略につきましては、昨年度の策定段階から、審議会である新成長戦略会議を開催するたびに、議会に報告してきております。また、戦略策定後の進捗状況などにつきましても、ホームページ上で記者発表資料を掲載するなど市民にお知らせし、議会にも2回報告させていただいております。

 市としても、PDCAサイクルは基本的に重要なことだと考えております。新成長戦略推進本部による進捗管理をしっかり行いながら、事業の具体的な取り組み内容を定めた工程表を策定し、公表する。それに加え、外部の有識者からなる推進懇話会で、率直な御意見をいただく。このように、事業の検証と改善を図るということにしております。成果につきましては、新成長戦略の大きな目標の一つは、雇用であります。年度終了後に、市全体での新規雇用の創出の数を集計し、新年度の早い時期に公表をさせていただきたいと考えています。あわせて、議会に報告をいたします。

 本市としましては、まずは新成長戦略に掲げる事業の実施に全力で取り組みたいと考えております。御提案いただいた条例の制定につきましては、先進事例を研究するとともに、市内の中小企業者、関係団体、支援機関、議会の御意見もお聞きしながら、引き続き検討してまいります。以上であります。



○主査(本田忠弘君) 田中委員。



◆委員(田中光明君) エアコンにつきましては、他都市の調査、導入の手法の検討等をされるというお答えですが、市長と教育長にお尋ねしたいのですが、必要性についてどのようにお考えでしょうか。もう1点は、私、去年も質問しましたが、たった1年の間に、相当導入が全国的にも県内でも進んでいますが、いずれも入れざるを得ない状況になると思うのですが、見通しについて2点、お尋ねいたします。



○主査(本田忠弘君) 教育長。



◎教育長(柏木修君) エアコンの必要性でございますけれども、基本的には、現在日本もそうですけれども、温暖化が進んで平成24年、平成25年と比べますと、教室の温度が上がっているのは事実でございます。ただ、そのために今、夏場の暑さ対策として扇風機をやっていますので、我々としては、まずそれを成長させていただきたい。それから、やはり課題を述べさせていただきましたので、そういった課題をどうやってクリアするかというのも研究したいと、このように考えております。



○主査(本田忠弘君) 市長。



◎市長(北橋健治君) 去年の暑さは、本当にひどい暑さでございまして、やはりかわいい子供たちの学校の空間について、市民各界の思いというものが大変高まったものと、それは率直に受けとめたいと思っております。ただ、私は常々感じるのですが、この市役所の中は、夏は28度という環境のいろんなガイドラインがあって、窓がありません。時々、区役所とか回るのですけれども、窓があくところがあって、同じ暑さの中でもずいぶん風が通ると違うものだなと。この閉め切った空間で28度というのは、これ相当に暑いなというような気がするのです。したがいまして、学校長の判断で入れているところについては、ある程度裁量があるようなのですけれども、この閉め切った空間でエアコンというのは、おそらく御家庭では結構がんがんかけている方もいらっしゃると思うんです。だから、そういうふうなエアコンで涼しさというのとちょっとまた違う雰囲気があるのではないか、一方、風があるとそれは仮に将来エアコンが入ったとしましても、それはやはり、風も非常によいものだと思いますので、決して無駄にはならないと思っております。それと例えばグリーンウオールするとか、いろんな工夫があると思います、ミストだとか。そういうふうにして、いろんな工夫を学校現場でやっていることもありますので、そういったこともよく調査をしながら、国に対しては、ぜひとも補助率を上げていただきたいということをお願いしながら、よく現場を見守りたいと思っております。私も学校は時折、そっと静かに後ろのほうで見させていただくこともあるのですが、エアコンを入れているところ、夏暑くて何度だっていうかわかりません。それとかいろんな工夫をしている学校があると思うのです。それを一回そっと見させていただこうかなというふうに思っております。自分で体感してみたいと思います。



○主査(本田忠弘君) 田中委員。



◆委員(田中光明君) 全国の都市を見ても、確かにエアコンの設置とあわせていろんな対策もやられているようです。やはり、それは確かにおっしゃるとおりなのですけれども、やはり根本的にはエアコン設置とあわせてということで、ぜひ市長に一日も早い決断をしてほしいのですが、子供たちは毎年卒業していきますので、一年でも一日でも早い決断を本当に要望して、私の質問を終わります。



○主査(本田忠弘君) 野依委員。



◆委員(野依謙介君) ひびきコンテナターミナルの事業見通しに関しては、物流拠点化戦略基本方針、これを目標年次である平成27年度の実績を見きわめた上でということですけれども、これは、今後荷物がふえて、貨物がふえていく要素もあるので、そこを見きわめたいということでありますので、それはそれで理解をするわけですけれども、ひびきコンテナターミナルについては、公共化の際に40億円の起債をした。そしてこれを、元金3年据え置き、20年目に償還を終了する。これに照らして、だいたい25万TEU程度が損益分岐点になるので、これが実は平成27年度なのですというような説明だったわけです。そして、30万TEUから、最終的に19年目から20年目ぐらいに50万TEUぐらいは扱いたいということで、累損の解消を償還終了時に行っていくという、ここの全体の当時の公共化、40億円起債をするに当たって、市民に、議会に説明した収支計画全体の見直しともかかわってくるわけです。ここの点は、やはり平成27年に見きわめるということで、なかなか難しいです、現実問題として6倍というのは。ここについても、見きわめる前提として、例えば来年の貨物の取り扱い、あるいは企業の張りつき状況などを照らしながら、早めに取りかかるべきであると、これは指摘をしておきます。そこで、尋ねたいのが、一つの見きわめるといった上での物流拠点化戦略基本方針、これは本市の新成長戦略ともかかわる、とても大切なものです。そして、北九州港が持つ2つのコンテナターミナル、これをどのように運営するか、そのマネジメントの方針というのは、本市の成長戦略の根幹にかかわることだと思います。平成27年に、当初の説明ですと25万TEU程度扱うと言っていたわけです。そして、その際、今、物流拠点化計画の目標年次を見きわめてとお答えになっているので聞くわけですけれども、その物流基本化計画では、平成27年に北九州港全体で64万6,000TEUです。これは昨年も聞こうと思って聞かなかったのですが、これだと今の門司の取扱量が現状よりも減る、ひびきが25万扱うということを目指していくとすれば、そうすると門司をどのように位置づけて、ひびきをどのように位置づけるのか、ここの点がまさに問われる。今後の新成長戦略などで太刀浦をどう位置づけるのか、ひびきをどう位置づけるのか。そして太刀浦は現状よりも数を減らしていきながら、一つの拠点として運営していくのだと。数字上は皆さんが出した数字では出されているわけですよね。ではどのように位置づけてマネジメントしていくのかという肝心なところは見えない。ここの点をはっきり打ち出すべきではないかと思うのですが、見解をお伺いします。



○主査(本田忠弘君) 港湾空港局長。



◎港湾空港局長(橋本哲治君) 昨年策定させていただきました基本方針、平成27年に64万6,000TEUということですけれども、これはおおむね3年ということで平成27年を目標にしています。今言われたように、太刀浦とひびきをどう仕分けしていくのか、響灘というのは背後の土地、あれがポテンシャルです。それから、水深が深いというのがポテンシャルなので、あるいは在来貨物なんかも、今ブリヂストンの貨物なんか混在して扱っていますので、そういうことも含めて全てを見渡して、いろんなことを検証していきたいというふうに考えております。



○主査(本田忠弘君) 野依委員。



◆委員(野依謙介君) ここは、全体の港湾の運営を今後どうしていくかという、基本にかかわるこの数字の上で、また、今後の一つの物流拠点化戦略基本方針の中でどう位置づけていくかというのは、本当に重要なところです。門司は、だんだん減らしていくことなのだということになれば、門司の港運関係を初め、港湾関係者の方からは、さまざまな意見が出てくると思います。そこら辺は、数字上はそうなっているわけですので、じゃあ門司はどう位置づけるのかということも含めたあり方を、早急に示すべきだ、数字上出ているわけですから。そこの整合性は港湾全体の運営のあり方と含めて示すべきだと思いますが、見解を重ねてお伺いします。



○主査(本田忠弘君) 港湾空港局長。



◎港湾空港局長(橋本哲治君) 先ほど申しましたように、いろんな背景、いろんな周りの環境も変わってきていますので、そういうのも含めましてしっかりと検討させていただきたいと思います。



○主査(本田忠弘君) 野依委員。



◆委員(野依謙介君) 港湾全体を振興させていく立場でやっておりますので、ひびきコンテナターミナルについては、ものづくり産業を支える物流拠点、こういう基本的な視点は私も共有しているつもりですので、そういう視点で、また、全体の港湾運営の整合性を持ったマネジメント戦略をもって、物流振興に取り組んでいただきたいということを私から強く要望します。



○主査(本田忠弘君) 進行いたします。日本維新の会。加藤委員。



◆委員(加藤武朗君) 北九州空港の滑走路3,000メートル化についてお尋ねをいたします。

 現在、北九州空港は、貨物定期便が週1便から2便へ増便され、北部九州における貨物集積拠点として、ますます重要な位置づけになっていると認識をしております。

 更に、今後、大きな成長が見込まれる小型旅客機市場において、三菱重工業株式会社が次世代のリージョナルジェット機、MRJを開発中であります。先日、このMRJ量産に向けた拠点展開構想の発表があり、この中において、北九州空港を飛行試験や駐機等のフライト関連のサブ拠点として活用することを検討しているという報道がなされました。

 このような状況から、需要の増加による空港の利用促進も予想され、北九州空港に対する市民の期待は大きくなる一方だと認識しております。一日も早く北九州空港の滑走路3,000メートル化を実現するべきであると考えますが、市長の見解を伺います。



○主査(本田忠弘君) 市長。



◎市長(北橋健治君) 加藤委員の御質問にお答えいたします。

 北九州空港は、国が管理する空港であります。滑走路延伸などの施設の整備は、管理者である国が実施することになります。本市も、滑走路の延伸は、航空貨物の拠点化を目指す北九州空港にとって、必要な整備だと考えております。これまでも、県とも連携して、国に対して繰り返し要望を行ってきております。一方、国のほうですが、施設整備に必要な要件を示しております。これによると、滑走路延伸整備については、現在の滑走路の長さでは貨物を満載した状況で目的地に行くことができないといった事例が頻繁に発生しているとか、または、発生が十分に見込まれると、こういうことを示すことが求められているわけであります。

 そこで本市では、現在、国に対して延伸の必要性を強く訴えると同時に、航空貨物の拠点化の取り組みで、集貨、また、需要の掘り起こしを行って、貨物取扱実績を伸ばすことに全力を挙げているところであります。こうした取り組みによりまして、昨年5月に日本貨物航空が九州初となる大型貨物機を使用しました。仁川国際空港から北九州空港を経由して、成田へ向かう定期貨物路線の開設であります。この路線の利用が順調であったので、11月には台北・桃園国際空港からの路線の寄航も実現いたしました。これによって、北九州空港で搭載された貨物は、成田国際空港を経て、北米、欧州、東南アジアなど、世界各地に向けて輸送することが可能となり、遠距離の目的地に向け、貨物の集貨体制が整い始めました。加えて去る2月、種子島から打ち上げられた人工衛星プロジェクトでは、アメリカから大型貨物機で北九州空港に空輸され、船に積みかえた後、種子島に運ばれるという、いわゆるシーアンドエアのドラマチックな輸送が実現したわけであります。このように、大型貨物機による輸送実績も着実に積み上がってきていることに加えまして、来年度には、今後の航空貨物拠点化に向けたビジョンを策定することを予定しております。これらの取り組みを通じて、国に対してもしっかりと将来のビジョン、見通しを示しながら、早期に滑走路延伸が実現するよう全力を尽くしてまいります。以上です。



○主査(本田忠弘君) 加藤委員。



◆委員(加藤武朗君) ありがとうございます。再質問と要望をさせていただきます。

 東九州道が開通することにより、北九州というのは陸海空3つがクロスする貨物物流拠点になるということが言われております。これを機に、貨物の実績の積み重ねはもちろん、この陸海空の物流拠点ということで、市長には市のトップとして、これからももっともっと強い、国に対する要望をしていただきたい、そういうことを要望させていただきます。やはり、その陸海空というこの3つがそろう、更には空港が24時間利用できる、これだけの好条件というのはなかなかないのではないかなと思います。そういう意味でも、北九州空港の滑走路3,000メートル化を強く要望していただきたいと思います。

 それと市長にお聞きしたいのですが、3,000メートル化することによって、貨物集積地点になる、荷物はもちろん、人が集まるようになったり、全国の数ある空港の中で、北九州空港というのはますます重要な位置づけになっていくのではないかと私は考えるわけでありますが、3,000メートル化することによって、物や人が集まるようになるのではないか、北九州の町が3,000メートル化を実現することがきっかけとなって、この町がどのように変わっていくのか、市長の構想というか夢というか聞かせていただけますでしょうか。



○主査(本田忠弘君) 市長。



◎市長(北橋健治君) 滑走路延伸については国にずっとお願いしてきているのですが、国のほうにはこういう方針があると示されているわけです。したがいまして、ずっと要請は県とともにするのですけれども、がむしゃらに、とにかく航空貨物が集まってくるように、その成果を上げないと、なかなか重い扉は開かないという状況にあります。そうしたことで、私どもいろんな成果も上げながら努力を続けているのですが、やはり東九州道が予定よりも早く開通するという見込みであります。これは大変明るい話であると思います。もともと北九州は門司を中心にした物流の拠点、国鉄も含めて発展しておりますし、全部そろってくるのです、陸路が。やはりそれが一つありますし、同時に福岡空港でいろんな動きがありますけれども、あの狭いところで、一体何年かかるのだろうか。しかし、滑走路2本でも、一説には2割くらいしか便数がふえないのではないかという、やはり狭さということも指摘されているわけです。そういう中にあって、航空貨物については、ぜひ24時間の海上空港を、国としても県としても御理解をいただけるようにシフトをお願いしていきたい。そのためには市民、各界の知恵を結集して、また、こういったことの専門家も東京からお越しいただいて、この時点における新たな物流の拠点ができる、物流の道路が開通するということも含めて、MRJという話も出てまいりましたので、この時点においてしっかりとしたビジョンをもう一度描く、その描く過程において、国や県やいろんな各方面に、事業者の方々にも発信をしていきたいということで、頑張っていきたいと思っています。



○主査(本田忠弘君) 加藤委員。



◆委員(加藤武朗君) ありがとうございます。北九州空港が国の事業であるということは、私も承知いたしております。市長の御努力に感謝をいたしまして、これからも強い働きかけをしていただきたいということを重ねてお願い申し上げます。北九州空港が3,000メートル化を実現することができれば荷物や人が集まる、北九州の活性化につながるということは、これは市民として、また、市民の代表、市議会議員として、大変うれしく思うわけであります。また、私は飛行機が大好きでございまして、自家用操縦士というプライベートパイロットライセンスを持っているわけでありますが、個人的なレジャー等で北九州空港を利用する個人的な立場からしても、北九州空港の滑走路が3,000メートル化するというのは、非常に大きなステータスになると。これは市民、そして市、北九州全体の利益につながるという意味でも、3,000メートル化というのをぜひとも実現していただきたいということを強く要望いたしまして、終わらせていただきます。



○主査(本田忠弘君) 以上で市長質疑を終わります。

 次回は3月25日午前10時から分科会報告の取りまとめを行います。

 本日は以上で閉会します。

                              閉会 午前11時52分









       平成26年度予算特別委員会委員長  山 本 眞智子