議事ロックス -地方議会議事録検索-


高知県 土佐市

平成21年  第4回定例会(12月) 付録 市議第2号




平成21年  第4回定例会(12月) 付録 − 市議第2号











市議第2号



   くらし支える行政サービスの拡充を求める意見書

 右の議案を別紙のとおり会議規則第14条の規定により提出します。



          平成21年12月24日

                  提出者 土佐市議会議員  江渕土佐生

                   〃     〃     武森 ?嗣

                   〃     〃     黒木  茂

                   〃     〃     山脇 義人

                   〃     〃     田村 喜郎

 土佐市議会議長 三本 富士夫 様



市議第2号

   くらし支える行政サービスの拡充を求める意見書

 雇用問題をはじめ、医療・年金・貧困など様々な社会不安が増大している今、国・地方行政の役割が重要となっています。国民・住民の要求にこたえるためにも、行政体制を拡充することが求められており、公務員の果たすべき役割は拡大しています。こうした中、一律的な定員削減を行うべきではありません。

 国民・住民の安全と安心を確保し、セーフティーネットを再構築するため、公務職場に必要な人員を確保することが必要です。

 また、国が進めている「地方分権改革」は、地方支分部局を整理統合することで、単に公務員を減らし、地方自治体に国の責任を押しつけ、国が直接責任を持って行うことを放棄するものであり、憲法違反のおそれや何よりも国民・住民へ行政サービスの責任が果たせません。

 つきましては、下記事項を実現していただきたく要望します。



                   記



1.地方に犠牲を強いる「地方分権改革」は行わないこと

2.行政サービスの低下を招く国の地方出先機関を統廃合しないこと

3.公務員を一律に削減する定員削減計画などを行わないこと

4.高知県という地方都市においても国民・住民の安心・安全が確保されるよう、財政、行政体制の拡充を図ること

 以上、地方自治法第99条の規定により、意見書を提出します。

   平成21年12月24日

                       土佐市議会議長 三本 富士夫

内閣総理大臣

参 議 院議長   様

衆 議 院議長