議事ロックス -地方議会議事録検索-


高知県 四万十市

旧中村市議会 平成16年 9月定例会 09月27日−07号




旧中村市議会 平成16年 9月定例会 − 09月27日−07号







旧中村市議会 平成16年 9月定例会



          平成16年9月中村市議会定例会会議録(第22日)

                               平成16年9月27日(月)

■議事日程

  日程第1 第1号議案から第16号議案、第18号議案から第19号議案

        第1号議案 専決処分の承認を求めることについて(吾川村立保育所を中村市の住民が使用することについて)

        第2号議案 平成15年度中村市水道事業会計決算の認定について

        第3号議案 平成15年度中村市病院事業会計決算の認定について

        第4号議案 平成16年度中村市一般会計補正予算(第4号)について

        第5号議案 平成16年度中村市国民健康保険会計事業勘定補正予算(第1号)について

        第6号議案 平成16年度中村市老人保健会計補正予算(第2号)について

        第7号議案 平成16年度中村市下水道事業会計補正予算(第3号)について

        第8号議案 平成16年度中村市と畜場会計補正予算(第2号)について

        第9号議案 平成16年度幡多公設地方卸売市場事業会計補正予算(第1号)について

        第10号議案 平成16年度中村市住宅新築資金等貸付事業会計補正予算(第1号)について

        第11号議案 平成16年度中村市鉄道経営助成基金会計補正予算(第1号)について

        第12号議案 平成16年度中村市農業集落排水事業会計補正予算(第1号)について

        第13号議案 平成16年度中村市介護保険会計保険事業勘定補正予算(第1号)について

        第14号議案 中村市道路線の廃止について

        第15号議案 中村市道路線の認定について

        第16号議案 字の区域及び名称の変更について

        第18号議案 平成16年度中村市一般会計補正予算(第5号)について

        第19号議案 工事委託契約について

       陳情1件

        陳情第1号 郵政事業の民営化について政府に慎重な協議を求める陳情修正動議

        第4号議案 平成16年度中村市一般会計補正予算(第4号)修正案

              (各委員長報告、質疑)

  日程第2 所管事項の調査(6月定例会より継続調査)

              (全員協議会)

  日程第3 意見案4件

        意見案1号 あん摩マッサージ指圧師・はり師・きゅう師等に関する法律及び関係法令の遵守に関する意見書

        意見案2号 消費者保護法制等の整備を求める意見書

        意見案3号 安全な地域づくりを担保した国庫補助負担金改革を求める意見書

        意見案4号 郵政事業の民営化について慎重な協議を求める意見書

              (提案理由の説明)

              (討論、採決)

■本日の会議に付した事件

  日程第1から日程第3まで

出席議員

  1番 黒 石 栄 一     2番 遠 山 道 男     3番 浜 田 菊 枝

  4番 北 澤   保     5番 上 岡 礼 三     6番 白 木 一 嘉

  7番 松 田 達 夫     8番 宮 本 博 行     9番 渡 辺   稔

  10番 宮 本 幸 輝     11番 稲 田   勇     12番 岡 本 和 也

  13番 岡 村 剛 承     14番 宮 崎   等     15番 佐 田 久 江

                 17番 坂 本 圭 子     18番 猿 田   勉

  19番 北 沢 和 足     20番 上 野   宏     21番 藤 田 豊 作

  22番 宮 崎   工     23番 渡 辺 大 東

欠席議員

  16番 安 岡   昭

出席要求による執行部側出席者職氏名

  市長       澤 田 五十六        助役       矢野川 信 一

  収入役      浜 田   朗        総務課長     佐 竹 徹 志

  企画広報課長   浦 田 典 男        財政課長     武 田 光 司

  市民課長     杉 本 整 史        税務課長     伊与田 徹 喜

  地球環境課長   平 野   正        保健介護課長   朝比奈 延 祚

  人権啓発課長   沢 田 俊 典        商工観光課長兼公設市場長

                                   宮 村 和 輝

  建設課長     宮 川 昭 雄        農林水産課長   中 屋 和 男

  都市整備課長   安 岡 俊 一        福祉事務所長   山 内 徳 男

  水道課長     浜 口 貞 雄        市民病院事務局長 浅 能 信 秀

  代表監査委員   加 用 敏 喜        教育委員長    景 平 弥 輔

  教育長      植 村 利 夫        教育次長     佐 竹   猛

  学校教育課長  野 中 正 広

職務のために議場に出席した事務局職員職氏名

  局長       吉 本   茂        局長補佐     岡 本 則 雄

  総務係長     杉 本 義 和        議事係      井 村 恵 一









              午前10時1分 開議



○議長(宮本幸輝) おはようございます。

 これより本日の会議を開きます。

 欠席の届けが参っております。景平教育委員長、所用のため欠席、以上のとおり報告いたします。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(宮本幸輝) 日程第1、「第1号議案」から「第16号議案」、「第18号議案」、「第19号議案」並びに今期定例会で受理した陳情1件を一括議題といたします。

 以上の案件に関し、各常任委員長の報告を求めます。

 先に、白木一嘉総務常任委員長。



◆総務常任委員長(白木一嘉) おはようございます。

 総務常任委員長報告を行います。

 まず、矢野川助役から、地球環境課の臨時職員が酒気帯び運転し、検挙されたことについてのお詫びと今後の対応について報告がありました。本人については、9月9日をもって諭旨免職とし、管理監督の立場にある職員については厳重注意処分を併せて行ったとのことでした。今後においては服務規律の徹底、厳格な管理監督の確保に努め、市民の信頼回復に努めていくとのことでした。

 次に、今期定例会において本委員会に付託を受けました議案5件、陳情1件について、審査の結果をご報告します。

 分割付託を受けました「第4号議案、平成16年度中村市一般会計補正予算(第4号)について」、款、項、目ごとに慎重に審査を行った結果、人事異動等に伴う職員給与費、退職手当等の増額に伴うものが主なものであるが、委員より、市制50周年記念事業に係る補助金の使途などについて意見の一致に至らず、採決の結果、賛成多数により原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、「第11号議案、平成16年度中村市鉄道経営助成基金会計補正予算(第1号)について」は、土佐くろしお鉄道株式会社への災害復旧費や経営助成に係るものであり、審査の結果、適当と認め、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、「第16号議案、字の区域及び名称の変更について」は、小西ノ川地区の土地改良事業に伴う区域の変更を行うものであり、審査の結果、適当と認め、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、「第18号議案、平成16年度中村市一般会計補正予算(第5号)」、債務負担行為の補正については、中村市、西土佐村の合併に伴う行政事務処理システム統合に要する経費であるが、意見の一致に至らず、採決の結果、賛成多数により原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、「第19号議案、工事委託契約について」は、市道九樹・三原線改良事業に伴う九樹橋改築工事について国土交通省四国地方整備局に委託するものであり、審査の結果、適当と認め、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、「陳情受理番号1、郵政事業の民営化について政府に慎重な協議を求める陳情」については、郵政事業の民営化反対の署名も、中村市を始め幡多地方で6,500名以上が賛成するなど、地域住民は身近な郵便局の存続に危機感を抱いており、政府に対して郵政事業の民営化について慎重な議論を重ね、国民の理解を得た上で協議を行っていくよう意見書の提出を求める陳情であり、慎重に審査した結果、全会一致により採択すべきものと決しました。

 次に、企画広報課長より、土佐くろしお鉄道中村・宿毛線の釣銭間違い及び不明金について、発生原因や不足金、過剰金等の報告がありましたが、その原因の特定まではできていないとのことでした。9月6日に行われた幹部会で間違いを防止するための対策や不足金などが発生した場合の取り扱いに関する社内規程を設け、改善することを検討しているとのことでしたが、委員から、内部監査のあり方について、適正に行うことが必要との指摘もありました。

 以上のとおり報告をいたします。



○議長(宮本幸輝) 以上で総務常任委員長報告を終わります。

 次に、渡辺 稔産業建設常任委員長。



◆産業建設常任委員長(渡辺稔) 産業建設常任委員長報告を行います。

 今期定例会において本委員会に付託されました議案8件について、9月22日に委員会を開催し審査を行いました。その結果について報告いたします。

 まず、「第2号議案、平成15年度中村市水道事業会計決算の認定」につきましては、慎重審査の結果、原案のとおり認定すべきものと全会一致で決しました。

 続いて、分割付託を受けました「第4号議案、平成16年度中村市一般会計補正予算(第4号)について」中、第1条歳入歳出予算の補正、歳出、2款総務費1項総務管理費23目緊急雇用対策費、6款農林水産業費、7款商工費、8款土木費1項土木管理費、2項道路橋梁費、3項河川費、4項都市計画費、5項下水道費、11款災害復旧費、第2条繰越明許費、第3条債務負担行為の補正につきましては、それぞれ各款、項、目ごとに委員の質疑と所管課長の説明を受け、慎重審査の結果、可決すべきものと全会一致で決しました。

 次に、「第7号議案、平成16年度中村市下水道事業会計補正予算(第3号)」につきましては、慎重審査の結果、可決すべきものと全会一致で決しました。

 次に、「第8号議案、平成16年度中村市と畜場会計補正予算(第2号)」につきましては、慎重審査の結果、可決すべきものと全会一致で決しました。

 次に、「第9号議案、平成16年度幡多公設地方卸売市場事業会計補正予算(第1号)」につきましては、予算に関連して委員から、近年の卸売市場事業会計の収支状況についての質疑が出され、所管課長より、約4,000万円程度の黒字経営となっているとの説明がなされ、慎重審査の結果、可決すべきものと全会一致で決しました。

 次に、「第14号議案、中村市道路線の廃止について」と「第15号議案、中村市道路線の認定について」、一括して所管課長より、間崎・ウシロダ線、深木・大田線の廃止を求める理由と、不破3号線、不破4号線、不破5号線、間崎・ウシロダ線、深木・横田線、中筋保育所線の認定を求める理由の説明があり、審査の結果、「第14号議案、中村市道路線の廃止について」は、全会一致で可決すべきものと決しました。

 続いて、「第15号議案、中村市道路線の認定」につきましては、全会一致で認定すべきものと決しました。

 以上、産業建設常任委員長報告を終わります。

              (「12号飛ばした」と呼ぶ者あり)

 失礼いたします。第9号議案の後に挿入いたします。

 「第12号議案、平成16年度中村市農業集落排水事業会計補正予算(第1号)」につきましては、慎重審査の結果、可決すべきものと全会一致で決しました。

 以上、報告を終わります。



○議長(宮本幸輝) 以上で産業建設常任委員長報告を終わります。

 次に、宮崎 等教育民生常任委員長。



◆教育民生常任委員長(宮崎等) 教育民生常任委員長報告を行います。

 今期定例会において本委員会に付託を受けました議案7件について、9月21日に委員会を開催し審査を行いましたので、その結果について報告いたします。

 まず、「第1号議案、専決処分の承認を求めることについて(吾川村立保育所を中村市の住民が使用することについて)」は、母親の出産に関わる入所措置を専決処分したものであり、適当と認め、全会一致をもって承認すべきものと決しました。

 次に、「第3号議案、平成15年度中村市病院事業会計決算の認定について」は、15年度において約5,400万円の単年度利益を計上できた内容についての説明を受けました。

 委員からは、下田中医学診療所に関する質問がありましたが、経営の健全化に向けてのさらなる努力を要請して、全会一致をもって認定すべきものと決しました。

 次に、分割付託を受けた「第4号議案、平成16年度中村市一般会計補正予算(第4号)について」は、人事異動に伴う職員給与費の見直しのほか、3款民生費の他会計繰出金の補正、10款教育費の防犯ブザー購入費などの補正、中村中増改築実施設計委託費の減額補正を始めとするものであり、委員から、委託費の減額補正などに関する質問がありましたが、適当と認め、全会一致をもって可決すべきものと決しました。

 次に、「第5号議案、平成16年度中村市国民健康保険会計事業勘定補正予算(第1号)について」及び「第6号議案、平成16年度中村市老人保健会計補正予算(第2号)について」の2個議案は、平成15年度支払基金交付金の補正や職員給与費の見直しを行うものであり、適当と認め、全会一致をもって可決すべきものと決しました。

 次に、「第10号議案、平成16年度中村市住宅新築資金等貸付事業会計補正予算(第1号)について」は、昨年度の繰上償還分を本年度に繰り越した上で、市が借りている起債の一部を繰上償還するものであり、適当と認め、全会一致をもって可決すべきものと決しました。

 次に、「第13号議案、平成16年度中村市介護保険会計保険事業勘定補正予算(第1号)について」は、基金積立金及び給付費県負担金の補正を行うものであり、適当と認め、全会一致をもって可決すべきものと決しました。

 以上のとおり報告いたします。



○議長(宮本幸輝) 以上で教育民生常任委員長報告を終わります。

 これにて以上の案件に対する各常任委員長報告を終わります。

 これよりただいまの各常任委員長の報告に対する質疑に入ります。質疑者は挙手により議長の許可を得て発言願います。

 質疑者はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(宮本幸輝) 質疑なしと認めます。よって、各常任委員長の報告に対する質疑を終結いたします。

 小休にいたします。

              午前10時15分 小休

              午前10時17分 正会



○議長(宮本幸輝) 正会にいたします。

 ただいま黒石栄一議員外3名から、「第4号議案、平成16年度中村市一般会計補正予算(第4号)」に対して修正動議が提出されております。

 本修正案を議題といたします。

 直ちに提案理由の説明を求めます。

 黒石栄一議員。



◆1番(黒石栄一) お許しをいただきましたので、「第4号議案、平成16年度中村市一般会計補正予算(第4号)」に対する修正案について提案理由の説明をいたします。

 まず、理由の説明の前に、修正案の別紙を見ていただきたいんですけれども、別紙というか、このページ数は、この下に振ってあるページに沿っていきますので、まず1ページです。

 平成16年度中村市一般会計補正予算(第4号)。平成16年度中村市の一般会計補正予算(第4号)は、次に定めるところによる。歳入歳出予算の補正。第1条歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ2億226万2,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ148億4,585万1,000円とする。以下は同じでございます。原案と同じであります。

 続きまして、ちょっとページ数があれですけれども、歳出の方で、最後の22、23と振ってある部分です。ここをご参照いただきたいと思います。

 2款総務費1項総務管理費1目一般管理費の19節負担金補助及び交付金につきまして、市制50周年記念事業を削除修正し、その部分を340万円から290万円に減額修正するものであります。それに伴いまして、一般財源の内訳補正額につきましても減額修正し、補正額につきましては、一般管理費の2,619万1,000円を2,669万1,000円に減額修正するものであります。ここに記載のとおりであります。

 それに対しまして歳入の方でございますが、歳入はページがちょっと消えておりますが、18、19、最後から2枚目です。

 歳入につきましては、18款繰入金1項基金繰入金6目減債基金繰入金の分につきまして1億5,877万9,000円を1億5,827万9,000円に修正し、減額修正することによりまして、その合計全てを減額するものであります。

 あとの歳出、歳入につきましては、それぞれそれに対応したような形で修正しております。最初申し上げました第1条に対応するような形で修正しておりますので、よろしくお願い申し上げます。

 次に、修正案の提案理由でありますけれども、当該助成金は先に申し上げましたとおり、中村市の50周年記念事業として土佐寒蘭全国展示会を行う事業に対しまして、土佐愛蘭会中村支部に助成金を交付するものであります。そして、土佐寒蘭全国展示会の総事業費は155万円であり、そのうち副賞として55万円が計上されているということであります。

 なお、各種団体や個人が行うこういった事業の中身について市会議員が口を出すことではないと考えますので、土佐愛蘭会の中村支部が決定した副賞55万円についてどうこう言うつもりは全くございません。

 しかしながら、本件事業に対して、地方自治法第232条の2の規定に基づき助成金を交付するものである以上、同条の要件である公益上の必要がある場合に該当するか。言い換えれば、社会における不特定かつ多数の人々の利益に該当するか否かによって判断するのはもちろんのこと、その根底として市民にとって公正でかつ公平であるかという観点は忘れてはならないと考えますので、そういった意味では事業費の内訳も重要な判断要素となるべきものと私は考えます。この点につきまして執行部の見解では、本件事業に助成することをもって使途の特定はなされているし、事業費として会場借上料、装飾費、ポスター、通信費、事務費、雑費等も含まれているから、副賞のみに助成するものではないという趣旨のものでした。

 しかしながら、仮に副賞以外に充てることを指定して助成金を交付したとしても、お金は同じお金であるため、あくまで形式であって、実質的には副賞相当額を助成したという見方も否定できないと考えます。したがって、公益上必要かどうかを論じる前に、市民にとって公正かつ公平であるかという点において欠けているとの結論に私は達しましたので、先程申し上げた修正案を提案するものであります。

 なお、土佐寒蘭全国展示会に対し、市長賞などの形で後援することは、積極的に行っていただきたいと思っております。

 以上のとおり提案理由の説明をさせていただきました。



○議長(宮本幸輝) 以上で提案理由の説明を終わります。

 これより修正案に対する質疑に入ります。質疑者は挙手により議長の許可を得て発言願います。

 質疑者はありませんか。

 岡本和也議員。



◆12番(岡本和也) 提案者にお聞きをいたします。

 副賞として55万円という部分について、市会議員としては言うべき立場ではないと前提で言われましたが、後で公益上、ちょっとよく聞き漏らしたんですけど、そこの辺りをもう一回正確に言ってもらいたいんですが、市民にとって公平とは考えられないという理由で50万円の市からの補助金は不適当だという解釈としてよろしいでしょうか。その辺りをもう一回正確に言っていただきたいんですけど。



○議長(宮本幸輝) 黒石栄一議員。



◆1番(黒石栄一) ただいまの質疑にお答えいたします。

 副賞につきましてとやかく言うべきでないということは、助成とか、そういうことがない場合のことを指しております。本件についてはそれがあるので、果たしてどうかというとこですけれども、公平かどうかという点については、まさにそこであります。市民にとってこの補助、税金を出すこと、先程申し上げたように形式的には確かに副賞に出したものにならないかもしれません。ただ、実質と、見方としてそういうふうに副賞に出たと見る市民がおっても不思議ではないと、そういう疑義がある問題につきましては、公平性に欠けるという私の判断で、そういう意見で提案させていただいた次第であります。

 以上のとおりお答えします。



○議長(宮本幸輝) 以上で岡本和也議員の質疑を終わります。

 他に質疑者はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(宮本幸輝) 質疑なしと認めます。よって、これにて質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 この際、日程第1に日程第2並びに日程第3を追加し、一括議題といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(宮本幸輝) ご異議なしと認めます。よって、日程第1に日程第2並びに日程第3を追加し、一括議題といたします。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(宮本幸輝) お諮りいたします。

 これより意見調整のため、全員協議会を開きたいと思います。これにご異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(宮本幸輝) ご異議なしと認めます。よって、これより意見調整のため、全員協議会を開きます。

 本会議を暫時休憩いたします。

              午前10時27分 休憩

              午後1時59分 再開



○議長(宮本幸輝) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 景平教育委員長、所用のため本日欠席と報告しておりましたが、午後出席いたしておりますので、再度報告いたします。

 これより討論、採決に入ります。

 「第4号議案、平成16年度中村市一般会計補正予算(第4号)について」、討論を行います。

 先に、修正案に反対の議員。

 次に、修正案に賛成の議員。

 宮崎 等議員。



◆14番(宮崎等) 「第4号議案、平成16年度中村市一般会計補正予算」に対する修正案に賛成の立場で討論をさせていただきます。

 本修正案は、土佐愛蘭会中村支部へ50万円の補助をするものであります。事業は蘭の全国展示会ということでございますけれども、50万円という補助金は大変高額な補助金と思いますし、この事業150万円何某の予算に対して3分の1の補助をすると。この補助がなくても、この事業というのは十分でき得る事業でもありますし、議案質疑でも申しましたように、この予算というのは補助金としてでなく、場所の提供とか市長賞とか、いろんな様々な協力で十分成し得る事業でもあります。このことによって全国から150人から200人来ると、総務課長は議案質疑の中で答弁されました。200人仮に来て、200人を呼ぶのに50万円ですから、1人当たり2,500円も補助をしてわざわざ呼ぶような事業でも私はないと思います。ロータリーとかJC何かは自己でいろんな周年事業をやります。大きいときには1,000人くらい県内外から呼びます。それに対して補助は一切ありません。こういう形でこの緊縮財政の中、補助を出すというのは、今から補助金のあり方ですね、透明性・公平性、全く欠けるものでもありますし、地方自治法232の2の、そういう面に当たっても全く不公平、透明でもない。それに、この理事の中に矢野川助役の名前もあります。こういう何か不透明なものに対して、この緊縮財政の中、補助をするというのは大変おかしい。市長の施政方針からも外れると思いますので、私は反対をいたします。議員各位のご協力、よろしくお願い申し上げます。

              (「修正案に賛成ながやろう」と呼ぶ者あり)

 あっ、修正案に賛成をするものであります。議員各位のご協力、よろしくお願い申し上げます。



○議長(宮本幸輝) 他に討論はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(宮本幸輝) 以上で討論を終結いたします。

 これより修正案について採決を行います。

 お諮りいたします。

 本修正案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

              (賛成者起立)



○議長(宮本幸輝) 起立少数であります。よって、本修正案は否決いたしました。

 ただいま「第4号議案」に対する修正案は否決いたしましたので、原案について採決いたします。

 本案は原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

              (賛成者起立)



○議長(宮本幸輝) 起立多数であります。よって、本案は原案のとおり可決いたしました。

 次に、「第18号議案、平成16年度中村市一般会計補正予算(第5号)について」、討論を行います。

 先に、原案に反対の議員。

 岡本和也議員。



◆12番(岡本和也) 「第18号議案、平成16年度中村市一般会計補正予算(第5号)」、債務負担行為の補正。中村市、西土佐村行政事務処理システム統合に要する経費1億3,270万円について、反対の立場で討論を行います。

 この債務負担行為の補正は、中村市と西土佐村が合併することを想定して、行政事務処理システムを統合するための経費です。しかし、合併はまだ議会で議決していません。ましてや解散になった4市町村の合併は、法定協を運営する経過において、膨大な市民の税金と職員を含めた大変多くの労力を掛けてきました。なのに、市長は破綻したことの説明を何ら市民に説明をしておりません。また、今回の西土佐村との合併も、市民からは何の了解も得ておりません。にもかかわらず、とにかく合併ありきで、市民不在のままどんどん進んでおります。そのうえ、今回の合併が本当に両方の住民にとって利益に繋がるのかは大きな疑問です。そのことは私が一般質問で具体的に数字で明らかにしたように、例えば財政の問題では、市長は選挙の政策ビラで、合併すれば財政状況がよくなると書いておきながら、実際中村市は財政健全化に取り組まなければならない状況。相手方の西土佐村の財政状況は、公債費負担比率が危険エリアであるように非常に弱い状況。弱い者同士の合併で行政面積が増えれば、ますます財政は悪くなります。

 また、住民サービスの点でも、合併協の資料で支所の行政機能については、現在の行政サービス水準を基本に、これを低下させぬよう組織の編成や人員配置を行うと書いていながら、職員数を15年間で168名、約3割の職員削減案が出されております。そのことは本庁の住民サービスも含め、支所機能の充実を図り、住民サービスを低下させぬことは到底できることではありません。

 また、市長は合併によるスケールメリットを盛んに申しております。しかし、西土佐村との合併は行政面積が中村市の1.6倍になるにもかかわらず、西土佐村の税収は中村市の15分の1にしかありません。合併して10年、15年後のことを考えると、この合併は明らかにスケールデメリットで、両方の住民には何ら利益がないと言わざるを得ません。そんなことを冷静に考えていくなら、現在行われている法定協議会で今後慎重に議論を交わし、率直に意見を出し合い、正確な資料に基づいて広く住民に知らせ、まずは住民に納得してもらうことから始めなければなりません。ましてや合併が途中で破綻になった場合は、使った住民の貴重な税金が無駄になることになります。財政健全化に取り組んでいる中、貴重な税金を使うためにも、今回の議案は到底認めることはできません。反対をするものです。議員各位の議案に反対する賛同を求めまして、反対討論を終わります。



○議長(宮本幸輝) 次に、原案に賛成の議員。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(宮本幸輝) 他に討論はありませんか。

              (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(宮本幸輝) 以上で討論を終結いたします。

 これより本案について採決を行います。

 お諮りいたします。

 本案は原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

              (賛成者起立)



○議長(宮本幸輝) 起立多数であります。よって、本案は原案のとおり可決いたしました。

 お諮りいたします。

 調整済みの議案については討論を省略し、直ちに採決したいと思います。これにご異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(宮本幸輝) ご異議なしと認めます。よって、調整済みの議案については討論を省略し、直ちに採決することに決しました。

 お諮りいたします。

 「第5号議案、平成16年度中村市国民健康保険会計事業勘定補正予算(第1号)について」、「第6号議案、平成16年度中村市老人保健会計補正予算(第2号)について」、「第7号議案、平成16年度中村市下水道事業会計補正予算(第3号)について」、「第8号議案、平成16年度中村市と畜場会計補正予算(第2号)について」、「第9号議案、平成16年度幡多公設地方卸売市場事業会計補正予算(第1号)について」、「第10号議案、平成16年度中村市住宅新築資金等貸付事業会計補正予算(第1号)について」、「第11号議案、平成16年度中村市鉄道経営助成基金会計補正予算(第1号)について」、「第12号議案、平成16年度中村市農業集落排水事業会計補正予算(第1号)について」、「第13号議案、平成16年度中村市介護保険会計保険事業勘定補正予算(第1号)について」、「第14号議案、中村市道路線の廃止について」、「第16号議案、字の区域及び名称の変更について」、「第19号議案、工事委託契約について」、以上12議案の委員長報告はそれぞれ可決であります。

 以上12議案は委員長報告のとおり決することにご異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(宮本幸輝) ご異議なしと認めます。よって、以上12議案は委員長報告のとおり可決いたしました。

 次に、「第1号議案、専決処分の承認を求めることについて(吾川村立保育所を中村市の住民が使用することについて)」の委員長報告は承認であります。

 本案は委員長報告のとおり決することにご異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(宮本幸輝) ご異議なしと認めます。よって、「第1号議案」は委員長報告のとおり承認いたしました。

 次に、「第2号議案、平成15年度中村市水道事業会計決算の認定について」、「第3号議案、平成15年度中村市病院事業会計決算の認定について」、「第15号議案、中村市道路線の認定について」、以上3議案の委員長報告はそれぞれ認定であります。

 以上3議案は委員長報告のとおり決することにご異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(宮本幸輝) ご異議なしと認めます。よって、以上3議案は委員長報告のとおり認定いたしました。

 次に、今期定例会で受理した陳情について決定を行います。

 総務常任委員長報告、「陳情受理番号第1号、郵政事業の民営化について政府に慎重な協議を求める陳情」は採択であります。

 以上、委員長報告のとおり決することにご異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(宮本幸輝) ご異議なしと認めます。よって、「陳情受理番号第1号」については委員長報告のとおり決しました。

 次に、6月定例会より継続調査の所管事項について決定を行います。

 所管事項の調査については、各常任委員長報告並びに議会運営委員長報告は継続調査であります。

 以上、各委員長報告のとおり決することにご異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(宮本幸輝) ご異議なしと認めます。よって、所管事項の調査については各委員長報告のとおり決しました。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(宮本幸輝) 日程第3、「意見案第1号、あん摩マッサージ指圧師・はり師・きゅう師等に関する法律及び関係法令の遵守に関する意見書」について、提案理由の説明を求めます。

 北澤 保議員。



◆4番(北澤保) 「あん摩マッサージ指圧師・はり師・きゅう師等に関する法律及び関係法令の遵守に関する意見書」について提案申し上げます。

 今日、医師以外の者であん摩マッサージ・指圧・はり・きゅうを業とする場合は、それぞれ免許を受けなければならないと法律に定められております。

 しかし、近年、カイロプラクティック・リフレクソロジー・クイックマッサージなど、無資格者による医業類似行為が非常に急増しております。法律の定める制限を超えた誇大広告など法の規制を受けずに営業を行っており、適正に営業している施術者に不利益を被らせ、視覚障害者の就労の場である業界に著しい影響をもたらしておるのが今日の現状であります。

 こうした行為は、受領者の生命、身体を脅かし、国民の医療に対する信頼を損ねるような事故を引き起こすことが懸念されるだけでなく、不当滞在外国人の弱みにつけ込むような犯罪の温床にもなりかねない。

 よって、国においては、法律に基づいて免許を受けた施術者が安心して営業が行えるよう関係法令の整備改正や医業類似行為者の営業の適正対策を行うと共に、以下の事項について取り組まれるよう要望するものであります。

 その1つに、「徒手による施術行為は、その強さや方法等にかかわらず、あん摩マッサージ及び指圧の範疇に含まれる」旨の通達を出すこと。

 2つ目に、無免許のマッサージ等の行為は、行うことも受けることも危険であることを広く国民に啓発する。

 以上の地方自治法第99条の規定により意見書を提出するものであります。議員各位の賛同を何卒よろしくお願い申し上げます。

 以上で提案理由を終わります。



○議長(宮本幸輝) 以上で「意見案第1号」の提案理由の説明を終わります。

 次に、「意見案第2号、消費者保護法制等の整備を求める意見書」について、提案理由の説明を求めます。

 猿田 勉議員。



◆18番(猿田勉) 「消費者保護法制等の整備を求める意見書」の提案を申し上げます。

 先の第159回国会において、消費者保護基本法を抜本的に見直し改正した消費者基本法が成立した。

 これは消費者問題が多様化・複雑化し、消費者を取り巻く経済社会情勢の変化に対応するために、消費者の権利を基本理念に掲げ、事業者の責務や国・地方公共団体の責務や役割を見直したもので、消費者の権利が明記された意義は大きいと考える。

 しかし、欧州やアジアの国の中には、一定の消費者団体が損害賠償等を請求できる消費者団体訴訟制度を導入しているところもあり、消費者の権利の尊重及び自立支援に向けた具体的な各種施策の充実・強化が求められているところである。

 よって、国においては、消費者の利益の擁護及び増進に関する総合的な施策の推進を図る観点から、以下の事項を早急に実現するよう強く要請するものである。

 1つ、消費者団体訴訟制度の早期導入を図ること。

 2、国民生活センターなど苦情処理機関の機能強化を推進し、情報収集や紛争解決支援のための体制整備や制度・施策の確立を急ぐこと。

 3、近年急増している架空請求、不当トラブルなどの対応策を関係省庁が連携して早急に講じること。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。議員各位のご賛同よろしくお願い申し上げます。

 以上で終わります。



○議長(宮本幸輝) 以上で「意見案第2号」の提案理由の説明を終わります。

 次に、「意見案第3号、安全な地域づくりを担保した国庫補助負担金改革を求める意見書」について、提案理由の説明を求めます。

 上野 宏議員。



◆20番(上野宏) 「安全な地域づくりを担保した国庫補助負担金改革を求める意見書」について提案理由を申し上げます。

 四国地方は、急峻な山地、脆弱な地質のうえに台風常襲地帯として多雨地域が広がり、平成10年の高知水害や13年の高知県西南豪雨災害など、毎年のように激甚な災害が頻発しております。地域の安全性を確保する上で、こうした災害の予防・復旧は喫緊の課題であります。

 こうした中、提出された国庫補助負担金等に関する改革案は、河川・砂防・治山・治水事業など、地域住民の生命や財産を守り、生活の基盤となる根幹的事業が廃止対象とされております。1人当たり水害被害額は全国平均の2.6倍という劣悪な治水整備水準の改善・推進を図ると同時に、今後高い確率で発生すると予想される南海地震対策も講じていく必要がある四国地方の実情を無視したものであり、本来廃止対象としていた「全国的に一定の整備水準が達成されたもの」とは到底理解できないものであります。

 また、今回の改革案では、建設国債を財源とする公共事業について確実な税源移譲がなされるのかの検討が不十分であり、仮に補助金廃止のみが先行し、必要な事業量が確保できず、計画的な整備が行われないまま災害が発生すれば、甚大な被害を被るのは我々地域に住む住民であります。

 よって、国においては、災害予防と災害復旧は一体不可分で地域の安全性を向上させていくものであり、国民が等しく安全な暮らしを享受できるようにすることは、国の基本的責務であることを認識し、1つ、安全・安心な地域づくりが実現できるよう、自然災害に対する社会整備予算については、機動的な対応が図られ、全国的な見地から財源調整できる国庫補助負担金制度を堅持すること。また、地域間の不均衡を生じることがないよう、必要な予算額を確保し重点的に配分すること。

 2つ、国庫補助負担金制度の見直しについては、地方の自主性を高め、自立ある地域の発展に資する改革となるよう、改革の本来の趣旨に則り、地方の自主性・裁量性を高めることを基本とすると共に、その役割・必要性について精査し、地方の実情に即したものを進めること。以上、2点の事項について特段の配慮をするよう要望するものであります。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出いたします。議員各位のご賛同よろしくお願いいたします。



○議長(宮本幸輝) 以上で「意見案第3号」の提案理由の説明を終わります。

 次に、「意見案第4号、郵政事業の民営化について慎重な協議を求める意見書」について、提案理由の説明を求めます。

 白木一嘉議員。



◆6番(白木一嘉) 「陳情受理番号1、郵政事業の民営化について政府に慎重な協議を求める陳情」については、付託を受けました総務委員会では、既に報告しましたとおり全会一致で採択され、さらに先程本会議で採択されたところであります。この陳情を受けまして、「意見案第4号、郵政事業の民営化について慎重な協議を求める意見書」を提出いたしましたので、その提案理由を説明いたします。

 去る7月下旬、政府は全国3カ所で郵政民営化について国民の意見を聞くタウンミーティングを開きましたが、参加者から不安の声や慎重論が多く出されました。それは民営化とは、営利を目的とする株式会社になることであり、儲からないところは郵便局の廃止、撤退を余儀なくされ、採算の合わない社会的・福祉的サービスの廃止などが実施されるとなれば、本市のような地方の住民の日常生活に大きな支障を来すと共に、過疎化に拍車が掛かることになります。公平な情報サービスの維持という観点からも、地域の公共機関としての郵便局が有するユニバーサルインフラとしての機能を見過ごしてはならないものであります。

 よって、政府においては、地方の実情を考慮し、ユニバーサルサービスの低下に繋がらないように慎重な議論を重ね、国民の理解を得た上で協議を行っていくことを強く要望するものであります。

 以上、地方自治法第99条の規定によりまして意見書を提出します。議員各位のご賛同をお願いいたします。



○議長(宮本幸輝) 以上で「意見案第4号」の提案理由の説明を終わります。

 お諮りいたします。

 「意見案第1号」から「第4号」については、質疑、委員会付託、討論を省略し、直ちに採決いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(宮本幸輝) ご異議なしと認めます。よって、「意見案第1号」から「第4号」については、質疑、委員会付託、討論を省略し、直ちに採決することに決しました。

 お諮りいたします。

 「意見案第1号、あん摩マッサージ指圧師・はり師・きゅう師等に関する法律及び関係法令の遵守に関する意見書」について起立による採決を行います。

 本案は原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

              (賛成者起立)



○議長(宮本幸輝) 起立多数であります。よって、本案は原案のとおり可決いたしました。

 お諮りいたします。

 「意見案第2号、消費者保護法制等の整備を求める意見書」について、「意見案第3号、安全な地域づくりを担保した国庫補助負担金改革を求める意見書」について、「意見案第4号、郵政事業の民営化について慎重な協議を求める意見書」について採決を行います。

 以上意見案3件は原案のとおり決することにご異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(宮本幸輝) ご異議なしと認めます。よって、以上意見案3件は原案のとおり可決いたしました。

 ただいま意見案が議決されましたが、その条項、字句、数字、その他整理を要するものについては、その整理を議長に委任されたいと思います。これにご異議ありませんか。

              (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(宮本幸輝) ご異議なしと認めます。よって、整理を要するものについては、その整理を議長に委任することに決しました。

 以上で今期定例会に付議されました事件は全て議了いたしました。

 閉会前に市長より挨拶の申し出がありますのでお聞き取り願います。

 澤田市長。



◎市長(澤田五十六) 閉会に当たりましてお礼を申し上げます。

 今期定例会は9月6日に開会をお願いいたしまして、専決処分議案を始め補正予算など21個の議案につきましてそれぞれご審議のうえ、適切な決定をいただきましてありがとうございました。

 今議会でも、多くの議員さんから市町村合併についてご質問をいただきましたが、西土佐村との合併協議会も第3回目を終わりまして、それぞれの部会でも精力的に協議を行っております。議員の皆さんのご協力もいただきながら、できる限り早期に取りまとめたいと考えておりますので、よろしくお願いいたします。

 今年は相次ぐ台風の襲来に加えまして秋雨前線の活動も活発で、市内各地で風雨による被害を受けております。これらの被害につきましては、一日も早く復旧できるように取り組みを図ってまいります。

 また、来月の17日には、中村市を代表するイベントであります第10回四万十川ウルトラマラソンが開催されます。多くのボランティアの皆さんの力もお借りして、ランナーの皆さんが四万十川で走ることができてよかったと思っていただける大会、そしてランナーだけでなく、ボランティアの皆さんにもよき思い出となるような大会にしたいと考えておりますので、皆さんのご協力をよろしくお願い申し上げます。

 季節は一年で一番清々しい時期に向かっておりますけれども、議員の皆さんにおかれましては、ご自愛のうえ、元気でご活躍されますことをお祈りいたしまして、閉会のご挨拶といたします。本当にありがとうございました。



○議長(宮本幸輝) 以上で市長の挨拶を終わります。

 これにて平成16年9月中村市議会定例会を閉会いたします。

 連日どうもご苦労さまでございました。

              午後2時33分 閉会







  地方自治法第123条第2項の規定により署名する。





                中村市議会議長





                中村市議会副議長





                中村市議会議員





                中村市議会議員