議事ロックス -地方議会議事録検索-


福岡県 福岡県

平成18年 土木委員会 本文




2006.10.04 : 平成18年 土木委員会 本文


   平成十八年十月四日(水曜日)
   午 前 十 一 時 一 分 開 会
◯松本國寛委員長 それでは、定足数に達しておりますので、ただいまから土木委員会を開会いたします。
 まず、議題に入ります前に、委員席の指定を行います。
 重野委員及び出利葉委員の席は、ただいま御着席のとおりといたします。御了承願います。
 次に、当委員会において審査を要します案件等は、お手元に配付いたしております付託議案一覧表のとおり、議案十四件であります。
 審査日程及び議案の審査順序につきましては、お手元に配付の審査日程(案)のとおり進めたいと思いますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者がある〕
---
◯松本國寛委員長 御異議ありませんので、そのようにさせていただきます。
 なお、執行部から提出されました議案に関する説明資料をお手元に配付いたしております。御確認願います。
 それでは、これより本日の議事をとり行います。
 審査日程に従い、議案の審査を行います。
 最初に、第一四〇号議案「平成十八年度福岡県一般会計補正予算(第一号)【所管分】」を議題といたします。執行部の説明を求めます。岩崎土木部長。
---
◯岩崎土木部長 それでは、第一四〇号議案、九月補正の概要につきまして、御説明申し上げます。
 お手元の資料、平成十八年度補正予算に関する説明書というのがございますけれども、これの五十七ページをお願いいたします。九月補正予算におきましては、一般会計で八千三百万円余を増額補正をお願いしているところでございます。その中身につきまして、まず、五十七ページでございますけれども、八款土木費二項道路橋りょう費でございます。その中に二つの目がございますけれども、まず一目でございますが、道路橋りょう総務費でございます。八千二百万円余の増額補正でございます。これは公共事業の補正に伴い、事業事務費を増額するものでございます。それから、三目でございますが、道路新設改良費でございます。三億八千二百万円余の減額補正でございます。これは補助事業の認証額の決定に伴いまして、道路交通安全施設整備費から緊急地方道路整備事業費への振りかえなどによる減額でございます。
 それから、次のページ、五十八ページに移りますけれども、河川海岸費、三項でございます。一目河川総務費でございます。一千三百万円余の増額補正でございます。これは公共事業費の補正に伴い、事業事務費を増額するものでございます。
 続きまして、五十九ページに移ります。二目の河川改良費でございます。二億二百万円余の増額補正でございます。これは市町村から受託事業費を増額するものでございます。続きまして、三目砂防費でございます。六千四百万円余の増額補正でございます。これは補助事業の認証額の決定に伴い、急傾斜地崩壊対策事業費を増額するものでございます。四目海岸保全費でございます。二千七百万円余の増額補正でございます。これにつきましても、補助事業の認証額の決定に伴いまして、海岸保全施設補修事業費を増額するものでございます。四項港湾費でございます。一目港湾管理費でございます。百万円余の減額補正でございます。これは公共事業費の補正に伴い、事業事務費を減額するものでございます。
 六十ページに移ります。二目の港湾建設費でございます。七千七百万円余の増額補正でございます。これは補助事業の認証額の決定に伴いまして、港湾既存施設有効活用促進事業費を増額するものでございます。
 引き続きまして、債務負担行為について御説明をいたします。ちょっと資料が変わります。この薄手のものでございますけれども、福岡県議会定例会議案その一でございます。これの五ページをお開きいただきたいと思います。第二表の債務負担行為補正でございますが、変更というところ、下段でございます。一行目の緊急地方道路整備事業費二億七千二百万円の増額でございます。これは一般県道苅田停車場線の道路交通安全施設整備工事に伴うものでございます。
 以上が、土木部の一般会計の補正の概要でございます。御審議のほどよろしくお願いいたします。
---
◯松本國寛委員長 説明は終わりました。
 これより質疑を行います。何か質疑はありませんか。
    〔「なし」と呼ぶ者がある〕
---
◯松本國寛委員長 特にないようですので、これで第一四〇号議案【所管分】についての質疑を終わります。
 次に、第一五〇号議案「専決処分について(交通事故による損害賠償)」及び第一五一号議案「専決処分について(県道上における物損事故による損害賠償)」、以上二件を一括して議題といたします。執行部の説明を求めます。岩崎土木部長。
---
◯岩崎土木部長 土木委員会資料でございます。これでございますけれども、一枚おめくりいただきたいと思います。第一五〇号議案並びに第一五一号議案につきましては、専決処分でございまして、一括して御説明をさせていただきます。
 これらの案件は、公務中に発生をした交通事故及び県道上における物損事故にかかわる和解及び損害賠償について、専決処分を行いましたので、報告をいたしまして、御承認をお願いするものでございます。
 まず、第一五〇号議案でございます。この事故は、平成十八年五月十五日に、大牟田市内の県道上で発生をいたしました。事故発生の状況は、公用車が道路維持作業を行うため、歩道際に寄せながら、バックをしていたところ、後方に停車中の相手方の車両に衝突したものでございます。この事故につきましては、相手方に任意自動車保険から損害賠償金を支払うことで和解いたしております。
 続きまして、その次のページでございますが、第一五一号議案について御説明をいたします。この事故は、平成十八年五月十二日に、うきは市吉井町の県道上で発生をいたしました。事故発生の状況は、県道の路肩部分の草刈り作業中に、草刈り機がはね飛ばしました小石が、対向車線を走行しておりました車に当たって、窓ガラスが割れるなどの損傷が発生したものでございます。この事故につきましては、相手方に損害賠償金を支払うことで和解をいたしました。
 以上でございます。御審議のほどよろしくお願いいたします。
---
◯松本國寛委員長 説明は終わりました。
 これより質疑を行います。何か質疑はありませんか。
    〔「なし」と呼ぶ者がある〕
---
◯松本國寛委員長 特にないようですので、これで第一五〇号議案及び第一五一号議案についての質疑を終わります。
 次に、第一五三号議案「工事請負契約の締結について」を議題といたします。執行部の説明を求めます。岩崎土木部長。
---
◯岩崎土木部長 お手元の説明資料の三ページでございます。土木請負契約の締結についてでございます。この案件は、一般県道徳益蒲船津線(塩塚川橋)上部工の建設工事につきまして、工事請負契約を締結するに当たり、条例の規定に基づき、議会の議決をお願いするものでございます。
 工期は平成二十年一月三十一日まで、請負契約額は四億三千二百二十八万五千円でございます。契約の相手方は、一般競争入札を実施した結果、石播・駒井特定建設工事共同企業体でございます。なお、次のページ、四ページに、位置図、平面図を記載しております。御審議のほどよろしくお願いいたします。
---
◯松本國寛委員長 説明は終わりました。
 これより質疑を行います。何か質疑はありませんか。
    〔「なし」と呼ぶ者がある〕
---
◯松本國寛委員長 特にないようですので、これで、第一五三号議案についての質疑を終わります。
 次に、第一五四号議案「工事請負契約の締結について」及び第一五五号議案「工事請負契約の締結について」を一括して議題といたします。執行部の説明を求めます。岩崎土木部長。
---
◯岩崎土木部長 第一五四号議案、第一五五号議案につきまして、一括して御説明をいたします。五ページから七ページをお願いいたします。
 この案件は、一般国道三二二号(山田大橋)上部工建設工事につきまして、工事の請負契約を締結するに当たり、条例の規定に基づき、議会の議決をお願いするものでございます。工期は平成二十年三月二十五日まで、請負契約額は第一工区が五億二千二百九十万円、第二工区が四億二千五百二十五万円でございます。契約の相手方は、一般競争入札を実施した結果、第一工区はオリエンタル・コーアツ特定建設工事共同企業体、第二工区は三井住友・ピーエス三菱特定建設工事共同企業体でございます。平面図につきましては、七ページに載っております。御審議のほどよろしくお願いいたします。
---
◯松本國寛委員長 説明は終わりました。
 これより質疑を行います。何か質疑はありませんか。
    〔「なし」と呼ぶ者がある〕
---
◯松本國寛委員長 特にないようですので、これで第一五四号議案及び第一五五号議案についての質疑を終わります。
 次に、第一五六号議案「工事請負契約の締結について」を議題といたします。執行部の説明を求めます。岩崎土木部長。
---
◯岩崎土木部長 第一五六号議案でございます。八ページをお願いいたします。この案件は、主要地方道筑紫野太宰府線トンネル新設工事について、工事請負契約を締結するに当たり、条例の規定に基づき、議会の議決をお願いするものでございます。工期は平成十九年十二月七日まで、請負契約額は六億二千四百七十五万円でございます。契約の相手方は、一般競争入札を実施した結果、鉄建・松本特定建設工事共同企業体でございます。なお、次の九ページに、位置図、平面図を記載しております。御審議のほどよろしくお願いいたします。
---
◯松本國寛委員長 説明は終わりました。
 これより質疑を行います。何か質疑はありませんか。
    〔「なし」と呼ぶ者がある〕
---
◯松本國寛委員長 特にないようですので、これで第一五六号議案についての質疑を終わります。
 次に、第一六六号議案「道路改築事業の経費の負担について」、第一六七号議案「港湾関係事業の経費の負担について」、第一六八号議案「海岸関係事業の経費の負担について」、第一六九号議案「砂防関係事業の経費の負担について」及び第一七〇号議案「九州新幹線鉄道建設事業の経費の負担について」、以上五件を一括して議題といたします。執行部の説明を求めます。岩崎土木部長。
---
◯岩崎土木部長 それでは、資料がちょっと変わりますけれども、福岡県議会定例会の議案のその二という、こちらのものでございます。七十五ページからでございます。
 まず、第一六六号議案でございますが、道路改築事業の経費の負担についてでございますが、これは道路改築事業の経費の負担にかかわるもので、今年度事業として実施する道路改築事業について、その事業費の一部を関係市町村に負担させるに当たり、道路法の規定により、県議会の議決をお願いするものでございます。関係市町村の負担金につきましては、七十六ページ、七十七ページ、七十八ページに記載しております。
 そのほか四件につきまして、港湾関係事業並びに海岸関係事業、砂防関係事業、それから、九州新幹線鉄道建設事業の経費の負担につきましては、それぞれ八十ページから八十八ページに記載をしているとおりでございます。御審議のほどよろしくお願いいたします。
---
◯松本國寛委員長 説明は終わりました。
 これより質疑を行います。何か質疑はありませんか。
    〔「なし」と呼ぶ者がある〕
---
◯松本國寛委員長 特にないようですので、これで第一六六号議案から第一七〇号議案までの、以上五件の質疑を終わります。
 次に、第一七七号議案「訴えの提起について」を議題といたします。執行部の説明を求めます。岩崎土木部長。
---
◯岩崎土木部長 土木委員会の資料の方で御説明をいたします。これの十ページをお開きください。第一七七号議案訴えの提起でございまして、この案件は、那珂川開発事業として、筑紫郡那珂川町に計画をしております五ヶ山ダムに関しまして、平成十七年九月六日に被告である福岡市南区在住の清水一二と、土地売買契約及び物件移転補償契約を締結をいたしました。前払い金を支払っておりますけれども、移転対象建物の名義の一部を、被告である清水観光開発株式会社に移すなどして、物件の撤去に応じないため、建物などの物件を除去して、土地を明け渡すように訴えを提起するものでございます。なお、十一ページに、対象地を示した概要図を添付しております。御審議のほどよろしくお願いいたします。
---
◯松本國寛委員長 説明は終わりました。
 これより質疑を行います。何か質疑はありませんか。
    〔「なし」と呼ぶ者がある〕
---
◯松本國寛委員長 特にないようですので、これで第一七七号議案についての質疑を終わります。
 次に、第一七八号議案「財産の取得について」を議題といたします。執行部の説明を求めます。岩崎土木部長。
---
◯岩崎土木部長 説明資料の十二ページでございます。財産の取得についてでございます。三池港を運営をするために必要な港湾荷役の機械といたしまして、移動式港湾ジブクレーン一基を購入、設置するものでございます。取得価格は四億三千五十万円でございます。契約の相手方は、一般競争入札を実施した結果、株式会社三井三池製作所福岡支店でございます。なお、十三ページに設置箇所を示した平面図等を添付しております。御審議のほどよろしくお願いいたします。
---
◯松本國寛委員長 説明は終わりました。
 これより質疑を行います。何か質疑はありませんか。
    〔「なし」と呼ぶ者がある〕
---
◯松本國寛委員長 特にないようですので、これで第一七八号議案についての質疑を終わります。
 これで、本委員会に付託されました、全議案の質疑を終了いたします。
 次に、議題にはありませんが、その他として、何かありませんか。広田委員。
---
◯広田誠一委員 篠栗から飯塚に抜ける有料道路、福岡から向こうに行くときはそうでもないんですけれども、逆に向こうから有料道路に入り込むときの標識の案内ですね、今回どういうところに標識が設置されているかを、次の委員会で、ちょっと地図に落としてやっていただければという、これはちょっと、委員長、お願いなんですが。
---
◯松本國寛委員長 ただいま、広田委員から要望のありました資料請求は、本委員会の資料として取り扱うことに御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者がある〕
---
◯松本國寛委員長 では、次回の委員会までに、執行部としては資料の提出はできますか。岩崎土木部長。
---
◯岩崎土木部長 次回委員会までに用意したいと思います。
---
◯松本國寛委員長 それでは、次回の委員会までに、委員会資料として求めさせていただきます。
 ほかにございませんか。
    〔「なし」と呼ぶ者がある〕
---
◯松本國寛委員長 ほかにないようですので、次に進みます。
 それでは、知事等に対する保留質疑がありませんので、これより議案の採決を行いたいと思いますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者がある〕
---
◯松本國寛委員長 御異議ありませんので、そのようにさせていただきます。
 それでは、準備のためにしばらく休憩いたします。委員の皆様はそのままでお待ちください。
    〔暫時休憩〕
---
◯松本國寛委員長 再開いたします。
 これより議案の採決を行います。
 まず、採決の方法についてお諮りいたします。採決は一括して行いたいと思いますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者がある〕
---
◯松本國寛委員長 御異議ありませんので、そのようにさせていただきます。
 それでは、第一四〇号議案【所管分】、第一五〇号議案、第一五一号議案、第一五三号議から第一五六号議案まで、第一六六号議案から第一七〇号議案まで、第一七七号議案及び第一七八号議案の、以上十四件について、原案のとおり可決することに賛成の委員は御起立願います。
    〔賛成者起立〕
---
◯松本國寛委員長 起立多数であります。
 よって、第一四〇号議案【所管分】ほか十三件は、原案のとおり可決されました。
 以上で、議案の採決を終わり、本委員会に付託されました議案の審査を終了いたします。
 なお、採決いたしました議案に関する委員長報告につきましては、正副委員長に御一任願いたいと思いますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者がある〕
---
◯松本國寛委員長 御異議ありませんので、そのように決定いたします。
 次に、「閉会中の調査事項について」、お諮りいたします。
 本件につきましては、お手元に配付いたしております、「閉会中の調査事項について(案)」の五項目について、閉会中もなお、調査を継続することにいたしたいと思いますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者がある〕
---
◯松本國寛委員長 御異議ありませんので、そのように決定し、所定の手続をとることといたします。
 次に、今後の委員会活動についてお諮りいたします。
 今後の委員会活動につきましては、正副委員長に御一任願いたいと思いますが、御異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者がある〕
---
◯松本國寛委員長 御異議ありませんので、そのようにさせていただきます。
 次回委員会は十一月十三日(月)午前十一時の開催とさせていただきます。
 なお、委員会終了後、十三日(月)午後から十四日(火)にかけて、豊前土木、行橋土木事務所の管内視察を行うことといたしますので、よろしくお願い申し上げます。
 最後に、会議録署名委員を指名いたします。
 大家委員、吉柳委員、以上二名の委員を指名いたしますので、よろしくお願いいたします。
 以上で、議事はすべて終了いたしました。
 終わりに、終始御熱心に御審議をいただきました委員各位、御協力いただきました執行部各位に感謝申し上げ、これをもちまして、土木委員会を閉会いたします。御協力ありがとうございました。
   午 前 十 一 時 二 十 三 分 閉 会